FC2ブログ

【空っぽ&最近の出来事&何を創造しますか?】By Graceさん

 04, 2011 23:38
2011/9/4(日)曇り時々晴れ


もう、9月になったね。
ここ最近はどうだったのだろう。


■ 空っぽ

ここ数日は、こんな感じ。3次元的なことは、以前からだけど、更に興味を引くものがなくなり、マインドが言ってることだけど、面白いと思えるようなものがあまりにも少なくなった。

数年前も、”思考解除”が行われていったあとは、「暇だ~!」と言ってた時期があったけど、あの頃よりさらに何も無くなっていく。

こうやって、”この道”は、自分の中を【空っぽ】にして”真の自己”に明渡していってるってことだろう。(一時的かも知れないけど)随分、思考解除も起こっていたと思うし。

そもそも”真の自己”は、何ものにも囚われていないわけだし、真の自己は、表現することとと、この物質世界で、創造することしか興味がない。私がどうこうって言って「これがいい、あれがよくない?」なんて思ったところで、あくまでも好きにしてなさい。という見守り体制で、ちょっと外れそうになったら注意を促し、高次の意識に合わせて行動したときには、共に喜び合う。という感じかな。

9/4【セント・ジャーメイン】by Graceさん

「ね、yohamって、この三次元のことに全く興味ないよね。yohamって、統合された後は、ただ【表現】と【創造】することだけなの?」

J:「”表現”と”創造”、それと”拡大と縮小”ですよ。」

G:「なんかね、”拡大”だけでは、この物質界では、グラウデングできないんだって。そこもバランスらしいよ。」

「ふ~ん、そうなのか。」

「こうやって私、「何もないー。」とか言ってるでしょ?考えてみたら、yohamがそれなんだよね。だから、徐々に統合されているって、何もなくなって当たり前だよね。」

J:「そうですよ。それが、ずーとそうなった時に”アセンション”。その時が真我になるっていう時。」

「じゃー、私の場合、フルアセンションのときまでったら、まだまだじゃん。でも、その間に、女性性と男性性と統合もあるよね。」

J:「そう、それも”一部”。」※統合の一部。

G:「その女性性、男性性の統合だけではないようだけど、見えない次元とか、側面の統合とか他にも色々含んでいるかもしれない。そこまでいくとうまく表現できないわ。」

G:「どれだけの時間かは分からないけど、完全にyohamの状態(真我)になる体験もあったり、自我に戻ったりしながら進んでいくみたい。」

「そうだね、そういってたっけ、フルアセンションまでは、そんな感じで進むんだね。」

G:「うん。完全に真我になったら、もう肉体も必要ないんじゃないの?」

「そりゃ、そうかも知れない。」

「ま、それだけでも、すごい事ってことなんだろうけど。」

J:「宇宙のしくみの縮小版って感じですよ。」

「宇宙の仕組みって、それもよくわからんけど。」


「これって、ゼロ地点ってこと?」

J:「ゼロポイントと、核は別。」

「ん? なんか難しくなってきたぞ。」

J:「ゼロポイントというのは、中心軸。核というのは、あらゆる方向への拡大、多次元そのもの。」

G:「どう表現していいか分からないわー。言葉が出てこない。」

G:「ようするに、ゼロポイントって垂直なんだって。」

「あー、そうか、例えば、陰と陽の真ん中の仕切りみたいなものね。あ、そうだったね。」



もうちょっと、いろいろ話はあったけれど、それは、また追々、、、。必要であれば、書けるときがあるでしょう。

あ、一つ。今の私の段階で、より多次元になることについて書いておこう。(多次元:全て起こっていることに気づけるようになることも含め)

意識的に色んな方向を意識して同時に感じる練習をするというのは、その状態に早くなれるってことらしい。もちろん自然にまかせていくといずれはなっていくらしいけど、その状態になるには時間かかるみたい。

だから、今年、まだ東京にいるときから、外に出て色んな方向、角度を全て同時に感じる練習しなさい。ってジャーちゃんが伝えていたのは、出来るだけ早く、その状態になれるようにする為だったということがわかった。ほんと、感謝。

今は、時々瞑想のときにもやっているけど、これから、もっと、意識的に行ってみよう。
ジャーちゃんの言うとおり、外で行うほうが、より拡大して、あらゆる方向を感じれるかも。


■ 最近の出来事

・チャネリングレッスンは、ちょっとずつ進行中(汗)

・眠りの直前、ウトウトした状態の時に、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)から、大量の文字の内容(今後ジャーちゃんのスクールの為の)のダウンロードあり。(8/26)ウトウトした時でないと、マインドが働いているので、意識に滑り込ませないらしい。この行方は、いつどのような形で具現化するのは、未定。私次第ってことなのか。ま、期待なく、ただ、今出来ることをする。

・過去、瞑想の時に、意識を段々上げて、”ここが自分の場所”と感じる、とても気持ちの良い場所があったけれど、その場所の事を改めて確認すると、そこは”天使の領域”だった!(驚)ジャーちゃんに聞いてびっくり。

めったに、そこに到達できるときはなかったけれど、最近、そこに行けて、ぼんやりジャーちゃんとミカエルの姿を見た。意識の目は少し距離を置いて、自分の姿も含め場面を見ている。会うとやっぱり泣けて、この二人には頭が上がらんと感じる。笑。(8/28)
翌日、再度、ぼんやりとミカエルの姿があり、私は、ミカエルから”剣”を受け取っていた。その意味は、「今は聞かないほうがベター」とジャーちゃんが言うので、それも受け入れて流していく。(8/29)
瞑想の時に、記憶に残して、この次元に戻ることが出来ることに感動した。

ジャーちゃんは、「畏敬の念は大切だけども、この領域で、もっと楽しもう、遊ぼう!いつでも来てっ!」と言ってくれたけど、僅かでも期待が入るとその体験はできないらしい。それがまた、意識を集中するにも限界があり、やっぱ難しい。でも、嬉しい体験だった。

・また、子供の化身現る。過去(2008年?)東京の自宅近くの公園でであった”あさひ君”は龍神さんの化身だったけど、先日、公園でであった子供の姿をした化身は、妖精、木とか、そのような存在(意識)の化身だったらしい。公園の木々にひとり言のように語り掛けていたので、それに応えてくれたのだろうか。

その子の名前は、”みずき君”。ちょっと、はにかみながら近づいてきたので、話をした。東京の時の体験ととても似ていたので、そうじゃないかと思ってジャーちゃんに確認したら教えてくれた。化身って、いつどのように現れているのだろう。人間に見えるし不思議だ。(8/31)

・最近、眠いことも多いし、身体が異常に重く感じたり、だるく感じることがあった。すごくキツかった。それは、宇宙からのエネルギーが強いためで多くの人が今感じているらしい。


■ 何を創造しますか?

”委ねる”と言っても、それにも段階がある。

自分の制限の中で、委ねていくことも出来る。もちろん、色々な可能性は存在しているのだけども、その可能性を信じて、その制限から出られるかは、本人次第ということらしい。

自分の枠や、制限された意識があれば、たとえ、その中で委ねていたとしても、当然、自分で限られたリアルな現実からは、そう変化は得られないだろう。

もし、本当に、心底「もう、この現実にはうんざりだ。なぜ、こんなに苦労しなければならないんだろう。」となれば、改めて、その制限から、抜け出すチャンスがくる。あくまでもチャンスで、あとは自分次第。

ジャーちゃん曰く「ただ、気づいただけで、自分の中で腑に落ちていなければ、その制限からは抜け出せない」らしい。

確かにその通りで、腑に落ちてない状態というのは、自分が今の現実に対して、どう感じているのかの自覚。ってことかな?あまりにも、3次元の意識に囚われ、”当たり前”と思っていることで、何も感じなければ、腑に落としようもない。でも、あるときに、何か出来事があって、「もう、こんなのはイヤだ!」とか、「うんざりだ!」「もう、忍耐にもほどがある!!」とか、ある時に、自分の中に隠していた本心が出てくるようなことが起こることもあるので、そのような時が、まさしく変化の”準備”が出来たときともいえるかも知れない。

その時期を待つしかないのだろうか?

私は、本当に、心から思う。自分もその頃には自覚はなかったけれど、人間って生きていくためには”当たり前”と信じていると、本当に忍耐強い。

植えつけられた信念体系、概念の中で、それがあまりにも当たり前になっていることで、自分自身が自ら”制限”していることにも気づいていない。

なぜ、このような事を書いているかと思えば、、、ふっと、私自身も、チャネリングで、言われたことを思い出したからだ。

「あなたの横には、いつだって豊かさがあります。これまでも、ずっとあなたのすぐ横にあったし、チャンスもいくらでもありました。」

だけど、どうしてそれが見えないのだろう。それは、自分につけてしまった”枠”、”制限”があるからってことだ。

よく、例えにあるけれど、自分が檻の中に閉じ込められている。でも、実際は、ドアは開いているといいます。もちろん、そこには、カギもかけられていません。いつだって、自由に、自分で出られるのです。と、、、。

それは、今振り返れば本当にその通りです。

あの時、私は、心から自分の枠から抜け出したかったので、強く変化を望みました。先に起こることなど心配する余裕もなく、抜け出せるのならそれだけでよかった。
なので、強く強く、選択しました。


昔に書いたかも知れないけれど、もう一度、思い出してみてください。

今の自分に、”疑問”を感じたのはいつですか?

世間の言ってること、常識というものは、本当にそうですか? 誰が作ったもの?
歳だから、、、、不況だから、、、、今は、○○だから「ねばならない。」という気持ちはないですか?


本当に変化を望んでますか? アセンションを望んでいるのかどうか。そこは判断なく。

その”枠”、”制限”を外すというのは、シンプルに【選択】し、後は手放していくことで流れが出てきます。

それは、最初の内はタイムラグがあるので、すぐに状況が変化しているとは感じないかもしれません。
いつ、どのように、と言うのも手放して、進んでいきます。

でも、この時に、本当に自分は変化を望んでいるのかどうか。という意識を持つことで、少なくとも”気づき”のきっかけにはなるのではないだろか?

実際には、殆どの人が深いところに【死に対しての恐れ】があるために、変化はしたいけど、こんな思いはしたくない。とか、こんな状況になったら耐えられないなど、起こってもいないことに対してマインドの囁きに二の足を踏むからです。実際には、人間、開き直ると自分で思っている以上に強いんだけどね。(笑)

これによって、個人の進むペースも違うと思う。(良い悪いではなく)

マインドの囁きに屈せず、その制限から抜けるという覚悟が出来たときに、シフトが起こる。
それは、何が現れても、受け入れるという覚悟です。

ただ、生き延びることだけを考えるのを止めるときです。

でも、安心してください。失うものはなかったことに気づくので。

ただ、引き伸ばしているだけなのか。本当に変化、アセンションを望んでいるのか。可能性を信じて、超えていくのか。

この先、どんな事を”創造”していくのか。

自分で、分かっているけど、どうしても超えられないという人もいると思う。
それはそれでいいんです。本人の望んでいることだから。一切、判断もないです。
ただ、今の現状から、そんなに大きな変化はないかも知れません。多少の動きがあっても自分の枠の中で動くだけということになるでしょう。


さて、今の自分に満足しているのかどうか。ときどき、3次元の意識から抜け出すために、自分に尋ねてみるのは必要かもしれません。

あまりにも、覆いはありますからね。すっかり染まらぬよう流されっぱなしにならぬよう自分をモニターしててくださいね。


今日はこんな感じです。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?