FC2ブログ

【留まろうとする意識を感じて②&シャウドから抜粋】

 21, 2011 23:13
2011/5/21(土)雨



外は、ずいぶん春らしくなってきました。
タンポポ、チューリップ、芝桜、水仙など、いつの間にか咲いていました。

さて、今日は、先日の第二段(笑)。
第一段?→11/5/18【留まろうとする意識を感じて&シャウドQ&Aから抜粋】byGraceさん

まだ、内側から出てくる言葉があるので、それを書いて見ようと思います。
(なんか、スイッチが入っている。笑)

今回に限ってではないのだけど、カウンセリングをしたり、感じたことを言葉で表現しているとき、ブログを書いているときは、ジャーちゃん曰く、”高次の意識をチャネリングしている。”ってことらしいです。yoham(私の神)から(通じて)感じさせてくれているんですけどね。


■ 深いところまで自分を観る

まず、前回で書いたけれど、、「もう一つ深く見る(自分自身の内側を)」というのは、そこに、「気づきや、発見がある。」と書きました。

なぜ、それが必要なのか。というのは、下記のシャウドを参考にしてください。

最近、ジャーちゃんと話していて(Gちゃんを通して)知ったことは、まだ、多くの者たちの”内観”の詰めが甘いということだった。(笑)まだ、深い部分までと到達できていない。ということです。判断なく。

無意識であっても、根底に【恐れ】があるからなんだけど、そこを深くまで見ていかないとナカナカ”気づき””開放”にまで至っていないことでー。

と、、、そういう流れと言うこともあるし、、、自分でも感じてくるものがあるので、内側から出てくるものは、書いていきます。

で、「深く自分を観ていく」ってことだけども。

自分の深い部分にある恐れを感じることや、何かに対して自分を責める必要もないし、恥じることもありません。とは言っても、「感じる」ものは、「感じるのだから」それさえも受け入れればいいことです。

それは、誰でも同じことで、「あって、当たり前」くらいに思っていればいいんです。
私は、ある時から、そうやって、自分を本当に判断なく見ていけるようになりました。

意識的な生活=自分をモニタリングしていくこと(判断なく)の必要性も下記のシャウドを参考にしてください。
ブログでも書いてきましたが、何度でも書きます!(笑)
これは、やっていくことで自然に無理なく出来るようになります。


例えば、同じメッセージ、本、シャウドなどを読んでも、”意識の差”が出てしまうのは、単に「自分のこと」が見えていないからです。それが悪いわけではありません。

どんなに素晴らしいことが書かれていても、「自分」が「その意識の段階」にあるとは限りません。

多々、「自分は、もうその段階だ。」思い込んでしまうことがあります。(自分の体験も含めて)
そこで、より「自分のことを知る作業」を止めてしまえば、成長(進化)を留まらせてしまいます。

でも、自分がより”気づいて”いくことで、「そうではなかった。」ことに気がつきます。
あまりにも、自分のもっているもの(不要なもの)の多さに驚きます。

ここは、「玉ねぎの薄皮をはぐような作業」とでも言いますか、、、。


「自分の中に何もなければ、何も反応しないはずです。」それを思い出してください。

それはただ、「気づいてほしい」だけなんです。認めてほしい。受け入れてほしいのです。

それが、時には、「光」と「闇」の融合という言葉で言われています。



■ 概念(思い込み)を超えていく

「超えていく」というのは、さまざまな所に使われす。

信念体系を超えるとか、、、二元性を超えるとか、、、。

でも、今日は、概念について。

以前、NHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の中で、江(ごう)のセリフに、思わずうなずきました。

「自分自身で、”出来ない”と言うことを決めている」というようなセリフだったと思います。


昔は、私もそうでしたけど、「こうしたら、~こうなる。」とか、世の中の風潮になれてしまって、先を読みすぎてしまったり。人のことを、「あの人は、こういう人だから、こう言われるに違いない」とか。

例を挙げれば限がないほど、無意識でも、自分に”制限”を作っています。あまりにも、”当たり前”になっていて、制限(コントロール)していることにも気づかない程です。

でも、果たして、自分で思っていることは、本当にそうでしょうか?

確かに、みんな”創造者”ですから強く信念としてあれば、そのとおりになるかも知れません。

でも、自分のスピリットに整列した(目的に適った)、愛からの選択/行動(高次の意識から)であったなら。それが、より自分の殻を破るため、自分の弱点を克服するため(進化するため)の行いならばどうでしょうか?

こいう場合は、喜んで天界の高次元の存在たち、宇宙が、サポートするでしょう。

そこを、忘れがちになっていませんか?自分の力だけでやろうとしていませんか?

どんな結果になろうとも、自分の責任において行動し、結果に執着を持たず委ねていたら、自分の思っていた結果には、ならなかった。ってことはありませんか? 自分の望んでいたことがスムーズに進んで。

「とにかく、やるだけやってみよう。」と行動してることは、”今に生きる”ってことじゃないですか?

私は、この10年の間に沢山チャレンジしました。
その結果、壁にぶつかったときもありましたが、それは、エゴから行動したときでした。でも、その体験もあったからわかってきたのです。(ずいぶん後になって理解した)

見えない力が働いていることを何度も実感しました。あまりにスムーズで、拍子抜けしたときもあります。それは、昔に、母の口から(親子なんで、だいたい返ってくる言葉は予想していた)、全く予想していない言葉が出てきて、母に助けられたときもありました。

このような結果になるときは、自分のスピリットに沿った行動をしている時です。

なので、どちらにしても良いも悪いもないんです。

でも、自分の課していた”制限””概念”を超えていくには、”やってみるまで”は、わからないのではないでしょうか?

自分も、他者から、”変人””クレイジー”だと、思われていたこともあるでしょうけど、そんなのは、言わせておけば、いいんです!(笑)自称、”変態”くらいに思っているんだから、それで本望!どうでもいいことです!

他者は、自分の概念を、信念を、親切のように振る舞いながら、あなたの行動を止めさせようとするかも知れません。でも、無意識であっても、それは、「私を、置いていかないでー。」ということかも知れません。
顕在意識では、わかっていないだけです。判断なく。

他者は、あなたの魂の進化に責任を持ちません。持ってくれませんよ。

自分のことは、自分でしか責任取れないのです。

「そうは言ったって」と迷うこともあるでしょう。恐れが、出てきて震えてくるときだってあると思います。

私も何度も体験してきました。でも、行動した後は、実に爽やかなんです。(充足感、軽やかさ、喜びなど)

何故だか、わかりますか?

スピリットと心ひとつ(整列)にしたからです。本当の自分(神聖)が顔を出しているからです。
(場合によっては、後から揺らぎが残こともあるけど、それは疑いが残っているときで、後になればわかります。落ち着いてきます。)

後になって、「なんだ~。こんな事なら、もっと早くに行動しれいればよかったー!!」と思うかも知れません。
でも、それまでの時間や準備が必要だったのかも知れません。

ただ、留まっている状態、選択しない/選択出来ない状態のとき、”今”に留まれないときは、高次元の存在もサポートできません。ただ、あなたを見守り”尊重して”いるのです。


ある人で、生まれつき心臓に欠陥がある方がいます。

これまでに、何度か発作を起こし、救急車で運ばれたこともあります。
検査入院も何度かありました。
何十年も発作を起こさないために、薬、精神安定剤、眠剤などを服用しています。

それが、近年の医療技術の進歩のためか、手術で、95%完全に治すことが出来るといわれました。
殆ど失敗もなく、間違いなく、もう発作の心配もなくなり、薬も完全に手放すことが出来るといわれています。

選択によっては、健康的な生活が待っているのです。

でも、それでも本人は、手術はしない。と決めているそうです。

そこに、良い悪いはありません。「死」に対する深い恐れがあるのです。

本人は、まだゲーム、ドラマの中にいたいのです。

これまで、「自分は、早く死ぬかも知れない」など、周りに言ったりしていましたが、そうやって「自分の存在」を認めてほしいのです。自分に意識を向けてほしいし、犠牲者になっていたいのです。

「でも、そういう人ほど長生きするんじゃないの?」と私は思っていたりしましたが。(笑)

私は、思いやりの中にいます。「そうしたいなら、どうぞ。」

「恐れ」「不安」をいつも抱えながら生きていたいなら、それも尊重します。

この「ある人」の場合は、95%と医師に告げられたわけですが、私たちは、あらゆる可能性の”無限”に向かっているんじゃないですか?


「でも、あなたも同じように、そこに留まりたいですか?」


この言葉を聴いた瞬間に、自分の中から、「だって、、、」「○○が、、、」「でも、、、」と、”言い訳の声”が聞えてきたのなら、それは、あなたの中の【恐れ】です。

では、その”言い訳”と、”現在、ここ(地球)に生まれてきた理由(目的)”とどちらが大切、、、いや、違うな、、、、。

まず両方を感じてみてください。何か違いを感じましたか?

どちらが自分に心地よい感覚をもたらせてくれますか?


「どちらが、本当の自分ですか?」「どんな自分(現実)を望みますか?」


どちらであっても、良い悪いはありません。

自分の中にある”制限””概念”を超える準備は出来ていますか?

そういっている間にも、意識は変化しています。

これを読んで、何かに「気づき」「感じて」いるときにもシフトします。
それを、「行動」にしてみたときは、どれ程変化するでしょうか?
そうやって、少しづつ螺旋の階段を登って進化していきます。

焦ることではありませんが、「”今”がその時だっ!!」と感じたときは、自分を信じて勇気を出してみてください。

”超えていく”というのは、意識を拡大させていくことでもあるんじゃないかな?
これまでの3次元的な見方から、概念から、より大きな見地から見渡して行動していくことじゃないでしょうか?


「健闘を、祈ります!!」(笑)


■ 今日の<参考> シャウドから

昨夜、寝る前に読んだシャウドで、今日は拝借しました。ちょっと長いけどね~。(汗)削除するところに困る。

クリムゾン・サークル日本公式サイト チャネリング から
※シャウドを読むには登録、ログインが必要です。

クラリティ・シリーズ シャウド4
「あなたを養っているものは、何ですか」
クリムゾン・サークル 2005年11月5日

【抜粋】

「意識とは何ですか?」 そうですね、極めてシンプルな言い方をするなら、それは、あなたの現実を定義する、一連の信念体系のことです。あなたの気づきのレベルが、あなたの意識となります。あなたは、ある特定のレベルの活動に、ある特定の理解に気づいています。

意識はまた、信念体系により、制限されます。特に、あなたが地球にやってくると、これらの信念体系は、とても凝り固まったものになります。そして、それがあなたの人生のあらゆるものを定義するのです。それは、あなたがどうやって自分自身を知覚するかを、定義します。信念体系は、あなたがどのように自分自身と関わりあうかを、あなたの周りの環境や人々と、どのように関わりあうかを、定義します。


興味深いのは、あなたの信念体系というのは・・・ それらはマインドからくるのではありません・・・ いいでしょうか。信念体系は、もっとずっと、深いところにあります。それらは、ハートから、あなたの内側の部分からくるのです。よろしいですか。あなたは自分が、ある特定の信念を持っていると思っています。けれども、時に、あなたの本当の信念は、より深くにあり、ずっと、影響力を持ちます。時々、あなたはマインドで信念体系を改め、修正し、変えようとします。けれども、なお、あなたの人生は以前と同じように続きます。そしてあなたは、信念体系が及ぼすことのできる影響とは、本当は何なのか、疑問に思います。

けれども、信念体系は・・・ それらはもっと、深いものです・・・ ずっと深いものです。あなたは、それらにアクセスすることができます。深く入っていき、自分が本当に信じているものを、正確に理解することができるのです。繰り返しますが、それは、通常、自分が信じていると思っているものとは、違うものです。今日、私たちは、どうやってそれを見ていくか、どうやってそれを変えるか、どのようにそれに取り組むか、について、少々、話をしていきます。

基本的に、あらゆるものが、信念体系です。ヴェールの私たち側ですらそうなのですが、それはただ、信念体系がどれくらい幅広く、拡大したものであるかによります。

天使たち、様々な存在たち・・・ 彼らの現実は、彼らの持つ信念体系により、形作られます。セント・ジャーメインが、「ドリームウォーカー・スクール」で見事に語っているように、肉体を持たない存在ですら、もはや人間の形態をとらない存在ですら、彼らがヴェールの私たち側にきた時も、彼らの現実は、信念体系から形作られるのです。彼らはそれらを携えてきます。それを、私たちの側で、ワークして、磨きをかけ、調整し、拡大することはできます。

けれども、どの存在も、やがては地球に戻らなければなりません。一連の拡大した信念を持っていたとしても、基本的にはここ、地球で具現化し、それをどう、演じるかを確かめなければなりません。天界の領域においては、あらゆるものが、いわば少々、エーテル的であり、あらゆるものが、少しばかり、一時的です。ですから、問題は、信念体系を、拡大した形で地球に持ち帰ることができるか、魂が、神聖なる存在がついに、それをとりこみ、すべてを一緒に、拡大した意識をもって融合することができるかどうか、ということなのです。

ですから、シャーンブラの皆さん、信念体系は - あなたが持っている信念は - 現実を定義し、創造します。それが、あなたの意識です。それが、あなたの気づきのレベルです。ほとんどの人間が、とても制限された、とても制約のある、一連の信念体系のもとに生きています。彼らは、とても、とても集中していて、時には極端なほど、凝り固まっています。

あなたは、その外側に拡大するのを学んでいるところです。信念を拡大させる、「イマジネーション(想像)」というものがあることを学んでいます。「神」や、お金や、食べものや、肉体について自分が持っていたいくつかの実際の信念体系は、とても制限されたものだったことを学んでいます。それらは、あなたにとって基本的に居心地の悪い、とてもきついスーツを着ているかのような意識を築きあげました。そしてあなたは、拡大し、超える準備ができています。

さて、私たちの今日のゲストは、意識について、学んできました。彼らは、自らの信念体系について学んできました。信念体系が、文字通り、いかにして彼らを養っているのかを学んできました。

あなたにある信念体系があれば、文字通り、外側でそれが演じられます。地球に生きることが懲罰であり、自分は堕天使であり、神の慈悲と恩寵を得ようとしてここにやってきたのだ、と信じていれば・・・ ええ、それはとても無意識の、とても深い信念体系となります。あなたはそのことについて、考えることすら、ありません。それがそこにあることすら、気づきません。

そしてあなたは、それを演じ始めます。演じ始めるのです。さて、あなたは文字通り、自分の周りのいたるところにそれを創造しています。なぜなら、それがあなたのフィルターだからです。あなたの傾向だからです。そして、それが今、現実となります。あなたは、世界を、判断の目を通して、堕天使の目を通して、あるいは、ひょっとすると、闇や悪の目を通して見るようになります。世界を、ある種の懲罰の場として見ます。あなたが正しい道を学ぶまで送られる、ある種、刑務所か、監獄であるかのように見ます。

あなたは、文字通り、それを生きています。私たちは、必ずしも具体的にあなた方に向けて言っているわけではありません。私たちは、その信念体系を抱える人間全般について話をしています。あなたは、文字通り、それを生きています。そこで何が起こるかというと、それは、信念を強化するのです。というのは、あなたの周りのすべてのものが、残酷で、普通以上にひどい目にあっていて、まるである種のスピリチュアルな懲罰を受けるためにここに送られたかのように思えるからです。そして、それが信念体系を、意識を強化するので、さらに堅固になっていくというわけです。

~中略

誰もが、養われます。人間であろうと、天使であろうと、誰もが、エネルギーを取りこみます。誰もが、養われているのです。あなたがどのようにして養われているか、自分の現実にどうやってエネルギーを取りこむのかを、ひとたび理解すれば、意識がどのように形作られるのか、信念体系がどのように現実を定義するのかが理解できるようになり、どうすれば、あなたが現実の限界として信じている外側へと拡大できるかを、理解するようになります。

あなた方のなかには、犠牲者としての食物を、自分自身に提供する人もいます。それはとても美味な食物です。そうではないでしょうか? あなたは犠牲者になるのが好きなのです。ええ、あなたは犠牲者であることに不満を漏らします。犠牲者であることに愚痴を言います。他人のせいにしたいのです。あなたを抑えつけ、締め出している外側のエネルギーについて、いつも話をしたがります。この生涯で被害者であり続けるために、それが本当に起こったことではなくても、過去世で起きた物事を作り上げるのも大好きです。

あなたは、自分自身に犠牲者のエネルギーを提供しています。それは、そんなに悪いことではありません。あなたが驚くべき役割を演じるのを、許してくれるからです。本来の、高い可能性を秘めたあなたに直面しなくてもよくなるからです。あなたは、この、犠牲者という役割を演じることができます。それはあなたを養っています。それはまるで静脈管のように、あなたのシステムへ、あなたの意識へとまっすぐに入っていきます。そしてあなたは、それを糧にします。

あなたは空腹になります。そして、犠牲者のエネルギーを招きます。そうすると何が起こるでしょうか? 言うまでもなく、加害者をあなたの人生に取りこむのです。あなたは彼らを創造し、取りこみ、そうすることで、再び、彼らはあなたを貶めることができ、あなたはと言えば、それにより、不満の種ができるのです。そうすることで、何かをしないでいる理由ができるのです。

私たちは、それが悪いことだと言っているわけではありません。繰り返しますが、ここには判断はありません。私たちはただ、あなたが自分自身をどのように養っているかを見ていただきたいのです。

あなた方のなかには、他人からの褒め言葉により、自分自身を養っている人もいます。あなたは重要な存在であり、愛情に満ちた、素晴らしい人間である、と褒めたたえる他人からの称賛により養われています。あなたはそのような外側からの食物が必要なのです。あなたがどれくらい最高であるか、これほど驚くべき人間には出会ったことがない、と言ってくれるようなものが。あなた方のなかには、そのようにして自分自身を養う人もいます。

繰り返しますが、判断はありません。私はそれをするのが大好きです。(少々、笑) けれども、ある時点で、それは単なるお世辞に過ぎないと知ることで、バランスをとるものだと、言っておかなければならないでしょう。お世辞とは、ひとつのエネルギーです。それは、あなたのなかに入っていきます。それに対してクスクス笑うこともできます。また - 何と言うか - エゴが噴出することのないように、それを変えることもできます。あなたは文字通り、これらの養ってくれるエネルギーを、何でも、変えることができるのです。

あなた方のなかには、実際、そうする人もいます。そこにとらえられなければ、他人から褒め言葉をもらったり、感謝されたり、認められるというエネルギーに病みつきになり、絶えずそれを追求してしまう、というのでなければ、それは楽しいことです。そうなると、あなたは常に「白馬」に乗って、他人を救ったり、助けていなければならない現実を創造してしまいます。なぜでしょう? ああ、他人を救ったり、助けたりするためではないのです!

あなたがそれをするのは、そのエネルギーから養われ、人々から自分がいかに素晴らしいか、と言ってもらうためなのです。繰り返しますが、私たちはそれは、ものすごく愉快なことだと思っています・・・ そのことをあまり真面目に受け止めなければ。

あなた方のなかには、クリエイティヴなもので自分自身を養う人もいます。これは私が大好きなことのひとつです。あなたがクリエイティヴなことをするのが大好きなのは、それがエネルギーをもたらすからです。そして、それはあなたを養います。あなたを維持します。ええ、あなたは、まさに中核の部分では、クリエイティヴな存在、あるいは「クリエイター(創造者)」の存在です。ですから、あなたが絵を描いたり、退屈な会議の最中に、時間つぶしに手帳にスケッチをするような時でも・・・ それは、あなたを養っていることになります。部屋にいる他の人たちに見せるためにしているわけではありません。別に自分が、偉大なアーティストだと思っているからやるのではありません。それはあなたの内側深くにある、クリエイティヴな欲求を養っているのです。それは実際にあなたを、内側の、そのクリエイティヴな中心へと、つなぐ助けをしているのです。

繰り返しますが、私たちは、あなた方に強調しておきたいのですが - そして、ゲストのグループにも強調しておきたいのですが - このどれにも、判断はありません。彼らは、自らの人生にそれを見ておかなければなりませんでした。彼らはここで、数年間の授業を受けなければなりませんでした - ディスカッションをしたり、勉強して、本当の意味で自分自身を見なければなりませんでした - そして、自分たち自身に、同じことを質問しました。「前回、地球で過ごした生涯で、私たちを養っていたものは何なのか?」

もしかするとそれは、お金だったかもしれません。お金というのは、それ自体、ものすごいエネルギーです。お金は中毒になることがあります。また、美しいものにもなり得ます。今日のゲストのなかには、お金にとらわれた人たちが何人かいます。子供時代から、死にいたるまで、彼らの人生は、お金儲けに終始しました。ある意味で、その環境に生まれついたのです。それは彼らのカルマでした。人生のすべてを、金儲けに費やしました。彼らは、自分自身を、そして意識を、どれくらい金儲けできるかに基づいて、評価しました。

ええ、お金とは、それ自体が、単なる紙に過ぎません。今では、あなた方の社会では、インターネットを経由して、コンピュータの金融システムに入っていく、ただの数字に過ぎません。けれども、彼らはお金のエネルギーにとらわれました。それは、彼らを養ったのです。ドルやフラン、何と呼んでも構いませんが、そのエネルギーは、彼らを養ったものです。彼らはそうして、自分を養うために、さらに多くの金を稼ぎ続けなければならないと感じ、かつては10万で満足していたのが、飽き足りず、50万を稼がなければならなくなりました。彼らの身体が、スピリチュアルな身体が、もっと、もっと養われるように呼びかけていたからです。

ですから、何があなたを養っていますか、シャーンブラの皆さん? 何があなたを養っていますか?

ステイタス・・・ もうひとつのものです。ステイタスが興味深いのは、ステイタスにより養われている人たちは、ほとんどの場合、そのことに気づいていないからです。それを見ることすらありません。彼らにとって、あまりにも無意識なものなのです。彼らは、コミュニティにおけるステイタスにより、養われます。それはまた、他人が彼らを、地元で一番の人物として、コミュニティで一番の人物として、州で一番の人物として見なすことで、自分自身をそう見るための手段でもあります。それは、彼らのエネルギーを養います。彼らはそうして、さらに多くを必要としていきます。さらなるステイタスが、他人からもっと受け入れられることが必要になるのです。ですから、ステイタスもまた、自己を養う手段のひとつです。

独善というのも、自分自身を養う別のやり方です。内側では、自分は正しくないかもしれないと思ってはいても、自分のあらゆるものに正義をかざします。私たちは笑わずにいられない時があります。誰かに本当は、自分は間違っているのだと証明してほしい、そうすれば、このくだらない馬から下りることができるのに、と、独善は、内側で叫んでいるのです。(少々、笑) けれども、彼らはこの独善というのを、差し出し続けます。それが彼らを養っているのです。内側では何だか、正しく感じられないにしても、それが自らの正当性を確認する手段なのです。彼らはこの種のことで自分自身を養います。繰り返しますが、判断はありません・・・ それが単なるゲームに過ぎないことを認識していれば、独善もまた、素晴らしい遊びのエネルギーになり得るのです。

シャーンブラの皆さん、あなたはどうやって自分自身を養いますか? 

ひょっとすると、本かもしれません・・・ あるいは、TVかもしれません・・・ あるいは、映画かもしれません。あなたがこのようなエンターテインメントに夢中になっている時、何が起きているでしょうか? エネルギーがあなたに返ってくる時、あなたは自分自身を養っています。あなたはエーテルへと出かけていき、意識を開き、書かれていることや、演じられていることを体験するのを、自らに許しているのです。

けれども、そこでは、何かが、あなたを養っているのです。それは何ですか? あなたに返ってくるエネルギーは何ですか? 「ええ」 あなたはよく、自分に言い聞かせます。「ただ、ひと休みする必要がある。本を読むか、映画を見る必要がある。」 あなたは自分がニュートラルな(中立な)ゾーンに入っていると思っていますが、全然、違います。たくさんのことが起きています。

もしかすると、あなたはマインドから少しの間、出て行って、ハートと感情を開くのを許すことで、自分自身を養っているのかもしれません。あるいは、自分自身と触れ合うために、その間、外界を遮断することで、自分自身を養っているのかもしれません。あるいは、特に本を読んでいる場合には、イマジネーションを活性化することで、自分自身を養っているのかもしれません。それはまた、映画を見たり、TVを見ている時も同じです。

頭のなかだけでなく、あなたの存在全体で何が起こっているかを観察すれば、たとえ何かのTV番組を見ている時にも、まったく、静かな状態などではありません。あなたは養っているのです。画面を見て、俳優や登場人物を観察しています。彼らの環境や、演じている役割を観察し、あなたの意識へとフィードバックしているのです。あなたの現実へとフィードバックしているのです。

それはまるで、ガス管線のようなものです。あなたのなかへとまっすぐに入ってくる燃料パイプのようなもので、何らかの形であなたを養っています。それはすべて、価値があります。素晴らしい価値があります。その供給を絶とうとはしないで下さい。そうすると、あなたは、とても、とても空腹になります。それは価値があります。私たちはただ、あなたがいかにして自分自身を養っているかに気づいてほしいのです。

ドラマ・・・ あなた方のなかには、ドラマが大好きな人がいます。あなたはそこから摂取します。あなたはそこに密接に関わっているか、他人のドラマの周辺に位置しているかの、いずれかでしょう。時々、あなたは自分自身に言います。「でも、私はシャーンブラだ。私はスピリチュアルな存在だ。ドラマに巻きこまれてはいけない。」 けれども、なお、あなたはいつもドラマの周辺にいます。それは常にあなたの周りの人々に起こっています。

ひょっとすると、あなたはこう言うかもしれません。「ああ、どうして起こるのでしょう? なぜ、私の周りにはいつも、ドラマがあるように思えるのですか?」 なぜなら、あなたは、そこから摂取しているからです。それはとても強力で、誘惑的で、二元的なエネルギーです。

それは、あなたのスピリットを、養います。あなたの現実と、あなたの意識を養うのです。

時々、あなたはそこに巻きこまれることがあります。そして、自分自身に対して腹を立てます。「こんなドラマに巻きこまれるべきじゃない。」 けれども、あなたがそこに巻きこまれているのは、それが何らかの形で、あなたを養っているからです。あなたに何かを与えているのです。それに気づいて下さい。見て下さい。判断をしないで下さい。

言い足りないくらいです。それについて、判断しないで下さい。それは、理由があってそこにあります。あなたが巻きこまれているのは、理由があるのです。こう言ってほしくはありません。「ああ、ドラマというのは悪いものだ。独善は悪いものだ。迫害は悪いことだ。」 私たちは、あなたに、なぜそれがそこにあるかを、ただ理解してほしいだけなのです。シャーンブラの皆さん、それはどのようにあなたを養っているのでしょうか?

あなた方のなかには、仕事をすることで、自分自身を養っている人もいます。あなたはとても、ハードに仕事をします。長時間、働きます。常に仕事をしています。あなたはそれを正当化します。あなたは言います。「でも、そうしなければなりません。働かなければなりません。やるべきことがあり過ぎるのです。」 私たちは言います。あなたは、単に、自分自身を養っているだけです。あなたはそのような、働くエネルギーが好きなのです。それをあなたの人生に取りこむのが好きなのです。それは目的にかなっています。

それは何でしょうか? 目的とは何でしょうか? ちょっとここで、心に留めて下さい。それはただ、あなたには達成すべきゴールがある、というだけのことではありません。あなたには決められた年数しかないとか、家族を養うために一生懸命働かなければならない、というだけのことではありません。それらはすべて、表面的なレベルの問題であり、理由です。そこには、もっと大きな理由があります。それはどのようにあなたを養っているのでしょう? そのハード・ワークというエネルギーは、あなたに何を与えているのですか? あなたのスピリットと、あなたという存在を維持するために、それは何をしているのでしょうか?

あなた方のなかには、ゴシップが大好きな人がいます。他人のことを話すのが大好きです。ゴシップというエネルギーは、とてもリアルで、とても影響力があり、とても、とても強力です。まるで、ゴシップを避けることなど不可能に思えます。時々、あなたは後になって、自分を非難します。あなたは言います。「あんなゴシップに巻きこまれるべきじゃなかった。」 それは何かというと、ただの、食物なのです。魂のための食物です。ゴシップですら、魂のための食物なのです。それは、どのように、あなたを養っていますか? それは何をしているでしょうか? その原動力は何ですか? それがただ単に、激しいエネルギーだからですか?

さて、ここでは頭に入らないで下さい。答はそれほど、深いものではありませんし、いずれにせよ、隠されたものでもありません。時にそれは、あなたの人生に強力なエネルギーをただ、注入するためでもあります。時々、あなたは、自分を動かしていくために、そのようなエネルギーが必要だと感じるのです。ゴシップで集まった後に、あなたが前より元気になっているように感じたり、生き生きとして感じられることがあります。ですから、何らかの形で、それはあなたを養っているのです。

それを見て下さい。分析しようとしないで下さい、シャーンブラの皆さん。ただ、見て下さい。「なぜ、そのエネルギーは私を養っているのか? それは何をしているのか?」 ええ、それはもしかすると、ただ、あなたに空気を入れているのかもしれません。もしかすると、強力なエネルギーを注入するようなことかもしれません。

ここに、もうひとつ、あります - 「うつ」です。さて、あなた方の多くの方が言うでしょう。「ああ、「うつ」が私を養っているなんてことは、まったくありません。(養うどころか)取り去っているのですから。」 ああ、全然、違います、全然、違います。それはまるで、とても濃厚なスープのようなものです、うつ、というのは。とても濃厚です。とても重いのです。けれども、何らかの形で、それはあなたを養っています。それは一種のスピリチュアルな食物です。

それは、理由があってそこにあります。あなたが悪いからではなく、化学的不均衡のせいでもありません。何ということでしょう! 化学的不均衡というのは、まずあり得ないことです。それはただ、科学がそのように見ているだけです。けれどもそれは、かなり違うものです。それは、ひとつのエネルギーです。それは、生命力のエネルギーを奪っているのだ、と思うかもしれませんが、あなたを養っているのです。それを見直して下さい。この「うつ」のエネルギーの背後にあるものは何ですか? なぜ、それはあなたの人生にあるのでしょうか? なぜ、それが絶え間ない闘いであり、試練なのでしょうか?

人間関係 - それらはあなたをどのように養っていますか? あなたの配偶者、パートナーのエネルギーは、どのようにあなたを養っていますか・・・ あるいはあなたの子供は? 多くの場合、パートナーがあなたから奪い、抑えつけている、と私たちに言います。そうではありません。あなたのパートナーは、あなたを養っているのです。何らかの形で、何らかのやり方で、あなたに役立つエネルギーが、ある意味でそこにはあります。それは、あなたにエネルギーをもたらしています・・・ 本当にそうなのです。あなたの意識を、時にあなたの幻想ですら、サポートし、維持する助けとなっているのです。それは目的を遂げています。あなたの子供たちもまた、同じように・・・ 彼らは何らかの形で、あなたを養っています。そこからどんなエネルギーが入ってきていますか?

ガイアは、あなたを常に養います。そのためにガイアはここにいます。彼女は、あなたの肉体だけではなく、スピリチュアルな、精神的な、物理的な、あなた全体に、エネルギーを供給します。ガイアとはまるで、製造工場のようなものです。この地球のエネルギーは・・・ 彼女は絶えず、まさに土台となる、あるいは非常に根源的なエネルギーを、量産しています。それはあなたの肉体を維持する助けとなる何かです。けれども、ガイアに関連した、他のいくつかのエネルギーがあります。それは意識のエネルギーであり、彼女が絶えず製造しているものであり、絶えず、あなた方が利用できるものです。あなた方のなかには、森を散歩したり、田舎をドライヴしたり、海に出かける時にそれを発見する人もいます。

けれども、今度は、自分自身にこう、訊いて下さい - ガイアはどのように私を養っているのか? 繰り返しますが、そこには、悪いものはありません。養われるのは悪いことではありません。すべての存在が、何らかの形で養われる必要があります。維持していくためのエネルギーが必要なのです。ですから、あなたの人生で、ガイアはどのように役立っていますか? ガイアは何をしているのでしょうか?

あなた方のなかには、人生に苦しみを持たなければならない人がいます。それはもしかすると肉体的なものかもしれませんし、感情的なものかもしれません。あなたはそれが好きではないと言います。けれども、あなたが、本当にそれが好きでなければ、本当にほしくなければ、それがそこに存在することは、本当にないのです。あなたが、どこかのレベルで苦しみを取りこむのは、それがあなたを養うからです。それは、ひとつのエネルギーです。それが、エーテル的なパイプ管のようなものを通って、まっすぐにあなたのなかへ、まっすぐにあなたの意識へ、あなたの「今」という瞬間に流れこむエネルギーであるとイメージしてみて下さい。

喜びは、ひとつのエネルギーです。それは、とてもうまく、あなたを養ってくれます。あなた方の多くの方が、人生で喜びを手にします。そしてそれは、他のエネルギーと同じように、あなたを養います。

宗教 - とりわけ、中毒性のある食物です(少々、笑) - 宗教は、その信念体系のなかにいる者を養うことができます。それは彼らが自分自身について感じていることを、強化し続けます。彼らの現実と、意識を強化し続けます。繰り返しますが、それが間違っている、と言っているのではありません。それは単なるひとつのエネルギーです。あなたの存在に入ってくる食物であり、たくさんの教義や、規則や、書物や学びを抱えている宗教の場合には、特にそうです。それは単に、シャーンブラの皆さん、食物なのです。スピリットのエネルギーという食物であり、意識の食物なのです。ただ、それだけです。

彼らはさらに多くの本を書きます。そうしなければなりません。養い続けなければならないからです。もしあなたが - 私たちはこのような言い方をしますが - 制限のある源から、決められた範囲の源から摂取しているとすれば、あなたはどんどん、摂取し続けなければならなくなります。新しい規則を作り続け、さらに本を書き、さらなる法を創り、神についてのさらなる概念を創造しなければなりません。それは単に、魂のための食物なのです。それだけのことです。

シャーンブラ・・・ それは、食物です。あなたはたった今、ここに座り、シャーンブラというおっぱいを吸って、あなた自身を養っています。(聴衆、笑) このシャーンブラというエネルギーは、クリムゾン・サークルというエネルギーは、トバイアスというエネルギーは、クリムゾン・カウンシルというエネルギーは、食物です。繰り返しますが、判断はありません。なぜ、あなたは人生にそれを取りこんでいるのですか? それはあなたに何をしてくれるのですか? もう一度言いますが、これは、何が正しくて、何が間違っているかを決めることではありません。

単に、あなたがどのように養われているのかを見ることです。なぜなら、ひとたび、あなたが自分自身をどのように養っているかを理解すれば、あなたの現実がどのようにして創造されるのかが分かるからです。

すると、どうすればその現実が変えられるかが理解でき、自分自身に対して、より壮大な許可を与えることができるようになります・・・ よろしいですか。。


あなたは、本当にたくさんの、様々なやり方で自分自身を養います。空気から、ただ、呼吸することから、自分自身を養います。呼吸は、あなた自身を養うための、驚くべきやり方です。それは、あなたの現実を養います。あなたの夢と、欲求を養います。呼吸は、あなたのスピリットを養います。

それはただ、空気から酸素をとりこむ以上のものです。空気中には、スピリットのエネルギーがあります。そして、あなたはそれを吸いこみます。それが、あなたの現実の基盤を養うのです。あなたの「在る状態(beingness)」の感覚を養います。あなたが深い、スピリチュアルな呼吸をすると、より壮大な意識と、拡大した意識を求めるあなたの望みをある部分、養うのです。

眠り・・・ それはあなたを養います。それはただ、休息するだけのことではありません。あなたを養っている、眠りと夢に関わる、ひとつのエネルギーが、そこにはあります。夢のなかで、あなたは頻繁に、他の様々な領域に入っていきます。収穫するために、あるいは買い物にいきます。おおむね、あなたはそこに行って、木から天界の果実をもぎ、あなたが目を覚ます時に、あなたの現実に一緒に帰ってくるのを許しています。あなたが眠っている時、何が起こるのでしょうか? 

あなたがどのように自分自身を養っているのか、あなたの意識を養っているのかに気づいて下さい。あなたが人生でするすべてのこと・・・ ヒーリング・ワークや・・・ ファシリテーション(施術)・ワークや・・・ それが、あなたが施しているか、受けているかはともかく・・・ あなた自身を養うということなのです。あなたが犠牲者であっても、加害者であっても・・・ クリエイティヴな人でも、インテリでも・・・ 子供でも親でも・・・ すべてがあなたを何らかの方法で養い、あなたの現実を創造しているのです。

ですから、あなたが自分の現実を変える準備ができたら、意識を変える準備ができたら、そもそも、あなたがどのようにそれを養っているのか、自分自身をどのように維持しているかに気づかなければなりません。

~中略

彼らのなかには、いわゆるスピリチュアルなソーシャル・ワーカーとしてやっていた人もいます。常に他人の相談に乗り、いつもそこにいて聞いてあげる人、カウンセラーのようなものです。どういうタイプかご存知ですね。あなた方の多くの方がそのタイプですから。(少々、笑) 

あなたのもとには常に友人が相談にやってきます。彼らはひとつには、あなたから摂取しています。けれども、あなたも、彼らから摂取しているのです。あなた方2人の間では、現実のやりとりがなされながら、何かが起きています。それはただ、自分は面倒見がよくて、思いやりのある人だからだ、とあなたは思っていたかもしれません。

ああ、本当は、あなたにはただ、その食物が必要だったのです。そのエネルギーが、あなたの人生に入ってくる必要があったのです。繰り返しますが、ここに判断はありません・・・ これらはスピリチュアルな存在の所見なのです。

健康問題、健康・・・ あなたは健康から自分自身を養います。あなたは、健康とは、自分がいかにして養われているかの副産物だと思っていました。けれども、あなたは、自分の健康と、健康問題により、自らを養います。あなたが絶えず病気をしていたり、風邪をひいたり、最新の、いちばんファッショナブルな病気に罹っているなら、あなたはどういうわけか、そのエネルギーにより、自分自身を養っているのです。あなたがいつも健康である場合も同じことです。それは、あなたを養っています。

あなたの現実の基盤に、常にエネルギーのインプットがあります。そしてそれが意識を創造し、意識が、あなたが人生で本当に体験するものを創造します。あなたはどのように自分自身を養っているのですか、シャーンブラの皆さん? 夜、暖炉のそばに座り、ただリラックスしてワインを飲むというのは、ただ単に暖炉のそばに座り、ワインを飲む以上のものがあります。そこでは、養う、ということが行われています。エネルギーがあなたの意識に、あなたの現実に入ってきて、あなたの現実を形作り、定義しているのです。

あなたが道をドライヴしている時にもそれは起きています。その間、養う、ということが行われています。あなたが道をドライヴしている時、何が起こっていますか? ひょっとすると、どこかに早くたどり着かなければ、という焦りかもしれません・・・ 時間厳守しなければならない、どこかに急いで行く必要がある・・・ それもまた、あなたを養います。あるいは、道をドライヴしている時、あなたは空想にふけっているかもしれません。それはあなたを養います。

どんなものであっても、シャーンブラの皆さん、それを見て下さい。あなたの人生のあらゆる側面を、感じて下さい。進行していることを、正確に感じて下さい。

あなたが他人と交わす会話は、他人と交わしている会話以上のものがあります。あなたが友人や、愛する人と一緒に・・・ ディナーに出かけたり・・・ ただ電話で話をする時・・・ あなたは養われています。それは、あなたと他の人たちとのエネルギーの交換なのです。けれども、そこにはまた、他の場所から、他の源から入ってくる、違う種類のエネルギーがあり、あなたの現実を再び定義する助けをしています。

セックス・・・ あなたはセックスについて話すのがいつも好きです。ですから、話しましょう。それは単に、セックスだけのことではありません。あなたは何らかの形で、自分自身を養っているのです。あなたはエネルギーを取りこみますが、それはもしかすると、相手の愛のエネルギーかもしれません。あるいは、肉体を満足させるエネルギーかもしれません。けれども、そこには、それ以上のものがあります。つまり、他の様々な層やレベルが、他のことが起こっているのです。

できるなら - あなたのパートナーに失礼なことをするということではなく - あなたが愛やセックスに携わっている間に、少し時間をとってみて下さい。少し時間をとって、こう言って下さい。「ここで何が起きているのだろう?」 その時、相手に、あなたがそういうことを考えているとは、言わないことです。(少々、笑) でも、こう言って下さい。

「私はどのように養われているのだろう? 私のスピリットは、私の現実は、私の意識は、この瞬間、どのようにして養われているのだろうか?」

あなたがするすべてのことは、何らかの方法で、養われる、ということなのです。ですからあなたはしているのです。もしかするとあなたは現在、誰かを教えたり、施術を施しているかもしれません。あなたは、養われています。それは、ただ単に彼らとワークする、ということだけではありません。何らかの形であなたもまた、養われているのです。

それは、驚くべき発見です。あなたが養われている、すべての様々な方法に気づくのは、驚異的なことです。あなたはこれを、判断抜きにしなければなりません。それが正しいか、間違っているか、判断せずにしなければなりません。あなたが自分自身を養っているあらゆる方法を、抱きしめて下さい。そのすべての部分を愛して下さい。

~中略

あなたの意識が拡大し、現実が、あなたの周囲のいたるところで変化し始めるにつれて何が起こるかというと、あなたは、新しいやり方で養うようになります。

あなたは新しいやり方で養い始めます。ここで、とても驚くべき - 何と言うか - 強烈な結果が、非常に具体的な、実体のある物事が起こり始めます。いいですか、あなたはしばらく時間をとって、自分自身をどのように養っているかを見なければなりません。それから、あなたは意識が変化するのを許すのです・・・ あなたがそう望むなら。

それから、あなたがいかに、違う養い方をし始めたかに気づいて下さい。それは、驚くべきものです。あなたが養うためにつながっていた、何千というチューブ、それは怒りからくるものや・・・ 笑いからくるもの・・・ 愛からくるもの・・・ ゴシップからくるもの・・・ 仕事からくるもの・・・ 苦しみからくるもの・・・ このすべての養ってくれるチューブが流れこみ、あなたを維持してきたものが、古いものに感じられます。あなたが超えて進むと、現実に疑問を投げかけ、意識を変化させてあげると、このような養うためのチューブはもう、必要ないことが分かります。

自己を養うものは、自己からくることに気づきます。それは、いわば、内側からやってきます。養ってくれるチューブは、神性から人間にいたるまで、常にそこにあったと言えます・・・ 

~中略

それからあなたは、養ってくれる他のすべてのチューブを切り離すことができるようになります。それらは単に、一時的なものに過ぎませんでした。実際のところ、それらはただ、邪魔になっていたのです。妨げになっていたのです。

ドラマから・・・ 苦しみから・・・ 逃避から・・・ セックスから・・・ どんなものからも、あなたのエネルギーを引き出す必要はありません。さて、それらは、いわゆる真の自由意志体験、ということになります・・・ いいでしょうか。もうあなたは外に出て、自分の人生にどんなものでも体験することができ、摂取や、栄養補給や、あなたの現実の基盤に頼らなくてもよくなります。あなたは今、それをただ、体験するためにやっているのです。あなたは今、それを、楽しみのためにやっているのです。やりたいから、あるいはやりたくないから、ただ、あなたはそうするのです。けれども、それを使って、あなた自身をサポートしたり、維持することはありません。

物事が本当に変化し始めるのが分かるでしょう。あなたは、内側から養うのです。外側からは必要ありません。今、あなたには、とてもたくさんの、さらなる新しい、自由な選択肢があります。あなたは捕らわれの身ではありません。このような外部から養われるという手段から人質に取られてはいません。あなたの意識は、それから、急速に変わり始めます。あなたの現実は、「創造者」であるあなたにとって、とても流動的で、とてもオープンで、とても融通が利くものに思えるでしょう。それはとてもシンプルです。実に、とてもシンプルなのです。


と、言う感じで今日は終わります。

また、書くと思います。(笑)今日のシャウドに関連したことで、書いておきたいこともあるので。

今日も感謝!

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?