FC2ブログ

【ひとりごと:最近の状況&ガイアを感じる&サイン】

 10, 2011 14:55
☆本日↓2011/4/10(日)の始めはこちらから。
【転載】2011年4月のニューアース・エネルギー



あ~~~、先週はしんどかった!!(泣)

精神ではなく肉体のほうがだったんだけどね。
休みもなく、体に負担がかなりかかっていたのもあるんだけど、どうやら、そればかりじゃなかったようだ。

ホームページの作業が一段落したあと、PCに向かおうとすると、その上(空間)から、「ビシッ、バキッ!」とやたらとうるさくラップ音が聞こえる。最初は、「なんだ~?、やけに沢山(存在たち)が来てるねー。」という感じだったけど、翌日も同じ状態で、ようやく分かった。

「休め~~!!とにかく、体を休めなさい~~!!」と言っていることに気づいた。

PCから離れると、ピタリとラップ音が止んだ。
それからが、本当にその意味を知った。肉体も追いつこうとしているんんだけど、追いつくには、じっくり休める時間が必要なんだけど、先週は休む日はなく追いつけるはずがなかった。
週末が近づいてくるころには、何も出来る状態ではなかった。
その中でも、サインは、時折届いていたし、yohamとは、しっかり繋がっていた。
yohamも、「今は、体を休めなさい」としか言わない。

なので、チャネリングレッスンも途中になり、とにかく、早めに布団に入ることしかできなかった。
ヒーリングを行うと確かに睡眠は取れる。
後半は、ヒーリングする気力まで失っていて、言葉も少なくなっていた。

8日の金曜日の夜は、全身の痛みとだるさで、久しぶりに泣けた。
自分でも、どうしていいのか分からない状態だった。

昨日、Gちゃんと話したら、Gちゃんも痛みがあったようで、「たぶん、仕事で酷使しているばかりが原因ではないよ。ガイアも感じているし、集合意識からもきてると思う。感じて、受け止いれて手放したら抜けていくよ。」

「そっか~、昔もあったよね。ガイアを感じて辛かった時。そうかもしれない。」

「うん、うっかりしてたら、”感じた”まま、自分に留めてしまうから、気づいたら手放して流したらいいよ。」

「そうか、すっかり仕事の方ばかりに思ってたよ~。汗。そうだったね。ガイアも感じているんだ。」
ダウジングでも、yohamでも確認してみたら、その通りだった。

Gちゃんも、「これも”感じる”ことは許すけど、いかに、素早く手放すかの練習なんじゃない?」

ほんと、だよね。ブログでも痛みは幻想だと書いたばかりなのに、でも、結局、あのときは、珍しく、薬も飲まないで済んだし、夜中も痛みで目が覚めることもなかった。ジャーちゃんが言ってたように、なんどもやってるうちに”消えていく”というのも感覚で感じ取れた体験だった。

Gちゃんも言ってたけど、”一瞬一瞬”、”感じる”わけだから、意識的に手放すのも疲れる。と、ほんと最初は、そうなんだよね。でも、それが無意識でも、手放せる(流せる)ようになるまでは、やっていくしかないな。

それからは、肉体は辛いけど、その状態(現状)まるごと受け入れて、呼吸のように、息を吸うと同時に、(受け入れて=感じ尽くして)、息を吐きながら(手放して=流して)をやってると、全く気力も力も出なかったのが、戻ってきた。(呼吸(意識的に)のようにやってると、連続が可能で、一瞬一瞬に、出来るだけ対抗しやすいのに、気づいた。自分なりの方法だけど)←yohamはそれでいいと言ってる。

で、体勢を変えるときにくる痛みには、「痛タタ、、、、。」と抵抗するよりも、その瞬間に、息を吸いながら受け入れると、痛みも軽減して、体勢を変えるのが、スムーズになることも発見した。

時には、自由に動かないことに、もどかしさなども感じるけど、それも含めて受け入れる。

とは言っても、痛みに対しては、その時々で対処できるとは言っても、肉体のダメージそのものは、休めること、できるだけ多く睡眠を取るのは、とにかく必要だ。(体の声に従って)

無意識にいると、周りの人の想念もあるだろうし、集合意識などもあるだろうから、今の時期は尚更、意識的にいたほうがいいかも知れない。ほんと、知らず知らず自分のものではないものを感じて自分だと錯覚してしまうから。肉体のほうもね。

個人でも、不要な古いものを”手放す”ときは、”痛み”を伴うことも多い。
ガイアも同じだ。先日、ガイアと繋がったときも、「あなたと同じですよ、、、。(開放のプロセスのことね)」みたいなことを言っていた。

ほんとに、ガイアも今、再誕生の過程にあって、手放すプロセスにあるけども、同時に痛みを伴うのは私たちと同じなんだよね。

ガイアの痛みを”感じて”こそ、理解できるからいいけど、その痛みを自分の中に留めているのは、かなりキツイ。汗。
※ガイアには、瞑想時にyohamを通して宇宙のエネルギーは流しているようだ。

ジャーちゃんも言ってたよね、、、。
「”感じる”からこそ、あなたたちの気持ちや状況がわかることが出来る。」でも今の私と違うのは、一瞬一瞬で流せるから、巻き込まることもない。

早くそうなりたいと言ったところで、”すぐに”なるものではないので意識的に努力していくしかない。

しばらく、元の状態(肉体)に戻すのは時を必要とするかも知れないけど、ある程度は、自分の意識次第で違うかも知れない。


もし、今、身体がなんか辛いと感じている方がいたら、よければ、”感じ尽くして、手放す”をやってみてください。

違いがわかるかも、、、。デス。


さ、来週は、少し身体を休める日もありそうなので、忍耐強く肉体が追いついてくるまでケアに専念。


□ サイン<メモ>

4日(月)は、ちょっと特別(わたし的に)な日だった。※たぶん、新月を過ぎて、この日って感じ。

・「オーバー・ザ・レンボー」のサイン

ジャーちゃん曰く、今後、わかってきますよ。とのこと。

8日(金)

・「魔術師 マーリン」のサイン 

アーサー王伝説に出てくる、マーリン。※英国ドラマでシリーズあるのを知った。


”魔術師 マーリン”、、、今、CS(LaLaTV)でシーズン2をやってるのを知った。
現在、シーズン3まであるらしい。ハリー・ポッター的な感じで楽しめる。

ニコニコ動画では、シーズン1の4話まで見れた。※登録/ログイン要
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8974846
<1~4話一覧>
http://www.nicovideo.jp/search/%E9%AD%94%E8%A1%93%E4%BD%BF%E3%8B%AE%E4%BA%9C%E9%BA%9F?track=videowatch_search_keyword

何話だったか、、、手のひらに光の玉が現れたシーンは、”錬金術”のときの体験と同じ感じ。

そういえば、先週に感じた(錬金術)のは、重みがあって”デカイ”ものだった。エネルギーなんだろうけど、大きな岩のように感じた。

で、2、3週間前から、”新しいエネルギー”のシャウドが久しぶりに読みたくなって、出してあったのだけど、シャウド1に、アーサー王伝説の話が出てきた。(さっき知った)「マーリンというよりも、アーサー王のこと、何かこのドラマで感じることがあるのかも知れない。幸いにも、母は、CSのLaLaTVを観れるようにしていたので、シーズン2は観れる。4/30に見逃した数話もまとめて放送してくれるのがわかった。

新しいエネルギーシリーズ シャウド1:※要ログイン
「神であるあなたの属性」
クリムゾンサークル 2003年8月2日

【抜粋】
あなた方はすべて、内にアーサー王のエネルギーを持っています。それと共にランスロット、グィネヴィア、モルゲンヌ、モードレッド、そして、すべての役の人物のエネルギーがあります。

親愛なる友たちよ、彼らもまた去る準備が出来ています。彼らは、別れを告げる準備が出来ています。なぜなら、彼らが関係しているまさにその土地 ― イングランドの地、あなた方がそう呼ぶであろうグレート・ブリテンの地に広がっていく変化があるからです。およそ、この次の12ヵ月のうちにやって来る、広まる変化があるのです。

私達は、あなた方に何が起こるかを観察させます。そして、あなた方がこの素晴らしい土地、あなた方のとても多くのためにエネルギーを産み、ヨーロッパ大陸のためにエネルギーを産み、自由の地を創始するためにアメリカに来た者達のための玄関(gateway)を提供した土地における各出来事を注意して見るとき・・・おお、これはすべて一緒に織り合わされています。そして、このすべての核心にあるのがアーサー王に関する各エネルギーです。それらは、ここにあります。それらは、あなた方が何者であるか、あるいは何者であったのかのとても欠くことのできない部分なのです。親愛なる友たちよ、ここから十字軍がやって来ました。これから聖杯の探索がやって来ました・・・すべて隠喩なのですが、すべて現実の中で起こったものなのです。

それで、今日アーサーはやって来て、聖杯を探す必要はないと言っています。それは、いつもあなたの内にあったのです。それは、ずっとあなたが持っていた神性のカップでした。しかし、あなたは壁の後ろに封印し、前日の私達の集まりで話したこのような状態の中に封印したのです。それは、いつもそこにあったのです。

アーサーは、彼の息子に殺されました。それは、それ自身が興味深い隠喩です。アーサーは、彼自身の罪に対する贖罪の中で、彼自身を息子に殺させることを許しました。ご存知のように、彼は戦士でした。奮闘する人でした。彼は戦いを好みました。彼は、頭を切り落とすことや彼の剣を心臓に突き刺すことを何とも思いませんでしたが、ついにある日、彼の中で何かが沸き起こっていることを理解するに至りました。そして、それは、彼自身の神性でした。それは、彼自身の目覚めでした。

そして、彼は、本当にそのエネルギー、キリストの種に感応したのです。あなた方のとても多くがイェシュアの初期の時代やイェシュアの直ぐ後に取り組んだエネルギーです。彼は、あなたとあなたのした仕事に感応しました。彼は、剣を捨て、新しい平和の地、繁栄と豊かさの地、ほぼ自由の地を創造しました。そして、それから彼は、自らの戦いの罪のために自分自身が殺されることを許しました。ですから、彼のエネルギーは、あなた方が彼に与えてくれた目覚めに感謝しながら本日やって来ます。

彼のワークから、あなた方のワークからのあるエネルギーの分流がありました。それらは十字軍と呼ばれました・・・興味深いものです、ちょうど今ここにいるあなた方のとても多くが、私がその言葉を言った瞬間、エネルギーが10段階下りました。(聴衆 笑) その当時は、困難な時でした。あなた方は、十字軍でした。あなた方は、新しい言葉を成し遂げようとする者達、全世界中にキリスト意識の種を運ぼうとする者達でした。しかし、親愛なる友たちよ、あなた方も知っているように、それは少し手に負えなくなってしまいました。しかし、あなた方は情熱的でした・・・おお、とても情熱的、とても情熱的だったので、あなた方は、その時以来、自分自身に情熱的になることを許してきませんでした。

アーサーは、あなた方がやったことは世界に影響を与えた、と言うためにやって来ます。それは、世界を変えました。そして今は、再び変化の時です。そして、それがあなた方がここにいる理由です。彼は、彼のエネルギーを引き上げます。親愛なるランスロット、親愛なるランスロット ― 私達は、彼について少しお話しします ― もまた、彼のエネルギーを引き上げます。愛に満ちたエネルギーですが、時にはあまり敬意を払わなかったエネルギーです。

モルゲンヌは、光と闇のバランスを保持していました・・・彼女が一度に、次元のポータル(扉)を開いておこうと・・・すべての側の理解を維持しようと・・・神秘の理解を維持しようとしてやった仕事については大きく誤解されました ― 何と言うか ― 当時の繁栄していた教会の働きを通して、これはすべて押し潰されました・・・すべてのものが取り上げられました。当時の教会は、すべての人々の内に信奉を創り出そうと・・・彼らを、神やキリストについてのある考えや概念に従わせようと、諸政治の混合物・・・時には諸宗教・・・ごく稀に霊性(スピリチュアリティ)の混合物になっていました。ですから、すべてのあなた方のそのような一部であるモルゲンヌもまた、彼女のエネルギーを捨てる準備ができています。彼女が私達の側に戻り、全く新しいやり方で、さらには”新しいエネルギー”的な名前であなた方とワークできるようにです。

モードレッド、宮廷で大変な混乱を創り出した者・・・彼もまた去ります。彼の仕事は終っています。彼は、難しい闇の役割を引き受ける者になる必要はもうありません。今は、彼にとってエネルギーをバランスに戻す時なのです。

そしてそうです、私達は、親愛なるグィネヴィアを決して忘れないでしょう・・・愛した者・・・情熱に満ちていた者・・・しかし、また葛藤にも満ち・・・奉仕に入るべきか自らのハートに従うべきか・・・あるいは、自らのハートに従いながら奉仕に入る道があるのだろうかと確信が持てなかった者。彼女は、あなた方すべてのエネルギーのとても大きな一部でありました・・・それはあなた方がこのバランス・・・愛と育みのこのバランス・・・そしてまた奉仕するバランス・・・を理解しようとするのを助け、あなた方がオープンに、自由に、でも新しいやり方で愛する方法を理解する助けをしてきました。

そして、キャメロットの各エネルギーがイェシュアの各エネルギーに加わります ― 今日、ここは面白い組み合わせです ― そして、ブッタ、モーセ、モハメッドが加わります。あなた方にバトンを渡すために・・・あなた方を一人にするのではなく、親愛なる友たちよ・・・なぜなら、私達がいつも言うように「あなた方は、決して一人ではありません」・・・しかし、「今や、あなた方がこのキリスト意識の種を、準備が出来た者たちのためにさらに遠くへ運ぶ時です」と言うためにです。これらのマスター達は・・・彼らは、キリスト意識を広める助けをした者達でした。これは、イェシュアについてだけではありませんでした。ブッタの内にキリストの意識がありました・・・そして、モハメッドの内に・・・実際にモーセの内に・・・他の多くの者達の内に。しかし、今やそれはあなた方がやるべきことなのです。

今日は、記念碑的な集まりです。そして、未来の私達の集まりもまたそうでしょう。なぜなら、あなた方は、とても古くて困難なエネルギーを突破してきたからです。あなた方は、自ら進んで7つの封印を開き、全く新しいやり方を身に付ける者達です。記念碑的です。


って、今日、、、今、この部分を読んでブログにシャウドを追記した。(笑)
なんだか、最近、久しぶりに読みたくなったのもわかるような気がする。サインと繋がってるし。

しかも、「十字軍」ってあるけど、、、、。

2月に北海道へ戻ってきてGちゃんとIちゃんにあったときに、「私は、薔薇十字軍(団)にいたと感じる」と言ったら、ジャーちゃんが、「そのとおおりですよ。そのうちに、あなたたちは思い出してきますよ。」と言っていた。

で、昨日になって改めてネットで調べていたら、どうも「テンプル騎士団」にもいたような感じがするので、yohamに尋ねると「居た」ということだった。

で、「薔薇十字軍(団)」を調べる中で、サンジェルマン伯爵の名前も出てきたけど、ジャーちゃんもそうだったってこと?←今、聞いたら、そうみたい、、、。

あまり深くまで、この辺の話知らなかったけど、十分アリの話だね。思ったよりも、過去生で一緒だったのかも~。


シャウドはぼちぼち読み返してみよう。

って、今日のところは、こんな感じ~。


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?