FC2ブログ

【チャネリング:レッスン3日目&痛みも幻想】

 03, 2011 23:50
2011/4/3(日)曇時々雪



4月から、改めて実践として始まったチャネリングのレッスンだけど、1日目から何とか会話が出来始めた。

おかげさまで。って感じ。(笑)

結局、以前から何気なく受け取ってきたことと、あまり変わらなくて、「こんなに簡単だったの?」なぜ、これがこんなに難しく感じていたのかさえも、不思議になった。

で、よくよく感じると、yohamと話しているときと同じ。それが、ジャーちゃんだったり、ミカエルだったり。(今のとこ)

ミカエルとの会話はしばらく振りだったので、寂しかったようなこというと、

「○○○、これで分かったでしょ?」

って、感じで、羽でハグ? ジャーちゃんも。(笑)

「わかったから!」(笑)

こんな感じで、順調に、1時間くらいは話しているかも。

単発で、受け取ってきたことが、ただ、会話となっただけでも進歩といえば進歩なんだけど、まだ、疑いも入るので、メモに書きながら行なっている。

深い部分までは読取てないけど、今までGちゃんとの会話で、軽くちょっとしたやり取り(友達同士のたわいない会話)の感じなら、大丈夫みたい。

最初の日は、「なんだよ~。これじゃ、いつもの”ひとり言”に毛が生えたようなもんじゃん!!」と言った。

あまりにも、普通で、自然だった。

でも、たしかに、返事がある。【感覚】で。

昔、ミカエルにも言われたことあるけど、チャネリングというものに、期待がありすぎたんだろうな。
「もっと、ハッキリと耳で聞こえるように感じるんだろう。」という感じで。

今、やってみて以前と違うのは、意識の向け方かも。
無意識、意識的でも、「聞き取らなきゃ」という部分は、かえって邪魔してたんだな。
分かってはいても、、、ってところだったんだけど。

ミカエルの一言めは、「チャネリングレッスンおめでとう。これからが、本番ですよ!」だった。

その会話の間で、「ガイアにもつながれる練習が必要ですよ。」と言われ、とにかく意識を向ければ普通に返事がくる。
チャネしながら「ほんとに繋がっているんだ~~~。」と感じた。ミカエルも来てもらったので、3人(?)
でも話をした。

これで、メモが残って居なかったら、たちまち疑いになったろうと思う。

今日、Gちゃんにその報告したら、喜んでくれて、それでもジャーちゃんは、「まだ、疑ってますね。」って。

うん、たしかに、、、、(汗)

で、意識を向けたら、もうどことだってつながれるって言うんだよな。プレアデスでも、シリウスや、昨年とかメッセージを貰った存在たち、シリウスのツインフレーム、アイリス、ホワイトブラザーフットなんかもどこでも。
それと、いつも夢見ている間に遊んでるニギハヤギノミコトともできるって。
ただ、アンドロメダは、遠いから、ちょっと繋がりにくいとのことだった。

ま、そんな感じで、もうGちゃんに確認しようとしても、「自分で感じなさい」と促されるので、よっぽどのことでないかぎり確認は出来そうにない。しっかり自信がもてるようになるだけだ。(笑)

今日のバイトの休憩の一服した時も、「○○○、こんな時もどんな時も受け取れるようにならなければなりりませんよ。」とミカエルが言った。「うん、そうだね。」と答えた。

ミカエルは、名前で来てくれることがあるので、わかりやすい。”来てくれる”という表現もおかしいのだけど。

だいたいにして昨日は、石をもって瞑想する準備に入る前に「そろそろレッスンするから、よろしく~。」
と言ったら、スタンバる前に「いいですよー。」って、普通に受け取ってるし。(汗)

じゃ、別に石を持ったり、瞑想する必要もないじゃん。って感じなんだけど、、、(笑)

最初は、形からレッスンしても、いずれは、ミカエルの言うとおり、いつでも、どこでもということを考えたら、自転車の練習と一緒で、補助車は外さないとね、、、。

とにかく、練習あるのみ、このまま進め~。って感じ。

でも、自分の概念が外れていくのもタイミングってあるのかな?

昨日の、AAマイケルの4月のメッセージにも書いてあったけど、先駆者となってきた人たちは、今「コミュニケーション回路」を開いているところだって書いてあったので、同じ段階のひとは、こうしてレッスンをしてるのかな?と思って。

こっちに、来てから環境にも仕事にもなれてきて、肉体も数字つヒーリングしたおかげで、少しずつ楽にになってきたのもあるし、HPも一段落できたからっていうのもあるように感じて。yohamもだから感じさせてくれ、全てのタイミングが整ってきていたんだと思う。

それで、今日もレッスンしていたんだけど、その中で、昔チャネラーさんに聞きそびれていたことがあったけど、思い出したのでジャーちゃんに聞いてみた。

この時は、2006年の夏くらいだったかな?シャワーの時に、綺麗な声が聞こえてきたとき。

この時→07/11/16これまでのプロセス【お金編】-1

この「女性の声は、誰だったの?」って聞いたら、”アフロディーテ”って受け取った。

「たしか、女神? 豊穣の女神だったっけ?」と思って後からネットで調べた。

ダウジングでも確認したけど、やっぱ、そうみたい。
数年も経ってから知ったけど、あのときは、突然だったけど、ハッキリとした感覚だったので、疑いもそんなになかったんだよな~。

今日のレッスンの中では、先日ジャーちゃんが言っていたことを実践してみた。
「痛みを感じ尽くして手放す」って言ってたんだけど、私は生理痛だったため、どうやって痛みを手放す?と聞いてみた。

「やってみなさい。」って言うので、やってみた。これは、全く”恐れ”を手放す要領と同じだった。

「痛い、痛い、いやだ、いやだ」では、手放すことできないので、「感じつくしてやる。こい!!」位の勢いで、痛みを感じると、自分がまるで、掃除機の吸引口のように、痛みを吸い取る。これは不思議だった。

そうやって感じ尽くしていると、痛みは消え、やはりこれも【幻想】なんだと実感した。

でも、持続性はまだない。”恐れ”といっしょで、消えてもまた浮上してくる。
それは、やっぱり深い信念体系があるからみたいだ。
なんどもやっているうちに、感じなくなっていくみたい。でも、数回、ジャーちゃんに見守られながら試したけど、本当に消えていくのは確かだ。面白い体験だった。

あと、いろいろ話してはいるけど、まだ練習段階なんで、もっと深い内容まで受け取れるようになってきたら、ブログの中でもかけるのかも。

いつでも自分で聞けるというのは、やはり便利だ。(笑)
今後も、いろんな存在たちと繋がれるようにレッスンを進めていく。

今日は、こんな感じ。


*  *  *

久しぶりに、セリエ・ファン経由のミカエルのメッセージがあったので、転載する。

【転載】新しい地球のエネルギー~大天使ミカエル へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?