FC2ブログ

【放射能の影響/レイキなどについて】byGraceさん

 27, 2011 23:12
2011/3/27(日)晴れ



あれから、、、っていつからだ?
日記で言えば、23日からか。


なんか、他のサイトで、放射線の予防方法を伝えられていたのだけど、正直、私的には、「どんなことも”信念体系”なんだよな~。」恐れがあれば、影響受けるかも知れないし、大きな意味で考えれば、全ての体験も深い部分では自分の”選択”によるものなんだよな~。受け入れられる、受け入れられないは別として、良い悪いでもなく。

「影響受ける」、「受けない」、、、それさえも、委ねの中であれば、全てが自分にとって、必要な体験である。ということを考えていて、、、。
その辺りって実際にその状況にいたら、呑まれてしまうのかな~。なんて、、、。どうなんだろう。

「そんなこと言えるのは、近くに住んでいないからだ。」「影響を受けるところに居ないからだ。」と言う声が出るかも知れないけど、それも理解できる。
まだ、殆どの人は、ニュースなど見たら影響を何かしらの影響をうけるのも理解できるし、私も、幼い孫のこと、母親として子供を心配し、想う気持ちを考えたら、水のペットボトルが足りなくなるのも理解できないわけじゃない。実際に、ミルクを作るのに、悩むだろう。

いろんな事を考えていたら、どんな方法もブログで紹介するに至らなかった。

”危機感、恐れ、心配”に囚われるくらいなら、いっそうTVなどは観ないほうがいいと思う。
出来る限り中心に留まり、ピンチをチャンスに変えて、人の奥底の強さを信じて、希望をもつか。のほうに留まれたらいいね。

そんなことを、Gちゃんと話していたのは、昨日のことだ。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「ねー、ハトホルのメッセージに水の浄化方法(水の浄化いうよりも放射線なども融和させる水を作る方法?)が書かれていたんだけど、でも、全て”信念体系”ってことを考えたら、なんか転載までいかなくって。」

「でね、ハトホルの方法だったら、レイキ/ヒーリングでも同じことじゃん。そう思ってさ。どうなの?」

G;「うん、同じだって。」

「でも、”浄化完了”って、いつ分かるかな?」

G:「それはね、人によって違うけど、私たちって、手のひらのビリビリ感って言ってるけど、感じ方もそれぞれだけど、その”感覚”が無くなったらいいみたいだよ。」
※心配なら、薬局に、検査紙?だっけ?調べる紙もあるらしいよ。放射線までは分からないか。汗。塩素くらいまでなのかな?

「そう、それでいいんだね。」

後から確認した補足↓
レイキ/ヒーリングを相手に行う場合
J:「相手に手の感覚だけを伝える。別に手のひらを当てなくても、必要な宇宙のエネルギーは相手にサポートしている。手のひらを使うことで、自分自身が”感じる”ことが出来る。」
という話だった。そのとおりなんだけどね。手のひらで感じれるからこそ、認識できるんだよね。


「それね、今後、新しいエネルギー供給が発見されていくとしても、完全に利用されるされるまで、レイキ/ヒーリングなども求める人が増えてくるのかもな~。と思ってyohamに自己チャネで聞いてみたら、伝えていくみたいなんだよね。」

「私、セカンドまでしか持っていないから、サードとレイキマスターも必要かも。」

G:「あのね、今まで、人に対してするのはセカンドまででも充分だっただけど、やっぱり、必要みたいだよ。」

「そうでしょ?いまは、アチューメント(伝授)すぐは受けられないけど、yohamが準備するでしょ。笑。」

J:「レイキを伝えるのは、”感じる”ことが出来るからですよ。それは、基本です。」

「確かに、そうだったよねー!!それが、最初だったかも!手のひらで、リアルに感じるので分かるようになったよ。」

G:「そうそう、最初は、出てるのか、出てないのか分からなくて疑ったよね。笑。」

「お互いにやりながら、分かるようになっていたもんね。笑。」

G:「でも、レイキはサードが、醍醐味と言われているんだよ。セカンドまでとは全く違うの。なんか感覚が、”神の領域”を知るって感じだったな?」

「ジャーちゃん、私も、その違いを感じれる?」

G:「感じれるって。」

「楽しみだなー。」

今は、レイキも、宇宙にあわせて進化を遂げていて、昔は、一つの段階ごとに21日間のワークがあったし、次の段階の伝授を受けるには、期間を空ける必要があった。でも、現在では、一日で、ファーストから、サードまで受けられるまでに進化した。ベールも薄くなったのもあるだろうし、人の意識も変化しているからなんだろうね。エネルギーは、今も尚、進化続けている。

Gちゃんも、サードを受けた後、いかに”感じる”ようになったか。という話をしていた。


「そういう意味だとしたら、この道【感じる】ことが【全て】だもんね。yohamが伝授受けておくのも必要というのが分かったよ。」

「でね、今、私たちは、災害の影響をあまり受けていない場所にいるわけだけど、実際に、影響を受けている場所にいるのと、いないのと、魂の選択としても、何がどう違うのかな?」

J:「それは、”感じる必要性”ですよ。自分自身の問題、内的に気づき、解放していく魂と、外的な問題から、気づいていく必要性がある魂との違い。今回の影響の受けた土地は、古くからの伝統が根付いていた場所でもある。」

「そうか、確かに、内的に気づく人(目覚める人)、外的なことで気づく人(目覚める)人、人それぞれだもんね。」

J:「北海道の人たちは、経済状態が良くない。それは、自らの問題として出てくる。」

「そうか、どちらかというと内的要素から気づいて解放してきた人たちが多いんだね。古くからの伝統的なことも、あまりないしね。」

G:「そうだよね。東京では、いろんな地方から人が集っていて、いろいろ人たちが混ざっているだろうけど。」

「うん、そうだよね。」

「でね、放射線のことも、実際に、直に影響下にある人は、恐れが出てくるでしょ?でも、信念体系から外れれば、影響は受けないよね?」

G:「うん、そう思う。」

J:「なぜ恐れるのですか? それは、”生”に対しての執着です。真の自己に委ねていれば、生きようが、死のうが、どうでも良いことです。」

「ほんと!そのとおりだよね。どうでもいいのさ。笑。」

「でも、わかるよ。気持ちとしては。何度も超えてきたし。でも、頭でいくら分かっていたって、恐れがあるものは仕方がないよね。”恐れない、恐れない”って言ったところで、深い部分に”恐れ”があれば、なお、信念を強めてしまうし。」

G:「そうだね。”恐れ”を受け入れていきながら(感じつくして)手放すことしか出来ないね。広島の原爆のときだって、被爆したって生存者はいるし、生きる人もいれば、亡くなる人もいるよね。」

良い、悪いではなく。何にでも言えることだけど、いろんなところに”生”への執着が深い部分にあったりする。

「うん。」

”恐れ””不安”などがある内は、自分自身の判断(選択)で、対処していくしかない。
気にしない人は、気にしないだろうけど。

で、今日になって、例えば、水に手を当てレイキできる人はいいけれど、そうなると、エネルギー導管を開いてない人は、どうなんだろう?と思って再度確認してみた。

J:「導管を開いているのと開いていないのとでは、全然違う」

と、いうことだった。

※後から確認した補足↓
J:「宇宙のエネルギーは、基本的には、有料でも無料のものであっても、誰でも利用できるもの。しかし、アチューメント(伝授)を受けていない場合、導管の太さは個人差があって、受け取れるのも受けれないのも、その人の段階によっても違う。」

それは、残念ながら、今の現状では、例え同じツールを使ったとしても、誰でも同じとは限らないことを意味する。その人の浄化の状態でも違ってくるだろうし。

あくまでもエネルギーの話なんだけど、同じエネルギーが降り注ぎ受け取ったとしても、現れ方が違うのは、そういうことみたいだ。でも、どうしても”放射線”など、心配な人は、いろんな情報があるので調べるといいかもしれない。


「ね、私さ、今、東京にいたときと違って、お水を沸騰させて飲んでないんだ。その代わりに、カルキが抜けるように出来ているお茶のパックを百均で買ってポットにつくって飲んでるけど。母と一緒だと自分の飲む分だけ白湯を造るわけにもいかないもんね。」

G:「そうだよねー。」

「それもレイキで浄化できるんだけどさ。イチイチやってないもんね。笑。」

G:「うん。私も浄水器のが美味しいから、それで飲んでる。」

G:「あんね、お茶っぱとかが、ある程度は塩素なども吸い取ってくれてるみたいだよ。だから、そうやって飲んでるんだって。」

「そうか。そうだったんだ。私は、これでいいんだろうか?と思ってたけど。」

yohamが、自然にそうやって飲ませてくれていた。カフェインの入ってない黒豆麦茶が今はお気に入り。真の自己に委ねれば自然と必要なものを与えてくれてることに気づく。

「北海道の水って、どうなんだろうね。」

実際、東京や札幌と違って、今、髪の手触りが以前よりずっと柔らかくなっている。塩素は多少少ないのかな?と感じた。メキシコ州タオスに行ったときは、お風呂に入るとまったく違った。飲み水はペットボトルしか使えなかったけれど、やっぱり違うものは、違うと実感する。

G:「水道水は、どうしても塩素入っているけど、井戸水は、いいみたいだよ。」

「そうだよね。うちも昔は井戸水で、ポンプでくみ上げてたよなー。今の時代は、仕方がないよね。」

G:「あのね、網走のほうの水はいいんだって~!そう言ってるわ。」

「そうか、そっちまで汲みにいけないけどね。笑。 へ~~、そうなんだ~。」

「しかし、水もそうだけど、私なんか、今、母がレンジを使うから、もう気にしていられなくなったわ!」

G:「そうか、そうだよね!!」

J:「確かに、レンジで、性質は変わる。」
※その後のコメントは聞き逃したけど、ようするに信念体系ってことを伝えていたんじゃないかな?

「うん、でもね、もうどうでも良くなった!いい意味で手放すことできたわ! ここだけは、東京でも、出来る限り使ってこなかったんだけど、手放せたよ。」

「マンマ(ご飯)が、当たるだけでありがたいし。母にも感謝だし。」

G:「そうだよね~」


でも、ジャーちゃんが言うように、起きている出来事、物事から、”気づける”ことは多い。自分の中の”恐れ”と向き合うのに、いい機会を作ってくれている。今は、本当に”解放”していくのに、いいチャンスだと思う。

いや、そのためにも起こっているし。実際にそれが楽なことではなかったとしても、手放すかどうかも、自分次第なわけだから、勇気をもって、内側の深くをみていける人が増えるといいなと思う。そうすることで、後が、とても生き易くなっていくのだから。”生”に対する恐れも、一度”腹をくくってしまえば”その後は、越えていきやすくなる。”生き残り”に奮闘するよりも、覚悟して”死ぬ”つもりになってみたら、人生は、これまで以上に楽しめるかもしれない。楽にもなるかも知れない。パラドックスのようだけど、それが私の中の”真実”とも言える。

話は変わるけど、この日は、確か”肉体”のことも聞いたんだっけ、バイトの(肉体労働)には、慣れてはきているんだけども、でも肉体は、まだついてきてなくて、ひとつの体勢から変えるときには、痛みと固まってしまっていて、スムーズに動けないのが現状だった。
それが、アセンション症候群からなのか、肉体労働のほうからなのが、区別が付かない状態だった。


「これって、どっちなんだろう?」

G:「肉体のほうみたいだよ。かなりだね。」

「うん、私、始めて自分に遠隔ヒーリングしたもん!!自分でやってるから、受け取りながらリラックスするまでとは、言いがたいけどね。笑。」

J:「ヒーリングすることによって、質の良い睡眠も得られるんですよ。身体が休まる。」

「そうだったのか。」


確かに、今朝、休みだったけど、いつもより起きるの遅かったかも。ここに来てから休みでも早く目が覚めてたし、寝返りしても体勢が痛くて目が覚めるときもあったもんね。汗

私自身は、ただ、このままではちょっとヤバイかもと思ってヒーリングをやったけど、yohamは、質のよい睡眠を取らせるために動かしてくれたようだ。ジャーちゃんが、時々yohamの意志を代弁してくれるからありがたい。ダウジングや、自己チャネだけでは、分からないこともホントある。


「でね、指の火傷のところだけど、後からのほうは、殆ど治ったけど、最初のは治りが悪くて、その内に、その指の部分が冷たくなっていくんだ。部屋が暖かくて寒くなくても、この部分だけ。これは、瞑想していなくても、古いエネルギーを解放しているってことなの?」

G:「うん。そうなんだって、そこからも解放しているらしいわ。」

「そうなの?!ほんと、変だと思ったよ。腐っていくのかと思ったくらいなんだからー。」

その翌日は、身体が、どこにいても寒くて風邪でもめずらしく引いたのかと思ったけれど、これも解放のようだ。同日、Gちゃんも同じ体験をしていた。以前に体験のないことは、分からないものは分からないし。


昨日は、そんな感じだったかな?


今日は、なんだっけ? あ、そうか、ブログを書くのに、確認と、HPの確認をしたんだっけ。
自分に気づけないことを教えてくれるから、すごく助かる。

そうだ、芸術性の話もしたんだっけ。

J:「あなたも、絵を描きたいと心から望むのであれば、そうなりますよ!」

「ほんと?! 嬉しい。やってみたいな!」

「ねぇ、素朴な質問なんだけどね? そっちの領域から、絵が降りてくるでしょ? でも、何も基礎がなくても描けるものなの?」

G:「やっぱね、いきなりではなくて、例えば”遠近法”だとか、そういうのは、ある程度勉強する必要はあるようだよ。」


※どんな絵とかにもよると思うけど。私が、多分HP作りのときに送ったイメージでは、勉強も必要悪なんだと思う。「こんなの書けたらいいな~。」なんて見てるもんだから。(笑)

「そうだよね。」

G:「でね、音楽といっても、旋律はうけとっても、すぐに楽器が弾けるとか、曲に出来るとは限らないんだって。」

「そうかも知れないねー。すぐにピアノが弾けるかって、指の筋肉が鍛えられてなかったりしたら、それは、物理的に無理なのかも知れないね。」
※稀に天才的な人は居るのかも知れないけど。

「そうか、でも、それだけ芸術面とかに、時間をいやせるときってくるのかね~。」

G:「ま~、もっと先の話だろうけどね。」


今日は、そんな感じだったかな?

ある時期が来て、熱望するならば、クリスタルの領域から降りてくるだろう。
素人的に、ただ楽しむっていうのであれば、そんな勉強などしなくても充分楽しめるのだと思うけど。

本気で、求めるのであれば、何でも出来るようになるんだろうな。それもyohamが何をやるか、ハートで教えてくれるんだろうな。そうだとしたら、やっぱ、音楽、歌のほうが先なのかな?絵本かな?(以前、預言カフェで伝えてくれたこと)

なんだっていいよね。どれも素敵なことに違いないはずだから。(笑)


余談だけど、日々、HPと向き合ってきた。細かい部分はまだあるけれど、ようやく完成に近づいてきた。

ジャーちゃんは、これまでにも、エネルギーのバランスの大切なことを教えてくれたことをブログにも書いてきたけれど、今、新しいHPを作りながら、”料金”なども設定したところだ。

エネルギーのバランス、、、それはクリムゾンのスクールで教えてくれたセクシャル・エナジーに関連するものだけど、エネルギーの奪い合いをすることなく、エネルギーを循環させることの大切さは、改めて認識する。
ジャーちゃんは、”いかにエネルギーのバランス”を取るか。という事を伝えてくれてる。

なんでも、無償がいいとは限らないし、安いからいいってことにもならない。それは、エネルギーを明渡していることになっていたり、知らずにエネルギーを奪ってしまうこともあるので、よくよく気をつけなければならない。それは、誰も”犠牲者”を作らない方法でもあると感じている。

それは、その人その人の状況(環境)によって違うこともある。(価格設定に関して)
考えてみると、それは自然なことだったのかも。あまりまわりの風潮に惑わされず、自分の状況をちゃんと見据えて、そうすることで色んな事と、バランスを取れていくんだろうな。

考えてみたら、ジャーちゃんから、いろいろ教わってますね。

ちなみに、スタンダードテクノロジーでは、「他人などにする方法は、教えていない」とジャーちゃんが、伝えていたので、水に転写(反射)しても出来ないだろうと思います。
シャウドにも確か、「他人にすることは待ってください」って書いてあったような気がする。
高度だと思うので、私たちが、成長したら、教えてくれるかも知れないね。

今日は、こんな感じでした。

ちょっとした傷が腫れたり、治りにくかったりしたら、免疫力が低下しているサインなので、ゆっくり身体を休めるよう工夫してくださいねー。


今日も全てに感謝!


------------------------
[過去3ヶ月の目次]
☆My Blog-2010年【目次】-14(1-3月)


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?