FC2ブログ

【高次のエネルギーを感じることと錬金術の繋がり】byGraceさん 

 18, 2011 23:17
☆本日↓2011/2/18(金)の始めはこちらから。
【転載】ギアーに油を注ぐ&ひとりごと



あれから、Gちゃんと電話で話した。
Gちゃんは、どうしても無理しずぎてしまうクセから抜け出せず、ジャーちゃんからも言われていた。

Gちゃんのプロセスは、”削ぎ落とし”でもあるし、その理由は、魂が急いでいることにある。
(先日、Gちゃんも、客観的に確認のためにチャネリングセッションを受けた。)

引越は、ある意味、”削ぎ落とし”するには、見えない部分、物質的な部分で両方をイッキに出来ることがいいのかもしれない。
(引越の規模にもよるけど)

まだ続く困難なことも、ジャーちゃん曰く

「あなたが設定していることです。削ぎ落としを急いでいます。意識はしているけれど、まだ無理をしようとしています。」

という事だった。

昔の私も同じだったので良く分かるのだけど、余裕がなくなると、全て自分でやらなきゃというのが出てきちゃう。(ブログに書いたけど)
”天界”に頼めば、よりスムーズにことが運ぶのに、忘れてしまって、あっちこっちと動かされて、突発的な問題が表れたりする。(それも知らせるためだったりするので、良い悪いはないけどね。)

確かに、”三次元的”なことは、当然、肉体のある自分たちがやらなければならないのだけど、天界が助けてくれることで無駄は省ける。気づきがきたり、失くしたものがすぐに見つかったり。なにより物事がスムーズに運ぶ。

ま、そんなんで、Gちゃんも、話しているうちに元気を取り戻し、天界に頼み、休むときは休むを続けることを約束した。(自分の解放のためだし)

なぜ、一つのことが解決(解放し)してホッとしたと思えば、解また次から次と頭を悩ますことが出てきたのか。

それは、今ここで、一気に解放することを、真の自己が望んでいるからなんだろう。
やはり、”完全降伏”するのは、たとえクセの部分ではあっても、容赦なくクリアするまで出てくる。

ただ、ジャーちゃんに確認すると、”一瞬一瞬”に留まることだという。
それは、頭ではわかっているのに、マインドがうるさいときは、やはり”核”がずれていると思っていいと思う。

それについては、ジャーちゃんは、精神的なこともだけど、肉体も休めることが出来ないと、”核”を戻すのが困難になってしまうとのこと。

マインドがうるさくて、元に戻そうとしても出来ないときは、精神、肉体の両方をチェックしてみるといいのかも知れない。繋がっているからねー。身体が疲れていれば、ゆっくり休息をとるとかね。

ジャーちゃんに、言われてしまった。

「あなたたちは、本当に引きずると長い。手放したなら、すぐに忘れればいいのに。」

G・私:「あははー。ホントにね!!」

「私も以前は、引きずったわー。笑 頭じゃ分かっているのにねー。自分でも腹が立つほどー。」



あ、、、それと、最近、また腰が痛くなってきたので確認した。

「これは、エネルギーの詰まりなの?」

「そのとおりです。なるべく無理をしないように、リフレでもいいし、シップなどを貼ってください。」


昨夜は、さすがにリフレの”腰のポイント”をマッサージしたのだけど、腰の痛いときは、必ずポイントを触ると痛い。
で、ちょっと鍛えなきゃならないかと思って軽くストレッチを行ったけど、無理に動かさないほうがよかったみたい。痛みがないときに鍛えるのはいいのかも知れないけどね。

ま、昨日は、物を運ぶのに、階段を何度も往復してたからねー。
でも、その前からだし、元々、腰は丈夫じゃないからな~。


一旦、電話を切ってから、一つ物事が良いほうへ流れたので、喜び勇んでGちゃんから再度、電話があった。

二人で喜んでいたんだけど、話が、また面白い方向へ進んでいった。


□ 高次のエネルギーと錬金術

【セント・ジャーメイン】byGraceさん 

私が、ワークのことを聞いた。

「3歩進んで2歩さがってる気分だよ。ビリビリ感も頭で感じないしー。どうしたらいいんだろ。」

J:「エネルギーの感じ方を練習してください。」

「え~~、墓穴ほっちゃった~~。またやる事増えたじゃん~。」

「で、エネルギーを感じる練習って、どんなだろ?」

G:「この前さー、久しぶりに”アバンダンティア”を行ったときに、アチューメントを受けたときはエネルギーが重く感じられたのに、今回は、軽く感じたんだよね。」

※アバンダンティア=豊穣の女神のアチューメント
豊かさを受け取るサポートをしてくれたり、受け取ることのブロックを外す助けをしてくれたりします。

先日、Gちゃんが、久しぶりに自分に行ってみたら、この女神が現れ、チャネリングも同時に出来たと話していた。


「それは、高次のエネルギーは軽いし、精妙だから感じなくなったんじゃないの?」

G:「うん、この前、チャネリング受けたときにも、どんどん新しいエネルギーが入ってきてますよ。ってチャネラーさんに言われたけど、全然わからないよ。」

「うん、そうだよね。私も受け取ってるけど、わからないもん。」

G:「昔はさ、重く感じたり、いろいろ感じたけど。」

「うん、それはまだ、身体の器のほうが、追いついてなかったからだよね。私も最初は、ひどくむくんだり、首の後ろが痛かったり、重かったり、眠くなったりしたけどね~。」

G:「うん、重く感じたし、眠くなったよねー。」

※身体に大きなエネルギーを入れることを許していく(準備が出来ると)と、身体のエネルギーの受け入れる器もだんだん大きくなり(スペースが出来る)、より大きな(高次の)エネルギーが入ってこれるようになる。

「ね~、ジャーちゃん、高次のエネルギーってあまり感じないんでしょ?」

G:「なんか、違うみたいー。」

「え~~」

J:「感じることが出来ますよ。」

「え~~~、感じることが出来きるの?私、ブログに書いちゃったじゃん~。汗」

「じゃー、どうやって感じることが出来るのさー。昔は、辛かったのは、身体の器がまだ追いついてきてなかったからでしょ?」

J:「そうですよ。」

「どうしたら、感じられるのかね~」

G:「うん、わからないねー。瞑想中とは手のひらでビリビリ感で感じるけどねー。」

「うん、それは私も感じるんだ。ヒーリングをやってる時と同じでね。それはわかるのだけど、、、、。」

「・・・」

J:「意識で感じようとしていることが違う。」

「え~~、それってどういうこと?難しいな~。」

「あー、そういえば、、、、私、昨日のワークで思い出した! ビリビリ感も、なかなか頭に感じなくて、なんだよ~。って思ってたけど、ひとつ不思議なことがあったんだよっ!!」

「あのね! 昨夜、瞑想していたら、両手には何も持ってないのに、右手の手の平の中に、四角い箱が乗ってる感じがしたの。それが、リアルなんだよー!!」

J:「それが、”高次のエネルギー”ですよ。」

「え~~~~~!そうなの?これが高次のエネルギーで、それが感じ方だって言うの?」

J:「その手の平の中の”高次のエネルギー”を身体中に満たしてみてください。回すことが出来ます。」

「へ~~、そんなことが出来るのー?」興奮。

G:「それね、身体の好きな部分に自由に動かせるんだってー。」

「そうなんだー!!」

G:「そういえば、、、私も、利き手の反対側に石を持って瞑想していたら、石がエネルギーの塊に変化したのを感じたな~。」

「そうだ、私もGちゃんに言われて、瞑想のときにやってみたら、石が石じゃないものに変化してるのを感じて不思議に思ったよ。それってどういうこと?ジャーちゃん!」※アメジストの原石でゴツゴツしていたのが、全く感じないものに変化していった。

J:「それが、”錬金術”ですよ。」

G・私:「え~~~~!!!!そうなの~???知らんかったー!!@@ 超~嬉しい~~!!わーい、わーい!!」さらに興奮。(笑)

J:「・・・そうですよ。だから精進してくださいよ。」

「あはは~、クギ刺されちゃったぁー!!」

G・私:「精進する~!!」

J:「あなたたちは、執着を手放してきたからですよ。今では、何かに執着しても期間が短くなって、すぐに手放せるようになってきた。今後はさらに、一瞬一瞬で外していけるようになります。」

「うん、そうだねー、もうあまり執着してなかったねー。忘れちゃうし。」

「ねー、”錬金術”っていうのは、”統合”もだけど、知らずに使ってきたってこともあるんでしょ?」

J:「そうですよ。でも、それとは別に、これからあなたたちは、もっとリアルに”錬金術”を使えるようになってきます。」

「やったー!これは、やっぱり、ここまで解放し、純化してきたから起こることなんだよね。」

J:「そうですよ。執着していては絶対に出来ません。やろうとしても出来ないものです。これは”ナスト”と同じで意識して出来ることじゃない。」
☆ナストについては→11/2/2【引越準備&今日はナストの日~発見:新ツール】byGraceさん

「うん、うん。そうだよねー。」

「やった~!うれしいな~。ワークも、毎日やってるのも無駄じゃないねー。そう、ワークに執着しているわけじゃないんだよな。やるときは、微かにワクワク感があるけど、思った結果と違ったら、あれー、どうして感じないんだろー。って思うだけで。」

G:「うん。」

「面白くなってきたねー!!」

G:「ホントだねー!!」

G・私:「感謝!感謝!!」

「今日も、本当にありがとう~~!!」

G:「こちらこそー!」

-END



と、、、こんな感じで”ワーク”も、全く予想つかなかった方向にまで流れだしていてビックリ。
最初は、アンドロメダ銀河からの情報を受け取れるようになるためから始まったことだったのにね。

もっと”ワーク”が楽しくなってきそう。
考えてみたら、”錬金術”には”期待”すらなかったもんな。忘れてたよ。
頭で考えても、わからないもんだって気づいてからは特にね。(笑)

ホント、、、リアルな感覚なんだよ。何もないのに、今でも不思議。

そうそう、、、意識しすぎると、せっかくの感覚を逃すので、”あるがまま”に、、、。(笑)


全てに感謝!!

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?