FC2ブログ

【今の状況&ワークのこと&過去の転載から役割・段階について】byGraceさん 

 17, 2011 23:46
2011/2/17 (木)曇り



□ 今の状況

-2/15(火)

昼すぎまでは、ダラダラと言いながら”ダラダラ”していた。
Gちゃんが、私には自覚がないけど、「○○ちゃんと話してると、やっぱり”エネルギー”が入ってくる~。元気が出で来るんだよね~。」と言った。
そう言われて、改めて電話って、会うのといっしょで流れるんだよな~。と感じる。

WEBでもそうだけどね~。
以前は、ayaちゃんと話していて、チャネリング中に高次のエネルギーを回線を通して双方に送ってくれているのは、ayaちゃんから聞いていたので分かるし、skypeの時も宇宙からの信号をキャッチしやすいし。

でも、受け取るのも流すのも、ぜんぜん自覚できないし(高次のエネルギーは軽くて精妙だから)、自覚する必要もないのだと感じるけど。

この時に、Gちゃんのプロセスの真っ最中のときに、買出しに行く途中に受け取ったメッセージのことを確認した。

J:「そうです。あの時、あなたは拡張していましたよ。」

「そうだよね~、無意識なんだけど、、、。」

G:「やっぱり、外って拡張しやすいんじゃない?」

「そうだね~。」

「でね、、、やっぱり、ナカナカ深く入りきれないよ、、、(また、カベ)」

J:「だから、あまたは、教えるためなんですよ!どこにいたって、何をしていたって出来るようにならなきゃならないんですっ。」

「そりゃ、分かってるけどさー。」


と、そんな感じだったかな。


そうそう、今はyohamに委ねているので、作業も気分が乗らなきゃ”あるがまま”に動かないでのんびりしていたら、自動的にスイッチが切り替わる感じで、夕方になって、なんか”やる気”モードに入り、バタバタと片付け始めた。

”委ねきる”ってこういうことなんだな~。あくまでも、自然にまかせていれば、心配する必要もなく、ちゃんと動けるんだよな。と実感。

寝る前、いつものワークで瞑想すると、身体のあっちこっちが、ビリビリしてなんか痒くて続けられなくなった。
最初は、皮膚が乾燥してるから?と思ったけど、どうも違うようだ。


-2/16(水)

夢で、中学校の時の同級生が数人出てきた。現役なら分かるけど、今、このときに、同級生の夢を見るのが、妙に思えた。大人になってからは見ていなかったように記憶していたから。

起きてから、”やる気”モードは衰えず、キッチン周り、お風呂などを磨き、ベランダのガラスを久しぶりに拭いた。あと、細かなものを一応ダンボールに入れた。

Gちゃんから電話があり、その”夢”の話をした。
Gちゃんも、最近、もう殆ど離れて何年も経った同僚の夢を見たあとに、とつぜん電話が来たという話になった。
その時に、何年ぶりなのに、今、自分のやってることが自然に口から飛び出し、元同僚は、とても興味を持って、”いくらなの?”と聞かれたらしい。

私も、地元に帰るし、もしかすると、とつぜん何十年も会っていなかった同級生とバッタリ会うことがあるのかも知れない。
それがシャウドでもトバイアスが言っていた”ドアを叩かれる”ということかもね。って話をしていた。

ワークのことで確認した。

「ね、拡大と縮小のときって、やはり深呼吸から入るのが一番やりやすいね。でもね、やってる時に、深く入る、、、って感じのときに、息が続かなくて、息継ぎするじゃん(笑)、、なんか、そこで止まってしまった(縮小と拡大が)?!とか思ったりして、、、」

G:「それは、、、、何ですか?って聞いてるよ。」

「う、、マインド! 笑。 ですよね~~~。」

J:「そのうちに、深呼吸をしなくても、自然に出来るようになってますよ。」

「そうなったら、楽だろうな~。でも、楽しみ。」

「あ、、、それとね、昨夜のときに、身体のあっちこっちがビリビリして、あれは電磁波?」

J:「そのとおりです。あなたは、ビリビリを感じていたときに、心地よくありませんでしたか?」

「なんか、痛痒い感じだから、痒いていたよ~。笑」
※後から思うと拡張して心地よくなってきた辺りで、あっちこっちビリビリしてきたと思う。

J:「そのビリビリは、その内に”心地よさ”へ変わってきますよ。」

「そっかー、でも痒い感じで、続けられなくなっちゃうんだ。」

J:「からだ全体を明渡す必要はないんですよ。一部分にだけ(頭だけとか)頼むことも出来ます。」

「そうなんだ、やってみるよ。なんか、少しずつ進歩してきたぞ~。ようやくビリビリを感じれるようになってきた。でも、これって、人にどう教えていけばいいんだろね~。」

G:「そうだね~、自分のやりやすいやり方ってあるしね。」

「うん、そうだよね。」

「あ、、そうだ、時々、遠くで”音楽”が聞えてくるのは、拡張しているからなんでしょ?」

「そのとおりですよ。」


で、その時の音楽の話をした。


-2/17(木)

今日は、ベッドフレームを解体し、少しずつ階下へ運ぶ。
だんだん荷物が部屋を占領していく。

粗大ゴミの手数料シールを買いにコンビニへ向かうと「358」ナンバーの車が通った。
358・・・アセンデッド・マスター(天界の、かつて地球に在した優れたヒーラーや聖職者) は、今起こしている変化が、人生のさまざまな面で豊かさと成功の流れを大きくしていくと言っています。(エンジェルナンバー~数字は天使からのメッセージ~より)

粗大ゴミの件で不動産やさんにメールを入れると、引越日の立会いの日は、いつもの”担当者”の方が公休で、違う人に頼んでいたにも関わらず、最後に会いたいからと来てくれるというのだ。
あんなに世話になり、ご迷惑をかけたというのに、本当に言葉にならないような思いだ。
でも、最後にお礼のご挨拶が出来ることを感謝する。

昨夜のワークは、3歩進んで2歩下がる?
「・・・よくわからん。」ビリビリは、頭にしてもらい、全身で感じないように頼んだはずなのに、頭では感じず、手の辺りにちょっと感じた程度だった。

で、昨夜、以前はよくミニブーケを部屋かざり、お花を楽しんでいたけど、今ではアイビーの一株(?)だけが残っている。水栽培で土栽培ではなかったのだけど、昨年、ずっ~と私のプロセスを見守り、時には励ましてくれていた相手だ。その一株は、最後に葉っぱが二枚だけになり、「あ~ぁ、、、もう最後のもダメになっちゃうのだろうか、、」と思っていたら、昨年の11月頃に、小さな葉っぱ二枚が”誕生”したのだ。
あの時期といい、とても愛おしく”希望”になってくれた。

その株にむかって「あなた、どうする?ここに残るなら、近くの花壇へそっと植えていくよ。その土の中で過ごす?」って感じできくと、とても悲しそうな感情が伝わってきた。
自分でも、こんなに”リアル”に感じるとは思ってもみなかった。

「そっか、私といっしょに行くかっ!! 飛行機に乗って、いっしょに北海道へ行こう!!」

それから、近くの花壇からホンの少々”土”を拝借し、、小さなポットに植え替えた。
なんだか、それからは、この4枚の葉っぱのアイビーが愛おしくってたまらない。
大きい葉っぱ2枚に、子供の葉っぱ2枚。これからどんどん増やしていくぞ。
いつまでも元気でいてね!!

で、この葉っぱを見るたびに、この時のガーディアンエンジェルの”Growth”の言葉を思い出す。
※”Growth”というのは、本来の名前じゃないけど、”成長を促す”を意味した言葉らしい、この時に知った。
→10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya
「あなたの側で小さな植物(緑の色も含め)が目に入ったら、わたしからのメッセージです。」

このときから、エンジェルと共に見守ってくれてました。感謝!


今日は、夜になって、久しぶりに、左ひざ下の私のセンサー部分の調整があった。
これがあるってことは、私の意識の状態に再調整しているってことだ。
いきなり、”ぷ~~~”っとパンパンに”むくみ”出す。でも終わると、スーと引く。
もう、何度か体験してきているから分かるけど、急に始まるのでビックリするよ。


そうそう、最近、昔のミカエルのメッセージで気になっていたのがあって、ようやく探し出せた。
※この頃は、まだ【転載】って書いてないからー汗

で、探しているときに、過去のyoham(私の神)からのメッセージが、目に留まった。
あの時はまだ、yopham=大いなる存在とは気づいていない時だったけど、今、このメッセージを読むと、昨年のプロセス自体を指していたんじゃないかな~と感じた。
→09/7/12【何も変える必要はない】-9【確認②】By aya
「今は、自分の確立をしなさい。本来のあるがまま。」

「試練の中に次の目あり
 そこに求められる意義?課題?を見出せる。
 あるがまま、、、それは「わがまま」に写るかもしれない。それは、それでいい。」

「その意志は、大いなる者からの導き、求められている動き、進まなければならない。」
「自分を信じるという事自体が、試練かも知れない。見えるものだけが、全てではない。」
「道は出来ている。進むのみ、、、。ただ進むだけ。」
「これは、おまえが選択している。」

「エネルギーの調整確保する」
「しっかり【個】の確立が出来なければ、【大いなる確立】が出来なくなる。」
「求められている。」
「だが、自分で決めてきている。自分で決めてきたことに超えられないもの
はない。」


で、最近の事だけど、私のプロセスを理解してもらおうなんて全く思ってもいないのだけど、ふっと、ある人たちを思いだしたら、そこからとても、強い”抵抗””反発”みたいのが感じてきたんだ。(あるキッカケで、そのキッカケがなかったら分からなかったかも)

残念ではあるけれど、自分の中に何もないから、ただ「ああ、そうなんだ~。」と感じるだけ。
っていうか、昨年のプロセスを何処まで理解できるかって、理解できないほうが”普通”だと思うもん。(笑)
その人たちの段階によっても違うし”信念体系”が残っている以上はね。根底は”恐れ”だから。

良い悪いは、全くナシで。

でも、それよりも、自分がちゃんと”感じれる”ことのほうが”感動”だった。(笑)
それは、ジャーちゃんにも確認しているけどね。
なんか、これが”明晰性”っていうものか!!みたいな感じで。(これまで以上にってこと)

でも、誰に、どう思われようと、yohamと繋がっているから全く動じない。全てを知ってくれている安心感がある。それは、天界のサポートや応援してくれてる存在、ここの仲間たちもいるしね。ほんとに幸せだ。

で、その探していたメッセージっていうのがこれで↓。(普段は忘れていても、必要なときは脳の奥の棚から出てくる。笑)
その第一レベルでは、”ヒーラー”とか”教師”などから始まるって書いてあったんだ。
段階が移るときの期間は、まったく読めないけどね。ミカエルは長い期間での話しをしているようにも感じるけど、どうなのかな?


→09/912【準備完了】期待なく手放す
[mixi]Arrived Energy On Earthより
Archangel Michael through Celia Fenn
2008年8月のエネルギー(1)大天使ミカエル
【抜粋】
『では、これをあなた方にお話し始めることで、私たちは違ったレベルを強調させたいと思います。ステータスではなく、機能のレベルに関してお話しましょう。

より高いレベルに移る人々は、その生涯を奉仕に捧げた者たちです。このように自分の愛と光を捧げることで讃えられる者達がエルダーズとなります。しかし、あなた方は皆、光の顕れです。そしてあなた方は神の愛において皆、平等です。あなたがどんな役割になろうとも・どんな呼びかけを受けようとも、それは完璧なものです。あなた方は祝福されていますし、どんな役割であろうともその役割であることが必要とされているのです。それぞれが“全体”のパートとなるからです。それぞれ一人ひとりがあってこそ“全体”となる必要があるからです。これは“ONE”の意識の本質です。

第一段階ではライトワーカーたちは異なったレベルの奉仕に引き寄せられることになるでしょう。その第1レベルはセラピスト・ヒーラー・教師となること…つまり、癒され・目覚め・権限を得るために人々~個人とワークする者となります。これが惑星の大きな目覚めの基盤となるからです。
このような方法で奉仕するよう呼ばれている者たちにとっては、これは光栄な役割であり価値ある奉仕になります。 

このグループから新たに生まれるのが次のレベルです。自分のエリアでグループを作ったり、グループ・ネットワークの形成を促進するよう引き寄せられるライトワーカーたちが出てきます。現在、こうしたすべてがスピリチュアルグループというわけではありません。ビジネスや環境に関したグループなど、どんなフォーカスレベルのグループもありえます。しかし、こうしたグループは聖霊たちと共にハートから…愛から働きたいという欲求を持つものになります。そしてこのレベルで意識のネットワークの形成・個々の個人の目覚めは形になり始めていきます。

このグループレベルから新たに生まれるものは、それ自体の才能・能力になります。そして、こうしたグループ自体が惑星的・世界的なネットワーカー/促進者となっていきます。彼らの働きは5次元のハートグリッドのハートをベースにした愛と光のネットワークで、惑星中のグループの人々を結び付けるものとなっていくでしょう。平和・愛・人権回復を通しての世界的な協力といった5次元のコンセプトを促進するよう努めるこうした者たちが、リーダー、教師、人道主義者となります。

そして第1段階から第2段階へ移ると、こうした惑星的ネットワークとグループは、相互につながりあった愛と憐れみのハートグリッドに基礎をおいたパワフルな惑星的なネットワークを作るために一緒になり始めます。そして、この光はハートからつながる光であるため非常に強力な光となり、地球中で目覚めた人々によって知られ・認識されるものとなります。そうして私たちが告げたように、スピリチュアルなものと政治的なものと社会的なもののマージが始まり、それが機能するよう形成されていくことになります。これはチャレンジの多いやりがいのある仕事になります。けれども次のサイクルでリーダーとなる人々はその仕事でサポートされます。

そして事実上、地球のマネージャーあるいは促進者である惑星的なカウンシル・オブ・エルダーズが出現すると、シニアレベルが作られます。彼らは賢き者たちです。彼らは生涯を献身的な奉仕に捧げた後、精霊たちによって選ばれ、惑星意識が聖なる愛と創造性の表現をするよう惑星意識を導くものとなります。このカウンシル・オブ・エルダーズも既に形成されつつあります。この奉仕に呼ばれる者たちは自分が何者であるか・今このときに自分が何をすべきかを知っています。

愛しきものたちよ。この情報をもたらしたのは、あなた方の選択によって、どのように聖なる愛が地球上に顕現するかを見るためのアシストとなることを願ってです。これが、あなた方が私たちとのパートナーシップで選んだことだということをわかっていて欲しいからです。このプランに同意した私たちは共に働いてきましたが、その間、魂レベルでのたくさんの長いミーティングを重ねてきました。そうして今、すべてにとって“最高に善きこと”のために新しい地球の聖なるマネージメントを成し遂げるために最も正当で平和な方法が現れようとしています。あなた方が惑星上での聖なるグレイスのこうした新しいパターンの出現を見始めることで、混沌も徐々に少なくなっていくでしょう。愛の経済がより明らかになっていけば、あなた方はよりサポートされていて・よりつながっていると感じ始めることでしょう。

愛しきものたちよ。不安がらないでください。「私がフィットするところはどこ?」と心配しないでください。あなた方それぞれは、ずっとこのプランのプロセスの一部です。あなた方それぞれには定義された役割があります。あなた方の多くは、躊躇っています。それは自分の新たなスキル・才能を開発することだったり、次のステップが自分に明らかにされるまで忍耐強く待つつもりになること、精霊たちの導きに降伏するということを学ぶということ…こうしたことを躊躇ってはいませんか?然るべき時というものがあるということを理解してください。あなた方は光の構造が顕れる完全な場に導かれることになります』


今日も全てに感謝!!

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?