FC2ブログ

【引越:何もわからないままの準備】byGraceさん

 28, 2011 23:00
2011/1/28(金)晴れ


今日は、まず何から始めるのか?というところから、始まった。

引越自体は、何度もしてきたけれど、準備資金なしから動くのは
始めてのことだ。

母や、いろんなことを考えると、早く引越をしたほうが、いいのでは
ないか。と思ったところから、いろいろ調べているうちに、マインド
にはまったのか、なんか久しぶりに核がズレている感覚に陥った。

まず、引越日が決まらなければ、何も進まない。

その日にちから、予定が組める。

不要品を処分するにも、お金はかかる。すべてリサイクルショップが
買い取ってくれるわけでもない。
母の負担なども考えてみたら、出来る限り安くすまそうと思うもの
の、何がどう? 残りの支払いの分は?
と段々、自分で自分の首をしめるはめになった。

ダウジングしても、こんな状態なので、確信にも至らなかった。
自分で、つっこみを入れつつも立て直せなかった。

申し訳ないけど、Gちゃんの助けをかりることになった。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「だめだ~、この状況から抜け出せない~!」

最近、Gちゃんもこのようになっている事が多かった。
人のことは、わかるけど、ホント自分も同じじゃん。(笑)
 

「何で、こうなってんの?ダウジングでは、こうなんだよね。それってホント?」

G:「マインドのほんのカケラが入っていたらしいよ。笑」

「じゃ、引越資金なども、母に頼むことになるんだね。」

J:「今は、そうだけども、これからは、母を助けていくのですよ。」

「でも、どうしたらいいんだろう。引越代だけじゃなくいろいろあるから。」

J:「少し見積もりを多くいいなさい。今の状況をそのまま伝えなさい。どうしてそうなったかは言わなくていい。現状を伝えること。」

G:「うん、そうだよ、正直に、今手持ちはないから。って言えばいいさ。」

「うん、そうだよね。少し多めにって伝えるわ。」

「うん、、、、なんか色々考えていたら日にちとかも分からなくなっちゃった。」

J:「日付は関係ない。」

「うん、、、。そうだよね、、私、無理しようとしてた。」

J:「周りのことに振り回されないように。自分のペースで、出来るところからやればいい。感じるまま。」

「そうだよね~、、、。分かってたのに、いつの間にか、、、。分かった。無理もしない。急ごうとしないわ。」

J:「マインドが悪いわけではない。マインドは思考であり、いろいろ整理してくれるものでもある。」

「そうだね、思考がないと予定立てられないもんね。」

話しているうちに、スーっと落ち着いてきた。軽くなっていった。
それから、また二元性の話になり、そこでまた少々こんがらがった。

ジャーちゃんの指摘で気づいたけれど、「本意ではない」と言う言葉さえ、
二元性だと。それはそうだよね。 でも世の中のこと、言葉って殆どが二元性
が含まってないか?とGちゃんと話しになった。

そうなってくると、ジャーちゃんからの問いかけにも答えることが出来なく
なっていった。


「ね~、私の今の立場だったら、実家に帰ったら、母がいるわけだから、当然、母や兄の意向に沿っていかなければならないよね。やはり、母や兄にしたら、頑固に、自分のカウンセリングをやるんだ~なんて言い張れないのだから。一日も早く仕事も見つけ、生活費もいれなきゃって思うしね。」

J:「そうですよ。それが”流れ”というものです。」

「そうだよね。」

G:「そうしているうちに、周りが敬意を払うようになっていくんじゃないかな~。何となく、そう感じた。」

「そうかもしれないね~。」

J:「人から見れば、無理と見えても、無理ではなくなっている。経験を元に、無理せずとも、楽々易々になれる。」

「ん?人から、、、無理、、?良く分からない。汗」

J:「すべて均整がとれてくる。」

「うん。とにかくやってみる。動いてみるわ。ありがとう。」



□ エネルギーの流れ方のワーク?

それから、まずは母に電話してみた。

そしたら、状況が少し変化していた。兄は今月末には退院できそうだと
いうこと。
その後は、通院治療になるけど、などなど。

母は、あまり使わないし無駄だからと言っていたインターネットのこと
を昨夜、よければ考えてほしい。と伝えてあったけれど、今日は、「無
理しなくてもいいから。」といえた。

すると、すでに兄と話していてくれたらしく、兄も安いのもあるから、
それはいいんじゃないか。という流れが出来ていた。

わたしは、びっくりした。え?こんなにスムーズなの?と。
これが、ジャーちゃんの言っていたことなのかも知れない。過去の体験
のデータとはもう違うのかも。

しかも、引越費用のことも、一応、受け入れてくれて、雪祭り期間は飛
行機も高いといったら、終わった次の日でもいいんじゃない?って感じ
で、また、
あれ?そうなの?それでいいの?みたいな流れが待っていた。

いろいろ調べたことも話し、今は手持ちはないし、何にいくらかかるかも
分からない部分もあるので、少し多めにあるとありがたい。そして、なる
べく早く生活費も入れれるようにするから。と伝えた。
わかったよ。と言う感じだった。

電話を切ってから、あれ、こんなことだったの?
いろいろ考える前に、行動していたら、あんなに悩むことでもなかったんだ。

なんか、どうしてこんなことも分からなかったんだろう。とも思えた。
でも、今思うと、この体験も、二元性のことが絡んでるのかも知れない。
自分の中で、こうしたらいいのか、わるいのか、、というところで、いた
かも知れない。そうやって三次元意識まで、ずっぽりハマってしまって。

やっぱり、こうやって体験を踏んでいかなきゃ分からないもんだな。

で、雪祭りシーズンを越えると、やはり値段も安くなっていた。
母にすぐ連絡し、それで進めなさいという承諾もえた。

でも、すぐ次の軽いお試しが待っていた。


□ 二元性を超えるのは、ただ感じるのみ

格安航空会社でもいろいろあるけど、その中でも、こっちのほうが安い
けど、”感じて”みると、どうもハートが閉じる。
別の航空会社では、ハートが開く。

母よゴメン。確かにもっと安い航空チケットはありました。
が、、、しかし、ここは、【感じる】ままに、行動させてもらいます。汗

【感じること】=ハートの反応でわかる。※やってきたことなんだけど。
で、【二元性】を抜けるには、【感じること】だけになるってことかも!
と、ふっと腑に落ちた。

【感じる】というのには、【理屈】なんてないのだ。
値段が高いとか、安いとか、そんなことで物事を考えているうちは、やは
り頭で考えてしまっているのだけど、この段階の体験は、以前でもやってき
ているのではあるけど、何かが少し違うような感じがする。

それは、【感じる】ことに集中してみると、理屈ではないものが見えてくる。
(表現、むずかしー。)
ただし、【感じる】前に、無意識であったとしても、それが僅かでも思考が先
に何かを埋めていたら、純粋に【感じる】ことが出来ない。
頭のことを一旦、外して、純粋に【感じる】ことでしか、二元性を抜けたとこ
ろには、行き着かない。

なんか、「ジャーちゃん、このことを言ってたのか。」って感じ。

スマン、わけわからんかもしれない~。汗

気づいたら(二元性)、流して。それの繰り返し。
そうしているうちに、、、

なんかね、単純に事がスムーズだったって話ではなくて、エネルギーの流れ
方を見ているというか、ワークをしているのかも。と感じる。

こうやって、書いていることで、より整理される。
知らず知らず、ワークを受けているのかもしれない。

とにかく、今日は、引越日を決められた。

2月21日に引越て、下の娘が休みだから、いっしょに、上の娘のところ
へ泊まって、久しぶりにリコの顔を見て。翌日、

「2011年2月22日」の「2」が並んだ日に、どういう訳か、現地入り
する流れになりそうだ。(笑)

昨日のブログにも書いたけど、一旦は実家へもどるけど、また次の引越も
ありそうなんで、その時は、もっと楽々易々になっているのかな?

全てに感謝!

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?