FC2ブログ

【2011年1月11日:娘との待ち合わせ】

 12, 2011 23:59
2011/1/12(水)晴れ


シンデレラ城



とうとう、お祝いのメッセージが届きました~!
だから、上の画像は、花火にしました。(笑)
チャネリングは、GちゃんことGraceさんです。

でも、まずは、娘との再会の話の、後で。
今日も、きっと長くなりまする、、、。

でも、その前にちょこっとだけ。
  ↓  ↓  ↓

□ 昨日の転載メッセージ
→1/11【転載】ソアラ・サーフリポート for 2011 (1)

昨夜に転載させていただいたメッセージは、なんとなく、
この1月11日だからこそ。という感じがした。
それは、自分に起きたことと合わせて、わたし的にそう感じた
にすぎないのだけどね。

なんか、2010年が終わって、2011年、、、希望~!!
みたいな感じでっ!

う、、うれしい。って感じが、じわじわしちゃって。(笑)

で、興味あったのが、第一波なのは、わかってたけど、
マスターナンバー11の事が書かれていたことかな?

あまりその辺のことって、今までのメッセージに出てこな
かったから。

マスターナンバー11は、誕生数で言えば、私は”11”だから。
なんか、その辺りが、「へ~っ」みたいな感じだった。

そんな流れで、過去のブログを思い出した。
  ↓  ↓  ↓
→10/2/8【アセンション完了】の時期って?
☆クライオンのメッセージから
2011年11月11日、第一波の人々は完了しアセンドすることになるでしょう。彼らはここ地球上に存在して自分のエネルギーを放ち、他の者たちに方法を教えていくことになります。
~中略
第一波の人たちは、純粋な愛からリアリティを創っていくことになります。そして彼らの愛は聖なる意志となり、彼らの選択は常に愛からなされるものになります。最初にアセンドすることになるこうした人々の大多数は過去世でアセンドしています。第一波の人たちがひとたびこの惑星の意識を変えるには、それほど長くはかかりません。すべては「100匹のサル」の原則で働くようになるからです。



□ 娘と待ち合わせ

先日の、”今の状況”の中に書いたけど、
→11/1/10【ひとりごと:今の状況&Gちゃんのチャネラーデビュー】

お財布の中は、たしか2円か3円くらいしか入って
なかったんじゃないかな?

で、家の冷蔵庫の中も、調味料やらも使い切ってた
状態で、そんな中、娘がやって来ることになり、
全てをyoham(私の神)に任せ、
”行き当たりばったり、やってみるまで分からないツアー”
と称し、家から歩いて新宿駅の改札口まで行った。

夜中も数字のゾロ目は見ていて、何か感じてはいたものの、
自分も浄化を通じて、”不安”や”期待”などのエゴも、
本当に出なくなっていることを昨日も確認した。

途中の道では、ゾロ目などは、見なかったのだけど、
新宿駅の近くになって、とたんに、ゾロ目が立て続けに
現れた。
翻訳されていないメッセージで、この数字のゾロ目の符号
は、見たときに、その数字の属性をダウンロードしている
ようなことが書いてあるのを読んだことがある。

最初に現れたのは、「999」「333」「444」
「77」「88」、、、あと、最後に「111」
だっただろうか。
ここ数日は、「1111」「1212」「2222」なども
よく見ていた。

で、早めに着いたので、久しぶりに、うろうろと見て歩いていた。

すると、また、「鑑定士」の人に声をかけられた。(笑)
何かあるときに、必ずのタイミングで現れる鑑定士。
ま、普通に良くある話っていえば、そうとも言えるけど、
私のこれまでの体験からいうと、、、なんだか面白い。

でー、いつものように、お決まりの言葉も頂いたけど、
私も時間あったし、少し人の行きかう中で、立ち話になった。

先祖に功労がある。とかは一般的なことだけど、
先祖供養はどうしてますか?とか?
四柱推命の人のようだったけど、隠れ宗教かもしれないし。(爆)
よく分からない。

で、カルマももうない事も言ったし、先祖供養も、私も、
宗教やってたときから、高額な金額をかけて、霊能者に
(これは、本物だったらしい。いやそれは、本当に今でも
そうだと思ってるけど、嘘では出来ないものを見てきたので)
やってもらったのもあるし。

あ、そのことは言わなかったけども、結局、今は、もう自分
の向上を心がけて、楽しみながら過ごすだけです。と話した。

後から思ったけれど、”先祖供養”って、ご先祖さまに感謝
するのは、もちろんだけど、それよりも、家系の中で、こう
して、自己回帰の道を歩む者がいれば、もうそれだけで、
先祖供養だと思っている。

こうして、自分が成長し、純化されていくことで、家族もまた、
引き上げられていくし、目に見えないご先祖さまだって、引き
上げられていっているのだから。
ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)曰く、家族も、ご先祖
さまも、”選択”はあるので、魂の同意があれば、引きあがる
ということだった。

本当に、家族の場合、、、
うちの場合は、娘たちが、本当に成長している。

今回、3ヶ月会わなかっただけなのに、また、成長と、それだけ
ではなく、状況もガラっと変わっていて、魂に整列して、もう
事が、動き出していることがわかった。
ちゃんと、私についてきているんだな。って改めて実感した。

前置きが、相変わらず長いけどっ。(汗)

で、そんなことをしていたら、改札口から娘が手を振っていた。

「ん~、そっか、無一文のまま、再会か。」心に決めた。

いつものように、ハグをして、

「さて、何処にいきたい?」

「小腹がすいたかな~」

「ショッピングは?いいの?」

「お正月のバーゲンで少し買ったから、もういいの。」

「じゃ、お母さんが○○と、一度行ってみたいな~と思ってた、
おしゃれなカフェがあるから、行こうか!」

「うん!」

「じゃ、そっちに向かって歩いてこう。」

さて、、、、これは、もうお金がないことを言わねばならん、、、。

人ごみの中、急に立ち止まり、娘に向かって言った。

「ごめん!! こんな親で、ホントごめん!!」

娘は、びっくりして、

「どうしたの~???」と顔が、驚きと不安で、固まった。

「スマン、実は、お母さんね~、全くお金に余裕っていうものが
ないんだ! 余分に使うお金がまったくないの。」

「え~、、今、○○も、ないよ、、、、。」

へ? そうなの? どうしましょう? yoham、、、と心の中
で、つぶやきかけたとき。

「あ、ゆうちょのATMがあれば、貯金から下ろせるよ。」

「ほんと~、借りてもいい?」

「うん、いくら?いくらでもいいよ。」

「って、本当に、お母さん大丈夫なの?仕事しているの?」

「ぼちぼち、、、失業手当とでなんとか、、、」

と、一応、答えた。

「でも、本当に、必ず返すから。今までだって(昔のピンチの時)
だって、必ず、キッチリ返してきたじゃん!」

「いつも、遅れるけどね!笑」

「うん、そうだったね!笑」

そんなやり取りして、なんとかなることを確認した。

先に、コンビニに寄って、現金うけとって、これで、警告きてた
支払いの目処が少しついた。

気分は、安堵に変わり、カフェに着いたときに、娘が、とても
内装、自由に読める本、雑貨などに喜んだ。

連れてきてよかった~。私も嬉しくなった。

スーツケースがあったので、置きやすいように、一番奥の落ち着
ける場所に案内された。

ほんと、ウワサ通りって、ネットで見てたんだけど、私好みの、
店内。思ったよりも広い、ソファー、テーブルなども、おしゃれ
だった。置いてある本も、インテリア、建築、旅行、写真などの
雑誌、購入も、読むことも出来るようになっている。
そういえば、ユングの本もあったな~。
→ブルックリンパーラー[Brooklyn Parlor]
※料金それなり、サイズは大きい。ケーキは普通かな?

きっと、上の娘たちも連れてきたら喜びそう。
リコいるから今は無理だけどね。

歩きながらも話していたのだけど、たまに娘は東京に
くるときに、気持ち悪くなると言っていた。

ただ、うちのマンションに入れば、症状は治まる。

昨日も、札幌から空港へ向かうバスから始まり、飛行機
から降りても、みぞおちのあたりが、モヤモヤして気持ち悪
いと言う。

乗り物に酔ったののかな~と話すが、なんとなく、エネルギー
のせいにも思えた。

席に座って、ややしばらく、カメラで店内を写したり、楽しく
話をしていた。

私は、娘の話で驚いた。
そのことも含め、後から書くことにする。


娘の様子がちょっと変化してきた。

飲み物とケーキを食べていたら、やはり気持ち悪いと言い出した。
吐き気ではないという。

その内、娘は壁によしかかり、眠ってしまった。
席が、一番奥の端でよかった。
お正月、風邪も引いていたし、少し咳きも残っているので、
そのせいなのか???

そうしている内に、私は、みぞおちの辺りで、下痢のような
痛みが始まった。同じみぞおちだけど、症状は違うので、娘
のを共に感じているのとは、ちょっと違いそう。
たぶん、私も最近は浄化でお腹が痛くなることも多かったの
ので、そうせいだろうと思った。

娘が仮眠中、私も波のようにくる痛みを感じつつ、本をめくった。

寝ておきてからは、少しすっきりしたようだった。

娘が、新千歳空港で、生ラーメンを買ってきてくれたので、
具材を調達しようと、デパ地下に入った。

やっぱ、高級食材、、だよね。値段が違うもん。
いろんなチーズを置いてあるところで、試食を勧められた。

ブルーチーズは食べられないので、クセはないですか?と聞く
と、これは食べやすいですよ。ちょっとだけブルーチーズは入って
ますが、柔らかく美味しいですから、と勧められるままに、二人
とも口に入れた。

そのままチーズ売り場を離れてから、わたしが言った。

「ね~、やっぱお母さん、このチーズ無理。
お母さんは、やっぱ、セレブには、なれんわ~。笑」

「ほんと、○○も、無理~~、セレブ無理だね~。笑」

「うん、やっぱ、庶民にしかなれない。笑」

そうして、野菜も、結局は、商店街に寄って買うことにした。
なんとか体調もよくなったようだったし。

*  *  *

うちに帰ってきて、ラーメンを食べてたら、やっぱり気持ち悪い
と言い出した。

凝りから来ているのか?と背中をマッサージしたり、レイキも
してみる。
あまり、手には、反応が感じられない。
益々、わからなくなった。

ちょうど、Gちゃんから、メールが届いていたので、今日の
ことを軽くメールに書き(お金のことは、電話じゃ話せないので)
娘の状態を話した。
Gちゃんも、昔からエネルギーには敏感だった。

何だと思う? もしよければ、ジャーちゃんに聞いてみてくれる?
ハートに確認して、無理ならいいからね。と送った。

それから、思ってもいないメッセージが届いた。

*  *  *

そのメッセージの前に、、、、もうちょっと、、、。


【2011年1月11日:娘の軌跡】 へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?