FC2ブログ

【転載】ソアラ・サーフリポート for 2011 (2)

 11, 2011 23:05
☆本日↓2011/1/11(火)の始めはこちらから。
【転載】ソアラ・サーフリポート for 2011 (1)

*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより

「ソアラ・サーフリポート for 2011 (2)」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=59271012&comm_id=1730147


◇ 2011年の新しい光景での第一波,第二波,第三波,橋(ブリッジ)世代について

-第一波の世代
第一波の人たちは、とても長い間ずっとこの惑星上にいた古い魂の持ち主たちのことです。彼らは新しいものを定着させるためのマスターナンバー11のもとでここに来ています。彼らは地球での経験をたくさんして、豊富な知恵と知識を得てきました。第一波の人たちが新しい世界に着いた時、それはまったくチャレンジングなことになるでしょう。彼らが培ってきたマスタリーは突然、その効果を及ぼさなくなるからです。彼らには掌握で来ている感覚がなくなります。彼らには新しいメソッドに対してオープンになり、耳を貸す方法を学ぶ必要が出てきます。たとえ彼らがひとりぼっちで生き,働くことに慣れているとしても、ひとりぼっちで居ることがもはや正しいことに感じられなくなります。そのため、彼らをたくさんの人々が取り囲むようになる時間になります。もちろん彼らも自分のコンフォートゾーンを遥かに超えて進んでいるのですが、彼らは新しい光景を調査することを楽しんでいます。新しいものを定着させるという彼らの古い目的を完了させた今、彼らには、自分自身をすっかりと再創造して、自分の新しい目的を受け容れる準備ができています。たとえ彼らが無料でファーストクラスのチケットを得たとしても、彼らは古い世界には戻りません!

-橋(ブリッジ)世代
ブリッジの世代は第一波と第二波のコンビネーションを含んでいます。中には第一波と整列したブリッジの人もいますし、第二波とより整列したブリッジの人もいます。彼らはマスターナンバー33に帰属しています。ブリッジの人たちはコミュニケーションを容易にし、芸術を生み出すというとても効果的な新しい概念をつくりながらバックグラウンドで懸命に働いてきました。この結果が2011年にわかるようになることでしょう。ブリッジの人たちは外側の光景におけるシフトに対して最も問題を抱えているグループです。広くオープンになっていることや,定義されていないこと,あるいは経済的な不安定や規則が確立していない状況に対して心配を感じる傾向があるからです。新しい世界に現れ出でるということはもちろん、オープンで定義されていない状況に入ることになります。それが、彼らを不安定にさせたり、怖がらせたり、圧倒してしまうわけです。そのため古い,制限的な,腐りかけたリアリティに留まることを考えるブリッジの人たちもいるかもしれません。けれども新しい光景において小さな,はっきりと定義されたエリアに馴染むようになることは、ブリッジの人たちにとって助けになります。そうしたエリアは彼らを心地よくさせるからです。そしてそのようなエリアは、彼らが専門知識を素早く高める際の身体的な行為にあるかもしれません。とにかくそのようなエリアが、新しい光景をますますマスターすることを彼らに可能にさせるために必要な快適さと自信を彼らに授けることでしょう。

-第二波の世代
第二波の人たちは、あまり長いこと地球に転生していない、より新しい魂たちのことです。彼らは新しいものを築くためにマスターナンバー22のもとでここに来ています。彼らには豊かでフレッシュなエネルギーとアイディアがあって、新しい世界をつくりたくて仕方がありません。第二波の人たちは既に行動に移っているはずです。彼らは古いものを終わらせること,自分のスキルを磨くこと,そうしてより大きな行動に備えることに忙しくしています。けれども彼らにとって実際に重要なことは、行動に飛び込みたいという熱意,意欲に心を奪われてしまわないことなのです。なぜなら、新しい光景の中でちゃんと存在することができるようになるようにあらゆる古い振る舞いが変化,変容されればすぐにも新しい光景の中でその素晴らしい贈り物を分かち合うことができるのに、彼らには、あらゆる古い振る舞いが変化したり、洗練されたり、変容される必要性を無視してしまう傾向があるからです。

-第三波の世代
第三波の人たちは、フレッシュで新しい世界から来ます。彼らは役に立つ新しいメソッドやスキルをたくさん持った完全な認識でもってやってきます。新しく来る第三波の人たちは自信と熱意に満ちています。彼らは今まさに、行動に移る準備のために暖機運転をしている機械のようです。彼らにはパワーが漲っています。第三波の人たちは創造的なレベルで準備をしていますが、もっと遊びのような感覚のものに見えるかもしれません。それでも彼らの遊びはかなりに印象深いものです。彼らの本当の目的は今年よりも後に明らかにされることでしょう。第三波の人たちが新しい光景を目にするやいなや彼らはそこに飛び込んでいきます。彼らは生まれつつある新しい世界を本当に愛していて、難なく適応することができます。彼らの抱えている問題は古い世界に適応することなので、新しい光景を彼らは待ち望んできました。彼らが他の第三波の人たちと出会うと、彼らの行動が新しい神聖幾何学を生じさせることでしょう。


◇ 私たちの新しい目的
 2011年は私たちが知らなかったまったく新しい目的の発見をもたらすでしょう。私たちは今や本物たる者になっているので新しい目的の発露は可能なことです。ですが新しい目的はアイディアや概念として現れてくることはないでしょう。それは、爽やかな風がさっと吹きぬけるような感じのものになると思います。けれどもそれが感じられた瞬間、私たちには、それがリアルで本当なことだとわかるでしょう。私たちがそれをもっとはっきりと定義できるよう自分の新しい目的を見つめようとすれば、それはわからないまますり抜けていってしまうでしょう。それでもその感覚は残ったままになるはずです。新しい目的を詳細に描写するために古いメソッドや概念を適応させようとすれば、どんなものも適用できないことがすぐにわかるでしょう。私たちの新しい目的とはまったく新しいものだからです。それは私たちの今の認識を遥かに超えたところから来るものです。新しい目的の爽やかな風が吹くたびに、わたしたちはそれを、たとえ言葉で表わすことができないとしても、自分の内側から呼び覚まされたフィーリングによってそれを認知することになるでしょう。それが、何が来ているかわかっている自分の内側の知恵を引き起こすことになるからです。

 私たちが新しい目的を一瞥した時、息が止まりそうになるくらいにそれはとても遥かで広大なレベルのものとなります。けれども私たちはそれに圧倒されてしまうようには感じないはずです。それは、それが自分という者の自然な拡張であるからです。

 新しい目的は、自分が持っているとは認識していなかったスキルを利用することかもしれません。あるいは、自分が持っていることは知っていたけれども真面目に受け取ることもなければ、あまり使うことのなかったスキルを使うことなのかもしれません。ただ単に趣味のために使っていたスキルということも考えられます。もしかしたら、既にそのスキルを十分に磨いていて、以前よりもずっとクリエイティブで楽しい方法~まったく新しい方法でそれを使うことなのかもしれません。もしくは、自分の古いスキルを使うことを終え、まったく新しいものを開発していく決意をすることになるかもしれません。どうなるかは自分の選択次第です。

 新しい目的はまったく新しくて想定外のものです。それは思いも寄らなかった方向に私たちを導くものになるかもしれません。自分がそれをすることなど考えもしなかったことをすることになるかもしれません。けれども新しい目的を見い出した時、それはエキサイティングでフレッシュで見事に正しい感じがするはずです。

 自分の新しい目的を見い出すためには、私たちはまず、本物たる者とならねばなりません。私たちは、何か新しいことをすることができないとか、過去に失敗したことをすることができないといった考えを一切合切、一掃せねばなりません。そのような制限的な考えが新しい目的を見ることの妨げになります。新しい目的は「できない」というフィルターを通して察知できるものではないからです。けれども「できない」というフィルターがなければ、私たちには、以前には私たちから隠されていた無数の可能性を知ることができます。

 私たちの新しい目的は、私たちがそれが何かを知る前に私たちが自分の古い目的から抜け出すことを求めることでしょう。私たちは新しい目的について考えることでそれを見い出すことは断じてないでしょう。新しい目的は、出し抜けに突飛なアイディアのように思えるものかもしれません。けれども私たちが然るべき時,然るべき場所とすっかり整列している時に、新しい目的はやってくることになるでしょう。


◇ 愛の経路を歩む  
私たちが新しい光景の中で進んで行く道~それが愛の経路です。愛の経路では、私たちは愛を与えたり受け取る必要はありません。私たちがただ単に愛であるからです。そしてそれは私たちの自然な有様です。愛の経路を歩むということは、自分がする何もかもに自分の愛をもたらすということです。そして、どこに自分がいようとも純粋なハートの真の愛を発散させることです。とはいえ、私たちが誰をも皆、何もかもを好きになるというわけではありませんし、誰に対しても何に対しても寛容にならなければならないという意味にもなりません。私たちには、「この人の周りにはいたくない」と思うような人と話している間でも、自分の真正面にいる人に純粋なハートの真の愛を発散させることができます。そうしたからといって私たちの愛が消耗してしまうわけではありません。

 本物たる者だけが愛の経路を歩むことができます。けれども愛の経路こそ、本物たる者が歩むことのできる唯一の経路であるというのもまた真実です。他にどんな経路があるというのでしょう?本物たる者は愛の経路でマスタリーを高めます。本物たる者として別の本物たる者と純粋なハートの真の愛のレベルでお互いに関わりあうこと~それが、彼らの心からの望みです。愛の経路で私たちは、愛情をもって誠実にコミュニケートします。特別な柔らかな口調で話したり、特別な美しい言葉を使う必要もありません。私たちのありのままのオープンなハートが、あらゆる状況において信頼できる人たちとどのように関わるか、その方法を告げてくれることでしょう。私たちには同意することも、同意しないことも、受け容れることも、拒絶することも、サポートすることも、ストップすることもできます。純粋なハートの真の愛から来るアクションやリアクションはすべて適切なものだからです。私たちの正直さに対して他の人たちが狼狽している時であっても、深いレベルで彼らは結局のところ理解することになるでしょう。

 これから先、私たちは愛の経路で躓くこともあるでしょう。自分には決して愛することができないと思っているような人と出会うことになるかもしれません。そうした人たちは、彼らなしでは不可能だった方法で私たちの愛を深め,強めるよう、私たちの手助けをしてくれる人たちなのです。時には、自分が愛の経路を進んでいないと感じることもあるかもしれません。そのような時には、世界が自分たちの手には負えないと感じたり、他の人たちに対して自分のハートをオープンにすることに問題を感じているがため、自分を閉ざしてしまっていることでしょう。ですからそのようなときには、自分がしていることが何であれ一時停止して、まずは微笑むことから始めましょう。ちょっと微笑んでみることもできないのなら、好ましい状況、あるいはあなたが過去に感じた愛情や愛する人のことを思い出してみてください。その愛でご自分の微笑を満たし、その愛をご自分のハートへと送るようにしてください。必要なときにはいつでもこれをしてください。ほんのちょっとの間微笑むだけでもその効果を感じるようになるでしょう。

 愛の経路で私たちは、不調和や反対意見に遭遇することもあるでしょう。私たちの愛とは心配事を遮る保護ではありません。また、自分自身や他の人たちと戦うためのものでもありません。私たちが愛の経路に居るからといって、自分の内側や自分の周りのすべてが調和してうまくいくといった考えは、愛の経路を誤解しているに他なりません。愛の経路に居るということは、ニューエイジのいう「愛と光」とはまったく似ても似つかないことかもしれません。なぜなら愛の経路に居るということは、リアルであり真実であることだからです。

 本物たる者は、報酬を期待することなしに愛の経路を歩みます。私たちは愛の経路をただ単に歩んでいきます。なぜならそれこそが、心地よさと充足感を私たちが感じる唯一の経路だからです。本物たる者として現れ出でる私たちの数が増えることによって、純粋なハートの真の愛のレゾナンスもずっと強まっていきます。この愛が以前にはなかった方法で人々を結びつけることになるでしょう。これまで関わりあうことのなかった違うタイプの人々がこれからはワンネスと真正さの中で一緒に紡がれるようになります。この深まった愛がONEに貢献することになる新しいクリエイティブな企業の基盤にもなっていくことでしょう。これこそ、真の活動中のワンビーイングです。


◇ 2011年の概要
 2011年はとてもパワフルな年です。昨年、たくさんの変化があったと思っているのなら、今年何が起きるかを静観していてください。2011年と比較すれば2010年は穏やかで静かであったと感じられるようになることでしょう。けれども2011年は、倒れこんだり、慣れ親しんだやり方に後戻りのできない1年になります。戻ろうとしてもシャットダウンされて戻れません。2011年には巨大な運命の環が回転します。2011年はエキサイティングな感覚で私たちの多くが長く待ち焦がれてきた記念的な1年になります。11:11のドアウェイをぬけての長い変容の旅~その20年間の旅で最高点に達する年になるからです。だからこそ11:11のゲートの最後の2つのアクティベーションが今年の終りに起きるのです。これは、とても長い進化のサイクルの重大な終りを告げるものとなるでしょう。

 私たちの多くが、何か大きなものが来つつあるのを感じています。そのとおりです。ダイナミックな変化は一年中起きていることになるでしょう。今年はMUAの3年のサイクルの最後の年になるからです。(MUAとは、何か他の者になる前の始まりを意味するタヒチの言葉です。それはまったく新しい進化のサイクルの始まりを意味します。)二元性の世界はバラバラになり続けます。誠実さの欠如や腐敗のレイヤーがたくさん暴かれることになります。間違った基盤のうえに築かれたものはすべて、砕かれるか変えられることになります。私たちにはいくつかのショッキングな出来事に備えている必要があります。そのようなことは世界中で起きることになるでしょう。けれども私たちは、アメリカ合衆国とヨーロッパを特に注視していなければなりません。このふたつのエリアで出来事は2012年までに起らないかもしれませんが…。急激な気候変動も地球の変化と同様に起き続けるでしょう。何が起きるのかが問題なのではありません。起きることにどのように反応するか~それが大事なのです。私たちが本物たる者であれば、すべてはうまくいくでしょう。

 二元性が崩壊して同時に地球自身がバランスを立て直すことで、愛と真正さが殺到することになるでしょう。古いパターンから抜け出し、変化を受け入れ、本物たる者として現れ出でる人たちの数は増大していくことになるでしょう。私たちが大勢、新しい世界に住み始めれば住み始めるほど、新しい世界が誕生していくことになります。この時間は私たちの再誕生の時間となるわけです。それは、人類の再誕生,真正さの再誕生,惑星地球の再誕生であり、ワンビーイングとして私たちが一緒になっていくようになります。どんな誕生の瞬間も血まみれで汚らしいものにもなりえますが、それもまたきわめて必要なことであり、驚異に満ちたことです。私たちが私たちを出産する分娩の痛みの真っ只中に居る間、どんな不安定な状況であろうとも、すぐさま和らげられたり変容されることができるということを思い出すことが重要になります。二元性は崩壊していくことになりますが、それがショッキングな出来事で起きなければならないというわけではありません。ワンネスと整列した何かへとただ単にひっくり返されることによって素早く穏やかに変容されることもできるからです。

 2011年は、新しい生活が始められることができるよう、自分の然るべきポジションに私たちを就かせます。自分が正しい場所にいると感じないのであれば、然るべきところを見つけて、できるだけ早くそこへ移ってください。何かによってご自分を躊躇させてはいけません。多くの人たちは、そこが安全な場にいることになるのかを懸念します。ですが、ご自分の真のハートが導くところにあなたがいるのなら、あなたは自分が正しい場所に居るのです。私たちには何が安全なのかについて心配する必要はありません。私たちは自分にとって正しいと感じるものだけを大切にすればいいのです。なぜなら、本物たる者は常にいつでも然るべき時,然るべき場所にいるものだからです。

 そしてまた、私たちが他の本物たる者たちと集うことになる時間になります。孤独な隠者である時間はとっくに終わっています。私たちはまだ私たちには想像もできないような方法で今年、たくさんの新しい人々と出会い,交流していくことになります。そして1年を通して、私たちが確立してきた役割も変化していきます。たとえば、オフィスで働いていた人が突然シェフになる決意をするかもしれません。あるいは、いつも同じ大都市に住んでいた人が、地球を横切った外国の遠く離れた小さな町に住むことになるかもしれません。けれども仕事や住まいのシフトよりも、ずっと深いレベルで役割は変わっていきます。リーダーシップのポジションに居る人は、もっとコ・クリエイティブなレベルで他の人たちと働くために、そのポジションをそのままとっておくことになるかもしれません。けれども、常に人に従い後を追う立場であった人は、突然、責任のある立場になるかもしれません。いずれにせよ私たちの多くは、たとえゼロからすべてを学ばなければならないとしても、新しい状況,新しい役割に喜んで意欲的に飛び込んでいくことでしょう。

 2011年は、効率の良さと努力に加え、全身全霊で参加することを求めます。それにはコンスタントに勇気が必要になるでしょう。私たちは、コンフォートゾーンという以前の境界を遥かに超えた既知のマップから外れたところを旅しているわけですから。けれども、自分の内側でわかっているのですから私たちはどんなガイドブックや地図も持つことにはならないでしょう。そこには、理解しなければならないこと,学ぶべきことがたくさんあります。それは私たちにとって絶対的に新しいものとなりそうです。そのため、それが旅を確実に楽しく面白くさせるわけですが、時には厄介で圧倒的なものとなることもあるでしょう。

 私たちには今、自分が望む人生をそのままに創りだすことができます。私たちは自分自身を再創造することができます。私たちには本物たる者として本当の人生を生きることができるのです。それをするためには、私たちであるものすべて~この世界やこの世界を超えたところで自分がそうであったものすべてを引き受け、拡大された今ここにそのすべてをもたらす必要があります。

 2011年の前半は私たちが自分の正しい位置に入ることにフォーカスすることになります。そうであってこそ私たちが新しい世界にもっと完全に現れ出でることができるようになるからです。そして然るべきポジションに就いたらすぐに私たちは新しい光景を進んでいく方法を学ばなくてはならなくなります。時には、その新しいナビゲーションは、曲がりくねった迷宮を旅しているかのように感じさせることでしょう。物事はダイレクトな形,直線を描くような形では進んでいきません。私たちが「こんなふうに起きるべきだ」と思うような方向で物事が起きていくこともありません。そう、まだ地図に示されていない新しい世界という領域を通る旅は曲がりくねった道程になるでしょう。けれどもそれが、完璧な経験,人とのスペシャルな接触,そして最も必要とされている情報を私たちに授けてくれるのです。そこには私たちがまだ理解できていないことがたくさんあるので、時には、混乱したり圧倒されたりすることもあるかもしれません。そのため、完全に新しい世界に入るためにアクセスしてきた以上の勇気と、もっとオープンになることがコンスタントに必要とされるわけです。

 2011年の後半のフォーカスは、真の人生を生きている本物たる者として新しい世界に完全に住み着くことになります。それはもちろん、活動中のワンビーイングとして新しい目的と整列した上でのことになります。私たちの新しい生活が公式に始まるのは…そして、これまで想像することも不可能だった形で最も切望してきた夢が顕現するのも…その時のことになります。

 2011年はブレークスルー、ブレークダウン、行動、愛、勇気、明快さ、努力、効率の良さ、チャレンジ、大きな変化とまったくの輝きが凝縮された厳しい1年になります。私たちが居るところ、そして私たちという者自体がとても重要になります。もし私たちが然るべき人々と一緒に然るべきところにいれば、すべてがもっとずっと簡単になり楽しいものとなるでしょう。今年は拡大された今ここで完全に生きることを始める年になります。それが優勢なリアリティとなり、まもなく、すべてがそこにあるようになるでしょう。2011年にようこそ!

 2011年という素晴らしい年が、私たちを然るべき場所に連れて行き、私たちの最も切望してきた夢の流れ,私たちの新しい目的の達成,そしてすべての愛の中の愛が、私たちを然るべき人と出会わせますように

純粋なハートの真の愛をこめて
ソアラ


著作権はすべてSolara&the11:11~www.nvisible.comが有します。

http://lightworkers.org/channeling/122238/solaras-surf-report-year-2011 http://www.nvisible.com/Surf/Surf2011.html


-Jueuxさん訳

*  *  *


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?