FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/4/19(日)晴れ時々曇り


お久しぶりです。

現在、私は2月いっぱいで仕事を辞め、休憩頂いています。笑 
ようやく一息ついてのんびりしていますが、肉体も意識に追いつく必要があるので、体のメンテも含んでいます。

やっぱり、時間に縛られることがないって、本当に幸せですね。

あれから、更に、体験、確認、気づき、解放もありましたね。
★  2014/10/13 私は宇宙、私もまた神です。(1)

以前の内容に補足部分を追記します。

ジャーちゃん:セント・ジャーメインのこと。
チャネリングはsaraさんです。

【2014年9月】
9月17日:
白い大きな蛇3匹が上へ昇る。
その時に、驚いて見ていたのが、私と娘2人だった。

9月21日:祝福の日
あの日は娘家族に定山渓へドライブへ連れて行ってもらいました。そしてエネルギーを受けとっていた訳ですが、この時に駐車場で一瞬ラベンダーの香りがしました。過去の体験からすると、香りは結構続くのに、今回はやけに短いし、、、と内心思っていたのです。その後、ジャーちゃんに確認すると、確かに香りを感じさせてくれたのはジャーちゃんでしたが、「一瞬には意味がある。」とだけでした。その意味は後から分かりました。

昨年9月は、その時の職場での解放は終了したと感じていたので契約は更新せず、10月末で退職することにしました。少しずつ仕事を探していたので、退職時にはすでに次の職場は決まっていました。


職場での解放・レッスンなど
人情や義理ではなく、本心から行動する。残業を頼まれても断るなど。最初は葛藤もありましたが貫きました。アスペクトが解放されていくと、あまりしつこく言われなくなったり、状況も変化し、葛藤もなくなっていきました。エネルギーを奪おう(無意識)とする他者を認識する訓練や、エネルギーの切ったり、他者や出来事に反応するアスペクトの解放に勤しんでました。また会社にいると、色々なアスペクト(側面)が浮上します。人にどう思われるか、失敗したくない。とか様々な場面に出会います。

世の中の会社は殆ど当てはまるでしょうけど、会社も社員から、かなりエネルギーを奪おうとしていているのがよく見えて来ます。例えば、ありがちな、会社役員⇒上司⇒末端職員とエネルギーを奪う流れとか?笑 この3次元では当たり前に起こっていることですけどね。そうしなければ、会社も生き残れないという感じでしょうか、、、。生き残りの想念は深いですよね。良い悪いなしに、、、。

で、反対にお客さんも会社から得をしよう=奪う(無意識)。というのも顕著に伺える。例えば、クレームなどつけてタダにしてもらおうとか。色んなケースがあるし、状況によっては理解できる。一概には言えないけども、、、。人間だもんね。アスペクトなんだけども。

クツミ曰く、「得しよう(意識)は、反って損をするんですよ。」って。あ~、なるほど。という場面に何度もありました。(エネルギーがどう動くかも見えてきます。)

高次では、どちらが泣く(痛みを伴う)ってことはないんだよね。双方にとって良いという状態で、バランスが取れている状態です。それは調和ということでしょうね。

これは、人間関係や、職場など、どこでもバランスが取れているかを意識していると見えてきます。


一旦、ここで〆て、2014年10月からを書いて行こうと思います。

では、では。

*  *  *

【情熱を知る】 2014年10月の出来事 

スポンサーサイト

私は宇宙、私もまた神です。(2) から続きです。



2014年10月の体験は、私にとって、とても大切な体験がありました。
これまでも、本当に大切な体験というのは言葉にもしたくないし、誰にも伝えられないですね。saraちゃんにも話してないですから。

実は、3月にもありましたが、きっと体験すると、その気持ちが分かるかと思います。なので、詳細は書けないですが、記録として留めておこうかなと思っています。

チャネリング:saraちゃん

*  *  *

10月4日:新たな体に痛みがある。
この時は、心当たりもなく、ガイアを感じているのかと思っていました。

数日後に、saraちゃんと話した時に、体が痛い事を伝えました。

「この痛みはガイアを感じてるのかな?どう思う?」

sara:「なんか違うみたいだよ。」

「え?そうなの? ガイア~。ごめんね~~!!ガイアのせいにしちゃったよ。」と大きな声言うと。

ガイア:「No problem!」

「・・・」

初めてガイアが応えてくれたのでびっくりして言葉が出なかった。笑

「うん、、、。って英語だから、一瞬変換するしょ。笑」

「ガイアが答えてくれたよね。」

sara:「うん、そうみたいだね。」

「ガイア、いつもお世話になってます。ありがとう。」

ガイア:「お互い様じゃないですか。あなたはわたし、わたしはあなたなんですよ。」

「うん。」


1年前?もっと前かな?核に繋がるワークをしていた頃があって、その頃に、ジャーちゃんから、「もうガイアと一緒になっている。」って聞いて、自分ではいつの間にそうなっていたのか知らない時期があり、この時に改めてガイアと一緒になっているのだな~と実感できて、嬉しかったです。

肉体にひどく痛みが出てきたのは、2010年の始め頃からです。数年かけて、解放と共に、ここ1~2年は随分楽になってきて、今は、ほんの少し残っているだけで、ストレッチもまた出来るようになりました。

解放しているうちに、痛みはアスペクトとと大きく関係していることに気づいていきました。と言うか、肉体を通して教えているとも言えます。ただ、アスペクトによっては時期的なものもあるし、段階もあります。痛みを解放して、気づきが広がることもあれば、気づきと共に痛みを解放できるものもあります。

2年程前に、それまでは意図的に真の自己へ頼めばシールドで守る事がでていましたが、「これからはシールドを外します。」とジャーちゃんに伝えられてからは、更に「感じる」ことを許すということと、「エネルギーがどう作用するのか」を体験していったと思います。体験の中には、サイキックアタックの体験(他者からエネルギーをチューブで吸いとられる)もありましたし、場のエネルギーを直に体に感じるので、痛い、辛いと大変な事もあります。でも、今後更に「感じる」ことが全てになる訳で、反応するアスペクトを解放していくことで外からの影響を受けなくなっていきます。その段階に入り、大胆に感じることを許すことで、理解も深まります。後に、相手(奪おうとする)からは見えなくなっていくと言うことです。


10月21日:寝る時、呼吸していつものように瞑想(肉体に留まったままで)状態に入った時に、何となく出てきた言葉、、、。

「オープン・ザ・ドア!」 笑

その直後に、自分が寝たままの姿勢で浮き、浮いたと思うと急にガクンと動き始め、くるくる高速で時計周りで回転し始めました。どこかに掴っていたいけど掴るものはなく、抵抗しないでそのままにしてみました。しばらくすると止まったので、落ち着いてからベッドから出ました。少し目が回ってヨレヨレしてました。ほんと、リアル、、、。多分、実際には浮いていないのだと思うけど、感覚は超リアルです。真の自己のなせる業ですね。なんでもできちゃう。

後にsaraちゃんで確認すると、真の自己が、ちょっと窮屈な状態。で、、三次元、特に職場にいる時は、魂も出ているし、真の自己もね、それなりに居心地の悪さがあるのかも知れない。何と表現したらよいか分からないけど。真の自己のエッセンスは数年かけて肉体に数日間入ってきてはしばらく空く期間があり、それを何度か繰り返しているので、エッセンスの保有率も上がってはいるのでしょうけど、入っているのもゆるくない?って事なのだろうか?ちょっと、この辺りは良く分からないのですが、お知らせだったようです。

ジャーちゃん曰く、どこに居ても拡大出来るように練習が必要とのこと。

意識を、核まで全方向から縮小(ナノ単位)し、核に到達することで、意識を拡大させるのを今も練習をしている所です。この方法は、核がずれた時に行うと有効です。

一度saraちゃんは体験していて、核まで到達すると同時に拡大が起こるのが分かるらしいです。すごいよ。と言ってました。また体験したいと思ってもナカナカ出来ないと言ってましたけどね。

これってESSですね。人によって得意不得意分野があるでしょうけど、私なんかは縮小するのは苦手です。これもマインドでは出来ないっていうのがやっていて分かりました。(一応、色々やってみて体で感じて、自分なりの方法を見つける。出来るようになったら、必ず自分でその時に分かります。コツが必要なんですよね。)

深い呼吸ひとつ、とても深いな~と日々感じます。人間は無意識の抵抗があるため、この深い呼吸はあまり出来ていないい事が多いようです。なので、私も深い呼吸が出来るようになるまで習得の期間がありました。

抵抗をどれだけ手放しているかの状態にもよりますが、マインドを抜け出すまで続けると選択する時も有効です。時には、マインドを通してアスペクトがうるさい場合も、アスペクトがマインドから離れる為、言っても無駄だと思い、諦めて、自分から核に戻ることもあるようです。

何年も、ただただ解放を続けていますが、大量にあるメモの全てを書くことは出来ないけれど、本当に、無意識の「抵抗」に気づくときは、これもだった、あれもだったと愕然とします。人間に深く深く染み込んでしまっていて、あって当たり前で、殆どの人は全く何も感じないで生きているでしょう。

今、メモからの言葉が目についたので書いておきます。

J:「何が、こうゆう事を起こしているのかを感じて下さい!」


9月か、10月頃、定かではないのですが、無性に「東京」が恋しく感じる時期がありまして。笑
クツミに確認しました。

「私、また引越すのかな~?」

K:「感じているじゃないですか。」

「え?もしかして東京?」

K:「そのようですね。」

「どうしてだろう。」

K:「都会がいいみたいですね。」

「確かに。色々観るところあるし、お店もあるし。やっぱ、好きなのかも。」

「どっちでもいい~!」※本当にどっちでもいいんだよね。札幌は札幌の良いところもあるし。

K:「そうっ!どっちでもいいでいてくださいね。忘れた頃にやってきますよ。」

今、書いていて思い出しましたけど。笑


10月22日~11月3日:【情熱を知る】
22日の朝、無性に聞きたい音楽が浮かび上がりました。思わず地下鉄のホームで、iPhoneで検索し動画を探しました。イアホンでその歌を聞くと、急に感動と情熱が込み上げ、泣きそうになりました。

夜にPCで、再度、動画を何度も見直しました。感動、高揚感、ハートが開き、完全にいつもと違う状態に入っていました。

「・・・情熱だ。これは私の情熱だ。こんなにも熱く、表現したい自分の情熱があったんだ、、、。」

知っていたような気がするし、深く埋め込み隠していたようにも感じるし、でも、ここまで熱い、深い情熱が自分の中にあったと知る体験は初めてでした。そして、この体験を大切に自分の中にしまいました。

先月3月に発売された、新しいアダマスの本には、情熱=「I Am」、熱い表現、マスターはそれを知っています。と言うような事が書かれていて自分が感じたことと一緒だったので驚きました。

この状態は11月3日まで続きました。なので、何度も歌を聴き泣きました。この日を境に翌日には、ピタっと普通の状態に戻り、再度、動画を見ても同じ状態にはなりませんでした。

この体験に、心から感謝しました。

後日、体験の内容は伝えてませんが、ちらっとsaraちゃんを通して聞いてみた。

「クツミ、、終わっちゃったよ。」

K:「1つの終り。」

sara:「次の段階に入るみたいだけど、それもグラデーションになっているようだよ。」


という事でした。


10月30日:ジャーちゃんから。

J:「かつて、感じたことを忘れないで。あの時”感じた”ことはそうだった。と確認できる。その確認できる時もだんだんと早くなる」

現在は、それをとても実感しています。


ちょっとだけ書くつもりが、積もりに積もった出来事が爆発~。
長くなりそうなので、久しぶりに分割します。

*  *  *

【新しい環境】2014年11月~2015年2月までの出来事 へ


2015/4/12私は宇宙、私もまた神です。(2)
2015/4/13【情熱を知る】 2014年10月の出来事 からの続きです。

*  *  *
チャネリング:saraちゃん
ジャーちゃん=セント・ジャーメイン


11月4日:新しい職場の入社日
天国と地獄っていうのはこう言うことか。っと思えるような瞬間でした。

後に、クツミが「100%すぐに受け入れること!」と言っていた意味を理解しました。
以前のブログにちらっと書きましたが。
2013/10/13私は宇宙、私もまた神です。(1)

入社1日、2日で、ここは長く居るところではない事を悟りました。速攻、「辞めたい」と思ったのは初めてです。
職場のエネルギーもですが、環境、人材、全てにおいて、何故、こんな所に来たんだろう~~、と愕然としました。
「情熱」を知った後だけに、、、いや、反対に「情熱」を知った後だからこそ、耐えられたという事かな。

面接のときは、限られた部屋で試験と面接だった為、ここまで気づくことは出来ませんでした。

まず、入社してからと言うもの、体が痛くて痛くて、、、。職場も休憩室も落ち着ける場所はなく、日々泣きそうな状況でした。
たまらずジャーちゃんに聞いてみると、

sara:「職場の人たちの我慢しているエネルギーみたいだよ。汗。」

「なんか、規律とか規則とか結構厳しいのだよね。」

J:「受け入れられるように、解放すれば苦しくない。”あ~、こんなに楽なんだ”と分かるようになる。」

私は、そのエネルギーを感じていたようです。

「嫌だ」と言っているのはアスペクトなので、その嫌だを100%感じつくして受け入れて行かなければならないのですが、受け入れるまでが大変でした。私の方法は、「嫌だ」を感じる部分と、「受容できる」部分を全部書き出します(あくまでも私のやり方)。バランスが取れていれば良いのですが、ちょ~~、偏っていました。で、「嫌だ」感じている部分のアスペクトを「当然だよ!」と受け入れるのです。認めて、感じ尽くして、核に戻ることに同意すれば解放されます。

その時に、ジャーちゃんに教えてもらったのは、もちろん、この職場を選んだのは、自分の創造なんですけど、今後、表現していく上で、高次ではないけど、5、6次元かな?の自分が「今後、今のままじゃ通用しない。」と判断していたらしいです。でも、確かに、まだもっと表現方法、言葉も含め足りない自分を感じていたのも確かで。納得でした。はいっ。

でも、今思えば、核がすっかりずれて、大変でしたが、この職場でしか出て来ないようなアスペクトが浮上してきたし、会社自体の色々な部分を感じれたし、最終的には、無意識でも、魂の同意があって、アスペクトの解放を助けてくれた職場の方々、会社自体にも感謝でした。

もちろん仕事自体は楽しい部分もありましたし、普通に接している分には、同僚の方も親切な方が多くいらっしゃいました。そして何より、以前の会社で仲の良かった同僚が少し先に偶然入社していたので、お互いに励まし合いながら、時々帰りにカフェ行って、美味しいね!と単純に苦しみを笑いに変えられる友人が一緒で助けられました。この状況も含め、準備されていたようですけど。ほんと、すごい。

しかし、その同僚は私よりも会社からのダメージがひどく、体調が崩れ、私よりも一ヶ月程早く退職しました。汗。

2ヶ月程した時に、

「ここは、やっぱ、長く居るところじゃないよ。いつまで、ここに居るの?」

J:「よろしい。スラスラと言葉が言えるようになるまで。」


ここは、対応のセリフ、フロー、等、すっごく長くて、自然に言葉が出てくるようになるのに、3ヶ月くらいかかると同僚に聞いていたので、一生懸命、覚えていました。笑。

9月21日の祝福の日に、ジャーちゃんが一瞬だけラベンダーの香りをさせてくれたのは、一瞬の期間の祝福で、その後に、この職場が待っていたのを示唆していたのだと後から気が付きました。笑


11月5日:アトランティス大陸
寝る時に、目をつぶると自分の宇宙が見えているのは以前に書いているけど、その時に、いつもと違うことに気づいた。
何か中央に火山のような山があり、大陸が見えてきた。

アトランティス?と思ってネットで調べると、私が見たものよりも小さい。でも確かに火山は中央にある。
レムリア大陸とか、ムー大陸も調べてみたが、私が見たような大きさではありませんでした。

ジャーちゃん曰く、アトランティス、レムリア、ムー大陸が浮上してきて1つになる。私が見たのは「帰還する」という意味だったようです。


12月:
中頃に少しずつ楽になってきたのですが、とにかく、バランスを取るのに必死でした。

saraちゃんには、愚痴ることもありました。そんな時、ジャーちゃんが

J:「そんな深い所まで解放できるようになったんだと喜べばいいのに~。」

と、今書いてあるのを読んで、「あ~、そんな事を言ってたな~。確かにその通りで、もっと、そのように受け取れたらよかったね!」って思うけど、やはり、あの時は、リアルな世界に、喜べるまでの余裕はなかったな~と感じる。笑

でも、自分の発している「言葉」に気づいていることはとても大切だなとつくづく感じています。「言葉」の裏(影)のは良いも悪いもないけど、その下にある意識に気づくだけでも違う。

TVでもやってたけど、安い服を着て、「これいくらで買ったんだよ~。」など、何気ない会話の中にも、「私、こんなに頑張っているの。」と認めて欲しい自分がいるとか。

承認の欲求も深くまで存在するし、発する言葉には、影のたくさんの存在(アスペクト)がいます。

「汝、己自身を知れ。」

って、ことですね。

12月は、そんな感じかな。


【2015年】
1月3日:夢 
受け取った札束が分厚かった。笑

1月4日:ジャーちゃんへ確認
再度、2月いっぱいで会社を辞めてよいかの確認してOKが出た。

1月8日:天使
ドライヤーをしていたら、背後からフクロウの鳴く声がした。

後日、ジャーちゃんに確認すると、昔、私のガーディアンエンジェルだった天使さんが「頑張ってるね!」って見に来ていたようです。

1月24日:
龍が昇って行く夢を見た。

2月:
1月~2月、、、何度か求人に応募してみるも、受かりませんでした。少し休みがあるだろう事は薄々感じてはいましたが、やるだけはやっておこうと思って行動をしていました。

仕事を辞めることは、会社にはすでに伝えていたので、最初はその脱力感から辛いのかとも思っていたけど、尋常ではなく、2月は辛かった。何度、「もう限界。」とつぶやいたことか、、、。何かのメッセージで、2月のエネルギーはかなり強かったのかも知れない。

そんな中、ある日、saraちゃんからの電話に出る直前に、大きな光が現れて、

「今ね、いつもよりずっと大きな光が見えたよ。発光体(縦に細長く)?ビカっと。見たら消えちゃったけど、誰なのかな?」

sara:「パパ(イエシュア)だって~。懐かしい~。久しぶりだね~。」

「パパ~!パパだ~、さすが、光がスゴイね~!!」

「で、パパ、どうして来てくれたんだろう?」

sara:「ちょっと様子見に来たんだって。頑張ってるね!って言いたかったんだって。笑」※答えているのはジャーちゃん。

「頑張ってるよーーー。笑」

なんか、以前のガーディアンエンジェルにしても、イエシュアにも、励まされていました。今思えば、つぶやきが筒抜けだったんででしょうか。ありがたいです。笑。


2月11日:バレンタインの準備
毎年、恒例で母にチョコレートを贈るため、毎年、パッケージもこだわって納得いくものを購入していました。探すうちに目を惹いたチョコがあって購入したのですが、いつもは、準備されていたようにスムーズに満足できるものに出会えるのに、今回は最後まで、パッケージがやや貧弱に感じ、100%納得できるものではなく、気分的にスッキリ出来ませんでした。


2月14日:バレンタインデー
今年は、初めて自分にもご褒美にチョコを購入していましたが、この日は孫の保育園の音楽会があり、娘家族と会うことになっていました。バレンタインなので、自分のチョコを娘婿に渡し、それはそれで喜んでくれたので私も満足でした。
帰りにまだバレンタイン用のチョコは売っていると思い、見ていなかった三越に寄ることにしました。そこに、以前TVで紹介されていた。赤いハートのチョコと、パッケージがとてもかわいいベルギーチョコがありました。赤いハートのチョコは、どうしても欲しかった。赤=情熱のハート。単純、分かりやすい。笑

結果的に、自分には、自分の一番納得のいくチョコレートが届いたのです。その流れについてsaraちゃんに話すと、ジャーちゃんが教えてくれました。

J:「気づけた。気づけて良かった。分かりやすかった。」

「そうだよね、これって自分を一番に優先しなさいってことだよね、、、。」


他者には、良いものを、、、自分はいいや。って、いつも自分は後回しにしてしまってきたから、この流れで気づかせてくれたようです。ありがとう。自分!

あと、同僚がもち米を分けてくれたので、この日、始めてお赤飯を作り娘の所に持っていきました。昔は家族でお赤飯食べる人が私くらいしかいなかったので、作る機会がなかったのだけど、この機会に焚くことにしました。でも、「何故、今なの?」という感じがしましたが、地球も、新しい時代に入るっていう時だし、自分に対してお祝いのような感覚がありました。


2月28日:退職の日
ようやく、この日がやってきましたが、午後から寒気が出てきて、何とか最後まで仕事を終えたものの、これは熱が出そうだと思い、帰りに数日分の食糧、水分などを買って、タクシーで帰宅。そこから、休む間もなく数日間は高熱で寝込んでました。その期間に、色々な症状、長引くものもありましたが、徐々にいろんなものが抜け落ちたような感じです。

そこを抜けたときに、3月の体験・気づきが待っていました。


数年前?ジャーちゃんから、意識が、直線から、多方向になり、たぶん、2013年の終り頃、多方向といっても、3Dの多方向(円錐)と言われ、高次からどのように見て行くかを教えてもらいました。

意識が拡大していくと、周りで起こっていることに常に意識出来るようになり、気づきの範囲も変わってきます。この2月には、3D(円錐)から、自分がどの次元から見ているかをより感じていくと4D(四次元・立体)で感じていくことにより、もっと自分も分かるようになるし、他者に対してもわかってくるようになるという話がありました。

気づけば、ほんと色んな事を教えてくれています。いろんな所からです。クツミと話すようになって分かったのですが、突然頭の中で、鼻歌とか、出てくる歌ひとつにもメッセージの時があります。歌詞を知らなくても、調べてみると、自分の感じていたことにリンクしたり、確認できたり。歌だけではありません、TV見てても、外の景色からも、、、。

また、長くなってしまいました。汗
基本、私にしか分からないかも知れません、、、、。

3月の分も、書く予定でいます。


*  *  *

【人間と神聖の融合】2015年3月の出来事 へ

2015/4/14(火)

2015/4/12私は宇宙、私もまた神です。(2)
2015/4/13【情熱を知る】 2014年10月の出来事
2015/4/13【新しい環境】2014年11月~2015年2月までの出来事


続きを書いていきます。こんなの久しぶりですね。
本当は簡素に経過を綴ろうと思っていたのに、書き出すとスイッチが入ったらしく、結局はしっかり書いちゃってます。笑

3月ね~、これまた自分に起こった事とは言え、どう表現したら良いのか、、、。とマインドでは思うけど、いつも、書くまで分からない。っていうのが正直なところですね。


*  *  *

3月:「知っている状態」+「完全な自己信頼=アーミョー」
現実の現実としては、、、(変な言い方。笑)
”生き残り”の意識で見れば、、、ですね。当然、次の仕事にすぐ就かなければ、3月(2月分)の最後の給料で過ごせるのは1ヶ月位という事になります。大した貯金もないので、そんなものです。ここで通常の人であれば、恐れが出て不安になる人の方が多いでしょう。

私の場合、これまで何度も全財産を失うことで、その都度「恐れ」を解放してきたのがあり、もうこの時点で普通の人ではないのは確かです。

今の状態は、「知っている状態」+「完全な自己信頼=アーミョー」です。理屈ではなく、ただそうなのです。


3月1日~4日:流感のような症状
前日の退職した夜からみるみる熱が上がってきました。でも、私はこれをただの風邪とは認識していませんでした。
以前の、私は宇宙、私もまた神です。(1)にも、シャウドを読み返していましたが、その時のCreator(創造者)シリーズ レッスン8の文章に「新しいエネルギーの流感」と書かれていたのがまだ記憶に残っていたからです。

3月6日:満月の日 ホルス
朝方の半分夢の状態で、「ハトホル」「ハトホル」と何度も聞こえました。あまりに伝えているので、とにかくメモして、また眠りました。
以前調べていても、すぐに忘れてしまうので再度ハトホルを調べましたが、「ハトホルの書」には、アセンションした文明と書かれていました。

saraちゃんに確認すると、

sara:「なんか、鳥みたいな顔の人が見える。」

「ハトホルだから、エジプトだよね、もしかして隼(ハヤブサ)の顔してない?何だたっけ。」

sara:「そうそう。」

(すぐPCで調べたところ、ホルスと分かりました。)

sara:「なんか、今サポートしているんだって。今後も関わっているようだよ。」


すっかり忘れていましたが以前「ホルスの目」の事を書いていたことを昨日思い出しました。
2013/11/11【久しぶり:7月~9月の出来事】 -2 By saraちゃん
改めて調べると、ホルスの目は松果体周辺のデザインにとても似ていると言われているようですね。今回の熱で頭が異常に痛かったのも関係しているのかも知れません。その時に、すでに知らせてくれていたのかも知れません。

この時に、私はすでに今起こっていること、起りつつあることに対して、すでに「知っている状態」の中でいるので、ジャーちゃんが、「知っている状態」に対して、一言私に伝えてくれました。これが最後に受け取った言葉だったと思う。

J:「どちらでも良いという状態でいるんですよ。」

「うん。わかった。」


私には、その一言で、全て理解出来きました。

「今後、起りうる可能性」のと(いつという事は分からない)なんだけども、そこに執着なく、期待ない状態でなければ、具現化しない。


「春分の日」を挟んで2週間の間、徐々に状況が盛り上がっていきました。(その時はわかりませんでしたが)


3月11日:神聖に生きる
この体験は、アダマスの本から始まりました。私は大切に少しずつ読み進めました。


3月12日:体が楽になってくる
急に「かごめ、かごめ」の唄を思い出しました。この唄の見解も様々ある。


3月13日:近くのカフェで本を読む。


3月14日:光がちらちら 複数見える。


3月15日:黄金の蛇のような光がとおる(見える)。


3月16日:区役所
区役所へ行き、保険証、年金の手続きをする。失業手当に関して3ヶ月置かれると思い、あまり考えていなかったが、係りの職員の勧めのあり、ハローワークへ行けということだと感じ従うことにしました。
数字(ぞろ目)のパレードが続き始める。


3月17日:ハローワーク
契約満了でも、自分都合なので、3ヶ月後からの支給だと思っていたが、審査はあるけど係りの方が翌月からの支給で手続きを進めてくれるようになった。スムーズな流れ。

自然に道がついて行く。現れてくるという感覚です。

3月18日:眠りかけに小さく光る「卍」が見える。真の自己のエッセンスを感じる。
卍 - Wikipedia
ヒンドゥー教や仏教で用いられる、吉祥の印である。現代の日本では仏教を象徴する記号としてよく知られる。

3月19日:saraちゃんとお茶。真の自己のエッセンスを感じる。


3月20日::神聖に生きる 「情熱」=「I Am」マスターは理解している。を知り感動する。


3月21日:春分の日 「十(人間と神聖の融合)」 現れる
静かな日だと思っていたら、デジタル時計が、勝手に「設定モード」に切り替わり、パネルの調整の為に四隅に現れる「十」をタッチしなければならない。「十」「十」「十」「十」 しかも×2周。

これって、「神聖に生きる」に記載があった。もろ「十」でしょ。と吹き出しました。四隅に1ずつ現れては1つずつ「統合」と言いながら「十」をタッチして行きました。笑 

私が、このサインを疑わないのは、今思えば、この時のための準備だったのでしょう。もう3年位使っているのに、2、3ヶ月前に、購入して始めて、触っていないのに、時計が勝手に調整モードに切り替わった。すぐ確認すると、「そろそろ慣れて下さいよ。」とジャーちゃんから言われていたので、不思議なことが起っても、「あら、またなったね。」くらいにしようと思っていたからです。


3月22日~23日:次の段階
「神聖を生きる」の本を読み終えると、急に片付けのスイッチが入り、不要なものも捨て、ばたばたと動き出しました。クローゼットの中のものを取り出す時に、箱に入れていたアダマスの「マスター」の本(プリント)を、次はこれかなと流れを感じて取り出しました。(私は動かされていることも同時に感じました)
23日に一通り片付けると、「マスター」を読み始めました。


3月24日:マスターの本
読み返すとビックリする程、これまで体験してきていることに驚いて、殆どが面白い程に理解できます。ジャーちゃんは全て私に教えてきてくれていたことが分かり、感謝と感動。

昨年の8月、9月の時も「私ってスゴイ!」と言ったけれど、この時も言いました。


3月25日:
「私は、すでにマスターだった。」を知った日。
完全でなくても、おぼつかない所があっても、知っていて受け入れているのがマスターなのです。自我がそう思い込ませていたことに改めて気づかされました。
本はすぐに読み終えましたが、これまでの体験を元に記憶をたどりたくて、自分のブログの目につくものから読み返してみたところ、そこでまた以前には見えなかった事が見えてきて理解していきました。

結果的に、私は、すでに「マスター」だったのだ。という事を知ったのです。
「マスターはこういうっもの」と言う思い込みは、捨て去りました。


3月26日:自立 -全てを手放す。
本を読んで、全てを一旦手放すことにしました。
以前から自分から「自立」を求め取り組んで来ましたが、1、2年程前から「自立」を促されていても、どこか、ジャーちゃんはずっと一緒にいてくれているはず。という気持ちがあったんですね。いかに、ジャーちゃんに頼ってきたのか。必要な時もあったのも確かですし、でも必要以上に甘えていたかも知れません。本当の意味で手離せていなかったのです。

「自立」したら、ジャーちゃんと話出来なくなる?ちょっと揺らぎました。イヤイヤ、本末転倒でしょ。何のためにこれまでやってきたの。って感じです。笑

実際には、側で見守っているのは知っているのですが。ミカエルの時のようにちょっと泣けましたね。クツミとも会話できなくなって、寂しいと感じるアスペクトも出て来てましたし。

でも、先に進むには、一旦全て手放しました。卒業です。

3月27日:「十」人間と神聖の融合
私は、すでにこの時に「I Exist.(我あり)」に気づいていました。そして祝福もこの時に受けています。この気づきがなければ、このように先に進んでいなかったかも知れません。

2008/10/5「私は在る」-1【確認ヤハウェイ】
2008/10/5「私は在る」-2【確認ヤハウェイ】
2008/10/5「私は在る」【確認】-3

「もう、おまえは手放すことが出来ているのに、そうじゃないと思っているから。」
「おまえ自身がよくわかっているのに、感じているのに、出来ていないと思い込んでいる。」
「勘違いしている。思い込みしている。」
「繋がっているのに、繋がっていないと思っている。」
「おまえは出来る。それを超えたらギフトが待っているだろう。」
「闇の色は黒、黒はいろいろな色を変えてしまう。わからなくしてしまう。」


これまで、「まだ出来ていない。」と思っていたのはアスペクトでした。出来ていないというフリをしていました。ノーイングネスはずっと前からありました。受け入れられなかったのは、自分に対しての疑いだったのです。

それを認めました。

今、ブログを読むと、アスペクトであっても、自我があっても、ただ一生懸命生きていた自分に愛おしさを感じます。そして、書き続けていたからこそ、この美しさに気づくことが出来たようです。

トバイアスが、「あなた方はすでにアセンションしています。どのようにそこに辿り着いたのか体験しているのです。」と伝えてました。それは、本当にその通りだったのです。それは、過去のブログでもらっていたメッセージなどで分かりました。その時点では、とても先の話をしていると思っていましたが、私は結果に対して、この数年間、遡っていたのだということが腑に落ちました。腑に落ちた瞬間の気持ちは表現出来ません。今回も、「私ってスゴイ!」と何度も言ってました。笑

この日、古い本(スピ)も、BOOK OFFへ持っていき手離しました。(ただ置いてあっただけなんだけど)


自分の美しい創造を知る時、かけがえのない「宝箱」を見つけたようです。


また、次の段階を謙虚に進んでいきます。全てに感謝。


では、また。 

*  * *

☆お知らせです。

匿名希望さんより、シャウド概要を提供していただきました。

・4月(カリスマ:シャウド8)

○ シャーンブラBBS
http://shaumbrabbs.blog.fc2.com/

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。