スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ お知らせです。


【Shaumbra BBS】

2013年 2月 マンスリーシャウド概要です。

"匿名希望さん"がご自身の為に翻訳したものをシェアしてくださいました。

ありがとうございます。


2013年2月2日
HE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
The Freedom Series
SHOUD 5: “The Dream of the Soul”(魂の夢)
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
February 2, 2013
www.crimsoncircle.com



◆チャネルビデオはこちら→http://www.crimsoncircle.com/Library/ShoudChannelVideos.aspx

◆アウェイクニング・ゾーン ラジオ「時空への旅人」でも、シャーンブラの3人が最新のシャウドについても話をされています。
・今月はこちら↓
2013年 2月 10日(日)日本時間 PM5:00~(放送済)いつでも聴くことが出来ます。
「あなたの偉大さ」 http://www.awakeningzone.com/Episode.aspx?EpisodeID=1831


★ボランティア・ボランティア翻訳者 随時 募集しています。 お気軽にお問合せ下さい。
→yoham :yoham_core@yahoo.co.jp

スポンサーサイト
2013/3/13(水曜日)曇り


おはようございます。
今日は、シャウドの誘導瞑想についてシェアします。

毎回、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)がシャウドの中で誘導瞑想を行っていますが、ライブで聞いていても、英語が聞き取れない方には、よく分からないですね。

私は、一度数年前にCCから離れて、”個のワーク”(一人の時間を多く持ち、外側の情報から切り離し、より内側へ向かい内観するワーク)の時期に入りましたが、saraちゃんがチャネリングが出来るようになったのをきっかけに、ジャーちゃんからいろいろ教わってきました。

その時から、リアルタイムにシャウドを聞くのは違うということを知り、再度、シャウドをリアルタイムで聴くようにしています。

私は、後でシャウドのビデオを観ようが、読もうが同じなのだと思っていたんですが、どうも違うようですね。

昔からそうですが、シャウドと言うのは、ただ、言葉を流している訳ではないですよね。ドリームウォークもその一つですが、シャウド時間内、エネルギーを無償の愛で流し、そして一人一人の個々のエネルギーに対処し奉仕してくれています。スタックしているエネルギーを動かしてくれていたり。私たちが認識できない部分で多くの事が起こっています。

で、今月の誘導瞑想も、わけわからず聞きながら、一応一緒に行いました。
その誘導瞑想の話をsaraちゃんと話している内に、
(※ saraちゃんのチャネリングです)
J:「あなたは英語じゃ分からないでしょ?」

「うん、意味はわからない。でも、ジャーちゃんのエネルギーは感じたよ。」

「そりゃあ、あなたたちをサポートしているんですから、私のエネルギーは感じるでしょう。でも、私はあなたには入りませんよ。あなたは、クツミや、全てを自分の中に招き入れるんですよ。」

(先月も、自分の魂を招き入れるというような瞑想で、今月は、ノーイングネス(知っている状態)を招き入れるというような内容)

私が何か月も前から、瞑想しても、まったく広がらず、意識が登る?上がる感覚が出来なくなっていたことに言及している。

J:「あなたは、もう以前のように自分から行ったって出来ないんですよ。自分が”行く”のではなく”招き入れる”んです。先月のシャウドでも話していたでしょ?」

「あ、、、そうだった、、、。そうか、もう以前の瞑想のように出来ないってことは、そういう事だったのか。」

「クツミ~、どうぞ、私の中に入ってきてください。お願いします。笑。」

J:「高次のセルフだけじゃなく、全て。」

「故郷のエネルギーも全てなんだね。誘導瞑想やりた~い。」

と、言っても期待をもったままだと感じられない可能性もあるし、とにかくやってみるしかないですね。何事も体験です。

と言うことで、、、誘導瞑想するのなら自分の声をボイスレコーダーなどに吹き込んでやったら良いよ。と教えてくれたので、今月のシャウドの中の誘導瞑想を”匿名希望さん”にお願いして、誘導瞑想の部分を先に翻訳して頂きました。(ボイスレコーダーがなくても、私はiPhoneのアプりでダウンロードした無料のボイスレコーダーを使います。昔の携帯にも付いていたな、長時間で設定すれば使えるかも)

ちなみに、ジャーちゃん曰く、どちらかと言えば、2月のシャウドの誘導瞑想は、「感じる」で、今月3月の誘導瞑想は、「マインドを納得させる」という感じになっているようです。

私も、まず2月のからやってみて、3月のを行い、どんな感じか試そうと思います。(必要であれば、クツミに確認しながら複数でも、、、)

という事で、”匿名希望さん”が和訳してくださった3月のシャウド「光に照らされた夢」の中の誘導瞑想。よければ試してみてください。

2月の誘導瞑想や、過去の誘導瞑想はすでにアップされています。
こちら→「ShaumbraBBS」


A Merabh of Knowingness 3月 ドリームウォーク(誘導瞑想)

深く息を吸ってください。明かりを少し下げましょう。

(音楽が始まる。チャーリー・ヘードン及びパット・メシニの「ミズーリ空(短編小説)の向こう」というアルバムにある“スピリチュアル”という曲)

深く息を吸ってください。

まずは質問です。なぜ知らないふりをしていたのですか。

全てのアセンデットマスターが、ノーイングネスは、常にそこにあるとあなたに伝えます。全ての疑問の答えを知っている状態。あなたの知っている状態。

この甘美なスペースで、地球の新しい時代の3月に入るにあたり、卒業する段階にいて、人間のふりをしている得意顔の天使の教師のグループにノーイングネスに入って行くことをお願いします。

それは、体のどんな場所を探しても見つかりません。

(休止)

以前、マインドの中にノーイングネスを見つけようとしました。それはそこにありませんでした。

(休止)

あなたは、他人に答えを見つけようとしました。あなたしか知らないあなた自身のことを彼らがどうやってあなたに伝えるのですか?

(休止)

ずっと前に、地球へ行くあなたのアスペクトにノーイングネスを植えました。あなたである魂は自分自身のアスペクトにノーイングネスをプレゼントしました。人間は「時が来たらそれを回収する。」と言って、別の場所に置きました。

それがあなたのノーイングネスです。

マインドは「おお、それはどこにあるの?」と言います。また、ハートは「それは、ここにあります。」と言います。

(休止)

あなたのアスペクトは、それを見つけようと急ぎます、すべてのドアの後ろや、あなたの歴史の全てのクローゼットや戸棚の所へ行き、「それはどこにあるの?ノーイングネスはどこ?」と言います。

それは見つからないでしょう。それはあなたの魂からのあなたへの贈り物です。アスペクトへの贈り物ではありません。マインドまたは肉体にでもありません。それはあなたからのあなた自身への贈り物です。

(休止)

深く呼吸をしてください。そして、あなた自身からそれを受け取ってください。

ノーイングネスは理解されたり、測定されたり、解剖されたり、増強されたり、破壊されたりしません。それは固有です。それは常にそこにあります。

それに関して考えずに、ノーイングネスの中で呼吸してください。

(休止)

ノーイングネスは、I AM(あなたのセルフ)のグレートセントラルサンに似ています。

また、それは雲や濃厚な霧によって覆われていたかもしれませんが、目覚めの中であなたが呼吸すると、雲はクリアになり、霧を取り除きます。あなたはノーイングネスを輝かせます。肉体がそれを受け取ることを許して下さい。あなたのマインドがそれを受け取ることを許して下さい。そしてマインドを超えて下さい。あなたのアスペクトのそれぞれに、その暖かさを感じることを許して下さい。

(休止)

ノーイングネスは-探すことを止めます。

ノーイングネス– とても優しく、思いやりがあります。

それは、あなたのものです。

(休止)

それをあなたが疑い、私はホントにそれを持っているだろうかと不安になるなら、あなた自身のアイアムにおいて、ノーイングネスはあなたのものであると宣言しなさい。それはそこにあります。常にそこにあります。

なぜ卒業の時にあなたの正面に疑問を置き、スピリチュアルなサイキック重力の後ろに置いたのかの理解を助けるのはノーイングネスです。さらに、即座に疑問を解決する方法を理解するのを助けるのは、ノーイングネスです。それらと戦わないで下さい。それらと交渉しないで下さい。シンプルにそれらを解放して下さい。

(休止)

あなたに力を必要としないことを思い出させるのはノーイングネスです。戦いはありません。戦うものは何もありません。あなたのI AMを宣言して下さい。

(休止)

ノーイングネスを吸い込んでください。

それがあなたのお腹…を満たすのを感じて下さい。

あなたのお腹…を満たします。

あなたのアスペクト…のすべてにそれを放射させて下さい。

あなたの記憶の中の最も寒い場所を暖めます。

そして、音楽…を聞いて、静寂の数分間ノーイングネスと共にただここにいて下さい。

ノーイングネスを抱きしめて下さい。

(長い休止)

ノーイングネスはアジェンダを持たず、とても純粋です。あっちへこっちへと引っ張ろうとはしません。

あなたが、それを聞いているのを忘れるくらい静かです。

それを認識さえしないくらいとても温和です。しかし、それはそこにあります。

ノーイングネスは祝福です。ノーイングネスは質問が尋ねられる前に答えます。あなたのノーイングネスはなんて美しいのでしょう。それは既に知っています。それゆえ、質問は全くありません。

深く呼吸をしましょう。あなたのノーイングネスの中への深い呼吸。

[音楽がフェードアウトする]

さて、マインドが「私は実際にそれを経験しましたか。」と心配しはじめていますね。「それは本当にワークしたの?」とマインドは言っています。あなたがそれをワークするのを選ぶなら、答えはあなたの内の深淵からのみ来ます。人間のマインドはそれをテストしたがります。あなたは「ノー。」あなたはテストする必要はありません。なぜなら、ノーイングネスはそれを葬り去るからです。

マインドは言うでしょう。「それは、I AMより、強力で、賢明で、強いのですか?」あなたがそう許せばそうです。この瞬間からノーイングネスであることを選ぶかはあなた次第です。

あなたは、疑うことを許すことも出来ます。また、サイキック重力によってもう一度中へ引き戻されることもできます。そうではなくノーイングネスがそこにいることを選ぶことも出来ます。それは光っています。それはあなたの全ての部分へ、全てのアスペクトの中へ放射しており、まもなくファセット(面)になります。全てがあなた次第です。マインドがゲームをし、それと共にやっていく場合、自分を恥じて下さい。マインドがゲームをするとしてもあなたがI AMのバランスにいれば、マインドはゲームをやめます。それはそれ程単純です。あなたはあなたの光を輝かせることができます。

私は今、多数の経験で満たされた魂の器を表わす、この美しいボールを持っています。その魂の内側で、休息していた沢山のポテンシャルが触れられ、自分自身を経験しました。このボールは部屋の中の皆さんに次々と渡され、1人1人が感じ入りました。そしてあなたのエネルギーを入れ完全性や満たされた魂を想像しています。もう古い人間の経験はいりません。もうお腹いっぱいと言っています。

あなた方各人のエネルギーに触れたこのボールに私が何を感じていると思いますか?面白いことです。それはこう言っています。「私は統合されたマスターになる資格があるのでしょうか?私は、何かに、誰かに、魂に、そうなることを許されていますか?私はホントに準備が出来ているのでしょうか?」と。

はい、許されています。あなたはスピリチュアルな存在です。あなたはスピリチュアリティを学んできました。今日は卒業の日です。あなたは「私は準備できていますか?許されますか?」と言っています。なので、私はあなたにこれを戻し、答えます。「今、あなたはノーイングネスを持っています。」と。
--------------------------

[感じ方には個人差あり]

ジャーちゃん曰く、、、
どんなワークでも、結果を期待すると、それが執着になってしまうので、「今」にいながら、ただ、その一瞬一瞬を一生懸命努力すると良いそうです。どんな時も、「今」にいることが大切ですね。


★ お知らせです。


【Shaumbra BBS】

2013年 3月 マンスリーシャウド概要です。

"匿名希望さん"より、今月もシャウド概要訳をシェアして頂きました。

ありがとうございます。

2013年3月2日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
The Freedom Series
SHOUD 6: “Illuminated Dreams” (光に照らされた夢)
Featuring BELOVED ST. GERMAIN/ADAMUS/YHWH, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
March 2, 2013

www.crimsoncircle.com


★ボランティア・ボランティア翻訳者 随時 募集しています。 お気軽にお問合せ下さい。
→yoham :yoham_core@yahoo.co.jp

2013/3/28(木)曇り




こんにちは。
もう3月も終わりますよね。
東京では、花見時期ということですが、札幌は、今年は雪が多かったので、まだまだ雪も残ってます。雪解けも進んでいますが、融け水が夜になると凍るのでツルツル路面です。


前回、ドリームウォーク(誘導瞑想)の翻訳文をシェアさせて頂いて、そのままになっていました。
遅くなってしまいましたが、その前後にあったことなどを今回書こうかと思います。
2013/3/13【ジャーちゃんの誘導瞑想(和訳)のシェア】

まず、今月に入って起こったことと言えば、腰が痛くなってきたことですね。
そもそも、今世で、バレエを習ってきたときからのものもあるでしょうし、特に、出産後に腰が悪くなっていました。一度、整骨院のようなところに通ったことがありますが、保険がきかなくて、余裕はなく数回で通えなくなりました。酷い痛みはないものの、参観日などで1時間くらい動かないで立っていることは大変で、途中で廊下に出て、しゃがんで休むことがよくありました。私の場合は、一過性のものではなく慢性的な症状です。

でも、腰の痛みというのは、多方向から見ると、感情面で言えば「怒り」なども含まれているようです。「怒り」と言えば、今世では思い当たるものはすでに解放されているはずです。
それで、昨年だったか、アスペクトの話で、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)と話した時に身体的な症状とアスペクトの関係性について話したことがあります。確かブログに書いてますね。
2012/11/1【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅲ)】by saraさん

以前にも書いていたかも知れませんが、「アセンション症候群」のようなものは、ほとんどは、アスペクトの浮上によるものだと気づいたことがありました。数年前から体中、あちこちが痛くなってきた時期があり、その頃は、アスペクトの解放の仕方も分かっていなかったし、我慢するしかなかったのです。適切な時があるんでしょうかね。なので、まだ腕の痛みとか残っています。そちらは、また深くて、疑っているアスペクトらしいです。何度か、試みましたが、それはまだ時期ではないというだけですが、、、。

で、これまで膨大な量の、今の私には把握しきれない深く深く埋め込まれたアスペクトの解放を行ってきたわけですが、最後まで残っているのは、とても簡単に言えば頑固(抵抗も含む)なアスペクトとでも言ったらよいでしょうか。そればかりではないですけどね、、、。

この事について、今日、下記のようなメッセージがアップされていたので、これを読むと少し分かりやすいのではないかと思います。
→地上の先導者:皆さんのエネルギーの身体の内部に新しいエネルギーのための場所を確保する(”きらきら星からようこそ”さんより)

このメッセージを読むと分かるように、新しいエネルギーの流入とアスペクトの解放は繋がっています。
アスペクトの解放をして、自分自身にそのスペースを空けておかなければ入り込む余裕がないのです。
よくスポンジの例えがありますが、十分に水を含んだスポンジにそれ以上のものが含まれないように、スポンジを絞って、また新しい水を含ませるのに似ています。人間の体というのは、そのようになっています。
それは、私の過去、何年の間に体験して気づいていったことです。解放が進むにつれて、より高次の自分(ハイアーセルフ)、真の自己にもつながっていきます。(レイヤーがはっきりしている訳ではありませんよ。意識の状態にもよります)

で、話を戻しますが、、、。

今月、ちょっと長い距離を歩くと、神経に触るような痛みを腰に感じるようになりました。私的には、病院に行くまでもない感じだったのですが、昨年の子宮筋腫の場合があるので、そこは意識的にいました。
あと、パソコンで作業しているのが多いので、首にも鈍痛のようなものが多くなりました。
首のほうは、10年以上前、建築でCADをやっていた時に、モニターに集中するので、姿勢が悪くなり、首の骨が少しずれていて、腰に影響していると整形外科で言われたことがあります。それに対しての処置の記憶はないんですけどね。

ただ、アスペクトが浮上してきているのは感じてました。

気になって、自分では感じつくせない部分をクツミやジャーちゃんに聞きました。(チャネリングはsaraちゃんです)

saraちゃんに症状を伝えて言いました。

「ねぇ、、、なんかね、この腰の痛みは、アスペクトを解放しようとしても解放されないの。これってやっぱり病院に行った方がいいってことかな~?私的には病院に行くまでの痛みとも思えないけれど、、、。」

sara:「う~~ん、やっぱ、行ってみたほうが良いみたいだよ。汗」

「え~、そうなの?また病院通いかい~?」

「ねぇ、腰痛って言えばさ、怒りとかの部分でしょ?これは、かなりの古い部分(過去生)なのかね~~。」

J:「骨の髄まで、、、、。」

「骨の髄まで?! 笑。 その言い方、止めて欲しいよね。笑。じゃあ、細胞とか、ミクロ、マクロの世界よりも、もっと深いの?」

sara:「そうみたいだよ。」

「あ~~~あ、こりゃ、時間かかりそ~~~! そうか、じゃあ、病院に行くわ。抵抗しているアスペクトたちに見せるためにも、まず行動して信頼してもらわないと。」

私は、さすがにこれだけ解放してきたんだから、もう疑いのアスペクトも解放されてきたと思ったけれど、深い深い部分には、アセンションに対して、「本当にそんな世界があるのか」とか、「まだ人間でいたい。人間をやめたくない」というアスペクトまで出てきて、ほんと驚きます。なので、時には行動で示したり、浮上している時は、無理強いすることなく、「まだ、そのままでいたいか?」と尋ねることも大切だった。アスペクトには、「そのままでいたいなら、それは構わないよ。」と意思を尊重すること、変えようとはしない思いやりも然りです。

アスペクトの中には、固まりすぎていて、他のアスペクトを感じれないものもいます。なので、他のアスペクトたちが解放されているのにも感じずに、ただ動けないままでいるものもいます。でも、いくら抵抗を装っていても、アスペクトの深い部分では解放されたい。というものがあります。

電話を切ったあと、一番早く行ける日に病院へ行ってきました。
先生には、腰と首の痛みのことを話しました。
レントゲンの結果では、腰のあたりの骨はきれいだよ言われ、首のほうには少し骨のズレが見られるとのこと、触診では、椎間板?だったかの部分で痛みがあることが分かりました。次は、MRIを撮るという話で帰ってきました。

3月8日にMRIを撮ってきました。結果と診察は、15日に予約をしてきました。
病院の帰り道、かなり奇妙でした。変人、変態です(笑)。
病院に行って、通常、こんなことはないんですが、鼻歌が出るほど、陽気な気分なのです。家についても、気分は良く、鼻歌が出てきます。笑。

なぜだかわからない私は、疑問でした。

saraちゃんに話して、クツミに聞いてみました。

「クツミ、私、変だよ。笑。病院に行って、なんで鼻歌が出るんだろう???」

sara:「病院に行きたかったアスペクトだったんだって!!笑。」

「え~~~!!そんなのアリ~?!アスペクト、病院に行きたかったのかいっ!!!」

K:「うん。」

「そうだったのか~~。そんなアスペクトもいるんだ~。笑。 でも、それは良かったね、満足できたんなら。」


で、話はちょっと戻りますけど、深く深く固まっていて、周りすら感じられないアスペクトに対しては、ジャーちゃん曰く、解放されたアスペクト(すでにアセンションした)を、そのアスペクトに感じさせてあげなさい。と教えてくれたんですね。なので、「感じて見て」とは何回かアスペクトに伝えてはいましたが、感じているのか、いないのかまでは分かりませんでした。

そして、ジャーちゃんと、シャウドの話をしていた時に、ドリームウォーク(和訳)を自分の声で吹き込んでやってみて。という話になったんですね。それで、3月の分も先に和訳して頂いたという流れだったのです。後から分かったことですが、最初は、2月のだけを続けてなさい。ということでした。(ごめんね!)2月のドリームウォークは、魂を呼び込むというような内容で、自分の8歳の時に戻って、今の自分が思いやりの中で放射するという内容です。「ここ」に居ながらなので、これまでの瞑想とは違います。肉体にいながら出来るのを実感しました。

それは、人様々で、感じ方もいろいろあると思います。13日から毎日行っています。
とても、「無」の状態になりやすく、この「無」の状態、マインドの効かない領域こそがポイントです。
通常の瞑想では、なかなか「無」になれることの少ない私でしたが、すんなり「無」に入れたことに驚きでした。
「すご~い!」って感じです。

記憶がポンと無くなる地点があり、時にはそのまま寝てる時もあります。寝てる時は、ジャーちゃんは、「気持ちがいいんでしょう。」と言ってます。笑。記憶がないので、その時、何が起こっているのかは分かりませんでしたが、最初に行った翌日に、腰の痛みが消えているのに気づきました。まだ、その時は疑心暗鬼で、数日様子を見てましたが、どうも、腰と首が楽になっているのは確かでした。

確信がとれた時に、確認してみました。

「クツミ~。腰も首も楽になったけれど、アスペクトは解放されたのかな?」

K:「もう、どうでも良くなったんですよ。^^」

「え~、どうでも良くなったんだ~!」

J:「でも、まだアスペクトは残ってますよ。まあ、ほっといても、そのうちに自分から核に戻りますよ。」

「へ~~~。すっご~~い!!」

K:「腰のアスペクトは、コントロールしている根っこの部分だったんですよ。」

「そうだったの~? コントロール~?! そんなに根深いものだったんだ~! びっくり!!」


その後に、気付いたんです。
あ~、「無」になっている間に、頑固に残っているアスペクトたちは、すでに解放されたアスペクトたちを感じていたんだと、、、。

それを感じたものだから、「もう、ここで頑張ってたって仕方がないな。」「あんなにいい所なら、ま、行っても大丈夫そうだ。」ということになったんですね。かなりアスペクトの解放することも、少なくなっていましたが、ドリームウォークを始めてから、残りのアスペクトが出てくるようになりました。

アスペクトの解放の仕方もどんどん進化していってます。最初の頃のように、長い時間をかけることはなくなりました。ただし、どれだけ感じ取れるかにもよります。(アスペクトの解放は、必ず、アスペクトが核に戻ったのかを見届けて下さいね。)以前のやり方が効かなくなれば、柔軟に対応も変化します。なので、自分も柔軟に、流動的にいるということでしょうか。

戻ると、痛みであれば、痛みとか異物感がスーと消えていくのが分かります。残っている感じがすれば完全に戻っていない状態と考えて良いでしょう。

このドリームウォークは、魂(故郷を含め、宇宙全体)を呼び込む、招き入れるか、、、。という内容なので、それは、一夜にして起こるわけではないですが、これを続けることで、私の場合、内側から、クツミが伝えていることを、より感じ取れるようになってくるみたいです。それは、声として感じるだけではなく、色んな形でということみたいです。


話は戻って、15日、、、。MRIの結果の診察の予約の日でした。

前日まで、ちゃんと覚えていたんですが、目覚ましを掛けるのを忘れ、起きた時には、予約の時間が過ぎていました。

いつもなら、こんなことはないんですけどね。私、何やってるんだろう~?と思っていたのですが、これは、yoham(私の神)からの知らせだと感じました。大切なことであれば、yohamは、ちゃんと起こしてくれます。気づかせてくれるので、もう病院は必要ないってことなんだろうと感じました。確認した後、再度、予約を入れ直したのも、キャンセルしました。

いろいろな体験を通して、ジャーちゃんと話をすると、原子、素粒子的?量子的な存在とかの話になり、肉体の中でも、ビックバーンの過程のように、縮小と拡大を繰り返していて、すっと、細部の細部まで見て行くと、虚空だとわかる。と言ってましたね。「ず~と見て行くとスカスカなんですよ。だから、肉体も宇宙の縮図などというんですよ。」という事でした。

なかなか、原子以上の話になると、頭が付いていきませんけどね。笑。

とにかく、アスペクトも、いろいろなアスペクトがいますね。
saraちゃんも、後から、ドリームウォークを行っています。アスペクトの解放に、加速が付いたようです。彼女は、私とは違う体験をしているので、人それぞれ違うのでしょう。


一日に1回で十分みたいですよ。
まずは、リラックスして、何も考えず、何かしようともしなくていいです。聞こえてくる言葉に耳を傾け、自分の内側にいて、「今」にいて、、、。マインドが騒がしい時は、静かになるまで深い呼吸をし続けるといいですよ。とジャーちゃんがアドバイスしてくれました。それは、実証済みです。

昨夜、だいぶスポンジ(肉体の例え)がスカスカになってきた。と教えてくれました。嬉しいです。空の器になれるのは、嬉しいですよ。何より楽になります。

真の自由、魂の自由=私の魂の夢 ですから。ここを通らずして、体現できないですからね。
2月のドリームウォーク、、、これは、究極の癒しともいえますね。


ホームページ(新しいCCの)作成も、進んでいます。
他にもいろいろありましたが、

ま、今回は、こんな感じです。


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。