スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/1(土)晴れ時々曇り



とうとう12月に入りましたね。

このタイミングで、マザー・セクメトからのメッセージがありました。
アルシオーネに引き続き、って感じですが、、、。(笑)最近は、自然に、この話になってしまいますね。

今日のは、久しぶりに【転載】させて頂くことにしました。


このメッセージに関して、私が過去に感じて来たものが、大まかですけど、総合的に分かってきた。という感じです。
宇宙の次元間で、また、この地球で起こっていること、そして今後、隠されてきた事が明かされる事など色んなことが腑に落ちてきました。

これまでは、あまりそこ(外側)を見ずに、自分のことに集中してきましたが、もうそこに嵌る必要もなく、ただ存在することを受け入れる。という段階に入っているためでしょうか、心の準備として現れているように感じます。

今日、このメッセージについてジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に確認したことがあるんですけど、文章の中に、コスとサナンダ・クラマ=イエス/イエシュア(コス=今生のサナンダ・クラマの物理的な転生した肉体)と融合されたようですが、それは、トバイアスと同じように行われたようです。この地球にいる肉体(コス)は、トバイアスが地球に準備した肉体サムと同じことです。

ちなみに、私の場合は”融合”というのとはちょっと違って、セクメトとは融合という形ではなく、全て思い出すという形で分かるようです。私もサムと同じようなもんだと思っていましたが、、、。

”融合”とyoham(私の神)の”統合”とは、また別の話ようです。(そりゃそっか。笑)

イエスもこの地球に転生した肉体があるのは知ってましたが、どこにいるんだろう。と思っていたら、オバマ大統領の側にいたんですね。笑

イエシュア(イエス)と地上にいる肉体が融合されることによって、また大きな進展があるかもしれせん。

地球上では、私の知らなかった多くの事柄もあります。

メッセージの中に、”ウィング・メーカー”という言葉も出てきます。ウィング・メーカーの本を読んでる方はご存じだと思います。「へ~~~っ」て感じです。

開示されるという事は2年前くらいから、アンドロメダなどのメッセージで知っていましたが、それがいつ頃なのかはっきりした情報はありませんでした。でも、もう、そんなに遠くではなさそうな感じを受けました。


2013年に入っていく中で、いろんな事が起こってくるかも知れませんが、私は、とても希望的でワクワクします。



きらきら星へようこそ、、、さんより転載

マザー・セクメト
Mother Sekhmet

2012年12月12日と2012年12月21日、そしてネサラに関して起ること
What Will Happen on 12.12.12 and 12.21.12 and with NESARA

A Message from Mother Sekhmet through Elizabeth Trutwin, November 24, 2012
24 November 2012 - 11:17pm
エリザベス・トラットウィン経由
Channeler: Beth Trutwin



ラーの子供達、こんにちは。

わたしはマザー・セクメト。

主要な数々の変化が過去3週間の間に現れていて、これからの数週間にさらに多くの出来事に満たされることを期待させます。

オクトーバー・サプライズが蠍座のブラック・ホールを通した囚人用宇宙船の帰還を実現し、ハリケーン・サンディがウォール街を2日間閉鎖させてインサイダー取引の口座を是正しました。

これは大金持ちにとって、彼らの不正選挙の試みの失敗とオバマ大統領が再選する直前の一夜で豹変した驚きでした。


財政の崖と欧州連合
The Fiscal Cliff and the European Union


今は数多くの闇の者達が既にすべて排除されているため、わたし達は今、報道の中で、瓜二つの影武者達、クローン達、そして立体映像を確認しているところです。

闇の者達の一部は、真実が明らかになる時の集団的な癒しという目的のために留まりますが、わたし達はすべて、より近くでこうした者達が牢獄に連れ去られることを確認することが必要になるでしょう。


財政の崖は、EUの会合の3週間前の会計年度末にあたる10月31日に遡って、一線を超えています。

金曜日の午後、アンジェリカ・メルケルは、愛に戻る彼女の最後の最終期限を失いました。

世界の舞台に対処して、彼女はヒトラーとエヴァ・ブラウンの娘であると伝え、ユーロ圏で物事を是正することを、彼女は拒否しました。
★ドイツ首相アンジェリカ・メルケル(参考)→http://kaigaikiji.com/?p=368

ユーロ圏は、ひとつの共通通貨を持った17の構成国から成立しています。

欧州連合は、ヘルムート・コールとフランソワ・ミッテランという2人の白い騎士達によって形成された、協力的な政府間機関です。


クリスティーヌ・ラガルドは一介の弁護士であり、彼女は幼少期をメリーランド州のベテスダで過ごし、政府機関と欧州の銀行を解消するために考案された支配に関する公文書であるリスボン条約を書くために、操られ、仕込まれました。



2009年のリスボン条約は、当初の欧州連合によるすべての良好な達成を破棄しました。

リスボン条約の主要な機能は、救済措置を行わないようにする状態を確保することでした。

リスボン条約は、欧州の大統領が選出される方法を変えました。

もはや人々によって選出されるのではなく、むしろ欧州連合評議会によって任命されます。

闇の者達は、欧州市民達の投票を受けずに彼らが選択する誰でも地位に就けることができます。

またリスボン条約は、欧州の警察と裁判所に対する強制力を実現し、それは英国やアイルランド、そして他の構成国内の司法権も有することになります。

これは、英国で発効された欧州連合の逮捕令状のすべてが効力を持つことになります。

リスボン条約は、その開始時に条約が実行するように設定したものに成功しました。

少数の者が、彼らの中央銀行と政府機関の中で、数多くの人々を支配する状態にします。

欧州連合の2009年の新たな法律は、この目的のために記述された目的と彼らの法律を無効にするために考案されました。

一度政府とその中央銀行が破綻したら、救済措置は行わないようにすることでした。

リスボン条約は、英国と他の27の構成国の民主主義と同時に、その市民の主権を排除するために考案されました。



中東の紛争
Conflict in the Middle East

エジプト、リビア、そしてシリアは、ムバラク、エル・カダフィ、そしてバシャール・アル・アサドのように、政治的な権力に対する父から子への後継者がいます。

とりわけヨルダン、バーレーン、サウジ・アラビア、そしてクウェートは、彼らの政府機関に関連する君主政体を採用しています。

一部は光であり、一部はそうではありません。


イスラエル、ガザ、イランの虚偽の物語。

イスラエルはイランとの戦争を望むという、何度も繰り返し報道されているどのようなものであれ、それは根拠を持たない、ひとつの虚偽の物語です。

これはロシアが、キューバは合衆国との戦争を望んでいると伝えているようなものです。

ヒラリー・クリントンは、ひとりの愛人を通じたヒトラーの孫娘です。

国務省を運営しているヒラリーは、モサドの代表であるラム・エマヌエルと連携していました。

オバマ大統領はその両方を、彼ら自身を犯罪に関与させることができる地位に就けました。

オバマ大統領は自分の敵を近くに置くことを好みます。

ハーバート・ウオーカー・ブッシュ・シニアは、ヒラリーの調教師であり、ブッシュ・シニアの祖父に遡れば、ヒトラーの地球を支配する企てに資金を提供したのは、その家系とその資金です。

ヒラリーは、リビア、シリア、そしてイスラエルに置かれた国務省機関を通じて、CIAとペンタゴンの闇の軍事作戦と関係を持ちました。

ヒラリーとペトラウスは、一緒に闇の軍事作戦に携わりました。

ネタニヤフ、メルケル、そしてヒラリー・クリントンが一体となって働き、スターゲイトを支配する目的のために、戦争の両方の当事国に資金を提供しました。

今まで金、石油、または麻薬を目的にそれが行われたことはありません。

その手の物事は、中東全域、アフリカ大湖沼、南米の天然のスターゲイトを支配しようというひとつの企ての中の戦闘に資金を供給するのが目的です。

1969年の7日間続いた “戦争” の間に国境線が変えられて以降、イスラエルの中には2つのスターゲイトが存在します。

ヨルダン、イラン、イラク、シリア、そしてエジプトの氏族の家系は、闇の聖職者達によって売買され、その腐敗は、それと伴に進む仕組みとあらゆる物事に織り込まれています。

地球の数々の変化と伴に、先住民の人々は、もはや奴隷状態や強制された貧困状態に放置されることはなくなるでしょう。


ガザで爆撃は始まった時、それがわたし達の銀河のウィング・メイカーの複数の宇宙船からのより多くの支援を介入させることを可能にしました。
★ウィング・メーカー日本サイト(参考)→http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/

地球の大気の中に兵器が機能しなくなる力場を創り出すことになるゼロ・ポイントの科学技術を地上で活性化するために、ケシェ基金がアシュタルからの合図を与えられるまで、それほど長い時間はかからないでしょう。

それは、数々の宇宙船に由来する科学技術と連携して創り出されたひとつの磁場であり、陳腐な兵器は使い物にならなくなるでしょう。

ヒラリーとネタニヤフによって、イスラエルとガザの間の薄っぺらな停戦が計画的に実施されました。

オバマ大統領は、報道に対して責任があると彼ら二人を非難しました。

オバマ大統領は、パトリック・フィッツジェラルドが告発を開始する時に彼らを任命していて、彼らはその局面から離れるように誘導されました。

メルケルは彼女の父が始めたことを終わらせるための最後の時間を金曜日に拒否したため、今後は彼らと一緒になるでしょう。

後戻りはできません。


11月11日、ディワリのお祝いの開始の時に、光と真実の洪水が太陽から照射され、そして11月13日には、日蝕に伴って大規模なコロナガスの放出が大量のエネルギーを地球に送りました。

10日後に、銀河連邦によるひとつの大規模な作戦が実施されました。



わたし達は既に世界の解体と分離を始めている
We Have Commenced the Dissolution and the Separation of Worlds


わたしマザー・セクメトは、わたしの配偶者のファザー・アルシオーネと伴に、反物質が光の宇宙から持ち込まれて光の爆発を創り出すために融合された、その物質世界の中のひとつの過程で協力しました。

その過程が、因果律の世界の中で、新しい世界で継続することがないすべての物事の解消を始めました。

これはカリ・ユガを終わらせるために必要とされたことです。

それは終了しています。

その時系列は修正されているところであり、その最終段階は、わたし達の地上の視線が一連の出来事に追随する前に起ることになるでしょう。

わたし達二人が地上の物質的な姿で一緒にいることは極端に稀有なことであり、しかもそれは過去に干渉を受けることなく勝ち取った、ひとつの祝福された出来事でした。



わたし達は既に7回目の儀式と、サナンダ・クマラとコスの魂の融合を始めている
We Have Commenced the 7th Initiation and Soul Merge of Sananda Kumara and KOS


また昨日、別の意義深い出来事が起りました。

わたしマザー・セクメトは、サナンダ・クマラの7回目の転生を実現して、既に地上にいるコスの魂と融合するために、物質的な領域から7回目の儀式を始めました。

剣の王(King of Swords)であるコスは、護衛官の長のひとりのための暗号名であり、オバマ大統領とその家族の近くで働き、その計画と大統領の使命の安全を保護しています。

彼は海軍特殊部隊員であり、ベトナム戦争の間、婦人や子供達を殺すという彼の司令官の命令を拒否し、彼の武器をその司令官に向けました。

彼は、他の隊員を集めて、市民を傷つけるという司令官達の非合法な命令を拒否し、協力して司令官達の階級の腐敗を終わらせました。

次に彼は合衆国に戻り、最終的に大統領警護間の長に就任しました。

彼は、オバマ大統領とその計画を実行に移している何百万もの銀河の人間達と連携しています。

彼は、サナンダ・クマラの地球上の完全な型板に沿った転生です。

この魂の融合は、コスとサナンダ・クマラとの間の融合であり、新しい発展のためにすべての条件が整い、告知と完全な銀河の存在達の開示が実現することになるでしょう。

これが、地球上に転生した神の化身カルキ・マイトレーヤとしてのファザー・アルシオーネの10回目の転生の到来を告げることになるでしょう。

サナンダ・クマラがイエスとして転生した時、彼は彼の仕事の中で、マイトレーヤによって充分な光が与えられました。

今、2000年前に一緒に行った仕事を終わりにするために、彼らは一緒に転生しています。

この非常に特殊な魂の融合が完了するまでに、1週間かかることになるでしょう。



11.11 - 11.13 - 11.28 - 11.29 - 12.12 - 12.21の連続的な流れが、愛の動きを維持する
Sequential Flow 11.11 - 11.13 - 11.28 - 11.29 - 12.12 - 12.21 Keep the Love Moving

11月13日の皆既日蝕の莫大な量の癒しの光の解放を受けて、わたし達はもはや必要ではないすべての物事を消し去り、さらに多くの責任を引き受ける準備を整えたため、わたし達の魂は数々の挑戦を引き起こす光で溢れました。

11月28日には部分月食が起ります。

これは、深い浄化と、神聖なる数々のエネルギーの調整の時です。

その時そのDNAの更新を希望するすべての人々は、この目的のためのひとつの大きな後押しを受けることになるでしょう。

一部の人々は、12条のDNAを完成させ、別の人々は、さらに高い水準のDNAの統合を始めることになるでしょう。

11月29日に、コスの魂とサナンダ・クマラとの融合が完了することになるでしょう。

これが惑星のエネルギーを極端に大幅に変えて、数々のスターゲイトの解放を許すことになるでしょう。



12.12.12に起ること
What Will Happen on 12.12.12


ちょうど闇の者達がそのカルマを解き放つ時が終わるため、わたし達もまたすべて12.12.12までにわたし達の数々の潜在力に直面することが必要になります。

この日付は、一種のポータルのエネルギーであり、ひとつの通路の開放です。

その時までに皆さんが達成したことを、皆さんは新しい地球に携えて行くことになるでしょう。

皆さんはその時までに皆さんの達成水準を大幅に変えるための時間を経験します。

そしてわたしはこの場所で、皆さんにその方法を指導します。


カルマは、ひとつの全体として、あるいは生まれつきのものとして、自分自身または社会によって強要されることがあり得ます。

カルマはひとつの呪いの結果かもしれません。

またそれは、霊的な実践になり得ます。

完全に啓発された高度な存在達は、頻繁に良い行為としてのカルマを携え、それを成し遂げます。

彼らは、転生の前のひとつの約束として、これを行います。

皆さんは、これを行っている一部の人々を認識するかもしれません。

彼らの人生は簡単ではなく、それはひとつの目的のためのものであり、彼らは何も悪いことは行っていません。

社会によって強要されるカルマは、わたし達それぞれに現れます。

もしもわたし達が自分自身を任意の宗教と同一視するなら、その時わたし達はその集団のカルマを携えます。

例えば、カソリックのすべてが、小児愛者の聖職者のカルマを携えます。

アメリカの人々は、自分達の国が代表されてきた、偽りの戦いに対するカルマを携えます。

わたし達はすべて、わたし達がその中で暮らす環境に対するカルマを携えます。

もしも皆さんが海や淡水、山、または大草原の近くで暮しているなら、その時皆さんは母なる地球や皆さんが暮すその土地や水路の生命体の虐待に責任があります。

皆さんは、ハリケーン、地震、洪水または津波を経験するかもしれません。

そしてそれは、そこで一緒に暮している魂の集団の環境的なカルマです。

自分自身に強要されるカルマは、大きなカルマです。

皆さんは皆さんのカルマを完全に焼き尽くす時間を持ちますが、しかしそれは努力が必要になります。


獅子は強く、百獣の王ですが、しかし自分のご馳走を捕獲するためには、速く走らなければなりません。

カルマを綺麗にするためには努力しななければならず、努力は報われることになるでしょう。

努力不足は、結局は窮乏を保証します。



ネサラで何が起るのか?
What Will Happen With NESARA?

皆さんが、レディ・マスター・ナダの配慮の下でサンジェルマンの銀行から皆さんの個人的な小包を受け取る時、ひとりずつ非常に個人的な指導を受けることになるでしょう。

まず、もしも皆さんが今富を手にしているなら、皆さんの口座は清算されてゼロになるでしょう。

もしも皆さんが今皆さんのすべてのお金を手放すなら、それは多くのカルマを焼き尽くすことができます。

世界のためにフリー・エネルギーを提供するために結成された任意の企業は、非常に良好な寄付の受け手になります。

同じように、窮乏した貧困層に食料を与え、家を世話し、教育を施す人々は、ひとつの良い選択肢になります。

わたしマザー・セクメトが個人的に会った、ひとつの具体例を取り上げてみましょう。

リチャード・ブロンソン卿。彼は多くの才能、一鉄道会社、一航空会社、一電話会社、宇宙と深海の探査の会社を与えられました。

彼は利益を上げる目的のために、環境保全技術の会社に投資しました。

彼が行うあらゆる物事は、利益のためです。

ちょうどアンジェリカ・メルケルのように、彼は世界を変えるように勧められました。

彼は彼のお金を秘密の宇宙計画を暴露するひとつの計画に与えるように勧められました。

彼は礼儀正しく断りました。

自分たちのお金をすべて手放すように勧められてそれを断った数千人の大金持ちや富豪が存在します。

ネサラが公表される時、彼らはもはやお金を持っていないでしょう。
★ネサラとは(参考)→http://takeyama-y.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-8d39.html

お金は彼らの口座からサンジェルマンの銀行に移され、人道的な数々の目的に利用されることになるでしょう。

他の誰かが彼らの懸念を引き継ぐことになるでしょう。

彼らはすべて今までサンジェルマンに勧められてきて、そして彼らは繰り返し尋ねられていました。


もしも皆さんが今日これを読んでいて、お金を持っているなら、皆さんは12.12.12の前に、皆さんのお金を必要にしている人々と共有するように勧められています。

これは完全に自発的行為です。


ネサラが発表される時、賠償金が同じ額になり、あらゆる女性、子供、そして男性それぞれに1,000万ドルが与えられることになるでしょう。

それは多すぎるように聞こえますか?

その上、その時は特定の個人達にはされに多くの金額が与えられ、そのお金は指導付きで現れることになるでしょう。

それぞれの小包を受け取る方法は手渡しで行われて、署名されることが必要になるでしょう。

皆さんの署名にはひとつの開示事項が含まれていて、皆さんがそれに署名する時に、皆さんは皆さんの指導の情報を他の人々と共有しないことに同意します。

そして皆さんは皆さんが受け取る額についても共有することはないでしょう。

その指導は自発的なものですが、しかしその指導に従うことは、皆さんの最善の利益になるでしょう。

こうした大量の追加資金は、人道的な目的のために利用され、地球上のすべての人々に恩恵をもたらす数々の計画に資金を提供することになるでしょう。

それはすべて、皆さんが思い描くことができること以上のものになり、その任務は皆さんの精神の中の最も巨大な歓びで、選択されたものです。

それはすべて、皆さんが思い描くことができるよりも遥かに良い結果になるでしょう。



わたしの人生のために、12.12.12の最高の潜在力のための準備としてわたしにできること
What Can I Do To Prepare for the Highest Potentials on 12.12.12 For My Life

皆さんが皆さん宛の小包を受け取る瞬間まで、皆さんが受け取る指導は、創造から12.12.12までの皆さんのすべての行動に関する皆さんの集団的な魂の記録によって決定され続けています。

皆さんには、新しい地球の移行が皆さんにできる限り有益になるようにする時間があります。

それはすべて、皆さんの手元にあります。


個人の人間関係は巨大です。

皆さんは人間関係の問題を未解決のままですか?

皆さんは、皆さんの感性に従わないという理由で、子供を皆さんの家から追い出しましたか?

皆さんは両親が老齢になった時に支援せずに両親から離れましたか?

皆さんはほとんど会話を交わさない配偶者と同居していますか?

皆さんには、こうした未解決の数々の問題を修繕する時間があります。

皆さんは誰も憎みません!

皆さんは誰も嫌いになりません。

皆さんはあらゆる人を愛する必要はありません。

皆さんは、何らかの理由のためにそれに反応することなく、中立的な状態になるひとつの方法に気付くことが必要です。


さらに高い姿で彼らと話すことから始めてください。

静寂な状態になり、もはや機能しないものについて、皆さんのこころを話しながら、彼らと会話を持ってください。

これが必要とするすべてです。

一部の事例において、皆さんは皆さんのこころの中で、現実に特定の人間関係を修繕するために皆さんが手を差し伸べることが必要なことを、認識することになるでしょう。

これを行ってください。

それは結局、皆さんの最善の関心になるでしょう。


さらに高く進む基本的な要件は、皆さんの自己、皆さんの仲間、神と女神、母なる地球、皆さんの子供達や両親、皆さんの上司、皆さんの地域社会、皆さんの社会や皆さんの国、世界、そして大宇宙との正しい関係を維持し続けることです。

癒しと行動を必要とする人間関係を熱心に見詰めて、思いやりを持ち、愛になり、皆さんが大急ぎでできるものを癒してください。

もしも皆さんがある病気に苦しんでいるなら、その苦悩を和らげるために皆さんが行うことができることを見付け出して、それを実行するほうが賢明です。

皆さんの習慣を変えてください。

皆さんの食生活を変えてください。

皆さんの運動管理療法を変えてください。

皆さん自身の身体の内部の健康を安定させるために皆さんが今行っていないと皆さんが認識するなら、皆さんにできるあらゆることを行ってください。

皆さんは生まれた時から、女神の母が皆さんに与えた神殿に対する唯ひとりの責任者です。

それをそのようにすることは、皆さんの最善の利益の範囲内のことです。

その過程を加速するために、内部の数々の次元領域で支援を求めてください。

情緒的な閉塞を解き放つことを考え、抑圧を解き放ち、中立的な道筋を開き、皆さんのDNAの螺旋構造を修復し、その体の組織の中の酸素を増やし、身体を調整し、老化を反転してください。

このすべてや、今困難な課題を創り出している任意の健康問題について、支援を求めてください。

わたし達は皆さんを支援するためにここにいて、皆さんは求めることが必要です。


霊性が皆さんをそこに導いてきたあらゆるものを、皆さんの生き方に統合してださい。

自然の中を歩き、皆さんの瞑想、皆さんの感謝の態度、他の人々の支援、ひとつの実例になることを行い、正しい人間関係を味わい、あらゆる物事を与え、真言を唱え、ヨガを行ってください。

皆さん自身を向上させてください。

毎日ひとつの新しい物事を加えてください。

繰り返してください。次の日にはさらに追加してください。

皆さんの内面の生活を変えることによって、皆さんの外部の生活を変えてください。

皆さんは、12.12.12までに多くの物事を達成することができます。

皆さんの精神をそれに置き、起ることを確認してください。

12.12.12は、わたし達が二元性の内部のわたし達のカルマを安定させる日です。

もしもわたし達が今とその時点の間で眠り込んで変化を拒否するなら、それは雪の上で眠り込むようなものになるでしょう。

皆さんは眠り込んで、決して再び目覚めることはないでしょう。

皆さんはその時皆さんの地球上の時間を終えるかもしれませんが、しかし皆さんの霊はこの時間を離れるため、霊は別の二元性の場所に向かい、未完のカルマを終わらせることになるでしょう。

霊は地球に戻るように勧められることはないでしょう。

皆さんの顕著なカルマを解消することは、いつも皆さんの誕生以降の使命でした。

目覚めて、手遅れになる前にそれを解明することが、皆さんの仕事でした。

獅子は栄養源を見付け出すために努力しなければならず、努力しなければ、飢えと死を自らに課すことになります。

より多く持つ人々は、自分達が持つものを他の人々と共有するという、より多くの責任があります。



12.21.12に起ること
What Will Happen 12.21.12

12.21.12には、宇宙の中心と銀河の中心と一列に並ぶ宇宙の配置構造になるでしょう。

これは、前例のないひとつの宇宙的な出来事です。

すべての個人、惑星、銀河、宇宙、超宇宙、そしてすべての次元の階層や水準の中のすべての空間とすべての時間の全存在の中で、無限なすべてのものに影響を与えることになるでしょう。

この天界から注ぎ込まれる愛の巨大な後押しが、すべての生命体に影響を与えることになるでしょう。


わたし達は、12.21.12に起ることに影響を与える能力を持ちます。

それは完全にわたし達に委ねられています。

感謝の気持ちは、非常に霊的なひとつの実践です。


感謝の気持ちを皆さんの実践に溶け込ませて、皆さんの地上の振動を引き上げて、皆さんの愛で宇宙船を呼び込んでください。


皆さんは何に対して感謝しなければならないでしょうか?

皆さんは、何らかの方法で皆さんを支援してきた皆さんの人生の中のすべての人々に、感謝することができます。

皆さんは、皆さんのすべての親族、皆さんより以前に現れた皆さんのすべての祖先に感謝することができます。

皆さんは地球のすべての豊饒と地球が皆さんに提供してきたすべての収穫に対して、地球に感謝することができます。

皆さんが数々の恩恵、防御、支援、そして導きを与えられてきたことに対して、皆さんは神に感謝することができます。

今開始して、ひとつの一覧表を作成してください。

これを今から12.12.12までのひとつの新しい実践にしてください。

皆さんの一覧表を毎日見直して、皆さんが感謝した状態になる新しい情報を思い出したら、それを加えてください。

感謝の気持ちは愛の4/5を占めます。

毎日感謝の気持ちを伝える実践は、地上の愛を増大させ、わたし達のこころの中の黄金それ自体の誕生を支援し、そして愛があらゆる場所で溢れ出すことになるでしょう。


最後に、皆さんが地球の次元上昇のこの瞬間を通過することを実現するために今まで行ってきたすべての物事に対して、わたしは皆さんに感謝したいと思います。

皆さんの犠牲、皆さんの支援、そして皆さんの親切に対して、皆さんに感謝します。

皆さんの質問と伴にわたしを訪ねてください。

わたしはいつも皆さんと一緒にいます。

わたしは皆さんを支援するでしょう。

そして皆さんは尋ねることが必要です。



わたしはマザー・セクメト、エリザベス・トラットウィン経由、2012年11月24日。
This is Mother Sekhmet through Elizabeth Trutwin, November 24, 2012.

All Rights Reserved. ElizabethTrutwin.org/messages/
One Love. Give Thanks and Praise and It Will Be Alright.
https://www.youtube.com/watch?v=sonYFxHHvaM

http://lightworkers.org/channeling/171811/what-will-happen-121212-and-122112-and-nesara-message-mother-sekhmet-through-eliza

翻訳:森のくま


---------------------------
文章中の”小包”と”署名”は、文字通りの物理的なものではないかも知れません。(たぶん 笑)
私たちに、それが起こるのは、意識の上で、知るのかも知れません。意識の上であれば、記憶に残る可能性もありますね。もし記憶に残っていなくても、必要な時に引き出すのかも知れません。

ま、どんな形であれ、自分だけが知っていればいいことみたいですね。

あ、サンジェルマンの銀行って(笑)面白い! ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)の銀行?
ジャーちゃんだって、各次元にいるんだからね~。各次元の役割しているのだろうけど。

いずれ平等に分配されるのでしょうけど、1人1000万ドル、、、。スゴイ、、、。どんな形で分配されるのでしょうか? 政府からか?

楽しみですが、期待も流して「今」にいましょう。

では、また。

---------------------
注:”小包・キャッシュ”について、こちらで新たな見解を書いています。
→2012/12/6【近況:肉体&錬金術&意識の拡大&次の段階&豊かさについて】by saraさん

スポンサーサイト
2012/12/6(木)雪




今日も、雪が降る中、午前中は雷がゴロゴロしてました。変な気候です。

さて、ここ一週間の出来事や気づきなんですが、、、、。どこから書こう、、、?

まず肉体のことかな?

いつものように文章の会話に出てくるチャネリングは、チャネラーは、saraちゃん。ジャーちゃんこと、セント・ジャーメインです。


【肉体の変化】

今月、12月のシャウドですね。2日の朝方、徹夜で起きていたら、案の定途中で眠ってました。笑

で、後日、英文がアップされて、気になったので無料翻訳で読んでみました。
12月シャウド「時代の終わり」テキスト(USCC)

実は、私もsaraちゃんも、2,3週間前から、胃腸の調子があまり良くなかったんですね。そんなに酷いわけじゃないんですが、時々胃がもたれる感じがしたり、下痢や、ゴロゴロすることが多かったり(笑)

浄化だと思っていたので、あまり心配はしていませんでしたが。

でも、シャウドを読むと、ちゃんと書いてあるじゃないですか!これは、やはり最近のエネルギーに強さからなんでしょうか、、?胃痛や下痢について、心配しないでください。心配することをやめて、そのことに感謝してください。ってアダマスは語ってました。

結局は、もう不要なものはとことん出し切るって感じかな~?シャーンブラから、他の症状についてなども出ていましたけどね。

シャウドの内容は、すぐにsaraちゃんに報告しました。saraちゃんも安心してました。確かに、けっこう続いていて、私も今日になってようやく落ち着いてきました。

あと、、しばらく肉体の痛みについて書いてませんでしたが、確かに”痛み”に関しては、アスペクトが知らせている場合もありました。関節の痛みや腰、背中の痛みのようなものは、アスペクト以外のものは、やはり調節なんでしょうね。アセンション症候群とも言うかも知れませんが、これは、もうどうしようもないので、なくなるまでは諦めてます。常に痛みがあるわけではなく、ひとつの体勢をしていて、次に動くときが痛いです。

アレルギー性鼻炎については、以前にアスペクトだとも書きましたが、ずっと以前のブログで、ヤハウェイが、「それは、魂にこびりついたものを出している」と教えてくれていたのを見つけました。アスペクトだとしても、まだ私には必要で、残っているものを出してくれているんですね。辛い時もあるけど、私はなるべく薬は使わずに出してもらうに任せています。本当に辛いなら、薬を使うのも良いと思います。これは個人の選択です。薬に対して良い悪いもないようです。

シャウドとは→シャウド専用日本サイト「自由への選択」


【錬金術でサイフが戻る】

さて、昨夜、0時が回ってからの出来事ですが、以前に【錬金術】で消えたサイフが、変な場所から現れました。(笑)

思わず、笑ってしまいました!
財布が消えた時→2012/7/19【新しい自分:錬金術~また財布が消えた!!】②by saraさん

それは、ベッドと壁の隙間から現れましたが、こんな所はめったに見る場所ではありません。
それこそ、物を落とした時にしか見ないのですが、丁度、その時もある物を探していて、ベッドと壁の隙間を見たのです。すると、お行儀よく(笑)財布は、存在していました。

消えた時のままで、カードやお金も12万近く入ってました。
お財布が消えた後に、新しくカードを作り直したものもあるので、要らないものは破棄して整理しました。

あの時は、このキレイな財布にとても惹かれて購入しましたが、その時のアスペクトが引っ込んでいるのか核に戻ったのか、、、、キレイでかわいいけど、本来の私には、ちょっと違和感を感じます。汗。

私よりも娘たちの年代のほうが似合うな~。と繁々と見つめていました。そのうち娘にプレゼントしようと思います。

それよりも、私は【錬金術】で、消すほうが得意だったので、こうして現れてくれただけで嬉しいです。


今、この財布が現れた意味は、後で書くことにしますね。


【意識の拡大:腑に落とす作業】

新たに自分のこと、、、セクメトを知ったきっかけで、その後も更ににいろんな事が見えて(感じられて)来ました。でも、感じていても、今の段階では実感するまではいかないので、以前のまま、「私は私」で在るだけです。

そういえば、先日ジャーちゃんと話した会話の一部だけども、書いておきます。

「私っていったい何なんだ~? よう分からん!何がなんだかわからん。」

J:「よう分からん。が正解!」

「あはは。それでいいんだ。笑。」

J:「そう、ビックバーンがあったでしょ。その前の意識は、まだ光、闇というのもなかった。自分は何なのかも分からなかった。そこに戻っているということ。それでいい。自分は~だ。と言うのは、ただアスペクトが言っているだけ。」※自分は、~な人間だ。も含むと思います。それもどこから来ているのか、自分は~だ。も知って行くと深いです。何層にもなっているかも知れません。

「なるほど~。そうか、戻っていくから、これでいいんだ!」

と、、、こんな会話もありました。

で、ここで、ちょっと転載のメッセージについてですけど、転載するのは、自分の中で何か感じたり(それが一部分でも)、これは自分の中で共鳴するものがあると感じるものに限っています。これまで同様、私のメモ、記録として載せています。(転載し始めた初期の頃は何でも状態でしたが)

シャウドばかりを読んでいる方にとっては、もしかすると違和感を感じるメッセージもあるかもしれません。

もちろん、感じ方は人それぞれ違いますし、それは自由なんですが、転載のメッセージの中には、「それは重要なことではありません。」「どうでもいいことです。」というような内容が中に含まれているかもしれません。例えば、闇の存在や、UFOの話なんかもね。(笑)

でも、前回にも書きましたが、それぞれの次元での”お役目””意識”があります。

存在たちのメッセージにも、それぞれの次元で対応しています。なので、メッセージによってはちょっと二元性を感じる内容も含まれているように感じるものもあるかもしれないですけど、それは実際に”存在”する真実(その意識の表現で)として語っているのかも知れません。でも、何でもドラマにせず捉われないことが一番です。

もちろんチャネラー(メッセンジャー)の方の意識に二元性があれば、二元的な言葉で表現されることもあるかも知れません。その辺も、心の目を通じて感じて【転載】するメッセージを読んでいただければと思います。

これまで、私はシャウドなどを中心に読んでいたので、世界、宇宙で起こっていること(見える部分、見えない部分も含めて)には、客観的に見て来ました。シャウドでは、世界、宇宙に関して大まかな事は伝えても詳細にはあまり触れていることはなかったように感じます。殆どが手放すこと(解放)、進化の過程に現れることに関して書かれてますからね。

前回のブログでも書きましたが、自己確立(ドラマに捉われない、揺らがない状態)していくと、私の場合は、地球で起こっていること、次元間で行われていることも知っていく必要があることも分かってきました。yoham(私の神)から、他のメッセージなどを通して、視野を広げるため?心の準備のため?に見せてくれているようです。(意識の拡大とも言うか、、、)最初は次元のギャップを感じました。

でも、肉体をもってこの地球に留まり、お役目を果たしていくには、「どうでもよい」の意識では行動していけません。今後、新しい地球で、バランスのとれた世界を創造していく責任を担うには、現実に向き合って、他者とも向き合って、グラウディングしながら行動していかないと出来ないことです。意識は、自由に動けるので、必要な時々に適した次元の意識でいるということなんだなと、改めて感じました。

でも、どのような事が書かれていても、二元性で物事を見ることはなくなります。「ただ在る」という感じで捉える感覚でしょうか、、、。

とにかく、私の過去の出来事や、チャネリングのメッセージなどがリンクしていて、「そういうことだったのか。」と新たに、腑に落としている状態です。昨日の段階で、それもほぼ終わりに入ってきたように感じています。


数日前に、ジャーちゃんから、次の段階に入ってきたことを教えてもらいました。


【次の段階】

今年に入り、多方向で感じて行くことをジャーちゃんから教わってきましたが、先日、今後の課題として、多方向を”3D”で見て行くようにと伝えてくれました。

簡単に言えば、上から覗き込むようにして、上から見ている感覚で全体を見ていくという感じです。覗きこんでいる下には、自分も含みます。自分も、客観的に上から見ます。人との関わり、世界、地球、宇宙、、、それがより拡大していくみたいです。感じる範囲が拡大していくということです。

以前には、どうやったら、前も後ろも、下も上も。各方向を同時に「知っている(気付いている)」状態になれるんだろう。と思っていましたが、これまでの努力が少しずつでも、それに繋がっているということなんだと思います。

今、思い出したのですが、その多方向を”3D”で感じながら”行動して行く”に当たって、どんどん【責任】も増えてきますね。汗。

この時のチャネリングで、ミカエルが言ってたことを思い出して読み返しました。チャネリングは、以前お世話になっていた方です。
→2009/12/3【出現】豊かさの顕現-【確認】
M:「これからが、大切です。

   何を感じ、自分が何を創造し、どの道を選ぶのか、、、それには、あなたの【責任】が付いてまわります。

   これは個人としてではなく、宇宙を司る者、全体性の中でどう生きるか、試されていきます。

   これから先が本当の本番になります。これからが、本来の自己表現となります。」

C:「これからが、大変なんだよー。すべてが影響しあうし。」

私:「また、試されていくのかー!!ふ~。そう言ってたっけ。」


これって、あの時は実感はなかったけれど、今読み返すと、やはり今後のことだとだろうと思います。チャネラーさんの意識はちょっと先を読んでいたんでしょう。深く見れるようになって知れば知るほど、この意味が少し分かってきました。ちょっと、身が引き締まりました。

ますます、責任も出てくるし、自分が発信する内容や、言動にも気を付けていかないと、、、ですね。
yohamと統合されれば、自然に、必要なことだけを語り、必要のない言葉は沈黙するように、確立されていくのでしょうけどね。

ま、今後も、お試しは続きそうです。汗。

お試しは、今でも、ちょこちょこありますよ。もちろん、アスペクトだと気づかず、脱線する時もあります。そんな時は、私はyoham(私の神)に、もっと出来るようになるまで鍛えて!!また、試して!と頼みます。

昔からブログに書いてますが、出来るようになるまでやってれば、「失敗」などないんですから。(笑)

って言うか、今は、例え脱線しても、アスペクトを解放する良い機会になっています。そういう機会がないと浮上できないアスペクトたちもいます。それで気づきます。解放できれば反応もしなくなります。出来事に良い悪いはありません。

何かに反応する(トラウマなど)ことは、そこに反応するアスペクトが存在するだけです。自分が空になればなるほど、どんなものにも影響されることはなくなります。ただ、通り過ぎるだけです。

根源の源(ソース)とかワンネス至る道は、人それぞれに違います。ある段階までいくと進化のための努力は、みんなある程度はあるでしょうけど、レッスン(3次元の学びではなく)内容も、量も、ほんと、人によって違いが出てきますね。

昨夜は、いろいろ分かってくれば来るほどに、私はどれだけまだやること(レッスン)があるのか、と一瞬、ボー然としました。(笑)まだまだ続きそうです。

ま、今から心配することでもないんですけどね。これまで同様に現れた事をただ熟すだけで、誰も、私に出来ないことは要求しません。(笑)

今後に関連することで、新たな事実も垣間見ました。私が思っていた以上に、自分の役割は大きいようです。もう、何を知っても驚かないと思っていましたが、さすがにちょっと固まりました。汗

そんな中で、「もっと自覚しなきゃならんのかな~。」とジャーちゃんに先日言うと「自覚しなくていい。」って言います。(笑)自覚をもつと、先に意識がいってしまうようです。「~ねばならない」が出て来ちゃうからなんだと思います。

今は、感覚をさらに研ぎ澄ましていくことが大切で、それも、深い呼吸を意識的にやってきたことで、少しずつ変化してきているようです。


【豊かさについて】

最初に、錬金術で消えたサイフが現れたことを書きました。

今日、そのことについてジャーちゃんに聞いてみました。


「ジャーちゃん、なぜ、現れたのが ”今”なの?」

J:「今、現れたのは、”豊かさ”の兆候として現れた。」

sara:「それね~、先日のブログに載せたメッセージにも関連しているようだよ。」

「あ~、あれね。あの小包とか、サンジェルマンの銀行とか、1000万ドルの話でしょ?」
→2012/12/1【転載】2012年12月12日と2012年12月21日、そしてネサラに関して起ること~マザー・セクメト

sara:「そうそう!」

「あれさー、ちょっと疑問が残ったんだよね。だってね、進化していく過程では、いろんな執着を外していかなきゃならないのに、あんな内容だったら、学びとか解放はどうなっちゃうの?と思ったよ~。あれは、その人その人に見合ったものが現れるんじゃないの?って感じて。」

J:「そう、あれはチャネラー(メッセンジャー)が、多くの意識のニーズを感じて、それに合わせて表現をしてしまった。」

「そうだったんだ。」

J:「現れる豊かさは、現金という形に限っていないし、それぞれ現れるものも違う。それは、意識的にいないと、気付かないかもしれない。現れるものに意識的にいて下さい。どのような方法で、どのような形で現れるかは、それぞれ違います。」

「わかった~。ブログに書くわ~。」

「そうそう、サンジェルマンの銀行って書いてあったけど、今回のシャウドで、ジャーちゃん、天使の銀行はありません。みたいな事を言ってたわ!笑」

J:「お金に執着していたら、それを反って遠ざけてしまいますよ!」

「そうだね。期待も手放してないと、現れないよね。」


と、、、そういう事なんで、あのメッセージの”小包、キャッシュ”については、忘れたほうが良いでしょう。笑。

今回、さらに気づいた部分(今後のお役目についてなど)に関しての詳細は書きませんでしたが、それは、まだ書く時ではないと感じたので書きませんでした。クツミも、今回書くことには、返事がなかったのです。自分で感じてみなさい。という事なんでしょうけど、発信する内容も、見聞きすることでも、全てにおいて、「見極める」ということも、さらに求められています。 それって難しいな~。と感じます。

今回は、こんな感じです。


★ お知らせです。


【Shaumbra BBS】に12月のマンスリーシャウド3の概要をアップしました。

"匿名希望さん"がご自身の為に翻訳したものをシェアしてくださいました。毎度、ありがたいです。

また、しばしの間、お楽しみを、、、。

12月1日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
The Freedom Series
SHOUD 3: “End of an Era(時代の終わり)”
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
December 1, 2012
www.crimsoncircle.com



◆ シャウドの動画は、こちら↓
http://www.crimsoncircle.com/Library/ShoudWelcomeVideos.aspx


2012/12/12(水)曇り




とうとう2012/12/12に入りましたね。
最近、浄化が続いていましたが、北海道は落ち着いたようですね。

さて、明日からは入院です。数日間のことなので特にお泊り気分に変わりはないです。荷物もだいたい準備を終えました。あさってには手術台の上にいるかと思うと俄かに信じられないような気分ではいますけど。(笑)

余談ですが、本日、娘から電話があり、元夫が、再婚したんですが、本日の日付、12-12-12 12:12 に籍を入れたそうです。娘が、この数字のゴロ合わせに、半分、呆れておりました。笑。でも、めでたい事です。


さて、ここ一週間もあっと言う間に過ぎました。と言うか、時間が加速されてて、時間経つの早過ぎ~って感じです。

前回、ブログには書かなかった事、新たな出来事を書いておこうと思います。


そう、そういえば。9日の5:00PMにシャーンブラ3人の初ラジオ番組がありました。以前にアダマスのハロウィンの誘導瞑想を行ったAWAKENG ZONE(アウェイクニング・ゾーン)で始まったのです。日本では、初めての試みだと思います。

メンバーは、翻訳してくださっている渡辺さん、カウアイに住んでいるJさん、そして、じーださんをゲストに迎え、12月のシャウドの概要(ポイント)も含めた内容と、じーださんの体験などのお話しでした。聞く方も新鮮で楽しかったです。

このラジオ内容は、録音されているので、いつでも聞くことが出来ます。興味あるかたは、聞いてみてくださいね。
次回の放送は、2013/1/13(日)午後5時(日本時間)です。

◆ AWAKENG ZONE(アウェイクニング・ゾーン) 
  「時空の旅人」2012/12/9放送 http://www.awakeningzone.com/Episode.aspx?EpisodeID=1703


さて、以下の内容は、いつものようにチャネリングはsaraちゃん、ジャーちゃんこと、セント・ジャーメインです。

【下の娘のプロセス】
下の娘のプロセスとして、大きな転換点の時と言えば、5年程前になりますが、私が上京する時期でした。2007年の話です。その時は自由選択で娘の意思が尊重されました。

それから、昨年の12月、私が実家から札幌に移る時も娘のプロセスと大きな関わりがありました。一時、イシスやジャーちゃんからアドバイスをもらっていましたが、今月に入って、娘の大きな選択の本番に入りました。

その大切な選択には、私とも大きく関わっています。

11月末頃、今後の【奇跡】と呼ばれる出来事が起こることについて、娘たちには先に伝えるようにとクツミから受け取っていました。

★【奇跡】について、何の話だかわからない時はこちら↓
2012/11/5【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】
2012/11/12【自立:今の状況&真の自由&イエスとマグダラの結婚説の証拠発見?】

今月の3日、私は入院前の最後の検査の日でした。下の娘から「今日は休みだから、一緒に食事をしよう」とメールがあり、久しぶりに一緒に夕食を食べに行きました。最初は、私が入院してから、娘たちが来た時に話をするつもりでしたが、この流れは、「今、話す時だ」と感じました。

【奇跡】のあと、下の娘も参加する可能性のあるエジプトツアーのスケジュールの印刷資料を持って、どう話そうか、、、と思っていました。と言っても、まだ【奇跡】が起こる前のことなので、信じる信じないは別にして、必要な事を話すしかありませんでした。

と、言うのは、エジプトツアーに参加するという事は、2週間も仕事に穴をあけることになり、娘にとって、この選択は大変な事だという事を知っていました。今のポジション、収入も、全て失うことも覚悟しなきゃならないんです。それでも、「自分はどう生きたいのか」を選択しなければならないのです。それには勇気が必要だからです。

最初は、当然、娘のアスペクトは「無理だ」と言いましたが、この話がきっかけで、ただ、日々一生懸命に仕事してきた自分に、初めて疑問が芽生えました。「私はこのまま、この仕事をしていきたいのだろうか、、、」と。

通常、退職するなら一ヶ月前に会社へ伝えれば(就業規則によるけど)、円満に退職できるはずです。なので選択は【奇跡】の結果を待ってからでも、ギリギリではあるけども、何とかなりそうですが、その勤め先は普通じゃないですし(汗)、彼女の責任を任されている以上、上司、部下に対する責任を強く感じていました。責任感+何より「根拠がない」と娘のアスペクトは言います。そりゃ~、そうですけどね。^^;

退職するのも、今から行動に出なければ間に合わないようです。でも、ここで一番大切なのは、【奇跡】の結果を見てから決断するのではなく、どうなったとしても(例え、貧乏になったとしても、どうなっても)自分はどうしたいか、どう生きたいか。の選択なんですね。私には、とても良く分かります。

娘に話してから、この一週間は、彼女にとって苦しい時間でしたが、彼女は少しずつ行動に出始めました。彼女をここまで連れてきたのは、昔、私がプレゼントしたエンジェルヴォイスという本と、娘に譲ったエンジェルカードでした。物を探していたら、エンジェルカードが見つかり、それで引いてみるとカードも本もピッタリの内容が現れるのです。娘はそのメッセージに背中を押されて、少しずつ変わってきました。

今日も、私にインスピレーションが来て、すっかり忘れてましたが、東京で娘と「預言カフェ」に行った時の娘のメッセージを思い出して探しました。録音をテキストに起こしたものなんですが、それを読むと、今にピッタリの内容じゃないですか!すぐに娘に再送しました。

もちろん、娘の中にも、万が一エジプトに行ける機会が与えられるなら、そのチャンスは無駄にしたくない。という気持ちもありますよ。

娘が行動し始めてから、天界がすごくサポートに入っているのがヒシヒシと伝わってきました。それは、本やカードもそうですけど、私を通してだったり、あらゆるサポートが入ってます。これはスゴイ動きとタイミングを見せてくれてます。

それでも、最後の選択は、本人次第ということです。そこに、良い悪いはありません。伝えることを伝えたら、本人に委ねられます。

今、下の娘にとっては、とても大切な選択の時期です。この時にですね。この期間(2012/12/12-2012/12/21)に結果が出るかは分かりませんけど、年末、新年にかけて、結果は己ずと見えてくるんでしょう。

娘には、母である私とか、会社のことではなく、自分自身のためだけに「選択」して。と話してあります。

私は私で、娘に話すことで、親としてのアスペクトが浮上しました。私にとっても解放の時でした。随分、以前に手放してきましたが、深い所に残っていた部分の解放だったようです。

スピリチュアルな自分としては、全て分かっていることですけど、頭で分かっていても、知らない内に親としての顔を持つアスペクトがまだいたようです。どこかに、娘には苦労の道ではなく、たとえ苦労はあっても自分の好きな道で活き活きとしながら過ごしてほしいという気持ちが、娘に話す時に、言葉の中に出てきてしまっていたようです。娘と食事した後に、「あ~、やっちゃったかな私、、、」という気持ちが出てきました。娘のアスペクトに対して、受け入れるのが足りなかったようでした。本当に意識的にいないと、私もアスペクトに乗っ取られてしまいます。無意識にコントロールが入っていたんですね。

家に戻り、saraちゃんに電話しました。

イシスは、「コントロールはしないでくださいね。」と厳しいエネルギーでした。そして、「どちらを選択しても、それは学びがあるだけなんですから、どちらでもいいんです。」と言って、私はその意味が痛いほどわかるので、とても反省しました。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)からは、「**(娘の名前)のアスペクトに謝ってくださいね。」と言われました。

私は、しばらく、それを感じ、娘のアスペクトに心から謝り、反省し、自分の核がずれているのを確認しました。
そして、私自身の親としてのアスペクトを受容し、解放(核に戻す)しました。
例え、家族であっても、【個】を認めていく道ですからね。母とか、兄に対してはそうないんですけど、娘たちに対しては、またちょっと違うんでしょうね。

イシスも、後からちゃんと許してくれましたよ。(笑)

今は、見守り、求められたらサポートしています。


【創造の過程を腑に落とす】

前回のブログで、ほぼ終了したかな?という感じでしたが、あの後、もう少し残ってました。これで、一旦終了でしょうかね?あとは、分からないものは、分からないでいいようです。

殆どが、インスピレーションのように、過去のメッセージや出来事が浮かんできては、理解します。

過去のブログの内容をチェックした時に、その中の1つで、すっかり忘れていた内容がありました。

2011/7/11【再統合:”もうすぐ”と言う知らせが来た。】by Graceさん


この時の内容なんですけど、ミカエルから「準備はいいですか?」という言葉(感覚)が聞こえて、saraちゃんに確認した時の内容です。※Graceさん=saraさん

ミカエルの「もうすぐ」という言葉は、いつも、「もうすぐ」だった事がなくて、すっかり信じていませんでした。笑。なので、この時は、あえて「”もうすぐ”って天界のもうすぐ?」と聞いたんですけど、案の定、もう1年5か月も過ぎてますよ!

そんな訳で、私は思う訳です。「もうすぐじゃないなら、言ってくるなよ。」と、、、。

「ねぇ、saraちゃん、すっかり忘れていたミカエル&ジャーちゃんのメッセージがあったんだけど、女性性と男性性の統合がもうすぐと言う知らせを1年5か月も前にもらってるんだよ。しかも、あの時は、こっちの標準時間で。とまで言ってたのに。笑 確かに天界は時間はないんだろうけどね!」

「ねぇ、ジャーちゃん、なんで過去のメッセージを見ても、確かにその時点のも含まれているけど、ずっと先のことなんだ?ミカエルの時間は、本当に宛てにならん!!」

「もしかして、今、あのメッセージを見つけたのは意味があるのか、、、? そうか!!分かったよ。過去のメッセージが、ずいぶん先を言ってたのには、それなりに意味があったんだ!!」

「それは、【創造】に関係しているね!!」※私の場合

J:「そうですよ。」

「そうか、あの時、今思うと多くが、2年以上が先のメッセージだって事には気づいていたけど、それは、創造の意識づけでもあったんだ。一旦、このような展開という意識づけをして、それが創造される準備の間に、一旦忘れる必要があったからなのか。それが、個人のメッセージであろうと、全体(集合意識)であろうとね。」

J:「そうですよ。」

「だから、創造したら、忘れなさい(手放しなさい)って言うんだ。そして、忘れた頃にやって来るともね。」
(期待(エゴ)を抜く意味も含む)

J:「そうですよ。でも、その創造の時に、創造にも次元があることが分かるでしょ?アスペクトも含めて。どの創造が、具現化するかわかるでしょう?」

「次元、、、? あ、、、そうか、本当だ。なるほど、、、。」

「と、、、言うことは、ミカエルのこのメッセージ、、、今、見つけちゃったし、忘れてたのに思い出したじゃん!」

J:「ま、そういう事ですね! 本当は、具現化してから思い出せばいいんですけどね!」

「そうだよね! ま、思い出したものは仕方がない。今はすぐに流せるからいいか。今に居ればいいよね。笑。」


その間、saraちゃんと色々話をしていて、最後に、ジャーちゃんに向かって言いました。


「ジャーちゃん、”もうすぐ”ってミカエルに言わないように、言っておいてっ!!」

J:「だって、ミカエルにとっては、”もうすぐ”なんだから本当のことですよ。」

J:「でも、本当に、(女性性と男性性の統合は)もうすぐだけどね!」



先日読んだシャウドに、宇宙の最初に意識が現れて、最初に女性性と男性性に分離して、光と闇に分かれたのは、その後だというような事が書いてありました。私たちは、その逆を進んでいるのだとハッキリ分かりました。まずは、光と闇を統合してから、女性性と男性性の統合です。ほんと、本来の自分に戻る回帰の道ですね。

本当に、”再統合”は近いようです、、、。


【写真にハトホル】
昨日、とりあえず歯の治療が終わりました。
で、街に出たついでに、久しぶりにsaraちゃん、IRISちゃんと3人で会うことになりました。

そこで、前日にふっと、タオスの時の”雲”の写真が気になりました。
そこの地方の気候から独特のような雲なのかな~という感じだったので、変わってると思っても、それ以上はあまり良く見なかったし、気にしませんでした。

それが、急に気になったんです。
あの、ムースのようなモリモリの雲の中に、母船かなんかいたんだろうか、、、?(爆)

◆ Yahoo PHOTOS クウォンタムロープ祝祭Photo PW「20070918」
http://photos.yahoo.co.jp/miracles358
【ムースのような雲】※クリックして、拡大で画像は見れます。
hatohoru.jpg

みんなと会った時に、iPhoneから、この画像を出して、saraちゃんとIRISちゃんに見せました。

みなそれぞれに、能力の長けているところが違うので、確認してもらいました。
IRISちゃんは、視覚化とか、夢や、エネルギーを色も含め、感じる能力は長けています。saraちゃんもですけどね。なので、見てもらいました。

「ねぇ、この写真の雲の中に母船でもいるのかな~。急に昨日気になって。笑」

sara:「雲の中は、不安定でUFOとか留まっていられませんよ。ってジャーちゃん言ってるよ。」

「そうなの?なんで昨日、この写真の事を思い出したんだろう?」

「この写真は、タオスのクウォンタムリープの時のでしょ?この写真って、タオスに向かうバスの中でね、私は時差ボケで寝てたんだけど、外国の見知らぬ男性が横に座ってて、外の景色を見ろって何度も起こされては、写真を写したんだよね。笑 この時も起こされて、写真を撮ったら、また寝てたよ。」

I:「この写真の中に、いろんなところに顔みたいのが見えるよ。」

「そうなの?! どれどれ~。もしかして、このイベントには、いろんな存在も来てて写ってるのかもね~!ジャーちゃん、そうなの?」

sara:「うん、って言ってるわ。」

「そうだったんだ~。他の写真に沢山のオーブは写っていたけど、雲に映っているとは思わなかった!!」

I:「これは、龍じゃないかな~? あれ?これは、顔だよね~。この顔、、、見たことあるよね、、、」

この時に、私もマジマジと見た。

「あ~~~!! この顔は、ハトホルでしょ~~!! あのハトホルの本の表紙の顔だ~。ジャーちゃん!そうでしょ?」※拡大の画像の丸の所にハトホルの顔があります。真正面じゃないけどね。ジーっと見てたら分かりますよ。

J:「そうですよ。」

I:「うん、よく思い出したよね。そうだよ、ハトホルの顔だね。マグダラのマリアとも繋がっているもんね。」

本は「マグダラの書 ~ホルスの錬金術とイシスの性魔術」かな?、マグダラはイニシエート受けてたんだっけ。
Amazon.co.jp-マグダラの書―ホルスの錬金術とイシスの性魔術

どちらの本も読んでないのでよく分からないけど、表紙は知ってるからね。

「でも、ハトホルってよく分からないから調べるわ。」と言って、家に戻り、よく調べたら、ハトホル(Hathor)は、古代エジプト神話の愛と幸運の女神でした。
ハトホル - Wikipedia

そっか、きっとクウォンタムリープの時は、天使界、神界、いろんな所からお祝いに来てたんだね。

どなたか、写真を見て、また何か感じる存在などありましたら、お知らせくださいな。


昨日は、そんなサプライズがありました。


【過去のシャウドのこと】
以前に、ジャーちゃんが言ってました。
アセンションの道については、全て、過去のシャウドで伝えています。今のシャウドは、言葉を変えて伝えているだけです。これから目覚めて入ってくる人たちのためにも。と言うような事を言ってました。

まだまだ、過去のシャウドは、私自身もお世話になってきましたけど、女性性と男性性の統合され、神なる自分を体験するところまで書かれているのですから、まだまだ活用できます。


ニューアース・シリーズ レッスン4
「2つの地球」
クリムゾン・サークル 1999年12月11日

この新しい地球へ移行する新しいエネルギーの人間がいます。そして自転車に乗っている人間の映画のこのシナリオでは、人間と自転車は動いていません。それらは、神秘的に浮かんでバランスを保っているように見えます。背景は動いていますが、自転車に乗った人間は動いていません。

さて、後にこの映画を見るすべての他の人には、新しいエネルギーの人間はペダルを踏んで自転車を走らせているように見えるでしょう。しかし、そうではありません。背景が動いているのです。

この物語は簡単なのです、友たちよ。あなた方はペダルをこぐ必要のない、次に行うことを「解明する」必要のない、そして「あなたが知っているべきことは何か」や「あなたがしなければならないことは何か」とマインドの中で闘う必要のないエネルギーの中へと移動するでしょう。というのも、それはあなたのところへやって来るからです。あなたは、グレース(神の恵み)、平和、権能獲得の場所にいるでしょう。景色の方が変わるでしょう。それは適切なように、あなたのもとへやって来るでしょう。あなたがいるようになるのは単純な二次元の道の上ではありません。風景は多次元的であり、あなたの周り中で絶えず変化するでしょう。あなたは現在の瞬間にいる必要があるだけなのです。あなたは、どこにいなければならないかとか、あるいは次に何をしなければならないかということについて心配する必要はありません。というのも、あなたの自転車に静止して座っている時、すべての物事がなるべきようになっているというノウイングネス(知っている状態)に至るでしょうから。あなたは次の経験について心配する必要がないのです。それは大いなる潜在的可能性の中から引き寄せられてくるでしょうから。そこに存在する選択の機会のうちから、適切な新しい「背景」があなたのところへもたらされるでしょう。

もし、自転車に静かに座っているとしたら、あなたは家賃の支払いについてのストレスを必要としないでしょう。あなたの仕事は何でなければならないかについて心配する必要もないでしょう。というのは、適切な仕事の方があなたのほうにやってくるからです。風景が動きます - 環境が変化わります - あなたはそうではありません。

これは、初めは少し心地悪く見えるかもしれません。というのは、明日の朝さえ、目が覚めて、自分が何をするべきか知りたいと思うでしょうから。自分の自転車にただ座っていてください! おお、ペダルをこいで動かさなければ自転車がひっくり返ってしまうだろうとあなたは心配しています。友たちよ、あなたは権能を獲得した人間であり、自転車はそれ自身でバランスされるということを分かってください。適切で、新しい背景がもたらされるということを、ハートの中で知り、信頼してください。

これはどういう意味でしょうか? これは、個人個人が、以前は決して起こらなかったシンクロニスティックな(同時的な)あり方で、あなたのところにやって来るということを意味しています。彼らが癒される時や、古いエネルギーの世界から新しい世界へ行く時に、彼らはあなたの方へやって来るでしょう。

あなたが必要とするすべてのものは、あなたの前へもたらされるでしょう。自転車は同じに留まるでしょう。背景が変わるのです。あなたが善かったか悪かったか、自分の光と闇のバランスはどうだったかを恐れる必要はありません。あなたはそれを通り抜けました。あなたは本当に自分のカルマを解放しました。自分の歴史を書き直しました。カルマの残留物がまだありますが、愛の場所の中で自転車に座って - 信頼の場所の中で-何が起こるか見ていてください。あなたは驚嘆するでしょう。人間達が今まで生きてきたやり方とは正反対になるでしょう。というのも、毎日、彼らは自転車を降りて、てくてく歩き、丘を登ろうと奮闘し、何が次に来るのかしらと思案し、木や潅木の中に何が潜んでいるかと恐れ、タイヤがパンクしたらどうしようと思っているからです。

それは、古いエネルギーの人間のやり方です。あなた方は、新しいエネルギーの人間のやり方を定義しているのです。自己とスピリットへの信頼を通して、この新しいやり方をあなた方は創造するでしょう。静かに座って、このような適切なものがあなたのほうへやって来るのを許す時、起こることに驚嘆させられるでしょう。あなたの知性がこれは行くべき道でないとあなたに伝えている時、「知性が危険信号を送っている時」でさえ、ただ深く息を吸って、解放し、そしてあなたの神聖さの中で知り、信頼してください。


私は、この自転車に静かに座って、背景のほうが動いている状態が現れつつあるのを知っています。いや、もう始まってるのかな?慣れる必要もあるでしょうけど、、、。今は、流れが来たら、それに乗る(行動する)だけです。きっと、いずれは創造する前に、すでにそこに在るという状態になるんでしょうね。

今日は、あっと言う間に過ぎました。12-12-12と言っても、普段と変わりません。笑。もう、先に始まってたって感じです。

そうだ、先日ジャーちゃんに

「この時期、そっち(天界)では、お祝いムードとか?」

J:「ふつう~。」

「そう言うと思ったよ。ジャーちゃんらしいわ。」

こんな感じでした。


では、明日からちょっとの期間、入院してきます。

また!

2012/12/21(金)曇り




今日は、12-12-21ですね。
私にとっては、昨日まではけっこう厳しかったのですが、今日から少し肉体的に楽になりました。
これって、やっぱり21日までの調整だったという事でしょうか?

※チャネリングはsaraちゃん、ジャーちゃんはセント・ジャーメインです。


【手術】
ようやく手術から一週間が経ちました。
入院も退院も予定通りでしたが、思っていたよりも大変でした。

厳しかったというのは
そもそも手術を軽く見ていたからなんでしょうか?
それとも、本当に大したものではないのかも知れません。それすらも始めてなのでよく分かりません。
私は、あまり大病とは縁がなかったので、ちょっとの事でも辛いと感じるのかもしれないですね。

手術にかかった時間は、3時間くらいだと思います。(先生が言ってた)
ストレッチャーで運ばれる時は、ドラマのシーンのようでした。オペ室に着いたのは覚えていますが、その後の記憶がありません。

娘夫婦が後で来ましたが、なんとなく記憶にある程度です。
夜中に一度、目を覚ました時に、うとうとした状態で見えたのが、

・ 無限のマーク
無限の∞マークが、透明の血管のようになっていて、その中には、金粉のような粒子が∞を流れていました。
その後に、太陽のような光と太陽の輪が外側になるような感じで、yoham(私の神)が何かを伝えてましたが、ほとんど感覚だけで、言葉は思い出せません。感覚でいえば「もう、少しの辛抱だから、、、。」みたいな感じです。
取りあえず、iPhoneにメモだけ残して、また眠ってしまいました。

・ 夢- 不死鳥
そう言えば、先日の夢では、
丸?太陽から、蝶が飛び立ち、蝶が、不死鳥?(フェニックス)になっていった感じの場面だったな~。
フェニックス - Wikipedia
これって、不老不死を意味していた夢だったのかな~?

私の今回の手術は、子宮筋腫ですが子宮のド真中にあった為に、卵巣は残し子宮全摘出でした。
もう、子供も産んで、もうお役目を果たしたとはいえ、女性にとって子宮摘出するというのは、複雑な気持ちになります。と言っても、私の場合は、1日位を複雑な気分で過ごし、すぐに切り替えられたことは幸いです。
看護師の方は、私のような年代にも気遣いしてくれるんですね。私がカラっとしているので、ちょっとびっくりしているようでした。笑。

ま、この肉体は借り物で、、、
なぜ、今、ここ(地球)に来ているのか。という観点で見れば、何のことはない事ですけどね。

今回、ここに来たのは解放(カルマ)のため。ドラマにハマる事じゃないですからね。以前、ジャーちゃんが言ってたウケ売りなんですけど。(笑)

これで、女性でもなく男性でもなく、でも、私は私。って感じですね。
筋腫の中にアスペクトがいたので、摘出することでアスペクトたちは解放はされたようです。

自分では、今のところ変化は感じませんが、ジャーちゃん曰く、これから少しずつ自分が変わったことに気づいていきますよ。と教えてくれました。

手術をしたのだから、今までのようにすぐには自由に動けないのは仕方がないことですけど、もどかしいし、辛いものですね。昨日まで特につらかったのですが、それには、子宮の周りにいたアスペクトたちが影響していたという事を知って驚きでした。それは、後から詳しく書こうかな?


【下の娘のプロセス】
前回の話→2012-12-12【12-12-12:娘のプロセス&創造の過程&ハトホル&過去のシャウド】by saraさん

娘はあれから、自分自身を見つめ、すぐに行動に出ました。丁度、私の入院期間中に全て納まるとこに納まったって感じです。14日~17日の間に上司に話、東京の本社(本部)に話が行き、東京にすぐに呼ばれ、また新たな展開を見せ、結局は、辞めることは一時保留になり、一旦東京でやってみないか?その間にやりたい事を探してみたら良いと社長さんが提案してくれて、帰りの飛行機の時間を変更してまで、最後まで話し合って1日考えてから返事をするという事で帰ってきました。

私のような崖から飛び降りるという形ではなく、もっとも理想的な道筋に流れていきました。来年の1月末~2月初旬には引越し予定です。

ほんと、この短い期間にすごい展開でした。17日は私のお見舞いに来た時に、その報告をしてくれ、後に返事をしたそうです。娘にとっては環境が変わることも、この先のことも含めて勇気がいるのです。どんなことも新しいことを始めるのは誰でも勇気がいりますよね。

 ジャーちゃんが、娘の選択に対してアドバイスくれたのは、いくつかの選択技がある場合、それぞれを選択した場合のメリットとデメリットもしっかり感じつくして(デメリットも受け入れる)、その上で、「今、どうしたいか。」を選択すると良いと言ってました。どんなことも迷ったら、この方法で選択していくことによって、「選択」しやすくなり板についてくるそうです。自分で選択するという事は、この時点で感じつくしていると、どんな事があっても、自分の責任において、という意識ももてる。という感じだったので、娘にも話しました。そして、娘は自分で答えを出していきました。※後から追記

18日に娘が引いた、エンジェルボイスという本(インスピレーションで開く本)では、こんなメッセージで、またビックリしていました。テンションが上がってました。笑。

【ヒーロー・ヒロイン】

親愛なる友よ、 私の声が聞こえますか?

ヒーロー、ヒロインとして、
生きる準備ができていることに気づいてください。

ヒーロー、ヒロインとは、
特別な才能や能力がある人ではありません。
いつも真実に向かって
自分より大きな事に挑み続ける人のこと。

さあ、人生の新しいステージの幕開けです。

私はいつもあなたと共にあります。

そんな訳で、彼女は新しいことに確実に向かい始めました。
エジプトには、新しい部署になるので行けないと思いますが、これは単にキッカケだったようです。何がきっかけで人生変わるか分からないもんですね。


【男性性エネルギー(電気的)】
これは、前回に書き忘れたことです。
12月11日に、仲間と会いましたが、出かける前に瞑想をして起こったことです。

瞑想していると、左の人差し指の先、指の腹のちょっと上の一点から、ビビビーとエネルギーが出ているのに気づきました。指から、20㎝くらい先まで、雷のような電気のようなものが、出ているのです。

まるでマンガだよね。

「のだめカンタービレ」(ドラマ)を見た事がある人は分かるかもしれませんが、指の先から出る電波のようなものです。あまりにリアルなので、笑ってしまいました。なんなんだろ。これは~。と。笑。

saraちゃんに会った時にジャーちゃんに聞いたんですけど、宇宙エネルギーを私を通して電気エネルギーに変換したそうです。何が起こるか分かりませんね。

じゃ、右手の人差し指とくっつけて、頭の上に電球でもあれば、点きそうじゃん。とか、これで鉱物でも切れそう。とか言って笑ってました。

ビームと言うか、レーザーというのか?どう表現していいのか分かりませんけど。

この時は、まだ指先から出てたので、saraちゃんの手で感じてもらったら、「いやだ~、感じたくない感じ~。笑い。」笑。本当に電気的なんですよね。私的には、ビリビリじゃなく、ビビビー。って感じ。

で、入院中に、読んだ昔の資料の中に、

・男性性エネルギー (電気的) 与える
・女性性エネルギー (磁気的) 受け取る


と書かれていたんです。

それで、ジャーちゃんに聞いてみました。

「ねぇ、この前の電気的エネルギーって、男性性エネルギーの事だったんだね?」

J:「そうですよ。それは、あなたの中にある男性性エネルギーが出ていたんですよ。」

「そうだったの。」


ま、これがなんで現れたのかまでは、よく分からないんだけどね。笑。 見せてくれたのかな~?


【インナーチャイルド】
私は、昨日の昨日まで、インナーチャイルドが自分にあるかどうかなんかも考えたことがありませんでした。
でも、アスペクトとは、インナーチャイルドも含むとも考えられるのではないかと昨夜の出来事で感じました。

私の受けた手術は、わりにリスクもなく、そんなに苦しいものではないと聞いていました。
確かに、翌日には、少し歩けるほどでしたが、傷の腫れなのか、とにかく胃から下が膨張しそれだけで痛くそれだけで苦しい状態でした。ま、今でも、笑うと少し痛いけどね。笑。

退院しても、長時間はまっすぐ座っていることは出来ませんでした。腫れ?膨張?まるで、妊娠4、5か月くらいのお腹です。

子宮を摘出して、アスペクトは解放されたことは聞いてみましたが、どうも、この辛さはただの術後の症状だけに感じず、退院後に、saraちゃんと電話で話した時に感じたことを聞いてみました。

すると、

「これって、もしかしたら、こうしたらいけない。こうしたら、こう思われてしまう。と言う部分のアスペクトあんだろうか、、、。」

J:「それは、1つのアスペクトだけではなく、複雑に絡み合ったアスペクトが浮上している。」


え~、子宮を取り出して終わりじゃないの~?汗 。もう、手放してきたと思っていたけど、これって、よく考えてみると、様々な場面で、場合にもよるし、、、。甘かった、、、。

それに付随して他のアスペクトが浮上してきていた。しかも、アスペクトがいる部分が、子宮のあたり、、、。だから、もろ手術の後にひびいて苦しい、、、。
痛みで、意識が捉われてしまい。もちろん腹部なので深呼吸も最初は出来なかった。意識が肉体に捉われるので、クツミとも繋がりにくいし、もうどうしていいのか、本当に困った。

アスペクトの解放には、自己チャネで、イエス、ノーだけでもアスペクトと会話が出来ないとアスペクトの意思を確認する上で本当に困るんだ、、、。

ジャーちゃんに聞いても、痛みに捉われて感じつくすことが出来ていないと言うし、次の日には、アスペクトはまだ納得していない。と言う、、、。ジャーちゃんからもアドバイスをもらった。
痛い場所に、アスペクトがいるとは限らないということも、それは、saraちゃんも体験しているという。

この状態では、私もレイキで、自分の体をスキャン(全身を手のひらの感覚でさぐる)することは、ちょっと困難だった。


試すうちに、かすかに深呼吸が出来るようにはなったので、一昨日に、私が感じきれない分をsaraちゃんがレイキを使って遠隔で感じてくれてアスペクトのいる場所はだいたいわかった。もう疲れて目もくぼみ始めていた。

昨夜になって、やるだけやっても、解決の道がなくどうしたら良いのか、、、。アスペクトが答えないのか、私が繋がれないのか、、、ほとほと力も尽きてsaraちゃんに、電話して話すうちに泣けてきた。

「ねぇ、saraちゃん、私のアスペクトと繋がれる?聞いてみてくれる?」

sara:「・・・あ~、固まって言葉も出せなかったようだよ、、、。」


アスペクトは、男の子の子供でした。まるで3歳~4歳くらいの。

最初の言葉は、、、

ア:「なんで、手術する前に相談してくれなかったの?!」

私&sara:「え~~~!?」(そこですか。って感じ。笑)

ア:「いつも”痛い、痛い”って言ってボクに気づいてくれないんだもん!」

「そんなこと言ったって、、、。そこに居るの知らなかったし、、、。汗」


子宮の中にいたアスペクトは、摘出したと同時に解放されて、自分だけ取り残されたように思って気づかせようとサインを出していたみたいです。

でもとにかく認めて欲しいという気持ちは分かったので、ごめんね!と謝りました。謝ると満足したのか、私の肉体もスーっと楽になってきました。

sara:「少し、緩んできたしょ?!ふわ~って!!」

「うん、今、楽になってきた!」

ガチガチに固まっていたのが緩んできたようです。

アスペクトのご機嫌も直り、核に戻るのに、手伝って!と言いました。

最初は怒っていたけど、ちょっと、拍子抜けするくらい、単純で、素直でした。(笑)

深呼吸で核に戻してというので、深呼吸しハートチャクラのあたりの核の部分に戻るイメージをしながら手伝っていると、saraちゃんが、どうも、遊びながら行ってるようだ。と言うんです。アスペクトによっては、確かに戻るスピードは様々なんだけど、ちんたらちんたら。

「なに、遊びながら進んでるの?」

sara:「うん、外の世界を見るのが嬉しくて仕方がないみたい。」

「まぁ、汗 分かる気もしないではないけど、、、。」

sara:「あら、早くなった!認めてくれたからだわ。」


少し時間はかかったけど、その後、めでたく、核に到着しました。とっても喜んで、「ありがとう。ありがとう!」と何度も言ってました。

なんか、めんこく感じてきた。笑。

さて、少し体も楽になってきたんですが、何かまだ腹部に在る感じです。

もう一度、saraちゃんに聞いてもらいました。

また、子供です。(どうなってんの~~?!今日の話では、こちらは女の子っぽかったようです。)
今度は、先に謝り、もうすぐ核に戻りたいという感じですが、自分では無理のようです。

最初のアスペクトは、呼吸によって、核に直接向かっていきましたが、今回のアスペクトは、核に繋がっている透明のチューブから、吸い取られて行きたい。というので、イメージしました。

案の定、遊びながら進んでます。汗。
リアルに、「うわ~。とか、すご~い!!」とか、まるで宇宙(異次元)の中を始めて散歩しているかのようです。(どんなだ?)

三次元で表現するなら、八景島シーパラダイスに連れていってる状態だよ。透明のエスカレーターで水槽の中を見てる子供。

「あんね~、核にいったら、もっとスゴイんだぞ~~!!もっと早くいく?」

ア:「うん!!行く!!」

「じゃあ、チューブを太くするぞ~。」

しまいには、チューブの先から、息を強く吹いて~~~!!とリクエストまでしてきた。
(一気に核まで到着するように)

「ちゃんと、着いたの?」

sara:「ちゃんと着いたけど、もうどっかに行ったわ。笑。」

「うん、感じる、、。もう、あっちこっちに目が奪われてるって感じだね。返事すらしない。笑。」

「いいな~。先にアセンションしてるんだもんね。第三サークルに着いたのか?どんだけいい所にいったのか。ちょっと羨ましくなるね。私も見てみたいわ。」

子宮の周りに浮上していたアスペクトは、とりあえず解放出来たみたいです。
私には、気付かなかった、子供の頃についた信念体系かもしれません。親や、周りの大人から言われて信じ込んだものかも知れません。こんな深い部分にずっと残っていたんですね。

信じられないでしょうが、これは、真実です。なんでもありの世界なのです。
ま、体験はそれぞれ違うかも知れませんけど、昨夜このアスペクトたちを解放してから今日はずいぶん体が楽になりました。おかげで、お腹も少し膨張も引きました。ヨカッタ!

もちろん、物理的に、肉体に傷が入ったので、そちらは自然に治るまでは仕方がないですが。

今は、こんな感じです。退院後の診察は25日にありますが、後は徐々にですね。

21日までに、アスペクトのことがひと段落して、ほんと良かったです。手術しないと浮上してこれなかったんでしょうね。

仲間で、年末に忘年会もするので、それまでに元気になろうと思っています。


では、また!!

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。