スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/11/1(木)曇り


昨日からの続きになりますー。
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅰ)】by saraさん
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅱ)】by saraさん



さて、、、これから書くことは、ずっと書くタイミングを失っていたわけですが、こうやって結果が見えてくる時にようやく書けるものなんですねー。なぜだったのか今ならわかるって感じです。

細かいことを書けば、キリがないです。

でも、余談ですけど、自分の周辺の整理を今年になってから促されてました。

例えば、昔の名義(苗字)だった通帳の解約やら、ね。きっとエネルギーを完全に切るためでしょう。

昨年に、旧姓に戻したことで、ある程度カルマは消えましたが、完全に切るために必要みたいですね。

そして、自分に合わないエネルギーの銀行も、キャッシュカードが使えなくなったりで、理由を聞くと解約しなさい。ってことでした。目には見えない事ですけど、周辺のエネルギーも不要なものは排除するって感じかな? そこまでするようです。

今思えば、入って来るエネルギー(お金)も極力クリアに保つためだったかも知れません。

離婚したあとに、そのまま使用しないで残っていた古い通帳も、全部、解約も終わりました。

フルアセンションしたら、こんな残骸が残っていたら、残った家族が整理するのも大変だしな~。なんて死にゆく人みたいな感じだけど(笑)実際に、そこまで考えて、整理していきましたね。極力シンプルにしておこうと思って。(いつかは、わからんけどね!)

必要なことはちゃんと促しがあると思うので、何も心配ないですよ!ただ、何でもですけど、意識的にいないと気づかない事もあるかも知れません。

これは、1つの例えです。


【肉体の症状とアスペクトの関係】チャネリングはsaraさん、ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

ところで、、、、。

アスペクトの解放って、ただ単に、自分の核、真の自己に戻す、あるいは統合させる。という意味だけではありませんでした。3ヶ月前くらいだったかな~。ジャーちゃんと話していて、分かりました。

アスペクト=過去世、現世の自分の一側面が複雑に絡み合っている(自分なんだけど、本来の自分じゃないもの)

アスペクトによっては、単純なものから複雑なもの、さまざまです。私はどうしても人間的に捉えてしまいやすいので、アスペクトも1人の人間のように感じたりするし、そのように接することがあります。

多数、団体で押し寄せる時もあれば、頑固な単体と感じる時もあります。

超~素直なアスペクトもいます。そんなアスペクトには、「”めんこい”ね~~~♪」と言う感じです。(笑)


ジャーちゃん曰く

J:「アスペクトたちの解放は、低い次元(3次元)にいるものから統合されていく。ハイアーセルフとの統合はまだ先の事で、後からですよ。いずれは、統合されていきますけどね。アスペクトたちが統合されていく事というのは、アセンションなんですよ。」

「え~~!! そうか、アスペクトたちがyoham(真の自己)と統合(戻る)ってことは、アセンションっていう意味か。そうか!!なるほど~~~!!」アセンション=コズミック・アセンションの意味
※コズミック・アセンション→【自分の段階を知る:ポイント!】byGraceさん

「低い次元のアスペクトたちが、先にアセンションしているのか。」

J:「もちろん、必要なアスペクトたちもいますからね。アセンションには影響ないアスペクトたちはね。」

「うん!!」


私は、この話を聞いて、とっても腑に落ちた。だから、解放したアスペクトたちが、喜んでいたり、あ~~楽になった。もっと早くに戻ればよかった。なんて言ってるのを感じていると、その意味がより理解できる。

アスペクトの解放をしていて、肉体は「宇宙」を実感したとブログに書いた時があったけど、アスペクトたちは、いろんな次元にいる。それは細胞の中やら、原子、、DNAもか、、ミクロたぶん、マクロ単位なのかもしれない、、、。

アスペクトの解放=アスペクトたちのアセンションである。(驚)

で、

肉体の症状、病状には、何等かの要因がありことは多くの人が知っていることです。
普通に、病気になるのは、原因がありますよね。それが、一般的に知られている原因であろうと、精神面からの原因であろうと、、、。

でも、病気の症状、病状または、例えば肩こりや頭痛などの症状だったとしても、アスペクトと言う認識は、殆ど知られていないことだと思います。

このことに気づき始めたのは、今年の5月の時でした。まだ、せっせと毎日、明けても暮れてもアスペクトの解放をしていた時です。

5月、、、いつもの時期に、生理が来ませんでした。

でも、ある日、激痛に近い「生理痛」が起こったのです。でも実際には始まらないので、これは何事かと思いました。

今から思えば、あの時にyohamが教えてくれていたんでしょう。体験をして気づかせようとしていたのだと感じています。

あまりに痛く、とうぜん生理が来るのだと思いました。でも兆候はないので不思議でした。

もしかして、アスペクト??と思い、クツミに聞きました。どうもアスペクトだと言うことが分かりました。

正面から向き合い、痛みを感じつくして、「来るなら来い!」と、痛みと向き合うのに気合い?(笑)も入れて。

すると、すごい大量のアスペクトが、肉体から剥がれました。

言葉で表現するのは難しいけど、この時は、すごい勢いで剥がれたという感じです。

超~リアルに、黒っぽい物体が「ベリーッ!!」って感じ(笑)

その感覚と同時に、痛みが嘘のように止みました。

この時ほど、アスペクトが解放される瞬間を実感できたことはありませんでした。

数分して、(数十分?)

また、激痛と共に大群が押し寄せました。

また、同じように繰り返して、勢いよく剥がれました。数回繰り返したでしょうか?痛みは嘘のように止みました。
この激しい解放は、その日だけだったのか、、、その月に何度かあったのかも知れません。

でも、生理がなかったおかげで、アスペクトの痛みと混同せずに済んだのです。生理で、生理痛だと認識していたら、認識しにくかったでしょう。

通常、アスペクトは、この痛みを感じていて、そこに留まっています。痛みを伴いながら低い次元に留まり、早く解放されたがっているアスペクトもいれば、石のように動けないアスペクトもいるし、様々です。でも解放されたがっているアスペクトは浮上して知らせています。

でも、こちらの準備が整っていないと、なかなか解放は困難です。
アスペクトの尾ひれはひれは、知らずに解放されていくこともありますけど、大元は、最後に浮上することが多いです。

この体験をした後に、、、

最初は、生理痛に似ているので、お腹にアスペクトがいるのか?腰なのか?子宮のほうか、痛みは一か所(1点集中)では感じないため、腸なのかもしれないとも思いました。

「でも、なぜ、、、この部分なんだろう???」と疑問に思い始めました。

それで、ジャーちゃんと話しているうちに、この体験は、これまでアスペクトを解放してきたのとは、ちょっと違うケースだったので、聞いてみました。

「ねぇ、アスペクトはお腹にいるのかな?」

J:「腸は、近いけれども違う、、、。」

「あ、、、、という事は”子宮”の中っていうこと???」

J:「そうですよ。」


私は、感じてみました。

「ね、、、ジャーちゃん、、、もしかして、、、このアスペクト、、、子宮にいるってことは、過去世の近親相姦とか、性的虐待と関係しているでしょ、、、、。」

J:「そうですよ。子宮内膜症とか子宮筋腫は、その最たるものですよ。」

「やっぱり、、、。私の場合、マグダラの時は、酷いものだったし、、、他の過去世でも沢山あったんだろうな~。」

※ マグダラの出生からの生い立ちは、SESのスクールの時にトバイアスがマグダラのマリアの許可を得て話している。私は、自分がマグダラと知った後で、SESを聞き直した。これを自覚するためにも、自分を思い出したのかもしれない。

でも、つい先日、自分が子宮筋腫だってわかって、、、。こうして「今」これを書いてるってー!

ま、子宮筋腫だって、4、5人に1人はあるって言うし。内膜症の人も多いよね。どんだけいるのか。って話だね。
過去世の回数が多い分、いろいろあったって不思議じゃないか。って感じ。


「じゃあ、生理の時って、痛みがあるでしょ?少しは解放してきたの?」

J:「溜ったものは、少しずつは解放されている。」

「ヒーリング(レイキ)でも効果はある?」

J:「子宮に手を当てるといいですよ。」

(時間がかかるのか、根源から解放できるのか、までは聞かなかった)

この時に確認したのが、要は、カルマの解消でもあるってことのようです。

「じゃあ、腰の痛みは?」

J:「怒り、感情の部分。でもギックリ腰は違いますよ!それは、疲れから。」

「じゃあ、ガンは?」

J:「それは、自分の弱い部分に来るんですよ。」

「胃とかは?」

J:「我慢や、自律神経から来る。」

「ねぇ、例えば、子宮とか手術で取ったりしたら、カルマはどうなるの?その時に解放されたってこと?」

J:「そうですよ。」



こうやって書いていると、私の質問ってホント子供が質問するのと同じだよね。(笑)

あと、ジャーちゃんは、

J:「体の声を聴くということですよ。体調だけではなく全て。」

と言ってました。

「ねぇ、喘息とかって、、呼吸だよね、、ってことは、、、生きる事に関係しているんってこと?」

J:「そう、死に対する恐れ」(が強いって意味だと思う。誰しも大なり小なりあるから)

「シャウドでアレルギーは抵抗ってあったと思う。」

J:「それは、肉体を持ち始めた一番最初の頃からのもの、、、」

「じゃあ、レムリアかな~?」

J:「最初は、肉体を維持しなければならない。肉体を守るというところから始まっている。」

で、私もsaraちゃんもアレルギー性鼻炎もあるんだけど、このアスペクトがまた頑固でね。ナカナカ、核に戻ることに同意してくれない。汗

他のアスペクトは、結構、周りのアスペクトも感じていて、「え? あなた、核に戻るんですか? じゃあ、私も戻ろうかな?」みたいなこともあるんです。(笑)

アスペクトたちって、自分の存在が無くなることを恐れているんです。自分が主役、自分がいなきゃ、この肉体は誰が守る。とか、色々ちゃんと持ってまして。アスペクトには、アスペクトなりの理由(言い分)があるんです。

でも、今の時に、実際に必要か?となると、これまでは、それで存続できたけど、もう必要ないでしょう?と納得して頂かなければならないんです。アスペクトたちに、あなたが消えるわけではない。統合されて、体験は一緒にしていける事を知ってもらう必要があるアスペクトたちもいます。でも、あくまでもアスペクトたちの選択を尊重していく必要があります。ほんと、人間と同じです。

でも、アレルギーのアスペクトたちって、ちょっと独特で、他のアスペクトたちを見てないし、感じていない。古い古い、自分たちだけが、守ってきたみたいなところがあって、とってもプライドも高いって感じなの。(笑)

だから、今だに、アレルギーの起こしているアスペクトたちは、時間がかかると見込んでます。

実際、ホコリや、気温や湿度でいちいち反応する必要はどこにあるの!!って感じで、そんなので、死なないんだよ!!って言いたいとこだけど、まだ、私に必要なんだと信じているんでしょうし、私には分からない部分で、本当に必要なのかも知れません。

でも、とにかく解放されたアスペクトたちは、戻ってくるとジャーちゃんも言ってますが、、、それが、どんな形で戻ってくるのかは分かりません。

ふ~ん、どうなんだろうね。戻ってきてる事自体、自分で分かるものなのだろうか、、、。


アスペクトの解放に至るまで、、、

以前にも書きましたが、私の場合は、顕在意識で自分の不要なものを内観を通じてある程度解放し終わった頃、核(yoham=真の自己)と繋がり、さらに、自分を空にしていくプロセスを経て行く中で、潜在意識の不要なアスペクトの解放が始まりました。(2011年~)

その段階、段階で必要なアスペクトたちはいます。

なので、必要に応じて、アスペクトの解放も意識させられると思います。

この潜在意識のアスペクトの解放を行うには、核やハイアーセルフとの繋がりがとても重要です。
そして、他者も自らも、日常的に客観視できている必要があります。

なぜならば、客観視出来ていなければ、自分がアスペクトに乗っ取られているのに気付かないからです。
もちろん、深い部分のアスペクトは肉体を通じて(痛みなど)で知らせてくる場合もありますが、自分のクセや、思い込み、自我の部分の気づきには、自分の内側にあるものに気づいていなければ、解放のしようがありません。

こうして解放をしてくると、相手のアスペクトにもすぐに気づきます。
殆どの人が、アスペクトが入れ変わり立ち代わり、前面に出ているアスペクトと話しているようなものです。

それが、その人の信念体系ともいえますけど、不要な信念体系で生活している場合は、その時その時で不要な信念体系をもっているアスペクトが、言葉を発していたり、思考を牛耳っています。

決して、良い悪いではありません。私自身もそのように生きてきましたし、みんなそうなのです。

その都度、自分にあるのもは、必要なものなのか、不要なものなのか、疑問をもって感じてみると分かりやすいかも知れません。

でも、その前に、本当に、自分に判断(ジャッジ)をもたないよう、どんな自分でも、そのままの自分を「受け入れて、許す」がとっても大切ですよね。

アスペクトの解放の方法がわからなくても、どの段階でも出来ることは、

シンプルに、

「思いっきり感じつくす(痛みだろうが、怒りや悲しみだろうが)」こと。

「ありのまま受容する(認める、許す、例え”分からない”ことがあっても)※判断なしで」こと。

「手放す(流す)」こと。


それでも十分なんですよね。結局は、それをやっているのと同じことです。
ただ、どんどん深く見れるようになっていく過程で、出来るようになります。

もちろん、最初は、ファシリテーターの助けを必要とするかもしれません。


”まるごと、自分を愛せる”って事が、どれほど素晴らしい事なのかを、多くの皆さんに実感してほしいです。

多くの方が、心をオープンにして、どんな壁や制限も取り払っていけたら、どれほど素晴らしいでしょうか。

ぜひ、超えていってください。物事を超えて見てください。

トバイアスが、よく言ってましたね。物事は見えているものだけではないと、そこには、多くのものがあると。

本当にその通りです。そこには、沢山の気づきがあります。


今回は、こんな感じです。

---------------
<参考>
セント・ジャーメインのアスペクト解放の方法
【自己回帰ワーク:アスペクト(自己側面)の解放&saraさんの体験】By saraさん


スポンサーサイト
☆My Blog-2012年【目次】-20(7-9月)から


*  *  *

10月は、クリムゾン・サークルの東京で行われた来日ワークショップの活動に加え、同時に、個人的な大きな節目の出来事も重なり、忙しい日々を送っていました。

無事にイベントを終了し、その中で学んだことは大きなもので、多くの喜びもありました。

中旬を過ぎた頃、本格的に、肉体のケアに取組始めました。それは、アスペクトの解放を意味しています。

11月4日、今後のことが見えてきました。



 2012/10

★ お知らせ チャネリング・ワークショップ開始時刻の変更について
★ ワークショップ参加希望者(追加)について
★ リンダさんから日本の皆さんへメッセージ
★ お知らせ 【終了】2012年10月チャネリング・ワークショップ
【最近の状況②:裁判:証人尋問&0の夢&豊かさの流れ】by saraさん
★ お知らせ 2012年10月 途中ですが、至急アップしました!
★ お知らせ アダマスの希代のアドベンチャー!に参加しよう!
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅰ)】by saraさん
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅱ)】by saraさん


 2012/11

【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅲ)】by saraさん
【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】
【自立:今の状況&真の自由&イエスとマグダラの結婚説の証拠発見?】
★ お知らせ シャウドを読む方法&翻訳者募集&ML参加者募集
【私の真実:ヤハウェイ&新しい地球&アルシオーネとセクメト】by aya,saraさん
【私の真実:アルシオーネとセクメトの続き&次元&疑いについて】by saraさん
★ お知らせ 2012年11月のシャウドの概要が読めます。
★ お知らせ 「自由」シリーズ シャウド1をアップしました。

 2012/12

【転載】2012年12月12日と2012年12月21日、そしてネサラに関して起ること~マザー・セクメト
【近況:肉体&錬金術&意識の拡大&次の段階&豊かさについて】by saraさん
★ お知らせ 2012年12月のシャウドの概要が読めます。
【12-12-12:娘のプロセス&創造の過程&ハトホル&過去のシャウド】by saraさん
【12-12-21:手術&娘のプロセス&男性性エネルギー&インナーチャイルド?】by saraさん



*  *  *

☆My Blog-2013年【目次】-22(1-3月) へ
2012/11/5(月)晴れ



夜が明け、すでに6日ですが、5日の内容です。
-----------------------------------------

今日は、久しぶりに晴れました。
日々、秋を感じ、確実に冬に向かってますね。遠くの山は、いつの間にか色づいてました。

今日は、久しぶりに用事で出かけました。

ちょっと、気は早いけど、入院に必要になりそうなものを買ってきました。ちょっとしたお泊り気分です。(笑)
貧血のほうは、街に出かけてみて自分でも以前と違いに気づきました。あまり疲れませんでした。違うものですねー。少しずつ良くなっているようです。

saraちゃんとも久しぶりに会って、楽しく時間を過ごし、夕食は中華を食べてきました。おいしかった!


自立宣言の後は、ジャーちゃんを感じてみると、ちょっと距離感をもって見守ってくれているようです。

季節の変わり目で、あまりにアレルギー性鼻炎が朝方にひどいので、saraちゃんと話していたら、これは答えてくれたようです。(チャネリング:saraちゃん ジャーちゃん:セント・ジャーメイン)

「アレルギーのアスペクトは、いつになったら解放できるかな?コズミック・アセンションの時に解放できるんだろうか?」

sara:「コズミック・アセンションの前には解放できるみたいだよ。(ジャーちゃん)


ま、その時期までは仕方ないようです。

そして、昨日、一昨日あたりで、サインがあり、この先の事が少し見えてきました。それは、想像以上のことでした。


【アダマスのハロウィン、アドベンチャー】
日本時間なので、11月1日(木)の夜明け前、、、午前4時頃、準備を始めました。

最初に、ジェフとリンダの話があり、アダマスになって、ドリームウォーカーの説明?話をしていたんじゃないかと思います。始まる前から呼吸をして、準備万端にしていたのに、英語で意味が分からないのもあって、「何がなんだか。」って感じでした。(苦笑)

で、肝心な誘導瞑想に入ってから、気付くと、気を失ってました。(笑)寝ていたのか、無の状態になっていたのか自分でも分かりません。気づいたら終わってました。

「え~~~!!」って感じ。

「せっかく、待ってたのに~~~。何やってんの?私~~!」

それで、気を取り直し、もう一度、誘導瞑想の部分だけ、聞き始めました。すると、また、その部分で気を失って、終わると気が付くのです。まったく、なんだか分かりませんでした。意識的に体験しないと分からないじゃないかー。って感じですよ。まったく。

でも、この意味は、後から分かりました。

たぶん、アストラル界の旅のほうは、私は必要なかったのかも知れません。
以前、夢の中で、ミカエルに連れて行ってもらったことがあるからです。私のは、ちょっと独特の次元の一部だったけど、、、。この時は、後から感じたけど、ミカエルと一緒だったように感じます。
 2009/8/18【夢】のはなし

最近、私は、意識的な深い呼吸のワークなどをずっと続けてきましたが、瞑想はしばらくやっていませんでした。

でも、この時に瞑想する必要があったのです。

アダマスの誘導瞑想に入る前に、準備している段階で、英語の音声を聞きながらも瞑想状態に入ってました。

すると、久しぶりに【錬金術】で、右手に何か持っているのを感じました。

昨年、実家にいた時に、何日も続いて【錬金術】が起こりました。
昨年の錬金術の話 → 2011年3月頃

あの時は、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)によく確認していたので、すぐ自分で感じたものを理解出来ました。

今回は、”自立”を宣言?しているので、ジャーちゃんには聞かず、自分の感覚のみです。

なにか、スコップの握る部分のようなものを右手に感じていました。でも先のほうは、スコップのように長いものには感じませんでした。でも、確かに何かを握ってました。この時は、今は何か分からなくても、知る必要のあることであれば、その時に理解できるだろう。と手放していました。

でも後日、すぐに理解する時がやってきました。(後で書きます。)

でも、ハロウィンの体験のほうは、結局は、何も感じず終了しました。ち~ん。←試合の終了ゴング(笑)


【肉体の脱ぐ時期】
11月3日(土)

私は、ザ・グループのメッセージを読んでました。
2222年の事が書かれていました。

「2222年の年は魔法になります。その時、巨大な進化のサイクルが終了します。」

と書かれていました。
詳細は→ライトワーカー・ジャパンから 進化:2222年

この時はまだ、「ふ~ん。そうなんだー。」という位でした。
(最近では、何を読んでもすぐに忘れるし。)

ただ、他のメッセージも読みましたが、この2222年だけは印象に残っていたみたいです。

この時は、それだけで終わりました。

翌日、、、11月4日(日)

なんだか急に、過去のメッセージ(自分の受けたチャネリング内容)が頭に浮かんできました。

それは、2008年6月21日のスターシードからメッセージを頂いた時の内容です。
その時→2008/6/21夏至&スターシードからのメッセージ【確認】

「この先、6次元、7次元、8次元。。。。と進む時に、肉体を脱ぐ時期を選択する。」


「そういえば、、、あの話はどうなった? 私は今どこにいるんだろう???」

すっかり、「今」にいたら、自分がどこにいるのか、どんな時期なのかも気にしなくなっていた。
考えてみたら、もう千年紀に入っているんだよね。

クツミは、「もう大人になったんですよ。」と言うけれど、、、確かに、ずいぶんと振り返ってみたら進んだような、、、。とは感じるけど、人の事は感じても、自分の事って良く分からないものなんですよね。

「もしかして、、、そろそろ、肉体を脱ぐ時期を決める時に入ったのかな~~。」

「ねぇ、クツミー。もしかして、もう決める時期に入ったの?」

「Yes!」

「そうか、でも、これって自分で決めなきゃならないの?」

「Yes!」

「yoham(私の神)が決めたっていいじゃん。私は、何を基準に、あと何年!って言えばいいのさ。通常の人間の寿命範囲なら、想像できても、普通じゃないしっ!わからんじゃん~~!!」

「もう、分かるわけないよ。yoham~~~。どうしたらいいの?だいたい決まってるなら、教えてよ~~~。」

「もしかして、2222年とかさ。」←ジョーダンのつもり。

で、一旦会話は終了して、数分後、、、、。

ふっと、デジタルの時計を見たら、「22:22」だった!!(笑)

「わかった!!2222年なんだね! って、長いよ~~~。まだまだじゃん~~!! でも、もういいよ。それにしよう。きっと、その時期までは必要なんだね。」

私は、昔、このブログでも書いたことがあるけど、若い人達が目覚めて、バトンタッチ出来る時期が来たら、とっとと肉体を脱ごう~と思っていた。

ま、その時は、天界や、故郷に早く帰りたいという気持ちや、恋しい気持ちが強かったからかもしれないけど、、、。て言うか、肉体をもってるのシンドイ、、、。って感じだったのかな?

でも、今の状況は、過去よりもずっと楽になってきたし、天界や故郷に対しても、先日のジャーちゃんからの自立を機に、執着のようなものが一気に消えたことと、何か繋がっている感じがしている。
その思いが強ければ、私は同意できなかったかもしれない、、、。全部、この「選択」の為に準備されていたように感じる、、、。

まあ、この肉体を脱ぐ時期ってね、一度決めたら、変更ってないのだろうかね? 

以前にジャーちゃんに聞いたことがあったな。

「300年も肉体にいて、飽きなかったの?」

J:「楽しくなければ、300年もいる訳ないじゃないですか!」

ってね。だから、きっと、楽しいに違いない。

次元を行ったり来たりも出来るんだろうし、ま、いいか。って感じ。でも、気が遠くなるような話だから考えるのは止めた。(笑)確かに、時間はどんどん早く感じるだろうけどね。時間の感覚も変化するだろうし。

もちろん、肉体を脱ぐ前には、統合して、コズミック・アセンションは完了していますよ。
コズミック・アセンションまでを選択した魂の場合でも、この時点で肉体を脱ぐ人が殆どみたいで、その後、肉体を持ち続けるのは、ごくごく少数みたいです。

と言うことで、私のガイアで転生最後の人生は、まだまだこれからでした!(笑)

ほんのちょっと時を過ごしたにすぎません。それにしては、”濃い”前半でした~!!汗


【今後、起こること】
11月4日(日)同日、、、

ハロウィンのイベントから、瞑想は続けてましたが、その後は【錬金術】は現れませんでした。
自分の肉体を脱ぐ時期というのが、分かった後、今度は、そうそう、、、、私は、また”宝くじ”を買うんだっけ、、、。

このサインは、先月にすでにもらってました。
2012/10/16【最近の状況②:裁判:証人尋問&0の夢&豊かさの流れ】by saraさん

薄々は感じていましたが、この時のブログでは書かなかったけど、その数日後に、クツミに確認していたのです。

その通りだったんですけどね。

ま、確かに、今の預金も数か月もすると底に着くのは分かっていました。でも何も心配はしていませんでした。
【奇跡】が起こった後、かなり借金の返済などで、大金が流れて行くのを見た時に、どうなるんだろう?と感じたことはありますけどね。でも、もう二度と、以前のような生活にはならないと知っていたので、安心して委ねてました。もう、そうなるがごとく生活もしてますので、何も考えておりません。

そう、たぶん年末ジャンボを買うでしょう。(笑)

これも、また書くの?ってクツミに聞いたら、「うん!」と言うので書いてます。

いつも、大胆な発言をしていますが、それなりの結果がついてきてますので、ずいぶん慣れてきました。あはは。

で、そう結果がでると、さて、、、来年は果たして何をするやら、どうなるのやら、、、っていうところですが、まず、最初にわかったのは、クリムゾン・サークルのエジプトツアーに参加することが分かりました!!

「エジプト」は、クツミと深い繋がりがあるし、アダマスとクツミのチャネリングのあり、yohamの音楽もまた聞けるし、ナイル河クルーズもついているし、、、魅力は満載、、、。

でも、今は確かに、豊かにはなったけども、家族は知らないことだし、、、私が海外に行くのはおかしな話になってしまうし、ツアーには行きたいけれど、そこまで余裕もなかったので諦めてました。

かなりの「自由」は手に入れましたが、家族が知らないという意味では、あと”ひと超え”って所でした。

でも、今回は、きっと家族にも話すことになるのかな?って感じです。クツミに聞いてないけど。(その時になったら聞くけどね)

で、クツミに聞いてみました。

「もしかして、、、、私、、エジプトに行っちゃったりなんかする?? へへ。」

「Yes!」

「マジ? ほんと?」


と何度も聞いたら、しつこいとばかりに答えてくれなくなりました。(笑)

自分の感覚を疑うなって事を言ってるんだけどね!分かってても聞きたくなるんだよ。それが、、、。

もう、嬉しくって、1人でわ~い。と盛り上がってました。

で、クリムゾンのエジプトツアー(14日間)の所を翻訳機能で読んでました。
→ EGYPT ADVENTURE, CAIRO, FEB 9-21, 2013

そこで、目にした画像に釘づけになりました。

           これ↓
4182.png

「あ~~~~!!【錬金術】で、持っていたのは これだ~~~!!これこれ!!」

そう、この青い、、、たぶん、、、、”十字架?”かな?

そうか、ジャーちゃんが、ハロウィンのアドベンチャーの参加を促してくれて、結局、久しぶりに瞑想して、【錬金術】で、この青い十字架をyoham(私の神)が感じさせてくれて、そして、この流れが分かりました。

「はて、、、でもな。確かにタオスの時は、英語が全くダメなのに行ったよね。あの時は、現地に行けば数人は日本から来ていたので、何とかなった。ジェスチャーでどうにかしたし、英語圏だから何とかカタコトでも通じたけど、今度はエジプトかーーー。通訳さんでも同行してもらわないとだめかな~。」

と思ってみたけど、、、。

薄々感じていたことを、クツミに確認すると、やっぱり、今回、私は、「ツインレイ」と同行するみたいです。

と、言うことは、、、その前には、ツインレイと出会うってことになる???

ツインレイとは、会った瞬間に自分だと分かると聞いていたし、テレパシーでお互いの全てもことも一瞬で理解できることも知っている、、、。お互いの目的も一緒なのも知っている。国籍は、アメリカ国籍で、どこの国の生まれかは、まだ知らない。アメリカ国籍ってことは、英語は出来るだろうと思っている、、、。

なので、何とかなるだろう~~~。ってことは分かった。アダマスとクツミのシャウドの内容も、テレパシーで何とかなるだろう。って感じ。(笑)(ホントかよ、、、あくまでも、私の見込みです。)通訳も心配ないか。

2010年の時、、、ayaちゃんのチャネリングの時に聞いていた事が、ようやく起こりつつある、、、。長かったなー。って、知っているけど、、いつも、忘れた頃にだよ。執着のあるときには、絶対に現れないものです。
あの時の話では、お互いに出会う時は、決めているという話だった。

今、思い出した。このツアーの期間(2013/2/9-21)には、「バレンタインデー」が含まれていると書かれてあったなー。なんか、、、すっごい計画だな~~~!!


なんと、それまでに、ツインレイと出会う?、、、まさか、現地まで1人じゃないでしょー。それは、あまりにもキツすぎる、、、。

ツインレイと出会うってことは、それまでには【統合】されるってことだし、、、。

【統合】=コズミック・アセンションってことなのか??? ここがちょっと、わからん。


この辺りのことは、クツミは、黙秘権を使っておりまする、、、。

知ってしまうと、「先を生きてしまう」からね。こういう事は教えてくれないんだよ。あくまでも、「今」にいなきゃならんから。

今は、この情報だけで十分すぎるくらいですね。なんだか、年明けからは、忙しくなっていきそうです。


エジプトツアーに加えて、、、

数日前、、、熊川哲也さん(バレエダンサー)のK バレエカンパニーのサイトを見てました。
熊川さんのバレエは、本当に素敵で、見てるとほれぼれします。

一度でいいから、公演を見に行きたいと思っていました。
12月の公演には間に合いませんが、3月には、熊川さんは、その公演では踊りませんけど、「シンデレラ」の公演があります。その発売開始は、今月の11月11日なんです。

でも、来年の事なんて、どう計画していいものかも分かりません。私はどこにいて何をやっているのかも分からないのに、どうやって先の計画が出来るでしょう、、、。そして、1人で見に行ってもつまんないしな~と思っていました。

でも、このエジプトの件から、もしかして、ツインレイと行くことが出来るかもしれないと感じました。

私、個人としては、自分も踊ったことのある演目のほうが親しみがあり良いのですけど、「シンデレラ」はありません。でも、「シンデレラ」には、私の特別な思いがあるんです。

毎年、必ずしも「シンデレラ」の舞台があるとは限りません。でも、この時に、この演目をやる。と言う所に、何か感じました。

ブログに書いたことがあったかな?ないかも知れない。

まだ東京にいた頃、私は、このアセンションのプロセスで、自分はシンデレラのようだと何度も感じてきたんです。

だってね、貧しくってさ(笑)。私は、平凡な生まれで、昔は、何の取り柄もなく、ただの主婦で終わるのだとばかり思ってた、、、。

でも、スピリチュアルの世界を知って、少しずつ自分を思い出す過程の中で、私は、「シンデレラ」みたいだな。いつかは、そうなれるんだろうって信じていくようになっていました。

そう思っていたら、在る時、何度も「シンデレラ」のサインが続いたんですね。

一度は、原宿のお店のらせん階段で靴がひっかかって、3階の所から、靴が落ちちゃって、娘がとりに降りてくれたけど、「まるでシンデレラみたいじゃん。」って言われたり、「シンデレラ」のキーワードが、立て続けに現れた時期がありました。

なので、そんな出来事も忘れていたけど、Kバレエカンパニーの公演で、「シンデレラ」の文字を見た時に、この公演の情報を、なぜ、今、見たのかな?と感じたんです。

それで、今日(5日)、クツミに、このバレエの公演のチケットを2枚購入しても良いかと聞いたら、「うん。」と答えてくれたので、買うことにしました。

かなりの人気なので、チケットが手に入るかどうか、やってみるまで分からないけど、挑戦してみようと思います。

思えば、ミュージカルとか、音楽のライブステージなんかも、もう、ずっと昔に見たっきりでしたね。何十年も見てませんでした。今後は、こんな楽しみも増えてくるのかも知れないですね。


でも、ほんと、昨日(4日)は、すごい情報量でした。

この流れを知って、ほんと手術する選択をして良かったと心底思います。

あの選択で、アスペクトの解放をゆっくり行うことにしていたら、この計画は現れなかったかもしれません。

とにかく、手術が終わって、元気になったら、今度は歯医者に通うつもりです。



今日、saraちゃんとも話したけれど、ちゃんとsaraちゃんを頼らなくても、こんなに色んなことが、結果的に分かりました。

少しずつ、感じることが、よりハッキリとしてきました。そして、ハートで感じることは、疑いようもありません。

ちゃんと、感じているし、その時にすぐには理解出来ないことも、必要なことは、必ずyohamが知らせてくれますね。

「完璧だ~~!」と言うしかないですね。


同じく、4日にハートから感じてきたことは、、、。

私は、今後、「マスターになるためのコース」のようなワークショップをやって行きたいんだな。と確認できたのです。それが、どのような形になるのか、今は分かりませんけどね。

ほんと、これまでは、漠然と、、、というか、先の見えないままで進んでいるので、意識によってどう変化しているのかも分かりませんでしたが、この日は、ハートから、込み上げてきたんです。ワクワクしてハートが踊りました。

これもたぶん、yohamを通じて感じさせてくれたのでしょう。

来年になれば、もう少し見えてくるのかも知れませんね。

ブログに書き忘れていたけど、10月19日には、白いヘビがたくさん現れるのを見ました。あまりに夢の中で驚いて、今回は、笑ってるのか顔までは確認する余裕はなかったけどね。(笑)※ 夢に現れた龍や亀や他、はいつもおちゃめに微笑む。

確実に、「豊かさ」を意識づけられていました。

これまでに見た夢で、ほんとに「縁起のいい夢」というのは、アリなんだと実感していました。

そして、この4日の前の数日から何が起きていたかというと、、、

東京に住んでいた時依頼ですけど、換気扇から、音楽が流れ始めてました。
以前は、よく「君が代」が流れていましたが、今回は、交響曲っぽい感じが多いです。

なので、何か起こりそうな感じはしていました。それが、祝福を意味しているように感じていました。

本当に、今回の出来事は、巨大な「ギフト」でした。


数字のサインも、当たり前のようにゾロ目は今でもたくさんあります。
先日、病院に行ったときも、会計の受け取った番号は、「666」でした。

シャウドのティーチャー・シリーズで、トバイアスは、この数字のことに触れています。


ティーチャー・シリーズ シャウド12:
「J'encore 再び、私に出会う」 
クリムゾン・サークル 2007年7月7日
【抜粋】
6-6-6は、完結というものの完璧な一致です。それぞれの6が、あなたの重要な側面を表しています - 身体、マインド、スピリットです。これらが完全に一致すると、完結を意味します。古いサイクルの終わりを、そして新しいものの始まりを。まったく悪魔の数などではありません。もちろん、あなたが人々をコントロールしようとしない限りは。自分自身を怖れたり、自分自身の進化を怖れたり、自分自身の意識を怖れたりしない限りは。そうであれば、ええ、この「獣の刻印」と呼ばれるものを見ると、怖れに入ってしまうでしょう。あなたの内側にいる獣を怖れているからです。

でも、このような3つの数の一致を見て、あなたが自らのバランスの場所にいれば、自分自身に本物で、真実であれば、これを次のレベルに移るための完璧な一致として見るでしょう。3重の7や、このような実に興味深い様々な数秘学的な一致を見るのと同じように。

ですからたった今、親愛なるシャーンブラ、今日は途方もない量のエネルギーが用意されています。まるであなたが自分のためにそこに埋めたかのようです。あなたは、あなたがこの地点に到達すると - 時間や空間だけでなく、意識の - ちょっとしたベルが鳴るのだと自分に言い聞かせました。あなたがここにいる、というのを示すのだと。何らかの形で - これだけの混乱、霧、困難、道に迷った、というこれだけの信念を経て - 何とかあなたはここまでたどり着きました。」



これまでも、この数字も何度も見たことはありますけどね!!でも、この時は、特に笑みがこぼれました。


11月4日は、とんでもない一日でした。


And so it is.

2012/11/12(月)雨のち曇り



こんばんは。
ここ一週間は、とても静かでした。

前回、ブログに書いたあとに、感じたことがある。
2012/11/5【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】
「あの選択で、アスペクトの解放をゆっくり行うことにしていたら、この計画は現れなかったかもしれません。」

「あの選択」って、手術をするか否かの選択のことなんだけど、後になって分かったことは、”計画が現れない”という事は、殆どあり得ないって事を思い出しました。

と言うのは、それは、自分で計画していた事だからです。記憶には残っていなくても、多分寝ている間にか、ちゃんと計画しているんですよね。

なので、例え11/4の前に、手術はしないと決めていたとしても、11/4に現れた内容で、選択をし直す事が出来るように、自分にとって最善な選択ができるように”機会”を置いているということです。


これは、以前に仕事をやめるタイミングの時も似たような事があったのを思い出しました。
この時は、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)がヒントをくれたので、選択しやすかったのですが、選択した後の流れ(出来事)で、あ~、これなら、間違いなく、「このタイミングで仕事を辞める」と選択しただろう。と分かりました。

ある段階に入ると、無意識の領域で決めたことは、この3次元の領域で忘れてしまっていても自分で分かるように設定しているのだと。なので、よっぽど自分の感じる事を無視しない限りは道に迷うことはないようになっていると分かりました。


【今の状況】

11月11日(日)
予定通り、K-バレエカンパニーの公演のチケットを2枚購入しました。

その後、娘から電話があり、娘家族とおたる水族館に行ってきました。
ちょうどお天気もよく、久しぶりの小樽です。

最近は、ずっと雨が続いていたので、尚、気持ちもよかったです。(今日はすでに雨ですが)
やはり、小樽は、小樽の良さがありますね。こんな時期ですけど、観光バスもたくさんとまってました。
紅葉とレンガ造りの建物が絵のようです。

イルカショーも見ましたが、水槽で見たイルカが、なんか、ショーを見せてくれているかのように寄ってきては、喜ばせてくれました。孫よりも楽しんでいたかも知れません。(笑)

今の北海道の時期は、1年で一番、日が短く午後4時頃には暗くなってしまい、冬到来をひしひし感じる時ですね。「いよいよ、冬が来るぞ!」みたいな感じ。(笑)冬至を過ぎた頃から、少しずつ日が長くなってきます 。


11月12日(月)
今日は、病院で検査の日でした。
血液検査の結果は良好で、正常値まではもう少し。体も随分軽く感じられるようになった。

予定通り、先生には、手術することにしたことを告げました。
入院は12月13日、退院は18日の予定。これが今の段階で一番早く入院できる日にち。ナント、12-12-12から、12-12-21の間に完了するとは、、(笑) 早速、入院の予約をしてきました。

今、ブログ書くのを一時中断して、ブログ内で調べものをしていました。
すると、ちょうどメタトロンのメッセージで、何気なく読むと、こんなことが書いてありました。
「つまり、2001年の1月1日から2012年の12月12日までの間に、144の結晶グリッドが毎年12分の1ずつ働き出し、2012年の12月にすべてのプログラムが完了するということです。

12月13日と12月20日の間にすべてのプログラムが統合され、2012年の12月21日冬至の日、予言されたアセンションに合わせて再起動します。」

詳細はこちら→2012/6/10【転載】オームの至 (夏至)-2 ~メタトロン

このメッセージから、何か感じ、クツミに確認すると、関係あるようですね。
昔から「144」は、よく見る数字の一つですけど、最近もやたらと見ます。

そもそも、2010年の間にもらっていたayaちゃんのチャネリング内容は、以前にも書いたけど、殆どが2012/12/21を超えた後(前後?)の内容についてだとよくわかるな。今の時に向けて準備するものだったのだと。

同時に、2010年の転載したメッセージの中にも、今の意識で読み直すと、とても腑に落ちるんだね。今だからこそ、、、なのかな?無意識だけど、自分の為に残していたんだね。きっと。なんとなくだけど、、、。
2010/6/18【転載】ア-クトゥルスより、 スターシードの統合について
2010/6/18【転載】エロヒムからのメッセージ~奇跡について
【抜粋】
「神のどの面も違った色・香り・味・音・形をしています。時間と空間を通して、すべての創造物は、それぞれに異なった波動をインプリントされています。成長のために・解放のために・アセンションのために必要な波動を。この奇跡はあなたがたひとりひとりのための奇跡であって、他のための奇跡ではありません。奇跡とはとても自然に起きることで、毎日の出来事にもおきていることで、望めば聖なるあなたのために起きるものだと、理解すべき時間です。それらは、あなたを愛し・あなたを探し・あなたを讃え……あなたのエネルギーに波動的に正確に釣り合うものです。

あなたは他から奇跡を得ることなど決してできません。すべての奇跡はあなたの生物学的・霊的・精神的な必要性を 記した波動的なインプリントのために特別にデザインされているからです。あなたが奇跡を受け取ったとき、あなたは天と地球のすべてにメッセージを送ります。そしてクラリオンが、あなたが奇跡を受け取ったことを公表します。あなたが奇跡を受け取ると、それからすべての時間と空間に波紋を起こし、より多くの奇跡を作ります。そして受け取ったことに興奮した人類が・地球が、喜びの波動を起こし、時空に波紋を起こし………。このような神のオーケストラのようなエネルギーを受け取るプロセスで、より多くの人たちの信頼を得なさい。このように、あなたが奇跡を受け取ることで、あらゆる人々に・あらゆるものに……ずっと存在して来た・存在していると考えてきたすべての存在にまで与えられます。」


こんな内容を書いていくつもりはなかったけど、何故か、こうなっています、、、。(笑)


あと、先ほど浮かんできた事なんですが、、、。

前回のブログで書いた、来年のクリムゾンサークルのエジプトアドベンチャー(ツアー)の事ですが、ふっと、下の娘のことが浮かびました。というのは、下の娘は、イシス(魂)なので、エジプトには、深い関係があるからです。

以前、その事が分かった後、saraちゃんのチャネリングで幾度かイシスとは話してますが、さっきイシスに自己チャネで聞くと、下の娘も連れていくようですね。本人は、イシスだと伝えても、「なにそれ?」って感じで(笑)、全く分かっていないのですけど、一緒に行くことで何かを感じ取るかもしれません。年明け早々、家族に話すのか、、、。って感じです。汗。

娘も英語は全くダメだけど、私よりは、現役近かったし少しは頼れるかな???ちょっと無理があるかも知れないけど、二人力を合わせれば、なんとか、カイロまではたどり着けるかも知れません。心強いし、楽しい。ワクワクが倍増です。

娘、、、仕事はどうするんだろ?何とかするんだろうな。それとも辞めるのか。

じゃあ、ツインレイは?と言うと、日本にいる確率も分からなかったので、どうなるのか。と思っていましたが、私たちが、出会う場所を決めていたのが、この”ツアー”だったみたいですね。それで納得しました。

なるほど。ならば見つけやすいです。(笑)自分たちで決めていて出会えないってありえないじゃん。

以前、シリウスのツインフレームは、「あなたのハートの”核”に全ての情報が入っています。」と言っていて、私は、それを必要な時に取り出しているんだな~。と改めて感じ入っています。
2010/6/8【シリウスのツインフレームとの出会い】by aya
で、この時のブログで、チャネリングをしていたayaちゃんが、「白ユリ」が見えると言っていて「白ユリの紋章」を紹介していました。

「自由」のシャウドでアダマスは、こう説明してました。
「自由」シリーズ シャウド1「自由への招来」
「白百合の紋章」の事を「白百合の紋章(註 フランス王家を表す)は、統合。男性性と女性性、光と闇、人間とスピリットの統合です。」

あのときは、よく分からなかったけれど、全部、教えてくれていたんですね。
「あなたが決めてきたこと」「お役目の為に、準備している」という事も何度かメッセージをもらってきましたが、「お役目」に関しては、ツインレイと出会ってからハッキリ知るのではないかと感じています。

それと、メッセージの中には、「あなたの創造(想像)以上のものが、返ってきます。」などあったけど、ほんと、自分の創造(想像)したものが、遥かに、想像を超えているものばかりです。(笑)

ここまで来るのに、いろんな存在がサポートしてくれていたんだよね。

ま、その中でもジャーちゃん(セント・ジャーメイン)には、手取り足取り教えて頂きました。ジャーちゃんも、たま~にだったけど、愛から厳しい時があったよ。ブログには書いてないけどね。エネルギーで伝わってくるんだよ。ひぇ~っ(汗)て感じで、凹むときもあったくらい。(笑)でも、かなり、プロセスを簡単に渡れるようにしてくれていたのを知っています。時には、忍耐もしていたでしょう~。笑。


【真の自由とは】

「自由」と一言でいっても、つい外側のこと(お金、時間etc、、)を主に焦点を当ててしまいがちですが、下記のメッセージを読んで、「あ、そうだな~。」と思わず、うなずいてしまいました。結局は、この外側に感じる(現れる)事柄も含め、すべては、内側から(真の自己、ハイアーセルフ)との繋がりですよね。
2010/3/6【転載】自由 2010-3-3(3:3:3)~大天使ザドキエル 
【抜粋】
真の自由とは、物や人といったあなたの外側にあるものに見つけられるものでも、あなたに授けられることのできるものでもありません。自由とは、あなたが見つけることのできるものでもなければ、ピックアップできるものでも、報いられるものでもありません。それは、あなたがそのために闘うことのできるものでも、誰かから奪い取ることのできるものでもありません。それでも自由の追求の名の下に無数の死がずっとありました。

愛しき者たちよ。真の自由はあなたの中でみつかるものです。内なるパワフルな存在としてあなたが生き、完全にそれを表現できるときに自由のありさまはやってきます。しかしその存在はあまりにも長い間押さえつけられてきました。賢者,内なる鬼才、賢人、ウィザード(魔法使い)、マスター、聖なる存在、神、女神…。

あなたが内側をみつめ、つながり、あなたの魂,あなたのハイヤーセルフ,あなたのトゥルーセルフ,そしてそれ故あなたの真のパワーと共鳴するこの神性を表現することをご自分に許しているとき、あなたは自由です。

あなたは無条件の愛と喜びのフィーリングを常に経験することができるということを知ってください。決して道に迷わずに…。それこそが自由です。デフォルトであなたがあなたを愛し、他の者たちへ慈しみの手を差し延べているとき、それが自由です。この愛と哀れみは心地よく感じられ、表現すれば、それがユニヴァースの恩恵をあなたに返します。



【イエスとマグダラの結婚説の証拠発見?】

知っている方もいると思いますが、先日、目にした内容です。

少しずつ、真実は科学的にも、明らかになっていく兆候でしょうか、、、。
兆候は、以前からあると言えば、あったのでしょうけけど。でも、嬉しいニュースです。

★キリストはマグダラのマリアと結婚していたかもしれない謎のテキストを発見
http://gigazine.net/news/20120919-jesus-married-mary-magdalene/


今日は、こんな感じです。

★ お知らせ 韓国CC(CCKI)でシャウドを読む方法&翻訳者募集&ML参加者募集


◎ シャウドが英語だと読めない方へ

もし、新しいシャウドを読みたいという方がいらっしゃれば、全く完全ではないですが、韓国CCのサイトから、google crom(ブラウザ)を使い、自動翻訳で読むと、韓国は、日本語と同じ文法だからなんでしょうけど、英文→日本語に自動翻訳するよりも、まだ自然な感じで読むことができます。

注:「アダマス」が「あノストラダムス」のように翻訳されますが、それでも内容をちょっと感じてみたい人向けです。(笑)

★ google crom(ブラウザ)無料ダウンロード


韓国は、翻訳者は複数いらっしゃるので、20日に、韓国では「自由」シリーズのシャウド2がアップされました。

韓国CC(CCKI)
◆ 自由シリーズ シャウド1、シャウド2
http://cckhost.tnaru.net/web/board/board_list_bullet?bcode=83&tbl=notievent&buff=0

もし、よろしければ、しばしの間、こちらのサイトで、お楽しみください。

2009年、過去のミッドサマーカンファレンスのクツミのシャウドの翻訳は、日本では翻訳されていないかも知れません。トバイアスやアダマスのがないのが残念でしたが、、、。

◆ 2009 ミッドサマー・カンファレンス -クツミ
http://cckhost.tnaru.net/web/board/board_list_pds?bcode=52&tbl=notievent&buff=6


◎ ボランティアの翻訳者募集

翻訳者は、随時募集しています。シャウドの翻訳は、長文なので大変な作業になります。負担を分担する為にも、多数の翻訳者の方のサポートを必要としています。

希望者がいらっしゃれば、yohamまでご連絡ください。


◎ クリムゾンサークル(Crimson Circle)メーリングリスト(ML)の参加者募集


現在、参加者は30名ほどいらしゃいますが、CCML(crimsoncircle@freeml.com)に参加してみたい方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

今後の日本のCCの活動についてや、ギャザリング(集会)の情報なども参加者によってシェアされています。


上記の連絡先は、yohamまで。

E-mail:yoham_core@yahoo.co.jp


お待ちしております。


2012/11/24(土)曇



一週間ほど前から、とうとう雪も降り始め、、、冬本番に入ってきているのを実感します。と言っても根雪になるのは、12月末頃かな? 先日、saraちゃんと真っ白になるのは、クリスマスだけでいいのに。という話をしていました。(笑)

最近は、小休止の期間のようですね。

とは言っても、気持ちの上では、「今」にいなきゃと思いつつも、2013年に起こる事を会間見た私にとっては、エジプトへの気持ちや、今後の事に気持ちが馳せてしまうこともあり「今」にいることが少し難しいことでした。

そんな日々も、1日で考えるとあっと言う間に過ぎてゆきます。


今日は、あるメッセージから、また自分の事を思い出しました。

少し長くなるかも知れません。

クツミの後、最後は自分の原型のエッセンスを知ってからは、もう残すところは、yoham(私の神)だけだと思っていました。
原型のエッセンスのこと→2012/8/12【新しい自分:原型のエッセンス&昨日、今日の出来事】⑦by saraさん
確かに、ハイアーセルフの内、まだ知らない自分もいる事は知ってますが、もう十分だと感じてました。今日の出来事については、後に書くことにします。

以前に聞いた話ですが、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)曰く、ジャンヌ・ダルクは過去生であってハイアーセルフとは違うらしいです。ジャンヌは若いうちに移行しちゃったから、チャネラーだっただけで、魂の成長を短い生涯では、そんなに出来なかったらしいです。なるほどでした。


【ヤハウェイのエネルギー】by ayaちゃん

11月17日(土)は、久しぶりにayaちゃん、Iris(seraris)ちゃん、saraちゃんと4人で会ってランチしました。

ayaちゃんから、懐かしいヤハウェイとの会話(チャネ)などを聞いていて、1つ感じたことがありました。
ヤハウェイは私にもそうですが、私たちの意識に合わせて分かりやすい表現で話をしていろいろ教えてくれます。
ヤハウェイに色々教えてもらったのは、東京にいた頃(2008/1-2011/2)でした。

「ねぇ、ヤハウェイって、表現がいつも”詩的”だよね~。」

aya:「うん、そうかもね~。分かりやすく例えてくれるからね。」

「その例えがキレイなんだよ。なんと表現していいか分からんけど。」


私は、しばし、ヤハウェイのエネルギーを感じてみました。

「あ~~!!ヤハウェイのエネルギーは、クライオンに似てるわ!!うん!」

そう話していると、ヤハウェイが教えてくれました。

aya:「あのね、クライオンとヤハウェイって双子みたいなもんなんだって!」

「そうだったの!? なるほどね、だから似ているんだ!」


すると、ヤハウェイがayaちゃんを通して教えてくれた。ayaちゃんが両手を出して、手のひらを感じてみて。と、みんなに言った。

ayaちゃんの右手と左手のエネルギーの温度が違う。左手がヤハウェイのエネルギー、とても熱く、右手のエネルギーは涼しい感じ。

みんなで、両方のエネルギーを比べて、「へ~」とか「ふ~ん」と納得していた。

aya:「クライオンは、霧のような意識体の状態で、ヤハウェイは固体の状態なんだって。」

この日も、色々アスペクトの話などをして楽しく過ごしました。



【新しい地球】by ayaちゃん

その数日後、ayaちゃんにメールしたら、電話が来ました。

その時に、昨日、出てきた存在が、ヤハウェイじゃなくて、「13番目の惑星 マリオン」だという存在だと言ったらしいです。内容は、ayaちゃんに対してレクチャーだったんだけどもね。そして、女性性っぽいけど、女性性と男性性とバランスが取れていて(両性具有のような)、その時は女性性っぽくて、優しい感じだった。と言うのです。

その瞬間に、「新しい地球じゃないの?」と心の中で思ったけども、「13番目の惑星」って知ってる感じだけど、、、と、までayaちゃんに話して、調べてみるね。とその時は電話を切った。

少し調べたけどもデータは見つからなかった。でも感じていると、やっぱり「新しい地球」のように感じてならない。新しい地球は、シャウドか?何かの情報では、まだ、名前が付いていない。と書いてあったように感じる。
という事は、もう名前がついたのだろうか、、、。

そして、また電話した。

「ねぇ、それは”新しい地球”のような感じがしてならないよ。名前が付いたのかも!」

aya:「なんかね、、、今、”新大陸、新大陸”っていう言葉だけ聞こえてくるわ。」

「”新大陸”? やっぱり、そうかも!!次元上昇して進化した地球!!」

aya:「もっと、ゆっくり繋がらないと正確なところ分からないから、また分かったら教えるね!!」

「うん。」


その後、saraちゃんにも伝えると、

sara:「なるほどね~!! ガイアのハイアーセルフか。そうかもね!」

「saraちゃん、うまい事いうね!分かりやすい! そうなんだよ。大陸も進化して変化するでしょ?その進化したガイアだと感じるのさ~!!」


そして、今日になってayaちゃんからメールが届いた。

「聞いてみた、、、マリオンって8次元の地球なんだって!!」

すぐに、電話してみた。

「やっぱり、そうだったね~~!!」

aya:「うん、”あなたは、8次元の地球に住むんですよ。”って教えてくれたんだよ。それからね、人に伝える時に、男性的や、女性的に、自由に伝えることが出来るらしいよ。」

「そうなんだ。そっか、ayaちゃんも8次元まで行くんだね。良かったね!長生きするよ!!爆。」

aya:「うん。爆。何年生きるんだか。」

「私より長くいるんじゃないの?400年とかさ。笑。 でもガイアも6次元、7次元、8次元、、最初の内は大変な時もあるだろうけど、台風の目にいながら、楽しもう。」

aya:「そうだね~。」


ayaちゃんも、最近、”統合”の時期に入ってきてアスペクトの解放が自動的に始まったらしいです。最初は、とめどなく出てくるので大変だろうけど、頑張ってというしかないですね。笑

Irisちゃんも、ayaちゃんの少し前からアスペクトの解放が始まっていて、それぞれのペースや感じ方の違いはあるけど、基本は大体一緒かな? あと、進み具合は本人次第と言うことです。(良い悪いなしに)


と、言うことで、「新しい地球」、、、8次元の地球は、”マリオン”という名のようですよ!



【アルシオーネとセクメトはツインレイと私】by saraちゃん ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

今日も大胆なことを書きますが、いつものようにクツミは書くと言ってるので書きます。(笑)

そのあるメッセージというのは、「アルシオーネ」からのメッセージでした。「アルシオーネ」って聞いたことはあるけど、すぐ忘れるし、よく分からないままでしたが、その内容に、リラとかシリウス、スターシードという言葉も出てきたので、自分に関係していることなのかと読み進めました。
私の故郷について→2012/8/14【新しい自分:最近の出来事(まとめ)&私の故郷の星】⑥by saraさん


「アルシオーネからのメッセージ」
【抜粋】
「これはわたし達の宇宙のエネルギー源であり、すべての生命の扶養者です。

神ラーと神アルシオーネの両方が、父なる神と太陽の神のエネルギーを維持し、精霊のエネルギーはマザー・セクメトによって維持されています。

アルシオーネとセクメトは、双子の光彩です。(=ツインフレーム)

こうした名前は、そのエジプト時代の転生の時の名前です。

そのヒンドゥの時代の転生において、彼らはヴィシュヌ、そしてその最高位の配偶者、マハラクシュミと名付けられました」

【抜粋】
母セクメトは今、地球上でひとつ人間の身体に転生しています。

父アルシオーネは今、地球上でひとつの人間の身体に転生しています。


その両方が離れた場所で暮らしていて、文字通り数千の人々と結び付いた奉仕の人生を生きていて、地球上の必要な数々の変化を上手に切り抜けています。

またこれは、100次元の周波数を取り入れるひとつの独自の方法で、そのマトリクスの内部から、二人のエネルギーを結び付けます。

その周波数は菫色(すみれいろ)をした変化を生み出す周波数であり、純粋な精神、純粋な霊、そして純粋な愛に属する周波数です。」

【抜粋】
「アルシオーネことヴィシュヌ、そしてセクメトことカーリ・ドゥルガーといったこうした高度な存在達は、同じように地球上に転生しましたが、二人は地球上の原因の領域の中で二人のエネルギーを結び付けて、この時代の混沌を終わりにするために必要な数々の変化を創り出します。

彼らは物質的な世界の中で協力して、数々の宇宙船とのエネルギーの交換を演じます。

それが今月と来月に訪れる数々の宇宙的な変化と地球を同調させるために必要なエネルギーのポータルを開き、2012年12月21日の宇宙の中心との配置構造につながって行きます。

最終的に、こうした数々のメッセージの中で伝えられてきた、原因の領域の中で創り出されたその数々の変化は、物質的な領域の中に出現します。

こうした二人の高度な存在達は、人間の身体の中のそのマトリクスの内部から機能すると同時に、地球を次元上昇させるためにその神聖なる能力を活用します。」



ここまで、読んだ時に、「これ、もしかして私のことじゃーん!!!これは、ツインレイと私のことだよ。」

と言うことは、私はセクメトなんだ、、、、でも、「セクメト」ってなんだっけ?と思って調べた。

セクメト - Wikipedia
セクメト(Sekhmet)はエジプト神話に登場するライオンの頭を持つ女神、、、

その解説部分からのリンクから調べてみて、感じていくと、セクメトってアマテラスの事だと分かった。

と、言うことは、アルシオーネは、、、スサノオだと分かった。
(これは、他の情報も含めて感じたことですが、、、)

そうか、アマテラスとスサノオは、ツインフレームだったんだ。

って、これは私の真実なので、信じようが信じなかろうが、どうでもいいです。


でも、正直、日本書紀や古事記のことやギリシャ神話なども、なんか、どろどろした表現で、超人間的な感じで、所詮、人が残したものには、今は興味はない。アスペクトを解放していけば、そんなこと正直どうでも良くなるんだけど、一応は、感じたことは何でもクツミに確認するよね。(笑)

やっぱり、「うん。(そうだよ)」と言ってるわ、、、。

さて、でもさすがにこの事は、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)にも確認しておこうと思い、saraちゃんに電話した。

saraちゃんの流れを話した。

「でさー、セクメトって、頭がライオンでさ~、体は人間なんだよ~~。」←そこですか。って感じ(笑)

sara「そうなんだ~。獅子ってことはシリウスってことじゃん。」

「そうだっけ。そうか、シリウスにツインフレームがいるんだから、そういうことか!!」

sara:「うん、そうじゃない?」

「なるほど!」

「ジャーちゃ~~~ん!!また思い出したぞ~~! 私が感じたことはそうなんでしょ?私のことだったよー。」

sara:「そうみたいだよ。」

「ね、セクメトは、アマテラスだってわかっちゃったよ。アルシオーネはスサノオだし。」

sara:「ジャーちゃんね、答えるの渋ってるわ。笑」

J:「今は、それだけ思い出したらそれでいい。そうだとしても、(ツインレイと)会った時に、全部わかりますよ。」

ジャーちゃんが渋る気持ちもわかるんだけどね。(笑)自分の事を全て思い出す瞬間の深遠な体験を今は奪いたくないっていう愛からと、捉われないように。ってことなんだろうと察するけど、それは、昔のシャウドでトバイアスがそんなことを言ってたことがあるから。でも、分かったものは仕方がない。(笑)

「ね、だけど、神さまって、、、、」

J:「次元は、クツミより下ですよ!」

「あ、、、なるほど、それは分かるような気がする。」


それは、以前に、ジャーちゃんが言ってたことだけど、神の領域もピンからキリまであると。日本神界も天使界(12次元)からするとちょっと重いし、日本神界も神によって次元も様々、なんていうか枠があるというかね、堅苦しいかんじだったり。高次になるほど、殆ど自由で枠や制限がない。相手の意識に合わせてフレンドリーにも接してくれる。メッセージや文章のエネルギーからでも大体分かるよ。

もちろん、高次の存在が、集まったグループの意識や個人の意識に合わせた言葉で伝えることはあるけどね。


神話や日本書紀、古事記を読んでいて、シャウドのようには読めないでしょ。それくらい単純ってこと。(良い悪いじゃなく)

「あれ?じゃあ、yoham(私の神)は、なんなんだ???」

J:「yohamは、故郷のエネルギーですよ。」

「じゃあ、ライラ星の?」

J:「そうですよ。」

「ライラ星の意識ってことになるのか。なるほどね!」

「ねぇ、ジャーちゃん、シャウドで、真の自己が繭の中で眠っていたっていうような話があったでしょ?それはどういうことなの?」
※トバイアスが最初の頃のシャウドで話していたと思う。

J:「拡大、、、、ビックバーンがあったでしょ? そしてガス化していって、一番最初に出来た星がライラですよ。」

「そうなんだ。その後にいろんな次元の星も出来てきたんだね。意識も違う。」

sara:「そうみたい。地球でいえば、いろんな住所にね。」

「うん、ニュータウンもあれば、古い街もあり。って感じだね。」ガス化→固体→集まったのが宇宙

「ジャーちゃんと私は、同じ故郷なの?」

sara:「違うみたいよ。」

「そうなんだ。」

J:「繭、、、yohamがカプセルの中で眠っていたというのは、その前はまだ固体ではなかった。ガス状、、。カプセルのような中にいて、だんだん固体になっていった、、、。」

sara:「ジャーちゃんの伝えてることを言葉でいうと、そんな感じ~」

「そうなんだ~。そういうことか。じゃあ、クライオンとヤハウェイの感じだね。」

sara:「うん。」



今日は、そんな感じで、、、


少しずつ分かって来ましたね。まだまだこれからですよね。本番は。

自分を完全に思い出す。って、自分でもどうなるのか分からないけれど、いずれ、自分の口から真実を明かすのかな~。どちらにせよ、大なり小なり、どんな形であれ、必要に応じて”真実”は明らかになっていくでしょう。


それより今は、ちょっと先走った「楽しい妄想」に手をやいてまして。笑。

また、「奇跡」は起こるのは知ったけど、今度、楽しみになっちゃって。「今」にいるのが難しいのよ。汗。

「ジャーちゃん、私、ワクワクしてさー。困ってんの。エジプト行きの飛行機やら、その他、家族のこととか、、、。」

J:「う~~~ん、ちょっと先走ってますね~~。受け入れて、手放してー。そのほうが具現化が速くなりますよ。忘れた頃にやってくる。」

「うん、分かってるんだけど、、、ダメダメ、”今”にいなくちゃ。と思うとコントロールになるし、それも不自然じゃん。そうなると、さらに頭から離れないし。」(マインドだ)

J:「今に居ないほうが、”不自然”なんですよ!!」

「あはは~~!!そうだった!! だけど、難しいのさ。深呼吸しても、頭から離れなくて、妄想してたり。家族になんて言おうとかさ。眠れなくなったりするしー。笑」

J:「じゃあ、思いっきり寝ないで妄想していなさい。そのうちイヤになりますから。」

「あはは。そうだね。感じ方が中途半端に止めちゃうから、反って何度も戻ってくるんだよねー。こういう事で使ったことないけど、妄想に、”来るなら来い”って言うかな?笑」

J:「(自己チャネ)聞いて、答えがないものは、今は知る必要のない事ですからね。」

「わかった~~~。」

sara:「そうだ~。思いっきり妄想を楽しんで、後は忘れたらいいさ。気のすむまでやってみたら?」

「そうだね~~。私は、時間がありすぎるとやっぱダメだね~。来週から、歯医者に行き始めるから、少し忙しくなるよ。そしたら忘れられるかも~~。クツミ、歯医者はOKでたんだ~。取りあえず、今年は虫歯の治療だけ。」

sara:「うん。」


こんな感じで、今日はジャーちゃんと話すのは許可が出たんで、楽しく笑いました。

ま、こんな感じですね。なるべく多方向にいることは気をつけて行っています。(1つの事に意識を集中しすぎない事)これは、ジャーちゃんに言われていたことなんで、守ってはいたんですが、楽しい妄想も感じつくして手放します。

ま、でも、、、ちょっと落ち着いたかもしれないな。じゃあ、思いっきり妄想を楽しんじゃえ。って思っただけで、気がすんじゃったのかな?

ほんとに、そんなものかも知れません。


そうそう、昨夜の瞑想でも錬金術で右手に何か感じましたが、それは動いていて、まるで手のひらの中にワームホールがあったかのようでした。

それと、クリムゾンサークルでyohamという新しいエネルギーのミュージシャンがいて、最初に聞いたのが、タオスに行った時だけど、とにかく今は、yohamの音楽が心地よく、その音楽を聞くと、何かを思い出せそうな気分になるんです。懐かしいような、、、でもいつも、記憶喪失の人が思い出せそうで思い出せないという感覚で、記憶喪失の人ってこういう感じなんだろうな。と日々思います。その事を以前にジャーちゃんに聞くと、私にとっては、yoham(ミュージシャン)の音楽は、思い出すツールにもなっているようです。

それに気づいたのは、今年の8月のシャウドでゲストにyohamが来ていて聞いた音楽からでした。その後に音楽をダウンロード(購入)しました。


ではでは。また!


---------------------
【アルシオーネとセクメト】の続きはこちら
→2012/11/27【私の真実:アルシオーネとセクメトの続き&次元&疑いについて】by saraさん


2012/11/27(火)雪のち曇り



今日の札幌は朝から吹雪でした。夜中はこんな時期に雷がゴロゴロと大きな音が響いてました。北海道は各地で荒れていたようですね。


前回のブログから、また少し分かってきた事があり、せっかくなので少し書き加えようと思います。

【アルシオーネとセクメトの続き】

前回→2012/11/24【私の真実:ヤハウェイ&新しい地球&アルシオーネとセクメト】by aya,saraさん

24日のブログを書いた後に、アルシオーネからのメッセージをゆっくり読み直しました。

私が抜粋を転載した内容の後には、ヴィシュヌは、マイトレーヤとして10回目の転生の時は、ツインフレームのカーリ・ドゥルガーとメタトロンとミカエルという大天使の勢力と伴に、アシュタル、サナンダ、ソルテック、アテーナ、ナダ、そして数多くの地球外の司令官達と連携しながら、地球で必要な仕事(二人の数々の計画のひとつは、時系列の修復。)をしていた事も書いてありました。

存在たちの名前の中に、”ナダ”の名前がありますが、レディ・ナダってことは、、、。

そこで、他の関連するメッセージ(メタトロン他)を読んでみると、それは確かなようで、結局レディ・ナダは、シリウスの司令官だと分かりました。

私が以前にシリウスのツインフレームからメッセージをもらっていたのは、”レディ・ナダ”だった事が分かりました。
→2010/6/8【シリウスのツインフレームとの出会い】by aya
昨日は、このことについて、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)からも補足をもらいました。
高次から、意識が分かれて降下する時の様子など、なのでayaちゃんからのメッセージ内容には、含まれていない(ayaちゃんが表現できなかった部分)事についても私が理解できるように話してくれました。


で、そんな話をしている内に、次元の話になっていきました。

【次元について】チャネリングby saraさん ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

「ジャーちゃん、レディ・ナダはシリウスの司令官なのは分かったよ。」

「ねぇ、ジャーちゃん、シリウスって7次元なの?」

J:「そうですよ。」

「でも、それじゃあ、マグダラのマリアは? どこ?ハイアーセルフでしょ?8次元のアンドロメダには双子の姉妹がいるし。」※8次元ではなく、【9次元】でした。2012/12/12訂正

J:「マグダラは、ハイアーセルフじゃないですよ。それは、あなたの過去生というだけ。」

「そうなの?ハイアーセルフなんだと思ってた。」

「じゃあ、プレアデスは、5次元くらい?」

J:「そうですよ。 日本神界は、プレアデスですよ。(プレアデスと同じ次元ですよ。だったか、、、)」

「そうなんだ。なんか、分かるような気がするな。」


確かに、マグダラの事を知った時にマグダラはそんなに高次ではないんですよ。とジャーちゃんは言ってたんだよね。ようするに、お役目でその時、イエスのサポートをしていたけど、時代が時代だけに重かったし、もちろん、当時の知識?や役割もあって意識を上げていく上では必要だったようだけども、その時代は、意識を成長させるには、女性だという事や、イエスの側近(妻)だという事から、周りからも色々あり、非常に重い時代だったという事だったしね。


sara:「ヴェールってあるよね。」

「ああ、トバイアスがよく言ってたね。”ヴェール”のこちら側では、、、。とかね。」

sara:「それって、どこが堺なんだろうね。」

「うん」

sara:「あのね、命綱みたいのが必要だったでしょ。こちら(地球)と接触する時に。」

「うん、そうだね、最初の頃のチャネリング(シャウド)の時はトバイアスはそう言ってたね。」

J:「それがヴェール。それは12次元(天使界)と11次元の境なんですよ。」

「そうだったのか。」

余談ですが、、、

日本神界と言えば、、、。確かに私には、「契約」があることも知ってはいましたが。

先日、セクメトがアマテラスであることが分かったと書きましたね。
それで、当時はよく分かりませんでしたが、昔、自分に起こったことを思い出しました。

2010年に下の娘と箱根の温泉へ行った時がありました。
→2010/9/14【再会のタイミング~期待(エゴ)の解放?&箱根温泉】

この時に、不思議な事が起こったのですが、書くのを忘れて、そのままタイミングを失ってました。
札幌の仲間には話していたのですが、関係することなので、書くことにしました。

アマテラス(天照大神)と言えば、、、、丸ちょんの神様とか。丸の中に点、、、。ですね。

箱根の旅館に泊まって翌朝、晴れていたので、部屋のテラスに出て写真を撮っていました。朝日もきれいで、木の枝の間から太陽からのこぼれる光を撮ろうとしたのです。

太陽に向かって、カメラを覗くと、太陽の位置に、ちょうど誰かが書いたように、○ちょんと絵が現れるのです。
不思議に思って、肉眼で見ると見えません。またファインダーを覗くと現れるのです。
何度も、不思議で繰り返しました。

また、天使のいたずらかも、、、。と思い、クスっと笑って写真を数枚撮って終わりました。

その時の写真、ちょっと写りも悪いですが、疑問ながら写してました。
Image081.jpg Image082.jpg Image083.jpg

写真では、よく分からないかも知れませんが、拡大すると、フォトショップでまるで書いたかのように、黒い色で、○の中にチョンがあるのです。(笑)

その時は何度も見て、あれはやっぱり間違いなかったと思いました。
その後、チャネリングで聞いたら、日本神界のいたずらだってわかったので、日本神界もおちゃめだな~。と思っていたのです。

さらに遡れば、2008/8/1に見た夢の微かな記憶で、イザナギとイザナミからのメッセージがありました。
→2008/8/177月下旬~赤城山のその後【確認】
その後、チャネリングのセッションで確認すると、イザナギとイザナミの使者が訪れて伝言を伝えてくれていたことが分かりました。
あの時は、どうして私に?と思いましたが、契約があるからなんだろう。と理解していました。

ニギハヤギのニギちゃんとお友達だったのも納得できます。
→2011/2/20【友、饒速日命を思い出す&確認(ワーク、親のカルマなど)】byGraceさん 

マグダラのマリアも日本神界でいえば、祓戸四神の速秋津姫だったしね。

大体が、私の過去生やハイアーセルフとかって、浄化に関わってるか、非常に強いのよね、、、。
そこ、担当ですか。ってくらいに、、、。(笑)

でも、これも、それも、龍神さんに只ならぬ親しみを覚えるのも、今になれば、そういう事だったのかと腑に落とせます。龍の乗ってる夢や、大きな龍がニコっと笑ってる夢を見たこともね。


で、話は次元のほうに戻り、、、

そうか、今、ブログを書いていてよく分かってきたよ。

私がここまで来る過程(プロセス)の中で、いろんな存在がayaちゃんを通しても、メッセージをくれたよね。白龍とか、いろいろ。

白龍も確か5次元だったかな? 誤解のないように伝えるけれども、次元に良い悪いではなく、次元って結局、それぞれの次元の役割があるだけなんだけども、例えば、子供の成長と同じで、より3次元の人間の意識には、時には厳しく伝えたり、しつけも必要な事もあるし、理解できるように伝えるにはとても必要なんだよね。伝える為には、より近い存在が伝えないと内容も理解できないことが起こるから。例えば幼稚園児に大学生の講義が理解できないように、、、。


で、話は戻るけども、あの頃(2008年頃かな?)、、、私が5次元に入り、白龍も優しくてね。
そこに捉われていたら、ミカエルに、「そこ(その次元)で何をやっているんですか。」と厳しく言われ、私は意味が分からず混乱した時があった。「なんで?どうして悪いの?」と悲しくなって泣いた事がありました。
この頃→2008/11/811月「始まり」-1【確認】~

あれは、次元の勉強でもありました。お試しも含んでいたと思います。

今は、その事をとても理解できるし、ミカエルの愛も十分に分かっています。私のスピリットは急いでいたかもしれません。遊んでいるヒマはないと。もしかしたら、顕在意識では分からないけれども、私が望んでいて、ミカエルに頼んでいたのかも知れません。捉われてしまう事はとても簡単ですし、魅惑的であったりします。

それは私の場合で、もちろん、一概には言えないですよ。ある人には、お役目の為に、そのような存在たちと共に動くこともあるだろうし、それが必要とされていたり、求められることもある。それも重要なことです。それも選択できる可能性もあるので、自分の魂の”目的”を知っていると良いのかもしれません。(良い悪いは全くありません)

それぞれ、繋がっており、パズルのピースですから、あえてお役目の為に、そこに留まることを選択している魂もいるのです。なので、自分の意識に合った”出会い”もあり、意識が変化するごとに出会う者(物:本や情報含め)も変化していって当然です。で、手放すことが、どんどん自分の内面との対話になるので、外側の情報も必要なくなるかも知れません。

でも、今はその頃のミカエルの言っていたことが、とてもよく分かります。

5次元以上に進んでいくことを選択しているのであれば、上記の内容を含めて、自分がどの次元と繋がっているのか、本当に必要なのかという事も、再確認していくと良いかもしれませんね。自分のために。

そして、役割や契約さえも超えていくのです。とにかく全部手放していくだけです。「どうでもよい」という状態になるまで。「~したい」「~なりたい」も自我なので、手放すと自然になくなっていきます。

捉われがなくなる程に、子どものように無邪気になります。真のあるがままというのは、そういう事です。

しっかり”自己確立”(揺らがなくなったり、捉われなくなれば)できた後であれば、それからはどの次元と接触しても、自由になっていくようです。時には、3次元に戻ることもあるかも知れません。でも、それが必要な場合もあるようです。(確認や役割などで)ちゃんと、その時は戻れるので安心してくださいね。

そういうことで、自己確立(統合)した後に、私と契約のある銀河連邦など、シリウスやアンドロメダとも共に働くこともあるでしょう。もちろん、ミカエルや天使界のジャーちゃんや、クツミとも行動したり、まだ教わることもあるかも知れません。

どんどん、話も膨れ上がってしまいました。(笑)


【疑いについて】

今日、ジャーちゃんとちょっと話が出来て、その時に”疑い”について教えてくれました。

それもこれも、ジャーちゃんから自立して、少しは自分の感じることを信じるように努力してきて、実際に信じられるようになりましたが、まだ、高次の自己に疑いをもつ私の中にアスペクトがいるようです。汗

どんだけ~。ですよね。全く、、、。

確かに”疑い”のテーマは、非常に深いですよね。

ジャーちゃん曰く、”疑い”も何層にもなっているそうです。最初の内は、大きな”疑い”というのは、外れやすく核に戻りやすいそうですが、ここに至っても、まだ残っています。

あとは、体験を通して、アスペクトを納得させていくみたいです。

出てきたときには、アスペクトに声もかけていきますが、アスペクトも腑に落ちないと核にもどる選択をするのが難しいようですね。チャネリングが出来るようになったら尚更ですね。疑っていたらきりがないものね。
でも、最初はかなり、自分が言っているんじゃないかと疑いが出るのは当たり前のようですけど。経験を積んでナンボの世界なんでしょうね。

まだまだ、体験していかないと分からない事もあります。精進してゆきます。


ジャーちゃんと話ていて、個々で起こる一見悪いような人(事柄)や、国やいろんな事も、魂レベルで見ると、そこには学びと解放があり、良いも悪いも双方での役割があり、深い部分にとめどない無条件の愛が存在している事を改めて実感しました。どんな事も、個々が解放され変化していけば、本当に見えてくる世界や景色も変わっていきますね。まずは、個々の中からですよね。

今日も長くなってしまいましたが、この辺にします。


では、また!

★ お知らせです。


【Shaumbra BBS】

2012年11月 マンスリーシャウド。

"匿名希望さん"がご自身の為に翻訳したものをシェアしてくださいました。

ありがとうございます。

また、しばしの間、お楽しみを、、、。

2012年11月3日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
The Freedom Series
SHOUD 2 "The Voice of Freedom(自由の声)"
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
November 3, 2012
www.crimsoncircle.com


◆ シャウドの動画は、こちら↓
http://www.crimsoncircle.com/Library/ShoudWelcomeVideos.aspx




「自由への選択」に、自由シリーズ シャウド1:「自由への招来」 全文をアップしました! 翻訳は、渡辺宗則さんです。お疲れさまでした!


こちらから ↓
 ◆ The Freedom (自由)シリーズ2012年10月6日~

    

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。