スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/6/2(土)曇りのち晴れ




なんだかんだと6月に入ってしまいましたねー。


スクールも課題をこなしながら無事に卒業することができ、今は少しこれまでの骨休みをしているという感じです。(夜、バイトは続けてますが。6月末で契約満了なので、それまで)

今は、本当に安定した気持ちで日々穏やかです。

先日、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)からは、

J:「あとは、現れるままに、、、。”あるがまま”にいてください。」

と5月末に言われ、”創造”における過程においての”就活”も、終了を迎えた。
なんか、本当に、ひとつの段階が終わったような感じがした。


と言うのも、以前であれば、準備されていると分かっていたら、あとは自分を(真の自己)を信じて委ねて。魂に従う。という段階があったが、今は、"創造"の段階に入っているために、ちょっとこれまでと勝手が違う。
場合によっては、やれる事を尽くして委ねるという時もあるけど。

切り替わる狭間には、時々「どうなってるの?!」と混乱する場面もあった。それは、狭間だかららしい。

J:「もう、あなたはとっくに”アカシャ”の段階も過ぎてしまっているんですよ。」
※アカシャの段階を過ぎたというのは、アカシックレコードに記録がある自分のブループリントも超えたことらしく、もう自由。決められたことはなく、あとは自分が創造する段階。ま、”創造”と言ってもマインドから創造するとはまた違うので、それが現れる。まだ見えてきていない。

言われて初めて、「え?いつの間に???」って感じ。

それと、ちょっと前だったかな。ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)が伝えてくれた。

J:「アスペクトたちが戻ってきますよ。」

と言ってたと思う。解放したアスペクトたちが戻って来るんだよね。体験するまでは分からないけど。


それと、もう一つ。

これまで、私に様々なことを”与えてきてくれた”と感じることはたくさんある。そのことについて。

私は無意識に発信(創造)→クツミ/真の自己が受け取り→与える→私が受け取っている


自分の意識がどのくらいまで上がっているのか、自分ではよく分からない。ただアスペクトの解放で、かなり自分は変化したということだけ理解できる。

5月の末、さすがに7月からの生活などを考える(マインド)と昔のような不安ではないけど、先の事を心配するアスペクトが出てきた。

ジャーちゃん曰く、このアスペクトは出にくいアスペクトだと言う。確かに、肉体をまとってから、どんだけの付き合いだろう。(笑)

そのアスペクトと向き合い数日。ようやく自分から出ると同意してくれた。

それで、それからというもの、なにも不安がなくなってしまった。
(もっと深いところにもいたら、後に浮上してくるかもしれないけど、それはそれでラッキーで、また解放できる)

なので、今は、少しの間、自分が創造したものが現れるがままにしておく時間なので、ちょっとゆったりしている。(もう、期待すら出てこないので、今の中にいる)

1か月前の私とも、また違うのだから、本当に驚くことです。


本当に、昨年から引き続き、ずっと走ってきたような感じで振り返るとハードな期間でした。Wワークのことだけではなく。というのも、肉体的に、二元性を手放してからというものこの3次元に存在することはとてもキツイです。(このことは以前にジャーちゃん(セント・ジャーメイン)との会話でブログにも書いている)
痛みもまだあいますが、肉体が重くて、ちょっと歩いていても息が上がってしまいます。深呼吸をして息を整えながら歩くのが習慣になっています。なので、尚更ハードに感じるのだと思います。
最近は、腰がけっこう痛いかな。これはDNAのほうのようで、何をやっても効かない。

でも、外側のことについては、アスペクトの解放によって、どんどんと楽に物事が簡単になってきました。
流せることが早くなったのも自分で分かるし、簡単になっていることで殆どストレスになる要因が出て来ません。(バイト先でも、楽になっていったし、楽しめる余裕まで出てきた)

そういえば、ある会社の求人の応募のために派遣会社へ登録へいった時のことですが、PCで色々テストがあり、その中のストレス度チェックでは、ストレス度が「0」と出ました。(笑)
スクールのクラス仲間に話すと「え~~~!!」と驚かれました。

コメントもついていたんですが、世の中では、ストレスが全くないと、自己中心的に思われるらしい。(苦笑)

世の中を甘くみるな。みたいなコメントでした。笑。

最後に、あなたの無邪気さや、天真爛漫なところを、、、と書かれてはいましたが、ストレスがない=ありえない。というような感じを受けました。そのテストを作った方も心理学上から分析しているのでしょうが、二元性の中での分析なのも致し方ないことかもしれません。


前回、ブログでも書ききれなかったことや、新たにあった出来事などもありますが、最近まで忙しく毎度のことだけど、どこから書いていいのか本当に分からなくなってブログに向かっても少し固まります。いや、しばらく時間かかる。汗。


アスペクトの解放も5月は、ずいぶん頻度的には少なくなっていた分、スクールの課題に没頭できたというのもあるかもしれない。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)は、これまでもそうだったけど、あえて何事もさせることがある。(すべてが深い愛から)私が多少疑問になっても、ジャーちゃんが言うことは、とりあえずやってみる。そうすると「体験」を通して見えてくることがあります。まだ自分に残っているものに気づいたり、反対に解放した確認だったりね。

先日教えてくれたけど、その理由は、まず「体験」することもだけど、私のマインドは、その方が納得するらしいです。苦笑。


【就活】

J:「エネルギーの合わない所は、もう受かりませんよ。でも、自分が何かひっかかりがある所はお勧めしません。でも、あなたの選択です。」
※自分に正直に、妥協もするな。そして、より私にとって適切な創造をするためにも。そして自分でエネルギーを感じてみること。(面接に行くまでは、会社のエネルギーを感じとれない)それは人それぞれの段階によって違うかも、学びや気づきの時期もあるだろうし。なので、なんせ”体験”あって”なんぼ”の世界なので一概にはいえない。良い悪いはないです。


その後、スクールから、ある会社の紹介が来た。

私は面接を通して、すでにエネルギーを感じていたし、面接して下さった方々は誠実さがあり良かったけれども、給与の条件がスクールで聞いていたものと相違があったために、面接後にすぐ「ここは止めておこう」と決めた。

この会社のエネルギーは自分には合わないと感じたので、何も期待はなかった。

しかし、数時間後にすぐ「合格」の知らせが来た。(早っ!)

すぐにお断りを入れるのも失礼かと思い、翌日にメールをしようと思った。

しかし、翌日、スクールに面接を受けた会社から電話までかかってきて「マネージャーがとても気に入ったらしく、是非、うちで働いてほしい」と言ってきていることを担任に呼ばれ聞いた。

「あ~~、きたきた。これは”お試し”だ。さらに断りにくい状況までもってくる。」

普通であれば、この年齢で、仕事があるだけでもありがたい。しかも、私の条件も全部受け入れてくれて、スクールを卒業してからでもいい。とまで言ってくれた会社なのに。でも、古い信念体系はもうない。しがみつくようなことなどしない。未練もさらさらない。

いかに、自分に正直に、妥協せずにいられるか。のお試しだった。もう、”お試し”もすぐに見抜ける自分になっている。慣れたものだ。(笑)

クツミは、断って満足げ。

ま、久しぶりにお試しだったかな。でも楽勝っていうか、どれだけ揺らがなくなっているかの確認でもあったのかもしれない。


【クツミと始めての会話?】by saraさん


クツミとは、自己チャネでの対話を続けていたが、もっとリアルに感じたくなり、クツミもOKしてくれたので、先日saraさんに繋がってもらった。

ジャーちゃんと違い、繋がりにくいようだったけど、お互いに深呼吸をして何とか会話ができた。

ハイアーセルフのクツミとこうして改めてチャネリングで会話するのは初めてだった。


クツミは、聞いた。

K:「質問は?」

ちょっとおちょくってる感じ。

「なんか、照れるな~~~。」

sara:「笑。なんでさ~~~。」

「なんか、自分で話したいって言っておいてなんだけど。笑。」

少しエネルギーが変わり(深く静かな感じで)

K:「愛してますよ。」

深い愛の言葉だった。この時、なぜクツミが私に伝えたのか私はよく分かっている。
私が最近、クツミからすると私ってどんな存在で、どんな感じなのかな~。と思っていたからだ。マインドからなんだけどね。

だって、私はサムみたいなものだし。そんなことで、トバイアスがサムの事を話しているシャウドを読み直したりしていたからだ。



K:「私を感じてみて。」

「う~~~ん。汗」

クツミのエネルギーは分かっているけど。改まるとどうも、、、。

繋がる時には、やっぱり深呼吸。

sara:「やっぱり深呼吸なんだわ。深呼吸してごらん。って言ってるよ。」

「ノーマさんみたいの?」

sara:「繋がろうとするときはマインドを消さなきゃならないでしょ?ノーマさんの呼吸はちょっと用途が違うんだって。どっちかと言えば、統合の方の呼吸。」

sara:「あのね、1人で繋がるときとかは、出来るだけ音楽も聞かないでマインドが消えるまで呼吸したほうがいいんだって。」

「そうだったんだ。」


二人で深呼吸する。
私は、クツミの呼吸法は以前から知っていた。

息を吸うときに、鼻で息を吸う音がするほど、しっかり吸ってお腹まで入れて、結構、激しく吐き出す。吐ききる。


K:「そうそう。(二人の深呼吸に対して)」

K:「そのうちに慣れてきたら、あなたたちはすぐに繋がれるようになりますよ。」

K:「この深呼吸をマインドが消えるまで続けてください。最初は時間がかかります。」

「は~い。」

「で、、、質問ね~~~。クツミがアセンションした時と、私のアセンションとどっちが大変なのさ~!」

K:「いきなり難しい質問してきましたねー。」

「あはは。」

K:「う~ん、私たちの時代は、ゆっくりとだったけれど精神的に大変だったかな。周りで理解できる人があまりいないですからね。」

時代背景も、エネルギーもまだ重かったから。あとで調べると1871年にフルアセンションしたらしい。

「そりゃ~そうだね。私たちは、一気にやってるしね。クツミやジャーちゃんの時は、もっとゆっくりだったんだろうね。私は、ゆっくりもしたくないけれど。」


saraさんと、マインドについて話していると、

K:「そんなに考えて、どんだけ頭がいいんだか。」

私とsaraさん:爆笑。


さすがにクツミ。やっぱりクツミと実感。シャウドの時と同じだ。



その後、クツミが教えてくれたようにじっくり深呼吸を続けていくと、確かにマインドが消えていくのは分かった。やっぱり、呼吸の仕方によっても違うかも。

たとえば、「選択」するにしても、マインドや、アスペクトからの選択ではなく、深い部分、真の選択するときには、この深い呼吸で、マインドを消したうえで試してみるのも良いかもね。


また、明日にでも思い出したところなど書けたら書きます。


では。今日はここまでにしよう。

スポンサーサイト
2012/6/3(日)晴れ





昨夜の続き。
2012/6/2【創造の段階:5月のもろもろ、就活、クツミとの会話】①

いきなりジャーちゃん(セント・ジャーメイン)の言葉だけど。

J:「クツミは、あなたの”つぶやき”ひとつ全て知っていますよ。」

J:「クツミは、あなたと共に”体験”をしてきました。」


最近、伝えてくれた言葉なんだけど、じんわり深~く染み入るようにこの言葉が私の心を満たす。


その言葉と共に、昔のことから、そして大きく人生が変わった2000年頃からのことも思い出した。
もう、すっかり痛みなども消えて、本当に自分の人生だったのか。と思えるほど遠くに感じるけれど、でも私が歩んだ人生だった。(まだ、終わってないけど。笑。)
スピリチュアルな道に入ってから、10年以上が過ぎて。いろんな体験があったことを思い出す。

どれもこれも、楽だったとは言えないけれど、私は本当に自分のプロセスをまるごと愛している。後悔も何一つない。心から面白いプロセスだったと笑える。

それもこれも、結婚してから、一番近くにいる人が遠くにいて、何度も心の中に凍るような冷たい風が吹いていることが辛く寂しく、いつもどこかで”真の愛”を探していた事を今朝思い出した。

クリムゾンサークルを知ってから、”目覚めの兆候”を読んで、自分に当てはまると感じてシャウドをすごい勢いで読み漁った。

シャウドやチャネリングから天界からの愛をたくさん受け取ってきたけど、数年前までは、”目覚めの兆候”に書かれていたように、”孤独感”が時々襲っていた。

でも、いつの間にかその”孤独感”か消えていたことに気づかなかった。すっかりその事を忘れていた。



今ではいつでも満たされている。途切れることもない。


月日と共にゆっくりゆっくりと、孤独感は消えていった。



本当は、ただ自分を許し、どんな自分も受け入れ、愛することだけなのに。

それが昔はどんなに難しいことだったか。



ほんとうに、ほんとうに。

”あなた”の全てを知り、愛し、尊重し、見守り、助けてくれているハイアーセルフ/真の自己がいるんですよね。

あなたと一緒に”体験”をしながら。 


決して1人ではありません。保障します。笑。


*  *  *


もう過ぎてしまったことはドンドン忘れていきますが、、、。

5月に入る頃、5月に入ってウエサク祭やら、満月やら、そして21日には金環日食やらもあった。
何か、そんなこともすっかり意識にはなくなっていたのだけども、5月のシャウドでジャーちゃんが、「現在エネルギーはとても濃厚です。そして2012年の5月10日にさらに加わります。まったく新しいエネルギーがやってきて、約一週間続きます。それは非常に濃いです。」と伝えていた。

と言っても、昔は、イベント的な宇宙とか、星座の配列とか、そんな事にも期待してしまう時期もあったけど、そういう時って、実際、個人的には浄化が強く出てきていた記憶しかない。エゴをそぎ落としたとか。

案の定、満月を過ぎたあたりから胃腸の調子が今ひとつよろしくない日々が続いた。それはちょうど金環日食のあたりまで続いたと思う。

世界規模、宇宙規模で考えれば、それは色々起こっているのだろうけど、実感できるのは、自分のことくらい。



先月の口癖は、「なにがなんだか。」と良く言ってたな。課題に追われたり忙しくしていて。

よく分からないことなんてたくさんあるでしょ。宇宙のことだって、自分のことだって。

ジャーちゃんは、そんな時に、こういいます。

J:「”わからない”ことなどは、マインドがイライラしたりするでしょ。それもまた感じつくして受け入れること。」

なんか、「あ、そっかー!」って感じ。”分からない”って部分も受け入れるのか。


考えても分からないことに、ただ時間をいやすよりも、それを手放すならば、受け入れた方がずっと自分も楽なんだよね。だから、そんなことに捉われてしまっていたら、それはまた”ドラマ”やっちゃうことになるしね。

あと、昨日、クツミの呼吸の話が出てちょっと書いたけれども、ジャーちゃんも言ってたことをシェアします。

J:「”選択”をする前に、呼吸に意識を向けながらする。呼吸のみに意識を向けることでマインドが抜ける。そして”選択”をする。あなたが本当に何がしたいかは、そこでわかるでしょう。」

これは、5月のシャウドで伝えていることにも関係してます。

”そこから抜け出したい”と感じるものも、マインドで、その意識に付随するものを無意識に避けようとするクセもよくあるらしい。そんな所も自分をチェックしてみると良いかも。


*  *  *


あと、最近では食べ物のことを確認しました。


J:「フレッシュフルーツを取りなさい。生命力のあるものをもっと食べて。なるべく火の通ってないものを。」


「わかった。」

sara:「やっぱりね、火を通しちゃうと必要なものが取れないんだって。」


「うん、身体の声を聞きながらなるべく食べたいと感じたものは食べるようにするけど、食べたいもの自体がないときもあるし。」

「あとで買ってくる。」


この日は、何種類かのフルーツを買ってきた。まだ熟していないそのままのパインは熟すまでは飾ることにした。笑。

でね、生命力のないものが殆どになるけれど、やっぱり大切なことで、自分の波動を下げてしまうことになってしまいかねないようで。

それも、自分を愛することのひとつ。肉体も大切な部分。

でも、普段の食事や、外食だってすることがあるでしょ。そんなときはどうしたらいいのかを聞いたら、

J:「自分のエネルギーを食べるものに、入れるイメージ。」

sara:「レイキと同じみたいなんだけど、それでいいみたいだよ。」

「ほんと、それは楽かも。やってみよう。スーパーで買ってきたものに、ひとつひとつ自分のエネルギーを入れればいいのね。」

sara:「うん、それでもいいって。」


それで、買ってきたものに、自分のエネルギーをポンっと入れるイメージで入れていった。
でも、そんなに実感がなかったのだけど、saraさんが、タバコもレイキすると味がマイルドになるんだから、タバコにもエネルギーを入れてみよう。という話になり、入れてみると、速攻、味が変化した。マイルドに変わった。

これが、一番分かりやすい。やっぱり変化している。


丁度、先日、このメッセージを読んだので参考にされるといいかもしれません。

食べ物だけではなく、音楽なども、いろいろ。

今の”時”だからこそ必要なことかもしれません。その理由も伝えてましたよ。

【アンバサダーズ・オブ・ライト】より
2012年5月6日 全てを選ぶこと-イエス・キリスト


*  *  *

一度、途中まで書いた内容を消してしまったので、その時の話は、また気持ちがむけば書くことにします。


では、今日はこんな感じです。
☆My Blog-2011年【目次】-16(7-9月)から


*  *  *

新たな環境、ワーク、今後のための訓練、気づき、顕在意識では認識できないアスペクトの解放が続いた。
そんな中のある日、「ワームホール」が突然、空中に現れた。

12月25日、また新たに移動になった。旭川から札幌に戻ることになった。
そして、年末、思いがけず嬉しい展開がまっていた。

拡大の年 2012年が始まる。


2011/10

【転載】11/11/11 第2のトリプル・スターゲートとリニューアルのコード

2011/11

【訂正のお知らせと、最近の出来事:ワームホール】

2011/12

【最近の出来事:ワーク&引越のプロセス】
【2011年 大晦日】


*  *  *

☆My Blog-2012年【目次】-18(1-3月) 

☆My Blog-2011年【目次】-17(10-12月)から


*  *  *

2011年のクリスマスに札幌に移動。とりあえず、娘のマンションへ。自分、下の娘、双方にとって必要なワークがあることをジャーちゃん(セント・ジャーメイン)、イシスから確認する。

元旦早々、宇宙から挨拶がある。

少しの滞在後に、新たな新居へ。そして夜のバイトの研修スタート後に、訓練校でWebクリエイターの勉強が同時進行する(HTML、CSS、photoshop、Illustrator、flash、Dreamweaver)。これまで分からないなりにも多少の経験があったので何とか授業についていく。(始めて使うソフトもあるが)

ハードな日常を通して、残っている不要なもの(顕在意識・潜在意識)、アスペクトの解放が続く。
日常を通してかなりキツイプロセスを通過する。何事にも囚われないよう訓練などがある。


 2012/1

【2012年開幕:宇宙から挨拶が来た!&シャウド専用ブログ】
【拡大の時期:昨年中のまとめ】
【娘たちの真実:上の娘は、聖母マリア、下の娘はイシスだった】
【今日の出来事:ジャーちゃんから、カウンセラーの話の補足】by saraさん


 2012/2

★ お知らせ 2011年12月のシャウド抜粋が読めます。
【解放】抑圧していた部分のアスペクト&yohamの状態とは
【人間の姿をまとった化身】との出会いby saraさん


 2012/3

★ お知らせ 2012年1月のシャウド概要が読めます。
【アスペクト解放と2年前のメッセージについて&時間と空間】by saraさん
【転載】多次元的な新しい地球が具体化する ~大天使ミカエル
★ お知らせ 2012年2月のシャウド概要が読めます。


*  *  *

☆My Blog-2012年【目次】-19(4-6月) へ


☆My Blog-2012年【目次】-18(1-3月)から


*  *  *

ゆっくりとアスペクトの解放も楽になってくる。
自分のハイアーセルフがクツミ(クート・フーミ)だった事に驚く。
セント・ジャーメインのバイオレット・エクスカリバーのアチューメントを受けて核にあった扉が開く。

4月~5月、これまでの解放の確認作業を日常を通じて行われる。

物事がだんだん簡単になっていることを感じ始める。
5月末にアスペクト解放へのひと段落が訪れる。


 2012/4

★ お知らせ 2012年3月のシャウド概要が読めます。
【12次元のハイアーセルフはクツミだった】by saraさん
【アチューメント&自分自身へのコミットメント】by saraさん

 2012/5

★ お知らせ アチューメント始めました。
★ お知らせ 2012年4月のシャウド概要が読めます。
【瞑想----発見と神の自己と”I am ”の体験】
【真の創造、コミットメント、アスペクトの解放との関係】 by saraさん
★ お知らせ 2012年5月のシャウド概要が読めます。

 2012/6

【創造の段階:5月のもろもろ、就活、クツミとの会話】①by saraさん
【創造の段階:しみじみ感じること&呼吸&食べ物について】②by saraさん
☆My Blog-2011年【目次】-17(10-12月)
☆My Blog-2012年【目次】-18(1-3月)
☆My Blog-2012年【目次】-19(4-6月)
★ お知らせ 10月、ジェフが来日ワークショップ決定
【創造の段階:創造が現れ始める時&新しい自分】③
【創造の段階:これから、動き出す兆し】④
★ お知らせ ジェフ来日の日程と会場が決まりました。
【創造の段階:宝くじの結果&豊かさを得るたには、やはり解放】⑤
【創造の段階:井戸掘り&宝くじ(確認)&罪悪感、受け取ること】⑥by saraさん
【創造の段階:解析したがるは、マインド&チューブ&感じること】⑦by saraさん
【創造の段階:マグダラとイエシュア&その後の解放&解放の言葉】⑧by saraさん
【創造の段階:余談~プロセスは人それぞれ&錬金術】⑨by saraさん
【創造の段階:変化&オーラ写真&ジェフの来日】⑩
★ お知らせ チャネリングのモニター募集いたします
★ お知らせ 2012年6月のシャウド概要が読めます。
【夏至:終わりで始まりである&見えないヘッド・ギア】
【アスペクトの解放:肉体は宇宙の縮図&DNAとの繋がり】


*  *  *

☆My Blog-2012年【目次】-20(7-9月) へ


★ お知らせ 10月、ジェフが来日ワークショップ決定!!


もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、
5月、シャーンブラBBSの管理人shauhomeさんより、コメントありました。

「アメリカのシャーンブラより、日本でのチャネリングワークショップ開催が10月に決定したと連絡がありました。

追って詳細わかり次第、ご報告致します。」



という事です。

アダマス・セント・ジャーメインの「チャネリングワークショップ」です。
ジェフの来日は、2008年1月の「DW・アセンション・スクール」以来だと思います。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)のワークショップ、楽しそうですね!

多くの方が参加し、自分のハイアーセルフや真の自己、多次元の様々な存在たちと
繋がれる可能性を持てるのは、とても喜ばしいことです。

ワークショップの開催に伴い、ボランティアの方の募集もあるかもしれません。
詳細が分かり次第、このブログからもお知らせいたします。

シャーンブラBBSは、「自由への選択」の中に設置されています。
興味のある方は、サイドメニューにある「自由への選択」のバナーから入って下さいね。

-------------------------------------

私、yohamもこのワークショップに参加するかもしれません。
ボランティアスタッフとして、シャーンブラの仲間たちに会いに、そして
チャネリングを深めるために、、、、。

クツミに聞くと、「行く」というのです。

久しぶりに東京に行けるのはとても嬉しいのですが、いまの状況では、とてもマインドでは分かりません。でも、自分が創造(選択)していたのであれば、どんな形であろうが現れてくるでしょう。

どんな形であっても、どういう結果であってもOKです。
それはそれでいいし、内側からワクワクします。

-yoham
2012年6月5日~6日  4日の満月~7日金星の通過



いやいや、思ってもいない展開が起こりつつあります。

私自身としては、大いにネタものではあるものの、事が起こってから本来は書きたいところですが、クツミもジャーちゃんも、私の感じていることを公にする意向みたいなので書くことにします。(それも分かるのだけど)

事の始まりは、最近、ようやく時間が取れるようになったのでブログを少しずつ整理したり書き始めたわけですが、本日(もうとっくに0時を過ぎてますが)の ★お知らせ で書いたように、ジェフが来日する旨の案内をさせて頂きました。

それが、キッカケとなり、イモずる式に、”創造”について連続で腑に落とす作業となりました。

これまでの私の創造が、いかに素晴らしいものだったのか。と今日知りました。(たぶん、まだ知らないこともあるだろうけど、それは現れてから)笑。

かなり長くなりそうです。



【今までの創造がついに現れる時】

クレイジーだと思われるでしょうが、まず結果からお話しします。

どうやら、私は【宝くじ】が当たるようです!!
(どう思って頂いても、スルーして頂いても結構です。笑)


先ほど話ましたが、この結果に至るまで、私の行動の再現をいたします。



まず、ジェフの来日に、クツミが行くと言った(自己チャネ)ことから始まりました。

今の現状は、先月の26日でスクールが終了し、夜のバイトは今月いっぱい。
今月は、求職者支援金の最後の入金があるので、今月は確かに生活していけます。

でも、7月からの生活の保障は何一つないままプロセスを通過しています。(毎度のこと)
これまでの信念体系や概念、アスペクトの解放がなければ、不安などが時々波のように浮上してきたでしょう。
きっと、それが完了しなければ、【疑い】が浮上し、顕現にはいたらなかったかもしれません。


でもこの前もブログで書いたように、そのアスペクトも解放して、一切【不安要素は消えました】。
なので、日々を淡々と過ごし、やれることをやっているのはこれまでと同じです。

私には借金もありますし返済するものもあります。

この状態で、どう頑張ったとしても、東京へ行ってアダマスのチャネリングワークショップに参加できるとは普通では考えられません。

でも普通ではないのが、この世界、私のプロセスだと分かっている(笑)ので、行くことになっているのならいけるでしょう。というスタンスでした。


★ お知らせ を書いたあとに、すぐ【気づき(サイン)】【感じてくる】ことが現れ始めました。

確かに、少々驚きましたが、ひどくテンションが上がって、核がずれるわけでもないのです。やはり「淡々」とした部分も残しつつ、喜びもあるのです。自分に対しての笑いもね。自分でも不思議な感覚です。


ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)が、5月の末に、「あとは現れるままに、、、」と言っていた意味が分かりました。


私は、ちゃんと、”この時(今)”に備えて、”疑い”が出ないよう足跡を残していました!


これまでの全財産を何度も失い、極貧生活が続き、家族も道ずれにし、みんな私を通してお金は消えました。
なので、現在は、母も、兄も貯蓄はありません。でも、全てが完璧であり、それぞれがお金に対しての執着を手放し、今に生きることに努力しました。

兄は最近、自分に正直に、妥協しない選択をしました。通常、この年齢での転職は難しい選択だったと思いますし、悩んだと思います。しかし現状にしがみつかず、新たな可能性を選択したばかりです。私は、とても誇りに感じました。長年、中国で生活していましたが、今月末か来月、日本で一からやり直します。

私は、家族に対しての罪悪感なども含めて、長年にわたり解放してきました。非常に難しい解放でした。

そして、私の極貧プロセス中には、助けてくださった仲間たちもいます。本当に私が進んでこれたのは、仲間たちのサポートもあったからです。

その中の1人である、岩手に住んでいた方は、東北大震災の時から連絡が取れなくなりました。実際には、地震が起こる前に、メールアドレスを変更するからと言っていた後に、新しいアドレスを聞くことなく震災があり、連絡が途絶えています。

私としては、無条件でサポートをかって出てくださった方なので、探しに行きたいとずっと思っていました。
震災後、ジャーちゃんに確認すると、生存はされているようですが、もしかするとケガをされているかもしれません。連絡取れる日が来ることをずっと望んでいます。とても会いたいです。機会があれば実現したいです。

話が反れてしまいましたが、これまでのプロセスが、今、どのように意味を成すのか。いつも、自分の行動には自覚をもって、自分で選択してきましたが、無意識のレベルでは、それは想像もつかないようなプロセスも含んでいたということに気づきました。

2009年の秋ころ? ミカエルが、これから、これまでのことを整理していきます。と言ってた意味もここずっと感じていたことです。(結構、先に起こってくることを含めて話していたんだということが分かった)


前置きが長くなりました。



【再現 (つぶやきと自己チャネ)】


「ねぇ、クツミ~ 私はどうやって東京(ワークショップ)に行くんだろうね。」

そして、一服して無意識に拡張し感じていました。

すると、ジャーちゃんのシャウドで話していて、とても気になっていたことが浮かんできました。
(いつも、自分の事を知るときに感じる感覚、無意識チャネリングのほう)

5月のシャウドの中の言葉が浮かびました。

「エネルギーは現在、あなたに仕えています。あなたがあまりこの惑星に居たいと思っていなければ、フェンスの上で座ってて、あなたを一方か他方かにプッシュする風を待っているか、その風を責めているか、全く責任を持っていないようなものです。それはまさにあなたをサポートするエネルギーのレベルに繋がります。余り多くなく、ただ生き延びるレベルです。あなたが豊かさを理解していないからではありません。あなたがここに居たいのかいたくないのか選んでいないからです。あなたに対するコミットメントでもあります。ここに居ることのコミットメントです。もしもこうならと言うものではありません。

宝くじに当たるなら、ここにいたいというものでは機能しません。いることを選ぶ。すると、後に宝くじに当たるというものです。

そのように豊かさはシンプルなのです。人生を楽しむのです。」



私が、このシャウドを読んだときに、どうも、この「宝くじ」という言葉が浮いている感じがしました。

どうして、たとえ話としても「宝くじ」を例にしたんだろう?と、どうも、心に残っていたのです。(それがサインになるとは思ってもみなかったけれど)

今日まで、少しの間忘れていましたが、これからの自分のプロセスがどのようになるのか「問」を発したことで、この「宝くじ」という言葉が、また浮上しました。

自分が誰だったかを知っていく時と同じ感覚でした。



「まさかっ!」「宝くじ~???」


すぐに、自己チャネをしました。

「まさか、まじに「宝くじ」なわけ???」

k:「Yes!」

「ジャーちゃん、本当に宝くじ???」

J:「Yes!!」

「ほんと~~~、ま~今さら期待などないけどね~。」

「何? もう買うの?」

K:「Yes!」

「わかった~。どうでもいいけど買ってみるわ。」


それで、もう何年も宝くじには興味がなかったので、今はどんな宝くじがあるのか知りませんでした。
一応、ネットで調べたけれど、ロトくらいしかない。

それから、私は「自分のプロセスってどこまでも面白い」と感じていました。


そこから、次々と自分の残した【足跡】に気づきはじめた。【足跡】の中には、高次からのメッセージも含まれている。きっと、私が頼んでいたのか、それが、後から理解できるように残してくれていたのだろう。


その時々では枠や制限が残っているので、当然、その当時に気づきもしない。



【回 想】

まず、私は自分のブログを読み始めた。


「宝くじ」と言えば、あの時しかない。

それは2007年の時である。(ちょうど5年前)

①→2007/11/23これまでのプロセス【お金編】-9
※この時の内容に、成行きと、私が「宝くじ」に対して興味をもたない理由も書いている。

私の場合、以前の”真の創造”の(今だから真の創造と言える)時の場合、ハートに衝撃が起こる。それは疑いのない感覚で起こり、一瞬は何が起こったか理解できない。(この時が始めての体験だったかも)

この時の展開では、単に「エゴ」を落とすために起こったことだと理解していた。

なので、これが創造だとは、思わないで過ごした。

でも、あれは疑いのないサインで、あの時に私は、宝くじがあたったら、何に使おうか。と”創造”し、手放す結果になった。それは、自ら望んで購入することになったわけではなく、ハートい従った結果の行動だった。
あの時の創造が、どのように拡大し、進化して戻ってくるのか。これからわかる。



それから、時は経ち、全財産を何度か失っている時のこと。

次に思い出したのが、この時期のプロセス。【顕現のスキル~】シリーズとか書いていた頃。

②→☆My Blog-2010年【目次】-11(4-6月)

今、リンクを貼って思い出したれど、この時期に、ローズクォーツの大きな山を登る夢を見ていた。
実は昨夜もローズクォーツが夢に出てきた。この時のブログには、この石の意味として、愛、美、優しさという意味を書いていたが、改めて調べてみると、こんなことも、書かれていた。

「バラ(ローズ)のふるさとであるとされる、愛と美の星《金星》(ヴィーナス)を象徴するローズクォーツ。」

なになに、ちょうど、明日は、<金星>が通過するじゃん!! 関係あるの?しかも、何か女性性エネルギーの到来との関係も感じる。この石は、愛と美の女神”アフロディーテ”の石とされているそうだ。あと、無条件の愛。と自己愛。

クツミに確認すると、確かに金星の女神で、私にサポートしてくれているらしい。


で、時期が少し戻り、次は、【望む現実を創造する~】シリーズの頃。この時はayaちゃんのチャネリングで、ヤハウェイなのか、yohamなのか?からのメッセージを思い出す。この時もハートが爆発しそうな体験だった。

確かに、私の感じていたものは、本物だった。ヤハウェイ?yohamが伝えてくれたように”疑う余地はない”のだ。あの時と意識が変化しているので、違うかたちで顕現されるだろうけど。


③→☆My Blog-2009年【目次】-9(10-12月)

その時は、ハートから感じとってはいたものの、”機”が熟していない時。ミカエルから確認したメッセージが、今になって理解できた。(2009/12)

私は、ハートから感じるままに、高級マンションに見に行ったり、自分の好きなインテリアや雑貨をみたり、”創造”した。

ミカエルは、「自己回帰している」のだと告げた。

「神である自分を体験
   するという、揺るぎない体験でした。」


でも、この時は、顕現に至らず、私は、感じていたことが間違っていたのかとショックを受けた時だった。

確かに、ハートから動かされているので、とにかく自分の感覚を疑えない。

なんだかんだと、その時々で【創造】していた。



そして、次に思い出したのが、2010年のプロセス。

極貧だったがゆえに、いろいろ慰めと希望をもたらすために、高次から様々なメッセージが送られていたのだと解釈していたけれど、それは、【今】のための準備だったのだと腑に落ちた。

この、メッセージを受け取った内容(2010)は、実は、今 現在を指していることに気づき始めたのは、今年の3月。
2012/3/11【アスペクト解放と2年前のメッセージについて&時間と空間】by saraさん

ツインレイの事も然り。どうも、今年中に出会う設定のようだ。夢で一度見たんだけど、パティシエをしているようで。実際に出会ってみるまではわかりませんが。私と同じ目的なので(もう一人の自分だから当たり前だけど)カフェを始めるとしたら、スイーツもおきます。(笑)←ここまで書いちゃっていいのかい。って感じ。^^;


時には、ミカエルから熟考するように促され、”受け取る”ことに対して自分はどのように”受け取る”のか、”愛”でいるのかを深く内面を見つめた時期もあった。

ガーディアンエンジェル、他の存在さん、宇宙連合から顕現へのメッセージもあった。
④→2010/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya

ガーディアンエンジェルから、「少しでも疑いがあれば、顕現しませんよー。」って言われ、「でも、自分で設定したことですから、あなたはきっと成功するでしょう。」とも言われていたね。



一旦、バイトがあったので、回想は途切れましたが、家に戻ってからも、回想と腑に落とす内容が次々に現れました。


昨年末、下の娘のマンションへ一時同居した時に、イシスから、下の娘を海外に連れて行ってほしいと言われて約束しました。(視野を広げるために、娘(イシス自身)の役割のために)。あと、クリエイティブな事をさせてほしいと言ってました。芸術、音楽、WEBなど、なんでもいいから。と。本人はもう勉強するのはイヤだと言ってましたが。(苦笑)

私は、いつになるのだろう?と思っていましたが、思ったより早く実現するかもしれません。
だから、イシスは、私に伝えたのか。と今日、イシスに確認したら、そのようです。

そして、上の娘(聖母マリア)もまたそうです。
私が、東京にいる時に、上の娘が遊びに来ました。新婚旅行に行く前にも立ち寄りました。
それは、魂が、東京に住むかどうか下見すること、娘が選択するかどうかという【確認】のためでもありました。
本人は、全く自覚はありません。これはチャネリングで確認したことなので。

たぶん、その時に選択していたようです。

私は、今日わかりました。 下の娘のことは最近のことでイシスからだし覚えてましたが、上の娘のことは、自分が北海道に戻ってきたので、どうなったのか、娘も選択したのかは分からないままでした。また、東京へ戻るとも考えられなかったし。

クツミに確認すると、どうやら今年中という感じです。その時期は私が思っている程、先の話ではないようです。
娘は、あの【下見】の時に、選択しているんでしょう。(タイムラグがあるんですね)

ここ数か月、なぜか、東京に行きたいと感じてました。でも現状では行けるはずがないのです。
毎度のことですが、ちゃんと、深い所では分かっていて感じてくるのです。

たぶん、下の娘も、上の娘家族も、私も引越すことになるかもしれません。

なぜ、最近、東京に意識が向くのか、分かってきました。


母の事も、お金に余裕が出来れば、お互いにいつでも行ったり来たり出来るので、きっと問題はないでしょう。それよりも、楽しめるようになるのではないかと感じます。


先月あたりのスクールの課題である、カフェサイト(ホームページ)の作品つくりもその過程であり、ワクワクしながらサイト作成をした。

で、5月のシャウドでジャーちゃんが伝えていたことですけど。【創造】というのは、マインドからではない事を私自身が一番よく分かっている。

創造のスイッチが入ると、一定期間、そこに引き寄せられる。で、十分吸収?すると、ピタっと終了し、何もない状態へ戻る。無関心のように自動的になる。これは、私が意図して出来ることではない。


ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)が、先月、昨年のスクールで”創造”した内容を思い出させてくれたのも、この為だったんだ。
→2012/5/6【真の創造、コミットメント、アスペクトの解放との関係】 by saraさん

そして、コミットメントして。

ジャーちゃんのチャネリングのワークショップを行いながら全国を回ること。
カフェとスクールを併用し、運営していくこと。

今回、ジェフが来日し、チャネリングのワークショップの開催が決定したことも繋がっている。
チャネリングは、すぐに自信が持てるようになるものではない。自信というか、自分のチャネリングに対して疑いを持たないようになれるには、実践の練習場所(必要な人には)があるといいな。とか。私自身が体験して実感している。

ジャーちゃんは、私の顕現と合わせて、そのような場所も与えてくれるようです。


過去に起こったことも、最近のプロセスも、全てが繋がっていました。


過去に、頂いた関連するメッセージをこのページで全て取り上げるには、何ページも必要とするため、リンクを貼ったけど、自分が腑に落とせたなら、それでいい。

シャウドでトバイアスが話していたクリスタルの領域に、創造されたものは待機状態(あるいは進化しながら)となり、適切な時に自分に戻る。

私は、期待やエゴ、恐れ、不安を手放した今であれば、大きなエネルギー(お金)を適切に扱うことが出来ます。
自分に受け取る価値があることを知っています。失う恐れも、もはやありません。全て幻想ですから。


--------------------------------

「宝くじ」だと知った私は、バイトに行く時間を少し早め、2007年の時と同じ売り場に向かいました。

購入は、1口(200円)だけです。

数字も、適当に決めました。

当たるときは、宇宙が私に合わせるのか、もしくは、”創造””発明”などにつきものの、何度か試みて”タイミング”あっての成就なのか。とにかく、当たっても、当たらなくても、もともと、期待もなかったことなので、とにかく、行動することだけ。と感じました。

エネルギーが、私にどのように奉仕してくれるのか。

私のマインドでは分かりません。


私のブログを読んで、失うことや、ぷ~たろうの生活を知って、離れていった人もいます。(選択は自由で良い悪いではない)


ですが、私は、今後、”お手本”になっていきます。相手の学びを奪うことではなく、適切に、より高い目的に沿って、というかyoham(私の神)/クツミ/ハイアーセルフと共に、【体験】し、分かち合います。

そして、天界と地球の出会う人たちとしっかり手をつないで、この地球最後の肉体での人生を謳歌します。

無条件の愛で。


【新しい自分】が始まろうとしています。


「私は、そうなります。」


I am That I am !!


-yoham



あれ? このブログ1ページそのものが、顕現であり、コミットメントになっているのかな?

なんか、最後にそう感じた。笑。


そういえば、、、。
先日、初めてクツミと会話になった時。

忘れていたけど、第一声が、

K:「私は、豊かです。」(とぼけている。何?それは皮肉?)

って言ってたんだ!! 笑。

「私だってなるもん。」って言った。


では では。

朝になってしまいました。汗

一点の疑いもなりません。

2012/6/6(水)曇り時々雨




あれから、数時間睡眠をとり、起きた。

あれは、夢か、、、。ちょっとボケ気味。

その後、なぜ、このタイミングでブログを書いたのか。

それは最後の点検のように感じた。

靄のように、少し”疑い”が浮上した。

”新しい自分”になるのに、ほんの少し”恐れ”のカスのようなものが浮上した。

すぐに、感じつくし、受け入れる。

クツミのOKが出るまで行った。

それは、本当に、もう微かなものだったので、以外に簡単に解放した。


クツミも、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)も、ブログに書くことで最後の部分を浮上させる為だったのかもしれない。点検、確認という意味も含めて。


それからというと、ワクワクのほうが大きくなっていった。




「来るなら来い!」という魔法の言葉があれば、どんなことも受け入れられる。


バイトに向かう途中、また、さらにいろいろ思い出した。

過去のチャネリング全てではないけど、一部分はその時々に一致したメッセージもあれば、先をキャッチして伝えている場合もあり、その時は変だな~と思っても、ちゃんと後で理解できる時が来るものだと改めて感じる。

2009/8/15これからの展開【シフト③】-13【確認Ⅱ】
M:「荷が重いとか、無理しそうと思うときは、この意識を切り替えましょう。
   起こることに圧倒されてしまうけど、それを【祝福】と感じてください。
   これは、実際に【祝福】なんですよ。」


「圧倒されてしまう」か~。これは、極貧の時のプロセスを言っているのではなくて、これからの事だったのかもしれない。ま、それはそれで「来るなら来い。」

2009/11/12【メタトロンの夢とアセンション完了①】-【確認】
M:「あなたは、もうここの次元へ入ってくる、、、。おめでとう!!
 
   教師、マスターとして自覚してください。
   徐々に、自我ではなく(?)、パワフルに宇宙のエネルギーで
   活躍して行きますが、あなた自身、流れに驚くことがあるかも知れません。
   そして、パワフルに喜びがあるでしょう。

   ただ、気をつけることは、エネルギーを欲しがる(無意識でも)人、持っている
   四次元のエネルギーで引っ張られることがあるので、気をつけてください。」


これも、今~近い将来に向けての言葉だったのだと感じる。
確かに、「流れに驚くことがある」のかも、、、。ま、すでに。


2009/12/3【出現】豊かさの顕現-【確認】
C:「あのね。もしかすると、もう休みなく動き出すかも、急に忙しく
   なるわ。きっと。○○○さんのプロセスが終わるのを、目覚める(こっちに来るのを)
   のを待っていたらしいよ。急がされているから、待ったなし。かも。笑。」



クツミに確認すると、これから一気に動き出すような感じです。
そういう忙しさであれば、なんでも来い。


と言っても、本格的には、来月あたりからなのかな~。


相変わらず、「何がなんだか。」って感じですが、それもいいじゃないか。って。

休める時に休んでおこう~~。

ではでは。

また。


★ ジェフの来日 チャネリングワークショップ決定!


日程、会場は、以下のとおりです。

日時 :  2012年10月 13(土)、 14(日)、 15(月)日 (3日間)
会場 :  両国にあるKFC国際ファッションセンター

★ 会場の詳細はこちらです。
  ↓  ↓  ↓
http://www.tokyo-kfc.co.jp/

2012/6/7(木)くもり



書き終えたら、もう8日です。また、午前さま。

今日は、さらに長いです。汗。


【1日の流れ】

今日は、バイトが休みだったのですが、1日、(半日?)アスペクト解放の日となりました。

実は、今日、ロト6の抽選日で、夜に確認しました。当選はしましたが、5等。3つの数字が当たってました。

1000円なので、200円で購入して一応、5倍?(笑)

それでも「私、すごいじゃん。」と感じました。

さすがに5年前と違い、ガッカリすることもなく、平静さを失いませんでした。(どれだけ期待を外したのかも確認できた。でも期待そもそもが、自分で意図して外せるものではないことも重々知っています。なので自然に期待が出ても、良い悪いではなく、自然なものです。)

でも、正直、自分がどんなリアクションを起こすのか分からないので、「あ、まともに受け止められた。」という事の方が安心したのかもしれません。(笑)


今日の出来事は、結果でいえば、こんな感じです。


でも、それよりも、今日は、とっても深く自分の中を掘り下げて内側に入ることを求められました。

朝起きてから~夜になるまで続き、宝くじの結果は後回しで、最後に確認しました。

でも、解放しながら、今回は当たらないことを感じていました。
まだ、解放すべきアスペクトに気づかされていったからです。それを解放せずには、当選するわけはありません。

気の遠くなるほど解放をしてきましたけれど、最後の大物?。(笑)
そのアスペクトは、豊かさを拒んでいたアスペクトです。私は、もう解放していたと思っていましたが、まだ深い部分におりました。(汗)


今日の解放には、クツミもですが、マグダラのマリアが初めて私に分かるように、サポートしてくれてました。
いつもは、静かに見守っている感じで、問いかけても返事がないのですが、今日の解放には、yoham(私の神)、クツミ、マグダラのマリアが参加しての解放でした。

いや、まだ気づかないだけで、まだあるかも、、、。

今、確認したら、まだ解放はあるらしい。汗。


いつもなら、もうとっくにsaraちゃんに確認していたと思うけど、ここ数日、saraちゃんも、浄化を通過していて休養しているため、嫌でも、自分の内側にこれでもか、これでもかと深く入ることになりました。
(ちゃんと、そういう機会を与えてくれている。)
途中、これでもまだ解放できないの? と何度もクツミに確認しましたが、OKがなかなか出ず、何度か、ジャーちゃんに助けを求めたくらいでした。クツミの深呼吸も何度も行って。途中、疲れて眠ってしまったくらい。

最後は、クツミも、マグダラのマリアも「よくやりました!」ってOKだしてくれました。(とりあえず、今日の分は、、、。汗)


アスペクトに気づくまでが深いのです。
潜在意識の部分(自分では気づけない)は、これまで肉体で感じさせてくれたので肉体が教えてくれれば、その都度イメージして解放してきましたが、今回は、自覚しながら解放する必要があったようですね。

今は、私自身もかなり変化している為、アスペクトの同意が得られれば、自分で出ると言ってくれるので、あとは自らyohamの所に戻ります。

今日の一つのアスペクトは、yohamと統合するのを最初は拒んでいましたが、何度か語りかけるうちに、自分から出ることに同意しました。(それには、本当に感じつくし、心からアスペクトも尊重し、受容しなければなりません)もう一つのアスペクトは、語りかけたら、もう自分から出ると素直に同意してくれました。


やれやれです。 これをやるのは、自分自身にしかできません。


【今日のアスペクト解放の始まり】
※アスペクト=過去世のさまざまな側面、自分の側面、潜在意識の部分

今、ちゃんと点検と確認、不要なものの”名残り”を解放する時間を与えてもらってる。


やはり、何か【事】がなければ、この潜在意識の深くにある部分が出てこない。それには、今回の「宝くじ」の事が一番出すのに都合が良いのだろう。


まず、最初に出てきたのは、色々なものが複雑にからんだ、”恐れの名残”のようなもの。


久しぶりに味わう感覚。ザワザワとして気持ちの良い感覚ではない。

また、感じつくして、受容して、認めて、許して。すると、少しずつ、”スー”と抜けていった。


その後、しつこいけれど再度yohamの言葉を思い出し、感じつくした。

「私は、本当にyohamの伝えた状態にまで達しただろうか。」

答えはノー。「いや、まだ私の中に微かに残っているものを感じる、、、。」

でも、この言葉は真実であり、とても深い。自分を再点検するには、これを基準にすると、一番よく分かる。

『何者かでいようとする事もなければ、何かであろうとする必要もない。
何かしようとするものでもなく、、、
何者かでもなく、、、、
何もする必要がなくなったとき、、、役割が見えてくるだろう、、、、。』



「う~~~~ん。まだ、自分の中に残っているものがあるのは分かるけど、なんだろう。捉えどころがないように感じた。そんな時は、お風呂に入るといい。「よし、お風呂に入ろう!」

お風呂に浸かっていると、時々閃きのように「あ、そういうことか!」と突然理解するときがある。
なんでだろうね。(笑)リラックス効果からなのか?


次に 先日、ジャーちゃんが言ってくれた言葉から感じる深さを思い出した。


【あるがまま】で、、、、。

この”あるがまま”も、何段階も存在する。(何度か書いてきたけど)


究極の「あるがまま」って、yohamから受け取ったメッセージの状態を指す。と気づいた。

ま、今さらだけどね。

たとえば、「何もする必要がなくなった時、、、、」


これって、意識的に生活していると、とてもよく見えてくるんだ。

でも、これが、本当に深いの。

人間は、「あるがまま」でいようとしても、プログラムが働いている状態では、必ず「~ねばならない」が
出てくるようにされている。そこにも改めて気づいた。

まだ、僅かだけどクセのように残っていたのは知ってる。今では、すぐ気づくのだけどね。

でも、それでも完全に手放すまでOKにはならない。 

それもまた感じつくし、受容で解放。



それだけで事が収まらず、ブログに書きたいことがあったので、以前にどこかで読んだメッセージを探していたところ、あるブログにたどり着き、そこに、マグダラからのメッセージなどがあった。そこで、私の知らなかった情報などもあったため、惹きつけられるように読んでいった。

そのブログにたどりついたのは、自動的に動かされているのだけども、そこには、アスペクト解放に必要なメッセージが載っていた。メタトロンとマグダラのマリア(それは下記に転載する。この情報が”豊かさ”を拒んでいるアスペクトに関する情報です。)

本来、気づくのはそこまでだったのだろうけども、今日は、他にもマグダラに関する情報が多々あって、つい客観的に見るのを忘れてしまった。

最近では、他のチャネリングメッセージも、客観的に読んでいるため、捉われることは殆どないのだけどね。


ある所までいったら、ハートチャクラなのか、核のほうなのか、暴走しバクバクしはじめた。苦しくなってきて、何か合わないエネルギーを吸収してしまったのかと焦った。


でも、過去にも似たようなことがあったことを思い出し、自分のブログを確認した。
今とその時では違うだろうけど、警告だったようだ。

「それとも、もしかして、クツミなの???」

k:「・・・」


あ、yoham、、、、。 ちゃんと監視してるわ。笑。 繋がってるんだから当たり前だけど。知らせてきた。

それが例え、自分のハイアーセルフの事であろうと、捉われるな。という”お試し”も含んでいたらしい。
どんだけ、”お試し~”と思うけど、ま、その通りだね。
外側のことであれば、そんなに捉われることはなかっただろう。


あ~、でも、私はまだやっぱり自分の事を知りたいのだ。と感じた。

yohamが伝えた、「何者かでいよう、、、」と言うのは、今はないと感じる。
ハイアーセルフが誰であろうと、結局は、私は私で、オンリーワン。って感じだから。他者のマネが出来るわけでもないし。私は、私でしかいられない。

そこはクリアしていると感じるのだけど、「何者か、、、でもなく、、、」と言われれば、、、「う~ん。」マグダラの部分も感じれば、クツミの部分も感じるし。そこは、ちょっと微妙になる。

どれが悪いわけでもなく、ここは、何が妨げているのかに焦点をおいてるので、「まだ、自分の事を知りたい部分」「自己探求をしたい部分」が微かに残っていることを発見した。

確認すると、これも「アスペクト」らしい。汗。
私が感じるに、過去世などで、さんざん「自己探求」を続けていた意識の部分が残っていたということなんだろう。

でも、自己探求にしてもいろいろあるけど、結局、核、源に繋がることでしか分からないだろう。

だから、過去世でも、答えを見つけたくて、答えを得られないまま、転生を繰り返していたのではないのかな~と感じた。

でも、もう「自己探求」を続ける必要はない。その段階は終わっている。って言うか、自分が望んだところで意図して知ることはない。外側の情報には、人間が加えたものが殆どで、真実は自分の内側にしかないから。

手放して始めて現れてくるものがある。(パラドックスなんだよね~)

自己探求は、ある意味、甘美な誘惑で尽きることがないものになり得て、ハマってしまえば、ドラマから抜けるのが大変。留まってしまうとプロセスを遅らせてしまうことになりかねない。(度合は人による。好奇心の度合にも。私は好奇心が強いほうだったから。笑。)

ある時期から徐々に、そこに気づき、自ら切り離してきたけど、やはり”お試し”に引っかかってしまう自分がいた。

判断はないですよ。ただ、気づけば、それでいいと知ってますから。

「あー、まだあったのか~。」ってね。その自分も受け入れる。

このアスペクトは、同意するまで時間がかかったかな。でも最後は自分でyohamの所に行くと言っていくれた。



そして、さらに見えてきたのが、”豊かさ”を拒んでいるアスペクト。

メタトロンとマグダラのマリアのメッセージを読んだときは、「うん、そうだよね~。」と言う感じで、自分自身と捉えていなかった。もう解放していると思ってたので。

いろいろマインドも出てきて、クツミとマグダラに聞いてみるけど、答えてくれず、行きつくのが大変だった。

「もしかして、まだ、豊かさを拒んでるアスペクトがいるの?!」

と聞いて、ようやく返事が返ってきた。

ここにたどり着くのは苦労した。

まだアスペクトがいたことが分かった時は、「え~!!まだ居たの~!!」って、ベッドに倒れ込んだ。笑。


このアスペクトは、以外や以外 分かってもらえたからか。語りかけるとすぐに同意して自らyohamの所にいくと言ってくれた。



今日の所は、これで終了した。

いや~ここにたどり着くのに時間かかった。正面から自分と向き合わなければ決して出来ない。


まだあるって、次はどんななのか。「来るなら来い。」 だから、ちゃんと「来る」 笑。


過去に、ヤハウェイが教えてくれたっけ。「来るなら来い!」って言える時は、自分に準備が出来ているときだって。


ブログを書きながら、今気づいた。
やはり、先日、「宝くじ」の事を書いたページは、コミットメント(宣言)なのかも。あの時に、自分は宣言し、自分のより深~い部分を解放する許可をしたんだ。

だから、今、こうして深い部分のアスペクトの解放が出来ているのかも。

確認したら、そうなんだって。 あくまでも自分なんだな~。


*  *  *

今日、あるブログサイトで、見つけたメッセージ。
でも、そこも転載していたので、大元からリンクさせて頂くことにした。


-------------------------------------------
★ アンバサダーズ・オブ・ライトより転載。

公開チャネリングメッセージ
2012年1月8日 スピリットが働くスペースを作る


2012年は様々な存在が預言していた 自分の源とつながる機会を得る年であり、そして 地球のエネルギーをシフトさせることの出来る年です

そのエネルギーはもう地球に届いていて 12月には惑星の配置が整い、そのエネルギーが頂点に達します。

そのエネルギーは人類の現実化をサポートするエネルギーでもあります。 ですから、今年はきちんと意図を設定することで そのエネルギーの恩恵を受け、現実化を行ってください。

意図を設定する、と言うことは船が出港前に目的地を設定するのと同じことです。
方角を設定しておくことで、それに向かって進むことになり今年の意図を設定することで、その目的に向かって進めることになるのです。

意図を設定したら、それに向かって意識を集中して、行動を起こすことです



こんにちは。
私たちはメタトロン、そしてマグダラのマリアです。

とうとう、2012年、預言されていた年が来ました。 準備は出来ていますか?

自分に問いかけ、人生について定義してください。

誰もが目的を持って生まれて来ています。
地球上に生まれると言うことは特権であり、ギフトでもあります。

多くの魂が並んで地球に生まれるのを待っています。
ここは学びの学校で、地球を経験することで魂を成長させることが出来るからです。

では、ここで何を学ぶのでしょうか?

一つだけ、それは意識的な創造です。

どんな人も思考を通じて現実を創造しています。
それは引き寄せの法則と知られ、考えることでエネルギーを発し、それをまた受け取るのです。

でも、その思考というものが潜在意識から来ることが多くあります。もしくは過去の影響を受けていることも多くあります。

潜在意識が変わらない限り、ポジティブな思考をしようと努めても現実を変えることは難しいのです。


ここにいる人も、頑張っているのになかなか変えられない人がいます。

というのは、現実の創造には信念が深くかかわっているからです。

例えば、多くの人が自分は愛されるに値しない、と言う信念を持っています。

その場合、どのように愛が欲しいと思っても、コアの部分で自分には不可能だと思っているので現実化しないのです。

もし、あなたが、「人は40歳になったら、生命力がなくなり年を取っていく。」と信じていたら、そうなるのです。

奥にある信念によって、思考や感情が創りだされることに多くの人が気づいていません。
それがサイクルになっているのです。

信念を変えなければ制限された成功しか手にすることは出来ません。

何故かというと、

現実には時間は過ぎ去ることはなく、常にそこに存在します。時間が変わることはなく、過去もそのまま存在するのです。その時間の間を行き来しているのが人間です。

過去に起こったことだと思っていることも、今起こっているのです。

例えば、前世で繰り返しお坊さんをしていた人がいて世俗的なことは卑しい、豊かになることは許されない、と思っていた人は今回豊かになろうとしてもそれが難しいのです。

何度も同じような人生を繰り返し、その信念を育ててきたので今の人生で変えようと思っても、繰り返してきた過去のエネルギーのほうが強いのです。

独身女性の40%は過去の影響を受けています。
神に尽くすために結婚をしない、という誓いを過去にしているため機会があってもそれを逃してしまうのです。

現実化が可能な今年こそ、瞑想などで深く自分にはいり、過去に戻ってその誓い、契約を破棄する、ということを 行ってください。

現実化のエネルギーがどれほど強くても、自分の意志とは反対の信念を保っていたら望むことを現実化することは出来ません。


逆の考え方として、自分の魂やハイヤーセルフ、など、高い次元から信念を受け入れるのであれば、今の自分だけでなく、過去の自分をも変えることになります。


魂に入っていって、不要なものを取り去り、 そのレベルから新しい信念、思考のパターンを創りだし既存のものと置き換えてください。

例えば、豊かさを作り出い時には魂とつながってください。
豊かになりたい、と思うと、人はこのようにして、こんな感じになりたい、と マインドを使って考えるものですが、マインド、思考とは直線的です。 魂につながると、より大きな側面が開かれていきます。


パートナーを探している人も同じことです。
魂とつながって、自分の根底にある制限を解放し、そして最善の波動を達成することの出来る関係を創る機会を与えてもらいます。

魂は、いままでの制限全てを置き換える力を持っています。 ですから、魂のレベルまで戻らないと、何かを始めることが出来ないのです。


魂とつながること、それが2012年の現実化の鍵になることです。


魂とつながる為に役に立つマントラがあります。


私は魂である。

私はモナドである。

私は神聖なる光である。

私は愛である。

私は意志である。

私は完成されたデザインである。
(つまり、完全なる設定がなされた、完璧な存在であること。)


これが魂を呼ぶ言葉です。 日常生活の中で繰り返してください。

あなたの中にエネルギーが統合されるはずです。

以下もマントラとして使ってください。


私には豊かな平和がある。

私には豊かな愛がある。

私は全能の神と完全に同調している。


これらが役に立つはずです。




私はマグダラのマリアです。

もう、仕事を始めるときです。
あなたが選べば、今年は新しい現実を創りだすことが出来ます。でも、少なくとも、何を創造するのか、知っておく必要があります。 青写真がなければ、進めることが出来ないからです。 詳細を設定する必要はありませんが、方向は設定する必要があります。

人は全ての分野でバランスを取る必要があります。 仕事、人間関係、創造力、すべてのことです。

バランスの取れた人間になることで、そのバランスのエネルギーを地球に送ることになります。

自分が持ち得る最も大きな夢を見てください。

今の仕事で、職場での、最高の状態とはどのようなものですか? どのような分野でも、その中で最高の状態を考えてみてください。

信念によって、ここまでは可能、ここからは無理、となるのかもしれません。

ですから、魂につながって、自分には何が可能なのかを問いかけてください。 それを信じて、そのエネルギーを行動に送れば、現実化するのです。

今年、豊かになろう、としている人も多くいます。

そういう人は、魂レベルで、「様々なところから来る、全ての豊かさに自分を開く」と設定するといいでしょう。
「受け取る準備が出来ている」と伝えるのです。

豊かになりたいと思っていても、受け取れない人が多くいるからです。

今日、誰かあなたに、1000万円あげる、と言ったらどうしますか?
ありがとう、と受け取りますか?
そんなのおかしい、警察に行かなくては、となるのでしょうか?
それとも、1000万円作るには、こうして、ああしなければならないはず、と考えるのでしょうか?

スピリットが働く場を提供してください。
豊かさを創るには魂やスピリットに任せる必要もあり、そのためには自分を開くこと、受け取ることです。

あなたは自由に受け取れますか?
あなたが受け取れいのであれば、宇宙はどのようにあなたに渡せばいいのでしょうか?


受け取れない、というのも信念です。
どのようなことが根底にあるのでしょうか?

「自分にはそんな価値がない」ということです。

置き換える信念は

「私には価値がある人間である。」
「私は豊かになる価値がある。」
「私は純粋な愛を受け取る価値のある人間である。」
「私は深い平和を感じる価値のある人間である。」

皆さんは、自分にそれだけの価値があると思いませんか?

言葉だけでなく、経験として表現してください。

一人一人の中に神がいます。
その神を尊重してください。

自分を尊重してください。

自分の前に火がともっているのを創造して、自分を制限している信念を燃やしてください。

魂に対して、自分が認識していない信念をもたらすように頼んでください。

多くの人に利用される、世の中は怖い、という信念があり
新しい機会を逃してしまっています。
豊かさとは、何らかの形で他の人から与えられるものです。

あなたのエネルギーやサービスが、他の人から戻ってくるからです。
だから、全ての人に心を開いてください。

もちろん、常識は保つ必要があります。
ですから、心を開く前に

「私をサポートしてくれる、私にとって最善の人達が周りに現われる」

ことを意図しておくといいでしょう。


-------------------------------------------

今、改めて読み直すと、自分はもう核と繋がってるし、もう受け取る準備が出来ていると思っていた。
でも、甘かった。笑。

でも、上のメッセージにあるように、スピリットや、魂と繋がっているからこそ、こうして潜在意識のアスペクトを解放することが出来るようになった。本当に感謝だ。

今日、私があるブログでマグダラの事を読んだ情報は、知って良かったんだけどな~。その内容は、マグダラの時に、自分の子だけじゃなく、孤児の子たちも一緒に分け隔てなく、愛情深く育ててたというビジョンを見た。という話だったしさ~。
(私も昔、お金あったら、孤児たちも引き取って、自分の子と同じように育てたいな~って思ったことがあるし。 後から、2人で十分だ。と思ったけどね!)

でも、マグダラから、私への最初の言葉(感じて受け取った)が、

「そんなことは、どうでもいいことです!」

だからね~。爆。

そんなことに捉われるな。自分のやることをやんなさい。って事なんだけどさ。

クツミまで言うし。

「そんなこと、わかってるってばー!!」と口から出てました。

けっこう、愛のムチです。


もう、「宝くじ」なのか、何なのかよくわからないけど、とにかく進みます。



それと、昨夜、ちょっと眠れず、シャウドを読むと、気づいたことがありました。
アスペクトロジーワークの事も書かれてました。
(確か、アスペクトロジーワークのトバイアスのCDがあったかもしれないけど、翻訳されてないよね)

このシャウドを翻訳した方からは、転載の許可が下りてないために、「自由への選択」には転載していません。なので、リンクできませんが、概要だけ、私の言葉で書いておきます。


クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド9:「誘惑の意識」 
クリムゾン・サークル 2008年5月3日


この時のシャウドには、クツミも来ていて、ジャーちゃん(アダマス・セント・ジャーメイン)、フロイド博士も
ゲストで来ていました。

私は、クツミがシャウドで話すときに「私は、男性でも女性でもありません。」と、あえて伝える時があるのに気づいてました。(シャウドの時?確かあったと思う)

ま、天使の存在もそうですが、本来、どちらでもないのは分かっていますけど。

でも、何ていうか、ジャーちゃんは、一度、シャウドで、自分の男性性と女性性のバランスを取る必要があったために、休暇をとり、パリへ行ってデートをしてきた。って話があったけれど、そういう言い回しです。

このシャウドで、トバイアスが、クツミが入ってきています。と紹介した時に、クツミの事を、

「あなたは、”彼”の”彼女”の、、、、。ここで指摘したいのですが、と前置きして、本来、あなたたちは、女性でも男性でもありません。それらは、ただのアスペクトにすぎない。と。何等かの言葉を使うしかないから、クツミを”彼”と呼びます。”彼女”と呼ぶべきかもしれません。」

どうして、クツミの時だけ、そういうのかな~。と感じた。クツミの事だけではないのだし。

私は、チャネリングで、生まれた時から、女性性と男性性のバランスはとれていた。と聞いていた。

ジャーちゃんの過去世では、女性の時もあったのかもしれないけど、男性の名前しか知らない。

クツミの他の過去世は、男性のほうが多く?(よく分からないけど)、でも実際には、マグダラのマリア、ジャンヌ・ダルクもそうだったって事になる。

トバイアスは、それを知ってるから、「彼」、「彼女」と呼ぶべきかもしれない。ってあえて言うのだろうか。
クツミも、自ら、自分は男性でも、女性でもない。というのかな。って感じたんだ。

なんだか、それを読んで、変に納得したよ。実際に自分の内側にいるんだもん。否定のしようもない。

私が、自分のハイアーセルフに対して「何が、どうなっているんだか」って言ってたから、その答えをくれたのかも、、、。


また、こんな事を書いてたら、「そんなことは、どうでもいい事です!」って言われるかもしれないけど。笑。

あくまでも、それは私の解釈で、感じたこと。

せっかく、昨日、気づいた事だから、メモしておきたい私。



シャウドに書かれていた、アスペクトロジーについては、


アスペクトを粘土の山(塊)に例えてました。私は、その表現は結構、ついてると感じました。私は、アスペクトたちの粘土の山(もっと固い山のようでしたが)、それを砕きながら解放した感じだったからです。


「そのアスペクトの粘土の山を 古いエネルギー の分析で、また加工しようとしていました。絶えず、それを直そうとしたり、よりを戻そうとしたりするようでした。それは、ただのアスペクトにすぎませんでした。

その中心には、核があり、その「核」は、壊れてはいません。歪んでもいません。それは神聖で、ずっと存在し続けていますし、存在していきます。ずっとそこにあります。

では、その新しい意識と同時に、気づきがやってきます。中心では純粋で神聖なまま、存在していることに気づきますが、様々なアスペクトを取り戻し、統合させるには、どうしたら良いでしょう?

あなたのエッセンスは完全無欠です。混乱を引き起こしてきたのは、あなたが創造した、たくさんのアスペクトたちです。

私たちが、行うであろう、アスペクトロジーのワークは、その完全なる中心、核に戻るためにするのですが、そこに辿りつくのは困難です。シャーンブラよ。アスペクトたちが、あなたのお家(肉体)を支配している限りは、辿りつくのは困難でしょう。」



これより先は、まだ読んでないのですが、このアスペクト解放がどれほど、困難であるか? いや、それは、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)から教わった方法であれば、とても分かりやすいし、自分でやっていく内にコツもつかめるだろう。なので、心配することもない。感じ取れれば、簡単と言えば簡単。

でも、潜在意識にこんなに残っているなんて!と圧倒されるかも。
楽とは、決して言わないけどね。

でも、そこに至るまでのほうが、まずは自ら率先して努力を要するために、大変かもしれない。
(ある程度、自ら高次に歩みよらなければ、高次からは降りてこれない)

謙虚に内側に向き合って、まずは自分の中心をみつけ、中心に留まりまがら、中心が形成された後、核が形成し始める。それまでは、、、。
あとは、自分の核、源に繋がれば、自動的になっていく。
でも、もうすでに、、、。これからは、簡単になっていくでしょう。軽くなってきてるし、ベールも薄くなってきてるから。私の通った道とは違うでしょうね。


私は、そのように感じる。どちらにしても、自分と向き合うことは、続くのですけど。笑。

鍵は、素直になること。抵抗している自分を感じたら、即座に逃げずに正面から自分に向き合うこと。

そして、認め、許し、受け入れ、自分を愛すること。


では、では。

------------------------------
<本日の参考に>

ジャーちゃんの教えてくれたアスペクトの解放方法は
【自己回帰ワーク:アスペクト(自己側面)の解放&saraさんの体験】By saraさん

自分の中心、核と繋がるというのは
【自分の段階を知る:ポイント!】byGraceさん


2012/6/10(日)曇り




今日は、さらに長くなったので、何ページかに分けました。汗
日にちも、11日になってしまいました。昨日とは、9日のことです。


昨日は、saraさん通してジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に確認と、マグダラのマリア(saraさんから見ればば、かつてのママ)、イエシュア(かつてのパパ)とちょっと話ました。


今朝も、身体中が痛い。DNAの変容からなのか、アスペクトなのか、区別がつかない。
クツミに聞くと、アスペクトのほうだと分かり、速攻、解放に同意するものは、yohamの所へ自分で行ってもらい、動くことが出来ない(固まって)者(1人というものではないけど)だけ、イメージで解放した。

実は、昨夜も結構大変で、ブログを書くところまで気力も体力も残っていなかった。


■ 井戸掘り

そして、ひたすらアスペクト解放。もう、ずいぶん解放したと、思っていたけど、さらに深い所には、まだまだ居て、まるで井戸堀りしている感じです。
預言カフェで、イエシュア(パパ)の言っていた意味が、とってもよく分かる。
2009/7/5【何も変える必要はない】-3【謎のカフェ③】
「主は言われます。愛する我が娘よ、主はあなたを愛している。と言われています。
  あなたは、今、井戸を掘っていく時です。そういう時だと主は言われています。

  今まで、井戸を掘るのは、結構大変だな~と思っていたかも知れませんけど、今までは、目の前にある事だけでも、もうこれ位で、いいんじゃないかと思えたときがあったかも知れませんけど、今ひとつ心を決めて、今深く掘り下げていく。
  そして、命の水がどこにあるのか、それをしっかり探し、求めていく、そんな者となって行ってほしい。と主が言われています。

  あなたの中に、あなたが思っている以上に、その本当に何か、、探究心って言うのでしょうか、そのような者を持った娘として私はあなたを見ています。と主は言われています。そう言う中で、あなたが多くのものを発見してあなたが本当に喜んでいる、ほんとに小さな子供のように目を輝かせて、「これを発見した!」という目を輝かせている姿を、私は見ています。
  そして、私は、これからその姿をもっと、もっと見ていく事になるでしょう。と主が言われています。(少々笑)


2ヶ月くらい前にsaraさんと、この預言カフェの話題に触れたことがあった時、その話というのは、あそこは宗教で、勧誘のごり押しこそないけれど、メッセージ受け取ってる人達は、メッセージを降ろすのに、学んで、なんか礼拝などにも参加しているようで、メッセージを降ろしてくれた人と少し話した時に、かなり宗教の信念体系の植え付けもあるようで、精神世界のチャネリングに対しては、それは”サタンだ”と言っていたことがあり、その話題などに触れて、そうなると、抜け出すのはちょっと大変そうだね。ということを話していた。

「でも、あれは、パパのメッセージだよ。私わかるもん。私の受け取ったメッセージは、結構、ちゃんと受け取ってくれてたと感じる。」

一回目時、後で確認すると、受け取り側もそれぞれで、ちゃんと受け取ってるものもいれば、いない人もいるらしいと聞いた。なので、二回目からは、ちゃんと適格な方がメッセージをくれるように頼んでから行くようになった。

一度目は、ちょっとズレを感じたけど、プロセスは他のところにあり、メッセージを受け取っている方と話すことが出来て、そのカフェの内情を少し知る機会があった。たぶん、そこを知る必要があったのだと今は感じる。
※その時の内容は→2009/7/5【何も変える必要はない】-2【謎のカフェ②】


パパ(イエシュア)によると、パパが全体にエッセンスを与え、天使たちに降ろしているらしいです。それをメッセージとして受け取り側に伝えているようです。
受け取り側は、あくまでも統一して、「主は、言われています。」と伝えています。(判断なく)


では、本題に入っていこう。




【昨日の出来事:これまでのプロセスの確認など】by saraさん

saraさんの体調はどうかと、メールを送った。思ったより随分回復していて元気だった。

で、ここ数日のプロセス(宝くじの件や、もろもろ)の話を簡単に一通り話した。

その後、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に呼びかけました。


■ 宝くじ(確認)


「ねえ、ジャーちゃん、【宝くじ】はどうしたらいいの?」

J:「期待なしで、買いたいなら買いなさい。」

その時に、なぜが、買うのに「抵抗」を感じた。
私は、その感じてくる「抵抗」を見逃さなかった。


J:「創造はしている、確かにその段階ではあるけれども、「豊かさ」が流れてきているかは、別の問題。」


「じゃあ、先日ブログで書いたことは?感じたことはどうなってるの?なぜ、ジャーちゃんもクツミも”うん”って言ったの?なぜ、数年の間に、ハートチャクラが暴走したり、その瞬間に、ワーといろんな事に意識が向いたり、そして終わるときには、ビタっとそれが終わったりするの?あれは、創造じゃないの? 私が意図してるわけじゃないよ。」

J:「それは、yoham(私の神)が、アスペクトを抜くために起こしている。あなたは、そこに”反応”するでしょ?」

J:「反応しなければ、抜けないんですよ。」

「なにさ、またかいっ! じゃ、ブログにあれだけ書いた私は、クレイジーかバカみたいじゃーん。(ま、一般から見ればそんなもんだけど)」

J:「それがあるから、抜ける。 あなたは、それらのプロセスを通して”希望”をもつでしょう? でも、”違った”と気づく。それに「気づく」必要がある。(解放する上で)」

J:「でも、そういう人が多いんですよ。あなたのような反応を持つ者が。多くの者は反応する。だから、反応するものが、無意識であろうと、ブログに集まってきている。そして、共に気づきや、やってみながら解放することが出来る。」

「そうだったの?でもね~~~。いつまで、、、、汗。」

J:「ゴールというものはない。いつでも、終わりがあり始まりがある。」

「そうだけどさ。宇宙はそうやって進化しつづけているんでしょう。(拡大し縮小し)


J:「ねぇ、yohamのメッセージは、「あるがまま」そのものだよね。それを感じていくと、自分にはまだある。と気づくんだ。もう微かにだけどね。でも、いったいいつあの状態になれるのか? 自分をそこに照らし合わせて、常にチェック、モニターしてないと気づけない。チリのようだけど、光が当たると大きく感じるから。」

J:「そう感じて、行動している内は、まだその状態ではない。それすらも忘れた時に、【本当のあるがまま】になっている。」
(あるがままも何層にもなっている)

「そうか、そうなんだろうね~。それさえも、忘れた状態か~。」

J:「”真の創造”とは、マインドで察知できるものではありません。」

(これは、以前のメッセージだけど、創造=選択しなければならない。というのは、コントロール。創造とはコントロールしない)

「うん。そうなんだろうね、、、。」


そして、最初に「宝くじ」に対して、まだ「抵抗」がある”何か”を感じていた。私の中にまだあるもの。これは何?


「「宝くじ」に対して、まだ罪悪感?」

J:「これは、生まれた時から宗教からのオーバーレイ。基本は”宗教”からくる。」


■ 豊かさへの罪悪感、受け取ること

「今世? 確かに、母はクリスチャンで、おばあちゃんは天理教でおばあちゃんも財産(山を所有していたが全て売ったと聞いていた)、母はそこまでいかないけど、かなり献金してきたし、私も宗教に入っていた時は、同じようなもの。」

J:「あなたが生まれて、幼少の時から、道徳観、、、ああしちゃいけない。こうしちゃいけない。と言われ、オーバーレイがついてしまった。」

私には、あまり自覚はないけど、生活する上でいつも間にかオーバーレイが染み込んでしったんだろう。
今、思い出したけど、まだ、十代の頃、母がお金持ちとか、お金に対する、お金は悪だ。というような言葉を聞いていたかも。でも、父が無宗教だったおかげで、母もどん底になるまで宗教に献金することは控えていたせいか、生活するのに不自由なことはなかった。それは、父のおかげ。


J:「働かざるもの食うべからず。」

「ああ、それは、自分でも言ってたことある。その割に、ぷ~たろうもしていたんだから、パラドックスだ!笑。」

sara:笑。

J:「無償で受け取るものに対して、多くの人が、深くまである。」

「そうだね。過去世においてもでしょ?」

J:「もちろん。」

「過去世で、聖職についてたり、修道士、修道女なんかもそうだよね。」

J:「あなたは、”裁判”のように、奪われたものに対しては、受け取る権利はあると感じるし、受け取るでしょう?でも、汗水流して働いていないものに対しては、受け取る権利はないと感じる。」

「うん。そうだよな。」

※この”裁判”というのは、これまでブログには書かなかったけれど、私が2000年に保護されて宗教を脱会した時に、献金なども含め、かなり高額の借金があった。(当時、一度自己破産しているが、その後も生活の為に公的機関がら借りたお金もある)保護の関係者、カウンセラーや、その宗教にずっと携わり、正義として親身に身を削りながら戦ってきた弁護士さんがいる。保護を受けた流れで、脱会者の方複数と原告側として裁判を申告していて、準備のために数年いやし、訴訟を起こしてから7年程経過している。その当時は、まだPTSD、パニック障害などが残っていたため、陳述書を書くにも、発作を起こしながら苦労して書いた。

その後、スピリチュアルな観点を知り、この裁判についても色々考えさせられた。二元性ということからも、そして、この宗教に関する裁判は、これまで、ずっと勝訴してきている。そうなると、慰謝料や、賠償請求やら判決が下りれば、多少まとまったお金が自分に戻ることになる。私は、被害者でもあり、加害者でもあると認識していた。(マインドコントロールがかかった上で)
脱会後、どのように回復していったのかと言うことは、HP上で、カウンセラーさんの本に書いたものを載せている。→MAGENTA[脱会(後)に悩む方へ]

私はスピリチュアルな観点からいくと、このお金は受け取っていいのか、それさえも迷ったことがある。【受け取る権利があるのかどうか】それを何度も熟考し、どれだけ自分は”受け取る”ことが苦手なのか、何度も何度も解放してきて、この裁判に関しては、ある時期、天から与えられるものとして、感謝して受け取ることを決心した。
この裁判は、人数(原告)が複数いるため、出足も、数年かかったが、本来は、もっと早く進むだろうと言われてきた。ようやく、今年2012年3月に、この裁判が動きだし始まった。この秋には、私も承認尋問を受けることになっている。判決は、2013年、春~夏頃になる予定だという。(裁判なので、時期は限定できないけど)

私は、極貧になる度に、この裁判だけが希望だった。請求書や、支払の催促が電話が来るたたびに、早く裁判が始まることを願ってきた。お借りしたものを全て返すことが出来ることが希望だった。でも、その期待さえも、このプロセスで解放していく必要があった。これは本当に難しい。
何度も、この”期待”が残っていることを知っている。でも、自分の意思で、手放せるようなものではなかった。
まるごと「どうでもいい。」と、裁判を忘れられる日はいつなのだろうと。変な話「宝くじ」が当たれば、完全に期待は外れるだろうね。笑。

また、どこかで、この”裁判”は、ジャンヌ・ダルクの体験を感じさせる。これはカルマの清算なのだろうか。ある意味、”宗教”との。ジャンヌは、偽りの信念の中で、火炙りの刑で移行した。


以前、預言カフェでパパ(イエシュア)が伝えていた事は、このことなのだろうか。昨日、聞けばよかった。
→上記のリンク先と同じ

  「あなたが、、う~ん、、、もう少し行ったところで、何かに対して立ち向かう?
 え~そして、何か奪われていたものを、、、奪い返すという、と言うんですかね、、、回復するというか、そういう所を通っていくでしょう。と主が言われます。

  もう、すでにあの人に何かによって盗まれた、奪われた、、、。でも、あなたは、もういいよ。とあなたは、思っているかも知れないですけど、主ご自身が、もう一度あなたの手にそれを回復させる、と主が言われています。
 
  その時、あなたは、神様の智慧をしっかりと戴きながら、その事に直面し立ち向かうことが出来る、、、そう言う勇士としても、、、あなたを立たせて行きます。と主が言われています。」


これは、昔ayaちゃんが伝えてくれたけど、これまで知らない内に、ジャンヌのカルマ、課題のようなものもやってきたみたいだし。この裁判も然り。そんな感じがする。裁判官の前に座るのってどんな感じだか。


話は戻り、、、。


”受け取る”ことへの罪悪感、、、、感じて。感じて、、、。やっぱり、まだある。根は深いと感じる。



J:「”受け取る”ということは、それが、どんな形であろうと構わない。
「宝くじ」に対して、何も感じず、受け取れる人もいれば、「宝くじ」なんか嫌だと、働いて生きていきたいという人もいる。それは、その人その人で違う。」

「うん。そうだよね。後で、受け取ることを妨げてるアスペクトを解放するわ。」

sara:「私も!!」

受け取ることに対しては、saraちゃんは、もう「開いている」らしい。それは確認したが、かつて経営者だった亡き父の影響で、かなり不要な信念体系(オーバーレイ)が残っているらしく、それがジャマして、受け取る機会を逃している事に、この話で気づいていった。人それぞれだ。

先日のメタトロンとマグダラのメッセージを読んで、saraちゃんと考えさせられた。お互いにどう感じるかと聞きあって、気づいたことがあったのだ。
2012/6/8【創造の段階:宝くじの結果&豊かさを得るたには、やはり解放】⑤

やっぱ、この日は、マグダラが解放するのに知らせてくれていたのかも。

*  *  *


【創造の段階:解析したがるは、マインド&チューブ&感じること】⑦by saraさん へ
★ 本日2012/6/11の始めはこちらから↓
【創造の段階:井戸掘り&宝くじ(確認)&罪悪感、受け取ること】⑥by saraさんから。


■ 解析したがるは、マインド

「ねぇ、これはこういうこと??」と感じること。それも、もしかしてマインドか。

J:「解析したがるのは、マインド。」

J:「知りたがる自分がいる」→「知りたい」→「それは”感じている”ことではない。」

J:「知りたい自分がいることも受け入れる。気づいていれば、どうすればいいかわかるでしょう?」

J:「あ、、、マインドだなって。でも、それは、長年、肉体をもってから、マインドはそのように機能していた。」

「うん。 それも越えていくことが、”二元性を超える”ということ。そうだよね。」

J:「【3次元】では、まだコントロールが効くんですよ。(自分の意識自体をコントロールすることが出来る)」



■ チューブ(意識、次元の層)

「これってさ、ジャーちゃんがシャウドで言ってた【チューブ】の話でしょう?リニアとか言って。」

J:「そう。 あなたたちは、”チューブ”と聞くと、一本のチューブを想像するでしょう?」

「うん。笑。 でも、本当は、私たちは、そのチューブを出たり入ったりするときもあるね。」
※チューブの話→自由への選択[ShaumbraBBS]シャウド2月概要より

J:「そう。 そのチューブというのは、実は、何層にもなっている。それが次元(意識)の層ともいえる。」

「うん、わかる。 私も以前にハムスターのぐるぐる回る車輪を例えにして書いたことがある。」

(よく玉ねぎの皮を例えにすることもあるけどね)
※→2009/4/26今後の準備-6【まとめ】から
”【ハムスターの車輪】だった。それは信念体系&枠の車輪?(笑)

大中小の車輪が重なっていて、

最初は、【小の車輪】を走っているわけ。車輪とは知らずに。(笑)
あるとき、魂が準備できたときに、車輪に抜け出す穴が出来るの。で抜け出す
のだけど、最初は、そこに【中の車輪】があることを気付かずに走っているわけ。
で、同じく魂の準備が出来たときに、穴があいて出れるんだ。

で、また【大の車輪】があることも知らないで、同じことを繰り返しているの。
で、最後に空いた穴を抜け出したときに本当の【自由】そして【拡大】【あるがまま】
で枠がないことに気付くって感じ?(笑) すべて【幻想】なのにね。

でも、必要なんですよ。本来の自己に戻るにはどうしても。”


ハムスターの車輪の話をすると、saraちゃんが、「その方が分かりやすい~。」と言う。笑。


で、その意識の層(チューブ)について。


J:「そのチューブ(3次元)に100%入っている状態(捉われている)というのは、出口さえも分からない状態。その中では意識のコントロールが出来る(自分の意思によって)。そして、そこから抜け出すうちに、期待とか、自我の崩壊が起きてくると、自分をコントロールできなくなる(ハートに従うようになっていく)。それがエンライトメント、【悟り】と言うことですよ。」※ここから、ここ。という感じではなく意識の層だからグラデーションって感じね。

J:「その悟りが、”ブッタの悟り”。」

「うん。そうか。ブッタの悟りって、プラネタリーアセンションってことだよね。」

「ジャーちゃんが、シャウドで話している【悟り】は、コズミック・アセンションのことだね。」

J:「その通り。」

※エンライトメント【悟り】の話→自由への選択[ShaumbraBBS]シャウド5月概要より
”エンライトメント、アセンションとは、【あなた自身と神聖さとアスペクトとの統合】です。”

※プラネタリー、コズミックアセンションのことは→【自分の段階を知る:ポイント!】byGraceさん

そして、解析する(知りたい)マインドの話に戻る。

「ねぇ、そのマインドには、当然、アスペクトが絡んでいるとね。」

J:「そう。」

J:「3次元のアスペクトが完全に抜けたら、思いうかべた状態がすぐに具現化するようになる。」

「そういうことか~。」

「インプラントとか、埋め込まれたとかいろいろあるけど、でもマインドのささやきには、アスペクトの存在がある。」

「だから、”知りたい””解析したい”と言う欲求に対しても、アスペクトの解放をすればいいんだ。後でしようっと。」

J:「でも、マインドも肉体を持っている以上は必要なんですよ。特に仕事をしている場合には、時間やスケジュールの管理もありますからね。」

「うん、それは分かる。」

「でも、私は、「そういうこと?」って感じで、ジャンヌの時も、マグダラの時も、(クツミも)そう感じて知っていったんだよ。」

J:「それは、ただ”思い出した”だけ。」

「そうなんだ。(確かに思い出してみると”感じること”から始まったからマインドじゃないか)」
(記憶を全部思い出したわけじゃないから、”思いだした”という実感はないけどね。けど、何故か腑に落ちる)

J:「解析したがるマインド、知りたいというマインドも3次元ではそれでいい。でも3次元から抜け出していくと、古いやり方は使えなくなっていく。いくら戻ろうとしても出来なくなっていく。」

「うん。そうなんだよね。でも何度も無意識で、古いやり方を使おうとしてしまう。」

(狭間では特に。なので、意識が完全に3次元、二元性から抜けるまでは、いったり来たりしている)


■ 感じること

「あのねー。”感じる”ってあるでしょ?」

「よく、チャネリングの時に、”あなたが、そう感じたらその通りですよ。”って言われたことがあるけど、
でも、自分の感じたことに自信がもてない時や、なんか違うと感じることもあるし、実際に起こってくることが違うことだってあったよね。それは、どういうこと? あれは、アスペクトが感じているってこと?」

J:「確かに。感じるということは、”今”の瞬間、”今””現在”にただ”感じている”状態が【感じている(くる)】ことで、それが、”未来”とか、”過去”に対して感じていることが、本来の”感じる”ということではない。」

「そうだよねー。だって、違ったりするときあるもん。”感じる”時って、ただ、それは”在る”んだよね。理屈もなく。」

「そうなんだよな^-。だから、未来に関して”感じる”ことって、マインドか、アスペクトから来るものか、信念体系が、もしくは、概念やら、枠、制限、期待からかもしれないし。いろんなものが含むってことだろう。一概には言えない。過去に関しても。とにかく、いろんなこのが絡み合ったりしているように感じるよ。」

sara:「そうなんだって!」

「だから、違う結果がでたり、何か違うように感じるんだね。」

sara:「うん、そうみたい。」

「”直観”もまた、外れるときもあったけどねー。」

J:「直観とは、エゴが入っていない状態のこと。」

「そうだよね。それがシックスセンスともいうか。」


*  *  *


【創造の段階:マグダラとイエシュア&その後の解放&解放の言葉】⑧by saraさん へ

★ 本日2012/6/11の始めはこちらから↓
【創造の段階:井戸掘り&宝くじ(確認)&罪悪感、受け取ること】⑥by saraさん
【創造の段階:解析したがるはマインド&チューブ&感じること】⑦by saraさんの続き



■ マグダラ(ママ)&イエシュア(パパ)※saraさんにとって。

先日、マグダラから、「そんな事はどうでもいいことです!」ってチャネリングで聞こえたときから、なんだか少し話したくなった。

ねぇ、saraちゃん、マグダラと繋がれる? saraちゃんにとってはママだから、クツミよりはずっと繋がりやすいと思うよ。

sara:「あれ、すぐ来た!!」

「ママだ~!」

M:「ママって、私は、あなたではないですか!」

「そうだけど~。saraちゃんのママだし。笑。」(ママのほうが短くて呼ぶの楽だから)

「ねぇ、初めてこの間、声を受け取ったのが、なんで”そんなことは、どうでもいいことです”なのさ。他にないの?」

M:「本当のことじゃないですか。」

「そりゃ、そうだけど。あはは。」

「ねぇ、saraちゃん、パパ(イエシュア)とは、話しているんでしょ?」

sara:「なんかね~、ちょっと話ずらいの。威厳があるというか、無口でね、ちょっと頑固おやじのようで。」

「え~~~驚、そうなの?!」

「ママ~、パパって頑固おやじだったのかいっ!!」

(マグダラが、”そうなの~”って苦笑しているのが感じられる)

「でも、ママに対してはそうじゃなかったんでしょ?」

sara:「うん。」

sara:「あの時代でしょう? 家父長制が強い時代だったからなんだって。」

「saraは、パパが肉体を持っている時ではないけど、昇天してから、何度かsaraには合っているよね、その時に、そんな感じでsaraと接してたわけ???」

sara:「そうなんだって~~。」

「イメージ崩れる~~~。笑。 ジャーちゃんも、この前のシャウドでかなりパパのイメージ崩したけどさ。笑。」
※パパの話→自由への選択[ShaumbraBBS]シャウド4月概要より
”実際のイエスはというと、我慢が出来ない人です。愚行に対してやルールに耐えられず、機関(組織)が嫌い、時間が好きではなく、時間の浪費が好きではありませんでした。実は彼は魂の存在ではないし、たくさんのアスペクトやあなたのエネルギーを引き連れていました。喧嘩っ早いことも知られていました。彼はよく食べ、後に太りました。

彼は嫌なヤツで、罵(ののし)り屋で知られていました。彼を恐れている人がたくさんいました。彼は反逆者で革命家で寛容でない人でした。愛される存在で思いやり深いのですが、我慢強くはありませんでした。これらはあなた方が彼に持っているイメージではなく自分がすべきことや彼が何を言ったかに洗脳されています。

彼が言ったのは「Get the fuck out of my way! 自分(私)の道から とっとと消えろ!このやろう!」(たくさんの笑いと拍手)と言ったのです。すみません。やり過ぎました。でも、本当です…。”
(その他、ブッタや、スティーブジョブス、セントヨハネなどを暴露)

「この時は、笑ったよね~、あ~~~、ジャーちゃん、またやってるよ!ってね。」

sara:「私なんかさ、つい"私のパパに何いうの~~~!!"って怒ったよ。つい言葉が出て来たよ!!」

「わかる~~~!! 」

「でもね~、パパが私と話す時って、友達感覚だよ。ニコニコしてるの伝わるし。」(かつての夫婦)

sara:「え~、そうなの?」

「うん。saraちゃん、記憶なくなっちゃうから忘れちゃうかもしれないけど。」

(最近では、パパの話になると、すぐに話に入ってくるようになっていた。)

「それは、なんで? マグダラ。」

sara:「あれれ、いつの間にかママ、、、?あれパパに代わってる。パパが答えてるわ~。」
(パパの割り込み 笑。)

Y:「それは、意識の違いですよ。saraも進化している。進化していけば、そうなりますよ。」


「はは~ん、パパ! saraちゃんが、ジャーちゃんに怒ったの、ちょっと嬉しかったんじゃないの~~??」

Y:「それは嬉しかった。かつての私の娘だからね!」

「あはは。」

「ま、ブッタにしても、イエシュアにしても、ジャーちゃんが何言っても笑ってるだろうけどね。怒らないもんね。」

sara:「うん、私だって、本気で怒ったわけじゃないけどさ。」

「うん、私もyohamの時は同じだった! ”ジャーちゃん、私のyohamに何言うのー!!”って!!私のyohamは違う!って言ってた!笑。」
これは、いつのシャウドだったか、yoham(真の自己)は、バカだ。みたいな話。何も分かってないような事を言った時があって。(yohamは、体験したいだけ、私たちがやることに関心ない。そんなのどうでもいい。みたいな話)

「ジャーちゃんも、かなり刺激与えているよね、それでエネルギーを動かしてるのかもね。」

sara:「うん。」

「でも、ほんと、結構、マグダラとイエスも、普通の家族って感じ。」

sara:「ほんとだね。」


「そうそう、ママは?どこ行った。たまに声かけても、無視することあるじゃん。」

M:「無視、、、無視ではなく、あなたに”感じて”ほしいからですよ。」

「そうだね、クツミにも言われた。感じる前にすぐ答えを聞こうとするから、うにゃむにゃ~な感じの時は、”感じて!”という事だって。笑」

「何にか、メッセージないの?」

M:「いつも、見守ってますよ。」

「うん。」

「やっぱり、マグダラのエネルギー違うよね、女性性というか。」
(でも、やはり自分のエネルギーでもあるから、ちょっと分かりにくいかも)

sara:「うん、違う。優しいエネルギーだわ。柔らかくって。」

「ほんと、クァンインのエネルギーも、ずっとこのままでいたいって思うほど暖かで優しいもんね。」



■ その後の解放&解放の言葉

最初に書いたけど、昨夜のアスペクトがまた、大変だった。

saraさんとの電話は、2回に渡って話していた。その間に解放していたアスペクトが、また頑固でナカナカ同意してくれなかった。

それで、次に話した時に、こう言っても同意してくれないわー。と言ったら、

sara:「私は、最近じゃ、こういうよ!”自分がいなきゃ何しでかすかわからないって思って居るんでしょ!そんな次元は過ぎたんだよ。あなたの心配している事が、反対にシフトの支障になっているんだよ。だから、もう必要ない。あなたは、今こんなに苦しいのに、そのままでいたいの?あなたは幸せになりたくないの? あなたは、決して消えてしまうわけじゃない。真の自己に統合されたって、一緒に感じることは出来るんだよ。どうする同意する?”って。笑。」

「そこまでハッキリ言ってるの?!ま、私も途中は同じことを言ってるけど、そこまでハッキリ言ってなかったな。」

「うん。笑 そういったら、大抵、素直に同意するよ。笑。」


以前に、ジャーちゃんが、アスペクトたちも、親心みたいな感じもあって「自分がいなきゃ何しでかすかわからないと思っているんですよ。自分がいなきゃ。自分は統合されたら消えてしまうと思ってる。」ってね。

「そっか~、今、アスペクトにもう一度話してみるから、そのまま待ってて~。」と携帯を置いて、こういった。

「そこのアスペクト! 今のsaraちゃんの話を聞いてた? どうする? 同意する??」

すると、速攻、同意する。と答えて、自分で、とっとと出て行った。爆。

「今の言葉、ちゃんと聞いててねー。もう出て行ったわ~。爆。」

sara:「おかしい~。爆~。」



ま、昼の解放はそれで済んでたんだけど、夜に始めた解放は手ごわくて。

ある二つのアスペクト。

”知りたい”自己探求。(アスペクトも何層(次元)にもなっている)、それと、お金は悪と考えるアスペクトだったかな。もう、どのアスペクトを解放したのかわけわからなくなってきた。

”知りたい”方のアスペクトには、

「そんな出口もない探求なんて意味ないでしょ。そこには答えなんか見つからない。それは、内側にしかない。統合すれば、それが分かるでしょ。なぜ、そこに居続けるの? 」

あとは、saraちゃんの言葉も加え、何度も話す。でも、頑固に同意しない。

「なぜ?」

すると、アスペクト自身が、

ア:「探求は楽しい。これを止めたくない。この楽しみがなくなると、何が残るのか。」

と答える。(言葉で感じ取れるようになってきた)

「それは、違う。yohamと統合されれば、別の喜びがあり、楽しさもあなたも感じることが出来る。」

それでも、そのアスペクトは疑う。

その二つのアスペクトは、本当に、頑なだった。想像以上で、私のほうが、少し感情的になった。

「あなたたちにとっても、私にとっても、統合されることは良い事でしょ。共に人生を謳歌できるんだから。一緒に感じることが出来るんだから。」

「もう、いい。そこにいたいなら、ずっと居ればいいっ!少し時間を与えるから、感じていて!」


そういって、タバコを吸って、感じ続けた。なんだか、悲しくなってきた。

私は、昔から受け取ることが苦手で、何か月も、自分をクセを直す努力し、ようやく人の親切や言葉に素直に”ありがとう”と言えるようになった。解放してきたのに、こんな深い部分にまだ、アスペクトがいたことが、ショックだった。

「あまりにも、深い、、、深すぎるんだもん。どこまで、深く入っていかなきゃならないの?」

と言いながら、泣いてた。

クツミに、少し気分転換する。と言って、コンビニに出かけた。帰ってきてシャワーも浴びて、一息いれた。
コンビニの道すがら、私は感情的になりすぎたのだろうか?間違っていたのだろうか? 愛がなかったのだろうか?と自分を振り返っていた。

また、アスペクトに向き合う時に、クツミに尋ねた。本当に自分で解放できるだろうか、、、。

元気に、「Yes!!」と返ってきた。気を取り直し、アスペクトと向き合った。

「感じてくれた? yohamの所に行くの、同意してくれる?」

ア:「同意する。」


思わず涙が出た。

「ありがとう。一緒に楽しもう!」

で、また休憩していたら、久ぶりに、yohamの声を受け取った。


「光は見えている、、、、。

確かに、深い。 おまえの気持ちは伝わっている。」



また、泣けてきた。

なんだか、久しぶりのyoham。見るにみかねて。って感じかな。相変わらず優しい。もっと、言葉は長かったかもしれないけど、忘れてしまったー。泣。自覚して受け取るのは、初めてかも。

アスペクトも、人間と同じ。愛は伝わるとわかった。

その二つのアスペクトを解放してからが、また大変。

「二人?の解放を見ていたでしょう?私の言葉も聞いていたでしょー。隠れていたアスペクトたちよ、来るなら、来い!」

ってまた言ったら、大勢が押し寄せた。ひえ~、そんなに~~。

それが、またすごいことになって。苦笑。

胃腸のあたtりに、すごい痛みが来て、最初は、夕ご飯のせいか?と思ったけど、クツミに聞くと、それもアスペクトだと言う。

それで、痛みの部分に向かって、

「そこのアスペクトたちよ、自分でyohamの所に行けるものは、行きなさい!」

と言った瞬間に、胃の痛みの部分が、スゴイ勢いで剥がれるように、離れていくのを感じた。
とたんに、酷い痛みが消えた。自分でも、ここまでリアルなのは初めてかも。

まだ、腸の部分と、あと散らばる不快な部分に声をかけた。

「あなたたちは、動けないね。自分では行けないなら、手伝うから。」

そしていつも通り、イメージして時間をかけて抜いていった。クツミのOKが出るまで。

それから、またひと段落すると、また押し寄せてきた。

「なんなの~、なんであれだけ解放してきたのに、深い所にこんなにいるわけ~~~~~!!」

そして、また解放し、さすがに疲れきって速攻、寝ることにした。


*  *  *

【創造の段階:余談~プロセスは人それぞれ&錬金術】⑨by saraさん へ

★ 本日2012/6/11の始めはこちらから↓
【創造の段階:井戸掘り&宝くじ(確認)&罪悪感、受け取ること】⑥by saraさん
【創造の段階:解析したがるはマインド&チューブ&感じること】⑦by saraさん
【創造の段階:マグダラとイエシュア&その後の解放&解放の言葉】⑧by saraさんの続き



■ 余 談

○ プロセスのやり方は人それぞれ

クツミに、


「また、メソメソしちゃったよ!」

K:「うん。」


先日、このプロセスが始まってから、書く機会がなかったけど、ジャーちゃんが、教えてくれた話。


「ねぇ、クツミは、私のプロセスをどう見てるのなかな~。」

J:「あ~、またやってるよ! あ!またメソメソしてる!!」

「あはは~~ ウケる~~~。爆!!」

「そうだよね! 私はいっつも、”来るなら来い!”って自分でいいながら、泣くはめになるもんね。」

「でも、私に出来ることは、誰でも出来るでしょう?」

J:「それは誰にでも出来るわけではない。」

J:「そう、あなたは、跳ねっかえりだから考える前に、すでに行動していた。また、それが選択でもあった。普通の人は、先にマインドでいっぱいになって行動できないことが多いのに。笑。」

「う~ん、確かにそうだけど。」

J:「だから、マインドを通してないから、選択が出来ている。」

「なるほど」

J:「それは、あなたのやり方。でもやり方は、人それぞれ違う。あなたが、saraさんのやり方で、プロセスが出来ますか?」

saraちゃんは、何度も病気で死にそうになりながら、ここまで来た。

「いや出来ない。 私は私のやり方がいい。自分らしいから。」

J:「出来ないでしょう? そういうものなんですよ。人それぞれのやり方があるんですよ。」

「ほんとだね~。うん。」



○ 錬金術 USB事件、お金が現れる

この4月、5月、先日と、ちょこちょこありまして。

4月に、まず、スクールで使っていた、”USB”突然消えた。

4Gと8GのUSBだったんだけど、スクールで、これは大切だから失くさないようにしなきゃ、と意識して、朝、デスクの上のパソコンの横においた。(まだ、PCには刺してなかった)

授業についていくのに必死だったので、真剣に先生の話を聞いていた。

そのまま、デスクの上になにもない事を確認し、バイトに向かった。

家に戻ってきて、そのUSBがないことに気づいた。翌日、デスク周りや、隣の席の人、先生などにも確認したが、誰も見ていないし、隣の人は、自分のバックなども確認してくれたけど、見つからなかった。あの教室から持ち出していない。

「ん~??? この消え方は、、、、あの忘れもしない2008年、上京する前日に、財布が消えた時と同じ!」
続:転居のプロセス【全て失う編】-1~10

あの時も、本来なら財布が見つかっても良い状況。しかも大き目の財布で、落としたらわかるようなもの。

「ジャーちゃん!! USBが消えた!! また、消したでしょ! あれは錬金術でしょ!」

sara:「うん、そうだって!!」

「返して!! 返して。 消したなら、元に戻せるんしょう?」

J:「クツミに言いなさい、、、。」

「クツミ! 返して! 中身より、あのUSB、可愛くてお気に入りなんだから!」

sara:「ぶっー!!お気に入りなのかい!」

「うん、ちょっとおしゃれで、磁石になってて、3色買ったんだ。あれ気に入ってるの。笑。そのうち2色がなくなったじゃん。白だけが、残っちゃった! なんで消したの?」

J:「あなたが、あまりにも授業に真剣になってて、、、他に意識を向けてないから、、、、。」

「あたりまえじゃ~ん。そうじゃなきゃ、授業が分からなくなっちゃうでしょー。」

「他に意識って、クラスの人たちに?」

J:「いや、、、それはしなくていい。」

「笑。」

「そう、あの財布だってそう。お金のことは、プロセスだから、仕方がないけど、お財布は、高くはないけど、使いやすくって、すごく気に入っていたんだからねー。後から、札幌に帰ったとき4プラに探しにいったけど、もうお店がなくってさー。どうして、気に入ってるものばかり、消すんだよー。」

J:「もっと、いいのを買いなさい、、、。」

どうも、消したものは戻らないらしい、、、笑。ワームホールを通って、異次元にいったか。宇宙のどっかに行ったってことか。汗。


「あ、そういえば、その前のお金も不思議だったよね。saraちゃんも、お金が1万円増えてたし、私も、千円増えてたよ。しっかり確認していた時だっただけに、不思議だったんだよね。あれも錬金術だったの?」

J:「そう。」

「そうだったのか、やっぱり、変だと思った~。」

「でも、なんで、saraちゃんは、1万円で、私は千円なんだか。笑。」

J:「あなたは、消すほうが得意のようですね~!」



この時は、USBがなぜ消えたかは分かったけど、今後、どうしたらいいのかを、ジャーちゃんの言葉を遮ってしまったので、聞いていなかった。

そしたら、ついこの間、とうとう、最後の白いUSBまで消えてしまった。

と、いうことは、忠告を守れていないってこと。

再度、確認してみたら、

J:「1つの事に集中せずに、多方向にいつも意識を向けていること。あらゆる方向に気づいていること。」

「宇宙に?」

J:「宇宙だけではなく。」

J:「何かをしながらでも、周りに意識を向けて何が起きてるのかに気づいていてください。」

「前にも言われていたっけね~。私は、どうしても集中しやすいんだよね。入り込んで。」

sara:「それって、すっごい難しいよねー!」

「うん。でも東京にいるときも言われてて、前、横、後ろ、上、下、あらゆる方向に意識を向けるって少しやってたんだけど、最近、すっかりやってなかったよ。やっぱ、意識してなきゃならんね。」

「これって、ESSと同じこと。意識の拡大。あらゆる方向に気づいている。」

sara:「そういえば、そうだね。」

※ESS(エルーセラ・シンクロタイズ)ジャーちゃんのワークショップ


そんな事件?も最近ありました。

--------------------------------

そう、今回のブログ、、、

「どこから、どうやって書けばいいのか~?」

J:「”あるがまま”に、、、、。」

「はい。そうだよね、わかったー。」

「あと、瞑想は、したいときにするだけでいいんだよね!」

sara:「いいみたいだよ。」

J:「呼吸だけは、ちゃんとやっててくださいよ!!」

「わかったー!!」

そういえば、以前こんな会話もあったな。

「わたしは、豊かだよ。」(経済的にということではなく)

J:「でも、あなたたちは、”豊かさ”という時は、たいてい”お金”のことを言うでしょう?」

「うん。そうだね。」

J:「あなたは、”自由”ではないですよね。」

「うん。そりゃそうだな。」

そうそう、私は、【真の自由】になりたいんだよ。

------------------------------

以上、長きにわたり読んでいただいてありがとうございます。

すっかり書き切りました。汗。


まだ、まだアスペクトの解放でしょう。きっと。
そこしかないようですね。

でも、yohamの言葉があるから、希望です。笑。

受け取れないアスペクトや、宝くじのようなものへの罪悪感をもつアスペクトは解放しましたが、そのまた深くにまだ、あるのでしょうかね。浮上するまでわかりません。

【宝くじ】に関しては、自分の内側を感じつつ、何も感じないようであれば、ただ期待なく購入していくかもしれないし、自分でも様子みながら行動してみます。どんな感じなんだか。笑。

期待するアスペクトも、また微かに感じるものがあるので(刺激で浮上してきた)、それも解放していきます。

それでも、進んでいるのは確かですからね。


今回は、こんな感じです。

2012/6/15(金)晴れ時々曇り





あれから、私は、数日間の休養が必要でした。
※あれから→2012/6/11【創造の段階:井戸掘り&宝くじ(確認)&豊かさへの罪悪感、受け取ること】⑥by saraさん
~⑨

一気に、アスペクトを解放した為、翌日は、背中や関節の痛みが激増し、ひどい脱力感というか怠さでバイトに行くにもやっとでした。
数日、睡眠を多くとる必要がありました。

当然の成り行きかもしれませんが、そこまで予測してませんでした。汗


【変 化】

解放の翌日、それでも、「あれ? まだ解放する部分があるかな? あのアスペクトは解放したっけ?」と、私のマインドが働いていました。

そう思っていたら、いきなり口をついて出てきた言葉が、

「あ~ 空っぽになっちゃった~。」

と言う言葉でした。全く、マインドと違う言葉が飛び出してきて、私のほうがビックリしました。

思わず、「誰~?!」って感じです。笑。

自己チャネだとマグダラのような感じですけど、ハイアーセルフの複合的な感じかもしれません。

でも、私のマインドでは、まだ疑心暗鬼でした。

「いやいや、、、まだまだ、、、奥深くには、まだあるでしょう?」

後は、自然に抜けていく部分もあるとは聞いていたけれど、これまでの事を考えると、そう簡単には喜べません。

それでも、ここ数日の間に”空っぽ”が実感できるようになり、何も興味が湧かないという感じです。
これまで、自我のそぎ落としをした後に似ています。

今回も、進んでみないことには、その後の状況は全くみえません。yoham(私の神)が動かしているのもありますけど、最近の強いエネルギーの影響からそれは容易になっているのでしょう。自然とあぶり出されるって感じかな。準備ができている人にとっては、これは有りがたいことですよね。嫌でも出てきて解放されるんですから。


そんな感じで、とりあえずは、身体を休めることも大切です。


あと、変化と言えば、【食事】かな。

今年に入り、とにかく生野菜は毎日、身体が欲するのでなるべく食べるようにしていましたが、最近は、それに加えて、フルーツを毎日、一度は食べるようにしています。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に教わってからは、自分のエネルギーを食べ物に入れるようにしていますが、最初はやはりフルーツはあくまでも補助食程度で、それだけで満腹になるまでには至らなかったのだけど、先日のアスペクト解放以来、なぜか食欲がぐんと減りました。ちょっとフルーツを食べただけでも、満腹感があるように変化しています。軽い食事だけで今は十分です。

まだ、波はあるかもしれませんけど、ここ数日の大きな変化は食事かもしれません。

saraさんも、あの日のチャネリングの後、また体調を崩し、その後、アスペクトの塊を解放したと言ってました。
そして、私と同じように、その後、なんだか少量で満腹になるんだよね。と言ってました。

何か関係があるのかな?

まだ、よく分からないけど、つい、いつものように食品を買っちゃうと、余らせてしまうかもしれないー。

それと、辛いものも食べられなくなってきました。

身体の声に十分耳を傾けていれば、自然に教えてくれるのです。



【オーラ写真】

14日に、以前から下の娘と休みが同じだったので会おうと約束していた。結局、上の娘も来ることになり孫のリコも入って4人で会うことになった。この日までには、体力も少し回復していた。

以前、saraさんから教えてもらったお店で、一度行ってみたかった所がある。
そのお店には、オーラ測定器がある。

オーラ写真は、東京にいた時に、撮ったので3~4年ぶりくらいかな?数年に一度、変化を確認する為に撮っていた。

この機会だからとみんなでお店に立ち寄ってみた。
プードル二匹と、大き目のカメ(びっくり!!)がお店の中をうろうろしている。リコも喜んでよかった。

オーラ測定の結果は、右⇒【紫外】左⇒【薄紫】ハート⇒【紫外】中央⇒【紫外】喉⇒【紫外】

結局、左以外は、みんな【紫外】だった。補色はイエローでした。無邪気さとか、ユニークさなどです。


【紫外】ってよく分からなかったけれど、見た目は、紫ががっているけど、殆ど、見えないような感じ。これまでのように色が混ざっていない。薄く紫が映っているって感じかな。

Webで調べてみると、【紫外】と言う状態は、いろいろな色を含むので、より見えない状態(透明というか)になっているらしい。いろいろな情報もあるし、データには、二元的に書かれているのでちょっと読みにくい部分はあるけど、リーディングでは、この状態は、人に会っただけでも、相手を癒してしまう状態。だけども、受けやすくなっているので、それは気をつけてください。との事。


この日は、4人で楽しく過ごしました。


【10月のジェフの来日】

魂の選択では、今回の10月のワークショップには、参加しないようです。

私の場合、ワークショップに参加したいというよりも、正直に言えば、東京に行きたい、仲間たちに久しぶりに会いたいな~という気持ちのほうが、大きかったんですけどねー。笑。

でも、さっきも書いたように、”空っぽ”になってしまってから、東京へ行きたいというのもどういう訳か消えてしまいました。

何故、行けないことが分かったかというと、、、。

先日、裁判の証人尋問の日が決まったと弁護士さんの事務所の方からメールがありました。
その日にちは、ワークショップの期間中と重なっていたのです。

あ、これはワークショップには行かないってことなんだ。と分かりました。


最近の状況は、こんな感じです。

2012/6/17(日)くもり





5月末、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)から、

「もう、現れるままに、、、」

「あるがままで、、、」


とsaraさんのチャネリングで言われた時に、いつもと違うエネルギーを感じました。
深い愛というか、静かな、、人間でいえば、悟らす感じでというか。

その時に、あ~ saraさんからのチャネリングもそろそろ卒業なんだな。という事を薄々感じていました。

当初、saraさんにとってもチャネリングの練習でもあり、疑いを外すことでもあり、自信を得ることでもあり。
今では、本当にsaraさん自身も変化し、とても成長しました。

で、3日くらい前に、saraさんも、私もほぼ同時にジャーちゃんから、もう自立の時だということを知らされました。

なので、私にとって、saraさんのチャネリングを含めた会話はとても楽しく、多くの笑いや、気づきをもたらしてもらいましたが、そんな訳で、今後はブログで、しばらく会話として書くことはないのではないかと思います。

でも、私も今後の選択のひとつとして、このチャネリングを極めていくことは、自分にとって必須なことだと知っています。というか、、、私の”選択”のひとつです。

だからと言って、すぐに何でも出来るようになるわけではありません。
(ブループリントなどで、先に意図せず能力を得る場合もあると思いますが)

今後の為にも、私自身が、実践を通して学び、練習を重ねることで、色々な立場を理解しながら進んでいくのだと感じています。


そんな訳で、【モニターを募集(お1人様1回限り)】したいと思います。(予約順)


私はチャネラーさんから言葉で受け取ることや、質問することには慣れていますが、逆の立場は、本当に慣れていません!汗。

まだまだ、意図してチャネリングを行うことは苦手です。少しずつ変化してきていますが、、、。
なので、ここでブレイクスルー出来ればと思います。


もし、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただければと思います。

モニターなので、もちろん【無料】ですが、どんな答えが返ってきても、期待を持たずにお願いします。(苦笑)
受け取られた内容も、自分で感じて違うと感じれば、ぜひスルーしてください。

あくまでも、【練習】であると知った上でご協力いただける方がいてくだされば、ありがたいです。


【ご希望の方へ】

リーディング/チャネリングに必要なこと
・お名前(本名/フリガナ)
・生年月日
・聞きたい内容を出来るかぎり詳しく書いてメールを下さい。

一度、返信させて頂いた後、もし可能であれば、電話かskypeでお話しが出来ればと思います。
(30分~1時間くらい)
電話であれば、softbankで無料通話のきく時間帯で都合の合う時間。
他のキャリアでは、電話料金は恐縮ですが、ご自身で支払う形になります。
skypeは登録すれば無料です。

メールだけで、リーディングするには、一方向で感じやすく多方向で感じるには実際に会うか、お話しを通じてのほうが良いと感じるのが理由です。

詳細は、メールで確認の上で。

その時に、すぐに感じてご返答出来るかどうか、残念ながら私には分かりません。
追ってメールでチャネリング内容を送ることもあるかもしれませんので、その辺りも、ご理解、ご了承ください。


メールはこちらまで。(yoham宛て)
⇒ yoham_core@yahoo.co.jp


◎ 応募は締め切らせて頂きました。
   ありがとうございました。



今日は、ご案内まで。



★ お知らせです。(2012/6/19 更新)



【Shaumbra BBS】

2012年6月 マンスリーシャウド。

"匿名希望さん"から、【シャウドの抜粋(和訳)】を送って頂いたので、さっそく投稿させて頂きました。
saraさんも協力ありがとう。とても、ありがたいです。

毎回、毎回、いろいろ感じさせてくれる内容です。

マインドに入らず、分析に入らず、深~く感じられるといいですよね。

より「あるがまま(自然体)」で。


今回は、2012年6月2日に行われたマンスリーシャウドの内容です。

THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
The e2012 Series
SHOUD 10 "The End of Evolution"( 進化の終わり)
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
June 2, 2012
www.crimsoncircle.com


★↓ よろしければ、どうぞ。
ShaumbraBBSbn.jpg
blog「自由への選択」サイドメニューにバナーはあります。
Blog「自由への選択」

2012/6/21(木)曇り





【終わりで始まりであるのサイン】

夏至ですね。と言ったところで、どうってことないですけど 笑。

先日、16、17日と続けてサインは来ました。それが、この”夏至”を指しているのかな?と受け取りようによっては感じます。

ただ、いつもそうですけど、物事はラインがある訳ではないので、グラデーションをして捉えています。

サインの意味は、19日の夕方になって気づきました。

昔、2005年頃だったかな~。いきなり部屋で「パーン」と言う音とその時は光が走って。
その現象の意味は、ずいぶん後になって確認したら、「終わりで始まりである」というサインだったという事を知った。
その事を書いた→2008/7/6出会い【分かち合う人編】-3

この時と同じくらいの音で、17日、瞑想中に「パーン!」と鳴りました。

所が、この時ちょうど、冷蔵庫の上にペットボトルの凍らしていたものを解凍するのにおいていたため、このペットボトルなのだと思い、フタを開けるだけで終わりました。

これで気づかないと思ったのか、翌日、また同じように、背後? 部屋全体? で「パーン!」というすごい音が鳴ったのです。

その度に、私の心臓は、ビックリしてバクバクします。天界からのいたずらか?と深く考えずに、「驚かせないでよねー!」と言うにとどまりました。

後になって、昔にも同じことがあった事を思い出して、自己チャネで確認すると、「終わりで始まりである」のサインだった事が分かりました。

あ~、yoham(私の神)だったんだ。

それからは止まりました。(笑)「気づいたなら、いい。」って感じで。


このサインは、7、8年ぶり。だからこそ、私にとって、深く感じるものがあります。個人的にも、全体的にも。

その時は、ちょっと嬉しくって「やったっ!!」って感じでした。


でもすぐに、いつもどおり期待もなく、淡々としてますね。一瞬一瞬です。笑。


【見えないヘッド・ギア】

いつだったかな?今月に入ってからですけど、瞑想の時に、頭に何かを感じるようになりました。
それは、リアルに何か頭につけているのです。

冠? イエスの柊? 違う、、耳の後ろ側にもベルトのようなものが垂れている、、、。頭を何度も触りました。
見えるものではないので、頭を触っても、手で感触はわかりません。

それが、3回ほど続いた時に、以前に読んだブログから「アダマス(セント・ジャーメイン)が、アトランティスの時は皆がヘッド・ギアを付けていた。それによってコントロールされていた。」と書かれていた事を思い出した。
青い銀河の嵐さん■Dicoveryチャンネルで知ったこと■
このブログを書いている方も、ドリーム・ウォークの時にヘッド・ギアの感覚を感じたことがあるらしいです。

「あ、これはヘッド・ギアだ!!」すごくリアルに感じるので、その感じがぴったり当てはままった。

クツミに聞くと、私たちはすっかり忘れてしまっていたし、感覚も鈍くなり気づかず、今だに、このヘッド・ギアを付けていることを思い出して。という感じかな。

それに気づいてからは、この見えないヘッド・ギアは感じなくなりました。

それをさっそく、saraさんに伝えると、saraさんも、チャネリングが出来るようになった頃、この見えないヘッド・ギアを感じていたらしい。

「なんで言わなかったの?」と聞くと、「だって、感じるのがヘッド・ギアだしー。なんか言えなくて。」と言っていました。今は感じなくなったらしいけど。

やっぱりねー。驚きです。


もう、分かったらいいのか。あまりとらわれず、そのままスルーしています。

必要のないものは、開放していくうちに自然に消えていくでしょ。

思い出すのに、感じさせてくれたのかもしれません。


こんなの1つに驚いてられませんねー。

殆ど、忘れてしまっているのだから。これから、もっと色んなことを思い出すかもしれないものね。

【発見】と言えば、次に書いた内容も発見です。発見は、新鮮で、「そうかー!どうして気づかなかったのか!」といつも感じさせます。


*  *  *

【アスペクトの解放:肉体は宇宙の縮図&DNAとの繋がり】

★ 2012/6/21の始めはこちら↓
【夏至:終わりで始まりである&見えないヘッド・ギア】




【肉体は、宇宙の縮図】~アスペクトについて

アスペクトの事は何度も書いていますが、その都度、【発見】があります。

それが”多方向”に意識を向けるということの一部であるかもしれません。

あれからも、アスペクト解放が時々波のように時々押し寄せますが、その度に、自分がさらに無くなっていきます。(以前の私が無くなっていくといったほうがいいのかも知れません)

あらゆる体の痛みや、体の感じる感覚に意識を向けていると気づきます。
まず、最初に「アスペクトなの?」と最近は確認するか、まずは開放を試みることにしています。

でも、すぐ気づけるし抜けるときは早いので、痛みが長引くことはないですけど、アスペクトたちによっても様々です。(つい、”たち”と言いたくなるけど、”層”でもあり、それぞれの側面の集合のような感じ)


■ 肉体は、宇宙の縮図

肉体は【宇宙の縮図】と言いますよね。

アスペクトを開放していくと、それをとてもリアルに実感していくのです。何層にもなっていて。


細胞、ミクロ、マクロの世界、自分の体の中のどこに、こんなに入っていたのか。DNAも然り、、、。

これまで、何トン分? いや何億? 数えきれないアスペクトを開放してきた感じです。もしかすると、私が自覚している以上かもしれません。

今だからわかるのですが、顕在意識での解放は、氷山の一角にすぎません。
(感情、恐れ、怒りなどなど、自分で感じ取れる部分は顕在意識と例えて)
ピラミッドでいえば、頂点の少しばかりの部分です。もちろん、自分ではそれだけでも大変なものでした。

でも潜在意識の解放は、その下の部分です。巨大です。想像をはるかに超えます。


肉体の中に、次元を感じます。アスペクトの様々な次元、より深く入ることによって、潜在していたアスペクトが浮上してきます。
または、yohamを通じて、ある体の一部にアスペクトの存在を感じさせてくれています。センサーとして機能しているみたいです。時には、胎動そっくりです。その部分に何か”存在する”ものがあるのをリアルに感じ取ります。
または、痛みや、肉体に感じる感覚、不快感、モヤモヤなど、そのような形で知らせてくる場合もあります。


最近、深い所の動けないアスペクトを感じる時に、私は映画の「奇跡の輝き」を思い出します。

ストーリーでは、ご主人が突然亡くなり、残された奥さんが自殺し、地獄のような所に行ってしまう。それを愛の力によって、ご主人が救出するという場面です。

動けないアスペクトって、きっとその時代背景などにより、かなり傷つき、恨み、怒りを持っていても不思議ではありません。潜在意識の中なので、私には感情などに気づくことは出来ないですけど、その深さを探ってみると、あの映画のように、土から頭しか出ていない、自ら動けない死んだ人たちの映像が浮かんでくる時があります。

だけど、全く怖くないですよ。笑。自分の側面(あらゆる層)だし。

「そんな思いしているなら、早く開放されて楽になってー。」という感じですから。

アスペクト解放自体はイメージを使うシンプルな作業ですから、複雑なことはありません。重くもないです。

でも、肉体の中に全てあるんだな~。というのは、最近、特に実感することです。
アスペクトに愛情まで感じることがあります。会話する(感覚で)ようになると、なんとなく可愛くもあります。
素直なアスペクト、頑固なアスペクト、言葉も発することも出来ないほど固まっているアスペクト、いろいろです。


なんか、不思議です。 でも自分が長年考えもつかなかったことが、実際に肉体の中にあるんですよね。いくらNHKのDNAの番組など見たって、実際に腑に落とすのとは違います。

やっぱり、【宇宙の縮図】です!

そして、自分でこれを書いていて、【発見】しました!


【DNAの変化との繋がり】

結局、すべての事は繋がっていました。

よく、あらゆる情報や書籍にDNAの事が書かれているかもしれませんが、なんの事はない。

「DNAの変化」は、ようするにアスペクトの解放におおいに繋がっています。というかそのものです。

私は、あまりDNAの事を考えたことはありませんが、(考えても分からないから)だだ、昔にチャネリングで確認した横隔膜の拡張などはDNAの変化の一部だと聞いていた。それ以来、自然に起こることだという認識でいたので、あちこちの体に出てくる痛みは、自然なものだ。それは自然に消えるまでは忍耐なのだと思い込んでいました。

でも、今年の3月頃、頭がすごくジクジクと痛み、とても耐えられない程でした。
私の中で、これは薬などを使って、進んでいるDNA変化を止めてはいけないという信念体系がありました。

でも、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)が、あなたも変化している。薬を使うと、、、、と思うことも信念体系ですよ。と教えてくれ、痛みに捉われるよりも、穏やかに今に居る選択も出来るのだと知りました。

単に、頭痛なら、すでに薬を飲んでいたかもしれませんが、DNAの変化については、昔読んだ情報が元で、ちょっと慎重になってました。
でも、それはyohamに対する信頼の不足ですよね。もっと自分を信じることだな。と感じました。起こっていることは壮大で、そんなことに左右されるようなものではないのだと感じました。

で、それから、実は、何度も繰り返す痛みに、あるとき疑問に思いました。もしかして、これもアスペクトではないかと、、、、。DNAの事であっても、アスペクトが知らせているのではないかと、確認すると、やはりそうでした。汗。かなり時間を要しましたが、根気よく解放すると、それからは、頭の痛みが無くなりました。

その時に、頭の痛み、首、肩のあたりは、繋がっていたので一緒に解放しました。
アスペクトは、何層にもなっているので、一度解放しても、同じような症状は出てくる場合もあります。
でも、確実に、一回ごとに抜けていくのも確認しているので、また下の層に隠れているものが浮上しているだけです。

その時に、もっと早く気付けばよかったのですけど背中、関節などの痛み、すべてそうです。

そして、今日、DNAの変化に伴う痛みだと思っていた肘の関節の痛み、膝、手首など、あらゆる痛みが、すべてアスペクトだったのです。汗。

思わずアスペクトに謝りました。「ずいぶん長いこと待たせたね、ごめん、ごめん!!」すると「うん!」と返事が返ってきて、気づいてくれたから、いいの。という感じでした。

そう、気づいてほしいのです。認めてほしいのです。

分かりやすくいえば、ひじに痛みがあったとします。(実際、私ですが)
もしかすると、過去世とか、先祖に”開拓労働者”とか、”強制収容所”で人間の扱いされないほど、肉体労働をしていたかもしれません。その時の痛みだったと想像してみます。もちろん、伝えてくるのはそのほんの一部分ですし、実際にそうかどうかは分かりません。感じ取ることでしょうけど。

そう考えると、どんな症状であれ、それが病名のつくようなものでさえ、アスペクトが関係しているのです。
もちろん、浄化によって、無意識に解放していることもあるでしょう。方法は色々あるでしょうけど。

DNAを活性化するという言葉を聞いたことがありますが、実際には、内面に向かうことです。
DNAに含まれる遺伝的要素なども、結局は先祖のカルマということになります。(よしにつけ悪しにつけ)ジャーちゃんが言っていた、クソッタレと言うものですが。


でも、DNAの変化から来ていた理由のないさまざまな体の痛みが全てアスペクトだったことに、私は驚きました。

DNAの活性化と非常に繋がっています。なので、チャクラとも関係しています。
チャクラは、シャウドで7つの封印というのがありました。それを開放することでしたが、結局は、すべて繋がっていたのです。

このメッセージ↓も、DNAの事に興味ないので、スルーしていたのですが、今日、よくよく深く感じながら読んでみました。うなずける事があるのです。言葉にはアスペクトとはありませんが、、、。

きらきら星へようこそ...☆より
メルキゼデク:内面で見付け出せれば、皆さんのさらに高い意識の出入り口
【抜粋】
皆さんひとりひとりが、皆さん自身の振動を引き上げるための数多くの機会を与えられています。

皆さんの世界の科学者が ‘DNAの屑’ と呼んでいる、その皆さんのDNAを活性化して目覚めさせることができるようになることが、皆さん自身の個人的な次元上昇のために本質的に必要になっています。

彼らがこの未知のDNAをこのように呼んでいる理由は、彼らがこうした螺旋構造の中に含まれているものを理解あるいは認識をしていないからです。

皆さんのDNAの活性化を通してこそ、皆さんの完全な能力が内的な知識になります。

そして皆さんは、経験したいと思っているあらゆる物事を皆さんが明らかにすることができることを認識します。

皆さんが必要としているすべての情報は皆さんの内部に存在し、これは今では他の熟達者達や教師達によって以前に何度も伝えられてきています。


親愛なる皆さん、わたしは皆さんに、皆さんの青写真を変え、皆さんのDNAを変え、そして皆さんの拡大している潜在能力を促進し、皆さんの貴重な潜在意識の入り口を提供し、皆さんの投資能力を完全にそしてそれ以上に目覚めさせることができるようになることについて、それを実現することを考えて貰いたいと思っています。

親愛なる皆さん、これは個人的な水準の錬金術であり、絶対的に考えれば、皆さんの人生の目的を認識するために、あらゆる個人が達成できるものです。


親愛なる皆さん、皆さんの真実をさらに深い水準で良く考えてください。

皆さん自身で皆さんの身体を貫いて急騰している数々のエネルギーを学ぶことを、進んで引き受けてください。

皆さんの数々のチャクラの内部には数々の聖なるエネルギーが蓄えられていて、それは皆さんの意識を拡大し、もう一度さらに高い領域に向かって上昇する能力に役立ちます。

このエネルギーは、12のチャクラ系の中に含まれ、12条のDNAを貫いていて、その両方が皆さんのさらに高い意識に向かう出入り口になっています。



今は、3次元の潜在意識のアスペクトを主に解放していますが、本当にたぶん私が感じている以上の事が起こっているのでしょう。これを行っている事自体が、【錬金術】なのかもしれません。

アスペクト解放することが、マインドから抜け出すことです。チューブから抜け出し、新しいエネルギーの中で、自分の可能性としておいてあったものと出会うことの入り口です。自分の潜在能力を開花させるということなんでしょうね。アスペクトの解放で、そんな事考える余裕などありませんでしたが。

そこに期待を持って追い求めること自体が、アスペクトだと認識してくださいね。
自然に、遅かれ早かれ、誰でも到達するでしょうから。

アスペクトの解放は、光と闇の結合ともいえます。シャウドでは、それを”闇”とか”影””悪魔”とか表現して語られてきた部分です。

でも、トバイアスの表現を借りると、「カエルにキスをするようなものです。」

なんのことはないのです。

シャウドでは、抜けていくことで、超えていくことで、マインドから外れ、スピリットが入ってきます。そのスピリットは、体験します。

ただ、難しくしたり、複雑になっているとすれば、それは自分がそうしているだけかもしれません。
ただ、アスペクトにすっかり捉われていて(乗っ取られて)、見えないのかもしれません。客観的に自分を見ることが必要となるかもしれません。深呼吸も。

とにかく、やってナンボですね。出来なくて降参して、何度も繰り返して、自我(エゴ)を落として。

ある程度、自我が落ちたところで、客観視が出来るようになって、潜在意識のアスペクトの解放が始まって。

でも、そこまで辿りつくことは、簡単だったとは決していいませんが...。


下記のシャウドは、最近、検索していた時にたまたま見つけた昔のシャウドです。
2005年のシャウドなので、その頃は「アスペクト」とは、書いてません。この時は「影の生体」という言葉でトバイアスは伝えています。

【アスペクトの解放&統合】がいかに、これまでにないヒーリング方法なのかが分かると思います。
どれだけの可能性を自分にもたらすのか。

久しぶりに読んで、今ならトバイアスの伝えていたことが分かる。

アダマスが、6月のシャウドで伝えていた、先祖のカルマもそうです。自分の内側にすべてあります。


クラリティ・シリーズ シャウド5
「影の自己と潜在的可能性」
クリムゾン・サークル 2005年12月17日

【抜粋】
さて、「影の生体」について、少々、話をしましょう。あなたは自分の身体を見て、あるいは感じて、こう言います。「もうダメだ。歳をとっている。自分が望むほど役に立っていない。」 そしてあなたは、それを受け入れます。もう、それを受け入れないで下さい。なぜなら、あなたが見ているのは、ただひとつの表現だからです。

DNAよりずっと深いところにある、あるレベルにおいては、そのレベルとは非物理的なものですが、あなたの内側にすでに存在する、無数の「影の生体」があります。それらは、外側の領域や、エーテル上にあるものではありません。それはたった今、あなたのなかにあります。それはあなたの現在の生体の現実の背後に隠れていますが、そこにあります。完全に癒された身体が、すぐそこにあります - ええ、そうです - 完全にバランスのとれた身体です・・・ 死ぬことのない身体・・・ エネルギーに満ちた身体・・・ 体重や食事に気をつけなくてもよい身体・・・ 医学的なこのすべてのものを心配しなくてもよい身体。

近頃は、本当に残念なことです。いわゆる「医師の忠告」という、このすべてのものにより、それは矛盾があり、力を奪うものですが、人間はあまりにもノイローゼ気味になり、混乱しています。人間はくしゃみをしたり、おならをしたり、咳をするたびに、あまりにも心配しすぎます、シャーンブラの皆さん。(聴衆、笑) この心配のすべてが、身体の活動を、素早く停止します。あっというまに、中断します。なぜなら、身体は弱くて、脆いという信念体系があり、身体には回復力がないという信念体系があり、それが文字通り、反応しているからです。

あなたの内側にあるのが、「影の生体」であり、それは、あなたの身体が、本当の意味で、何にでもなり得る可能性です。四肢を再生する可能性が・・・ 私たちは数年前に、「それは可能ですか?」 と訊かれたことがありますが、その時、こう言いました。「可能ではありますが、今の時点では、意識の覆いゆえに、ありえそうなこととは言えません。」 けれども、今、シャーンブラの内部では、その覆いですら、消え去りつつあります。「影の生体」は、他のすべての可能性です・・・ ええ、本当に、髪を再生する可能性や・・・ シャーンブラの皆さん、肉体の不快な症状を取り除く可能性もです。「影の生体」は、また、独自の、強大なヒーリング能力を内蔵しており、それは文字通り・・・ 古い傷にまで入っていき、文字通り、過去世から持ち越されたものですら、回復する可能性を秘めているのです。

いいですか、あなたの肉体の内部に、過去から持ち越したたくさんの感情的、あるいはトラウマを残したエネルギーをもまた、あなたは携えています。ひょっとするとあなたは、火あぶりの刑で焼かれたか、戦争で殺されたか、ひどい事故にあったか、あるいはそのようなことを体験したかもしれません。あなたは、それをこの生涯において、肉体の表現のなかに、それを持ち越す傾向があります。「影の生体」は、そのすべてのバランスをとり、回復する可能性を秘めているのです。

私たちが言っているのは、つまり、あなたは、あなたのこの身体だけに閉じこめられているわけではない、ということです。あなたはもはや、この1個の肉体の表現のみで定義されることはない、ということです。他のすべての可能性は、すでにあなたの内部にあります。単に、それを出してあげるかどうかという問題なのです。先程も言ったように、あなたの信念体系がいかにしてあなたの現実を養っているかを見る、ということなのです。あなたが現実を変えたい時、あなたは信念体系を変えます。すると、このすべての可能性があなたのためにワークしていくことが可能になるのです。「影の生体」は、身体から癌を取り除くことができます。あなたがそれを信じ、それが起こるのを許容すれば。

「影の生体」は、たった今、あなたのなかにあります。それを祈り求める必要はありません。あなたは・・・ 何とかして活性化する必要はまったくありません。この極めて自然なプロセスを邪魔してしまいます。あなた方の誰かが、「影の生体」を活性化するクラスを始めたら、(聴衆、笑) 美しい、自然な概念を知的に処理して、方法論やプロセスを打ち立てるわけです。

あなたが仮に、いわゆるこの、「影の生体」というものを活性化したいのであれば、それは単に、安全な空間にいることです。あの静謐な地点にいて、あなたと、あなたの呼吸だけがある、あの静かな場所にいることです。自分自身に、本来のあなたになる許可を与え、人生を楽しむのです。そうすれば、それは自動的に活性化されます。あなたの新しい現実の基盤に、自動的に入り始めます。

「影の生体」は、他の領域から持ってくる必要はありません。単に、あなたの人生で受け入れる必要があるだけなのです。それを強要したり、無理強いするのはダメです。そのようには働きません。それを受け入れる、ということなのです。そして、あなたの信念体系がどのようにしてあなたの身体を創造しているのか、あなたの肉体という存在を創造しているのかを見るということなのです。

実に、「影の生体」は、視力を正す可能性を秘めています。それは - 何と言うか - 血液のなかの不均衡を一掃する可能性を秘めています。間違いなく、エイズに働きかける可能性も秘めています。医療の分野に携わっている人たちで、とりわけ、エイズに関心を持っている人が、最近、私たちに質問しましたが - 何と言うか - その答は与えていませんでした。この内側に鍵があります。つまり、「影の生体」がどのように現れ得るかを理解することです。

私たちがここで言っているのは、あなたは、ひとつの身体ではない、ということです。あなたはたくさんの、たくさんの身体なのです。けれども、他のものは、あなたが現在、光を照らしている現実の背後にある影のなかにあります。現在のあなたの、この肉体存在の表現の背後には、たくさんの、たくさんの他の潜在性や起こりうる可能性があります。

あなたは言います。「けれども、これは空論ではないのですか? どのようにして引き出せばいいのですか? これは - 何と言うか - イマジネーションだけでよいのですか?」 その通りです! イマジネーションを通して、あなた自身の一連の信念体系を開いていくことで、それが入ってきて、表現されることができるようになるのです。それが、あなたの身体にどんなことができるかに、あなたはびっくりするでしょう。私たちはこれを、さらに今後のシャウドで、話していきます。あなたはただひとつの身体ではないということです。あなたは、たくさんのものです。そのどれを、あなたの新しい現実に持ち出したいですか?

あなたが「影の生体」、あるいは、様々な生体を持っているように、あなたはまた、たくさんの「影の人格」を持っています。それは、休眠状態だった、潜伏していた、あなた自身の様々な側面です。それらもまた、現れる準備ができています。あなたは、もしかすると、自分がこの生涯で、女性として生まれてきたと思っているでしょうか・・・ ある一定の水準の教育を受けたと・・・ 看護や、ある種の医療分野で仕事をしてきたかもしれません・・・ あなたは自分のアイデンティティをある特定のもので表現していると思っているでしょうか? それは、ただひとつの表現、あるいはひとつの側面に過ぎません。あなたはそこに閉じこめられているわけではありません。

あなたの内側には、アーティストになったり、哲学者や、作家、ミュージシャン、農夫、聖職者になる、潜在的な可能性と、起こりうる可能性が秘められています。いいですか、あなたはただひとつの、起こりうる可能性だけを表現してきました。あなたの内側には、すべての「影」が、他のすべての潜在的可能性と、起こりうる可能性があります。もう、それらを実現し始めることができるのです。

あなたは最近、音楽を演奏したいという衝動を感じたかもしれません。けれども、演奏したことがないので、どこから始めればよいのか分かりません。もしかするとそれは、その、起こりうる可能性であり、その「影の自己」が、あなたの別の側面がもう、あなたの現実に統合されたがっているのかもしれないのです。あなたの信念体系はあなたを、ある特定の形に規定して、ああ、そんなことはとてもできませんよ、と言うのです。あなたはそこで、自分がミュージシャンになれないのは、そのような訓練を受けてこなかったからだ、という、あらゆる知的な正当化を、自分自身にします。

今のあなたの、「新しいエネルギー」としての存在において、このような新しいことを試してみれば、それを習得するのがいかに簡単か、規律を課す必要はないことに、苦しみや、このすべての - 何と言うか - 習得することの厳しさを体験する必要がないことに、驚くでしょう。なぜなら、もう、それはマインドによる分析ではなく、ハートの表現からくるものだからです。あなた自身の、すべての「影の自己」を引き出すのです。あなたは、自分自身をひとつの身体、ひとつの人格、ひとつの名前に、定義づけました。あなたはたくさんのものなのです、シャーンブラの皆さん、たくさんの、たくさんのものです。

これを、オルターナティヴ(代替的)な現実と呼んでも構いませんが、あなたがオルターナティヴな現実について考える時、それはどこか遥か彼方の、別の次元に存在するものとして捉えます。けれども、それは文字通り、この物理的な現実で、あなたとともに共存することができるのです。なぜなら、あなたもまた・・・ あなたの「影の自己」が現れてくるようになると、自分は、この3次元に、今まで考えていた形では存在していないことにもまた、気づくからです。あなたはここに、閉じこめられてはいません。あなたは、たくさんの様々な次元なのです。

私たちは一度、言ったことがあります。「私の父の家には、たくさんの、たくさんの豪邸があります。」 その意味するところは、起こりうる可能性は、「影の自己」は、あなたのスピリチュアルな自己の、様々な別の表現は、多次元に、層をなすやり方ではなく、すべて一緒に生じることができるということです。それらはすべて、たった今、まさにここで表現されることができます。

あなたの地球上の様々な生涯の過程で、決して生きることのなかった、「影の生涯」があります。なかには、数回の人もいれば、数百回の人もいますし、数千回の生涯を持つ人もいます。ともあれ、地球上で1度も生きることのなかった・・・ 「影の生涯」があります。それらは、他の領域では生きていました。あるいは、もしかすると、想像するまでにも至らなかったかもしれません。そこに隠れたままで、休眠状態だったのです。それから、ええ、「影の生涯」には、おそらく、何百万の、何十億の可能性があります。あなたは自分自身を、メタフィジカルな、「ニュー・エイジ」な意味で、様々な生涯の系統という意味で、定義づけてきました。けれども、この地球上で生きていない「影の生涯」を、あなたは考慮したことはありませんでした。

いいですか、あなたは、あなたが考えていたよりもずっと、それ以上のものなのです。あなたが鏡に見るもの、あなたが日々を生きるものよりも、ずっと、あなたはそれ以上の表現なのです。あなた方のなかには演じてきた人もいます。つまり、他の領域に行き、そこで、多次元のワークをしたのです。ここではなく、そこにいたことを想像するのを、自分自身に許しました。自己の影の性質という、この新たな理解とともに、たくさんの起こりうる可能性と、潜在的可能性を、あなたはこの地球の、人生の舞台へと、この劇場へと、もたらし始めるようになります。もう、この2つを分離することはありません。それらはひとつにすることができるのです。

これはすべて、結びついています、シャーンブラの皆さん、私たちが数年間、話し続けていたことが - イマジネーション・・・ 開いていくこと・・・ あなたには限界がないという理解・・・ たった今、それを、ここにもたらすことができるのだ、という理解。

----------------------------
クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド1:
「その悪魔はあなたのものです」 
クリムゾン・サークル 2007年8月4日

【抜粋】
あなたの物語の多くもまた、あなたの悪魔です。あなたがたは、みな物語を持っています。セント・ジャーメインのよりも、すごいのはないけれど(笑)、あなたがたは、みな物語を持っています。過去世の物語、地球以前の物語、この人生の物語。それらの物語は、あなたの経験の基盤の一部分です。物語を持っているのは、小さい人間の、あなただけではなくて、あなたのすべての面や相も物語を持っています。小さい人間は特に、物語を持ち出すのがとても、とても得意です- 過去の経験を- そして、それらを悪魔に変え、その物語を、とても手に負えないものにして、その相自体が、とても優勢になるようにして、それが、あなたを台無しに、あるいは実際に- なんと言いましょう- 「あなた」を、今世のあなたを、窒息させます。あなたは、物語にとても駆り立てられるので、あなたは、それもまた、悪魔だと呼ぶかも知れません。物語が、あまりにも大きくなって、あまりにも手に負えなくなって、あまりにも魅惑的になって、あまりにも古いエネルギーの中で行き詰まってしまって、あなたは、その物語を生き続けなければならないと考えます。それは悪魔です。あなたのものです。たぶん、それもまた、手放す時でしょう。

私たちが、新しいエネルギーの門をくぐるなら、それらのものは、すべて捨てる時です。それをすると、何だかカエルにキスするみたいだなと分かるでしょう(少し笑)。結局、それほど醜いことではなかったと、分かるでしょう。それは、あなたが与えた分以外には、パワーや支配力を持っていませんでした。あなたのすべての悪魔、あなたのすべての物語は、実際、その中に新しいエネルギーの真珠を持っていることを、発見するでしょう。あなたのものとして、その悪魔に対面した瞬間までは、たぶん知ることができなかった、祝福が、内部に含まれていることを発見するでしょう。


私の場合は、転生の数もかなりあると思うので、それなりにアスペクトもあるんでしょう。(人それぞれ違うってことですよね)

ヒーリング効果という観点では見てはいませんでしたが、今は自分が変化しているのを実感することで理解できます。(潜在意識の部分に関しては、知らず知らずなんでしょう)

今月の頭から2週間ほど経ちましたが、この期間だけでも、かなり抜け(落ち)ました。マインドが外れてきてます。

すべて、適切な時に、遅かれ早かれ時期が来ます。

yoham/真の自己が自分に合った方法、スケジュールさえも管理して調節してくれています。仕事があっても心配の必要もありません。たまにお休みもくれます。笑。

でも、自分にしか出来ません。


では、今回はこんな感じです。

------------------------------------
このブログの中には、随所にアスペクトの話も出てきます。その一つ一つを取り上げることは出来ませんが、アスペクトの内容で必要と思われる下記をリンクしておきます。
(2012/11/1 追記)

参考に、
2012/11/1【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅲ)】by saraさん


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。