スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ お知らせです。(2012/5/5 更新)



【セント・ジャーメインバイオレットエクスカリバーアチューメント】始めました。
 Saint Germain Vioret Excaribur Attunement


★ 私が伝授を受けた時の体験です。
2012/4/15【アチューメント&自分自身へのコミットメント】by saraさん


詳細は、こちらから。↓
mg-bn.jpg


---------------------------

<予告>

2012年4月のシャウド概要の翻訳は、近日中にアップ出来そうです。

お楽しみに。


スポンサーサイト
★ お知らせです。(2012/5/5 更新)



【Shaumbra BBS】

2012年4月 マンスリーシャウド。

"匿名希望さん"から、【シャウドの抜粋(和訳)】を送って頂いたので、さっそく投稿させて頂きました。
saraさんも協力ありがとう。とても、ありがたいです。

saraさんと、今回の内容でけっこう笑いました。


今回は、2012年4月7日に行われたマンスリーシャウドの内容です。

THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
The e2012 Series
SHOUD 8 "The Guru Dilemma(宗教指導者(グル)のジレンマ)"
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe

Presented to the Crimson Circle
April 7, 2012
www.crimsoncircle.com


★↓ よろしければ、どうぞ。
ShaumbraBBSbn.jpg
blog「自由への選択」サイドメニューにバナーはあります。
Blog「自由への選択」

2012/5/6(日)曇り ※満月




またまたブログを書くのは久しぶりです。
GW中に、と思っていましたが結局、最終日になりました。

普段、やりたくても出来ないことをやっていたのでゴロゴロしていたわけではないけれど、有意義に過ごせました。

久しぶりに娘家族と実家に一泊してきて、食べたかった”蜂谷のラーメン”を食べました。
帰りの途中は、念願の天然温泉かけ流しのお風呂にも入ることが出来て満足です。一度に希望がかなった時でした。

おかげでエネルギーの影響からか背中も痛みが出て来ていた時だったんですが、温泉に入ると痛みが無くなりました。温泉の効力を実感しました。1週間以上経ってもまだ持続しています。恩恵ですね。


さて、書きたいと思っていたこともいろいろですが、いつものように思い出せるところから。
もちろん、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)、クツミとのやり取りも含めて。

まずは、昨夜とその前日の瞑想のこと。



【瞑想----発見と神の自己と”I am ”の体験】by saraさん

4日の夜、久しぶりに瞑想の時間がとれた。
昨年、北海道に戻ってきて旭川の実家で過ごすようになった頃、瞑想の時に、よく手のひらにエネルギーが溜り?それが、いろんな形に変化していく(錬金術)の体験があったことをブログで書いた時期があった。
↓が始まりの時期(1週間以上は続いたと思う)
2011/2/11【高次のエネルギーを感じることと錬金術の繋がり】byGraceさん 

ちょっと今読み返してみると忘れていたことも多い。
「その手のひらに感じるエネルギーが”高次のエネルギー”ですよ。」とジャーちゃん(セント・ジャーメイン)が教えてくれていた。その時は、ジャーちゃんに教えてもらった方法で、その手のひらに感じるエネルギーを体中に満たし回すということを行っていた。

その後は、ジャーちゃんに教わったワークをやっている内に、高次のエネルギーを体に満たし回したあと、自分を通して宇宙の核まで、その後はガイアの核へエネルギーを降ろすというのをイメージを使って行ってきた。(時々)

そのイメージは、これからは必要ないことを発見した。

高次の意識を保って瞑想できるときというのは、そう頻繁にあるわけではないけれど、4日の夜は、しっかりノーマさんの呼吸を2サイクル行って手のひらのエネルギーが集まってきているのを感じていた。

なぜか、その時、もう自分の命令でエネルギーを動かせるように感じた。

「そのエネルギー、私の体をくまなく満たし、宇宙の核へ、ガイアの核へ行きなさい。」

「行け! I am That I am!」


すると、手のひらに集まっていたエネルギーが流れだした。手のひらには、流れが生じているために、溜るという感覚は感じなくなった。それが最後まで続いていた。

今日、saraちゃんを通してジャーちゃんに確認してみた。

「ねぇ、ジャーちゃん。エネルギーって命令したら、動いてくれるんだね。動くものなんだね...。」

「この前の瞑想の時、なんか出来るような気になってやったんだ。たぶん、動いてくれたと思う。」

J:「あなたには、もうそれが出来るようになったんですよ。それはアスペクト(自分の側面)を解放してきたからです。」

「そうなの? やっぱり。瞑想が終わって手のひらを感じると、すっきりしていたし流れきっていた感じがしたもん。」

sara:「あのね、もうアスペクトも、”行けっ!”って命令するだけで統合されるみたいだよ。」

J:「まだ、感じつくして受け入れるのは必要だけども、あとは”行けっ!”」

sara:「笑! そうなんだって。」

「うれしい、大して楽になるよ。」


顕在意識のアスペクトは、内観や行動を通して何年もかけて解放してきたけれども、昨年の3月いや、もうずいぶん経ったと思い込んでいたけれど、調べてみると昨年の9月頃、マグララを知ったきっかけから潜在意識のアスペクトの解放が始まっていた。

毎日、明けても暮れてもアスペクトの解放をしていた数か月だった。
(潜在意識の部分なので、それは真の自己がちゃんとリアルに肉体で感じることが出来るようにしてくれていた)
時々、休息日はあったものの、ずっと意識して解放を続けることに疲れきったときもあった。

以前にジャーちゃんが、「今年の5月(末)までに、その潜在意識のアスペクト解放も終わらせなければならない」と伝えてくれていたので、忙しい日々の中でも、お風呂、地下鉄、エレベーターの中、どこでも出来る時にやっていたな。笑。何度も何度も、永遠に終わる日なんて来ないように感じながら。それくらい次から次と、アスペクトは私に知らせてきました。

でも、おかげでこの5月までに何とか間に合ったようですね。
アスペクトも途中からずいぶん軽くなってきていたし、アスペクトも低次元から高次元まで存在し、今解放しているのは、もう不要になったアスペクトたち(低次元~)の部分です。
ジャーちゃん曰く、高次元のアスペクトたちとは、これから仲良く楽しく一緒に創造、ビジネスにもかかわっていくようです。

自分で出来ることはやってきたので、まあ心配とかはありませんでしたけど。ってあれ以上やれと言われても反対に出来ない。いつまでも終わる感じがしなかったので、期待もなかったというのが現状かな。

エネルギーに命令すること然り、アスペクトに命令すること然り、すべて、この解放する期間があってこそ迎えられたのです。

ここ1か月は、解放してきたこと、自分がどれほど変化したのかを確認している時期でもありました。どんなことにも動じなくなってきているのも自分で分かってきたし、反対に、アスペクトをどれだけ、自分の事だと信じて生きてきたのかというのも知りました。

【ほんとうの自分】に戻る。回帰するというのは、この過程を飛び越えていくことは出来ないんでしょうね。方法に個人差はあるとしても。でもジャーちゃんの教えてくれた方法は、私たちにとって、とても分かりやすい方法です。(行うにも、準備ができているか、それぞれの段階によっても違うようですけど)


それと昨夜の体験ですね。

昨夜は、ただ、自分の中で感じてくるものへどうしていいか分からずに、瞑想する流れになりました。

でも、その瞑想は、4日の時よりもさらに深く入っていきました。

首から下の感覚も全くなくなっていました。”意識だけがある” 状態。

無の状態は、意識もなくなって記憶もない状態に入っていますが、意識だけの状態は、自分の意識、言葉も認識できている状態です。

宇宙も、銀河も越えているという感覚でした。意識だけ、yohamの状態ですが、何もありません。特に何も見えません。何もなく ただ、”在る”という状態を味わってました。

瞑想しながらも、「I am ...。」という言葉だけが出てきました。何度も、何度も。

「私は在る」「我なり」

ようやく、yohamからの言葉を腑に落としたという体験です。
数年前にも、”私は在る”を確認した時期がありましたけど、さらに、もうひと段階上がった体験の感じです。

『何者かでいようとする事もなければ、何かであろうとする必要もない。
何かしようとするものでもなく、、、
何者かでもなく、、、、
何もする必要がなくなったとき、、、役割が見えてくるだろう、、、、。』


シャウドで書かれているとおりなんですけどね。

ジャーちゃんも、クツミもトバイアスも何度も言っていることですが。

「何もする必要がない。」これは人間にとっては難しいことですけど、「何も探す必要もない」「知る必要もない」

今回のシャウド、4月のシャウドにも書かれているけど、大いに関係しています。

自分の探求をやめた時、あきらめた時、もうどうでもいい。という段階に行きついた時に、ようやく人間はエゴを手放します。何段階もありますけど、何度も何度も、バンザイして手放して。それも越えてきて、期待すらなくなって、ここ最近は、”今”の一瞬にいることだけでした。今出来ることをだたこなす。そこには、判断もなくなっていくので、良い日悪い日というのもなくなります。 なので、なんというか、結構、淡々とした日々の連続です。

yohamの言葉の意味が、ほんと言葉にするのは難しいけれど、ようやく理解できたように感じます。

本来は、ここを先に目指していくと、見えてくるものは全然違うんでしょうね。

今だから理解できるけど、自分の価値とか、評価など、ほとんどはアスペクトが言っているだけですからね。
yohamは、そんなこと、どうでもいいですからね。本当にそれが分かるようになりました。

なので、何か役に立ちたいとか、助けたい、救いたいなんて、ないわけですよ。それが悪いとか良いとかではなくて、その行為の深い部分にある自分の意識のほうに気づくことです。
何が、そう思わせるのか。何が、そうさせるのか。 自分の何を埋めようとしているのか。承認欲求からなのか、自分の価値を認められないからなのか。どこからきている感情なのかを見ていくと自分がよりわかるでしょう。
潜在意識の解放に入るときには、客観視できる自分になっているので、より自分は見えやすくなっています。

そこを知って解放してこそ、yohamが言うように、真の役割というのが見えてくるのだろう。と昨夜実感しました。真の役割といっても、落とすものはある程度落としているので、そこにエゴが入ることはないんでしょうね。あるがまま。執着も期待もなく、ただ、受容する。よい悪い、したい、したくないを超えた所です。

まだ、そこは見えてきてませんが、それもどうでもいいのです。笑


5月4日、5日の夜は、そんな感じです。


そういえば、数週間前の瞑想の時に、なぜか泣けてきて止まりませんでした。

ジャーちゃん曰く、高次のハイアーセルフを感じていたようなんですけど。高次のハイアーセルフも、このアスペクトの解放、肉体を何度ももって、ようやくここに来たという感慨深い思いの表れだったのかな。と私的には感じています。

今日は、満月でウエサク祭の時期だったんですね。つい最近までそんなことも忘れてました。

でも、5月に入り、春の訪れもあり気持ちも軽くなっています。

今月は、スクールも終わるし、少しずつ就活も始めています。また、どんな出会いがあるのか、どんな流れがくるのかも、一切分かりませんが、何も不安もありません。



続けて思い出せることを書いていきます。


*  *  *



【真の創造、コミットメント、アスペクトの解放の関係】by saraさん




★ 本日5/6の始めはこちら↓
【瞑想----発見と神の自己と”I am ”の体験】





確実に変化している自分を発見しているところですが、この数週間、何があったのかな。

なにを語っても、最近はアスペクトの解放と関係しているように感じる。笑。
アスペクトのことがよく分からない方は、こちらを読むと少し理解できるかもしれません。
→2011/9/19【自己回帰ワーク:アスペクト(自己側面)の解放&saraさんの体験】By saraさん



【真の創造、コミットメント、アスペクトの解放との関係】 by saraさん

いつだったか、先月だったかな。

ある日、私とsaraちゃんは、シャウドの話をしていた。たしかコミットメントの話だ。

その時に、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)が、話に加わってくれた。

J:「あなたは、創造したでしょ?」

「創造~? 何創造したっけ? 次の仕事のこと?」

sara:「もっと前だって。」

「もっと前に、何創造したのさ。」

J:「忘れちゃったんですか???? 忘れるのはいいことですけどね~。」

「え~~、なんだろ! わかった、○○○の会社に応募したときだ!」

(昨年の訓練校にいたときに、理想的な体制で出来る仕事を見つけた時のこと)

sara:「そのちょっと前!だって。」

「あ~~~、あれのことか~~~。そうだよ、私の理想といえば、そうなんだよね~。」



このことを話すと、話が長引きそうだが、そこを外してはその後が語れないんだよな。

昨年の9月~三か月、訓練校でOAビジネス科(基礎コース)に通っていた。
それも、今から思えば、実家だったのでWワークする必要もなかったし、アスペクト解放に必要な時間をとれる期間だったな。全てが完璧だ。

昨年、ブログでも書いたけど、週に一度くらいカウンセリングの授業があり、私にとってはいろんな事を知ることが出来た。その授業の中のある日、先生が、誘導瞑想のようなことを始めた。
先生は、NYにいて学んだ経験があるので、そういうことも取り入れてくれていた。

誘導瞑想は、割と簡単なもので、ある日の一日、気分のよい一日の起きた時の始りから、仕事、その日の眠りにつくまでの出来事を浮かんできたままに感じていくものだった。その瞑想後に、そのまま求人サイトを見ていく。

そこで何がクラスで起こったかというと、顕在意識やマインドに捉われないで、求人サイトを見ることが出来るというのが意図だったようだ。より自分を知る、求めているものを知るということも含めて。

瞑想の内容は、求人サイトを見終えたあとに、みんなでシェアをした。それぞれが自分の頭で思っていたものと違っていて、自分でも驚いている人もいたし、中にはユニークな会社でハゲた社長と仲良く仕事している人もいた。

マインドに入らないまま、私も求人サイトを見た。
その時のスキルであれば、まだWEB関係の仕事など見ないのだけども、なぜか入っていった。
そこで、理想的に思えるような会社の求人があって、すぐ応募してみる流れになった。

この体験がとてもおもしろかったので、当時、saraちゃんや、仲間、娘たちなどに試してみたのだ。

saraちゃんも、その時に出てきたイメージがあり、その生活が自分にとって最適であり理想的というものを感じた。

ちなみに、私の中に自然に浮かんだことは、いろんな場所で、ジャーちゃんのスクールをしていて、とても楽しく食事もして、充実した一日を終えるというものだった。 

ま、そのまんまと言えばそのまんま。
私の創造を知っていて、ジャーちゃんが、言ってくるのも笑えるけど。承認済み。笑。


話は戻るけど、その時の経緯が、【真の創造とは?】のジャーちゃんとの会話になっている。

で、ジャーちゃんが、私に「創造したでしょ?」と言ったのは、その誘導瞑想に出てきたイメージの事のほうだったことが分かった。

あのイメージは、自分で強くああなりたいとか、マインドで思ったものではないからだ。

ただ、自然に浮かんできたことだったので、それがほんとの【創造】だとジャーちゃんはいう。


「ねぇ、ジャーちゃん。私たちってさ、過去にもいろいろ創造/想像やら、時には妄想か?と思うようなことまでいろいろやってきたよね。何がどう違うの?【真の創造】と。 神一重のところってあるんじゃない?」

J:「ただ、思い浮かべただけのが、imagine!!」

「イマジン???」

sara:「imagine は、想像ね。 Create は、創造だって。」

「あ~、それは分かるな。 シャウドにも書いてあったよな。思い浮かべてるだけじゃ創造じゃないって。」

「でも、、確かに、そうだよね。思い浮かべた所で行動していかない限り、具現化しないのも分かる。」

「自分でも何度も体験したけど、恐れが出てきたりするんだよね。想像?しているうちは楽しいけど。いざやろうとしても、自分はダメだとか、ああなったらどうしよう。こうなったらどうしよう。とかさ。」

J:「だから、それは、アスペクトの創造ですよ!!」

「あ~、なるほどね! それは分かりやすいよ。そうだ、アスペクトの創造なんだ。」

J:「真の創造は、マインドからではないし、無意識の時が多いんですよ。」




★ 今日確認した【創造】についての話

「ジャーちゃん、前に話た創造の話、少し忘れてしまったよ。もう一度教えて~。」

J:「○○が嫌だから、○○○○なりたい!!というのも、本人は無意識であってもアスペクトの創造。」

「なるほどね、さらに分かりやすい!」

J:「だから、創造といっても、実は、(現実から)逃げる」口実だったりするんですよ。」

「うん、うん、分かるそうだわ。笑。」

J:「真の創造の、”こうなりたいっ!!”は、”無条件”です。 それがクリエイティブってことですよ。」


「確かに、、、そうだ。 私の誘導瞑想の時も、saraちゃんのもね。マインドじゃなかったもん。」

sara:「うん、そうそう。想像すらしていなかったもんね。」

「ねえ、ねえ、ついでに聞いておくけど、”ザ・シークレット”ってあるでしょ?(私は読んでないしDVDも見ていない)宇宙の法則を使って、具現化する、した成功者たちの話なのかな? あれはどうなってるの?」

J:「あれは、例えば成功した部分に付随するアスペクトは確かに解放されている。無意識であろうが。」

「だから、自分は成功すると信じきれるんだ。何度も思考を変えることによって。」あれもコントロールのような気がするけど。笑。

J:「でも、あれは、アセンションとは、全く関係ないですよ。あくまでも1部分の解放なだけ。アセンションの話とは別の話。」

「そりゃ、そうだね。」

sara:「あれは、自己実現の話だよね。」


アセンションは、自己実現という域は、超えていくのだと私もsaraさんも感じている。

昔、チャネラーさんに、自己実現と、魂の方向とどちらを選択しますか?って聞かれたことあるし、saraちゃんは、もうとっくに、その時期過ぎてますよ。って言われたことがあって「え~、いつ自己実現終わったわけ~~?」とショック受けてたし。二人とも、自己実現らしいことは、実感せずに過ぎてきちゃいました。
私の深い選択は、魂のほうを選んでいたんでしょうね。

どちらが、良いとか悪いとかではありませんよ。どんな体験を望んでいるのかだけで。

ちょっと、話が反れたかな。


そうそう、【真の創造】っていうのは、ジャーちゃんがいうように無条件のものであって、マインドでもないんだな。何かから逃げるためでもない。何かがイヤだから、こうなりたい。とも違うという話。


で、その後、どうなったというと、、、

J:「あなたは、創造したでしょう? でも、まだ、コミットメントしてませんよ!」

「え~~~~!! そうなの? やっば~い。」


「どうすればいいの?」

J:「創造が、現実に現れるには、タイムラグがありますよね。」

「うん。」

J:「その期間の、良いと思えるようなことも、負に感じる部分も感じて受け入れて流すことですよ。」

「そうだったの!? そうか具現化するまでは、まだどこかに就職して拘束もされるし、負の部分もいろいろあるね。安定した収入もあって良いと感じる部分もあるだろうし、とにかく感じて受け入れる。よし、わかった!!」

sara:「私もやろ~っと!!コミットメントしよ~!」


後から分かったことだけど、【負】の部分を感じすぎると負の創造もされてしまうらしい。汗
saraちゃんは、負の感じ方がちょっと強かったようだ。

私は、その後、バイトのため、帰宅してから感じ始めた。

ジャーちゃんの言ってたように、具現化するまでの期間も含めて負と感じる部分も受容して流した。


こんな感じでいいのか? と、クツミに聞いてみた。

すると、クツミが、「うん。」と言ってくれない。

「なぜ?何が違うの???」 さらに、もう一度感じてみた。

「これで、創造できた???」

K:「・・・」

「なんでOK出してくれないの~?」

仕方なく、saraちゃんに確認した。

「saraちゃん、やってみた?」

sara:「うん、やったよ!! 真の自己が、うんうん。それでいい!って感じで体を動かしてくれたよ!」

「え~ いいな。クツミはOK出してくれないんだよ。何が違うのかな~?」

そして、よくよく話を聞くと、流れはほぼ一緒だけども、saraちゃんは、最後に”I am That I am”と言っていたのだ。

「え~~~、なんでジャーちゃん最初にそれも言ってくれなかったの~?」

と言いながら、携帯を置いて、そのまま、「I am That I am」を3回言った。

saraちゃんは、それを聞いていて笑っていた。


そして、クツミに確認すると、ようやくOKが出た。


「ほんとに、それだけのことだったの?」と言いたくもなるけど、【創造】には、かなり重要らしい。笑。


”I am That I am ”の言霊か。 あれだけ、ジャーちゃんが言っていることだけど。

いつも、いつもね。 


それからは、結構、コミットする時は、必ず言います。忘れません。


皆さんにも、お勧めします。「I am That I am!」


*  *  *


この話は、【真の創造】の一部。

その後にも、私、創造を促されまして。

アスペクトの解放は、やはりすごい事なんですね。
クリアに、創造が出来るからです。

クリエーターです。


*  *  *


今のスクールで、課題が出ました。
題材は、カフェのWebサイトを作ることでした。

カフェと聞いてちょっとワクワクしましたが、その時にジャーちゃんが、ヒントをくれたんです。

ある日、saraちゃんに、この課題の話をしていました。

「そういえば、私、前にカフェ作りたいな。って思った時あったな。あれは、昨年かな? 東京にいるときに、預言カフェに何度かいったけど、あんな感じで、チャネリングスクールもあって、自信のつくまでの間の実践できる場所。そんなカフェが出来たらいいな。って思ったんだよ。それをイメージしてサイトを作ろうかな~。」

sara:「ジャーちゃんが、それも創造ですよ!って言ってるよ。」

「え~!! 本当にそうなの? いいの? まじに、こんなカフェ創造できるの?」

sara:「うん、いいんだって。」

「わかった! じゃあ、創造するわ!!楽しくなってきた!」


その後、課題を提出日までに間に合わせるのに、必死でしたね~。寝不足でボロボロでしたが、とにかく創造しました。

webサイトを作ったことで、大まかではあるけどリアルに楽しめたのかも。


ところで、この時のコミットメントはしたんだったかな? 

したような、課題で頭いっぱいで、どうだったかな?忘れちゃた。

---------------

クツミに確認してみました。

まだ、カフェのコミットメントしてなかったようです。汗

それで、今やったけど、ナカナカ、OK出ませんでした。キャンセルしながら、4回くらいやり直しました。
【負】の部分の感じ方のさじ加減が難しい。 そもそも、アスペクトを解放してきたので、そんなに負を感じることが少なくなっているからなんでしょう。たとえ感じたとしても、流すことが早くなったので、そこは、さら~っという感じで、「たとえ負を感じても受け入れます」くらいの軽さで良いみたいですね。

ようやく、クツミのOKも出て、やれやれって感じでした。

最初のうちは【真の創造】するには、ハイアーセルフや、真の自己に確認したほうがいいですね。
統合がさらに進んだ段階になれば、必要ないのかもしれないですけど。

なんかこの間、今はまだ、クツミとかyohamとも分離感があるけど、その先は、自分の意識もあって、共存するような感じだとジャーちゃん言っていたような気がします。どんなになるのか、想像はつきませんけどね。


まだ、USB紛失事件とか、saraさんのハイアーセルフからのコンタクトとか、いろいろありましたが、今日はこの辺で、終わりにします。

今は、クツミとも、"Yes" "No"で会話していますが、これが、本当に会話になっていくのか心配していたら、口に出さなくても、ジャーちゃんが、「そのまま、"Yes" "No"で続けていてください。そのうちに、それが言葉で表現できるようになってきますよ。」と教えてくれました。

ちゃんと、私の思考を読んで、saraちゃんを通して答えてくれて、本当にsaraちゃんにも、ジャーちゃんにも感謝です。


明日から、また忙しい日々が始まります。


では、また。


★ お知らせです。(2012/5/25 更新)



【Shaumbra BBS】

2012年5月 マンスリーシャウド。

"匿名希望さん"から、【シャウドの抜粋(和訳)】を送って頂いたので、さっそく投稿させて頂きました。
saraさんも協力ありがとう。とても、ありがたいです。

今回も、真の創造、選択などについての深い内容です。


今回は、2012年5月5日に行われたマンスリーシャウドの内容です。

THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
The e2012 Series
SHOUD 9 "Clarity Brings Results(明瞭さは結果をもたらす)"
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
May 5, 2012
www.crimsoncircle.com


★↓ よろしければ、どうぞ。
ShaumbraBBSbn.jpg
blog「自由への選択」サイドメニューにバナーはあります。
Blog「自由への選択」

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。