FC2ブログ
2011/9/17(土)曇り時々雨






「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載させて頂きました。



大天使ミカエル
Archangel Michael

変容と新しい意識の黄金の鍵
THE GOLDEN KEYS OF TRANSFORMATION AND THE NEW CONSCIOUSNESS ARCHANGEL MICHAEL

THROUGH CELIA FENN
7 September 2011 - 3:41pm
セリア・フェン経由
Channeler: Celia Fenn


皆さんの生命に習熟し、魔法の世界に入る......
MASTERING YOUR LIFE AND ENTERING THE MAGIC......
THE GOLDEN KEYS OF TRANSFORMATION AND THE NEW CONSCIOUSNESS
ARCHANGEL MICHAEL THROUGH CELIA FENN

September 2011


聖杯の符号とダイヤモンドの光を伝送している太陽 ... フィンランドのイナリ湖、2011年8月、セリア・フェンの撮影
The Sun transmitting the "Grail Codes"...image taken by Celia Fenn at Nordkapp, Norway, August 2011.


最愛なる新しい地球の仲間の皆さん、歓びと伴に、わたし達はこれほど数多くの皆さんが、皆さんの本来の姿のすべてになることを許し、この時期に存在することができる移行と変化を創り出している様子を確認しています。

8月早々にライオンの門のポータルが開いた後、巨大な周波数の加速が起り、数多くの皆さんが、次の段階である光の5次元から夢と魔法の6次元領域に進んでもう一度地球との“夢の時間”の結び付きを定着させる支援を行う準備を整えました。

最愛なる皆さん、皆さんがこの世界に現れたその目的を達成してさらに高い光の周波数と同調することを許し、そしてまた皆さん自身が光と物質の多次元的な存在になることを許していることをわたし達が確認して、わたし達のこころはどれほど喜んだことでしょうか。

光の6次元は、魔法の場所であり、魔法の子供、そして創造主の夢の領域です。

それは夢、望み、幻想、そして投影を発生している次元になっていて、そこから惑星意識がより低次の物質の次元の中の“物質的な現実性”として現れています。

“夢の時代”に入ることが意味していることは、皆さんが3次元の現実性という支配された幻影から“目覚める”必要があること、また新しい5次元の現実性のグリッドの中に完全に立脚すること、そしてそれによって夢の時代の魔法の領域と皆さんの物質的な現実性の中の基礎を失うことなくその豊かさと歓びの流れに接近できることです。

これは“皆さんの生命に習熟する”ことであり、実際にそれは地球と伴に進化し成長し、また皆さんの現在の惑星の現実性の内部で達成できるすべてを達成するという皆さんの個人的な望みのひとつの側面になっています。

ですから、最愛なる皆さん、この時点で、わたし達は皆さんが完全に皆さん自身を5次元の現実性に立脚させる方法について、そしてもしも皆さんがこの移行をする準備が整っていると感じているなら次に皆さんが6次元意識に向かって進む方法について、これから伝えたいと思います。


5次元:その聖杯の符号と変容の黄金の鍵
The Fifth Dimension : The Grail Codes and the Golden Keys of Transformation

最愛なる新しい地球の仲間の皆さん、過去10年の中で、そして皆さんの変容の過程の中で、わたし達は頻繁に“聖杯の符号”と皆さんの進化におけるその重要性について伝えてきました。

“聖杯の符号”は光の符号、つまり宇宙のDNAの活性装置であり、宇宙のキリスト意識と内面の安定性のエネルギーを皆さんに“ネットワーク的に”提供するものです。

皆さんが5次元意識に入る時、皆さんはキリストの化身、ヨシュアとメリー・マグダレンが定着させた普遍的なキリストのエネルギーと接触を持ちます。

この普遍的なキリストのエネルギーは、聖杯の符号を経由して、皆さんの本来の姿に対する目覚めを提供しています。

一度皆さんが目覚めると、そしてこの言葉を読むように引き寄せられている人々が今後目覚めると、次に皆さんは皆さんの5次元の生命を修得し始める準備を整えた状態になっています。

わたし達が皆さんに6つの変容の鍵を提示するのはこの段階です。

その“鍵”は既に皆さんの本来の姿と皆さんが成ろうとしているものの一部になっていて、わたし達は単純に、皆さんがその旅を進める際に、皆さんがこうした光の符号を活性化する支援をしようとしています。

最初の鍵は光の身体と光の高調波の修得のための光の符号です。

皆さんが3次元の幻影から目覚める時、実は皆さんは人間の姿をした天使であり、光の存在であることを皆さんは完全に理解します。

そして皆さんは、身体と魂との聖なる統合を促進するために、その頂点部分とその結び付きが適切な位置に収まるまで皆さんの光の身体を活性化し始めます。

皆さんは皆さんの13種のチャクラ系に移動して行き、皆さんは完全に地球の星と魂の星のチャクラの中に定着します。

皆さんは光の波長分布の熟達者になり、神聖なる宇宙のこころから訪れる光の波動を受け取り、復号し、伝送することができるようになります。

神聖なるこころのエネルギーは愛であり、そのため皆さんは光の身体の最初の鍵を活性化します。

次に皆さんは2番目の神聖なる愛の鍵を活性化し始めます。


最愛なる皆さん、ここで皆さんは、あらゆる物事は神聖なる愛の表現であり、皆さんは神聖なる愛と思いやりと同調して生きるために必死に努力していることを理解します。

何故なら、その事実が皆さんの生命の中で皆さんに明らかにされるからです。

そのようにして、皆さんは神聖なる愛の熟達者になり始めます。

最愛なる皆さん、神性なる愛の流れが光の身体全体に移動していることを皆さんが感じる時、生命、経験、皆さんという存在のあらゆる物事が時の流れのひとつの側面になっていること、そして時間それ自体は無限であり、異なる次元で数多くの異なる方法の中でひとつの表現になっていることを皆さんは理解し始めます。

一度皆さんが直線的な時系列の幻影から解放されてしまえば、皆さんは3番目の鍵を使い始めて時の熟達者になり、銀河と宇宙の時の内部の流れと同調することができるようになります。


最愛なる皆さん、ここで皆さんは完全に4番目の鍵である顕在化と創造性の鍵を修得する準備が整っています。

皆さんが神聖なる愛と伴に空間と時間を貫いて移動する時、皆さんはまた、皆さんの意思と望みという神聖なる天稟を用いて、時間と呼ばれている豊富な愛の流れから皆さんが必要とするものを顕在化させることができる姿を確認し始めます。

それは皆さんがどの場所でも、皆さんの愛の創造を通して表現されることを求めている神聖なる愛と豊かさという流れによって取り囲まれ、また包み込まれているからです。

さて、皆さんが5次元というものにさらに確信を持つようになる時、最愛なる皆さん、皆さんは5番目の黄金の鍵とその光の符号、共同体の鍵に向けて移動します。


これは、皆さんが皆さんの魂の仲間や共同体の存在達とこころと魂のグリッドで結び付くことを許す活性化になります。


新しい地球の5次元の現実性において、数多くの異なる共同体の姿が存在しています。

そして皆さんは、皆さんが皆さんの光、皆さんの力、そして皆さんの本来の姿を表現しようとする時、皆さんが数多くの異なる種類の共同体の中に“流れ込んで”行くことに気付くようになるでしょう。

それは柔軟性であり、新しい地球の現実性の中の“共同体”の資質になる流れになっています。

皆さんが皆さんの本来の姿を最も良く表現している姿を探し出しながら新しい地球に向かって進む時、数多くの異なる共同体の姿が試されることになるでしょう。

そして最終的に、皆さんは6番目の鍵、皆さんが新しい地球の中で皆さんの魂の目的に触れてそれを表現することを皆さん自身に許す光の符号を活性化します。


最愛なる新しい地球の仲間達、新しい地球は自由を、選択の自由を目的にしています。


そのようにして、皆さんはこれから皆さんがその魂の目的を表現する方法を選択することになるでしょう。


もしかすると、皆さんは賢明なる者として、叡智の管理者として、教師あるいは治癒者として存在していますか?


もしかすると、皆さんは日の管理者、時間の熟達者といとして存在していますか?


もしかすると、皆さんは、地球の管理者、あるいは海洋の管理者、あるいは神格や結晶質の基本元素と連携している者として存在していますか?


もしかすると、皆さんは霊的な戦士として、あるいは芸術家として、あるいは音楽家として、あるいは年長者として存在していますか?


あるいはもしかすると、皆さんは新しい地球の魂として、単純に新しいエネルギーと新しい意識の中で自分達の本来の姿を表現している者として存在していますか?

最愛なる皆さん、皆さんが黄金の鍵を活性化する時、皆さんは皆さん自身で皆さんの目的となっているものや新しい地球のエネルギーの中の情熱を発見することになるでしょう。


夢の魔法の創造という6番目の次元領域に入る
Entering the Sixth Dimensional Realm of Dreams and Magical Creation

最愛なる新しい地球の仲間達、一度皆さんが基本となる5次元の生活技能を修得し、皆さんが地球の星と太陽の星のチャクラの中に完全に立脚して定着してしまうと、皆さんは夢と魔法に属する6番目の次元領域に入り始める可能性があります。


消えて行く3次元の幻影と5次元の新しい現実性や6次元の魔法と夢の世界との間を移動するためには、皆さんは完全に揺ぎ無い状態になる必要があります。

もしも皆さんが揺ぎ無い状態でなければ、皆さんは皆さん自身の幻影と妄想の中で道に迷うという危険を冒すことに危険を冒すことになります。

6次元に入って行くことは、異なる種類の夢や幻影の違いを識別できること、また皆さん自身の夢と創造と集団あるいは共有している現実性との違いを識別できることを意味しています。

何故なら、実際には、“夢”と“現実性”との間に本質的な違いは存在せず、それは単純に神聖なる光の領域の異なる側面になっているからです。


この事実を理解すれば、皆さんは皆さん自身の“現実性”や皆さん自身の夢を確実に把握しながら、数多くの“夢の現実性”の中に入ることができます。

皆さんは他の人々の創造になる夢の世界の中で道に迷うことはなく(みなさんがそれを選択しない限り)、皆さん自身の夢と顕在化に忠実であり続けるでしょう。

6次元の夢の世界に入るためには、皆さんが内面の“魔法の子供”を活性化することが必要になります。

最愛なる皆さん、偉大な教師ヨシュアは皆さんに、さらに高い次元の“天の王国”に入るためには、皆さんは“小さな子供”のようにならなければならない、と伝えました。

彼はまた、“神の王国”は“皆さんの内部に”存在する、と伝えました。


そうです、実際に創造的な魔法の領域は、惑星地球の集団的な夢の領域という内部の次元領域に存在しています。

そしてこの空間に入るためには、子供の無邪気さ、信頼、そして純粋性が必要になります。


最愛なる皆さん、それは夢の世界に入ることができる“純粋なこころ”です。

“純粋なこころ”になることは、ひとりの子供のようになることであり、良くはしゃぎ、“想像力”に溢れることです。


さらに高い善やさらに高い目的の中で怖れずに信頼した状態になることです。


もしも皆さんが“純粋なこころ”でなければ、そして無邪気な子供のようでなければ、皆さんは幻影と妄想に遭遇する危険を冒すことになります。


何故なら、皆さんの自我の知的精神作用が、基準点を持たない魔法あるいは夢の現実性の本質と格闘することになるからです。

皆さんが6次元の魔法の領域に入って行く時、皆さんはもう一度、神話、元型、そして物語の創造力に目覚めます。

皆さんは、こうしたものが創造的な現実性の実体であることを理解し、また皆さんは、“信じること”と“夢見ること”が、実は数々の元型となる領域の物語や神話から物質的な現実性が紡ぎ出されている手段になっている姿を理解します。


最愛なる皆さん、6次元は気楽には入れない強力な領域であり、皆さんがこの旅を始める時、皆さんは肉体的な変化を経験することになるでしょう。

当初皆さんは極端な“消耗感”や疲労を感じるかもしれません。


実際には、そこで起こっていることは、皆さんの脳が目覚めた状態で“シータ波”の波長に浸っている状態です。


今皆さんの身体は、シータ波を眠った状態で経験しています。


そのため、皆さんが目覚めた状態で6次元の夢の時代に入る時、皆さんの身体は眠っているように考えて、身体が一時的にこの変化に混乱してしまい、そのため極端な“重苦しさ”や“疲労感”を経験します。

またその時、目覚めた意識状態で皆さんの脳はベータ波、アルファー波、そしてシータ波という脳波の間を推移しているため、皆さんは精神的に混乱する可能性があります。


皆さんは、日中に明快な夢を経験するかもしれません。


あるいは、皆さんの脳がその新しい“移行の定型”に慣れて、異なる現実性の各層を確実に把握しようとして皆さんが次元間を移動してこうした空間すべての中で収集された情報を処理するようになるため、皆さんは物忘れをしたり、頭が混乱したり、あるいは眩暈を覚えたりする可能性があります。


そうです、最愛なる皆さん、現実性は“サンドイッチ”のように重層的なものになっています。


“現実性のサンドイッチ”の各層の内部で、皆さんはそこに属しているものや現実性のどの水準または層について、そして夢、魔法、幻影、あるいは妄想というものについての明確な感覚を持ちながら、各次元間を航行し始めます。

最愛なる新しい地球の仲間の皆さん、実際に、皆さんがこの新しい次元を利用する時、皆さんは豊かさと顕在化の領域との強力な結び付きに気付くことになるでしょう。

皆さんは、6次元の夢の時代という数々の魔法の領域に入ることによって、個人と集団との両方で、皆さんのこころの望みを顕在化する方法を学ぶことになるでしょう。

新しい地球が立ち上がり顕在化している今、わたし達は皆さんが前途に横たわる時間の中で歓び、豊かさ、そして愛として存在することを望んでいます!


http://www.starchildglobal.com/newearthenergiesseptember2011.html
© 2011-12 Celia Fenn and Starchild Global

http://lightworkers.org/channeling/140671/golden-keys-transformation-and-new-consciousness-archangel-michael-through-celia-f


翻訳:森のくまさま

*  *  *


【私の真実:マグダラのマリア】By saraさん へ
スポンサーサイト



☆本日↓2011/9/17(土)の始めはこちらから。
【転載】変容と新しい意識の黄金の鍵~大天使ミカエル


*  *  *

私も暦どおりに3連休に入った。

今日は、yoham(私の神)の促しで、ブログを書く流れになった。

この流れの背景には、アスペクト(自己の側面)の解放に関係しているのだけども、それに伴ってカミングアウトもする必要が出てきた。(笑)コミットメントととでも言うか。

また、どこから話していいのか分からないけれど、書けるだけ書いてみよう。

たぶん、全部書くとなると、長くなると思う。

これから書くこと、これまでもこのブログでも伝えてきたけど、これは、”私の真実”であって、信じなくてもいいですからね。信じたくない方は、どうぞ、スルーしてください。


■ 私の真実

・9/7(水)
この日、、、自分が、”マグダラのマリア”だったと言うことを知った。(汗)

そして、タイトルに、いつもは、チャネリングしてもらっているGraceさん(Gちゃん)と書くのだが、今日から、sara(サラ)さん=”Sちゃん”と書くことにする。
最近、Sちゃんも、自分で新しいHPを作り、その時にネームを”sara”に変更した。※リンクは新しいHPに変更済み。

私が、”マグダラのマリア”だったことを知った(感じた)には、Sちゃんの話を省くわけにはいかない。(saraさんにも、ジャーちゃんにも了解済み)。


-saraさん(Graceさん)の経緯

まず、時を遡れば、、、、

Sちゃんがセントジャーメインのワークのアチューメントを受けて、初めてチャネリングでジャーちゃん(セント・ジャーメイン)が現れたとき(昨年)に、「待ってましたよ。(こうして繋がるのを)」と言う言葉と、「私は、あなたとイエスを繋げるためにここにいます。」という言葉を残していた。

その深い意味が、ようやく分かったのだ。

Sちゃんは、昔からイエスとの深い繋がりを感じていて、「私は、妹だったかもしれない。」と話していたときがあった。私も、この世界の話だし、イエスに兄弟がいたって不思議はないと思っていたので、「そう感じるなら、そうかもしれないよ。」となんの疑問もなく答えていた。一時、そんな会話があったことも忘れていたときもあるけど。

で、時は経ち、先月、、いや、7月頃だったかな~。

ある日、ジャーちゃんは、Sちゃんに、

「イエシュアに、バトンを渡しましたからね。」と告げていた。

それから、ジャーちゃんは、Sちゃんの個人的な質問には答えない。質問しても、真の自己やイエシュアに聞きなさいって感じになっていった。Sちゃんにとって、ジャーちゃんのほうが気楽に聞けた存在だったので、そのノリで、イエシュアに聞くというのは、ちょっとおいそれと出来ることではなかった。

あるときには、イエシュアのほうから、

「いつになったら、私のところへ尋ねてくるのですか?」

とイエシュアのほうから、来させるSちゃんがいた。(笑)
私は、「いいかげんにしなさいよー。イエシュアは待っているんじゃんー。」と言うほどだった。

ま、私の質問には、ジャーちゃんは答えてくれるので、そこにのっかって、たまにSちゃんの聞きたいことを、私が質問しちゃうことは、時にはアリなんだだけど。


で、これは、前置きで、これからが本題。(笑)


Sちゃんが、今年になってハイアーセルフと繋がっているときに、かなり高次の存在で、これまで現れてこなかった高次の自己(ハイアーセルフ)が現れた。名前を聞くと「サラ」と答えた。

その時は、ただ、「サラ」という存在だということで認識したらしい。「サラ」で、一度ネットで調べたらしいけど、歌手の名前などしか出てこなかったというのだ。

でも、先週だったかな?BSで、「ダヴィンチ・コード」の話についての真相を調べた番組があることを知って、私は見た。

数日後、Sちゃんも、同じ番組を見たことを知って、その番組では、マグダラのマリアのことや、ゆかりのある場所などを紹介していたけど、結果は、「ダヴィンチ・コードは、フィクションだった。」と言う終わり方に、ガッカリしたよね。と話した。

その番組を見たときに、Sちゃんは、南仏のイエスの実子であるとされている”聖女サラ”という子供が映し出されたときに、”何かを感じた”そして、ハイアーセルフの名前を思い出した。

そして、真の自己に何か関係あるのか?と尋ねたらしい。

そこで、「関係している」という所までは、分かったということを私に話してくれた。

すぐに、私は、ジャーちゃんに向かって尋ねた。

「ねー、ジャーちゃん。もしかして、Sちゃんって、その聖女サラなの?」

S:「・・・・ そうみたいだわ。汗」


「え~~~、驚き~~~。でも、考えてみたら、昔から、Sちゃんの感じていたことを思うと、腑に落ちるわー!」

この時は、まだ、私が、マグダラのマリアだとは、全く知らなかった。

「ねぇ、ジャーちゃん。私のジャンヌ(過去生)の魂のように、世界に”み魂分”が何人かいるの?」

J:「サラのエネルギーを保持している者はいるけど、生まれ変わりは、一人だけですよ。」

「へー、そうなんだ。そうなんだってさ!Sちゃん!」

「と、、、、言うことは、これはすごいぞ。だって、聖女サラのことって、ミステリーじゃん。(笑)」

S:「自分でもびっくりー。」

「でも、全部が腑に落ちてくるんだよね。」


この時は、わかってよかったねー。という感じで、一旦電話を切った。

それから、今度は自分のほうだった。

一服していたら、”感じて”きた。
これは、ジャンヌ・ダルクだと感じた(知った)ときと一緒だった。

「私は、もしかして、マグダラのマリアなの?」

思わず、首を横に振った。そんな訳ないっ! でも、感じてくるものは、理屈ではなかった。

すぐに、yoham(私の神=真の自己)、ジャーちゃん、ミカエルに聞いた。
それで、みなが揃って、「Yes」で、慌ててSちゃんに、再度電話したのが、先週の7日だった。

この時に、実は過去に何度も、マグダラのマリアをとても近くに感じていたことを思い出した。
ブログにも書いたことあるかも知れない。

内側から、”聖杯”のビジョンが現れたときも、”赤い薔薇”の象徴も、単に、統合に進んでいるからだと思っていたけど、過去の出来事のことが、頭の中を過ぎった。

昔、ヤハウェイが言ってたことや、いろんなことを思い出した。

再度、Sちゃんに電話して、たった今”感じた”ことを、どう伝えたらいいのかと思った。


「え~~~とね、、、、Sちゃん。Sちゃんになら、まちがっても、笑えるし、今、感じていたことを話すから。もし、違っていたら、笑ってもいいからね!」

「あのね、ジャーちゃんに確認してほしい。 私は、マグダラのマリアだったの?!」

S:「・・・・・そうだわ。そうなんだって!」

「え~~~~、って言うことは、Sちゃんと私は、親子だったわけ?笑。ファミリーじゃん!!で、そこに、イエシュアかい。私の過去のダンナさんだよ。」

S:「うん、ホントだよねー。」

「どうりで、Sちゃんとは、昔から友人で、お互いスピの世界に入って。深いつながりがあるとは思っていたけど、、、って言うことは、ayaちゃんとも、どんだけ繋がり深いのか。」
(Sちゃん、ayaちゃんと私は、リフレクソロジーのサロンに勤めていたころからの友人。ayaちゃんには以前チャネリングでお世話になった。只今、自分のワークに取り組んでます。)

「世間では、まだまだ、マグダラのマリアのことも、聖女サラのことだって、ミステリーだらけだよ。殆どわからないじゃん。」

「は~~~、どうなってるの~?って感じ。」

J:「マグダラのマリアは、真実を伝えるために大きな役割があったんですよ。」

「うん。そうだね。」


この時は、以前に、ジャンヌだと知ったときより、恐れも出なかったし、「そうだったのかー。」と言う感じで、あまり囚われずにすんだ。と言うよりも、腑に落ちたことがあって、すっきりしたほうが、大きかったのかも知れない。わりと、自分が淡々と受け入れられたので、ずいぶん、解放してきたんだなー。と感じた。いや、実感が沸かないのが、正直な気持ちだったのか。
(マグダラのマリアのエネルギーを保持している人は多く、魂としては、数人いるとのこと。)

で、電話を切った後に、私は、yohamに言った。

「私、、今回は自分からは言わないよ。ブログにも書かない。言うなら、yohamが言ってよねー。」

以前に、ジャーちゃんは、真我になったら(の時は)、自ら「自分は○○○○だ。」と言うようになる。ってチャネリングの時に聞いていたからだ。

だから、それは、yohamに任せようと今日まで思っていた。

それが、どんどん、思ってもみない方向へと流れていった。いや、”気づいて”いった。

その”真実”を知ったあと、そういえば、自分のブログに以前、マグダラのマリアのメッセージを転載してあったことを思い出した。

それは、すぐに見つかった。
→2010/6/10【転載】マグダラのマリアからのメッセージ

この頃(2010/6月)は、ayaちゃんのチャネリングで、いろんなメッセージがあり、自分はイシスなのかも知れないと感じていたときだった。

今は、やっぱり、マグダラのマリアがすっきり納まるけれど。
ジャンヌダルクは、西暦1400年頃の話。イエスの時代は、自分はどうだったのかな?と最近感じていたので、受け入れる準備をしていたのかも知れない。

この前、ジャーちゃんに確認すると、「イシスとは、”双子”のようなもの。」と教えてくれた。

でも、考えてみたら、今は新しい女性性のエネルギー「ソフィア」として、聖母マリア、イシス、マグダラのマリア、クァンインで誕生しているし、混同していてもおかしくはない。
ただ、それぞれのエネルギーの個性は存在しているだろうけど、元は、一緒の魂と言う感じなのかも、それは、今度確認する。
→チャネリング Sophia

で、それから数日、

Sちゃんとの間では、イエシュアのことは、「パパ」と呼ぶようになった。
もちろん、私から、「パパに聞いたら?」とか言い始めて(笑)、うん、イエシュアも、すぐに答えてくれているので、Sちゃんとの関係は、ずっと親密になった。私まで、イエシュアがとても近い関係に感じるようになった。

Gちゃんは、魂の家族は、「イエシュアのファミリー」で、私は、「ミカエルのファミリー」だとジャーちゃんに以前聞いていたんだけど、今回、この関係で、なんで私は、イエシュアのファミリーじゃないの?と聞くと、ジャーちゃん曰く、「もうこれからは、ファミリーという関係で動くのではなく、その人の意識、段階によって、惑星、宇宙、銀河などで動くようになる。」という話を教えてくれた。


ま、なんだかんだと言っても、過去の体験で色々知ってきたように、、、、でも「私は、私なんだから」は変わらずで、そこに落ち着く。

”誰かになる”必要もなく、”誰かになろう”とする必要もなく、”基本”今の自分のあるがままで良いことを知っているというのは、ある意味、ありがたいことなのかも知れない。

*  *  *

最近、ジャーちゃんとチャネリングレッスンを行ってきたけれど、そのレッスンが、いろんな解放にも繋がっていることとを知った。

普段の生活は、穏やかな静かな日々で、自分をモニターしても、先日も書いたように、「空っぽ」の時間が多い。
ジャーちゃんは、「それが、yohamの意識の状態でもあるのだから、この空っぽの状態にもなれていくように。」ということを伝えてくれた。正直、時間を持て余すようなこともたびたびある。

ただ、”レッスン”に入ると、どうしても、自分の中にあるブロックに気づく。

ジャーちゃんは、単に、これからのセッションのためにチャネリングのレッスンをしてくれていた訳ではなく、私の中にある、深い部分にある不要なものを解放する助けをするためにも行ってくれているのだと知ったのは最近になってからだ。

”感じる”ブロック、”疑い”のブロック、”表現することへの”ブロック。

これまでも、何度も手放してきたことだけど、こうやってレッスンをしていると、また浮上してくるのだ。

解放しては、奥の深い部分にまだ残っていたものが、ある段階にくると、また解放されたくて表に出てくる。
ジャーちゃん曰く、一つのものを一度で解放してしまうと、肉体が大変なことになってしまうらしい。
軽いものは、一度で解放できるかもしれないけれど、重いものに関しては、浮上してきた分だけ意識を解放し、肉体は後から付いていく。という感じだ。

本当に、どんだけ~~!!ってくらいあるから。

それは、進んでいけば、行くほど実感するのかも。

で、こうしてレッスンで解放しながら、ジャーちゃんに教わった解放の方法、Sちゃんが自ら体験してきた方法など、自分のアスペクト(自分の(過去の)側面)の解放の仕方を、次にまとめて書きます。

これは、本当に分かりやすく【必見】です。

私は、これまで、自己受容(受け入れ、自分を愛す、許す)して、手放すという方法で行ってきたけど、これを一度やり始めたら、とても解放した実感もあり、とても、力強い方法です。

で、、、その後に書けたら、解放とも関係しているけど、マグダラのマリアのことサラのこと、後から出てきた「疑問」に対してジャーちゃんも答えてくれたので、書けたらな。って思います。

でも、こんな時間だよ。(18日のAM3:21)

かけなかったらゴメン。とりあえず、まずは、ここまでアップ。

最初に書いたとおり、今日、このようにブログを書くことになった理由には、この【アスペクトの解放】と大いに関係してます。

そうです。マグダラのマリアのアスペクトを解放したのです。かなり重かった。
最近、浮上してきていたものは、全てマグダラのマリアのアスペクトに関係していたことが分かった。
ジャーちゃんも、今日、このアスペクトについての話をしてくれました。

う~ん、、、、まだまだ続きは長い!(笑)
久しぶりにシリーズになりそうな勢いだ。


■ その他の出来事

・9/9(金)
今のバイトを27日で辞め、次に行くところの”試験・面接”があった。
9/13日に合格の知らせが来た。予定通りに進んでいる。
新たなスタートは、9/29~だ。


その他は、日々レッスンと宇宙のお仕事?(瞑想)、時々休んで、気づいたら解放。
とてもシンプルな日々で、最近は、なんでこんなに時間がたっぷりあるのだろう。と感じるようになった。

仕事の時は、集中しているので、それなりに早く感じるけれど、余暇の部分は、ゆったりと、やることをやっても十分な時間があるように感じる。いや、実際に余るほどだ。

"時間"というものが、たぶん変化してきてるのだろうと感じる。
でも、9月はあっと言う間に過ぎていく。

*  *  * 


【私の真実②:レッスンでの解放&アスペクトの解放ワーク】by saraさん へ

WHAT'S NEW?