FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/8/5(金)曇り一時雨



なんだ、かんだと、もう8月。

身体の痛みのほうは、ひどい痛みを伴うことなく寝返りがうてるようになった。
全体的に少しは楽になってきたと思う。 最近の様子ではね。

でも、睡眠のパターンの変化は、慣れていくしかないようだ。
時間、、、完全に「タイムライン」というものから、外れるためには、仕方がない。
夜中の3時くらいまで眠れないということも、続いてた。これからも続くのかな?
あまりにも疲れるときは、yohamに「今日は眠らせて。」と頼むときもある。
そのせいか、急に眠くなることもある。

ジャーちゃんは、「眠いときは、時間関係なく10分でも寝なさい。」といっておりました。

*  *  *

 「Hiroshi's World -大内博の世界」より

アーキエンジェル・マイケル メッセージ 2011年7月
(ロナ・ハーマンを通して:翻訳:大内 博)

「アセンションのプロセス」

愛するマスターたちよ、最初に、アセンションとは何かを説明する代わりに、アセンションはこのようなものではないことを明らかにしておきたいと思います。

あなた方の現在の進化の状態では、肉体のアセンションは、ごく少数の非常に進化したアヴァターにとってのみ可能でしょう。彼らは次の高い意識のレベルに向けて人類のアセンションの道を開いた存在たちです。愛すべきイエシュアは数多くの偉大なアヴァターや天使界と一緒に、この並はずれた素晴らしいプロセスの準備のために舞台を準備し、創造主の大宇宙の種をまいたのです。

今というときに肉体の器のままでアセンションするためには、あなたの肉体を神聖な光の周波数に変容するプロセスをほぼ完了しなければなりません。そして、あなたの魂の歌のハーモニクスを5次元の最上部の局面、およびそれ以上の次元のハーモニクスのレベルまで上昇させなければなりません。一つの人生において3/4次元の肉体を5次元の光の器に変容すると考えるのは現実的ではありません。

スターシードであり先導者であるあなた方は、2千年以上前に蒔かれたアセンションの種を活性化するために、その燃料であるアダマンタイン粒子を供給しています。人類は浄化の段階にあり、より大きな意識の拡大に向けて準備をしているところですが、この意識が世界を席巻しその結果として累乗的に加速する中でますます多くの魂たちが影響を受けつつあります。

進化的な変化の現段階においては、光の道の希求者/使徒たちは創造主の光の変容の力を注入されているところです。高次元意識の細胞が変容の錬金術的なフォーミュラによって覚醒し爆発的に活動を開始しています。あなた方は今オーリックフィールドからネガティブで歪曲した波動周波数パターンの大部分を除去しつつありますが、これらの周波数パターンはあなたのオーラの光を暗くし、その結果として肉体の器の中にあらゆる種類の異常な顕現がなされてきたのです。

体の細胞の中に毒素が封じ込められており、あなたの多面的な肉体構造の調和のとれた周波数を再び統合するためには、これらの毒素を解放するか精妙なものに浄化しなければなりません。ライトボディーの細胞は光のレベルを落とされてきましたが、オーリックフィールドもまたぼんやりとしてネガティブなエネルギーでいっぱいの状態です。神の細胞は今もあなたの中にあり、あなたの周囲に存在しています。それらは滋養を与えられなかったために長い時間の経過と共に減少しかすかなものになっています。それは言うなれば、食べれば肉体の器が破壊されてしまうような汚染された食べ物を長い間にわたって絶えず食べさせられてきたようなものです。エゴの欲望体は狡猾で執拗であり、肉体的な感覚作用をもっともっと体験し肉体的な快楽に耽溺するように絶えずあなたを誘い、多くの場合悲惨な結果がもたらされます。

あなたの肉体の各器官は、あなたのチャクラ・システムの回転と純粋性に応じて実に多様な周波数パターンに共鳴しているということを理解しなければなりません。あなたは、あなたが統合するハイアーセルフの各レベル内で最大限の調和を達成するように常に努力しなければなりません。そして、それは決して終わることのないプロセスであることを自覚しなければなりません。というのは、あらゆるレベルの創造物は次のより高いレベルの意識を達成したいという内在的な願望をもっているからです。

人類は4つの現実、すなわち、肉体的、精神的、感情的、アストラルという4つの現実を同時に体験しているという概念について考えてみてください。肉体の世界、ないしは、物質的な世界においては、あなたの肉体と物理的な感覚が主要な焦点であり、あなたの健康状態が物質世界でどの程度まで相互にかかわり合うか、そして、その体験をどの程度楽しむことができるかを決定します。高次元意識へのあなたの進歩は漸進的な覚醒のプロセスであり、このプロセスの中であなたはあなたの魂や一番近いハーアーセルフ/オーバーソウルの促しや叡智に目覚めていきます。光の道に足を踏み入れると、あなたは顕在的な意識を発達させるプロセスを開始することになります。最初はあなたの存在の肉体的な状態、すなわち、肉体の器、チャクラ・システム、感情的な状態、精神的な能力に焦点を絞らなければなりません。徐々に、時間の経過とともに、存在の肉体的な状態の内部で調和とバランスを取り、一定レベルの統合意識を達成すると、あなたは4次元の高い局面ないしは5次元の低い局面の波動パターン、叡智、属性、能力にアクセスする準備ができます。これが時として「意識のアセンション」と呼ばれる基本的なプロセスです。

あなたにはエーテル体があり、この体はあなたの肉体、精神体、感情体の完全で真正のレプリカを含んでいます。あなたが死ぬ時、あるいは肉体を離れる時、銀のコード(しばしばこの名前で呼ばれます)が切断され、あなたは完全に肉体の器を空っぽにします。すると、肉体はすぐに分解を開始します。あとに残るのは希薄体で、この体は幽界的・感情的・精神的な物質から成っていますが、魂が次の意識レベルに進んでいくためには溶解しなければならないものです。まだ覚醒していない魂はICU(集中治療室)と呼んでもよい場所に連れて行かれ、誤って修正されたエネルギーのネガティブな殻が完全に変容されるまで、創造主の愛と光が連続的にそれぞれの魂のオーリックフィールドに放射されるということを以前にも説明したことがあります。

しかしながら、死の移行および死んだ後のプロセスは急激に変化したことを理解することが重要です。いかなる魂も密度の濃い幽界に行って再び地上に;転生することはもはやなくなりました。あなたの魂の歌が4次元の後部局面、ないしは5次元の下部局面、あるいはそれ以上の次元に共鳴していれば、あなたは自動的にすべてのものが、あなたが後にした現実と非常に似ている適切な場所へと連れて行かれるでしょう。その場所は、もちろんあなたが後にした場所よりもより壮大で、より美しく、より喜びと愛情に満ち、安らかなところです。あなたは完全に意識した状態で天界の門をくぐることになるでしょう。あなたはオブザーバーとして過去の人生を振り返り、あなたにとって近しく大切な人たちに別れを告げます。しかしながら、彼らがあなたの非常に近い魂の家族のメンバーでない場合には、徐々に背景に姿を消していくでしょう。

ここでも同様に、あなたが放射する周波数、ないしは共鳴する周波数によって、あなたが連れて行かれる次元ないしは下部局面のレベルが決定されます。また、あなたがアクセスできる大宇宙の情報のレベルもそれによって決定されます。あなたのオーリックフィールドはあなたのエーテル体/アストラル体を包む外套のようなものですが、それは光の外套か、あなたが数多くの過去の人生の中で集めてきたネガティブで調和を欠いたエネルギーから成る外套のいずれかです。あなたはエネルギーの単位で構成されています。その単位とは,精神的、感情的、肉体的、アストラル的、霊的な単位です。あなたは力にあふれたエネルギーの創造物であり、神聖な意識の原初の火花であるという事実を学び受け容れなければなりません。高次な自己を自覚した共同創造主であるあなたは、あなた自身の力にあふれた思い・行動・意図を介してエネルギーのディレクターでもあります。

あなたはエネルギーの渦の中に存在しています。そのエネルギーの力は、原初の生命力物質と低次元のハーフスペクトルの光か、高次元意識の創造主の光の不可思議ですべてを包括するアダマンタイン粒子のどちらかです。あなたのマインドの精神状態とあなたの感情的な性質の資質ないしは共鳴があなたの創造的取り組みの結果を決定します。共同創造主としてのあなたは、創造的な考えや思いを作り、顕現します。それからあなたの考えや思いの結果として顕現されたものを体験しなければなりません。宇宙の法則はそのように述べています。

あなたは大宇宙のエネルギーの力の効率的なディレクターになるべき運命にあります。意識的なオブザーバーになり、無執着を実践してください。他の人たちによって創出されたネガティブなエネルギーのヴォルテックスに引っ張り込まれないでください。あなたの神聖なエネルギーのディレクターとしてしっかりと立って制御することを学んでください。しかしながら、ぜひ覚えておいて欲しいのですが、時として人間的な瞬間を体験した場合には、深呼吸をして、“中心に戻ってください”。そして、薄紫色の炎を爆発的に送りだして不協和なエネルギーを溶解させてください。あなたは時としてあまりにも厳しく自分を価値判断することがあります。大切な人たちよ、あなたは完璧であることは期待されていません。

あなたのハイアーセルフないしはオーバーソウルの輝きが、徐々にあなたの肉体と感情体を貫通し浸透して、それによって累積したネガティブな残滓物が解放されます。全人類のオーバーソウルの組み合わされた光が、アストラル局面の汚染され歪んだ波動パターン、それはこれまでは“集合意識”と呼ばれてきたものですが、を徐々に溶かしつつあります。愛、静けさ、そして喜びがオーバーソウルの第一の資質です。ほとんどの人たちの思いは一般的にはランダムで焦点が絞られていません。あなたの脳波の周波数を低くして、意識のアルファ状態を維持することを学ぶと、進行中の思考プロセスに鋭い焦点が提供され潜在意識に明確な指示が与えられます。アルファマスターになるためのテクニックは深遠にして強力な道具です。あなたの顕在意識は理解力をもっていますが、入って来る情報を処理して行動を起こすのはあなたの潜在意識です。アルファマスターになり、意識の適切なアルファレベルを維持できるようになると、あなたの潜在意識に語りかッ相互にかかわり合うことが可能になります。あなたの深く本能的な内なるマインドと神聖なマインドと直接コミュニケーションをはかる能力を開発すると、意志力を超えることができます。あなたはご自分がごく自然に最善の決断をくだし、目標を達成するために正しい行動をとっている自分に気づくでしょう。

アセンションの過程は、あなたの魂が肉体の我のディレクターとして適切な位置を占めた時に始まります。それはまるであなたのDNAの内部でスイッチがオンに切り替わったような感じです。DNAの中にはあなたの完璧なアダム/イブ・カドモンの光の体の青写真が含まれているのです。一連の潜在的なコードが、あなたが統合を開始した高次の周波数によって活性化されつつあります。これらの光の波動パターンは特定の色とハーモニクスのコードを含んでいて、肉体の細胞や器官のすべてに影響を及ぼします。やがて、細胞が光を吸収し物質代謝して、これらの光を運ぶ細胞は肉体の器全体に浸透し影響を与えるようになります。

それから変容のプロセスが開始され、体全体に蓄積されている毒素、感情的なトラウマ、苦痛に満ちた記憶や体験が表面化し、それによって数々の不快な肉体的症状を創出します。例をあげると、肉体の様々な部分における痛み、インフルエンザのような症状、頭痛、混乱、一時的な記憶喪失などがあります。

次のレベルのオーリックフィールド再構築は感情体と意識のアストラル局面と関係しています。あなたの肉体が進化するにつれて、肉体は光の精妙な周波数の細胞をますます統合できるようになっていきます。あなたの4次元の現実は崩壊を開始し、あなたの幻想の世界は歪曲し混乱します。あなたの宗教的な信念体系もばらばらになり、あなたは傷つきやすい状態になりいかなる導きも方向性もなく途方に暮れるかもしれません。この時点でハイアーセルフの融合があり、これによってあなたの魂の星(第8チャクラ)の中に住んでいたあなたのハイアーセルフのオーバーソウルが、高次の周波数の光のパケットの衝動/光線をあなたの神聖なマインド、聖心、チャクラ・システム全体に送り始めます。これらの光線はあなたの直感的な能力を活性化しますが、また、これらの光線には本当のあなたはどんな存在なのかについての重要な情報が含まれ、同時に、神聖な不満をあなたの内部に引き起こすかもしれません。

あなたのダイヤモンドの核の神の細胞は今やますます多くの神の光を統合し、これによって、あなたの聖心の核心にある神の意識の光線の力が活性化され増大されます。このプロセスはあなたの神聖な青写真の内部にプログラムされており、また、あなたのDNAの内部にもコード化されて入っています。この時までには、あなたの細胞は彼らの主要なエネルギー源として神聖な光に反応するようになっています。光の道を歩む探求者たちが多くのばあい急激に密度の薄い食べ物に食事を切り替える主な理由はこれです。というのは、彼らの肉体と感情体は光のアダマンタイン粒子でいっぱいになっているからです。

精妙な光の世界に深くはいっていくにつれて、肉体的な感覚は高められ、色や音についての意識も増大します。肉体的な感覚の増大は、あなたのオーリックフィールド内の細胞が数千年以上にわたって蓄積してきた密度が濃く制限的なエネルギーを除去する仕事を開始していることを意味します。感覚を鈍らせ人類を束縛してきた監獄が徐々に光の細胞の中に浴し、その結果、オーリックフィールドの輝きが増して、ますます多くの魂たちが自分の内部にある神聖な可能性に目覚めつつあります。肉体がすべての人類のためにデザインされた原初の光の体に再びなるためには、肉体を徐々に生命ある光の変容の効果の恩恵を受けなければなりません。

愛する人たちよ、今というときに地球を席巻している混乱や破壊に目を向けないでください。毎日をあなたの聖心/ソーラーパワーセンターに心の中心を置いて生きてください。そして、創造主の光の最大限の量をあなたの肉体の中に統合してください。それから、その貴重な贈り物を地球の核心に向けて、そして、形の世界に向けて送り出してください。世界中にいる世界奉仕者の共同の努力は違いを生み出しつつあることを知ってください。私たちは更なる善を目指す勢力であり、否定しようのない勢力です。私は永遠にあなた方の忠実なガーディアンであり守護者です。

私はアーキエンジェル・マイケルです。



スポンサーサイト
2011/8/11(木)晴れ時々曇り




今月に入って、またミカエルが、呼んでいた。
でも、このことが最近になって分かった。

先週末だったか、、、。
とにかく、”何”と特定できることではなかったけれど、とにかく何をしても楽しめず、ハートがモヤモヤして、ストレスも感じ、自分ではどうすることも出来ずにいた。ひと言で言えば、全てが”うんざり”って感じで。

でも、これにも意味があったようで。

Gちゃん経由で、ミカエルが伝えていたのはどうも。

「これから、よりyoham(私の神)の意識に近づいた高次の意識に入る準備をしている。」

っていうことが、言いたかったようだ。

で、先月も「準備はいいですか?」というのも、そこに近づいてきてますよ。ってことみたいで、それを、具体的に、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)がヒントをくれて、私のモヤモヤは、つまるところyohamからのサインでもあって、今のバイト先は、そろそろ終わるよ。ってことを伝えてきていたのだと分かった。

で、今のバイトは、たぶん9月末頃で終わり、今は、その先の準備ですでに動き出しているところ。

今のバイト先での、肉体労働で自然に肉体の細胞の中の古いエネルギーの解放期間も完了し、久しぶりのグループワークも終わるということだった。

これは7月頃の話か、ミカエル曰く、

「もう物質的なことの解放は終わる。でも、魂はこれからも進化していくのですから、まだまだ続きますよ。」

って感じで、今後も、まだまだ学ぶことや、やることは沢山ありそう。

この次の行き先は、もうすでに準備されていて、ジャーちゃんに”ヒント”をもらい、あとはハートに従って行動に移した。

これまで仕事を色々教えてくれた職場の人にちょっと申し訳ないな~と感じながらも、翌日すぐに話したら、ちょうど、以前働いていた人が、スタッフの空きがないかを最近聞かれたということを聞き、安心したと共に、準備は完璧に整えてくれていることを感じてありがたかった。

正直、「やった~!」って感じ。ようやく次の段階が見えてきたから。
そして、肉体的にも、このバイトの期間の肉体的な痛みなどなど、、、本当に。
それを聞いた後は、ちょっと脱力感だった。少し気が抜けたって感じ。

職場では、なるべく意識的に客観視を心がけてきたので、直接、自分には影響はないものの、それぞれが"創造者"で、自らのドラマに住んでいるから、時には、どうしたって3次元の意識の重さを感じるものね。
それは、今後も感じてはいくのだろうけど、意識の分離は益々ハッキリとしてくるのだろう。

時には、先のことは全く見えず、これでも進んでるのだろうか?って疑問になることもあったけど、ちゃんと進んでいるだよね。

でも、それには、日々、その一瞬一瞬、”今ここ”を大切に生きることは必須だ。

下記のメタトロンのメッセージのように、少しずつ、月に一つずつ、自分で自覚は出きないかも知れないけれど、何かを得ているのかもね。後になって、「あ~。」って変化していることが分るのだろう。


さて話は変わるけど、、、、

地震なのか、噴火なのか、、、、今は、本当に

「いつ何が起こっても不思議ではない。」


あとは、タイミングなんだろうね。台風の目にいることを忘れずに、、。

*  *  *

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載させて頂きました。



大天使メタトロン
Archangel Metatron

2011年7月15日の交信
Archangel Metatron Channeling

2 August 2011 - 1:00am
エル・アノーラ経由
Channeler: El Anora
Archangel Metatron Channeling, 7-15-11:



天使達:天使達:天使達。

わたしは今ここで皆さんに声を掛けています。


この現在の瞬間に、この時間と空間の天空で、そして皆さんがわたしを通して、そしてわたしによって、皆さん自身をわたしとして認識するようになる可能性を備えた承認の領域の中で、皆さん自身の神聖なる資質において、わたしと伴に存在するために、皆さんは皆さんの光の星達と伴に宇宙に種子を播くようになり、またひとつに統合することになるでしょう。


もしもわたし達が分断させられているとすれば、わたし達はどのようにしていつもひとつでいられることができるというのでしょうか。


わたしは今、皆さんの生得の権利である結晶質の目覚めの領域の中で、皆さん自身を一体化するために、そしてただ自己の中だけではなく、皆さんという存在の無限性の中で統一されることを学ぶことを促すために、皆さんに声を掛けています。


何故なら、皆さんひとりひとりがひとつの部分であり、皆さんの結合が3つの事象を呼び込むことになるからです。ただ聞くのではなく、耳を傾けてください。


ひとつは7月に入ってくるでしょう。

これは”母”になるでしょう。


ひとつは8月に入ってくるでしょう。

これは”父”になるでしょう。


ひとつは9月に入ってくるでしょう。

これは”子供”になるでしょう。


ひとつは10月に入ってくるでしょう。

これは”魔法使い”になるでしょう。


ひとつは11月に入ってくるでしょう。

これは‘統一する者’になるでしょう。


ひとつは12月に入ってくるでしょう。

これが”鍵”になるでしょう。


ひとつは1月に入ってくるでしょう。

これは”故郷の者”になるでしょう。


ひとつは2月に入ってくるでしょう。

これは”より暗いもの”になるでしょう。


ひとつは3月に入ってくるでしょう。

これは”歓迎される者”になるでしょう。


その者は壮大な合唱から

”世界の中に天使”呼び入れるでしょう。


そして、2012年4月11日‘それは始まるでしょう’


数々の方法があるため、ただ聞くだけではなく、耳を傾けてください。

数を数え、天使を分け、焦点を計算し、星達を発生させてください。

北緯76度、西経86度に占星学上のひとつの境界線があります。

それがエネルギーの焦点であり、それを用いてください!


さて、もしも皆さんに耳があるのなら、多くの時間が存在する間に、時を選び、日数を数え、そのアナグラム、その兆候を、その前兆を、その儀式を、その観測を計算し、それを上手に使ってください!


何故なら、もしも数多くの人々が、そのひとつを計算しないのであれば、そのひとつは数多くの人々によって分断させれることになるからです。


時間はありますが、しかし今のままで済ましている時ではありません。

永遠は存在しますが、しかし一瞬々々は過ぎ去っています。

天使さえ歩むことを怖れる場所に殺到しないでください。

低く進み、‘高く昇ってください’


‘皆さんが入って行くことを、決して彼らに確認させないでください’


皆さんの愛を、夜の穏やかなそよ風のようにしてください。

そしてもしも皆さんに耳があるのなら、聞いてください。



皆さんが理解する時、皆さんは‘理解’することになりますが、しかしただ一部の人々だけが‘理解’するようになり、他の人々は闇に向い、力を探究することになるでしょう。

彼らを悲しまず、それを怖れないでください。


それは変化に過ぎないからです。

皆さんの誕生の地、神聖なるオーロキエリス、ソコラ、アマナティスに向ってください。

神殿に入り、皆さんの光を見付け出し、‘壮大なる喜び’を探し求めてください。


何故なら、皆さんがかつてそうだったもの、すべてが今のわたしであることを、皆さんは今認識し、これから確認することになるからです。


もしも皆さんが求めるのであれば、わたしは皆さんひとりひとりに、ひとつの使命を、送ることになるでしょう。

何故なら、それがわたしの任務であり、それがわたしの仕事であるからです。

しかし、皆さんの内面の光に属する使命の対象として、世界の歓声の中に皆さんの使命を探し求めないでください。


そして‘その対応こそ、今後皆さんを自由にするものです!’

1+1=1 3+3+3=9 8+5=13 10+1=2 0=1

その二乗を計算してください。:)
Count the squares. :)


http://lightworkers.org/channeling/137801/archangel-metatron-channeling

翻訳;森のくまさん

*  *  *

ふ~ん。
今は、8月だから”父”だって。自覚ないよねー。

10月は、”魔法使い”だって。(笑)

でも、今年はなんと言っても、2011.11.11かな~。

まだまだ、先がありますね。
精進していこう。


2011/8/20(土)曇り時々晴れ(一時雨)




またまた、お久しぶりです。
今日は、ちょっとだけ、濃い話が出るかもしれません。(笑)

あれから、、、って、いつからだって話だけど(笑)

最近で印象に残っていることは、陣痛のように、また身体の痛み、頭の疼き、首、肩の痛み、胃腸など、いろいろ出てきて辛かったってこともあるけど、時々、ひと言、二言、Gちゃんと話しては、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)と話し、その中で「今、やること」に意識を向けながら過ごしてきた。

今月に入って、赤ちゃんの夢や、自分が結婚するという夢を何度か見た。その内のひとつでは、ウェデングドレスを着て、指には、この世にはありえない、ちょっとゴツイ(笑)、白の指輪をはめていて、指輪には、赤い薔薇の絵がついていた。それだけが特に印象に残った。これは、やはり象徴らしく、「統合」に関係しているようだ。


まだ、この3次元と、宇宙のほうのバランスがなかなか取れないということで、いくつかの課題をこなしていた。
その一つには、ジャーちゃんが言う、「これは基本ですよ。」の”意識的な深呼吸”も含めてある。

今、改めて”意識的な深呼吸”の素晴らしさを実感している。
ちょっとすると、深呼吸の間でさえ、マインドに囚われ、いつの間にか”考え事”をしている自分に気づいたりするけど、それを、できるだけ深呼吸に集中して行うのだ。

でも、寝起きに数分とって行うだけでも一日の流れが違うことに気づいた。なんというか、職場で言うなら、なんか雰囲気が良くなっていることに気づく。

確認したら、「そのとおり」らしい。

ジャーちゃん曰く、

「肉体と精神がソフトウェアーだとするならば、それを動かしてあるのが、深呼吸というツール」

ってことらしい。集中した深呼吸は、当然、自分の”核”にも繋げる。
で、自分の”核”に繋がることは、ガイアの核にも繋がり、宇宙の核ともつながっていくようだ。

以前には、あまり、その”効果”に気づかなかったけれど、今回は、始めた”その日”に「何かが変わった!」というのが実感できた。それが翌日になり、更に実感し、三日目には確信した。仕事先の雰囲気が「どうしたの?」というくらいに変化してきたのだ。感じていたのは私だけではなく、職場の人の口からも伝わってきた。
どのようにエネルギーが作用したのか、詳細まで知らないけれど、それで十分だった。

でも、その期間に別の意味で”お試し”があった。
この職場も来月に「卒業」だと分かったときに、ま、何か一つ越えていくものがあるだろうことはナントなく感じていたが、ちょっと、勇気を伴ったけれど、それも、無事に超えることが出来た。
(詳しくは、下に書いた)

もうこれで、今の職場ですることは何もなくなったらしい。「やれやれ」とひと息ついたという感じ。

でも、今という時期は、気を抜いてもあられないことも、最近実感している。


■ 公式発表とファーストコンタクト


先日、あるブログに、プレアデスからのメッセージの翻訳があり、なんか心に留まった。

→ライトワーカーのブログ(中村じゅん)
「プレアデスの高等評議会とサンジャスカからのメッセージ2011年8月16日」

【抜粋】
皆様が、今か今かと待ち受ける地球外生命体の存在を発表するアナウンスメントが、テレビで放映されるまでもうすぐです。

それはあなたが完全なる意識に目覚める素晴らしいきっかけとなるでしょう。


あなた方がどれだけよくやってきて、私たちがどんなに感心し、あなたに愛を抱いているかを直接お伝えできたらと思うのですが、愛しい方よ、地球の言葉では私たちが伝えたいと願うこの神聖な愛をうまく伝えることができません。

正式発表とファーストコンタクトというのは重要ですが、前にもお伝えした通り、それは壮大な何かの前触れでしかありません。それが何かあなたは近いうちに理解することになります。


まだ目覚めていない方々はこれから様々な方面で揺さぶりを受けることになり、パニックの期間となるかもしれません。

目覚めている方は聖なる知識を保持し、真実を生きることでその恩恵を大いに受け、突然の変化でパニックに陥っている周りの方々にもその恩恵は伝わります。

今こそ、神聖な自身にしっかりとグラウンディングし、冷静を保ち、常に中心に居続けてください、これからはそれが必要になります。

今目覚めつつある魂たちは、ファーストコンタクト前までに学び終えるべき人生の大きな教訓など抜かして先へと考えるかもしれませんが、そういうわけにはいきません。

あなたは厳しい学びを通して直後にやってくる事のために自分を備えるという特別な目的を持って地球にやってきています。

※続きは、サイトのほうで読んでくださいね。



以前にメタトロンのメッセージでも、公式発表やファーストコンタクトの内容や、アンドロメダからのメッセージもあったので、もしかしたら可能性は高いのかもと感じていたけど、本当に、いつ何が起こっても不思議ではありませんね。それは、地震や災害ばかりに限ったことではないだろうと思います。

これもジャーちゃんに確認すると、たしかにあるようです。人類全ての人が準備できたのかはわかりませんけど、それを望んだのも、私たちの深いところの選択によるものなんだと感じます。

感じ方や、受け取り方も人それぞれだろうと思いますけど、これからは、【柔軟である】ことが求められそうです。それがうまく波に乗っていける秘訣ともいえることかも知れません。

このことは、宗教界にはかなりの影響を及ぼすようだよ。とくにキリスト教にはね。
確かに、ジャーちゃんの言うとおりだと思う。
何を見せられても、サタンの仕業だと叫ぶかもしれない。
目覚める人と、しがみ付こうとするものに、大きな亀裂も起こるかもしれないね。
でも、そうでもしなきゃ、世の中は変わっていかないし、深い催眠から抜け出せないのだから、仕方がないことだ。

恐れを感じるよりも、より希望をみて、いつものように自分のバランスを保つことに心がけていてくださいね。

※ 誤解のないよう、一応書いておきますけど、プレアデスのいう、「地球外生命体」という話と、下記のエイリアンの話は、全く別の話ですからね。とジャーちゃんも、そのように言ってます。(汗)


■ エイリアンの話

昨日、久しぶりに覗いてみた「青い銀河の嵐」さんのブログで、アダマスが、最近新しいシリーズを始めたことを知った。これからと来年までに起こることに関していることらしい。(アダマス=ジャーちゃん)
で、今回のシャウドで、”エイリアン”についての話も出てきたらしい。

あら、ジャーちゃんからエイリアンの話が出てくるなんて。と思ってGちゃん経由で聞いてみた。

「なんで、今、エイリアンなの?」

G:「なんかね、備えていなさい。ってことみたいだよ。」

「そうか、この前の私の体験でもあるように、スキがあれば、誰でも影響受けちゃうんだ。」

J:「いつでも、スキをみている。だから、真の自己/ハイアーセルフとしっかり繋がっていなさいと言ってるんですよ。」

「ね、エイリアンは、その人が真の自己と繋がっているとかも分かるわけ?」

J:「いや、ただ、いつでも、入り込むスキを狙っている。」

「ほんと、油断もスキもないね。うっかりしてたら、あれだもん。」

J:「自分は大丈夫。という意識にも刺さってくる。いつでも謙虚さは必要。」

「そうだよね。」


今、思えば、自分にもそんなとこあったかも知れないな。

※最近、私に起こったこと。(体験が必要だった)
相手に入りこみ、私の意識を”3次元に引きずりこもう”としてたらしい。

本人は無意識だし悪気ないらしいけど、それを、許した私にもスキがあって、なめられたらしい。しかし、適切に処理をし(しっかりクギを刺した)もう、相手からは一切ジャブを受けることはなくなった。

その本人も、私が冷静に伝えたことで、解放されたらしいよ。

今日、わかったことだけど、ミカエルが7月の始めに「準備はいいですか?」と聞いていたのは、このことも含めてのことだったらしい。もうすでに始まっていたのを知らずに過ごしていたのは、自分だった。(汗)

職場で、ある責任を負わされ、そこから自分のバランスがうまく取れなくなり、知らずのうちに”巻き込まれ”客観視が困難になり、しかも、yoham(私の神)には、「修行が足らんっ」とまで言われ(汗)、自ら、克服できるまで”お試し”を頼み、次の時に、もうちょっとのところまでいき、その後すぐに、そのワークはクリアした。

ちょっと勇気が伴ったけど、クリアできて満足。もう、今の職場では、何もすることはなくなったらしいよ。

で、ブログの最後に、”巻き込まれない”方法として、ジャーちゃんから教わった方法、シンプルだけど、とても有効なアドバイスを書いておこうと思う。

で、なんだっけ?エイリアンの話ねー。

「青い銀河の嵐」さんの解釈では、アダマスが言っていたのは、
”エイリアンはこの物質界に降りるのを恐れているし、恐れて当然だ・・・・。グレイは影のようなもので、実体がないということと、あれが本体ではないとアダマスは言っている。そして、もう一種の爬虫類型エイリアンは、もっとたちが悪くて、短時間なら物質化して人間のような姿になれるという。これもまことしやかに噂されている通りだとおもった。彼らは権力者や金持ちに影響力を及ぼそうとして近づいているという。”

こんな感じのことで。

どんな形で影響するか、巻き込まれるか、権力、影響力あるなしに関わらず、何か、誰かの一言で感情的になったり、怒りだ出ただけでも、すでに影響されているということを、心に刻んでほしい。

下の「勾玉」の話で、昨年にブログで書いた内容をリンクしたけど、あの時に高次の存在が伝えていた話が、今回の体験だったのかとさっき読み返してみて、今わかった。

異常に恐れることはないけど、スキを見せれば何度でも、仕掛けてくるし、操られる人間も(本人は無意識だけど)つけ込まれる所があるので、自分自身をよくよく見てないと、知らずのうちに、急に「カッ」となってネガティブな言葉や暴言を発してしまうってことがある。

それで周りからエネルギーを吸い取ってしまったり、バランスを崩そうと試みるのだ。(本人は、意図してやってるわけじゃないし、悪気はないよ)

今回、相手のハイアーセルフには、「この体験」に協力してくれて感謝した。

ほんと、今回は、それがよく分かった。ジャーちゃんも言ってたけど、「必要な体験」だった。これが、クリアできなきゃ、この先には進めないと真剣に感じた。

で、このエイリアンのことから、そういえば、「食糧難のときがくる」とか、そのようなメッセージを発信しているようなサイトに、疑問をもち、やっぱり、「何かおかしい」と感じる。

「何かおかしい」と感じたら、たとえ、天界(高次)の存在からと伝えていても「この人はいったい、どこと繋がっているのかな?」と感じてみる。

もう、たとえどんなメッセージを読んだとしても、まずは客観的に読むのが習慣になっているので、「揺さぶられる」ことはなくなった。

冷静に、客観的に見ていれば、そのようなメッセージを発信している人の意識がどの辺りかはわかる。ただし、上からは見えても、下からは上が見えないのは、実際にそのとおりなので、これは仕方がない。。(良い悪いではなく)

自分が、何に反応していて、何を感じながら読んでいるのかさえ分かるくらい冷静でいられたらいいのかも。

昔のシャウドでも、トバイアスが伝えていたと思うけど、食料は今後も十分にあるにも関わらず、そのようなメッセージには注意するよう促していたことがあったと思うし、下の「勾玉」の話のところにリンクを張った以前のブログにもメッセージがあるように、

「深刻ではないが、、、深刻な状況に【見えるよう】にされている。」

どのようなメッセージにも注意を払って受け取ってほしい。

今日、ジャーちゃんにも聞いたことだけど、このようなメッセージを受け取って、サイトで書いている人は、操られているの?と聞いた。

本人は無意識だけども、その人が影響力(人気サイトなど)をもっていれば、もちろん狙うし、影響されるのも、その本人のエゴから入りこんでしまうということも多々あるらしい。

「もしかして、それって、その人がチャネリングしている天界の存在たちは、エイリアンの”成りすまし”ってこと?」

J:「だから、いつでも冷静にいなさい。と言っている。自分が冷静になっていれば、それが見抜ける。」

「うん、本当にそうだね。」


とにかく、「揺さぶられない」ように注意してくださいね。
「揺さぶられている」自分に気づいたら、即退散したほうが身の為です。
エイリアンの思うツボです。

なんと言うか、、、エイリアンも巧妙だからね、「いかにも」ってことを伝えるのだけど、「何か違う」って感じるから、わかるんだよね。自分がもし、チャネリングしていて、繋がった存在に何か違うと感じたら、一旦やめるといいと思う。

私の場合は、これまでの経験から、ジャーちゃんや、ミカエルなら、そんなことを言わないよな。というなんか基準みたいなものがあって。一切余計なことを言わないし、私に気づかそうとするときは沈黙するし、まずエネルギーで感じてくることでわかる。

J:「だから、以前に、私の事も信じるな。自分を信じなさい。って言ったのは、そういうことですよ。」

「うん、それも理解しているけど、自分を信じるっていったって、段階があるじゃん。エゴの自分を信じてしまったら、それもまた、それだしー。」

G:「うん、そうなんだよねー。難しいー。」


でも、後から、そうそう、どちらにしても、いくら高次の存在を装ったとしても、いずれシッポは出てしまうのだと思う。今は分からなくても、チャネリングしている本人だって、いずれは気づくだろうし。
でも、危険ではあるらしいので、なるべく真の自己にしっかりと繋がり、早く気づくことを祈ります。
(真の自己につながっていれば、当然、見抜けるはず)
ジャーちゃんも「その内に、本人も気づくときが来る」とは、言っておりました。

いつだったかなー。それもあるサイトで、動画の内容だったと思うけど、自分が信じていた存在たちも、”違う”ことが分かった。というのがあった。

ある意味、その人は”ある体験(宇宙の叡智を知るような)”を通じて、理解したらしいけど、その中には、「バシャール」も、高次の存在とは違うことに気づいたということが語られていた。

まだ、多くの信望者もいるだろうから、信じたくない人は、信じなくてもよいけれど(いずれ真実はわかるだろうし)さすがに、私も「え~!!」って感じだった。(自分でじっくりメッセージなどを読んで感じたわけじゃないけど、その人の感じたことを語っていることに偽りはないように感じた)

バシャールの話を詳しく知っているわけではないけど、2冊くらいの本は過去に読んだことはあるからね。

確かに、より光に近い感じはするし、ジョークや希望を与えるような話もするかも知れないけど、よくよく話の内容を聞いていれば、【違う】というのは分かるらしい。結局、ただ遊んでいるような感じで、”真剣に、我々(人類)のことを思って話していない”ことが分かるらしい。

そのことを、ジャーちゃんにも話したけど、否定しなかったから、やっぱり、”違う”のは確かのようだ。(笑)

惑わされるなー。私たち!って感じ。


安心して読めるメッセージは、今は私もホントに限られている。というか、PCを開いてる時間も少なくなって、その分、この3次元と宇宙とのバランスをとる時間に、今は勤めている。(瞑想しながら)

まだ、そのバランスがうまくとれていないらしく、ジャーちゃんにも聞いたら、肉体をもった最後のセント・ジャーメインとしての生涯のときは、バランスをとるのは難しかったようだ。でも後半なったら、うまくバランスも取れるようになり、肉体を伴ってアセンション(フルアセンション)したって話をしてくれた。

そうそう、最初からうまく出来ることはないよ。最近じゃ、ジャーちゃんの体験が慰めだ。
ジャーちゃんも、身体痛かった?って聞いたら、同じだったみたいだし。たとえウソでも慰めになる。(笑)


■ 勾玉(まがたま)の話

昨夜、久しぶりにテレビを観ていたら、韓国の「新羅」の王室の古墳にあった王が身につけていた装飾品を復元している方のことをやっていた。何気に見続けていたら、王の王冠には、たくさんの「勾玉」が使われていた。

「勾玉」、、、と言えば、、昨年、私も、高次の存在から”勾玉を使え!”と言われていたことを思い出した。
→2011/9/11【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by aya

でも、物質的に勾玉を持てというのは、ちょっと違うだろうな。と思ったので、そのままにしていたけど、改めて、今日、ジャーちゃんに確認してみた。

「ねぇ、勾玉を使えって昨年に言われていたけど、これは、必要な時期になったら使えるようになる。ってこと?」

J:「目に見える物質的なものではないけれども、あなたはすでに勾玉をつかえるようになってきますよ。」

それで、「勾玉」の起源とか、意味なんかをGちゃんと話していたんだけど、、、。

「勾玉って、調べると”魔よけ”のような役割があるけど、そういう意味なの?」

J:「勾玉というのは、「本来の自分」になるっていう意味があるんですよ。」

「そうだったんだ。」

G:「だから、陰と陽の白と黒の勾玉の陰陽マークがあるよね。それを”統合”するってことなんじゃない?」

「そうだね。だから、勾玉かー。」

J:「あなたは、もう、そうなりつつありますよ。」

「うれしい。そういう意味だったのか。」


今、冷静になってみると、「勾玉」がどうして「魔よけ」になったのか?
この勾玉が日本にもたらされたとき、あまりにも尊いものとして扱われているうちに、それが「お守り」のようになっていったのかな?

この「勾玉」を思い出したのも、”統合”に対しての、きっとサインだったのだ。

でも、なんにせよ、やはり”統合”は、想像以上に凄いことなんだなと感じてきていた。

2006年の12月に行われた、トバイアスのSES(セクシャル・エナジー・スクール)のCDを最近改めて聞いてみたけど、忘れていたことがたくさんあった。

結局は、統合されたのちに、エイリアンのような存在からも一切影響受けなくなるし、この間、ジャーちゃんも教えてくれたけど、

「感情的にしかけられても、全く腹も立たなくなるし、理不尽なことにも怒りも出ずに対処できるようになりますよ。」

と話してくれて、Gちゃんと、「おーーー。もう、それは人間じゃないねー。」とビックリした。

でも、そのことはちゃんとSESでも話されていたことだと後から知ったけど、具体的にジャーちゃんの話で理解ができた。

だからこそ、エイリアンにとっては、不都合なことなのだ。


J:「そのような存在たち(エイリアンたち)も、いずれは”本来の姿”に戻るんですよ。どこからも、摂取することが出来なくなれば、自分たちの中にある不要なものに気づき、手放さざるえなくなるんですよ。いずれは本来の姿に戻る。」

「そうか、そうだよねー。」


人類が、もうそのような存在に一切影響されないようになるためには、”統合”が鍵なんだ。

自由意思もあるし、個人の選択にもよるから、まだ、まだ先の話になるかもしれないけど、もう可能性が広がるのは近づいてる。

”統合される魂”が増えて、”100匹目の猿”現象によって可能性がひらき、どちらにしても、いつかは、エイリアンたちも、解放していくことになる。

そうなったら、もうどんな世界なんだろう。想像も付かない世界になっているだろうな。
物質世界も、宇宙もね。そう考えるとワクワクしてくる。


【スキを与えないポイント】By ジャーちゃん

・集中した意識的な深呼吸をする

 出来るだけ行う。1分でも2分でも。慣れてくると、何処でも出来るようになる。
 朝、目が覚めたときに行うことで、その日の流れも変化する。

・意識的な生活を心がける。(冷静な目、冷静な判断)客観的に自分も外も見ているように心がける。
 (ようするに、自分にも外側にも”気づいている”ことが大切で、気づいていればよいらしい)
 例:「あ、今は、自分はこのように感じているんだな。こんな感情が出ているんだな。」など。


私の今回の体験をやっぱりシェアすることにしよう。あくまでも、私の場合だけどね。
上記に書いたことと、ダブるところは、許してね。


【最近の体験】

なれない責任のある仕事をすることになり、バランスが崩れてきて知らずのうちに、周りに同調していることに気づき、何か変だと感じるものの、元に戻せない状態が少し続いた。

それから、年齢は若いけれども、先輩である人が、度々、私に責任転換をしたり、苛立ちをぶつけるような行為があった。(本来の彼は、年齢は若いけれども、とてもシッカリしていて、感心するほどの人格をもっている)

でも、彼もまた、丁度、責任をもっていたスタッフが退職し、その後を引き継いだばかりで、かなりプレッシャーもあり、バランスを崩していることが、なんとなくわかっていた。なので、理不尽に思える行為も、言うべきか、言わないほうがいいのか、私も迷っていた。かと言って、そのままだと感情はやはり出てくるのだった。

一時は、どうして、みんな自分の失敗は棚に上げて、人のことばかりを責めて、責任は、人のせいだとしか見ないのだろうか。という感情や腹立たしさまで出てきた。と同時に、それを伝えられない自分にも、もどかしい思いをもっていたのかも。

数回様子をみていたけれど、さすがにどうすることも出来なくなり、Gちゃんに、「やっぱ、腹が立つものは仕方がないよね!出てくるものは出てくるんだもん。」「え~、何それー。」と思うような言葉が相手の口から飛び出したら(超 感情的に)、それに乗っかると、同じ土俵に立ってしまうし、感情的な言葉に、感情的な言葉をそのままぶつけたら意味ないし。結局、顔には出てたかも知れないけれども、黙ってしまうしかなくって。という話をした。

で、yohamは何といってる?と聞いたら、ジャーちゃんが、「修行が足らんっ!」って言ってることを教えてくれた。(汗)

Gちゃんも、「え~~~、そりゃ厳しいわー。ハードルが高い~!そりゃー誰だって、腹がたつよ。そんなこと言われたら。」

「腹が立たないようになることなんて出来るのかいっ!」

G:「出来るようになるんだって!!!」

「え~~~、そうなの?」


その時に教えてもらったのが、

J:「そのようなときは、すぐに深呼吸をして冷静に相手に話すこと。」

それからは、集中した深呼吸を心がけておこなった。寝る前も、目が覚めたときも。休憩のときも。

でもな、、、、”ことは突然に起こる”し、すぐに冷静に話すことが出来ないこともある。職場なら尚更だ。と感じた。その事をジャーちゃんに伝えると、

J:「個人的な関係ではなく、職場であれば、あとから冷静に話をすることでもいいですよ。その時に、自分は”新人”だから、というのは関係ない。”人に当たる行為”というのは、職場のことと、立場の上、下とは関係はない。別の話。」

それはそうだけど、、、。私はこういうの苦手だったな。つい黙って、何も伝えずに相手を許そうとしてしまう。
それは過去からのクセなのかなと感じた。

でも、とにかく、今回の”お試し”は、自分の殻を破ることもそうだし、そのままにしていたら、相手の為にもならないのも知っているし、とにかく、この先に進むにはクリアしていく必要があるのは分かっていた。

で、yohamに「修行が足らん」とは、、確かに、相手の挑発に乗って、自分もカッと頭に血が上ったことだから、何も言い返せないし、認めざるえない。何を言われても仕方がない。

一度、失敗したなら、何度でも「クリア」できるようになるまで、お試しを続けてもらうしかないのだ。それが、これまでの自分のやり方だったし、そうやって超えてきたしね。

そう頼んでいたら、深呼吸の効果もあって、ガラッと職場の雰囲気が和やかで、笑いがたくさんでるほどに変化していた。意識的に過ごしていたけども、そのような雰囲気で、ちょっと気を抜いてしまったら、彼がいきなり、豹変して、また、全く言われのないことで、私にジャブを打ってきた。近くにいた同僚も驚いた。

そうそう、そんな油断したときに必ず”お試し”ってくるんだったな。(笑)

とっさのことで、「は~?何を言ってるの?」と感情がでかかったけれど、少し、冷静に彼に語りかけた。ひと言二言で精一杯だった。彼は、すぐに謝りはしなかったけど、ご機嫌をとるように、話しかけてきた。

ジャーちゃんの言葉を思い出し、あわてて休憩室で深呼吸をした。(もう遅いかと知りつつも)

やはり、私は、なめられているんだ。許されると思っている(本人は無意識でも)からだ。
いくら、ご機嫌をとるような態度をしてきても、前回もそうだったけど、結局、こうやって繰り返すのだ。

離婚する前は、家族の間で、それをいやと言うほど繰り返していたことをおもいだした。
もう、そんな行為は許さないと心に誓い、次の日には、根が乾かないうちに、必ず話をしようと心に決めた。

ジャーちゃんは、この日のことは、「もう、ちょっと!」と言った。

どう伝えようかと考えていたら、眠れなくなっていた。
どうして、こんなに、勇気が必要なんだろう。どんな風に思われたって平気なのに。
しかも、天界もサポートしているし、こじれることなど、考えられないのに、ドキドキした。

翌日、彼は、案の定、何事もなかったように接してくる。にこやかにね。
こうなると、尚更、切り出しにくくなる。でも、それもワナだよな。過去からの体験からも、よく分かる。

私の心の中は、「私を甘く見るなよー。」って感じ。(笑)

「話があるので、時間のよいときに、少しいいですか?」

これをいうまでが、タイミングがなかなかつかめず、言い出すのに苦労した。

でも、絶対に今日言うのだ。と再度、心に誓った。yohamが準備しているのは知っていた。

ようやく切り出して、「は~~~」というくらいだったけれど、実際に話す段階になったら、結構すんなり言葉が出てきた。

彼は、やっぱり、新しい責任をもつ立場になり苦しかったようだ。

「苦言を言わせてもらうけど、いいですか?」と話始めた。

自分の言葉にもっと責任をもってほしいことも伝えたし、あのような暴言で、とても不愉快だったことも、冷静に、責めることなく話した。

今の彼の状態も理解しているし、普段は尊敬していることも伝えた。
一人で抱えることはないことも伝え、仲間であることも伝えた。
彼も言葉が足りなかったことを認めたし、彼は目頭を押さえながら、私の言葉を受け入れていった。
出来ることは、協力することも言えた。


そして、私に向けて当たってしまったことを、心から謝罪してくれた。

それから、私も彼も、とても晴れ晴れして、元気に仕事に戻った。より絆が強くなった感じさえした。


とにかく、言えたことが嬉しくて嬉しくて、家に戻りGちゃんにすぐに報告した。

「ジャーちゃんいえたよ!!」

J:「言えましたねー。」

「うん。ね、彼はどうなの?また、スキがあったら、ジャブを打ってくることもあるの?」

J:「もう、ないですよ。彼も解放できた。」

「やったー!!」

「だけど、なんで、こんなに”勇気”が必要なのかな?やってみたら、こんなに簡単なことなのに。」

J:「勇気は必要ですよ。勇気がなきゃ伝えられないことですよ。」

「うん。」



それで、今の職場では、もうやることはないと伝えてくれた。


でもね、人間であれば、どちらの立場にも、いつでもなりえるだろう。
なので、良いとか悪いということはない。

ただ、どんな形にせよ、注意深くいることは必要なのかもしれない。ふつ~に、知らずに操られたり、スキを突かれて、引きずりこませようとされたり、そんなことが、どんなところでも、いつでも発生している。


そんなことが、なくなった世界を早く見れたらいいなとしみじみ感じる。

長くなったねー。全部書けるかな~と思ったけど、だいたい書けたかな?


とにかく、今日は、そんな感じ。

2011/8/21(日)曇り時々晴れ(一時雨)




■ 感情で、巻き込まれない方法(個人、家族、身内の場合)

基本的には、職場などと同じで、ただ冷静にどれだけ話しあえるか、、、らしい。

☆ 昨日のブログ
→2011/8/20【最近の出来事:ファーストコンタクト&エイリアン&勾玉】By Geaceさん
昨日のブログに、今日はちょっと補足です。


【本日ジャーちゃんに確認】 By Graceさん

「ねぇ、個人的なときの方法はどうなの?」

G:「難しい~って言ってるわ。笑。」

「あははー。それは良く分かる、身内ってねー!!なかなか冷静になれないよね!」

J:「基本的には、職場の場合と同じなんだけども、違うのは、会社で起こること、というのは、一つか二つだけども、家族の場合は、溜め込んだものもあるから複数になっていることが多い。」

G&私「よくわかる~~~~!!そうなんだよねー!!ケンカになったら、過去のことまで持ち出すからきりないもんねー!!」

J:「だから、怒りなどが出たら、まずは、場所を離れてもいいから、意識的な深呼吸をするのが先決。自分自身が、しっかりと冷静になっているかどうかを【確認】してから、話し合う。」

「うんうん。でもカ~となった段階で、それを思い出せるかって話だよね!(笑)」

G:「それもだし、自分だけが冷静になっても、相手が冷静さを失ってたら、それも話し合いにならないしょ。」

「そうだよねー。ほんと。」

G:「やっぱり、お互いに、少し冷静になるまで、待つことができるかだねー。」

「うん、難しい。もし話し合えたとしても、途中からまた熱くなってきたりね。笑。会話さえも成り立たないこともあるし。お互いに見てるところが違うから、話にもならないことだってあるよ。」

G:「ほんとそうだよね。」

J:「もし、過去の話などが持ち上がったら、そこに流されないこと。”確かに、それもわかるけれど、今は、○○のことだから、焦点を戻しましょう。”と、冷静に、いかに今の問題から話をずれないようにするか。」

「うん、うん。ほんとにね。」

J:「そうは言っても、家族が”一番適切な教師”なんですよ。」

「そりゃー、そうなんだろうけどねー。今なら分かることもあるけど。子供にも育ててもらったし、前のだんなさんにもね。」



本当に、職場とは違い、家族などの場合は、いろいろなことが見えすぎて、それぞれに抑圧しているものや、お互いに承認の欲求みたいなものが、複雑にからんでいるから、難しいのがよく分かる。エイリアンが入り込む隙間なんて、どんだけあるんだろうー。って感じ。(汗)

そして、”今”という時期は、尚更、その状況がキツく出てきているらしい。

なので、ジャーちゃん曰く、血気に走って乗っちゃってもいいけど、ちゃんと”気づいて”いてね!ってことらしい。 ”我”を忘れないってことだね。(笑)


■ ウィルスの話

シャウドでは”ウィルス”という言葉を使うことがあるけれど、人間的に、ウィルスというと”菌”というイメージをもっているので「食ったり、食われたり」みたいなイメージがあるけども、ジャーちゃんによると、本当は、そのような意識ではないんだって。

その話になったのも、私がバランスを崩し始めた頃から、口の横が左右交互に切れてきてね。
よく、口の横が切れるときって、胃腸が悪いと昔からよく聞く。
でも、胃に痛みがあったわけではない。
でも、この”ウィルス”は、胃の辺りに潜んでいるようだから。

SESのCDを聞いて、もしかしてウィルスだったりして。と思って確認したら、「それに気づいていてください。」とジャーちゃんに言われて驚いた。

「え~、私の中にウィルスが残っていたのか。」

でも、考えてみたら、あっても当たり前だ~。今は人間だし。これからはウィルスは働けなくなるだろうけど。

身体でちゃんと教えてくれていたのだ。そっちのほうがスゴイ。(みんながみんなかは、よくわからないけど)

今日、確認してわかってきたんだけども、ウィルスというのは、もちろん人類に”インプラント”を埋め込まれたというところも含まれているのだけど、”無からも、有を創りだせる”らしい。自分の創造で二元性ができちゃうんだって。なんか、生まれ持ったものって思っていたし。

できるかぎり、自分で二元性を創造したくはないけどね。(笑)

ようするに、ウィルス=二元性の意識 で、インプラント、外部(エイリアンなど)ばかりではなく、自分たちの創造でも創りだせるらしい。

二元性を超えてきても、今はまだ、自分でも創造できちゃうんだな。だから、相手の状況と、自分とのウィルスがなんらかで反応したときに、体験したようなことが起こるのかも知れない。

☆ 解決法
その意識(創造した二元性)に対して、「キャンセル!!」と言う方法も有効らしい。
その出てきた”意識”に、【光の言葉】などを使って昇華させることでも良いみたいだよ。


自分自身を今後に、備えていこうー。

2011/8/22(月)晴れ



なかなか、ありそうでないメッセージに出会ったので、☆Lightworkermike さんより転載させて頂きました。

子供たちと動物のアセンション  2011年7月1日
by Aruna from St. Germain

呼びかけを夜中に聞いてアセンションしようとするのは難しいでしょう。
ですが、意識的にそれを選ぶ者は躊躇しません。その者だけがアセンションします。言っている意味が分かりますか? 契約に基づいてその呼びかけに応える人だけがアセンションします。

精神錯乱に陥っていてもそれは止められません。そういう場合は呼びかけは聞こえないでしょうがね。

契約とそれに基づく行動だけがアセンションを起こします。大きな視点で詳細について今分かったばかりです。
そちらの次元での話ではなく、私たちの次元での話です。

私たちは、この呼びかけを受け容れることができる人全員の手助けになってヒーリングをお届けしたいと思います。それには、完全に契約が必要です。

子供たちは今生で学び続けるものは何もありません。今の子供たちは、毎日の疑問に答えを見つけて完全に目覚める以外に転生する目的はありませんでした。子供たちは密度のある環境なので密度があるよう見えますが、浄化すべきカルマはないのでいつでもアセンション出来ます。

ペットはアセンションするために何かをする必要は何もありません。建物の外に連れ出す必要もありません。動物の環境が変わってもいいと受け容れることが必要です。知らせがやってきたときにアセンションが起きた場合、どんな場合でもアセンションします。あなたが止めることはできません。契約に基づいて呼びかけがある時に、動物を含めてアセンションしたいものだけがアセンションします。そのことを完全に容認してください。

アセンションした後、動物たちはまた生まれ変わる別の機会、あるいは別の意識、別の種に生まれる機会もあります。多くの動物たちが人間のアセンションに参加したいのです。それは、私たちが動物としての契約を与えているからです。殆どの動物たちはアセンションするためにやってくるわけではありません。他のものによって愛着を掛けられたり、コントロールされるために、依存しない愛を学ぶ機会がないからです。しかし、目覚めた飼い主や目覚めようとする飼い主がそばにいる場合、そばにいる動物たちももっと高い波動に近づけます。

動物たちは障害になるような態度をクリアにし、アセンションのポータルを通過できるようにしてくれます。馬がこのよい例です。人間に愛着を持っているからといって動物すべてがアセンションするわけではありません。修正し、思いやりがあり、ネガティブな態度を直した動物だけがアセンション出来ます。動物に否定的な態度があれば手助けして修正してください。自然が手伝います。自然の中で愛情をもって育ててください。動物の意識から否定的なドラマをなくして人間に対する態度を変えてください。

動物の中には明らかにアセンションしないものもいます。それは人間に見捨てられるカルマです。そして他の人間にもらわれ、人間から課題を与えられます。自分のペットをアセンションさせようとしないでください。知らないことが、この夢を作り出し、現実になる条件なのです。親が子供たちや動物たちの運命を心配することはありません。アセンションを含めすべて契約なのです。

「上に上がる」ことは、実際には起こりません。肉体が上昇するのではありません。アセンションは目には見えないライトボディが上昇するのです。人間の密度が雲散霧消して光に変換すると、上昇しても何も見えません。現世での名前と人間の心は消えるでしょう。天使かアセンデッドマスターが光のイメージで現れます。

人間の欲望や態度、凝り固まった習慣などをそぎ落とした者だけが天使になり、あるいはアセンデッドマスターになることが出来ます。動物たちは、天使界の少ない手助けでアセンション出来ます。人間が乱心すると呼びかけを拒否することになります、聞くことが出来ません。動物たちは直接運命に従います。意識が乱れてもそれで妨げられることはありません。

犬や猫、他の生き物はアセンション出来ますか? 動物たちの気持ちを考えて振舞ってください。するとそうなります。

I AM THAT I AM

Ascended Master Saint Germain
Channeled by Aruna


2011/8/26(木)曇り一時雨



今年の6月8日にアップされていたメッセージだけども、見落としていたようで、メモとして転載させて頂きます。

[mixi]Arrived Energy On Earthより
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=62925698&comm_id=1730147

From Starship Athabantian - June 6th
Channeler: Mark Kimmel 2011年6月6日


「宇宙船Athabantianから-6月6日」

このメッセージで我々が君たちに届けるものは緊張感だろう。地球の変容につながる出来事は加速化している。これからの月日には更なる地震,火山噴火,津波,異常気象が数多くあるだろう。君たちはまた政府,銀行筋,法人,宗教における更なる崩壊も目撃することになるだろう。

この現実に対して、大規模な隠ぺいが続いている。それは、君たちの認識を超えた範囲で…君たちの三次元的な信頼を超えた範囲で…計画的になされている。隠ぺいの目的は、政府,銀行筋,法人,宗教が来たるべき地球の変化を生き抜き,通貨の大暴落の最中に頂点に立ってそれを立て直し,利益を高め,そうして彼らの富,権力,影響力,そして保身を維持するといったことだろうが、隠ぺいはエリートたちの無駄な試みにすぎない。一方、大多数の人々は、この大きな展望を知らぬまま…そして三次元の文明の終焉を知らぬまま…生き続けるように促されている。

我々は現在の出来事にさらに大きな見方をしている。それは、天候が切迫したカオスだというだけでなく、自分自身のために素晴らしい人生をクリエイトするための観点だ。その観点を得るためには、君たちの振動を高めるという方法がある。この観点から見れば、三次元の出来事は単に劇場での出来事に見えるようになるだろう。

君たちが振動を高めることで君たちは、来るべきカオスの影響を避けるだけでなく、愛と光に基づいてこの惑星上に新しい文化を構築するのだ。君たちが三次元的な解決策に関与しなければ、この道は君たちのためにオープンになるだろう。輝かしく新しい道で、天使たち,そして君たちの宇宙(スペース)の兄弟・姉妹たちとつながりたまえ。

君たちに関してのすべてが変化している。今日この日から先、ものごとはさらに素早く変わることになるだろう。君たちが昔から頼ってきた情報源は、こうした出来事に関する事実を歪めて伝えている。代替的なニュースソースですら、恐れに誘導するようにデザインされた情報で腐敗させられてしまっている。政府,銀行筋,法人,宗教と結託しているメディアはこれらの出来事を隠ぺいし、現状維持の薄っぺらな見せかけを維持しようとして真実を隠している。

政府や法人の機関にいる特定の人々は、君たちの惑星の中,上,それを超えたところで起きている出来事を非常によく知っている。その中には月と火星上の秘密基地も含まれている。地球の内側にある先進文明から非常に知性の高いイルカ,クジラにいたるまでの、君たちの惑星に住む“別の知覚力を持つ存在”に関する真実についてもだ。

君たちの政府機関にいる特定の個人たちは、出来事や状況の真実を知っている。しかし彼らはそれを大半の人々とシェアしない。それは、「人々には真実を取り扱うことなどできない」という説得力のない言い分からではなく、彼らの権力を維持するための手段としてなされているのだ。NASAは、宇宙船が君たちの世界を囲むように集まっていることについて彼らが知っていることも…君たちが月と呼ぶ人工衛星や君たちの世界に影響を及ぼす太陽からのエネルギーに関する真実も…シェアしていない。アメリカ地質調査所は地球の変化や地震に関して知っていることすべてをシェアしているわけではない。CIAは空中噴霧やHAARPの実際の使用を認めていない。こうした政府や法人機関にいる者たちの多くが真実を知っているか,少なくともその一部を知っているが、彼らは彼らの権力の座や富,影響力,保身にしがみつくために必死の試みをしているのだ。

銀行は、更なる富,権力,影響力を集まらせながらも現状維持への関心から出来事や状況に関しての真実を隠ぺいしている。すべての国の銀行システムはそこから富を得る人のためになるよう機能しているが、それが最も顕著なのが米国だ。連邦準備制度理事会は何からも生み出すことなしに金をつくり、そうすることへの関心を高めている。そして米財務省は価値を意味するコンピュータ上の桁や価値ある紙切れとして誰もが認めているこの認可通貨を印刷している。法人も同様にオーナーたちや最高幹部たちの利益を最大にする方向で機能している。

君たちの世界の宗教には、とても大勢の者たちが敬意を払い,とても大勢の者たちが金銭を寄贈しているが、宗教は隠ぺいにおいては最もシリアスな罪人だ。彼らの多くが教義を説くが、それは最高位に就いている者たちが信じていないことであるか、真実ではないということを知っているものだ。しかし権力や富を貯めこむことよりももっと破壊的なことを彼らはしている。たとえばカトリック教会の高位に就く者たちが、彼らの集団の中には児童に対して性的悪戯をする者たちがいたということをやっと認めたように…。それは彼らが特定の宗教を信心している者たちの心や魂を故意に歪めているということだ。地球の人間にある神聖な性質を覆い隠すよう歪めているのだ。

我々は以前のメッセージで、君たちのためにはならない信条や構造を指摘した。君たちという者,君たちの神聖な運命に関する真実に道を譲るために、それらのすべてが崩壊することになるだろう。我々がここで考察しているのは構造,信条であり、その網にひっかかっていしまっている・うまいこと意図された個人たちのことではない。政府や銀行筋,法人や宗教の構造の中で日々、精を出して働いている素晴らしい人々もたくさんいる。その彼らが偽りの網にひっかかっているのだ。そしてそのほとんどが、その偽りの範囲をわかっていない。あるいは、偽りを知っていてもそれを無視することを選んでいる。政府や銀行筋,法人や宗教などの行動が他の人類に引き起こすダメージに関して十分に知らされているのはごくわずかなのだ。そしてごくわずかな者たちだけがその隠ぺいに共謀しているのだ。

この変化の時間の間に君たちが当てにすることのできるものは、従来どおりのものの中にはごくわずかしかない。君たちを取り囲んでいるものはすべて歪められたものだ。エンターテイメントとしてメディアを見るようになさい。そこに、もっと大きな概要の洞察を得るために頼れるものがあるか、探してごらんなさい。(ないはずです。)自分のハートに耳を貸しなさい。高い振動,愛の状態でいられることができることをすべてなさい。自分の人生を恐れに支配させてはならない。静かな時間と自然を楽しみたまえ。真実とサポートを内側に捜したまえ。

君たちがイルミナティと呼ぶ者たちが、自然なコースをたどることが許されていた君たちの世界を破壊するようなフォースを動かしてきたが、より高い振動である我々はそれが起きるのを許さない。高次元で生きるつもりのある君たちもまた、君たちの世界のカオスを超えた状況にいる自分に気づくことになるだろう。そこで君たちは、嵐~機関や信念の崩壊を乗り切ることになるだろう。そこで君たちは、この惑星のための新たな文明を確立することになるのだ。

では、この新たな文明とはどんなものなのだろうか?地球は君たちにとって全く違ってしまったように見えるだろう。彼女は新しい輝きで振動しているだろう。君たちは全く新しい方法で彼女と関わることになる。つまり、彼女が提供するものすべてのために彼女を敬うようになるのだ。そして君たちは三次元の構造や信条なしの世界で生きることになる。君たちが新しい地球に到着したら、三次元の古いやり方を避けた新しい生き方を生み出すことが君たちの責任になる。君たちには地球を三次元の傷跡からクリーンにするためのテクノロジーとアシスタンスが授けられることになる。それが、すべてと調和して生きるということを君たちに可能にさせるだろう。

このプロセスは最初にコンピュータを導入した時のプロセスと似てなくもない。コンピュータは最終的に大変革を起こしたが、当初は先見性を持っていた者たちに採用されるだけだった。新しい地球もそのようになるだろう。すべてが新しい方法を完全に受け入れるまでは、それは段階的なプロセスになるだろう。それでも、時間の制約なしに、すみやかに起きていくように見えるだろう。イルミナティには高次元の光がわからないため、彼らにはこの変容がわからないだろう。彼らはある種の地獄の泥沼に君たちを残して遠ざかるつもりでいるが、実際には彼らは何か素晴らしいことを創り出す君たちから遠ざかっているのだ。

君たちがするであろう質問は、今日存在している政府がすべてのためになることができるものに発展するかどうか…といったもの、あるいは、今日存在している政府は塵埃に返され,完全に新しい形の政府がつくられねばならないのだろうか…といったものだろう。我々は君たちの世界のいたるところでの現在の状況を眺めているが、既存の政府いずれにもすべてのニーズを考慮した形で十分に修正されることができるという根拠をほとんど見てとることができない。したがって我々は、既存の政府は完全に解体され、新しい地球の民衆たち~高次の振動及びDNAの12のストランドのクリスタル質の構造から機能している民衆たちの心にあるニーズでデザインされた政府という新しい姿に置き換えられる必要があると考えている。

では、この新しい政府はどのように見えるものになるだろうか? まず、それらは皆、新しい地球と強調して振動するエンライテンされた人々に統治されるであろう。旧型の2つのストランドしかないDNAで炭素ベースをした体は新しい地球の振動の中ではその体を維持することができないため、政府にいる者たちの大多数が消えていくことになるだろう。そして統治される者たちもより高い振動の者たちになるだろう。政府の新たな役割は、個人が自分自身のためにすることができないことを総体的な原則で提供することになるだろう。

学校には更なるニーズが出てくるだろう。しかしそれは現在とは違ったタイプのものになる。振る舞いをコントロール必要はなくなるが、振る舞いをモデル化する必要が出てくるだろう。軍隊や警察と言ったもののニーズもなくなるだろう。宇宙の基本的な法則を超える法律のニーズはほとんどないため、広範囲に及ぶ法律制度も必要なくなるだろう。そうして君たちには新しい地球の構造~その概要がわかるようになっていくだろう。

君たちに関する出来事が加速しているうちにも隠ぺいは続くことになるが、自分のハートの確かさを信頼するようにしていてほしい。耳を傾けるための静かな時間をみつけるようになさい。また、より高い振動をしている個人たちと共鳴するように、自分の波動を高める方法をみつけだすことも大切だ。隠ぺいが続いているため、人類が自分の経路を選ぶよう…そして光のコミュニティがまとまるよう…宇宙全体が見守っている。それは地球で生きるに素晴らしい時間だ。変容を楽しみたまえ。

では次回まで。私はエイドリアル~この宇宙の天使。私はブレン-トン、私はジュスティーン、私はモーレイン、以上はアンドロメダより。そして私は、プレアデスのゼファー。



http://cosmicparadigm.com/Athabantian/ http://lightworkers.org/channeling/133371/starship-athabantian-june-6th


-Jueuxさん訳

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。