FC2ブログ
2011/5/15(日)曇のち晴れ



今日、Gちゃんと話す時間があったんで、ちょっと最近感じていたことと、昨夜に読んだ4月のシャウドの内容で、確認したいことがあったので、流れでジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に聞いてみた。


■ タバコの依存性について

その感じていたことというのは、”タバコ”のことなんだけどね。

なにがどうって言葉では表現できないんだけど、タバコに対して、”何か”が変化していることに気づいていた。

今もタバコは吸ってはいるんだけど、ん~、どう表現したらいいかな。

吸ってる人にしか分からないかもしれないけど、「あ~、吸いたい」「何か手が空いたら~」「ひと仕事終わったら~」の時には、特にタバコに意識が向くって言う感覚? それが、どうも違うことに気づいていた。
以前なら、すぐにタバコを吸うという場合でも、忘れていられたり、【依存性】が途切れている変化に気づいていた。

ちょっと話はズレるけど、、、。

このブログの最初の頃に、自分がタバコに対してひどく罪悪感をもっていた過去の内容と、タバコのことについてのシャウドのQ&Aを載せたことがある。
☆詳しくは→07/11/12罪悪感- タバコと向き合う
【シャウド抜粋】
おそらく100~150年くらい前には、タバコを吸っても、中毒にはなりませんでした。彼らは喫煙しても・・・ 先住民族の、アメリカン・インディアンや、他の先住民族たちは、長いことタバコを吸ってきましたが、そこには中毒性はありませんでした。


で、本来は”中毒性”はないものとは言っても、自分が、いくら「内観」や「リラックス」のためだとしても、(シャーマンの時の名残でもあるかもしれないけど)全く”依存性”を感じていなかったかと言えば、それは違う。やっぱ、吸いたくなるんだから依存性はある。でも、そこには、自分に対してジャッジ(判断)は、今はもうないけどね。

タバコに対して「何かが変わっている」と最初に感じたときに、思い出したのが、この時のQ&Aの時の内容だった。
このQ&Aを読んだときは「なるほど~~!!」って感じさ。

本来、”中毒性”はなかったとしても、トバイアスは、この時に、ニコチンはとても信念体系を強化するものである。と伝えていて、自分が悪ものと思うか、リラックスするものと思うか、どちらにしても「おおい」を強めるもので、あなたは、いつ自分をその「おおい」の外に出すのか?みたいなことを言ってたんだけどね。

私は、このシャウドを読む何年も前から、タバコと自分との関係で、数年をかけて内観作業をして、その「おおい」自分の恐れとか、罪悪感から抜け出していた。

で、話は戻るけども。

私が、感じていたのは、たぶん以前よりも更に、”一瞬一瞬になってきている”ことと”手放す(流す)”ことが関係しているんだな。ということ。

タバコの件と、シャウドの件は、今日は分けて書こう。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「ね~、何が起きているの?何かが違うんだけど。」

J:「確かに、、、今は一過性(依存性が消えている状態)でなっている。でも、これからは、その期間(サイクル)が段々と短くなって、しだいに依存性/中毒性は消えていく。」  

「へ~、いまは、一過性のものだったんだ。でも、この状態って楽だよー!! 」



ホント、うまく表現できないけど、”その場限り”というか、”今”だけ。という感じか。
依存性、中毒性からじゃなく、ただ「吸いたいから、吸う。」って感じかな。


■ 4月のシャウドについて

ここは、シャウドを読んでる人にしか分からない話になるけどスマン。

最近、仲間から4月のシャウドの翻訳をしてくれたのを頂いて、その時に読ませて頂いていたんだけども、その時にちょっと詳細で分からないことがあってね。それで、昨夜、mixiのほうで翻訳されていたのも読んでみたんだ。

で、あまりにジャーちゃんが大胆に、言いたい放題言ってることが可笑しく吹き出してしまったんだけど。

ひとつ気になっていたのが、まずは、この部分で。

”処理とヒーリングは卒業しましたか?
いまだに 処理とヒーリングをしたい人間天使と一緒に 先に進みたくないです、そして依然として 貴方がたの中には、そういう人がいます。


確かに、私は、”ヒーリング”を多分、今後はクライアントさんにすることもあるでしょう。

これが、施術者に対していってることなのか、で、仲間からの文章ではプロセッシングと書いてあったので、最初は意味がわからなかった。←英語弱いし。(汗)

それで、[mixi]クリムゾンサークルのサイトで、読み直してみたんだ。
それで、少し分かってきたことがあってね。


「ヒーリング」は、施術者に対してではなく、利用者に向けてだった。

「ヒーリングを受ける」と言っても、人それぞれの段階によっても違うと感じた。

まだ、ヒーリングを必要とするものもいるし、もうヒーリングが効果ないと感じる段階に入った人もいるかもしれないし。ちなみにジャーちゃんは、私に、”質の良い睡眠が取れる”と言っただけだし。アチューメントに対しては、より”感じる”ことが分かるようになるから。と言ってたしね。たぶん、段階によって違う。

この辺りの話をすると、話は、ちょっと長くなるんだけどね。


で、Gちゃんにも、このシャウドの内容について話していたんだけども、Gちゃんも、同じように感じていた。

で、ジャーちゃんが、大胆にいろいろに話していることが、とてもよく理解できる。自分が過去に通ってきたことだし、感じてきたこともあるからねからね。

プロセッシングとは、mixiのほうで「処理」って翻訳されていたのは分かったんだけど、ジャーちゃんが言わんとしていることが、少々わからなかったんで、「処理」と「ヒーリング」についてを少しだけ聞いてみた。


「ねー、ジャーちゃん!! ヒーリングさ。お金払って受け取るのに、なんで、エネルギーの吸血鬼っていったの?」

G:「それはね、依存してしまっている人の事を言ったんだってー!!」

「あ~、それなら分かる。確かにねー。でも、あれを読んでもわからない人いると思うなー。」


それは、日頃、Gちゃんともよく話していたことで、施術者としては、クライアントさんに、「依存」させてしまうことは出来ない。なぜなら、クライアントさんの状況をよく感じていないと、無意識(全く悪気はなくても)でもエネルギーを奪われてしまう可能性もあり、クライアントさんにとっても、それは成長の意味で本人のためにもならなくなってしまう。それは、よくよく気をつけていかなければならないね。とお互いに話しているから。

相手の成長を奪ってしまうのは、”愛”じゃないからね。

J:「ヒーリングを受けるときに、”痛み”(の場合なら)を一旦受け入れて、どうしようもない時の場合は良い。たとえお金を払っていても、”依存”になっていれば吸血鬼。」

G:「うん、自分が受け入れていればいいんだけどね。”痛み”から逃げる為、逃れるために通い続けるのは、依存なんだってー。」

「うん。それなら分かるよね。そういうことだったのか。」

「でさー、あの”処理”ってどういう意味?何を指してるの?」

G:「それね、”コントロール”のことだってー。」

「なるほどね。」



コントロールは、まず自分に対してのコントロールを外しなさい。ってトバイアスも言ってたっけ。
「~ねばならない。」とか、自分を抑えてしまっている部分とか、それには、人からどう見られるのかとか、そんな所も全部関係してくるんだけど。良い事をしなきゃ。とか、良い人でいなければ。とか。そんな部分も全部。
そんなのを、全部は外してない人とは、ジャーちゃんは、今後、この先には一緒に進めない。ということだったんだ。

もちろん、他者へのコントロールもあるけど、自分のコントロールを手放していくと、自然に他者に対してのコントロールも外れていくからね。

まずは、自分が何より変わるから。

でも、ジャーちゃんは、私が書いたコントロールだけのことを言ってないか。いや、コントロールは、あらゆ事を含めてってことか。ドラマにはまっている人、自分の傷をまだ癒せてない人のことも言ってた感じだな。お金の事かもしれないし。傷に執着していたり、過去を手放せないでいる人とか?ってシャウドではそんな感じ?

さて、ジャーちゃんの少々大胆すぎる、目の覚まし方、愛のムチだったけど、シャーンブラについては、本気かも。

「よし!!もう、私は、やめたっ!!」って、多くの人が、手放す選択をして行動してくれたらいいな。


で、余談だけど、4月のシャウドの中で、あまりに、ジャーちゃんが言いたい放題に言うから、ジェフが気分を概して、意識がどこかへ行ってしまった。っていう場面があって吹き出したよ。ってGちゃんに話した。


G:「その気持ちわかる~。公衆の面前で、大胆に言われたらね~。笑。」

「ジャーちゃんっ!ジェフとは、ちゃんと仲直りしたの?笑」

J:「すべての者たちは、わたしの存在を受け入れてくれますからね~っ♪」

「でも、ジェフは気分概したじゃん!!笑」


と、ジャーちゃんに、「あんなに大胆に言っちゃってー。」と言いつつも、私は、ある意味、気持ちいいくらいだった。と伝えた。


と、、、そんな感じー。
何でも、言いたいこと言えて、聞きたいこと聞けるのは、やっぱ、ステキなことだ。

分からない所は、スルーしてください。(笑)

明日は、下の娘が仕事休みで、一泊遊びにくる。


今日も感謝!


スポンサーサイト



WHAT'S NEW?