FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/4/1(金)晴れ



ようやく、ホームページの引越しが終った~~。

今度のは、以前よりもずっと見やすくはなったと思う。
とにかく、後は、yoham(私の神)に流れは任せる。
 ↓ ↓ ↓
☆リニューアルオープン♪「MAGENTA(マジェンタ)」

マジェンタ
URL:http://magentasalon.com/



ジャーちゃんにもお世話になった。
yohamも、「これで行け~」ってことなんで、とにかく私は、意志を受けて行動に出て行くのみ。
HPは、ちょこちょこ愛情こめて更新しながら共に成長していこうと思う。
そうすることで、ジャーちゃんが伝えていたように、”魂が吹き込まれて”いくんだろう。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

さっき、Gちゃん経由で、ジャーちゃんにHPの確認し、

J:「おめでとう。よくやりました。」

「ありがとう~~~。」


と言う言葉をもらった。

今後、HP作りの作業時間が空くので、ワークのことを確認すると、

G:「今、このままジャーちゃんを感じてみろって~。何を伝えているか感じて言葉にしてみて。だってー。」

と、言われ、、、。いきなりチャネリングレッスンに入り、、、。汗

「いきなり、ジャーちゃん、何言い出すのっ!!」

といいつつも、Gちゃんのアドバイスをもらいながら、最初はアメジストを持ってエネルギーを感じるところから始まった。

でも、エネルギーを感じることは出来ても、言葉にまで変換できなかったので、これから毎日、瞑想をした状態で、言葉に変換し、メモを取る(録音するか)ことになった。

”疑い”は、自分では、こんな言葉は絶対に浮かんでこない。という所を通過しないとナカナカ自信にはならない。それは、私自身もその体験を望んでいた。Gちゃんも通ってきた道だけど、私も、一歩一歩練習から始まる。

話の流れで、”質問”というのは、マインド。でも、その内に、質問をしても、”知ってる”と言う状態が、もっと増えてくる。というようなことも言ってたかな?
感じたことを、メモしていくことで、ある時、必ず、”こんな言葉は、自分では考えられない”ということが出てくるから。ということだった。

私が、Gちゃんを通じてしている質問は、殆ど、マインドからというのは分かっているけど、実際に、”分からないものは、分からない”ということも多いから、質問しているし、コミュニケーション自体がまた楽しいからもある。

でも、質問しなくても、場合によっては、根拠はないけど、”感じる””知っている”ということもある。
それは、どうしてか分からないけど、「感じるものは、感じる」。これが”第6感”だということも伝えていた。

今日のレッスンでは、肉体で、エネルギーを感じるまでで終わった。電話だしね。私が感じるまでGちゃんも快く待っていてくれてたんだけど、恐縮だよね。(笑)
でも、瞑想で、”錬金術”のときは、エネルギーを感じるを超えて、”知っている””ここにある”ってことが分かる。この状態のような感じで、チャネリングを意識しすぎないで、やってみると”第6感”で受け取れるようになるのかな?って感じ。

とにかく、やってみるよ。次のステップに入った。

練習、練習~。

*  *  *


【転載】4月のアカシックレコード へ

スポンサーサイト
☆本日↓2011/4/1(金)の始めはこちらから。
【ホームページリニューアルしました!】byGraceさん


*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
A Channeling from the Akashic Records of April 2011
Channeler: Jen Eramith MA

http://www.akashictransformations.net/mc/page.do?sitePageId=53332

「2011年4月のアカシックレコード」

☆ 2011年4月にはどのようなエネルギーと体験が予測されますか?

今月は、ジェットコースターで下っていくような感覚に似ています。集合的なエネルギーはスピードアップし、それによって時間は素早く過ぎていくように思えるので、道に沿って物事を進めていくことが出来ないように感じるかもしれません。例えてみれば、多くの方にとって、ご自分の人生の中で物事が“丘を転げ落ちる”ように思えるようになるでしょう。
今月は、静けさを保ち、毎日自分自身を信じ、また自分と他人を愛することを忘れないようにすることが大切です。

多くの人々は今月、ご自分の人生のコントロールを失うように感じるでしょう。そのように感じるのですが、もしあなたが1年の大きな図を見ることが出来たとすれば、実際に起こっているのは、ご自分の人生の中の構造において、さらなるサポートが必要な部分について学んでいるのです。
あなた方それぞれが、ご自分の人生の中で行う必要があることを成功のために、ご自身でセットアップするワークを行うことが今年はとても重要です。あなたをサポートする、あなたの人生においての構造を構築すること、サポート的な人間関係を構築すること、人生においてのサポート的な日課をセットアップすることがとても重要なのです。
全てのことに注意を向けて、うまくいっていないことを見極めてください。
もしあなたが2012年とそれ以降に起こり続けることの準備をしようとするのであれば、今年これを行うことはとても重要です。

あなたの人生の中でまだ定着されていないもの、あなたがまだ注意を向けていないものは何であったとしても、今月はあなたがそれに注意を向けるように、それらがとても早く動き始めるでしょう。
いくらかの方々にとっては、今月はどん底に来たように感じるかもしれません。もしあなたが人生の中のいくつかのパターンにおいてどん底になる必要があるのであれば、今月がその時期となるでしょう。
ご自分自身に優しく在ること、育むことがとても重要となります。あなたが向上を心から願い、ご自分自身とご自分の人生の中で再構築が必要とされる部分に注意を向ければ、今月はもっと容易に流れていくでしょう。


☆ このエネルギーからどのように一番有益なことを発見できますか?

今月のエネルギーから一番有益なことを発見する第1であり一番重要な方法は、いつでも信頼と愛を忘れないことです。
ですが第2に、今月のエネルギーは、あなたがオーガナイズされていること、そしてもし物事がうまくいかない時には、戻ってはじめからスタートするための時間をとることを助けます。
もしあなたがプロセスを始めて、その途中でそれがうまくいかないことに気づいたら、今月は、うまくいかない物事にしがみついて、ただ目を閉じて終わりまで進もうとするよりも、一度ストップして、始めに戻って、あきらめずにもう一度はじめから行うとよいでしょう。
現在やってきているどんなチャレンジもそこにあることで、あなたは構造を再構築することが出来るのです。ですから今月は誰もにとって目を閉じてタルが転がっていくようにうまく進むことにはならないでしょう。

このエネルギーがセットされている理由は、あなた方がストップしたりスローダウンすること、もう一度最初から始めることを勇気づけ、あなたが進んでいく中で物事を定着させていくためです。
ですから、オーガナイズされるようにしてください。リストを創り、あなたの家やオフィスを見渡して、どうやって物事がうまくいくかについて考えてみてください。あなたの持ち物は一番有益な場所に置かれていますか?何か特定の物だったり、あなたの所有物が、あなたの歩く道に置いてありませんか?何が日々フラストレーションをあたえ、あなたはそれをどう変えることで、もうフラストレーションがあなたの日課の一部にはならなくなりますか?
これらがあなた自身に尋ねてみるべき質問です。
同じことを人間関係についても行ってみてください。
どのような人間関係がいつでもブロックされているように感じますか?どうやってあなたは戻って再びスタートできますか?あなたは、この人物に対するあなたの期待を変えることが出来ますか?あなたは彼らとのコミュニケーションの方法を変えることが出来ますか?
あなたの人生の中の構造を、物事がもっとうまくいくように変える方法を探してください。

今月は、とても早く過ぎていくように感じ、そのためあなたはただ目を閉じてそのまま前進し続けたいと感じる傾向をお持ちになることでしょう。
ですが何かうまくいっていないことを発見した時には、ストップして、もう一度はじめからスタートするように薦められているのです。



2011年4月についてのキーパーがシェアしたいことの詳細を含むさらなる情報や、何を世界や集合的な人類から予期することが出来るかについては、メンバーのみがアクセスすることが出来ます。http://www.akashictransformations.net/



-sesameさん訳

2011/4/2(土)雪



☆ Hiroshi's World -大内博の世界- より

AAマイケルメッセージ 2011年4月
   「光のマスターになる最短の道」

チャネラー:ロナ・ハーマン 翻訳:大内博

■ 光のマスターになる最短の道

わが愛する光のチャンピオンたちよ、今という時代は心弱きものが生きる時代ではありません。あなた方の多くは“魂とあなたのハイアーセルフ”の叡智に目覚める努力をすることにおいて、あまり情熱をもてずに今日に至っています。今というときは、自らのマスターになりたいという、燃えるような願望でハートに火をつけるべき時です。快楽を探求する代わりに魂を探求することに情熱を燃やすべき時です。劇的な変化と変容の混乱をどのようにして乗り切るかについての秘訣は、あなた方に常に明らかにされています。しかしながら、今後続く変化が荒れ狂う年月において、変化の波頭に乗って成功するためには、努力してあなたが入手可能な絶対失敗することのない方法を取り入れるために積極的に努力しなければなりません。今というときは、旧いあり方を手放して、新しいもののために道を開けるべき時です。最高創造主の精妙な光がこの亜宇宙内の顕現された創造の最果ての部分にまで届く中で、神の意識のすべての局面/火花、そして、あらゆる次元の局面の改良と精妙化に弾みがついています。

今という時は、あなた、および、他のライトワーカーたちが、この拡大と進化の大いなる大宇宙的な出来事のどこに自分を置くべきかを理解すべき時です。今という時代こそ、この人生において、また、他の多くの人生においてあなたが準備を重ねてきた時代なのです。光の世界奉仕者になるために自らのマスターになるべく努力している忠実なあなた方は、今、かつてなかったほどに必要とされています。

今こそ宣言してください。

私は勇気ある光の担い手になります。そして、創造主の精妙なエッセンスを最大限まで引き寄せ、その光を世界と人類に向けて放射します。

こう宣言することによって、あなた自身、あなたの家、あなたの愛する人たちの周囲に、調和のとれた安全をもたらす高次元の光の周波数の光の柱が創出されます。神聖な光の物質をますます多く自分自身に引き寄せる能力を獲得するにつれて、あなたが影響を及ぼす範囲はますます拡大して、さらに大きな地域を抱擁できるようになっていきます。やがて、あなたの神聖な光は、あなたと同じように光の担い手になることにコミットしている、スピリチュアルな兄弟姉妹の周波数パターンと合流することになります。あなた方の多くはすでにこの神によって賦与された能力を達成しており、違いを起こしつつあります。

あなた方の惑星には多くの不安と騒乱があり、あなた方も自覚している通り、それはますます加速していかなる国や民族もそれを免れることはできません。皆さんが心配しているのは私たちにも感知することができます。皆さんが心配するのはもっともなことです。というのは、今というときは、地球にとって、人類にとって、地球に住んでいるすべての生物にとって極めて重要な時であるからです。

そのような訳で、ここで再び、共同創造の自らのマスターであるあなた方にとって、何が適切であり、何が適切でないかをさらによく理解できるように説明することを許してください。今苦しみと苦難の真っただ中にいる人々に援助の手を差し伸べることが、あなた方の最大の心の願望であるということを私たちは知っております。これはそうあるべきです。直接救助にかかわることが使命である人たちもいます。直接的なかかわりは、住む場所を失ってしまった人々や困窮状態にある人々を守り、慈しみ、癒し、助けるといった形をとるかもしれません。混乱の真っただ中に飛び込んでいくようにとの呼びかけを感じる人もいるでしょう。そして、今現在常に進行している様々な状況やドラマにおいて何が最善の行動なのかに関して重要な決断を下さなければならない人たちもいるでしょう。中には自分の富を共有することによってサポートする人たちもいるでしょう。そして、それもまた適切なのです。しかしながら、あなた方の大部分の人たちは、特に、高次元の周波数を自分の周波数として要求し獲得した人たちは、これらの緊張に満ちたドラマからやや一線を画したところにいます。したがって、あなた方はハートに存在の中心を置き、魂に焦点を置くことがかつてなかったほどに重要です。そうすることによって、最大量の光・希望・調和のエネルギーを、ソーラー・パワー・センターから発して、意識の混乱したアストラル界に向けて放射し、かつ、母なる地球の核心へと送り込むことができます。スターシードであるあなた方は、地球がネガティブなエネルギーの監獄から自らを解放する手伝いをすることができます。今、地球は太陽系において新たに指定された立場を自らのものとするために負荷を軽くしてオーリックフィールドの調和をとるべく努力しているのです。

道案内、ないしは、ライトワーカーの先駆者と呼ばれる勇敢な魂のあなた方のおかげで、黄金の道が明確に創造され、規定されました。あなた方はまた、私たちとのコミュニケーションの回路を開くプロセスの中にいます。
その結果、あなた方が意識の次のレベルに向かってアセンションのプロセスを迅速に通過するために必要なあらゆる情報を私たちが伝えることができるようになるのです。そうすることによって、バランスを欠いた低次元の急激な変化やネガティブなエネルギー・混乱を後にして、それらの影響を受けることもなくなるのです。今現在、一般大衆は必死になってもがきながら混沌とした低次元から上昇しようとしているところです。あなた方一人一人が、地球での誠に広範な体験から収穫したあなた独自の叡智を引き出し分かち合うことを求められています。そしてまた、あなた方が宇宙のはるか彼方から持ってきた、神聖なマインドの中に貯蔵されている叡智の宝石にアクセスすることを求められています。

私たちの教えに忠実に従ってきた人たちは、「自分のマスターになるための最短コース」とでもいうべきものを差し出されています。私たちの愛するメッセンジャーのロナ・ハーマンは、本来はもっとも進化したイニシエートのために、リトリートや秘密の叡智の学校でのみ教えるべく保たれてきた、適切で拡大された宇宙の叡智の教えをもたらし、あなた方が入手できるようにするという任務を優雅にも引き受けてくれました。あなた方の誰もが、それぞれの段階は異なっていても、通過儀礼のプロセスの真っただ中にいます。あなた方が毎日、日常的な業務を行い日々の困難な挑戦に応じるとき、学びと通過儀礼の学校の授業が展開されているのです。過去においては隠されてきたことのすべてが、今、自覚の光のもとにさらされていますが、それは修正されるべきためであり、あるいは、除去されるためでもあります。場合によっては、拡大するためでもあります。

自らのマスターになる道をしっかりと歩んでいる人たちにとって、自分のガーディアンや高次元世界の天使の教師たちとより密接な関係を築くときです。あなたのハイアーセルフの数多くの局面が、今あなたにも入手可能となった光の高次元の周波数に加えて、これらの高度な教えを統合するのを待っています。高次元世界の光の存在たちとのテレパシーによるコミュニケーションは、あなたの原初の肉体的感覚の贈り物の一部でした。愛する人たちよ、今というときはこれらの才能や贈り物を再び自分のものとして宣言するべき時です。マスターの道をしっかりと歩んでいる人たちに私たちが差し出している高度な叡智の教えをしっかりと学び、それらについて瞑想をして、あなたのマインドにしっかりと焼き付け、あなたの高度な意識の一部にしてください。あなたを待っている不可思議な贈り物や能力は、それらを達成するために必要な努力を遥かに凌駕する価値のあるものです。

ますます多くの魂たちが、自らの魂の我の促しに注意を向けるようになるにつれて、覚醒的な自覚の道を歩み始めています。多くの場合、これは強烈な「魂の暗い夜」を開始することになります。というのは、彼らが創出した意識のゆがみに直面することとなり、カルマの法則、ないしは、原因と結果の法則が100パーセント展開して彼らの前に突き出されるからです。あなたも自覚している様に、これは、最初は罰のように見えるかもしれませんが、罰ではありません。これは、それぞれの魂が振り返って、自分自身の神聖な「われ」と勇気をもって直面し、自らが創出した不協和な周波数パターンを修正して調和のとれたものにする機会なのです。

高次元のより精妙な周波数が絶えずあなた方および地球を襲っています。その結果、あなた方の多くは、アストラル界の強烈な感情と歪みを体験しています。アストラル界は4次元の七つの局面によって構成されています。これらは意識の感情的な局面であり、抑制して二元性の受容されているレベルへと戻さなければなりません。これらはあなたが、バランスと静けさが支配する5次元の世界に向かうアセンションの旅において体験するもっとも困難な任務であると言えましょう。今という時は、深い残滓物のような核のエネルギーパターンを除去するべき時です。これらのエネルギーパターンは、あなたが光の高次元の周波数を取り入れるためには解放しなければならないものです。

愛する人たちよ、次のことを知ってください。今というときは、あなた方が何千年もの間余計な荷物として運んできたこれらの詰まったエネルギーを、これを最後に解放する絶好の機会です。それらのエネルギーに直面し、処理し、それらが純粋な光の物質へと変容していくのを見てください。そして、あなたがより高い意識の世界に至る道を歩み、不可思議な可能性の世界に入っていくにつれて、あなたはより軽く、より明るくなっていくのを感じるでしょう。

あなた方の前を進んでいる勇敢な者たちが、「偉大な叡智のホール」及び光の存在たちの高次なより洗練されたレベルにアクセスすることができるようになる中で、スピリチュアルな意識や進歩のあらゆる局面に関する情報があなた方にも無数に入手可能になっています。こうしてもたらさせる情報の多くは有用であり、愛情に満ちたものですが、中には混乱を招くものもあり、エネルギーが歪曲しているものもあります。そういうわけで、あなた方が何を真実として受け容れるかに関して識別の美徳を使うようにと依頼します。情報の中には想像力の限界に挑戦するものもあり、そこで描写されている意識の数多くのレベルをどうすれば達成できるだろうと思うかもしれません。かくも長い間にわたって、「源」から遮断されてきたあなた方は、できるだけ早く高い光のレベルを達成することに情熱をもちかつ希求しています。しかし、大切な友よ、思い出してください。この光の旅は一度に一歩ずつ進んでいかなければなりません。そして、もはやあなたのためにはならないレッスンを解放しながら、一つ一つのレッスンをしっかりと学んでいかなければなりません。すると、あなたは光に輝く次のドアへと導かれてそこを通過すると、常に拡大する神の意識のレベルを差し出されることでしょう。それは決して終わることのない旅です。常に新しい試練があり、新しい機会があり、体験すべき驚くべき冒険があるでしょう。

今という時代は、地球と人類にとって最も重要な時代です。すべての存在にとっての最善に奉仕しないもののすべては、少しずつ除去され変容されています。あなた方は今「虹の橋」を建設しているところです。この虹の橋は、あなた方および地球のために、また、あなた方の太陽系と銀河系のために、明るく新しい未来へと導いてくれるでしょう。この旅をどれくらい容易なものにするか、あるいは困難なものにするかは、あなた方一人一人にかかっています。大切な人たちよ、このことだけは一つ心に銘記しておいてください。あなた方の成功は保証されています。しかしながら、次の目的に到達するまでどれくらいの時間をかけるかはあなたの選択です。

大災害が地球の反対側で起こっているときには、災害やネガティブな状況から超然としていることは簡単です。しかし、それがあなたの国で起こっているとき、あなたの近隣で起こっているとき、そして、直接的にあなた自身や家族や家が影響を受けるとき、それは簡単なことではありません。その時、マスターとしての真の試練がやってきます。そんな時、あなたの聖心に心の中心を置き、あなたに何が起こっても、あるいはあなたの周囲で何が起こっても、高次元世界の友人たちが、混沌が支配する暗い夜に耐え、明るく新しい未来の輝く光の中へと導いてくれると信頼することができるでしょうか。

“私はどのように助ければよいのだろう?”と多くの人たちが問いかけています。第一に、あなたが光の模範例となり、すべての存在がそれを見てその光を浴びることができるように、あなたの神聖な光を放射してください。グループの瞑想に参加し、5次元の世界のピラミッドを頻繁に訪れ、あなた独自のエネルギーとあなたの愛と光をすべての存在の最善のために活用されるように提供してください。最大量の宇宙の光の物質をあなた自身に引き寄せ、あなたが住んでいる地域に、神聖な光のアダマンタイン粒子を固定させる錨となってください。ライトワーカーの多くのグループによって、5次元に偉大な光のピラミッドが数多く形成されるのを見てください。そして、最大限の宇宙の光の波を創出する意図をもって、このピラミッドの中の瞑想に参加してください。すべての存在にとっての最善のためにデザインされているこれらの光の波は、時がたつにつれてすべての国々を包み込み、大衆を覚醒し、これまで世界中の国々や人々の首を絞めつけてきたネガティブなエネルギーを浄化し、除去することになります。それぞれの国、それぞれの民族がユニークな存在であることを知ってください。というのは、彼らは明確な属性と願望と機会と挑戦を持つものとして創造されたのです。あなた方の一人一人が、最大限の奉仕ができ、最善の活動ができる場所に戦略的に配備されているのです。あなた方の脳/魂の構造の中には波動的な種のクリスタルがあり、これらのクリスタルが“真実と叡智と保護の光”にアクセスする手伝いをしてくれることでしょう。

わが愛する戦士たちよ、あなた方のハートセンターを閉じることのないようにと依頼します。怖れと絶望に陥らないでください。いま、地球上で、そして、高次元の世界で、あなた方の理解を超えた偉大な出来事が起こりつつあります。私たちはこれまでも何度も言ってきました。混沌の中から新しい創造が始まるのです。

今回おこった途方もなく大きな悲劇、そして、数多くの人々によって体験されるだろう苦しみを軽視するようにと依頼しているわけではありません。しかしながら、あなた方が3/4次元のネガティブなエネルギー・怖れ・混乱につかまってしまえば、それは誰のためにもなりません。あなた方の強力な思考形態と思考のエネルギーが低次元の波動パターンに入ることを許さないでください。それらのエネルギーは暗雲にさらなるネガティブなエネルギーを付加するだけの結果に終わります。そうする代わりに、あなたの強力な愛と光のエネルギーを混沌の真っただ中へと送り込み、混乱を広げる人々のハートの中へと送り込んでください。そして、暗闇が徐々に神聖な光によって克服されるのを見つめてください。

もっとも闇が深い時においても、私たちは愛情に満ちたエネルギーであなた方を持ち上げサポートし援助することを約束します。あらゆる創造物の愛と光は、あなた方の大胆にして着実な努力とあいまって、必ず勝利します。

私はあなた方の永遠なる友であり、あなた方を守る者です。

私はアーキエンジェル・マイケルです。



*  *  *

【転載】真面目にインナーワークをなさい~クライオン 

☆本日↓2011/4/2(土)の始めはこちらから。
【転載】AAマイケルメッセージ 2011年4月

*  *  *

クライオンのメッセージ【一部抜粋】です。※全文転載は禁止のため。
”これから”の事について、クライオンは語ってくれています。
クライオンの深い愛のエネルギーを感じます。
続きのメッセージを読みたい方は、リンク先で読んでくださいね。(3/30up分)

☆ [mixi]Kryon the Teachings より
http://www.kryon.org.za/

ディビッド.ブラウンを通しての~クライオンより
「真面目にインナーワークをなさい 」

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=61207549&comm_id=2759367

2011年2月14日
サンペドロ(コスタリカ)



愛しき者たちよ。私はマグネティック・サービス,クライオン。

まさに今宵、あなた方と共に過ごすことは素晴らしきことです。あなた方のうち幾らかとは、かなりの間一緒に過ごしてきています。それであなた方はこれらの教えを理解し始めています。あなた方は、それがどのように働くのかを理解し始め、それがどれほどパワフルなのかをわかり始めています。

新しい世界が来つつあります。この新しい世界は、今日の暮らしとはまったくまったく違ったものになるでしょう。この暮らしの中にもとてもたくさんな変化がありそうです。そしておそらく人口も減少するでしょう。2012年~2012年の終りへと向かうにつれ、ものごとも容易ではなくなっていくでしょう。しかし、人生が最高に安らかなものだということを見い出す人々は、キリスト意識となります。つまり、あなた方の家族構成全体が調和するということです。時が2012年に近づけば近づくほど、あなた方はご自分の直観と共に生きていくことになります。

磁気的な大きなシフトは最小限になっていくでしょう。この惑星は2012年以後には、これまでとは同じではなくなっています。ご自分の身体の中にいて、呼吸し続けていなさい。そして、起きていることすべては、まさにそうあるべきようになっているのだということを知りなさい。ご自分の呼吸に注意してごらんなさい。あなた方みなは、古い世界から新しい世界へと移るこの移行において、人生ももっととても容易なものにするこれらの教えにアクセスしています。ものごとは容易にはならないでしょう。けれどもあなた方は人間です。あなた方はチャレンジにも慣れっこです。ご自分自身をもっともっと意識的にさせるのも…この惑星で何が起きているのかを理解することをご自分に許すのも…ご自分次第なのです。

私たちはこの惑星にいる2つの種類の神について以前、お話しをしました。ご自分自身の魂の純粋さから生じた良い神と、ご自分の“傷ついた子供の部分”が抱えている傷から生み出された悪い神がいます。これは、あなた方がキリスト意識に向けてワークする時、ご自分自身に見い出す二元性でしょう。

しかしあなた方は、二元性が減り,もっと全体的になっているご自分に気づくことになるでしょう。人間として完全になること~これこそ、私たちがあなた方に求めていることです。この地球で磁気的なシフトが起きる時~その規模のものをあなた方は2012年の9月頃に受け取ることになるでしょうが、その時に、ご自分の身体にあるネガティブなものすべてのリリースが始まることになります。これは、とてもネガティブな人々,自分自身に取り組むワークをしてこなかった人々にとっては、完全にデンジャラスなことになりえます。あなた方みなは、ご自分自身と取り組んでいた時に、エネルギーをリリースするとはどんな感じのすることなのかを知ったはずです。時には、すっかり病気になってしまったかのように感じたこともあったでしょう。しかし、もしもネガティブさすべてを一度に全部リリースしたならば、それが、ありとあらゆる問題を引き起こすことになるでしょう。ですから可能な限りご自分を癒すことは、あなた方のためになるのです。私たちからお願いしましょう。物質界についてあれやこれやと心配するのではなく、ご自分自身を癒すことにできるだけ多くの時間を費やすように…と。

これらのチャネリングはスピリチュアルな経路にいる人々のもとに届きます。その多くは何年も何年も自分自身について取り組んできたヒーラーたちです。父親とワークすることはとてもとても大切なことです。私たちはチャネリングをお届けするたびにこのことをお話してきましたが、今、あなた方がご自分の父親…父親の父親である祖父…その父親…そのまた父親とつながっていることがとても重要です。彼ら~ご自分の親族にまつわるこの種のインナーワークをできるだけたくさんしてください。なぜならこれが、磁気的なシフトにあなたが耐えることができるよう…あなたを保持するエネルギーを生み出すことになるからです。

インフィニティの闇のサイドを支持して動いている人たちがいます。その種の働きを止める時間です。誠実になり、2012年には何がやってくるのかを世界の人々に知らせる時間です。闇のサイドで機能し働いている人たちは、ネガティブなものを最も多く携えています。それはABCと同じくらい簡単にわかることです。けれどもあなた方が自分は正しいことをしていると思っているのなら、それほど単純な話にはなりません。

世界全体が2012年に何が起こることになるのかを知っているべきです。そうであってこそ、このシフトは容易に滑らかに流れることができるようになるからです。2012年以降には、愛に基づいた意識が惑星地球上に残されているでしょう。「愛こそが唯一の答である。」と常に言われているのは、だからなのです。愛とは機械にとってのオイルと少し似ているかもしれません。オイル無しでは機械は長くは動かないからです。チャネリングで私たちはいつも、ネガティブな感情はもはや正当なものではなくなると申し上げてきました。あなた方は愛からリアリティを生み出していくことになるともお話してきました。それが、キリスト意識です。キリスト意識とは愛であり、心に響く“生”なのです。

この世界は愛についての世界です。この惑星ではたくさんのゲームが演じられてきました。決して起きてはならなかったこと~原子爆弾の投下もありました。男たちに大きな恥の意識を生じさせる女子供を殺すことも行われてきました。どんな社会もその意識に踏み込んできました。たとえばカタリ派のような社会でも…。社会~彼らは彼らに反することに関与した者たちを大量虐殺してきました。これは受け容れがたいことです。そしてこれが世界に激しい痛みを生じさせてきました。

その男たちがこの地球に来なければならなかったのは…そして無意識のまま来なければならなかったのには…たったひとつの理由があったからです。それは、キリスト意識になるため…自分が持っている贈り物(才能)をもたらすため…自分の贈り物を顕現させるため…そして愛を明らかにするため…そのために同輩たちから教わることなのです。いわゆる先住民の世界ではそれがありました。けれども、そこにも意識の降下という大きなスパイラルありました。それはエジプトを通り、イスラエル,ギリシャ,ローマへと広がっていきました。とりわけ、ローマが広大な権力を得るようになって以来、この惑星の意識は下降するスパイラルになりました。そこにはローマ帝国の時代から生じている邪悪なエネルギーがあります。そしてそれは今日になってもいまだ意識の中を流れており、世界の人々・民族の間に大きな傷と苦しみを引き起こしているのです。これは止めねばなりません。

自分が何たるかを知り,本当の自分という者を本当に理解した意識をこの世界にもたらすために…その行動を起こすために…残されている時間は僅かしかありません。私たちはこのようなチャネリングにおいて、いつも申し上げてきました。「あなた方はこの宇宙のマジカルビーイング(マジカルな存在)である。」と…。完全なる人間は本当にマジカルな存在です。この惑星上でマジカルなこと~魔法のようなことをたくさんすることができるからです。あなた方には絶えず自分のリアリティを生み出すことができます。そして、古い自分を手放して新しい世界へと進んでいく時間です。

エネルギーはすべてをサポートするためにここにあります。完全であるよう、人間誰もをそこへ連れて行こうとしています。しかし完全であること~そこには情報の自由な流れ,真実の自由な流れがなければなりません。そこであなた方は善き神を信頼していなければなりません。ご自分が最も関心を持っていることの中にすべてがあるということをあなた方は理解せねばなりません。そして、あなた方はスピリットたちの世界で採決され地球にその情報がもたらされている神の一部であるということをあなた方はわからねばなりません。

このチャネリングを聞いているあなた方ひとりひとりが、自分の贈り物をここ~この地球で明らかにするためにここにいるのです。このメッセージを聞いているあなた方皆がヒーラーになるでしょう。ご自分のエゴを完全にリリースして、ご自分の誇りとなるものすべての中でご自分自身を明らかにすること~それが、あなた方がすることです。あなた方は神の腕の中で安全に抱かれて安心しているご自分を感じるようになるでしょう。ヒーラーたちは皆、困難な人生を生きてきました。それは、そうあるべきようになっていたからです。なぜなら困難な人生を生きてこそ、ご自分自身を理解することができるからです。そのためには、たくさんのたくさんの問題を通して取り組まなければなりません。それをしてこそ、他の皆の事を理解することができるからです。あなた方がご自分自身の中で癒してきたことがあれば、他の人のそれをあなたはいとも簡単に癒すことができます。そしてあなた方がそれをすればするほど、ご自分自身ももっともっとクリアに完全になっていくでしょう。もっと完全なあなた~もっと良い人間となるでしょう。

闇の中から出て光の中へと進んでいく必要のある人たちがたくさんいます。これから先は、困難な時間になりえます。けれども、この地球はあなた方のものだということを知っておいてください。それはあなた方の地球であり,あなた方に属しているものなのです。そしてそれは、そこに生きている生命すべてに等しく属しています。それは(権力を持つ者などの)少数派に属するものではないのです。彼らが続けている方法を続けていくことは彼らにとっても無意味です。彼らが作るものは何であろうと砕けることになるからです。

私たちスピリットの世界にいる者たちは、あなた方が魂/キリスト意識になるようあなた方をサポートするために、私たちにできるあらゆることをしています。ご自分の状況やご自分が属する社会の条件付け次第でご自分のチャクラが時計回りしたり,反時計回りをすることに、あなた方も気づくようになるでしょう。キリスト意識,魂の意識とは何でしょう。それは、あなたの七つのチャクラが常に時計回りの動きをしている時のことです。あなた方が意識的になればなるほど、大方の政治家たちを目にしているときに彼らのチャクラがネガティブな反時計回りという形で機能しているのがわかるようになるでしょう。彼らは彼らが思っている『あなた方が聞きたいこと』を話しています。彼らは真実を話してはいません。そして彼らが、本当のあなたという者からあなた方を遠ざけるよう導いているのです。

もう一度申し上げましょう。この地球では、たくさんのたくさんのものごとが変化していくことになります。あなた方~そこにいるヒーラーたちは皆、ご自分のインナーワークをすることにできる限りの時間を費やすことが“ため”になります。あなた方はこれを今、する時間です。来年には、もっともっとたくさんの人たちとたくさんの働きをあなた方はすることになります。この惑星上~あなた方の世界の指導者たちはであなた方を上手に導いてきてはいません。そこには、膨大な量のなされるべき仕事があります。


続きは、こちら→http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=61207549&comm_id=2759367


-Jueux さん訳


2011/4/3(日)曇時々雪



4月から、改めて実践として始まったチャネリングのレッスンだけど、1日目から何とか会話が出来始めた。

おかげさまで。って感じ。(笑)

結局、以前から何気なく受け取ってきたことと、あまり変わらなくて、「こんなに簡単だったの?」なぜ、これがこんなに難しく感じていたのかさえも、不思議になった。

で、よくよく感じると、yohamと話しているときと同じ。それが、ジャーちゃんだったり、ミカエルだったり。(今のとこ)

ミカエルとの会話はしばらく振りだったので、寂しかったようなこというと、

「○○○、これで分かったでしょ?」

って、感じで、羽でハグ? ジャーちゃんも。(笑)

「わかったから!」(笑)

こんな感じで、順調に、1時間くらいは話しているかも。

単発で、受け取ってきたことが、ただ、会話となっただけでも進歩といえば進歩なんだけど、まだ、疑いも入るので、メモに書きながら行なっている。

深い部分までは読取てないけど、今までGちゃんとの会話で、軽くちょっとしたやり取り(友達同士のたわいない会話)の感じなら、大丈夫みたい。

最初の日は、「なんだよ~。これじゃ、いつもの”ひとり言”に毛が生えたようなもんじゃん!!」と言った。

あまりにも、普通で、自然だった。

でも、たしかに、返事がある。【感覚】で。

昔、ミカエルにも言われたことあるけど、チャネリングというものに、期待がありすぎたんだろうな。
「もっと、ハッキリと耳で聞こえるように感じるんだろう。」という感じで。

今、やってみて以前と違うのは、意識の向け方かも。
無意識、意識的でも、「聞き取らなきゃ」という部分は、かえって邪魔してたんだな。
分かってはいても、、、ってところだったんだけど。

ミカエルの一言めは、「チャネリングレッスンおめでとう。これからが、本番ですよ!」だった。

その会話の間で、「ガイアにもつながれる練習が必要ですよ。」と言われ、とにかく意識を向ければ普通に返事がくる。
チャネしながら「ほんとに繋がっているんだ~~~。」と感じた。ミカエルも来てもらったので、3人(?)
でも話をした。

これで、メモが残って居なかったら、たちまち疑いになったろうと思う。

今日、Gちゃんにその報告したら、喜んでくれて、それでもジャーちゃんは、「まだ、疑ってますね。」って。

うん、たしかに、、、、(汗)

で、意識を向けたら、もうどことだってつながれるって言うんだよな。プレアデスでも、シリウスや、昨年とかメッセージを貰った存在たち、シリウスのツインフレーム、アイリス、ホワイトブラザーフットなんかもどこでも。
それと、いつも夢見ている間に遊んでるニギハヤギノミコトともできるって。
ただ、アンドロメダは、遠いから、ちょっと繋がりにくいとのことだった。

ま、そんな感じで、もうGちゃんに確認しようとしても、「自分で感じなさい」と促されるので、よっぽどのことでないかぎり確認は出来そうにない。しっかり自信がもてるようになるだけだ。(笑)

今日のバイトの休憩の一服した時も、「○○○、こんな時もどんな時も受け取れるようにならなければなりりませんよ。」とミカエルが言った。「うん、そうだね。」と答えた。

ミカエルは、名前で来てくれることがあるので、わかりやすい。”来てくれる”という表現もおかしいのだけど。

だいたいにして昨日は、石をもって瞑想する準備に入る前に「そろそろレッスンするから、よろしく~。」
と言ったら、スタンバる前に「いいですよー。」って、普通に受け取ってるし。(汗)

じゃ、別に石を持ったり、瞑想する必要もないじゃん。って感じなんだけど、、、(笑)

最初は、形からレッスンしても、いずれは、ミカエルの言うとおり、いつでも、どこでもということを考えたら、自転車の練習と一緒で、補助車は外さないとね、、、。

とにかく、練習あるのみ、このまま進め~。って感じ。

でも、自分の概念が外れていくのもタイミングってあるのかな?

昨日の、AAマイケルの4月のメッセージにも書いてあったけど、先駆者となってきた人たちは、今「コミュニケーション回路」を開いているところだって書いてあったので、同じ段階のひとは、こうしてレッスンをしてるのかな?と思って。

こっちに、来てから環境にも仕事にもなれてきて、肉体も数字つヒーリングしたおかげで、少しずつ楽にになってきたのもあるし、HPも一段落できたからっていうのもあるように感じて。yohamもだから感じさせてくれ、全てのタイミングが整ってきていたんだと思う。

それで、今日もレッスンしていたんだけど、その中で、昔チャネラーさんに聞きそびれていたことがあったけど、思い出したのでジャーちゃんに聞いてみた。

この時は、2006年の夏くらいだったかな?シャワーの時に、綺麗な声が聞こえてきたとき。

この時→07/11/16これまでのプロセス【お金編】-1

この「女性の声は、誰だったの?」って聞いたら、”アフロディーテ”って受け取った。

「たしか、女神? 豊穣の女神だったっけ?」と思って後からネットで調べた。

ダウジングでも確認したけど、やっぱ、そうみたい。
数年も経ってから知ったけど、あのときは、突然だったけど、ハッキリとした感覚だったので、疑いもそんなになかったんだよな~。

今日のレッスンの中では、先日ジャーちゃんが言っていたことを実践してみた。
「痛みを感じ尽くして手放す」って言ってたんだけど、私は生理痛だったため、どうやって痛みを手放す?と聞いてみた。

「やってみなさい。」って言うので、やってみた。これは、全く”恐れ”を手放す要領と同じだった。

「痛い、痛い、いやだ、いやだ」では、手放すことできないので、「感じつくしてやる。こい!!」位の勢いで、痛みを感じると、自分がまるで、掃除機の吸引口のように、痛みを吸い取る。これは不思議だった。

そうやって感じ尽くしていると、痛みは消え、やはりこれも【幻想】なんだと実感した。

でも、持続性はまだない。”恐れ”といっしょで、消えてもまた浮上してくる。
それは、やっぱり深い信念体系があるからみたいだ。
なんどもやっているうちに、感じなくなっていくみたい。でも、数回、ジャーちゃんに見守られながら試したけど、本当に消えていくのは確かだ。面白い体験だった。

あと、いろいろ話してはいるけど、まだ練習段階なんで、もっと深い内容まで受け取れるようになってきたら、ブログの中でもかけるのかも。

いつでも自分で聞けるというのは、やはり便利だ。(笑)
今後も、いろんな存在たちと繋がれるようにレッスンを進めていく。

今日は、こんな感じ。


*  *  *

久しぶりに、セリエ・ファン経由のミカエルのメッセージがあったので、転載する。

【転載】新しい地球のエネルギー~大天使ミカエル へ

☆本日↓2011/4/3(日)の始めはこちらから。
【チャネリング:レッスン3日目&痛みも幻想】


*  *  *

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載させて頂きました。(4/2up分)


大天使ミカエル
Archangel Michael

新しい地球のエネルギー
New Earth Energies


11 February 2011 - 1:01pm
セリア・フェン経由
Channeler: Celia Fenn
Archangel Michael: New Earth Energies February 2011 channeled by Celia Fenn
February 9, 2011


===============================================


最愛なる光の仲間達、今現在、皆さんの地球上では大きな変化が起っています。

古いグリッド系が崩れ落ち、‘新しい地球の5次元のグリッド’が活性化しているからです。

そうです、実際に、これは一目見ただけでは不安定や動揺のように思われるかもしれませんが、しかしより深く見るにつれて、これはすべてわたし達が過去数カ月、数年の間言及してきた変化や変容の一部であることを、皆さんは理解するようになるでしょう。

そして、わたし達は繰り返し伝えますが、皆さんはこうした変化の中を進んでいるのですから、怖れの中に留まるのではなく、すべては‘神聖なる秩序’の中に存在していることを認識してください。


皆さんは神の愛の中で支えられ、支援されるようになるでしょう。

最愛なる皆さん、進化とは、‘存在の物質的な次元領域’上に‘創造的な霊のエネルギー’が明らかになる過程です。創造はその‘愛の無限の表現’においてより複雑で美しいものになっているため、それは進行中の過程です。

同様に、皆さんの個人的な進化も‘愛の無限の表現’であり、怖れや不安ではなく、歓びを受け入れるようになることです。


最愛なる皆さん、確かに、皆さんは目覚めていない“無意識の”集団の内部で不安の波に遭遇した時に怖れを感じるかもしれませんが、しかし皆さん自身がこの怖れと不安の虜にならないようにしてください。

わたし達がここ数年皆さんに明らかにしてきたように、皆さんの‘聖なるこころのエネルギー’の中心に留まり、皆さんの内面の‘愛と平和’という平衡を維持してください。

すべてが順調に進んでいます。


さて、数多くの人々がエネルギーの移行の“症状”を感じるようになりますが、それ以降、わたし達は、皆さんという‘存在’と皆さんの‘身体’の内部のこうした過程についてのわたし達の把握や理解を皆さんと共有するようになるでしょう。

現時点では、銀河はわたし達が“高調波同調”と呼ぶことになる状態に入っているところです。

これは、すべての多様な‘水準’や‘光の次元’が、‘光と音の高調波同調’に向けて移動していることを意味していますが、それは‘神聖なる光’の内部の干渉性を反映しています。

これが、銀河の至る所で最も美しい‘天界の音と倍音’を創り出しています。

それは、銀河がその‘双子の光彩の銀河’、アンドロメダと同調し、次に‘すべての創造と光’に属している‘宇宙のこころ’と同調するからです。

そうです、最愛なる皆さん、‘光、愛、そして無限という壮大な過程’が存在しますが、しかし現在、その同じ過程が皆さん自身の身体と多様な次元および水準の中で発生しています。

皆さんの物質的な身体’とそのDNAは、‘地球の符号’や‘物質的な創造’のすべての水準と同調しています。

その一方で、皆さんの魂は霊や‘宇宙の創造’のすべての水準と同調しています。

こうしたふたつの過程が‘こころ’のなかで合流し、そこから皆さんは‘古代の叡智’と‘無限の愛’を感じ、それを維持します。

その古代の叡智と無限の愛が、皆さんの進化の過程を通して皆さんを動かしています。

現時点において、皆さんは、皆さんがこの時点で利用できるDNAの水準である13“鎖”のすべてを活性化してきた場所で単純に皆さんのDNAのすべての水準と同調しています。

13鎖という皆さんの‘DNAの光の符号’の水準は、皆さんの‘宇宙のこころという起源’に、‘創造の記憶という宇宙の夜’の内部深くに、皆さんを結び付けます。

皆さんがこの究極の光とつながる時、皆さんは‘無限の宇宙の創造’というすべての‘叡智と愛’につながります。

ですから、皆さんが皆さんの物質的な存在の内部のこうした過程の移行や残響を感じる可能性を持つことは、さほど不思議なことではありません。

さて、皆さんは、この時点ではこうした水準に接近していない、と言うかもしれません。

皆さんは、昨日したこと、あるいは去年したこと以外のことは認識していない、と感じるかもしれません。

しかし、最愛なる皆さん、わたし達は伝えます。

皆さんはこの情報に皆さんの精神的な身体や皆さんの無限の精神で接近することはないでしょう。

精神的な身体ひとつだけでは、この情報を維持することはできません。

それは皆さんが情報記憶装置の“限定能力”と呼べるものを持っていて、それが直線的な時系列内の出来事に限定されているためです。

もちろん、これは精神的な身体の目的であり、3次元の直線的な時系列の内部の経験を促進するために設計されたものです。

それは決して皆さんの存在の限定要素として意図されたものではありません。

‘宇宙の叡智’や‘無限の知識’は‘光の身体’、“内的な次元の身体”の内部で維持されていて、‘光の領域’に向けて符号化されています。

ここは、‘ダイヤモンドの光の身体’がとても重要になる場所です。

何故なら、‘ダイヤモンドの光’の粒子が‘創造的な根源’の‘叡智と愛’を維持しているからです。

‘ダイヤモンドの光’は宇宙の創造主の“DNA”のようなものであり、それが13次元から現れている‘無限の愛と叡智’と‘すべての光’を維持しながら、‘宇宙の愛’の‘音と倍音’を伝えています。最愛なる皆さん、この高調波同調の過程の中で、皆さんという‘存在’のそれぞれの水準が‘宇宙のこころ’の鼓動の‘音と倍音’と同調する過程の中に存在しています。

皆さんは、神の愛の覚醒した意識的な表現になっているところです。

そして皆さんは、皆さんの‘こころ’、‘魂’、そして‘霊’の中でこれを“感じる”ようになるでしょう。

また皆さんは、‘瞑想’、‘儀式’、そして‘集団的な光の団体旅行’の内部で、皆さんという‘存在’のより深い領域向かう旅の中でこの情報に接近するようになるでしょう。


神聖なる女性エネルギーと宇宙の葉歯の抱擁
The Divine Feminine Energies and the Embrace of the Cosmic Mother

‘最愛なる光の仲間’の皆さん、皆さんはこの‘宇宙の高調波同調’という過程に向けて移動してきたため、皆さんは、流入しているシェキナの光の波動を通して、支援する‘愛’や‘偉大なる母’、‘神聖なる女性原理’の‘滋養’によって支援されてきました。

これは、‘神聖な光と愛の高い周波数’を維持している‘プラチナの光線’の位相になっています。

現在、皆さんは‘宇宙的な高調波同調’に向けて移行しているため、皆さんは‘偉大なる宇宙の母の抱擁と愛’を経験し始めています。

‘宇宙の母’は、マート(Ma'at)として古代の人々に認識されていました。

マートは、‘全存在’の‘宇宙的な平衡’を維持している存在です。

彼女の名前は“マヤト”、あるいは“マイア”と発音され、彼女の“子供達”はマヤ人であり、‘時間の叡智と平衡に対する宇宙の管理者’の人々です。

マートは、光の次元を通して‘宇宙的な創造’の展開を理解する方法となっている“時間”として認識されているものを秤量し、測定し、創造する存在です。

マートの“子供達”になっている人々は、‘マートの管理者’、‘聖なる昼と夜の管理者’達であり、‘宇宙の昼と夜’の‘波動と周波数’を通して皆さんを導いている人々です。

この‘偉大なる光の存在’のための‘象徴’が、一本の‘羽毛’です。

これは、彼女が“軽い”‘存在’であり、宇宙の創造の風で‘浮かび、自由に動き回っている’ことを示しています。

最愛なる皆さん、完全な‘平衡’を保ちながら風に乗って飛翔している鷲を思い浮かべてください。

それがマートのエネルギーです。

彼女は‘偉大なる神秘’であり、‘宇宙の夜の管理者’です。彼女の抱擁の中に入ることは、‘全存在のこころ’に入ることであり、古代の人々が‘惑星地球’そう呼んだように、“数百万年の小舟”の内部の‘存在の軽やかさ’と‘宇宙的な時間の流れ’を経験することです。

彼女の‘光と愛’によって抱擁されることは、皆さんの‘無限の本質’を認識することであり、皆さんの‘宇宙の叡智’とつながることです。

何故なら、‘宇宙の夜’と‘無限の存在の偉大なる神秘’を通して、彼女は皆さんを導いているからです。

マートが皆さんの生命に入る時、彼女は皆さんがその‘こころ’と皆さんという‘存在’の中に平衡を維持するための支援をします。

彼女は、皆さんが‘存在の軽やかさ’を維持して、偉大なる宇宙のこころから届けられる‘創造の風’と‘宇宙の光の波動’と伴に、‘自由に移動する’ための支援をします。

'偉大なる宇宙のこころ’は、‘光’の中で‘創造と進化’を始動させます。

最愛なる皆さん、もしも皆さんが、ただ支援されることを皆さん自身に許し、またいつでも‘神聖なる愛と優しさ’によって存在することを皆さん自身に許すのであれば、‘風の中の一本の羽毛の優雅さと優しさ’と伴に、こうした宇宙の光の波動に乗ることができます。

最愛なる皆さん、そしてまた、‘宇宙のこころ’から皆さんのところに訪れている‘光の波動’の本質を理解し、またそれがどのようにして継続している‘銀河の発現’と‘宇宙の創造’を広げている表現になっているかを理解するために、‘マヤの人々の昼の管理者達’の助言と叡智が皆さんを支援することになるでしょう。


流入している光の波動と5次元の新しい地球の発現
The Incoming Waves of Light and Expressing the Fifth Dimensional New Earth

‘最愛なる光の仲間達’、地球は‘銀河の中心’との‘高調波同調’に移行しているため、‘偉大なる神秘’からの‘光の波動’はより強烈で強力なものになるでしょう。

この同調は‘誕生の過程’、あるいは‘出生の再体験’であり、皆さんは‘創造のすべて’と並んでこの‘偉大なる進化の跳躍’の準備を整えています。

わたし達が以前伝えておいたように、この‘創造の螺旋’における鍵となる瞬間は、11月11日であり、この時地球は2012年の出来事のために自身の同調を行います。

しかし、皆さんは3月にはこの過程を支援することになる‘光’の波動が近付いていることを感じ始めるでしょう。

こうしたエネルギーの波動は‘神聖なる調和と統合’の周波数と符号を運ぶようになり、また‘5次元のグリッド’をかなり強力に活性化することになるでしょう。

これは、‘新たなグリッド’上での‘創造’の過程がふたたび加速され強化され、この現象と並んで古いエネルギーグリッドの崩壊が加速されるようになることを意味しています。

これは‘経済体制’の上で繰り返される圧力として発現することになるでしょう。

それは、他の何よりも怖れという古い限界の中で人々を拘束しているものが、この体制となっているからです。
最愛なる皆さん、経済体制は繰り返される圧力にさらされるため、わたし達は皆さんが怖れに飲み込まれることのないように求めます。

皆さんの必要性は一致することになり、皆さんは5次元のグリッドと光のネットワークによって支援されるでしょう。

崩壊することになるのは3次元のグリッドだけですが、それでもこれは悲惨で終末論的なもののように思われるかもしれません。

皆さんの限定された精神にとってどのように感じられようとも、皆さんは3次元のグリッドによって維持されているのではないことをいつも忘れないでください。

皆さんの力は、皆さんという無限の存在と、皆さんのこころの中でエネルギーを維持して皆さんが必要とするものを発現させる能力の中に横たわっています。

皆さんは力強い存在であり、愛されています。

そして皆さんは愛として存在しています。

ですから、‘3月の昼夜平分時’までに、皆さんはこの‘波動’の強さを感じるようになるでしょう。

そして、皆さんは‘新たな創造’に向かう‘宇宙の光の波動’の上の一本の‘羽毛’のように浮遊することになるでしょう。

新しい発想、新しいつながり、新しい計画、そして新しい共同体が皆さんの下に現れるでしょう。

なぜなら、こうした‘宇宙の波動’は、‘新たな創造’と‘新しい地球’の‘エネルギー’になるからです。

ですから、わたし達は皆さんにこう促します。

崩落して行くものに意識を集中させるのではなく、むしろ発現するために浮上し現れてくるものに意識を集中させてください。

それは、‘新しい地球’であり、‘光の時代’です。


©2011 Celia Fenn and Starchild Global * www.StarchildGlobal.com * This work is licensed under a Creative Commons License.
* http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.0/ *
You are free to copy, distribute, display, and perform the work under the following conditions: You must give the author credit, you may not use this for commercial purposes, and you may not alter, transform or build upon this work. For any reuse or distribution, you must make clear to others the license terms of this work. Any of these conditions can be waived if you get permission from the copyright holder. Any other purpose of use must be granted permission by author. Please include this information in its entirety, including these footnotes. Thank You! *

http://lightworkers.org/channeling/124614/archangel-michael-new-earth-energies



翻訳:森のくまさま


2011/4/10(日)晴れ


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Archangel Michael: The New Earth Energies for April 2011
“Renewal and Rebirthing: Integrating the big shift and moving into compassion and the solar light activation”
8 April 2011
Channeler: Celia Fenn
http://lightworkers.org/spiritual-channeling-ascended-masters-channe


2011年4月のニューアース・エネルギー


「再生と再誕生:大きなシフトを統合し思いやりに入っていく。ソーラー・ライト・アクティヴェ―ション」- 大天使ミカエルのメッセージ

愛しき光の家族たちよ、あなた方は、古い3次元的なタイムラインから、新しい5次元的なタイムライン、そして未来の新しい地球へと、地球上の本当に大きなシフトを体験しています。
このシフトは概念的または知覚的であるだけでなく、文字通り地球の軌道のシフトでもあり、また太陽の周りだけでなくグレート・セントラル・サンや銀河の中心に関連したシフトでもあります。

もしあなた方の科学者たちがこのようなことを測るのに長けていたとしたら、彼らは、地球が太陽とグレート・セントラル・サンと呼応して整列していることを見るでしょう。
これは、地球の環状または周期的な軌道を古いタイムラインから出て破壊へと導き、また神聖なる意志と神聖なる創造的な知性Creative Intelligenceとの整列の中で創造的な顕現を続ける新しいタイムラインとの整列へと動かす効果があります。

愛しき者たちよ、時間は4次元の本質であり、“時間の段階”を通って惑星をシフトし、新しい5次元のタイムラインに入るためには、惑星がシフトし調整する必要がありました。
この調整はあなた方の地球上においては、地球のシフトによる乱れが創られ、それは、あなた方が環太平洋火山帯として知る場所において、地球が“バルブを解放”したように感じられるストレスの原因となりました。

たくさんのレベルとたくさんの次元に広まったこの激しいシフトは、地球と地球上の人々にとって、とても困難なことでした。
日本では大きなダメージとたくさんの命が失われており、環境のダメージは今も続いています。
愛しき者たちよ、天使的な光のフォース(力)たちは、これらのダメージを限定するのをアシストしつづけており、日本の人々の再建において新しいアシスタンスと思いやりの道を創るのを助けています。

ですがまた、多くの方がこの再整列を、ご自身の現実においてのショックとしてお感じになったことを私たちは知っています。
いくらかの方々は、ご自分の人生が地球の新しい軌道と再整列するにつれて、ご自分の高次のガイダンスから“切り離された”ように感じたり、困難な状況を体験なさっています。
愛しきソウルたちよ、私たちはこれがどれほど難しいことかを知っています。
そしてまた、いくらかの方々があまりにも先にまで押し出されて迷子になったかのようにお感じになっていることも私たちは知っています。
ですが、このシフトには地球の道を完全に変化させる効果があることを知っていただきたいと思います。
やがてあなた方は地球上の生命は、再生と再誕生のプロセスに在ることを見るでしょう。そしてその時が来れば物事はもっと容易になり始めるでしょう。

あなた方は、ご自分の高次のガイダンスのチャンネル(導管)、地球、他人と、より深く、クリヤーでもっと意味ある方法で再びつながります。
あなた方は新しい創造的なエネルギーの波を感じ、そしてそれがあなた方を新しい成長と、個人的そしてコミュニティの発達の新しい段階の中へ持ち上げる喜びを感じるでしょう。
地球の道は、新しい地球のタイムラインとの整列を確かなこととするために“調整される”ので、もちろんまだシフトや変化は続きますが、2010年の12月の冬至に始まり2011年の3月の春分に完了したこの大きなシフトを通してあなた方は大きく進んできており、これからもあなた方の大きな歩みが取られていきます。

愛しき光の家族たちよ、地球に流れ込んでいる新しいエネルギーは輝かしく美しく、そして愛と思いやりの神聖なる女性性のエネルギーである新しいシェキナーの光の放射に満たされています。
愛しき者たちよ、あなた方がこの入ってくるエネルギーと整列し、それらがあなたのエネルギー体そして肉体の内側深くで活性化し統合するのを受け入れることが、現在、あなた方の変換のプロセスにおいて、とても重要であることを私たちは告げたいと思います。


☆ 思いやりと無条件の愛のカギ:神聖なる女性性の光のギフト

愛しき光の家族たちよ、以前にも言いましたが再び言いましょう。思いやりCompassionは高次の意識そして新しい現実との整列の中で暮らすカギです。
思いやりCompassionは、シェキナーの神聖なる女性性のエネルギーの最高の形であり、それは恩寵、美しさ、平静、無条件の愛のエネルギーを含みます。

期待や要求なしに愛するプラクティスである無条件の愛が、思いやりCompassionと合わさる時、それはパワフルなヒーリングの共同作用とミラクルを創る創造的な顕現を創造します。

日本で起こった出来事は、あなた方が恩寵と美しさの神聖なる女性性の中へと入り、育みとケアが必要な人々への思いやりと愛とつながる機会でした。

愛しき者たちよ、古い地球の古いエネルギーの中では自分自身にフォーカスし、自分の必要な物や望むことにフォーカスすることは普通のことで、他人や全体としてのコミュニティのために何が必要かを考えることはありませんでした。
新しい地球の新しいエネルギーの中で、あなた方は物事が今とは違うことを発見します。そして繁栄する人々は、自分のローカルそしてグローバルなコミュニティにおいて他人の必要とすることや望むことに気づく人々であることを発見するのです。 
5次元の本質は相互のつながりであり、そのような現実の中でのコミュニティの必要性と希望、そしてこれらに必要なことと働くことが、あなた方のハートに喜びと幸せをもたらすのです。

愛しき者たちよ、地球は変化し、シフトしており、これはあなた方が親しんできた“古い地球”と同じではありません。
物事が行われる方法は変化し、“ルール”は変化しています。
自分勝手な興味や貪欲を続ける人々は、シンプルに自分が繁栄しないことを発見するでしょう。
新しい地球の意識は、協調と全ての人の権利を考えることが、幸福と調和を創るのだということを知っているのです。

この人生の新しい認識は、無条件の愛と思いやりによって理解されているものです。
無条件の愛とは、どんな状況においても最善のために尽くし、他人にどんな期待もなく愛を与えることを意味します。
思いやりCompassionとは、あなたが痛みや苦しみの中にある人を感じ理解し、その人の痛みや苦しみを終えるためにあなたが出来るアシストを行うことを意味します。
目覚めた存在としてのあなた方は害を与えることはなく、あなた方は行える方法で他人をアシストし、サポートし、育むでしょう。
これが新しい地球の意識であり、これが平和と愛の未来への道であり、宇宙の市民としてのあなた方の生まれ持った生得権なのです。

愛しき者たちよ、2012年の12月に最高潮になるこの再整列と継続していくシフトは、あなた方が宇宙の光の存在としてのご自分の生得権を宣言することを許します。
あなた方は、スピリチュアルな側面を持った肉体的な存在にすぎないというご自身の認識の向こう側に進み、ご自分の肉体とライトボディが溶け合うのを見て、ご自分は光とエネルギーの存在であり、創造的なソースのハートから宇宙の光の波を統合し伝達することが出来るのだということに気づくのです。

光の存在としてのご自身の探求、ヒューマン・エンジェル的な本質の探求を始めるにつれて、あなた方はご自分自身やご自分の存在のたくさんの新しい側面についての認識をし始めます。
あなた方はエネルギーソースとしての太陽との関係をもっと完全に理解し始め、また進化と成長にエネルギーを与え、光のコードや神聖なる創造的な知性Creative Intelligenceの教えを持つ宇宙の波Cosmic Waveの源としての銀河の中心との関係をもっと完全に理解するでしょう。
あなた方は、これらの波がライトボディにどのように吸収され、人間の中へと統合されるかを認識し始め、どうやってこれらの光のコードが、あなた方のライトボディと肉体のDNAの中のある特定のコードのインターフェイス(接点)となる引き金として働くかを認識し始めます。
これらのインターフェイスが活性化されると、あなた方はある特定の能力とギフトを持っていることを理解し始めますが、これらは神聖なる創造的な知性creative intelligenceとの整列の中で、無条件の愛と思いやりに基づく創造の神聖なるエッセンスとともに調和の中でのみ使われます。


☆ ソーラー・ライト・アクティベーション

現在、増加している光の放射線(物)のレベル(これが太陽フレアからでも他のソースからだとしても)に対処するのをアシストする瞑想と活性化をお伝えしようと思います。
愛しき者たちよ、あなた方はこれからの18カ月間に高いレベルの太陽フレアと、放射腺へのさらなるフォーカス、光の放射があることを発見するでしょう。

さて、過去10年間には、ソーラー・ライト・コードの伝達を通して強烈なライトボディの活性化が起こってきました。ライトボディの構造を含む人類として完全なオリジナルのブループリントの活性化です。
ライトボディは天上のいろいろなソースからの光の伝達のためのコネクションと導管となるためにデザインされており、この潜在力の発達は、あなた方が肉体にダメージを受けることなく強烈な放射線の放射を吸収するのを許します。

ライトボディが活性化された時には、これらの光の放射は吸収され、ライトボディの周りに届けられ、それによってそれらは肉体に害を与えません。
どんな強烈な光の放射によるダメージも人間のホログラムへのものです。強烈な光はホログラムへのダメージの原因となり、これが肉体の苦痛や病気になるのです。
ライトボディが活性化され、光が体のメリディアンの中へと吸収される時、ホログラムの統合は損なわれず、ライトボディはさらに輝き、さらに美しくなり、肉体はエナジャイズされ、浄化されます。


では愛しき者たちよ、ここで瞑想と活性化をお伝えしましょう:

静かな場所に座って目を閉じてください。
3回深い呼吸をしましょう。そしてあなたのハートセンターにフォーカスをします。
再び3回深い呼吸をして、ご自分が深い平和の内側に在るのを受け入れましょう。

ではあなたの体にエネルギーが降りていくのに任せます・・・ベースチャクラから足の下のアーススターチャクラへ・・・。これはあなた自身のパーソナルな“アースキーパー”ホログラムまたはクリスタルです。
ご自分が地球の中へとグラウンディングし、つながっているのを感じましょう。
そして、地球の中心のクリスタルのホログラムに向かってエネルギーが降りていくのに任せます・・・ご自分自身がアースマザーの深い愛とサポートとつながるのに任せましょう。
あなたは地球に愛され、つながっており、サポートされています。

ではそのエネルギーをハートへと戻してきます。3回深い呼吸をします。
そして喉、眉間、そしてクラウンチャクラへとエネルギーが上がっていくのに任せましょう。
クラウンチャクラがゴールドの蓮の花のようで、その花びら一枚一枚が太陽に向かって開いていくのをヴィジュアライズします。
花びらが開くにつれて、それらは太陽光線の放射を受け取るレシーバーとなります。
それぞれの花びらが光を吸収し、それをライトボディへと伝達します。
ライトボディの中へと光が伝達されるにつれて、体はさらに輝き美しくなり、暖かさを感じます。
再び深い呼吸を3回しましょう。

では頭の上へ・・あなたのソウルのエネルギーがフォーカスされているクリスタルのホログラム、ソウルスターへとエネルギーのフォーカスが上がっていくのを受け入れましょう。
これを白い光の蓮の花のようにイメージしましょう。
そして花びらが銀河とコズミック・サンからの光の伝達を受け取るために開きます・・・レインボーの光が脈打ちながら、ソウルスターチャクラへと入っていき、そのレインボーの光は脈打ちながらライトボディの周りへと運ばれていきます。
ライトボディがさらに輝くにつれて、あなたはまた暖かさが増すのを感じるかもしれません。

光が流れるのにただ任せてください。この活性化は、あなたが天上の光や太陽光線のレシーバーとなるのを許し、意識的なやり方で、この光によってあなたのライトボディを育むのです。
愛しき者たちよ、この脈打ちながら輝くライトボディは、光のシールドとしても働き、そしてまた、あなたがご自分の環境の中で出会うどんな放射線の配達者としても働くことも知ってください。
あなたのライトボディの本来のデザインの目的は、あなたの存在の物質的な側面にダメージを与えることなく、最高の光の周波数へとあなたをつなげることです。

では、あなたの注意をハートセンターに戻してきて、3度深い呼吸をします。
そして準備が出来たら、目をあけましょう。

この活性化は、あなたが太陽フレアや環境の中の強力な電磁波の圧力を感じる時には、いつ行っても良いでしょう。

新しい地球の現実の中でのあなた方の旅において、たくさんの愛と喜びがありますように!


www.starchildglobal.com
©2011-12 Celia Fenn and Starchild Global

このワークはCreative Commons Licenseにおいてライセンスを与えられています。
次の状況下においてこのメッセージはご自由にコピー、配布、表示していただけます:
著者の権利を表記すること、宣伝目的でないこと、内容を変えたりそこから付け加えたりすることはできません。転載や配布する場合には、必ずこのワークのライセンスを表示してください。
著作権保持者からの許可があれば上記の条件は差し控えられることがあります。本来の目的以外で使う場合には著者による許可が必要です。



-sesameさん訳

*  *  *

【ひとりごと:最近の状況&ガイアを感じる&サイン】 へ

☆本日↓2011/4/10(日)の始めはこちらから。
【転載】2011年4月のニューアース・エネルギー



あ~~~、先週はしんどかった!!(泣)

精神ではなく肉体のほうがだったんだけどね。
休みもなく、体に負担がかなりかかっていたのもあるんだけど、どうやら、そればかりじゃなかったようだ。

ホームページの作業が一段落したあと、PCに向かおうとすると、その上(空間)から、「ビシッ、バキッ!」とやたらとうるさくラップ音が聞こえる。最初は、「なんだ~?、やけに沢山(存在たち)が来てるねー。」という感じだったけど、翌日も同じ状態で、ようやく分かった。

「休め~~!!とにかく、体を休めなさい~~!!」と言っていることに気づいた。

PCから離れると、ピタリとラップ音が止んだ。
それからが、本当にその意味を知った。肉体も追いつこうとしているんんだけど、追いつくには、じっくり休める時間が必要なんだけど、先週は休む日はなく追いつけるはずがなかった。
週末が近づいてくるころには、何も出来る状態ではなかった。
その中でも、サインは、時折届いていたし、yohamとは、しっかり繋がっていた。
yohamも、「今は、体を休めなさい」としか言わない。

なので、チャネリングレッスンも途中になり、とにかく、早めに布団に入ることしかできなかった。
ヒーリングを行うと確かに睡眠は取れる。
後半は、ヒーリングする気力まで失っていて、言葉も少なくなっていた。

8日の金曜日の夜は、全身の痛みとだるさで、久しぶりに泣けた。
自分でも、どうしていいのか分からない状態だった。

昨日、Gちゃんと話したら、Gちゃんも痛みがあったようで、「たぶん、仕事で酷使しているばかりが原因ではないよ。ガイアも感じているし、集合意識からもきてると思う。感じて、受け止いれて手放したら抜けていくよ。」

「そっか~、昔もあったよね。ガイアを感じて辛かった時。そうかもしれない。」

「うん、うっかりしてたら、”感じた”まま、自分に留めてしまうから、気づいたら手放して流したらいいよ。」

「そうか、すっかり仕事の方ばかりに思ってたよ~。汗。そうだったね。ガイアも感じているんだ。」
ダウジングでも、yohamでも確認してみたら、その通りだった。

Gちゃんも、「これも”感じる”ことは許すけど、いかに、素早く手放すかの練習なんじゃない?」

ほんと、だよね。ブログでも痛みは幻想だと書いたばかりなのに、でも、結局、あのときは、珍しく、薬も飲まないで済んだし、夜中も痛みで目が覚めることもなかった。ジャーちゃんが言ってたように、なんどもやってるうちに”消えていく”というのも感覚で感じ取れた体験だった。

Gちゃんも言ってたけど、”一瞬一瞬”、”感じる”わけだから、意識的に手放すのも疲れる。と、ほんと最初は、そうなんだよね。でも、それが無意識でも、手放せる(流せる)ようになるまでは、やっていくしかないな。

それからは、肉体は辛いけど、その状態(現状)まるごと受け入れて、呼吸のように、息を吸うと同時に、(受け入れて=感じ尽くして)、息を吐きながら(手放して=流して)をやってると、全く気力も力も出なかったのが、戻ってきた。(呼吸(意識的に)のようにやってると、連続が可能で、一瞬一瞬に、出来るだけ対抗しやすいのに、気づいた。自分なりの方法だけど)←yohamはそれでいいと言ってる。

で、体勢を変えるときにくる痛みには、「痛タタ、、、、。」と抵抗するよりも、その瞬間に、息を吸いながら受け入れると、痛みも軽減して、体勢を変えるのが、スムーズになることも発見した。

時には、自由に動かないことに、もどかしさなども感じるけど、それも含めて受け入れる。

とは言っても、痛みに対しては、その時々で対処できるとは言っても、肉体のダメージそのものは、休めること、できるだけ多く睡眠を取るのは、とにかく必要だ。(体の声に従って)

無意識にいると、周りの人の想念もあるだろうし、集合意識などもあるだろうから、今の時期は尚更、意識的にいたほうがいいかも知れない。ほんと、知らず知らず自分のものではないものを感じて自分だと錯覚してしまうから。肉体のほうもね。

個人でも、不要な古いものを”手放す”ときは、”痛み”を伴うことも多い。
ガイアも同じだ。先日、ガイアと繋がったときも、「あなたと同じですよ、、、。(開放のプロセスのことね)」みたいなことを言っていた。

ほんとに、ガイアも今、再誕生の過程にあって、手放すプロセスにあるけども、同時に痛みを伴うのは私たちと同じなんだよね。

ガイアの痛みを”感じて”こそ、理解できるからいいけど、その痛みを自分の中に留めているのは、かなりキツイ。汗。
※ガイアには、瞑想時にyohamを通して宇宙のエネルギーは流しているようだ。

ジャーちゃんも言ってたよね、、、。
「”感じる”からこそ、あなたたちの気持ちや状況がわかることが出来る。」でも今の私と違うのは、一瞬一瞬で流せるから、巻き込まることもない。

早くそうなりたいと言ったところで、”すぐに”なるものではないので意識的に努力していくしかない。

しばらく、元の状態(肉体)に戻すのは時を必要とするかも知れないけど、ある程度は、自分の意識次第で違うかも知れない。


もし、今、身体がなんか辛いと感じている方がいたら、よければ、”感じ尽くして、手放す”をやってみてください。

違いがわかるかも、、、。デス。


さ、来週は、少し身体を休める日もありそうなので、忍耐強く肉体が追いついてくるまでケアに専念。


□ サイン<メモ>

4日(月)は、ちょっと特別(わたし的に)な日だった。※たぶん、新月を過ぎて、この日って感じ。

・「オーバー・ザ・レンボー」のサイン

ジャーちゃん曰く、今後、わかってきますよ。とのこと。

8日(金)

・「魔術師 マーリン」のサイン 

アーサー王伝説に出てくる、マーリン。※英国ドラマでシリーズあるのを知った。


”魔術師 マーリン”、、、今、CS(LaLaTV)でシーズン2をやってるのを知った。
現在、シーズン3まであるらしい。ハリー・ポッター的な感じで楽しめる。

ニコニコ動画では、シーズン1の4話まで見れた。※登録/ログイン要
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8974846
<1~4話一覧>
http://www.nicovideo.jp/search/%E9%AD%94%E8%A1%93%E4%BD%BF%E3%8B%AE%E4%BA%9C%E9%BA%9F?track=videowatch_search_keyword

何話だったか、、、手のひらに光の玉が現れたシーンは、”錬金術”のときの体験と同じ感じ。

そういえば、先週に感じた(錬金術)のは、重みがあって”デカイ”ものだった。エネルギーなんだろうけど、大きな岩のように感じた。

で、2、3週間前から、”新しいエネルギー”のシャウドが久しぶりに読みたくなって、出してあったのだけど、シャウド1に、アーサー王伝説の話が出てきた。(さっき知った)「マーリンというよりも、アーサー王のこと、何かこのドラマで感じることがあるのかも知れない。幸いにも、母は、CSのLaLaTVを観れるようにしていたので、シーズン2は観れる。4/30に見逃した数話もまとめて放送してくれるのがわかった。

新しいエネルギーシリーズ シャウド1:※要ログイン
「神であるあなたの属性」
クリムゾンサークル 2003年8月2日

【抜粋】
あなた方はすべて、内にアーサー王のエネルギーを持っています。それと共にランスロット、グィネヴィア、モルゲンヌ、モードレッド、そして、すべての役の人物のエネルギーがあります。

親愛なる友たちよ、彼らもまた去る準備が出来ています。彼らは、別れを告げる準備が出来ています。なぜなら、彼らが関係しているまさにその土地 ― イングランドの地、あなた方がそう呼ぶであろうグレート・ブリテンの地に広がっていく変化があるからです。およそ、この次の12ヵ月のうちにやって来る、広まる変化があるのです。

私達は、あなた方に何が起こるかを観察させます。そして、あなた方がこの素晴らしい土地、あなた方のとても多くのためにエネルギーを産み、ヨーロッパ大陸のためにエネルギーを産み、自由の地を創始するためにアメリカに来た者達のための玄関(gateway)を提供した土地における各出来事を注意して見るとき・・・おお、これはすべて一緒に織り合わされています。そして、このすべての核心にあるのがアーサー王に関する各エネルギーです。それらは、ここにあります。それらは、あなた方が何者であるか、あるいは何者であったのかのとても欠くことのできない部分なのです。親愛なる友たちよ、ここから十字軍がやって来ました。これから聖杯の探索がやって来ました・・・すべて隠喩なのですが、すべて現実の中で起こったものなのです。

それで、今日アーサーはやって来て、聖杯を探す必要はないと言っています。それは、いつもあなたの内にあったのです。それは、ずっとあなたが持っていた神性のカップでした。しかし、あなたは壁の後ろに封印し、前日の私達の集まりで話したこのような状態の中に封印したのです。それは、いつもそこにあったのです。

アーサーは、彼の息子に殺されました。それは、それ自身が興味深い隠喩です。アーサーは、彼自身の罪に対する贖罪の中で、彼自身を息子に殺させることを許しました。ご存知のように、彼は戦士でした。奮闘する人でした。彼は戦いを好みました。彼は、頭を切り落とすことや彼の剣を心臓に突き刺すことを何とも思いませんでしたが、ついにある日、彼の中で何かが沸き起こっていることを理解するに至りました。そして、それは、彼自身の神性でした。それは、彼自身の目覚めでした。

そして、彼は、本当にそのエネルギー、キリストの種に感応したのです。あなた方のとても多くがイェシュアの初期の時代やイェシュアの直ぐ後に取り組んだエネルギーです。彼は、あなたとあなたのした仕事に感応しました。彼は、剣を捨て、新しい平和の地、繁栄と豊かさの地、ほぼ自由の地を創造しました。そして、それから彼は、自らの戦いの罪のために自分自身が殺されることを許しました。ですから、彼のエネルギーは、あなた方が彼に与えてくれた目覚めに感謝しながら本日やって来ます。

彼のワークから、あなた方のワークからのあるエネルギーの分流がありました。それらは十字軍と呼ばれました・・・興味深いものです、ちょうど今ここにいるあなた方のとても多くが、私がその言葉を言った瞬間、エネルギーが10段階下りました。(聴衆 笑) その当時は、困難な時でした。あなた方は、十字軍でした。あなた方は、新しい言葉を成し遂げようとする者達、全世界中にキリスト意識の種を運ぼうとする者達でした。しかし、親愛なる友たちよ、あなた方も知っているように、それは少し手に負えなくなってしまいました。しかし、あなた方は情熱的でした・・・おお、とても情熱的、とても情熱的だったので、あなた方は、その時以来、自分自身に情熱的になることを許してきませんでした。

アーサーは、あなた方がやったことは世界に影響を与えた、と言うためにやって来ます。それは、世界を変えました。そして今は、再び変化の時です。そして、それがあなた方がここにいる理由です。彼は、彼のエネルギーを引き上げます。親愛なるランスロット、親愛なるランスロット ― 私達は、彼について少しお話しします ― もまた、彼のエネルギーを引き上げます。愛に満ちたエネルギーですが、時にはあまり敬意を払わなかったエネルギーです。

モルゲンヌは、光と闇のバランスを保持していました・・・彼女が一度に、次元のポータル(扉)を開いておこうと・・・すべての側の理解を維持しようと・・・神秘の理解を維持しようとしてやった仕事については大きく誤解されました ― 何と言うか ― 当時の繁栄していた教会の働きを通して、これはすべて押し潰されました・・・すべてのものが取り上げられました。当時の教会は、すべての人々の内に信奉を創り出そうと・・・彼らを、神やキリストについてのある考えや概念に従わせようと、諸政治の混合物・・・時には諸宗教・・・ごく稀に霊性(スピリチュアリティ)の混合物になっていました。ですから、すべてのあなた方のそのような一部であるモルゲンヌもまた、彼女のエネルギーを捨てる準備ができています。彼女が私達の側に戻り、全く新しいやり方で、さらには”新しいエネルギー”的な名前であなた方とワークできるようにです。

モードレッド、宮廷で大変な混乱を創り出した者・・・彼もまた去ります。彼の仕事は終っています。彼は、難しい闇の役割を引き受ける者になる必要はもうありません。今は、彼にとってエネルギーをバランスに戻す時なのです。

そしてそうです、私達は、親愛なるグィネヴィアを決して忘れないでしょう・・・愛した者・・・情熱に満ちていた者・・・しかし、また葛藤にも満ち・・・奉仕に入るべきか自らのハートに従うべきか・・・あるいは、自らのハートに従いながら奉仕に入る道があるのだろうかと確信が持てなかった者。彼女は、あなた方すべてのエネルギーのとても大きな一部でありました・・・それはあなた方がこのバランス・・・愛と育みのこのバランス・・・そしてまた奉仕するバランス・・・を理解しようとするのを助け、あなた方がオープンに、自由に、でも新しいやり方で愛する方法を理解する助けをしてきました。

そして、キャメロットの各エネルギーがイェシュアの各エネルギーに加わります ― 今日、ここは面白い組み合わせです ― そして、ブッタ、モーセ、モハメッドが加わります。あなた方にバトンを渡すために・・・あなた方を一人にするのではなく、親愛なる友たちよ・・・なぜなら、私達がいつも言うように「あなた方は、決して一人ではありません」・・・しかし、「今や、あなた方がこのキリスト意識の種を、準備が出来た者たちのためにさらに遠くへ運ぶ時です」と言うためにです。これらのマスター達は・・・彼らは、キリスト意識を広める助けをした者達でした。これは、イェシュアについてだけではありませんでした。ブッタの内にキリストの意識がありました・・・そして、モハメッドの内に・・・実際にモーセの内に・・・他の多くの者達の内に。しかし、今やそれはあなた方がやるべきことなのです。

今日は、記念碑的な集まりです。そして、未来の私達の集まりもまたそうでしょう。なぜなら、あなた方は、とても古くて困難なエネルギーを突破してきたからです。あなた方は、自ら進んで7つの封印を開き、全く新しいやり方を身に付ける者達です。記念碑的です。


って、今日、、、今、この部分を読んでブログにシャウドを追記した。(笑)
なんだか、最近、久しぶりに読みたくなったのもわかるような気がする。サインと繋がってるし。

しかも、「十字軍」ってあるけど、、、、。

2月に北海道へ戻ってきてGちゃんとIちゃんにあったときに、「私は、薔薇十字軍(団)にいたと感じる」と言ったら、ジャーちゃんが、「そのとおおりですよ。そのうちに、あなたたちは思い出してきますよ。」と言っていた。

で、昨日になって改めてネットで調べていたら、どうも「テンプル騎士団」にもいたような感じがするので、yohamに尋ねると「居た」ということだった。

で、「薔薇十字軍(団)」を調べる中で、サンジェルマン伯爵の名前も出てきたけど、ジャーちゃんもそうだったってこと?←今、聞いたら、そうみたい、、、。

あまり深くまで、この辺の話知らなかったけど、十分アリの話だね。思ったよりも、過去生で一緒だったのかも~。


シャウドはぼちぼち読み返してみよう。

って、今日のところは、こんな感じ~。


☆My Blog-2010年【目次】-14(1-3月) から


*  *  *

4月、【死と再誕生】のゾーン。
終わりであり、始まりでもある。
古いものと、新しものが、入り交じっているゾーンとも言えるかもしれない。

いろんな条件が入り交じって、とにかく”身体のあちこちが痛い1ヶ月(3月~)。
細胞内に記憶されたカルマ、古いエネルギーと新しいエネルギー交換が行われている。
その痛みをも抵抗から抜けて、受け入れて流す。手放す(二元性を完全に超える)ことを求められる。

新たに始まっていくことでは、新しいHPも完成し、次の段階の準備も整う。
婚姻時(離婚している)からの氏名を旧姓に戻す申請が、受理される。(再誕生の意味)


2011/4

【ホームページリニューアルしました!】byGraceさん
【転載】4月のアカシックレコード
【転載】AAマイケルメッセージ 2011年4月
【転載】真面目にインナーワークをなさい~クライオン
【チャネリング:レッスン3日目&痛みも幻想】
【転載】新しい地球のエネルギー~大天使ミカエル
【転載】2011年4月のニューアース・エネルギー
【ひとりごと:最近の状況&ガイアを感じる&サイン】
☆My Blog-2011年【目次】-15(4-6月)
【改名記念日&再誕生のこと&胸腺の痛み&マゼンタ色のこと】byGraceさん
【祝福の日:開放~全てを感じること】byGraceさん
【最近の状況&”今、旅が終わる時”~シャウドから&娘の恐れ】
【転載】手放してください!~アルクトゥリアン・グループ"
【転載】メタトロン:結晶構造の完全性~星達との踊り1
【転載】メタトロン:結晶構造の完全性~星達との踊り2
【ひとりごと:バラの銀河画像&ローレンのメッセージ】


2011/5

【転載】5月のアカシックレコード
【最近のこと&震災などで意識的に影響を受けてる方へ伝言】byGraceさん
【転載】2011年5月のマンスリー・メッセージ~真実の方法
【今の状況:身体の痛み&精神・スピリット・肉体の融合の過程】
【タバコの依存性&シャウド4月の内容について】byGraceさん
【転載】2011年5月のニューアースエネルギー
【転載】認識の中心 ~聖母マリア
【留まろうとする意識を感じて&シャウドQ&Aから抜粋】byGraceさん
【昨日の補足&ローレンのメッセージから他】
【留まろうとする意識を感じて②&シャウドから抜粋】
【留まろうとする意識を感じて③&確認&シャウドから】byGraceさん
【自分の段階を知る:ポイント!】byGraceさん
【転載】多方面への影響力を備えた蝕の三連構造 -大天使メタトロン


2011/6

【転載】Ma'at(マアト) [イルカ]
【参考:シャウド(質疑応答)から】
新しい地球について&【転載】あなたの光を輝かせなさい~アンドロメダ他
【ひとりごと:多次元体験の始まり】
【私たちの原点:Imagine(イマジン)】
【ツインフレームとの出会いを求める方たちへ】ByGraceさん
【リコの誕生日&もう一つのストーリー】By Graceさん
☆追記のお知らせ&今の状況


*  *  *


☆My Blog-2011年【目次】-16(7-9月) へ 



2011/4/14(木)曇のち晴れ


今日は、家庭裁判所へ行ってきた。

たかが、”氏の変更”、、、でも、されど、、、である。

話を聞くと、離婚の時に、一度婚姻時の”姓”を名乗るということで、いわゆる変更したことと一緒なので、二度目ということだから、尚更のことかも知れない。
10年も経つけど、あの頃は、子供たちが”思春期”でとても難しい時期だったゆえに旧姓に戻ることを留まった。

バイトから裁判所へ向かう途中、数字のゾロ目がいつもよりも多かった。
とくに、改名することと結びつけてたわけじゃないけれど、何かあるのか?と感じた。

今日は、全く事務的な感じで行ったのだけど、予想以上に、きちんと話合われた。始めに調査員?2名から(なぜか、二人共、初めて合った気がしなかった)、結婚生活、離婚の原因から、これまでの生活、家族関係など、かなり深い部分まで話を聞かれた。

それから、一旦待たされ、裁判員と補佐の方、4人の前で判決という形で結果がおりた。

「○○さんの、今回の申し出、旧姓に戻ることを許可します。」

その途端、自分では、それまで淡々と過去の話をして、ありのままを口から出るにまかせ話していたのだけど、その判決が降りたとたんにに、込上げてくるものがあった。分かっていたことなのに。
「ただ、名前が変わるだけじゃん。どうしたんだろう。」自分のマインドでは涙の理解ができなかった。

まるで、初めてヒプノセラピーをした時ののように、自分では理解できない部分で開放しているのではないかと感じた。

参ったのは、バスに乗っても、涙が次々にあふれてくるので、恥ずかしいし手で隠しながら、窓の外をむいてた。(笑)

自分でも不思議なんだけど、魂からの浄化なんだろうと感じた。
これまでも、何度も浄化してきたはずなのに、もっと深い部分にあったのかな?
って、いうか、悲しみでもないし、痛みでもないし、どちらかといえば、労いなのかな?喜びという程の大げさな気持ちでもないのだけど、、、。

ま、今日(最近)数字のゾロ目の多さは、”これ”のことだったのかな?

ジャーちゃんが、「名前を変えて(旧姓に戻って)”生まれ変わる”んですよ。」
と言ってたことが、何となくわかったような気持ちがした。
→2/22【北海道上陸~新しく生まれ変わる場所】byGraceさん

伝えてくれて、とても感謝だった。自分が、こんな状態になるなんて思っても見なかったから。


□ ”生まれ変わる”、、、、真我になる=再誕生=統合。

この話は、ブログには書いてなかったのだけど、Gちゃんを通して、以前にその話をした時がある。
3月の末頃の話だったかな?

3月末頃【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「完全な統合って、”この日からyoham(私の神)!”ってなるんじゃないの?」

J:「そうではなく、ゆっくりと、徐々に分離の時が少なくなっていくような感じになっていく。」

「これまでだって、少しずつエネルギーは入ってきたんでしょ?統合も進めてきたじゃん。」

J:「その通りですよ。」

「なんだ~、そうなのかー。てっきり自分でも”この日”って、わかるのかと思ってた。」

J:「あなたが、yohamに話しかけているときは、まだ分離しているということ。」

「じゃ、つながってはいるけど、分離の時間のほうがほとんどじゃん。」

G:「なんかね、yohamになったら、”自分は、○○だ。”と言うくらい意識が変わるみたい。yohamになってるときは、○○ちゃんの意識はなくなってるかも~。」
そのときは、自分のことを完全に思い出しているんだろうね。きっと。

「え~~?!そうなの?記憶にないのかな?」

G:「そうかも知れないわ。」
たとえ、意識がなくなっても、記憶がないのかどうなのか?
ただ、Gちゃんも、ayaちゃんもそうだけど、高次元の存在をチャネリングすると、内容は、そのときは覚えていても、すぐに消えてしまう。かなり忘れていることが多い。そんな感じなのか。という話もしたけどね。


「じゃ、どうなるんだろう~。家族とか、娘たちとかさ。(笑)」

J:「気になりますか? そんな事もどうでもいいことです。」

「そりゃ、そうだけどさー。ゆだねているんだから。」
と、言いつつ、、、この時は、ちょっと気になったさ。(笑)

J:「マインドが、出てくるときは、yohamになりきれないかも知れない。しかし、肉体のあるうちは、マインドは必要。」

「そうなんだ~。汗」

「ねー、男性性と女性性の統合ってさ、もしかして完全にyohamになった時に、完了したってことなの?」
”後から考えてみたら、「そりゃそうだろう。」って話だけどね。

G:「そうみたいだわ。」

「じゃ、今は?」

J:「統合されているところもあるし、まだしてない部分もある。」

「え~~、そう言うことだったんだ~~~!!」

”生まれ変わる”時期が、この改名を機に、いつ頃になるのか、、、もうそれすらも、”期待”もない。
以前なら、期待も出ただろうけど、もうそんなことも「どうでもいい」って感じになっているので、反って自分的も助かるし、楽だ。本当に変わってきたんだな。って感じる。それに対して恐れも出ない。
自分の意識がなくなろうが、それでもいいさ。って、本来の自分に戻るんじゃん。今の私の意識は、どこへ行く?しばらく謎、、、。

この話をした時に、トバイアスとサムの話をして、


J:「サムに完全に入った時に、トバイアスは全てを忘れてしまった。」


とジャーちゃんが言ってた。ちょっと、さみしい感じ???

でも、サムが寝ている間は、トバイアスとは会ってるでしょう。
トバイアスは、私たちのように眠りから覚めたら、また忘れてしまってるけどさ。汗

でも、後から考えてみたら、私の場合は、yohamは、全て覚えていることになるから、ちょっと違うんだけど、、、。私が、また忘れるのかい?忘却のまた忘却? 私は、仮のシェルだから?

ややこやしいね。そもそも、自分が分離していたから、ややこやしい。(笑)
とにかく、徐々に、yohamの滞在?が長くなっていくって感じ。そして、完全に統合されていくんだろうね。
今は、一言でも、ほとんど毎日yohamと話はしているんだけど、変な感じだよね。

ま、そんな感じだ。
どうなって行くのかは、その時にならないと、実際のところわからん。yohamは、ブログは書かないかも知れないし、、。なんて、勝手に書いてたりして。ぷっ! 見当もつかない。(笑)


判定から2週間程、期間が置かれるので、戸籍を変えるのは、5月の始めころになりそうだ。
相変わらず、先のことは全く見えない。


□ 胸腺の痛み

4/10(日)は、胸腺に、久しぶりに痛みを感じた。

で、ハイハートに関することだと何となく分かっていたけど、〔mixi〕Arrived Energy On Earthで、調べてみた。

検索すると、いくつかのメッセージが出てきた。<メモ>として残しておく。

☆〔mixi〕Arrived Energy On Earthより

2008/7/18:The Quantum Awakening JULY 2008 -5
■トートが語るクォンタム・キリスト 【抜粋】
やがて時が来れば、巨大なピラミッドの中にある眠った部屋と同じようにあなた方自身の体内の中でも初期振動が波打つようになるだろう。そのとき、あなた方のハイ・ハート=キリストのハートが開かれる。それは、あなた方の体でいう胸腺でその時を待っている。細胞時計で指示されて目覚めるのだ。それが目覚めるとギザの巨大なピラミッドの中の息子(Son)/太陽(sun)の部屋=王と女王の部屋の間にあるキリストの部屋もまた分子変化を経験するだろう。そのとき人間のハートの上にあるそのポイントは、一定時刻に発生するよう仕組まれた睡眠から目覚め、それ自体を再び知ることになる。そここそ、クォンタム・キリストの振動を保つ場所だ。星の再臨が起動されるのもこの場所だ。それは聖なるポイントで、知恵を収蔵する部屋なのだが、それが開かれることになる。

知恵は真実を超越し、あなた方それぞれはこうした知恵の部屋の守護者となる。あなたがそれぞれは聖なるコードの守護者となり・キーパーとなるのだ。まるでそれは、あまりに長いこと自分が花であることを知ろうとしていた蕾が花開くように開くだろう。昔のあなたの夢は、あなたがなろうとしているあなたには似つかわしくないものとして、むしりとられたバラの花びらのようにあなたから落ちていくだろう。この新たな分子の指示が、あなたの光を指示することになる。あなた方は、意識の新たなシフトに役立つ異なった知識をあなたに授ける振動へと自然と向かっていくことになるだろう。(翻訳:Jueuxさん)


2010/3/4:3月のエネルギー~大天使ミカエル
■出現とエレメンタルの統合:2010年3月の春分【抜粋】
あなた方は、ライトボディがさらに光を受け取るに従って、これは脳、松果体、下垂体腺、そしてハート、特に胸腺とハイヤーハート・チャクラの肉体的な構造へと送られていき、ご自分が新しい認識、新しく深いギフトと能力の中へと入っていくのに気づき始めるでしょう。
これは高次の次元において、直感的な能力の増大とともに、あなた方の見る、聴く、コミュニケーションの能力を拡張、増大します。

愛しき者たちよ、これは、あなた方がもっとクリヤーに、エンパシーとテレパシ―のギフトにアクセス出来るようになることを意味します。
あなた方は、言葉よりも直感とともに、もっとハートとフィーリングでコミュニケーションを始めます。
このような存在の直感的なモードへと入る時、あなた方はまだ言語や言葉のギフトの価値を認めますが、メンタルレベルのみでの“意味”ではなく、もっと言葉の後ろ側にあるエネルギーに意識を向けるようになります。
静けさは、言葉と同じように重要になります。
静けさにいる能力と、静けさの中で愛のエネルギーを感じる能力は、あなた方が3月の春分の後で入っていくこの新しいエネルギーの中で、とても重要なものとなります。(翻訳:sesameさん)


2010/5/17:新しいホログラフィック・マトリクス[Lauren C. Gorgo]
■アダマンティン・パーティクル【抜粋】
新しい地球はクリスタライン・アダマンティン・パーティクルから成り立ちます。人類が純粋な愛の振動に目覚めることで、それは物質のまさにその形を再構成しています。これらのパーティクルはそれ自体の中に神の知性~愛において生き・存在するという新しい方法を含んでいます。すべての物質は意識に敏感な知的な素粒子(基本のパーティクル)から成り立っています。過去の時代のパーティクルはそれ自体の中に分離の意識から両極性に結びついたサバイバルのメカニズムのコードを保っていました。アダマンティン・パーティクルにはそれ自体の中に調和,全体性,再起の知性とユニティの意識がエンコードされています。

これらの知的なコードにアクセスするには、人はハイ・ハート(the high heart.)という神聖な器を通して純粋な愛を与え・受け取らねばなりません。肉体にある胸腺によって管理制御されるハイ・ハートとは、愛のエネルギーを受け取り放つためのセンターです。
このセンターは、完全にチャージされていなければ…完全にオープンになっていなければ…そしてまた、スピリットが姿に顕れるためのハイヤー・ウィル(the higher will)に明け渡す能力を持っていなければなりません。ハイヤー・ウィルとはすべてにとっての最善の意志であり、人間化した者すべてそれぞれの遺伝子の青写真の中に含まれているものです。

ハイ・ハートの目的は、磁気的な共鳴を通してありとあらゆる命あるものすべてへと宇宙の愛が通る道筋を立てることです。神の愛のコ・クリエイションは純粋な意識からだけアクセスされることも磁化されることもできます。それこそが、純粋なハートでもって新しい地球を形作り再構築する方法です。これが意味することは世界規模では指数関数的なことになります。なぜなら“種”の技術進歩はこれら純粋な意図のパーティクルを介して世界的な向上という目的のために利用できるようにされるからです。

再構築のプロセスは、ホログラフィックリアリティの構造のグリッドの中に含まれているあらゆる低い思考形態に浸透していく新しい知性の一貫した流れによって引き起こされるでしょう。純粋な意図を持つこれらの人々は光の先進的なパーティクルに含まれているこの革命的な知性にアクセスして、こうした高次の知性を通して種を高めることに貢献しているうちにも古い惑星システムの多くを廃れさせます。

このように高い次元で奉仕するという契約をしている人たちは実際に、その人間としてのバイオロジーの中で呼び覚まされたDNAを通して新しい地球の振動を定着させています。これには目的が2つあります。ひとつは、銀河のテクノロジーへの情報のスーパーハイウェイの形成ということでサービスの契約を完了するということ。そしてもうひとつは、5次元の生き方・存在の仕方というアセンドする旅に進み出る準備をしている人たちのために新しいホログラフィックマトリクスを形作るということになります。

カルマの残骸の浄化を通してハイレベルの真実に達した人たちの多くは、究極のフロンティアで奉仕しています。究極のフロンティアとは、宇宙の愛のマトリクスを通して利用できる純粋な潜在性の示し、ウェイショウワーとして、次元というよりもむしろ世界の間にあるギャップを埋めることを選んでいる者たちに与えられたコードです。これらのウェイショウワーたちは新しい地球のパイオニアとして目に見える位置に配置されます。それをクリアに見るあなた方にはそのビジョンを世界と分かち合うためのツールが授けられることになります。光と道を知っているあなた方にはそうしたビジョンを形にするためのリソースが与えられることになるでしょう。

このように目覚めた戦士たちがアセンドした生き方の行動において第一歩を踏み出すための時間が来ています。最初の部隊は示すことによって他を導くことになります。そしてその後に続く者たち皆が、人類の未来への道を拓き続けます。母なる地球そしてその住民たちへの奉仕においてトーチは手渡されていき、その光はあらゆる闇の片隅を照らし出し、その経路にあるすべてを蘇らせることでしょう。(翻訳:Jueuxさん)


2010/5/292010年5月&6月のニューアース・エネルギー~大天使ミカエル
■新しい“重力のセンター”とライトボディの再校正 【抜粋】
まず最初に、この2-3カ月の間あなた方の変容を加速化させてきた、あなた方のライトボディのジオメトリー(幾何学)とDNAパターンの中の深い変化と変容についてお話ししたいと思います。

これらの変化は、あなた方がエレメンタルの領域とともにライトボディの集合的なコネクションをした2009年5月に始まりました。
そして2009年11月、あなた方は地球上のセイクリッドローズ・グリッドとあなた方のライトボディの活性化を通してコズミックハート・エネルギーとリコネクトしました。
これらの活性化は、多次元的なエネルギーフィールドの内側に急速な進化をもたらし、あなた方のライトボディは、5次元のニューアースでの生活のためのコネクション・チャクラまたはバランスのコネクション・センターとなる、ハートチャクラと喉のチャクラの間の新しいエネルギーセンターまたはチャクラを形成しました。
この新しいチャクラ・ヴォルテックスは、神聖なる意志(Divine Will)との整列の中で意志(Will)の創造と顕現のセンターである喉のセンターとともに、無条件の愛、思いやり、ワンネスのセンターとして、胸腺の上側に在り、ハイ・ハートとリンクしています。
それはニューアースでのライトボディ/肉体のバランスのポイントとなり、全てのボディの振動数を喜びとエクスタシーへと上げるのをアシストします。

愛しき者たちよ、この新しいエネルギー・ヴォルテックスを活性化することは、あなた方がもっとバランスがとれて、新しいエネルギーの流入の中で心地よく感じることが出来るようにします。
あなた方の“センター”は、思いやりと創造の間に保持され、あなた方はこの新しい配列の中で喜びの波動を感じるでしょう。

この新しい整列に変換するにつれて、あなた方はこのエリアにインフルエンザや気管支炎に似た、いくらかの深い浄化の肉体的な症状を体験するかもしれません。喉の痛み、声が出なくなる、咳、充血、呼吸がしにくくなるなど。
また、眉間のチャクラのエリアの間の経路が整列されコネクトされるにつれて、鼻腔や鼻のエリアの症状もあるかもしれません。

愛しき者たちよ、プロセスの完了のとき、あなた方はクリヤーで軽く感じ、あなた方の聴くことやヴィジョンは著しく高まるはずです。

ですが愛しき者たちよ、この新しいセンターの目的は、ニューアースの多次元的な振動数にある情報を伝達し受け取ることです。
あなた方はさらなる情報を、さらなる振動数にのせて受け取り、あなた方は他人にさらなる情報を伝達していくでしょう。
この再校正の結果として、莫大な量の情報が入ってきたり出ていったりするので、あなた方は最初、オーバーロードに感じて、その強烈さとスピードに耐えられないように感じるでしょう。
ですが、すぐにライトボディ/肉体の複合体はアジャストし、あなた方はご自分自身のこれらの新しい側面に慣れていくでしょう。

この新しい整列とともに、あなた方が何を期待することが出来るかについて簡単にお話ししましょう。
まず最初に、あなた方はさらなる情報を受け取っていることを発見するばかりでなく、もっと深いレベルで聴き、理解できることを発見します。
あなた方はどんな状況やコミュニケーションにおいても、もっと“読む”ことが出来るようになります
それはなぜなら、あなた方は今これらのハートと喉の新しい波動のエネルギーのトランスミッション(伝達)をとてもクリヤーに受け取り、コミュニケーションを動機として創造するための愛と意図を決意することが出来るからです。
もちろんライトボディの中にこのセンターが活性化されていない人がいるところでは、あなた方はこの人はまだエゴのパワーと操作の古いセンターから動いているのだ、ということをすぐに感じます。そしてあなた方はご自分の返答を、場合に応じて形成することが出来ます。
これらのフィーリングは、この新しいセンターに伝達されて受け取られ、言葉やイメージとともにエネルギーや波動が受け取られるでしょう。

愛しき者たちよ、あなた方はご自身のコミュニケーションが深まり、もっとハートで感じられることも発見するでしょう。
あなた方は深く、ハートから表現する必要があると感じます。
あなた方のフィーリングと切望は、喜びとともに在るトランスミッションを受け取るための整列をした人々に、とてもクリヤーにあなたの言葉やイメージとともに伝達されるでしょう。
もちろん、まだ整列していない人々は、これらのトランスミッションを受け取らず、古いエゴのパワーのレベルであなたの言葉を受け取り、そのような場合にはコミュニケーションの間違った理解や失敗が起こるでしょう。

ですが愛しき者たちよ、この新しいセンターを置くことは、あなた方がもっとクリヤーに喜びの波動にアクセスすることを許します。
あなた方には、ご自分の愛と意志で創造するものが与えられ、これらの新しい波動の中で美しい調和を受け取る時、満足、愛、エクスタシー、至福の波が増すのを感じるでしょう。(翻訳:sesameさん)



たぶん、このブログで過去に【転載】させていただいてるメッセージなんだけど、ほとんど忘れてしまっているような内容で。汗。
”胸腺”のことで、何かあったら、”ここ”を読めばいい。(笑)

ゆっくりと、ハイハートは、開いてきているのだろうと思う。


□ マゼンタ色は、オーラを修復する?

先日、久しぶりに覗いたサイトで、”マゼンタ色”につて、メッセージが書かれていたのでびっくりした。

新しいHPの名前や、色のことは、この時に→11/3/11【ひとりごと:出来事&新HP作り&瞑想ワーク】書いた。

なぜ、マゼンタ/マジェンタという名前にしたのかも書いていたんだけど、他にも、こんな作用があったとは、、、。

☆ 「アンバサダーズ・オブ・ライト」 から

公開チャネリングメッセージ
2011年4月2日 「日本について、出来ること」 ~イシス
【抜粋】
今の日本、日本人にとってとても大切なことはオーラを強化することです。

現在多くの日本人のオーラがダメージを受けています。
トラウマ、ショック、悲しみなどを経験することでオーラに傷がつき、
また集合体としての日本のオーラにもダメージがあります。
また放射能は地球のオーラに傷を与えるものです。

イラクやアフガニスタンのオーラがどのような状態か知っていますか?
なぜ戦いが続いているのでしょうか?
地球のオーラに傷があると、その部分に闇のエネルギーが入ってくることがあります。
体に出来た傷と同じで、そこから生命力が漏れてしまい、またそこから外部のものが入ってくることがあるのです。
宇宙には様々な存在がいます。私たちの文明だけではありません。
地球はオーラで守られていますが、傷がつくと、両方向の流れができてしまうのです。
日本にはそのようなことが起きてほしくないはずです。
国のオーラを保つことは不要なエネルギーが入るのを防ぐ意味でもとても重要なことです。

ですからマゼンタ色で日本のオーラを満たしてください。
これはオーラを修復するエクササイズです。


考えすぎたり、感情が混乱した場合は、オーラを強化するという
アプローチをとってもいいでしょう。

オーラに漏れが生じると、肉体にもマインドにも感情にも影響を与えます。
オーラが健康であればすべての体に影響を受けることがありません。
オーラが鍵となります。

木にも、植物にもオーラがあります。
同じように、日本という国にもオーラがあり、魂、エッセンスがあります。
その日本のエッセンスがダメージを受けています。
日本のオーラが癒されれば、日本人も癒されることになります。
オーラに光を送ってください。

マゼンタの光で日本のオーラの傷が満たされ、修復されるのを確認してください。

多くのワークが必要になります。
ですから、皆さん、立ち上がって、この状態を癒すことを決断してください。
準備は出来ていますか?


ということで、yohamにも聞いたらその通りのようなんで、瞑想の時には、マゼンタ色の光で、日本、ガイアを包むようになりました。
瞑想の時に限らず、思い出したら、包んでみてます。

もし、ハートで何か感じたらやってみてください。


では、今日も感謝。


2011/4/15(金)晴れ時々曇



今日の出来事は、ひと言では言い現せない日になった。

私は、昨日という日から、何かが変わった。
昨日→11/4/14【改名記念日&再誕生のこと&胸腺の痛み&マゼンタ色のこと】byGraceさん

まず、ブログを書き夜になって気づいたことは、肉体の痛みが違う。
手の、腫れというか膨張した感覚で痛みがあったのが、いつもの感覚に戻ってきているのを感じた。

ここ数日、なかなか寝付けないのは同じだったけど、寝返りの時の痛みは、あまり感じなく寝ることが出来た。こんな日は、久しぶりだった。

今日は、気力、活力が急に戻り、掃除機をかけることも出来た。
どう考えても、昨日の日といえば、氏の変更の許可が降りたことと関連しているとしか思えなかった。

先週のひどい疲れの期間から、チャネリングレッスンも休んでいたけど、あの時も、最初は順調だったけれど、段々、どうも、ジャーちゃんにも、無視されているように感じて、「もう、わからん」と言いながらも、自分で、壁になっていることも、それなりに、内観して感じとっていたものの、自信からは、さらに遠のいていた。
今日、それは、Gちゃんを通してジャーちゃんにも言われたことなんだけど、でも、そのレッスンの話から、”感じる”レッスンをジャーちゃんのサポートの元で、二人で楽しくするうちに、多くの存在たちが、集まって”祝福”だと、祝ってくれた。

本当に、久しぶりに天界と楽しい時間を過ごすことが出来た。

いろいろ話すうちに、なぜ、昨日はあんなに涙が溢れたのかも分かったし、チャネリングレッスンの壁も今日の体験で、超えられることもわかった。

とにかく、今日は、”感じる”レッスンで、Gちゃんと共に感じられたことが、ひとつの財産になった。

・セント・ジャーメイン
・ガイア
・ある人
・ある神社のエネルギー
・エドガー・ケイシー
・イエシュア/サナンダ
・ミカエル
・マホメット
・クツミ
・ニギハヤギノミコト
・Gちゃんのツインフレーム

感じてみた存在は、こんな感じだけど、来てくれてた存在は、数しれず、、、。

たぶん、長くなります。汗


【セント・ジャーメイン、他】byGraceさん

まずは、最近の私の状態、昨日の出来事の話をした。肉体のことも含めて不思議だと、、、。で、チャネリングでも、無視されているんだと笑いながら、話をした。 

J:「まだ、不慣れ。マインドも反映される。チャネリングにマインドも加味されてしまうので、どこから来ているのか、想像から来ているのかも深い部分で感じてみること。」

G:「そうだよ、最初はそうなんだよね。でも、今は、自分のことを聞くからそうなるけど、人のことをチャネリングすると、自分には分からない質問だから、”明け渡す”しかないんだよね。”ジャーちゃんが答えてよ。”って感じさ。もう、チャネリングってことも忘れたら?」

「それもわかる。そうなんだよね。自分のことだったら、そうなるのさ。だから、エゴや想像が入っていると思って疑うし、自信に繋がってこないんだ。自分のことも聞くことなくなるし、疲れもあったからだけど、数日は休んでいたよ。かるい瞑想くらいで。」

J:「なぜ、現れないかわかりますか?あなたは、まだ、言葉を欲しがっていたからです。感じることをすること。期待がはいっている。」

「そうだ。それもわかってる。古いやり方は、いくらやったって、もう通用しないのもわかってる。やるだけ無駄なこともね。だから、何がどうなのか、、ただ、感じてても、感じてることすらわからからなくなるし。」

G:「私だって、○○ちゃんと、こうしてチャネリングするまでは、自信なかったじゃん。こうやって、やってきたから、自信ももてるように少しずつなってきたでしょ?今日は、じゃあ、私のことでもチャネリングしてみる?」

「うん、、、いろいろやってきたんだ。このままだと、最初に戻ると思って、ただ感じるだけとやってみたり、いろいろ試した。自分でも、これまで長いこと、人のチャネリングで、”言葉”で受け取ってきたから、自分で”感覚”で受け取るのが、もどかしく感じるのもわかってるの。だから、もういいや~。って投げ出すときもあったよ。無視されるしさ。笑」

「ねー、このままレッスンって本当に必要なんだろうか。自然に出来るようにならないのかな? 深いメッセージって受け取ることが出来るようになるんだろうか。」

J:「重要なこと意外は答えませんよ。重要なメッセージはちゃんと伝えていきます。」

「ああ、そうかい。笑。 ま、そもそも、私がこれからやるのは、導管になって伝えていく事だからね。」

G:「うん、あんね、もうチャネリングというよりも、”感じる”ことが全てで、”感じる”ことに慣れていくことだって。」

「そうか~、感じることねー、、、、」

G:「○○ちゃん、私が開放で苦しい時に、ちゃんと感じて伝えてくれてたじゃん。ちゃんと感じているじゃん。」

「うん、あの時は、想いだけで出来た。ただ、私は客観的に状況を感じれる立場だったしね。そういうときは、感じれるんだけど、、、、。」

「ね、っそうだ。話変わるけど、なんで、身体の痛みが軽減されたの?まだ、少しはダルさも残っているけど、絶対に不思議なんだけど。」

J:「これまでの○○という姓に縛られていた。それは、意識の上では開放はしているんだけども、この三次元での影響、物質社会での影響があった。涙の意味は、魂の深い部分での喜びからだった。」

私・G「え~~~~~!!、そんなに影響していたものなの?!」

「肉体の痛みが軽減したのは?」

J:「肉体は、三次元のもの。○○家の意識が三次元。確かに難しいときだった。仕事も、ガイアの影響や、集合意識なども重なって感じていた時期で、わかりやすかった。部分部分でホールドしていた。」

「ほんとうに、辛い大変な1ヶ月だったよ。この苗字だけで、そんなに影響していたなんて、、、。」

G:「○○家って、やっぱり、かなり重かったんだね。汗」

「そうなんだね~。これで、本当に○○家のお役目が終わったんだね。開放されたんだ!!」

「って、そうわかると、娘のことはやっぱり親としてなんかつらいね。でも、ジャーちゃんも言ってたように、あの子は強い。なにより、魂で選択しているんだから、尊重しなきゃね。」

「ジャーちゃん、伝えてくれてありがとう。」

J:「これは、あなたの、真の自己の創造ですよ。」

「うん。」

G:「お祝いだ~お祝い!!」

「うん、本当だね!!しかし、、、名前ひとつで、そんなに違うとは、、、。汗」

G:「うん、驚きだね。汗」

「って、こうゆうのは、無意識でも感じているのにな~。」

「ね、そういえば、”マゼンダ色”ってオーラを修復する色なの?」

G:「そうみたいだよ。」

「ね~。びっくりだったよ。だから、日本とか、地球にはいいみたい。」

G:「私は、シルバーをしようかと思っていたんだ。個人には、個人の意志とか、選択があるからレイキと一緒で、勝手には出来ないけど、それも出来ると思うんだ。」

「うん、そうだね。個人には、勝手に使えないけど、建物全体とかは、できるだろうしね。ジャーちゃんに聞いてみて。」

「うん、それでいいみたいだわ。」

「ね、あとで、練習で電話いい?」

G:「いいよ。」

-------一旦、食事で中断。

再度、電話。


「じゃ~~、どうしようか!」

G:「”感じる”ってことだから、○○ちゃんだって出来るじゃん。」

「うん、全てを感じる、、、。いろんなものを感じてみようか!多方向で。でも、、、人って、わかりやすいんだよね。特にネガティブな感情のほうが感じやすいし、誰でもわかるんだけどさ。笑。」

G:「そうだよね、人のほうが感じやすいかも。」

この部分は、個人的になるのでカットする。

でも、感じてみると色や、エネルギーの状態を感じることが出来た。

G:「やっぱり、ちゃんと感じているじゃん。」

「そうだね、色も分かったわ。次は何にする?」

G:「今日行った神社で、私が感じたエネルギーを感じてみて。」

「あらー、すっごい爽やか~~~!!」

G:「そうっ!!そうなのさ!!」

「あのね、神様なのかな~? 若くて、今の時代じゃなくて、白い着物のようなものを着てて、なんと表現したらいいのか、、、。陰陽師じゃないんだろうけど、雰囲気がそんな感じの男の人が浮かぶの。」

G:「うん、そうかもー!!」

「あのね、爽やかで美形だよ。笑」

G:「光源氏みたいな感じ?」

「うん、雰囲気はね!!」

G:「ちゃんとわかるじゃん!!」

J:「色までわかるのは素晴らしい。」

「そうだねー。感じるわー!!サポートもあるからだろうけど。」

「じゃ、次は、何にする?」

G:「じゃー、次はどうしよ。エドガー・ケーシーは?」

「え~、全くわからんけど、感じてみるわ。」

しばし沈黙

「あのね、、、あまりこの人の知識はないし、本も読んでこなかったけどね、間違ってもいいから、このさい浮かんだことを伝えるけど、この方って、気難しかったのかな? ”気難しい”って感じるんだけども、、、。ジャーちゃんに聞いてみてくれる?」

J:「気難しいから、トランスでしかチャネリングできなかったんですよ。」

「へ~~~!そうだったんだ。感じたの間違ってなかった!!」

G:「すごい、わかるじゃん。」

「じゃ、次は、誰にしようか。」


G:「私を感じてください。ってジャーちゃん言ってるよ。笑」

「え~~~~ジャーちゃんかい?」

G:「うん。あのね、いつもね、あまりに近いから感じにくいみたいで、そして師弟関係という意識がジャマしちゃうんだって。だから、客観的に私のエネルギーを感じてみてください。だって。」

「そうだったのかー。わかった、やってみる。」

しばし沈黙

G:「なんかね~、私が感じるのは自信に満ち溢れててすごく壮大な感じ。」

「私はね、、、ジャーちゃんは、ジャーちゃん。色は、やはりアメジストの色。」

「ジャーちゃんは、ジャーちゃんのエネルギー、、、愛なんだけど、愛と言葉にすると陳腐になってしまう、、、。なんだか、泣けてくるんだけどー。過去生でたくさん世話になってきたからかなー。泣笑」と言いながら気づくと泣いていた。

J:「あなたは、感じていますよ。泣きたいだけ泣きなさい。」

泣き

G:「近いんだねー。」

「うん、そうなんだわ。ほんと泣けた。」


G:「次はガイアを感じようか?」

「うん、先日も感じたけど、やってみようか。これからも感じていくことになるだろうし。」

しばし沈黙

G:「あれ?思ったより軽い、、、さっぱりしているんだけど、、、。」

「あれ?ホントだよね、悲壮感は感じないな。あれ?どうしてだろ。」

G:「あの開放したあとのサッパリ感?」

「うん、ガイアも私たちと同じなんだよ。手放してるときは苦しいけど、そのあとって爽快でしょ?気づいて手放しては、また深い部分から出てくるけど、そのときは苦しいけどね。今は、ちょうど、開放したあとの感覚なんだわ。」

G:「うん、そうかもね。」

「でも、ガイアをチャネリングしたメッセージってあるけど、何か違うね。なんだろう?ジャーちゃんに聞いてみて?」

G:「あ~、メッセージの中にはね、ガイアというより集合意識をキャッチしているんだって。それをガイアと勘違いしてチャネリングしているのが多いみたいだよ。」

「そうか、だから違うんだね。」

G:「確かに、勘違いしたメッセージはあるね。」

「うん。感じてみるとわかるね。」

「じゃ、次は宇宙は?」

G:「宇宙全体?」

G:「それはさすがにまだ無理みたいだよ、あまりにも広大で。ポイントを絞ったほうがいいみたい。」

「そうか、高度すぎたね。じゃ、○○星とかならかんじれるんだ。」

G:「うん、そうみたい。」

「じゃ、次は、イエシュア、サナンダにしようよ。」

G:「え? 」

「だって、Gちゃんは、第6光線ももっているでしょ?私もサポートしてもらっているみたいだし。」

昔、チャネラーさんに、私は第7光線でジャーちゃんの管轄、Gちゃんは、めずらしく第6光線と第7光線の二つを持っていると言われていた。

G:「どうも、他の存在って、苦手意識が出てねー。」

「うん、私も、やっていてGちゃんの気持ちが分かったよ。イエシュアは、どうも恐れ多くも、、、っていう意識が出るんだよね。でもね、この前、その意識を超えようと思ったんだ。だって、反対の立場だったら、そんな意識で接してほしくないんだもん。」

G:「そりゃ、そうだよね。ほんと、恐れ多くもって出てくるよね。だから、ついジャーちゃんに頼るんだけど。」

「うん、過去生から来ている意識なんだろうかね。それを超えよう!やってみよう。」

しばし、、、というかちょっと沈黙

G:「あれ~~~!!身体が浮く~。なんだろう。言葉で表現できない。身体に入ってくれたかもー。」

「早っ!私はね。やっぱり”光””白光”って感じで、”こんなに近くに居るんですよ。ありがとう。”と言ってたよ。」※”ありがとう”の意味は、意識を超えていくことについて。

G:「やっぱり浮くわ。”身体”にエネルギーを満たしてください。って言ったら、すんなり入ってくれたー。」

「やっぱり、繋がりが深いんだよ。どうしてか、イエシュアに聞いてごらん?」

イ:「わたしは、あなたの一部なんですよ。」

私・G:「え~~~!!そうだったの?!」

「すご~い!!だからなのかー。今日は、やっぱりお祝いだね!お酒飲めないけど乾杯したいね。」

「じゃあ、もうイエシュアもチャネリング出来るんじゃん。」

G:「うん。ジャーちゃんと繋がった頃ね、ジャーちゃんも、言ってたんだ。”私は、あなたをイエシュアとつなげるためにいるんですよ”って。」

「え~、初めて聞いた~。なんだ、ちゃんとジャーちゃんに聞いていたんじゃん。」

G:「うん、でもやっぱり恐れ多くて、ジャーちゃんにばかり頼ってさ。」

「そうだったのか。」

J:「あなたは、私を”身体”には、入れませんでしたよねっ!!」

爆笑~~~!
この話は、私もGちゃんから何度も聞いていたからだ。


G:「だってジャーちゃんのエネルギー強力なんだもん。だから、入るなら頭の隅っこにして。っていつも言ってるんだけどさ。笑。」

「あはは、私は、全身に入っていいよー!!って言ってるけどね。ジャーちゃんもそこで言うから。あ~、お可笑しい。」

G:「ジャーちゃんごめんね。」

「うふふ。それだけ繋がりが深かったんだわ。身体にすんなり受け入れられるのも。」

「うん。」

「じゃあ、次は、マホメットにしよう。」

G:「マホメット?」

「うん、昔、夢に出てきてメッセージ受け取ったし、サポートしてくれていると思うから。」
この時のことは→07/12/7これまでのプロセス【お金編】-13

沈黙の”沈”くらい

G:「早い!!すぐに来た!!」

マ:「わたしは、砂漠の神、、、ゆえに迅速である。」

G:「って言ってる~。それと、”サポートしているのは、私だけではない。ここに多くの存在がいてサポートしている”って。」

「うん。本当にありがとうございます。みなさん、ありがとうございます。」

G:「本当に、多くの存在がサポートしてくれているんだわ。タマラ※Gちゃんの飼い猫名前 が、あっちこっち見てるわ。キョロキョロしてる。来ているみたいだわ。」

「いいね~。タマラは、見えて。羨ましいわ。」

G:「あれ、ミカエルも来てるわ。ピーって聞こえるもん。」

「ミカエル~~?」

「ミカエルってかい?ミカエルもあまりに近くって。毛布のようだからな~。感じにくいんだよ。」

J:「ミカエルはね~、、、、。」

G:「わかったでしょ?って。あのね、あまりにも自分と一緒になってるから、わからないんだって。だから、自分を客観視する時みたいに、ミカエルを客観視して感じてみて。って。」

「わかった~。笑。」

「喜んでいるよね。感じる。」

G:「うん、そうだね。祝福なんだって。今日は祝福の日。」

「うん。」

G:「本当に、感謝だね~。いろんな存在と繋がれるものわかった~。」

「うん。ほんとね!」

G:「やっぱ、クライアントさんには、その人が親近感のある存在をチャネリングするほうが、より詳細にわたって伝えられるんだって。伝えやすくなるんだろうね。」

「そうだね。そのためにも、どんな存在でも繋がれるようにならなきゃね。」

G:「うん。」

「じゃあ、次は、Gちゃんの母船にいるツインフレームにしようか。Gちゃん自身だし。」

”ツインフレーム”のことは、以前にジャーちゃんに少しメッセージ貰ったけど、まだブログには書いていない。まだハートで許可がおりないから。そのうちに、何かの機会に書くことがあると思う。

G:「うん。」

「あれ、やっぱり喜んでいるみたい。」

G:「うん、あのね、”肉体はもって来ていないから、期待はしないように。”だって。」

「あはは。」

G:「期待なんかしてないわ。笑。」

G:「でね、昔からね、私、黄色と、青と白が見えるんだよね。」

「聞いてみたら?」

G:「なんか、それが三原則になってて柱になってるようだわ。」

「ということは、黄色、、、黄金だからクツミか。で、青だからミカエル?それと白のイエシュアって感じ?」

「じゃあ、クツミを感じてみるか。」

G:「うん。」

「あ、、、最近、クツミは表に出てこないからな~。でも、サポートはしてくれてるんだけど。どうかな?」

沈黙っていうよりも、すぐ。

「こんな時はいいんですよ。って言ってるわ。笑」

G:「うん。クツミ、ツイスト踊ってるって感じ~。笑」

「踊ってるの?クツミらしいわ。ラップでも歌う?」※シャウド読んでる人にしか分からないかも知れないけど。

G:「やっぱり、祝福なんだね~。」

「あ、、、そうだ。ニギちゃんを感じたい。」

G:「わたし、TVも見てないし、ニギちゃんのこと分からないんだけどな。なんだっけ?」

「ニギハヤヒノミコト。ハクって呼んでもくるかも。千と千尋のね。TVで、あれだけ感じるんだから。」
この事は→11/2/20【友、饒速日命を思い出す&確認(ワーク、親のカルマなど)】byGraceさん

沈黙

G:「あれ!来ら、すぐに消えちゃった。しゅっと、居なくなったよ。」

「ほんと?」

G:「うん。なんか、流れてる?爽やかな感じもするし。」

「うん、そんな感じ。」

「TVでは、川の神様でもあったからね。でも、それはTV/映画での話だよ。」

G:「漫画だって、チャネってるからね。川、、流れでもある感じ。」

「”流れ”なのか?」

G:「呼んだらすぐに来るけど、すぐに行っちゃうんだよ。やっぱり川なのかな?でも、ニギちゃん面白い~。」

「もしかしたら、竜体なの?ジャーちゃんに聞いてみて。映画では、そんな場面もあるから。」

G:「うん、そうみたい。そんな感じ。」

「じゃ、夢の中で会ってる時、背中に乗ってるのかな~。」

G:「あのね、”受け取って、流す”の練習をさせてくれてるんだって。」

「そうだったのか、ニギちゃんに教わってたんだ~。」

「なんというか、エレメントなのかもね。自然界の神様。それに近いのかな?」

G:「そうかも知れないわ。」

「時間だね!!」

「今日はありがとうございました!ジャーちゃん、ありがとう。みなさん、ありがとう。」

「じゃあ、またね!!」

G:「うん」


-END
-------------------


とにかく、今日は、Gちゃんにとっても、私にとっても、”祝福の日”だったのは、間違いない。

こうやって、二人で感じてワークするのは、楽しいし、自信も持てるのが、なによりありがたい。

感謝、感謝。

最初のうちは、感じる時間をとったけれど、だんだん”沈黙”時間はなくなっていった。
”感じてる”ときは、マインドが出てくる前にすでに”感じている”部分だ。

今日の体験で、もっといろんな存在も、積極的に感じてみようと思えるようになった。

途中で、Gちゃんとも話したけれど、”感じた”ことを言葉にするって、本当に大切だなとつくずく思った。
それが、言葉、表現としてチャネリングにつながっていく。

やっぱり、もっと深い部分を感じられるようになるには、練習を積むしかないのかも知れない。

今日は、”感じる”ことをしなかったけれど、”ジャンヌダルク”も少ないけれどチャネリングのメッセージは残っているものがある。と言うことは、自分だけども感じることが出来るのか?とジャーちゃんに聞いてみたら、「過去生のアスペクトとして感じることは出来る」ということだった。ま、マホメットだって歴史上の存在だから同じで、出来るのか。そりゃそうだよな。と思った。


あ~。とにかく、苦しい/痛い日々も続いたけど、こう言う日があると忘れる。
しかし、苗字ひとつで、、、すっと背負っていたのか、、、汗。

今日のブログは長くなったけど、面倒だから、分けなかった。
変なとこもあるかも、、、読みにくかったらスマン。汗


2011/4/23(土)晴れのち曇


ブログ、久しぶり~。

あれから、日々、穏やかに過ごしていたし。
ただ、あの後、身体の痛みがすこし軽減したと思ったけれど、また辛い日もあった。
→11/4/15【祝福の日:開放~全てを感じること】byGraceさん
ま、過ごしずつ楽にはなってきているけど。

それは、、、、たぶん、、、?
ひとつの疑問が、あの後に浮かんで。

「仕事や、ガイア、集合意識の影響もふくんでいたとしても、○○家の意識が、ここまで集中して自分に”痛み”としてきたんだろうか? もう長年使ってきた(氏名)なのに、なぜ、今に集中したの?」

”氏の変更”手続きをしてから、約一ヶ月。

○○家の他界したご先祖さんんは、自らの選択はあるものの、ほとんどは、引き上げられたと聞いていたし、、、。
そう思うと、まだ肉体のある○○家の意識が、私との最後の”縁”を求めて集中して来たのだろうか?と考えずにいられなかった。頼ってきた、その存在(人間)たちは、私が離れたあといったいどうなるのだ?

それで、前回のブログを書いた翌日に、Gちゃんに、それを”感じて”もらった。

Gちゃん曰く、「やっぱ、助けて欲しいんだよね。○○ちゃんの身体の痛みを通して、”この痛みを知ってほしい”みたいな感じだと思うよ。でもさ、この道は、自分でやるしかないじゃん。頼ってきても、私たちが代わってやることは出来ないんだし。結局、自分でやってくれ。って言うしかないよね。」

「あ~、やっぱ、そういうことだよね。知らせてきたってどうしようもないってことだよね。」

この時期に集中したのは、”頼みの綱”的なもんが居なくなると思って来たんだな。でも、”意識”ってすごい。

たぶん、○○家の本人たちの顕在意識では、そんなことすら気づいていないだろうに、、、。
って、私自身も、そんなことが起こっていることを知らなかったんだから、それでなんの意味があるの?って感じもする。汗。とは言っても見えない所で起こっていることについては勉強になった。

そんなことを感じていたら、翌日?その次の日?また、ひどく身体が痛くなって、「やばい、やばい。」引き寄せたかも、、、と感じた。もちろん、ちゃんと、”私には助けることは出来ない”ことも伝えたけどさ。(汗)

しかも、許可はおりたけど、まだ”戸籍上”では○○だしね。
手続きを完了したくても、書類来るまで出来ないし。完全に、開放されるのは、戸籍が変わってからかな?

婚姻もだけど、戸籍ひとつ、何気に”見えない”約束というか、良い悪い関係なくカルマ的なものが紙切れ1枚で、、、と思うと、スゴイようなコワイような、、、。

”離婚届”は、10年前に受理されていても、これって、いったいどうなっているんだか。

この離婚後の10年と言えば、この覚醒のプロセスはそこから始まったようなものなんだから。魂の深い部分でしばらくは、背負うことを同意していたんだな。そうじゃなければ、○○家の多くの開放できなかっただろうな。いろんなことを学ばせてくれた”お礼”の意味もあったのかも知れない。実際に、成長させてもらったんだから。

yohamは、この”今”の”生まれ変わる”このタイミングで開放させてくれたんだと思うと、やはり”完璧” なんだと感じる。”痛くて辛い体験も、通り過ぎれば忘れていくし。


で、この再誕生については、”新しいエネルギー”のシャウドを読んでいて、しみじみ”今”だから感じることがあった。なぜ、今、このシャウドだったのか、読みたくなったのかは、読んでみてわかった。

目にするメッセージや、私の受け取ってきたメッセージも、本当に、”先”の話のことが多い。(全てじゃないけど)
最初は、そのまま真に受けていたよね。汗。もうわかってるから、喜びはあっても、時期的な期待はしなくなっちゃったけど。
トバイアスも、ずいぶん、先の話をしていたんだな。と改めて感じた。

その時、その時の段階で読んでいる(未来の)私たちのエネルギーでさえ、それが2004年のシャウドのものだとしても、シャーンブラのエネルギーを集めていたんだな。だから、後から来る人たちのエネルギーも全て含んでいると言う話が、”言葉ばかり”ではなく、実感として感じられた。

いろいろ、忘れていたことを思い出させてくれた。
その中には、”新しい地球”の話も出てくる。まだ、実際には体験してみないと分からない部分もあるけど、このシリーズのシャウドを読んでいて、”ここから”始まりつつあること、現れてくることが楽しみになってきた。
”サークルの完了”って、この時点(今の自分の段階)のことをいうのかも知れない。

ジャーちゃんがいうように、ピーと線を引いて区切られているわけではなく、徐々になんだろうけど。


新しいエネルギーシリーズ シャウド 5:
「あなたの新しいエネルギーの情熱」
クリムゾン・サークル 2003年12月13日

【抜粋】
今、そのすべてが終わる時です。他に探し求めるべきものはありません。古いエネルギーのやり方の中で達成しようと努力すべき他のものはありません。旅は終わるのです。そして今、体験が始まります。旅は終わるのです。そして楽しみが始まります。旅は終わり、そして実現と顕現が始まるのです。

もう探すものはありません。かつて本当に失われ、見つけなければならなかったものはありませんでした。あなた方は、ただこの崇高な旅、この探求と見えるものを通り抜け、神なるものを見出し、解決を見出すことを自分自身に許したのです。そしてあなた方が発見したことは、本当にそれはいつもそこにあったということです。でもあなた方は通り抜けなければなりませんでした。あなた方は、それはいつもそこにあったという完全な理解に至るために、あなた方のすべての学びを、すべての諸生涯を通り抜けなければならなかったのです。

それはキッチンのシェフのアナロジー(類推説明)にとても似ています・・・とても満足できるものを作り出すために、すべての準備をし・・・新しいレシピを探し・・・新しい種類の料理を作り、新しい材料を加え・・・それらがどう作用するかを見るために様々な種類の材料が混ぜ合わされ・・・香りを出すための様々な方法を見つけ・・・食べ物の中の様々なエネルギーのソースを混ぜ合わせ、調製する色々な方法を見つける。あなた方は皆、キッチンのシェフであったのであり、せっせと働き、自分自身のために素晴らしいグルメの体験を創り出してきたのです。

しかし今、料理はできました。料理はできたのです。テーブルに行って座り、楽しむ時・・・饗宴をし、祝う時・・・食事をし、味わう時・・・今までに作ってきたすべてのものを今体験する時なのです。

ですから、親愛なる友たちよ、旅は終わったのです・・・あなたがそれを続けたいと望まない限り。全く新しい生き方や体験が始まるのです。すべてシフトするのです。もう追いかけることはありません。それはあなたのもとへやって来るのです。それはすべてあなたへの自らの道を見つけるのです。私達は、それをあなた方が真にそれに気づくまで繰り返し繰り返し、何度も言っていきます。

あなた方はもう - 何と言うか - 人生の中で挑戦を今選ぶ必要はありません。それについて考える時、親愛なる友たちよ・・・あなたがそれについて考える時、今のあなたの人生の中の挑戦の非常に非常に多くは、あなたについてのことでさえないのです。それらは他の人々から引き受けているものです。あなた方は彼らのために養育的な役割を引き受け、それは時々依存性を引き起こしています。それは確かにあなた方に重荷となっているのです。

あまり特定のことを言わないようにすると、あなた方の人生の中の問題、困難の90%は他の人々に関わるものだと言えるでしょう。ほんの小さな量だけが本当にあなた自身についてのものなのです。それもまた手放す時なのです。最低限、それが何であるかを認め、でもまたそれを手放してください。しばらくしたら、それについてお話しします。

時々、あなた方は、人生はとても困難で挑戦的なので、もしあなた方が彼らの問題を手放し、彼らに自分の人生を生きることを許したら - そう完全に - あなた方の重荷はとても小さなものになるだろうと思っています。今度は、あなた方の多くは、するべきことはとても少ないとも感じるでしょう。なぜなら、あなた方は他の人達の世話をし、彼らの重荷を背負おうとしてとても忙しかったからです。

しかし、親愛なる友たちよ、私達は今あなた方にお話ししますが、"新しいエネルギー"の中でやるべきことはとてもたくさんあるのです。それは"古いエネルギー"のようではありません。でも、やることは膨大にあるのです。"新しいエネルギー"は表現についてなのです。それはもはや挑戦や苦しみや、答えを見つけようとすることではありません。それは表現についてなのです。それは神がそうであるものなのです - 表現 - 純粋な表現なのです。

旅が終わる時です。そしてすべてのものが、それからあなたのところにやって来るということに気づいてください・・・あなた方はいつもそこにあったエネルギー、才能、能力を持っていたのですが、休眠状態にあったということに気づいてください。それらは潜んでいて、正しい時を待ってきたのです。

ここにいるあなた方の一部は、音楽家になりたいという衝動を持っていました。でも、正しい家庭に生まれていないか、生まれつきの才能を持っていないと思っていました。あなた方が旅を手放し、体験の時に入るとき、いかにあなた方が音楽的かに驚くことでしょう。いかに速く、音楽が本当に何であるかを学べるかに驚くことでしょう。あなた方は全く新しい理解を得るでしょう。それはただのコードや音程ではないでしょう。それは、すべてともに作用するヴァイブレーションやハーモニー、"新しいエネルギー"でしょう。



一つひとつシャウドから取り出すことは出来ないけど、この時期にこのシリーズを読めたのは、いろんな意味で、幸せなことだった。

毎日のように、右手の先のほうからや、全身から”古いエネルギー”が抜けていってる。
(たぶん、傷や痛みを通じても開放している)

どれだけあるのか、もしくは、どれだけ残っているのかは測定できないけどね。たぶん、○○家で肉体(3次元)で捕われていた古いエネルギーも、今自動的に開放されているんでしょう。

このシャウドを読んで、”ご馳走”と言えば、以前の預言カフェのメッセージも思い出した。
→09/7/5【何も変える必要はない】-3【謎のカフェ③】


とにかく、これからは、変わるだろう。
それは、今後、ひとつひとつ実感していけると思う。
出会いも、現れることも、自分の創造で楽しめるようになれる。
自分が成長するための”お試し”はあるだろうけどっ。

今、仕事の面でも、それぞれスタッフを客観的にみるのが面白くなってきた。
私は、一ヶ月も立たないうちに、下に二人のスタッフが入って。
自分が、ようやく覚えて、時には余裕なく、教える場面も出てくるようになった。
なんせ、忙しい所だけど、ヒマなよりは自分には合っているだろうね。

”調和”と”それぞれの個性””それぞれの段階”がどう溶け合っていくのだろうか?
そえぞれの楽器があり、それがシンフォニーとなることって、どういうことなんだろう。

別に、人を変えようとかしているわけでもない。変えることは出来ないから。
でも、それぞれの個性に合わせた接し方というのはあるのだと感じる。良い悪いではなくね。
何が苦手で、何が得意なのか?何が理解できていて、何が理解できないのか?などなど、
自分も含めて、客観的に観ると面白い。

”ここ”では、みなが、同じレベルで仕事が出来ないと困るのだ。
今どきは、余裕に人員を確保できるところも限られているだろう。
なので、まだ、私も、徐々に、次の段階という感じで、教えられている。最終的には、一通りの作業を経験させられるようだ。そして、一人でも、全て把握し、全工程がわかるように。できるように。
最初なんかは、もう頭の中が一杯一杯で、パンクしそうだった。全部出来るようにやってもらうと聞いいたときは、正直、「げーっ」と思った。(笑)

私も、先輩の方には関心したけど、本当に、よく人のことを見ている。
細かいところも見逃さない。(笑)

教えていく立場の人は、本当に、”その人”を知るということなんだな。と改めて感じた。
その人の”苦手”を知ることによって、苦手を克服するキッカケもつくれる。
その人が”苦手”から逃げなければの話だけど。(笑)ここじゃ、辞めるまで、逃げられないか。

わたしは、キッカケを作ってくれたので、逃げずに敢えて自分から飛び込んで、おかげさんで出来るようになった。ありがたい。見守ってくれている時期と、ある程度出来るようになったら、それなりに責任と状況を見極めることも求められて、、、。たかが、、、、だけど、されど、、、である。

ただ”業務”を熟すだけではなく、今、いろんなことを、この”現場”で学ばせてもらっているのかもしれない。そう感じる。だから、謙虚でいたいし、ほんとうにありがたい。

失敗は、誰でもある。私も、怒られたりする。
失敗をして成長するものと頭で分かっていても、ヘコんだ時もある。(笑)
時にはネガティブな意識も感じ、受け入れては流すを繰り返し、それが”信頼”という形で見えてきたときに、面白さが見えてきた。

なんか、かすかにだけど、今までと違う意味でこの周りの”客観視”と自分、、、。が少し楽しみになってきた所だ。

ただ、人と接するのは、みな同じようには接することなんて出来ないんだよな。と改めて感じた。
相手によって、自分の接し方が変わるのは自然なんだな。それぞれが、違うから。やり方も、性格も。
(媚をうるとか、好かれようと無理にすることは、別の話。それは、今は必要ない。)

しかも、今職場、みんな個性が強い?かもね。(笑)そこそこのスペースの中で、それなりに。(笑)
でも、”心ひとつ”にして作業が流れているときは、すごく気持ちがいい。これこそ、自分の求めていた感覚と思う。
そんなときは、自然に”ありがとう”、”サンキュー”、”ナイス!”、”あいよ!”、”OK!”、”了解!”、”お願いね”、”よろしくね”、”頼むね!”とか、気持ちいい言葉が、飛び交う。

大変でも、そんな時間が心地いい。基本、”明るい職場”なので、それも何よりだ。
っていうか、”心ひとつ”にしないと、出来ない”職場”だよな。(汗)
一瞬一瞬で、何が求められてて、何が優先で、それを感じることが出来ないと、成り立たないのだ。
(忙しい時間帯は、特にね)
だから、新米のうちは、それがうまくつかめなくて、本人も周りも大変になってしまう。

”感じる”ことが求められる職場なことは確かだ。
だから、いろんな条件で、yohamが選択したのは、”ここ”だったんだろう。

*  *  *

そういえば、3月に、元だんなが、転勤先から戻ってきて(実家)双方の事情で上の娘家族が住んでいた家だけど、それから同居になり、その機会に、娘たちは、引越しの準備を少しずつ進めて来た。でも、リコの保育園の入所できるところには限りがあり、その間、アパート探し、区役所、保育園、資金のやりくりと、いろんな意味で、この時期に、不安や恐れを体験し、開放を余儀なくされていた。

とくに、これから先への不安が大きく、”保証”など、どこを探してもないのが、それが娘をさらに不安にさせた。
自分の通ってきた道なので、気持ちは痛いほどわかる。

何度となく、電話や、メールで話を聞いた。


「石ばしを叩いて渡らないのも、渡るのも自分次第だよ。」

「自分は、純粋にどうしたいか、どうなりたいか。それだけだよ。」

「自分が、後悔しないように動きなさい。」

「先の心配は、なんなの? それが、本当に起こるの?よく感じてみてごらん?」

「今、一日一日出来ることをやる。それだけ。それが、未来を作っている。きっと、何かが見えてくるさ。」

どの言葉にも、本人の自由意志を尊重できるように意識はしていたけれど、自分の体験の話をして背中を押すこともあった。ほとんどは自然に出てきた言葉だった。

「ねぇ、石橋を叩いて渡る? それとも、石橋叩いても渡らない生き方したいの?」と聞いたときは可笑しかった。

「そんな生き方は嫌だ。」と娘は、即答した。「それじゃ、お母さんと同じだね。笑」


時には、深呼吸を勧めたり(やってないかもしれないけど)、感じて手放すの話をしたり。分からないかな?と想うことも、話してみると、なにげに理解しているんだよな。ときどき、ビックリする。
そして、たとえ恐れがあっても、ちゃんと”今”を意識して。そういうところは、素直に実践してくれる。やってみようとしてくれるだけでも嬉しいい。 だからこそ、自分で実感できるのだ。

区役所も、保育園も、何もかもが、一時ハッキリしたことが見えてこないときがあった。
時には、お役所の体勢にいらだちを覚え(理解できるけど)、頭で分かっている部分と、それでも襲ってくる不安や恐怖。何度か、その恐れに負けそうになって、娘も大きく揺らいだ。それを見守ってきた。

でも、やるだけのことをやって見えてきた結果は、最初は、5月を逃すとナカナカ入園出来ないと聞いていて資金的に、無理して覚悟の上で動いていたんだけど、

保育園では、「残念ながら、、、という言い回しで、5月の入園は出来ないのだけど、6月(中旬?)になったら、1名の空きが出て、優先的に入園出来るようにするので、いかがですか?」という話が持ち上がった。ちゃんと、面接もあったんだよ。(汗)「6月、そのときは、是非きてほしいと園長先生が言ってました。」という言葉も添えて。

娘の場合は、母子家庭でもないし、産休明けでもないので、いくら早くに申し込んでも、待ちの順位が、後回しにされてしまう。でも、6月の空きは、”優先”という確約つき。願ってもみないことが起こった。

しかも、娘にとっては、本来6月に引越したかったのだ。ボーナスの時期や、リコの1さいの検診や、予防接種なども含めて、今の慣れた病院で全て済ませることが出来るから。

それを聞いたとたん、「すごいサポートだね~。」と思わず口から出ていた。

娘も「そうなのさ!!」って言ってたけど。(笑)


最終的には、全てが、望み通りの結果になって、興奮して電話をかけてきた。

それも、深い部分で、”選択”をして、やるだけのことをやって行動して、あとは委ねてることが出来たからだね~。
娘を褒めたよ。(笑)リコ連れて大変だったし。

一度決めたアパートは、キャンセルしなければならないけど、「もっと、いい物件も出てくるかも!」とおちゃめに言った。

娘のことながら、応援することしか出来なかったけれど、行政や、保育園のことに合わせると、一時は、引越しの期間にも余裕がなく、お金もカツカツ、仕事もすぐに見つかるかどうかも分からないみたいな状態でね。(汗)

で、信じてはいたけど、見事に、超えてくれた。 正直、安堵した。
あの、最強の恐れの中でも、超えてきたことが嬉しかった。辛かったと想うわ。

ま、また、どうなっていくかは分からないけど、娘も期待なしに、改めて5月中旬には、物件探しを再開するようだ。


最近は、こんな感じ。

感謝だね。


2011/4/26(火)晴れのち雨



[mixi]Arrived Energy On Earthより
Arcturian Group: Let Go!
17 April 2011, posted 18 April 2011
Channeler: Marilyn Raffaele

http://lightworkers.org/channeling/129516/arcturian-group-let-go

「手放してください!」-アルクトゥリアン・グループ


私たちはここで、このメッセージを読んでくださっている方々をニューエイジのエネルギーにお迎えします。これは本当にニューエイジなのです。

ですが私たちは、あなた方がオールドエイジの中に一生懸命に居続けようとしているのも見ています;それは終わったものなのです。多くの方は変化に抵抗し、それがあなた方の新しい中へのジャーニーを留めてしまっています。
手放して!手放してください!これが私たちの今日のメッセージです。とてもたくさんの方々がもう終わったものに必死にしがみつこうとしています。
あなた方がご存じのようにこれまでの金融の構造は終わっています。新しくもっと善いものがやってきますー混沌の中から。現状から利益を得る者達と、無知の中で大きな恐れに捕らわれている者たちだけが、過去に起こったことにあなたが執着している方が良いと促すのです。

愛しき者たちよ、ご自身を調査してみてください;ご自分の意図と切望をよく調べてみてください。それからあなたの価値観についても。
あなたが真実であるとして保持している全てを調べて、そしてご自分自身に質問してください;“私が理解し始めている全ての光において、私はこの価値観を真実として持ち続けているべきだろうか”。
これは皆さんそれぞれが行うべきエクササイズです。
毎日、自分の内側に入っていき、ご自身の価値観のシステムを調べるためにほんの少しの時間をとって、ご自分の外側からの価値観を全て手放す時です。
イヤホンをとって、電子装置のスイッチを切る時です;エンターテイメントを観るのをやめて、瞬間ごとに外側からあなたに教えられるものを見るのをやめて、そして本物が存在する内側へと入っていってください。
私たちは“今がその時です!!”ということを十分に強調することが出来ないのですが・・・。

あなた方はソース(源)であり、答えであり、あなた方は内側に生命の秘密が隠されている場所です。
あなたが外側に探し求めている全てを手放してください。
あなたは過去にご自分にとって善いものを、他人、社会、政府、学説、そしてあなたがそこに答えが在ると信じる全ての物の中に探していました。
ですが愛しき者たちよ、このご自分自身の外側を見ることが、あなた方を古いエネルギーの中に閉じ込めてしまうのです。

あなたの1日を調べて、あなたが自分の外側に答えを求めたり、考えたり、話すのを一日のうちに何回行うかを数えてください。
私たちは、他人があなたのことを助けることは出来ないと言っているわけではありません。ですが、あなたの最初のステップは、内側へ入っていき、真実の場所から状況の全ての問題を調べてみるべきである、と言っているのです。
それは本当の真実であり、あなたが教えられた真実ではありません。本当の真実は;私は「ある」というものである I am That I am ― 深遠、神秘、本物 -なのです。
これは全ての時代の神秘主義者によって教えられてきており、あなた方は現在そこに入る準備が出来ています。
あなた方はソース(源)の顕現である、とはどういう意味なのでしょうか?ソースの特質とは何なのでしょうか?

あなた方の神聖なる関係sonshipを宣言し認め始める時です;神聖なる者で在るとはどういう意味なのかを学ぶ時です。そうなのです、あなた方の真のセルフの内側において、あなた方は神聖なる者なのです。
教会は長い間あなた方はほこりの中の虫であり、あなた方は守られる必要がある、あなた方は最も低く堕落して生まれた、と教えてきました。愛しき者たちよ、これはでたらめです。これは純粋に全くのでたらめです。
あなた方はソース(源)の顕現であり、ここ地球でそのまさしく真実を目覚めさせようとしているのです。この現在の地球の2重性と分離の濃密なエネルギーの中で。あなた方はそれを行っているのです。
良くやっているとご自分の背中を優しく叩いてあげてください。あなた方は夢から目覚めていくのです。

現在多くの方々が、全ての面において立ちはだかる全ての間違った言葉、間違って現れているものを見通し始めています。多くの方々が地球の人生の映画を見るようなものだ、と体験を理解し始めています。
映画のスクリーンの中の弾丸があなたを打つことはありませんね?でもそういったことはあたかも本当であるかのように見えます。
死という言葉で表わされている地球を離れる時でさえ、あなた方は催眠状態なので、あなた方がホームに帰っているご自分を発見するとすぐに、友人たちは“あれ、もう戻ったの?”と言います。

愛しき者たちよ、分かりますね。あなた方が地球上に見ている全ては、神聖なる真実・現実の物質的な概念なのです。全てがいつわりのないものなのですが、それは2重性、2つのパワー、よいものと悪魔的なものといった3次元的なエネルギーの価値観の条件つきのユニヴァーサル・マインドを通して見られ、解釈されているのです。ですが、あなた方は、これらの図の中で生きている間に目覚めるという選択をして、ここ地球に居ます。
地球と全ての創造物は幻想ではない、とあなた方はご自身の意識の状態に基づいて認識しますが、それが幻想なのです。あなた方の意識(知的な知識だけでなく)がもっともっと真実を体現するにつれて、間違いや偽りはもっともっと減り、外側のシーンは変わります。
外側は内側であり、現在それが起こっているのです。とてもたくさんの方々の目覚めの光が、古いものを解放のために表面に押し上げていますが、それをあなた方は混沌として捉えるのです。

全てのいつわりや、もう終了しているものの中にあなた方を束縛しようとする、古い価値観とコンセプトの全てを、あなた方が意識的に解放するように促したいと思います。
愛しき者たちよ、それが私たちの今日のメッセージです。

調べて、そして手放してください。後悔や罪悪感とともに過去に生きないでください。これが、新しい、真実、それを運ぶ神聖なる光ーあなた方-を受け入れるために行われなければならないことなのです。


私たちはアルクトゥリアン・グループです。
2011年4月17日
www.onenessofall.comWelcome2.html



-sesameさん訳

2011/4/27(水)晴れ時々曇




「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載させて頂きました。



大天使メタトロン
Archangel Metatron

結晶構造の完全性~星達との踊り 1
Crystalline Impeccability ~ Dancing With Stars

19 April 2011 - 7:44am
ジェームズ・ティベロン経由
Channeler: Tyberron (Earth Keeper)
Saturday, 16 April, 2011



最愛なる皆さん、こんにちは!

わたしはメタトロン、光の主、そしてわたしはすべての皆さんに、敬意と認識を込めて挨拶を送ります。

永遠の今という振動の本質の中で、皆さんがこうした生きている言葉を読んでいるまさにその瞬間に、わたしは皆さんひとりひとり個人として挨拶を贈ります。わたしは皆さんを愛で包み込んでいます。

予告されている次元上昇が近付いているため、皆さんの周りのすべての物事が始まりを迎えています。

皆さんの神聖なるスターシードの資質が地球の領域に拡大され、実際に皆さんは星達と、希望、愛、そして完璧性という星達と、舞踏を演じています。

親愛なる皆さん、天使の領域に属するわたし達は皆さんを支援するために、助言による洞察を提示するために、今ここに存在しています。

しかし、その困難な課題を習得するために両極性と二元性の世界に滞在することは、皆さんに委ねられています。

こうした事実は皆さんの学びの道筋であり、皆さんひとりひとりがその問題に立ち向かい、それ解決することは、皆さんに義務として課されているものです。

わたし達は皆さん自身の力を理解しながら皆さんを後押しすることによって、皆さんを支援しています。

わたし達の目的は、最も複雑な課題に対して皆さんに“答え”を与えたり、皆さんのためにその問題を解決したり、皆さんと皆さん自身の優れた判断力及び選択の自由の間に介在したりすることではありません。

わたし達の目的は、皆さん自身の強さを強化することです。

何故なら、最終的に皆さんという存在の巨大な神性は、皆さんが充実感の自覚に役立つために充分に準備を整えるだけではなく、全体的にそれを行うことを望むようになるからです。

親愛なる皆さん、そしてこの過程の中で、皆さんはそのより高い叡智、理解、横溢な活力、そして平和という資質を発見することになるでしょう。
天使だけではなく、誰も皆さんのためにそれを行うことはできません。

完璧性、無謬性において、皆さんは皆さんの前で計画されたそれぞれの自己を達成するようになるでしょう。

最愛なる皆さん、わたし達はこの瞬間に、わたし達の光の存在性の、わたし達の存在という結晶構造の、その本質に不可欠なエネルギーを提示しています。

わたし達は皆さんに、純粋な愛の中で、皆さんの優れた判断力のために、わたし達の叡智に属する助言を提示しています。

熟達者の皆さん、わたし達は単純に、皆さんにそのこころと精神の中に完全に姿を現わすことを求めています。

わたし達が伝えていることの差異を認識してください。

何故なら、皆さんは進化しているひとりの神として存在しているからです。

わたし達が提示しているものと共鳴するものを受け入れてください。

何故なら、それは最も深い敬意と愛で皆さんに提供されているからです。


星の躍動:愛の中での拡大
Star Dancing: Expanding in Love

皆さんの生命という星の躍動は、愛の中で拡大しようとすることです。

しかしわたし達が言及している愛は、人間の皆さんが愛として考えがちな単なる情緒ではありません。

そうではなく、むしろ桁外れの壮大なエネルギーや、拡大する無条件の愛と呼んでも差し支えないものの科学です。

この文脈において、愛は実際にひとつの科学であり、ひとつのかなり複雑な振動共鳴で構成されている莫大な領域を指しています。

ですから、愛の共鳴という重要な構成要素をより深く定義することにしましょう。それは皆さんの成長に関係しているものです。

そしてそれは、活性化された神聖なる意志という完璧性です。

行動に変換された意志は、皆さんの霊的な成長の探求の推進力になっています。

完璧性とは、皆さんの現在の経験や認識を行為という叡智に蒸留したものです。


困難な課題を受け入れる
Accepting the Challenge

皆さんの想いが二元性の中で皆さんが経験している現実性を創り出している一方で、より高い位相の皆さんは、思慮深く、注意深く、皆さんが直面する困難な課題を構成し、創り出しています。

こうした事実は素晴らしい目的を備えています。

皆さんが本当にそれを信じるかどうかにかかわらず、皆さんは皆さん自身の試験の答案を書いています。

ですから、‘肯定的な考え’が重要な周波数になっています。

その一方で、肯定的な考えは皆さんがその人生の課題に取り組む際の支援になるように運命付けられています。

そのため、それは学びの過程それ自体を回避することを意味していません。

皆さんは、拡大するために必要となる成長の学びを無視することも反故にしようとすることもできません。

それは皆さんが皆さん自身のために記述したものです。

そして、皆さんの選択の設定がほとんどの場合外部に向いていて、取り除いたり排除しようとしたりすることが利己的な脳の二元性の位相の能力を超えていることが理由になっているからです。

皆さんはそれに立ち向かうことになります。

何故なら、神聖なる自己の中で、より高い自己の視点から、皆さんがそれを望んできたからです。

皆さんが明らかにしたより良い進化や変化に対する望み以上に、より刺激的な、より価値ある自己実現は存在しません。

わたし達は皆さんに、これを保証します。それは実際に、皆さんの生涯のそれぞれの使命になっています。

もしも皆さんの瞑想や視覚化を可能にする皆さんの内面の声や積極性に基づいて行動しないのであれば、瞑想をして達成されている望ましい目標を思い描くだけでは充分ではありません。

意思、集中力、そして瞑想が、絶対的に行動と結び付く必要があります。

完璧になること、そして最終的に皆さんの啓発を成就することは、ある宗教が間接的に仄めかしているような、皆さんが急激に忘却という幸せな状態になること、あるいは涅槃という懸け離れた状態に存在することを意味してはいません。


熟達者の皆さん、わたし達は皆さんに伝えます。

皆さんは今、皆さんが今後そうなる状況と同じように、涅槃の一部として存在しています。皆さんは単純に、それを皆さんの内面で見つけ出す必要があります。

実際に、皆さんの情緒の状態は、人間として存在することの一部となっている周期性を持つようになるでしょう。

そうなった場合、皆さんが無感動や鬱屈を感じる時間になるでしょう。

皆さんが立ち向う数々の問題だけではなく、一定の天文学上の重力がそれ自体でそういった絶望感の原因になり得ます。

皆さんはこうした現象のすべてに立ち向かわなくてはならなくなり、そしてまた、それを克服できます。

ですから、皆さんの言葉で言う‘涅槃’は、行為の姿勢として達成されるものであり、回避や無視、あるいは逃避を通してではなく、皆さんを取り囲んでいる現実性が投影された完璧な対応を通して達成されます。


この事実を自覚してください。地球での経験、二元性の習熟は、困難なものです。

これは重要な真実であり、二元性の最も重要な真実のひとつであり、また共通して誤解されているものでもあります。人生の学習と熟達は努力が必要になります。

皆さんは、単純に教本を枕の下に置いてその上で眠りに就くことはできません。

その教本は一回に1頁ずつ読んで理解しなければならないものです。少しずつ時間を追いながら。

ですから、皆さんの人生は、皆さんの霊的な成長を可能にするために皆さんが計画した‘設定’で構成されています。

その事実を皆さんが完全に理解し受け入れることが、より素晴らしい真実にさえなっています。

皆さんがこの高貴な真実を受け入れ、皆さんがそれを克服する機会を経験する時、皆さんはそれを理解します。

皆さんが‘運命’と呼んでいるものは、実際のところ、皆さんが皆さんの人生の学びとして前もって計画した状況として存在しています。

そして親愛なる皆さん、皆さんがそう呼んでいる、自分で記述した‘運命’は、皆さんが困難に直面すること、そして次に皆さんの望みを明らかにすること両方で皆さんを支援することになりますが、しかしそれは皆さんが好きでないものに皆さんが抗うためのものではありません。

皆さんの望みという光を経験するためには、皆さんは情熱を燃え立たせる必要があります。

その情熱が、皆さんの望みを厳重に守ってきた要塞から、その望みを解き放つことになるでしょう。

最も素晴らしい道筋は、依然として3次元世界の内部に存在している闇に抗うことよりも、むしろ皆さん自身の光の模範として生きる存在になることによって、自己浄化という困難な課題を受け入れることです。

それは皆さん自身をその闇から隔離するという選択になります。


受け入れること
Acceptance

熟達者の皆さん、皆さんは困難な課題に立ち向かうために今ここに存在しています。

この事実を受け入れることによって、皆さんはそれに立ち向かうために必要となるエネルギーをより確実に創り出すことができます。

何故なら、一度それを受け入れると、人生は困難なものになり得るという事実がもはや皆さんを脅かすことがなくなり、むしろ霊的な勇者になって解決に向わせるようになるからです。

皆さんの言動に対する最終的な所有権と責任を受け入れる際に皆さんが抱える最も大きな問題は、そういった態度の結果として生じる苦痛を回避しようとする核心部分から生じる望みの中に存在しています。

しかし、皆さんの人生において有意義な成長を提供し、また実現するものは、完璧に諸問題を解決するめに対決をも辞さない勇気であることを、わたし達は皆さんに伝えます。

皆さんの問題に立ち向かうことは、成功と失敗の間、もう少し詳しく言えば成長と停滞との間を際立たせる予期せぬ最先端に進むことを意味しています。

数々の問題が、それを解決するための皆さんの最良の努力を呼び起し、非の打ちどころのない探究者の内面の勇気と叡智に磨きをかけます。

その絶対的な理由は、皆さんが精神的にも霊的にも成長する緊張を引き起こす窮状や障害が存在するからです。

皆さんが愛という科学の素晴らしい意味を学ぶことは、人生というパズルと‘設定’に立ち向い、それを解決するという苦痛を通して行われます。

大切な皆さん、公平な事実として、皆さんの最も感動的な偉業や、実際に最もすばらしい成長は、皆さんが解決困難な状況という厄介な岐路に立たされた時に生み出されます。

皆さんの最も偉大な試練と啓示は、皆さんが途方に暮れ、満たされず、あるいは苦渋の絶望にさえ襲われていることを感じながら、それでも皆さんの‘安全地帯’の外に出た時に発生します。

何故なら、皆さんが囚われの檻から飛び出すことを余儀なくされ、さらに素晴らしい霊的にさらに満足できる生き方を求めるのは、皆さんの不快によって駆り立てられたそうした瞬間になるからです。


完璧性-神の恵みを受けている状態
Impeccability - The State of Grace

それでは完璧性とは何でしょうか?

わたし達が完璧性を単純に‘常に皆さんの最善を尽くすこと’と定義する場合、わたし達は基本となる前提を理解していません。

しかし完璧性に留まるためには、皆さんが獲得した叡智や拡大された意識の範囲として、より多くの努力が必要になります。

皆さんの意識がより巨大になるほど、皆さんはより多くを‘認識’することになります。

皆さんがより多くを認識するほど、それに従ってより素晴らしく生きる責任が伴います。

皆さんは、皆さんの振動性の覚醒を拡大させ、その魂と伴に意識的な当事者になる過程の中に存在しています。

皆さんはそのより素晴らしい主体性を発見しながら、皆さんの魂そのままの存在になろうとしています。

親愛なる皆さん、皆さんが霊的に成長する時、それは皆さんが成長を求めることに積極的になり、それを達成するように努力して行動を起こしているからです。

完璧性には、皆さんという存在が進化に向けた周到な拡大を引き起こすことが含まれています。

完璧性は、皆さんが神の恩寵を受けた状態にします。

完璧性は、皆さんが啓発を達成してきたか、あるいは皆さんが学ぶ必要があるすべての物事を学んできたか、それを結論付けることはしません。

むしろそれは、皆さんがそこに到着するための唯一の進路の上に存在していること、つまり正しい道筋の上に存在していることを意味しています。

ですから、わたし達は完璧性を二種類の階層、二種類の位相の構成の中で定義することになるでしょう。

1)条件付きの完璧性:これは、その実体が高度に進化していなものの、それにもかかわらず、熟達に向けて努力している場合です。個人の最善を尽くすことです。

不案内で無邪気な思い違いが存在する可能性を持った場合でも、正しい物事を行う個人の能力の最善な認識を活用することです。

それよってわたし達が言いたいことは、たとえそれが充分で包括的な真実はないとしても、皆さんが行っていることが正しい道であることを皆さんが本当に信じている状態です。

すべての皆さんがそういった位相を経験しています。この位相において、もしも皆さんが過失を犯すとしても、それは正直な誤りであり、その誤りの中で皆さんは純粋に皆さんが正しいと感じたものを行ったと信じていました。

2)熟達した完璧性:これは熟達という最先端の状態に在る人間存在における魂の位相です。


高度に進化した存在であり、言行が一致しています。

個人が正しい道筋上に存在していると信じているものと、個人が行動に移しているものとの間に、内的葛藤を持っていない状態です。

両方の位相が、皆さんが神の恵みを受けている加速された状態と呼ぶことができるものを活性化します。

神の恩寵は、個人が最善を尽くしている場合に、状況がもたらす結果を支援するために神聖なる自己からもたらされる援護です。

それは‘守護天使’として考えることができるかもしれません。

何故なら、まさに守護天使という存在があてはまる数多くの事例において、皆さんの道筋の上で皆さんを支援するため、皆さんの神聖なる自己が予期せぬ形で介入しているからです。

もしもわたし達が皆さんの聖書が罪として伝えているものを再定義したとすると、戒律の観点からそうなるのではなく、むしろそれは“利用されていない知識”ということになるでしょう。

皆さんが正しくないと認識している行動を起こすことは、皆さんの至高の信念と衝突を起こす行為になります。


叡智は内面に
Wisdom Is Within

すべての皆さんが、皆さん自身の認識よりも叡智に対するかなり大きな望みを抱いています。求めることで、皆さんはそれを見付け出すでしょう。

そして熟達者の皆さん、皆さんはそれが皆さんの内部に隠されていることに気付くことになるでしょう。

そして悲しいことに、そこはしばしば皆さんが最後に探す場所になっています。

それは努力を必要とします。

ご存じのように、神と人間との間の神聖なる接点は、皆さんの学術的な言葉で言われている潜在意識の内部に存在します。

皆さんの聖書でさえ、神は皆さんの内面に存在し、皆さんはひとつの神性の閃光として存在している、と伝えています。

潜在意識、つまり皆さんの言葉で言う‘背後脳’は、神として存在している皆さんの一部です。

皆さんのより素晴らしい自己の一部には‘全存在’の知識が含まれていて、それはアーカシャの記録、あらゆる物事の魂の記憶が含まれている部分になります。

潜在意識は皆さんの内面の神聖なる精神として存在しているため、霊的成長の目標はその聖なる‘叡智の庭’に入ることによって達成されます。

それは利己的自我の精神を静めることによって入ることができる場所です。瞑想は今までその入り口になってきました。

瞑想は個人的な自我の叙述を静めるための鍵であり、‘神聖なる魂の声’に耳を傾けるようになることを許します。

わたし達は繰り返し、努力が必要になることを伝えます。近道はありません。

神性の再達成は、両極性という次元領域上の皆さんの個人的な実存の目的になっています。

皆さんは、意識的な個人として、神の物質的な表現になることができるように生まれています。

存在という事実の中で、神聖なる表現になることです。

そのかなり努力を必要とする課題は、皆さんの魂の探究であり、皆さんの本当の目的であり、物質的な世界での滞在では、その時計が絶えず時を刻み続けています。

物性の中での神格の獲得は、汚れのない望みを通して順次時間を掛けながら達成されるものです。

その望みは、非物質的な叡智と同化することによって、物質的な領域で作動します。時間が重要になります。

両極性を持った世界の中では、現在の枠組みやエネルギーの移行は、こうした加速化した時間の中では、むしろ簡単に皆さんを中心から離れた状態に突き落とすことができます。

皆さんの真の目的は、しばしば主観的に定義することが困難なものであり、皆さんの理解と安定装置は、幻影と皆さんが把握している現実性との間に並置されて横たわっています。

皆さんは歪んだ世界の中で生きていると感じるかもしれません。

しかも、そう見えるままそのものとして存在しているものなど、何もありません。

その過程の中では、皆さんは困惑を覚え、無頓着な状態になることが起り得ます。

皆さんは時間の経過を見失ってしまうことがあり得ます。

親愛なる皆さん、皆さんの生命は、また皆さんの物質的な人生のそれぞれの瞬間は、皆さんの中のある人々が理解しているよりも遥かに貴重なものです。

ほとんどの皆さんが利用しているものよりも遥かに有効に活用できるものです。

時間は貴重な必需品であり、皆さんの二元性の内部に限定されたものです。

こうした言葉を読んでいる皆さんひとりひとりが、未来のある時点で、物質的な世界から移行することになるでしょう。

皆さんの世界の言葉で言えば、皆さんは死を経験することになり、死ぬでしょう。

これは、皆さんがそれを認識しているように、物性の条件です。

それにもかかわらず、数多くの皆さんは、皆さんは永遠に生きることになるかのように行動しています。

実際に魂は永遠ですが、しかし皆さんは、どのような生涯においても、あるいは皆さんの存在状態の他の何れの側面においても、いつも同じ人格、皆さんが現在備えている同じ個性や表現でいるとは限らないでしょう。

親愛なる皆さん、皆さんは学ぶために、二元性の中で皆さん自身の敬虔さを学ぶために、今ここに存在しています。そして実際に二元性は神からの贈り物です。

皆さんは、実際に皆さんは宇宙の共同創造者として、調和の取れた大宇宙の共同創造者として存在し、また共同で創造する方法を学ぶために、今ここに存在しています。

皆さんは熟達性を達成するために今ここに存在し、数多くの皆さんはその達成のかなり至近距離に、ほぼ近くに存在しています。
 

2へ 続く↓

*  *  *

【転載】結晶構造の完全性~星達との踊り 2 へ

☆本日↓2011/4/27(水)の始めはこちらから。
【転載】結晶構造の完全性~星達との踊り1のつづき



今を生きる
Seize the Day

熟達者の皆さん、皆さんが本当に皆さん自身を高く評価するまで、皆さんは完璧性という神の愛の状態になることはないでしょう。

そしてこのように、皆さんの時間をほんとうに高く評価して最大限に利用するように動機づけられることもないでしょう。

皆さんがその割り当てられた時間に素晴らし価値を設定するまでは、皆さんはそれについて皆さんの‘最善’を尽くすことはないでしょう。

“現在の機会を捉える(Carpe Diem)”ことは、“その日を奪取する、今を生きる”と訳されています。

そしてこれはそれなりに適切な意味を備えています。

皆さんはそれぞれの瞬間をつかみ取る必要があります!

これほど数多くの皆さんが、皆さんの良き意思にもかかわらず、皆さんが選択した滞在のある種の局面や一定の状況の中で、皆さん自身が自己満足に陥ることを許しています。

数多くの皆さんが、時間を浪費しています。

時間を誤用し、その生涯は次から次へと浪費されています。

皆さんが立ち向かわないもの、皆さんがひとつの瞬間あるいは生涯の中で解決していないものが、ふたたび浮上することになるでしょう。

皆さんはその解決に成功するまで、その状況設定を繰り返すことになるでしょう。

そしてそれは実際に、偉大なる真実です。

熟達者の皆さん、二元性の中で皆さんの時間を活用することは真髄となるものであり、必然的に皆さんは完全性を求めることになるため、それは複雑な約束になっています。

それは自己の愛を不可欠としています。

何故なら、皆さんが純粋に皆さん自身を高く評価するまで、皆さんは本当の皆さんの人生と時間を高く評価しないからです。

そして皆さんが皆さんの時間を高く評価するまで、皆さんは皆さんが時間を過ごす方法を最大限に活用せざるを得ない状態になることはないでしょう。

生まれつき備わっている規律が、人生の諸問題を解決するための基本的な一連の手段になっています。

規律が存在しなければ、皆さんが皆さんの諸問題を解決する努力に意識を集中するために必要となる意欲を手にすることは困難になります。

簡単に伝えると、皆さんは身動きが取れず、無気力になり、現状に満足して怠惰な状態になることがあり得ます。

皆さんは“次元上昇の梯子”の上に昇っていて、そこで立ち止まるか降りる状態になります。

3次元の物理学にはひとつの法則が存在していて、それは高度に組織されたエネルギーが動的な状態でなくなった場合、自然に劣化することを伝えています。

物質的な次元領域において、上方に向けて機動的な状態を維持せずに自己満足の状態に陥ることは、自然の法則によって簡単なことになります。

それは論理的に明確なことです。

すべての魂をより素晴らしい意識に向けて動機付けをして、動力学という努力を必要とするものこそ、愛の法則です!

怠惰な状態は、本質的な意味で、皆さんの最も巨大な障害物のひとつです。

何故なら、努力とは潮流に抗う泳ぎを意味しているからです。


今に生きて、その日をつかみ取ってください。


完全なる秩序
Perfect Order

皆さんの中には、“あらゆるものは、結局なるようになり、すべては完全な秩序の中に存在している”と口にして、そう感じている人々が存在しています。

しかし熟達者の皆さん、その概念はある種の逆説を孕んだものになっていて、皆さんが何れにしてもそれを眺めた時に逆さになっているトランプの絵札のようなものです。


理解できますか?

より高い視点から眺めるとすべての物事が完全な秩序の中に存在していますが、しかし二元性の内部の人類の視点から見ると、そうではありません!

もしそうであるならば、学ぶ必要は無く、皆さんが輪廻転生と呼ぶものの必要はなくなるでしょう。

個人は、その周りを見渡して、惑星地球上の人類の誓いがとても完全な状態とは言えない場所に存在していることを認識することさえ必要としています。


実際にそれは、皆さんがそうするまで、そうなるべくして良い結果が出るようなことはないでしょう!

これは微視的な場合にも巨視的な場合にも当てはまります。

努力して成し遂げる数多くのものが、また振り返るべき数多くのものが、存在しています。

時の中に存在するすべての皆さん、そして熟達者の皆さん、それは起るでしょう。

わたしたちは回顧と優れた判断力のために、残存している問題のいくつかを提示します。

隠された自我、霊的に人を出し抜く術についてです。

数多くの皆さんが指導者であり、教師であり、進んだ知識と霊的な真実の水準を獲得するために長い間勤勉に努力してきました。

これは称賛に値することです。

しかし、それは意思決定の岐路つながっています。

熟達の道筋上に存在している人間は、利己的自我の陥穽を回避する必要があります。

そうしなければ、それは残虐な行為に陥ります。

指導者は常に魂の声に尊敬の念を持ち、陥落するよりもむしろ上昇するために、その内的に指導された道筋の方に進む必要があります。

これは、熟達の上級課程に在るすべての人々のための本質的な方位磁石になっています。

内的な‘魂の再考’や較正が存在しなければ、人は故郷へ向かう正しい方向性を理解することができません。

次に、継続的に向上することによって、人類にとって必要なものが現れることを理解してください。

どれほど数多くの皆さんが、ただ誰かによっていくらか逃避的な気分になれるというだけで、形而上の集会に参加しているのでしょうか。

その誰かは敢えて皆さんに、自分達はその夢の中でどれほど遠くまで進んでいるか、自分達がより高い領域でどれほど数多くの偉大な展望や天界の教師達を確認しているか、それを皆さんに認識させようとしています。

そうしている言外の意味は、彼らは熟達において進んでいて、すべての人が確実にそれを認識している状態にしたい、ということです。

これは無理からぬ陥穽ですが、しかし完全な誠実さという真の歩みではありません。

霊的に‘人を出し抜く術’は、ニュー・エイジと呼ばれている集団においても猖獗を極めています。

それにもかかわらず、ほとんどの反則者達が、自分達がそうした尊大な態度になっていることに気付いてさえいません。

霊的な集団の内部には利己的な自我という数多くの隠された陥穽が存在しています。

それを免れる者は誰ひとり存在していません。

一定の水準に進んでいる指導者や教師達は、彼らが追随者を獲得し始める場合、特にこの自我の陥穽の影響を受けやすくなっています。

それを経験しているほとんどの人々が、それを自覚していません。

皆さんはそうした人々のひとりでしょうか?
親愛なる皆さん、それはある時点でほとんどの人々に対して起ります。

人類は真の霊的な指導者になる道として存在していますが、それにもかかわらず、盲目的に自己権力の拡大に陥ることは、とても簡単なことです。

親愛なる皆さん、わたし達は愛を込めて皆さんに伝えます。

それはすべての皆さんに対して起ります。

それは皆さんのすべての生涯の中で、日々の活動や移行の中で、そして完全性の内外で起ります。

二元性の内部では、皆さんがひとりの教師であろうと、あるいは生徒であろうと(そしてすべての皆さんはその両方ですが)、皆さんの誰もそれを超えることはありません。

そしてこれが、真実という、自己の内面の客観的な観察者の中での自己評価という、無限の鏡を通した較正が必要になる理由です。

自己愛と利己的自我の間には、こうした明確な一線が存在しています。

その逆説は、前者が完璧性にとって必要不可欠なものであり、そして後者は完璧性の生涯物になる、ということです。

熟達という道筋の上で、皆さんは愛と力との間で選択しなければならない数多くの機会を強いられることになるでしょう。

そして力はとても魅惑的なものであり、しばしば巧みに隠されています。

陥落の前に、高慢な状態が現れます。

数多くの人々が霊的な達成において素晴らしい高みに到達しましたが、利己的自我によって盲目になって、ただそれをすべて失うだけでした。力には二種類の姿があります。

ひとつは支配、政治的な権力のために利用され、もうひとつは本当の力であり、愛に属する善意を備えた力です。

しかし皆さんは皆さんの覚醒において進歩しているため、稀な事例では善と悪との間に存在する、そしてより頻繁な事例として愛と欺瞞的な力の概念との間に存在する、力の差異に気付くようになるでしょう。

それはより微妙なエネルギーに関するものです。

ひとつの運動あるいは方向性を望むエネルギーが存在し、また必然的に異なるより繊細な理解伴うエネルギーが存在しています。

困難な課題はすべての断片が一緒にされた状態で残っていて、これは簡単な仕事ではありません。


性的な完全性
Sexual Integrity

真の愛はひとつの周波数として存在しています。

それは情緒的な情熱ではなく、恋愛でもなく、また皆さんの言葉で言う性的なものでもありません。

二元性を超えた皆さんの真の本質の中では、皆さんは中性的な存在であり、完全な姿の存在であり、全体的な存在であり、また、性差を持たない存在です。

唯一物質的な領域という両極性の次元領域の中だけが、性的な位置付けが発生しています。

皆さんの現在の時間と存在の次元領域の中で、性的な多産化のための物質的な衝動は、種の生き残りを保護することを目的として、現在のDNAの構造の内部に存在しています。

これは二元性を超えた皆さんのより高い自己の中では必要なものではなく、存在していません。

性的な欲求は、別の領域に存在しています。

数多くの皆さんにとって、それはとても複雑で、とても紛らわしいものです。

それは完璧性が必要となる領域です。

遥か悠久の時を貫いて、惑星を超えた多様な文化の内部で、生物学の範囲内の性的な表現について、数多くの信念体系、数多くの多様な表現、試み、そして様相が存在してきました。

あるものはかなり抑制的なものであり、また別のものは極端に寛大でした。

生物学的な愛と霊的な愛との間のより深い絆は、すべての個人的で文化的な人間関係の基礎の上に存在しています。

しかし、皆さんの文化的宗教的な性に関する表現論理を遥かに上回る、より高い愛が存在しています。

宗教や、文化的に押し付けられた皆さんの現在の理論的な枠組みにおける倫理性の規範が、性的な表現に関してかなり抑圧的な影響を及ぼしています。

そして、その結果引き起こされる過度に特異な性の位置付けが、意識の中で確固たる境界として反映されています。

それはより愛情に富んだ情緒的衝動から男性を引き離しているだけではなく、また女性自信の強さと知性を投影する自由から女性を引き離しています。

それが拘束性の強い文化を効果的に編み出しています。

その文化の中で、精神とこころ、強さと育む愛情が、性差を経由して両極性に向けて引き離された状態になっています。

親密さと性的な表現は、非物質的なエネルギーの物質的な方法での伝達手段になっています。

性的な欲求は、聖なるものにも、単なる欲情にもなり得ます。

性的な欲求が物質化された魂の統合の霊的な表現になる時、それは物質的な行為を遥かに上回る経験になり、より高いチャクラの意思や発現から行われます。

この場合には、活力に満ちた生命エネルギーの拡大が増幅され、清められ、当事者たちのエネルギー領域に戻され、彼らの活力と平衡を増大させます。

お互いが、相手の魂の刻印を記録します。

しかし一方で、性的な満足感という単一の目的のために物質的な衝動だけで表現される場合、これは当てはまりません。

性的な欲求が純粋に物質的な飢えのために活性化される場合、その生命力が単純に浪費され、使用され、人間のエネルギー領域に戻されることはありません。

実際に、ある事例においては、身勝手や自己満足だけに基づいた時の行為は、多少電磁的な領域の破裂状態や、エネルギーの出血状態が起る場合があります

皆さんの現代社会のほとんどの人々がその性的特徴や性的な表現周りの矛盾した問題を抱えています。

性的な欲求は、ふたつの魂を融合してひとつの幸せな調和状態になることができる形式ですが、しかしまたそれは一体性というものを表すこともできます。

それは、特定のチャクラの流れの水準を決定する当事者の意思という質的な側面になっています。

何れにせよ、ご存じのように、それは最も優れた解明の中で行われます。

数多くの皆さんが、その人生において、皆さんの身体が性ホルモンを生み出すのを止めた後に、至高の平衡を達成することになるのは、皮肉ではありません。

それにもかかわらず、性的な行為を通してクンダリニ、気の解放は、人類が利用できる最も強力なエネルギーのひとつです。

それは善のために用いられてきましたが、また浪費的な不正流用に陥っていました。

思いやりやお互いの尊重と結び付いた合意に基づく誘引が存在する場合、それは極めて素晴らしく官能的で、美しい、そして聖なるものになり得ます。

身体、精神、そして魂の三要素と伴に、霊をより高い領域に運ぶことができます。

これが起る時、特に同じ魂の集団の仲間の間では、エネルギーの刻印を分け与え、数多くの水準で極めて有益な相乗効果を発揮します。

性的欲求は、魂の間で流れる愛の健全な発露です。

それは性差に関係なく、至高の愛の健全な発露になり得ます。

それにもかかわらず、それは犯罪の原因に、支配の原因に、そして偏見と断定的判断の原因になり得るものです。

特に男性という性を持つ人々の中で、自己権力の拡大や嗜癖になり得るものです。

何故なら、男性の生殖に対する衝動はいわゆる肉体の中に物理的に組み込まれたものになっているからです。

ということで、それはしばしば誤解され、さらには余りにしばしば誤用されています。

恋愛関係とは合意に基づいたものでなければならず、この表現の自由は称賛されるべきものですが、それにもかかわらず、より高いチャクラと同調するほうが好ましいものです。

相手に対する支配的な態度は、あらゆる特質を備えた関係性の中でも、真の愛と合致してはいません。

性的欲求の範囲内で存在する高い意思は、物質、精神、そして霊といった、すべての水準で極めて有益なものです。

それは活性化や再生の源になり得るものです。

それにもかかわらず、ある人々は、放蕩、操作、貪婪、自己権力の拡大、征服、そして物質的な器官への非同調的な悲しい耽溺に近い性的な表現を選択します。

わたし達は皆さんに、断定的な判断を持たずに伝えます。

性的なエネルギーは崇高で精妙なエネルギーであり、より高い意思で用いられる場合、天界の領域に属する聖なる絶頂感という至福の片鱗を提示します。

性的なエネルギーは生命力であり、身体、精神、そして霊を包み込みながら、賢明に用いられるべきものです。

性的な表現が正当に選択される時、こころの共有と愛を通したその責任ある広がりは、至高の意思と伴に結晶構造の完璧性のひとつの側面になっています。


解消されていないエネルギーの閉塞
Unresolved Energy Blockage

熟達の最後の歩みの途上にある熟達者の皆さん、みなさんの問題のほとんどは対処がなされていて、わたし達はそれについて皆さんを称賛します。

しかしながら、残されているものは、正面から取り組むには理解しにくいものです。

そしてありとあらゆる未解決な問題やエネルギーに対して、正面から取り組むことが重要になります。

わたし達は断定的な判断を下すことなく、これについて伝えます。

わたし達は皆さんを支援するために、これを指摘します。

何故なら、やがてそのすべてに対処する必要があるからです。

皆さんが進歩するほど、最後に残された未解決の問題の断片を一掃することがより困難になります。

何故なら、それはしばしば巧みに隠されているからです。

未解消のエネルギー、最後の問題は、皆さんの精神的な領域の外部で両極化され反発し合うことになり、数多くの生涯の残滓の中で忘れ去られてしまう場合があります。

親愛なる温かな皆さん、多次元的なマルカナの位相での自己評価に時間を取ってください。

取り組まなければならないどのようなものが残っているかどうか、是非見付け出してください。


両極性の物理学
Polarity Physics

熟達者の皆さん、皆さんは光に近付くほど、より強力に闇に引き寄せられます。

光は虫を引き寄せます。

皆さんがより進歩するほど、皆さんはより多くの批判を引き寄せることになるでしょう。

そしてそれに対処するためには、叡智が必要になります。

ここで取り上げる‘正反対の引き寄せ合いの法則’とい両極性の側面が、作用し始めます。

客観的な状態から見ると、起っているものは電磁気学的な問題です。

純粋な正のエネルギーは、負のエネルギーに対して最も強い‘磁力’の誘引作用を持っています。

ですから、皆さんの光がより明るく輝く時、対極に対する磁力が増大します。

それを何とかすることは可能ですが、しかし、皆さんはそれを逸らすための光、謙虚さ、強さ、そして自制心を持つ必要があります。

そのため、侮辱、厄介な嫉妬というエネルギー、憎悪、そして怒りへの対処が、完璧性という熟達者の水準を達成する際に、重要なパズルのピースになります。


皆さんはどのようにこれを処理しますか?

個人的にどのようなものも受け付けないということは、実行するには言葉にするほど簡単なものではありませんが、しかしそれはまったくその通りです。

皆さんの聖書は、反対側の頬を差し出せと伝えています。

しかしこれは、誰かが皆さんの足を踏んだ時、皆さんが謝ることを意味している訳ではありません。

その逆説の一部は、実際に皆さんの真実のために有効になっています。

しかしそれは、意図的に、あるいはそうでなくても、皆さんが他の人々の足を踏むことを意味しているのではありません。

理解できますか?

皆さんの真実に踏み止まることは、平和な行いです。

それは侵害に対する親切な表現であり、あらゆる衝突や攻撃の双方に優雅さと威厳を保たせることを可能にします。

攻撃的なエネルギーをその発信元に送り返しますが、しかし、悪意ではなく、愛を送り返します。

皆さんひとりひとりが、あらゆる対立の内部で完璧性に踏み止まる機会を持っています。

皆さんは対立に関与することなく、対立を処理することができます。

理解できますか?

情緒的に超然とした状態という立場から、観察者として、対立に対処し、また立ち向ってください。

そしてそれは簡単なことではありませんが、それにもかかわらず、それが熟達の方法です。

それは皆さんが‘個人的にあらゆる物事を受け付けない’ための方法であり、皆さんは情緒的な反発を切り離しています。

皆さんひとりひとりが、日々、完璧になる機会を手にしています。

皆さんは、皆さん自身の弱点、皆さん自身の完全性との対立を、ある筋書きの中で自覚します。

その筋書きには、皆さんが熟達の水準の完璧性を包み込む日について記述されていますが、実際に、それはひとつの旅です。

皆さんが他の人物の真実を理解するために進んで皆さんの真実に踏み止まる日と同じように、皆さんは完全性を包み込みます。

神聖なる精神を達成し、利用できるようになるのは、唯一、結晶構造の想念波動の一部になっている結晶構造のマルカナの共鳴を通した場合だけです。

結晶構造の想念は情緒を超越し、狭量な感覚を超越しています。

それは超然とした状態で達成されます。

それは真の涅槃となるシャンバラの結晶構造の湖であり、ガラスのように滑らかで、その鏡面のような表層は、それを歪ませる波動を受け付けません。


結びとして
Closing:

結びとして、皆さんの探究に対して、わたし達はわたし達の賛意と感謝を送ります。

皆さんの生命とその神聖なる目的より貴重なものとはなんでしょうか?

皆さんの現在と明日の役割は、達成、理解、そして完璧な発展を絶えず追求することです。

皆さんの神聖なる使命は、目的を備えた、経験に基づいた現実性の美しい融合を創り出すことであり、また皆さんは、それができます。

それは、皆さんの周りのすべてのものに対してその結晶構造の美という光線が投影された、歓びに満ちた星明かりの中で躍動している現実性です。

神聖なる精神を達成するよりも優れた陶酔的官能を備えたものは存在していません。

皆さんが今ここに存在しているのは、これがその理由です。

皆さんは創造主が司る領域に属し、また熟達の領域に属する存在であり、皆さんは皆さんが認識しているよりもその物質的な発現に遥かに密接な状態になっています。

親愛なる皆さん、皆さんは次元上昇を創り出し、そして今、それが現れ始めています。

わたし達は皆さんを讃えます。

親愛なる皆さん、皆さんが夢見てきた予告された時が、皆さんを待ち受けています。


わたしはメタトロン、そして皆さんは最愛の人々です。
I am Metatron, and you are beloved.

そしてその通りに。
And so it is.

This channel is copyrighted to www.Earth-Keeper.com - Posting on websites is permitted as long as the information is not altered and credit of authorship and website is included. It may not be published in journals, magazines or print without expressed permission from Earth-Keeper. Permissions may be requested at
Tyberonn@hotmail.com

http://lightworkers.org/channeling/129589/aa-metatron-crystalline-impeccability-dancing-stars



翻訳:森のくまさま

2011/4/28(木)雨のち曇


どか~ん。と最初に画像。
もう知っている方も多いととは思いますが、、、
最近、この写真を見て、思わず「きれい~~~!!すご~い。ほんと、バラだよ。」と声をあげた。
芸術だ~。

この時期に公開されたことが、なんか”希望”のサインのように感じた。


nasaバラの銀河
バラのように広がる銀河 NASA、ハッブル望遠鏡21周年で公開
2011.4.21 11:00

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた、バラのように広がる渦巻き銀河の画像(NASA提供・共同)
 別の銀河の重力の影響でバラの花びらのように広がって輝く渦巻き銀河をハッブル宇宙望遠鏡が捉え、米航空宇宙局(NASA)が20日、画像を公開した。同望遠鏡の打ち上げ21周年を記念した。

 銀河は、地球から3億光年離れたアンドロメダ座の方向に位置する。画像の下部にある小さな銀河の重力で引っ張られ、このような形にゆがんだという。上部で宝石のように青く輝く光の帯は活発に輝く若い星の集まりとみられる。昨年12月17日に撮影した。

 1990年4月に宇宙飛行士としてスペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗し、望遠鏡を宇宙に運んだNASAのボールデン局長は「ハッブルは、われわれの宇宙観を大きく変えた」と功績をたたえた。(共同)


*  *  *

ローレンのメッセージがあった。
無断での転載禁止だったので、リンクだけ貼っておく。

 StarPeople Web より
http://starpeople.jp/


☆2011/4/14
プレアデスの7人姉妹より~見直し、方向性を変え、やり直す(その1)~
チャネラー:Lauren.C.Gorgo
訳:中村じゅん
ThinkWithYourHeart.net


☆2011/4/20
プレアデスの7人姉妹より~両世界の境界ゾーンを越えて向こう側へ(その1)~
チャネラー:Lauren.C.Gorgo
訳:中村じゅん
ThinkWithYourHeart.net


(ちょっとの期間だけ抜粋を転載させていただきましたが、削除しました。↑)

ま、そんな感じで、私も”氏の変更”からもわかるけど、過去、これまでのアセンションの過程の全ての痛みなども手放し、全ての執着も、肉体の痛みに対する抵抗さえも手放すように求められた。
だから、過去のことなんかも、思い出したりしたんだな。チェックしたけど、過去のことについては、もう手放していると思う。

先駆者、スターシードと呼ばれる者たち、、、本当に、似たような道を辿ってきたんだなとしみじみ想う。
2001年から始まって、、メッセージにある通り。
ほんと、「前線部隊!ごくろうさん!!」って感じ。(笑)

で、私の魂の目的は、「自由」。
メッセージのまんまだけど、その部分を読んで鳥肌たちそうだった。

そして、安心して。

次の体験で、この妊娠期間の辛さ、出産の痛みを忘れさせてくれるそうだ。(喜)

もう今では、通り過ぎれば、痛みさえも最近はすぐに忘れちゃうし、何より、軽くなってきたら、そのほうに、ただ感謝って感じで過ごしている。

ローレンも、身体のあっちこっちが痛かったらしく、とにかく、これまでの数年間のアセンションの過程での、苦しさ、痛みプロセスもろとも、全てを残さずに、今は”手放す”し尽くすこと。”今”にいて、流動的にいること。前線部隊は、もう剣も下ろし、戦いも、これで終わりだって。

やっぱり、出産の痛みだったのね。(汗)


ほんと、最近は、瞑想も、レッスンやワークも、ガイアのことでさえ、何もしてない。する気にもならない。
ハートで動かされない。ほんとに、あるがままで、何か、ある意味、ガイアとも距離を置いたところで見ているのか、、、、。どこにいるのか?

たぶん、全て手放すんだね。

ジャーちゃんも、「このままでいい」って言ってたので、のほほんっと。(Gちゃん通じて)

ただ、ホームページには、”魂を入れる”作業を促されたので、検索エンジンの登録や、スケジュールを設置したり、共に成長しようと試みてる。執着ではなく、気にかけることで、愛着、愛情が湧くって感じかな。
”生きてる”んだよね。

それと、東京から一緒に連れてきたアイビー(植物)、私の分身は、新しい葉っぱ、まだ胎児のようなもんだけど、新たに芽生え、、、まさしく”誕生”したのだ。
昨年の終わりの時も二つの葉っぱが誕生し、またこのタイミング。きっと、これからもっと葉っぱが増えてきそう。とにかく自分の分身(魂が入った)に愛おしいさを感じる。これが”愛でる”というのだろう。

あとは、シャウドの体現シリーズを続けて読みはじめた。納得するとこが多い。


明日から、上の娘家族が泊まりに来る。リコにも久しぶりに会えますー。
でも、たぶん、なれるまでは、”真顔”だと思う。(笑)
慣れた頃に帰ってしまうかもね。

場所にも、人にも最近は、慣れるまで時間がかかる子だからね~。
30日は、お天気がよければ「旭山動物園」に行ってくる。混んでそう~。それより、何十年ぶり???

明日から大型連休ですね。

休める人は、たっぷり休んで。楽しめる人は、おもいっきり楽しんで。いつも通りの人は、いつも通りの中で、それでも、何か発見や、気づきがありますように。


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。