FC2ブログ
2011/3/23(水)雪のち晴れ



ここ数日は、穏やかな状態、本来の状態が戻ってるという感じ。
本来の自分自身でいられることが、心地いいし、安らげる。


-3/21(月)[春分の日]

この日は、午前中のGちゃんから電話があり、普通に話していた。

すると、ジゃーちゃんが、その話の間に入ってきて答えてくれた。
たぶん、今作っているホームページの話をしていた時のことだと思う。

この日、Gちゃんと私は、けっこうふざけた話方をしていたら、ジャーちゃんもそれに合わせて、時々、私たちに合わせて所どころくだけてた。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

J:「することが、見えてきましたね。」

「ん?ホームページのこと?」

G:「そうみたいだよ。」

J:「共に成長していく意識でいてください。」

「共に成長していく?」

J:「出来たら、手放すのではなく。」

「へ? そうなの?!」

G:「なんというかね、、、言葉が変かもしれないけど、”餌を与えなきゃならない”というか。そんな感じ。」

J:「インターネットで生きているものは、物質社会に適応するのは必然。」

G:「自分の子供のように扱うんだって。」

「そうなの?」

J:「”生きてる”HPを見なければ、誰もアクセスしません。」

「あら? じゃあ、ヒューマンエンジェルの時は、手放してたじゃん。」
※その時は、期待・執着なく、手放すのが基本だと思ってたから。

J:「あの時は、”作成”が目的だった。魂が入っていない。」

「え~~~。そうだったの? ね、、、もしかして、あの時に”魂を入れて”いれば、もっとアクセスがあったってこと?」

G:「うん、そうだったみたい。」

「もしかして、もっとクライアントさんもあったの? 昨年、あんな生活だったけど、どうだったの?」

G:「生活水準は、そんなに変わらないけれど、もう少しマシだった。だって~~~!!」

「いやー、なにそれ~~~!!何でもっと早く言ってくれなかったのさー!!ヒモジイ思いまでしてたのに~!!」

G:「あのとき(最初のHP作った後)ね、ブログのほうに”燃えてた”ってジャーちゃんが言ってるわー。笑」
その頃→2009年9月ころ

「ぶ~~、確かに、そうかもしれないけどさー笑。」

「ねぇ。それじゃ、準備されていた人たちって、忍耐強く待ってくれてるってワケ?」

J:「そのとおりですよ。」

「でもな~~~、そうそう。あの時(始めてのHP)、、、作っているときに、いろんな”気づき”があったけれど、あの時はまだ、”恐れ”があったんだよなー。」

J:「始めてのクライアントさんの時に、あなた、”恐れ”てましたよね?(笑ってる感じ)」
”青の恐れ”のとき→10/9/28【神聖なタイミング~青の恐れ①】

「そうだー、二日間くらい出たよねーー!!笑。」

J:「そうやって、克服していくものなんですよ。」

G:「私だって、始めてのときは恐れがでたしょー。」

「そうだったよねー。みんなあるよね。」


「あ、、、そうだ、話が変わるけどね、、、私が東京から持ち帰ったアイビー(観葉植物)なんだけど、、、なんか凄く愛おしくてねー。私の部屋は、ストーブ消している時間があるから寒いと思って下(1階の居間)においてあったんだけどさ。毎日、声をかけてたけど、”寂しい”って感情が伝わってくるの。これが死んじゃったら、私まで生きていけないとまで思うんだよー。こんなの始めて~。」
最初に感情が伝わってきたとき↓
→11/2/17【今の状況&ワークのこと&過去の転載から役割・段階について】byGraceさん 

J:「そうですよ。」

「やっぱり~??? ほんと、言ってることが感じるのさー。」

J:「それは、あなたの分身ですよ。あなたは、すでにやってます。」

「え?そうなの?分身? どうりで、自分の部屋に持ってきたら、私が、落ち着いたー。なんか、以前に戻ったようなの。」

G:「なんていうかね、、魂を、、、」

「魂を吹き込んだって感じ?」

G:「そうだってー。」

「そうだったのかー。 なんか、一緒にいるだけで、全然違うのさー。これは、最後まで残っていた植物だったけど、以前に、私の守護天使の中の"Growth"って呼んでたけど、「あなたの側で小さな植物(緑の色も含め)が目に入ったら、わたしからのメッセージです。」って言ってたから、辛いときも、これに話かけていたんだよねー。」
"Growth"からのメッセージ→10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya

「いつの間にか、魂を吹き込んでいたなんて、ビックリ。」

J:「期待ではなく、魂を吹き込む。」

「ね、話は戻るけど、例えば、HPも、自分の意識で、”ON"にも"OFFにもすることが出来るってこと?」

J:「そうですよ。」

「じゃ、お休みしたいときは、OFFとか出来るのか~。」

「まだ、HPも何を書こうとか分からないところもあるけど。」

J:「マインドからではなく、真の自己に聞いてください。」

「うん。」


Gちゃんとまた話しに戻っていて、その流れから、、、

「ね~、ほんと、みんな(天界)の存在たちって、”忍耐強い”よねー。キレちゃいそうにならないの?笑。」

G:「あはは、ホントに思うよねー。”たくさんの人を抱えているから、いちいちキレてたら身が持たない。”ってジャーちゃん言ってるよー。」

「そりゃ、そうだよね。笑。」

「そうそう、あれから、”縮小”ってとくに「入らなくっちゃ」ってやってないけど、どうなの?」

J:「それで、いいですよ。」

「普通に、瞑想から入って、自然体で、yohamに繋がってるってこと?」

G:「うん。それでいいって。」

「よかったー。」



話は、前後しているところがあるかも知れないけど、”春分の日”は、”魂を吹き込む”という話だった。
”魂を吹き込む”話を聞いて、私は、シャウドの中に出てきた、おもちゃ職人クラウスの話を思い出していた。

☆ティチャーシリーズ シャウド12「J'encore 再び、私に出会う 」だったかな? この話の内容と同じじゃないかも知れないけど、自分の魂を入れたものと、再び会う。って感じ。この辺り、もう一度ジャーちゃんに聞いてみたいな。

ジャーちゃんは、自分が、創造したものは、子供といっしょだと言っていて、私も子供たちから、成長させてもらってきたけど、このブログも同じで、”表現する”ことに対して成長を得てきたし、共に歩んできたなと感じた。
創ったものには”意識”があることを、改めて感じた。旧HPには、思わず「ごめんちゃい。汗」と謝った。

今、作ってるHPでは、ちゃんと世話をしながら、”魂を吹き込んで”いこうと思う。っていうか、自然にそうなるのじゃないかと感じている。あのテンプレートに出会ったときから。
そして、ひとつひとつチョットずつ、相変わらず試行錯誤しながらも進んでいる。けっこうジャーちゃんにも助けられているけれど。(イメージを送ると、”これっ”と思うものが見つけられる※画像など)


毎日、バイトから帰ってきて、パターンが決まってきているけど、今は、HPを作っているのも楽しい。
以前なら、”ガー”っと一気にやるタイプだったけど、バイトもあるし、瞑想の時間配分も考えながら意識的にやっている。

瞑想は、やはり”古いエネルギー”の解放と同時に”宇宙(高次)のエネルギー”を入れてるみたいで、鳥肌を通り越して、やっぱり布団に入ってても”寒い”。
完全に、エネルギーを入れ替えるまでは続くかもしれない。
手のひらからの感じるエネルギーはスゴイ。ちゃんと意識も保っていられるようにyohamとジャーちゃんはしてくれているようだ。

最近は、そんな感じ。

自分の部屋に布団をもってきたことと、アイビー(自分の分身)と側にいることで、ホントにほぼ自分のポジションに戻ったという感覚に変わった。
いつも一緒だと分からないのだけど、”離れること”を感じると”リアル”に感情が伝わってくることは発見だった。今は、私にとって、どれだけ大きな”存在”なのかが分かる。

今月の”満月”と”春分の日”は、何となく切り替えポイントのようだった。


全てに感謝!

スポンサーサイト



WHAT'S NEW?