スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/3/1(火)曇りのち雪


とうとう、3月に入ったね。

□ ランチ

今日は、母と、おばさんと3人で駅前のエスタに向い、そこで”ランチ”をご馳走になった。
娘たちとも、よく、みんな同時にしゃべって、爆笑するときがあるけど、この3人で居るときも似たようなことが起こる。(笑)話す内容は、世代で違うけど。

早めに行ったのに、すでに”限定”ものは完売。
限定ものではなかったけれど、反ってよかったんじゃないの?というくらい美味しかった。

写真を撮るのを忘れ、食べちゃった。(汗)
いくら、数の子、おくら、とろろ、温泉卵、水菜、海鮮の天ぷらなどが、盛り沢山に乗った冷やし蕎麦に、漬物、うなぎの小どんぶり。一口デザートに、コーヒー。

あ~、お腹が、はち切れそうだった。おばさんのおごり。ありがたや~。

3月3日は、お昼に母がお寿司を作ってくれるといってた。
おばさんを誘って、一緒に家でお祝いする。って、”ひな祭り”の年でもないけど、「三人官女だね~。」と言ったら、爆笑だった。

こんな時間を持てるんだから、ありがたいよね。

□ 瞑想ワーク:錬金術

そういえば、、、下記の転載メッセージにも”錬金術”のことも書かれていた。

昨夜の瞑想ワークでは、、、手のひらに、今度はうごめいている感覚があった。これは、何だろうと感じていると、”炎”のような”揺らぎ”の感覚に似ていた。その”高次のエネルギー”を全身に回すと、毎回そうなんだけど、全身にザワ~?ブワ~っと?”鳥肌”が立つ。それから、昨夜は、やっぱり以前ほどじゃないけど”冷え”があった。

その”鳥肌”の感覚って、寒い感じからかな~。とも思ったのだけど、昔、ヤハウェイが言ってたことを思い出した。(ホントにヤハウェイの言ってる意味とは違うかもしれないけど。笑)

ayaちゃんのチャネリング
☆本来の「感じる」について→08/11/24自分の立て直し【ヤハウェイ】
感じる」とは、おまえたちの世界では、
「心で感じる。」「肌で感じる」

本来「感じる」とは、魂が震えるほどのものである。
本来、魂が「感じる」とは鳥肌がたつようなものである。

その「感じる」を理解していないものが多い。
おまえたちのハートを開き、全てを受け入れ。
すべてを見渡せる位置に立つこと。
人の上の立つことではない。
高台から見下ろす。
確認、自分の状況をいま一度、混乱をきたす世の中で。
本来感じることをしてみたら、どうか。

それを感じてみてほしい。
本来、私はこういう事を言わない。
出来るものだけに言う。
本来の感じること。その感覚を目覚めつつあるもの為にツールとして
「感じる」ことを伝える義務がある。先導をきっている義務がある。
出来ないことは言わん。
ハートで選択すること。
おまえたちは、愛をもって進むことを知っている。


う~ん、本来の「感じる」を教える為には、意識の縮小・拡大もセットだな。
だから、私は、「意識の拡大」を教えていくことになるのかな?

この段階(この段階も面白いけど)が終わり、ビリビリ感をもっと感じることで次の段階もわかるだろう。昨夜は、手のひらで感じていた。

でもな~、宇宙を感じている時間が、あまりもたない。気が着いたら何か違うことを考えていたり、寝てたり。(汗)。それでも、エネルギーを回してしばらくは、意識は保っているからね。

*  *  *

今日のメッセージで、ブルーレイのがあったので、転載させてもらう。
最近のも、転載させてもらおうかな?

今のインターネットは今日まで。新しいのは3日から使える予定。

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載です。

青い光線
Blue Ray
2011年の予測、次元上昇の症状、そして太古の母の啓示の符号13
2011 Predictions, Ascension Symptoms & Ancient Mother Revelation Codes 13


21 January 2011 - 9:15am
シェキナ・ローズ経由
Channeler: Shekina Rose
Friday, 21 January, 2011



今年は、13と10:10という錬金術の威力を伝えている11:11のスターゲイトが開くことになるでしょう。

古代の母の周波数、13という神秘的な周波数、創造の女神が不均衡な力を持ったすべての物事に整合性を持たせて、すべての人々が確認する開放に向かわせます。

それが誠実さを携えた世界の偉大なる移行を実現します。

10:10は一体性と、古いカルマ、魂、そして惑星の合意、契約、そして定型の完了をもたらします。

そのため皆さんは本当に自由になり、次元上昇に向かう可能性を秘めます。

55と555は行動、浄化、そして力強い変成転換に属するミカエルの防御の符号であり、皆さんはそれを確認することになるでしょう。

33と333は聖なるこころと薔薇色の光線をもたらしながら、強烈な変容のエネルギーと次元上昇の移行、そして2012年を、穏やかなものにするでしょう。

こうした周波数振動は、2013年まで速度を上げることになるでしょう。

魔法の機会が現れることになり、それが皆さんの場所を設定することになるでしょう。

その場所で、皆さんは至高の善に仕えることができ、そこで皆さんは最も良く役割を果たすことができます。

数多くの皆さんが11:11、13-33-333、そして10:10の扉が開くことを待ち望んできました。

今、皆さんはエーテル質のより高い意識に属する次元領域に乗り、天のマナと銀河の星の本質と伴に、皆さんの新しい進化の新しい地上の身体を供給する可能性を秘めています。

自分自身を純化し、聖なるこころの道筋を経験してきた人々だけが、11:11、13-333、そして10:10の扉の入り口に立つことが許されることになるでしょう。

この扉は、崩壊というより低次の密度意識のエネルギーパターン、生命の構造と体系に対する禁制の力に属している皆さんの内部に、ひとつの周波数振動を創り出すことになるでしょう。444


2011年の次元上昇の症状
Ascension Symptoms for 2011

目覚めの時のめまい、あるいは、まるで軸の周りを回っているか、あるいは皆さんの足元の地球の大地が回転しているのに皆さんの大地は回転していないような感覚になります。

数字のパターンの増加と、444、13、33、11:11、12:12、13:13、10:10、55、そして136.1が含まれる数列を確認してください。

消化器系の問題が、周波数を移行させている皆さんのほとんどにとって突出したものになるでしょう。

これは、皆さんの新しい進化した地球の身体の最も大きな症状のひとつになり、皆さんの光の振動の中で増加することになるでしょう。


菜食主義の興隆
Rise in vegetarianism

共感的になる存在達の増加
Increase in beings becoming empathic

毒物、食物、そして人間の動物の扱いの意識と伴により低い密度の意識に対する感受性を高めてください。

皆さんがマスコミに注目している時、こうした意識が皆さんに不意打ちを加えて、皆さんが特定の動物たちを食べている時に吐き気を催す可能性があります。

皆さんが食料品店の肉や鶏肉の在庫棚の近くを通り過ぎる時に、皆さんは突然悪寒を伴う吐き気に襲われていることに気付く可能性があります。

気持ちをより軽やかにして、実際に皆さんの細胞の振動に耳を傾けてください。

極端に疲労した状態になるこの期間は、皆さんの神聖な原初の基本計画に向けた、皆さんの細胞の強烈な突然変異と再生が原因となっています。

皆さんの共感的、精神感応的な交信や、自然、地球外生命体、そして銀河の通信とのとつながりが高まります。

青い光線、水の天使的で本質的な自然力は、水源を通して皆さんの振動周波数を高めるように影響を及ぼし、皆さんを引き付けるようになるでしょう。

浄化の沐浴を通して皆さん自身を純化し、解毒する必要性が高まり、また鉱物性の栄養素が不足がちになります。

水と鉱物の資源の必要性、欠如、そしてその重要性がこれからの多くの年月の間、皆さんのひとつの主題になるでしょう。


体温の移行
Body temperatures shifting14

継続する異常気象と気温の変化というこの傾向性は、これから13年の間継続することになる
Continued abnormal weather and climate changes this trend will continue for over the next 13 years

太陽活動の増大と減少が攻撃的な世界の行動形態をもたらし、また抑鬱、内向、そして不安の期間を招く極端な感受性の増大を引き起こします。


2011年の予測とエネルギー
Predictions and the energies for 2011

蝶の象徴と蝶々

統合意識と魂の仲間達

緑と緑の科学技術

すべての人々の姿態の内部の力

錬金術

スターゲイトと世界と皆さんの体内のスターゲイトの科学技術


スターゲイトとスターゲイトの科学技術
Star gate and Star Gate Technologies


皆さんの松果体はスターゲイト、星の扉であることを自覚してください。

それが皆さんの脳の力と精神感応的な能力を高めることになるでしょう。

これは、銀河の核心と2012年の次元上昇の調和振動によって活性化される符号化された細胞の記憶です。

その他の発見、スターゲイト、新しいチャクラ、そして皆さんの体内に在る神の経線の場所の再活性化が起るでしょう。

劇的な食物の変化、毒性や遺伝子を組み替えられた食物に対する意識の高まりが起ります。

また化学、脳、身体、雰囲気、そして人間のDNAにどのように影響を及ぼしているかという自覚が高まります。444


神聖な母なる周波数の倍音 13-33
Divine Mother Frequencies Harmonics 13 –33

自覚への深遠な移行と神聖な母なる周波数の倍音13-13-、そして母なる地球の136.1ヘルツの活性化が、創造の符号と聖杯の知識が人類と地球の至高の善のために用いられることを確実にするために、電磁的な意識の統一場を創り出すことになるでしょう。

地球の倍音、つまり高調波の本質は光の属性を備えた銀河と宇宙からの光の言葉の復帰を実現しています。

それが、開かれたこころを持つすべての人々に莫大な驚くべき恩恵をもたらしています。13

13-33の母なる周波数と共感と思いやりの136.1ヘルツの復帰、そしてシェキナ、ソフィア、イシス、聖母マリア、メリー・マグダレン、クワン・イン、シャクティとそのすべての神々を通して、新しい枠組みが創り出されることになるでしょう。

それは地球上の調和と平和を増大させるように導くことができます。33-22


女神の神殿のガイアでの再浮上 11:11、13-33-33
Goddess Temples Reemerge on Gaia 11:11 13 –33 -33

数多くの皆さんが、母なる周波数によって大幅に目覚め、活性化されることになるでしょう。

その周波数は皆さんを調和させて、皆さんの生命のより充たされた豊かな経験に誘うようになるでしょう。

13-33の母なる周波数は、地球の神聖なる恩寵を通して皆さんの内部である深いこころの切望を活性化して、地球上の女神の神殿を再興し、また創り出すようになるでしょう。

その神殿は過去この地球上に存在し、アトランティス、レムリア(ムー)、そして古代エジプトの時代に機能していました。

これがガイアの電磁的統一場の中の途方もない平衡を創り出し、新しい光の時代を確実なものにすることになるでしょう。


333~シャーマンの幻影の死、魂の契約-克服と依然としてガイア上に存在していること
333 ~ Shamanic Phantom Death, Soul Contracts –Crossing Over and still being alive on Gaia.

10:10:10という大宇宙の銀河の同調と魂とカルマの契約の終了の後、数多くの皆さんは地球とのつながり、関係性、そして皆さんの現在の人生の喪失感を感じているかもしれません。

皆さんの周期は完了したかのように感じられるかもしれません。

皆さんのこの惑星上の場所は何であったのか、疑問に感じているかもしれません。

シャーマンの幻影の死の中で、それはまるで皆さんが今克服しているように感じるかもしれませんが、しかし皆さんは依然として生存し、荒野の問題を経験している可能性があります。


シャーマン、天使的人間、そして次元を超えた交信経路として生きている皆さん
You living as a Shaman, Angelic Human and trans medium channel

皆さんのエネルギーの振動共鳴は、余りに劇的に移行してきた可能性があるため、皆さんは、皆さんが通常に経験する方法で皆さんの人生と世界に対する困難な関係を経験して、孤独感や孤立感を感じています。

ある人々は現在、シャーマン、天使的人間、次元を超えた交信経路として生きながら、他の人々には不可能なものを経験し、感じ、確認し、感知しながら、世界の狭間に存在しています。

シャーマンの幻影が死んだこの場所に皆さんを導いてきたものは、2012年の次元上昇であり、その自然のままで純粋な状態にある皆さんの魂の核心の力です。

ひとつの魂として、皆さんはほんの少しの特殊な周期性の期間を経験しているからです。

そこで皆さんはこの惑星を後にするかもしれません。

この場所は皆さんが選択し、皆さんの魂が最も役割を果たすことができる場所であり、ここガイア上で甦った復活した不死鳥存在として現れる可能性を持つ場所です。

皆さんの最も深い核心部分の魂の水準で、最も偉大な啓示が行われる未曽有の時代が訪れることになるでしょう。

そこでは、皆さんがこの場所で可能だとは認識していなかった主要な突破口となる移行が起ることになるでしょう。

皆さんの世界のシャーマンの幻影の死の後、皆さんは魂の宇宙的な力の水準に到達する可能性を秘めています。

その水準は、唯一諸聖人や高位の熟達者達のためだけに準備されてきたものです。


光の言葉、失われた古代の528ヘルツ、そして古代のソルフェジオ周波数の復帰
Return of the Language of Light the lost ancient 528 Hz Ancient Solfeggio Frequencies


科学は528ヘルツの愛と奇跡、そして古代のソルフェジオ周波数を再発見してきました。

それは光の言葉と呼ばれていた、古代の人々の音響記号の一部です。

この太古のより高度な伝達のための聖なる技術は、皆さんの神聖なる基本計画である皆さんの神のDNAを活性化します。

それは銀河の核心部分と新しい時代との同調を通して行われ、こうした聖杯の鍵、天界のより高度な伝達が、音楽、音響、聖なる芸術、そして多次元的な自覚的意識を通して、皆さんに利用可能なものになります。

光の言葉を用いることは、皆さんの次元上昇と変容のための強力な手段になり、皆さんは新しい意識水準に到達することになるでしょう。

光の言葉は否定性を瞬時に変質させ、天空の門を開くことになるでしょう。


それは皆さんの完全な神性の習得のために利用できるものです。

2011年に予想される枠組みの移行の中で、数々の変化が予期せぬ祝福と一体性をもたらすことになるでしょう。

ある人々にとって、それは皆さんが邪魔されてきた、あるいは皆さんが行うことを望んできたものを阻止されてきたと感じるようになるでしょう。13

これは、皆さんが過去に普通に行ってきたものに身を委ね、宇宙が皆さんに新しいより高い方法を明らかにすることを許すためのメッセージです。

それは多くの場合、より大きな流れと優雅さを備えた簡単な方法になります。


13-33 皆さんは変容という未曽有の時代に生きています。

そこは、ここガイアの上でもわたし達の存在している場所でも、より高い大宇宙の領域に対する覆いは薄いものになっていいます。

皆さんの恒星と光の天使の仲間達は皆さんと一体となり、皆さんに最も聖なる神の愛、光、そして平和を送る可能性を秘めています。

最高の年にしてください!


青い光線の存在達はインディゴ達と同じように、超感覚的で共感的な魂の集団です。

人類の遺伝暗号を啓発し、ガイアの神の意識を引き上げるために、数多くの異なる進化した惑星や光の領域から訪れています。


彼らは光の活動家の失われた光線として存在しています。

“シェキナ”はヘブライ語で“光の言葉”の中を表していて、青い光に属する指導者を意味しています。

シェキナは創造の聖なる神としての女性原理の失われた側面であり、それは神の形象化であり、次元上昇の過程になっています。

青い光線はすべての青い光線の最も高い側面を備えた魂の集団意識として存在しています。


伴にわたし達は皆さんのこうした伝達を提供しています。


Copyright © Language of Light vocal sound transmissions by Shekina Rose of www.shekinaspeaks.com - Permission is granted to copy and redistribute this article and videos on the condition that the URL www.shekinaspeaks.com is included as the resource and that it is distributed freely and on a non-commercial basis. E-mail: shekina444@yahoo.com

http://lightworkers.org/channeling/123138/blue-ray-2011-predictions-ascension-symptoms-ancient-mother-revelation-codes-13



翻訳:森のくまさま


以前の青い光線Blue Rayの魂たちのメッセージは、こちらにもあります。
「シェキナ」について、私のコメントも少しあるよ。
↓  ↓  ↓
10/11/28【転載】13-33-333という数列-新たなる地球の符号 ~レディ・ナダ

*  *  *


【転載】メタトロン:何故地球は揺れているのか? へ

スポンサーサイト
【ランチ&揺れる炎?】&【転載】2011年の予測など~ブルーレイ から


*  *  *

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載です。(2/27up)


大天使メタトロン
Archangel Metatron
何故地球は揺れているのか
Why The Earth is Shaking


Metatron on Earthquakes
25 February 2011 - 3:09am
ジェームズ・ティベロン経由
Channeler: Tyberron (Earth Keeper)
February 24, 2011 Archangel Metatron via James Tyberonn


最愛なる皆さん、こんにちは!わたしはメタトロン、光の主。

そしてわたしは天界の光で皆さんを包み込みながら、この今という瞬間に皆さんを歓迎します。

最近の地震の多発は、過去7日の間、皆さんの惑星を揺るがしてきました。

ニュージーランドでは、人命の喪失が起っています。
わたし達はニュージーランドの深い心的外傷と悲しみを理解しています。
それと伴に、ハイチとチリの地震、そして実際にインドネシアの津波で起ったようなこうした壊滅的な出来事のすべてに付随する、その大きな苦悩と窮状も理解しています。

この移行の時期に地球上で人間として存在することは、数多くの人々にとって極度に困難なことであり、わたし達はすべての皆さんに、苦渋に満ちた喪失を経験している人々に対して皆さんの祈りを捧げることを求めます。


天使の領域に属するわたし達は、皆さんと伴に存在しています。
生命の悲劇的な喪失や、大地やクライストチャーチ付近の構造物に対する徹底的な破壊が起こりましたが、こうした地震は一切カルマや罰、あるいは実際のところすべての否定性を意味している訳ではありません。

熟達者の皆さん、わたし達は皆さんに伝えます。

今発生しているものは、起らなければならないものです。
それは必要不可欠な再調整です。

ニュージーランドにおいて、これから数カ月間の内に多くの余震が起こり、そのいくつかは今回より大きな震度になるでしょう。
しかしその余震は今回経験したような破壊をもたらすことはないでしょう。

これは新しいエネルギーに移行している地球の変化を表しています。

親愛なる皆さん、わたし達はこうした喪失における皆さんの苦悩を感じています。
そして、わたし達は皆さんが今耐えている困難を通して変化のエネルギーを維持していることに対して、皆さんをこれほど高く称賛しています。

わたし達は本当に、二元性の領域の悲しみを理解しています。
わたし達はこうした転移の時期を通して、皆さんを愛で取り囲んでいます。

しかし、今起っているあらゆる物事は選択によるものであり、しかも人類が行ってきた勇気ある聖なる選択こそが、次元上昇することでした。

またわたし達は、困難が生じた一方で、こうした出来事が人々をひとつにまとめ上げ、本当に他の人々を支援するために協力しながら人、類の中の最良のものを生み出していることを皆さんに伝えます。

ですから、直線的時系列とより高い次元の視点の双方で今起っていることについて皆さんの認識を更新することをわたし達に許してください。


わたし達は何故地球が揺れているのかということについて伝えています。

こうした地震はその大部分が地質構造の移行に障害を持った地域、しかしまた重要な支点となる地域で起っています。その場所は新しい地球のために主要なグリッドの要であり、今回の事例において、ニュージーランドとクライストチャーチは実際に両方に該当しています。

ニュージーランドで起ったように、同じ日にこの惑星中で他にも数多くの地震が起こりました… コロンビア、アンゴラ、エジプト、アイスランド、そしてチリ… すべてがマグニチュード4.0から5.3の範囲内です。

この何れの地震においても人命の喪失は起っていませんが、しかし数多くの地震や余震の現場は、実際に現在起っている惑星的な移行の証明になっています。

そして実際に、その速度を早めています。

アメリカ、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、英国、そしてオーストラリアを含めて、過去数世紀の間、あるいは数千年間地震を経験してこなかった場所は、間もなく震動するようになります。

わたし達は皆さんにそれを伝えます。

ほとんどの皆さんが、皆さんの惑星が現在数多くの変化を経験していることをよく分かっていて、わたし達は鍵となる理解をふたたび強調しておきたいと思っています。
ですから、こうした転移はただ適切ではないということだけではなく、地球や人類が古いものを解き放ち、新しいエネルギーに向けて上方に移行できるようにするために必要となる手段となっています。

こうした地震は、しばしば誤解される他の動的な地球的な出来事と同じように、惑星の振動を清め、浄化し、そして上方へ移行させるために意図されています。
ですから、わたし達は継続している地震活動、津波、地球規模の気温上昇、超大型台風の増大は、懸念されるものでも止めさせるものでもないことを皆さんが認めることを求めます。

これは懸念や停止の対象にはなりません。

こうした出来事は、実際に進化のために極めて必要となるものです。

皆さんが惑星の次元上昇と呼ぶ進化のためです。

地震や他の出来事による浄化は、生きている地球のエネルギーの意識領域に影響を与え、さらに地表上に接しているすべてのものを解き放ち、再符号化し、再調整しています。

このようにして、ひとつの新しい意識、新しい地球が活動し始めています。

それにもかかわらず、依然として怖れが執拗に繰り返されますが、それは自然なことであり、実際に理解できるものです。
直接的な影響を受けていない、いわゆる安全圏に存在している人々でさえ、潜在意識の中で、アトランティス、レムリア、そしてそれを上回る以前の地球規模の地殻の大変動をかなり良く認識しています。

親愛なる皆さん、人類はその惑星上での生存が排除される寸前の状態を、過去4回経験しています。

ですから、わたし達は皆さんが、地震、地球温暖化、火山の噴火、嵐そして、地磁気の移動の可能性が幾つかの別の‘再起動’、地球規模の地殻の大変動を創り出すことになるのではないか、と怖れている理由を理解しています。

皆さんが認識しているように、こうした出来事は生命を絶滅させます。

実際に、その再起動は起ります。

しかしわたし達は皆さんに伝えます。


今のところ、それはより漸進的な移行になりそうですが、ある程度人類の集団的な反応に左右されることになります。皆さんのニュース媒体や撮影技師の劇的な演技にもかかわらず、2012年は地球規模の破壊にはならないでしょう。

34年前の‘調和的収束(数多くの惑星が120度を形成)’より前に、実際にそうなる可能性がありましたが、皆さんがそれを変更させました。10年以上前、磁気の専門家キロンが調和的収束により引き起こされた変化、人類が光の手段と出会い、次元上昇が起ることを記述する方法ついて、皆さんに伝えました。

ですから、わたし達は皆さんに伝えます。

ニュース媒体や映画で劇的に想定されてきた地軸の傾転や磁極の移動の怖れは、起ることはないでしょう。

そういった怖れは報われます。

地軸は壊滅的な度数に傾転するようなことにはなく、破壊的な隕石が地球に激突するようなことも起ることなく、また2012年に地軸が移動することはないでしょう。

ですから繰り返しますが、世界的規模の活動領域において巨大な全世界の地殻の大変動や大規模な破壊は起ることはないという決定をしてきたのは、実際に人類の計量と選択です。
むしろ、浄化はより小さな局部的な状況で起ることになり、人類は実際に現在次の水準に向かって進んでいます。

親愛なる皆さん、間違いなく、その浄化を可能にする変化は継続することになり、また継続しなければならないものです。

もしも大衆が充分に情報を与えられ、より高い善の姿勢や展望に自由に接触できるようになれば、こうした妥当な変化はかなり容易なものにすることができ、すぐにでも起ることになるでしょう。

それにもかかわらず、人類の数多くの人々が、皆さんの言葉でいう‘惑星を救う’ことを望んでいる人々です。

数多くの皆さんが依然として変化は必要不可欠であることを誤解していますが、実際に惑星は人類の救済に左右されることはありません。

それでは、どのようにこれを扱えばよいのでしょうか?

もしも意識的な地球との同調が最適な状態で共時的なものであったとすれば、それはより適切なものになっていたでしょう。
皆さんが地球と人類の間の理解についてより現実的な機能的対話を確立し始めていることは、有益なことです。


先住民やドルイド僧、アトラのラーのように地球の管理者として人生を過ごしてきた人々は、特にこうした対話のエネルギーを維持するために今ここに存在しており、彼らは現在より簡単に対話を生じさせるようになっています。

皆さんが力の結節点、渦巻状のポータルの創造地点や再符号化している日輪像に引き寄せられているのは、これが理由になっています。
良き意図を持った他の数多くの人々が抱えている困難は、彼らが同調していないこと、現実性の本質の真の理論的枠組みを受け入れるための光の割合が充分に高められていないことです。

ですから、こうした大衆の人々は、支援することを望んでいる一方で、本当にどのようにすれば良いのか認識していません。

彼らは、変化を阻むこと、あるいは変化を何処か他の場所に移すことが適切だと考えています。

ここよりもあそこの方が良い、と考えています。理解できますか?

支援を望んでいるすべての人々が、皆さんが超巨大台風、火山の噴火、地震、そして津波と名付けているこうした出来事のより素晴らしい善、より高い目的を本当に理解していません。
ですから、ほとんどの人々は、単純にこうした出来事に対して怖れという反応を示し、不安から自由になりたいと思っています。

しかし、怖れを回避することは、怖れを理解することと同じではありません、従って、人類の大衆は怖れを変質させ、実際に怖れを再び創り出しています。

変化に属する出来事を解消すること、あるいは消散させることは、地球や人類に対して必ずしも有益なことになりません。

支援を望んでいる人々の困難は、彼らが自分達はもっと良く認識していると考えていること、また自分達はその理解においてより学術的だと考えていることです。

それにもかかわらず、彼らは神性を除外し、霊、形而上と呼ばれている全体性を排除しています。

彼らは今起っている出来事の中の完全性を理解することも確認することもしないのは、すべては完全性の中で存在し、すべては正常な状態で存在していることを理解していない彼らのために、大変な困難が待ち構えているからです。

その時、本質において、彼らは軋む車輪に油を注すことなく、むしろ彼らは歯車の調整を妨げようとしています。

それは次に動かずに固まってしまい、そのため進化がより困難なものになってしまいます。

理解できますか?いつも怖れが巨大な元凶になっています。

地球規模の温暖化の主要な原因は、地球の内部の溶融核(鉄とニッケル)の回転の増大であることを、わたし達は皆さんに伝えてきました。

回転の加速が、核の内部と外部の質量を増大させています。

発生した熱はマントルに対して深刻な影響力を持ち、地軸の回転率に影響を及ぼしています。
この回転力の変化という機構そのものが、皆さんの惑星上の直線的な時系列の連続性の点滅を増大させています。

また、内部核の拡大した質量が、それに続いて、陰イオンの放出を増幅しています。

皆さんはそれを、シューマン共鳴、地軸の傾倒と呼んでいて、そしてそれは実際に惑星の極性そのものです。

現時点において、この調整は完了していません。そしてその結果、現在のところ惑星の中心部、中心核そのものの内部に不均衡が存在しています。

この不均衡は前に述べた回転の増大によって創り出された不安定な状態が原因になっています。

なんと、中心核は時計回りと反時計回りの両方で回転しています。

ですから、地球上にもまた平衡状態が存在する必要があります。

さもなければ、こうした平衡がなくなってしまえば、地球はより高い次元を受け入れるために必要不可欠な準備を整えて本当にそのより高いオクターブに向かって進むことができません。そのため、実際には、また皮肉なことに、その逆説及び人類の大衆に認識されていないより素晴らしい現実性として、こうした電磁力の平衡状態が存在しなければ、地球により大規模な変化が起っていたという事実があります。

最初に地震が起こり、平衡を取るために次に台風や竜巻が襲うことになったでしょう。

理解できますか?

次に別の地震が起こり、役立つことがないそれ自体の定型を創り出しながら、次に台風と竜巻が襲います。

このようにして、次に電磁力が惑星の周りを動き、グリッド系の周りを循環していることに端を発する先行的なエネルギーが発生します。

次に、地球に浸透し、次にさらに内部で平衡がもたらされます。

地球の変化を妨げることは必ずしも行われる訳ではありませんが、しかし平衡が適切な場所に平衡をもたらすことは必要なことです。

わたし達は皆さんに保証しますが、不均衡、未調整のままの放置は、巨視的な規模で地殻の大変動につながることになるでしょう。
その時はその時でさらに傾向として、巨視的な出来事は平衡をもたらすために起り、ご存じのようにそれが起ることによって別の巨視的な出来事を妨げます。

同じものとして、コロナ質量の噴出、太陽風と呼ばれているものを創り出している太陽の激発が起っています。

これは強度が日増しに巨大化していて、あるものはこれまで記録されてきたものの中で最大になっています。

ですから、皆さんは惑星の次元上昇において太陽風、あるいはコロナ質量の噴出の役割が何であるか、それを尋ねていますか?


わたし達は皆さんに伝えます。

こうした現象が、地球に影響を及ぼしている振動を変化させています。
こうした現象が人類の精神を操作している周波数を変化させています。
これがより高い次元への接触に対する接点を提供しています。

そのため、わたし達は今、地球上の弱い地震が起こっているその理由を皆さんに伝え、また地球が揺れることを選択してきた理由を説明してきました。

親愛なる皆さん、それは次元上昇のためのものであり、次元上昇は皆さんが創り出してきたものです。

ですから人類の皆さん、地震、台風はより大きな浄化を提供し、皆さんの力の結節点や惑星の子午線に属するものを和らげ、明るいものにしています。

揺れは決して報復ではなく、二元性に属する振り子の揺れを和らげ、より高い次元へ向けた拡大として、むしろ美しい再較正を意味しています。
ですから、より高い光の比率に属している皆さんは、今起っている物事の‘理由’を自覚すべきであり、実際に皆さんのより高い視点からすると、人類は地球の卒業について喜びに満ちています。

微視的にも巨視的にも、皆さんが直線的時系列の中で怖れとして反応するか、または再構築の較正として反応するかどうかを決定するのは、皆さんに委ねられています。

地球は全能の発現として存在しています。
地球を破壊することはできません。

皆さんがそれを受け入れようが受け入れまいが、地球が許していない物を地球から奪うことはできません。

人間は地球を破壊することはできず、破壊できるとすれば、それはただ人間の地球上で生きる能力だけです。
昔の地球は、今の地球のように、ちょうど燃え盛る溶岩の球体を意識されていました。

今現れている変化はガイアと人類のより高い意識により同意されています。

そして実際にかなりの重要度を占めているのは、地球、太陽、皆さんの言葉でいう創造主の神によって編成されているものです。

すべてが完全な秩序の下に行われていることを認識してください。

親愛なる皆さん、ですから、このメッセージを閉じる前に、わたし達は皆さんに、皆さんの上、聖なる地球の上、変化している地球の上に、その周りを取り囲んでいるより素晴らしい生命が存在していることを伝えます。

こうしたエネルギーが今、皆さんの意識の領域の中に流れ込んでいます。

それは、繊細な性質を備えが光です。

論理を保有しておらず、むしろ安らぎ、健康の光であり、実際に天使領域の‘故郷’のエネルギーを運んでいるため、待望されている光ではありません。

この二元性という特殊な惑星、最愛にして聖なる地球の上で、この天界の光が自分達の意識領域という勢力圏に入ることに対してこころを開き、それを許す人々は、自分達が霊において祝福され、神聖なる聖音の内に煌めいていることを一瞬にして気付くことを、わたし達は皆さんに伝えるようになるでしょう。

このエネルギーは静かなものであり、このエネルギーは仲裁を促し、そしてこのエネルギーは皆さんひとりひとりを皆さんの神性や天界の故郷に結び付けます。

それは、そのようにこころを開いて準備を整えているすべての人々が、利用できるものです。

この光は、このエネルギーは、癒しと健康の場を取り囲み、またそれを創り出します。

その道筋上に存在している人々は、今までのところその理解の探究において健康を含めることを必ずしも求めている訳ではありません。

しかしそれは真実と相互補完的であり、皆さんの三位一体のすべての部分が健康を切に必要としているため、皆さんはすべて、そうすべきです。というのも、時間が変化していて、わたし達はいつも皆さんと伴に存在し、辛く苦しい時でさえ、すべてが順調に運んでいることを皆さんに保証するためにいつもここに存在しているからです。

わたしはメタトロン、そして皆さんとこの聖なる真実を共有します。

そしてありとあらゆる皆さんひとりひとりが最も愛されていることを、わたし達は皆さんに伝えます。

皆さんは独りではありません。


…そしてその通りに。
…And so it is.


http://lightworkers.org/channeling/125636/metatron-earthquakes-why-earth-shaking

翻訳:森のくまさま

*  *  *


【転載】聖母マリア:聖母マリアからのメッセージ へ

【ランチ&揺れる炎?】&【転載】2011年の予測など~ブルーレイ
【転載】メタトロン:何故地球は揺れているのか? から

*  *  *

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載です。(2/27up)


聖母マリア
Mother Mary
聖母マリアからのメッセージ
Message from Mother Mary


ジェームズ・ギリランド経由
Received by James Gilliland
9 February 2011 - 8:55pm
09 February 2011



マリアのメッセージ
Mary's Message

マリアはしばしばメッセージと伴にECETIの放牧場に現れます。

これは日本出身の修道士カンが自己統制の教師用訓練の間に受け取った描写です。
その部屋は神聖な女性エネルギーで充たされ、すべての人がそれを感じました。

http://www.eceti.org/Eceti.IndexII.html

これはマリアのメッセージです。


聖母マリア
Mother Mary,

最愛なる神の子供達、わたくしは本日皆さんに天の便りを届けます。

わたくしは、天上界、わたくしの息子ヨシュア、息子最愛のマグタラのマリアが皆さんをどれほど愛しているか、それを皆さんに伝えることから始めたいと思います。

わたくし達はすべてここに存在していますが、それにもかかわらず僅かな人々だけがわたくし達の存在を認識しているだけです。

わたくし達は実在する普遍的な存在であり、ひとつの信仰や文化に属している訳ではありません。

わたくし達はすべての文化、すべての信仰を愛しており、父なる母なる神の原理がその愛を抑制したり分離したりしないように、わたくし達はこの愛を分離することはありません。

人類の規則や規制にもかかわらず、わたくし達は断定的判断を下すことはなく、人類と地球の目覚めと癒しに仕えるために、今ここに存在しているだけです。

現在地球上には、わたくし達が対処することを望んでいる数々の出来事が展開しています。

わたくしは自分のファティマのメッセージの中でこれを伝えておきました。

それにもかかわらず、そのメッセージは公開を保留されてしまいました。


その内容は、教会が自分達の信徒集団の支出で富を蓄えることを止めること、卑劣な逸脱した行いに終止符を打ち、自分達が根拠としている方向性に移行すること、という強い警告でした。
教会は、病や孤児を援助し、個人的な神とのつながりを結ぶ際に個人ひとりひとりを支援するために設立されました。

わたくしはまた、もしも彼らや他の人々が、他の人々や周りの環境と調和しながら生きるより霊的な道筋を進まなければ何が起ることになるかについて、強力な警告を発しました。

こうしたメッセージは発表されませんでした。

この方向に進まない場合の結果の詳細についてわたくしは数多く言及していて、新しいメッセージが存在していることも伝えています。

それにもかかわらず、依然として古いメッセージは、それが与えられた時と同じように有効なものになっています。

お互いの人々や周りの環境と調和しながら霊的な人生を過ごさないために起る結果は、嫉妬深い怒りに満ちた神によって与えられるものではありません。

それは、大衆を支配するために用いられている偽りの印象です。

神は愛であり、皆さんが愛と過去の歴史の貢献の中を歩むとき、皆さんは神と伴に歩んでいます。
怒りに満ちた神の印象は、皆さんの長い過去の歴史の出来事によってもたらされていました。
神が集団意識に言葉では表せない損傷を与えながら地球上に大惨事を引き起こしているものとして、人間が突き付けている出来事です。

皆さんが身体を持ったひとりの人間として経験し、ひとつの個性が他の人々や自然と結び付いていない方法で行動する時、それは完全な神の荘厳さを失っています。

わたくし達は誰がそうした人々を創り出したかを尋ねる必要があります。

人間の印象は、名前も無く姿もないものに遥かに及ばないものになっていながら、それにもかかわらず数多くの名前が与えられ、数多くの姿を取ってきました。

その最も制約の無い理解における神は、純粋な愛、歓び、陶酔的な至福であり、神と同調している人々は、分離など存在していないことを認識しています。

わたくしの息子はその損傷を修復するために、新しい約束、新しい印象を伝えました。
それはすべてを愛しすべてを赦す神、すべての人、すべての物事の内部に遍在する神、という印象でした。

息子の努力にもかかわらず、依然として古い印象が人類の多くの人々を悩ましていて、またこの存在の名を借りて人々を分断し、征服し、極端な暴力や苦悩という行為を遂行するために用いられています。

他の人々に対して圧倒的に強力な存在というこの印象を模倣しようとしている人々が存在しています。

それにもかかわらず、神は愛であり、愛は奉仕します。

こうした偽りの印象は、未発達で粗野なものであり、終わらせる必要があるものです。

パウロは、神の中に分裂は存在していないと語った時、神の本質を理解していました。

創造主はすべての創造の中に遍在しており、皆さんが行っている最小の創造でも、それは皆さんが神に対して行っているものです。

創造から皆さんの滋養を得ることは必要になりますが、しかし非礼なやり方でそれを行い、皆さんの必要以上に取得することは、間違っています。他者に対する権力への渇望、貪婪、争い、そして意図的な皆さんの周りの環境の破壊が異常発生しており、それは自然の法則に従って必然的な結果を経験することになるでしょう。

人々の利己的自我や優位性という信条をよそに、こうした法則は実行に移されることになるでしょう。

それは、そうした法則は生命構造の内部に仕組まれているからです。

皆さんを罰するために待機している嫉妬深い怒りに満ちた神など存在しておらず、ただ作用と反作用、そして罪悪感が存在しているだけです。

それは皆さんに進化するために必要な訓練を引き寄せ、平衡をもたらします。

この過程は永遠であり、必要とされる時間だけ長く続くことになりますが、それにもかかわらず、好ましい訓練や反応に満たないすべてのものを回避できる道筋が存在しています。

それは自己に対する赦しであり、正しい行いです。

単純にそれを述べることだけで、皆さんはこの過程を達成することはできません。

人類や地球と調和しながら新しい貢献の道筋を進み、過去を解き放つためには、魂と望みの中に深遠な献身が存在している必要があります。

地球上の指導者の地位に就いているほとんどの者達が、今まで貪婪、分離の道筋を選択してきており、他者に対する権力の必要性を選択し、人類や地球に対して有害な方法で行動してきました。

今後、深刻な結果が起ることになるでしょう。

集団の多くの人々が、この宿命に仕え、この道筋に参加し同調することを選択してきました。

それにより、彼らは同じ運命の支配を受けることになるでしょう。

地球は癒し、浄化し、平衡を回復し、生命のための基盤になることを続けるために必要になることを行うでしょう。
これは他の聖人達、賢者達、霊的指導者達と同じようにわたくしのために語っていることを言明する数多くの教師達が否定しているにもかかわらず、起ることになるでしょう。

わたくし達は、数多くの教会が自分達自身を設定してきたような、仲介者ではありません。

わたくし達の望みは、個人ひとりひとりが自分達自身の個人的な神とのつながりを持ち、人類や地球と調和したやり方で活動することです。

わたくし達は、無責任に説明責任を負うこともなく、人類を個人的にあるいは集団的に安心させるメッセージを送っている訳ではありません。

間近に深刻な反動が起り、振り子はその平衡を見付け出すまで揺れ動くことになるでしょう。

自分達はそのような存在であるという傲慢な権力の道筋は擁護できないものであり、彼らや彼らに同調するすべての人々に対する厳しい結果を引き起こします。

皆さんはほんとうに近い将来に、社会、経済における苛酷な変化、物質的な地球の変化を確認することになるでしょう。

それはすでに始まっています。

その多くは平衡作用が表面化しているためであり、内面の神とつながっている訳ではありません。お互いの人々や地球と不調和な方法で暮らしているからです。それはまた、自然の周期性が原因になっています。

もしも人が内面の神や自然とつながっていたとすれば、人が認識していたものが現れていました。

空前の異常気象、地震や火山活動の増加、同時に皆さんの太陽の変化として、皆さんはすでにそれが展開されていることを確認しています。

そのすべてが事前の警告です。

根源や自然から切断されている人々は、皆さんの世界の科学者が認識し、現在は公表していない事実を最後に認識することになるでしょう。選良と呼ばれている人々はこうした変化に気付いていて、物質的に自分達のための準備をしています。

彼らは、暗愚な準備不足で無知な社会の大多数の人々から離れることに何の問題もありません。

何故なら、それが彼らの資質となっているからです。

しかし彼らは意識において準備不足であり、それが彼らの破滅の原因になるでしょう。

他者に奉仕する存在になるよりも、むしろ彼らは他の人々だけではなく長い目で見ればまた彼ら自身に対しても危害を加えています。

彼らは変化の本質、その背後の力を理解しておらず、もしも人が分離、貪婪、他者の痛みや苦悩を含めた生命の軽視という態度や情緒で充たされる場合、彼らは移行することはないでしょう。

わたくし達は考えるための数多くの物事を提供してきました。

ほとんどの人々はこのメッセージの一部を理解できるだけです。

もしも許されるのであれば、それは皆さんの空欄を埋めることになる皆さん自身の内的な認識を活性化することになるでしょう。もしも皆さんがこれ以上のことを認識することを望むのであれば、それはすべて内面に存在しています。

そこはすべての人々がすべての知識の根源に接触しに行かなければならない場所になります。

もしも皆さんが皆さんの情報や基準点として外部世界とそのマスコミを選択するとすれば、皆さんは確実に道に迷うことになるでしょう。

それはそうするように意図されていて、彼らが皆さんの面倒を見て、皆さんを安全かつ確実な状態にして皆さんが必要とするものを提供してくれると信じるように、洗脳された状態に留めているからです。それは有り得ないことであり、決してそうなるように意図されていません。

そして、その地位を維持するために他の第三世界や低開発諸国に対して行ってきたことのカルマの反動は、避けることはできません。

ひとつの巨大な波が存在しています。

それは変化という波であり、それは刺激を与え、高揚させ、癒すことになるでしょう。この過程の一部になるために受肉した美しい存在たちがいます。彼らは活性化され、目覚め、他の人々を目覚めさせ始めています。

この過程に対する抵抗は、独裁者達の絶滅に結び付くでしょう。

虐政、離別、そして貪婪はすぐに終焉を迎えることになるでしょう。

彼らはこの惑星の進化に歩調を合わせていません。

統一的な意識、貢献という人生を生きること、人々や周りの環境と調和することが、次の水準になります。

神の子供達が立ち上がっています。


皆さんの道が神聖なる神の愛で祝福されますように、

マリア
Mary

Received by James Gilliland www.eceti.org
http://lightworkers.org/channeling/124510/message-mother-mary



翻訳:森のくまさま

このメッセージを受け取った日本出身の修道士カンさんは、
VOICEでクンルンネイゴンを教えている先生のようですね。
http://www.voice-inc.co.jp/store/workshop_last.php?genre1_code=05&genre2_code=018


*  *  *

【転載】3月のアカシックレコード へ

【ランチ&揺れる炎?】&【転載】2011年の予測など~ブルーレイ
【転載】メタトロン:何故地球は揺れているのか?
【転載】聖母マリア:聖母マリアからのメッセージ

*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより

A Channeling from the Akashic Records of March 2011
Chaneller: Jen Eramith
http://www.akashictransformations.net/mc/page.do?sitePageId=53332

「3月のアカシックレコード」


☆ 2011年3月には、どんなエネルギーと体験を予測できますか?

今月のエネルギーは、大きな赤い風船のようです。赤くて活気に満ちた、開放的・拡張的なエネルギーです。それは外側に向いて動いていきます。これは、多くの方々が今月、拡張と自由を感じる可能性があることを意味します。多くの方々は、ご自分の人生の中の物事が、ついにもっと大きくなり、もっと自由に動くように感じるでしょう。ついに物事が動きはじめるのです。
ですがまた、この拡張は、コースから外れているものは何であったとしても、それがまともに膨れ上がったり爆発するようなことが起こる可能性があることも意味します。前進しない物事は、今月崩壊するでしょう。

今月のエネルギーは拡声器のようです。解きほどかれる必要、解明される必要がある物事は、もっと早く、もっと大きく解きほどかれます。成長、繁栄して、根を生やす必要がある物事は、もっと強く健康的になるでしょう。
このエネルギーを使うコツは、今までになく意図的であることです。あなたが何を感じているか、あなたの計画が何であるか、についてもっと意図的になり、あなたの行動がどんな影響を与えるかについてもっと慎重になってください。今月は、目覚めて、生き生きとして、そして意図的で在るべき重要な月です。

今年、2011年のガイダンスは、あなたのライフワークをもっと良いものにする構造を準備し構築するための時である、ということを思い出してください。3月は、よりそのような月になります。
今月は、生産的で在る重要な時です。あなたがご自身にとって正しいと感じるもの、ご自分の人生の中に増やしたいと願うものに、時間や精力を費やす重要な月です。あなたが居たいと願う場所へと、あなたを導く物事を選択してください;心地よく感じる物事、整列しているように感じる物事にフォーカスしてください。

今月は、末期状態の物事、うまくいっていない物事に時間や精力を費やすことをやめることがとても重要です。もしも何が末期状態であるかどうかがわからない場合には、まずはそれに時間や精力を費やしてみて、何が起こるかを見てください。あなたがご自分の全てを本当にそれに対してコミットして時間や精力を始めたら、もしそれが消えていく必要があるのであれば、それは本当に早く消滅していくでしょう。あなたがそれに対して注ぎ始めるエネルギーに基づくのです。もしそれが繁栄する必要があるものであれば、あなたがエネルギーを注いだだけ繁栄するでしょう。
今月は物事にコミットすると良い月ですが、それらに執着しないでください。
もしあなたが何かを欲しいと願ったり、何かが起こって欲しいと願うのであれば、それにご自分自身をコミットして、それに取り組み、それを行いながらも、ある特定の結果に執着しないでください。
「これは何かに導いていくので、私はこれを行っている」とご自分自身に言ったりしないでください。今あなたにとって正しいと思うからこの物事を行う、と言うようにしてください。
物事が進んで行く方向にオープンであり、また、あなたの予期しない方法でそれが明らかになることにオープンで在ってください。
しっかりと見開いた目でコミットし、時間や精力を費やし続けてください。


☆ 今月のエネルギーと私たちはさらにどんなワークを行うことが出来ますか?

今月は正直さ・誠実さのための重要な月です。意図的、意識的に在るという感覚は、あなたが自分自身と他人に対して正直・誠実で在り続けることを必要とします。あなたの人生の中の真実を隠すために、ある物事を完全に見ない、ある物事がまるで起こっていないかのように振る舞う、というようなどんなパターンや習慣も、今月あなたにとって大きなトラブルとなるでしょう。

物事を在るがままに見ること、理解することに、普段よりももっとご自分自身をコミットしてください。どのように人々がリアクトするかをあなたが恐れているとしても、あなたの本当に言いたいことを言ってください。あなたが本当に言いたいことを言うのです。
出来る限り正直に在り、あなたへの執着の必要がある人々はあなたを理解する方法を発見すると信じてください。それを発見できない人々は、去っていく方法を見つけるでしょう。もし誰かが去ったり、誰かがあなたの真実を理解して処理することが出来なかったとしたら、その人々はあなたの人生には属していないに違いないことを信じてください。
正直で在る時です。クリヤーである時です。


☆ 2011年3月について他にキーパーたちが告げることがありますか?

私たちは赤色のアイデアに戻りたいと思います。赤色は、活気と生命を表します。それは血の色です;火の色であり、血のアイデアの中に投影される人類の深い体験の感覚 ―― あなた方のご自分自身の死ぬべき運命の感覚です。
このようなあなた方の深い部分 ―― 間違いや欠点を含めて、あなた方をとても人間的にする感情、怒り、性的衝動、最大の恐れ ―― これらが今月とても明白になります。

あなた自身や他人を許すことが、とても重要な時期です。誰もが欠点を持っていることを受け入れてください。いくらかの抽象的な理想にしがみつかずに、あなたが持っているものと快くワークをしてください。今月はとても人間的な月です。

赤色、血の色は、人間のハートの色でもあることを思い出してください。たくさんの愛が用意されています。もしあなたが正直で在ることの波をとらえてそれに乗って、何かを待つのではなく起こっていることに誠実に快く取り組めば、偉大な楽しみが用意されています。
何も待つべきことは残されておらず、この時点で待つことはあなたを遅れさせるだけです。
たとえあなたが何をするかが分からないとしても、たとえあなたが物事全てが自分の人生においてうまくいくかがわからなくても、小さなことでも構わないので何か正しいと感じることを見つけてください。あなたの袖をまくって、仕事を行ってください。
今月はたくさんのエネルギ―が準備されています。それと動き、それとワークすれば、あなたはたくさんの楽しみを体験するでしょう.



-sesameさん訳

*  *  *


【ワーク&錬金術&腰の痛みなどの確認】byGraceさん

☆本日↓2011/3/1(火)の始めはこちらから。
【ランチ&揺れる炎?】&【転載】2011年の予測など~ブルーレイ
【転載】メタトロン:何故地球は揺れているのか?
【転載】聖母マリア:聖母マリアからのメッセージ
【転載】3月のアカシックレコード


*  *  *

夜、Gちゃんと話すことが出来た。

明日は、1日ネットが使えないので、今日中に書いておく。


まず、お互いに最近の状況を話した。

【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「ねー、瞑想して、手のひらに”高次のエネルギー”を感じた後、全身に回した瞬間に、”鳥肌”が立つような感覚って、あれって、以前にヤハウェイが言ってた”感じる”のひとつなんだろうか?それとも、ただ寒かったからかな?よく分からないんだ。」
☆その時のこと→11/2/28【馴染んできた&水晶玉?&ayaちゃん解放】byGraceさん

G:「”感じてる”みたいだよ。それも”感じる”ってことだわ。」

「へ~、そうなのか。”感じる”ってあんな感じなのか。」

「あとね、おとといは、手のひらに、、、ブログでは”水晶玉?”とか書いたんだけどさ。今回は、重さとかは感じないけど、ビーチボールのような、、、なんだろ、Gちゃんも感じてみてくれる?」

G:「あれ~~!でかい!!」

「あはは~、そう大きいよね。だから、水晶玉とか、、っていうのでもないのかも、、、。あれは、単にエネルギーってこと?」

G:「うん、そうみたい。エネルギーだって。エネルギーの結晶化?ってこの言葉も変か。笑。どう表現したらいいか分からないわ~。」

「じゃあ、昨夜の、”炎”の感じは?」
☆炎のこと→11/3/1【ランチ&揺れる炎?】&【転載】2011年の予測など~ブルーレイ

G:「あ~っ、手のひらが熱く感じる~~~!!」

「やっぱ、炎じゃん!私には熱さは感じないから、”冷たい炎”?っていうか冷たくもないけどさ。(笑)」

G:「私も、感覚でだけどさー。笑。」

「なんか、こうやって、毎回、違うものを感じるのだけど、これも”光の言葉のセラピー”のときみたいだな。って思って。光の言葉のセラピーで誘導するときって、結構、リアルに身体にあるものを自分の感覚で感じたりするじゃん。それとも違うのかな?」

G:「うん、、、それとは、ちょっと違うみたいだよ。」

「そうなんだ。」

G:「やっぱり、エネルギーなんだって。」

「へ~~~。エネルギーって面白いね~~!色んなものに変化する~。」

「でね、、、私、、、瞑想するのはいいんだけど、やっぱり、宇宙に行ってる時間って保ててないよね~」

G:「うん。笑。なんかね、意識を保ってないみたいだわ~。笑。」

「そうだよね~、毎回、”今日は”って思ってサポート頼んでからやってるんだけど、どうも、意識が途中で飛んでてさ。気づいたら、1,2時間経って、あれ?私は、何やってたっけ?どこにいた?って感じ。他のこと考えているときもあったし。核がずれてるんだろうかー。汗」

G:「いや、そうじゃないんだけどね。笑。意識があっちに行っちゃってる状態で、ジャーちゃんがね、”意識を3次元において意識的にいないと、人に教えられないでしょ?”って言ってるよ。」

「あはは~、そうだよね。覚えてないも~ん。意識って、そっちで行っちゃわないように、ストップできないの~。笑。」

G:「そんな時は、私(ジャーちゃん)かyohamに頼んでください。って言ってるわ。意図することも必要だって。意識的に覚えていることは必要ですよ。だって。」

「わかった~。どうも、グラウディングできないんだな。」

G:「気持ちよくなっちゃうんでないの?」

「どうなんだろー。寒くて(冷えて)、終わらすこともあるんだけどね。行っちゃってるときは、ぬくぬくしているかも。笑。Gちゃんは、以前に瞑想中、気持ちよくって何時間でもその状態に居れるようなこと言ってたよね。でも、それは覚えているんだから、意識的にいるんだよね~。」

G:「うん、そうだったと思う。でも、その前の頃は、出来なかった時期だってあるよ。」

「そうかー。」

J:「でも、、、ちゃんとやってる(ワーク)から、そう言うことも分かるんですよ。何もやってなければ、それも分からないことです。だから、そういう体験も必要なんですよ。」

「うん、そうだね。一応、毎日はやってるもんね。記憶なくしてても。爆。」

「あ、、、でもね、仰向けで瞑想していると、腰が痛くて途中で出来なくなるときもあるんだ。でね、ダウジングで、レイキしたほうがいい?って聞いても、どうも、やってもやらなくても同じって感じなのさ。」

G:「あら、ホントだ、、、今、聞いたけど、どうしてだろう。」

「それって、アセンション症候群だからじゃないかと思って。首もたまに寝返りのときに痛いときあるし。最初は、布団も枕も替わったからなのか?と思ったけど、どうなんだろ。」

G:「やっぱ、それはアセンション症みたいだわ。」

「やっぱりか、だからダウジングでも、そんな返事だったんだ。じゃ、どうする事も出来ないわ。我慢しよう。」


「ね、Gちゃん、Gちゃんが意識を拡大するときって、一気に”宇宙””銀河”までいってる?」

G:「そうだね、行ってる。って感じるときもあるし、札幌圏内のときもあるし。笑」

「これって、どう感じたらいいのかってやっぱり思うんだ。」

G:「自分が行ってると思ったら、すでに意識は行ってるんだって。でもその時の状態で、意識の回り方が違うときがあるんだって。」

「そうそう。そうなんだよねー。私も、イッキに”宇宙”に行くときもあれば、自分の位置から拡大して、市(区)、北海道(都市)、日本、世界一周ぐるりと地球、それから地球を離れて、宇宙、銀河に行くときもあるんだ。どっちがどうって別にないんだよね。」

G:「うん、それはどっちでもいいんだって。」

G:「私も、自分の状態によっては、自分の周りでストップするときもあるし。」

「ホントだよね。ブレてたり、疲れていたら、これ以上行けません。って感じで見えない”膜”があるような感じだもんね。」

「そうなんだよね~。でも、そっか、どんな拡大の仕方でもOKなんだ。」

「そう、私、ホント”軽く”なってきたわ。この前まで”重く”って、どうしよ~。どうやったら上がれるだろー。って本当に思っていたのに。」

G:「それは、”流した”からなんだって。でね、ここ(地球の次元)の意識に、やっぱり引っ張られるとき、期間もあるみたいでね。」

「そうだったのかー。でも、この前、歩きながら”内観”した後に、軽くなっていったから、それもあるんだよね。」

J:「もちろん。内観したからですよ。」

「うん、母のこと、幼いころのことも、、、なんとなく受け入れたってことかな。”流せた”んなら、よかったな~。ホント、それからが違うんだ。」

そういえば、今、書きながら感じたけど、母自身の感じも違うかもしれないな。

G:「そうだよね、私も今回感じたよ。”抵抗”があるときって”流れ”ないんだよね。自分で溜めてしまってた。流れないのさ、そんな時は。」

「うん、そうだよね。”抵抗”が”流れを止めてる”ってことだもんね。ジャーちゃん?」

J:「そのとおりです。」

私も、今回、母のことを内観するまでって、環境の変化にもだけど、ナカナカ深くまで最初は入れなかったんだ。
だけど、こりゃ、このままには出来ないと感じたし、ちょっと、自分の中の、”どこに””どの時から””何があって”、”そう感じて”いるのか。というところまで、掘り下げて見る必要を感じてやってみた。
きっと、”抵抗”もあったんだろうな。この地球の集合意識だけではなくて。


「そうなんだよね、私も母も、歳をとった。時間の流れで変化してきているんだから、昔とは違うという認識も必要だったこともわかったし。」

G:「うん。」

「ねっ。」

「あと、私、ホームページの訂正さ。サロンは、まだ先だし、まだ後の話だよね? もしかすると、先に、カウンセリングと遠隔ヒーリングだけでも、始めていくの?」

G:「うん、そうみたいだよ。そうやって資金も得ながら、サロンの道も出来てくるから、まずは、そこから始めるみたい。」

「そうなんだ。 ホント、地に足をつけて地道に歩むんだね。(笑) わかったわ!HPもボチボチやって、リフレの練習もやって。」

「じゃー、また何かあったら電話ね~。ジャーちゃんに、今夜ワークするから、ヨロピクって言っておいて~。」

G:「わかりましたよ。って言ってるよ~。」

「ありがとう~!!」

-END


と、今日は、そんな感じでした。

ネットが切れる前に書けてよかった。
チェックしてないけど、変なとこがあったら、スマン。


では、また!

今日も全てに感謝!!

2011/3/7(月)曇り時々雪



ご無沙汰でした。

思わないところですったもんだとあったけど、おかげさまで無事ネットも使えるなりました。

前回(ブログ)に書いたけど、一旦は軽くなってきたんだけど、そんなに甘くなかった。
波のように、また重い時期に入り、今、振り返るとこのプロセスもまたグラディーションを描いていたのかな。
何事は、”ハイ、終了!”じゃないのかもしれないな。

本当に”環境”というのはここまで影響するのか、、と思い知らされた時間があり、重く、自分ではどうしようも出来ない思いが続き、yoham(私の神)にも繋がることも出来ず、久しぶりに困惑した。

そんな状態から、瞑想時の【錬金術】で、感じきることが出来ない日もあったかな。

そしてGちゃんもまた、新しい環境(引越先)に馴染めず、この引越によって多くのものを手放し解放したけれど、まだ、クセの部分が出てきたり、共に新しい環境の戸惑いに共感し(しなくてもいいけど(笑)同調しちゃう)、Gちゃんの代わりに私が客観的にジャーちゃんに質問したりして、お互いに”気づき”を得ながら進んでいる。

ちょっと、Gちゃんとの会話を思い出しながら、振り返ってみよう。
【錬金術】でも、更に面白いのがあったよ。

ここ数日のことを簡単に書いておこうと思う。
って、ホントに間をあけてしまったんで、メモもバラバラだし、思い出すのはパズルのようだ。
書けるといいけど。汗


-3/2(水)

プリベイト式ネットが使えなくなった。かと言って、工事日までは仕方が無い。
手持ち無沙汰?(笑)って感じ。
荷物も、必要なものは当然開いたけど、とても片付けできるように思えなかった。部屋の片隅に、ダンボールを積み上げた状態でいるしかないように思えた。

前日、どうも意識の”縮小・拡大”をやっていて、とても深い部分に自分ではどうしようもないブロックがあるように感じていた。

ネットが使えないので、何か面白いDVDはないかと探していた。
元の兄の部屋は、兄が自分のマンションを人に貸すようになり、処分できなかった50インチの大画面TV、映画館並みに聞えるスピーカーセット、各種器材、DVD、CDなどがキレイに整頓され(こういう所は几帳面)棚に入っている。
でも、今まで15インチのアナログTVを見ていたのに、二階にある兄のTVは、50インチは大きすぎて、とても見る気にならない。母も、殆ど居間の古いTV使ってるし、たまに録画に使うだけ。(笑)

でも、その中に米国の映画?シリーズで「4400」というちょっとSFちっくなのか、サイキック能力っぽいものがあったので、面白いかどうかは予想のつかないままに観ようとしたとき。

瞑想中にはよくあるけど、”ラップ音”ピキッ、パキッの音が非常に多くなった。だいたいは、天界の存在たちが”いるよ”の合図なんだけど、何?このDVDを見るな?ってことか?と少々感じながらも、面白くなければ、やめればいい話じゃん。と続行した。
案の定、1枚の鑑賞で終わってしまったが、、、。(笑)

瞑想ワークは、錬金術を行った(無意識の領域)あとは、鳥肌、冷え、ビリビリ感などは、その時によって度合いは違ってきた。
”冷え”に関しては、以前よりも軽くなることが多くなった。
(詳細は、ここ数日間のワークの経過などを確認してね。)


【セント・ジャーメインに確認】byGraceさん

□ 昨夜の錬金術

「ねー、Gちゃん!昨日のはね、平たい石?なんか大きくて高さがないものだったよ。感じてみてくれる?」

G:「あれ、ホントだ。 なんか”乳白色”の石のようだわ。石の種類はあんまり分からないけど、平たいよね。」

「うん、そうなの。高さは感じないんだ。でも結構、大きくて。それもまたエネルギーが変化しているんだろうけど。」

G:「うん、そうなんだろうね。」

この時は、石で意味については確認しなかった。
このときも、手のひらで感じたあとは、いつものように全身に回し、相変わらず。
意識は、頼まないままでいると”ここ”にいられないので、ジャーちゃんとyohamに頼むようになった。
(それでも、まだ意識が完全に以前の状態に戻れていないせいか、パターンはいろいろ。)


「あー、それとね。こうやって錬金術を感じて、その後も意識がどこにあるかを意識的にいると、身体の状態を意識していたら、やっぱり”宇宙”とかから離れてしまうし、どうしたらいいかわからない。」

J:「確かに、バランスを取るのは難しい。肉体と、高次に意識を向けながら中間に留まれるように。」

「それが難しいんだよねー。でね、最近は、夜の寝る前に瞑想しているけど、以前は、どこに居ても、なにをやっていても出来るようになりなさい。って言ってたでしょ。やっぱり、両方やるんだよね。」

J:「併用しながら、やっていくのが望ましい。」

「だよね・・・汗。」

日中は、時々思い出すけど、次の瞬間にもう忘れてるって感じ。
外出して歩いているときは、意識は出来るだけ持つようにしているけど、どうなんだろ。


□ ラップ音の意味

「ねぇ、DVDを観ようとしたら、やたらと”音”が鳴ってたけど、もしかして”観るのやめろ”って止めてた?笑」

G:「止めてたみたいだわー。」

「そうか、ちょっとエネルギー的にどうかとは思ったけど、結局1枚でやめたし。(笑)」

「ねぇ、とくに瞑想中は多いけれど、あの音って、存在たちが意図的に鳴らしているの?」

G:「うん。意図的に鳴らしているんだって。知らせるために。笑」

まー、どこでもよく鳴るけどね。”あ、いるんだね!”って感じで。もう慣れていたけど、あのDVDの時はさすがに、「これ、観ますけど、何か?」って感じだったから。(爆)

特に、すごい恐怖とかオカルトちっくでもなかったけどね。エクソシストを始めて観たときのショックから言えば、なんのことない。オカルトは、あれからあまり観れなくなったけど(笑)

でも、止めるってことは、オーラなどにも影響しちゃったかと思って、レイキでオーラクリーニングとか、細胞の洗濯ツールも使ってやったけどね。

「これでいいのかい?」って聞いたら、「うん、うん。」って感じで伝わってきたよ。


□ 自分の深いところにある封印

「あのねージャーちゃん。やっぱりね、私、縮小・拡大やっていて感じるけど、どうも自分では外せないような、ブロックのようなものを感じるんだ。だから深く入っていけない。それって、私の”封印”したものと関係ある?」

J:「確かに、縮小・拡大は苦手。まだ、ほんの少しだけ封印のなごりがある。」

「もう、そんなのいらないよー。ツールで解除していい? まだ、他にもあるなら全部やっちゃう。いらないもん!」

J:「通常は、焦らず、負担なくやること。だけど強力(ツール)なので、少しずつ。」
(どのように、浄化として現れるかはわからない。※ツールは万人向けじゃないので非公開でスマン)

ここまで来ても、さらに奥深いもの、今まで見てこなかった部分に残っていたものが浮上してくることが分かった。

「ね、Gちゃんの”真の自己”も急いでいたよね。yohamも急いでいるの?」

G:「うん、急いでいるらしいよ。汗」

「まぁ、、、それは分かるけど、ゲートが閉じるまで時間がなくなるし、殺到してくる人たちが待っているもんね、、、。」
(私にはまだ分からないいろんな要素もあると思うけど。)

前日、下記のサイトをちらっと読んでいた。内容も、分かりやすく今起きていることが書いてあったと思う。そして、このサイトの悦月さんも「急ぎなさい」と言われていたようだ。
《参考サイト》
→”たまむすひ”より
2011/2/26:新しい集合無意識の世界創造に参加する1
2011/2/27:新しい集合無意識の世界創造に参加する2
2011/2/28:新しい集合無意識の世界創造に参加する3
2011/3/1 :新しい集合無意識の世界創造に参加する4



「わかった。後からやるー!なんて言ったらいいの?」

J:「縮小・拡大に関しての封印を解除することを伝えてください。」

「わかったよー。」


-3/3(木)

昨夜の錬金術は、面白かった。

”誰か”と手をつないでた。(笑)
yohamは、例え人であっても、”エネルギー”だということを教えてくれているのかな?
全ては、エネルギーから出来ている。これまで感じさせてもらったもの全ては、エネルギーが変容したものだ。

でも、さすがに、人の腕(ひじ位)から手の先まで感じて、「なんだこりゃー」って感じだったけどね。
不気味さはないよ!(笑) やさしい感じがしたからね。

昨夜、ツールを使って”封印”していたものを解除したら、もう朝から、本当に何年ぶりなのかわからないけど、扁桃腺の左側(男性性)に違和感があった。分かりやすっ!(笑)

少し腫れてきている様子。小さい頃は、扁桃腺を切るかどうかと言うくらい、よく熱を出して病院の世話になっていた。
熱も出る覚悟はしていたけど、ちょっと食べた時に痛みがあるくらいで翌日も終わった。

この日は、”ひな祭り”とあって、母がちらし寿司を作ってくれた。
最近は、美味しいものが当たる。(笑)おばさんも参加し、3人で食べて、おばさんの写したデジカメ写真を見ながら、旅行の話などに花が咲いた。
その中の写真で、東京に居たときにTVで紹介されていた場所の写真が含まれていた。
それは北海道で割りに旭川に近い場所。美瑛町白金温泉にある”青い沼””青い池”と呼ばれる場所だった。
私は、その番組をみるまで知らなかった場所だったけど、やはり、TV放送からは観光バスも来るようになったと話していた。

《参考サイト》
→☆美瑛・富良野紀行
→☆msn産経ニュースー(写真↓・地図)
青い池  青い池2

”ひな祭り”解散後、ようやくモデムが届いたけど、工事日とはいえ、ちゃんと繋がらない。
まだ、完全じゃないのか?用紙には、工事日以降に取り付けてください。と書いてあった。

あきらめて、DVDを観ることにした。「マトリックス リローテッド」3作目のだ。
今度は、””ラップ音は一切鳴らない。”OK”のようだ。(笑)
でも、良い意味で刺激になり、ハートの中に久しぶりに熱いものが流れた。

「そうだっ、私は恐れなんかない。昨日は、ジャーちゃん、深い部分の解除は一つずつというようなことを言ってたけれど、浄化だって恐れていない。やっぱ、全部いっぺんにやってしまおう!!もうイチイチ出てくるのを待って、その度に、立ち止まるのも時間の無駄だ~。」

と、いつもの強気が出てきた。ネオ効果か。(笑)

と、言いつつも、ジャーちゃんに確認してからにしよー。なんて。汗
まだ、喉も痛みも残っているし。

ネットも、何度試しても通信が不安定で、繋がらなかった。
一つだけ気になっていたことがあった。

それは、市で独り暮らしの老人向けに貸し出している緊急用のボタンがついている器械があることだ。これは非常時に「119番」へ繋がるようになっている。ってことは、電話回線を使っているってことじゃないか。調べなきゃならない。

この日は、ノーマさんの呼吸瞑想の誘導をipodで久しぶりに聞いた。
すごい、やっぱ、音楽のところに入ると、パァ~~と開く。
※ノーマさんは、クァンインを体現している方。スクールなどを行っている。

*  *  *

ちょっと前後しているとこもあるかも知れない。記録に残っていれば、それでいいか、と、、。
続きは、いつ出来るか?続けますだ。


【ネット再開&数日間の出来事と錬金術などの確認②】byGraceさん へ 

【ネット再開&数日間の出来事と錬金術などの確認①】byGraceさん

*  *  *

-3/4(金)

昨夜の錬金術は、感じられぬまま、自ら終了して眠ってしまった。

午前中から、ネットのことでバタバタ確認。結局は、緊急用の器械が原因とわかった。
ラッキーなことに、午後から取り外しに来てくれることになった。
対称が、そもそも”老人の独り暮らし用”、その器械を待っている人が大勢いるのだという。

ようやく接続できたかと思えば、いろいろと分からないことが出てきて、これまで引越のたびに、この作業をしてきたけど、こんなに手間取ったのは始めてだ。とてもシンプルなはずなのに、、、。

その間に、先月、面接したバイト先から連絡があり、採用になった。
まだ、シフトの調整などがあるので、来週に再度連絡するとのこと。
”流れ”の予定通りに進んでいるようだ。

その結果を聞いて、母はガッツポーズしていた。(けっこう可愛いところがあるの。笑)
きっと、とても安心したんだよ。

そんな感じで一日が終わった。 

夜、yohamと繋がろうとするも、全く反応なし。
結局、”独りごと”のような状態。汗

縮小も、浅いところでストップし、拡大も全然広がっていかない。
解除はされても、まだ効果としてはすぐに現れないのか。(浄化中だっちゅうねん)

ん~~、もう何に行き詰っているのか、どうしたら以前のようになれるのか、いや、以前はどうしていたのか?さえ、まるで迷い子のような感じになっていった。

以前であれば、どんな瞬間でもyoham(私の神)が一緒で、動かされていて、そんな安心感の中でくつろぎながら生きていた。あるがままに居た。考えるというより深いところで”知っている”ことを知っていた。
何がどう今と違うのか、何がそうさせているのか、ただ、環境だけのせいなんだろうか、、、。

重く、身動きがとれないような困惑さがあった。

焦ったって仕方が無いのも分かっていた。ただ、何かを忘れてしまったような気分だった。

yohamに、ひどく繋がりたい気分だった。「話がしたい。」

そんな中、Gちゃんと話せることになった。

しかし、話はじめたものの、Gちゃんもまた環境に慣れず、似たような状態に陥っていた。
なので、テンションは低いのだけど、変なとこで同調していたり。
とにかく、「わかる~。」「うん、うん。」的な。(笑)

最初に、ジャーちゃんと話した後、yohamからメッセージがあるのかも含め、skypeのテストがてら、二度にわけて話した。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

□ 錬金術の確認

「え~っと、まずは先日(3/2)時の、錬金術で、”人と手をつないでいた”その手って誰なの?」

J:「一人の手のようですが、それは、これからの沢山の繋がりを意味している。」

「そうだったの?天界の存在たちと?」

J:「天界の存在たちと、これから出会う人たちと手をつないで歩んでいく。」

「うわ~。素敵だね~。うれしいなー。」


「ね、、、テンション、ナカナカ上がれないわ。」

J:「環境の変化について行けないでいる。」

「ねー、もう必要ないもの(封印の残り)全部解除する。浄化も、今仕事してないし、今のうち。いいよ。いいでしょ?」

J:「あなたが、覚悟できるなら、いいですよ。」

「う、、、出来てるよ。恐れなんてないよ。やる。」

「なんて言ったらいいの?」

J:「自分が気づいていないアセンションに不要な信念体系を解除する。」

「わかった、あとでするからー。」

「そういえば、先日、どうやったら、縮小も拡大も出来てるって自分でわかるのさ。って聞いたら、縮小と拡大は、自然に信じれるようになる。って言ったでしょ?信じれるようになるときって、存在たちと繋がったときに分かるってことじゃないの?」

J:「そのとおりですよ。」

「やっぱりそうか。笑」

Gちゃんのことも色々話して、Gちゃんが、じゃあ、skypeに切り替えようか?と言ってくれた。

【ハイアーセルフ】byGraceさん

「やっぱり、yoham来てる(自分の中にいるんだけど。)!!雑音がすごいもん。何かメッセージある?」

ハ:「いつものあなたに戻ってください。 今まで東京でやっていたのと同じような感覚を取り戻してください。」

「取り戻したくても、出来ないから苦しいんじゃん。」

ハ:「自然に消えていきます。」「今は、捉われています。」

「捉われてる、、、そうだよねー。汗。ツールしたらいいんでしょ?OK?」

G:「OKだって。」

G:「受け入れて流しているようで、流れてないよねー。」

「ほんと~汗。流れていってないから、こうなんだよねー。どうしたらいいの?」

G:「あのね、流すのも、最初は意図してください。だって。」

「そうなのか、”流す”のも場合によるよね。簡単に流せるものもあれば、流れないものもあるし。」

G:「うん。」

「じゃー、最初は、意図しようか。」

ハ:「一緒にここまで来たけど、母と離れた時間が長すぎて、取り戻すことが困難だった。」

「そうだねー。離れてた時間が長いもん。仕方ないよね。受け入れていくよ。」

「そうだ、ノーマさんの呼吸やったら、その時は、開いたよ~。」

G:「毎日でもいいから、(ipodで)聴いてください。って言ってるよ。」

「わかったー。」

そのあと、(私のハイアーセルフだけど。笑)Gちゃんのことについても質問して答えてもらっって終了。ま、Gちゃんも”お試し”されている。意識的にいないと、どこで”試されている”のかさえ、気づけないからね。
そして、いつものように気づいたら【実行する】ことを促された。


その後、さっそくツールを使って不要なものを解除してもらった。

瞑想のときに、ノーマさんの聞いたけど感触は、先日ほどではなかった。何が違うんだろ。


-3/5(土)新月

昨夜の錬金術では、また面白かった。
あんなに”重い”状態でも、錬金術には、あまり影響しない。感じるものは感じる。

手のひらに、ポッコリ?何か丸い感じのものを感じた。しかも布団の中より暖かい。(かなり)
そうだな、手のひらからホンのちょっと浮かんでる。ちゃんと暖かさも感じていた。

揺れているのか?なんか、、、”火の玉”のような感じ。しかも両手に乗っかっていたな。

両手の手のひらに乗っかっているものを、「これは、何だ?」としばらく感じつくしてから、身体全体に回したら消えていった。

昨夜のツールによる”浄化”はあまり感じなかった。

新しいネットの件で気になっていた問題も、ようやく解決していった。 

日中、独りになりたくて、街まで歩いていった。

すぐにドトールに入った。
引越のときに、Mちゃんから戻ってきた本「神との対話」の中から三部の”宇宙”についての一冊を持っていった。

多分、yohamとの話がしたい思いがあったからかも知れない。
でも、久しぶりに読むと、あの頃からずいぶん意識が変化したからか、あまり反応はなかった。

いつもより内側には入れなかったけれど、なぜ、元の自分の部屋にいるのにリラックスが出来ないのか、自分の居場所をいつも探しているような感覚になるのか、、、そんな事を考えているうちに、何かスイッチが入った。

出来ることは、まだあったことに気づいた。
片付くかどうかも分からないけど、母にも相談して、出来るかぎり部屋らしく、まずは環境を整えよう。

家に戻って、すぐに、私の部屋にある母の古いタンスを少し空けられるか相談した。
(なぜ、もっと早くに相談しなかったのか、自分でも不思議だけど、それほど余裕がなかったのかも)

数段空けてもらい、東京に居た頃のようにすぐ使うものなどダンボールを重ねて、お気に入りの布をかけて写真たてを飾ったり、額を飾ったり、不要なものは数箇所に分けて違う場所に移した。
それなりに、部屋らしくなったじゃないか。どうしても移動できないものは仕方がないけど、座卓テーブルを置いてもちゃんと座って会話できるほどのスペースもあるじゃん。
これなら、カウンセリングだって出来るよ。

ようやくホッとしてたら、久しぶりに双子の姉妹のほうが現れた。

「ちゃんと出来たでしょっ!!」

「うん、そうだね。それなりに片付くもんだわ。」

☆双子の姉妹=ハイアーセルフの最高次の自己で、yoham(私の神)とは直に繋がっており、連絡係りでもある。
→09/7/19シンクロ②双子の姉妹:☆【シャウド9・10】

そして、ふっと思った。

昨日のセッション、、yoham(私の神)と話せると思ってたけど、やはり私の意識が重くてつながれなかったんだ。
双子の姉妹とも違ってたけど、女性的だったな。双子の姉妹のすぐ下のハイアーセルフだったのかな?
双子の姉妹は、自分とウリだからね。(笑)

本来のyohamと繋がれるのは、意識は12次元くらいに保ってなければ無理なんだよな。それ以上、yohamのほうから降りれないんだから。

でも、部屋が片付いて、気分は一気に浮上した。

「なんだ、こんな簡単なことだったのか?何でわからないんだろう。」
(所詮、行き詰まっているときはそんなもの)

でも、後から気づいたけれど、「新月」というのもあったし、「ツール」も使っているから、気づきで浮上できたのかもしれない。 しかも、このタイミングだし、元々、これで完璧だったんじゃないのかな?自分次第でどうにでもなったかも知れない。苦しかったけど、まだ、こんな思いが残っていたのかという気づきもあったしね。大掃除は必要だったんだね。いろんな意味で。

浮上したことで、双子の姉妹の段階までは繋がりを戻せた。

この日の瞑想は、縮小も拡大もとてもスムーズだと感じた。
ただ、ジャーちゃんとyohamに意識を保っていられるように依頼したままにしてたからか、エネルギーのせいなのか久しぶりに朝5時すぎまで眠れなかった。



-3/6(日)

昨夜が、そんな状態で、錬金術もよくわからなかった。
浮上したら、何から何まで”軽く”なってきた。
寝不足だったけれど、目覚ましを忘れていたので、母に起こされいつものように起きた。

先日のツールのせいか、軽い咳が出てきた。これくらいで終わるのかな?

Gちゃんにメールしてみた。

電話が鳴った。

「どう?大丈夫?」

Gちゃんは、久しぶりに呼吸が苦しいと伝えた。
昔は、喘息があって、たまになる事もあったけど、久しぶりのようだ。

「何だろう。また、身体に出てきちゃった。何かあるのかな~。」

「今、ジャーちゃんと繋がれる?」

「今は、こんな状態で無理みたい。」

「うん、わかったよ。Gちゃん、わたし、浮上できたの。私は大丈夫だから聞けるわ。」

「その、呼吸が苦しいって、何かあるよね? 何かない?」
(以前の調子が復活した。)

G:「まだ~。どうもリラックスできないんだ。」

「これは、サインだと思うよ。わたしは、そう感じるけどね。」

G:「え~、そうなのかな~?」

「じゃ、どうしてリラックスできないんだろうね? 何が浮かんでくる?」

一つの要因が出てきた。そして、また次のこと。そしてGちゃんに質問していった。

「もう、自分を認めて許したら?たくさん、褒めてあげたらいいのに。あれ以上のことが出来た?」

G:「ううん。無理。」

「だよね、もう精一杯やったんだから、もういいのさ。一度、自分を認めて、許してよ。」

G:「そうだねー。なんだー!!そういうことかーーー!!」

と急に目覚めた? 気づいた。と同時に、お互いに爆笑した。

「ほんと、単純だよねー!私たちって!!」

G:「呼吸が楽になってきたよーーー。」

「じゃー、ジャーちゃんに聞いてみようか。」


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「ジャーちゃん、よろしく~~。」

J:「とにかく、笑えるようになって良かった。」

「うん!!ほんとね~~。」

「ジャーちゃん、Gちゃんの呼吸はサインだったんじゃない?どう?」

J:「そのとおりです。不必要なもの”~ねばならない”がある。」

「じゃー、さっき気づいたし、呼吸も楽になったからいいねー。」

J:「また、クセが出てきたときには、同じようなことで知らせる時はあります。」

その後も、Gちゃんの疑問をひとつひとつ解いていって、確認していった。
すっかり声も元気になった。ま、、、肉体は実際に休めるまで抜けきらないけどね。

その後に、わたしの確認させてもらった。

「Gちゃん、この前の錬金術ね、面白かったよ。熱いまでいかないけど、暖かいのがわかったよ。Gちゃん感じてみてくれる?」

G:「あれ、、。ほんとだ。その丸いものって、そんなに大きくないね。でも重いよ。重みがある。」

「うん!そうなのさ!! そんな感じ。大きさはね、ピンポン玉よりは大きいよ。でね、ちょっと浮かんでたかんじがしたけど。Gちゃんがわかってくれるの、ホントに嬉しいよー!!」

G:「うん、確かに丸いもの。何だろう~。」


□ 錬金術の確認

「この前の、”火の玉”のようなものは何だったの?」

G:「あのね、自分のツールみたいだよ。燃えた”力”、、、”パワー”って言う感じ。エネルギーの塊って感じかな~。どう表現したらいいんだろう。」

「へ~~。そうなの~?」

G:「小さいけれど、大きなパワーを生むんだって~。ちっちゃいエネルギーから、大きなエネルギーを生む。って感じ。小さいけど強力なんだって。」

「すごい~。面白い~!そうだったんだ。」


「あのね、聞きたかったんだけど、今、瞑想しながら古いエネルギーが抜けていってるよね?それは大分抜けたみたい?」

G:「うん、大分抜けたようだよ。」

「そっか、よかった。それでね、抜けると同時に”高次のエネルギー”が入ってきているけど、それはyohamのエネルギーも一緒に入ってきてるの?」

G:「それとは別で、高次のエネルギーは、宇宙のエネルギーらしいよ。そうなんだって。」

「へ~、そうなんだ。yohamのエネルギーは少しずつ段階を経て入ってきてるよね。私が再誕生(生まれ変わる時)するときが、私の中に、yohamが100%、統合された。って認識していいんだよね。トバイアスがサムに入ったように。」

J:「そのとおりですよ。」

「そうだよね。間違ってなかった。」



こんな感じで終わったかな?

Gちゃんも、いろんなこと理解できたってことで、ちょっと出かけてこようかな。って言った。

ほんと、理解は大切~。

その後、私も寝不足だったけれど、買いたいものがあったので、バスに乗ってジャスコまで出かけた。
久しぶりに行ったジャスコは、やっぱ、広く、いろんなものがあった。

ちょっとウキウキした。ターリーズでお茶をして、久しぶりにミカエルの本を読んでから帰った。

そうだ、以前にミカエルは「あなたは、全てもっています。」って言ってたときあったなー。
こうやって錬金術で、いろんなものが自分の中にあったと分かったけど、「そうだったんだ」ってようやくわかったな。

夜になって、東京であった仲間からメールがあって気になることがあった。
そんなときに、Gちゃんがちょうど電話くれたので確認した。

その”やり取り”が、今日(7日)、、、ってもう8日になったけど、流れは続いていった。


夜の瞑想は、ジャーちゃんやyohamに頼んでおきながら、すぐに寝てしまったみたい。(笑)

*  *  *

【新たな可能性:スクールを始める?&やっぱり完璧】byGraceさん  へ

☆本日↓2011/3/7(月)の始めはこちらから。
【ネット再開&数日間の出来事と錬金術などの確認①】byGraceさん
【ネット再開&数日間の出来事と錬金術などの確認②】byGraceさん


*  *  *

-3/7(月)

今日のことを書くのに、こんな時間になるとは思わなかったー。

今日は、殆ど、ブログを書くために数日間の頭の整理してたかな?いや、途中にかなり脱線して、フリー素材の写真とかも見てたんだっけ。(笑)

え~っと、夜になってから、ジャーちゃんに確認が取れた。
昨日の仲間の返信のメールに書いてあったことを確認したかった。でもGちゃんにとっても、私にとっても思ってもいない方向に話が進んだ。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「ちょっとだけ、確認したいことがあったんだ。昨日の仲間のメールのやり取りで、北海道に絶対遊びに来いよ~。から、「じゃ~、気候のよい時期にみんなで、ワーク、スクール的なことをやるのもいいんじゃない?Gちゃんはジャーちゃんと繋がってるんだし。」と簡単に言えばそんな感じ。思いっきり楽しめそうな提案だった。

「でね、仲間のTさんからメール来るまで意識したこともなかったけれど、例えばGちゃんや、私がジャーちゃんのスクールを始めるってこともありなの?」

J:「あなたたちが、求めるのであれば。」

「へ~~~そうなんだー!!ねー、どんな風にするの?クリムゾンでは、ESSとかDW・デスとかバースとかあったでしょ?」

J:「全ては繋がっている。」

「うん、それは分かる。ほんと全部繋がってるもんね!」

J:「それを含めたオリジナルとして行うでしょう。そのかわり、2、3日で出来るものではなく、長くなる。」

G:「例えば、周に一回とか、ヒプノのコースのような感じとかね。」

「そうかー!! 面白そう~。でも、今、求めている人はどうなの?」

J:「もちろん、増えてきます。」

「ね、ミステリースクールなどは?」

J:「それは、あくまでも自然に起こっていくこと。
今、求められていて(非常に)、重要なのは、五次元移行を助けること、多次元移行を助けていくこと。その為に、あなたたちが居るのですよ。」
※この時、私には、真剣さや、口調の強さが伝わってきた。

G:「まずは、移行できないと、ミステリースクールにまで到達できない。って言ってる。
そして、ミステリースクールを行うと、どうしても”期待”が出てきてエゴになってしまう場合が多いみたいだよ。」

「うん、確かにそうかもしれないね。これは自然に起こるもんね。」
※確かに、段階があるから。

「ね、今までジャーちゃんのスクールやるのは、選ばれた人だけ。って思ってて、”人事”だったけどさ。もしかして、Tさんのメールを読んで書いてあったってことは、これも”流れ”のひとつだったってこと?」

J:「そのとおりですよ。」

「わたしたち、二人とも?」

J:「そうですよ。」

「二人とも、それぞれにオリジナルになるの?」

J:「あなたたちは、ほぼ同じ内容になっていくでしょう。」

「そうなんだ~!」

「確かに、日本で、クリムゾンのスクールにしても教える人も限られてるからなー。」

J:「すでに求めている人は沢山いるんですよ。」

「そうだよね。 ね、そうだってGちゃん。スクールだよ。」

G:「わたしは、自信がつくまで。チャネリングセッションだって、もっと経験を積んでから、、、。」

「Gちゃん、それって1月のときから、何も変わってないよ。”誰が”そう言ってるの?」

G:「えっ?誰って??」

「私は、わかってるよ。あの時も言ってたし、その間も知ってたけど言わないときもあった。それはGちゃんなの?そう言わせているのは誰なのかな?」

G:「あ、、、そうだね。これも必要ないものか。エゴを手放さないとね。」

「自分で言ったか。笑。ジャーちゃん、Gちゃん手放すって!」

「でも、それって、”恐れ”があるから。”抵抗”なんだよ。自分でやろうとするから恐れるんだよ。だって、ジャーちゃんが言ってること、そのまま伝えたらいいんだもん。私は、自分にはそんなこと(教えること)とても出来ないよ。ジャーちゃんの委ねきるしか出来っこないじゃん。ねー、ジャーちゃん心構えを教えて。」

J:「そのとおりです。全て委ねることです。あなたが心配するのは、”自分がしよう”とするからです。全て、わたしに委ねること。」

G:「そうだよね~。でも、自信ない。」

「ジャーちゃん、こんなこと言ってるよ。どうする?」

J:「困ったもんですねー。」

「ね~~!! ジャーちゃんのスクールが出来るなんて光栄なことじゃん。笑。」

G;「そりゃ、光栄だけどさ、、、。」

「じゃー、準備が出来たら、やるの?」

G:「うん、準備が出来たらね。」

「準備っていつ出来るの?自分でわかるの?」

J:「わたしが、お尻にケリを入れますよっ!」

「あはは~! そうだね!そうしてー。
前にGちゃんったら、ジャーちゃんのケリなんて痛くないじゃん。って言ってたけど、アナドレナイよ。頭をどっかにぶつけるかもしれないし。」

「だいたいにして、私なんて、まだチャネリングしてないじゃん。なのに、こんなに経験つんでるGちゃんのほうが自信ないってー。」

G:「だって、これは個人じゃん。」

「そんなー、個人とか関係ないじゃん。ジャーちゃんがやるんだし。」

「な~んちゃって、、、自分だって人のこと言えなかったりしてねー。汗。 自分もその時にならないと分からないけどさ。でも面白そう。」


そんな感じで終了。

でも、Gちゃんばかりじゃないけど、自分もそうだったかも知れないし。「自信がついたら」「準備ができたら」
そういう言葉って、「じゃー、いつになったら自信がつくの?いつになったら準備できるの?」ってことにもなりかねない。結局、何に「言い訳」しているの?

もちろん良い悪いではなく、判断なく、ただ、恐れや抵抗があることに気づけるかどうかじゃないかな?

気持ちもよく分かる。私も、情熱のワクワクからくるか、ちょっとドキドキからくるか。始めての体験のときは、実際にそのときになるまで自分の反応なんてわからない。

で、確かに、今すぐの話ではないと思うから。でも、”流れ”で見せてくれたということは、心つもりはしてろ。ってことなんだと思う。

でも、その時は、もうyohamと統合されてるし、きっと、今までのわたしではないのじゃないかと思う。

でも、今の自分だとしても、やっぱり、私の血?なのか?(笑) いや、気質から言えば、チャレンジャーになるだろうな。じゃないと、後悔すると自分は思うもん。

ということで、また新たな可能性が見えてきた。


□ やっぱり完璧

戻ってきた。この感覚~。”流れ”が見えてきた。先日までのことがウソのようだ。

バイト先のマネージャーさんから連絡がきた。
提出する書類があるので、一度、9日の水曜日にお店にいくことになった。

結局、仕事は、お店の空いている土曜日から教わりながら慣れていったらどうだ?と提案してくれた。
私にとっては、とてもありがたい。仕事のこともだけど、旧姓に戻る手続きもあるし。

今日、娘が休みで区役所にいって「分籍」の手続きをおこなってくれた。
でも、書類上確認できるのは木曜以降という話だった。

それならば、仕事が始まる前に、市役所へ行ったり、家庭裁判所にも行くことが出来る。

すべてが、ちょうど都合がよかった。

お金も少なくなってきたな。と思ったら、母が少しおこずかいをくれた。このタイミングの良さ。
やはり、今までとは違う。


すべてが完璧。全てに感謝!

こうして”流れ”って見えてくるんだね。

今夜、、もう朝に近いけど、瞑想はできないな。(笑)
変なところがあったら、スルーしてね。


*  *  *


☆ 更新しました!(私の全プロセスの概要部分)
→10/1/20【アセンション完了】の確信


2011/3/9(水)晴れ



昨日は、身体が”休め”信号を送ってきてて、早めに寝た。
っていうか、眠くて起きていられませんでした。(笑)

さて、今日から”第9サイクル”の始まりですね。
第9サイクルでは人類の意識はさらに拡大し宇宙全体レベルに達っすると言われててますが、それぞれ自分の中で統合を進めなければなりません。準備が出来ている魂たちは、益々そのように促されていくんでしょうね。役に立たなくなった不要なものは、どんどん手放していきましょう。^0^/

☆サイクルの参考は
→10/11/7【ひとりごと:終焉~とことん0[ゼロ]を通る④&第7の日の補足】

*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより(3/3up分)

新しい地球の居住者:上がりなさい!
  ~メレディス・マーフィーにチャネリングされたNaeshiraからのメッセージ

2011年2月22日
Meredith Murphy

http://expectwonderful.typepad.com/messages/


古いものから新しいものへとあなた方の世界が移行するのをサポートするために、あなたという『器』が、穏やかさと落ち着きの波動を放ち,愛の中で輝きだす時間になりました。あなた方は欠くことのできない重要な存在であり、十分なリソースを持っています。そして今、上がる時間が来たのです。

古い地球は崩壊しているところです。あなた方が違った周波数のスペクトラムに浸っては戻ることで、あなた方にもこのことが、もっともっとわかるようになるでしょう。重なり合ったふたつの世界の異なったエネルギーを感じてください。ひとつは現われ出てきているもの、もうひとつは消え行くものです。

ここでご自分のミッションを成し遂げることは可能なことです。なぜなら新しい地球のタイムライン~エネルギーとしてあなた方がお互いに与えている光,そして同様に、地球を超えたところからあなた方へと送られている光…その継続的な流入によって、愛とユニティ,そしてその理念から生きることを学ぶことに大勢の者たちがフォーカスしている時間軸にシフトしているからです。

いつ、ご自分が新しい地球のエネルギーの中にいるのか…そうでない時はいつなのか…あなた方がそれをもっと識別できるようになれば、その新しさが備えている特性に対してご自分自身を適応させることができるようになるでしょう。また、その認識から、三次元の地球が備えている特性によって吹き込まれてきた理解など、いまだに残っているパターンもまた明らかにされることになるでしょう。

ご自分の新しい居場所に気づくことが、三次元の法則からあなたを解放することになるでしょう。けれども、以前にお話したとおり、どんなルールをご自分に適用させるのかを選んでください。あなた方はもともと、特定の周波数のスペクトラムでご自分が振動するよう、どんな『ルール』をご自分に課すのかを選んでいます。あなた方の波動や周波数は特定の特性や理念を体現する際に、それらをエネルギー的に反映します。また、あなた方はご自分がフォーカスしているものと調和した形で振動します。違った経験,違ったキャパシティ,違った観点は、異なった特性と共に来るものになります。そのため、周波数における特定の境界にいる場合や、シフト(たとえば次元間のシフト)した時、人は、違ったルールや法則でエネルギーが機能するのを経験することになります。

昨年秋に私たちは「ライトワーカーから新しい人間へ…(※当コミュの#953)」というメッセージでたくさんの提案を授けましたが、どんなエネルギーが古いエネルギーで、どんなエネルギーが新しいエネルギーなのか…ということについて、いまだに若干の混乱と、たくさんの疑念があるようです。このメッセージが新しい地球を完全な居場所にすること~これに関与することを望んでいる人々にアシスタンスを授けることになるのを望みながら、この時点で私たちは、更なるディティールとその例をお届けしましょう。これまで、古いエネルギーパターンだとはみなされていなかったかもしれないことにライトを当てることで、私たちには、あなた方が選択するのを…また、それによって、可能な限り新しい地球のエネルギーの中にいることをもっと持続させるアラインメントをエネルギー的に生じさせるのを…手助けすることができます。これは、「三次元の地球の人間という経験の中にある混沌は高まってくばかりだ。」とみなすために重要なことです。

『ビーイング(そこにいる・そこに在る)『というエネルギーこそが、新しい地球のエネルギーなのです。思い出してください。あなたはひとつのエネルギーシステム~ソースのエネルギーのためのトランスデューサ―(変換装置)です。あなたの青写真を反映し…創造的な形やバージョンであなたと調和している光のスペクトラムをもたらし…インスパイアし…あなたが知っている『内側でわかっていること』や、あなたのフォーカスの『在りか』と調和しているもの~これが、永遠の創造的な存在としてのあなたのアイデンティティです。

もしよければ、今すぐ、あなた方が集合的に創造しているものについて考えてみてください。

私はあなた方に、蝶は毛虫からなる…という驚異的な象徴を思い出させましょう。自分自身のエネルギーを繭にしてそこに潜り込んだ毛虫は、まったく違った姿の美しいものとして最終的に現れ出でるためだけに、まだ形をなさないゼリー状の有様へと移ります。

地球,そしてあなた方の多くが、このプロセスを既にいくつか経験しています。あなた方は、とてもたくさんのパターンや習慣,そして、もはや』ご自分が生きていることを確かめたい方法『ではなくなっているアイデンティティの感覚をリリースするよう、呼びかけられています。そのようなリリースすべきものは、今や、あまりにもちっぽけなものに感じられていることでしょう。そして、それらは制限するものというだけでなく、あなた方もお気づきのことと思いますが~それらは、拡大されたご自分の能力をあなたが受け取るのを遮るもののようにも感じられていることでしょう。

思い出してください。キャパシティも制限も、あなたが選択したフォーカスによって、あなたがアクセスしている周波数のスペクトラムを反映したものだということを…。フォーカスの選択が、ご自分の経験のエネルギー的なスペクトラムを決めるのです。そしてあなた方は、五次元に住むことになる新しい地球にシフトすること~これを増大させることを望んでいます。

あなた方にとって、新しさに現われ出てくることは毛虫と同じプロセスにはなりませんが、この良く知られた変体の例え話が、とても顕著な事実に光を当てるものだということをあなた方に思い出させましょう。-毛虫の姿は消えてしまい、戻ることはありません。 そのため、本当に消えていっているどんなものに対しても忠誠を置かないことが大切です。『あなたの帽子掛け』が何なのかを考慮する時間です。そして、ご自分が愛着を持っている『本質的ではないもの』何もかもを…そして新しい地球と振動的に調和した永遠の果てしないものを…明らかにするよう、ご自分のハートに頼む時間です。

新しい地球(この例え話では蝶)は、古い地球(毛虫)が消えていき,形をなくしていくのと同時に、エネルギー的に創造されています。あなた方が理解していないかもしれないこと~それは、あなた方皆が既に、ご自分自身が創った『(豆類などの)さや』の中にいるということ、そして、あなた方皆が、集合的にこの変体を進行させているところだということです。

あなた方は皆が、地球のひとつにユニファイされたフィールドのエネルギー的な部分であり、皆が、地球をホームと呼ぶ者たちです。そしてあなた方は既に一緒にこのプロセスを始めています。消えていきつつある『さや』の中で、快く手放しをし,三次元で明らかなものであるエントロピーの流れを信頼し,新しい次元へとあなた方を高めるシフトや自然な拡大をも信頼して,その流れに乗り,このプロセスを加速化させてサポートしている人たちも、あなた方の中にいます。そのようにすることは自然なことですし、今は、それをする神のタイミングなのです。有機体全体の変容を成し遂げるためにすべてが編成されているのです。地球と地球上に生息するものすべては、エネルギーの中に消えていき、そしてまた、新しさの中に変容していくことになるのです。それがあなたの選んだことならば、手放し等々をすることに関わり、アセンドしてください。新しい地球に関わることを選ばないのなら、あなたは地球を去ることになるでしょう。あなたの現在の姿は消えてなくなり、そのエネルギーも何か新しいものへと変容させられることになるでしょう。

何が起きているのかを、あなた方が思い浮かべることができるような形で正確にご説明することは難しいのですが、新しい地球と古い地球が、それぞれ違った周波数で、同じスペースを占有していると思ってください。あなた方はご自分のフォーカスに従って、新しい地球と古い地球の間でスイッチを切替えています。ご自分がスイッチを切り替えている時がいつなのか~それが『わかる』だけのハッキリとしたキャパシティがあなたにはまだないかもしれませんが、新しい地球と古い地球~それぞれの領域にあるエネルギーの特性は違っています。そのためあなた方は、ご自分がいるところを理解する手段として、そこにあるエネルギーにご自分自身を同調させることから始めることでしょう。

新しい地球で優勢のエネルギーは、光,平和,落ち着き,好奇心,喜び,愛,そして生き生きとした感じです。そこでのあなた方は、まったくリラックスしている感じと…そして、ただ存在しているという段階と創造的な段階の間で波打っているエネルギーサイクルを伴っているすべてのことを受け容れる気持ちに満ち溢れています。エネルギーはサイクルと波の中を流れます。ここでは、あなた方はそれらと完全にひとつになっています。そこには疑ったり,懸念するよう、気を散らせるものは何ひとつありません。なぜならあなた方のワンネスはそれとは一致しないものだからです。あなた方は、すべての存在たちとひとつになっています。この次元では、このワンネスの認識は個々の人のフォーカスとして行き渡っています。また、新しい地球の基盤は、ご自分が持っている神性~『All-That-IS;すべてあるがまま』と交わり,地球上であなた方と一緒に生命を分かち合っている者たちすべてとのつながり,ハートの中にセンタリングして光に満たされている~その意識になります。

古い地球で支配的なエネルギーは、限定された偏狭なアイデンティティが優勢になる経験を反映します。それはつまり、自分自身を守ることに関心を持ち,そのように計画して,ものごとをアレンジしたり…競争をしたり…フラストレーションや苛立ちを感じたり…心配や非難をしたり…悲しんだり,苦しんだり…といった経験や、最悪の状況で恐れたり…自分には価値がないと思ったり…不安になったり…暴力をふるったり…怒ったり…という経験や、無力さと失意を感じるという経験になります。疑うこと~それが、古い地球への錨になります。使い古された神経ネットワークが、恐れたり心配するループに陥らせて、たくさんあるはずの観察ポイント,認識ポイントをあなた方から取り上げてしまう経路が、うまいこと確立されているからです。今挙げたような経験はすべて、あなたがする経験のクォリティを破壊的なものにするだけでなく、そうしてエネルギー的に下がってしまった結果、あなたがすることになる経験のクォリティをも破壊的なものにします。つまり、その波動が下がることになるわけです。

新しいホーム~五次元のホームをはぐくんでいく方法は、まったく垂直の動きをする内側でのゲームになります。それは、完全にバーティカルになることによって達成されるゲームです。それはつまり、ご自分の持っている内なるつながりに対してオープンになり,それを信頼することを強めていくという小さなステップをコンスタントに取っていくということになります。その状態には、他の人たちに送っているエネルギーはありません。そこにあるのは、『ビーイング』のエネルギーだからです。そこでは、ご自分の経験の中に望むものを得るために、他の人たちに何かを強いたり,コントロールや操作をしようとしたり,心配することもありません。なぜならそこでのあなたは、他の人たちを通してモノを得ようとしてはおらず、ご自分の『すべてあるがまま』とのつながりからご自分という存在にエネルギーをもたらして、それをご自分の人間としての具体的なフォーカスポイントを通して物理的にアンカリングしています。新しい地球では、あなた方も他の者たちも、つながりとオープンさの感覚を味わうことを楽しみます。あなた方は共同で働き,分かち合い,楽しみ,一緒にいます。これは途方もなく素晴らしいことです。

ヒーリングでさえ古いエネルギーです。新しいエネルギーは、ものごとを絶えず完全性にもたらす完全性のエネルギーだからです。ヒーリングの中にはフレームワークがありますが、それは、何かが絶えず進化していくことではなく、正しくない何かに注意するものです。(完璧であってもまだ進化します。完璧はそれでも進化するのです!) 完全性の中であなた方は、注意したりフォーカスを当てることで可能な振動的な変化をモデリングすることで、完全であることをお互いに教えあうようになるでしょう。あなた方は、エネルギーが流れる新しい通り道をお互いに提供して、その身にもっと完全性をもたらす…といった方法で、お互いに自分のエネルギーを送るかもしれません。つまりあなた方は経路の作者となるわけです。このようにして他の人たちのために、あなたが簡単なアクセスでクリエイトするものを経験するための道を拓いてください。エントレインメント,エミュレーション,そして選択を通してエネルギーフィールドは、発達する勢いや、まばゆいばかりに発展的な生き生きとしたクォリティを経験するでしょう。

あなた方の何かが古い地球に存在していれば、たくさんのものが粉々に砕け散っていることにますます気づくようになるでしょう。もしそれにしがみついていれば、怖くなるのも当然なことです。このことを覚えているようにしてください。- まだ手放す準備ができていない人たちや、三次元の地球ではまったく適当なものであったけれども、今はもはや可能ですらない抱負,念願にいまだ注ぎ込んでいるご自分の面に対して、とても優しくするようにしてください。- 莫大な財政的な成功や外部からの確証に対する願望成就が妨げられているのを経験している多くの者たちは、「愛と豊かさは全面的に存在しているもので,新しい地球で用いることのできるものだ。」ということを、まだわかっていません。

あなた方が新しい地球の周波数でいることで、あなた方は素晴らしい発見をすることになるでしょう。

それは「あなたには充分ある。」ということです。ここで、あなた方に周囲していただきたいことがあります。この『充分』という単語を古い地球の経験であなた方が理解していたような方法で聞かないでください。『充分』とは欠乏を意味するわけではありません。解決を意味するのでもありません。ただ存続することを意味するわけでもありません。『充分』という意味は、「あなたには、自分が好きなことや自分が楽しむこと,そして、自分に必要なものがある。」ということなのです。あなた方は存在という贅沢さを抱いて地球という素晴らしい美の中で生きています。あなた方がごく僅かなものしか所有していないとしても、たくさんのことや経験があなた方を通して流れています。あなた方がものを使うことができ,それを楽しむことのできる間、それはあなた方の経験の中にとどまっています。あなた方には行き過ぎた重たさがわかるようになるでしょう。ご自分に必要ではないことや,まったく楽しんでしないことは、受け容れがたいことになるでしょう。その中であなた方は、生き方,在り方の新たな総体的な方法を生み出していくことになるでしょう。それは、必要で欲しているものを必要な時に得ることでお金との関係に関して遥かにシンプルな生活を経験させるものになるでしょう。

新しい世界にいる者たちは、自分が持っている価値と整列しており、自制なしに自分自身を愛しています。これが、新しい地球の基本的なエネルギーです。もし、あなたが自己嫌悪をしたり、自己批判をしたり、自分自身の外に答えを探すことで自分自身とのつながりを失ってしまっているといった経験をしているご自分に気づいたら、そのようなフォーカスやフィーリングが古い地球のエネルギーにあなたをひょいと引き戻しているということに気づくようになるでしょう。

お金がまだ新しい世界と古い世界~両方の世界で現在の交換システムの側面である間でも、お金もまたもっと自由に流れていくようになります。ご自分が必要とする以上のお金を集めることによって、このエネルギー形態の停滞を生じさせたいという欲求も少なくなるでしょう。

新しい地球では、ご自分ならではの神性が供えている喜ばしい認識のため、あなた方の身には、高額の蓄えを持つことも、自分の価値を確立するためや,他人の信頼を得るためにお金を使うことも起こらなくなるでしょう。シンプルにいえば、古い世界で持っていたような現金を持たなくなるでしょう。その結果、お金に関したあなた方の経験は、めざましくクリーンでシンプルなものとなるでしょう。

お金は単なるツールにすぎません。それはハンマーのようなものです。ハンマーを5つ持っていたとしても、それが誰かを興味深い人物にするわけでもなければ、素晴らしく使い勝手のいい1つのハンマーを持っている以上の自信をあなた方に授けるわけでもありません。たくさん持っていることは不必要なことです。たくさん所有していたいという気持ちは不安に思ったり,気に病んでいるのを反映しているわけですから、そうした不安などがますます本当のこととなって現れてくるようになってしまいます。あなた方がその文化の中で、交換や取引をするためにお金をまだ使っているうちに、地球が五次元にある最終的な居場所へと進んでいくにつれて再調整,再編成も展開し続けていくため、お金を使うこともまったく違ったように感じるようになっていくでしょう。あなた方はこのような交換のスケールに驚愕することになるでしょう!

手放しは典型的に優美なことです。ドアを自分で開けることで新しいものが入ってきます。ですからご自分自身の生活でこの可能性をデモンストレーションしてください。また、内側でのゲームの影響力も実感してください。水平に動くエネルギーは何であろうと古いエネルギーをしています。答えのためやクリエイトするために自分自身の外側を見ることは、位置的に見れば水平に動くからです。しかしこのシフト全体は、内側とのつながりとフォーカスにあるのです。それは、あなた方がご自分の体で地球に定着させることになるものです。

そこに『在る』ことを選び、ご自分が今まさにいるところを忠実に受け容れている人~あなたでいてください。あなた方はまったくの美であり、たった今まさにここにいるあなた方という存在のまさにその特性は、ピュアで,パーフェクトで,この上なく整列していて,インスパイアされています。この『内側でわかっていること』と、深い自己認識でもって、あなた方は急上昇していくことでしょう。

あなた方は、まったく新しい方法でエネルギー的にマージすること,在ること,共にいること,集まること,増幅すること,反射すること,吸収すること,輝くこと,振りまくこと,伝えること,そして受け取ることさえをも学んでいくことになります。与えるとか見せるといった古い地球のエネルギーは新しい地球の中で、紛いなき本物で,意識的に選び,創造する~愛と光のチャンネルといった側面に変容します。

生き生きとしたオープンなチャンネルとして、ソースを利用して自由に流れているご自分自身を経験することで、あなた方が与えるものは、あなた方を流れるエネルギーを集中させるという形を取るようになります。あなた方はまるで光のレンズのようです! あなた方のフォーカスには、あなたという存在,エネルギー,そしてあなたの創造のトーンが持つ特性が明らかに見て取れます。神のタイミングがあなた方と整列した時、時間と空間~すべてが絶対的に調和され、あなた方は動くようインスパイアされてそれを選ぶため、あなた方はまったく自由に存在しています。言葉の持つ限界を通して伝えられるよりも経験を通して知るミステリアスでシンプルな何かがそこにあるでしょう。

この新しい時空のホームにいるご自分と出会うことで、静寂に存在してワンネスへと意識的に溶け込んでいくことが、あなた方にとって、もっともっと馴染みのあることになっていくでしょう。そしてあなた方が、新しいホームベースの次元のそうした新しい側面に順応し始めることで、あなた方はインスパイアされて、共同創造~人類の可能性や開化を思い描き、拡大させて、地球上にもっと大きな完全性をもたらすことを本当に始めていくようになるでしょう。天ではそれを大いに期待しています!

この新しい地球に現れ出ることあるいは完全に飛び乗ることは、まだ先のことになります。されるべき調整がたくさんありますし、それらの調整はできる限り優雅に徐々にされることが理想的だからです。そしてそうすることが、すべてを最速かつ最大に取り込むことを可能にするからです。

親愛なる者たちよ。『内側でわかっていること』の蓋を外して輝きださせてください。新しい地球の居住者たちが上がる時が来ているのです!

結局のところ、何が起きているのかについてまだ定かではない人たちは、自分の道を見つけ出さねばならなくなります。けれども、あなた方がしたことをするのに何年も何十年も掛かったりはしないでしょう。古い地球が崩壊している結果として起きている出来事は、もっと短周期で起きてきています。こうした急激な変化の結果として感じられている「ものごとがスピードアップしていて厳しくなっている」という感覚は、消え行きつつある三次元的な地球にまだ、いついて,しがみついている人たちにとってチャレンジングなものでしょう。

安らいでいてください。愛であってください。あなたであってください。
計り知れぬ愛をこめて
私たちはNaeshiraの愛に満ちたハートを通して、創造の記録からお話をしています。


この著作権はメレディス・マーフィー(Meredith Murphy),『Expect Wonderful』&『Modern Paradise Publications』(http://www.expectwonderful.com)が有します。 これを営利的な目的のために使用してはなりません。また、この文献を編集,改ざん等することも禁じます。あなたは著作者を敬うべきです。次の条件を守っていれば、これをシェアしたり,コピーしたり,表示させたりしても構いません。- どんな利用,配布であっても、この文献の利用許可条件を他者に対して明らかにしなければなりません。著作権所有者の許可を得れば、条件が撤回されることもありますが、他の使用目的で使われる場合はどんな場合でも著者の許可を得なければなりません。


http://spiritlibrary.com/expect-wonderful/residents-of-the-new-earth-arise

-Jueuxさん訳

*  *  *

2011/3/11(金)曇り時々雪



今、せっかく、”生まれ変わる”機会が待ってるようなので、HPもなんか新しくしたい気分で、いろいろ調べてる。以前作ったときを思い出しながらだけど、けっこう忘れていて、悩みながら。けど、やらなきゃ進まない。
でも、それなりに経過を楽しんでる。素材を見てるだけで一日もあっという間。

-3/9(水)

この日は第9サイクルの日だったね。
そういえば、この日ってなんか、行く先々で声をかけられ、気持ちがとても温まるような日だったことを思い出した。外は雪が降ってたけどね。
なんか買い物してもサービスしてくれたり。(笑)

書類を提出するために、バイト先に向かう。
スタッフの人たちは、みんなニコニコしてて感じがいい。制服のクツのサイズもぴったり。
ここではタイムカードではなくて”指紋認証”で管理されてた。始めて登録したよ。

その帰りに、あるデパートへ寄った。私の若い時代は唯一のファッションビルという感じだったけど、今はどうなのかと思って。
すると、ふっとあるお店に「ん??宇宙???」と目が止まったけど、すでにエスカレーターで階下に向かっていたので再度上りへ。そのお店はブリザードフラワーのお店なのに、なぜか宇宙の写真が展示してあった。よく見ると、”旭川在住”の天体の写真家たちのだった。
アンドロメダ銀河、スバルなど、数は少ないけど”銀河””宇宙”に意識を向けられる日だった。
そこの店員さんも、一緒に見ながら話をした。北海道の秋の天の川には、肉眼では見えるかどうか知らないけど、
アンドロメダ銀河が見える位置にくるらしい。

耳が冷たいので、毛のついた”耳あて?”を買った。もう安くなってた。耳が温かくなった。(笑)

数字のゾロ目は「1111」「777」「888」「3」

新しいHPの無料テンプレート、ようやく最後に、「ピンっ!!@@」と来たのがあったので、まずはこれで試そうと思う。
以前なら、絶対に使わないような色で”マゼンタ”だけど、なぜか惹かれる。(キレイだよ)
でも、形なども使いやすそう。

□ 前夜の瞑想ワーク

手のひらにエネルギーが強く感じる。形というより、なんだろ広がって、大きく感じた。


-3/10(木)

こちらに来て、出かけるたびに、数字のゾロ目を目にする。
この日は、「1212」「5555」「55」「77」「888」など。

こちらの天気は、コロコロ変わる。晴れてると思えば吹雪になったり。

帰ってきてからはHPに悩む、、、。汗
昔のリフレクソロジーの資料も見てみるけど、使えるものがあるのか。
先日IEを新しいのにダウンロードしたせいか?イラストレーターが使えないぞ。(関係あるの?)。

ま、いろいろやってみるしかないな。yohamに頼んでいるけれどっ。

ふっと、前日のHPテンプレートの”色”の意味をオーラソーマで調べてみる。
どうも、あの出会い(テンプレート)は、ちょっと気になった。

「そうか~!すごいーyoham。ありがとう。」

MAGENTA[マセンタ/マゼンダ/マジェンタ]
意味:神聖なる愛

マゼンタ、ディープマゼンダと色の濃さが違うボトルがあるようだ。
クリアーとディープマゼンダのボトルは、”大天使メタトロン”だし。

【参考】
オーラソーマ総合情報サイト・ブログから
http://www.aura-soma.co.jp/weblog/log/eid54.html

ディープマゼンタは、ゲーテが、「見えざる色」として定義したように、すべての色を潜在的に含んでいる色というふうにオーラソーマでも考えられています。

サトルアナトミーでいえば、マゼンタはソウルスターに位置し、ブループリント、つまりこれからの人生のすべての青写真を含んでいるとされています。
その青写真は、ゴールドのインカーネショナルスターへと降りてきて、個性化のプロセスの中でその人のこの人生での運命となり、レッドのアーススターでグランディングし、実際に生活の中に実現していくことになります。

チャクラマンとカラーローズを比べてみると面白いのですが、チャクラマンでは、マゼンタはバイオレットの上の色、頭の上の第8のチャクラに位置しています。

そしてレッドは足の位置にあります。
http://aura-soma.co.jp/intro/subtleanatomy.html

それなのに、カラーローズでは、マゼンタはレッドとバイオレットの中間にあります。
http://aura-soma.co.jp/intro/color_language/

つまり、ここからわかるのは、マゼンタは、そのバイオレットとレッドのギャップのすべての色を、見えざる色でつないでいるのですね。

その見えざる色から、これらのレインボーのすべての色が生まれてくる、とも言えます。

宇宙にはブックホールとホワイトホールがあるといいます。

ブラックホールに吸い込まれたすべてのものが、ホワイトホールから出てくる、という理論です。

例えてみれば、マゼンタはブラックホールで、すべての色が潜在的な可能性としてある状態がマゼンタといえるのかもしれません。

そしてホワイトホールはそこから出てきたクリヤーな光。

ニュートンのプリズム実験にあるように、クリヤーで透明な太陽光線をプリズムに当てると、レッドからバイオレットの虹色が表れます。

そしてそれらの虹色をプリズムに通すと、再び白い光線に戻ります。

イメージ的には、ディープマゼンタとクリヤーとの違いは、そういう違いになるかと思います。



他にも、”自分にシフトする””自己愛””人類への奉仕”とか、意味合いもあるようだ。

何より、いろんな色を含むのがいい。

それぞれの”個性”が輝いていけるように、本当の自分を見つけられるように。

結局、アセンションの道って、それだけのことだしね。それを少しでも天界からのサポートを借りながら(錬金術の意味のように、手を取り合って)、サポートさせてもらう。ということなので、サロン名も悩んだ結果”MAGENTA(マジェンタ)”にしようと思って。

”神聖な愛”をどんどん天(宇宙)→地上(地球)→天(宇宙)へと循環させるー。(単純。)

なんか、この色、、、yohamはもちろんだけど、ジャーちゃんの色も多く含んでいて。「なんだかな~。」ジャーちゃんも絡んでるでしょー。って感じ。(笑)一緒に決めてくれたのかな?「手伝ってー!!」って言ってたしね。(笑) 

前は、ミカエルでね、どうしてもブルーに目がいってしまったけれど。(笑)

HP作り、所詮、初心者なのでこだわりようもないけれど、たかがテンプレート、、、されど、テンプレート、色の意味、、、。

「へ~~~っ」だけど、yohamはそんなこともどうでもいいんだろうけど。私が喜ぶからか?
まあ、どっちだっていいや。楽しくできるほうが、いいもんね。

これも”流れ”というもの。自分でやろうと頑張りすぎず、委ねて、ハートの反応みながら進める。


□ 前夜の瞑想ワーク

前日同様手のひらにエネルギーが強く感じる。重みがある。手のひらの熱く感じる。冷えは殆どなくエネルギーを感じて鳥肌は立つ。全身に回す。ビリビリ感を頭で感じるように依頼するけど、あいかわらず、感じないまま終わる。

さて、今日も作業を続けよう。
明日は、時間は短いけど、初出勤(バイト)!!

2011/3/12()晴れ



とうとう、2011/3/11(金)に、日本でも”大建て替え”が始まりましたね。

それぞれの土地において災害が相次ぐ中で、平静を保つことが難しい場合もあるかも知れませんが、極力、”今、何が起きているのか”に立ち返りながら、少しでも多くの方が”希望”を持てることを祈ってます。


私の今住んでいる場所は幸い、地震は殆どない土地ですが、それでも揺れを感じました。
内陸なので津波の影響も全くないところですので、街はいつもと変わらぬ様子ですね。

ただ、今日、仕事始めでしたが、”指紋認証”のシステムは、東京と繋がっているため、機能されていなかった。

まだまだ、予断の許さない状況かも知れませんけども、人類の多くが目覚めていく過程として必要なことが起こっている事を知っていること、意識していることが求められているかも知れません。

3/11の朝から、頭がボーとして少し痛みを感じました。膨張している感じで、久しぶりに頭蓋骨の調整なのか、寝不足からなのか?と疑問でしたが、そう感じたあとに、地震が起きました。

最初は、その延長で”めまい”が起きてるのかと思ったけれど、コードなどが揺れていたので”地震”だと分かりました。

今日も、ジャーちゃんと話しましたが、今回の地震について、などなど。
(ちょっと昨夜の内容と、今日のが混ざってるかも。汗)

  
【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「何か、光を送ることなど出来ることはあるのだろうか?(災害地について)」

J:「とくに集団で行う必要もない。自然に意識が向いたところに、”創造”する。 それも”現象”として受け入れて流していくこと。」”創造”=将来の輝ける姿。状態という感じかな?


Gちゃんと話しの流れで、話が変わるけど、、、。

「ねー、時々、”努力”と、”執着”の境がわからないようなときがあるよ。」

J:「努力とは、経験。知ること。 執着は囚われること。流れを止めてしまうこと。」

G・私:「なるほど~~~!!これっって、場合によるけど、分からなくなるときがあるんだよねー。」

J:「仕事とか、目の前にあることを淡々とやっていくことが”努力”。」

G・私:「そうだよねーー。」



話が前後しちゃうけど、昨夜も、新しいHPのことなどを確認したら、昨日のブログに書いたけど、新しいテンプレートは、やっぱりジャーちゃんのお見立てだったようだ(私の作れる範囲で)。マゼンタ色~。(笑)ナカナカ進まないけど、手伝ってもらいながらやっていくさ。


「なんか、頭の辺りがおかしいのはガイアを感じているから?」

G:「そうみたい。ガイアを感じている。ガイアを意識しててください。周りの意識を感じていてください。だって。」

「今後、さらにガイアを感じるようになっていく?」

G:「うん。もっと感じるようになっていくみたいだわ。」

「そうだよね、、、でも感じるのって結構、きついんだけどね。」

「あとね、ワークについては、最近は意識しようとしてもすぐに忘れちゃったり。瞑想のときも、錬金術というか、エネルギーを強く感じている感覚。そんなんでいいのかな?今の状態について教えて?」

J:「そのままでいいです。判断するのを止めて流す。無意識の時に出来るようになっていくからいい。」

「わかったー。」

「そうだ、この前に、DVDを見ようとしたら止めてたでしょ?もう周りからの影響なんてしないんじゃないの?やっぱ。オーラとかに影響したりするの?」

J:「影響しないものはない。ただ、瞬時に流すが、留める時間が長いかのこと。」

「そういうことか。段々影響しなくなるって、瞬時に流せるのかどうか。の問題だったんだ。」

「肉体があるうちは、仕方がないんだね。」

J:「肉体のあるなしは、関係ない。我々も、同じですよ。そうじゃなきゃ、私たちは、あなたたちを感じることが出来ないでしょ?」

「あっ、そうか。(笑)そういうことなのか。」

「ときどき、”感じている”と思ったことが、マインドだったり、マインドだと思っていることが、”感じる”だったり、これもたまに分からないときがあるよ。」

J:「マインドは、物事を整理するには必要なもの。”マインド”と”感じる”ことは、うまく使い分けること。」

「ピーって線を引けるといいんだけどねっ(笑)けど、微妙なときがあるのさ。だから、こうしてジャーちゃんに確認すると、わかるんだよ。」

G:「線は引けない。だってー。」

「そりゃ、引けないだろうけど。(笑)でも、そういう時もあるよね。って話。」

G:「ある、あるー。」


など、、、こんな感じだったかな?


□CNN情報

☆ 津波の影響でカリフォルニア州でも非常事態宣言
(CNN) 東北地方太平洋沖地震により発生した津波が米国にも被害をもたらしている。カリフォルニア州のブラウン知事は11日、津波の影響でインフラや市民の安全が脅かされているとして、沿岸のデルノルテ、フンボルト、サンマテオ、サンタクルーズの4郡に非常事態宣言を発令した。

一方、デルノルテ郡で11日、津波の写真を撮ろうとして沖に流された25歳の男性が死亡したと伝えられている。男性は2人の友人とともに津波警報が出ていたビーチに出かけた。3人とも流されたが、2人の友人は自力で岸に戻ったという。その後、沿岸警備隊がヘリによる捜索を行ったが、5時間後に男性の死亡が宣告された。

米国の中でも津波の影響が大きかったのはカリフォルニア州とハワイ州の2州だ。

カリフォルニア州クレセントシティでは、津波が少なくとも3回発生し、そのうち1回は高さが約2.5メートルに達した。オレゴン州との州境近くの商業漁業センターでは、波止場や港に停泊していた約35隻の漁船が被害を受けた。沿岸警備隊によると、カリフォルニア州の港は再開されたが、石油や危険物の輸送は中断されているという。

ハワイのオアフ島でも11日、ケエヒ・ラグーン・ビーチで約200隻の船が被害受けた。マウイ島でもマアラエア港で2隻の船が沈没し、そのうち1隻は転覆した。ただ、カウアイ島では大きな被害は報告されていないという。11日遅く、津波警報が注意報に引き下げられたのを受け、ホノルルのピーター・カーライル市長はオアフ島の住民に向け「安全宣言」を出した。


☆ オバマ米大統領、日本への全面支援を表明

*  *  *

それと、、、

これまでも、たまにブログで書いてきたことだけど、【ツインフレームについて】を近いうちに少しまとめようと思っている。
まだ、多くの方が求めて(正確な情報も含めて)いることを感じるので、ジャーちゃんに確認したことと、転載のメッセージを合わせて、まとめようと思っています。(そんなに長くはならないだろうけど。)

あー、今日は、たった4時間の労働だったのに、足もパンパン。腰にもシップを貼ったよ。
でも、ある意味”無の境地”になるねー。スピリチュアルも忘れるっ。(笑)

職場の人たちは、とてもいい感じ。アットホームな感じで、ありがたかった!

今日も、感謝!

2011/3/13(日)晴れ


今日は、暖かかった。

昨日、足をマッサージしたせいか、朝起きると随分を肉体は回復していた。(バイトの疲れ)
出勤前に、仕事の時間は短く、他の時間は長くと時間の長さを意図すると、本当に違いを感じた。

HPで、無料のサーバーでやってみたが、どうも不具合が生じるので、Gちゃんに相談するため、skype話したら、またyohamのときとは違うノイズだった。
ふっと、アンドロメダからのように感じたのでGちゃんに聞いてもらうと、

【アンドロメダ銀河】byGraceさん

G:「やっぱり遠いけど、とにかく”感じて”くださいって感じだよー。」

「瞑想のときは、アンドロメダも意識していたんだけどね~汗。何かメッセージあるのかな?」

A:「いつでも、メッセージを送っています。”感じて”ください。」

「どう感じていいかわからんよー。ビリビリ感も、頭までこないしー。汗」

とにかく、Gちゃんと二人で深呼吸して拡大してみた。
取り合えず、拡大はできて繋がってはいたようだけど、瞑想のときとは違って集中するのは難しい。汗
Gちゃんは、頭が、膨張している感じでエネルギーが入っていたようだけど。私はわからなかった。


「ちゃんと拡大は出来てる?」

G:「うん、出来てるみたいだよ。」

G:「なんかね、クラウンチャクラから、エネルギーを受け取って全身に回すみたい。ハートまででもいいかも知れない。」

「じゃー、あとから瞑想するから、それでもいい?」
※正直、HPのことで、頭がいっぱい。汗

G:「うん、いいって。」

気持ちが通じているのか、、、

A:「時間のあるときでいいので、”感じる”練習をしてください。」

「わかった~。汗」


私は、”宇宙斑”と”地球斑”と掛け持ち組みだけど、やっぱりバランスが”地球”のほうへ傾きすぎてるのかも知れないな~。と後から思った。確かに、そうなんだけどさ。
私だって”メッセージ”を早く受け取れるようになりたいよ~。

ときどきアンドロメダ銀河にも意識は向けるけど、ちょー短時間で、感じる暇なく忘れてしまうからかも知れない。

ジャーちゃんは、最近のワークについては、もう”無意識”で出来るようになっていく。って感じだから、自然にまかす感じでいいのかな~と思っている矢先だったから、「あら?やっぱ、こっちも大切かな?続けたほうがいいかな?」と、、、。でも、執着することでもなく、やりたい時に、余裕あるときに続けていこうかな。って思って、”あるがまま”でいるために。

さっそく、今日はいつものパターン(寝る前の瞑想)ではなく、夕方に、瞑想してみた。
すると、ややしばらくしたら、いつものように鳥肌になって”感じている”状態になり、久しぶりに”冷え”を少し感じた。手が冷た~くなってきて、寒くて30分~40分くらいで?終了した。

ちょっと寝る前にもやってみようかな?

HPのほうは、無料のほうをやめて、今までのやり方の方向でうまくいきそうだ。
なんとかなるだろう。


□ 世界からの賛辞

今日、yahooニュースなどで、今、世界が日本をどう見ているのか。ということで、目に飛び込んできたニュースがあった。

確かに、今、”地獄”のように感じている方々にお見舞いの気持ちと、また、違う意味で、沸々とハートから湧き上がる想いに気づく。

”日本民族”は、過去と同様、それ以上に、きっと、素晴らしい復興を成し遂げるだろう。どんなことにも負けない底力がある。と。

とにかく、普段”あたりまえ”にあったものが、無くなってしまったり使えないことは、とにかく試練としか言いようもないけれど、とにかく励ましの言葉を送ることしか出来ない。

そんな事を感じていたところ、想像していなかったような各国の反響があることを知った。

まず、下記の記事を読んで、「中国で?」とビックリした。

☆msn経済ニュースから
→中国、日本人の冷静さを絶賛 「マナー世界一」の声も
地震多発国で東日本大震災への関心が高い中国では12日、非常事態にもかかわらず日本人は「冷静で礼儀正しい」と絶賛する声がインターネットの書き込みなどに相次いでいる。短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。

 「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。

 この「つぶやき」は7万回以上も転載。「中国は50年後でも実現できない」「とても感動的」「われわれも学ぶべきだ」との反響の声があふれた。大震災を1面で報じた12日付の中国紙、環球時報も「日本人の冷静さに世界が感心」との見出しで報じた。(共同)


☆ yahooニュースから
→<中国人が見た日本>改めて証明された日本人の民度の高さ、世界の人々に印象残す―中国
11日、マグニチュード(M)8.8という超大型地震が発生した。日本観測史上最大の規模だ。この空前の規模の地震に被災地は壊滅的な打撃を受け、ゼロからの復興を余儀なくされている。しかし、天災が起きた最初の瞬間から日本の政府、民間人が見せた冷静で秩序だった行動に、改めて日本の民度の高さを感じた。

その特長を列挙すれば以下のような点が挙げられる。「地震後もパニックはなく治安はよかった」「メディアはプロフェッショナルで不安を煽るようなことはなかった」「手抜き工事が原因の被害は伝えられていない」「政府の危機対処は落ち着いている」「情報を公開し、外国の救援隊を拒むこともない」。日本人が見せた民度の高さと災害への対応能力。世界に与えた印象はとても強いものとなった。(翻訳・編集/KT)


→<東日本大震災>「不屈の日本」…米紙称賛
【北米総局】東日本大震災を受け、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、「不屈の日本」と題する社説を掲載した。社説は地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが間違ってはいけない。日本の産業力は依然として偉大だ」と述べた。

 社説は「1億2600万人以上が住む島国が、(大規模)地震にいかに持ちこたえたかについて言及せざるを得ない」としたうえで、日本が100年以上にわたり「建物の耐震化をしてきた」と指摘。「今回の地震で高いビルは持ちこたえたようだ」と分析した。

 93年完成の横浜ランドマークタワーに触れ「高さ971フィート(約296メートル)は地震大国では驚異的。最先端の建築工学を駆使できる技術と富があって初めて可能になった」と評価。また07年導入の緊急地震速報を「世界最先端の技術」と紹介し、11日の地震発生時にも「高い評価を得た」とたたえた。

 また米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、阪神大震災当時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏の「日本へのお悔やみ、そして称賛」と題するコラムを掲載、日本人の精神力の強さをたたえ、復興に向けてエールを送った。

 クリストフ氏は、阪神大震災時の取材で、崩壊した商店街で略奪がほとんどなかったことや、支援物資の奪い合いが生じなかった事例を紹介。「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、秩序は実に高潔だった」と説明し、「今後、それらが示されるだろう」と期待を寄せた。


→東日本大震災 英紙「がんばれ東北」…日本語見出し
【ロンドン笠原敏彦】東日本大震災を受け、英日曜紙「インディペンデント・オン・サンデー」は13日、1面に日の丸のデザインとともに、日本語で「がんばれ、日本。がんばれ、東北」と見出しを掲げた。同紙は1面から7面までを震災報道に割いている。また米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、「不屈の日本」と題する社説を掲載した。

 社説は地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが間違ってはいけない。日本の産業力は依然として偉大だ」と述べた。

 社説は日本が100年以上「建物の耐震化をしてきた」と指摘。「今回の地震で高いビルは持ちこたえたようだ」と分析した。93年完成の横浜ランドマークタワーに触れ「その高さは地震大国では驚異的。最先端の建築工学を駆使できる技術と富があって初めて可能」と評価。07年導入の緊急地震速報を「世界最先端の技術」と紹介した。

 また米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、阪神大震災当時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏の「日本へのお悔やみ、そして称賛」と題するコラムを掲載、日本人の精神力の強さをたたえた。

 同氏は、阪神大震災時の取材で、崩壊した商店街で略奪がほとんどなかったことや、支援物資の奪い合いが生じなかった事例を紹介。「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、秩序は実に高潔だった」と説明し、「今後、それらが示されるだろう」と期待を寄せた。


なんだか、このような事が起こっていることが、ハートに灯火を感じる。
中国も含め、今、各国から救援の申し出があり、それを受け入れて、一人では生きていけないこと、孤立した国ではやっていけないことなど、これまでよりも多くのことを感じて人々は、これまで以上”目覚めて”いくんだろうね。

”日本”という国が、これまでと違った意識で世界から認識されていくのだろうか。
こうして”意識”というのは、変化していくのだろうか。と感じた日だった。それも、ありがたいこと。

世界が、早く”ひとつ”になっていけたらいいな。

そんなことを感じた日だった。

私自身は、全体(今の日本に対して)をバランスのとてた状態で保たれている。

私は、災害にあった場所を始め、新しく生まれ変わる日本、また地球を創造する。
とてもステキに!!

2011/3/14(月)雨のち雪


*  *  *

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載です。(3/12up分)


自然災害について ~アセンデットマスター
On Natural Disasters

12 March 2011 - 9:22am
イナラ経由
Channeler: Inara


ニュージーランド、そして今回の日本の地震は、ガイアがその拘束と束縛を振り落とし、そのエネルギーを引き上げているため、物事のあり方における自然な成り行きです。

人類が直面している災害は、可能な場所においては最小化されていますが、それにもかかわらず今後更に数多くの生涯の中で確認しなかったような規模で、多くの人命の喪失や苦悩が引き起こされることになるでしょう。

内部で築き上げられている圧力を解放しなければ、ガイアはその優位性を確立することはできません。

愛する存在や友人を失った人々を思うとわたし達のこころは血の涙を流し、わたし達の愛は必要としている人々に向かいます。

ガイアは何千年もの間ガイアを隷属させてきた否定性の覆いを振い落しているため、他により大規模な災害が他の場所で起ることになるでしょう。

光を維持し、生存している人々のためにこの世界がより良い場所になるように、冷静に落ち着いて対応してください。

今回のような状況は、皆さんの信念と皆さん自身の価値観、そして皆さんが大切にしているすべてのものに対する試練の時です。

この最近の災害によって被害を受けた人々に支援し援助物資を提供するというわたし達の意志に対して疑念を持たないでください。

それにもかかわらず、わたし達はガイアが生き残るために、こうした災害が起こることを止めることができません。

わたし達ができることは、その環境を軽減して、解放が起る時により少量の被害で済む地域に災害を引き起こすようにすることだけです。

たとえば、もしもこの圧力が数百キロ南で解放されていたとすれば、東京とその非常に多くの住民は直接的な被害の対象になり、壊滅的な被害を受けていたでしょう。

地球のためのこの試練の時と地球の居住者達は、地球のすべての居住者達、動物、植物、あるいは人類の向上のために人類が協力して一体となって働く機会を提供することになるでしょう。

何故なら、それぞれの存在が、自分達の存在性の器量を見付け出すためにその真価が問われるようになるからです。

いつものように、皆さんの解決策が役立たない場合にはわたし達の支援を求めてください。

わたし達は皆さん自身の平和と調和を見付け出すために、必ず皆さんが内面に向かうための支援を行うでしょう。


© Inara - this channeled message maybe copied freely as long as the wording is not changed or altered in anyway and credit is given to this channel.

http://lightworkers.org/channeling/126780/natural-disasters


翻訳:森のくまさま

*  *  *

【転載】統一意識の波 ~大天使メタトロン へ

☆本日↓2011/3/14(月)の始めはこちらから。
【転載】自然災害について ~アセンデットマスター


*  *  *

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載です。(本日up分)


大天使メタトロン
Archangel Metatron
統一意識の波
The Unity Consciousness Wave

10 March 2011 - 6:00am
through beth trutwin 3.9.11
エリザベス・トラットウィン経由
Channeler: Beth Trutwin



こんにちは、わたしは主メタトロン。
Greetings. This is Lord Metatron.

わたしは今日、統一の波の初日のこの放送に参加している皆さんを歓迎したいと思います。
今は、巨大な変化という素晴らしい時です。

今日、わたし達はソルテックの母船フェニックス上に存在していました。

わたし達は主アシュタル、マザー・セクメト、父アルコーン、そして天の川銀河の総裁、主サルビントンと合流しました。

銀河系間世界連合の他の存在達もまたその場にいました。わたし達は射手座の26度の銀河系の中心で会いました。
この会合の目的は、統一意識の波を開始するためのエネルギーに伴に参加することでした。わたし達創造の神々は、地球を5次元に設定し直すためにエネルギーを移動させました。

マヤ暦の伝統に準拠した‘宇宙の隠された世界’、これはクマラ達が考案したものであり、インドのマヤハンから南米のマヤ一族に手渡されたものですが、ここには100次元以下に位置しているあらゆる次元世界が存在しています。

この出来事は、過去の戦時の間にマヤの人々が南西部地方に移住した時に起りました。

わたし達は今、次元移行の波に乗っていて、この波が統一意識の状態になっていないすべての存在達を、ひとつの次元から別の次元へ移行させることになります。

これは、生きとし生けるもの、すべての細胞生物、受肉しているすべての魂達が、統一意識を受け入れて自分達の物性を5次元の地球に投影するか、あるいは彼らが自分達の物性をより低次の次元に存在している明らかに同質の地球に投影するか、どちらかを選択するようになることを意味しています。

わたし達が地球の力場を固定させてそれをより高い次元に引き上げる時、それは瞬時に変化することになるでしょう。

3次元に存在した状態から次は瞬時にゼロポイントに存在するようになるでしょう。


この力場は、新しいエルサレムの架け橋から司令官アシュタルによって開始されます。
今日、わたし達はすべての伝達を任されている艦長ソルテック、そして銀河系の中心の門衛の主サルビントンと伴にフェニックス号に存在していました。

わたし達は今日、母船フェニックスから律動的に放出されている宇宙エネルギーの光線の使用を開始しました。

これが3次元の地球の時系列を移行させることになるでしょう。

そのため3次元の地球は5次元の地球から離れることができるようになります。

3次元の地球における事象の時系列は、二元性の中での学習を続けることを選択したすべての非犯罪者達で継続されるようになるでしょう。

統一意識を選択した人々は、滑らかに5次元の地球を続けることになるでしょう。

宇宙エネルギーが皆さんの物質的な身体に影響を及ぼすようになるでしょう。また宇宙エネルギーは現在地球や銀河系のすべての天体に影響を及ぼしています。

これはエーテル質のオクターブを引き上げるための調整です。

皆さんはそこで振動し、それが皆さんの姿、物質的およびエーテル質を投影する場所を制御するものになります。
低次の振動に属する人々は3次元の地球に留まる以外の選択肢はなく、より高い振動に順応してきた人々は、統一意識を備えた5次元の地球に属する新しい‘宇宙の隠された世界’に向けて進化することになるでしょう。

マヤ暦はひとつの写本です。

すべての生命のための宇宙の神聖なる青写真、基本計画です。物質宇宙内の姿態は光と音で創り出されていて、それが結合する時、力になります。この宇宙エネルギーがすべての生命を生かしています。

今日、銀河連邦により母船フェニックスから開始された統一意識の波は、新しい9種類のエネルギーを律動的に送っています。

そのパルス計数はメトロノームが一定の速度を保つように測定されます。

わたし達が13×20のパルスを数える時、わたし達はその時代から離れて行きます。

今日現在、宇宙のパルスは9×9のパターンで入ってきています。完了を表しています。それは5次元の地球上のすべての生命の基盤になります。生命体はこの9×9のパルスを基準として、5次元に存在します。

このパルスは銀河のすべての雰囲気を変化させてきました。

銀河と惑星のスターゲートは、新しいエネルギーの符号に再設定されるでしょう。

5次元の振動より遅い速度で振動しているものは、天の川銀河の宇宙の符号を超えることはできないでしょう。地球が12次元に進化する時、同じ過程がふたたび起るでしょう。

今日開始された新しい宇宙エネルギーを表現するために、川に掛かっている水車を想像してください。

ひとつ水掻きが水車を回転させ、水面下に潜るたびに、水面上で確認できるエネルギー波を律動的に送っています。

その波動は終わることのない次元分裂図形の中で律動的に送り出されています。

こうした次元分裂図形には100次元からの光と音の周波数パターンが含まれていて、5次元の地球に降下しています。

5次元の地球は今、ガイア、ヴァイワムスを5次元に向かけてより高い状態に引き上げています。

今だけはそれが可能になっています。

マヤ暦はひとつの符号化されたメッセージになっていて、遥かな昔に地球を訪れた初代のクマラ達によって、壮大なる実験の終了時に戻る道筋を明らかにするために残されたものです。

帰る方法はいつでも認識されていました。

その計画は、地球の最終的な戦争期の最後の破壊以降、いつも環境が整っていました。

どのような環境下でどのようにそれを終わらせるかについての計画は、それを創り出した人々によって合意されていました。

それに対する科学が存在し、それは愛という基礎部分のなかで機能しています。
こうした創造主達が今日、今終りを迎えているこの時系列上の時の中の際立った日に、伴に過ごしました。

100次元からの神聖なる歓喜の愛を律動的に放出するために、創造主達は自分達のエネルギーを伴に結合しました。

その次元は、不滅の次元分裂図形の中で、エネルギーが周期性を持って律動的に放出されていて、それが5次元の地球を創り出しています。

このエネルギーは地球上に受肉した魂達の身体を通して交信されています。

彼らは数百万年の間そのマトリクス内に暮らしていて、今回の出来事のためにその場所に入植させられていました。

彼らは100次元から放出されているエネルギーを、地球の中心核に運んでいました。皆さんはこのエネルギーを感じてきました。

このエネルギーはこの世界の隅々で耳にされている自由を求める叫びを大幅に支援することになるでしょう。

数多くの皆さんが入り混じった感情、身体的な倦怠感、技術的及び機械的な障害とそれと並行する遅延を経験しています。

今はもう引き返すことができません。

皆さんはこうした状況や、宇宙の鼓動の影響を確認することになるでしょう。その影響は、わたし達がゼロポイントの無時間に入る瞬間まで決して終わることはないでしょう。

地球の古い表現を借りると、今がその時です。

光の姉妹や兄弟達、それでは。皆さんは測りきれないほど愛されていて、皆さんは決して独りではありません。


わたしはメタトロン。


www.GalacticRoundTable.com, www.GalacticRoundTable.in,
www.GalacticRoundTable.jp, www.GalacticRoundTable.cn, www.CosmicAscension.com

http://www.galacticroundtable.com/profiles/blogs/metatron-on-the-unity
http://lightworkers.org/channeling/126579/metatron-unity-consciousness-wave-through-beth-trutwin-wwwgacticroundtablecom-3911


翻訳:森のくまさま

*  *  *

このメッセージ、、、。
なんとなく、”アンドロメダ銀河”からのコンタクトや、ずっと”瞑想ワーク”で宇宙のエネルギーを感じてきたことと重なっているように感じたなー。

今日は、バイトの帰りに家庭裁判所に寄って、氏の変更を申請してきた。手続きが完了するまでには、早くても1ヵ月半はかかりそう。

さて、明日は休み。ふー。

今日も感謝!

2011/3/15(火)曇り


*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより

「今日の天使からのメッセージ」

チャネラー: Ann Albers 2011年3月14日
http://lightworkers.org/channeling/126941/todays-angel-message

日本での荒廃な状態を目の当たりにする時、スピリットは全ての中にある、ということを覚えていてください。あなたの地球上で起こる一見残酷に見える事も、実際にはあなたの惑星と人類のハートを満たす愛の津波のようなものです。
親愛なる人よ、自分のハートを使い、感情の津波が貴方を飲み込むことを許してみてください。自分の中にある全ての不安定な部分、リアルでない部分、真正でない部分、それら全てを流し去ることを許します。
そうすると、貴方はこの惑星を流そうとしているエネルギーの波に乗ることができます。貴方はどこで“溶融”しているように感じるでしょうか?貴方がそこに愛を注ぐ事により、惑星のより大きな溶融を回避する手助けができます。

親愛なる人よ、私たちには災害も悲劇も見えません。
代わりに見えるのは、魂が素晴らしいセレブレーションの中で流れ込むように本来の場所へと戻っていく姿です。
貴方が魂をなくしたら、私たちが探します。
最近の地震と津波の時のように多くの人が同時に推移する際、これらの魂は天国で家族・友人・愛する人たちとガイドに出会い、最大なるセレブレーションがあることを約束します。
愛しい人よ、私たちの側には悲しみはありません。でも、地球上の悲しみは理解することができ、私たちは貴方にやすらぎを与えるべくそこにいます。
このような事柄が起きると、貴方は仲間のことを思い、愛を感じられずにはいられないのです。
多くの人が自分に何ができるだろうかと考えます。

静かに、時間をおいて、神に貴方の役割が何であるか問いかけてみてください。

何人かの人はお金や資源を分け合うことが仕事となるかも知れません。
与えることは喜びであることを感じるでしょう。
また何人かの人は、祈りをする役割を与えられるでしょう。
他の人は、待つように言われるかも知れません - するべき事は後でやってきます。
希望に満ちて楽しい人生を送ることで、地球上の平和のバイブレーションをシンプルに保つ役割を与えられる人もいます。

神は知っています。この惑星の魂1つ1つが成長するにあたって何を必要としているか、そして誰が助けを必要としているかも。
自分のハートを信じてください。なぜなら神が指示を出すとき、貴方の与えるもの・貴方の静寂は喜びとなるからです。

貴方のことを、とても、とても愛しています。そして、貴方の地球と人類がもう一度生まれ変わる過程にある今、どうか大きな観点で物事を見るよう思い出してください。
新しい愛・人間の新しい協力レベル・自分の中にあるワンネスへの新しい敬意は、どの災害からも生まれます。なぜなら、誰もがハートの中で同じものを皆望んでいるからです。

God bless you, we love you so very much.
-- The angels
With much love,
Ann Albers


-Nadiさん訳

2011/3/16(水)晴れ



コメントは後ほど、、、。
とりあえず、転載メッセージを載せさせていただきますね。


【ホメオパス∞りゅうさんの日記】 からの転載です。


日本よ

 日本の民よ

 日出る国の民たちよ



 地震多き 原発多き 島国にて

 まるで龍神の背の上で暮らすかのごとき

 暮らしを選んだ勇気ある民たちよ

 



 見たこともない すさまじき 未曾有の試練を

 意識もしない魂の底で

 実は受け入れていたあなたたちよ

 あなたたちの 誇り高さを称えます

 大変な犠牲もありましたが 

 その者たちも 瞬時に光となり

 さらなる被害を食い止めようと全力で働いています


 まだ肉体ある あなたたちが

 そんなことで どうするのです


 恐怖の連鎖に飲み込まれてはなりません

 怖れや不安や緊張やパニックに便乗してはなりません


 あなたたちは なんのために

 今まで長い時間をかけて自分のことを癒して来たのですか

 沢山の内なる浄化を続けてきたのですか

 なんのために眠れる力を目覚めさせてきたのですか

 沢山の人に助けられて来たのですか

 集団の祈りの力を 信じれるようになってきていたのですか



 今 

 今のためであった

 それを感じるでしょう



 不吉な予言の奥を見なさい

 そうならないようにするために予言はある



 今こそ



 祈りなさい

 歌いなさい

 手をとりなさい

 力をあわせなさい


 政治的な大事な決断する人の意識に届くように

 ガレキの奥で助けを求めてる人を 
 誰かが偶然のごとく見えない力に導かれて見つけ出すように

 原子炉がなんとかもちこたえるように

 風向きが最も被害少なき方向へ流れるように

 救助しやすき天気になるように

 祈ることは山ほどあろうぞ


 
 地震前のあなたたちの俗っぽい悩み

 全て ぶっとんだであろう

 いつもと変わらぬ毎日 

 全て くつがえったであろう


 政治批判をしてきた者よ

 衣食住が今まであっただけでも なんとありがたき政策か

 電気のありがたさ

 ガスのありがたさ

 水のありがたさ

 屋根ある家のありがたさ

 身に染みたであろうぞ


 


 今 体調が悪い者よ

 誇りなさい

 あなたたちは自分の身体を使い

 被害の何兆分の一かでも

 身をていして

 引き受ける勇敢な者たちなり




 たった一日で

 全員が真実をみたな

 そう

 ほんとうに大事なのは 

 生きること 

 できれば大事な人たちと

 できれば少しでも多くの人たちと

 生きて笑えること 笑いあえること それだけだな


 
 連絡が滞ってた人に連絡をしたであろう

 大嫌いだった人の安否も気になったであろう


 そう あなたたちは 愛のかたまり

 いつだって ほんとは そうであった

 思い出して 

 あなたたちは

 自殺したい時であろうが

 誰かを殺したい時であろうが

 いつだって

 愛そのものであったことを

 
 

 日出る国の民よ

 あなたたちは集団覚醒した

 それぞれが

 微力であろうとも

 それが重なり合えば

 まばゆき光となりき

 強大な熱を持ち

 エネルギーとなり絶大なるパワーを放つ




 届かせよ


 できるだけ遠くまで


 祈れよ


 感じるままに



 最大の窮地

 それぞれが

 それぞれに

 限界だと思う もうちょっとだけ先まで

 どうか持ちこたえよ



 今こそ あなたたちが望んだ世界がはじまるのだ


 見届けよ


 最後の一人となろうとも






 大和魂 復活の時きたれり



 一人でも多くの手をとれ



 サポート多きあることを 


 信じなさい





 われわれも




 共にゆかん






 天岩戸は開かれた




 日本よ



 日本の民よ



 日出る国の民たちよ



 世界を照らす



 地球を照らす 



 
 太陽となれ



*  *  *

【転載】原発が泣いている へ

【転載】日出る国の民たちへのメッセージ から


*  *  *


たまむすひ さんからの【転載】です。(2日分、一部抜粋)


「原発が泣いている」(3/16up分)

原発が泣いています。

人々のために一生懸命今まで動いてきたのに、
地震で、津波で、負傷して辛い思いをしているのに、

みんなから恐れられ、非難され、攻撃され、
悲しい、辛いって泣いています。

だれも自分の応援をしてくれていない、
自分はひとりぽっちだと泣いています。

どうか原発に向けているあなたの拒絶のエネルギーを止めてください。

人々から突き刺すようなエネルギーを受けて、
原発が悲しみで破裂しそうです。

人々の恐れと悲しみと嫌悪と怒りと不安と拒絶のエネルギーを受け、
とても寂しく、縮こまっています。

原発は(少なくとも今の福島原発は)「風の谷のナウシカ」のマンガで出てきた巨神兵と似ています。

恐るべき破壊力をもっていますが、心は子供のよう。
痛んだ身体を背負いながら泣きながら母を捜している幼子のようです。

どうぞ、あなたが原発に向けている否定のエネルギーを感謝のエネルギーに代えてください。

原発があったから今まで私たちは豊かに暮らしてこれたのです。
原発を作ったのは私たち人間です。
要するに原発の親は私たち人間です。

原発が負傷をおって放射能を出しているからといって、原発が悪いわけではありません。
問題は危険を承知でそれを作った人間にあります。

私たちは原発の親であるのに、子が負傷して危険になったら悪者扱いをしてすごい否定のエネルギーを送っています。
原発は自分の存在を親に否定された傷ついた子供のようになっています。
人間に例えて想像してみてください。それがどんなにつらいことか。

どうぞ愛のエネルギーを注いであげてください。
感謝の気持ちを原発に伝えてください。
愛の波動で満たしてください。

恐れる前に、嫌う前に、感謝の気持ちを伝えてください。

よろしくお願いします。

-----------------

これは昨日、原発に意識を飛ばして感じたことです。
そしたら似たようなことを感じている方がいらっしゃいました。 
啓子メンタルクリニック

プルトニウムにも意識があるそうですから、私は「原発」と書いていますが、プルトニウムの意識を感じたのかもしれません。

私一人が言っても説得力はないですが、越智啓子さんのような有名な方がおっしゃっておられることなら信じる人も多いかと思います。

これを感じるまでは、私も放射能漏れを怖がり、いやがっていたのですが、今は愛を送ることができます。

この文章を書いたからと言って、私自身は原発建設には賛成ではなく、反対です。
地震国の日本で、今回のようなことになる可能性は知っていながらもたくさん建設しているのだから、日本人は危ない橋を渡っていますね。
いつか起きるかもしれないことはわかっていたのだから。

誰が悪いとかではなく、このような危険で無理のあることを良しとしてしまっているこの社会のあり方を見直すべきかと思います。

原発のことで懸命に作業をしてくださっている方々には本当に感謝です。
被爆されてしまった方々にも愛のエネルギーを送りましょう。
たくさんの愛のエネルギーが届けば、体内の放射能汚染も、外の放射能も消えてなくなるかもです。

~以下省略


------------------

「原発に愛と感謝を送りましょう!」(本日up分一部)
※他にも、越智啓子さんメルマガの情報など、同じように原発に愛を送っていることなどが書かれていますので、全文、動画など希望の方は、是非読んでみてください。↑

【抜粋】
昨日の「原発は泣いている」にたくさんのコメントをありがとうございます。
たくさんの方が同じようなことを感じていらっしゃったようです。
(コメントできておりませんが、ありがとうございます。大変嬉しく思っております)

現在、いろんな情報が飛び交っていますが、あなたが信じた情報が現実となると思ってください。

「原発に愛と感謝を送りましょう!」と考えることは、たくさんの人から攻撃の的になる可能性があります。
けれどもメディアや大勢の人たちの意見にあわせるのではなく、自分の直感ややってくるメッセージに耳を傾けましょう。

今は不安定なエネルギーをできるだけ減らす必要があります。
これ以上、被害を増やさないためにも。

本当に私たちの出す波動が決め手です。
それはあなたの波動です。

特に西日本の方、不安度は少ないと思いますので、ぜひとも氣をしっかりと整え、自分たちの氣が東日本を支えるのだと思って下さい。

私たちの氣がとても大切です。

こういうことに非現実的だと批判する人もいますが、私は私の感じていることを書いているまでです。

共感する人はお願いします。


*  *  *

【ひとりごと:原発に愛を送る&最近のこと】byGraceさん へ

☆本日↓2011/3/14(月)の始めはこちらから。
【転載】日出る国の民たちへのメッセージ
【転載】原発が泣いている&原発に愛と感謝を送りましょう!


*  *  *


□ 原発に愛を送る

昨日、”たまむすひ”さんのブログを読むまで、原発はどうなるのだろう?
とは感じていた。だからと言って極端な感情も恐れもあるわけでもない。

この”たまむすひ”さんが感じたことに、とても共感した。
”原発”に対して、とてもかわいそうに感じ、書かれているとおりだと感じた。人の作ったもの全てに”意識”が存在する。まして、”原発”や、電力会社に対して、怒りや恐れの前に、わたしたちは、”感謝”があるんじゃないだろうか。

わたしたちは、”電気”があったからこそ、”豊か”に暮らせてこれた。
昨年、私も、電気が使えないと、こんなにも不便なのか、と思い知った。今、多くの人たちも、感じていることだろう。

「原発が泣いている」と知って、胸が切なくなった。今日は、バイトの帰りに、歩きながら心から”愛”を送り、感謝し、慰め、ハグをした。

家に戻って、”たまむすひ”さんの今日のupを読んでみたら、越智啓子さんのメルマガの転載があり、そちらのほうにも、原発に”ハグ”をしてもいいんですよー。と書いてあった。

今は、個人のもっている”意識”出している”波動”がどんなものなのか、よくよく自分で感じてみることを勧める。自分の発しているものが、影響し起こっていることを変えていける。ということを、私自身も含め、自覚していなければ、と改めて感じた。

”恐れ””危機感”なのか、、、、”愛(エールなども含め)””感謝”なのか、、、

そのことも含め、Gちゃんとジャーちゃんにも、その話をした。

災害が起こってから、もう1週間ほど経つけれど、その中で、今まで学んできたことをどう自分の中で処理していくのか、ときどきマインドも入って分からなくなることもあるけれど、でも、基本は、”あるがまま”で、ジャッジ(判断)することなく、”偽善”になるわけでもなく、内側から感じてくるものに耳を傾けることが大切だと感じる。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「ね、、、人の作ったもの全てに”意識”ってあるんだよね。」

このときに、”原発”の話をした。

J:「地球、、、(人間たち)”五次元”になかなかなって行かないので、このようなことが起こっている。そこには、ジャッジ(判断)がある。物事には、プラスもあれば、マイナスもあるということを知ること。」

G:「なんかね、、、ジャッジ、二元性を手放すことが必要ってことなんだよね。五次元になるには。」

「うん、、、そうだよね、、、。でも難しいのも理解は出来るよね。恐れがあるんだから。」

G:「うん。」

「何かしよう。出来ることはないか。と感じてしまうことも多いときだと思うけど、あくまでも”あるがまま”でいいとは思うし、それぞれにやれることをやっていたらよいとは思うけど、無理、、というか、感じていることに対して、無理してとか、自分の正直な部分を観ないで何かをしようとすると、「偽善」になってしまうし、この辺りの微妙な部分だよね。例えば、ここ(地球)のドラマに入りこまない。という意識と、どう兼ね合いをつけるのか?みたいな部分とか。」

以前、チャネラーさんや、ミカエルとも、そんな話をしたように思うけど、その時は、「それは、その時々で。」みたいは返答だったと記憶する。

J:「精神性、、、自分自身の精神性については、ドラマから離れる(客観視?)というのはあるが、肉体の世界では、適応しなければならない。その時々で”自然体”であること。臨機応変に。」

「そうだよね。目の前に助けを求めている人がいたら、ほっとけないだろうし、、、そうだよねー。」


ま、、、そんな感じで、ちょこっと話したりしていた。

実際に、その時の自分のハートから出てくるもの(直感も含めて、感じるもの)に従うことなんだと思う。マインドが「あーだ、こーだ」って言うことに従うんじゃなくて

でも、もし、「私は、何も出来ることがない」と思っても安心して。^^
何もしたくなければ、それでもいい。自分を責めることもないし、後から出来ることがやって来ることだってある。

物理的、物質的に何か出来なくたって、「意識」だけでも、充分出来ることがある。
自分を、喜びに満たすことや、平和に保つこと、意識で愛を送ったり、希望を感じて、今後の地球を創造したり。
※あくまでも”自然体”でね。自分が自分でなくなると、また違うエネルギーになってしまうから。

出てくるものは、仕方がないことなので、”感情”や、”恐れ”は、”感じつくして”受け入れて、手放す(流す)。

そんな感じかなー。


昨日や、今日のジャーちゃんの確認は、殆どワークのほうでアドバイスをもらっていた。


□ 最近のワークのこと

先日、”アンドロメダ”からメッセージがあったけど、エネルギーを受け取り方、本来のエネルギーの回し方(循環)などを、ジャーちゃんに教えてもらっていた。

今日、さらにyoham(私の神)に自己チャネでやると、他にも、まだ意識してやることがある。って言うもので、さらにジャーちゃんに、確認した。

なんか、最近、バイト、新しいHP、瞑想など、、、やることも、もり沢山な感じだ。
でも、アンドロメダのほうや、ワークも、「~ねばならない」ではなく、自分でも続けたいのだ。


J:「アンドロメダからは、常にメッセージは来てますよ。」

「無理にするんじゃないだろうけど、これは、私もしたいからする。だから聞いているのだけどさ。ちょっと教えてほしいの。」

G:「うん、、、。なんかね、、これは、~べきこと。と言う言葉は使いたくないけど、やっぱ、○○ちゃんには、必要みたい。やったほうがよさそうだわ。」

「そっか、うん。やってみるよ。エネルギーは、ちゃんと受け取ってる?」

J:「受け取って、ホールドするのではなく、、、、」

と、ここで、Gちゃんの説明があり、クラウンチャクラから、受け取り、自分の軸(垂直)を通って、ガイアへ流し、その後は、ある形(言葉で表現は難しい)でガイアから、アンドロメダへエネルギーは戻り、そして、また自分へ入ってくる。Gちゃんには、何度か、確認してようやく把握し、ジャーちゃんのOKが出て、それを意識しながら、しばらく続ける。という話だった。

最初は、わからなくて、とにかく感じて、自分の身体に回していればいいのかと思っていた。


「ねー、これってさー、自動オートにならんかね~。今日は、バイトの行き帰りで、やってみたけど、”何か”に意識が向くと、とたんに忘れるからね~。汗」

G:「それは分かる~。凍った道を歩いていたら、地面しか目もいかないし、意識集中するよね。滑るからー。」

「そうなのさ。(笑)」

G:「うん、でも続けていけば、いずれは自然に自動オートのようにはなっていくみたいだよ。最初からは無理みたいだけど。」

「そっか。」

「でね、yohamは、他にもやることあるって、言ってたけど、何だろ。他のは、後は自然になっていくんじゃないの?」

G:「あんね、、、やっぱり意識を他方向へ向け続ける必要があるんだって。これが出来るようにならなきゃ、やっぱ、難しいみたいだわ。汗」

「メッセージをい受け取るにしても、なににしても?」

G:「うん、、、、。あんね、最初は、疲れるかもしれないけど、それも続けてってー。汗。これまで、直線や、ひとつのことに集中するのに、慣れているから、難しいのはわかるけど、、、。」

「そっかー、、、。やっぱ、それもか、、、。それ、ホント超難しいよねー。パソコン見てても、食事してても、バイトしてても、何をやっても、常に四方八方に意識を向け続けることって、、、、。」

G:「うん、、、。」

「新しいHPも、結局、以前と同じ方法をやっても、うまくアップされないけど、どうしたらいい?一度手放すの?他のテンプレートさがす?」

J:「他のを探しててもいい。でも、あるときに、ちゃんとなっていく。意識は向けていてください。」

「わかったー。じゃ、ボチボチだけど、やってみるわ。」



でも、基本なんでも「最初から、出来ない。」とは言いたくないので、私は、努力はするよ。でもね、、、その気持ちは、充分にあるんだけども、何かやってたら、つい「忘れて」しまうのさ。(苦笑)

とにかく、今は、そんな感じで、日々、いろんなことを感じながらも過ごしている。

何でも、続けてみるのみ!


全てに感謝!


2011/3/18(金)晴れ時々雪


「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載させて頂きました。(本日up分の中から)

メルキゼデク
Melchizedek
2011年3月15日から22日
2011 March 15-22, 2011


15 March 2011 - 4:11pm
マレーネ・スウェリショフ経由
Channeler: Marlene Swetlishoff
Melchizedek 2011
March 15-22, 2011


最愛なる皆さん、
Beloved Ones,

世界の光の活動家の皆さん、世界は自然災害、原子炉からの放射能漏れと炉心溶融懸念、人類の不安と専制からの自由の叫びに対処しようとしているため、現在皆さんの支援が本当に必要になっています。

皆さんの周りの世界の中では皆さんが眼を向ける何れの場所においても変化が起っていますが、これは浄化が起っているという事実としておそらく今後も続いて行くことになるでしょう。

わたし達は、こうした日常の中で皆さんの内面の平静を保ち続けること、皆さんが平和の砦と光の灯台になることの重要性をいくら強調しても充分ではないと思っています。


皆さんの未来の覚醒に対するこうした単純かつ強力な真実を実現することを、わたし達は頻繁に何度も繰り返し伝えてきました。

その理由は、皆さんが簡単なことだと感じるそのままに、皆さんがこうした時期に皆さんの周りの人々に皆さんの光と愛を発することは、皆さんが与えることができる唯一にして最も強力な効果を発揮する奉仕になるからです。

惑星全域で起っている現象としての数多くの混乱は、この世界に受肉している魂ひとつひとつの最も深い場所の内部の混乱を映し出しています。

抑圧され、押さえ込まれ、条件付けられてきたものがこれほど数多く存在していて、皆さんがそれを率直に見つめ、変容させ、許すことができるように、今表面に浮んできています。そしてわたし達は皆さんに伝えます。

皆さん自身を赦すことも決して忘れないでください。

また、皆さんは自覚さえすることなくこれほど何度も他の人々の重荷を引き受けています。

皆さんの人生の宿命は、おそらく過去に為された行いに対する決して終わることのない天罰のようになってしまっています。

これはいつも当て嵌まるものではなく、他の人々と皆さん自身を赦すために日々ある程度の時間を取ることによって、皆さんは皆さんのエネルギー領域を綺麗で光り輝く状態に保つことができます。

今まで以上に皆さんの内面の助言に従い、また皆さんのこころの内部の促しに従ってください。

こうした促しは皆さんのより高度な指導に由来するものであり、そこではすべての蓋然性や可能性が認識されています。


何故なら、この皆さんの内面の穏やかな小さな声に耳を傾けることが、皆さんが遠い昔に歩むことを選択した道筋をしっかりと踏み締めて、意識を集中した状態を維持することになるからです。

皆さんがいつでもキリストの純粋な白い光に囲まれていて、この光が皆さんの心臓からから放射され、皆さんの物質的な身体を取り囲んでいるエーテル質の同体を通して輝いている姿を視覚化してください。

この実践が、かなり簡単かつ優雅に皆さんの光の身体を定着させて、より高い自己意識を皆さんの物質的な世界に密接に順応させるようになるでしょう。

現在、変化の車輪が急速に動いています。

そして皆さんはその車輪の中心に立っているので、一定の客観性を持って出来事を観察できることに気付くようになるでしょう。

皆さんの周りで何が起ろうとも、その状態が皆さんの平衡感覚を維持するために役立つでしょう。

皆さんがほんとうは誰なのか、何故この場に存在してこうした同時進行の結末の劇から去り、その劇に対して感情を長く高ぶらせることなく通り過ぎようとしているのか、それを思い出して、冷静を保ってください。

その劇に対する感情の高ぶりは、月の位相の影響を再循環させてしまうため、何度も繰返して皆さんをこうした出来事に閉じ込めたままにしてしまいます。

皆さんがまだ解き放たずにいて、皆さん自身の内部で本当に解消していない情緒的な劇がさらにもう一度別の形で回想させられる時期が訪れるのは、新月と満月の間の中間点あたりの時期になります。


親愛なるみなさん、こうした周期に留意してください。

なぜなら、皆さんが一度それに気付くと、皆さんはそれらを克服し解き放つことができる状態になることができるからです。

皆さんの人生の中で繰返される周期性と型を認識してください。

何故なら、その中に皆さん自身と皆さんの生命の熟達者になるための秘密が隠されているからです。

皆さんは以前、他の生涯や環境の中でそれをすべて行ってきました。

そして皆さんひとりひとりがこの熟達性の適任者です。

平和と謙虚さの中を、そして愛に溢れたこころと伴に歩き続けてください。


そしてその通りに!
And so it is!


わたしはメルキゼデク
I AM Melchizedek


©2011 Marlene Swetlishoff

Permission is given to share this message as long as the message is posted in its entirety and nothing has been changed, or altered in any way and Scribe's credit, copyright and website is included. www.therainbowscribe.com

Thank you for including the above website link when posting this message.
http://lightworkers.org/channeling/127037/melchizedek-2011-march-15-22-2011


翻訳:森のくまさま

*  *  *

2011/3/19(土)曇り一時雨



[mixi]Arrived Energy On Earthより

Michelle Eloff
2011年1月25日 南アフリカ,ヨハネスバーグにて

「コモン-ユニティの法則、スターゲート64-70」

私はグィネヴィア。レディ・オブ・カメロット。ハートのクィーン。あなた方を歓迎しましょう。

/////

今回、あなた方を迎え入れることになる『コモン-ユニティ(共通のユニティ→コミュニティ)の法則』と七つのスターゲートのエネルギーは、人間としてのあなた方の本質~そのまさしくコアへと突き進み、スピリットにおいて純粋な者たち,意図において純粋な者たちのハートの純粋さ,無垢さに触れています。それはつまり、55の宇宙の法則を象徴するこれら55の炎を経て…これらのスターゲートを経て…来ているエネルギーと、そして実際に55の炎すべてが、錬金術の世界へと続くゲートウェイをオープンにしているということです。

/////

『コモン-ユニティの法則』は人生にあるすべてのエリアで表に出ているものです。多くの人たちは、起きているチャレンジやトラウマを通して、喜びや人々の間にある力強いつながりを経験しています。人類~それぞれの人が、愛とつながるために愛を必要とするひとつのコモンユニット(共通単位)を表しているわけですが、特定の場合には、人類がロウワーエゴに打克ち,自分自身の内側を認識するようになるために、母なる自然によって最大の措置がとられる場合もあります。現代世界には、痛みや苦しみが…そして責任や訓練など人生にある様々な形に引っ張り込むエネルギーによって悩まされることが…たくさんあるため、あなた方の大半が、創造的な生命のソースから切り離されてきました。しかしそれは、人間が持っている性質がかなりの度合いでサバイバルモードを利用しているからなのです。「変化は必然であり、然るべき理由があって起きることである。」ということを受け容れることができるようになるまでは、その人がフォーカスしているエネルギーの大半は…言い換えれば、人というコモンユニットにエネルギーを与えているものの大半は…恐れや「生き残らなければならない。」という意識,犠牲者意識,痛み,苦しみ,怒りといったものになるのです。この真実を無視していれば、変化は常にチャレンジとして現れてくることになります。誰かが言っているように、それは思いもかけないことにあなたを連れて行くでしょう。それは、「方向感覚を失っている。」とか、おそらく、「見捨てられている。」とか、「拒絶されている。」と、あなたに感じさせたままにするでしょう。そこには、人間の姿の内側で蘇ってくるたくさんの感情があります。そして、異なった感情,考え,プログラム,姿勢,信念というコモンユニットがすべて、それに反応し,応酬することになります。コモンユニットに供給されてきたエネルギーの大半がネガティブなものだったということは否めません。しかし私は、「エネルギーはむしろ素早く変化している。」と言わねばなりません。コモンユニットが変化を感じたその瞬間から、変化を受け容れるということに関して態度を反転させる反応に至るまでの期間~つまり、変化と一緒にやってくる贈り物がわかるようになるまでの期間も、その目的に達するという観点からすれば、ずっと短期間のことになっているからです。

変化は必然だということを決して忘れてはなりません。この数年をかけて私たちがもたらしてきたエネルギーすべては、エンライトメントという旅のためのものです。その道程が、『個人の自由』というものに近づけるのです。この道程が、あなたを一歩、「自分が持っている意図を顕現させること,現実にすることを望むのなら、それが確実にそうなるためには、従わなければならない特定の手順がある。」という事実に実際に,本当に意識的にわかるようになることに近づけるのです。何年もの間あなた方は、「安らぎを探しているのなら、まずは自分の生活の中でバランスを欠いているところを見つめ、それに取り組まなければならない。幸せを探しているのなら、幸せがやってくる通り道をクリアにするために、自分の不幸を引き起こしているものすべてに取り組む必要がある。」と言われてきたはずです。

/////

「犠牲者意識は自分のものでなければならない」と思い込み、犠牲者であろうとすることに費やしている時間など、あなた方には一切ありません。なぜならその時にあなた方が感じ取っているのは、世界に対して…とまでは申し上げませんが、その時にあなた方が感じ取っているのは、何らかの方法で何か/誰かに対してご自分が負っている義務だからです。親愛なる光の天使たちよ。あなた方はご自分から幻想を一掃することを選んできました。あなた方は幻想のマトリクスから踏み出して、紛いなき本物たる者の経路に踏み出すことを選んできました。あなた方は、あなた方のような他の人たち~つまり、あなた方が探しているものと同じものを探している人たちと一緒にご自分のハート,マインド,スピリット,エネルギーを、愛と光というコモンユニットでひとつにすることを選んできました。真実の探求者であるあなた方は、今、このコモンユニティというポイントに至りました。それは、これらのエネルギーを高め…光を紡ぎ…そのエネルギーを広め…愛,平和,静けさ,落ち着き,豊かさ,その他~あなた方に考えられる限りのポジティブなエネルギーというコモンユニットを強める…という次なる段階にあなた方をお連れすることになるポイントです。私たちにはその用意が整っていますし、あなた方を次の段階にお連れすることにとてもワクワクしています。

あなたは何のコモンユニットでしょうか? あなたはご自分の人生でどんなコミュニティを築いているでしょうか? あなたはどんなエネルギーの流れをサポートしていますか? どんなエネルギーの流れをサポートしていませんか? チャレンジはあなた方を滅ぼすためにあったのではありません。これは何度も語られてきたことですが、チャンレンジとは、この旅~この道程がどれほど重要なものなのか…あなたの役割がどれほど重要なものなのか…それを思い出させるものだったということを、もう一度、あなた方に思い出していただきたいと思います。あなた方ようなコモンユニットは…あなた方のエネルギー,あなた方のインプットは…必要とされています。だから、紛いなき本物たる者としての人生という旅にあなた方が関与することは、きわめて重要なことなのです。なぜなら、あなた方が強くなればなるほど光のコミュニティも強くなり、そのコモンユニットの光もますます明るく輝くようになるからです。そしてその光こそ、まだ光が見えるのを探している者たちが光を見ることを…彼らが光のコミュニティにやってくることを…そうして彼らがコモンユニットを見い出したことで自分の内側で安心するのを…可能にさせるビーコンになるものなのです。

/////

ということで、ひとつの素晴らしいコミュニティとして人類のつながりを発展させるということから、これからが重要なステージになります。なぜなら、人間という存在のコモンユニットの中に私たちが先ほど申し上げたような優しさや憐れみ,共感,寛大さ,愛,サポートといったユニットを強めることができなければ、闇,恐れ,痛みや苦しみといったコモンユニットのために完全に我を失ってしまうという深刻で危険な状態に人類が実際に陥ってしまうことになるからです。まだたくさんの人たちがその世界の罠に陥ってはいますが、あなた方は、奉仕の呼びかけに応えてこの世界に来ている者たちです。

/////

クツミ~アグリッパは、マグダラのマリヤや私自身,女神ジゼベル,光のすべてのアセンデットマスターたち、大天使や天使たち皆と一緒になって、そのエネルギーを高めることに精を出して取り組んできました。それらのエネルギーは、とても特別な理由に対するエンパワーメントのツールとして生み出され,届けられてきました。身体,マインド,魂,スピリットを結びつけるのも、今や別のレベルのものになっています。私たちがこのエネルギーを生み出し,お届けしてきたのは、人類が私たちにその許可を与えたからではありません。私たちがこれをしているのは、これが、そもそものアトランティスの崩壊と同じ道を人類が歩まないよう~確実にそうなるよう、この時間に必要とされていることだからなのです。

/////

人は誰ひとりとして孤立してはいません。ですから人類の進化のこの時点において、こうした変容を自分ひとりが受けていくことになるなどという期待をすることは誰にもできません。まさに今、あなた方が以前に経験したものよりもずっと遥かに大きなエネルギーが流入しています。そのパワーは、あなた方からすれば、まったく完全に新しいものです。そのパワーのため、今はもう、誰かひとりだけ…などといったことは不可能なことになっているのです。ですから、あなた方にはグループで一緒になって取り組む必要があるわけです。

/////

私たちは、その道の一歩一歩をあなたと一緒に歩んでいます。私たちの目的は、私たちのところに届いている祈りという織り糸を紡ぎあわせることです。慈悲を乞う祈り,痛みや苦しみからの解放の祈り,進む道を照らす光や解決の鍵を求める祈りという織り糸を…。私たちはこれらの祈りを紡ぎあわせます。私たちは、あなたがこのパワフルな愛のユニットの一員となるようお誘いしています。私たちと一緒にそれを紡ぎあわせましょう。

/////

私はグィネヴィア。レディ・オブ・カメロットであり、ハートのクィーン。お時間を頂戴したことに感謝します。ごきげんよう。


--------------------------
著作権はMichelle Eloffが有します。この情報を、お金を得るために使ったり、著者・発行者の許可なしに改変・削除等してはなりません。無断で配布・転載・流用することもなりません。抜粋を利用する場合にはこのメッセージ全体を読むことができるように、ザ・ライトウィーバーのサイト名(The lightweaver),URL (http://thelightweaver.org)を明記してください。


The Law of Common-unity & Star Gates 64 – 70 (2011/01/25)
http://thelightweaver.org/club/en/japanese/15-premium-channellings-ja/2596-jpngthe-law-of-common-unity-and-star-gates-64-70-20110125.html



<翻訳者より>
1/25にチャネリングされたこの情報はThe lightweaverが主宰するThe Lightweaver communityの有料会員向けに出されたメッセージであり、後に商品として販売されるものです。そのため全文をシェアすることはできませんが、皆様の励ましになれば…と一部を公開しました。
The Lightweaverに認定された翻訳者には翻訳したメッセージを販売する許可が与えられているので、私の一存でこのメッセージの全文の販売をするかどうかを決めることができますが、現状での販売は考えていません。宇宙の法則のメッセージ55本を順を追って読んでいただくことが望ましいからです。他の宇宙の法則についてのメッセージは、別コミュ「Lightweaver(http://mixi.jp/view_community.pl?id=2801811)」で時折開催しているイベント;「有料メッセージの購入希望者募集」」に応じていただければお読みいただけくことができますが、これよりも随分前のものになります。
でも、The Lightweaver communityの有料会員になっていただければ会員である限り、このメッセージの全文もこれ以前・以後のメッセージも日本語で読むことができます。なので、ご興味のある方は会員登録をご検討ください。(サイト自体は日本語化されていません)


-Jueuxさん訳

*  *  *

【転載】日本:希望のメッセージ ~クライオン へ

☆本日↓2011/3/19(土)の始めはこちらから。
【転載】コモン-ユニティの法則、スターゲート64-70

*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより


日本:希望のメッセージ
チャネラー:Lee and Kryon


http://lightworkers.org/channeling/127181/message-hopejapan
リー・キャロルはスペインに滞在中で、このメッセージはすべてクライオンからです。
2011年3月15日



皆さんごきげんよう、私はマグネティックサービスのクライオンです。

この時期、恐怖が大気にみなぎっていますが、私は皆さんに希望のメッセージをお届けしたい。一月に、今年は数秘学的に4の年だとお話しましたね。これはガイアの数字・・地球に関連するものすべてです。また、北極・南極の氷が溶け続け、大洋に水が増えてきているということもお伝えしました。これによって地震と火山の噴火が多くなります。以下はその時のチャネリングからの引用です。

「再び言います。これは人類への罰ではありません。今日地球に起きていることは、人類の文明を抹殺するために、ガイアが最終段階に入ったという意味ではありません。このようなことは、皆さんをおびえさせ、混乱させようとする者たちの口元まで出かかっていますが、それは事実ではありません。この地球に起きていることは、地球がずっと長い間続く場所、皆さんの必要なものが手に入るような場所になるための変化・・」
[http://www.kryon.com/k_channel11_boulder.html
]
さて、突然3の月がやってきました。3は触媒を意味します。触媒とは、他の物の変化を起こさせるものです。

数秘学に関わる人ならだれでも今月ガイアが動くと思ったでしょう。それはすぐあとの5月も同様ですが。 あの、いとしい国(日本)で災害にあった人達は神のターゲットになったのではありません。今までも絶えずガイアの変化が起こりやすく、火山や地震に敏感な場所に住んでいたにすぎません。ちょうど反対側の南米の同胞と同じように、そこに住むことを選択しただけです。この出来事によって起こった共感と同情は非常に大きく、私が最近チャネリングしたところ、この共感と同情は地球にかなりの変化をもたらすもので、まもなくそれを皆さんは見ることになるでしょう。

1. もう一つお話しておきたいのは、スピリットは皆さんと同様、いつこのような出来事が起きるのか何も知らない、ということです。私達にあるのは、人間の意識に基づく可能性とその周りのエネルギー上のサインです。南米に地震が来ることは私達には分かったので、実際に起きる1年前にチリの人々にお伝えしました。日本の地震は可能性があったという意味でそれに似ていましたし、数秘学からも指摘できました。しかしスピリットには詳細は全くわからないし、起きるとしても何年先かもわからないのです。これは、私達が人類に、出来事よりも大きな力を持つ意識を与えたからです。あなた方の変化が全てを決定します。

親愛なる皆さん、この島国の人達に共感と同情を送ってください。そしてより偉大な国を作るための力を与えてください。彼らが喪失と分離に苦闘する中で、愛と家族として結束できるよう助けてあげて下さい。この時期、彼らの「家族」になってください。

この数日間に亡くなった人達は、アカシックのレベルでは2011年を越えて生きられないことを完全に知っていました。これまでに何度もこのことはお話しました。生まれた時の風向きによって、その人間が地球上で何をするのか可能性がわかります。これは占いではなく、どちらかと言えば可能性を見るようなものです。これ(訳注:被災)が可能性のなかで最も強かったため、この10年間で最大級の災害に関わるために、これらの美しい神の一面(人々のこと)は魂の家族として地球にやってきたのです。彼らはこのことで大変化が起こることを知っていましたし、実際にそうなるでしょう。

彼らの命を祝福し、全員が故郷へ帰ったと知ってください。さあ、亡くなった人達は地球にとって驚くべきことをしたという事実を知って、残された人達の心に平和が戻るよう、エネルギーを送って下さい。彼らはクリスタル・グリッドの共感・同情レベルを上昇させました。彼らは役目を果たし、あとは皆さんに残して去って行ったのです。


2・私達が10年以上も前から、ほかの発電方法があるとお話してきたのに気づいていますか?今回の事故だけで、原子力開発は何年も中止になるでしょう。今こそ私達が言ってきたことを振り返る時です。

スピリットは人類を裁くことはしません。人間は自分たちの振動周波数によって発達した意識に基づき、何をするか自由に選択できます。しかし、長年にわたり私たちは地球上の都市に使える、非常に実現性の高い発電方法についてお伝えしてきました。何度も繰り返しお話してきたので、私の行なったチャネリングの至るところにその話題を見つけることができます。この問題に私達が精力を傾けた理由が、今では理解できるでしょう。今回の地震によって、核の道を歩むことで世界が危険に直面するとよくお分かりになったと思います。いいですか。この技術はもう必要ありません。皆さんの役には立ちません。

原子力は蒸気機関を動かすには大変高価で危険な方法です。核施設とは、それだけのものです・・蒸気を発するためのものに過ぎません。原発一つ分の資金で、危険がなく環境にもほとんど影響を与えない発電方法を調査することができると、繰り返しお伝えします。

A.・地熱エネルギー。熱は皆さんの足の下に豊富に存在しています。永遠にほしいだけの蒸気を生産できます。また、新種の液体で水より速く沸騰するものがありますから、熱を発生させるのも今までとは違ってくるでしょう。今回のような災害が地熱発電所でおきたとしても、最悪の状態で、施設が壊れるだけです。壊れたら新たに建設すればいいのです。
B・毎時何千トンものプッシュプル式エネルギーが絶え間なく続く方法が、海岸で手に入ります。この島国(日本)は潮位・波による発電には最も適しています。再び言いますが、この発電所に最悪の事態が襲ったとしても、再建すればいいだけです。周りに住む人達に危険は及びません。

今回の、世界を変化させる出来事に対して、このような選択肢を現実的・実行可能なものとして受け入れられますか?原子力災害は、皆さんが立ち止まり、方向転換するために起こったものです。時間だけが、その価値を教えてくれるでしょう。しかし、とてもよくあることですが、人類がいつも自らの前にあったもの・・より良いものが約束されていることに気づく前に、災害が起きなくてはなりません。

地球上の大都市の多くは海の近くに位置しているので、この発電方法を採用するには大変適しています。しかしこのような考え方はされてこなかったし、その可能性も考えられていません。もっと大きく考えなさい!初心に戻り、ガイアが皆さんに与えてくれたものを使いこなす新しいシナリオを創造すべきです・・永遠の海と潮の力が、最も必要とされるその場所にあるのです。

次の一歩を創りだす時間は皆さんのもとにあります。
いつも愛をもってお伝えします。


クライオン


-すいれん さん訳

*  *  *

様子みて、書くかも?


2011/3/20(日)晴れのち曇り[満月]



この数日間、ワークことや、まだ、yohamと以前のように繋がれないことに、もどかしさや、苦しさがピークに至っていた。

それは、今朝、ようやく瞑想し、自分のあらゆる面や、今ある現実と向き合い、受け入れて流せたことで、久しぶりに”錬金術”が現れ、Gちゃんによってジャーちゃんに確認できたことで、ずいぶん楽になった。

ある意味、先日のブログでの”多方向に意識を向けるワーク”のことや、その以前にワークで何度も壁にぶち当たってきたことも含めて、ジャーちゃんも、yoham(私の神)が、設定していたプロセスに沿って受け答えしていたのかもしれない。
☆先日の話→11/3/17【ひとりごと:原発に愛を送る&最近の確認】byGraceさん

もう、完全に受け入れては流しきれるように。そして、以前にyohamに”委ねる”ということはどういうことか。と自我(エゴ)を落としながらやってきたけど、また違う段階で、今回通った道は、私にとって必要だったのだと、今ならわかる。
どんなに苦しい状態でも、それは真の自己が設定していることであり、すべて”完璧”なのだ。
それだけは、このプロセス中であってもわかっていた。
例え、わかっていたとしても、苦しいものは苦しい。それも、また認めて、受け入れて流すことが出来た。


バイトが始まって、一週間以上が経った。
かなりの肉体労働なので、筋肉をあまり使わない生活が長かったせいか、とにかく肉体が悲鳴をあげてる感じだ。
ここ最近は、ようやく少し慣れてきたところだけど、火傷や青タンなど怪我も絶えない。あらゆるところが痛く、むくみの出ていた。でも、スタッフの人たちも優しく感じも良く、終わった後の清々しい気持ちも、また味わっている。良い悪いはない。

ワークを続けても、ナカナカできない。縮小を心がけても、自分でも、浅いところでストップし深く入れないことにもどかしさを感じる。
ワーク後にダウジングすると、エネルギーも受け取れていないし、出来ていない。と出る。
自分なりに、とにかく”やってみないと分からない”を実践していったけど、これでいいのか?何か違う気もしなくはないけど、他にどうしたらいいのかも浮かばない。どんどん自分にも苛立ちも起こり、自信も失くしていった。

HPつくりのほうは、相変わらず、うまくアップロードはされなかったけれど、やはりジャーちゃんの選んでくれているものが”私のお気に入り”で、他のテンプレートを探すことはしないまま、いま出来ること、文字入力だけを、ボチボチと行っていた。

18日の夜だっただろうか。yohamに声をかけても、やっぱり音沙汰なしで、自分でもどうしていいのか分からなかった。辛くなってきて泣けてきた。

しばらくすると、ふっとインスピレーションがやってきて、思わずPCを点けてHPのところをガン見?(笑)して、「ん?もしかして、、、」ちょっとやってみようかと起こした行動で、なんとHPがちゃんとアップロードされた。

「ジャーちゃん!!!ありがとう~~~!! 」

でも、それはとても単純な作業で、しかも最初の頃に、それはちゃんと試していたことだった。(でも、その時には、何をしてもうまく行かなかった)とにかく不思議な現象で、キツネに包まれた感じだけど、ジャーちゃんが、やってくれたことは分かっていた。先日も「そのうちに、なんとかなる」って言ってたから。

「少し、元気が出てきた~~。」

HPは、なんとか解決したけれど、他の部分では、まだ未解決のままだった。

昨夜のこと、と今日の午前中の”錬金術”のことも含め、Gちゃんのチャネで、ジャーちゃんに確認とった。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

<昨夜>※なるべく簡単に書く。汗

私の方法でのワークについて、ダウジングでは「出来ていない」と出ることなどを話した。でも話しているうちに、これまでの聞いてきた内容などに対して、困惑、混乱が生じた。

J:「まだ、”~繋がらなければならない”としています。」

J:「あなたは、マインドでやろうとしています。」

J:「ただ、あなたのマインドではできません。あなたのヨハムを通さなければ出来ません。」

J:「真の自己が”感じさせてくれる”ことを”感じて”ください。」

「やるのは、”あなた”では、ありません。」とも言ってたかも、、、(泣)

たしかに、自分でやろうとしていたのは、そうなんだけど。”混乱”したというのは、「え?ワークの方法、エネルギーラインなど教えてくれたじゃん。自然になるならなるで、それに委ねたのに、、、。」と感じたからなんだけど。
 

「でもね、私が、今ここ(地球)にいる理由。とくに、今~数年の間は、最も重要なときではないの?今、求められていることをすることは、必要だと感じているから、いろいろ試しているんじゃん。瞑想だって、ワークだって必要なんでしょ?」

J:「確かに、求められていることをすることは必要。」

G:「なんかね、○○ちゃんは、”自分がやらないで、誰がやるー”って感じなんだって。笑。それもクセみたいだよ。」

「たしかに、そんな所あるんだけどさー。笑。」

J:「核(自分の)が感じさせてくれることを”感じる”。」

「多方向に意識を向けるのは、必要なんだよね?」

J:「意識を向けることは必要。意識的にいなければならない。意識を向けながら、感じさせてくれるのは、ヨハム。」

ちょっと、こんがらがってきちゃった。汗

「私は、意識的に、意識を向ける必要はあるけど、それを感じさせてくれるのはyohamを通じてしかできない。ってことで、それは、アンドロメダからのエネルギーや、エネルギーを受け取ることも同じだってことだよね?」

G:「うん、そうみたい。」

「yohamを通じてやろうとしても、”縮小”自体、ツールで苦手意識も解除したのに、出来ない。深く入れないだもん。」(少し悲しくなってきた)

J:「あまりにも、環境が変わったので、まだ完全に、新しい環境になじめていない。」

G:「だからまだね、以前のように出来ないみたいだよ。」

「そっか、、、、ずいぶん慣れてきたかな?と思っていたんだけどな~。母ともうまくやってるし。」

そこで、リラックスできないのは、寝室が、元の兄の部屋にあることがそもそも落ち着かない原因だと分かり始めた。東京でも、自分の落ち着く場所が、常にベッドの上だった。何をするにも、瞑想もTVを見るのも、何かを読むにも、ソファー代わりも果たしていたし。

「ベッドって、自分にとって、特別な場所だったのかもしれない。」

G:「うん、私も、今ベッドの上が一番落ち着く場所だよ。」

昔から、瞑想は布団の上だったしね。今のままじゃ、自分の部屋でもゴロンと出来ないし、寝室が別にあるのって、人(他人)の家のお客さんのような気分になってるかも。ということに気づいた。

G:「ジャーちゃんが、創造してください。って言ってるよ。リラックスできるように、自分で部屋を造っていって。だって。」

造るといっても、今ある家具などをよけることはできないから、とにかく布団だけは自分の部屋にもってくることにした。

「とにかく、やれることをやってみるわ。」 


電話を切ったあと、とにかく布団を移動した。
でも、少しでもベッドに近づけようと古いマットレスを二重にして布団を敷いたけど、寝てみると硬くて、とてもリラックスできるような感じではなかった。ただ、ストーブを消しても、前の寝室よりも寒くなかった。(超~寒がりで。汗)

寝ながら、座りながらと瞑想しようとしても、全く出来なかった。更にどうしていいかわからずに、「もう、どうでもよい。」くらいの気持ちまで、ほぼ達していた。

何だか疲れきって、HPにも手をつけずに寝てしまった。



<今朝の出来事>

休みなのに、いつもより早く目が覚めた。
布団の向きも、寝ごこちも、「これじゃ、無理!」と分かり、マットレスを減らし布団を増やして向きを変えた。
横になってみたら、瞑想には、程よい感じになった。

そんなことをしていたら、昨夜のことを思い出していた。

「なぜ?ジャーちゃんは、今になって、yohamを通じてしか出来ないということを言ったのだろう???」
「なぜ、もっと早くに言ってくれなかったのかな?」

「きっと、理由はあるはずだ。」

でも、その前に、ここでしっかりと、自分と向き合わなきゃダメだと感じた。とにかく、今年の1月頃から始まったワーク、引越、そして今日までのことをとにかく感じつくさなきゃ。

程よい状態になった、新しい”神聖な場所”(布団の上)は、思った以上に座り心地がよかった。
瞑想に入り、とにかく、今の環境のこと、したいのか、したくないのか分からないけど、やってるバイト。マインドいっぱいで、行ってたワークのこと。壁にぶちあたって自信の無くなったことなどを、とにかく正直に今感じていることを素直に認めて、自分を許していった。
思ったより、たくさん出てきた。素直に認めていけばいくほど、涙も出た。それを、受け入れていった。後は”流す”ために、今朝は、ミカエルに持っていってもらって、ジャーちゃんの紫の炎で変容してもらった。

すると、、、、

「あれ? 私、何か持ってるぞ!!」

「あ、、、また現れた”錬金術”。yohamが現してくれた。」

あぐらのヒザに両手を乗せていたのだけど、気づいたら、ちょうど、”卒業証書”でも受け取ったみたいな感じになってる。でも、それは、紙ではなく、2、3㎝くらいの厚みがある”石板”のようだった。

「あれ~、いつまでも消えないぞ。」

以前は、それをエネルギーに戻し、身体全体に回したけど、それじゃーエネルギーをホールドしちゃうのかな?それともガイアに流すといいのか???

どうしようもないので、Gちゃんに聞いてみようと起き上がったら、手のひらからサラ~と消えていった。

でも、yohamが、今、この時に”錬金術”を見せてくれたのが嬉しかった。
何かが、”終了”したようにも感じた。

いつもそうだけど、この極限まで味わわないと(追い込まれない)と、頭でわかっていても、深く入れない。東京に上京したときのことを思い出した。あの時も瞑想して、プロセス全ての自分を許し、認めていった時だった。


「ねー、Gちゃん!!久しぶりに”錬金術”で、出てきたよー!!石板みたいなやつ。」

G:「石板?」

「あれ、聖書に出てくる、あの、、」

G:「あ~、モーゼのかい?」

「うん、そんな感じ~!!なんだと思う?感じてみてくれる?」

G:「あれ?温かいよ。」

「私は、今回は温度はわからなかった。冷たくはなかったけど。」

G:「あんね~、どうも、岩盤浴に使う石を思い出すわ~。笑。」

「まるで、ハリーポッターのようだよ。」


「ね~、これは何か証書だったの?プロセスの終わり?」

J:「終わりというものはありません。終わりとともに始まりである。」

G:「グラディーションなんだけどね。」

J:「今回の、環境に左右されている状態は、”終了”に近づいている。でも感覚的な”なごり”は出てくる。」

  「大幅に、環境の変化で難しかった。少しずつ順応し、適応していく。」

「うん。」

”終わりと始まり”と聞いたあとに、ふっと時計を見ると「11:11」だった。ホント、「終わりと始まり」のサイン。

「ね~、錬金術の持っていたものは、石だったよね?なぜかエネルギーに変わらないで、ずっとあったよ。」

J:「それは、いつでも消したり、取り出したりできますよ。」

「そうなの?!」

G:「なぜ、石かというとね、それは燃えてなくならないから。なんだって。笑。」

「それは、そうだねー。笑。」

J:「適切な時期に使えるようになりますよ。これからは、その能力を”疑う”ことを、”認める”作業に入っていく。」

「そうか、”疑い”が入るんだね。」

G:「それは、よく分かる~。」

「うん。そうかも知れない。でも、錬金術は、疑いようがないくらいハッキリしてるよ。」

J:「石は、”冷たい”という固定概念もなくしていく。」

「うん。」

G:「あ、、、そしてね。あの”石板”はね、卒業証書的な意味合いもあるようだわ。」

「へー、そうだったんだ。文字とか入っていたのかね?笑」

G:「そこまでは分からないけど。笑」

で、昨夜からのことと、今朝の瞑想で認めて流した話をGちゃんにした。

J:「それを(受け入れて流す)、やり続けることが大切。判断なしに、受け入れることで、”流れ”が出てくる。それを、継続することで、”流れ”が生まれてくる。」

「うん。」
※ ”ここ”は重要だな。”流れ”を生み出すのも自分次第だ。

で、Gちゃんと続けて話していたら、


J:「今は、”枠”にはめられて来ている。”枠”を広げるために。 自らの”創造”で、広げていく。」

G:「あのねー、今は、自由だったところから、自由じゃなくなっているでしょ? これは、今、肉体があり、物質社会の上で、一旦は、必要なことだったんだって。これも、【縮小】から、【拡大】していくことなんだって~。」

「え~~~。そうだったの? じゃ、今の状態(環境)も、今後、”豊かさ”を得るためには、必要だってことなんだー。東京の自由な生活からは、豊かさへ行けなかったってことなんだね。」

G:「うん。そうみたい。だから私たちは、引越して、いま、【縮小】にいるってことみたいだよ。」

「へー、そうだったのかー。」


意識の【縮小】【拡大】だけではなく、物質社会にも【縮小】と【拡大】って、あったのかー。汗

「ね、、、ジャーちゃん。今回のプロセス、yohamは私が、苦しくなることも全て知っていて体験させたんだよね。マインドにはまってしまうことも全部知ってて、yohamが決めたことなんでしょ? すべてが、完璧なんだよね。」

J;「そのとおりです。すべてが完璧ですよ。」



と、いう感じだった。

流したことや、Gちゃんのチャネのおかげで、確認できて、ずいぶんとスッキリしたけど、全てが、すぐに変化するわけではないので、後は委ねて、日々出来ることを続ける。

その後に、散歩がてら、久しぶりにシャウドを持ってドトールへ行った。

今度は、歩きながら”多方向”に意識的にはいたけれど、”感じる”ことは、yohamに委ねた。ちゃんと適切なときに、”感じさせてくれる”だろう。それは、今までのワークより”楽”なことだった。

シャウドを持っていったのはビンゴだった。何だか最近のあった状況に近いことが書かれていた。ちょっとジーンときた。

家に戻ってから、思い出したことがあった。

そういえば、ジャーちゃん、以前に、私がワークについて、本来の私は、こんなこと出来てるじゃん。って訴えたときに、「あなたは、今後、人に教えるために、自分で、今やってるんですよ。」というような事を言っていたっけ。

そんな事も、スッカリ忘れて、マインドにハマっていた。
すっかり、壁にぶつかり、マインドにはまり、困惑、落ち込み、自信も失ってきていた。
意図的に、忘れさせていたのかな?このプロセスにどっぷり浸かれるように。(笑)

もちろん、そればかりじゃなくプロセスには、いろんな要素が複雑に、織り込まれていたけれど。

ジャーちゃんに向けて、ダウジングしてみた。

「ねー、ジャーちゃん、私が、マインドにはまるのを分かっていて、わざとハマりやすいようなこと伝えたでしょー。」

「Yes!」 


 
やっぱりな。だから、エネルギー経路や、なんやら、、、。

でも、それもジャーちゃんの”深い愛”だということを知っている。
yohamの決定に対して、ちゃんと私が体験できるようにしててくれたんだもんな。

そして、HPが、不思議にアップロードされたことや、昨夜になって、yohamからしか、感じることは出来ないことを伝えてきたり、そして、今日の話を、振り返ってみたら。

「終わりであり、始まり」が近づいていたのを知ってたからだったんだ。というのが見えてきた。


でも、ひとつスッキリしたと、思えば、このブログも、操作ミスで、一旦、半分くらい消えてしまって、ほんと、”試練”は、まだ続くの?と言いたくなった。(泣)

でも、一服して、受け入れて流して。気持ちを立て直し、思い出しながら、また書いたよ。

そんなに、甘くはないよなー。汗 鍛えられる!

バイトのおかげで、リフレクソロジーに必要な筋肉も鍛えられているけどさ。(笑)


今日は、そんな感じー。感謝。


*  *  * 

明日は、【春分の日】だね。こんなメッセージもあったよ。


【転載】大天使メタトロン:強力な満月の昼夜平分時 へ

☆本日↓2011/3/20(日)の始めはこちらから。
【満月:終わりと始まり&今朝の錬金術】byGraceさん


*  *  *

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載させて頂きました。(19日up分から)


大天使メタトロン
Archangel Metatron

強力な満月の昼夜平分時
The Potent Full Moon Equinox


16 March 2011 - 2:13pm
ジェームズ・ティベロン経由
Channeler: Tyberron (Earth Keeper)



宇宙のトリガーの第三局面The Cosmic Trigger Phase Ⅲ


今回の昼夜平分時
The Coming Equinox

親愛なる皆さんこんにちは、わたしはメタトロン、光の主!
Greetings Dear Ones, I am Metatron, Lord of Light !

それでは、わたし達は今日、宇宙のトリガーと呼ばれているものの第3局面について伝えることにします。

実際、その時は近付いており、皆さんの直線的な年で2011年の2日間に起ることになるでしょう。最初の急騰は2011年3月20日の昼夜平分時に起り、後の急騰は3重の日付のポータルとなる11-11-11、2011年11月11日に起ります。

親愛なる皆さん、皆さんの周りを見てください。

今この惑星は惑星自体を作り直していて、大規模な移行が極めて急激に起っています。すべてが活発になっていて、次元上昇が近付いているため、皆さんの共鳴も加速しています。

ですから、皆さんを取り巻いている周波数はそれ自体を再形成しているため、人類の経験をも再形成することになるでしょう。

何故なら、人類は可視不可視の自然力や地球それ自体の表層の影響を受けているからです。実際にこれは宇宙的なトリガーの第3段階であり、その時がここに訪れています。

それは2011年3月20日の昼夜平分時に起り、2つの主要な進歩をもたらします。

(1)休止状態の符号化された磁気エネルギーの継続的な放出、

(2)144の結晶構造のグリッドおよび主要な結晶質と日輪像を順次経由した新しい符号化への移行になります。

これが結晶構造への上方移行に必要となるものです。

地球の磁気と電子がそれ自体を終了させ、平衡の支点を見つけ出しているところです。

結晶構造のグリッドに道を譲るために磁気の精通者、主ミカエルの仲間のクライオンが磁気の調整を完了させたのでしょうか?

実際に、その通りです。

両極性の領域に属する電磁気は、今、ゼロ場内での結晶構造の出現への道を可能にしています。

それはその時が既に訪れているものの開口部であり、再創造の要所になっています。そしてその再創造は、皆さんがそこから現われた結晶構造の本質への回帰を意味しています。そしてこのようにして、数多くの皆さんがこの移行のための符号の保因者になります。


残されている昼夜平分時は12次元構造
Remaining Equinoxes Are 12th Dimensional

次元上昇へ向けた秒読みの前途に横たわっている残りの昼夜平分時は、直線的な時間や皆さんの現在の時空の枠組み内部の次元的な接触の限界から制約を受けることはありません。

そして皆さんの惑星の数多くの地域は既に5次元に存在していて、次元上昇時の至点を迎える前の残り4回の昼夜平分時の間に12次元まで拡大しています。

わたし達がこれまでそれを伝えている間に、現在その巨大な次元性の入り口はかなり大きく開いた状態になっています。

そのため、12次元からもたらされる簡潔な周波数のポータルは、2011年3月20日に顕在化する宇宙のトリガーの結晶構造の覚醒を通して有効になります。

わたし達はそれを皆さんに伝えます。

二元性という次元的な枠組みを超越するために、まさに人類と物質的な地球両方がこの結晶構造の上方移行という改革を必要とし、また嘆願しています。

さもなければ、その枠組みは、下降する両極性の並列という周期的な二重性の中で人類と地球を葬り去ることになってしまいます。

2011年3月の昼夜平分時に起こる12次元の開放は、皆さんの現在の直線的な時間の枠組みで測定するとおよそ35,000年前のアトランティスの黄金時代以降の地球上で結果として現われた中で、12次元のエネルギーの最も実り豊かな統合になるでしょう。

それは恐るべき大いなる試練であり、その結果として増幅されるエネルギーは途方もなく広範囲に及びます。


宇宙のトリガーの第3段階:エネルギーの独特の融合
The Cosmic Trigger Ⅲ: A Unique Blend of Energies

これから訪れる2011年3月20日の春分は、たいへん稀で潤沢な占星学的なエネルギー共鳴の特徴を備えています。

宇宙的なトリガーに関連するエネルギーを通して驚くべき影響力が近付いている中で、3月19日土曜日の近地点の満月と春分時の太陽と天王星の会合が一緒に現われます。

種々雑多のエネルギーの‘カクテル’が、膨大な優先順位付けという潜在的なポータルや、巨視的にも微視的にも人類にとって大規模な移行の重要な支点を形成します。

この時機を利用し関与することを目的として人類が選択する方法が、皆さんの意思と次元上昇へ向けた行程の進み具合に影響を与えます。

それは大いなる機会であり、実際に人類に提示されちるものです。

数々の要因が含まれているこの来るべき昼夜平分時の占星学上の配置は、すべてが結び付いていて、特殊な‘月のノースノード’の位置によって、人類の本当の理解に対する支援とその個人的な浄化の多くを終了させる支援をより一層促進することになります。

この機会は、より素晴らしい透明性と一新されたエネルギーに向けて再起動するための優れた機会になります。

皆さんすべてが自分達の限界領域を広げていることころであり、より素晴らしい意識、新しい枠組みに入り込んでいます。

しかしこうした変化には、いつも不快な要因が含まれているものです。

親愛なる人類の皆さん、わたし達はこうした推移の中の困難、苦難、必要とされる努力を理解しています。

そしてわたし達は今という瞬間のここに存在しながら皆さんを支援しています。

わたし達は、皆さんが次元上昇という意思決定をするために今この場所に存在する選択をしたことを称賛しています。


そのエネルギーを利用する:役割を担う
Utilizing the Energy : Taking Part

これらか訪れる昼夜平分時は、集合し、符号を受け取り、優先順位を付け、お互いに支援しあって同調する時になります。

もしも皆さんが集まることができるのであれば、そうしてください。もしも皆さんがそうできないのであれば、エーテルの世界に参加してください。

瞑想の時を持ってください。

何故なら、宇宙的なトリガーは、多種多様な方法で皆さんを支援することができる符号が埋め込まれた特殊なエネルギーになっているからです。

皆さんは、皆さんの周りで起っていることをすべて理解していますか?

結晶構造のエネルギーは、最初は5次元の皆さんでも接近可能なものですが、量子的結晶構造の場の完全な波長分布だけは、完全に12次元の中に存在しています。

適切なことに、地球自身の鉱物の王国に属する結晶構造の意識の側面は、‘結晶構造のプラチナの光線’を通した12次元経由で動的に処理されています。

12次元は地球的な次元性に属する最も高い共鳴領域であり、最初の真に完全な結晶構造領域の次元になっていると言うことができます。

最も高い宇宙線に属する次元です。

プラチナの光線は結晶構造の形式属性の中で作動し、その内部に12種類の宇宙線のすべての構成要素が含まれています。

そのようなものとして、結晶構造のプラチナの光線は2011年の宇宙的なトリガーに属していて、強固な螺旋状の波動の中、3月20日の昼夜平分時の地球の次元領域の中に転送されて行きます。

この光線は、高度に濃縮されたエネルギーが惑星の共鳴に対して相乗的に統合されることを目的として、144のグリッドを通してより明白な周波数に変換されます。

その結果、巨大な上方移行が起ります。

その移行が次に訪れる完了に相前後して宇宙の符号を具体化し移動させることになります。

それは実際に、人類の巨視的および微視的な結晶構造のマルカナへの転移、つまり次元上昇を確実なものにします。

そしてそれが12次元を完全なものにします。

ここで言及している地球の符号化された結晶構造のエネルギーの位相は、宇宙的なプラチナの光線の受信を通して意識化されるようになります。

この宇宙的なプラチナの光線は、地球の東半球内に存在しているギザの三重のピラミッドのマトリクスに属している多次元的な八面体のポータルと、メキシコ湾の気難しい三重のピラミッド構造を通して供給されています。

両方のピラミッド複合体は、軸性を備えた同調をしており、伴に北緯29度の座標軸上に存在し、ファイのエネルギーを放射しています。

それが2011年の宇宙的なトリガーを普及させるエネルギーになっていて、次にこのエネルギーが地球規模で普及して行きます。

親愛なる皆さん、結晶構造の時代は確実なものになっています。かなり大規模な慣性を持った状態で近付いています。

二元性の分離は、既に直線的な地球が属している宇宙の中で人類にとって強烈かつ価値ある経験になっています。

二元性は実りの多い教師として存在してきましたが、しかしその直線的な履修過程は、数多くの皆さんのために終了を迎えようとしています。

今は、皆さんの両極性の卒業証書を受け取り、結晶構造の多次元宇宙内のゼロ場に属するより高い領域の中で、大学院の研究を始める時です。


最重要点
The CRUX

人類は最重要点、正念場に差し掛かっています。

この時点まで次元上昇の光を運んできた皆さんは、実際に皆さんの仕事を行ってきましたが、しかし今は皆さんにより多くのことが求められています。

数多くの皆さんは、特殊な符号の保因者、代理人であり、地球の再符号化を支援するためにこの残酷な時代のこの場に存在することを特別に選択しました。

皆さんは大衆を活性化するために、そして結晶構造の光の使者になるために、今ここに存在しています。

ご存知のように、人類の中には未だに意思決定せず、何処に向かうか不明確な人々が数多く存在し、これほど数多くの人々が前進というよりも、後ずさりしています。

そしてわたし達は皆さんに伝えます。皆さんは彼らに影響を与えることができます。

何故なら、そういった袋小路は至高の善の中には存在していないからです。

皆さんのエネルギー、皆さんの影響力が必要になっています。ですから、わたし達は光を運んでいる皆さんに伝えます。数多くの人々が、現在時機外れの休止状態に陥っています。


そして皆さんの中には、自分達の不動性を自覚していない人々さえ存在しています。

実際、熟達の道筋上に在る皆さんの中でさえ、疑いと優柔不断で休止状態になっている人々が存在しています。

熟達者の皆さん、どっち付かずの態度に留まる時を過ごすことは、この時が加速されている状況においては長い時間を費やすことになってしまいます。

惑星の次元上昇の明快な呼び掛けを耳にしてきた人々にとって、それは最良の選択ではありません。

熟達者が決して尋ねることがないひとつの質問は、“あとどのくらいの仕事が必要なのか”というものです。

そしてその理由は、努力というものが、愛という領域内に存在している皆さんの故郷、皆さんの運命に向かう自然な道筋になっているからです。

…ですから、何故休止し、何故意思決定しないのでしょうか?

わたし達が起る可能性があるものを皆さんに伝えることを許してください。

それは、この惑星の表層だけではなく、数多くの皆さんのこころの内部でも浄化の最終段階が起っているからです。

そして皆さんの中にはそれが訪れていていることを理解しなかった人々が存在していました。

そして皆さんは既にその場に存在していると考えて、そのエネルギーが皆さんの周りを締め付けている時に戸惑いを感じている人々も存在していました。

皆さんは、2011年と2012年は次元上昇の結晶構造の時代と伴に、地球と実際に人類の変容の到来を告げていることを理解しています。

そして熟達者の皆さん、その継続している変容は不均衡という滓、取り除かれることになる障害という最後の滓を必要としています。


宇宙の拡大
Cosmic Expansion

そうした状況のため、この惑星上の人類ひとりひとりが現在、地球のこの時期に信じられないほどの広範囲に及んでいる‘宇宙的な’周波数と連動することが求められています。

そしてわたし達が皆さんに伝えてきたように、一方でこの拡大の単なる理解だけでは充分ではありません。

それは単純に最初の段階であり、宇宙の拡大と理想的に一体化している状態と同じではありません。
依然としてより多くの努力、より多くの処理、より多くの意識の集中が求められています。

最適な一体化は拡張的な成長であり、このように急速化した急激な移行は、必然的に皆さんをふたたび自分の肌より大きくなるような別の感覚に導くことになるでしょう。

そしてまた、やがて強烈で、不快な閉塞感という新しい感覚に導くことになりますが、それは絶えずより大幅な進化に向けて意識を集中させることが求められます。

ですから、熟達者の皆さん、気付いてください。

宇宙のトリガー、そして実際に次元上昇の前兆となり、現在継続し、またこれから起る結節点や誘因のすべてを備えている試練のエネルギーの中で適応しながら成長して行くように、現在かなりの努力が払われています。

そしてそのために浄化と解放が絶対的に必要になっています。

そしてそれが皆さんひとりひとりに影響を与えています。
実際、このエネルギーは宇宙の拡張の激しさと、皆さんがそれに対処する方法を表しています。

皆さんが受け入れようが無視しようが、それが皆さんの生命の道筋、そしてエネルギーにかなりの影響を及ぼしています。
熟達者の皆さん、もしも皆さんがこうした感覚を感じているのであれば、わたし達は皆さんを讃へ、また皆さんを祝します。

何故なら、それは飛躍的な成長の永遠に残る証しになっているからです。
実際、皆さんは個人的な次元上昇の道筋の上に存在していて… そしてわたし達はいつも皆さんと伴に存在しています。

親愛なる皆さん、皆さんは独りではないことに気付いてください。

天使の領域のわたし達は、皆さんと伴に存在しています。

皆さんが次元上昇と呼んでいる浄化の過程における解放の中で、皆さんを支援するために地球それ自体がその想いを最大に高めていることを認識してください。

2009年と2010年の宇宙的なトリガーの到来以降、結晶構造のエネルギーの内部に解き放つことができるように、現在、地球内部の一定の渦状の要所が操作されています。

2011年3月の昼夜平分時と呼ばれているものを通して、実際にある聖なる浄化という試練が訪れることになります。

何故なら、皆さんが二元性を超えて進むことになるからです。


結びとして
Closing:

親愛なる皆さん、生きている地球は次元上昇に向けた卒業式における皆さんの協力者であり、結晶構造の時代という無極性へ向けて現われています。

菫色の光彩に属している試練のエネルギーという結晶構造の側面が、結晶構造のマルカナのための道筋を清めるために、表層に残されたままになっている皆さんのエネルギー領域内部の有害な振動周波数を増幅し、沸騰させることになるでしょう。

これは、昼夜平分時、至点、蝕、そして3重の日付のポータルのように一定の意識的な力の結節点や周波数を備えた日付の内部において、極めて簡単に達成することができます。

こうした出来事は2011年と2012年を通して固有な現象として数々の要因が重なり合った人類に提示された手段、利用されることになる増幅手段になっています。

しかし、それは適切な意図によって、何時如何なる場所においても達成できるものです。

親愛なる皆さん、それは必要不可欠なものです。

熟達者の皆さん、皆さんはその愛と意志を通して皆さん自身の神性という結晶構造の輝きを投影しているため、皆さんは皆さん自身を変えることで世界を変化させています。


次元上昇は同時にひとつのこころで起ります。

お互いを敬い、育んでください。

そして皆さん自身を愛することお忘れないでください。

何故なら、皆さんは神の光として存在しているからです

わたしはメタトロン、そしてわたしはこの真実を皆さんと共有します。


そしてその通りに… そしてそのように!
And so it is.... And it is so !


http://lightworkers.org/channeling/127126/coming-equinox

翻訳:森のくまさま

2011/3/23(水)雪のち晴れ



ここ数日は、穏やかな状態、本来の状態が戻ってるという感じ。
本来の自分自身でいられることが、心地いいし、安らげる。


-3/21(月)[春分の日]

この日は、午前中のGちゃんから電話があり、普通に話していた。

すると、ジゃーちゃんが、その話の間に入ってきて答えてくれた。
たぶん、今作っているホームページの話をしていた時のことだと思う。

この日、Gちゃんと私は、けっこうふざけた話方をしていたら、ジャーちゃんもそれに合わせて、時々、私たちに合わせて所どころくだけてた。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

J:「することが、見えてきましたね。」

「ん?ホームページのこと?」

G:「そうみたいだよ。」

J:「共に成長していく意識でいてください。」

「共に成長していく?」

J:「出来たら、手放すのではなく。」

「へ? そうなの?!」

G:「なんというかね、、、言葉が変かもしれないけど、”餌を与えなきゃならない”というか。そんな感じ。」

J:「インターネットで生きているものは、物質社会に適応するのは必然。」

G:「自分の子供のように扱うんだって。」

「そうなの?」

J:「”生きてる”HPを見なければ、誰もアクセスしません。」

「あら? じゃあ、ヒューマンエンジェルの時は、手放してたじゃん。」
※その時は、期待・執着なく、手放すのが基本だと思ってたから。

J:「あの時は、”作成”が目的だった。魂が入っていない。」

「え~~~。そうだったの? ね、、、もしかして、あの時に”魂を入れて”いれば、もっとアクセスがあったってこと?」

G:「うん、そうだったみたい。」

「もしかして、もっとクライアントさんもあったの? 昨年、あんな生活だったけど、どうだったの?」

G:「生活水準は、そんなに変わらないけれど、もう少しマシだった。だって~~~!!」

「いやー、なにそれ~~~!!何でもっと早く言ってくれなかったのさー!!ヒモジイ思いまでしてたのに~!!」

G:「あのとき(最初のHP作った後)ね、ブログのほうに”燃えてた”ってジャーちゃんが言ってるわー。笑」
その頃→2009年9月ころ

「ぶ~~、確かに、そうかもしれないけどさー笑。」

「ねぇ。それじゃ、準備されていた人たちって、忍耐強く待ってくれてるってワケ?」

J:「そのとおりですよ。」

「でもな~~~、そうそう。あの時(始めてのHP)、、、作っているときに、いろんな”気づき”があったけれど、あの時はまだ、”恐れ”があったんだよなー。」

J:「始めてのクライアントさんの時に、あなた、”恐れ”てましたよね?(笑ってる感じ)」
”青の恐れ”のとき→10/9/28【神聖なタイミング~青の恐れ①】

「そうだー、二日間くらい出たよねーー!!笑。」

J:「そうやって、克服していくものなんですよ。」

G:「私だって、始めてのときは恐れがでたしょー。」

「そうだったよねー。みんなあるよね。」


「あ、、、そうだ、話が変わるけどね、、、私が東京から持ち帰ったアイビー(観葉植物)なんだけど、、、なんか凄く愛おしくてねー。私の部屋は、ストーブ消している時間があるから寒いと思って下(1階の居間)においてあったんだけどさ。毎日、声をかけてたけど、”寂しい”って感情が伝わってくるの。これが死んじゃったら、私まで生きていけないとまで思うんだよー。こんなの始めて~。」
最初に感情が伝わってきたとき↓
→11/2/17【今の状況&ワークのこと&過去の転載から役割・段階について】byGraceさん 

J:「そうですよ。」

「やっぱり~??? ほんと、言ってることが感じるのさー。」

J:「それは、あなたの分身ですよ。あなたは、すでにやってます。」

「え?そうなの?分身? どうりで、自分の部屋に持ってきたら、私が、落ち着いたー。なんか、以前に戻ったようなの。」

G:「なんていうかね、、魂を、、、」

「魂を吹き込んだって感じ?」

G:「そうだってー。」

「そうだったのかー。 なんか、一緒にいるだけで、全然違うのさー。これは、最後まで残っていた植物だったけど、以前に、私の守護天使の中の"Growth"って呼んでたけど、「あなたの側で小さな植物(緑の色も含め)が目に入ったら、わたしからのメッセージです。」って言ってたから、辛いときも、これに話かけていたんだよねー。」
"Growth"からのメッセージ→10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya

「いつの間にか、魂を吹き込んでいたなんて、ビックリ。」

J:「期待ではなく、魂を吹き込む。」

「ね、話は戻るけど、例えば、HPも、自分の意識で、”ON"にも"OFFにもすることが出来るってこと?」

J:「そうですよ。」

「じゃ、お休みしたいときは、OFFとか出来るのか~。」

「まだ、HPも何を書こうとか分からないところもあるけど。」

J:「マインドからではなく、真の自己に聞いてください。」

「うん。」


Gちゃんとまた話しに戻っていて、その流れから、、、

「ね~、ほんと、みんな(天界)の存在たちって、”忍耐強い”よねー。キレちゃいそうにならないの?笑。」

G:「あはは、ホントに思うよねー。”たくさんの人を抱えているから、いちいちキレてたら身が持たない。”ってジャーちゃん言ってるよー。」

「そりゃ、そうだよね。笑。」

「そうそう、あれから、”縮小”ってとくに「入らなくっちゃ」ってやってないけど、どうなの?」

J:「それで、いいですよ。」

「普通に、瞑想から入って、自然体で、yohamに繋がってるってこと?」

G:「うん。それでいいって。」

「よかったー。」



話は、前後しているところがあるかも知れないけど、”春分の日”は、”魂を吹き込む”という話だった。
”魂を吹き込む”話を聞いて、私は、シャウドの中に出てきた、おもちゃ職人クラウスの話を思い出していた。

☆ティチャーシリーズ シャウド12「J'encore 再び、私に出会う 」だったかな? この話の内容と同じじゃないかも知れないけど、自分の魂を入れたものと、再び会う。って感じ。この辺り、もう一度ジャーちゃんに聞いてみたいな。

ジャーちゃんは、自分が、創造したものは、子供といっしょだと言っていて、私も子供たちから、成長させてもらってきたけど、このブログも同じで、”表現する”ことに対して成長を得てきたし、共に歩んできたなと感じた。
創ったものには”意識”があることを、改めて感じた。旧HPには、思わず「ごめんちゃい。汗」と謝った。

今、作ってるHPでは、ちゃんと世話をしながら、”魂を吹き込んで”いこうと思う。っていうか、自然にそうなるのじゃないかと感じている。あのテンプレートに出会ったときから。
そして、ひとつひとつチョットずつ、相変わらず試行錯誤しながらも進んでいる。けっこうジャーちゃんにも助けられているけれど。(イメージを送ると、”これっ”と思うものが見つけられる※画像など)


毎日、バイトから帰ってきて、パターンが決まってきているけど、今は、HPを作っているのも楽しい。
以前なら、”ガー”っと一気にやるタイプだったけど、バイトもあるし、瞑想の時間配分も考えながら意識的にやっている。

瞑想は、やはり”古いエネルギー”の解放と同時に”宇宙(高次)のエネルギー”を入れてるみたいで、鳥肌を通り越して、やっぱり布団に入ってても”寒い”。
完全に、エネルギーを入れ替えるまでは続くかもしれない。
手のひらからの感じるエネルギーはスゴイ。ちゃんと意識も保っていられるようにyohamとジャーちゃんはしてくれているようだ。

最近は、そんな感じ。

自分の部屋に布団をもってきたことと、アイビー(自分の分身)と側にいることで、ホントにほぼ自分のポジションに戻ったという感覚に変わった。
いつも一緒だと分からないのだけど、”離れること”を感じると”リアル”に感情が伝わってくることは発見だった。今は、私にとって、どれだけ大きな”存在”なのかが分かる。

今月の”満月”と”春分の日”は、何となく切り替えポイントのようだった。


全てに感謝!

2011/3/25(金)曇り時々晴れ



大内さんのサイトに、ミカエルから、日本に住む人たちへ特別なメッセージがあったので、転載させて頂くことにした。


☆ Hiroshi's World -大内博の世界- より

AAマイケルの特別メッセージ
-2011年3月18日-

チャネラー:ロナ・ハーマン 翻訳:大内博

:この重要な人生において、日本人として転生することを選択した祝福された魂であるあなたへ


あなた方は、この重要な人生において、日本人として転生することを選択した祝福された魂です。

 あなた方は、大いなる試練を克服するための力、強さ、頑強な忍耐心を、DNAの中に持って生まれてきました。また、あなた方の神聖なマインドの中には、美しい構図があり、レムリアの遺産である美と静けさの記憶があります。あなた方は地球のユニークで精妙な美しさを持った地に美しくも不可思議なる国を創造するために、偉大な才能を発揮してきました。
 あなた方は、魂のレベルで、あなた方の大切な国が、遥かなる未来において、一つの偉大なる宇宙の周期の終わりに起こる広範囲に及ぶ劇的な変化を体験し、大いなる混乱を体験するかもしれないという可能性を見せられました。愛する人たちよ、今その時がやって来たのです。あなた方が勇敢にも助けを必要としている人々に援助の手を差し伸べ、ばらばらに破壊されてしまったものを再びわがものとするために再建していくあなた方を、世界中が見守っています。

 あなた方はかつて憎まれ悪口を言われてきましたが、世界の国々は今あなた方を助けるために駆けつけています。なぜなら、あなた方は価値ある存在であることを自ら証明し、あなた方の国のオーリックフィールドは、憎しみと攻撃のエネルギーの代わりに愛と叡智の光で満たされているからです。あなた方日本人は再び“光のチャンピオン”になることを依頼されているのです。そして、すべての存在にとっての和と調和と善意の行進のリーダーとなることを依頼されているのです。

 大災害が地球の反対側で起こっているときには、災害やネガティブな状況から超然としていることは簡単です。しかし、それがあなたの国で起こっているとき、あなたの近隣で起こっているとき、そして、直接的にあなた自身や家族や家が影響を受けるとき、それは簡単なことではありません。その時、マスターとしての真の試練がやってきます。そんな時、あなたの聖心に心の中心を置き、あなたに何が起こっても、あるいはあなたの周囲で何が起こっても、高次元世界の友人たちが、混沌が支配する暗い夜に耐え、明るく新しい未来の輝く光の中へと導いてくれると信頼することができるでしょうか。

 ここで再び、共同創造の自らのマスターであるあなた方にとって、何が適切であり、何が適切でないかをさらによく理解できるように説明することを許してください。今苦しみと苦難の真っただ中にいる人々に援助の手を差し伸べることがあなた方の最大の心の願望であるということを私たちは知っております。これはそうあるべきです。直接救助にかかわることが使命である人たちもいます。直接的なかかわりは、住む場所を失ってしまった人々や困窮状態にある人々を守り、慈しみ、癒し、助けるといった形をとるかもしれません。混乱の真っただ中に飛び込んでいくようにとの呼びかけを感じる人もいるでしょう。そして、今現在常に進行している様々な状況やドラマにおいて何が最善の行動なのかに関して重要な決断を下さなければならない人たちもいるでしょう。中には自分の富を共有することによってサポートする人たちもいるでしょう。そして、それもまた適切なのです。
 しかしながら、あなた方の大部分の人たちは、特に、高次元の周波数を自分の周波数として要求し獲得した人たちは、これらの緊張に満ちたドラマからやや一線を画したところにいます。したがって、あなた方はハートに存在の中心を置き、魂に焦点を置くことがかつてなかったほどに重要です。そうすることによって、最大量の光・希望・調和のエネルギーを、ソーラー・パワー・センターから発して、意識の混乱したアストラル界に向けて放射し、かつ、母なる地球の核心へと送り込むことができます。スターシードであるあなた方は、地球がネガティブなエネルギーの監獄から自らを解放する手伝いをすることができます。今、地球は太陽系において新たに指定された立場を自らのものとするために負荷を軽くしてオーリックフィールドの調和をとるべく努力しているのです。

“私はどのように助ければよいのだろう?”と多くの人たちが問いかけています。第一に、あなたが光の模範例となり、すべての存在がそれを見てその光を浴びることができるように、あなたの神聖な光を放射してください。
 グループの瞑想に参加し、5次元の世界のピラミッドを頻繁に訪れ、あなた独自のエネルギーとあなたの愛と光をすべての存在の最善のために活用されるように提供してください。最大量の宇宙の光の物質をあなた自身に引き寄せ、あなたが住んでいる地域に、神聖な光のアダマンタイン粒子を固定させる錨となってください。ライトワーカーの多くのグループによって、5次元に偉大な光のピラミッドが数多く形成されるのを見てください。そして、最大限の宇宙の光の波を創出する意図をもって、このピラミッドの中の瞑想に参加してください。
 すべての存在にとっての最善のためにデザインされているこれらの光の波は、時がたつにつれてすべての国々を包み込み、大衆を覚醒し、これまで世界中の国々や人々の首を絞めつけてきたネガティブなエネルギーを浄化し、除去することになります。それぞれの国、それぞれの民族がユニークな存在であることを知ってください。というのは、彼らは明確な属性と願望と機会と挑戦を持つものとして創造されたのです。あなた方の一人一人が、最大限の奉仕ができ、最善の活動ができる場所に戦略的に配備されているのです。あなた方の脳/魂の構造の中には波動的な種のクリスタルがあり、これらのクリスタルが“真実と叡智と保護の光”にアクセスする手伝いをしてくれることでしょう。

わが愛する戦士たちよ、あなた方のハートセンターを閉じることのないようにと依頼します。怖れと絶望に陥らないでください。いま、地球上で、そして、高次元の世界で、あなた方の理解を超えた偉大な出来事が起きつつあります。私たちはこれまでも何度も言ってきました。混沌の中から新しい創造が始まるのです。

今回おこった途方もなく大きな悲劇、そして、数多くの人々によって体験されるだろう苦しみを軽視するようにと依頼しているわけではありません。しかしながら、あなた方が3/4次元のネガティブなエネルギー・怖れ・混乱につかまってしまえば、それは誰のためにもなりません。あなた方の強力な思考形態と思考のエネルギーが低次元の波動パターンに入ることを許さないでください。それらのエネルギーは暗雲にさらなるネガティブなエネルギーを付加するだけの結果に終わります。そうする代わりに、あなたの強力な愛と光のエネルギーを混沌の真っただ中へと送り込み、混乱を広げる人々のハートの中へと送り込んでください。そして、暗闇が徐々に神聖な光によって克服されるのを見つめてください。

もっとも闇が深い時においても、私たちは愛情に満ちたエネルギーであなた方を持ち上げサポートし援助することを約束します。あらゆる創造物の愛と光は、あなた方の大胆にして着実な努力とあいまって、必ず勝利します。

私はあなた方の永遠なる友であり、あなた方を守る者です。

私はアーキエンジェル・マイケルです。



2011/3/27(日)晴れ



あれから、、、っていつからだ?
日記で言えば、23日からか。


なんか、他のサイトで、放射線の予防方法を伝えられていたのだけど、正直、私的には、「どんなことも”信念体系”なんだよな~。」恐れがあれば、影響受けるかも知れないし、大きな意味で考えれば、全ての体験も深い部分では自分の”選択”によるものなんだよな~。受け入れられる、受け入れられないは別として、良い悪いでもなく。

「影響受ける」、「受けない」、、、それさえも、委ねの中であれば、全てが自分にとって、必要な体験である。ということを考えていて、、、。
その辺りって実際にその状況にいたら、呑まれてしまうのかな~。なんて、、、。どうなんだろう。

「そんなこと言えるのは、近くに住んでいないからだ。」「影響を受けるところに居ないからだ。」と言う声が出るかも知れないけど、それも理解できる。
まだ、殆どの人は、ニュースなど見たら影響を何かしらの影響をうけるのも理解できるし、私も、幼い孫のこと、母親として子供を心配し、想う気持ちを考えたら、水のペットボトルが足りなくなるのも理解できないわけじゃない。実際に、ミルクを作るのに、悩むだろう。

いろんな事を考えていたら、どんな方法もブログで紹介するに至らなかった。

”危機感、恐れ、心配”に囚われるくらいなら、いっそうTVなどは観ないほうがいいと思う。
出来る限り中心に留まり、ピンチをチャンスに変えて、人の奥底の強さを信じて、希望をもつか。のほうに留まれたらいいね。

そんなことを、Gちゃんと話していたのは、昨日のことだ。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「ねー、ハトホルのメッセージに水の浄化方法(水の浄化いうよりも放射線なども融和させる水を作る方法?)が書かれていたんだけど、でも、全て”信念体系”ってことを考えたら、なんか転載までいかなくって。」

「でね、ハトホルの方法だったら、レイキ/ヒーリングでも同じことじゃん。そう思ってさ。どうなの?」

G;「うん、同じだって。」

「でも、”浄化完了”って、いつ分かるかな?」

G:「それはね、人によって違うけど、私たちって、手のひらのビリビリ感って言ってるけど、感じ方もそれぞれだけど、その”感覚”が無くなったらいいみたいだよ。」
※心配なら、薬局に、検査紙?だっけ?調べる紙もあるらしいよ。放射線までは分からないか。汗。塩素くらいまでなのかな?

「そう、それでいいんだね。」

後から確認した補足↓
レイキ/ヒーリングを相手に行う場合
J:「相手に手の感覚だけを伝える。別に手のひらを当てなくても、必要な宇宙のエネルギーは相手にサポートしている。手のひらを使うことで、自分自身が”感じる”ことが出来る。」
という話だった。そのとおりなんだけどね。手のひらで感じれるからこそ、認識できるんだよね。


「それね、今後、新しいエネルギー供給が発見されていくとしても、完全に利用されるされるまで、レイキ/ヒーリングなども求める人が増えてくるのかもな~。と思ってyohamに自己チャネで聞いてみたら、伝えていくみたいなんだよね。」

「私、セカンドまでしか持っていないから、サードとレイキマスターも必要かも。」

G:「あのね、今まで、人に対してするのはセカンドまででも充分だっただけど、やっぱり、必要みたいだよ。」

「そうでしょ?いまは、アチューメント(伝授)すぐは受けられないけど、yohamが準備するでしょ。笑。」

J:「レイキを伝えるのは、”感じる”ことが出来るからですよ。それは、基本です。」

「確かに、そうだったよねー!!それが、最初だったかも!手のひらで、リアルに感じるので分かるようになったよ。」

G:「そうそう、最初は、出てるのか、出てないのか分からなくて疑ったよね。笑。」

「お互いにやりながら、分かるようになっていたもんね。笑。」

G:「でも、レイキはサードが、醍醐味と言われているんだよ。セカンドまでとは全く違うの。なんか感覚が、”神の領域”を知るって感じだったな?」

「ジャーちゃん、私も、その違いを感じれる?」

G:「感じれるって。」

「楽しみだなー。」

今は、レイキも、宇宙にあわせて進化を遂げていて、昔は、一つの段階ごとに21日間のワークがあったし、次の段階の伝授を受けるには、期間を空ける必要があった。でも、現在では、一日で、ファーストから、サードまで受けられるまでに進化した。ベールも薄くなったのもあるだろうし、人の意識も変化しているからなんだろうね。エネルギーは、今も尚、進化続けている。

Gちゃんも、サードを受けた後、いかに”感じる”ようになったか。という話をしていた。


「そういう意味だとしたら、この道【感じる】ことが【全て】だもんね。yohamが伝授受けておくのも必要というのが分かったよ。」

「でね、今、私たちは、災害の影響をあまり受けていない場所にいるわけだけど、実際に、影響を受けている場所にいるのと、いないのと、魂の選択としても、何がどう違うのかな?」

J:「それは、”感じる必要性”ですよ。自分自身の問題、内的に気づき、解放していく魂と、外的な問題から、気づいていく必要性がある魂との違い。今回の影響の受けた土地は、古くからの伝統が根付いていた場所でもある。」

「そうか、確かに、内的に気づく人(目覚める人)、外的なことで気づく人(目覚める)人、人それぞれだもんね。」

J:「北海道の人たちは、経済状態が良くない。それは、自らの問題として出てくる。」

「そうか、どちらかというと内的要素から気づいて解放してきた人たちが多いんだね。古くからの伝統的なことも、あまりないしね。」

G:「そうだよね。東京では、いろんな地方から人が集っていて、いろいろ人たちが混ざっているだろうけど。」

「うん、そうだよね。」

「でね、放射線のことも、実際に、直に影響下にある人は、恐れが出てくるでしょ?でも、信念体系から外れれば、影響は受けないよね?」

G:「うん、そう思う。」

J:「なぜ恐れるのですか? それは、”生”に対しての執着です。真の自己に委ねていれば、生きようが、死のうが、どうでも良いことです。」

「ほんと!そのとおりだよね。どうでもいいのさ。笑。」

「でも、わかるよ。気持ちとしては。何度も超えてきたし。でも、頭でいくら分かっていたって、恐れがあるものは仕方がないよね。”恐れない、恐れない”って言ったところで、深い部分に”恐れ”があれば、なお、信念を強めてしまうし。」

G:「そうだね。”恐れ”を受け入れていきながら(感じつくして)手放すことしか出来ないね。広島の原爆のときだって、被爆したって生存者はいるし、生きる人もいれば、亡くなる人もいるよね。」

良い、悪いではなく。何にでも言えることだけど、いろんなところに”生”への執着が深い部分にあったりする。

「うん。」

”恐れ””不安”などがある内は、自分自身の判断(選択)で、対処していくしかない。
気にしない人は、気にしないだろうけど。

で、今日になって、例えば、水に手を当てレイキできる人はいいけれど、そうなると、エネルギー導管を開いてない人は、どうなんだろう?と思って再度確認してみた。

J:「導管を開いているのと開いていないのとでは、全然違う」

と、いうことだった。

※後から確認した補足↓
J:「宇宙のエネルギーは、基本的には、有料でも無料のものであっても、誰でも利用できるもの。しかし、アチューメント(伝授)を受けていない場合、導管の太さは個人差があって、受け取れるのも受けれないのも、その人の段階によっても違う。」

それは、残念ながら、今の現状では、例え同じツールを使ったとしても、誰でも同じとは限らないことを意味する。その人の浄化の状態でも違ってくるだろうし。

あくまでもエネルギーの話なんだけど、同じエネルギーが降り注ぎ受け取ったとしても、現れ方が違うのは、そういうことみたいだ。でも、どうしても”放射線”など、心配な人は、いろんな情報があるので調べるといいかもしれない。


「ね、私さ、今、東京にいたときと違って、お水を沸騰させて飲んでないんだ。その代わりに、カルキが抜けるように出来ているお茶のパックを百均で買ってポットにつくって飲んでるけど。母と一緒だと自分の飲む分だけ白湯を造るわけにもいかないもんね。」

G:「そうだよねー。」

「それもレイキで浄化できるんだけどさ。イチイチやってないもんね。笑。」

G:「うん。私も浄水器のが美味しいから、それで飲んでる。」

G:「あんね、お茶っぱとかが、ある程度は塩素なども吸い取ってくれてるみたいだよ。だから、そうやって飲んでるんだって。」

「そうか。そうだったんだ。私は、これでいいんだろうか?と思ってたけど。」

yohamが、自然にそうやって飲ませてくれていた。カフェインの入ってない黒豆麦茶が今はお気に入り。真の自己に委ねれば自然と必要なものを与えてくれてることに気づく。

「北海道の水って、どうなんだろうね。」

実際、東京や札幌と違って、今、髪の手触りが以前よりずっと柔らかくなっている。塩素は多少少ないのかな?と感じた。メキシコ州タオスに行ったときは、お風呂に入るとまったく違った。飲み水はペットボトルしか使えなかったけれど、やっぱり違うものは、違うと実感する。

G:「水道水は、どうしても塩素入っているけど、井戸水は、いいみたいだよ。」

「そうだよね。うちも昔は井戸水で、ポンプでくみ上げてたよなー。今の時代は、仕方がないよね。」

G:「あのね、網走のほうの水はいいんだって~!そう言ってるわ。」

「そうか、そっちまで汲みにいけないけどね。笑。 へ~~、そうなんだ~。」

「しかし、水もそうだけど、私なんか、今、母がレンジを使うから、もう気にしていられなくなったわ!」

G:「そうか、そうだよね!!」

J:「確かに、レンジで、性質は変わる。」
※その後のコメントは聞き逃したけど、ようするに信念体系ってことを伝えていたんじゃないかな?

「うん、でもね、もうどうでも良くなった!いい意味で手放すことできたわ! ここだけは、東京でも、出来る限り使ってこなかったんだけど、手放せたよ。」

「マンマ(ご飯)が、当たるだけでありがたいし。母にも感謝だし。」

G:「そうだよね~」


でも、ジャーちゃんが言うように、起きている出来事、物事から、”気づける”ことは多い。自分の中の”恐れ”と向き合うのに、いい機会を作ってくれている。今は、本当に”解放”していくのに、いいチャンスだと思う。

いや、そのためにも起こっているし。実際にそれが楽なことではなかったとしても、手放すかどうかも、自分次第なわけだから、勇気をもって、内側の深くをみていける人が増えるといいなと思う。そうすることで、後が、とても生き易くなっていくのだから。”生”に対する恐れも、一度”腹をくくってしまえば”その後は、越えていきやすくなる。”生き残り”に奮闘するよりも、覚悟して”死ぬ”つもりになってみたら、人生は、これまで以上に楽しめるかもしれない。楽にもなるかも知れない。パラドックスのようだけど、それが私の中の”真実”とも言える。

話は変わるけど、この日は、確か”肉体”のことも聞いたんだっけ、バイトの(肉体労働)には、慣れてはきているんだけども、でも肉体は、まだついてきてなくて、ひとつの体勢から変えるときには、痛みと固まってしまっていて、スムーズに動けないのが現状だった。
それが、アセンション症候群からなのか、肉体労働のほうからなのが、区別が付かない状態だった。


「これって、どっちなんだろう?」

G:「肉体のほうみたいだよ。かなりだね。」

「うん、私、始めて自分に遠隔ヒーリングしたもん!!自分でやってるから、受け取りながらリラックスするまでとは、言いがたいけどね。笑。」

J:「ヒーリングすることによって、質の良い睡眠も得られるんですよ。身体が休まる。」

「そうだったのか。」


確かに、今朝、休みだったけど、いつもより起きるの遅かったかも。ここに来てから休みでも早く目が覚めてたし、寝返りしても体勢が痛くて目が覚めるときもあったもんね。汗

私自身は、ただ、このままではちょっとヤバイかもと思ってヒーリングをやったけど、yohamは、質のよい睡眠を取らせるために動かしてくれたようだ。ジャーちゃんが、時々yohamの意志を代弁してくれるからありがたい。ダウジングや、自己チャネだけでは、分からないこともホントある。


「でね、指の火傷のところだけど、後からのほうは、殆ど治ったけど、最初のは治りが悪くて、その内に、その指の部分が冷たくなっていくんだ。部屋が暖かくて寒くなくても、この部分だけ。これは、瞑想していなくても、古いエネルギーを解放しているってことなの?」

G:「うん。そうなんだって、そこからも解放しているらしいわ。」

「そうなの?!ほんと、変だと思ったよ。腐っていくのかと思ったくらいなんだからー。」

その翌日は、身体が、どこにいても寒くて風邪でもめずらしく引いたのかと思ったけれど、これも解放のようだ。同日、Gちゃんも同じ体験をしていた。以前に体験のないことは、分からないものは分からないし。


昨日は、そんな感じだったかな?


今日は、なんだっけ? あ、そうか、ブログを書くのに、確認と、HPの確認をしたんだっけ。
自分に気づけないことを教えてくれるから、すごく助かる。

そうだ、芸術性の話もしたんだっけ。

J:「あなたも、絵を描きたいと心から望むのであれば、そうなりますよ!」

「ほんと?! 嬉しい。やってみたいな!」

「ねぇ、素朴な質問なんだけどね? そっちの領域から、絵が降りてくるでしょ? でも、何も基礎がなくても描けるものなの?」

G:「やっぱね、いきなりではなくて、例えば”遠近法”だとか、そういうのは、ある程度勉強する必要はあるようだよ。」


※どんな絵とかにもよると思うけど。私が、多分HP作りのときに送ったイメージでは、勉強も必要悪なんだと思う。「こんなの書けたらいいな~。」なんて見てるもんだから。(笑)

「そうだよね。」

G:「でね、音楽といっても、旋律はうけとっても、すぐに楽器が弾けるとか、曲に出来るとは限らないんだって。」

「そうかも知れないねー。すぐにピアノが弾けるかって、指の筋肉が鍛えられてなかったりしたら、それは、物理的に無理なのかも知れないね。」
※稀に天才的な人は居るのかも知れないけど。

「そうか、でも、それだけ芸術面とかに、時間をいやせるときってくるのかね~。」

G:「ま~、もっと先の話だろうけどね。」


今日は、そんな感じだったかな?

ある時期が来て、熱望するならば、クリスタルの領域から降りてくるだろう。
素人的に、ただ楽しむっていうのであれば、そんな勉強などしなくても充分楽しめるのだと思うけど。

本気で、求めるのであれば、何でも出来るようになるんだろうな。それもyohamが何をやるか、ハートで教えてくれるんだろうな。そうだとしたら、やっぱ、音楽、歌のほうが先なのかな?絵本かな?(以前、預言カフェで伝えてくれたこと)

なんだっていいよね。どれも素敵なことに違いないはずだから。(笑)


余談だけど、日々、HPと向き合ってきた。細かい部分はまだあるけれど、ようやく完成に近づいてきた。

ジャーちゃんは、これまでにも、エネルギーのバランスの大切なことを教えてくれたことをブログにも書いてきたけれど、今、新しいHPを作りながら、”料金”なども設定したところだ。

エネルギーのバランス、、、それはクリムゾンのスクールで教えてくれたセクシャル・エナジーに関連するものだけど、エネルギーの奪い合いをすることなく、エネルギーを循環させることの大切さは、改めて認識する。
ジャーちゃんは、”いかにエネルギーのバランス”を取るか。という事を伝えてくれてる。

なんでも、無償がいいとは限らないし、安いからいいってことにもならない。それは、エネルギーを明渡していることになっていたり、知らずにエネルギーを奪ってしまうこともあるので、よくよく気をつけなければならない。それは、誰も”犠牲者”を作らない方法でもあると感じている。

それは、その人その人の状況(環境)によって違うこともある。(価格設定に関して)
考えてみると、それは自然なことだったのかも。あまりまわりの風潮に惑わされず、自分の状況をちゃんと見据えて、そうすることで色んな事と、バランスを取れていくんだろうな。

考えてみたら、ジャーちゃんから、いろいろ教わってますね。

ちなみに、スタンダードテクノロジーでは、「他人などにする方法は、教えていない」とジャーちゃんが、伝えていたので、水に転写(反射)しても出来ないだろうと思います。
シャウドにも確か、「他人にすることは待ってください」って書いてあったような気がする。
高度だと思うので、私たちが、成長したら、教えてくれるかも知れないね。

今日は、こんな感じでした。

ちょっとした傷が腫れたり、治りにくかったりしたら、免疫力が低下しているサインなので、ゆっくり身体を休めるよう工夫してくださいねー。


今日も全てに感謝!


------------------------
[過去3ヶ月の目次]
☆My Blog-2010年【目次】-14(1-3月)


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。