FC2ブログ
2011/2/18(木)晴れ[満月]



夜中、久しぶりにすごい浄化でしたねー。少し風も強いのかな?
でも、今は青空がひろがってます。爽やか。

B L E S S E D  B L I S Sさんで、ローレンのメッセージのアップがあり、転載させていただいた。

ギアーに油を注ぐ / Lauren.C.Gorgo - February 8, 2011
~プレアデス高等評議会とスピリチュアルハイラーキーからの伝達

春分の日に向けたエネルギーが、
変化の波動と共に、優しく、地球と私たちのライトボディーに降り注ぎ始めています。
春が近づくにつれ、私たちは再誕生の始めの兆候を感じ始めています。

太陽が、明らかに今までとは違うように感じ、
それはあたかも、私たちが長年熟成させてきた本来の自分を、
ゆっくりと呼び覚まそうとするかのようです。

私たちは、長い間来ると信じていた新しい人生の兆候をようやく感じ、
それを見始めています。


そうです、新しい世界はやってきました。

新しい世界を探検しようと、うずうずしている方も多いでしょうが、
それには段階を踏む必要があります。

まずは、長年じっとしていたために錆びついてしまった私たちのギアーに油を注ぎ、
前進を可能にしなければなりません。


Becoming Unhinged
ドロドロから抜け出す


私たちは、地球アセンションの次なるステージに向け、
人としての意識的な共同創造のパワーを、続々と取り戻しつつありますが、
これにより、深く眠っていた傷や、ブロックが浮上し、
私たちは最近、それに直面せざるを得ない状況に置かれました。

しかし、ラッキーな事に、
このようなドロドロもワープ並みの速さで通過する事ができ、
今まで乗り越えるのに数週間、数カ月かかったような問題も、
今や、数時間でクリアにする事ができるようになりました。

私たちが、未知の世界に、自身をグラウンディングさせるにつれ、
自分の力や、能力に対する恐怖感が漂うようになります。

しかしその不安も消えつつあり、
そこには、次なるステップに対する揺るぎなき自信がやってきます。

次なるステップが、どんなものか想像がつかないにもかかわらず。


あなたはこの変化を、小さいことから感じ取っているかもしれません。

例えば、今まで気に障っていたような事が、気にならなくなったり、
今までより、広い視野で物事を捉えられるようになってきています。

それと同時に、3次元の沼からすっぽり抜け出し、
私たちの新しい考え方に沿った形の、
思いもよらない、嬉しい機会が溢れる世界に送り出されます。

しかも、これは、まだほんの序章でしかありません。


私たちが、カルマという足かせから抜け出す際に伴ってくる、
もう一つの要素は、物事の完了の到来です。

2月から3月の春分の日にかけて、
多くの物事が、終わりを迎えたり、消滅したりします。

それは、人間関係、パートナーシップ、仕事、ビジネス、転居、
健康問題、法的問題、経済事情...etcであったりします。

個人的なものや、大衆の愛する人の旅立ちなどもあるかもしれません。

春分の日というのは、大変パワフルな転換のエネルギーを伴い、
このような脱出ポイントを利用して、
それぞれの旅を、別のところで続けようと選択するという方がいます。


多くの方が、この時を選んで、肉体の完成、人生の終焉をむかえるでしょう。


今年、特に、これから6~8週間は、
今まで私たちをブロックし、エネルギーを吸い取ってきたような要素が取り除かれ、
より高い波動のものに置き換えられます。

前線部隊、先駆け隊の皆さまは、
極めて厳しい教訓、経験を通して、完全な魂として生きる事を学んできました。
人生が壊れていったにも係わらず...
理解されない事を承知で、ハートに従ってきました。

人によっては、それは深刻なものでした。
生命を脅かす大病、飢餓状態、極寒状態、住居が無い等...

人によっては、この道を孤独で歩まなければならなかったり、
この道の為に、愛する人と、一時的に離れなければならなかったりしました。

時に教訓はそこまで深刻でなくとも、

愛する人の批判を受けたり、批判されるのが怖くて、
愛する人に話す事ができなかったり、

この繊細な転換期を迎えるのにあたり、
外的接触をほとんど遮断せざるを得なかったり。

全てのケースにおいて、不可能を可能にする事を求められ、
私たちの弱さは、大いに攻撃を受け、
世にも恐ろしい恐怖に対面せざるを得ませんでした。

それにもかかわらず、私たちは進んで立ち向かいました。
魂の種を育むために。
不可能を乗り越える事で、魂を磨く事が最優先である事を知っていたから。

次の段階において、先駆け隊、パイオニアの皆さまは、
完全に過去から切り離され、自由に新しい世界を共同創造する機会を得ます。

それは、次に続く人々の見本となり、
私たちは、新しい純粋な意志に基づいて生きるようになります。

私たちの時代がやってきました。


The First Steps
第1ステップ


全ての終わりがそうであるように、新しい始まりはすぐそこまで来ています。

私たちはようやく、新しいエネルギーや、
ゆっくりと意識の中に広がりつつある可能性を、感じ始めています。

それは、新しい人生、新しい情熱、一新された人生目的を呼び覚ます事を約束します。
不可能はないという事が、日に日にハッキリとしてきました。

肉体的苦痛や、容赦ない疲労の中にありながら、
私たちは、去年の10月から待ち焦がれてきた、神聖な兆しをちらほら見始めています。

それは、今まで眠っていて活性化を待っていた私たちの計画、
とくに去年の6月または7月に取り組み始めた計画が、
私たちの新しいレベルの気づきに触発され、息を吹き返します。

それは、様々な新しい機会がやってくる事を意味します。

思いもよらぬ新しい企画、妊娠、パートナーシップ、
魂を揺さぶるアドベンチャー...etc 

自分自身が、全体の一部として不可欠な要素である事に気が付くにつれ、
波長の合う人が分かるようになり、
新しい世界、新しいビジョンを共に創造するようになります。

そして、人間の愛の許容範囲の広さを、理解するようになります。

プレアデスの存在が言うには、
真の調和的創造が可能になったのは、完全に一なる時空になったからだそうです。

グリッドが活性化され、多くの人が目覚め、
遺伝子が革新化された、新しい命が続々誕生しています。

彼らは新しい地球の鋳型となる、
クリスタルグリッドの構造の中で、活躍するようになります。

私たちが、一旦、カルマ的二元性の枠組みから解放されると、
高次元意識の法の影響下に置かれます。

一なる存在のみが行動する、という法においては、
私たちの思考はクリアで、バランスがとれ、
雑念の無い状態で創造できるようでなければなりません。

私たちは、これが何を意味するかを学び始めたばかりで、新しい領域を、
最近得た、新しい内なるGPSシステムを使いながら、探っている状態です。

しかし、3月の春分の日が来たら、補助輪は、取り外されます。
秋分の日には、いよいよ巣立ちを迎えるでしょう。

“これまでの転換から学んできたことや、
内なる静けさから得た事を行動に移す時が来ました。
学びの過程は非常に厳しく、あなたは大変良くやりました。
今こそ前進し、創造し、そして創造を繰り返し、あなたの熟練度を磨く時です。
失敗しても大丈夫、失敗から学び、人類を勝利へと導いてください”
-スピリチュアルハイラーキーより


Saying Goodbye to a Life Gone By
過去の人生に別れを告げる時


次なる一歩を踏み出し、新しい人生にグラウンディングする時、
奥底にあった感情が湧きあがってくる事があります。
それは強い怒り、イライラ、不安として浮上したり、
瞬間的に溢れだす涙に変わったりします。

湧きあがる感情は、先に進めないでいる方たちにとって、
穴から抜け出す、力強い原動力になります。

これらの感情の解放は、一時的に過去の自分に対して、喪に服している状態で、
意識の新しいレベルに移行する際には、良くあることです。

奥底に残っていたエゴや、人格の死は、私たちを、より真の自身に近づけます。

もし、あなたがまだ、怒りや、不安、鬱状態の段階にいるとしたら、
落ち着いて切り抜けてください。

いずれ不要なエネルギーが解放されたら、
ああすれば良かった、こうしていれば、などといった、
過去に対する、後悔の罠から解放され、先に進めるようになります。

私たちが、自分自身を完全に愛する事ができるようになれば、
真の自分でいる事が、怖くなくなります。
ここからが、新しい人生の始まりです。

ここまでの道のりは、単なる練習だった、という事を深く理解した時...
Will there still be bumps in the road?

Of course!

But luckily, where we're going... we won't need roads ; ))

これからの道にはまだ障害があるのでしょうか?

もちろん!
でも、ラッキーなことに、今から私たちが行くところには、道自体が無いのです。

To coming unstuck...
さあ、穴から抜け出しましょう!

Lauren
ローレン

Quoted from:
ThinkWithYourHeart.net
starpeople


ほんとに、、、、そのとおり。

実際、これまでは”訓練”だったんだょ。汗 「あ”~~っ」って叫びたくなる。
でも、やっぱり私は自分のやり方がまるごと好きだっ。
大いに”回帰すること”を助けてくれたから。
ホント、ドMだねっ。(笑)

これからもっともっと、実感していくだろうな。

*  *  *

さ~て。引越準備は、順調~!
冷蔵庫も、洗濯機、炊飯ジャーも使えるのは今日が最後。

最後の洗濯と、冷蔵庫の中(殆ど使い切ったが)を出してキレイにしましょ。
そっか、TVも、夜には外に出しておかなければ、、、。
雨は降らないかな?

明日の午前中には電化製品がなくなってスッキリするかな?
ご飯を炊けるのも今日のうち。

明日は、Mちゃんがベッドマットを降ろす手伝いをしてくれるので、一緒にご飯でも食べられるといいけれど。

うん、余裕だな。掃除もだいたい終わったので、後から簡単にするだけだから。

昨日、メッセージを探しているときに過去のブログをさ~っと目を通したけど、東京にいた3年間は、本当にいろんなことがあった。楽しいことも、痛いことも、辛いことも、恐れで震えたことも。真実を知ったり、発見したりとバラエティーに富んでる。(笑)
いろんな事を振り返り、甘酸っぱいような気分になった。

でも、そんな感情も、ローレンのメッセージのように、そんな”過去の人生”とも別れを告げて、新たに旅立つ時が来ていることを知らせているんだな。って感じた。

また、新しい場所、物質的な部分も含めて(次のステージ)で、ヨチヨチ歩きして慣れていくんだよな。

すべてに感謝!


*  *  *

【高次のエネルギーを感じることと錬金術の繋がり】byGraceさん へ

スポンサーサイト



☆本日↓2011/2/18(金)の始めはこちらから。
【転載】ギアーに油を注ぐ&ひとりごと



あれから、Gちゃんと電話で話した。
Gちゃんは、どうしても無理しずぎてしまうクセから抜け出せず、ジャーちゃんからも言われていた。

Gちゃんのプロセスは、”削ぎ落とし”でもあるし、その理由は、魂が急いでいることにある。
(先日、Gちゃんも、客観的に確認のためにチャネリングセッションを受けた。)

引越は、ある意味、”削ぎ落とし”するには、見えない部分、物質的な部分で両方をイッキに出来ることがいいのかもしれない。
(引越の規模にもよるけど)

まだ続く困難なことも、ジャーちゃん曰く

「あなたが設定していることです。削ぎ落としを急いでいます。意識はしているけれど、まだ無理をしようとしています。」

という事だった。

昔の私も同じだったので良く分かるのだけど、余裕がなくなると、全て自分でやらなきゃというのが出てきちゃう。(ブログに書いたけど)
”天界”に頼めば、よりスムーズにことが運ぶのに、忘れてしまって、あっちこっちと動かされて、突発的な問題が表れたりする。(それも知らせるためだったりするので、良い悪いはないけどね。)

確かに、”三次元的”なことは、当然、肉体のある自分たちがやらなければならないのだけど、天界が助けてくれることで無駄は省ける。気づきがきたり、失くしたものがすぐに見つかったり。なにより物事がスムーズに運ぶ。

ま、そんなんで、Gちゃんも、話しているうちに元気を取り戻し、天界に頼み、休むときは休むを続けることを約束した。(自分の解放のためだし)

なぜ、一つのことが解決(解放し)してホッとしたと思えば、解また次から次と頭を悩ますことが出てきたのか。

それは、今ここで、一気に解放することを、真の自己が望んでいるからなんだろう。
やはり、”完全降伏”するのは、たとえクセの部分ではあっても、容赦なくクリアするまで出てくる。

ただ、ジャーちゃんに確認すると、”一瞬一瞬”に留まることだという。
それは、頭ではわかっているのに、マインドがうるさいときは、やはり”核”がずれていると思っていいと思う。

それについては、ジャーちゃんは、精神的なこともだけど、肉体も休めることが出来ないと、”核”を戻すのが困難になってしまうとのこと。

マインドがうるさくて、元に戻そうとしても出来ないときは、精神、肉体の両方をチェックしてみるといいのかも知れない。繋がっているからねー。身体が疲れていれば、ゆっくり休息をとるとかね。

ジャーちゃんに、言われてしまった。

「あなたたちは、本当に引きずると長い。手放したなら、すぐに忘れればいいのに。」

G・私:「あははー。ホントにね!!」

「私も以前は、引きずったわー。笑 頭じゃ分かっているのにねー。自分でも腹が立つほどー。」



あ、、、それと、最近、また腰が痛くなってきたので確認した。

「これは、エネルギーの詰まりなの?」

「そのとおりです。なるべく無理をしないように、リフレでもいいし、シップなどを貼ってください。」


昨夜は、さすがにリフレの”腰のポイント”をマッサージしたのだけど、腰の痛いときは、必ずポイントを触ると痛い。
で、ちょっと鍛えなきゃならないかと思って軽くストレッチを行ったけど、無理に動かさないほうがよかったみたい。痛みがないときに鍛えるのはいいのかも知れないけどね。

ま、昨日は、物を運ぶのに、階段を何度も往復してたからねー。
でも、その前からだし、元々、腰は丈夫じゃないからな~。


一旦、電話を切ってから、一つ物事が良いほうへ流れたので、喜び勇んでGちゃんから再度、電話があった。

二人で喜んでいたんだけど、話が、また面白い方向へ進んでいった。


□ 高次のエネルギーと錬金術

【セント・ジャーメイン】byGraceさん 

私が、ワークのことを聞いた。

「3歩進んで2歩さがってる気分だよ。ビリビリ感も頭で感じないしー。どうしたらいいんだろ。」

J:「エネルギーの感じ方を練習してください。」

「え~~、墓穴ほっちゃった~~。またやる事増えたじゃん~。」

「で、エネルギーを感じる練習って、どんなだろ?」

G:「この前さー、久しぶりに”アバンダンティア”を行ったときに、アチューメントを受けたときはエネルギーが重く感じられたのに、今回は、軽く感じたんだよね。」

※アバンダンティア=豊穣の女神のアチューメント
豊かさを受け取るサポートをしてくれたり、受け取ることのブロックを外す助けをしてくれたりします。

先日、Gちゃんが、久しぶりに自分に行ってみたら、この女神が現れ、チャネリングも同時に出来たと話していた。


「それは、高次のエネルギーは軽いし、精妙だから感じなくなったんじゃないの?」

G:「うん、この前、チャネリング受けたときにも、どんどん新しいエネルギーが入ってきてますよ。ってチャネラーさんに言われたけど、全然わからないよ。」

「うん、そうだよね。私も受け取ってるけど、わからないもん。」

G:「昔はさ、重く感じたり、いろいろ感じたけど。」

「うん、それはまだ、身体の器のほうが、追いついてなかったからだよね。私も最初は、ひどくむくんだり、首の後ろが痛かったり、重かったり、眠くなったりしたけどね~。」

G:「うん、重く感じたし、眠くなったよねー。」

※身体に大きなエネルギーを入れることを許していく(準備が出来ると)と、身体のエネルギーの受け入れる器もだんだん大きくなり(スペースが出来る)、より大きな(高次の)エネルギーが入ってこれるようになる。

「ね~、ジャーちゃん、高次のエネルギーってあまり感じないんでしょ?」

G:「なんか、違うみたいー。」

「え~~」

J:「感じることが出来ますよ。」

「え~~~、感じることが出来きるの?私、ブログに書いちゃったじゃん~。汗」

「じゃー、どうやって感じることが出来るのさー。昔は、辛かったのは、身体の器がまだ追いついてきてなかったからでしょ?」

J:「そうですよ。」

「どうしたら、感じられるのかね~」

G:「うん、わからないねー。瞑想中とは手のひらでビリビリ感で感じるけどねー。」

「うん、それは私も感じるんだ。ヒーリングをやってる時と同じでね。それはわかるのだけど、、、、。」

「・・・」

J:「意識で感じようとしていることが違う。」

「え~~、それってどういうこと?難しいな~。」

「あー、そういえば、、、、私、昨日のワークで思い出した! ビリビリ感も、なかなか頭に感じなくて、なんだよ~。って思ってたけど、ひとつ不思議なことがあったんだよっ!!」

「あのね! 昨夜、瞑想していたら、両手には何も持ってないのに、右手の手の平の中に、四角い箱が乗ってる感じがしたの。それが、リアルなんだよー!!」

J:「それが、”高次のエネルギー”ですよ。」

「え~~~~~!そうなの?これが高次のエネルギーで、それが感じ方だって言うの?」

J:「その手の平の中の”高次のエネルギー”を身体中に満たしてみてください。回すことが出来ます。」

「へ~~、そんなことが出来るのー?」興奮。

G:「それね、身体の好きな部分に自由に動かせるんだってー。」

「そうなんだー!!」

G:「そういえば、、、私も、利き手の反対側に石を持って瞑想していたら、石がエネルギーの塊に変化したのを感じたな~。」

「そうだ、私もGちゃんに言われて、瞑想のときにやってみたら、石が石じゃないものに変化してるのを感じて不思議に思ったよ。それってどういうこと?ジャーちゃん!」※アメジストの原石でゴツゴツしていたのが、全く感じないものに変化していった。

J:「それが、”錬金術”ですよ。」

G・私:「え~~~~!!!!そうなの~???知らんかったー!!@@ 超~嬉しい~~!!わーい、わーい!!」さらに興奮。(笑)

J:「・・・そうですよ。だから精進してくださいよ。」

「あはは~、クギ刺されちゃったぁー!!」

G・私:「精進する~!!」

J:「あなたたちは、執着を手放してきたからですよ。今では、何かに執着しても期間が短くなって、すぐに手放せるようになってきた。今後はさらに、一瞬一瞬で外していけるようになります。」

「うん、そうだねー、もうあまり執着してなかったねー。忘れちゃうし。」

「ねー、”錬金術”っていうのは、”統合”もだけど、知らずに使ってきたってこともあるんでしょ?」

J:「そうですよ。でも、それとは別に、これからあなたたちは、もっとリアルに”錬金術”を使えるようになってきます。」

「やったー!これは、やっぱり、ここまで解放し、純化してきたから起こることなんだよね。」

J:「そうですよ。執着していては絶対に出来ません。やろうとしても出来ないものです。これは”ナスト”と同じで意識して出来ることじゃない。」
☆ナストについては→11/2/2【引越準備&今日はナストの日~発見:新ツール】byGraceさん

「うん、うん。そうだよねー。」

「やった~!うれしいな~。ワークも、毎日やってるのも無駄じゃないねー。そう、ワークに執着しているわけじゃないんだよな。やるときは、微かにワクワク感があるけど、思った結果と違ったら、あれー、どうして感じないんだろー。って思うだけで。」

G:「うん。」

「面白くなってきたねー!!」

G:「ホントだねー!!」

G・私:「感謝!感謝!!」

「今日も、本当にありがとう~~!!」

G:「こちらこそー!」

-END



と、、、こんな感じで”ワーク”も、全く予想つかなかった方向にまで流れだしていてビックリ。
最初は、アンドロメダ銀河からの情報を受け取れるようになるためから始まったことだったのにね。

もっと”ワーク”が楽しくなってきそう。
考えてみたら、”錬金術”には”期待”すらなかったもんな。忘れてたよ。
頭で考えても、わからないもんだって気づいてからは特にね。(笑)

ホント、、、リアルな感覚なんだよ。何もないのに、今でも不思議。

そうそう、、、意識しすぎると、せっかくの感覚を逃すので、”あるがまま”に、、、。(笑)


全てに感謝!!

WHAT'S NEW?