FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/2/1(火)晴れ



今日は、暖かかったね。

ぼちぼち、引越の片付け始めました。



[mixi]Arrived Energy On Earthより
A Channeling from the Akashic Recoreds of February 2011
Channeler: Jen Eramith MA

http://www.akashictransformations.net/mc/page.do?sitePageId=53332


「2月のアカシックレッコード」


☆ 2011年2月にどんなエネルギーと体験が予期されますか?

今月のエネルギーは、あなたが前にグイッと引っ張られるかのように感じられるものです。それはジェットコースターに乗って、シートに座って、シートベルトを締めて、そしてジェットコースターが動き出す時に、あなたが前にグイッと引っ張られるようなものです。あなたは突然に前方に引っ張られて、それから後方にグイッと引かれるように感じます。それは電車が動き始めた時に感覚とも似ています。

多くの方々は、今月コントロールが出来ないように感じますが、実際のところあなた方はコントロールを失いません。キーパーたちがジェットコースターの例えを与えているのは、あなた方に確実にこれを楽しみとして捉えていただきたいからです。彼らは、それは楽しいことに違いないと考えています。これはこの時期に惑星地球上に生きることで、あなたが何をここで行うかとも似ています。

あなたはこの辺りにいると楽しいかもしれないと考えるので、ここでまだ生きています。物事が困難なことがあるにもかかわらず、道を進むのに恐ろしく感じることがあるにもかかわらず ―― 究極的にあなたのソウルの見識から、これは楽しいと考えるので、あなたはここにいるのです。現在、何が世界に起こっているかは興味深く、だからあなたはここにいたいのです。
これを今月の間ずっと考えてみてください。ジェットコースターがどう動いていくか完全なコントロールが出来ないのに、それに乗る選択をするコントロール権をあなたは持っています。あなたのソウルの見識から、この乗車はそれほど長くはありません。あなたがここにいる間それを楽しんでください。

あなたが行う仕事、そしてあなたがパワーを持っている場所、それがあなたが前進する時に安定して安全であると感じるようにあなた自身をセットします。
今月は、あなたのシートベルトを締めるチャンスです。あなたが前進の安定と安全を確証するために、あなたの人生の中のどんな最後のアジャストメントも行う時です。物事をオーガナイズし、それらを正しい場所に置く時です。あなたの人生の中の全てがうまくいっていることを確認してください。これからやってくる出来事とともに何を行うかのプランをしっかりと作ってください。

また、これをあなたの人間関係の中でも行ってください。あなたの人間関係がどう構成されているかを見て、それらが完全にうまく働くようにしてください。もしあなたが友人と、話すか話さないか、についての同意をしていたのであれば、今月は、今それがあなた方にうまく働いているか、あなた方を幸せにするものか、を確認してください。会話をすることで空気をきれいにして、新しい期待をセットする時です。

それは、今年の後の方になって物事がもっと早く動いていく時に行おうとするよりも、今行ったほうがずっと容易です。今月あなたの時間をとってください。何がうまくいって、何がうまくいっていないかに注意を向けて、物事を整頓してください。物事をオーガナイズしてください。あなたの人生を再構成することで、全てはもっと流動的に動いていきます。


☆ 今月のエネルギーとワークするために、他に何ができますか?

今月は、多くの方々がご自分のハイヤーセルフとの強いコネクションと直感を持つ感覚があります。多くの方が、次に自分が何をすべきかの強いメッセージを受け取るでしょう。
今月は、あなたの天職・進むべき道(calling)に対する応えがある月です。あなたの進むべき道が何か、さらにクリヤーな感覚を発見するとよい時です。それをあなたがそう在るべきだと考える方法で試すことをストップして、ついにあなたが自分のハートと、自分の喜びに従うことに任せてください。
今月あなたは、ある特定の体験にとてもひかれ、それがあなたに手掛かりを与え、あなたの人生の使命を洗練するのを助けるでしょう。何があなたの注意を引くかに気をつけて、それに向かってください。何か行うことを見つけて、それを行ってください。現在は、どうあなたの人生が、あなたの周りの世界の大きな図に利益をもたらすのを助けるかを決定する重要な時です。


☆ その他に2011年2月についてキーパーたちが告げることはありますか?

あなた方は今月、集合的なケオス(混沌)を見るかもしれません。現在はターニングポイントであり、大きな集合的な出来事が起こるための高次の原動力があるようです。社会状況はひっくり返り、あなた方は多くの人が恐れているのを見るかもしれません。あなた方は、人々が自分の周りの世界で何が起こっているかに対して常軌を逸した振る舞いや、ドラマティックな振る舞いをするのを見るかもしれません。

再びとなりますが、強い衝動に対して、どうあなたが感じるかに注意を向けて、あなたが何に情熱を感じるかに基づいて、行うことが出来る何かを発見してください。
もしあなたがご自分の情熱に従えば、フォーカスがあなたの人生を整頓し、あなたに平和をもたらすでしょう。そして、もっとたくさんの方々がご自分の情熱に従うにつれて次第に、これが人類全体の秩序をもたらすのです。
今月、物事は混とんとして見えるかもしれませんが、あなたのフォーカスを整頓し続けてください。物事をそれが属する場所に置いたり、もっと有益な場所に置くことにフォーカスしてください。

2月4,5,6日は、特にチャレンジな日となるかもしれません。これらの日はシャープなエネルギーで、おそらくあなたは、人々が自分自身や他人に対して批判的になるのを発見するでしょう。これらの日にあなたは人々を避けたり、簡単に自分の感情を傷つけられないようにしようとするかもしれません。分厚い皮膚を持っているかのようにしっかりと防御するようにしてください。

2月13日は、スピリットとの強いコネクションがあります。透視に良い日ですので、この日は直感に注意を払ってください。瞑想の時間を見つけましょう。

今月はチャンレンジな月になるかもしれませんが、それは楽しいと考えられるはずであることを覚えていてください。あなたがリラックスして変化とともに動けば、ジェットコースターは楽しいものです。あなたはこのためにここにいたいのです。チャレンジの最中でも楽しみを発見するのにベストを尽くしてください。
あなたがご自分の人生を新しい方法でオーガナイズ使用と一生懸命にワークしているとしても、何か笑ったり祝ったりすることを見つけられるようにしてください!


このメッセージはJen Eramith MAを通してアカシックレコードからチャネルされました。
メッセージの内容を完全にコピーし、著者の権利を全て守ることで、このメッセージはシェアしていただくことが出来ます。www.AkashicTransformations.com



-sesameさん訳

*  *  *

全てに感謝!



スポンサーサイト
2011/2/2(水)曇り



□ 引越準備

今日も、「2」が並ぶ日だ。リコも、今日で、生まれて222日目らしいよ。(笑)
明日は、旧暦のお正月でもあり、「新月」で、新月は、「スタート」という意味あいもあるようです。

私の場合は、もうすでに、スタートを切ってるようなものなので、もう動き始めてる。
決まったことなので、早めにガス、水道、電気や、ブロバイダー、NTTなども停止の申し出も終えてしまったし。あとは、荷物と、区役所などの手続きかな?

元々、いつ捨ててもいいと思ってた布団も、薄いものだったので、ハサミで切ってゴミ袋に入れて捨ててしまった。(そのままだと有料なんで)今月は、下の娘の出張もないし布団も使わない。ホント、ちゃんとタイミングが合ってる。

少しずつ、着々と。って感じです。

あとは、荷物の状態の目処がたったところで、引越業者に予約して。
来週に入ったら、リサイクルショップや、粗大ゴミの予約だな。

うん、何とかなるだろう~。

不思議なくらい穏やかになった。
いろんなことがあるはずなんだけど。

でも、もし、何か出てきたとしたら、それはその時だな。

そういえば、身体の症状(アセンション症候群)は、お散歩を続けたあとからは、殆ど改善していたことに、昨夜気づいた。あちこっち痛かったのが、なくなってた。(笑)
ワークだけじゃなく、いろんなことに有効だったのかな?

ワークも、ツールを使いながら、今も寝る前には、続けている。
最初の頃よりも抵抗なく、拡大や縮小も出来るようになっているみたい。


□ 今日はナストの日~発見:新ツール

今日は、新しい発見があり、だから、【ナスト】の日と書いた。単純に、2011で「4」。2月2日で、「4」だから。(笑)

昔の、トバイアスの言葉には、「人類の”バイオ・サイコ”という性質の当初のデザインには、側面が4つありました。つまり、身体、マインド、スピリットあるいは生命エネルギー。そして、もう一つの構成要素、美しい構成要素が、デイ・ウーン・ナスト。」とあるからだ。 スツールの4本足の1本に例えられたときもあったね。

☆用語解説から(クリムゾンサークルジャパンHPより)
【ナスト】(デイ・ウーン・ナスト)(Dei Un Gnost) 自己を構成する4つの要素の1つ。他は身体、マインド、スピリット。また、ナストは、解決策であり、創造的な流れ。創造的なノウイングネス(知っている状態)。ナストが入って来ると、それは神性と人間の橋渡しをする。 

前置きは、さておき。

今日の流れから書いていこう。

昨日から、Gちゃんは、”恐れ”から調子を崩していた。
それで、今日、電話をしてみた。

「今日の調子はどう?」

Gちゃんは、更に悪化の状態で、あまり睡眠も出来ず、朝から、自分の核を見失い繋がれずにいて、そのことから、クラクラとして、何も出来ない状態だった。
内観をして、ありとあらゆることも試してみるものの、改善の糸口が見つからない状態だった。
ただ、幸いにも、ジャーちゃんとは繋がれたのはよかった。ジャーちゃんは、「真の自己と繋がりなさい。」と伝えていた。

確かに、内側で核を探してみると、ズレていて、段階はちがうものの、以前の私のようになっていたようだ。
☆その時→08/11/23試練【観念の破滅】-4【確認】

真の自己が「ここにいるよ、ここにいるよ。」と教えてくれて安心はするものの、まだ、完全ではなかった。
この、めまいのような状態、力が入らない状態は、続いていた。

Gちゃん曰く、低次元の自己(アスペクト)を解放するときは、それなりに手ごたえもあったけれど、この”ホコリの部分””クセの部分”を解放しようにも、実体がなく、どう解放していいのか分からないという。

確かにそうなんだ。昔は、落ちるときは、ボロッと落ちたけど、”ホコリの部分””クセの部分”は、微かに残っている部分で、自然に落ちる(溶ける)場合もあるけれど、何かあって、出てきたときには、”ホコリ”とは、思えないほど存在感があったりする。

「う~ん、なるほどね~。どうしたらいいのかな?」

私もまだ、”ホコリの部分””クセの部分”が僅かに残っているのを感じる。ただ、何もなければ、フィルターの向こう側のようで、そんなに気にならない。

「私にも、まだ”罪悪感”の残りあるよね。これって、ツールで解放しちゃったほうがいいの?」って聞いたら。

G:「ジャーちゃん「うん、うん。」って言ってるわ。笑」

「笑。 わかった。やるわ。ホコリでも無くしてしまったほうがいいもんね!」

とにかく、明確な”改善策”もないままに、Gちゃんも、セッションがあるからと一旦電話を切った。

Gちゃんが、セッションを行っている時間、私もツールを使って解放したり、内側に入って解決策を模索したり、”クセ”っていったいなんだろう? どうなっているのかな? とyohamに話しかけたり感じていた。

一休みで、パソコンを見てたら、今日の転載したメッセージが妙に頭に入ってきた。とくに、男性性エネルギーのところと、女性性エネルギーのところ。

あ~、Gちゃんに起こっていることは、たとえ”ホコリの部分””クセの部分”の部分ではあっても、男性性(古い部分の)が主権を奪われたくなくて抵抗しているんだな。って感じた。※自分もそうだけど。

「じゃー、どうしたらいいの?」

「クセって、、、”細胞”に染みこんじゃっているものなんじゃないの?」

そこまで、いったら、どこからか、閃きがやってきた。

「細胞に染み付いたものなら、いっそうのこと、まるごと洗ってしまえ!!」
※”染み付いた”というより記憶を保持してるという感じなのかな。

自然に、「スタンダードテクノロジー」を思い出して、その改良版のようなイメージが降ってきた。

そのイメージを思い描いている間にも、細胞の深いところにあるものが、溶け出し流れているのが分かった。

「なんと、気持ちいいのだろう!!」

さっそく、Gちゃんに電話した。


【時々セント・ジャーメイン】byGraceさん

セッション後も、やはり、どうにも解決出来ずに困っていた。というのだ。

「ね~、ね~!!いいもの発見しちゃった!! ちょっと試してみて!!」

「Gちゃん、体の細胞のひとつ、ひとつを感じていける? 上から足の先まで。全身の。」
※感じるときは、【深呼吸】をして、息を吸っている状態のときに、体の上から下、腕も含めて。そうすると、分かりやすい。

G:「うん。出来る。」

(間)

G:「感じたよ。」

「そしたらね。細胞の中の隅々まで洗うように、まずは洗剤を含ませて。そして、ヒタヒタってしたら、洗濯と一緒だから、汚れが浮いてくるよね! それをシャワーで流してみて。」

G:「あれ~!!流れだしてる~~!! こうやって話している間にも、足先から流れていってるよ~!!」

「うん、私もそうなんだ!今も、流れていってる。すっごい気持ちよくない?爽やかで、サッパリして!」

G:「うん。すご~い!! それなら、徹底的に漂白剤も使おうっ!!」

「あはは~、きれい好きのGちゃんが出てきたね!」

G:「あはは~。でも、本当に流れてるよー」

「うん、本当に!これなら、何をやってても出来るね。」

もう、瞬く間に、Gちゃんの声にもハリが出てきた。

「そうだ、そうだ。以前にね、ミカエルのメッセージの中に、イメージで、頭蓋骨をパカッって開けて、脳みそを洗ってリフレッシュしてください。っていうのがあったんだ。(ブログには書いた)それをやったときも、すごく爽やかだったんだよ。だから、脳みそのシワの部分も、毛穴も頭皮も、全て細胞と一緒に洗ったら、若返るかも~~♪ ピッカピカだ!!」

「ね~、ジャーちゃんに、このツールのこと聞いてみてくれる?」

G:「よく、発見しましたね!って言ってるわ!」

「うん。こんなシンプルで、こんなにスッキリするなんて、驚きだ~!」

G:「これって、スタンダードテクノロジーでしょ?」

「うん、それの改良版! あれは、細胞を転写させるよね。若い細胞→古い細胞に。でも、これは、細胞ごと、洗ってしまう。

それは、なぜかというと、”クセ”とかって、アスペクトのように、ピンポイントではないよね?しみ抜きのように、ここだけって言えないのが、感じていたら見えてきたんだよ。なんか、こう、、、いろいろ汚れがからみあってるような、、、黄ばんだようなさー」

☆用語解説(クリムゾンサークルジャパンHPより)
【スタンダードテクノロジー】幸せを感じる意識のひとつの瞬間や健康な細胞が手本を示し、意識の残りの部分や疾患部分のスタンダードになることができるテクノロジー。


G:「”くすみ”ね!! くすんだ感じだね。よく分かる。」

「そう、そう!!それ。 くすみってさ、古くなったら、タオルでも落ちにくいじゃん。それと一緒じゃないかと思って。どのしみ抜き剤がいいかも、選べないって感じさ。」

G:「なるほど~、そうだよね~!」

「うん、洗濯したことない人には、わからないかも知れないけどね。笑」

G:「ほんとだね。笑」

「じゃ、私は、ayaちゃんにも伝えるわ。このツールって、誰でも有効?」

ジャーちゃんにきく。(セント・ジャーメイン)

J:「誰でも有効で、効果はちゃんとあるけれど、実感できない人もいるでしょう。」

「そうだね、アスペクトたちを洗い流すほど、強力ではないかも。それには、滝に打たれるくらいの勢いないと、無理か。爆」

※あくまでも、”ホコリ”や細胞に、深く刻まれた(染みこんだ)”クセ”用かな。
でも、実感は出来なくても、自分の持っているものに対して浮き立たせる。明確に見えてくる。気づきやすくなるのは、アリかも。

じゃ、と一旦電話を切った。

その後も、私は、もう一度、しっかりつけ置き洗いのように、脳から、足の先まで洗剤に浸し、つけ置き状態で、全自動洗濯機のように、時々「モミ洗い」を自動モードにした。

そして、また、何かを思い出して、Gちゃんに電話した。


「ごめん、何かやってた?」

G:「ううん。ちょうど、つけ置き中だから、いいの!!爆。」

「あはは、私もさ。これってさー、もうナノ洗浄のほうが、より細部まで行き届くね。笑」

G:「そうだ~、リフレのタオル洗いには、苦労してきたからね。私たち。」
※リフレクソロジーは、消毒もだけど、施術にオイルを使ったら、本当に取れない。高価な洗剤など、Gちゃんも色々試して重曹使う、熱湯を使って洗うなど、工夫をしてきた。

「ほんとにね。これって、ニット用の洗剤で、セーターを洗うとさ、こう、押し洗いするよね。そうしたら繊維の深くにまである汚れが出てきて、お湯がにごってくるじゃん。だから、私も、そんな状態。笑」

G:「あのね、、、私、どういう訳か左側からの汚れ(不要な信念体系のホコリの部分など)がヒドイのが、分かるのさー」

「あ、、、、それって、私がさっき読んでいたメッセージにあったことだ!それはね、左だから、男性性に関係していてね。私も、すぐ左に痛みとかくるほうなんだけど、ようするに、古い男性性が、女性性に主権を渡したくないって、抵抗している表れなのさ。だから、個人の意識の中もだけど、それが、政治だったり、エジプトのデモとか、表面に現れているんだよ。それは、イヤだ、渡したくない。ということ。

そうだよね。ジャーちゃん!男性性、女性性のことに関係ある? 聞いてみて?」

J:「大いに関係しています。それは男性性、女性性のことです。」

G:「なるほどねー!! そういうことだったのか。左ばかりだから、変だと思って。」

後から、自分のことを思い出したら、私も、左側からのほうが、激しく流れていた。(笑)

「ね~、こんなに、左側に残っていたんだね。そにかく、これですっきりだ。あとは、外側から来るのもであれ、いつでも”ウォッシャブルツール”を使ったら大丈夫だよ。
で、せっかくきれいになったなら、光のコーティングしたら、次に外からの”ホコリ”は、水洗いでも落ちるかもよ。笑」

G:「ほんとだね~、それいいわ。そうしよっと!!」

で、後から、クラクラしていた症状も無くなっていたらしい。シンプルだけど、アナドレ無いっ!!

私は、後からの部分は、シャワーで洗い流すというより、洗車用のジェットを使って洗い流した。なんか、そのほうが、隅々まで落ちそうな感じがしたから。(笑)

でも、多くの人が、こんなに気持ちよくなったら、外側の出来事も大きく変化するだろうな~。と感じた。


試される方は、自分のお好みでどうぞ。


これはね、過去の体験があってこそ。

最初は、まだ、自分が「スタンダードテクノロジー」を使えるのかどうかも分からなかった頃。
肉体の歪が出てきて、自分が、ホルモンのバランスを崩し、かなり、「ヤバイ」と意識したときに、「スタンダードテクノロジー」をやってもいいの?って聞いたら、「是非。使ってください。」と言われ使い始めた。
最初は、どうなのか?と思いながらだったけれど、信じることにして、細胞を感じて、続けていった。
☆その頃→09/1/10身体のメンテ【確認】

シャウドに書かれていたとおり、1ヵ月後には、健康体に戻っていた。
ストレッチなども行っていたけれど。
これは、頭で考えるものではなく、体験して実感することだ。

その後、【純化】が、進むうちに、皮膚が透明になってきている感覚になっていって、より【細胞】レベルまで感じやすくなっていた。

そして、最近のワークでも【意識の拡大と縮小】では、【細胞】の力をかりて、感知するワークをしていたので、その【細胞】にも、ある意味【信頼】というのが、ある。

”I am That I am ”である。


そう、後になって、またGちゃんに聞いてもらった。


「ジャーちゃん、これが【ナスト】?」

J:「そのとおりです。マインドでは、届かない領域からです。」

※たぶん、これまでも【ナスト】は無意識で使っていたと思う。それを感じることは、時々あったから。

「納得した。そういえば、ジャーちゃん、この間も、もう、あなたたちの顕在意識では分からない領域になるようなこと言ってたよね。」

G:「うん。そうだね。言ってた。」

それから、さらに、Gちゃんがスッキリと元気がよくなっただけじゃなく、この短時間で周りの起っていたことの表れかたが、全く変わった(良い方向に)。それは洗い流して、本来の自分に戻ったからなんだけど。

Gちゃん曰く、


G:「その残っていたものに、翻弄し、現れてきていたものは(苦しい外側の状況も含め)、自分の創造だったと気づいたんだ。」

「うん。そうだね。」

G:「こんな簡単なことなんだけど、自分が楽になったら、あっと言う間に状況も変化しちゃった。笑」

J:「それだけ、今の創造は、瞬時に現れる。良くも悪くも。」

G:「それを、見せてくれたんだって。気づいたんだ。」

「ほんとうだね。気づくために起こってたんだね。その時は大変だけど。」

G:「何か起きなきゃ、やっぱ、気づけないんだよね。」

「うん、痛い思いしてもね。分かるから。」


ということで、今日も、何気に、振り返ってみたら”ワーク”だったのかな?

だって、Gちゃんのことが無かったら、自分でも内観しなかったし、いろいろ感じたり、ナストで、ツール降ろしたりできなかったもんね。ホント、感謝!!

☆ おさらい【ウォッシャブル・ツール?笑】の手順

① 深呼吸する。細胞の一つひとつを感じてみる。頭、胸、腕から指先、腰 足 足先のように。息を吸い込みながらのほうが感じやすい。

② 感じた細胞に、浸み込んで(記憶が残っている)いる【汚れ】不要な信念体系、概念、感情などのクセをイメージで洗剤などを使って浮き上がらせる。モミ洗いもOK。笑。自分が良しと感じるまで続ける。(その間、何をしていてもいい)

③ イメージで、自分の好きな温度、強さのシャワーなどで、上から洗い流す。足先から流れているのを感じる。

④ お好みで、光のシャワーでコーティングすると良い。
 

たった、こんだけ~。です。
ジャーちゃんは、言います。「イメージは、【リアル】です。」

で、その後に、シャウドを調べていたら、今日の起こっていた出来事も、シャウドの中に書いてあるような感じ。
まだ、さらっとしか目は通していないので、ハッキリはわからないけど。
久しぶりに、調べていて、ビックリ。

今だから、実感なのかな?

ブログ、イッキなので、変なところは、スルーしてね。

-----------------------------------
久しぶりにシャウドの<参考資料>。よければどうぞ。

ここには、載せてないけど、クツミが”クウォンタムリープ・セレブレーション”のときのシャウドで【ナスト】の話しを出したときに、「午前2時22分」って、「2」のゾロ目を使ってた。
これって、冗談じゃなく、何か関係あるのかな? 偶然?@@??

※クリムゾンサークルジャパンのシャウドを読むには、登録とログインが必要になります。
☆ティーチャー・シリーズ シャウド2: 
「スタンダード・テクノロジー」 
クリムゾン・サークル 2006年9月2日
【抜粋】
それは - セント・ジャーメインのおかげですが - 「スタンダード・テクノロジー」と呼ばれるものです。私たち側では、「ミラー」あるいは「反射する」テクノロジーとも呼ばれています。その原理は、極めてシンプルです。まず、体験してもらってから、説明します。

感じて下さい・・・ 私たちが「感じる」とはっきりとここで言うのは、それは、無理にするものではないということです・・・ あなたの身体のなかの、ひとつの健康な細胞を感じて下さい。どんな細胞でもいいですから - 選んで下さい。ただ、それを感じて下さい。観察して下さい。変えようとはしないで下さい。そこから逃げないで下さい。ただ、健康な細胞を感じて下さい。その共鳴を感じて下さい。

もしかするとそれは、ここ1~2日の間にできたものかもしれません。その活力を感じて下さい。私たちがここで言っているのは・・・ 視覚化してみて下さい、と言っているわけではありません・・・ 感じて下さい、と言っているわけで、その言葉を私たちは、とても明確に言っています。これは知的な作業ではありません。身体のなかの、その健康な細胞を感じるようにして下さい。それは、生命力エネルギーに満ちています。その健康な細胞は、あなたの役に立つために、ここにいます。本当です。あなたの生物学的な必要性を満たすために、ここにいる、数十億の細胞のひとつです。

その本質を感じて下さい。それはここにあります。任務を持っています。何をすれば良いのかを、知っています。自らの内側でそれがどのように互いに結びつき、コミュニケーションをとっているのか、知っています。それがどのようにコミュニケーションをとっているのかを、この細胞を感じて下さい。ちなみに、そのために科学的な知識を持っていなければならない、ということはありません。細胞が自らとどのようにコミュニケーションをとるかを、感じて下さい。

(間)

呼吸をして、この細胞が、あなたの身体のなかにある器官や血液や、組織に含まれている他の細胞と、どのようにコミュニケーションをとるかを感じて下さい。この健康な細胞は、完璧な、完璧な秩序にあります。また、その健康な細胞の内部には、あなたの身体の他の1つひとつの細胞についての、すべての情報が含まれています - 1つひとつの原子、1つひとつのエネルギー波に関するものが。このひとつの細胞には、あらゆる器官、髪の毛の1本1本、血液の1滴1滴についての情報があります。それらはすべて、このひとつの細胞に含まれています。このひとつの細胞は、他のすべての細胞と、すべての器官と、身体のすべての部分と効率的にコミュニケーションをとることができます。あなたがたった今、感じているこのひとつの細胞は、健康で、幸せで、何をすべきかを知っています。それは、つまりスタンダードなのです。他のすべての細胞の - あなたの生きた生体のあらゆる部分の - スタンダード(規範)です。

このひとつの細胞は、このような素晴らしい生きたエネルギーを持ち、健康なエネルギーは、あなたがそうさせてあげるなら、身体の他のすべての細胞とコミュニケーションをとることができます。それは輝く「スタンダード・テクノロジー」のエネルギーを送り出すことができます。「私は健康だ。活力にあふれている。私はここで、マスターに奉仕している」 と言います - あなたのことです - 「あなたにもできますよ」 あなたがそうさせるなら、身体のなかのあらゆる不健康な細胞が、それを聞くことができます。

このようなことは、これをする、しないに関わらず、起こっていますが、あなたが実現化させていません。それが起こらないように、障壁や壁を組み立てています。でも、あなたが選ぶなら、もう、その壁を取り壊し、そのひとつのスタンダードの細胞が他のすべての細胞に、健康と調和についてコミュニケーションをとり、生命力のエネルギーを流してあげることです。1つひとつの細胞が、DNA鎖の1つひとつが、あなたの生物学的な存在のあらゆる部分が、これを聞くことができます。そうさせて下さい。起こさせて下さい。その1つのスタンダードの細胞が、他のあらゆる細胞とコミュニケーションをとり、健康の、生命の歌を歌うように、させてあげて下さい。

これはあなた方、シャーンブラのためのものです。これは、ヒーリングです。他のものはすべて、忘れて下さい。もちろん、複雑にしたいなら別ですが。これは、ヒーリングです。つまり、私たちはそれを、反射する、あるいはミラー・ヒーリングとも呼んでいます。なぜなら、身体の他の細胞が、この健康な細胞のお手本を取り出すことができるからです。あなたが親密に感じている細胞を、そして他の細胞もまた、健康の共鳴を取り出せるようになるからです。

ガンを患っていますか? これは、身体からごく短期間で、癌を取り除くことができます。自然にできます。現在あるような、模範となるのではなく、(ガン細胞を)殺すように設計された人間のテクニックの侵襲性なしに。スタンダード細胞は、このケースでは、身体全体を癒すことができます。

それは、あなたの人生のあらゆるものに使えます・・・ (トバイアスがクスクス、笑っている) カウルダーは今日の私の説教について、いくつか言いたいことがあったようです! 「スタンダード・テクノロジー」は、あなたの人生のあらゆるものに使えます。ここで少し、時間をとって下さい。これまでに体験したことをイメージしてみて下さい。ひとりきりで車でドライヴしている時のことを。その瞬間を楽しみ、平和な感覚と、静けさを楽しんでいるのを。少しの間、抜け出して、自分と過ごすところを。そのエネルギーを少しの間、感じて下さい。

(間)

あるいは、歌を歌っているのかもしれません。とても良い気分です。ええ、あなたの周りには、人間としての問題がこれだけ、取りまいているかもしれません。でも、あなたはとても気分が良いので、少しの間、歌を歌うこともできます。ひとりでドライブしながら・・・ その瞬間を、感じて下さい。

(間)

これは、意識の瞬間です。私たちがたった今、話した生物学的な例とは少し、違います。私たちは今、意識へ移っています。違う種類のエネルギーです。深呼吸をして、この瞬間を感じて下さい。

(間)

あなた方のなかには、「そのような瞬間を持ったことはない。」と言う人もいます。でも、あります。あなたは体験したことがあります。顕在化した状態ではなく、より夢の状態に近いかもしれません。ですから、そのエネルギーを、感じて下さい。それは、意識です。その瞬間、自分に幸せを感じ、満足しているその意識は、「スタンダード・テクノロジー」です。それは、「スタンダード・エネルギー」です。

さて、この「スタンダード」の意識は、私たちがたった今、例にあげた細胞と同じ能力を持っています。地球に人間としていることの、純然たる喜びと幸福感のこのエネルギーを、あなたの安全で、聖なる空間に使うことができます。意識は、細胞が互いにつながっているのとほぼ、同じように、互いにつながっています。あらゆる・・・ これを表すのにぴったりの言葉を探しているのですが・・・ 意識のあらゆる瞬間に、意識のあらゆる尺度に、その内側にはあなたの他のすべての意識の本質が含まれています。意識のあらゆる瞬間、あらゆる尺度があなたの意識の他のあらゆる部分に、コミュニケーションをとることが、つながることができるのです。それは潜水艦のようなものではありません。様々な区画が互いに封鎖されているわけではないのですが、あなたはそうだと信じてきました。意識を分離してきました。それはすべて、同じです。すべて、互いにつながっています。

このひとつの素敵な瞬間をとって・・・ 宇宙意識を感じるような瞬間のような、深遠なものではないかもしれません。ただ、シンプルで、人間としての美しい瞬間のことです・・・ これが、お手本になります。あなたの意識のスタンダードになります。それを、あなたの意識の残りのすべての部分に放射させると、そこに同じシグナルを送ることができます。

幸せになりたければ、平和な気持ちがほしければ、自分を愛したければ、「私が道です。お手本です。私が、私の内側の幸福感のスタンダードです。」 その意識のただひとつの瞬間が、他のすべての意識に衝撃を与えます。ええ、ここに、「人生は最低だ。ひどい1日だった。たった今、クビになった・・・」 というような意識の断片が・・・ いいですか、あなたの意識のフィールドにはそれがあります。存在します。「良い気分、車のなかで歌う意識」から、あなたはそれを切り離し、分割します。そのための違う箱や区画を創り出し、互いがもう、話したり、コミュニケーションをとることがないようにしてしまいます。けれど、もうあなたはこの「スタンダード・テクノロジー」を使うことができます。それは極めてシンプルです - とてもシンプルな物理学です - あなたの意識の他のあらゆる部分に反射する、ということです。

何かに、当たったことはありますか? 当たった時の瞬間を少し、とりあげてみましょう・・・ 宝くじかもしれませんし、カジノかもしれません。あるいは、郵便を通してやって来たものかもしれません・・・ それは、意識の瞬間であり、私が分離の地点と呼ぶものです。様々なエネルギーが同時に集まり、ある出来事を創り出す場所です - 分離の地点です。

豊かさと喜びのその瞬間を感じれば、それもまた、「スタンダード・テクノロジー」にすることができます。欠けていると感じているものだったり、孤立しているように感じているものだったり、人生に豊かさが流れるルートを制約するような、あなたの意識の他のすべての部分とコミュニケーションをとるのです。そのひとつの瞬間を使って、他のものへ輝きを放ち、光を放つことができます。あなたは常にそれを持っていました。ただ、使ってこなかっただけです。遮断してきました。意識の残りの部分へ浸透させてきませんでした。

あなたの人生のあらゆるものに、それをすることができます。現在のところは、他の人にしたり、他の人を巻き込んだりしないで下さい。私たちは、毎日あなたに、スタンダードを例にとってほしいと思います。あなたの生体の何かを、意識の何かを、素敵な瞬間を、愛を感じる瞬間を、他人と共有する瞬間を。さて、繰り返しますが、あなたの手本にとどめて下さい。あなた自身のためのテクノロジーにとどめて下さい。私たちは、ひとつのちょっとした手本が、ひとつの細胞が、身体全体を癒すという、この極めてシンプルな手法を示していきます。幸せを感じる意識のひとつの瞬間が、手本を示し、あなたの意識の残りの部分のスタンダードになることができるのです。

意識は、人間の身体に、人間の次元に入れられると、自らパターンを築き上げるものです。あなたはそれに関わってきました。古いレコードに溝があるように、音を創り出す波動を生むパターンがあります。人間の姿に宿る意識もほぼ、それに似ています。パターンに従う傾向があります。あなたが続けるのは・・・ 仮に人生に問題を抱えているとすると、圧倒的な何かが起きて、古いパターンから抜け出し、パターンが変わるまで、問題を抱え続ける傾向があります。

あなたが創造すると選択するパターンを、スタンダードの手本を、「スタンダード・テクノロジー」を使って再び創り出すことができます。これについては、頭脳に入り込む必要はありません。苦労する必要はありません。このようなあらゆる複雑な手法や、システムを持っている必要はありません。他の人間は今はそのようなものがほしかったり、必要であったりするかもしれませんが、あなたは、セント・ジャーメインが「スタンダード・テクノロジー」と呼ぶものに取り組むことができます。

健康の手本をひとつ、豊かさの手本をひとつ、内側の平和の手本をひとつ、あなた自身の内側の手本をひとつ・・・ これを使えば、もっと頭が良くなることができます、とセント・ジャーメインは言います。「頭が良い」というところへ行って・・・ ただ実に頭が良い、あるいは賢い、どんな言い方をしてもいいのですが・・・ そのような場所へ行き、その瞬間のエネルギーを、その経験を、あなたのスタンダードとして、定めるのです。それがあなたの脳の、あなたの頭の良さのあらゆる部分を照らし、輝きを放つようにすれば、IQを高くすることができます。1ヶ月のうちに、17.33%・・・ (爆笑)

セント・ジャーメインはこのような広告コピーをぜひとも、書くべきだと私たちは思います!

けれども、文字通り、あなたなりの知性の手本を定めることができます。他のあらゆるものを変える良い手本です。それは常にそこにありました。新しいツールではありませんが、無視され、忘れられ、虐げられてきました。それが押しやられてきたのはなぜかと言えば、あなたがエネルギー・バランスを長い間、明け渡してきたからです。それほどシンプルで、それほど素敵なものがあったことすら、知りたくなかったのです。あなたはあまりにも忙し過ぎて、本当にうまくいくものを見たくありませんでした。

ダイエットに良く似ています。人間は、1つのダイエットから別のダイエットまで試しますが、本当は、ごくシンプルなものです。実際にこの「スタンダード・テクノロジー」を使うことができます。あなたが、今ほど余分な体重をつけていなかった時点があります。自分の身体に満足している時が。それがスタンダードになります。それが意識になります。それは一定の波動と共鳴を保持しています。そこに行き、そのエネルギーを感じることができます。それをしまい込んで、「でも、あれは20年前の私だ。」と言わずに、表に出すことができます。体重のバランスと、身体のなかの体重と脂肪の配分の手本を定めることになります。エネルギーがどのように取りこまれ、外に出されるか、というという手本を定めます。時に・・・ 体重のことにはとてもたくさんの理由がありますが、あなた自身のエネルギー・バランスがとれていないことが原因であることもあります。ですから、どこかで養われなければならないわけです、そうではないでしょうか? そうですね、実質的な食べもので養われるわけです。そして、それを蓄え、自分のバランスを取り戻そうとします。

「スタンダード・テクノロジー」は、今後数回のシャウドで私たちが話していくことになるものです。それはシンプルであり、深遠なものです。これまで私たちが話してこなかったことに、腹を立てるでしょう!(少々、笑) あなたは忙し過ぎました。(笑)あなたのエネルギー・バランスを明け渡していました。でももう、それは過去のことです。私たちはもう、とてもシンプルなことを話していきます。あなた方のなかには、私たちがどこに向かっているのか、すでに分かっている人もいますが、他の人たちにも知ってもらいましょう。

あなたが本当の「スタンダード」になると - 身体のバランスがとれ、マインドとスピリットがすべてバランスがとれ、「新しいエネルギー」の教師として、情熱的で幸せな、満たされた人生を生きると - あなたは他の人たちにとっての「スタンダード」になります。彼らと一緒にいる時、あなたの輝きは、彼らのあらゆる部分とコミュニケーションをとり、こう言います。「それは可能だ。することができる。ここに良い手本がある。これが健康の手本だ。これがバランスと創造性の手本だ。」

さて、彼らの意識は、身体は、それを見て、感じます。もうあなたは、彼らから何も奪わせることはありません。なぜなら、それは彼らのためにも、あなたのためにもならないのを知っているからです。あなたはこう言います。「私が手本であり、あなたにもまた、できる。私の内側でいったん、それができたなら、あなたの内側でもできる。」 あなたは、ある意味で、彼らのインスピレーションになるのです。最初のうちは、あなたから何とかして奪いたいと思うでしょう。最初は買えるのなら、買いたいとまで、思うでしょう。それはできません。そして彼らはこう言い始めるでしょう。「これが手本だ。エネルギーは、このようにしてバランスがとれるのだ。」 彼らはあなたにたくさんの質問をし始めるでしょう。そこであなたは、知性に傾くのを避けて、シンプルにとどめます。「私であるものは、あなたもまたそうです。あなたの内側にそれはあります。」

「スタンダード・テクノロジー」を使ったあなたの能力は、文字通り、他の人のガンを治すことができます - 彼らがそうさせるなら - 彼らの意識と、内なる自己が、あなたがしたことを見て、それを反映し始め、自分の内側に映し出し、まねし始めるからです。身体の役に立たないものが取り除かれる、というようなことが、彼らの内側にも起こり始めるでしょう。

この「スタンダード・テクノロジー」は、深遠で、シンプルです。あなた方のなかには、それに議論をしかけたり、つらい思いをする人もいるでしょう。複雑なシステムがほしいからです。あなたは間違った場所にいることになります。間違った時間にいます。私たちは、それをシンプルにとどめておきます。私たちは、いわゆるヒーリングというものの最も深遠なものについて、話をしていきますが、それはまったく、ヒーリングではありません。ただ、バランスを取り戻すことです。最も深遠なるものです。いかなる複雑さも、伴わないものです。それは、シンプルさです。

さて、それがシャーンブラ、あなたのためのものです。あなたのためのものです。毎日、使い始めて下さい。頭で考えて、だいなしにしないで下さい。ただ、手本へ行って下さい。ええ、ちなみにそれは、あなたのもとへやってき始めます。そのためにワークする必要はありません。ただ、ナストを使って下さい。そうすれば、手本をもたらしてくれます。あなた独自の「スタンダード・テクノロジー」に取り組み始めて下さい。


---------------------------
☆ティーチャー・シリーズ シャウド2: 質疑応答
「スタンダード・テクノロジー」 
クリムゾン・サークル 2006年9月2日
【抜粋】
私たちは今日、とても重要な概念を話しました。まったく、新しいものではありません - 実際、それは、私たちが「故郷」を離れて以来、ずっと存在していました。つまり、エネルギーが自らを複製し、真似て、映し出す、というものです。私たちはそれを、今は「スタンダード・テクノロジー」と呼びます。あなたが、エネルギーのスタンダード(規範)を定めるからです。エネルギーのそのスタンダードをあなたが選び、使います。他のすべてのものの手本を定めます。それは、創造の始まりから、オムニバースの始まりから、使われてきたものです。銀河が、どのように他の銀河を映し出すのかに注目して下さい。互いにたくさんの同じ構成要素を持っていることに。それぞれが、自分たちのエネルギーを少し、違う形で配列し直していますが、本質的には、互いを手本にしています。互いを映し出しています。惑星や星も - それに良く似ています。人生は、このように作用します。創造は、以前の手本をもとに作用し、そこに築かれ、それを拡大します。これは、とても自然なエネルギーの流れです。

さて、私たちはここでは、「スタンダード・テクノロジー」では、少し違うことをしています。あなたが使いたい手本という能力を使い、その本質を、他のすべての構成要素に、他のすべての部分に放射します。そうすることで、その部分がそれをとりいれることができます - 健康であることでも、活力でも、愛のような、あなたが再創造したいと願うどんな本質でも。けれども、私たちは、この「新しいエネルギー」においては、シャーンブラと今は少し、違うことをします。私たちは、ナストのエネルギーを加えます。この古来の創造の手法 - 手本から再創造するという - ものに、新たなエネルギーを加えます。そうして私たちは、あるとても興味深い結果を創り出すことになります。私たちは、たとえば、生体のなかの健康な細胞が、他の細胞に反映し、投影するというものを使いました。純粋なコミュニケーション回線を開いていくことで、他のあらゆる細胞が感じることができ、健康と生命力のエネルギーを - あるいは完璧なバランスを - 体現することができるのです。

けれど今、シャーンブラとして、私たちは、「新しいエネルギー」を加えます。私たちはもはや、ただ、手本から再創造していくだけにとどまりません。私たちは手本を、土台として、基礎として使いますが、手本の能力を開いていき、拡大することで、ずっと速く、さらに次元間へと拡大させるのです。それは、文字通り、あなたを直線的な道から、拡大する道へと連れ出します。あなたはまだ、身体のなかの何かの手本を、意識のなかの何かを、そのようなものを、新しい創造のための基礎的な原料として使っていきますが、でも、もう、それを拡大し、さらに遠くへ行かせることになります。加えて、ナストを使うことで、このプロセスそのものが、エネルギー的により、効率良くできるようになります。より速く、大きく、ずっと効率良く、起きることになります。ですから、私たちは言うのです。今後、30日間、このプロセスを、日常的に使って下さい。それはあなたが努力しなければならないものではなく、喜びであるべきです。規律ではなく。創造者として、あなたが選び、やりたいと思うものであるべきです。健康な細胞、という、このシンプルな手本が、あなたの身体の他の部分に、どれくらい深遠なインパクトを与えるかを、観察して下さい。

このプロセスをしている間は、頭から離れて下さい。それをコントロールしようとは、しないで下さい。操作しようとは、しないで下さい。この「健康な手本」が、ある特定の場所に行く必要がある、などとは言わないで下さい。たとえば、膝や、肩や、そのような特定の場所に。身体のどこか特定の場所に、何らかの健康問題を抱えているなら、この輝きを放つスタンダード・エネルギーを、ただその場所だけに無理強いしたり、そこだけに向けることはしないで下さい。それが自然に流れるようにさせることです。エネルギー的な理由から、最初は、もしかすると、指先にたどり着くかもしれません。別の場所に行き着くかもしれません。痛みや苦痛のもとは、通常 - あるいはそこで感じているものは - 実際、それが発生する場所とは違うところから来ています。たまたま、その場所に感じているだけです。あなたの身体には、エネルギーの導管が、エネルギーのハイウェイがあります。あなたがしているのは、スタンダードのエネルギーを、適切に流してあげることです。何もコントロールする必要はありません。ただ、創造するだけです。


---------------------------
☆クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド8:
「自分自身を宣言する」 
クリムゾン・サークル 2008年4月5日
【抜粋】
さて、この安全な空間の中で、今、レーザー手術以来の、もっとも素晴らしいものを呼びましょう。私たちは、スタンダードテクノロジーと呼んでいます。考えてください。あなたは外で、この意識の分野でのワークをしていますが、同時に、あなたは人間である仕事をして、他の人間と関わっています。しかし、あなたはまた、人間でない、いろいろなエネルギーにも関わっています。天使的存在とも関わっていますが、地球に近い領域ではまっていて行き詰っている存在とも関わっています。

あなたは、何らかの形で、他人の感情や、気持ちを扱っています。そういうことをしています。あなたは、自分の仕事として背負ったのです。あなたの本当の仕事は、あなたが思っているものではありません。事務員とか、看護師とか、ヒーラーではありません。たった今、あなたの仕事は、意識の進化を促す人になることです。そして、そうすることで、あなたは、すべてのレベルでのエネルギーと関わっています。

これらのエネルギーや、これらの意識は、言わば、あなたのフィールド(領域)や、あなたの空間に入ってきます。あなたの体とマインド――あなたの意識――に入ってきます。あなたが開いていて、感じているからです。そして、あなたが呼吸をして、それらを手放しても、必ず少しの残留物が残ります。少しのエネルギー的な埃(チリ)が、あなたにくっついています。今、この安全な空間の中で、あなたは、スタンダードテクノロジーのエッセンスを利用して、それを手放すことが出来ます。あなたの肉体や、意識や、マインドを、無理なく、浄化するために。ただ、選べば良いのです。

あなたの体、マインド、スピリットとナストは、いずれもバランスを取り戻して、活性化する方法を知っています。しかし、ここでは特に、あなた方の多くが、この一か月の間に、体に背負ったことが見えます。あなたは、意識に、より上手く対処することを学んでいますが、あなたの肉体はまだ、外のエネルギーや、アンバランスを拾って、そして保って、貯める傾向があります。

ですから、たった今、深呼吸をして、あなたの肉体での、自然な活性化を許しましょう。

(pause)

深呼吸をしてください。

(pause)

分かりましたか。あなたは、マインドゲームをする必要はありません。体に、許可を与えるだけです。あなたは既に、自らを浄化し、バランスを取る方法を知っています。あなた方の何人かの中には、小さなエネルギーの蓄積があります。虫歯になるようなもの、と言ったらよいでしょうか。それを、手放すときです。あなたの中に、骨で貯めている人もいますし、臓器に貯めている人もいます。それは、どうしようもないものではないので、恐れる必要はありません。毒性のレベルには、達していません。

深呼吸をして、身体が、楽々と、自然に、アンバランスを手放すことを許してください。

(pause)

あなた方の多くは、風邪や、インフレンザや、アレルギーと呼ばれるようなものを拾ってきます。すると、あなたはかなり心配になって、身体がおかしくなったのではないかと疑います。あなたの身体は、風邪やインフルエンザ――この類のものは、また、あなたが肉体に受け入れて、蓄積されるものを解放するのに、自然な方法だと知っているのではないでしょうか。しかし、あなたは自分を疑います。あなたは、なぜ自分のようなスピリチュアルな存在が、病気になるのかと疑問に思います。あなたは、病気ではありません。あなたは、浄化しているのです。

呼吸以外に、この浄化のプロセスを実に助けるものは、純粋な水を飲むことです。きれいな水は、蓄積されたエネルギーを浄化する、手助けをします。たとえば、あなたの肌に蓄積されたものを浄化すること。あなた方の多くが最近、かゆみや、ちょっとしたジンマシンを患っています。水は、このようなことを洗い流す手助けをします。ですが、それよりも大切なのは、身体に、自らを活性化する許可を与えることです。

たった今、そうしましょう。深呼吸をしてください。

(pause)

アンバランスや、不純物が、洗い流されることを許してください。

(pause)

中で、エネルギー的に洗い流されるものもあります。要するに、非物質的な方法で、エーテルのレベルで、再び解放されます。他のものは、肉体そのものによって、浄化されます。あなたは、肉体がどのように浄化しようとするのかをよく知っていますので、そのプロセスを止めようとしないでください。戦おうとしないでください。それは自然です。。。自然なことです。

この空間で、あなたは肉体が活性化するのを、許すことができます。あなたは、時々このことをしてあげるべきです。単に、とてもリラックスして、安全な空間に入ることです。単に、一瞬立ち止まって、あなたの様々な物理的、意識的な部分に、再調和する許可を与えるだけです。

あなたは、きわめて困難な仕事をしています。現在、一般的な人間のレベルを超えた、チャレンジに富んだ仕事です。あなたがあちらこちらで傷をつけたり、傷痕が残ったり、残留のエネルギーを拾ったりすることは、それほど驚くことではありません。ここで、振り払うときです。

深呼吸をしてください。


---------------------------
☆ティーチャー・シリーズ シャウド4: 
「上にあるもの、これ下にあり」 アダマス・セント・ジャーメインによるシャウド
クリムゾン・サークル 2006年11月4日
【抜粋】
あなたはたった今、私をあなたのマインドに、あなたのナストに一緒にするのを受け入れるくらい、自分に確信を持っていますか? あなたのナストは、創造的な解決策です。それは、様々な状態、形をした、あらゆる可能性であり、あらゆる答です。より高い意識のものもあれば、より低いものもありますが、あなたが特定の瞬間にどこにいるかによりますが、それはすべて、答です。あなたが苦しみの中にあれば、当然ながら、ナストから来る答は、違う場所からやって来ます。あなたがバランスと統合、効率性から来れば。


*  *  *


【転載】ハートチャクラと胸 へ

☆本日↓2011/2/2(水)の始めはこちらから。
【引越準備&今日はナストの日~発見:新ツール】byGraceさん


*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
ハートチャクラと胸・・ライテッド・ラビング(Lighted Loving)のチャネリング
チャネラー:Karen Cottle
http://www.karencottle.com/clearing-traumas-for-greater-intimacy.html


私はアンダーリ、ライテッド・ラビングの第一位プレジュリーナです。愛と喜びと共に皆さんにご挨拶申し上げます。

今日はハートと胸のあたりについてお話するために、皆さんの前へ進みでてきました。あなたが男性であろうと女性であろうと、ハートは乳房とつながっています。ハートから乳房への愛のエネルギーを切断すると、エネルギーはわずかしか、あるいは全く流れなくなります。乳房とハートは仙骨部につながっています。誰もがなんらかの段階でハートにワークをしているはずですから、そのことは脇に置いておきましょう。

女性エネルギーがあまりに長い間抑圧されてきたので、人体の部分によっては大変苦しんでいます。これは男女共に当てはまる事象で、男性でも乳がんにかかる人がいることからもはっきりしています。あなたのハートが開いていないと、愛を送ることが難しくなります。ハートは体中に愛を送りますが、主に使用する部分は乳房です。たくさんの層があるために難しいことなので、私たちは一度に少しずつそれを助けていきます。

恐れの大波が地球上を駆け巡り、怒りを爆発へと向かわせようとしています。女性エネルギーが足がかりを得ようとする一方で、優勢な男性エネルギーは援軍を集め、しぶとく今の地位にしがみつき、あるいは女性エネルギーとは同一に並びたくないと抵抗しています。世界中でトラウマの元になりそうな事件が起きています。人類のハートが開くにつれ、このような事件がもっと起きるでしょうが、人々が変化に適応して少しずつですが確かに自分の力を取り戻すようになるでしょう。

さらにお読みになるには、内容があまりにも深淵ですのでどうかウェブサイトをご覧ください。もしこれを読まれて怒りを感じるようでしたら、これはあなたにはそぐわないものです(にっこり)。


http://www.karencottle.com/clearing-traumas-for-greater-intimacy.html


-すいれんさん訳

2011/2/3(木)晴れ



□ 新月の出来事 Gちゃんのお試し

Gちゃんは、物件探し中。

詳細は、省くけれど、今日の”流れ”は、先月から二人で受けていたワークの最終テストみたいな状況のように感じた。

あくまでも、起こっているのは、Gちゃんの段階の”お試し”ではあるのだけど、話を聞いていて、私もうっかり、これまでのワークで気づいたことをスルーしてしまいそうになった。

でも、ある時点で、気付いて、何とか持ち直し、Gちゃんも、またブレかけてした状態から、”ウォッシャブル・ツール”をしたら、再度復活を遂げ、なんとか”流れてくるものを選択し、あとは委ねている状態”になった。

ホント、”ひっかけ”も段々高度になり、うっかりしてたら、マインドに引っ張られてしまいそうなのである。
でも、本当に、これからの”在り方”=”流れ”ということが、ポイントなのだと実感する。

でも、ほぼ、提示されている物件というのは定まっている。
あとは、いくつかの条件が揃えば、GO~!ってことになるだろう。


□ レッスン 【ちょこっとチャネリング】byGraceさん

ワークとしては、拡大と縮小をやっているものの。チャネリングのほうが、ナカナカ進まずにいた。
やろうとしても眠くなったり、やはり考えすぎてしまうのか、一向に兆しがストップしていた。

さすがに今日は、過去にミカエルにも言ったことあるけれど、ジャーちゃんにも、「そっちでフタをしているんでしょー!!」と言った。

J:「そんなことは、ないですよっ!」って返事だったけど。(笑)

で、時々「耳鳴り」のように、「ピー」というような音が鳴っているのは、ミカエルからの合図だったことが今日分かった。
たしかに、最近のは、以前の耳鳴りとちょっと違うような感じがしていた。

私は、Gちゃんとskypeをやるようになって「信号」のような音を聞くようになってから、「もしかして、この耳鳴りは、ただのダウンロードじゃないのかも知れないな。」と感じるようになっていた。

なので、今日、チャネリングの話が出たときに聞いてみたのだ。

G:「ミカエルがね、神様からの伝言を伝えようとしていたんだって。だけど、○○ちゃんは、その音を耳で聞こうとしているらしいよ。だから、”感じて”って言ってる。何を言おうとしているのかを”感じる”ように。って。」

「そうなのか~~汗」

G:「○○ちゃんは、細胞で感じることが出来るんだから。そんな感じでやってみたら?」

「うん。やってみるわ。」


そんな感じで、いろいろチャネリングに関するレクチャーを受けた。
とにかく、やってみるしかない。根気強くね。


□ とつぜん就活

夜、お風呂に入って出た瞬間に、なぜか急に仕事探しにワクワクした。
なんか、まったくそんな気配もなかったのに、急にやる気満々。みたいな自分に、自分が驚いた。
しかも、出てきた職業は、”看護助手”なのだ。

体力はいるけれど、嫌いじゃない。始めて勤めたところは、産婦人科だったので、基本”明るい”感じだったし、出産のときは、感動したものだ。そのときは夜勤もしていた。

そう、むか~し昔に体験した仕事。
でも、その時にジャーちゃんが先月のワークの時に言っていた言葉が浮かんだ。

「無理と思えることも、無理ではなくなる。」

「そっか、何でもいいんだわね~~。きっと出来るんだろ。」

「やりたい、やりたくない」とか、「できる、できない」の二元性も超える。

という言葉も思いだしていた。
なので、自分で業種には枠も定めないで、パソコンに向かった。

最初は、ひどく仕事が少ないな~とも思ったけれど、準備されているなら、それでもあるはずなんだから、そこに行き着けばいいだけさ。と思った。

そういえば、ジャーちゃん

「人と接する必要がある。」とも言ってたよな~。と思った。

もう、家賃はかからないので、あまり時給にもこだわらなかった。
ま、返済していくのはあるけれど。

最初に出てきたのが”看護助手”だったので、医療関係からみていった。
実家の近くの大きな病院のレストランであれば求人はあった。

でも、どこを探しても”看護助手”はない。

それで、色々探してみた。 でも、意外に仕事を選ばなければ全くないわけでもないんだな。って思った。
年齢不問でも。(爆)

で、Gちゃんが昔に、自己チャネと言って”キネシオロジー”のような感じだけど、座って、質問してYes、Noを体が自然に縦、横に動くのを許すのを発見していた時に、私も同じように出来ることに気づいて二人でやっている事があった。
その頃は、ジャーちゃんに、確かにチャネリングだけども、自我も入ることがあるので気をつけなさい。と言われたことがあった。※基本、ペンジュラムでやるのと同じなんだけど。

その後は、ペンジュラムを使うようになってきてたので自分の体で行うことはなかったけれど、チャネリングレッスンの一部として体のほうが、より感じやすくなるかもしれないと思って、今日は久しぶりにやってみた。

yohamと、ジャーちゃん、ミカエルに頼んでやってみると、サクサクと職場が絞れてきた。(笑)

まず、思い浮かぶ「職種」から入って。

やはり「医療関係」→「看護助手又は付き添いありかも。」→「旭川の産婦人科」→「***病院」というところまで絞れた。

「え~~、ここかよ~。」

その病院は、娘たちを出産したところで、割りに大きな病院だ。
昔、元義理の母が付き添いをやっていた事から、出産をしたところだった。

HPを開いてみると、昔とは違って、今の病院だよね、ヨガクラスや、アロマ、ベビーマッサージなど、いろいろある。部屋も食事も豪華。 って、それは私に関係ないけどさ。(笑)

で、求人のところには、募集は特になかったけれど、そこに問合せフォームがあったので、どうしようか?と一瞬迷った。

でも、今日の”流れ”からいって、しかも最初にいきなり”看護助手”と来ていたので、「いま、問い合わすの?」って聞くと「Yes」とハッキリ出るし、まったく期待もないけど、問合せのメールだけは出してみた。

今は、睡眠も日々違うし、昔は家事、育児をしながら夜勤はきつかったけれど、今は、きにしなくていい。
夜勤があったとしても、自由な時間はそれだけあるので、カウンセリングも可能かもしれない。
勤務体制がどうであれ、時間帯がどうであれ、実家にいるのだから気にしなくていい。

それよりも、なぜ、今、これなのか?と思ったら、レインボーチルドレンなども生まれてくる関係もあるのかもしれないし。きれいで、明るい、そればかりではないけれど、まーいいのかも知れない。
確かに、人のお世話もするし、接することがある場所なので、いろんな意味でいいのかも。

そして、確かに実家のインターネットがいつから使えるようになるのかも分からないし、想像もしてなかったけれど、今からでも仕事探すことは可能なんだと改めて思った。今から準備していれば、3月からすぐに働ける可能性もあるってことだし。「なるほど~~!!」だった。

と書いたところで、最初から、ダメもとだから、気も楽だ。期待、執着も、ナシ!

分かるのは、今日は、”就活”の流れがとつぜんにやって来たってことだけ。(笑)

WEBで探しているときに、やはり耳元で音が鳴り出した。

「ミカエルなの? この仕事のことをいいたかったの?」って聞くと、「Yes」と出た。

Gちゃんと話すときがあれば、またその時に、確認しよう。

こんな流れだったので、目が冴えて、夜中になってしまった。

やはり、[新月]のエネルギーなのかな? 

今日は、そんな感じ。

全てに感謝。

2011/2/5(土)晴れ



□ Gちゃんの試練[ちょこっとチャネ]byGraceさん

先日→11/2/3【Gちゃんのお試し&レッスン&いきなり就活】byGraceさん

で書いたように、一旦、Gちゃんの件も”流れ”に入り安心していた。
しかし、方向は、また、思ってもいない所へ向いていった。

私は、下記のメッセージや、ジャーちゃんなどのメッセージからも分かるように、今年以降、さらに混沌とした時期がやってくることも分かっている。
それを、先駆けて、その状態を見せてもらったように感じた。

2月3日、確かにGちゃんの状態は、一時的にい本来の軌道に戻ったように見えた。

ある人がいて、かなり強力で、依存心が非常に強い方と関わりがあった。
エネルギーもかなり感じる方なので、Gちゃんの伝えていることは、本人も感じとることが出来るし、Gちゃん自身も確認できるので、自信を持つには、よかったように感じた。

そして、その中でも何度もお試しがあり、自分の表現も成長させていったGちゃんだったのだけど、伝えても伝わらない。理解したと感じても、戻ってしまう。そのような状況がかなり続いていた。

もちろん、これは、双方の学びだったし、それによってかなり成長し強くなっていったGちゃんではあったのだけど、先日の夜に、ちょっと関わりをもったことから、翌朝にかけて、かなり相手から(無意識で悪気があるわけじゃない)エネルギーを奪われ、相手のネガティブなものがGちゃんについてしまって、朝、起き上がれない状態にまで衰弱してしまった。
この流れから、状況が変わったし、またGちゃんの引越には、家族との関係もあるので、家族の意識のネガティブな部分がとその貼り付いた部分で共鳴しあって、うまく進まなくなってしまった。

これは、何もGちゃんのことだけではなく、根底には、【恐れ】という幻想がとりまくトリックなんだけども、これは認識できるできないに関わらず、全体に日々起こっていることである。覆いが多いと、感じることに鈍い状態なので、割りに普通に過ごせることが多いのだけど、純化するごとに、反応も敏感になり、かなりキツイ状態になる。
私も通ってきたところだけども、それを過ぎていくと精神も肉体もブレることがほぼ無くなっていき、【自己確立】(コズミックアセンション=キリスト意識に達する)したときには、何の影響も受けなくなっていく。

それまでには、やはり色々な体験があり、細い道になっていく。

→10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya

「宇宙からのメッセージ」

電話で聞こえた2度にわたる宇宙語のようなもの → 私たち2人へのメッセージ

いよいよ新世紀(宇宙全体の)の幕開けになる。
それに向けての注意事項としてほしい事。

このメッセージは縁のある人たちに向けて全体的にはなっています。
今まさに重要な時期を迎えています。

2010年四下半期から2011年にかけて開いてきた部分の本筋が更に開花していきます。
それに向けて、低迷していた人たち(三次元意識でいる人たち)もゲートへ移行したいと殺到し一部の混乱が有るでしょう。
それぞれの職務(霊的な仕事)をしている人たちの周りに低迷している人たちが殺到してきます。

あなた達はそれらの人々に”エネルギーを奪われ”影響をうけてしまいます。

今年下半期から来年にかけてこの事に対して準備をしていて下さい。

これは神・天使界・神界・宇宙会etc全ての階層のお祭りであり、これから大きなウェーブが起こる可能性があります。

二人の流れは違うものですが、あなたたち2人は同じ時期が有った → 多分私の受け取ったシリウスが同じ時期だったのではないかと思う。(これは私(G)の見解だよ~ん)

個人的な範囲では、それぞれがそれぞれの段階で研磨しより強くなっていきます。

外側のエネルギーが降りてきているので積極的に受け取るようにしてください。



それで、衰弱しきったGちゃんから電話を受け取り、まず【核】の状態を確認した。
昨日は、yohamも見せてくれていたのか、目をつぶるとGちゃんの状態が、Gちゃんが感じているのと同じように、私のほうも感じることが出来た。
細胞まではGちゃんのほうで感じることが無理だったため、誘導で、【核】の状態をある程度までは回復して、ネガティブな外側から貼り付いたものに関しては、ミカエルに頼んで除去を試みた。僅かに残ったものの何とかなった。
その時に、その僅かに残った部分を除けて、ジャーちゃんがGちゃんの核のほうへ入ってきてくれたと言った。

Gちゃんは、ジャーちゃんの愛にありがたくて泣きはじめた。

J:「わたしたちは、いつでも一緒にいることを忘れないでください。いつもサポートしていますよ。」

確かに、僅かであっても、Gちゃんの部分にネガティブなものを受け入れるようなスキがなければ、このようなことは起こらない。でも、それを防げるのは、気づきと行動で克服していくしかない。

人間のは、【情】という美しいものがあるけれど、また、それを無意識、意識的に、利用することもある。
それは、自我がある限り、誰でも経験しているだろう。
でも、気づいた者から、その場所を離れていくけれど、まだ、気づかない者からは、自分を守る意味でも、意識的にいる必要がある。

ようするに、エネルギーの奪い合いのことなんだけど。

「宇宙からのメッセージ」のことを少なくとも、今、”ひとつの例”として見せられたのである。
Gちゃんのように、すでに【核】も理解し、真の自己に繋がっていても、このようなことが、簡単に起こってしまう。よくよく、心しておく必要がありそうだ。

下記には、パートナーのことでちらっと書いたと思う。
→10/9/22【パートナーシップのこと】&【転載】罪悪感と面目のなさ

ある程度は防御できても、天界の守りがあっても、本人の選択は尊重されるし、また、その体験もまた必要なときもある。

あ、でも、自分で毎日、感じなくてもいろんなエネルギーの影響を受けているのは、意識においておく必要がある。なので、出来る限り、毎日毎日、自分のフィールドを浄化しておくのがお勧め。
(塩の入ったお風呂、レイキ、どんなツールでも、天界に頼むとか)

ネガティブなものも、何が、どの様に影響しているか、本当に分からない。自分の思考も知らない間に影響している。まったく、今回は、見せられた。

ま、今回は、Gちゃんの選択によっては、ここまで困難にする必要はなかったようだけど、でも、私もそうだったけど、気づけないときもあるし、周りの人の意識によっても、それが複雑になってしまうことがある。
それは、どうしようもないことなんではないだろうか。それぞれに”選択”する権利をもっているのだから。

この、ある人のことは、あまりにも、普通に考えられる範囲から外れていて、Gちゃんの飼っているネコにまで影響(病院に連れていくほど)を及ぼした程である。(部屋にセージを焚くことで解消していった)
ただ、本当に、いろんな意味で、私も一緒に感じながら、悩みながら、共に学ばせていただいていた。
その事は、Gちゃんも私も、心から感謝している。


私は、この”ある人”のことを聞いた。

昨日、ジャーちゃんは、この人について、このようにアドバイスをくれた。

J:「今日で切りなさい。」

Gちゃんも、もうそれは考えていたし、理解していた。引越も良い機会だ。

J:「この方は、感じる能力はあるが、感じることに強い恐れがある。その恐れを”感じきる”ことが出来ない。この方が、外側のエネルギーに依存がある内は、もう無駄である。自分でホールドしている信念体系を手放さない。いずれ、この方は、誰にも相手にしてもらえなくなる。痛い思いをして知っていく。」

私:「人との関わりの中で、最初から見分けるのは難しいよね?見極めるのは、私たちが感じたところで切るの?」

J:「そのとおり。」


ジャーちゃんは、以前から、Gちゃんにエネルギーの垂れ流しのことを伝えてきたし、過剰な優しさなど(自己犠牲)についても注意してきた。
私も人ごとではなく自分にもありうることと受け取っていた。
その中で、いかに【愛】であるか。というのも考えさせられてきた。
厳しくすることも、時には必要。褒めることや、思いやりをもって見守ることも必要なときがある。

そこに、ジャーちゃんは、「無視(無言にいること)することも、必要なときがある。」と教えてくれた。

その意味はよく分かる。昔、私がマインドから、ミカエルに質問するときに、ミカエルは答えないことがある。

でも、その時に”気づく”ことが出来る。「あ、今、わたしはマインド(エゴ)で聞いたんだな。」と。

なので、「無視(無言)する」ことが、「愛」の場合があることも知った。
いや、【愛】からの【無視(無言)】は、分かるのだ。伝わってくる。

その人の受け取り方もあるかも知れないけど、「どうしてかな?」「私の問題?」と問いかけることで、すぐに気づく。
私の場合数回で、すぐに自分のマインドだった~。また、やっちゃった~。って気づくようになった。(笑)

ダウジングでも、それは同じだった。

で、今回の流れに至った経緯には、
→11/122【二元性を完全に手放せた~yohamの声】byGraceさん
このときの、”自己犠牲”に関するジャーちゃんとのやりとりで、ジャーちゃんが、「思っていることを伝えなさい」とGちゃんにアドバイスしていたことに関係がある。

わたしたちは、時に【表現】することに【恐れ】【抵抗】を感じる。
それは、傷をつけてしまわないだろうか、場の空気を乱さないだろうか、段階によっては、どう思われるか?というものも含めて。角が立ってしまうことは誰だって避けたいものだ。

あくまでも伝えるときには、ただ言えばいいというものではない。
感情的にではなく、愛をもって伝え方というものも配慮する必要がある。

Gちゃんも、その辺りは目覚しく成長させていった一人だった。
そして、よくやってきたとも思う。その時の理解や気づきの範囲で、それは精一杯っていうときもある。
わたしは、よくその事を理解している。

良いとか、悪いとかの問題ではなく、

流れが変わったことに関して言えば、もっと早くに、思っていることを伝えていたら、ここまで辛い思いをしなかっただろう。と感じた。

私は、このことを「見極めの時期」として言っているのだけど。

「見極める」ときって、いろんなことが絡んでくるかもしれない。家族や親戚の繋がりとか、世話になった人だったりとかー、友人とか、いろいろ人間関係には絡みがあるから。

例えば、クライアントさんであれば、また違ってくるし。
「失う恐れ」「先行きの不安」、「経済的なこと」いろんな状況によって、付随することも出てくるかも知れない。

でも、自分で、「何か違う」これは、もう「切る時期」だ。と分かったら、やはり早めに行動することなんだろう。この「宇宙からのメッセージ」の内容を読んでもわかるように、、、。

例えば、仕事の中で、「見極める人」が現れた場合に、その収入が大きく、自分の生活を支えていたとしても、「切る時期」には、真の自己は、それに代わる収入をちゃんと準備しているだろうと思う。そこを信じられるか信じられないかも勇気はいるかもしれないけど、自分次第になる。


どんなことであれ、困難にするかしないかは、自我(エゴ)と自己信頼との、どちらを”選択”するのか?にかかっている。

「真の自己を信頼するの? 自我のいうことを信頼するの?」

あなたは、どっちの”選択”が、より”自分らしい生き方””あるがまま”なのだろう?
”本来の自分”はどこにあるのか?

こう、自分に問うことができたら。そして自分の選択に責任を持つことができたら、何があったとしても、後悔などないだろうと思う。体験もひとつの宝でもあるから。


真の自己は、気にしていないのかも知れないけれど、それくらい大きな愛だから。(笑)

でも、”ある人”の例をみても、自分のスピリットの示す方向へ抵抗し続けていると、これからは、ますます、本来の方向へ目覚めさせようとするから、目の前のことがうまくいかずに扉が閉じて、あっちこっちにぶつかり、ちょっと痛い思いするかも知れないね。でもそれも愛だから(笑)。観念(降参)するまで続くかも。

私だって、昔、そんな時期あったし、それも体験だし、無駄ではなかったけれど、今は、こんな時期に入ったので、それがもっと顕著に現れるかも知れない。


痛い思いするのも、しないのも、自分次第。
まずは、自分自身と繋がれるようになることも必要です。
☆中心、核、ハイアーセルフについての参考は
↓  ↓  ↓
→11/125【レッスンの続き&ジャーちゃんにQ&A②】byGraceさん

Gちゃんは、昨夜で、この”ある人”には会わないことを伝えたようだ。
依存を、許さないことも【愛】である。
一応、納得し、愛も伝わったようだ。よかった~。

Gちゃんは、また物件の見直しに入る予定である。

きっと、また手放したので、Gちゃんにとって最善の物件も見つかるだろう。


□ ”就活”の結果

さっき、求人の問合せをした病院から返信があった。

今回は、スタッフが充足しているということだった。
元々、最初から”求人”は募集されていた訳じゃないし、いいのだけど、まだ、可能性があって、流れが変わるのか? あの、”就活”は、なんなのだろう???

執着せずに、ただ流れを見ていこう。また急に探したくなるのかも知れないし。


□ チャネリングレッスン

ツールなどのおかげか、昨夜は、yphamと内側で会話が出来ていたかも!
とにかく、yohamと急に話がしたくなって、内側に入った。yohamの言葉で感じた。

まだ、深い話までには至らないけれど、簡単な会話ならね。
あの身体を使った自己チャネをいっしょにしながらだと、やりやすい感じ。
最初からくらべると、マインドのおしゃべりが浮上してくるのも、ずいぶんと少なくなった。

やり始めて「お、、わかるかも~。」「うん、うん、そうだよね。」「~はこういうこと?」とか自然に繋がってたもんね。

昨日は、「あれ? こんなに簡単でいいわけ?」と感じたくらい。
やっぱり、考えすぎだったんだね。(汗) 

ジャーちゃんとも少し出来たかな?と感じたけど、やっぱ、まだ確認しないと、またハイアーセルフかも知れないもんね。(汗) でも、以前よりは少し希望が見えてきたぞ!! うん、違ってきた。

*  *  *

ちょうど、こんなメッセージもあったので、転載させてもらう。
「サービスなのか? 奴隷なのか?」って感じの質疑応答。


【転載】「癒すため? それとも 癒すためではない?」~聖ジャーメイン へ

【Gちゃんの試練&”就活”の結果&チャネリングレッスン】byGraceさん から


*  *  *

2月3日にアップされていたものです。翻訳に感謝。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Alexandra Mahlimay & Dan Bennack
2011年1月31日
Cluj-Napoca、ルーマニア


「癒すため? それとも 癒すためではない?」~聖ジャーメインのチャネリング


以下は「年間予想のリーディング」の一部で、クライアントの許可を得て編集,公開されたものです。

「親愛なる聖ジャーメイン。私はスピリチュアルなものに基づいたホリスティックなヒーリングをしたいと思っていますが問題があります。私の一部は、自分にはたくさんの贈り物(才能)があり、人々を手助けすることができるということをわかっているのですが、どんなアクションであろうと私がアクションを起こすことを止めさせる別の部分が私にはあるということです。理想としては、自分の夢に従って行動する勇気を持ちたいです。そしてそれによって、財政的な豊かさと深い満足感が来ることになると信頼したいです。これは可能なことでしょうか。来年(2011年)のうちに私がどんな進歩をしているのか、わかりますか?」


友よ。私は聖ジャーメイン。

来年の間、あなたは重要な意義を持つ取り組むことになると今のところ申し上げておきましょう。けれどもあなたは、とても重要な援助をいくらか受けることにもなります。ものごとは素早く熟してきています。占星術での配置でもそれを示しています。おそらくあなたは、もっと自分に自信をもって、自分で主導権を持って行動しなければならない状況に遭遇することになるでしょう。あなたはご自分自身を信じていなければなりませんし、ご自分の知識を信頼していなければなりません。また、あなたの気を散らすものごとや人々に対して境界線,限度を設けなければなりません。


◇サービス それとも 奴隷状態?

あなたはご自分の内側に持っているソーラーエネルギーを著しく放出させることになる期間に入っています。このエネルギーは牡羊座と獅子座~あなたの出生時に突出している十二宮の部分によって力強くパターン化されています。これはつまり、あなたにはこれから、もっとご自分自身にフォーカスをする必要が…そして同様に、あなたの望むことをやり遂げるためのあなたのクリエイティブなアイディアや勇気、決意にフォーカスをする必要が…出てくるという意味になります。同時にあなたは、あなたのエネルギーや注意をあまりにも必要としている人々,ものごとに対して効果的な境界線,限度を設けなければならなくなるでしょう。

あなたは他の人たちに奉仕することをごく自然に志向します。これは賞賛に値することです。けれどもあなたに引き付けられる人々は、それを時折悪用しています。私が言わんとしていることは、あなたは他の人たちに奉仕するのではなく、その人たちの隷属状態になっているご自分に気づいている…ということです。あなたもすでにご承知のように、これが、あなたのフォーカス,エネルギー,意志のパワー,そしてあなたのイニシアティブを散らしてしまっているわけです。これに効果的な対処をするために、あなたには、勇敢でしっかりとしていて、他の人たちに対して毅然としている必要があります。また、あなた自身に対してもそうである必要があります。ご自分にこれができるということを信じてください。そして、ご自分を疑うことを手放してください。

まもなく、あなたを封じ込めてきた人々,ものごとから自由になり、あなたがそうでありたいと望んできたもの,あなたが表現したいと望んできたことすべてをもっとポジティブに実現するステップに入っていく時期になるでしょう。他の人たちがあなたを型にはめるように課している重たい責任は、時折あなたにとって悪く作用しています。問題は、ご自分自身をしっかりと保ち、ご自分の望むことを人々に知らせようとするのではなく、やや受動的にそうした責任を受け容れる傾向があなたにあるということです。彼らがあなたにはふさわしくない権限をあなたの人生で振るうことを許すよりも、あなたには、ステップアップしてご自分の人生の作者となる必要があります。この種の不必要な干渉に対しては明確できっぱりとした限度をひいてください。あなたが人生に必要とするものを主張することになった時、ご自分自身に対しても、他の人たちに対しても、勇敢に自己主張をして毅然とした態度でいる必要があなたにはあります。

あなたには、あなたのコミュニティで重要な役割があります。ことのほか、スピリチュアリティ,ヒーリング,他者へのサービスのエリアに…。私は、あなたがこれをやり遂げることを奨励します。他の人たちを育てるということ…それは、あなたの魂があなたに今生で行うよう奨励していることです。けれども、それをする際には、あなたが他の人の重荷を引き受けていないこと…それを確認してください。また、あなたが他の人に提供しているサービスに対してその利益が保証されることは適切なことであるということをどうか思い出してください。あなたは召使ではありません。あなたはあなたのコミュニティの重要なメンバーです。


◇癒すため? それとも 癒すためではない?

たった今、あなたが他の人たちに提供しているスピリチュアルなサービス,ヒーリングのサービスに対して報酬が支払われる許可をご自分自身に与えることは、特に重要なことです。あなたはこの働きをするためにご自分をトレーニングしてきました。そして他の転生でも、このための道を拓いてきました。このことを認めて、ご自分がそのような報酬に値することを喜んでください。

あなたのスピリチュアルなサービス,ヒーリングのサービスを無料またはごく僅かな額で受ける権利があると主張しているような人々は、まったくの勘違いをしています。それは、相手の努力に対して一切の支払もせずに、熟練のシェフに食べ物の準備をするよう頼むのと一緒です。ご存知のように、殆どの大人は自分の食べ物の準備をすることができます。それはそれほど難しいことではありません。けれども、もしあなたがレストランのキッチンスタッフに、あなたの食事の準備をして欲しければ、あなたには、彼らの努力とトレーニングに見合った報酬を支払う準備ができていなければなりません。あなたが暮らしている社会,文化に適した形で彼らに支払う用意を整えていなければなりません。これは、食事だけではなく、スピリチュアルなヒーリングでも同じことなのです。

あなたのクライアントには、無料であなたのサービスを受ける権利はもうありません。あなたの才能はスピリチュアルなものであって世俗的なものではないからです。食べ物が農場で育ったからといって地元のレストランでお金を支払うことなしに食べ物が食べられることを期待するでしょうか。そんなことはありません。その食物を育てた農民も、レストランのオーナーも、あなたのために調理をする素晴らしいシェフも、皆が彼らのサービスに対しての報酬を受け取るべきです。たとえ地球があなた方に、そこに育った食べ物に対して何も求めないとしても…。これと、スピリチュアルなヒーリングや助成とには何の違いもありません。違いはまったくありません。

あなた方は、まず最初にあなた方を支えるOneのソースに感謝することを覚えていなければなりません。その後に、お互いに好ましい方法でサービスを供給する者たちに常に敬意を表し、その報酬を支払うべきです。あなたがこうしていれば、あなたは、地球に生きている間、商取引のあらゆる形において新しい喜びや満足を見い出すことになるでしょう。


親愛なる友よ。これが、私たちからあなたへのメインのメッセージです。私たちは、あなたに喜びをもたらすもの,あなたが情熱を感じるものをきちんと見つめることをお勧めします。それから、ご自分自身に問いかけてみてください。「癒すため?それとも癒すためではない?」…これが、今のあなたの前にある選択です。あなたの内側深いところから湧き出てくる直観を信頼してください。そうしてそれを、あなたの結論を導くために用いてください。「今年は、盛りだくさんの出来事があり、時にはあなたにとってチャレンジングなこともある。」というのは本当です。けれども、あなたが想像もしていないであろう方法で生産的な、報いられる一年にもなるでしょう。


月日が進むにつれ、他にも考慮したくなる時が出てくることでしょう。それについて簡単にお話しておきましょう。

2011年3月、天王星の動きはあなたが生まれたときから運んでいる木星のエネルギーと力強く共鳴します。これは、古い構造やパターンから自由になるためにご自分自身を解放したいという願望に相当なエネルギーを与えることになるでしょう。あなたは、ご自分の限界を拡大して、ご自分のニーズをケアすることを学んできました。ですからご自分を信頼してください。ご自分自身,ご自分の能力を信頼し、ご自分自身を前に出すことに意欲的になってください。躍進する時間は素早く近づいています。

20011年6月の終りから7月の初めにかけてと10月には通過する木星が、あなたの人生経験を通して徐々に高まってきているあなたの金星のエネルギーと好ましく共鳴します。これが意味することは、繰り返しになりますが、ご自分自身を信じている必要性が出てくるということになります。あなたには現在のご自分の限界を超えて拡大する必要性と長期的な結果に対して楽観的になる必要性が出てきます。それは、あなたのしているスピリチュアルなヒーリングというサービスからお金を儲けることになった場合に特に重要なことになります。その時牡牛座のエネルギーフィールドにいる木星は、あなたに成功を約束しているだけでなく、繁栄のサイクルの始まりをも約束しています。

2012年5月までには、木星の動きは、あなたのより高い目的に関してのあなたの発展した認識と力強く共鳴するようになります。これは、この時のあなたのキャリアに有利に向けられることができます。繁栄の具体的な顕われがあなたの人生にも現れてこなければなりません。けれども、あなたの進む道には不必要なものではない責任が高まってくることにもなります。その準備をしていてください。

友よ。今日私たちがここであなたと一緒にいることを許してくれてありがとう。このスペースとこの友情を分かち合えて嬉しいです。

私は、聖ジャーメイン。


これからの12ヶ月間のあなたの人生にある占星術的な可能性を知りたいならば、聖ジャーメイン,アレクサンドラとダンのは「年間予想のリーディング」を受けることをご検討ください。(詳細はコチラ→www.joyandclarity.com)

http://joyandclarity.blogspot.com/2011/01/to-heal-or-not-to-heal-saint-germain.html?awt_l=7_Ev7&awt_m=1Zn1yYV0f4Xjha

-Jueuxさん訳

*  *  *


【チャネリング&就活の確認 &意外な情報】byGraceさん へ 

☆本日↓2011/2/5(土)の始めはこちらから。
【Gちゃんの試練&”就活”の結果&チャネリングレッスン】byGraceさん
【転載】「癒すため? それとも 癒すためではない?」~聖ジャーメイン


*  *  *

先ほど、Gちゃんから電話があった。

思ったより、元気な声で安心した。
今日が、今の場所での仕事納めで、そのクライアントさんから、惜しまれ、「是非続けていてほしい。たとえ、場所がどんな所に移っても、行かせてもらうという」言葉を頂いたそうだ。
こうゆう言葉は、本当に施術者にとっては、何ものにも変えられないありがたい言葉だ。

そして、今のマンションより部屋が狭くなり、今の備品も処分することになるだろうと告げると、ちょうど、知り合いの会長さんにGちゃんの事を話したところで、地下に空いている倉庫もあるから、話をしておく。とまで言ってくれたそうである。

期待はないし、全て委ねの中だけど、それが、意図のない”流れ”というものだね。と話した。

ほんと人のことだけど、感激するし、感謝だな~。


□ yohamとの対話(チャネリング)の確認

【セント・ジャーメイン】byGraceさん

ねー、、、、昨日ね、、、チャネリングを試したんだけど、今回はyohamと繋がれていると思うけど、確認してもらっていい?(ドキドキ)

J:「おめでとう~!!」

G・私:「やった~~~~!!爆笑~~!!」

「よかった~~♪ 出来た~~!!」

G:「よかったね~。」

「うん、Gちゃんのおかげ~!!やっぱ、さ、”感じよう”とすると、それはすでにマインドなのさ。シャウドでもジャーちゃん言ってたのを思い出して、ヤバイ!そうじゃないって思い出したんだ。”感じる”のは、”感じよう”とすることじゃないからね。感じているときって、無意識にすでに感じてるじゃん。」

G:「そうだよね。”感じよう”としたら、マインドだよね。」

「そうそう、私、うっかり”感じよう”に意識が向きすぎてたと思って。」

G:「そっか、よかったね。わかって。」

「うん」

あの二人で、通称「自己チャネ」の方法から入ると簡単に出来たと話した。とにかく、ひとつ突破した!!うれしい~。

「あのときさ、ちょっとジャーちゃんも呼んだけど、それはちょっと自信ないんだ。」

J:「私が来たのは、お分かりじゃないようです。」

G・私 ぷっー。爆笑~!

「うん、あはは~。少し、このやり方で、続けてみるわ。」

G:「ある時からね、”私の思考を、あなた(存在)で満たしてください”って言って、チャネリングするようになったんだけど、そしたら、ちゃんと思考(マインド)は自動的に除けてくれるようになったよ。」

「そうか、今度、それもやってみる!」

「そうだ、意識の拡大のほうは?」

G:「板についてきたって!」

「よっしゃー!!」


で、この辺りで、Gちゃんのことの確認があり、何となくぼやけた部分も見えてきた。

そして、私のほうも、余計な分も見えてきた。(爆)


「ね~、そういえばさ~。先日いきなり、「仕事さがせ~~~!」って感じでyohamが合図してきたんだけどね。(笑)今日、返事がきたけど、違ったみたいなんだ。」

J:「確かに、医療関係だけども、産婦人科や看護助手だけではないです。限定しないで物事を見るようにしてください。」

「で、今から仕事探しもしておけってことだったの?」

J:「そのとおり。」

「え~~、じゃ、何科というのも分からないし、そもそも医療関係で求人なんてないんだよー。そこから探すの?」

G:「そうだって~。汗」

「ねぇ、うちの近くの割りと大きな病院の中のレストランでは求人あったんだ。そんなのも含めて?」

G:「そうだって~~。」

「ふ~ん。じゃ、そこも可能性ありだよね。私にしたら、家が近いし、便利でいいんだ。だけどさ、時間が短そうなんだよ。」

J:「あなたは、”サロン”をやらないつもりですか?」

「え~~~汗、なにそれ~。サロンって、カウンセリングでしょ? 看護助手なら、夜勤があれば、明け休みと時間は作れるからいいと思ったけど、、、、ジャーちゃん、、、そのサロンってさ、まさか、リフレクソロジー(足裏マッサージ)まで、入ってないよね~?」

J:「あなたも、またやっていくでしょう。」


Gちゃんも爆笑~~!! Gちゃんは、私の気持ちを知ってるから。

で、Gちゃんも私も、施術は楽しいし、嫌いじゃないけど、やはり、準備やタオルなどの扱いや、とにかく見えない大変さがある。大きなサロンで業者に任せるなら話は別だけど。
出来るなら、ちょっと避けたい気がしていたんだけど、、、、。思わぬところで、自分にも、、、、。


実は、先日から感じていたことがあった。

それは、以前の預言カフェの内容からだった。
→10/10/6【神聖なタイミング~母から2通目の手紙&娘と預言カフェへ】
そして、私はあなたに対して、本当に沢山の計画を持ってます。
ですから、「もう、これでいいや」という風には思わないで、
本当にもっと、もっと、大きな事柄に対して、ほんとに入ってく
ことが出来るように、私は今、準備していますよ。と主が言われています。

そして、あなたが、今までこう、、、得てきたもの。それを無駄にはしないと主が言われます。
中途半端に終わってしまったこともあるでしょう。失敗で、終わってしまっ
たこともあるでしょう

でも、それらのものも、私は全て使いますよ。と主が言われています。

それが無駄で終わるのではなく、失敗で終わるのではなくって。そこで、あ
なたが得てきたものは、確かにあります。と主が言われます。
ですから、それをあなたの強い武器として、あなたが、そこを使う、その様
な者であることを知ってください。
と主が言われています。
(なんか、こう”喜び”ってくるんですけど)
「喜び」を益々、あなたの心に注ぎます。と主が言われています。
なんか、見るもの見るもの、そこに「喜び」を感じていく、感動を感じていく。
そのような事柄が、もっと、もっと起こってきます。と主が言われます。



私の数多くある仕事、この預言のとおり、失敗、中途半端、仕事の体験はいろいろだ。
今回の引越が分かってから、この時のメッセージのことで、私のどこから、どこまでの仕事をいうのかな?と思っていたんだ。

だから、看護助手だって、その一つだし、建築、CAD、リフレ、パン屋、保険、TELオペ、販売、厨房などもあるし、いろいろと体験したよ。、、、、笑。

もう建築とかは、ありえないな。とは感じるけど、やっぱ、”そこ(リフレ)”から?(笑)
なんとなく、、、、「・・・・」って感じ。

「やれる、やれない。やりたい、やりたくない。」の二元性を超えるって、そうだよね。こういうこともだったよね。って感じ~。

ちょっと、中断しちゃったけど、、、

「そりゃ~、yohamの意向なら、何でもやりますともーーー!!私とyohamは一つなんだからー。そのほうが、幸せなんだしー。」

とジャーちゃん、Gちゃんに言った。

「でも、もう忘れてしまったよー。施術もー。順番も~。」

G:「うちに、練習しにおいで~。」

「うん~。」


テキストはあるから、また練習すればいい話なんだけどもさ。(笑)

「あ”~~~っ」て感じ。正直、スピリチアルワークのみで行きたいって感じだったのになー。
ま~リフレも含めると、年齢も、なにも関係なく好きな人は好きだしな。喜んでもらえるものではあるけれど、、、。きっと、やり始めたら楽しくなっていくのかもな~。自分には合う仕事ではあるのは分かってるけどね。”主”も、あのように言われている事だしね。(笑)

確かに、リフレの時のメニュー、売上表なども全部CDに落としてあるし、使えるか。

オットマン(足を乗せるやつ)や、フットバス、バスタオルなども全部処分しちゃったのに、、、。

と思ったけれど、ちゃんと準備されるんだろう。

今、yohamに確認したら、もしかしたら、自宅ではなく別にサロンの準備もあるみたい。
きっと、全てもう準備が出来ているんだな。
どう考えても、実家には、私の荷物を入れたら、物理的に無理でしょ。

面白いって言えば、面白い。この”流れ”全てを受け入れて、流して、私らしく楽しもう。

Gちゃんに、「自己チャネで、物件探すとサクサクいけるよ!こうやって絞ったら簡単さ~!」と
話して、ジャーちゃんに、この”自己チャネ”ってどう?って聞いた。
☆自己チャネのこと→11/2/3【Gちゃんのお試し&レッスン&いきなり就活】byGraceさん
 
J:「ぜん、ぜん、素晴らしい~~!!」

G・私「ぷーーーー!!笑。」

G:「ジャーちゃんの言い方~~!ウケる~~!!」

G:「OK~!!やってみる!」

「ジャーちゃん、Gちゃん、ありがとう~!」

G:「いつも一緒なの忘れないでねーって言ってるよ!!」

「わかったー!!笑」



-END

何だか、バタバタと一気に動いてきた。仕事も探さなきゃ~~!!汗

今日も、全てに感謝!


2011/2/7(月)晴れ



□ ひとりごと

昨日、久しぶりに換気扇からメロディらしきものが流れてたな。って思ってたら、切ったそのあとも、TVも何も点けていないのに、遠くからチェロの四重唱のような感じで、クラシックがずっと空気間を漂うように流れていた。バイオリンのような高い音ではなく、落ち着いた、でもキレイなメロディが流れている。

意識の拡大の成果だろうか、何か祝福だろうか。

もっとハッキリ聴きたいのに、残念ながら遠くから流れている。
天界って、いつもこんな曲がBGMで流れているのかな?いいな~。

先日、ジャーちゃんが言っていた”サロン”。yohamも準備しているという。
なんか、直感のように、実家の向かい側のマンションが気になった。
そんなに新しくないけど、目の前が割りに広く駐車場になっていて、3階建。同じようなマンションが横並びでえ3棟ある。あれ?2棟だったかな?
いつも、空き部屋の張り紙がしてあったな~。と思い出した。1、2部屋空いていた記憶がある。

先日、WEBで、ちょっと見てみるとあった。1LDKだ。駐車場もある。
こっちは、安いな~。一応、オートロックの鉄筋だった。
家の真向かいだから、超便利。ストーブはもちろんのこと、エアコンもついていた。

旭川は、今は、気候も変化しているだろうけど、盆地なので、冬は寒く、夏は暑い。風もあまりない。

マンションの詳細があまり書かれてない。

でも、こんな感じでサロンがあれば、ひと部屋は、娘たちや、友人が来たときも泊まることが出来るし便利だな~。
な~んて、、、、期待も流し、全て流して、きっと、その内に見えてくるだろう。


□ 引越準備

昨夜は、なんだか今後やっていくことに意識が向いて寝付けなかった。

昨日は、引越業者の手配とWEBから、郵便の転居届を先に済ませた。
手続きは、区役所などが残っているけど、取り合えずそこまで。

兄は、退院して実家から通院していたけど、昨日から本社のほうへ行くため、住居を移動、そちらで(持病)お世話になっている病院で通院を続ける。
帰国したときより8,9割り方回復してきたようだ。
久しぶりに母に電話すると、穏やかな声だったし、引越の荷物の心配もしてくれていた。

やっぱり、なんだろうな~。こんな状態なのに、母も兄も優しいんだよな~。
言葉に出来ない不思議さが残るのだけど、やはり魂では分かってることだからなんだろう。
なんだか、落とすもの”そちらでも”落としましたか?(解放)って感じ。(笑)
こっちのほうが調子が狂う。

兄は、実家を出る前に、簡易的なプリベイト方式のような感じのインターネットをすでに引いといてくれていた。
とても遅いらしいけど、私が帰ってから、新たに申込みすればいいとそれまでの準備としてね。ホントありがたい。

次のブロバイダーも、安いところを探してくれていた。

「光なんて、贅沢言わないよ、なっ?」

「、、、うん。笑」

マンションは、光のほうが安いけど、戸建てはADSLのほうが安いみたいだ。

「ま、東京は光でも遅かったし、遅いのには慣れたからいいよ。」

兄とは、昨夜ゆっくり話したけれど兄は兄の長男という立場で感じるものがあるんだろう。
それは昔からも今も気にしてるかも、、。もうそれも手放していいのに。
親孝行、兄は、出来ることはやってたんだよな。出来なかったのは私だ。これからですわ。(笑)

「母のことは、任せて。」と伝えた。

兄が母の面倒をみても、力仕事意外は、そんなに役に立たないと思うから。(笑)
そこは、女同士のほうが、分担できることがあるのでいいでしょ。

ま、バイトも探していると伝えたので、安心はしたようだ。


□ 就活

先日の”自己チャネ”も、どうしてあの流れだったのか理解できないけれど、昨日は、どうしても求人のあった近くの病院のレストランが気になりWEBから応募してみた。

あの時に、ジャーちゃんに「ハートが開くのか?」とあえて聞かれると、「う~ん、、、」急なことで「やりたい~!」ってそこまでは「???」よく分からなかった。(ひっかけだったのか?)

再度感じてみると、別の病院(こっちも家に近い)のレストランは、きれいなんだけど、病院の経営だし求人されているわけではない。比べると、どうも最初のほうが、レストラン自体は、テナントで、あまり縛りが感じなくって、スタッフの明るそうな雰囲気が伝わり良さそうに感じた。こっちのお店も「和」の雰囲気で割とキレイ(写真では)だよ。

まずは募集あるほうが話しは早いんだからと、先ほど電話を入れた(応募したら、こちらから電話することになっていた)。
明るく感じのいい女性が電話に出てくれた。希望を聞かれた。
丁度、お店の希望する条件と私の条件が合った。

キッチンスタッフで、9~15時の間で、その時によって、時間内の中で、状況に応じて時間変動があるということだったけど、別に問題ない。15時以降、家に帰ってからでも、遠隔ヒーリングや、カウンセリングのほうも出来るだろう。お互いの条件も一致して、面接日が25日に決まった。

結局は、ハートでOK出ればなんでもいい。 今回は特に場所だな。家から歩いて通えるのは、なによりありがたい。寒い中、バスを待つのはいやだよ~。しかも、冬は遅れるし~。
地下鉄の無い生活って、忘れていたよ。車がほしくなる。サロンを始めるころには準備されてるのかな?

とにかく、結果は、まだ分からないけど、スムーズな”流れ”だったので、思ったより簡単に”就活”は終了しそうだ。(今のとこ)ほっとした~。

母に電話すると喜んでくれた。

「これまでのやってきた事も無駄にしたくないから、バイトしながら考えるから」と言えた。

「うん、そうだね。」

「毎月、支払いなどもあるし、すぐに給料は出ないから大変だけど、それまでお願いね。」

「二人で、節約しながらやっていこう。」と母も嬉しそうに答えた。


サクサクと、いい感じで一つずつ。感謝。

------

夜、Gちゃんとちょっと話した際に、バイトの件とサロンの件は、うん、感じていたとおり「正解」みたい。
ちょっと楽しみになってきた。


2011/2/10(木)晴れ




なんか、いつから書いてないのかも分からなくなってた。(笑)


□Gちゃんのプロセス

昨日、ようやくGちゃんのほうが物件も決まり、今、嵐のように、動き出し始めた。

でも、それまでの数日は、もう言葉に出来ないほど、Gちゃんのプロセスは試練、削ぎ落としだと感じた。かなり衰弱した状態にまで陥っていた。

でも、全ては”完璧”であり、その状態の”祝福”だ。

一時は、混乱、不安、恐れ、いろんなものを一度に体験(短期間に)した厳しいプロセスだった。
でも、今朝、内観作業中に、Gちゃんの中に深く深くうずくまっていた、古いアスペクトが現れたようだ。
肉体のあるGちゃんの衰弱と同じように、石のように重く動けなくなっているアスペクト、”豊かに”なることを最後まで拒み、引っ張ろう(古い世界へ)としていたアスペクトだ。古い男性性エネルギーの部分とも言える。
※アスペクト=自己の側面(過去生の部分も含む)

そうそう、Gちゃんも二月に入ってから、これらのものを一掃するツールを使ったり、豊かさを受け取るツールを使って”豊かさ”を受け取ることを宣言していた結果とも言えるだろう。
って、言うか、もうその前からGちゃんも準備できていたし、の真の自己は準備していたんだろうけど。

Gちゃん自身も、もう不要なアスペクトは殆ど解放していたと思っていたらしいけど、「浮上してきた。まだ私の中に居たことに今朝気づいたんだ。」自分では、そのアスペクトを今までのように簡単に動かす(解放)することが出来なかったらしく、ミカエルにも応援に来てもらい連れていってもらったようだ。
ミカエルは、簡単にそのアスペクトを動かし、連れていったらしい。(笑)

ここまでしないと、”浮上してこないアスペクト”。深いところに隠れていたのね、、、。
二人で、「よっぽど、過去に辛い目にあってきたアスペクトだったんだろうね。」と話した。

でも、私も同じ体験をしてきたんだよね。こんなにリアルにアスペクトを感じることは出来なかったけれど。

とにかく、Gちゃんは超えることが出来た。昨日、全て多くのことが解放に向かった。今日は、一気に物事が進んで、業者の見積もりが、ありえないくらいの破格で、「え~~~!!!」って信じられない安さで引き取りしてくれるとか、そんな感じで、天界がすごい勢いで動いているのが分かる。

まだ、不安や恐れの残像(余韻など)は来るかもしれないけど、気にしないで流していけば、薄らいでいくだろう。

途中は、Gちゃんと一緒に泣いたときもあった。
私も、なんとかGちゃんのバランスを戻そうと試みた。強力だった。
泣きながらyoham(私の神)と会話した。いつもyohamは優しく励まし、労ってくれた。

yohamは、「エネルギーの動き方というものを、良く見ていなさい」

とも言った。

今回のGちゃんのプロセスは、同時に家族の開放でもあった。
双方で、それぞれの段階、異なる解放があった。ジャーちゃんがシャウドで言ってたように”衝突”そしてそれがバーンと解放され、最後は、感動的な解放で美しかった。互いに、和解し、魂の真の姿を見た。これは、この”家系”の解放、あるいは先祖の解放に繋がっているだろう。(先祖にもまた。留まるかどうかの選択はあるのだけど←過去にジャーちゃんが教えてくれたこと)

”衝突”は、外側ばかりではなく、内側でもある。
※ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

<参考>※読むには、登録、ログインが必要です。
ティーチャー・シリーズ シャウド6: 
「新しい時代、新しいエネルギー、新しいやり方」
アダマス・セント・ジャーメインによるシャウド

クリムゾン・サークル 2007年1月6日


yohamの言っていた意味が分かった。

そういえば、先日、外を歩いていると、内側から声があふれてきた。
→09/7/11【何も変える必要はない】-7【聖なる日】
今思えば、この時の体験に近い。
私の言葉のようで違う。前回のように、勢いはあれほどでもないけど、もっと自然でスーっと出てきた。
内容は、Gちゃんに宛てたもので、我々は(わたしたち)という言葉も混ざっていたので、私はOneだと感じた。その意識の中に自分が混じっていた。
その時と、その後の流れで、このメッセージの意味が微妙に違う?と感じたけれど、今日、Gちゃんのアスペクトの話で、読み直してみると、やはり受け取っていたものだったと感じた。
あのメッセージは、ある意味、アスペクトに対して語っていたのかもしれない。


Gちゃんは、今日は全てに感謝して、感謝で涙を流した。

いつかは、こんな体験も笑い話になるだろう。

あ~、めでたい、めでたい。
ちょっと、体力的に衰弱したんで、引越の準備がきついかも知れない。私の”上京”したときの引越を思い出す。
本当に、きつかった。疲れすぎて何度、泣いたことか。

Gちゃんとは、”お互いの労い旅行”することを約束(創造)した。

エールを送る。


□ yohamの大きさと愛

2/8の夜、私は、久しぶりにノーマさんの呼吸をipodで聞きながら行った。

呼吸を続けて、音楽に入ったときに、目はつぶっているけど、目が「かっ」と見開いた。
あまりにもyohamのエネルギーの大きさに驚き、それと同時にワケもなく涙があふれてきた。
途方もない大きさ、愛だったからだ。ただ、ただ感じた。なにかカプセルのような、何かで包まれているような感覚の中だった。ずっとその中にいたい感じがした。yohamの愛。いたわるような愛だった。

素朴に、、、こんな大きなエネルギーがどうやたら私の中に入るんだろう???
はみ出ないか???(爆)


□ 今の状況

先日、ふっと感じていることをジャーちゃんに聞いた。

「ね~、”行動しろ”っていうことの中に、お散歩意外に、人にも会えって言ってるの?」と聞いた。

J:「そうですよっ!」

その時に、浮かんできた数人の仲間があった。ジャーちゃんに確認した。

いや、引越が決まったときから、「会いたいな」と感じていた。
先日会った仲間は、このことを聞く前だったんだけど、突然に話があったので、もう準備されていたこととして受け取っていた。


-2/9(水)夜
Gちゃんの朗報は、仲間と会う前に届いた。安堵した。

この間の仲間と会った後、もうひとりの仲間に”何か伝えなきゃ”と強く感じた。yohamだと思う。
その後、ジャーちゃんにメッセージをもらい伝えたことから、近い内に会うことになった。
その時に、上記のことを確認したんだ。

それで約束していたのが昨日だった。

”仲間”と会ってきた。
時間はあっと言う間で、とても楽しかった。
ジャーちゃんもミカエルも、他にも?いつものように会話を聞いていたんだろう。
全て聞かれているから。でも感度はよく、ジャーちゃんが言ってることが、何となく感じとれていた。重要なことは、私の口を借りて言ってくれるといってたので、私は安心して、”あるがまま”に楽しんだ。

お店は、以前に気に入って娘と入ったところにした。
混んでいたのに、本当にタイミングよく仲間が来たら、広い席が空いて、そちらに移動することが出来た。スゴイ。あやうく相席になるところだったのに!!

どれくらい会ってなかったかな~。仲間は、ずっと”個のワーク”を続けていた。それをなんとなく私も感じている。(連絡は取らなくても、時々、仲間たちはどうしてるかな?と思うとき)
それはグループワークと違い、時に孤独も感じることがあっただろうと思う。私は、そうだった。

ただ、ひたすら内観し、手放していくことである。
仲間のエネルギーが本当に軽くなっていて、ずいぶん落としたんだな~。というのが伺えた。
自分のことのように嬉しくなった。

たくさん笑った。

明日も、また違う仲間たちに会う。それもまた、みんながそうそう休みが合うこともないのに、今日電話がきて、○○ちゃんがうちに来るって決まってから、どういうわけか、みんなが揃うことが出来たよ~!と嬉しい報告があって、「これは、みんなの祝福だ~~!!」と言ってくれた。超うれしかった!!楽しみだ~~!!

まだ、元同僚たちに挨拶はしていない。最後に会いたいな~と思ってるけど、実際、もう引越まで余裕がなくなってきた。引越は、間際になってじゃないとナカナカ片付かないもんだ。
う~ん、、、会えるかな?物理的に無理かな~~。会うことになっていれば、ちゃんと会えるのだろう。


-2/10(木)

今日は、とにかくリサイクルショップ、家電リサイクル、粗大ゴミの申込みを一気にした。
引き取り、収集日も、予約だけど、何とかギリギリ間に合った。
結構、埋まっていくもんなんだね。
yohamのことだから、心配はしてないけど「ナイスっ」って感じ。

そんな、こんなで、母にも必要な金額をちょっと不安だから多めに来週振り込んでもらうことになった。

着々と、なんとなく予定も見えてきた。
後は、ひたすら、捨てる、マンションの階下まで運び出す作業になる。

全ては、うまくいく。”完璧”に!!


全てに感謝!


2011/2/12(土)小雨



今日は、仲間のうちから午後に戻ってきた。

昨日(11日)は、そういえば、”雪!”、今シーズン始めて見た”雪”だった。
でも、正直、これからたくさん雪の中、、、今から見たくないよねっ?(笑)

昼前に到着して、みんなで買出し後、料理のお手伝い。
時間のブランクも、なんのその、会った瞬間からハグ、テンション倍増で笑い、作業しながらも話続けた。

久しぶりに、食卓を囲んで、みんなとご馳走~。
スイーツ、私でも飲めるようなワインも準備してくれた。飲みやすっ。
ほんとうに、ごちそうさまでした♪

で、私の昨年のプロセスを見守ってくれていて、「あの体験したら、今後、怖いもんないわ!」と言ってくれたことも嬉しかったな。

で私と、その家の主(仲間)さんとで、朝まで語り、二人共、2時間ほどの睡眠で、ショッピングに出かけた。服を買うのに、お付き合い。こんなの久しぶり~って感じで、とっても楽しかった。

幾つかのシンクロもあり、写真も撮って、爆笑のうちに終了~~。
また、次に会えるときまで!!

-心から、ありがとう♪ 感謝!


*  *  *

B L E S S E D  B L I S Sさんで、ローレンのメッセージのアップがあり、転載させていただいた。
すでに、次のメッセージも出ているのだけど、下記のは、今月2月1日のだ。
ん?ライトボディ11の段階?!10の段階じゃなかったのカナ~。

ライトボディ アセンションの第11段階目 / Lauren.C.Gorgo - February 1, 2011

□ 新しいノーマル

前回のアップデートの際、
地球の再調整に伴う磁気的な地軸のシフトにより引き起こされている、
前代未聞の地磁気活動に、私たちは断末魔の苦しみを感じているとお知らせしました。
このような自然の現象は地球がより高い意識へと上昇するにつれ、
増加するかもしれないともお伝えしました。

本日、プレアデス高等評議会は、
今年以降地磁気的な活動は間違いなく増加すると語っています。
既に分かっていることで新しい情報でも何でもないですが、
今世界中で起きている様々な出来事が、
これらの地磁気的現象(磁気嵐、太陽フレア、太陽風・・・etc)により
増加した光のレベルに関連しているという事を再認識していただくためです。

プレアデス高等評議会が、
私たちに分かってほしいと思っている事は、
この強さのエネルギーレベルはこれから"普通"になり、
私たちはいずれ、これに慣れるということです。

何故これを知っておくべきかというと、
これからの日々は、不安定な天候パターンに加え、反乱や暴動など、
磁気的変動の影響で人々の気分が揺れ動きやすくなるからです。

真実の光というものは、
無視する事が不可能で、これからは世界中で真実を求める動きが起こり、
真実の光の無い人生に人々は耐えられなくなります。

私たちが、一度無上の喜び、この上ない源との繋がりを感じてしまうと、
それなしでは、生きる事ができなくなってしまうのです。

この事実は私たち一人一人の中でいよいよハッキリとしてきました。

“変化に敏感で、ワンネスに向け積極的に準備(浄化)してきた方は、
この強まりつつあるエネルギーによって地球の変化に伴う圧力に対して、
中立状態、一なる時空、平和観、客観性を保つ事ができるように導かれます。
-プレアデス高等評議会”


□往復ビンタ

私の役目は、受け取った情報を地球の存在としてグラウンディングすることです。
その情報の中の"嫌な"部分に着目しないようにはするのですが、
4日前(1月28日)の、ほぼ同時に起きた2回の太陽爆発の際は、
平和観や客観性なんて悠長な現実とは、正直、無縁でした。
自分が、自分の意識の、どの領域にいるかによって、
これらの太陽嵐は、確実にあなたをノックアウトする事ができます。

もし、あなたがイライラ、失望感、根拠の無いプレッシャー、絶望感、
根拠の無い深い疲労、心配、吐き気、めまい、鼻の異状、頭痛、
膨満感、異常な食欲、背骨の痛み、風邪をひいた時のような筋肉痛、
激しい気分の浮き沈みとともに、
いつものように太った体の脂肪スーツを脱ぎ捨てたいという願望を、
経験しているとしたら・・・

きっとこの太陽のお恵み? 往復ビンタが関連しているのでしょう。

そうなんです、
10年以上もグレートセントラル太陽にどつきまわされた揚句、
いまだに私たちは、太陽の仕打ちに耐えなければならないのです。

これはどこまで続くのかしら? やり過ぎってことはないの?

プレアデス高等評議会が言うには、
前線部隊(ライトワーカー、スターシードの皆さま)が、
未だこれらのエネルギーに蹴倒され(拷問され)続けている理由は・・・

ドラムロールお願いします・・・

私たちが、まだそこにたどり着いていないからです。

どのように言葉で表現したらいいのか分かりませんが、
私たちは、"まだ"二元性に基づいた古い世界から、
一体である集合的ワンネスの領域に移行しつつあるということです。

"いずれ"私たちが、生物的生まれ変わりを完成させることで移行は完了します。
生物的生まれ変わりの段階がまだ続いているということですが、
3月には良い事がありそうです。
その辺りをちらっとのぞいてみましょう。

"キリスト意識へとライトボディーを上昇させる、という、
 アセンションに向けた生物的完成の準備をしている方、
 3次元的二元性プログラミングから解放されるには、
 神聖なタイミングがあります・・・
 5次元意識への突入と同時に起きるそのタイミングは、
 星の中に書かれています。―プレアデス高等評議会"

(ちょっと愚痴) 上記のように、
既に二元性を脱した平和な領域から"調子のいい"事を、
プレアデス高等評議会は言いますが、
それは、大概裏を返せば、私たちにとっての「あいたたっ・・!」に相当します。

ですから、もし、まだ少しでも残っているとしたら、期待は手放しましょう。
今あるがままを受け入れる事ができれば、物事はスムーズに進みます、
それは確実に言えます。

愚痴はさておき、2月2日の新月以降は前向きなエネルギーを感じているので、
いつものように座って拷問をされるのを待つような事はなさそうです。

この新しいエネルギーを、あなたは既に感じているかもしれません。
それはあたかもこの2か月間、
受け取り続けてきたけど荷解き(解読)する事ができなかった、
新しいコード情報の入った光の小包を解読できるようになったような感覚です。

それは直感的なもので、
春分の日に向けてゆっくりと盛り上がっていく機運のように感じています。
時に私たちは、自分を守るという間違った名目で作り上げたブロック(壁)を
ぶち壊していかなくてはなりません。

あなたの内のハンプティーダンプティー(卵の形をしたおじさん)が
壊れてしまったとしても、覚えておいてください。
ちゃんとした形に作りなおすには、
一度壊してからでないと正しく作りなおせないという事を。

これからの数日は安定しているでしょう。
(新テレビシリーズ"Idol"が手元にあってラッキーだったわ)

安定しているとはいえ、それは、待つ事とは全く違います。
私たちは今まで自分以外に何かを"待つ"ということはありませんでした。
私たちは助けを待ったり、前に進むために何か外的な援助を待つという事はしません。
この過程はそれよりも"忍耐"に近いでしょう。

私たちという存在の全てのレベル(スピリチュアル、思考、感情、肉体)が
内なる源に統合する事を許し、
宇宙の力と自身の神聖な意志のバランスが取れた状態で、
容易に創造ができるようにするといった過程です。

私たちは錬金術を正しく利用できるように、
その技術を細心の注意をもって、磨いてきました。

忍耐というのは意識レベルだけではなく、それは肉体的なプロセスでもあります。
人間としてのソフトウエア、ハードウエアを再設定するという、
とても体力のいる作業です。
その為の冬眠の期間もあります。

私たちは、身体の分子レベル、細胞レベルを調整し、
分子構造が宇宙と統合、調和するようにします。

私たちが、これから通過するであろう生物的変化というのは、
私たちの想像の及ばないレベルでの変化です。

そこで大事なのが身体の安定、静けさです。

もし、身体が睡眠を欲しているとしたら、
それにはそれなりの意味があるということです。

身体の要求に忠実に従わないと、確実にノックアウトされてしまいます。


□ ライトボディーのディセンション

プレアデス高等評議会が"ライトボディーアセンションの第11段階目"、
女性性と男性性の二極の統合の結果起きる、スピリットと肉体の完全統合と、
私たちの新しい5次元循環システムの事を、話したいと言っています。

私は、これを「ライトボディーのディセンション」と名づけています。

実質、意識はアセンション(上昇)しますが、
スピリットはディセンション(下降)することで、
私たちの人生や身体の中に、完全にグラウンディングされるからです。

皆さまに理解していただきたいとプレアデス高等評議会が言っているのは、
あなたのライトボディーと肉体というのは、それ程違わないということです。

サイズも(脂肪の部分は除いてくれるといいのですが 笑)
形も特徴も3次元の肉体と同じです。

唯一の違いは、ライトボディーには、
肉体の"完璧版"の青写真が内蔵されているということです。

ライトボディーは、完全なアセンションに必要なエネルギーのポイントや、
全ての要の部分を活性化させる為の燃料(生命力)と情報を持っています。

私たちが、これらのポイントを活性化させ、マスターとなるためには、
11段階のスピリチュアルなイニシエーションを通過する必要があります・・・
それはテレビゲームのように、今の面をクリアしないと次の面に進めないのと同じです。

これからの2ヶ月にかけて、
一部の方々は、この転換に伴う大々的な肉体の変化に備えることになり、
それは、私たちの人生の様々な側面に変化をもたらします。
(例:食べ物の好みの変化、睡眠を多く必要とする、肉体的機能の変化・・・ etc)

これらの変化は、私たちにカルマ的悪影響を超越する力をもたらします。
この悪影響は、細胞レベルに記憶されている不調和な感情、
思考から来るエネルギーの集合体で、
ホメオパシー療法のように、それが解決(中和)されることで、
4つのボディーが、
カルマの循環の輪(繰り返す因果応報のサイクル)を超える事ができるのです。

この循環を超越する事で、
肉体は、ライトボディーと完全に統合することができ、
神聖なオリジナルの青写真から、完全なエネルギーを交換する事が可能となります。

神聖な青写真からくる光のコード(暗号)を含んだ情報は、
神聖な幾何学的流れにより、肉体とライトボディーの間を、
様々なエネルギー交換ポイントを通過しながら行き来します。

この継続的なエネルギーの交換により、
肉体はプラーナ、チー、気などといった栄養を得る事ができ、
私たちが長年待ち望んだ輝きと健康を維持する事が可能になります。

カルマ的悪影響の消失は、神聖な青写真との、しっかりとした繋がりを意味し、
完全な肉体が得られ、すなわち、病は存在できなくなります。


□ これから何があるか

私たちに起きている事を信じ、全てを手放すとしたら、今がその時です。
今、これから何が起きようとしているかを考えても、仕方ありません、
この新しい領域は、私たちの考えの及ばない領域なのです。
嬉しい驚きを、楽しみにするのみです。

プレアデス高等評議会いわく、アセンションは問答無用にやってくるということです。
それは銀河的、宇宙的に既に決められている神聖なイベントで、
地球に住む存在全員が、参加を希望してやってきています。
全員は、それぞれの神聖な方法で、それを体験します。

アセンションに抵抗するのは、重力に逆らうようなものだと彼らは言います。
それは、意識するしないに係わらずやってきます。
しかし、参加意識を持って参加すれば、その不快感は軽減されます。

もう計画などというものはありません、神聖な直感に基づく意欲のみです。
あなたの中の古いパラダイムが、
コントロール不能なものをコントロールしようとしても、
それは無視するしかありません。

私たち個人の前に見えるものは、常に同じです:
私たちの今の意識レベル、今の状態を、最も純粋に、最も忠実に写した鏡です。

新しい時空へと移行する準備ができ、統合が済んだ方にとって、
それは抵抗なくやってきます・・・それは、あたかも当然のようにやってきます。
充分に浄化が済んだ方にとって、次のステップは、単なる波動の隆起で、
他のアップグレードと同じように感じられます。

いまだ、クリアすべく怖れの(制限のある)意識がある方は、
その意識を、より高いレベルで捉える事のできる気付きを与えられ、
怖れを超える術を、手に入れます。

いつも通り大事なのは、私たちは既に全てを分かっているということです・・・

Peace out,

Lauren
ローレン

Quoted from:
ThinkWithYourHeart.net
starpeople


*  *  *

【転載】次元上昇のすすめ ~セント・ジャーメイン へ

お泊り&【転載】「ライトボディ アセンションの第11段階目」 から
【転載】次元上昇のすすめ ~セント・ジャーメイン

*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
Compte de Saint Germain's Blog

「次元上昇のすすめ 」 

2011年2月1日(火)

http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.com/2011/02/moving-for-ascension.html

グレイト・ホワイト・ブラザーフッドのマスターたちは、現在、大きな変化に備えておくように教え子に説いています。私のメッセージは、その他のアセンデッドマスターの信頼できるチャネリングとそれほど違いがありません。このチャンネル(☆アルーナさんのこと)は思考が活発ではないので、「新しくて、これまでと異なる」ことは、活発な思考がメッセージを受け取るものに及ぼす支配力をそぎおとしていきます。私が彼女にこの内容を届けるよう頼むこと以前、彼女には、あって然るべきチャネラーとしての権威がなかったため、私のチャンネルの選択について疑問の声がありました。多くの人は、これらのメッセージが彼女の思考によるでっちあげであると主張します。彼女と話をする誰もが、私と私のメッセージを受け取るものとの違いに気づくことはできません。我々はまったく似ていません。


チャネリングは芸術です。よくそれを行う人は、その人の精神的な能力の枠の外へ出ており、いかなる歪曲もなしえません。先に述べたような意見を持つ人たちが、チャネリングをいぶかるのであれば、その男性または女性が、マスターと接触する場所へと距離を縮めてきます。

そういうわけで、我々は、アールナをウルグアイへ動かすことを決めました。我々が、可能な限り最も純粋なチャンネルを持つために…我々が主要なプロジェクトでほぼ終えられそうな今、彼女をまた別の場所へ移動かすことができます。なぜ、私はあなたがたに、このことを話すのでしょうか?それは、純粋なうつわというものは、ここにいたいと望む場所ではなく、動かされる場所へ行くのだということを、分かっていただきたいからです。


我々は、あなたがたの多くに、今行動すること、この世界情況の変化を避けないようにお願いしています。お願いする理由のひとつは、あなたが理解できる範囲で、世界の変容がとても大規模なものになる前に、適応する能力を身につけてもらいたいからです。浄化するより多くのカルマがある時、最もたやすく浄化できる場所へ移動することによって、長年の難しい事柄を癒すという点で、大きな違いとなるでしょう。


それから、最も一般的な理由があります。というのは、あなたのマスター性と、あなたという存在に注意を払うことに、違いを生じさせたいのです。男性と女性がもうほとんど次元上昇することができる時、とても美しいエネルギーが彼らを包み込みます。そのエネルギーをまた別の場所へもたらすことは、この場所がより高いエネルギーを受け取るようにすることができるのです。一度受け入れたならば、我々はその場所へ、もっとエネルギーをもたらすことができます。


マスターは、光に貢献するために、何も行いません。存在することそのものがすべてです。愛情深い開いたハートは、信頼の波動を幸せでない人々に届けます。私の教え子のほとんどは、すでに、現在いる場所でこれを行っています。現在の場所のいくつかはこれが必要でないので、我々は、教え子たちが貢献できる、別の場所を欲しています。


内側からの導きがやってくる時、それは、別の場所へ行くために、ある場所を出発する時間であることを教えてくれます。今も、その導きはやってきています。あなたは、幸せで、自信に満ちた態度で出発することができますか?あなたは、すべてが完璧であることを受け入れることができますか?


感謝しているふりをすることと、感謝することは全然違います。感謝することは、その思いをハートへと直接伝える力があります。あなたは本当に、次元上昇へと呼び寄せられたことを感謝し、うれしく思っていますか?我々は、あなたがしたくないことをさせていませんか?決してそうではありません。あなたを導く存在がここへ導いています。他の誰かの存在でも、師でもありません。

ニューエイジという引き寄せゲームとして教えられている、共同創造の方法から逃げ出して、あなたの内側の気づきによる、この呼び出しを無視してはいけません。引き寄せのエネルギーは、あなた自身のハイヤーセルフがするような勢いで、あなたを呼び寄せたりしません。ハイヤーセルフが訪れる時、「私は、これを引き寄せているんです」などと、答えないでください。そうです、まるで天使が現れて、次元上昇するために同意していた契約に基づいて、次の段階へと導くために、あなたを呼び寄せたかのように行動しなければなりません。


私の愛するものたち。あなたが聞いて、行動することができるとき、次元上昇することができます。その時まででなく。あなたがたの何人かは、この内側からの導きを得る能力を磨きませんでした。これは、何度も何度も、私がお願いしていたものです。私のチャンネルは、内側の導きに従って行動していますか?明らかに、我々は喜んで「YES」と言います。しかし、彼女のウルグアイへの転居は、チャネリングの明晰さのためだけはなく、それを必要とする地域に、光を定着させることになっていたのです。

予言することが、このメッセージの目的ではありません。あなたに次元上昇の準備をさせることなのです。一体、次元上昇の準備をするよう、あなたに伝えるために、どこの誰が多くの時間を割くというのでしょうか?学校の勉強は、あなたの役に立ちません。あなただけは、それを始めることができます。私はメッセージを通して、あなたにその方法をずっと伝えていました。あなたは、私のメッセージが本物であると受け入れて、お願いしていることを始めますか?それとも、始めないけれども、興味はありますか?多分、あなたの思考は、同じ地球人と思えない人々が、これをしなければならないと考えていること全部をしようとしている、と信じているのでしょう。

この独断と偏見に満ちた考えを受け入れた人々はすべて、大きな失望を味わっています。この考えを課し続けてきた彼らは、次元上昇待ちの人々の思考を操ることに成功しました。そして、現在、自分自身の契約を果たす機会をもぶち壊しています。悲しいですが、本当のことなのです!彼らとともに、あなたが求めることすべてを行ってください。でも、ハートは彼らの嘘の跡をなぞらないでください。あなたのできる範囲で、神聖な本質だけが次元上昇への道を進んでいくことができるのです。彼らはそうすることができません。


次元上昇へと進むため、呼び出していない私の教え子の全てが、このことに関わる必要があるわけではありません。この変化を必要としている人々だけ、そこへ導かれていくのです。



我ありて、我なるもの
アセンデッド・マスター セント・ジャーメイン
アルーナによるチャネリング



-あすたら3373さん訳

*  *  *


【転載】神の創造か、それともあなたの創造か?~セント・ジャーメイン へ

☆本日↓2011/2/12(土)の始めはこちらから。
お泊り&【転載】「ライトボディ アセンションの第11段階目」 から
【転載】次元上昇のすすめ ~セント・ジャーメイン


*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
Compte de Saint Germain's Blog

「神の創造か、それともあなたの創造か?」

2011年2月5日(土)

http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.com/2011/02/gods-creation-or-yours.html

神の子供たちは、銀河系すべての光です。その美しさで身体を輝かせていきます。しかし、誰もがその輝きを放つことができるわけではありません。

この時、人間としての本質の状態の進化という点で、本当に輝いている人が100万を超えています。これは、多くの人々がアセンション(次元上昇)できるという驚くべきことです。そして、もし、彼らが、明らかに、確信ある考えをもって、次の質問に肯定的に答えることができると約束すれば、この数字には、この気づきの状態に達することのできる、残りの1900万人は含まれません。

1.あなたのハートの扉は大きく開いていますか?
2.あなたは日々、何事にも執着していないということが、もうはっきりしていますか?
3.あなたは、すべての障害物と、喜びという贈り物が同じ源からやってくる、ということを受け入れることができますか?
4.あなたは、存在するという別の状態へ、移行する準備をしていますか?
5.自分の注意が、他人の行いへ傾いていくという否定的な態度を改めていますか?
6.思考的、または感情的に揺さぶられることなしに、外側で繰り広げられる出来事に注意を払うことができますか?
7.あなたの内側のマスター性に従って行動していますか?
8.あなたが愛する物事を手放すことができますか?
9.あなたのオーラの中に、感情の不安定さからやってくる緊張はありますか?
10.ふと気付いた時に、自身の考えを変えることができますか?
11.思考を制限するエゴではなくて、天使が身体に気づきを与えたかのように行動できますか?
12.あなたが繰り返し創作してきた出来事を終わらせ、もはや、他人をわずらわせることはないでしょうか?

上記ことは、アセンションする資格を持つため、はっきりとさせるべきことです。思考が消費する材料は必要としません。エゴが命令する態度は受け入れられません。このような態度によって、地球を変容させることはできません。いったんこういったことが、はっきりとすれば、政府の解体や、経済情勢、物質的な出来事の崩壊に際し、より素晴らしい力となります。その体制においてすべては順調で、暗闇の日々に探し求める人々にとって、一条の光となりうるでしょう。

今、横柄さと無知を浄化した身体で以って、これを求めてください。「leelaのダンス」とはあなたがた一人一人に設定された、神聖な設計です。それは、人生で起こることに対する否定的な反応への考え方を通して、気づいている意識を開いていられるようにするためのものです。それは、あなたが全体で経験する段階ごとに設けられた約束事です。そこには、それが届ける状況に対する答えとして、最高次の意識が届けられるために必要な材料が含まれています。というのは、神聖な意識(思考からくる考えではなく)からやってくる答えです。
未熟な考えをマスター性に変えて、あなたは人間の姿をしたエネルギーとして、『意識そのもの』であってください。観察されることも、認められることも要求せず…ただ、あらゆる瞬間において優美さを届けてください。

アセンション待機中の人々には、この「存在する」という手段があって、すべての惑星を光で照らします。彼らが去る時、暗闇の日々は、発展の次の段階を提供します。もっとこの光が利用されるようになるでしょうか?次のアセンションの流れの中で、この新しい光は、また別の自分自身の神の使いとなる機会へと前進させる、光の天使となることになっています。1回目と2回目の段階では、準備ができている自分自身によってアセンションすることができますが、3回目においては、その他の人に大きな影響を与える一団として、まさに最後の機会となるでしょう。

なぜ今これを話しあうのでしょうか?中東で起こっていることが、アセンション待機中の人々の、他意なしに愛する力のひとつの例として教えてくれるからです。答えがあなたのいる場所にあるかのように話し合うために、この出来事は起きているのでしょうか?いいえ、そうではありません。このことは、どのようにして人類の状況が2つに分かれていったのかについて、独裁者のありのまま、この出来事のありのままを愛するということについて、素晴らしい話し合いの機会を設けてくれています。というのは、すべてのことは全体意識のなかに含まれている意識の反映だからです。

多くのデモ参加者は、エゴの多くの側面を、男性、女性それぞれがもつ考えという観点から、代表して見せてくれるのです。辞任したくない独裁者は、エゴというあなたの側面を仕切る指示者であるかのようです。もし、攻撃することも、否定的な言葉をかけることなしに、この指示者を追い出すことができたのならば、彼にふさわしい生活をおくることができます。この説明は、あなたの精神性の内側で起こっていることへの扉を開くことができたでしょうか?

すでに起こったこと、起きていることについて、いかなる否定的な言葉をかけることもなく、すべてがあるがままにあなたのマスター性を現してください。彼らの内側にいる観察者が、結果として、自分自身の否定的な事柄を受け入れる機会を提供している人に、愛情と慈悲を与えてください。このような否定的な事柄を手放して、アセンションしてください。

現在、変化する機会はいくらでもあります。欺くことでは、もう、多くの人々の生きる力を制限することはできません。このもっともふさわしい歓迎を受けてください。


我ありて、我なるもの
アセンデッド・マスター セント・ジャーメイン
アルーナによるチャネリング



-あすたら3373さん訳


2011/2/13(日)晴れ



□ 銀河の滝

先日、仲間の家へ行ったときも話したことだけど、昨年の秋くらいからかな~? 下記の層雲峡にある滝が気になっていた。それは今思うと、実家へ帰ることの”サイン”だったのかも知れない。

こんど実家に帰ったときは、ドライブで行ってみたいな~。と思っていた場所だ。
小さいときは、年に1、2度、父に連れられて行った場所だった。

で、3つくらい滝があったように記憶していたけど、思い出せるのは、「銀河の滝」だけだった。

”銀河”か。 今年に入り、”銀河”に意識を向けられることが多くなり、「なるほどな~」なんて思っていた。
たしかに、他の滝にしても、宇宙を感じさせるような名前だったような気がした。

それが「流星の滝」だった。
小さいころは、好きな場所ではあったけど、普通にただの滝。としか思ってなかった。
当たり前のように、特別なものを感じていたわけじゃない。

でも、無意識でも、父は”思い出す”ことを促してくれていたのかも知れない。

【流星・銀河の滝】
層雲峡-Wikipedia

Wikipediaで読んでいたら、この滝の手前には「銀河トンネル」と言う名のトンネルがあると書いてあった。
すっかり忘れていたけれど、そうだったかも知れない。

近くには【白蛇の滝】もあるらしい。(道路からは遠いので見落とすらしいけど)

そして、さっき思い出したのだけど、旭川から、上川に向かって車を走らせると、私は、”クジラの山”と呼んでいた山が右手に見えてくる。
幼い私には、大きな山と小さな山が繋がっていて、クジラを横から見た姿にそっくりに見えたからだ。

そう考えると、私のルーツというか、何も記憶のない中でも、たとえ海がそばになくても無意識に”忘れないよう”思い出そうとしていたのかも知れない。

実家は、わりと旭川駅に近いところで、札幌に継ぐ大きな街なので自然というよりも、普通に住宅地だ。
緑だって、たくさんある訳じゃない。どこも一緒で、山、公園に行けば別だけど~。
普段の生活の中で、緑を感じることが出来るのは東京のほうが多いかも知れない。花も緑も一年通じて感じられるから。そして都市で決められた基準に従って緑を植えてるし、残してるよね。

有名になった”旭山動物園”くらいしかないけど(笑)
近くには、美瑛や富良野がある。


□ 上の娘の引越決定

昨夜、上の娘から悲痛?のメールが届いた。

転勤だった父(元夫)が本社へまた戻ってくることが確定したらしい。

先日から、そんな話も出ていたので驚くことじゃないし、私の転居と娘たちもリンクしてても不思議じゃない。
下の娘の転居より早くなるかもしれない。

メールでは、少々パニック気味で、鬱になりそ~。いつもはポジティブだけど、さすがにネガティブになっちゃう~。と。


空き家状態だった実家に、娘たちが仮住まいで住んでいて、ま、家の出るには、ちょうどいい時期ということは娘も分かっているけど、経済的なことや、新居探し、仕事探し、リコの保育園、リコと離れる不安などなど、、、。

とにかく、ちゃんと準備されていることだから心配するな。とは伝えたけど、”信じれ”というほうが無理があるか。(笑)

ダウジングしたら、経済的(引越代など)なことも含め、私がサポートできるようだ。
その頃には、サポートできるほどになっているのかも知れない。

やっぱり、私も、娘たちも”動かされる”ことになりそうな”2011年”だ。

娘にしてみると、いろんな「恐れ」が出てきちゃうのは理解できる。


でも、私の今回の引越は、本当に楽々易々に進んでる。
気持ちも、本当に”穏やか”な状態のままだ。以前とは比較にならないほど、身軽だしね。

ひとつだけ、どうしようかと思っていたベッドマット(処分のため)を階下(階段)に運び出すのも、元同僚のMちゃんが助けに来てくれることになった。
いかに、自分より大きなマットを階下に運ぶかをシュミレーションしてみたが、、(爆)
やってみるまで分からない。yohamに聞くと、「大丈夫だ。」というから心配はしなかったけど、こういう事だった。

最後の二日間は、キャンプのように、床に毛布敷いて眠ることになりそうだけどっ。(笑)

でも、ホント助かった~。

あ、、、でも今日、PCのバックアップとってたら、どうも途中まで出来るのに、最後は、失敗でCDが戻ってきちゃう。他の保存方法考えなきゃならないかな。USBメモリのほうがいいのかな~。高いか。今は随分安くなってきたと聞いてるけど。

マイドキュメントが入らない。小分けしても途中で中止されるのは、、、どうして~~~??
いよいよなら、もうそのまんまでいいや。最小限のものだけはとれたし、、、。

Gちゃんも、途方にくれていた状態から抜け出し、家族に助けてもらいながら今日はずいぶん片付けも進んだようだ。
今は、産道で、生まれ変わるような気分ってメールが来てた。
物を処分することって、本当に心もスッキリするからね。よかった、よかった。

今日も、換気扇から”君が代”が流れ、この前と同じように、遠くから、なにやら聞いたことのあるような旋律だと思ったら、なんと”ジュピター”の曲がうっすら聴こえてた。面白い。


助けられながら生きている。だから、前に進むことも出来る。

全てに感謝。

2011/2/14(月)曇り時々晴れ



今日は、バレンタインデーだね。

毎年、父の仏前へ気持ちながらのチョコを送ってた。って、いつも母が食べてたんだけど(笑)。
今回は、この状態でお金を使って実家に送っても喜ばないなと思って、余裕できるまでは、”お預け”。


□ エネルギーの流れ

yohamが言っていた

「エネルギーがどう動くのか、良く見ていなさい。」

というのが、自分のことも含め、Gちゃんのプロセスなどでも何となく分かってきた。
さまざまなパターンはあるのかも知れないけど、最近の出来事を中心にして。

感じたことを少し”まとめ”として書いておこうと思う。


”自分でやろうとしないこと”=”真に委ねる””委ねきる”

このことは、随分とこのブログでも体験として伝えてきたと思う。

これは、本当に、奥が深いというか、人間は、自分でやらなきゃ、やってこれなかったというのが、根強く染みこんでいるため(インプラント)※人によって度合いは違うけど。そこを抜け出すためには、相当の忍耐がいる。

ちょっと、その前に、、、。

今朝、まず娘から電話があり、昨夜のメールで感じていたよりは明るくなっていたので、安心した。

まず、元夫がいつ転勤先から戻ってくるのかを確認したら、3月の中旬ということが分かった。

「だいたい4月がらなんだから、普通それくらいでしょ~。」

「うん、そうだね。」

その前に、先日、元夫の兄弟などが集ったときに、娘は色々と言われたらしいのだ。

周り(叔父など)は、独り身の元夫(兄)を心配してのことかも知れないけど、娘に、なぜ、すぐ出て行く必要があるのか?とか、いろいろ言われて、少し気が滅入ったようだった。

「周りは、好きなこと言うもんだよ。自分の気持ちに素直に従えばいいのさ。」

「うん、そうだよね。」

「だって、お父さん(元夫)だって、本当に居てほしいって思っているとは限らないよ。彼女もいるし、リコがいたら楽器も家で弾けないんだから。」

「そうだよね~~!!」

「そうそう、周りに振り回されることはないよ。勝手に、自分たちが、そのほうが安心するから言うんだよ。」

「うん。」

娘には言わなかったけれど、結局、好きなことを言って他者をコントロールするのは、人のためではなくて、自分のためが多いものだ。自分の気が楽だから。安心したいから。
でも、そんなの変だよね。どうも自然じゃない。言いなりになっていたら、コントロールしている人の「恐れ」を誰かが肩代わりするようなもんでしょ。

確かに、娘の引越が、元夫が帰ってくるまでに出来るかと言えば、無理かもしれないけど、準備が整うまでは、我慢だ。少しずつ片付けなり、調べるなりやっていくといいと話した。

「お金はどうするの~?」

「お金は、天からの回りもの!笑」

娘には、大して納得できるような返答ではないが、そうしか今はいえない。(笑)
「人事を尽くして、天命待つ」という言葉は、昨夜のメールで送った。

「そう、今やれることをやっていたらいい。結果は後から見えてくるから。」

じっくりと、リコを保育園に預けることの不安についても話した。
娘は、保母の仕事をしていたので、充分すぎるほど理解はしていたけど、実際に自分の子供を預ける親の立場を、今、本当の意味で、実感し始めていた。

「お母さんだって、最初に預けるときは、あんたは泣き叫ぶし、見送ったあとに泣けたよ。みんな、そんな思いで預けるさ。親も、少しずつ子離れだよね。」

「そうだよね。それも分かっているんだけどね~。子供は慣れたら、親が仕事に行っても”ばいば~い”って気にしなくなるし。」

「うん、そんなもんだ。」


ちょっと、話がズレちゃったけど、娘も例外じゃなく、急に現れてきた現実に、少々あっぷあっぷ。
いきなりやる事が増えて、どうしていいのかわからない~~。っていう状態。

ちょっと前のGちゃんのようだ。恐れと不安とで。

ということで”本題”のほうへ、、、。

ここで、全部自分でやろう、いや、やらなくっちゃいけない。~ねばならない。と考えてしまうのが通常のパターンともいえる。

そこで、起こってくるのが、流れを止めてしまうこと。

完全に委ねることが出来るのであれば、流れるままに出来るのだけど、エネルギーというのは、流れさせるも、止めるのも自分次第になる。

で、「不安」「恐れ」を紛らわすために、人は動いてしまう。どんなに疲れていようと、無理であろうと、「不安」や「恐れ」から、逃げ出したい衝動にかられる。
「不安」や「恐れ」を感じたくないがために、自分でやろうとして動き続けてしまう。解決してしまおうとする。

そうすると、どうなっていくかというと、物事がうまく運ばなくなってしまう。動きが見えなくなったり、何かを進めることが困難になったり、冷静さを失ったようになったり、自分自身が混乱し、衰弱していくように感じる場合などがある。

なので、娘にも、無理はしなくていいから、今、やりたいと思うときに出来ることをやっていなさい。
あとは、流れにまかせなさい。ということを伝えた。(理解は出来ないかもしれないけど)

そうできた時に、何かが見えてくるだろうし、物事がスムーズに進んでいることを発見するだろうと思う。時には、”ラッキー”というようなことも”奇跡”と言えるようなことも現れてくるだろう。

いかに、人は、”まかせられない”のか、っていう事を思い知るときがあるかも知れない。でも、それも無駄ではなく、必要な体験だったことを知る。

とことん追い詰められなきゃ頭でわかっていても腑に落とせない。
腑に落とせないうちは、分かったともいえないし、気づいたとまではいえないのが、私の”真実”でもある。

真に”降伏する””委ねきる”こと、と言うのは、そう簡単なものではない。
(脅しで書いているのではなく、あくまでも私の中の真実。)

娘も、段階を経ながら腑に落としていくのだろう。
もしかしたら、娘の場合は、リコの世話もあるし、動きたいけど動けないというほうが多いので、どうしても、委ねるしかないという境地に割りと早くいけるかも、、、。本人次第かな?

その後で、Gちゃんから電話があった。

Gちゃんは以前から真の自己に「少し休みなさい」と言われていた。
でも、上記に記したとおり、「不安」「恐れ」から動くことで、紛らわせていた。
私も体験してきたので、良く分かる。動くことで一時的に精神は、「安心する」ように見える。
でも、身体的には、もう限界を超えて疲れきってしまう。

でも、実際には、無意識に抵抗し、無理に無理を重ねてしまった結果、心身共に衰弱しきっていた。


G:「ね~、私、もう手放しているのに、頭では分かっているのに、どうしても、朝の調子が悪いのは、変わらないんだよ。朝は、ツールを使って起き上がることは出来るようになる。動き出せば、”不安”も消えるんだけどね、、、。」

それが、上記に書いた「繰り返し」だった。「不安」「恐れ」を感じたくないために、動き続けてしまうサイクルに入っていた。私も、3年前の上京したときに、「委ね切れなかった」と言われていたのが、”ここ”だった。

悪循環から抜け出せなくなってしまう。

「ね~、毎日、同じように朝が調子が悪く、動き出すと「不安」から抜け出す。でも、それって何か違うよね?」

「同じことが繰り返し起こるってことは、何か知らせているよね?」

G:「うん、そうかも知れない。」

「結局、”不安”や”恐れ”から動いていては、いつまでも解放されないよね。だから繰り返しているんだよ。」

「そこを、一旦、止めなくちゃ。(立ち止まらなきゃ)麻薬と同じだよ。」

G:「そうだよね。」

「それじゃ、委ねているってことにならないもん。」

G:「うん、分かっているけど止められないんだよね~」

「それは分かるよ、やらなきゃならないことが目の前にたくさんあれば。」

この「分かってるけど止められない」というのは、まさしくインプラントが作動していることであり、コントロールの支配下にあるってことだ。それは、自分が止めるまではずと続くことになる。

だからこそ、「気づいたら、即、行動!!」と以前から私が書くのは、”これ”にある。
気づいても、行動に移さなきゃ、止めることが出来ないからだ。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん

「今、ジャーちゃんと繋がれる?」

G:「うん、大丈夫みたい」

「でも、そういうことだよね、ジャーちゃん!」

J:「そのとおりです。ツールを使うことも、コントロールですよ。」

「もう、ここは、止めるしかないよね。」

でも、ちょっと一段落ついて、さすがに今日は、Gちゃんは休むことを選択していた。

「でも、気になるでしょ。目の前にやることあったら。気だけ焦って。」

G:「うん」

「そこは、忍耐だ。目の前にあっても、今日は休もう!!」

この間、これまでの体験の例をいくつか話をして、

「それは昔の私のようなものだ。私の体験したようなことになりたい?」

G:「いやだ~。」

「でしょ? じゃー、もう今日は、真の自己に委ねて休もうよ。」

G:「うん。なんか、話していたらスーっと抜けてきたわ~。ありがとう。」

「それは、よかったね、ジャーちゃん!!もう気づいたもんね~。」

J:「あとは、行動して見せなさい。」

「そうだ~、あとは行動で示さなきゃね!!」

G:「うん。」


□ 私のワークについて質問

昨日も、拡大や縮小など、寝る前にいろいろやってみたけど、やっぱり、「何か違う」と感じるのだ。
どうも、カベを超えられないっていうかー、昔のやり方を繰り返しているように感じていたことから、どうなっているのか聞いてみた。


「なんか、どうなってるの?」

J:「~ならなければ、、という意識が働いている。」

「そうだよね~!そうなのさ、そのままやってると、”何か違う”ってどうしても感じるんだもん!しかも出来ないし~」

「ね~、意識がね、拡大してもすぐに小さくなるときや、深く縮小できないと感じるときってどうしたらいいの?感覚を研ぎ澄ますってことは?」

J:「核に集中すること。自分の身体を満たすだけでいい。無理にしようとする事もコントロール。」

「そうなの? じゃ~結局は、何もしないほうがマシじゃん!」(昔もあった)

昨夜は、本当にそう感じるに至っていた。

J:「”あるがまま”でいい。」

「じゃ~、結局は、なんだったんだよ、この体験は~。」

J:「その体験も必要だったんですよ。あなたは、”縮小と拡大”も教えていくことになる。」

「え~、そういうことだったの~~?なら、本当はもっと簡単な方法もあったんじゃん!」
(うすうす、感じてたとおりじゃん。)

J:「そうですよっ!!」

「もう~、確かに、自分がこうして苦労したら、教えやすいだろうけどさ。なんだよ~。」



ま、後から思ったね、yohamは知っていて、この体験をさせていたんだ。
ジャーちゃんや、ミカエルもだけどさ。(汗)

私が簡単に出来てしまうと、後を追ってついてくる人たちが、マインドにハマって動壁にぶつかる体験をしたときに理解できるように。

でもね~、過去にそんな体験なんてたくさんあるのにな~。それでもやらすんだ~(笑)

でも、何事も私のため。それも【愛】だな~と感じて 感謝だ、感謝!

もっとシンプルにやることにした。

G:「正直、、、今回のことで、真の自己は、ここまでやらすんだ~。(解放を)と実感したよ。」

「ほんとね~、私も何度も思ったよ。とことんまで行かなきゃ、許してくれない。」

G:「本当にそうだよね。許してもらえない、、、。でも、この体験をしたら強くなれるわ。」

「ホントに、、、怖いものなくなるよね。でも、今後は、否応なく、削ぎ落としのプロセスに入る人が増えるよね。でも、そんな時に、背中を押したり、応援したり、支えたりが出来るようになるもんね。」

G:「ほんと、その通りだよね!!」

---------

ここで、Gちゃんも、本当に休息をとるために電話を切った。

で、数時間後に、再度、電話があった。

*  *  *

【リフレクソロジーを始める意味】byGraceさん へ

☆本日↓2011/2/14(月)の始めはこちらから。
【エネルギーの流れ&ワークの経過】byGraceさん


*  *  *

ということで、数時間後に、再度、Gちゃんと話した。

話は、どんどん、思わぬ方向へ流れていった。

最初のページでは書くの忘れていたけど、ジャーちゃんが伝えていたことを、ここに書いておく。
なにげに、この後の話とも繋がってくることになったんで。

以前に、ミカエルも伝えていたことと重なるけど、再度、ジャーちゃんが伝えるには意味があった。

J:「周りの言うことに、意識を向けていてください。
そのことには、”流れ”があります。人の言葉には、ヒントがある(自分が今後やっていくことへの)。それが、何の仕事であろうが、かまわないのです。」

J:「あなたたちは、ここを超えたら、”ギフト”がある。」

「え~、私もあるの~。嬉しい~。」


Gちゃんは、真の自己から、そのことは聞いていた。

---------------

Gちゃんは、まず行動に移していた。

あれから、眠れはしなかったものの、ずっと横になって休んでいたらしい。
途中、やはり片付けが気になったけど、”今は休む!動かないぞっ!”と言って休んでいたら、本当に抜けて楽になってきたということだ。この後、ゴミ出しなどはあるけど(曜日があるから仕方が無い)、その後も、ゆっくりお風呂に入って休むわ。と話していた。

「それは、よかった。」

え~っと、どんな話の流れだったかな?
メモは取ってなかったけど、サポートしてもらって書く。

G:「あれからね~、ちょっと甥っ子の言ってたことが面白くて。」

昨日、急に、甥っ子が、「ママ、早く準備しなくっちゃ」と言ったらしい。

何のことかと言うと、”Gちゃんが、ママに教えることがある。”と言いたかったようだ。
以前にも、この”甥っ子”さんのことは書いたけど、ガイド天使と繋がっているので、時たま、年には似合わない言葉が急に飛び出す。以前は、Gちゃんのサロンのメニューにある価格についてだった。

その時は、Gちゃんも、何か教えるのであれば、スピリチュアルなことに関したことだろう。と軽く受け止めていた。

「ね、、、、それって、”サイン”だよね~!」

そう、さっきジャーちゃんも言っていたことだ。


【セント・ジャーメイン】byGraceさん 

「その、”教えること”って、もしかして、リフレクソロジーもありなんじゃないかな?」

J:「そのとおり」

G・私「え~~。」(自分で聞いておいて。笑)

「そうなのか、、、」

「ねぇ? リフレクソロジーってさ、私はどっちかというとリラクゼーション的な要素が多いと思ってたけど、もしかして、エネルギーの流れにとても関係している?」

スクールで習ってはいたけど、けっこう忘れていることも多いので聞いてみた。

G:「リフレは、10本のエネルギーラインと繋がっていたよね。」

「うん。」※ちゃんとスクールでは図があり、覚えている。

J:「そのとおり。リフレクソロジーは、単に精神的なものだけではない。」

「エネルギーの流れが良くなることで、前にGちゃんの足首に水が溜まったようなことも流せるってことか。」

ここで、その時の話をした。

「あの時、、、ようするに、病気というのは、エネルギーのブロック、塊が出来てしまうことから発症していくよね。それもリフレで流していけば、あの症状もなくなっていたってことか。」

J:「そのとおり。」

「じゃー、リフレで、エネルギー全体の流れを良く出来るなら、今、高次のエネルギーがたくさん降りてきているけど、それを溜め込んでしまう場合や、うまく流れさせることが出来なくて”むくみ”などが起きていることにも、対応できるってこと?」
※今、降りてきている”高次のエネルギー”は強いので、器(肉体)の準備が出来ていないと不快なこともあるかも知れない。

J:「そのとおり。」

「そうか~。そうだよね。」

「じゃ、例えばだよ。 アセンションって言うのは、”精神、スピリット、肉体”のバランスが整っていないと出来ないよね?で、肉体のメンテについては、ヨガとか、ストレッチとか、軽いジョギングなど行う場合もあるけど、その代用にもリフレはなるってこと?」

J:「そのとおり。」

「そっか~、じゃ~ストレッチとか、あまり身体を動かせない人や、時間がない人なんかも、リフレを受けることで、3つのバランスを取ることも可能ってことなんだね!」

J:「そのとおり。」

「でもね、アセンションするには、”肉体の中心”を知っていなければならないでしょ?
頭の上から、物差しを刺して、ピンと一直線のように感じるよう、垂直に中心を知ることだけど、これはどうしたらいいの?」

J:「それは、フィードバックで教えてあげたらいい。」

「なるほどね。(リフレの施術の後は、どこがお疲れです。とかフィードバックを行うのが通常である)その時に、”身体の中心”を教えてあげればいいのか。」

「ね、Gちゃん。これって、リフレクソロジーとスピリチュアルの方向って、別に考えていたけど、セットメニューでも大丈夫かもね。カウンセリングとリフレクソロジーとかさ。」

G:「ほんとだね~。考えてもみなかったよ。」

「うん。」

確かに、私が離婚後、リフレのスクールに通い始めたときは、まだ、発作もときどきあったし、仕事もストップしていた時だった。

でも、スクールで、ペアを組みながら、足の練習を何時間もうけると、その後に、好転反応が1週間くらいあって、一気に、回復したことを思い出した。スクールに行くのが楽しみだった。

結局、その頃は少し良くなっていたけど鬱に近かったようなことや、めまい、発作などなどの症状は、エネルギーバランスの乱れであり、流れがとても悪い状態だったのかも知れない。

忘れていたけど、自分自身で、とても実感していたことを思い出した。だからこそ、この技術は価値もあると感じていたことも思い出した。


「そうか~、そういうことだったんだよね~。私たちがリフレをすることになっているってことは、、、。」

「ね~、エジプトの壁画には、リフレを行っているような絵があったよね。(スクールの卒業のときに、コピーをもらった)その時代も、そのこと?」

G:「その頃はね、チャネラーみたいな人がいて(巫女?)、今のリフレとはちょっと違うみたいだわ。」

「ふ~ん。そうなんだ~。」

「ね、、、リフレを教えるってことだけど、確かにスクールすることもだけど、教えて”後継者”を育てるっていう意味もあるわけ?」

J:「あなたたちは、そうして”自由”になっていくんですよ!」

「ヒュー~!!嬉しい~”自由”だ~!!」

G:「感謝! 感謝~!!叫びたくなる~~~!」

J:「うるさいから、叫ばなくていいっ。」

G・私「あはは~~~。」

G:「わたし、どんなことでも真の自己についていく~~。」

「私も、ずっとYohamについて行く~~!!」

「あ~~、なんか楽しくなってきた。母もね、リフレを始めたいって言ったら喜ぶように感じるんだ。
娘も、またやってもらえる。って喜んだし。なんか、みんな喜ぶんだよ。
だから、帰ったら、練習を始めるよ。」

G:「それは、すぐに思い出すさ。大丈夫だ。」

「うん、施術は身体で覚えているからいいんだけど、指の力が弱くなったからね。練習しなきゃ。」

G:「うん、そうだよね~。お互いにリフレのしあっこすればいいんだよ。」

「うん、そうだね。実家にもどったら、いろいろ考えなきゃ。」

G:「うん。」

「ほんとうに、今日もありがとうございました。ジャーちゃんもありがとっ!」

J:「こちらこそ。」

G:「本当に、ありがとうございましたっ!!」

-END

まだ、他にも話したことがあったかも知れないけど、思い出したら、その時に書くわ。
ジャーちゃん、もっとエネルギーのことを教えてくれてたかも。
でも、流れは書いたとおりの感じかな~。

□ 参考サイト
私も、Gちゃんも、ayaちゃんも、ここのスクール、サロンを通じて知り合った。
きっと、勉強してきたことなんだけど、忘れていたこともあるから、テキストも見直さなくっちゃね!

☆ヒーリングの最高権威 RAJAサイト
※全国各地に「クイーンズウェイ」などの店舗がある。
<英国式リフレクソロジー>
→http://www.raja.co.jp/technique/reflexology/index.htmlから
リフレクソロジーとは
リフレクソロジーは、「Reflex(反射)」+「-logy(学問)」→「反射学」という意味を持っています。 足裏などにある身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン」を指でくまなく刺激することにより血液やリンパの流れをスムーズにし、人間が持っている自然治癒力を本来の状態に戻すという考えを基本とした足裏健康法です。

心臓から送り出された血液は、からだ全体に行き渡る過程で全身の細胞や組織に酸素や栄養分を与え、体内の老廃物などを受け取って再び心臓へ戻ります。このとき、からだの末端部分にある足は、心臓へ血液を送り返すためのポンプの働きをしていることになります。「足は第2の心臓」と呼ばれるのはこの理由からです。

リフレクソロジーは「第2の心臓」に直接働きかけることによって、血流を本来の状態に戻そうという技術なのです。 またリフレクソロジーは、手のみを使って足全体を刺激していきます。そのため、施術側と受け手側に心のふれあいが生まれるようになります。

欧米では、リフレクソロジーがターミナルケア(末期看護)として導入されており、リフレクソロジーが身体のみならず、心にも働きかける力を持っているということが広く認められています。



□ 身体の中の10本のエネルギーラインのことについて、、、

☆京都のマル秘健康術!
足つぼマッサージとリフレクソロジー
→http://blog.livedoor.jp/riki690532/tag/%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC
リフレクソロジーで言われている体内の仕組みは10のエネルギーのラインが体を縦に流れていてエネルギーを循環させて老廃物を排除していると考えられているんです。

そのエネルギーラインと足の裏にある反射区がつながっていて、体の臓器や器官にもつながって反射区を刺激することで、体中に溜まったエネルギーが循環し老廃物も排除されると考えられています。

人の体の中を流れる10のエネルギーラインは、右半身に5左半身に5あるとされエネルギー体である人はそのエネルギーラインによって支えられているとされています。
そのエネルギーラインの始まりが反射区というわけなんです。

リフレクソロジーでは人の体はエネルギーの集まりであると考えられていてそのエネルギーの滞りで病になったり、病気からの回復が遅くなると考えられているんです。

エネルギーラインの始まりの反射区を刺激しその刺激を器官や臓器に与え回復させよういうことなんです。

このように仕組みは反射区とエネルギーラインで深くつながっており健康を左右しているのです。



今日も、全てに感謝!


2011/2/17 (木)曇り



□ 今の状況

-2/15(火)

昼すぎまでは、ダラダラと言いながら”ダラダラ”していた。
Gちゃんが、私には自覚がないけど、「○○ちゃんと話してると、やっぱり”エネルギー”が入ってくる~。元気が出で来るんだよね~。」と言った。
そう言われて、改めて電話って、会うのといっしょで流れるんだよな~。と感じる。

WEBでもそうだけどね~。
以前は、ayaちゃんと話していて、チャネリング中に高次のエネルギーを回線を通して双方に送ってくれているのは、ayaちゃんから聞いていたので分かるし、skypeの時も宇宙からの信号をキャッチしやすいし。

でも、受け取るのも流すのも、ぜんぜん自覚できないし(高次のエネルギーは軽くて精妙だから)、自覚する必要もないのだと感じるけど。

この時に、Gちゃんのプロセスの真っ最中のときに、買出しに行く途中に受け取ったメッセージのことを確認した。

J:「そうです。あの時、あなたは拡張していましたよ。」

「そうだよね~、無意識なんだけど、、、。」

G:「やっぱり、外って拡張しやすいんじゃない?」

「そうだね~。」

「でね、、、やっぱり、ナカナカ深く入りきれないよ、、、(また、カベ)」

J:「だから、あまたは、教えるためなんですよ!どこにいたって、何をしていたって出来るようにならなきゃならないんですっ。」

「そりゃ、分かってるけどさー。」


と、そんな感じだったかな。


そうそう、今はyohamに委ねているので、作業も気分が乗らなきゃ”あるがまま”に動かないでのんびりしていたら、自動的にスイッチが切り替わる感じで、夕方になって、なんか”やる気”モードに入り、バタバタと片付け始めた。

”委ねきる”ってこういうことなんだな~。あくまでも、自然にまかせていれば、心配する必要もなく、ちゃんと動けるんだよな。と実感。

寝る前、いつものワークで瞑想すると、身体のあっちこっちが、ビリビリしてなんか痒くて続けられなくなった。
最初は、皮膚が乾燥してるから?と思ったけど、どうも違うようだ。


-2/16(水)

夢で、中学校の時の同級生が数人出てきた。現役なら分かるけど、今、このときに、同級生の夢を見るのが、妙に思えた。大人になってからは見ていなかったように記憶していたから。

起きてから、”やる気”モードは衰えず、キッチン周り、お風呂などを磨き、ベランダのガラスを久しぶりに拭いた。あと、細かなものを一応ダンボールに入れた。

Gちゃんから電話があり、その”夢”の話をした。
Gちゃんも、最近、もう殆ど離れて何年も経った同僚の夢を見たあとに、とつぜん電話が来たという話になった。
その時に、何年ぶりなのに、今、自分のやってることが自然に口から飛び出し、元同僚は、とても興味を持って、”いくらなの?”と聞かれたらしい。

私も、地元に帰るし、もしかすると、とつぜん何十年も会っていなかった同級生とバッタリ会うことがあるのかも知れない。
それがシャウドでもトバイアスが言っていた”ドアを叩かれる”ということかもね。って話をしていた。

ワークのことで確認した。

「ね、拡大と縮小のときって、やはり深呼吸から入るのが一番やりやすいね。でもね、やってる時に、深く入る、、、って感じのときに、息が続かなくて、息継ぎするじゃん(笑)、、なんか、そこで止まってしまった(縮小と拡大が)?!とか思ったりして、、、」

G:「それは、、、、何ですか?って聞いてるよ。」

「う、、マインド! 笑。 ですよね~~~。」

J:「そのうちに、深呼吸をしなくても、自然に出来るようになってますよ。」

「そうなったら、楽だろうな~。でも、楽しみ。」

「あ、、、それとね、昨夜のときに、身体のあっちこっちがビリビリして、あれは電磁波?」

J:「そのとおりです。あなたは、ビリビリを感じていたときに、心地よくありませんでしたか?」

「なんか、痛痒い感じだから、痒いていたよ~。笑」
※後から思うと拡張して心地よくなってきた辺りで、あっちこっちビリビリしてきたと思う。

J:「そのビリビリは、その内に”心地よさ”へ変わってきますよ。」

「そっかー、でも痒い感じで、続けられなくなっちゃうんだ。」

J:「からだ全体を明渡す必要はないんですよ。一部分にだけ(頭だけとか)頼むことも出来ます。」

「そうなんだ、やってみるよ。なんか、少しずつ進歩してきたぞ~。ようやくビリビリを感じれるようになってきた。でも、これって、人にどう教えていけばいいんだろね~。」

G:「そうだね~、自分のやりやすいやり方ってあるしね。」

「うん、そうだよね。」

「あ、、そうだ、時々、遠くで”音楽”が聞えてくるのは、拡張しているからなんでしょ?」

「そのとおりですよ。」


で、その時の音楽の話をした。


-2/17(木)

今日は、ベッドフレームを解体し、少しずつ階下へ運ぶ。
だんだん荷物が部屋を占領していく。

粗大ゴミの手数料シールを買いにコンビニへ向かうと「358」ナンバーの車が通った。
358・・・アセンデッド・マスター(天界の、かつて地球に在した優れたヒーラーや聖職者) は、今起こしている変化が、人生のさまざまな面で豊かさと成功の流れを大きくしていくと言っています。(エンジェルナンバー~数字は天使からのメッセージ~より)

粗大ゴミの件で不動産やさんにメールを入れると、引越日の立会いの日は、いつもの”担当者”の方が公休で、違う人に頼んでいたにも関わらず、最後に会いたいからと来てくれるというのだ。
あんなに世話になり、ご迷惑をかけたというのに、本当に言葉にならないような思いだ。
でも、最後にお礼のご挨拶が出来ることを感謝する。

昨夜のワークは、3歩進んで2歩下がる?
「・・・よくわからん。」ビリビリは、頭にしてもらい、全身で感じないように頼んだはずなのに、頭では感じず、手の辺りにちょっと感じた程度だった。

で、昨夜、以前はよくミニブーケを部屋かざり、お花を楽しんでいたけど、今ではアイビーの一株(?)だけが残っている。水栽培で土栽培ではなかったのだけど、昨年、ずっ~と私のプロセスを見守り、時には励ましてくれていた相手だ。その一株は、最後に葉っぱが二枚だけになり、「あ~ぁ、、、もう最後のもダメになっちゃうのだろうか、、」と思っていたら、昨年の11月頃に、小さな葉っぱ二枚が”誕生”したのだ。
あの時期といい、とても愛おしく”希望”になってくれた。

その株にむかって「あなた、どうする?ここに残るなら、近くの花壇へそっと植えていくよ。その土の中で過ごす?」って感じできくと、とても悲しそうな感情が伝わってきた。
自分でも、こんなに”リアル”に感じるとは思ってもみなかった。

「そっか、私といっしょに行くかっ!! 飛行機に乗って、いっしょに北海道へ行こう!!」

それから、近くの花壇からホンの少々”土”を拝借し、、小さなポットに植え替えた。
なんだか、それからは、この4枚の葉っぱのアイビーが愛おしくってたまらない。
大きい葉っぱ2枚に、子供の葉っぱ2枚。これからどんどん増やしていくぞ。
いつまでも元気でいてね!!

で、この葉っぱを見るたびに、この時のガーディアンエンジェルの”Growth”の言葉を思い出す。
※”Growth”というのは、本来の名前じゃないけど、”成長を促す”を意味した言葉らしい、この時に知った。
→10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya
「あなたの側で小さな植物(緑の色も含め)が目に入ったら、わたしからのメッセージです。」

このときから、エンジェルと共に見守ってくれてました。感謝!


今日は、夜になって、久しぶりに、左ひざ下の私のセンサー部分の調整があった。
これがあるってことは、私の意識の状態に再調整しているってことだ。
いきなり、”ぷ~~~”っとパンパンに”むくみ”出す。でも終わると、スーと引く。
もう、何度か体験してきているから分かるけど、急に始まるのでビックリするよ。


そうそう、最近、昔のミカエルのメッセージで気になっていたのがあって、ようやく探し出せた。
※この頃は、まだ【転載】って書いてないからー汗

で、探しているときに、過去のyoham(私の神)からのメッセージが、目に留まった。
あの時はまだ、yopham=大いなる存在とは気づいていない時だったけど、今、このメッセージを読むと、昨年のプロセス自体を指していたんじゃないかな~と感じた。
→09/7/12【何も変える必要はない】-9【確認②】By aya
「今は、自分の確立をしなさい。本来のあるがまま。」

「試練の中に次の目あり
 そこに求められる意義?課題?を見出せる。
 あるがまま、、、それは「わがまま」に写るかもしれない。それは、それでいい。」

「その意志は、大いなる者からの導き、求められている動き、進まなければならない。」
「自分を信じるという事自体が、試練かも知れない。見えるものだけが、全てではない。」
「道は出来ている。進むのみ、、、。ただ進むだけ。」
「これは、おまえが選択している。」

「エネルギーの調整確保する」
「しっかり【個】の確立が出来なければ、【大いなる確立】が出来なくなる。」
「求められている。」
「だが、自分で決めてきている。自分で決めてきたことに超えられないもの
はない。」


で、最近の事だけど、私のプロセスを理解してもらおうなんて全く思ってもいないのだけど、ふっと、ある人たちを思いだしたら、そこからとても、強い”抵抗””反発”みたいのが感じてきたんだ。(あるキッカケで、そのキッカケがなかったら分からなかったかも)

残念ではあるけれど、自分の中に何もないから、ただ「ああ、そうなんだ~。」と感じるだけ。
っていうか、昨年のプロセスを何処まで理解できるかって、理解できないほうが”普通”だと思うもん。(笑)
その人たちの段階によっても違うし”信念体系”が残っている以上はね。根底は”恐れ”だから。

良い悪いは、全くナシで。

でも、それよりも、自分がちゃんと”感じれる”ことのほうが”感動”だった。(笑)
それは、ジャーちゃんにも確認しているけどね。
なんか、これが”明晰性”っていうものか!!みたいな感じで。(これまで以上にってこと)

でも、誰に、どう思われようと、yohamと繋がっているから全く動じない。全てを知ってくれている安心感がある。それは、天界のサポートや応援してくれてる存在、ここの仲間たちもいるしね。ほんとに幸せだ。

で、その探していたメッセージっていうのがこれで↓。(普段は忘れていても、必要なときは脳の奥の棚から出てくる。笑)
その第一レベルでは、”ヒーラー”とか”教師”などから始まるって書いてあったんだ。
段階が移るときの期間は、まったく読めないけどね。ミカエルは長い期間での話しをしているようにも感じるけど、どうなのかな?


→09/912【準備完了】期待なく手放す
[mixi]Arrived Energy On Earthより
Archangel Michael through Celia Fenn
2008年8月のエネルギー(1)大天使ミカエル
【抜粋】
『では、これをあなた方にお話し始めることで、私たちは違ったレベルを強調させたいと思います。ステータスではなく、機能のレベルに関してお話しましょう。

より高いレベルに移る人々は、その生涯を奉仕に捧げた者たちです。このように自分の愛と光を捧げることで讃えられる者達がエルダーズとなります。しかし、あなた方は皆、光の顕れです。そしてあなた方は神の愛において皆、平等です。あなたがどんな役割になろうとも・どんな呼びかけを受けようとも、それは完璧なものです。あなた方は祝福されていますし、どんな役割であろうともその役割であることが必要とされているのです。それぞれが“全体”のパートとなるからです。それぞれ一人ひとりがあってこそ“全体”となる必要があるからです。これは“ONE”の意識の本質です。

第一段階ではライトワーカーたちは異なったレベルの奉仕に引き寄せられることになるでしょう。その第1レベルはセラピスト・ヒーラー・教師となること…つまり、癒され・目覚め・権限を得るために人々~個人とワークする者となります。これが惑星の大きな目覚めの基盤となるからです。
このような方法で奉仕するよう呼ばれている者たちにとっては、これは光栄な役割であり価値ある奉仕になります。 

このグループから新たに生まれるのが次のレベルです。自分のエリアでグループを作ったり、グループ・ネットワークの形成を促進するよう引き寄せられるライトワーカーたちが出てきます。現在、こうしたすべてがスピリチュアルグループというわけではありません。ビジネスや環境に関したグループなど、どんなフォーカスレベルのグループもありえます。しかし、こうしたグループは聖霊たちと共にハートから…愛から働きたいという欲求を持つものになります。そしてこのレベルで意識のネットワークの形成・個々の個人の目覚めは形になり始めていきます。

このグループレベルから新たに生まれるものは、それ自体の才能・能力になります。そして、こうしたグループ自体が惑星的・世界的なネットワーカー/促進者となっていきます。彼らの働きは5次元のハートグリッドのハートをベースにした愛と光のネットワークで、惑星中のグループの人々を結び付けるものとなっていくでしょう。平和・愛・人権回復を通しての世界的な協力といった5次元のコンセプトを促進するよう努めるこうした者たちが、リーダー、教師、人道主義者となります。

そして第1段階から第2段階へ移ると、こうした惑星的ネットワークとグループは、相互につながりあった愛と憐れみのハートグリッドに基礎をおいたパワフルな惑星的なネットワークを作るために一緒になり始めます。そして、この光はハートからつながる光であるため非常に強力な光となり、地球中で目覚めた人々によって知られ・認識されるものとなります。そうして私たちが告げたように、スピリチュアルなものと政治的なものと社会的なもののマージが始まり、それが機能するよう形成されていくことになります。これはチャレンジの多いやりがいのある仕事になります。けれども次のサイクルでリーダーとなる人々はその仕事でサポートされます。

そして事実上、地球のマネージャーあるいは促進者である惑星的なカウンシル・オブ・エルダーズが出現すると、シニアレベルが作られます。彼らは賢き者たちです。彼らは生涯を献身的な奉仕に捧げた後、精霊たちによって選ばれ、惑星意識が聖なる愛と創造性の表現をするよう惑星意識を導くものとなります。このカウンシル・オブ・エルダーズも既に形成されつつあります。この奉仕に呼ばれる者たちは自分が何者であるか・今このときに自分が何をすべきかを知っています。

愛しきものたちよ。この情報をもたらしたのは、あなた方の選択によって、どのように聖なる愛が地球上に顕現するかを見るためのアシストとなることを願ってです。これが、あなた方が私たちとのパートナーシップで選んだことだということをわかっていて欲しいからです。このプランに同意した私たちは共に働いてきましたが、その間、魂レベルでのたくさんの長いミーティングを重ねてきました。そうして今、すべてにとって“最高に善きこと”のために新しい地球の聖なるマネージメントを成し遂げるために最も正当で平和な方法が現れようとしています。あなた方が惑星上での聖なるグレイスのこうした新しいパターンの出現を見始めることで、混沌も徐々に少なくなっていくでしょう。愛の経済がより明らかになっていけば、あなた方はよりサポートされていて・よりつながっていると感じ始めることでしょう。

愛しきものたちよ。不安がらないでください。「私がフィットするところはどこ?」と心配しないでください。あなた方それぞれは、ずっとこのプランのプロセスの一部です。あなた方それぞれには定義された役割があります。あなた方の多くは、躊躇っています。それは自分の新たなスキル・才能を開発することだったり、次のステップが自分に明らかにされるまで忍耐強く待つつもりになること、精霊たちの導きに降伏するということを学ぶということ…こうしたことを躊躇ってはいませんか?然るべき時というものがあるということを理解してください。あなた方は光の構造が顕れる完全な場に導かれることになります』


今日も全てに感謝!!

2011/2/18(木)晴れ[満月]



夜中、久しぶりにすごい浄化でしたねー。少し風も強いのかな?
でも、今は青空がひろがってます。爽やか。

B L E S S E D  B L I S Sさんで、ローレンのメッセージのアップがあり、転載させていただいた。

ギアーに油を注ぐ / Lauren.C.Gorgo - February 8, 2011
~プレアデス高等評議会とスピリチュアルハイラーキーからの伝達

春分の日に向けたエネルギーが、
変化の波動と共に、優しく、地球と私たちのライトボディーに降り注ぎ始めています。
春が近づくにつれ、私たちは再誕生の始めの兆候を感じ始めています。

太陽が、明らかに今までとは違うように感じ、
それはあたかも、私たちが長年熟成させてきた本来の自分を、
ゆっくりと呼び覚まそうとするかのようです。

私たちは、長い間来ると信じていた新しい人生の兆候をようやく感じ、
それを見始めています。


そうです、新しい世界はやってきました。

新しい世界を探検しようと、うずうずしている方も多いでしょうが、
それには段階を踏む必要があります。

まずは、長年じっとしていたために錆びついてしまった私たちのギアーに油を注ぎ、
前進を可能にしなければなりません。


Becoming Unhinged
ドロドロから抜け出す


私たちは、地球アセンションの次なるステージに向け、
人としての意識的な共同創造のパワーを、続々と取り戻しつつありますが、
これにより、深く眠っていた傷や、ブロックが浮上し、
私たちは最近、それに直面せざるを得ない状況に置かれました。

しかし、ラッキーな事に、
このようなドロドロもワープ並みの速さで通過する事ができ、
今まで乗り越えるのに数週間、数カ月かかったような問題も、
今や、数時間でクリアにする事ができるようになりました。

私たちが、未知の世界に、自身をグラウンディングさせるにつれ、
自分の力や、能力に対する恐怖感が漂うようになります。

しかしその不安も消えつつあり、
そこには、次なるステップに対する揺るぎなき自信がやってきます。

次なるステップが、どんなものか想像がつかないにもかかわらず。


あなたはこの変化を、小さいことから感じ取っているかもしれません。

例えば、今まで気に障っていたような事が、気にならなくなったり、
今までより、広い視野で物事を捉えられるようになってきています。

それと同時に、3次元の沼からすっぽり抜け出し、
私たちの新しい考え方に沿った形の、
思いもよらない、嬉しい機会が溢れる世界に送り出されます。

しかも、これは、まだほんの序章でしかありません。


私たちが、カルマという足かせから抜け出す際に伴ってくる、
もう一つの要素は、物事の完了の到来です。

2月から3月の春分の日にかけて、
多くの物事が、終わりを迎えたり、消滅したりします。

それは、人間関係、パートナーシップ、仕事、ビジネス、転居、
健康問題、法的問題、経済事情...etcであったりします。

個人的なものや、大衆の愛する人の旅立ちなどもあるかもしれません。

春分の日というのは、大変パワフルな転換のエネルギーを伴い、
このような脱出ポイントを利用して、
それぞれの旅を、別のところで続けようと選択するという方がいます。


多くの方が、この時を選んで、肉体の完成、人生の終焉をむかえるでしょう。


今年、特に、これから6~8週間は、
今まで私たちをブロックし、エネルギーを吸い取ってきたような要素が取り除かれ、
より高い波動のものに置き換えられます。

前線部隊、先駆け隊の皆さまは、
極めて厳しい教訓、経験を通して、完全な魂として生きる事を学んできました。
人生が壊れていったにも係わらず...
理解されない事を承知で、ハートに従ってきました。

人によっては、それは深刻なものでした。
生命を脅かす大病、飢餓状態、極寒状態、住居が無い等...

人によっては、この道を孤独で歩まなければならなかったり、
この道の為に、愛する人と、一時的に離れなければならなかったりしました。

時に教訓はそこまで深刻でなくとも、

愛する人の批判を受けたり、批判されるのが怖くて、
愛する人に話す事ができなかったり、

この繊細な転換期を迎えるのにあたり、
外的接触をほとんど遮断せざるを得なかったり。

全てのケースにおいて、不可能を可能にする事を求められ、
私たちの弱さは、大いに攻撃を受け、
世にも恐ろしい恐怖に対面せざるを得ませんでした。

それにもかかわらず、私たちは進んで立ち向かいました。
魂の種を育むために。
不可能を乗り越える事で、魂を磨く事が最優先である事を知っていたから。

次の段階において、先駆け隊、パイオニアの皆さまは、
完全に過去から切り離され、自由に新しい世界を共同創造する機会を得ます。

それは、次に続く人々の見本となり、
私たちは、新しい純粋な意志に基づいて生きるようになります。

私たちの時代がやってきました。


The First Steps
第1ステップ


全ての終わりがそうであるように、新しい始まりはすぐそこまで来ています。

私たちはようやく、新しいエネルギーや、
ゆっくりと意識の中に広がりつつある可能性を、感じ始めています。

それは、新しい人生、新しい情熱、一新された人生目的を呼び覚ます事を約束します。
不可能はないという事が、日に日にハッキリとしてきました。

肉体的苦痛や、容赦ない疲労の中にありながら、
私たちは、去年の10月から待ち焦がれてきた、神聖な兆しをちらほら見始めています。

それは、今まで眠っていて活性化を待っていた私たちの計画、
とくに去年の6月または7月に取り組み始めた計画が、
私たちの新しいレベルの気づきに触発され、息を吹き返します。

それは、様々な新しい機会がやってくる事を意味します。

思いもよらぬ新しい企画、妊娠、パートナーシップ、
魂を揺さぶるアドベンチャー...etc 

自分自身が、全体の一部として不可欠な要素である事に気が付くにつれ、
波長の合う人が分かるようになり、
新しい世界、新しいビジョンを共に創造するようになります。

そして、人間の愛の許容範囲の広さを、理解するようになります。

プレアデスの存在が言うには、
真の調和的創造が可能になったのは、完全に一なる時空になったからだそうです。

グリッドが活性化され、多くの人が目覚め、
遺伝子が革新化された、新しい命が続々誕生しています。

彼らは新しい地球の鋳型となる、
クリスタルグリッドの構造の中で、活躍するようになります。

私たちが、一旦、カルマ的二元性の枠組みから解放されると、
高次元意識の法の影響下に置かれます。

一なる存在のみが行動する、という法においては、
私たちの思考はクリアで、バランスがとれ、
雑念の無い状態で創造できるようでなければなりません。

私たちは、これが何を意味するかを学び始めたばかりで、新しい領域を、
最近得た、新しい内なるGPSシステムを使いながら、探っている状態です。

しかし、3月の春分の日が来たら、補助輪は、取り外されます。
秋分の日には、いよいよ巣立ちを迎えるでしょう。

“これまでの転換から学んできたことや、
内なる静けさから得た事を行動に移す時が来ました。
学びの過程は非常に厳しく、あなたは大変良くやりました。
今こそ前進し、創造し、そして創造を繰り返し、あなたの熟練度を磨く時です。
失敗しても大丈夫、失敗から学び、人類を勝利へと導いてください”
-スピリチュアルハイラーキーより


Saying Goodbye to a Life Gone By
過去の人生に別れを告げる時


次なる一歩を踏み出し、新しい人生にグラウンディングする時、
奥底にあった感情が湧きあがってくる事があります。
それは強い怒り、イライラ、不安として浮上したり、
瞬間的に溢れだす涙に変わったりします。

湧きあがる感情は、先に進めないでいる方たちにとって、
穴から抜け出す、力強い原動力になります。

これらの感情の解放は、一時的に過去の自分に対して、喪に服している状態で、
意識の新しいレベルに移行する際には、良くあることです。

奥底に残っていたエゴや、人格の死は、私たちを、より真の自身に近づけます。

もし、あなたがまだ、怒りや、不安、鬱状態の段階にいるとしたら、
落ち着いて切り抜けてください。

いずれ不要なエネルギーが解放されたら、
ああすれば良かった、こうしていれば、などといった、
過去に対する、後悔の罠から解放され、先に進めるようになります。

私たちが、自分自身を完全に愛する事ができるようになれば、
真の自分でいる事が、怖くなくなります。
ここからが、新しい人生の始まりです。

ここまでの道のりは、単なる練習だった、という事を深く理解した時...
Will there still be bumps in the road?

Of course!

But luckily, where we're going... we won't need roads ; ))

これからの道にはまだ障害があるのでしょうか?

もちろん!
でも、ラッキーなことに、今から私たちが行くところには、道自体が無いのです。

To coming unstuck...
さあ、穴から抜け出しましょう!

Lauren
ローレン

Quoted from:
ThinkWithYourHeart.net
starpeople


ほんとに、、、、そのとおり。

実際、これまでは”訓練”だったんだょ。汗 「あ”~~っ」って叫びたくなる。
でも、やっぱり私は自分のやり方がまるごと好きだっ。
大いに”回帰すること”を助けてくれたから。
ホント、ドMだねっ。(笑)

これからもっともっと、実感していくだろうな。

*  *  *

さ~て。引越準備は、順調~!
冷蔵庫も、洗濯機、炊飯ジャーも使えるのは今日が最後。

最後の洗濯と、冷蔵庫の中(殆ど使い切ったが)を出してキレイにしましょ。
そっか、TVも、夜には外に出しておかなければ、、、。
雨は降らないかな?

明日の午前中には電化製品がなくなってスッキリするかな?
ご飯を炊けるのも今日のうち。

明日は、Mちゃんがベッドマットを降ろす手伝いをしてくれるので、一緒にご飯でも食べられるといいけれど。

うん、余裕だな。掃除もだいたい終わったので、後から簡単にするだけだから。

昨日、メッセージを探しているときに過去のブログをさ~っと目を通したけど、東京にいた3年間は、本当にいろんなことがあった。楽しいことも、痛いことも、辛いことも、恐れで震えたことも。真実を知ったり、発見したりとバラエティーに富んでる。(笑)
いろんな事を振り返り、甘酸っぱいような気分になった。

でも、そんな感情も、ローレンのメッセージのように、そんな”過去の人生”とも別れを告げて、新たに旅立つ時が来ていることを知らせているんだな。って感じた。

また、新しい場所、物質的な部分も含めて(次のステージ)で、ヨチヨチ歩きして慣れていくんだよな。

すべてに感謝!


*  *  *

【高次のエネルギーを感じることと錬金術の繋がり】byGraceさん へ

☆本日↓2011/2/18(金)の始めはこちらから。
【転載】ギアーに油を注ぐ&ひとりごと



あれから、Gちゃんと電話で話した。
Gちゃんは、どうしても無理しずぎてしまうクセから抜け出せず、ジャーちゃんからも言われていた。

Gちゃんのプロセスは、”削ぎ落とし”でもあるし、その理由は、魂が急いでいることにある。
(先日、Gちゃんも、客観的に確認のためにチャネリングセッションを受けた。)

引越は、ある意味、”削ぎ落とし”するには、見えない部分、物質的な部分で両方をイッキに出来ることがいいのかもしれない。
(引越の規模にもよるけど)

まだ続く困難なことも、ジャーちゃん曰く

「あなたが設定していることです。削ぎ落としを急いでいます。意識はしているけれど、まだ無理をしようとしています。」

という事だった。

昔の私も同じだったので良く分かるのだけど、余裕がなくなると、全て自分でやらなきゃというのが出てきちゃう。(ブログに書いたけど)
”天界”に頼めば、よりスムーズにことが運ぶのに、忘れてしまって、あっちこっちと動かされて、突発的な問題が表れたりする。(それも知らせるためだったりするので、良い悪いはないけどね。)

確かに、”三次元的”なことは、当然、肉体のある自分たちがやらなければならないのだけど、天界が助けてくれることで無駄は省ける。気づきがきたり、失くしたものがすぐに見つかったり。なにより物事がスムーズに運ぶ。

ま、そんなんで、Gちゃんも、話しているうちに元気を取り戻し、天界に頼み、休むときは休むを続けることを約束した。(自分の解放のためだし)

なぜ、一つのことが解決(解放し)してホッとしたと思えば、解また次から次と頭を悩ますことが出てきたのか。

それは、今ここで、一気に解放することを、真の自己が望んでいるからなんだろう。
やはり、”完全降伏”するのは、たとえクセの部分ではあっても、容赦なくクリアするまで出てくる。

ただ、ジャーちゃんに確認すると、”一瞬一瞬”に留まることだという。
それは、頭ではわかっているのに、マインドがうるさいときは、やはり”核”がずれていると思っていいと思う。

それについては、ジャーちゃんは、精神的なこともだけど、肉体も休めることが出来ないと、”核”を戻すのが困難になってしまうとのこと。

マインドがうるさくて、元に戻そうとしても出来ないときは、精神、肉体の両方をチェックしてみるといいのかも知れない。繋がっているからねー。身体が疲れていれば、ゆっくり休息をとるとかね。

ジャーちゃんに、言われてしまった。

「あなたたちは、本当に引きずると長い。手放したなら、すぐに忘れればいいのに。」

G・私:「あははー。ホントにね!!」

「私も以前は、引きずったわー。笑 頭じゃ分かっているのにねー。自分でも腹が立つほどー。」



あ、、、それと、最近、また腰が痛くなってきたので確認した。

「これは、エネルギーの詰まりなの?」

「そのとおりです。なるべく無理をしないように、リフレでもいいし、シップなどを貼ってください。」


昨夜は、さすがにリフレの”腰のポイント”をマッサージしたのだけど、腰の痛いときは、必ずポイントを触ると痛い。
で、ちょっと鍛えなきゃならないかと思って軽くストレッチを行ったけど、無理に動かさないほうがよかったみたい。痛みがないときに鍛えるのはいいのかも知れないけどね。

ま、昨日は、物を運ぶのに、階段を何度も往復してたからねー。
でも、その前からだし、元々、腰は丈夫じゃないからな~。


一旦、電話を切ってから、一つ物事が良いほうへ流れたので、喜び勇んでGちゃんから再度、電話があった。

二人で喜んでいたんだけど、話が、また面白い方向へ進んでいった。


□ 高次のエネルギーと錬金術

【セント・ジャーメイン】byGraceさん 

私が、ワークのことを聞いた。

「3歩進んで2歩さがってる気分だよ。ビリビリ感も頭で感じないしー。どうしたらいいんだろ。」

J:「エネルギーの感じ方を練習してください。」

「え~~、墓穴ほっちゃった~~。またやる事増えたじゃん~。」

「で、エネルギーを感じる練習って、どんなだろ?」

G:「この前さー、久しぶりに”アバンダンティア”を行ったときに、アチューメントを受けたときはエネルギーが重く感じられたのに、今回は、軽く感じたんだよね。」

※アバンダンティア=豊穣の女神のアチューメント
豊かさを受け取るサポートをしてくれたり、受け取ることのブロックを外す助けをしてくれたりします。

先日、Gちゃんが、久しぶりに自分に行ってみたら、この女神が現れ、チャネリングも同時に出来たと話していた。


「それは、高次のエネルギーは軽いし、精妙だから感じなくなったんじゃないの?」

G:「うん、この前、チャネリング受けたときにも、どんどん新しいエネルギーが入ってきてますよ。ってチャネラーさんに言われたけど、全然わからないよ。」

「うん、そうだよね。私も受け取ってるけど、わからないもん。」

G:「昔はさ、重く感じたり、いろいろ感じたけど。」

「うん、それはまだ、身体の器のほうが、追いついてなかったからだよね。私も最初は、ひどくむくんだり、首の後ろが痛かったり、重かったり、眠くなったりしたけどね~。」

G:「うん、重く感じたし、眠くなったよねー。」

※身体に大きなエネルギーを入れることを許していく(準備が出来ると)と、身体のエネルギーの受け入れる器もだんだん大きくなり(スペースが出来る)、より大きな(高次の)エネルギーが入ってこれるようになる。

「ね~、ジャーちゃん、高次のエネルギーってあまり感じないんでしょ?」

G:「なんか、違うみたいー。」

「え~~」

J:「感じることが出来ますよ。」

「え~~~、感じることが出来きるの?私、ブログに書いちゃったじゃん~。汗」

「じゃー、どうやって感じることが出来るのさー。昔は、辛かったのは、身体の器がまだ追いついてきてなかったからでしょ?」

J:「そうですよ。」

「どうしたら、感じられるのかね~」

G:「うん、わからないねー。瞑想中とは手のひらでビリビリ感で感じるけどねー。」

「うん、それは私も感じるんだ。ヒーリングをやってる時と同じでね。それはわかるのだけど、、、、。」

「・・・」

J:「意識で感じようとしていることが違う。」

「え~~、それってどういうこと?難しいな~。」

「あー、そういえば、、、、私、昨日のワークで思い出した! ビリビリ感も、なかなか頭に感じなくて、なんだよ~。って思ってたけど、ひとつ不思議なことがあったんだよっ!!」

「あのね! 昨夜、瞑想していたら、両手には何も持ってないのに、右手の手の平の中に、四角い箱が乗ってる感じがしたの。それが、リアルなんだよー!!」

J:「それが、”高次のエネルギー”ですよ。」

「え~~~~~!そうなの?これが高次のエネルギーで、それが感じ方だって言うの?」

J:「その手の平の中の”高次のエネルギー”を身体中に満たしてみてください。回すことが出来ます。」

「へ~~、そんなことが出来るのー?」興奮。

G:「それね、身体の好きな部分に自由に動かせるんだってー。」

「そうなんだー!!」

G:「そういえば、、、私も、利き手の反対側に石を持って瞑想していたら、石がエネルギーの塊に変化したのを感じたな~。」

「そうだ、私もGちゃんに言われて、瞑想のときにやってみたら、石が石じゃないものに変化してるのを感じて不思議に思ったよ。それってどういうこと?ジャーちゃん!」※アメジストの原石でゴツゴツしていたのが、全く感じないものに変化していった。

J:「それが、”錬金術”ですよ。」

G・私:「え~~~~!!!!そうなの~???知らんかったー!!@@ 超~嬉しい~~!!わーい、わーい!!」さらに興奮。(笑)

J:「・・・そうですよ。だから精進してくださいよ。」

「あはは~、クギ刺されちゃったぁー!!」

G・私:「精進する~!!」

J:「あなたたちは、執着を手放してきたからですよ。今では、何かに執着しても期間が短くなって、すぐに手放せるようになってきた。今後はさらに、一瞬一瞬で外していけるようになります。」

「うん、そうだねー、もうあまり執着してなかったねー。忘れちゃうし。」

「ねー、”錬金術”っていうのは、”統合”もだけど、知らずに使ってきたってこともあるんでしょ?」

J:「そうですよ。でも、それとは別に、これからあなたたちは、もっとリアルに”錬金術”を使えるようになってきます。」

「やったー!これは、やっぱり、ここまで解放し、純化してきたから起こることなんだよね。」

J:「そうですよ。執着していては絶対に出来ません。やろうとしても出来ないものです。これは”ナスト”と同じで意識して出来ることじゃない。」
☆ナストについては→11/2/2【引越準備&今日はナストの日~発見:新ツール】byGraceさん

「うん、うん。そうだよねー。」

「やった~!うれしいな~。ワークも、毎日やってるのも無駄じゃないねー。そう、ワークに執着しているわけじゃないんだよな。やるときは、微かにワクワク感があるけど、思った結果と違ったら、あれー、どうして感じないんだろー。って思うだけで。」

G:「うん。」

「面白くなってきたねー!!」

G:「ホントだねー!!」

G・私:「感謝!感謝!!」

「今日も、本当にありがとう~~!!」

G:「こちらこそー!」

-END



と、、、こんな感じで”ワーク”も、全く予想つかなかった方向にまで流れだしていてビックリ。
最初は、アンドロメダ銀河からの情報を受け取れるようになるためから始まったことだったのにね。

もっと”ワーク”が楽しくなってきそう。
考えてみたら、”錬金術”には”期待”すらなかったもんな。忘れてたよ。
頭で考えても、わからないもんだって気づいてからは特にね。(笑)

ホント、、、リアルな感覚なんだよ。何もないのに、今でも不思議。

そうそう、、、意識しすぎると、せっかくの感覚を逃すので、”あるがまま”に、、、。(笑)


全てに感謝!!

2011/2/19(土)曇り時々晴れ



□ 時間の幻想

昨夜、ふっと感じたけれど、、、。
”時間”の枠って、、、あるようでない。

確かに、自由きままな生活だったから、寝る時間が決まってるわけでもなかったけれど、なんと言うか、こうしてブログを書く時間も余裕で、Gちゃんとも沢山話しているし、引越作業もやってる。
時間に追われるというものがなく、自分の時間もちゃんと楽しめるって感じが、必要な時は、自由に”時間”を延ばしているのか?と感じて始めた。

”時間”というものは、あってないようなもの。

今後は特に、時間に追われるとか、そんなのもなくなって自分の時間もちゃんと取りながら、進んでいける。というのが実感として分かりかけた、、、。というところだろうか。

そんなことを最近、ふっと感じる。

今日は、そんな中、家電リサイクル回収員の人や、リサイクルショップの人などが来て、ずいぶんスッキリしてきた。

午後から、元同僚のMちゃんが車で来てくれて、ベッドマットを一緒に階下まで運んだ。
これは、一人では出来ない作業だったなー。って心底感謝した。

家から割りと近くだけど、あの辺りなら駐車場もあって食べるところがありそうだ。とサインがあったので、実際には分からないまま向かってみると、本当に1件お店があった。

「やっぱり!!だから、この場所だったのか!!」

しかも、最近、なんか食べたいな~~~。と思っていた食べ物の専門店だった。(笑)

「さすが、yoham(私の神)!本当に良く分かってる!!完璧だ~~!」と心の中で感動した。

しばらく会っていなかったので溜まっていた話に話が咲き、大盛り上がりだった。

しかも、感じるままに話していくと、彼女が最近、心に感じているものを、私が話を切り出しては、「そう、最近、そう思ってたんだよね~~~。」と話が流れ、結果、彼女の背中を押すことになった。

「こうやって背中を押してほしいときってあるんだよね~。」

「それは、私もいっしょだったよ。背中を押してもらいながら来たよ。」

でも、本当に、いいタイミングだったのかもな~。と感じた。

私は、助けて頂いたお礼におごらせてもらうつもりだった。

だけど、世話になったからと引かなくて結局はおごってもらうことになった。
無意識の中だったけど、”エネルギー交換”が行われ、きっと彼女もエネルギーを受け取ってくれていることを感じ、ありがたく受け取らせてもらった。

いつものことだけど、ちゃんとセッティングされてたことだよな。って感じた。

楽しい時間を取れたことに心から感謝だった。
こういう時間がとれたのも、明日がまだ一日残っているからで、本当によかった!!


□ 【瞑想の確認】By ayaちゃん

Gちゃんが忙しいときは、こうして何故かayaちゃんと話すことが出来る。
ayaちゃんも、ここしばらくはチャネリングも出来る状態じゃなかったし、期待も意図もなかったんだけどタイミング良くメッセージが降りてきてくれた。サポートに感謝。


「ねー、瞑想している時に、こんなことってない??」

以前にも何度かあったことなんだけど、昨夜のワークで、深く瞑想に入り、やはり手の平の中に、”高次のエネルギー”を感じた。

「あ、、、感じる。さて、じゃーこのエネルギーを身体全体に回してみようか、、、。」

昨日のジャーちゃんの言葉を思い出していた。

しばらくして、頭の部分、足先だけ、と試していったけど、手のひらのようにリアルとまでは感じない。

「ん~~~?どうなの?」と更に感じてくると、布団の中なのに身体が非常に寒く、冷え切ってきた。

通常なら、反対にぬくぬくしてくるだろー。と疑問になった。

しまいには、足先同士を擦り合わせなければならないほど冷えてきて。

「もうダメ!限界~~~。やってらんないよー!!どういうことなんだ~。」

私は、こういうことが時々あるんだよな~。と以前のことも思い出していた。

「宇宙は、寒いのか???」と、ちょっとバカげた理由を考えていた。(笑)


午前中、久さしぶりにayaちゃんからメールが来た。
ayaちゃんも最近、新しい環境の中にいた。
以前よりも元気そうに感じたけれど、エネルギーの滞りをまだ感じていた。

ayaちゃんの瞑想のときはどうなんだろう?聞いてみようって思った。


すると、話していたら、久しぶりにayaちゃんを通してメッセージが降りてきた。


「感覚の微細な部分は、それぞれの肉体の段階によって違いがある。」

(大いなる存在(ソース)の白いエネルギーが見えるわー)

「それぞれの段階によって進む位置(寸法のような感じ)によって、長さが違ってきます。
みなさんに申し上げますが、みなさんが行っている全てが間違いないことです。

そこに喜びがあるのなら、全てがマザーアースからのメッセージです。」



なんか、私の瞑想の時の感覚は、それぞれの段階によって違うみたいで、私は、今、体内でクリスタルが呼び集められていて、一つに集ってきているような段階みたいだ。私の肉体の中で結晶化し始めているのねー。

土の中から芽が出るまでのような感じだとayaちゃんが分かりやすく話してくれた。

たぶん、これが、このことだなー。

「B L E S S E D  B L I S S」さんからの転載で、、、。

☆ライトボディー覚醒:第10レベル
【一部抜粋】
私達が「マーカバの乗り物」と呼んでいるものを
あなたは自分のエネルギー構造の中に作りはじめます。
「マーカバ」とはヘブライ語で「戦車」という意味があります。

マーカバは「光」の結晶構造からなり

あなたの完全性を保ったまま空間・時間・次元の間を突き抜けることを可能にします。
マーカバはそれ自体の意識を持っています。

あなたがこれに働きかけることによって別の「根源体系」へと旅するかも知れません。
私達の視野からするとライトボディになるということは
実はもっとはるかに大きなプロセスの一部でしかありません。
私達はすべての世界と次元がこの宇宙の「根源」へと融合していき
それから別の「根源体系」とも融け合い、
そのようにしてさらに「一なるもの」へと戻っていくのを見ています。



なるほど、、、で、この身体の異常に”冷え”る状態っていうのは、分かりやすく説明すると”高次のエネルギー”に場所を譲り、自分のエネルギーを一旦出してる状態で冷えているみたい。

「あ、、高次のエネルギーさん、どうぞどうぞ入ってください。私はちょっと外に出てますね。」みたいな感じ。(笑)

ayaちゃんの説明では「簡単に言えば、等価交換しているようなもの。」

「なるほどねー」そんな事が起きていたのか。(汗)

私は、ただ体感しているだけなので、いったい何が起きているのか良く分からないのだけど、進化に伴い、肉体にもいろんなことが起きているんだねー。と少し実感した。

そんな時、ayaちゃんのほうに変化があった。

何事だ?と聞いてみると、ローズクオーツのようなエネルギーがayaちゃんの少々重くなっていたエネルギーの滞りを押し上げ、一気にクラウンチャクラのほうから噴火のように飛び出してきたらしい。(爆)
マンガのようだけど、、、、!

逆噴火のように飛び出した後、、、、。

「あ~~~、軽くなった~~~。」とayaちゃんの起こったことに二人共笑った。

ほんと、面白いことが起きるっ。

でも、良かった、良かった!!


ここ数日は、「1111」の数字のメッセージを毎日見ます。
「新しい始まり」ですね。

今日も、全てに感謝!!


2011/2/20(日)曇り




昨夜は、ワークをしたけど、いろんなことを感じていたら、いつの間にかワークを忘れちゃってて中断。
「寝るわ~。」と、あるものかき集めて敷いた簡易布団で寝た。
掛け布団はそのままだったので寒いわけじゃないし、それはそれでキャンプ気分を味わった。


朝気づくと、Gちゃんと、先日、お泊りしたときの仲間からメールに気づいた。
さっそく確認をしたいことがたくさんあったので、電話した。

【セント・ジャーメイン】byGraceさん 

「ねー、Lちゃんのメールに、「ニギハヤミコハクヌシ」と○○ちゃんは、友達なんだよ。って書いてあったけど、確かに、以前にも”夢”で受け取った名前があるけど、そうなんだよね? でね、「ハク」って、ミカエルのエネルギーも混ざってるの?」

Lちゃんも、チャネリングが出来て、私が実家に帰るから、今まで言わなかったけど、って、最後になって”おちゃめ”に教えてくれたのだった。

そう、「ニギハヤミコハクヌシ」というのは、、「千と千尋の神隠し」に出てくる「ハク」のことだ。
ブログに書いていたか忘れてしまったけれど、先月?12月くらいにも再放送をやっていた。
何度も同じ場面で泣けるのは、「ハク」が「千尋」に丸薬をあげておにぎりを食べさすシーン?だ。

その「ハク」を見てたら、いつも「ミカエル」を思い出すし、いい機会だったので聞くことにした。


G:「ミカエルとは、また別みたいだよ。」

「そうなの? 違うのかー。じゃ、Lちゃんが教えてくれたように友達なの?」

J:「あなたは、しょっちゅう”夢”の中で一緒に遊んでますよ♪」

「え~~~、そうだったの? だからか、、、以前にね、夢の記憶で、名前だけ受け取ってた時があったんだよ。いつも忘れているから、思い出すように教えてくれたんだね。
こっちでは覚えていないから、「千と千尋」の時に、何かを感じて、恋しくって切なくなってしまうんだね、、、。」
☆名前を受け取ったときはこちら
→10/10/23【神聖なタイミング~夢で見た"111111"の意味】

G:「うん、シリウスのお友達みたいだよ。」

「そうだったのかー!!」


「ニギハヤミコハクヌシ」で検索して、あるサイトに導かれた。
→http://www1.ttcn.ne.jp/nigihayami/senntotihiro-1.htm
”ハクの名前は「ニギハヤミコハクヌシ(饒速水琥珀主)」です。
この名前の由来は、日本書紀や古事記に出てくる「饒速日命(ニギハヤヒノミコト)」

正式名:天照国照彦火明櫛玉饒速日命(アマテルクニテルヒコホアカリクシタマニギハヤヒノミコト)を参考に、日本神話から付けた名前だと考えられます。

饒速日命は、日本の最高神である「天照大御神(天照皇大神)」の孫にあたり、天界(神界)にいる天照大神の命令により、混乱した人間界を立て直すために降臨してくる天皇系の神様です。

饒速日の「速」の字は、水に関する神様であることを指し、海や川を司る神様です。
救世主を作り出す役割の神様で、「天使(天の使い)」とか「使徒」と呼ばれたりもします。”


このサイトを読んで、そっかー、やっぱり、そうなんだ。と感じた。
寝てる間は、無邪気に遊んでるのか???(笑)

今日から、「饒速日命(ニギハヤヒノミコト)」のことは「ニギちゃん」って呼ぶことにした。(爆)


でも、夢で名前を受け取ったのは、昨年の10月だったから、ずいぶん「待たせたな。」って感じ。(時間はないけど)きっと会ってるときは、肉体は不自由だとか愚痴も聞いてくれてたのだろうか。
実は、今回の引越にも、「千と千尋の神隠し」を録画したビデオは持っていくのだ。(笑)


「ねー、でもその内に、みんなにも会えるようになるもんねー!!」

J:「そうですよ!」

「嬉しいな~~~。ねーGちゃん。」

G:「うん!!」


で、話は変わって”ワーク”のことを聞いた。
昨日のayaちゃんと電話でのことを伝えつつ、細かい部分で聞くことにした。



□ ワークの確認

「ねー、この前のワークの時に”冷え”ちゃってて途中で止めてしまったけど、”高次のエネルギー”は全身を回ったのだろうか?」
☆冷えの話→11/2/19【時間の幻想&瞑想の確認】By ayaちゃん

J:「回ってますよ。まだ、高次のエネルギーを感じるのは分かりにくいかもしれない。でも”感じること”を知ることで”チャネリング”が出来るようになりますよ。」

「やった!」

って、今気づくと、何気に、ワークも変化してきていて、でも、ちゃんと”チャネリング”まで誘導してくれていたんだな~。素直に従って、やってきてよかった~。しみじみ。

「あの”冷え”のことだけど、ayaちゃんが言ってたように、”等価交換”のようなことが起きているの?」

G:「あのね、”揮発”してるというか、蒸発? 残りの古いエネルギーが抜けた状態になるときに、冷たさを感じるんだって。だから、出し切っって無くなったら、”感じる”ことが出来るようになるらしいよ。」

「へ~~。そうなのか~。面白い。」

嬉しい。早く”感じれる”ようになりたいな。

「じゃ、Gちゃんの時々感じる深い部分の背中の冷えも同じなの?」

G:「それも一部分はそうなんだけど、違う要素もあるんだって。疲労とかいろいろ。なんか、私の場合は、波のように、冷えがなくなるときと、冷えが出てくる時期と波を感じながらやってるらしい。」

「ふ~ん。 あと、あのクリスタルの結晶化については?」

J:「あれは、DNAの変化、書き換えによって起こっているもの。」

「うん、そうだね。」

いろんな確認をした流れで


□ 親(家系)のカルマについて

「そうそう、ね、私ってさ、離婚したあとも、嫁いだ先の姓名を名乗っているでしょう?それってどうなの?もうカルマはないと思うけど、、、」

J:「あなたは、もうないけれど、子供たちは残ってしまう。」

「そうだよねー、上の娘はすでに結婚しているからいいけれど、下の娘には残っちゃうかー。」


離婚した時期は、娘たちが思春期だったということもあり、旧姓に戻るのを止めたけど、この確認をしたら、やはり実家に帰ることがいい機会で、旧姓に戻す気になった。
ただ、下の娘はすでに成人しているので、本人の意思による。
私が旧姓に戻ったところで、下の娘が変える意志がなければ意味はなくなってしまう。
ん~。カルマの話をちゃんと話しておいたほうがいいかも知れない。
明日、上の娘のところに来るのでいい機会だから話をしようかなー。

ここで、ちょっと親のカルマの話になった。

「今回、実家にもどるってことは、どうなんだろう?」

G:「うん、○○ちゃんのお父さん(父方)に関しては、もう亡くなっているし、引き上げられ昇華されているからいいんだけど、お母さんとのカルマがまだ残っているから、その解放も含めて実家にもどるって意味もあるようだよ。だから今、解放してお母さんの準備もするみたい。」

「そうなのー?」


そうか、母との、カルマと考えれば、幼少からこえまでの間のことを考えれば、ここで和解していくことで解放されるというのは理解できるかも。

「じゃ、2年前くらいに、母の一番末の弟がこの不況で自殺してしまったけれど、その叔父さんはどうなったの?」

J:「それは大丈夫です。すでに引き上げられてますよ。」

「あ~、よかった!! 自殺の場合は微妙だもんね。ドリームウォーカー・デスも出来ないし。」
※ドリームウォーカー・デスはセント・ジャーメインのスクールで取得。


この時に、遠いい元の親戚とかの場合にはどうなるのかな?と聞いた。

J:「その場合は、求めてきたら(亡くなった人)助けてあげなさい。」

なんか、以前にGちゃんの遠い親戚の場合は、現れたときは、危険だから関わらなくていいという話もあったようだけど、どうしても気になり供養したいなら、ちょっと手を合わすとか、お墓参りに行くなどしたらいいようだ。
Gちゃんの場合は、一度お墓参りをしたら、次の確認では、もう昇華されていたようで、それっきりになった。

ジャーちゃん曰く、家系のカルマを解放するという役割をもってきている魂は、大きな器がないと出来ないことだという。でも必ず、解放することは出来ますよ。という話だった。
なので、その為に、親と一緒に住んだり、近くに住む必要のある人もいるみたい。

親、家系の解放と言えば、まだ肉体を持っている者、すでに亡くなっている者とあるわけだけど、亡くなっている人については、こうして、私たちが移行に向けて精進していくことで昇華されていくと思うのでいいのだけど、まだ、肉体があっての解放は、関わりをもつことでしか解放できないんだね。それもそうだよな。

で、Gちゃんちの家系の話になり(すでにご両親は亡くなっている)、このシャーマン的要素って、どっちの家系なんだろうねー。とか話していた。
確かに、Gちゃんのお父さんにもお会いしてお世話になったこともあるけれど、宇宙の話とか飛び出すんだよな~。

「ね、もしかしてGちゃんのお父さんってチャネリングしてた?」

J:「そうですよ。でもエゴがそれを絶対に認めようとしなかった。」

G・私「え~~!そうだったんだ~。なるほど~~。」


で、Gちゃんのお父さんの過去の出来事などの話になり、よくGちゃんもお父さんの話が好きで聞いていたらしいし、若者がよく集ってきて、楽しそうにお父さんの話を聴きにきていた時期もあったそうだ。

「もしかして、Gちゃんのお父さんって、”博士”クラスになってた可能性もあったの?」

J:「そのとおりです。」

G・私「え~~~!!そうだったんだ。確かに、、、そうだったかも知れない。」

G:「うん、、、確かに、芸術面でも画家になりたいと思っていたときもあったしねー。」

「そういうことだったのか~。」



やっぱ、改めて、こういうことも聞いてみると理解が深まるなー。
ビックリするよ。(笑)

そんな、こんな、と話はいろいろと飛んだけど、ジャーちゃんと雑談に入り、

「ねー、ジャーちゃん、ジェフの身体に入って、コーヒーとか飲む感じってどんなの?笑」

J:「あれは、感覚で感じているんですよ。」

「ふ~ん。感覚で感じているのかー。」

J:「わたしは、ブッシュの愛犬の中にも入りましたよ。ドッグフードは食べませんでしたけどねっ!おしっこもしたし。」

「あはは~、あの時の話は面白かったよねー!! でも、首相クラスの集りのディナーの残りは食べたじゃん。」

G:「それは、一流のシェフの創ったものだから美味しいわー。」

「そうだ~。私も犬、、、、いや、、、犬の中には入りたくないか。笑。入るなら鳥がいいな~。空を跳べるから。」

G:「わたしも~。鳥ならいいよね。」


☆<参考>この話のシャウド(読むには登録、ログインが必要です)
クラリティ・シリーズ シャウド7
「切り離す」 アダマス・セント・ジャーメインによるシャウド
クリムゾン・サークル 2006年2月4日

【抜粋】
たくさんの人が、私がなぜ、それほど急に去ったのかと聞きました。トバイアスは、私が、国家首脳と、皆さんのブッシュ大統領との、ディナーの約束の時間が迫っているのだ、と言いました。そこで、何度も何度も、質問が出てきました。私は誰として行ったのか? ディナーの席では私はどうしていたのか? 何が起きたのか? 私はどんなことを聞いたのか? いったい、私は大統領に何を言ったのか? シャーンブラについて話したのだろうか? さらには世界中で進行しているスピリチュアルな変革についても話したのだろうか? 

いいえ、それはしませんでした、ええ。その夜のディナーの席で、私は実に、床におしっこをもらすという、喜ばしい機会を持つことができました。(聴衆、笑) 少しの間、別室に連れて行かれましたが、その後、スタッフの1人に再び連れ出されました・・・ ええ、私はバーニー(訳注:ブッシュ大統領の愛犬)として、犬として入っていったのです!(笑) ええ、というのは、息のつまる政治家たちよりも、犬にエネルギーを入れる方が、ずっと簡単だからです!(さらに笑) 以前はよく、スポットを通して入っていましたが、スポットは死んでしまいました・・・ ですから今は、バーニーを通して入ります - 素敵な子犬です。その時間は - 彼は本当に喜んでさせてくれます。ちなみに彼は、実際のところ、彼を通して私たちがワークするのを、とても面白がっています。私たちのエネルギーが部屋に入るのを許してくれるのです。ええ、私たちはそのために、何人かの人の足をくんくん、嗅がなければなりませんが。セント・ジャーメインという役割から言えば、私はそのようなことにはあまり慣れていないのですが(笑)、しかし - 私たちは実際、バーニーになり代わった時は、良い食事をもらうことができました。アルポやピューリナといったような、ありきたりの餌ではありませんでした。おいしいディナーの残り物をもらったのです。



という感じで、笑いながら終了ー。

少しずつ”天界”のお友達もわかってきて、出会いの時は、かなり賑やかになりそうだ。(笑)

*  *  *

【更新】お知らせ

→2010/1/20【アセンション完了】の確信
この時には、まだ、先が見えてきてない部分があり、その時の段階での話だった。
この時のブログの下の部分に、<メモ>として、自分のプロセス(2006、2007年くらい~)をまとめて書いてある。

また、新たに分かった部分のあるので、少し、追記をしました。

*  *  *

さて、いよいよ明日、引越です。
振り返れば、あっと言う間だったのかも知れないな~。

もう、最後に使ったものを荷造りするだけと、

あと、自分の持っていく荷物を造っておしまいっ!

こんど東京に来る時は、遊びで来るのかな?
明日は、上の娘のところに一泊する。
ayaちゃんの家はご近所さんだから、ちょこっと家に顔を見せてくれるという話だったんで、楽しみです。
リコと一緒に、お風呂も入る予定です。泣かないといいけどな。


東京でお世話になった、皆々さま。
心からありがとうございました。

全てに感謝!

って、またすぐブログを書くと思うけど。(笑)

引き続き、よろしければ、宜しくデスっ。

2011/2/22(火)晴れ



着いてみたら、昨日も、今日も、思ったより寒くなかった。
インターネット、、、、さすが、簡易的なものだけあって、遅いのが半端ないわ。(笑)
なんとか、WEBから、さっきブロバイダー申し込みしたけど、フリーズしたし、強制終了も出来なくて、コンセントから抜いたよ。(汗)少しの辛抱だ。

確かに、昨日は、午前中から引越し、最後の掃除(お世話になった感謝を込めて)、立会いの点検を無事に終えて、”流れ”も、そして交通アクセスまで、スムーズで、サポートを強く感じた日だった。ありがたかった。

時間に余裕があったので、羽田の新しい国際ビルにも寄れた。大きなひな壇が飾られていた。
途中、休憩し、お茶を飲んでいるときにGちゃんと話し、ひとつだけ、ジャーちゃんに聞いたことがあった。

「ねー、私って、チャネリングを他者にもするようになるの?」

J:「近い将来、チャネリングセッションも始めるでしょう。」

「そうなんだ、メッセージを受け取って、ただ動くだけかと思ったけど、セッションも始めるんだ~。じゃーメニューにも入れなくっちゃ!」


羽田を出発するときは、大きく赤い夕日がきれいだった。

新千歳空港から列車に乗り、窓から景色をみたら、思ったより雪も少なくなっていた。
ちょうど、昨日も今日も気温は、日中は高めで、アスファルトの部分は、もう雪はなかった。
でも、季節が冬というのもあるけど、”ピリッ”とした感じが、より空気が澄み切っているように感じさせた。

さすがに飛行機の中では寝不足と疲れが出たのかヘロヘロ気味だった。yoham(私の神)が、「少し寝なさい。」と言ったので、ちょっとだけ眠ることが出来た。

娘の家では、娘たちが元気で「おかえりなさい」と迎えてくれた。

「とうとう、また北海道人だね!」と笑った。

リコがさすがに重くなっていて、慣れるまで”微妙”な顔つきだった。

後から、ayaちゃんも来てくれて久しぶりにゆっくり話した。


今朝、Gちゃんからメールがあり、午後から、元のもう一人の仲間Iちゃんと3人で、急きょ札駅付近で、会えることになった。
”ハグ”で「ただいまっ!」「おかえり!」と再会を喜び会った。

それから、3人とジャーちゃんと4人?の会話になり、楽しいギャザリングになった。
涙が出るほど笑った。

今日「22222」の日の午後2時頃は、こんな感じ。(爆)

それぞれにいろいろ聞いたけど、いろんな話に飛んでいた。

でも、私のことは、旧姓に戻るかどうかの話。

昨夜、下の娘に、私の実家の姓名に戻らないか?と聞いたけど、カルマ(家系のクセのようなものと簡単には伝えたけど)のこともよく解らないし、「めんどくさい~。いいよ、結婚したときはどうせ変わるんだから。」

「そっか、、、、(それ以上言えないよな。カルマの話をここでした所で。)じゃ~、お母さんもどうしようかな~。」で話が終わっていた。

「ジャーちゃん、○○は、名前変えないっていったよー。○○家は、かなり重いんだよ。(汗)、、、私もどうしようかなー。」

J:「確かに重い。でもその魂が、自分で開放する(背負う)ことを選択したのなら、それでいいんですよ。魂で決めているんですから。そして、○○は、強いです。カルマがあっても、跳ね除けるだけの力はあります。」

「そっかー。確かに強いとこあるけどさ。でも娘たちにはカルマを残したくなくて宗教(過去)もやってたのに、、、。私も、○○家のカルマは大分、解放はしたんだよね。」

J:「もちろん。」

「でも、娘の”出会い”だって変わってくるでしょ?」

J:「変わりますね、、、」

「そっか、親の気分としては複雑だけど、子供の力を信じるわ。ところで、私は、○○が名前を変えないなら、面倒だし、このままでいいんでしょ?」

G:「あんねー、違うんだって!新しい名前(姓名)に戻ることで”生まれ変わる”ってことらしいよ!!」

3人:「うわ~、そうなの?!」

「私、”生まれ変わる”んだー!!じゃー変えよう!!」

「そんな意味があったのか!それじゃ、先日仲間から”姓名”を旧姓に戻す話しを聞いたのも”サイン”だったの?」

J:「それも”流れ”です。」

「そうだったのかー。」


あと、何だったかな?

先日、"饒速日命"の話のところにリンクを貼ったけど、
→11/2/20【友、饒速日命を思い出す&確認(ワーク、親のカルマなど)】byGraceさん

そのリンクで、昨年10月のことで夢の中で数字の”111111”を見た、というのがあった。忘れていたけど聞いてみた。


「あの数字の意味はなんだったの?」

G:「アンドロメダ銀河に関係していたらしいよ。」

※なんか、この数字”2進法”がどうの、って言ってたけど、2進法って「0」と「1」だよね。とIちゃんが言った。でもよくわからん。

「あ、そうだったんだ。じゃ、これから分かっていくね。」

G:「うん、そうみたい。」


そんな話を聞いて、あっと言う間に時間がすぎ、旭川行きの高速バスに乗り込んだ。今日、みんなに会えて楽しく過ごせた時間も”祝福”だったんだなー。と感じた。
途中、たくさんの数字のゾロ目を目にした。そう言えば、東京に来るときも、ハンパないゾロ目の数だったことを思い出していた。

でも今日の最初と最後の〆の数字は「555」だった。(笑)

何とか家に着き、母に迷惑をかけたこと、今後お世話になる挨拶をした。
あとは、普段のように、過ごした。

と、、、思えたが、、母のことではなく、着いたとたんに色んな事が動き始めていて、明日、引越しの荷物を受け取ったあとに、再度、札幌へ向かうことになった。(これは、かなり希望的な兆候で。)

これが「555」の意味したことなのかな?

24日に用事が出来たのだけど、明日23日は、夕方のバスで娘の所に、また戻る。

25日は仕事(パート)の面接日だし。

市役所の手続きや、姓名の変更なども、その後になりそうだ。

詳しいことは、もっと見えてきたら書こうかな。って思う。



”流れ”がどんどん、やってくる。”流れ”の中でワクワク。

すべてに感謝!


2011/2/27(日)曇り時々雪



いや、、、久しぶり。って言うか、一度、その後のことを書いたのだが、書き終え、ほっとして”保存”かけたら、いつの間にかネットが勝手に切断されていて、書いたものが全てパーになってしまったのだ。(時間が経ちすぎた)
腹が立つのと、落胆と、、しばらく放心状態だったけど(笑)

「良いことも、悪いことも、全て受け入れて流す」を呪文(笑)のように言いながら、その日は寝た。


そうそ、この簡易的な接続は、注意が必要だ。いつもの調子でいたら思わぬとこで何があるか分からん。

さて、何だか、ここ数日にあったことをどこまで思い出せるのか、、、。
☆前回→11/2/22【北海道上陸~新しく生まれ変わる場所】byGraceさん

って言うか、正直、いくら新しい環境に早くなれるのは得意のわたしでも、約30年ぶりの母との同居とか、暖かい場所から寒い場所への変化は、かなり、予想以上に戸惑いが多い。

いかに、”自由”だったのか、”便利”な生活だったのかを、今、思い知ってる。

ただ”知っている”ことを理解しているので、それに対して、全く良い悪いがないことも知っている。もっと先になって、より多くの理解を得るだろうことも含めて。
※なぜ、”ここ”にいるかとかなど。

自分のメモとして、ここ数日の生活や、Gちゃんとの会話、チャネリングも含めて書いておこうと思う。


-2/23(水)~2/24(木)晴れ

この日は、実家で、引越しの荷物を受け取り、すぐいに高速バスで札幌に向かった。

Gちゃんが、札駅で待ってるよ~。とメールが入ったので、一緒に食事した。
一気に流れが出てきててビックリだったけど、何事も”流れ”、すぐに結果が見えるわけでもない。すべてが神聖なタイミングによって”最善”の時に現れる。でも、その1歩であることは、間違いないだろうと思う。

→09/7/5【何も変える必要はない】-3【謎のカフェ③】
【預言カフェの内容の一部】
あなたが、、う~ん、、、もう少し行ったところで、何かに対して立ち向かう?
え~そして、何か奪われていたものを、、、奪い返すという、と言うんですかね、、、回復するというか、そういう所を通っていくでしょう。と主が言われます。

もう、すでにあの人に何かによって盗まれた、奪われた、、、。でも、あなたは、もういいよ。とあなたは、思っているかも知れないですけど、主ご自身が、もう一度あなたの手にそれを回復させる、と主が言われています。
 
その時、あなたは、神様の智慧をしっかりと戴きながら、その事に直面し立ち向かうことが出来る、、、そう言う勇士としても、、、あなたを立たせて行きます。と主が言われています。


もしかしたら、今回、動き出していることと、預言カフェの内容が関係しているかもしれない。


そんな話をしたあとに、前日の”ワーク”を確認した。
お布団に入って、ぬくぬくだったけど、瞑想状態になったら、また手の中に前回のような”四角い箱”を感じたのではなく、手のひらを上の向け、親指と人差し指の間に、なにかを持っている、、、もっと大きなもの。

G:「それってさー、石のような、剣のようなものじゃない?」

「うん、そんな感じだよね。でも指の間に乗ってる?持ってる?感じが分かるんだよ。ジャーちゃんに聞いてみてくれる?今度のはなんだろう?」

G:「それは”魔法の杖”ですよ。って言ってるよ~。笑」

「え~~、マジ???(笑)超うれしい!!魔法の杖なんだ~!やった~!!面白い~。」
☆錬金術のことはこちら→11/2/18【高次のエネルギーを感じることと錬金術の繋がり】byGraceさん 

「ま、昨日も、何かわからないけど、”それ”を感じたあとに、全身に”高次のエネルギー”を回したら、案の定、寒くなってきて冷えてきたから終了したよ。これって、どの位まで続けていくんだろ。まだ、古いエネルギーも残っているのかな?冷えてきたら、長く続けていられないからね。少しずつ?」

G:「まだ、しばらく、、。だって。そして、これも慣れてきたら自然に抜けていく?自然に出て行く感じだよ。」

「そっかー。今は続けていくわ。」

※何気に”錬金術”面白いし。

「あ、、、そうそう。ダウジングでは確認していたけれど、上の娘の引越しは私がサポートしていくことになるんだよね。」

G:「うん、そうみたいだよ。」

「そっか、よかった。」



それから、娘の所に向かい、翌日24日は、朝から夕方まで。
バスに乗る前に食事をしてから乗った。何かと出てることが多く、動いているせいかお腹も空いたりして。(汗)

こちらに着いてから暖かい日が続いているので助かる。
雪が解けて、24日の夜には、旭川も雨が降った。
さすがに、疲れも出てきているけど、なんとか家についてから、自分のPCに実家のプリンターを繋げ、履歴書なども無事印刷できた。準備万端。

あとは、面接。


-2/25(金)雪時々晴れ

朝、居間のテーブルの上に準備してあった履歴書を母が見ていて、起きて下(居間)に降りると、母の顔つきが違う。

職務経歴書のところで、最近の履歴で、「ヒューマン エンジェル」でカウンセリング・ヒーリングなど、”実家に戻るために、一旦休止”と書いてあったのが、母の疑惑、怒りに触れたようだ。

「あなた、どういうこと?まだ、こんな事を考えてるの?どうして、もっと地に足のつけた生き方が出来ないわけ? こんな”ヒーリング”だかなんだか訳のわからないこと!」

頭に考える前に、もう言葉が出てきた。
”ヒーリング”については、母も一度体験していて不思議に感じたことはあるのだけど、マインドが認めない。でも目には見えなくても、理解できる人はいるし、求める人もいること、その流れでリフレの話にもなり、エネルギーの流れ、滞りを解消することで、予防にもなる話、ただ、単にリラクゼーションだけではないと話した。
これは、先日、ジャーちゃんとの会話で、すぐに思い出せた。
☆リフレの話→11/2/14【リフレクソロジーを始める意味】byGraceさん 

「あなたの”うんちく”には、ついていけないわ。」

「それだけじゃなくね、もうこの年で、どこに定年まで使ってくれるところがある?(この土地で)
私は、ずっと、バイトを掛け持ちしながら生きていくわけ? 私たちの年代は、年金がもらえるかどうかも分からないんだよ。」

「・・・それはそうだね。」

「私は、資格をもっているだけ、同じ年代の人には羨ましがられるけど、実際、同年代の人は不安をもっているよ。せっかく、資格をとって、やらなければ、どうするの?と言うし、やろうとすれば止めるし、どうすればいいんだろうね!」

「・・・わかった。」

それから母は、このことについては何も言わなかった。
こうしたやり取りひとつひとつでも、言い過ぎただろうか?とか悩む。
母の言いたいことは、私のこれまでの事から、言わざる得ないのもしっているけども、かといって、言いなりになることでもないと感じた。

午後から、指定の時間へ面接へ向かい、感触は良く感じたけど、これも全て委ねの中。
結果は、1週間みてほしいとのこと。来週の4日金曜日までに連絡があれば採用という話だった。

その後市役所に行くために、バスの停留所へ向かった。
このバス停でよいのは、母に聞いて間違いはないのだけど、来たバスが市役所の方面に行くのかが良く分からなくって、雪が降って寒い中、フードをかぶり、まず最初に来たバスを確認することが出来ないまま、ただ見送ってしまった、、、。

「yoham~、どうしよー。分からんぞ~。汗」

すると、少し待っていると、ひと目でわかる「市役所行き」のバスが来てくれた!

しかも、「444番」のバス!(爆)

「yoham~ ナイスだわ~~!!」

後から、母に聞くと、最初のバスに乗ってしまったら、まったく別方面へ向かってしまったらしい。「あ~よかった~。」

車が使えないと、本当に、いくら地元でも、こういうことに慣れていない。父の生前は、車があったので、たまに来ても借りてどこでも行ったのだが、、、、。

そんなこんなと、市役所で「転入届」と、その近くにある警察署で、免許証の住所変更を無事に終えた。
名前、「氏の変更届」は、札幌に「戸籍謄本」を取り寄せてからになるかな?

帰りのバスも、時間より遅れて来て、この寒さに耐えるのは、「修行」か。と思えるほどだった。
ここに、住んでるときは、それが「普通」のことで、実際、住んでる人にとっては、「あたりまえ」のこと。
でも、環境がガラっと様変わりした私には、まだ、馴染めない。徐々に慣れるしかない。

この日の夜、

母とのことなど、Gちゃんと話したときに、ジャーちゃんに確認した。

J:「それでいいですよ。相手も学びが必要です。」

そうなんだよな。まだ、独身で若い時とは、もう違う。

傷付けたくないからと言って、自分の信念を曲げることではない。デリケートな部分で、私と娘たちの関係とも、また違う。 そこが、母との新たな関係、カルマの解放なのだろう。

「あ、、、そうだ!Gちゃん、この前、”魔法の杖”の話あったでしょ?石で出来てたっていったけど、その”石”は、なんの石だったのかな? 私は、感触だけで、色までは分からなかったんだ。」

G:「あれは、ジャーちゃんが見せてくれたんだと思うけど、あの石はね、”ローズ・クォーツ”だったよ。だから、あの時、今後、○○ちゃんは、”愛”で生きていくんだな。って感じたんだよ。」

「大天使アリエルが出てきたときも、調べたらローズ・クォーツって書いてあったけど、関係あるのかな?」
☆その時→
10/6/15【歓喜の祝福~Oneのファミリーなど】by aya
10/6/18【ひとりごと:メッセージから気づいたこと】

G:「サポートはあるかも知れないけど、今回のはまたちょっと違う感じ。」

「そうか。次のステージでは、”愛”そうなんだろうね。、、、ってことは、先日、ayaちゃんとの電話の時に、ayちゃんのエネルギーの滞りを逆噴射のように出したのも、私がやったってこと?!」
☆その時→11/2/19【時間の幻想&瞑想の確認】By ayaちゃん

G:「そうみたいだよー。○○ちゃんがやったみたい。」

「ええ~~~っ!!そうだったのかいっ!!」
※yoham(私の神)がやってたのか。

「すごいね~、”魔法の杖”をもらって。」

J:「”魔法の杖”は、もらったんじゃありませんよ。あなたの中から出てきたんです!!」

「あはは~~、そうなのか。私の中に埋もれてたってことかー!!笑。面白い~。やっと、出てこれたんだー。」

「そっか~、なるほどね~。」


で、昨夜、思い出したけど、この”ローズ・クォーツ”と言えば、昨年、”夢”の中で見ていたけど、ずっと繋がっていたんだな。って感じた。
☆夢については→10/4/5【ローズクォーツの山(斜面)の夢】


-2/26(土)雪

さすがに、毎日出ていて疲れていたのだけど、新しい仕事では、”黒のパンツ”は自前で用意が必要だとわかった。1本は、もっているけど、洗い替えに、もう一つは必要だった。その話を前日の夜にしていた。

「ね、この近くに”ユニクロ”ないかな~。」

ちょっと離れた郊外にあるらしい。バスは、2本乗り継ぐことになる。

なんか、その辺りで行く気が少々失せたけど、母が、道案内がてら一緒に行くという話になり、しかも「これから行こう」というのだった。 

これも”流れ”か、、、。

母も、チラシを見て、この辺りね。くらいの感じで「まかせて」的だったのだけど、バスを降りて雪の中、歩くもナカナカ着かない。方向は当たっていたけど、バス停からの距離に誤算があったらしい。(笑)
母も、”ユニクロ”なんて行かないからねー。

殆ど、無言で、寒く、冷たい中、黙々と二人は歩いた。(爆)

「やっぱり、これも修行みたいなもんだ。」

自分がなぜ、こんなことをしているのか、こんな体験をしているのか。などが、頭から浮かんでは消えた。

なんとか、黒のパンツを調達し、もっと近いバス停があるはずだ。と表通りに出たけど、まだ、かなりバスが来るまでに時間があって、じっと待つくらいなら、歩いたほうがマシ(身体を動かしていたほうが暖かい)。とまた二人で、結局、来るときと同じくらいの距離を歩いた。

歩くのに、こっちだと、使う筋肉も違う(氷で滑らないよう緊張して歩くから)し、寒さで身体を硬させるので、なんか、全身に疲れを感じた。

帰り、バスの乗り継ぎで一旦街で降りた。母には悪いけど、久しぶりにデパートとか見てから帰るといって、母には先に帰ってもらい、私は、タバコを買って、ドトールを見つけたので入った。

この安堵~、安らぎ~、なんとも言えない、馴染み深い空間、時間に、正直”ほっと”した。

「は~~~」って感じ。(笑)


今日は、Gちゃんも引越日、、、ところが、引越の予定時間がかなりズレ込んで、途中、Gちゃんも新居のほうで、”待ち”時間があった。

その時に、Gちゃんから電話があって、ジャーちゃんに、ジョークで聞いた。

「これって、修行みたいじゃん!笑」

J:「そのとおりですよ。 これも修行です。」

「あはは~、ホントにさ!」

J:「どんな環境でも、ブレないようになる為、出来るようになる為ですよ。」

「そうだね、でも、私、核が少しブレてるかも。自分じゃ分からないけど、なんか、自分の家と言う感じがしないし、どこにいたらいいのか、何をしたらいいのか、、、なんか、くつろげないのさ。超三次元?笑。Gちゃん、見てくれる?」

G:「うん、確かに、少しブレてるかもー。瞑想とか出来ない?」

「やっぱりねー、、、。夜、寝る前にはやっているけど、最近、途中で寝てしまう。」

G:「そっか、疲れてるんだよねー。確かに、少し重いって~。汗」

「そうかも、、、。環境に慣れるまでだろうけど。どうも、テンションをどう上げてよいのかよく分からんわ。笑。」


ま、後から考えてみたら、マスターであれば、”環境”に左右されないだろうし、どんな場所、状況でも関係なく、”自由”で、高次からのメッセージも受け取ることが出来るようにならなきゃならないんだな。これも、”訓練”の内なんだな。って感じた。

本来、いや、実際にどこにいたって私は”自由”なんだよ。
意識の持ち方なんだろうな。 これも、訓練していく内に、”自由”を感じていくだろう。
たぶん、”宇宙意識”に入っていったら、周りに捉われることもなくなるのだろうね。

今回、Gちゃんも、駅近で、とても環境いいところから、少しの間の仮住まいであっても、ちょっと不便を強いられる。 お互い、この時期(状況を受け入れ)を通過しながら、新たな展開に委ねていく。ということでは同じだ。

時には、戸惑うこともあるかも知れないけど、全て真の自己を信じて”流れ”に身を預ける。


-2/27(日)

今日は、こうして一日外には出ないで、ようやくブログ(メモ)も書けた。

母は、日曜礼拝がある。

少しダンボールを片付け、掃除をした。もう、これ以上片付けは無理だな。しまう場所もない。いくら元は、自分の部屋だとしても、もう昔の部屋じゃないもんね。

この環境も、どう変わってくるのか、どんな展開でサロンが出来るのか。

まだまだやることがある。

「氏の変更」にも時間が多少かかるだろう。
HPのことも考えていかないと。
リフレクソロジーの練習も、少しずつ。

母も、私のこと、同居することも含め、その為に、友人との旅行も諦めたらしい。サプリメントなどの使用も、やめたらしい。

「その分、身体で返すわ~!!」←リフレ(足裏マッサージ)と伝えたけどね!

とにかく、目の前のことをやっていくだけしか、今は考えられないな。
それで、良いのだろうし。それしか出来ないし。(笑)

でも、三食があたって、屋根のある部屋で暮らして、お風呂にも入れて。ネットも出来るんだから。
母の愛も含めて、ありがたい。

全てに感謝!!

2011/2/28(月)晴れ


今日は、寒かったけれど、とても晴れていて気持ちがよかった。
月末で、支払いもあるけど、母のおかげでなんとかなってる。
東京のマンションの敷金の残りは、少しは戻ってきそうだったし、その後もなんとかなるだろう。(必要なものは準備されているし。)
その内に、バイト代などで自分でまかなえるようにもなっていくしね。

「氏の変更」のほうはゆっくりと進みそうだ。全てはタイミングなので、焦らず委ねていこうと思う。
電話で問合せてみると、私が旧姓に戻ると、自動的に娘も氏名が変わってしまうので(同意していれば別だけど)、まず、娘(成人しているので)の分の戸籍を、「分籍」した上で、「氏の変更」を行うと、手続きが出来るそうだ。
娘にも区役所など行ってもらわないといけないので、申し訳ないけど、ここは一つ協力してもらうしかない。

始めての手続きは、調べていかないと本当に良く分からないものだ。

今日は、用事を足しに母と出かけた。
行きは母と一緒だったので、用事を足しながら、”街”の方面へ向かった。
途中で母と別れて、そのまま”街”のほうへ歩いた。

昔は歩いたら、もっと遠くだったように感じたけど、結構、家から近い。
東京で、新宿駅まで歩くよりも、もっと近い、30分もかかってないかな?(かなり近いよね)

雪が降っていれば別だけど、内観するにも、縮小、拡大するにも、丁度いいと感じたので、帰りも歩いて帰ってきた。

歩きながら、私はどこに居ても、「私は私だ。」「あるがまま」で居ればいい。と感じつつも、、、。

とは、言っても、先日、ジャーちゃんが言っていたように、母に対しては、

「相手の意識に合わせて話なさい。」※言葉を選ぶことも含めて

って、ことだよな~。

なぜ、改めて、こんな事を感じながら歩いたかと言えば、親子と言えど、礼儀も必要だし、節度だって必要だと思う。ただ、どこまで、のラインが掴めないのだ。
で、変なところで幼い頃のトラウマまで出てきたりして。
でも、長年経つことで、お互いに変化してきたのだということを認識していないとな。と内観して感じた。

家に帰ってみると、小さな頃からお世話になっている”おばさん”が来ていた。
もう、殆ど親戚同然で、母の信仰の友(おばさんから勧められて入信した)であり、姉妹のような、私にとっては、もう一人の母のようなものだ。
二人共、年齢より精神的には、話すことは若い。見かけも若々しい。
そういう意味では、教会の行事や、多くの人と接する時間も多いからなんだと思う。

その、おばさんには、私のことで心配かけたり、旅行を母がキャンセルすることになったことを丁寧にお詫びした。

でも、おばさんも息子、娘さんは結婚して本州にいるし、うちの母同様ひとり暮らしをしていたので、両家の子供達(私たち)にとっては、”おばさん”が側にいてくれるから、”安心”というのは、暗黙の了解のようなものだった。

その”おばさん”が、「一人、若い人(?)が帰って来てくれたことで、われわれは、心強いものなんだよ。だから、今後、何かあればたのんだよ。」と言ってくれた。

母は、そういったことは、流れが流れだっただけに、絶対に口には出さないけど、やはり老人の一人暮らしは、心細いものなんだろう。
かと言って、私が東京で、例え一緒に住もうと呼んだとしても、絶対に来ないんだけどもね。

でも、そう言ってくれたおかげで、私の気持ちが”楽”になった。(おばさんにも、伝えたけど)

こっちに来て、なんか始めて以前に、ガーディアンエンジェルGrowthが言っていたことを思い出した。

☆その時→10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya
「あなたは、望まれる場所に行きますよ。」
「あなたを求め、愛のマスターを求め、多くの人が来ます。」
「マスターとしての過渡期の独立が来ています。」
「ですから、これからの仕事(お役目)のために、しばらく休憩があるかもし
れません。」


ま、この「望まれる」という意味は、なにも、母やおばさんだけのことではないんだけども。

なんか、自分が帰ってきたことで、確かに母にすると”安心”はあるかも知れないけど、お互いに、一人だった生活から変化するわけだから、私のために食事に気をつかったりと、、、実際にどうなんだろうか?無理してないかな?なんて、こちらにすると、細かいところまで気になって。

一人より、確かに二人で食事するほうが楽しいけどね。
いろんなことが、喜びになってくれればいいな~と思ってさ。

私も、余計なことまで考えてしまったり、、、。でも、結局、私が余計なことを”手放し”ていけば、母も、鏡なんだから、いいんだよね。ってことだ。

感謝はいつも忘れないようにしたいし、出来ることは手伝うし、その辺りのお互いの呼吸も、今日になってようやく少し掴みはじめたかも知れないなー。ふ~~。


母も、どちらかと言えば、”新しいもの好き”なタイプなので、一時は”アロマ”とか興味もったりしてた。おばさんも同様、似たようなところあって、”足裏マッサージ”なんかも好きなので、さっそく、今度、練習のために、”足”を貸してと頼んでおいた。

で、あばさんが明日に、私が帰ってきた”お祝い”に昼にご馳走でも食べに行こうと言ってくれた。
「なんか、”お祝い”って言うのも変だけど、何かにかこつけて、食べに行くのもいいでしょ?」とおちゃめに言った。

なので、明日は、3人で、和食ランチに行ってくる。


先日、こんなことも、ジャーちゃんと話したっけ。
※もし、ダブって書いていたら、ゴメン。

*  *  *

【セント・ジャーメイン】byGraceさん※書き忘れの分

「母がね、勝手に、私宛ての請求書とかを開けてしまうんだ。でも、私は言えないの。それは、不安から、心配から、おきている行動だと思うから。」※昔からそんな所は無頓着だったかも知れないけど。

「ね、ジャーちゃん、これからの時代は、”オープン”になっていくんだよね。テレパシーでお互いが分かるようになったら、隠し事自体がありえなくなるんだもん。だから、私は、母との間も、オープンでいるほうがいいんだよね。」

J:「そのとおり。 隠し事も必要ない。隠されてきたことは、いずれ明らかにされていく。」


私は、ここで、”隠されたことは???”で、あれ?私、まだ母に隠している借金は、、、(汗)あるといえばあるか、、、。それが全部わかっちゃうの?と言う(サポートを受け取ってきた話とか細かい部分の)意味ではなく。(この辺りは、見事に解決(返済)もできる時はくると感じているし。)

たぶん、ジャーちゃんは、私のブログで書いてきたようなことも含め、世界、世の中全体の意味で言ってたのか。と後で思った。

で、、、

昨日、書き忘れていたけど、Gちゃんに先日確認したとき、今後、サロンの内容のことで尋ねた。
「他のアチューメントとか受けたり、ツールを増やす必要ある?」と聞いた。

G:「ジャーちゃん、首をブンブン横に振ってるよ~笑。必要ないみたい。」

「そうか、シンプルにやっていくんだね。」

「で、今の状態でいいんだろうかー?」

G:「マインドにハマらなければ、いいみたいだよ。」

「そこね~、マインドが沢山出てくるときは、やっぱ、”核”もブレてるんだよね。きっと。」


そういえば、先日、ayaちゃんと話していたときに、ハイアーセルフに”核”がブレるってどういう状態なのかを聞いたらしい。

”核”の前には、”中心”という状態があるけど、中心は、小さな円形という感覚があり、”核”になると、それは”点”のいようなものになる。

ayaちゃんが確認したところ、

「実際に”核”がズレる、という事はないのだけど、”核”自体が、分かりやすく言えば、卵のような感じで、中には、卵黄のような部分があるらしい。なので、卵の殻から飛び出すことはないらしいけど、卵の中で、卵黄が動く。その状態が”核”がブレた状態。っていう感じらしいよ。」

と言っていた。なるほどね。

本当に、”核”は、ドンとしているのがわかるのでズレてないのは分かる。(私の感じ方では)

でも、その中で、微妙にブレているのは、とても分かりにくい。殆ど、自分の肉体で認識するのは出来ないけど、自分のマインドの状態とか、ハートの開き具合とか、認識できる事柄を通して、「もしかしてブレてるのかな?」という感じで分かるくらいかな?

もちろん、ひどく肉体も疲れているとか、混乱などしていたら、たちまちブレてしまうということはあるかも知れない。

なので、その辺りも、自分で管理していかなきゃならないんだよね。
例え、ブレても、大きく道がズレることはないだろうけど、”真の自己”とコンタクト取りにくくなってしまうからね。

”核”は、いつブレたのか、いつ納まったのか。って”中心”のときと違って認識しにくいな~。

*  *  *

他にも、書き忘れていることもあるかも知れないけど、思い出したら、またメモのために書いておく。

そういえば、、、、昨夜も瞑想中に寝てしまったんだけど、手のひらに、ビーチボールのようなものがあったかも。

”水晶玉”???

先日が、”魔法の杖”だったので、それで充分。って感じで、何も期待してなかったんだけどな。
残りの古いエネルギーの解放から起こる”冷え”は、軽くなってきたかも。昨夜は、”冷える”までではなかった。

Gちゃんも、引越後でなにかと大変なので、今度、時間のあるときにでも聞いてみよう。

*  *  *

ayaちゃんが、大きく前進?
まだ、詳しくは分からないけど、、、

なんか、とても身近なある人に「気づき」のきっかけがあり、その流れで、自分のスピリチュアルな部分の扉をその人に開いて話したら、、、(受け入れてくれた?)
今まで滞っていた部分がイッキに解放された感じで、ナント、翌日には体重が5Kgも減っていて、顔つきまで変わったとメールが来ていた。

ayaちゃんって、面白いんだよな~。私はダイエットの信念体系を外してからは、めったに体重計には乗らないから分からないけど、ayaちゃんって、チャネリングした後や、エネルギーが入ったりしたら、いつも体重に顕著に現れるんだよ。

太ったとか言っても、それが、脂肪かエネルギーなのか、ホント分からないよね。

私も、食べなくてもプーと太りだしたり、とつぜん痩せたりという時期もあったけど、5Kgって、いったい、どんだけ溜め込んでたものやら。(笑)

とにかく、大きく”解放”したのは間違いないみたい。

全てが、”完璧”だね!!

*  *  *

なんとなく、、、今日の夜は、少し”軽さ”が出てきたかもしれない。
そんな感じ。


全てに感謝!

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。