FC2ブログ
2010/12/30(木)曇り



さて、明日はとうとう大晦日ですね。

【 B L E S S E D  B L I S S 】さんからの転載です。

こちらのサイト管理者であるCOKOさんも、以前に何度もさまざまな
病を体験され、その体験から多くの学び、理解を得られ、今では、
このような体験も感謝で超えられている方の一人のようです。

私は、精神的な不調和から、いろいろな症状は体験していますが、
大病を患い、入院する体験は、今生ではしていません。

でも、病を通じての学びは、時には痛みなどを伴う場合は、とくに
辛く、厳しいプロセスになります。
私は、数年前に父を末期ガンで亡くしてますが、近くに、愛する人
がまた病を患っている場合もまた、いろんな感情を通過しますね。

今、年末にあたって心の整理をする時期ということで、下記のメッ
セージの翻訳、アップをして下さっていました。

感謝。



『病いと健康』 - イェシュアからのメッセージ

親愛なる友へ。
私はあなた方を思いやりをもって迎え、
あなた方全員に愛を送ります。
私は、あなた方をとても愛しています。
私は、あなた方に混ざり、ここ地球上にいた時に、
あなた方の多くを知っていたので、
あなた方への愛は、現存しているすべての人々だけではなく、個人的にも心に
届きます。

このセッションの始まりに、
パメラとゲリットは、私がスピーチさせていただくテーマを尋ねました。
彼らに言いました。
「それは重要ではありません。私はちょっと彼らと共にいたいのです。」と。

私は単に、あなた自身の素晴らしさを、あなたに思い出させる私のエネルギー
で、あなたに触れたいのです。

私のエネルギーが、あなたに広がることで、
あなたの内部に明快さの炎、あなたの真実の炎を感じることだけが、
私の唯一の目的なのです。

それは、キリストエネルギーの本質です。
私は早くから、この炎の媒介でしたが、今が、あなたへ松明を届ける時です。

内側で、あなたが何者なのか認めることは重要です。
あなたは、あなたのままで、この松明を持っています。
そして、それを世界へ示すその時が来たことを、あなたは悟らなければなりません。
世界がそれを待っているので、
それを世界へ示すその時が来たということをあなたは悟らなければなりません。

それは変容の時、光と闇両方の多くの側面を示す、大きな変化の時です。
人々が、幅広い視野も持ち、冷静で穏やかなマインドの状態で、
すべての光と闇の表明を見つめることができ、
裁くことなしに、愛で存在することができるための時は満ちました。

今日は、病気と健康についてお話します。
しかし、いいですか。
基本的に、私がここにいるということをあなたに感じさせること、
私が、あなたと等しいということ、あなたが、私と等しいということを、
あなたに感じさせることが私の関心ごとです。

我々は一つです。
我々は、光エネルギーの特定の保持者であり、
我々は長期間、このエネルギーを、地球にアースするために、定着させるために、
多くの生涯で、連続的にずっと働いています。
それはあなたの仕事です。それはあなたの任務です。

仰ぎ見る誰かとしての私を、手放す時が来ました。
私は、あなたの兄弟であり友人です。
あなたが従わなければならないマスターではないのです。

私は、愛と真実のエネルギーで、あなたを包むことを望みます。
それが、私がすることのすべてです。
今、あなたがあなた自身に立ち返り、あなたの松明を輝かせるのです。

病気と健康…これは、遅かれ早かれ、人々の生活の中に起こるテーマです。

まず最初に、病気とは実は何なのかということについて、
お話しさせていただきたいと思います。

すべての病気には、霊的な原因があります。
あなたの持つ、それぞれに異なった身体に、
区別をつけることでそれを説明しましょう。

あなた方全員の目に見える肉体の他に、感情体、メンタル体、
そして、あなた方の多くが、霊体と呼ぶ何かを、あなたもまた所有しています。

病気は主に、感情体で始まります。
ある一定の妨害物が、物質的なレベルの肉体にそれら自体が溜まるのはここからです。

しばしば、感情的な妨害物が成長した結果による、
メンタル体からの観念が、一因になります。
このようにして病気は表明します。

私は、非常に根深い観念、または考え方の習慣についてお話しています。
しばしば、それらは、
あなた自身に関しての善悪とは何か、ということについての観念のことです。

判断とは、文字通り、
あなたの感情的なエネルギーシステムに妨害物を作ります。

妨害物が生じるそれらの場所
(感情的なエネルギーが自由に流れることを許さない所)で、
幾分暗いエネルギーは、オーラに見えるようになります。
これは、体に沈下するエネルギーといってもいいでしょう。

いつか絶対的にこのプロセスを踏む必要は、必ずしもあるわけではありません。
感情的なバランスを取り直すための、十分な機会があるのです。

一般的に、あなたの感情は、
あなたのエネルギーが流れていない時に、あなたに知らせます。

そして、あなたが、それらのメッセージと敬意に向けて、
あなたの注意を向けない時に、妨害物はリリースされます。

たとえば、あなたが特定のことをするたびに、
狼狽(心配・焦り)または、怒りを感じるかもしれません。

もしあなたがそれらの感情を、感情をもっと注意して見たならば、
それらは、あなたが何者であり、そして、
そう在りたいと誠実に断言しないことを、自分自身に強制しているのだと、
あなたに伝えるでしょう。

けれども、もしあなたが、体系的に自分の怒りを無視し、
本当は感じがよくないことを自分自身に強いるならば、
その時、感情は密かにそのように話しかけるのです。

それは、あなたの認識からそれ自身を移動させ、
あなたの肉体の中で、それ自身を表現します。

抑圧された感情は あなたに聞かれるのを望むエネルギーなのです。
それが体を通してそれ自身を表現する時、
それは肉体的な訴えとして、表明するでしょう。

一般的に、肉体的な訴え、または病気は、
あなたが十分に認識しない、あなたの内側の感情に属する示唆なのです。

肉体的症状は、別のレベルで、あなたにそれが見えるようにし、
このように、実際にあなたが妨害物に接触するよう助けるのです。

このように、肉体的症状、または痛みは、魂の言葉なのです。

魂は、そのパーツすべての間で、十分なコミュニケーションを切望します。
魂は、エネルギーの自由な流れと、
それ自身のすべての面の連続的なリニューアルがある時に、幸福を感じるのです。

妨害物は、自由に流れているエネルギーを妨害し、魂を落胆させるのです。

病気はこのように、
あなたが必要とするヒーリングをあなたに示す、指針の機能を持つのです。

にもかかわらず、病気は、あらゆる種類の病気や痛みによって、
あなたが悩まされるという感覚において、ネガティブであるように見えます。

その解答となるのは、メッセージまたは道しるべとして、病気を解釈することです。
それに抵抗する代わりに、病気と協力することでより(解決が)簡単になるのです。

魂は、たくさんの方法で、あなたに伝達します。
その魂のお気に入りの方法は、あなたを通してあなたの直感に話しかけることです。
ハートのトーン、予感、ソフトなささやきを、十分に感じることです。

もし、あなたがこのように接触できないならば、
あなたの感情によって、警報を出されるでしょう。
その感情は、より騒々しい言葉で話しかけます。

それらは、感情的な抵抗に火をつけることで、
あなたが内側を見て、見つけ出さなければならないことを、
ハッキリとあなたに見せるのです。

あなたが、激しく感情的に影響を与える時は必ず、
あなたは、それが何故なのか、何なのか、その意味を見つけ出すことを、
必要としているのです。

もしあなたが、静かになって注意深く耳を傾けるなら、魂はあなたに教えるでしょう。
もしあなたが、あなたの感情に反抗するか否定するなら、
魂は、あなたの体を通して、あなたに伝えるでしょう。

体は、あなたの感情、フィーリングや考え…
まさにあなたが理解する物質的(食物や液体のような)ではないものに、
非常に敏感な知性的な存在なのです。
体は、伝達者であることを意味したのです。

それは、ただの魂の入れ物ではありません。
それは、魂が表現することと、
問題についてそれ自身を知ることを助けることをするための、知性的な機能なのです。

もし病気として、体を通してそれが表現されたら、
どのようにあなたの魂の言葉を理解することができるでしょうか?

それ自身が病気を表明する瞬間、
あなたに伝えられたメッセージは、ハッキリとしていないかもしれません。

実は、あなたが持つ否定された感情を、長期間一貫的に表しているのです。
そういうわけで、あなたの病気が、あなたに語りかけることが何なのか、
明らかではないのは当然なのです。

病気とは、霊的に意味することを理解するプロセスなのです。
それは探索…あなたがコミュニケーションプロセスを徐々に取り戻す内なる旅なのです。

この旅に乗り出すために、
あなたはまず、あなたの病気を受け入れなくてはなりません。

病気への最初の反応は、しばしば拒否か抵抗の一つです。
それがあなたを怖がらせるので、できるだけすぐに病気が消えることを好むでしょう。

あなたは、失敗、衰え、不完全さ、そして究極的には、死に怯えます。
肉体的な衰え、または病気にあなたが立ち向かう時に、
病気に対する、より幅広い見方に心を開くことを防げる、あなたを襲うパニックです。

あなたは、別の観点で病気を熟考できるかもしれません。
あなたは、変化のメッセージとして、
見失った大切な何かへ戻る招待状として、それを経験するかもしれないのです。

病気の“道案内機能”に理解され協力するために、
あなたの体に、それら自身で表した症状と痛みに、YESと言うことは非常に重要です。
YESと言うことで… あなたの肉体の状態を受け入れることで、
そしてそれを通して、あなたの魂の言葉を聞く意志がある際に、
実は、問題の半分は、解決しているのです。

本当の問題は、それが代表する病気そのものではなく、根底にある妨害物なのです。
病気は、そのように語りかけ、隠れている妨害物を見させるために、
あなたを引き止めます。

病気を顧みることと、あなたのハートと魂にYESと言うことで、
更に病気があなたに何を語りかけるのか正確に知ることなしに、
既に妨害物の一部分は、解決されるでしょう。

このコミュニケーションの一部は、まさにあなたの意欲…
あなたをこの内なる旅へ連れて行く、
あなたの忍耐力と決断力によって回復されるのです。

けれども、病気にYESと言うことと、受け容れることは、
あなたにとって簡単ではありませんね。

あなたは、それについて怒ったり、絶望したり、
またその結果、機能不全が、既にあなたに語りかけていることに耳を傾けず、
それに抵抗している自分自身を発見するかもしれません。

あなたは頻繁に、特定の手がかりを受け取ります。

たとえば、体の無力は、
あなたが特定の義務を捨てなければならないことを示します。

行動を減らし、自分のニーズにもっと注意深くあることで、
一人でより静かな時間を過ごすことです。

けれどもあなたは、あなたの体の状況を、
霊的なレベルでどう解釈したらいいのか、まだ知らないかもしれません。

まったくしばしば、不快があなたに強いる行動は、大きな手がかりなのです。

ある一定の領域であなた自身を制限することで、
前に闇があった所にスポットライトを当てることなのです。

どうして、忍耐強くあなた自身にやさしくあることが、あなたの能力なのでしょうか?
あなたは肉体的と感情的なニーズに対して、最善のケアができるのでしょうか?

病気は常に、これらの疑問をもたらします。
またそれらが呼び起こす感情に直面し受け入れるのは、
ヒーリングプロセスの一部分です。

実際にあなたがヒーリングプロセスを始めるまでに、
痛み、不快、心配、不安、そして怒り、そのすべてにYESと言わなければなりません。

あなたは、それに対して友好的であり、それへあなたの手を伸ばし、
内なる目で、それを見なければなりません。

それは、ヒーリングのためにあなたへやって来るのです。
それは、できりだけ早く立ち去らなければならない何かではないのです。
それが今、あなたの人生に入って来たのは、偶然の一致ではないのです。

もし体の言葉を無視して、病気に抵抗し続けるならば、
病気の霊的な本質と意味に進むことは、非常に困難です。
そこには、手に負えない怒りと恐れが取り巻いています。

あなたは、あなたの病気に、あなたの痛みと不快に、
そして、あなたの恐れと嫌悪のフィーリングにも向き合って、
内なる自由を手に入れるだけです。

それらを受け容れ、次に意識を開いて、それらにそっと尋ねるのです。
「私に何を言いたいのですか?」と。

あなたの社会では、
自分自身の体と親密であるために、それは自明ではありません。

あなたの体について、
愛と尊敬に値する存在のように話すことは、自然であるとみなされていません。

あなたは、社会では、あなたの体が、
適正で健康のように見えなければならないと暗にほのめかすもの、
そして、飲食しなければならないもの、
または、飲食してはならないものについての多くの理想化されたイメージを、
まことしやかに提供されています。

長くて健康的な人生になりそうなものに関する、
ありとあらゆるルールと標準があります。

しかし、それらの理想化された模写は、魂の航路には全く関係がありません。
魂の航路は、非常に個人的です。
従って、どんな病気(あなたの体に経験する病気、または苦しみ)についても、
真実を発見するために、あなたはとても個人的な方法で
(それらの一般的な、しばしば不自然な標準やルールを後に置いていくことで)
あなた自身に波長を合わせる必要があります。

あなたは、それら「外側の標準すべて」を手放すことと、
あなた自身の深い内部の真実を探すことを求められます。

これはあなにたにとって、
あなた自身の外側の権威に、あまりにも早く病気を診断される場合にあなたを襲う、
恐れとパニックへの大きなチャレンジです。

あなたは、アドバイスと慰めのために、外部の権威に手を伸ばします。
これは、医師または、代替療法の専門家かもしれません。

根本的に、それは重要ではありません。
解答となるのは、恐れから出ることです。

あなたは、あなた自身の責任をあきらめ、
部分的にそれを他の誰かに手渡してしまいがちです。

もちろん、専門家からのアドバイスに耳を傾けることは、間違いではありません。
それはとても賢明な行動です。

しかし、あなたは、常に内側でこの知恵を得ることを必要としており、
あなた自身のハートの中で、それは重きを置きくものです。

あなたにとって、共鳴するアドバイスなのか、
そうじゃないのかどうかを感じるのです。

あなただけが、
あなたの人生の真実のクリエイター、
あなた自身の体のマスターなのです。

あなただけが、
あなた自身の体にとって、何が最良なのか自分自身が知っているのです。

その言葉の最も深い意味で、あなたはあなた自身の体のクリエーターなのです。

病気が、動かなくなった感情を表した時から、
それは部分的に、あなたの意識の視野を超えています。

何が、病気または兆候を表すのか理解すること、それは常に簡単ではありません。
魂が、特定の病気によって、
あなたに何を語りかけようとしているのか見つけ出すことは、
時々とても難しいように見えます。

この時点で、病気としてそれ自身が表明し、
それが、あなたに何を語りかけようとしているのか、
徐々にそういうエネルギーに気づくという意味において、
内側へ行って、あなた自身を徹底的に調べることが必要です。

あなた自身の体との親密さを回復することは、
実践を必要としますが、それは自明ではありません。
あまりにも簡単に、それをあきらめないでください。

あなたが、持続する病気に対処している時は、
もう一度それらを調査しようとしてください。

あなた自身、リラックスする機会を設け、
次に、病気が、それ自体を表現しているあなたの体のその箇所に、
ニュートラルな意識で進みます。

あなたが、それに向かって話すことができるように、
痛み、または病気に生きている存在の形になるよう頼みます。
動物、子ども、または人間として現れるよう、それに頼みます。
または、何でも具体化するものに、ガイドとして現れるよう頼みます。
想像力を使うのです!
その想像力は、あなたの魂の最も深い感動を発見するための大切な道具なのです。

もしあなたがそうするなら、
あなたの体が答えることに気づく時(イメージまたは感覚で)、
あなたは、喜びを経験するでしょう。
あなたは、回復された親密さについて、幸福を感じるでしょう。
体はあなたに話します。
そして、その伝達者としての役割は取り戻されます!
これはブレークスルー(突破・打開)なのです。

するとすぐに、あなたは、内側からあなたの体を知ることができると悟ります。
そして、あなた自身のためにそれができるのは、
あなただけだということを、もっと確信するでしょう。

この自信は、あなたのために病気が、
あなたに何を語ろうとしているのか感じることを簡単にさせます。

あなたが、内なるセルフから受け取る答えを脇へ払いのけていることが、
あなたを妨げているのです。

なぜなら、それらが、外側の世界からの一般的な発想とフィットしないからです。
体との親密さは、すべての事情において、
しかし、特に体が病気、または苦しみにある時に、非常に大切です。

あなたの体に語らせるのは愛なのです。

もしあなたが、熱心に繰り返すヒーリング
(あなた自身へのアファーメーションやビジュアライゼーション)によって、
病気を取り除こうとするなら、
あなたは、体とのコミュニケーションで、元気づけられることはないでしょう。
それはまだ、奮闘か抵抗の形態なのです。

その解答となるのは、
あなたが、体の病んだ部分の意味の理解に達するということです。

あなたがこれを理解するなら、
物事は変容され、感情的妨害物を取り除くことができるでしょう。

これは、ヒーリングプロセスが機能する方法です。

どちらにしても、病気と戦わず、
それを、適切な方向を、
あなたに示したがっている友達のように受け入れることです。

あなたを怖がらせ、苦しませる病気について、
このように理解することは難しいです。

けれども、あなたの病気を受け入れること、そして理解することは、
本当のヒーリングの、唯一の方法なのです。

病気は、あなたをホームに連れて帰りたいのです。


慢性、そして末期の病気

病気の目的は、より良く、またより深く、
あなた自身を理解することに、到らせることです。

一度あなたがこうして、内なるヒーリングプロセスに沿うならば、
肉体的な回復は、しばしば結果となります。

けれども、これは必ずしもこのようには働きません。
あなたが、感情的な妨害物の下にある原因に降りて行ったような時でも、
いくつかの病気は、一様に消滅しません。

これは、慢性病のケースです。

慢性病の場合、繰り返し引き止めておく肉体的な問題が頑固にあります。

とりわけ、あなたがより多く、または少なく、
内なるセルフと接触しない一定期間に傷つきやすいのです。
その度合いが増加することで、その兆候が、時々一様に再発するのです。

これはまったく自信を失わせます。
従って、より広範囲な見方で、病気をよく考えることが重要です。

慢性病の人々は、とても大変な仕事を引き受けます。

彼らは魂レベルで、それらの病気の前後関係にやって来る恐れに直面するために、
誰かが人生でやり遂げなければならない方法で、
理想化された状況に直面するために同意したのです。

このチャレンジに応じるのは、大きな勇気を示します。

高度にフォーカスされた方法で、特定の問題から抜け出るために、
魂が慢性病を選択する、ということはしばしば起こります。
その度に、その病気が特定の感情をあなたに投げ返すのです。

病気と同行する感情的パターンがあるのです。
何度も何度もそれらの感情に対処することは、非常に大変な仕事です。
しかし、それは、魂のために多くの身を結ぶのです。

まったくしばしば、それらの生活は、
必ずしも人目を引くものではない、驚くべき深遠さと内なる富裕を経験します。

従って、絶えず努力するとか、または、
医学状態の改善を望んだりすることは、支えにはならないのです。

実際のところ、その病気は、しばしば螺旋運動で生じます。
(上昇する環状の動きで、内側レベルであなたの成長を支えること)

けれども、その度に、明らかに同じ肉体的症状が再発するのです。

霊的なレベルでは、あなたは後退してはいないのですが、
あなたはおそらく過去、さらに過去世で見逃していた感情に対処することで、
これまでより大きな深みに達します。

これはまた、遺伝性の、または、先天的な肉体的な不具合にも適用されます。
この点において、あなたは時々カルマについて語りますね。

しかし、あなたは、カルマに対して罪と罰を連想する傾向を持つので、
私はこの概念に対して、注意を払います。
これは、そういう働きではありません。
最も充実し、自由であるそれ自身を知るための魂の誠実な欲求だったのです。
これは、その最も深い欲求なのです。

その魂が、患いや、病気や肉体的不具合を時折り引き受けるこの熱烈な願いから、
その目標への到達を助けることが始まるのです。

それは確かに、あなたの負債を清算する問題ではありません。
それは、自由に設定される深い意図であり、
時折りあなた自身の体の内部で極端に難しい状況を経験し、
目的を遂げるための最良の方法なのです。

特に、残酷な理想、イメージがあるあなたの社会では、
機能的で、便利で、美しく、そして成功している方法を大事にするので、
この意図のために、我々にできるのは最大に敬意を払うことだけなのです。

それらの理想的な発想は、あなたが、ハンディキャップと共に人生を生きることを、
そして、それにもかかわらず、意味があって、楽しくそれを経験をすることを、
さらにもっと難しくさせるのです。

最後に、治療できない末期の病気について、少々お話したいと思います。

時々、誰かが、もう病気を乗り切らないことは明らかです。
その体は、徐々に病気に屈服します。
その“地上の構造”は、存続できません。
その瞬間に、体の中でそれ自体を見つける魂は何をするのでしょうか?
あなたが病気に抵抗することを続ける限り、
あなたは、あなたの魂と、
そして、さよならを言う時であるとあなたに話しかける、
内なる知恵に接触することはできません。

時々、去らなければならないと、あなたはあらかじめ感じます。
しかし、その考えは、あなたが戦うことを続けている、
そのような恐怖と悲しみであなたを叩きます。

あなたは、他の処置を試したくなるか、新薬が売り出されるのを待ちます。

これは全く納得できますし、
確かに、この考え方を非難しようとはしません。
しかし、あなたは、自分自身をひどい方法で傷つけているのです。
もし、あなたが手放して、死が近寄って来るのを許のなら、
あなたは、死は敵ではなく、それどころか友人であるとわかるでしょう。
死は、あなたを闘いから開放するのです。

もしあなたが、死が語りかけたがっていることに沿っていくなら、
あなたは、実際の臨終のプロセスが起こる前に、
いくつかのステージを通り抜けるでしょう。

これらのステージでは、あなたの最愛のすべての地上の物事…
あなたを地上で取り巻くもの、
あなたが観察する周りのすべてに対するあなたの感覚を、
徐々に手放さなければなりません。これは、美しい自然なプロセスです。

あなたが人生にどんな犠牲を払っても、
しがみつこうとする戦いの態度によって、
このプロセスに暗い影を投げかけることは残念なことです。

しばしば、その時までには、
体は既に、生命がこれ以上生きていられないほどにもろくなっています。
それを手放します。
死は、あなたに奉仕するためにそこにいる、解放者です。
死は、あなたの敵ではないのです。
死は、あなたに新しい生命をもたらすのです。

あなたが、治しようもない病の誰かといる時、
また、その人が死に向かっていることを知っていると感じる時、
それについて優しく、注意深く話そうとするのです。

それは、向こう側へ行く人への救済です。
あなたが、臨終の人ためにすることができる、最も愛があり、最も貴重なことは、
彼らの隣に座って手を握ることです。

臨終の人と一緒にいる際に、
あなたが知る必要がある、またはすることができることは他に何もありません。

ターミナルケアは、あなたの社会においてとても重要です。
あなた自身の家族の中で、または友人の範囲内で、
ある日、あなた方全員がこれに直面します。

臨終の人とシンプルに存在し、到来しているその旅を感じるのです。
魂が体を離れ、もう一つの領域、
そのホームへ帰る力強くパワフルな瞬間を感じるのです。

最期には、負ける、死に至らせる敵として、病気を考えないことです。
それは、戦いではないのです。

さらに痛みや苦痛からあなたを開放するために、まったく度々死はやって来ます。
あなたは確実に敗者ではないのです。
あなたはシンプルに、別の方法で航路を進み続けるのです。

あなたがどうしてもやり抜こうと、
あるいは、この人生の途中で、何度も打ち勝とうと思った特定の問題、
終わらせることができなかった問題が時々あります。

これは、あなたを悩ませるもしれないし、
まさにあなたではなく、後に残る人々もそうかもしれません。

それでも、私は平穏の内に発つことをあなたにお願いします。
なぜならば、あなたを案内していて、
あなたの愛する者と共に導くであろうより深い知恵が、
新たなより良い状況で働いているからです。

ある日、あなた方は再び一緒になるでしょう。そして生命を祝うでしょう。

今日の、病気に関する私の最大の嘆願は、
本当にあなたの病気受け容れることです。

愛と認識で病気を包囲して、
それに自分自身のより深い理解に、あなたを導かせるのです。

あなた自身を病気にゆだね、
自分自身とのもっと深遠なコミュニケーションに入るのをあなた自身に許すのです。

あなたの病気について、
降伏は、消極的であること、または苦々しく思うことを意味しません。
そうではなく、友人のような、その積極的な方法で、協力することなのです。

私は、あなた方全員を愛で受け容れます。
そして、今日のわたしの存在、そのキリストエネルギーの存在を感じるよう、
あなたにお願いします。
病気に、そして健康に、あなた方全員が使用できる愛を感じるのです。
あなたの周りのどこにでも、愛は非常にたくさんあります。

そして、あなたの判断を捨てれば、すぐにそれを感じることができます。
あなたは、成し遂げなければならないすべての物事について、
あなたが正しくしていること、そして間違ってしていることについて、
あなたが値するか、しないかについて…それほどたくさんの判断をしています。
それを手放すのです。

愛は、今ここに、あなた方全員のために存在するのです。

Jeshua
イェシュア


channeled by Pamela Kribbe 2006
Quoted from:
The Jeshua Channelings
The Jeshua Channelings Topics


スポンサーサイト



WHAT'S NEW?