FC2ブログ
2010/11/27(土)晴れ



思いがけなく、久しぶりにayaちゃんからメッセージ
が届いた。

それは、完成/卒業/再誕生の【前祝いのメッセージ】でした。
そんなに多くの言葉ではなかったけれど、とても深く感謝
でした。


まじ、大泣きでした。子供のようにたくさん泣けた。

*  *  *

□ 兄へメール

昨日は、あれから兄へメールを書きました。
兄の気持ちを察すると、この世的には、どれほどの感情や
思いが出てくるのかも察しがつきます。
(兄にとっても、辛いところです。)

でも、これをさらに超えることが、全体にとっても、私が
今後、さらに進む上で、求められることだとするならば、
私は、超えていきましょう。ってことは昨日も少し書いた
と思う。

過去の体験から思えば、今、何を言われようと、たとえ
罵倒されようと、ずっと我慢できること、、、思い出せば
何があっても、過去の体験よりはマシだと思う。


ダウジングしても、また動かない、、、。

これって、外側に頼るな。ってことか?
まずはハートを感じて、yoham(私の神)をしっかり感じよう。
以前よりも、ずっとハートの深くで感じれるようになった。
一方通行でも、とにかく全て知ってくれてるけど聞きたい
ことや、感じていること、短い時間だったけど、会話に集中
することができた。なんかすっきりした。
yohamは必ず、なんらかの形で返答してくれるのだ。^-^

で、メールを書き終えたあと、、、
もう、いつでも「送信」を押すこともできる状態だった。

でも、まず驚いたのは、メールを書き終えた時点で、かなり
の解放があったことだ。かなり私自身が軽くなった。
メールを書いたこと(行動)によって、私自身の覚悟が形になっ
たといえる。ある意味、何かをひとつ越えた。

「今、メールを送る?」とダウジングしてみたら、「NO」と出た。

ダウジングがはっきり動き出した。
yohamが答えてくれてると感じた。

もしかすると、実践までいかなくても、この状態で、意識では超えた
ことになるのかな?と思って、昨日の段階では様子を見ることにした。

*  *  *

その後からは、気分も上々、楽しい気分に変わっていた。
その前に一応Gちゃんにメールをしていた。
基本はGちゃんのハートに従ってもらうのだけど、兄に対して、
ひとつ、ジャーちゃんから決定打がほしかったのかもしれない。

夕方、Gちゃんから電話があり話してみると、Gちゃんは、最近、
ジャーちゃんを呼ぶと来てはくるのだけど、
「私は、今はあなたの質問には答えられません。今は、内側に入る時です。」
と言われるそうで、質問できないの~って言っていた。

ならば、今は私もそういうことなのかも、、、と思っていた。

いつものように楽しく会話がはずんだ。

私も、最近はとくに、ホントに当たり前の日常が、いかに大切か
、当たり前のことが、どれ程素晴らしいことなのかと感じるように
なったことなどを話していた。
食事することも、カフェに行くことも、友達と会うことも、ホント、
コーヒーひとつ自販で買うことだって、外や自然も素晴らしいこと。

きっと、こういうのは長く入院したりしている人が感じていること
なのかもしれない。

この体験が出来たこと、本当に良かった。感謝だと話した。

今、また食べるものもなくなってるけど、無くなれば与えられる、
生かされる。というのも分かってきた。

で、「食べなければ生きていけない」ということも、
ある種、信念体系なのは分かっている。
だから、それも超えていくのだろう。

でもね、実際に飢えを感じたら、その信念体系を超えるという
のは、とても難しい。
実際に、飢えを感じているのにどうやって信念体系が超えられる
というのか。
だから、私は信念体系を外せたのかどうかはよくわからない。
だけども、たとえ食べ物がなくなっても、そのまんまの現実を
受け入れることだけはできた。委ねることだけはできた。

だから、たとえ信念体系を外したからと言って、=無食って
ことでもない。
結局、無食になるというのは、あくまでも”自然”に起こって
いくことであって、望んでとか、無理にすることではない。
って、私は、無食になりたいとか、思ってないけど。

っていうか、反って今回の体験で、食べることって、どれほど
気持ちを豊かにするものであって、人間関係や、いろんなことを
楽しめる時間であるのだろう。って実感したよ。
だから、本当に食物にも、その時間にも感謝して、多くの人が
楽しく過ごせたら素晴らしいのかな?なんて感じたりね。

先日、高エネルギーの食物とか書いていたけど、その前に、何を
食べてもいいけど、やっぱり「感謝」で波動を上げてから頂く
のが、先決だね。それが最高のご馳走だ。

私も、食べれるうちは、心から楽しむだろうと思う。

あらら、話がそれたか。

ま、Gちゃんとはそんな感じで電話を切った。

とにかく、気持ちは明るく、軽いまま過ごした。

*  *  *

□ メッセージ

今日、寝起き、みぞおちの部分と、丹田あたりに、「ビリビリ感」
があった。何度と無く身体をさすった。

そして思い出した。
ツインフレーム/ツインレイとの接触のときには、身体で感じる
ようなこと、、、たしか、今日の感じと同じだったかな~。
どこに書いてあっただろうか、、、どこのサイトだったか忘れたよ。

そして調べようとPCを開いた。
結局、まだ見つからないのだけど、、、。

でも調べながら、違うメッセージにたどり着いた。
これは、今の私へのメッセージだな。とあるサイトの言葉で感じた。
うん、たしかに導かれているかも、、、。

最初のビリビリ感のほうは忘れて、今のメッセージに集中した。

ツインフレームやツインレイに対しては、今、興味をもっている
方も、以前よりずっと増えているかも知れない。
でも、まだまだ多くの情報がないだけに、誤解や勘違い
などあるのかも知れない。

私も何度か同じようなことを書いてるかも知れないけど、
再度、書いておく。
ツインフレームやツインレイは、外側を探してもいません。
外側で待っていても現れません。まずは、内側から始まります。
執着などになっていれば、外さなければなりません。
自分の不足(欠乏)から望んだとしても現れないだろうと思います。
(あくまでも、私の見解では)
まず、五次元に入り、男性性、女性性の統合があり、この
現実で現れるのは、その後のことになるだろうと思います。
(タイミングはそれぞれ)

で、全ての人が必ず肉体をもって出会うかどうかというのは、
今(現世)では、魂の状態や、設定によっても違うかも知れません。
でも、遅かれ早かれ、いずれは必ず通る道ではあるでしょう。

すでに、もう出合っている方もういるし、どんどん進んで
いる方(ペア)もいらっしゃいますが、
これから更に準備に入る魂も増えるのだろうと私も感じてます。
これは、とても”希望”ですね。

そのことも含め、下記のリンクから理解を深めるのもよいかも。
です、、、。

このサイトは多くの方も知っているかもしれない。
いつもだけど、私が紹介するサイトなどは、私も全部把握している
わけじゃないので、自分のハートで確認して、ハートが開かない
場合は、無理に読むのはやめてくださいね。
安易に、妄信もしないよう願います。
(私のブログに対しても同じで、自分自身で確認願います。)

☆ シリウス文明がやってくる → 検索 →

※興味ある方は、読んでみてください。
「ツインフレーム」→http://mihoh.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83c%83C%83%93
%83t%83%8C%81%5B%83%80&vs=http%3A%2F%2Fmihoh.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS


で、検索して、何個か過去のメッセージなども現れた。

一つひとつ読んでみた。

すでに知っていたこともあるけれど、
その文面の中に、これまで私がツインフレーム/ツインレイの事柄に
対して感じていたことが、確認できた。

先日、今後、ツインレイと呼ばれることになるだろう神社だけが
先にわかってしまった。と書いた。↓
→10/11/21【ひとりごと:完了間近か?~新たな創造と情報&明日の満月】
下記の内容にもしっかりとそのことが書いてあった。

ツインフレーム/ツインレイと運命共同体として、お役目を果たして
いく始まりについて。↓

☆ シリウス文明がやってくる さんから
○ 天上界は、あなたを「新しい世界」へと手招きしている

【抜粋】
まず、天上界の神人のどなた様かが、
立ち会うことになりますので、
特定の御祭神の名前を幾度も見掛けて、
その社や聖地に呼ばれることになるでしょう。



やっぱ、先日に受け取ったメッセージは、間違いないな~。
って、疑ってもいなかったけど(笑)

今日の流れから、また、いつ出会うかは分からないけど。
必ず、行くことにはなってる。楽しみ。

それと、、、

同時に、そればかりではなく、今の自分の現状に対して
のメッセージと思われたのは、下記の内容だった。


○ 閉鎖から開放へ向かうために、何度でも、扉を開き続けよう

★ツインフレーム(双子魂)を引き合わせる
【抜粋】
このことにより、西暦2010年6月21日夏至の日を境にして、
光のネットワークに繋がった方々から、
最も相応しい魂同士が引き合うように、
エネルギー・チューニングが強化されました。

天宇受売命さんという存在は、
プレアデス星系の人で、現代風に云えば、
官能的で超美形なセクシー・ダンサー
と云ったところでしょうね★

彼女からメッセージを預かっていますので、
お伝えさせて頂きたいと想います。


“あなたがたの暮らす地球地表上の世界は
辛く悲しいことでいっぱいのように観じられるかもしれません

ですが そのような観方は完全に変えてください

あなたがたは 有限で限界のある世界に
長い間 閉じ込められてきましたので
心も 思考も 感情も 閉鎖的になってしまいました

いまは その狭い部屋から飛び出すときです

自分自身で閉ざしてしまった扉を
自分自身の手によって 再び 開け放つのです

あなたが 魂の奥底から 光を放つ決心がつき
その準備が整ったのであれば

わたしたちからも 扉を開きます

運命は たったひとりで 変えるものではなく
やっとの思いで 玄関まで辿り着いたあなたに 必ず
未知なる場所から 手が差し伸べられるものです

扉が開くまでには 気が遠くなるほどの
時間の流れを観じるかもしれません

それでも 辛抱して待ち続けられたあなたには
約束の地へと 一歩踏み出すための鍵が与えられます”



私たちが、現状打破をするために、あるいは、
何らかの物事を解決へと向かわせる、
突破口を見出すためには、すべて、
扉を開いてゆく作業が必要であると云えるでしょう。

自分自身が、99歩近寄って、
自らが閉ざしてしまった扉を開けたとき、
残り1歩のところで、向こう側からも扉が開きます。

それは、死に迫るほど、精神的にも、
極限まで追い詰められる事態であるかもしれません。

ですが、一旦、光のネットワークに繋がった後では、
霊的な案内役が無数に現れて、1つのチームとして、
あなたを支え続けるでしょう。

「攻撃こそ最大の防御なり」という言葉があります。

これを霊的な側面で観るのであれば、
人生に、常に、攻めの姿勢で立ち向かい続ければ、
これに賛同した、無数の光の仲間たちが周囲を取り囲み、
いつの間にか、あなたは、強力な守護で固められて、
いかなる試練や困難も、難なく、掻い潜っていくでしょう。



あ~、、、、これを読ませていただいて、、、

「ほんとにその通りだな、、、。
 確かに、私たちから、"極限の99歩"まで歩んでこそ、最後の
 1歩は天から差しのべられて、扉が開くんだよな。」って感じた。

それは、感じたというより、今のプロセスで、痛烈に実感していた
ことだ。

ちょっとツインフレームというピンポイントで受け取ったメッセージ
ではないけど、なんだかハートに入ってきた。

このメッセージを受け取った意味が、このあとのチャネリング
のメッセージに繋がっていたのだと思った。

*  *  *


【完了/卒業まで:前祝い~ソフィア・観音・他からのメッセージ】By aya へ

スポンサーサイト



☆本日↓2010/11/27(土)の始めはこちらから。
【完了:前祝い~兄へのメール&ツインレイのこと&メッセージ】


*  *  *

ブログを書いていたら、兄からさっき返事があって、
確かに、優しい兄もさすがに爆発させたよ。
今までで一番、厳しい言葉だったと思う。
兄は、やはり帰省したときに、母から聞いていたようだ。
怒り心頭で、近くにいたら殴られてたかもしれない。
(優しい兄は決して人を殴るような行為をする人じゃない)

でも、反対の立場なら当然なんだ。理解できる。
役割といっても、どちらも、それなりに超えていかなきゃ
ならないんだね、、、。

今の兄には、お金を作ることも大変なことだけど、
なんとか作って送るとのこと。
本当に、兄の愛には頭が下がる、、、。感謝。

でも、これからが本番、これから、失った信用を挽回していく。
お金も返すことが出来るようになる。
恩返しに、温泉にも、旅行にも連れていく。

だから、今は何を言われても感謝で超える。


*  *  *

さて、そんな兄とのやりとりだったけれど、今日のayaちゃん
からの電話で、兄の事も、本当に心強く通過することが出来た。

今日のチャネリングは、ソフィア、観音、名前は言わなかった
けれど、私は、イエス/サナンダだったかな?って感じている。



兄へのメールのことで、ダウジングすると、今日は、

「メールを送る?」→「Yes」と振る、、、。

ちょっと「ドキっ」。

でも覚悟は昨日のうちからしていた。「よし」勇気だそう!

で、兄へのメールを見直し、ちょっと書き加えたりしていた。
(心の準備もあったかも知れないけど。笑)

そんな時に携帯が鳴った。

「あ~、○○○だ~~~♪」そうayaちゃん。

私の状況を心配していてくれた。 いつもスマン。
確かに、もう食べるものはない、、、、   笑。

で、聞くと昨夜から電話しようか迷ってたけど出来なかった
とのこと。「手を差しのべるタイミングかどうかが、微妙に
わからなかった。」とのこと。
反対の立場で考えると、その気持ちも良く分かる。(笑)
でも、そうやっても、考えてくれている愛に感謝だ。

でも、今日はなんか、いい感じだったらしい。

そして、ayaちゃんの背中のパイプの工事中(目に見えない)
で、チャネリングは出来なかったのだけど、今日は、久し
ぶりに、いきなり、ちょっとメッセージ来たから、メモを
用意して!とのこと。

わかった~!とすぐに準備万端。


【ソフィアからのメッセージ】
※ソフィア[Sophia]=新しい女性性のエネルギーである。
          聖母マリア、マグダラのマリア、イシス、クァンイン
          の集合体という感じ。
★ 参考→チャネリングSophia


「ソフィア」って言ってるよ。とayaちゃんが言った。

「あ、わかるわかる。 了解!」
エネルギーについてちょっと説明。

「なんか、お兄さん、梅の実、プラムの実を口から出そうと
 しているかも、、、。」

「悪いものじゃないから、大丈夫だよ。」


---ソフィア

「あなたのお兄さんは、わかっています。」

「始めからわかっている。」

「言いたくてもいえないことがあった。それを言葉にすることで、
 あなたに傷を与えたり、親に傷を与えるのではないかとためら
 っています。
 あなた(妹)への愛を、どのように伝えたらよいか分からないでいます。

 本当は、伝えてしまったほうが楽なのです。
 でも、あなたの本意ではありません。※???

 どうして、こうなったのか、、、。
 何をもって、どうしていいのか、、、。
 悩み、悔やみ、、、
 泉の深いところで光明がある。??かな? メモ切れ 」

「こう、自分の腹の中のものが出るって感じだわ。」

「そっか」


そうだな~、こうやってメッセージを振り返ると、愛だからこその
苦悩があるんだよな。でも、私には、兄の愛は伝わってるし、知って
いる。宗教脱会したときに、始めて深い愛を本当に知ったから。

でも、兄の心に溜まってたものが出るのであれば、それは良かったな。
少しでも解放できたら、それは私にとってもうれしいな。



----クァンイン

「あれ~~~、何て表現していいかわからないんだけど観音からだ。」

「とにかく、大丈夫!!っていうことを言ってるみたい。」

「あのね、これだけのサポートがあるから大丈夫だって、お兄さん
 のことも、うまく行くって。
 ちゃんと、サポートしてるから大丈夫だって~~。」

「そっか、分かった~。感謝だ~~~。」

「ちょっと、躊ちょが出たのは、マインドだって。」

「うん、そうだね。じゃ、兄にメールを送るね。
 もう、何言われても覚悟できてるし、、、大丈夫。」

「ね、、、メールの内容、これでいいかな?」

「あなたが、あなたを信じないでどうするんですか。」

「へへ、そうだね。」

「あ、、、あのね、以前にね、あなたの光は何色ですか?
 って前に、聞かれて答えられなかったでしょ?」
そのとき→10/911【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya

「私の光って何色なの?」

「白、、、白というか、シルバーというか」そんな感じだって!

「そっか、よかった。」

「ね、近くにハートのものがない?」

「ちょっと周りを見回したけど見当たらなかった。

「それが、あなたのハートですよ。」色とか、形の具合とか。って意味。

「見当たらないな~、ハート?何色だろう???」

「あんね、黄色、銀、ゴールドだってさ。」

(って、今、考えてみると、嬉しいね。これっ。自分のハートの色。
自分からは絶対見えないもん。心の目で見たら感じられるかも知れないけど)



「そっか~、うん、もし近くにハートのものがあっても、暗い色のもの
 ではないよ。笑」

「あのね、昨日ね、以前、預言カフェで受け取ったメッセージを思い出したんだ。」

「あたり前のことを、感動できるようにしていきますよ。」って言ってたこと。

→10/10/6【神聖なタイミング~母から2通目の手紙&娘と預言カフェへ】
    【抜粋】
    「なんか、当たり前のものなんだけれども、それがとても「感動」を覚えて
     しまう。「喜び」になってしまう。そのように私は益々あなたに、喜びと感
     動する心を与えていきますよ。と主が言われています。」

今日の最初のブログで、Gちゃんにも話していることなんだけど、
本当に当たり前の日常がいかに、大切で、感謝なことか、、、それを
ayaちゃんにも話、本当に、この体験に感謝なんだと、同じように話した。


その時、、、



----イエス?サナンダ?だと預言カフェの話の流れから感じる。

「あれ? 誰か、わからないな~」とayaちゃん

「あなたの、全てを許します。」


私は、一瞬でこの深い意味を理解した。

そして、大声で子供のように、泣き出した。

「ありがとう。感謝です。感謝します。」

「ayaちゃん、この【全てを許す】という深い意味がわかる?」

「わからないけど、なんか一緒に泣けてきた、、、。」

「これはね、、、人間のエゴ、、これはね、許されないと消えないの。
 自分でね、いくらあることが分かったとしても、最後には、自分では
 どうすることも出来ないものなんだよ。
 許してもらえるまでは、解放されないの!!」 わ~~~~ん (大泣)

私は、この長かったプロセスで、何度、感じてきたことだろう。
「いつになったら、許してくれるだろう。解放させてくれるだろう。」ってね。

でも、その時は、ゆっくりと、そして極限まで体験して始めてなのだ。
今日の導かれたメッセージのように、99歩、自分から歩みより、最後の
1歩を、このように手を差しのべてくれた。扉を開けてくれた。


その後も、ずっと泣き通しだった。

あまりにも、この”ひと言”が嬉しくて。深くで、重くて。 感謝で。

「皆さん、本当にありがとうございました。」

「あ~、、もう大丈夫だね!!前祝いだ、これは~~!!」とayaちゃんが言った。

「これは、前祝い、前祝い~~♪」


「早く、温泉に行きたい~~~!!」と私が言った。

「行こう~~~~!!」

「あれ?”お姉ちゃん”って聞えてくる、、、」

「あ~、上の娘夫婦も、温泉に行くみたい~」

「あ~、お姉ちゃんの夫婦ね。リコもね。行きたいって言ってるもん」

「きっと、行くことになってるわ!」

「あはは~、そうだね。
 とりあえず、兄のことがあって、完了は、ローレンのメッセージに
 あったように、12-12なのかも。完了の入り口ってあったし。」

実際には、12月12日か12月21日なのか、いつかは分からないけどね。

「うん、そうかもね~~。」

「でも、もう、ここまで来たら大丈夫だから良かったね。」

「うん、ありがとう。本当に感謝。」

「ところで、取り合えず、気持ち送るから!!」

「たぶん兄のことがあるから大丈夫だろうけど、それまでね。」



「感謝!!」ということで、おかげさまで空腹感とも、もう少しで
バイバイみたい~!!
ayaちゃんも、タバコを吸いたいなら吸いなさい。何か美味しい
ものを、まずは食べれ!!ってことで。^^

うふふ。 サンキューです!

感謝、感謝で、電話を切りました。

*  *  *

洗剤も切れて、洗濯物も溜まってきたし、本当に何もかもギリギリ。
兄のお金は入っても、水道料は即効に払わなきゃまずいけど、
ブロバイダーのほうと、携帯の支払い、ガス代どれがが優先だろう?と、
マジ悩みそう。支払いも、ダウジングで、決めよう。

とにかく、大きな光が差し込んだ日。
もう、先が見えてきた。
もう、少し、、、ここまで来たら超えられる。
すぐには、余裕は出てこないけど、もう気分で余裕でた。←単純。

って、サポートもガッチリされてるみたいだし。大丈夫。

これこそ、光明だな。

今でも、今日のメッセージを思い出すと泣ける。
それほど、深い意味がある。私は知ってる。
すでに、目が腫れてるしー。 

もっと、もっと軽く、楽しく浮かれそうかも、、、。^0^

思いがけない、【ギフト】でした。

今日も、絶妙な、完璧なタイミングだった。 感動。

*  *  *

掘北真希 の「ジャンヌ・ダルク」の舞台が11月30日~
始まる。 私のプロセスと、何気にリンクしているように感じた。
ただ、11月の末まで、プロセスは長くなるのは嫌だなって思ってた
けれどね。
でも、私の再誕生と何らかの関係はあると思う。
このことについては→10/5/14【二つのサイン】By aya
→「ジャンヌ・ダルク」オフィシャルサイト


とにかく、本当に、なにもかも感謝。
今日は、あくまでも「前祝い☆」なんだけど、もう気が抜けてきちゃった。(笑)

今、兄からメール来て、、WEBから振込みしてくれたようだ。
本当に、感謝。
不動産やさんにも、メール出しておいた。

セーフ。汗 サポートにも感謝!!

WHAT'S NEW?