FC2ブログ
2010/11/1(月)曇りのち晴れ


昨夜まで、たくさん雨も降って浄化されたね。
とうとう、11月に入ったよね。


下記のメッセージは10月31日にアップされていたメッセージ
です。感謝。

[mixi]Arrived Energy On Earthより
Aluna Joy Yaxk'in
September 18, 2010- Moray, Peru


「大きな可能性の空虚感に」


以下は、2010年9月のペルーへの旅行の間、私たちが受け取った2つ目のメッセージです。
最初のメッセージはここで読むことができます:http://www.kachina.net/~alunajoy/2010-oct.html

未来のメッセージは、私たちのウェブサイト(www.alunajoy.com)の"Articles on Personal & Planetary
Transformation "というタイトルをクリックすれば読みにいけます。<当コミュではご紹介していません>

私たちはこのメッセージを受け取ったまま、殆ど編集なしにここでシェアしています。これには、
とても重要な理由があってそうしています。私たちが受け取ったメッセージは私たちのグループ
だけのためではなく、人類のためのものでもあるということを私たちは知っているからです。
ですから、このメッセージを読む際には、あなたも私たちと一緒にそこにいたとイメージしなが
ら読んでください。マスターたち,スターエルダーたちは、メッセージ,そしてそれに相応する
エネルギーがあなたに送られることを私に約束しています。アンデスで私たちと一緒に座ってい
るとイメージするのがよいでしょう。

---------------------------------

この前の場所を覚えていますか?皆さんの内側にあるベッセル(器・乗り物)についてお話した
ときのことです。流体の光でいっぱいになりつつあった谷のことです。さて、今日は皆さんの
ベッセルの中には何か他のものがあります。それは、やってきていることのための取扱説明書
のようなものですが、それは言葉で書かれているものではありません。私はそこに惑星,星,
そしてスパイラルを描いている銀河を見ることができます。

アンデスのマスターたちは、この知恵が皆さんに降り注がれることになると言っています。私た
ちはモレーの巨大なエネルギーの集まりである場にいます。モレーにある3つのサークルすべて
は、宇宙エネルギーを集めます。私たちが考えること,感じること,することすべては、星々へ
と送り返されます。私たちの(スター)ファミリーは、ここで私たちの言葉を聞くことができま
す。私たちはこのエネルギーを感じることができます。

それはまるで頭のてっぺんにかかっている圧力のようです。この時間、たくさんのものが入って
きています。とてもたくさんであるため、重たいのです。重たいということは私たちにとっては
よくないことなので、重たくはないのですが、ただ、たくさんのことが入って来ているため、そ
れは重たいのです。それは私たちの身体のあらゆる細胞に入っていっています。彼らが今日私た
ちに提供するものは、私たちのためだけのものではありません。私たちがこの地を去り、家に帰
ってから奉仕・貢献するつもりのもののためのものです。彼らはこの取扱説明書をダウンロード
させています。

けれども皆さんには今、それらを読むことができるわけではないと彼らは私に伝えています。そ
れをフェアだとは思えませんが、時が来たら、いくばくかの知恵が皆さんの口から出てくること
になるでしょう。それはただ、人々が聞句必要のあることになるでしょう。そして皆さんは、時
が来たら何をすべきか正確にわかることでしょう。私たちは皆、インスピレーションに従って行
動したいという内なる衝動を感じます。それはもっとずっと強くなりそうです。

皆さんは、今年全体がなんとなく煮え切らないように感じているかもしれません。「これをした
いんだけど、しない」といったように…。私たちはずっと、何もアンカリングさせることもなけれ
ば、何も融合しないように思える流動地帯にいました。どんな決定も正しいものには思えません。

私たちの多くは、自分の流れからたたき出されていたように感じていました。流れに乗っていた頃
の日々を覚えていますか?今は古い流れが10倍になったかのようです。流れに乗ってなされていな
いことに関して、私たちは痛々しいほどクリアです。この知恵は今、新しい庭で育っている種のよ
うに私たちの内側で花開き始めています。私たちはより深い、よりパワフルで無垢でクリアな流れ
を自分の内側に見い出していくことになりそうです。まず何かをすることが思い浮かんだ後に、そ
れがどういうことだったのかを推測するといったことがよくあることだということを私たちは知っ
ています。

そのインパルスは、後になってからそれがどういうことだったのかを理解するために、私たちを頭
の中に押し込みます。ガイドであるスピリットが私たちにすることは、その瞬間に、道に迷わせる
ことです。あなたのハートがあなたに何かをするように語っていても、多くは混乱の中で見失われ
てしまいます。つまり、皆さんは(アルーナはハートを指差して)ここから正しく機能する方法を
学んでいくことになるわけです。後知恵を働かせることも、このふたつめのインパルスを無視する
ことが簡単になるバックグラウンドへと消えていっています。

数週間前、ブッダの御影がセドナにやってきました。私たちはブッダの御影に祝福された水をいく
らか受け取りました。そのブッダの御影と一緒にいたことのある人は皆、それがまさに素晴らしく
パワフルで驚くようなエネルギーだということがわかります。その建物に入っていけば、急に涙が
溢れるほど、それはパワフルです。彼は私に水を少し授けました。もちろん私はそれを受け取るた
めに瓶を持ってくるよう求められていました。

今からラファエル(アルーナのパートナー)が環を2周してから皆さんの手に数滴の雫を落として
いきます。皆さんは必要とされるところどこにでもその水を入れることができます。たとえばハー
ト、第三の目など、望むところどこにでも入れられます。これを読んでいる人はきれいな水を両手
に1滴落としてください。この雫は悟りを得た者たちの歴史,血筋全体の振動を携えています。
ロード・メルは、これが助けになっていくものだと言っています。私たちは今、新しい世界のガイ
ドブックを持っています。そしてこの水の祝福は、ドアを開けるための鍵のようなものです。彼ら
は、皆さんがこの鍵を得るためにここ(モレー)にいる必要がないとも言っています。たった今、
この鍵をゲットしている人たちは世界中にいます。このキーを得るためにこのブッダの水が必要と
いうわけでもありません。これはいわばシンボルのようなものです。実際にブッダの水を私たちは
必要としません。私たちは外側から何かを引き寄せる必要が出てくることになる場所にとうに行っ
ているからです。必要となるものはすべて(ハートをさしながら)ここにあります。

しかし、私たちの人間の側はまだ外側のものを好みます。たとえばこうしてペルーに来ることもそ
うです。けれども実際にここに来ることは機械的な日常から出る助け、目覚める助けになります。
けれどもそれも必要なことというわけではありません。彼らは、「そのドアを今、通り抜けたとい
うことをまさに今、理解し始めている人々が地球中に、地球じゅうにいる」と言っています。私は
2週間前(8月の下旬)にそれを感じました。このサークル~ここにいる私たちの多くも2週間前
に何かがシフトしたのを感じました。それは今、世界的なことになっています。誰もがそれを感じ
ています。それは、大きな可能性の空虚感です。

私たちは未来へのガイドブックを収集しているところです。そして私たちは、そのドアを開ける方
法を知っているキーを受け取っているところです。イメージしてみてください。あなたの愛する人
たち,この地球上であなたと関わっている人たち皆もまた、このエネルギーを贈られていると…。

私は、私たちを取り囲んでいる聖なる山々から私たちのところに来ているたくさんのエネルギーを
感じてもいます。私はロード・メルを感じています。彼は、私たちがサークルの中に入ったとき、
ここにいました。私たちがサークルの中ですべきことをするために、私たちのためにスペースを保
つこと以外には、彼は何もしていなかったようです。昨日、彼らはスレートをきれいにして、私た
ちからもものごとを一掃させました。今日、彼らは私たちをここに座らせ、私たちのためにスペー
スを保っていてくれています。彼らは私たちに今、私たちの仕事をさせています。私たちの時間で
す。この時間は、私たちが昨日、ほんとうに深く受け取ったものを取り入れ、自分自身のパワーに
させるための時間となりそうです。私たちが自分の2本の足で、自分ならではのパワーと共に起き
上がることが重要です。

今、この新しい周波数は、私たちのハートの中で高まっています。それはまるで、ハートが広がっ
ているかのようです。もちろんそれは、身体的な心臓のことではなくエネルギー的なハートのこと
です。彼らは「新しい世界では、エネルギー的にずっと大きいため、私たちのハートの神殿もまた、
それに応じて大きくなる必要がある」と言い、私たちのハートを拡大させています。私たちのうち、
上の領域の存在とつながっている人たちは、彼らが私たちに贈っている愛は、言語に絶するほど巨
大であるということを知っています。さて、彼らは私たちを拡大させているわけですが、そうする
ことで私たちは、そのレベルの光,そのレベルの愛を輝かせることができ始めるようになるからです。

アンデスの山々のマスターたちは私たち自身の他のエリアも縮小化させしています。私たちにはチャ
クラが2セットあります。ひとつは愛に基づいたもの、もうひとつは恐れ/ネガティブなエゴに基づ
いたものです。あなたの愛と光のハートチャクラの背後には、実際に、恐れに基づいたハートチャ
クラがあります。

たぶん、これに関して語るスピリチュアルな教えがいくつか地球上にあるでしょうが、私はそれを聞
いたことがありません。恐れに基づいたハートチャクラは、身体において実際的なセンターであり、
原始的なセルフのセンターでもありました。これらのセンターはしばらくの間は必要でしたが、しか
し今、その場所は縮小されています。ですから、この縮小化に関してあなたがOKであるならば、あな
たは自分の問題,恐れ,くだらない考え,繰り返してしまうパターンを手放すことにもOKであるはず
です。どうかこの縮小化が起きるままにさせてください。それはチャクラセンターで完全に別れた区
画であり、二元性のネガティブな側=ポジティブなチャクラ二元的な側を保つものだからです。

私の説明にピンと来てくれることを私は望んでいます。とにかく彼らは私たちのネガティブな原始的
な側を縮小化しようとしています。私たちのそうした側は消えていきつつあり、そのスペースを満た
すために他のものが大きくなってきています。そう、私たちのハートは拡大しつつあり、ネガティブ
なものは消え行きつつあるのです。アンデスのマスターたちは、来月にかけての2週間、ステップ・
バイ・ステップでこれをしていくようです。彼らは素晴らしく容易にこれを行なっていくつもりなた
め、どんな反発をも誘発することにはならないでしょう。もし、ものごとがあまりにも速く変化すれ
ば、私たちの記憶や機械的な作用はそれを引き延ばしたいと思います。そうすることに馴染みがある
からです。そのため、彼らはそれをゆっくりとしていくつもりです。あるいは、こういうべきでしょ
うか。実際にはそれを私たちが自分自身のためにしているわけですから、私たちはそれをゆっくりと
素晴らしくやっていくと…。アンデスのマスターたちは、私たちのためにスペースを保持すること以
外は何もしていないからです。

そして再び昨日のように、私は、私のソウルファミリーがサポートするためにここにいるのを感じて
います。彼らの多くが来ています。彼らは私たちに何かをすることを求めています。私たちの内側で
彼らは、私たちが自分のハートから,内側で,ほんとうの自分という者を取り戻して欲しいと思って
います。彼らは言っています。このサークルにいる誰もが…そしてこれを読んでいる人たちは…ほん
とうの自分の輝きを一瞥してきたが、それを完全に受け容れることを恐れているようだ…と。

彼らはそれを今、取り戻せと言っています。私たちと集っているスターエルダーたち,ロード・メル,
七つの光線のブラザーフッドと、ガイドたちの一団は議会を開いています。そしてここで、私たちが
質問をする時間を設けてくれています。あなたには今、彼らに質問をすることができます。あなたの
モチベーション次第で質問に答えるかもしれないし、答えないかもしれません。おわかりですか?今、
彼らは「たくさんの質問がある」と言っています。あなたが望むなら、あなたには彼らに言葉でもっ
て尋ねることもできますし、内部的に(内側での感覚で)問うこともできます。彼らは私たちのこと
をこうも言っています。「君たちはとても目覚めたグループで、内側ではとても好奇心が強い。それ
はほんとうにいいことだ。好奇心が強いということは、今の時点では否定してしまうことができてし
まうかもしれないとしても、やって来ていることを受け止めるためにオープンになったままにさせる
からだ。好奇心だけが、受け取ることにオープンにさせ続けるものだ。」と…。


【質問】 次はどうなりますか?

【アルーナ】 そう、それは誰もがする質問です。私たち皆が次がどうなるかを知りたがります。
けれども真実では…次に来るものは私たちがつくったものということになります。新しい世界は白
紙の状態です。私たちが向かっているのは真新しいところです。たとえれば…私たちはまさに今、
耕されたばかりの農地に囲まれたところにいます。そして私たちは種です。私たちが蒔く種がこの
新しいエネルギーの中で成長していくものです。それは、この新しいサイクルで明らかになるもの
です。ですから、次に現れてくるものは私たちがつくったもの,私たちのハートに保持しているも
のということになります。(この時アルーナは、新しい世界にあってほしいものを表わす言葉=ひ
とつの単語をサークルの中央に入れるよう、参加者たちに指示しました。何十もの素晴らしい言葉
が声に出されました。一例を挙げると、無条件の愛,ユニティ,平和,コミュニティ,楽しみ,感
謝,平等,聖なる家族,パラダイス,信頼,憐れみ,慈悲,ありがたさ,永遠の若さ,自信,真実,
経緯,至福,今,自由などです。)

【アルーナ】 サークルの中央でエネルギーがとても美しく高まっているのを感じることができま
すか?ここにいるマスターたち,ガイドたちは、これらの意図を収集して振動にして私たちが先ほ
ど受け取ったガイドブックに収めてきました。彼らは私たちの内側にこれをすべて書き込んでいま
す。そして彼らはその波動を集めてもいます。これは私の考えではありません。これは大天使ミカ
エルのアイディアです。えぇ、彼にはほんとうにおかしなユーモアのセンスがあります。彼は彼が
サンタクロースを演じることになりそうだと言っています。彼は、私たちが新しい世界で見たいも
のとして出した私たちの意図すべてを大きなエネルギーの袋に入れて、地球中のオープンなハート
の持ち主たちすべてにそれを配るつもりのようです。彼はサンタクロースの衣装を着ています。私
はこのようなことを話したくはなかったのですが、彼は私を惑わせるのが好きですし、それを楽し
んでいるようです。

OK、ここのエネルギーがだんだんと薄らいでいくにつれて、私は、私たちが糸として出した言葉と
「次はどうなるの?」という質問とがマージしているのを見ています。マスターたちはサークルの
中に入ったすべての言葉を見つめていました。そしてこれから彼らはどの言葉が「次はどうなるの
?」の問いと最も関連していたのかを私に見せるそうです。「バランス」,「自由」、そして「今」
という言葉があがってきています。残りの言葉は、この3つの言葉の種から顕われることになる二
次的なもののようです。おそらく私たちは、この巡礼の旅に沿ってそれが意味するものを知ること
になるのでしょう。けれども「バランス」,「自由」、そして「今」という3つの言葉がリストの
トップに来ています。ですからそれが次に来るものということになるのでしょう。私たちが好奇心
の強いままでいて、これが意味するものに対してオープンでいれば、私たちにはもっとわかるよう
になるかもしれません。バランスは常にあるべき良い方法です。自由とは私たちが起き上がったと
きに起きる何かです。私たちがもっと自分を信頼するようになれば、私たちを安全に保つため、た
くさんのルールも必要としなくなります。宇宙は私たちに対して親切で、私たちを愛しており、私
たちを保護しています。もし、私たちが眠ったままだったり無意識なままでいれば、私たちは自分
自身を守るためにたくさんのルールと境界と共に生きていかねばなりませんが、私たちが起き上が
ったとき、こうした境界は消えていきます。私たちは自分自身のケアをする方法をわかっているた
め、それ以上境界を必要としなくなるからです。それは、その瞬間~今にいるという能力にもっと
目覚めるということなのではないかと私は思っています。これでメッセージは終わります。


http://lightworkers.org/channeling/117045/void-great-potential


-Jueuxさん訳

*  *  *

ここ数日は、頭全体に圧迫感があり、ひどく眠い状態だった。
ときどき、痛みに近い感じもあったけど、まだ耐えられる
範囲のもの。
なるべく、身体の声にしたがって過ごしていた。

でも、どんな状況も自分に必要で起こっていること。
そう思えば、何事も超えられるものだと思う。

上記のメッセージにあったように、頭に圧力を感じていたのは、
大量のダウンロードがあったのかも知れないね。

今日は、少し落ち着いたかな~?

質疑応答のミカエルのサンタクロースの話を想像したら、ちょっと
笑える。大量のギフトを大きな袋に詰め込んでいるのかな?って
思った。

*  *  * 


【転載】レディ・ナダ − わたし達が向うところ へ

スポンサーサイト



☆本日↓2010/11/1(月)の始めはこちらから。
【転載】大きな可能性の空虚感に


*  *  *

今朝、このメッセージを目にした。

最近のメッセージではないけれど(今年2月のかな?)、
疑問だったことが少し腑に落ちたので、転載させて頂く
ことにした。 参考までに、、、。


きらきら星へようこそ,,,☆ から
「レディ・ナダ − わたし達が向うところ」

LADY NADA - Where We Are Headed

シェリー・キム・ゴールド経由
Channeler: Shellee-Kim Gold

Friday, February 12, 2010


わたし達は今日、現在の皆さんの現実性の特徴について、そして訪れる新しい地球につい
て伝えたいと思っています。わたし達は、皆さんの世界は混乱していると繰り返し伝えて
ます。皆さんの術語で言うと、熱は上昇し、より以上に熱くなろうとしています。皆さん
は皆さんが選んだ現実性の中で空間を複写しています。その現実性が、皆さんがこれまで
選択してきたものを未来に反映することになります。これを理解し認識できる(内面の)
目を持った人々にとって、こうした出来事は偉大な学びを早める時になります。

地球の領域とその人々のもとに短期間で実現する多くの物事が存在していて、それは啓示
的性格を持ったものになるでしょう。以前に懐いていた皆さんの現実性や皆さん自身に対
する誤解の多くは、ほとんど瞬時に一掃される予定です。
それが多くの人々の過去の条件付けられた現実性からかなり距離を置いたものになるため、
彼らが消化するのが困難だと感じるものが数多く現象化します。その条件付けは、これまで
地球を支配してきた勢力による価値や信念の体系として植え付けられてきたものです。

今ここに、皆さん地球の一員のための別の選択肢が存在しています。おそらく、皆さんは自
分自身に尋ねるかもしれません:わたしは、この時代にわたしに提示されるものを充分に調
べることができる開かれたこころを持つことになるのでしょうか?それとも、身近な対象に
ついて前に懐いていた分別を守るために、わたしは口を閉ざすのでしょうか?

皆さんの世界で行われてきた大衆操作の履歴を見せ付けられた場合、控えめに言ったとしても
、それは多くの人々が忍耐を求められることになるでしょう。それでも、皆さんの中にさえ、
これまで提示されてきた物事に満足していない人々や、新しい可能性を死に物狂いで模索して
いる人々が数多く存在しています。人々の間のより深い分裂、真実の数々がより二極化された
ことによる意見の衝突を予想しておいてください。

最愛の皆さん、厳しい試練の時が訪れます。そして、課題を確認した時に、自分自身の感覚に
忠実な状態を保つことが欠かせない条件になります。そうしなければ、皆さんは風に飛ばされ
て右往左往している人のようになり、皆さん自身の運命の決定を他の勢力に許してしまうこと
になります。

大多数に影響を及ぼす不確定要素が存在しているため、わたし達はこの結果のすべてを理解し
ている訳ではありません。わたし達は、もしも皆さんのほんの一部でも自分達の運命を把握で
きるようになれば、当然の結果としてより多くの人々にかなり影響力を及ぼすようになること
は充分理解しています。

皆さんの中には、現時点で皆さんの世界で起っていることを感覚として知的に把握している数
多くの人々が存在しています。皆さんのなかでは‘競技’が行われているという感覚が大きく
なってきています。そして、皆さんが異なった方法でその競技を行うようにする選択肢も手に
しています。

その競技に参加する別の方法が常に存在していることを、わたし達は皆さんに伝えたいと思っ
ています。ひとつの方法は、とても競技を行うようなものではなく、そこから皆さんのエネル
ギーが完全に奪い取られてしまいます。別の方法では、その競技の中で皆さんが以前からどの
程度敵を利しているかを判断して、これまでの皆さんの得失そのものを良い結果にする可能性
を持っています。

皆さんがこの地球上に存在している理由は、皆さんがこの場のエネルギーと二元性を巧みに利
用して、皆さん自身をより進化させるためです。それでも、ほとんどの人々が自分自身に対す
る約束を忘れてしまっているのです。そしてその忘却の覆いが、多くの人々を物理的な遺物だ
けに目を向けるよう仕向けてきました。

最愛の皆さん、原初の領域は、かなりの数の人々が新しい地球に入って行くためのものでした。
この次元上昇と、人類というひとつの集団に対して行った母としての地球の選択は現在進行中
ですが、しかしそれは皆さん自身の個人的な次元上昇でもあります−しかも、皆さんもまたこれ
を達成するためにここに存在しているのであり、それが著しい危殆に瀕しています。

わたし達はここで、維持して守り通している意志堅固な人々について言及しているのではあり
ません。わたし達は、勇気を放棄し自分達の生命の諸問題に圧倒されている、‘諦めた’人々
について語っています。また、自分達の夢が実現されず、自分達の期待に沿わない場合に必ず
といって良いほど冷笑や怖れに引き籠る人々について語っています。

これについてすべて語ってきたため、もちろんこのすべての学習をもう一度繰返す次のサイク
ルでの機会も存在していますが、おそらく、闇の支配者達が自由に出入りできる活動範囲の中
では、皆さんの成功は悪しき事態が切迫したものになるでしょう。この場所で皆さんは、皆さ
んの意識や自信を蝕んでいる支配者達に、そして根を下ろして皆さんの自己という感覚を侵食
している陰湿な想念形態に、耐える必要はなくなるでしょう。

この地球の実験は終わりに近付いているため、わたし達は、始まりから現在まで別の形で行え
た可能性が、またその‘競技’が別の形に計画できた可能性が、数多く存在していることを実
感しています。しかし今、新しい地球の上で生活する者達が困難に上手く対処するために、少
数の者達が責任を持つことが必要になるでしょう。

永遠に続く平和、愛そして光に対する期待を抱いている人々のために、皆さん自身のためとし
てわたし達は現在この概念を一掃することを求めます。新しい地球は、気の弱い人々、幻想を
抱いている人々のためにものではありません。膨大な量の連携協力、善意、共同体の善のため
に活動する願望が必要となるでしょう。そうした活動の中で、皆さんは皆さん自身を発見しま
す。実際こうしたものは、こうした新しいエネルギーの中で生き残るための基準となります。

もちろん、新しい地球に自分の居場所を見付けながら、こうしたことに足並みを揃えない人々
もまた存在するでしょう。こうした人々は、例えて言うと、むしろ1本のしめ縄が激しく彼らの
首の周りを絞めているように感じることでしょう。彼らは、彼ら自身が地球の新しいより光に
満ちた奉仕を重視する振動に足並みを揃える選択をしない限り、彼らの振動は次第にその圧力
に耐えられなくなるでしょう。

それはむしろ、‘変化’と伴に生きる刺激的な場所になるでしょう。この‘変化’という言葉
が重要な意味を持つようになります。万物とすべての人々に共通して…。新しい人類は、次元
上昇した人々や惑星に向って進む最も愛されている存在であるため、これが皆さんにとって意
識的な準備の始まりになります。

生命と進化は、何にもまして、愛され続ける存在でなければならず、その通りになっています。
そしてこれが、わたし達が皆さんと分かち合うようになるものです。

質疑応答

Q & A:

シェリー:新しい時代において、瞑想の実践が霊的周波数を引き上げて次元上昇を起こすための
自動的パスポートになっているという、ある共通の考え方があるように見えます。それでも、わ
たしが読んだ信頼できるチャネルからの情報はこう述べています。“瞑想は次元上昇とは関係あ
りません。動物は瞑想せず、彼らのほとんどが次元上昇することになるでしょう。一方、瞑想を
実践している多くの個人は、次元上昇することはないでしょう”
(訳注:これはランガ経由エンマヌエルの2月3日の「Make your choice」の中の質疑応答にある
ものです)

ナダ:本当です。これまで多くの人々が利得を目的として瞑想について言及しています。そして
これは議論されてはいませんが、わたし達は、かなりの実践者が、自分自身と深くつながるとい
うよりも自分自身から‘抜け出す’手段として瞑想を利用していると判断しています。どのよう
な方法でこれが可能になるのでしょうか?そうです、瞑想の時間の後に皆さんが直ぐに感じる安
らぎは、知性的/精神活動的な体だけに影響を及ぼす束の間の経験に過ぎません。一方で、次元
上昇の理念は、内面の平和から永遠に生きる空間に向けてエネルギー的に完全にギアを入れ替え
ることです。またこれは、皆さんすべての体が、永続的に平衡が保たれた状態に移行することが
必要になります。

シェリー:わたしが見てきた多くの瞑想実践者が、知性を通して実践者のこころの中に本当に横
たわっているものを探求することにほとんど不可解な恐れを抱いていますが、これがその理由で
しょうか?

ナダ:はい。憶えておいてほしいのは、闇の支配者達の多くの装置のひとつが、ニュー・エイジの
人々に‘諦める’気にさせることです。音楽、麻薬、他の霊的慣習といった現実逃避型の人の戦術
はすべて気晴らしとして用いられていて、多くの人々にとって強迫観念になっています。瞑想はこ
うしたもののひとつです。人々が瞑想に付随する平和と霊的喜びを求めている限り、彼らが儀式的
慣習の中で迷い、必然的に自分自身を正直に観察する欲求という本来の目的から逸れて、その目的
に対する興味が失われることを支配者達は気付いていたためです。実際、あなたが言ったように、
多くの人々がこれまで正反対の行動を取ってきて、今は本来の目的に必要なものを否定し、怖れて
います。そのため、この状態の人々からあなたがしばしば受け取る反応は、“頭を空にしてもっと
こころの中に入らなければだめだ”というものです

シェリー:冗談抜きで、ノミや寄生虫のような人達は新しい地球でも依然存在することになるので
しょうか?

ナダ:かなり少ない数ですが。ある種の寄生形態はまったく排除されることになりますが、他の者
は、地球上のエネルギーが彼らの生存条件より薄くなるまで、しばらくは許されることになるでし
ょう。闇の人間や惑星外種の手下達は、自分達自身に寄生して、極端な両極性が作動している地球
の目的にかなってきました。そうした寄生形態にも当てはまるように、物理的なものすべてはエー
テル質の対応物を持っています。

シェリー:彼らを愛したり感謝したりするようにわたしが要求されるのは御免だわ。そんな状態の
ところはどこにも近寄りませんから。

別の質問:裏返しの話し方(リバース・スピーチ)は、わたし達の世界で今何が本当に起こってい
るかを的確に実証できる方法だとわたしには思えるのですが。賛成でしょうか?

ナダ:その通りです。皆さんのメディアから流れてくる作り話から真実を読み解く極めて適切な手
段です。科学的知性を持った人々と、まるで‘過激派’からの意見のようにそういった主張を書き
殴る人々、両方の懐疑派を納得させるものです。実際、真実として、人間精神の潜在意識の水準は
嘘をつくことはできません。したがって、種としての人間に対する優れた判断能力を持ったこの道
具は、称賛に値するものです。

シェリー:わたしは混乱しています。まず、わたしは人間が何処に行きたいのかという選択肢は200
8年12月に決着が付いたと理解していました(新しい地球に留まる、別の3次元の惑星、エーテル質の
家に帰る等々)。それでも、地球が静止状態になる直前まで人間は依然として、どんな時でも、選択
できる、とわたしは今聴いています。はっきりさせてほしいのですが。

ナダ:愛するシェリー、去年この惑星の多くの人々が変化しました。地球を心配して変化した支配
層が、人々に別の選択の機会を与えるよう命じました。個人的に着手した準備やそうでない準備も
含め、その準備として、多くの人々が早い時期に選択を下しましたが、一部の日和見していた人々
は別の選択が許されるこの余分の期間から恩恵を得ています。その上、新しい地球にすでに関与し
ている多くの人々は、最後の準備として浄化と成長のためのこの延長時間を必要としてきました。

わたし達の方の覆いを取り除くために、必要な時には皆さんから彼らに支援を依頼するようにして
ください。愛する皆さん、このすべてが今晩準備されています。皆さんは深く愛されています。

http://goldsalchemy.blogspot.com/2010/02/lady-nada-where-we-are-headed.html
http://lightworkers.org/channeling/99460/lady-nada-where-we-are-headed

by 翻訳:森のくまさま (2010-03-23 15:22)


*  *  *

このメッセージを読んで、「そういうことか」という部分が
少しだけあったのだけど、【質問】の中で、プロセスが延期
されていることについて、下記のミカエルのメッセージを思
い出した。
10/2/14【転載】2月のエネルギー

今振り返ると、私も、まだまだ2月の頃には見えていない部分が
たくさんあったな~と思って。
2月以降から、これまでの道のりを体験して、なんとなく少しだけ
分かったような気がした。


WHAT'S NEW?