FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/1(月)曇りのち晴れ


昨夜まで、たくさん雨も降って浄化されたね。
とうとう、11月に入ったよね。


下記のメッセージは10月31日にアップされていたメッセージ
です。感謝。

[mixi]Arrived Energy On Earthより
Aluna Joy Yaxk'in
September 18, 2010- Moray, Peru


「大きな可能性の空虚感に」


以下は、2010年9月のペルーへの旅行の間、私たちが受け取った2つ目のメッセージです。
最初のメッセージはここで読むことができます:http://www.kachina.net/~alunajoy/2010-oct.html

未来のメッセージは、私たちのウェブサイト(www.alunajoy.com)の"Articles on Personal & Planetary
Transformation "というタイトルをクリックすれば読みにいけます。<当コミュではご紹介していません>

私たちはこのメッセージを受け取ったまま、殆ど編集なしにここでシェアしています。これには、
とても重要な理由があってそうしています。私たちが受け取ったメッセージは私たちのグループ
だけのためではなく、人類のためのものでもあるということを私たちは知っているからです。
ですから、このメッセージを読む際には、あなたも私たちと一緒にそこにいたとイメージしなが
ら読んでください。マスターたち,スターエルダーたちは、メッセージ,そしてそれに相応する
エネルギーがあなたに送られることを私に約束しています。アンデスで私たちと一緒に座ってい
るとイメージするのがよいでしょう。

---------------------------------

この前の場所を覚えていますか?皆さんの内側にあるベッセル(器・乗り物)についてお話した
ときのことです。流体の光でいっぱいになりつつあった谷のことです。さて、今日は皆さんの
ベッセルの中には何か他のものがあります。それは、やってきていることのための取扱説明書
のようなものですが、それは言葉で書かれているものではありません。私はそこに惑星,星,
そしてスパイラルを描いている銀河を見ることができます。

アンデスのマスターたちは、この知恵が皆さんに降り注がれることになると言っています。私た
ちはモレーの巨大なエネルギーの集まりである場にいます。モレーにある3つのサークルすべて
は、宇宙エネルギーを集めます。私たちが考えること,感じること,することすべては、星々へ
と送り返されます。私たちの(スター)ファミリーは、ここで私たちの言葉を聞くことができま
す。私たちはこのエネルギーを感じることができます。

それはまるで頭のてっぺんにかかっている圧力のようです。この時間、たくさんのものが入って
きています。とてもたくさんであるため、重たいのです。重たいということは私たちにとっては
よくないことなので、重たくはないのですが、ただ、たくさんのことが入って来ているため、そ
れは重たいのです。それは私たちの身体のあらゆる細胞に入っていっています。彼らが今日私た
ちに提供するものは、私たちのためだけのものではありません。私たちがこの地を去り、家に帰
ってから奉仕・貢献するつもりのもののためのものです。彼らはこの取扱説明書をダウンロード
させています。

けれども皆さんには今、それらを読むことができるわけではないと彼らは私に伝えています。そ
れをフェアだとは思えませんが、時が来たら、いくばくかの知恵が皆さんの口から出てくること
になるでしょう。それはただ、人々が聞句必要のあることになるでしょう。そして皆さんは、時
が来たら何をすべきか正確にわかることでしょう。私たちは皆、インスピレーションに従って行
動したいという内なる衝動を感じます。それはもっとずっと強くなりそうです。

皆さんは、今年全体がなんとなく煮え切らないように感じているかもしれません。「これをした
いんだけど、しない」といったように…。私たちはずっと、何もアンカリングさせることもなけれ
ば、何も融合しないように思える流動地帯にいました。どんな決定も正しいものには思えません。

私たちの多くは、自分の流れからたたき出されていたように感じていました。流れに乗っていた頃
の日々を覚えていますか?今は古い流れが10倍になったかのようです。流れに乗ってなされていな
いことに関して、私たちは痛々しいほどクリアです。この知恵は今、新しい庭で育っている種のよ
うに私たちの内側で花開き始めています。私たちはより深い、よりパワフルで無垢でクリアな流れ
を自分の内側に見い出していくことになりそうです。まず何かをすることが思い浮かんだ後に、そ
れがどういうことだったのかを推測するといったことがよくあることだということを私たちは知っ
ています。

そのインパルスは、後になってからそれがどういうことだったのかを理解するために、私たちを頭
の中に押し込みます。ガイドであるスピリットが私たちにすることは、その瞬間に、道に迷わせる
ことです。あなたのハートがあなたに何かをするように語っていても、多くは混乱の中で見失われ
てしまいます。つまり、皆さんは(アルーナはハートを指差して)ここから正しく機能する方法を
学んでいくことになるわけです。後知恵を働かせることも、このふたつめのインパルスを無視する
ことが簡単になるバックグラウンドへと消えていっています。

数週間前、ブッダの御影がセドナにやってきました。私たちはブッダの御影に祝福された水をいく
らか受け取りました。そのブッダの御影と一緒にいたことのある人は皆、それがまさに素晴らしく
パワフルで驚くようなエネルギーだということがわかります。その建物に入っていけば、急に涙が
溢れるほど、それはパワフルです。彼は私に水を少し授けました。もちろん私はそれを受け取るた
めに瓶を持ってくるよう求められていました。

今からラファエル(アルーナのパートナー)が環を2周してから皆さんの手に数滴の雫を落として
いきます。皆さんは必要とされるところどこにでもその水を入れることができます。たとえばハー
ト、第三の目など、望むところどこにでも入れられます。これを読んでいる人はきれいな水を両手
に1滴落としてください。この雫は悟りを得た者たちの歴史,血筋全体の振動を携えています。
ロード・メルは、これが助けになっていくものだと言っています。私たちは今、新しい世界のガイ
ドブックを持っています。そしてこの水の祝福は、ドアを開けるための鍵のようなものです。彼ら
は、皆さんがこの鍵を得るためにここ(モレー)にいる必要がないとも言っています。たった今、
この鍵をゲットしている人たちは世界中にいます。このキーを得るためにこのブッダの水が必要と
いうわけでもありません。これはいわばシンボルのようなものです。実際にブッダの水を私たちは
必要としません。私たちは外側から何かを引き寄せる必要が出てくることになる場所にとうに行っ
ているからです。必要となるものはすべて(ハートをさしながら)ここにあります。

しかし、私たちの人間の側はまだ外側のものを好みます。たとえばこうしてペルーに来ることもそ
うです。けれども実際にここに来ることは機械的な日常から出る助け、目覚める助けになります。
けれどもそれも必要なことというわけではありません。彼らは、「そのドアを今、通り抜けたとい
うことをまさに今、理解し始めている人々が地球中に、地球じゅうにいる」と言っています。私は
2週間前(8月の下旬)にそれを感じました。このサークル~ここにいる私たちの多くも2週間前
に何かがシフトしたのを感じました。それは今、世界的なことになっています。誰もがそれを感じ
ています。それは、大きな可能性の空虚感です。

私たちは未来へのガイドブックを収集しているところです。そして私たちは、そのドアを開ける方
法を知っているキーを受け取っているところです。イメージしてみてください。あなたの愛する人
たち,この地球上であなたと関わっている人たち皆もまた、このエネルギーを贈られていると…。

私は、私たちを取り囲んでいる聖なる山々から私たちのところに来ているたくさんのエネルギーを
感じてもいます。私はロード・メルを感じています。彼は、私たちがサークルの中に入ったとき、
ここにいました。私たちがサークルの中ですべきことをするために、私たちのためにスペースを保
つこと以外には、彼は何もしていなかったようです。昨日、彼らはスレートをきれいにして、私た
ちからもものごとを一掃させました。今日、彼らは私たちをここに座らせ、私たちのためにスペー
スを保っていてくれています。彼らは私たちに今、私たちの仕事をさせています。私たちの時間で
す。この時間は、私たちが昨日、ほんとうに深く受け取ったものを取り入れ、自分自身のパワーに
させるための時間となりそうです。私たちが自分の2本の足で、自分ならではのパワーと共に起き
上がることが重要です。

今、この新しい周波数は、私たちのハートの中で高まっています。それはまるで、ハートが広がっ
ているかのようです。もちろんそれは、身体的な心臓のことではなくエネルギー的なハートのこと
です。彼らは「新しい世界では、エネルギー的にずっと大きいため、私たちのハートの神殿もまた、
それに応じて大きくなる必要がある」と言い、私たちのハートを拡大させています。私たちのうち、
上の領域の存在とつながっている人たちは、彼らが私たちに贈っている愛は、言語に絶するほど巨
大であるということを知っています。さて、彼らは私たちを拡大させているわけですが、そうする
ことで私たちは、そのレベルの光,そのレベルの愛を輝かせることができ始めるようになるからです。

アンデスの山々のマスターたちは私たち自身の他のエリアも縮小化させしています。私たちにはチャ
クラが2セットあります。ひとつは愛に基づいたもの、もうひとつは恐れ/ネガティブなエゴに基づ
いたものです。あなたの愛と光のハートチャクラの背後には、実際に、恐れに基づいたハートチャ
クラがあります。

たぶん、これに関して語るスピリチュアルな教えがいくつか地球上にあるでしょうが、私はそれを聞
いたことがありません。恐れに基づいたハートチャクラは、身体において実際的なセンターであり、
原始的なセルフのセンターでもありました。これらのセンターはしばらくの間は必要でしたが、しか
し今、その場所は縮小されています。ですから、この縮小化に関してあなたがOKであるならば、あな
たは自分の問題,恐れ,くだらない考え,繰り返してしまうパターンを手放すことにもOKであるはず
です。どうかこの縮小化が起きるままにさせてください。それはチャクラセンターで完全に別れた区
画であり、二元性のネガティブな側=ポジティブなチャクラ二元的な側を保つものだからです。

私の説明にピンと来てくれることを私は望んでいます。とにかく彼らは私たちのネガティブな原始的
な側を縮小化しようとしています。私たちのそうした側は消えていきつつあり、そのスペースを満た
すために他のものが大きくなってきています。そう、私たちのハートは拡大しつつあり、ネガティブ
なものは消え行きつつあるのです。アンデスのマスターたちは、来月にかけての2週間、ステップ・
バイ・ステップでこれをしていくようです。彼らは素晴らしく容易にこれを行なっていくつもりなた
め、どんな反発をも誘発することにはならないでしょう。もし、ものごとがあまりにも速く変化すれ
ば、私たちの記憶や機械的な作用はそれを引き延ばしたいと思います。そうすることに馴染みがある
からです。そのため、彼らはそれをゆっくりとしていくつもりです。あるいは、こういうべきでしょ
うか。実際にはそれを私たちが自分自身のためにしているわけですから、私たちはそれをゆっくりと
素晴らしくやっていくと…。アンデスのマスターたちは、私たちのためにスペースを保持すること以
外は何もしていないからです。

そして再び昨日のように、私は、私のソウルファミリーがサポートするためにここにいるのを感じて
います。彼らの多くが来ています。彼らは私たちに何かをすることを求めています。私たちの内側で
彼らは、私たちが自分のハートから,内側で,ほんとうの自分という者を取り戻して欲しいと思って
います。彼らは言っています。このサークルにいる誰もが…そしてこれを読んでいる人たちは…ほん
とうの自分の輝きを一瞥してきたが、それを完全に受け容れることを恐れているようだ…と。

彼らはそれを今、取り戻せと言っています。私たちと集っているスターエルダーたち,ロード・メル,
七つの光線のブラザーフッドと、ガイドたちの一団は議会を開いています。そしてここで、私たちが
質問をする時間を設けてくれています。あなたには今、彼らに質問をすることができます。あなたの
モチベーション次第で質問に答えるかもしれないし、答えないかもしれません。おわかりですか?今、
彼らは「たくさんの質問がある」と言っています。あなたが望むなら、あなたには彼らに言葉でもっ
て尋ねることもできますし、内部的に(内側での感覚で)問うこともできます。彼らは私たちのこと
をこうも言っています。「君たちはとても目覚めたグループで、内側ではとても好奇心が強い。それ
はほんとうにいいことだ。好奇心が強いということは、今の時点では否定してしまうことができてし
まうかもしれないとしても、やって来ていることを受け止めるためにオープンになったままにさせる
からだ。好奇心だけが、受け取ることにオープンにさせ続けるものだ。」と…。


【質問】 次はどうなりますか?

【アルーナ】 そう、それは誰もがする質問です。私たち皆が次がどうなるかを知りたがります。
けれども真実では…次に来るものは私たちがつくったものということになります。新しい世界は白
紙の状態です。私たちが向かっているのは真新しいところです。たとえれば…私たちはまさに今、
耕されたばかりの農地に囲まれたところにいます。そして私たちは種です。私たちが蒔く種がこの
新しいエネルギーの中で成長していくものです。それは、この新しいサイクルで明らかになるもの
です。ですから、次に現れてくるものは私たちがつくったもの,私たちのハートに保持しているも
のということになります。(この時アルーナは、新しい世界にあってほしいものを表わす言葉=ひ
とつの単語をサークルの中央に入れるよう、参加者たちに指示しました。何十もの素晴らしい言葉
が声に出されました。一例を挙げると、無条件の愛,ユニティ,平和,コミュニティ,楽しみ,感
謝,平等,聖なる家族,パラダイス,信頼,憐れみ,慈悲,ありがたさ,永遠の若さ,自信,真実,
経緯,至福,今,自由などです。)

【アルーナ】 サークルの中央でエネルギーがとても美しく高まっているのを感じることができま
すか?ここにいるマスターたち,ガイドたちは、これらの意図を収集して振動にして私たちが先ほ
ど受け取ったガイドブックに収めてきました。彼らは私たちの内側にこれをすべて書き込んでいま
す。そして彼らはその波動を集めてもいます。これは私の考えではありません。これは大天使ミカ
エルのアイディアです。えぇ、彼にはほんとうにおかしなユーモアのセンスがあります。彼は彼が
サンタクロースを演じることになりそうだと言っています。彼は、私たちが新しい世界で見たいも
のとして出した私たちの意図すべてを大きなエネルギーの袋に入れて、地球中のオープンなハート
の持ち主たちすべてにそれを配るつもりのようです。彼はサンタクロースの衣装を着ています。私
はこのようなことを話したくはなかったのですが、彼は私を惑わせるのが好きですし、それを楽し
んでいるようです。

OK、ここのエネルギーがだんだんと薄らいでいくにつれて、私は、私たちが糸として出した言葉と
「次はどうなるの?」という質問とがマージしているのを見ています。マスターたちはサークルの
中に入ったすべての言葉を見つめていました。そしてこれから彼らはどの言葉が「次はどうなるの
?」の問いと最も関連していたのかを私に見せるそうです。「バランス」,「自由」、そして「今」
という言葉があがってきています。残りの言葉は、この3つの言葉の種から顕われることになる二
次的なもののようです。おそらく私たちは、この巡礼の旅に沿ってそれが意味するものを知ること
になるのでしょう。けれども「バランス」,「自由」、そして「今」という3つの言葉がリストの
トップに来ています。ですからそれが次に来るものということになるのでしょう。私たちが好奇心
の強いままでいて、これが意味するものに対してオープンでいれば、私たちにはもっとわかるよう
になるかもしれません。バランスは常にあるべき良い方法です。自由とは私たちが起き上がったと
きに起きる何かです。私たちがもっと自分を信頼するようになれば、私たちを安全に保つため、た
くさんのルールも必要としなくなります。宇宙は私たちに対して親切で、私たちを愛しており、私
たちを保護しています。もし、私たちが眠ったままだったり無意識なままでいれば、私たちは自分
自身を守るためにたくさんのルールと境界と共に生きていかねばなりませんが、私たちが起き上が
ったとき、こうした境界は消えていきます。私たちは自分自身のケアをする方法をわかっているた
め、それ以上境界を必要としなくなるからです。それは、その瞬間~今にいるという能力にもっと
目覚めるということなのではないかと私は思っています。これでメッセージは終わります。


http://lightworkers.org/channeling/117045/void-great-potential


-Jueuxさん訳

*  *  *

ここ数日は、頭全体に圧迫感があり、ひどく眠い状態だった。
ときどき、痛みに近い感じもあったけど、まだ耐えられる
範囲のもの。
なるべく、身体の声にしたがって過ごしていた。

でも、どんな状況も自分に必要で起こっていること。
そう思えば、何事も超えられるものだと思う。

上記のメッセージにあったように、頭に圧力を感じていたのは、
大量のダウンロードがあったのかも知れないね。

今日は、少し落ち着いたかな~?

質疑応答のミカエルのサンタクロースの話を想像したら、ちょっと
笑える。大量のギフトを大きな袋に詰め込んでいるのかな?って
思った。

*  *  * 


【転載】レディ・ナダ − わたし達が向うところ へ

スポンサーサイト
☆本日↓2010/11/1(月)の始めはこちらから。
【転載】大きな可能性の空虚感に


*  *  *

今朝、このメッセージを目にした。

最近のメッセージではないけれど(今年2月のかな?)、
疑問だったことが少し腑に落ちたので、転載させて頂く
ことにした。 参考までに、、、。


きらきら星へようこそ,,,☆ から
「レディ・ナダ − わたし達が向うところ」

LADY NADA - Where We Are Headed

シェリー・キム・ゴールド経由
Channeler: Shellee-Kim Gold

Friday, February 12, 2010


わたし達は今日、現在の皆さんの現実性の特徴について、そして訪れる新しい地球につい
て伝えたいと思っています。わたし達は、皆さんの世界は混乱していると繰り返し伝えて
ます。皆さんの術語で言うと、熱は上昇し、より以上に熱くなろうとしています。皆さん
は皆さんが選んだ現実性の中で空間を複写しています。その現実性が、皆さんがこれまで
選択してきたものを未来に反映することになります。これを理解し認識できる(内面の)
目を持った人々にとって、こうした出来事は偉大な学びを早める時になります。

地球の領域とその人々のもとに短期間で実現する多くの物事が存在していて、それは啓示
的性格を持ったものになるでしょう。以前に懐いていた皆さんの現実性や皆さん自身に対
する誤解の多くは、ほとんど瞬時に一掃される予定です。
それが多くの人々の過去の条件付けられた現実性からかなり距離を置いたものになるため、
彼らが消化するのが困難だと感じるものが数多く現象化します。その条件付けは、これまで
地球を支配してきた勢力による価値や信念の体系として植え付けられてきたものです。

今ここに、皆さん地球の一員のための別の選択肢が存在しています。おそらく、皆さんは自
分自身に尋ねるかもしれません:わたしは、この時代にわたしに提示されるものを充分に調
べることができる開かれたこころを持つことになるのでしょうか?それとも、身近な対象に
ついて前に懐いていた分別を守るために、わたしは口を閉ざすのでしょうか?

皆さんの世界で行われてきた大衆操作の履歴を見せ付けられた場合、控えめに言ったとしても
、それは多くの人々が忍耐を求められることになるでしょう。それでも、皆さんの中にさえ、
これまで提示されてきた物事に満足していない人々や、新しい可能性を死に物狂いで模索して
いる人々が数多く存在しています。人々の間のより深い分裂、真実の数々がより二極化された
ことによる意見の衝突を予想しておいてください。

最愛の皆さん、厳しい試練の時が訪れます。そして、課題を確認した時に、自分自身の感覚に
忠実な状態を保つことが欠かせない条件になります。そうしなければ、皆さんは風に飛ばされ
て右往左往している人のようになり、皆さん自身の運命の決定を他の勢力に許してしまうこと
になります。

大多数に影響を及ぼす不確定要素が存在しているため、わたし達はこの結果のすべてを理解し
ている訳ではありません。わたし達は、もしも皆さんのほんの一部でも自分達の運命を把握で
きるようになれば、当然の結果としてより多くの人々にかなり影響力を及ぼすようになること
は充分理解しています。

皆さんの中には、現時点で皆さんの世界で起っていることを感覚として知的に把握している数
多くの人々が存在しています。皆さんのなかでは‘競技’が行われているという感覚が大きく
なってきています。そして、皆さんが異なった方法でその競技を行うようにする選択肢も手に
しています。

その競技に参加する別の方法が常に存在していることを、わたし達は皆さんに伝えたいと思っ
ています。ひとつの方法は、とても競技を行うようなものではなく、そこから皆さんのエネル
ギーが完全に奪い取られてしまいます。別の方法では、その競技の中で皆さんが以前からどの
程度敵を利しているかを判断して、これまでの皆さんの得失そのものを良い結果にする可能性
を持っています。

皆さんがこの地球上に存在している理由は、皆さんがこの場のエネルギーと二元性を巧みに利
用して、皆さん自身をより進化させるためです。それでも、ほとんどの人々が自分自身に対す
る約束を忘れてしまっているのです。そしてその忘却の覆いが、多くの人々を物理的な遺物だ
けに目を向けるよう仕向けてきました。

最愛の皆さん、原初の領域は、かなりの数の人々が新しい地球に入って行くためのものでした。
この次元上昇と、人類というひとつの集団に対して行った母としての地球の選択は現在進行中
ですが、しかしそれは皆さん自身の個人的な次元上昇でもあります−しかも、皆さんもまたこれ
を達成するためにここに存在しているのであり、それが著しい危殆に瀕しています。

わたし達はここで、維持して守り通している意志堅固な人々について言及しているのではあり
ません。わたし達は、勇気を放棄し自分達の生命の諸問題に圧倒されている、‘諦めた’人々
について語っています。また、自分達の夢が実現されず、自分達の期待に沿わない場合に必ず
といって良いほど冷笑や怖れに引き籠る人々について語っています。

これについてすべて語ってきたため、もちろんこのすべての学習をもう一度繰返す次のサイク
ルでの機会も存在していますが、おそらく、闇の支配者達が自由に出入りできる活動範囲の中
では、皆さんの成功は悪しき事態が切迫したものになるでしょう。この場所で皆さんは、皆さ
んの意識や自信を蝕んでいる支配者達に、そして根を下ろして皆さんの自己という感覚を侵食
している陰湿な想念形態に、耐える必要はなくなるでしょう。

この地球の実験は終わりに近付いているため、わたし達は、始まりから現在まで別の形で行え
た可能性が、またその‘競技’が別の形に計画できた可能性が、数多く存在していることを実
感しています。しかし今、新しい地球の上で生活する者達が困難に上手く対処するために、少
数の者達が責任を持つことが必要になるでしょう。

永遠に続く平和、愛そして光に対する期待を抱いている人々のために、皆さん自身のためとし
てわたし達は現在この概念を一掃することを求めます。新しい地球は、気の弱い人々、幻想を
抱いている人々のためにものではありません。膨大な量の連携協力、善意、共同体の善のため
に活動する願望が必要となるでしょう。そうした活動の中で、皆さんは皆さん自身を発見しま
す。実際こうしたものは、こうした新しいエネルギーの中で生き残るための基準となります。

もちろん、新しい地球に自分の居場所を見付けながら、こうしたことに足並みを揃えない人々
もまた存在するでしょう。こうした人々は、例えて言うと、むしろ1本のしめ縄が激しく彼らの
首の周りを絞めているように感じることでしょう。彼らは、彼ら自身が地球の新しいより光に
満ちた奉仕を重視する振動に足並みを揃える選択をしない限り、彼らの振動は次第にその圧力
に耐えられなくなるでしょう。

それはむしろ、‘変化’と伴に生きる刺激的な場所になるでしょう。この‘変化’という言葉
が重要な意味を持つようになります。万物とすべての人々に共通して…。新しい人類は、次元
上昇した人々や惑星に向って進む最も愛されている存在であるため、これが皆さんにとって意
識的な準備の始まりになります。

生命と進化は、何にもまして、愛され続ける存在でなければならず、その通りになっています。
そしてこれが、わたし達が皆さんと分かち合うようになるものです。

質疑応答

Q & A:

シェリー:新しい時代において、瞑想の実践が霊的周波数を引き上げて次元上昇を起こすための
自動的パスポートになっているという、ある共通の考え方があるように見えます。それでも、わ
たしが読んだ信頼できるチャネルからの情報はこう述べています。“瞑想は次元上昇とは関係あ
りません。動物は瞑想せず、彼らのほとんどが次元上昇することになるでしょう。一方、瞑想を
実践している多くの個人は、次元上昇することはないでしょう”
(訳注:これはランガ経由エンマヌエルの2月3日の「Make your choice」の中の質疑応答にある
ものです)

ナダ:本当です。これまで多くの人々が利得を目的として瞑想について言及しています。そして
これは議論されてはいませんが、わたし達は、かなりの実践者が、自分自身と深くつながるとい
うよりも自分自身から‘抜け出す’手段として瞑想を利用していると判断しています。どのよう
な方法でこれが可能になるのでしょうか?そうです、瞑想の時間の後に皆さんが直ぐに感じる安
らぎは、知性的/精神活動的な体だけに影響を及ぼす束の間の経験に過ぎません。一方で、次元
上昇の理念は、内面の平和から永遠に生きる空間に向けてエネルギー的に完全にギアを入れ替え
ることです。またこれは、皆さんすべての体が、永続的に平衡が保たれた状態に移行することが
必要になります。

シェリー:わたしが見てきた多くの瞑想実践者が、知性を通して実践者のこころの中に本当に横
たわっているものを探求することにほとんど不可解な恐れを抱いていますが、これがその理由で
しょうか?

ナダ:はい。憶えておいてほしいのは、闇の支配者達の多くの装置のひとつが、ニュー・エイジの
人々に‘諦める’気にさせることです。音楽、麻薬、他の霊的慣習といった現実逃避型の人の戦術
はすべて気晴らしとして用いられていて、多くの人々にとって強迫観念になっています。瞑想はこ
うしたもののひとつです。人々が瞑想に付随する平和と霊的喜びを求めている限り、彼らが儀式的
慣習の中で迷い、必然的に自分自身を正直に観察する欲求という本来の目的から逸れて、その目的
に対する興味が失われることを支配者達は気付いていたためです。実際、あなたが言ったように、
多くの人々がこれまで正反対の行動を取ってきて、今は本来の目的に必要なものを否定し、怖れて
います。そのため、この状態の人々からあなたがしばしば受け取る反応は、“頭を空にしてもっと
こころの中に入らなければだめだ”というものです

シェリー:冗談抜きで、ノミや寄生虫のような人達は新しい地球でも依然存在することになるので
しょうか?

ナダ:かなり少ない数ですが。ある種の寄生形態はまったく排除されることになりますが、他の者
は、地球上のエネルギーが彼らの生存条件より薄くなるまで、しばらくは許されることになるでし
ょう。闇の人間や惑星外種の手下達は、自分達自身に寄生して、極端な両極性が作動している地球
の目的にかなってきました。そうした寄生形態にも当てはまるように、物理的なものすべてはエー
テル質の対応物を持っています。

シェリー:彼らを愛したり感謝したりするようにわたしが要求されるのは御免だわ。そんな状態の
ところはどこにも近寄りませんから。

別の質問:裏返しの話し方(リバース・スピーチ)は、わたし達の世界で今何が本当に起こってい
るかを的確に実証できる方法だとわたしには思えるのですが。賛成でしょうか?

ナダ:その通りです。皆さんのメディアから流れてくる作り話から真実を読み解く極めて適切な手
段です。科学的知性を持った人々と、まるで‘過激派’からの意見のようにそういった主張を書き
殴る人々、両方の懐疑派を納得させるものです。実際、真実として、人間精神の潜在意識の水準は
嘘をつくことはできません。したがって、種としての人間に対する優れた判断能力を持ったこの道
具は、称賛に値するものです。

シェリー:わたしは混乱しています。まず、わたしは人間が何処に行きたいのかという選択肢は200
8年12月に決着が付いたと理解していました(新しい地球に留まる、別の3次元の惑星、エーテル質の
家に帰る等々)。それでも、地球が静止状態になる直前まで人間は依然として、どんな時でも、選択
できる、とわたしは今聴いています。はっきりさせてほしいのですが。

ナダ:愛するシェリー、去年この惑星の多くの人々が変化しました。地球を心配して変化した支配
層が、人々に別の選択の機会を与えるよう命じました。個人的に着手した準備やそうでない準備も
含め、その準備として、多くの人々が早い時期に選択を下しましたが、一部の日和見していた人々
は別の選択が許されるこの余分の期間から恩恵を得ています。その上、新しい地球にすでに関与し
ている多くの人々は、最後の準備として浄化と成長のためのこの延長時間を必要としてきました。

わたし達の方の覆いを取り除くために、必要な時には皆さんから彼らに支援を依頼するようにして
ください。愛する皆さん、このすべてが今晩準備されています。皆さんは深く愛されています。

http://goldsalchemy.blogspot.com/2010/02/lady-nada-where-we-are-headed.html
http://lightworkers.org/channeling/99460/lady-nada-where-we-are-headed

by 翻訳:森のくまさま (2010-03-23 15:22)


*  *  *

このメッセージを読んで、「そういうことか」という部分が
少しだけあったのだけど、【質問】の中で、プロセスが延期
されていることについて、下記のミカエルのメッセージを思
い出した。
10/2/14【転載】2月のエネルギー

今振り返ると、私も、まだまだ2月の頃には見えていない部分が
たくさんあったな~と思って。
2月以降から、これまでの道のりを体験して、なんとなく少しだけ
分かったような気がした。


2010/11/2(火)晴れ


*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
Akashic Records for November 2010
1 November 2010
Channeler: Jen Eramith MA

http://www.akashictransformations.net/mc/page.do?sitePageId=53332

「11月のアカシックレコード」


☆ 2010年11月にはどんなエネルギーと体験が予測できますか?

今月は、全てが軽やかで、潜在的に容易になる感覚があります。このエネルギーを言い表
すベストなイメージは、早い流れの川が曲がりくねりながら流れていく様子です。全ての
方が、今月さらに勢いづき、物事は軽やかに、さらに早く動いていく感覚があります。

ですが物事が突然に容易になるわけではありません。と言うのは実際のところ、今月はチ
ャレンジも含まれるからです。だから私たちはこの川は曲がりくねっていると言っている
のです。

あなた方は継続して再調整しなければならず、それが今月のカギとなるでしょう。
ご自分自身を継続的に再調整していってください。習慣や癖の中に居続けずに、ご自分の
環境によってアジャスト(調整)してください ―― 融通をきかせて、フレキシブルで、
あなたのマインドを変化することに対して快く在ってください。今月これを行うことが、
信じられないほど助けとなるでしょう。

もしあなたがご自分の環境とともに流れて、継続的に融通をきかせて変化をしていけば、
今月あなたはとても早くご自分のジャーニーを前進していくことが出来ます。
今月は物事に対して抵抗しないでください。

川が曲がりくねっている時、何かが起こります。この部分の川岸は、浸食しはじめます。
水が曲がっている部分の岸に飛び跳ねて、岸を侵食し始めるのです。それは泥や岩を押して、
下流へと押し流していきます。
今月このようなことが皆さんに起こります。
抵抗をしていたご自分の古い部分、または今あなたの道に立ちはだかる部分が浸食されます。
現れる新しいあなた、喜びに満たされたいと願うあなたが成長していき、過去のあなたの全
ての古いアイデア、古い限界の全て、あなたの行き詰っているどんな部分に対しても反発し
て、そういった部分を流そうと試みます。

容易に想像できると思いますが、もしあなたがこれに抵抗するのであれば、川岸はゆっくり
した川の流れによって少しずつゆっくりと浸食されていくのではなく、地滑りが起こらなけ
ればならない状態となります。
もし川が岸を侵食していく時に岸の土をそのまま保とうと試みたとしたら、その部分の地面
は結局は滑ること、全てが滑り落ちることをあなた方は知っていますね。地滑りが起こるの
です。
抵抗して、全てを今までの場所、またはあなたがあるべきであると考える場所に留めようと
試みるよりも、物事の変化に任せてください。これは、川がゆっくりと流れるに任せ、あな
たが行き詰っている場所を安定して流していくのと同じことです。
もしあなたがそれを行えば、これは穏やかに、早く動いていくプロセスとなるでしょう。

今月は本当に素晴らしい、あなた方にとってとても素晴らしい月となるでしょう。ですがも
し抵抗したら、あなたが物事をその場に保とうとしたら、あなたの人生の中には地滑りが起
こるでしょう。それは、今月または来月の早い時期に、あなたを変化させるように仕向ける、
物事を動かすような出来事が起こる、という意味です。これは脅しでも警告でもありません。

ただ自然に起こるプロセスを言い表しているにすぎません。これは川が川岸に対して起こす
出来事です。川がカーブに来た時に起こる事です。
あなた方は皆、現在ご自分の人生のカーブの部分に来ているのです。
それが今月起こることの全般的なセッティングで、エネルギー的に予期出来ることです。


☆ 私たちはこのエネルギーとどうワークすることが出来ますか?

一番重要なことは、融通がきくこと、変化を快く受け入れること、何を手放すことが出来る
かを見続けることです。
どんな古い習慣やパターン、ビリーフシステム(価値観)があなたの前に立ちはだかってい
ますか?どうやってあなたは少しそれらを取り去ることが出来ますか?
全ての物事を理解する必要はありません。あなた方が起っていることの全てを理解する必要
はありません。
あなた方に必要なことは、ご自分が現在いる状況を見て、ご自身に「今ここでこれをもっと
良くするために私は何を変化することが出来るか?」と尋ねることだけです。
小さな物事を小さな瞬間に取り上げて、変化し、調整し、融通をきかせてください。
それを行えば、今月を通して少しずつ少しずつ全てがどんどん良くなっていくでしょう。

他に今月知っておくと良いことは、一人残らず世界中の誰もが、ある方法または他の方法で
このエネルギーに巻き込まれるということです。
現在、惑星地球上で人々は違った道に在り、今月のエネルギーが覆うことに対してよりセン
シティブだったり、影響を受けやすいこともあるでしょう。
いくらかの方々は遠回りをして、ご自分の道を進むのは時々、ということもあります。また、
いくらかの方、特にもしも今の時期にご自分の人生において今月のエネルギーがパーフェク
トな場合には、あなたのソウルは集合的なエネルギーの中に入り、そのアドヴァンテージを
得るでしょう。
今月は地球上の全ての人が、このエネルギーによって掃除されるような月のひとつです。
もちろんあなたが何者であるかによっていろいろな度合いがありますが、全般的に、今月あ
なたが見る人全て、あなたが話す人全て、あなたが関わる人全てはとてもチャレンジとなる
変化を体験するでしょう。

ですから他人に対しての許しと恩寵を持つことはとても大切です。幸運なことにそれは適応
と融通と手を取り合って進みます。あなたがご自分自身に対して融通がきくとしても、他人
がその人自身のマインドを変えることに対しての場所を創ってください。「あなたに(すで
に)そう言ったでしょう」と、ご自分の周りの人に言うようなことを控えてください。他人
が、その人自身の変化のプロセスにあることに、いくらかのスペース、許し、恩寵を与えて
ください。
長い間抵抗してきた人がついに手放す時には、たくさんの勇気が必要です。そのような人に
対して許しと恩寵とともに在ることで、あなたは、彼らが容易に変化出来るように助けるこ
とができます。
今月あなたがご自身の平和に向かうこと、また世界をよりよい場所にすることに向かうのは
長い道のりです。
現時点において、世界をより良い場所にするために助けることは、あなた方皆の責任です。


☆ 今月についてキーパーたちが告げたいと願うことはまだ他にもありますか?

月の流れがシフトする感覚があります。第一週目くらいに、あなた方は勢いを感じて、物事
が早く動き始めます。多くの方々は忙しく感じ始めるでしょう。あなたが実際的に忙しくて
もそうでなくても、あなたはそう感じます。あなた方は物事が突然に早く動き出すシフトの
ように感じるでしょう。

もし今までにあなたが曲がっているところ、カーブの最高潮の感覚を感じていないのであれ
ば、第3週目の終わりにいくつかの物事を明らかにしなければなりません。
11月の3週目の終わりは、あなたが曲がり角のところで揺れている時に起こるべき場所へ
とあなたをさらに押します。その時にあなたのプランを入れ過ぎていないようにしてくださ
い。多くの活動をプランしないでください。想いにふけったり、振り返ったり、ご自分のケ
アをするためのいつもよりたくさんの時間をご自分のためにとってください。11月の第3
週は、ご自分のスケジュールにいくらかのスペースを開けておくことで、あなたはマインド
の平和を発達させて、自分の人生に何が起こっているかの感覚を得るための時間を持つこと
が出来ます。

それ以外は、全体的に言うと、今月は変化のためのたくさんのスペースがある最後の月です。
今月の後には、あなた方の人生の全てが、ある方向または他の方向への安定していきます。
愛に向けて、または恐れに向けて、あなた方は愛と恐れの間のご自分の基本的な選択に基づ
いて、今年の残りを構築していきます。
11月はあなたが愛に向かって進み、恐れから立ち去る最終の選択をする素晴らしい機会だ
と考えてください。
今月はずっと、あなた方がご自身のパーソナルなチャレンジに出会うこと、ご自分の抵抗に
出会うことを心に置いて、「私の愛はどこにあるか?」「私の恐れはどこにあるか?」「ど
うやって愛に向かって進むことが出来るか?」とご自分に尋ね続けてください。
もしそれを尋ね続ければ、あなたは残りの今年の段階をセットすることになります。

2011年とその後を通して、あなた方は今までよりもずっと間違いが少なくなり、ご自分
がもっと楽になるような段階をセットしていきます。
今月は、あなたが愛に向かい、恐れから立ち去るコミットメントを確固たるものにするため
の素晴らしい機会を与えます。この機会を見逃さないでください。
注意を向けて、あなたができる一番パワフルな選択は、あなたが“今”の瞬間にする行うも
のであることを心に留めて覚えていてください。

全てを理解しようとしないでください。“今”あなたとともにあることを処理して、最善を
尽くしてください。そして準備が出来た時に他のことための他の瞬間がやってくること、あ
なたがその瞬間に来た時に何を行うべきかを知っていることを信じてください。
今は深呼吸をして、今のこの瞬間の中で愛に向かって進むあなたの最善を尽くしてください。



-sesameさん訳

2010/11/3(水)



あ~、昨日はきつかった。(汗)

最後の最後だといいけどな。

もう、”期待”だけじゃなく、希望もちょっとした楽しみさえも、
なにもかも手放すことに、再度気づいた。

以前にも紹介して、自分でも書いてるのに、つい忘れてしまって
いたことも思い出させてくれた。
このブログでローレンのメッセージの抜粋を紹介していたの
だけど、昨日、読み返してて、
「あっ、そうだった。希望も期待の中に含むものだった!」と
よく考えればわかるのに、あまりにも一時、希望にしがみつい
てて見えなくなっていたことに気づいた。

→10/8/22【三度目の全財産失う[延長戦]~空っぽになるということ】
そもそも、「期待」って、あまりに密度が濃くて重いがゆえに、
私たちは文字通り、あちらには「期待」なんて持っていけないからよ。

基本的に「期待」って「何かが足りない」っていう気持ちからの派生物よね...
不完全だっていう気持の結果だから、それは単に、
完全性の高周波数の中では、存在できないのよ。

私たちが行く先では、「期待」は、今を完全に受け入れ、
何も変わる必要が無いことを「知っていること」と平和に変わるわ。

これは「降伏して手放すこと」の究極の状態で、
ここを通過するには、必要な事なの。

何かを期待したり、こうなって欲しい、と願うことの代わりに、
私たちは、反対のアプローチを取らなきゃならないのよね…

私たちは、この「向こう側に行けるのか」っていう、
不確定で不快な状態を、
完全に心から降伏して、受け入れなきゃならないの。

すべての幻想、妄想、希望、夢、期待、など…
私たちが、ここまで来るために燃料にしていたものや、
目の前の「ニンジン」にしていたもの…

このドアを通過するために、
これらは全部、切り離さなければならないわ。
そしてこのドアには、終わりと始まりが、同時に存在するの。

もし、疑いの気持ちが出てきてしまったら、
「希望」を持ってる人じゃなくって、
「信念」を持つ人が、
新しい太陽と共に上昇するんだ、って覚えておいてね。


確かに、”希望”は、ここまで来るまでに必要だった。
”希望”がなきゃ、ここまでこれなかった。
でも最後は、全部、手放すんだ。

前回、、、
→10/10/30【ひとりごと:終焉~とことん0[ゼロ]を通る②】
恐れに入ったときに、全て手放す選択はしているので、
徐々に、期待とか、希望も反応は薄く、なにも感じない感覚
も増えてきていて、11月1日の日はとっても穏やかな状態
で過ごせて、久しぶりにストレッチも出来たくらいだったのに、
昨日の午前中に、不動産やさんから、着信が入っった時点で、
おもいっきり中心がズレてしまって、昨日はナカナカ立て直す
のに苦労した。

何やってもダメなときは、恐れも出るにまかせて、「出るだけ
出ろ」って開きなおるののいいのかも知れない。
かなり消耗するけどね。出るものは仕方ない。

で、前日が調子よかっただけに、すぐお試しがきたような
感じだった。「ほんとうに、もう大丈夫?ブレない?」

いやいや、悲しいかな、ブレてました。って感じで、、、。

大家さんや、不動産やさんに対する気持ちさえも、超えて
いけってことも段々わかってきた。

今までの自分なら、自分の誠意というか、人間としての誠意
って?とか考えて行動もしていたと思うのだけど、今回は、
どうしても、不動産やさんに電話することにはハートは開か
ないし、どちらにしても、言い訳ひとつ浮かばないどころか、
いつ支払います。とも言えないことが、「どうしたらいいの?」
「何を話したらいいの?」と、葛藤が起こった。

ここにきて、本当に最後の部分を手放すことの難しさを実感した。


これは、そこに囚われるなってことなんだろうと思ったけど、
どうしても、一旦ブレたのが戻らないので、携帯の電源も切っ
って、とにかく感じつくした。

夜になって、一旦携帯の着信を確認すると、Gちゃんから着信
があったので、電話で話して残っている部分の名残(今の時点での)
を最後は笑いながら、お互いに解放できたようだ。

「きっと、いつかこの体験も笑って話せるよね。」

「もう、変態だと思っていたけど、変にまだ真面目さも残って
いたりして、ちょっと中途半端な変態だったね。」と笑った。

この道は、本当にアホになりきるか、変態になりきるか。
本当に、自分を造ってきたものを、崩して、外して、空にして
いかないと、進んでいけない。
そんなことを、お互いにしみじみ感じたときだ。

電話を切ってから、なんかすごく軽くなったような感じだ。
ほんと、感謝だった。

*  *  *

どういう訳か、ここ数日前から、ダウジングしても殆ど動かない
のだ。 もう完全に”沈黙”って感じ。
自分で超えていけ。って感じなのか自立を促されているのか。

その後、ふとしたことから、昨年の7月頃のブログを読むことに
なった。

昨年の7月は、いろいろあったけど、初めてyoham(私の神)と
ayaちゃんを通じて話すことが出来たときで、いろいろと発見も
あったときだ。
なんだか、その時のyohamの感覚を思い出したくなったのかもしれ
ない。当然、その時も、今現在もyohamは自分の内側にいる。
振り返ると、いつだってなんらかの形で、答えを与えてくれていた。
今は融合されたけどハイアーセルフとの会話も含めて、何だか、
気持ちがHotになってきて、あの頃に自分に誓ったことなども思い
出した。
☆自分との出会い→→2009/7

そうそう、女に二言はないぞ。今、自分のやれることをやるだけだ。
自ら望んでやっていくって言ったのは、他でもなく私自身であって、
なにも強制されたわけじゃないんだよね。

過去の読んでいたら、「はっ」とするような言葉やメッセージなんか
も発見できて、過去のものだけとタイムリーで、新鮮に感じた。
何だか、いつも一緒に居るんだよ。って伝えてきてくれている感じ
で暖かくなった。

yohamが言っていた言葉、

「恐れを生み出した時→忍耐の時期→出口は見えている」

これを読んで、そっか、もう出口は見えてるってことだよな。
だからと言って、今はそれを=「期待」して見るのではなく、
それも超える。
手放しても、ひょっこり顔を出すときあるけどね。汗

それと、この時に
→09/7/19【深刻にならないこと】

シャウドから、クツミのメッセージの抜粋を載せているのだけど、
クツミがファラオになったときの話をしていて、その時のエジプト
で起こったことが、何だか今の状況、これからの状況(個人/全体)に
参考になるな~って思った。
深刻にならず、起こっていることを受け入れ、何もしない。(抵抗しない)
反ってそれを招き入れたことによって、どれだけエネルギーが変わった
のか。という話でね。

起こっていることを、否定したり、嫌だ嫌だと、いつまでも
逃げたり、抵抗する変わりに、自ら、「どうぞ」と招きいれる
ことで、自分を神にする。という話でね。

改めて、「なるほど~」そうだよな~。って感じたよ。

私も、どちらにしても引き返すことなど出来ないプロセスだし、
引き返したいとも思わないけど、今のプロセスは、さすがに嫌気
もさしたよね。
それはそれで、自分の感情も素直に受け止めることも必要だし、
いいのだけど、自ら、あえて招き入れることで、受容になり、解放
になり、多分、エネルギーが変わるんだろうな~って思った。
ま、私の場合は、たいてい「来るなら、来いっ」っていうやり方
だったけど。

結果的には、それが早い解決法に繋がっていたといえるのかも。

*  *  *

また、今日になり目覚めたときは、隣の部屋で人の声がする。
空き部屋のほうだから、工事の人の声と女の人の声?
不動産やさんか、、、と思って、ジッとして音を立てないよう
にした。

何だか、また疑問になってきた。
本当にこれでいいのだろうか?
でも、やっぱり、私はこのまま進むことにした。

以前にヤハウェイに言葉を思い出した。

→10/4/20【顕現のスキル~ヤハウェイ現る】By aya

ただ、おまえに、今ひとつ注意しておきたいことがある。』

「ドキっ!」※なんか私したんかい?って意味で。(笑)

『それは、忠告と受け取ってもらっていい。
 
 おまえの光が、強すぎるため、周りの人間を巻き込む。
 眩しすぎて、周りは目をつぶるから、見えなない。 ※理解できないってことかなー???

 その間、おまえは、何が起きているのか分からず、
 自分の光に気付かないまま、事を進めていく。
 それをすることによって、危機感を持つようなこと、摩擦のような事が起こる。』


もしかして、この事は、今起こっていることなのかな~。
大家さんや、不動産やさんは、きっと心配を通り越して
気を揉んでるだろうな。
本当に理解できないことだと思うし。(汗)

でも、もう「なるようになるさ。」
結果も、全て委ねる。”信念”だけもって、通過するよ。

とにかく、全部0[ゼロ]になるまで、続くってことだ。(苦笑)

*  *  *


【転載】神からのチャネリングメッセージ 2010年10月 へ

☆本日↓2010/11/3(水)の始めはこちらから。
【ひとりごと:終焉~とことん0[ゼロ]を通る③】

*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
through Leah Levkowitz

「神からのチャネリングメッセージ 2010年10月」

信頼は君の魂との整列から来るものだ。
そのときの君は、まさに君という存在そのものだ。そこには何のエゴもない。他の誰かが
考えること,信じていることも重要ではない。君はまさに紛いなき本物である君であるの
だからね。証明する必要もない。ただ、分かち合うだけだ。受け取ることにオープンな人
たちは君に引き付けられることになるだろう。それは、君の魂,そして神とのつながりと、
気づきから来るものだ。けれども、君が(君の魂と)つながっていなかったり、整列して
いなければ、君はありとあらゆる問題や障害を経験することになるだろう。このつながり
は他の何よりもずっと大切なものなのだからね。君を前へと動かしていくのが、このつな
がりだからだ。

君たちの多くが、より多くのお金を顕現させることに関心を持っているね?君たちはもっ
と多くを望んできたし、そうして、「自分にはどれほどのお金を得る必要があるのか?」
ということにフォーカスを当ててきた。君たちが自分で顕現させることができるものにつ
いて、自分が持っている制限的な信条に気をつけていなさい。

君が君の魂とひとつになっていれば、君は平和を感じ,クリアな感じを感じるだろう。君
の魂が、あらゆる障害の中、君を導くからだ。それは、自分の行く道にある障害物でいっ
ぱいの部屋の中を目隠しされて歩いていくのとは大違いだ。君が君の魂とひとつになって
いて、耳を貸していて、それをわかっていれば、君は目隠しなしで歩いているのと同じだ。
君は自分の周りに障害物の数々を目にするだろうが、君には自分が向かっているほうが見
えているのから、そうした障害物を避けるのも簡単だ。ここが違うわけだ。

そのためには、毎日、君たちが接続されて、いわばチャージされる必要がある。自分をク
リアな存在だと見てごらん。君が自分の魂とひとつであるとイメージしてごらん。


- 自分の一日の間に何をすべきか、どうしたらわかるのでしょう?

もう一度、内側でつながりなさい。君が自分の魂と一緒に流れていれば、君はすべきこと
が何なのかを感じるだろう。そうしてものごとはただ、流れていくだろう。もし、障害物
が現れたなら、立ち止まり、自分の思考がどこにあるのかをチェックなさい。たぶん、君
は他の何かをすべきなんだろう。おそらく、何かを食べるか、休む必要があるのだろう。
あるいは、内側にチューンする必要があるのかもしれない。君がガッカリしていたり、イ
ライラしている時に、最悪の事態が続くことになっているのだからね。そうなれば、もっ
と君をイライラさせることになるだけだ。起き上がり、ストレッチをして、散歩をするか、
エクササイズをなさい。“自分がやっていること”を手放しなさい。ガイダンスとアシス
タントを求めて、深呼吸をし、それが来るのを許して受け取りなさい。

君たちの世界はどんどんと速くなっている。君たちは毎日、絶えず「何かをしていなけれ
ばならない。何もしていなければ、神が許さない。」と感じるほどまでに、あまりにも多
くのインプットに攻め立てられているが、ただ感じるまま,流れに乗っていくままにする
ことと、行動を起こすことの間にもバランスがあるのだよ。それは、自分の周りのエネル
ギーの流れ~その流れが君を導きたいところを感じることに似ている。君は自分の周囲や
内側に不安や抵抗,感情を感じているかな? 君が、犠牲者としてではなく、君がそうで
あるはずの意識的なコ・クリエイターであり得ることに気付くようになるために学んでいる
のは、こうした微妙さなのだ。

きっかけがあれば、それは入ってくる何かになる。それを本当に見るということが、君を
誘発するのだ。君は、君が経験していることを君がそうであるよう方向で経験するために
選択をしている人物だということを認めなさい。「そんなふうにさせることなどできない。」
と君が自分自身に言えば、君は、そういかないように選んでいるため、その経験をし続ける
ことになるだろう。けれども君が「そうさせる」ことを選べば、君は自分の経験を選んでい
るため、何か違ったことが起きることになるだろう。

私はこのことを、君が理解すべき重要なこととして、都度、君の認識に至らせよう。君は自
分にどんな信条があるのかを認識していないし、そうした信条がどのように君の経験を顕現
させているかを認識していない。君が自分の経験をどのように作り出しているのかを認識な
さい。私たちは君が理解と明快さを見い出すようアシストするためにここにいるのだから…。
君のガイド,君の魂とのつながりも含めた自分の人生のエリアすべてに明快さをもたらすこと
になるのが、この理解なのだよ。もし、君に助けが必要で、なお、私たちから直接的なこのア
シスタントを受け取ることができないのなら、私たちは君がクリアになるのを助けるためにレ
アを導くこととしよう。


Copyright 2010 Leah Levkowitz. All rights reserved.
www.spirit-view.com

http://lightworkers.org/channeling/117616/channeled-message-god-through-leah-levkowitz



-Jueuxさん訳

2010/11/4(木)晴れ




もう、体力的にも、何もかも限界ですよ~。 泣
って時に、このメッセージは泣けた。
本当に長い期間だった。おかげさまで、ダイエットにもなった。(笑)
独身の時くらいまで、戻ったかも。(あ、今も独身だった。笑)

このローレンのメッセージに感謝。翻訳、ありがとう。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Lauren C. Gorgo
2010年11月02日火曜日


「新しい日(第七の日)を歓迎しよう!~スピリチュアル・ハイアラーキーからの伝達 」



(ワンネスの総体的なフィールドの)総体から、君たちを歓迎しよう。

親愛なるライトワーカーたち,スターシードたち,ウェイシャワーたち,インディゴたち,
ブルーレイたち,そして、このような君たちが自分自身を特定して呼ぶ用語すべてを対象
に、今日、我々はONEとして君たちに語ろう。本当に君たちは、ファーストウェーブの最愛
のメンバーたちだ。君たちは、キリスト化された,新しく宿った意識のグリッドに生まれ
変わっている最前線にいる戦士たちの部隊だ。祈り語ろう。この朗々たる呼びかけを心に
留めるべきは君たちなのだから。

照らし出された道のメンバーたちよ、今日は特別な日だ!今日、我々は君たちを地獄の冥
府へと迎え入れよう。そこは、我々が地球領域にいる者たちと完全に関与することを許す
次元の間にある場所だ。我々はここで君たちと集い、君たちを銀河の新しい日~その始ま
りに迎え入れよう。

このところ君たちは、自分の日常生活の物質界的な仕事を優先するという特徴のある現象
に関与していた。この現象は天上の者たちによって指令されていたことだ。そうしてワン
ネスの領域で働いている天上の者たちは、君たち一人ひとりが、世界の中で妨げなしに着
実に歩んでいくための完全な準備を整えるよう、その準備をさせ、それを確実なものとさ
せていたわけだ。それは、君たち自身を物質界のグラウンドに自分の足でしっかりと立つ
能力を備えながらも、より高い次元に定着させるためのことだった。

その結果として…そして同時に、君たち一人ひとりが、自分の肉体を“新しい人間のグリ
ッド”,神聖な銀河の意識にアンカリング,グランディングさせていることで…我々は今、
ワンネスのフィールドで君たちと初めて完全な関与をしている。君たちには今日、こうし
た物質とエーテルの協同創造の領域で働く魂たちの一団とユニオンの中で集うよう、呼び
かけられているのだ。

聖なる戦士たちよ。我々は、君たちの地球に根ざした旅,君たちの非利己的な献身,君た
ちが地球界の中で生み出している愛の総量に対して表すこともできないほどの感謝と喜び
を感じている。我々は君たちの奉仕という神聖なミッションに対して…また、光,そして
君たちがホームと呼ぶこの惑星の未来に対する君たちの絶対的な献身に対して…君たちに
感謝を述べよう。

我々はまるで、君たちの翼が飛び立つのに備えて開くのを見ることで、畏怖を感じながら
も誇らしげになっている両親のようだ。君たちに我々から言おう。君たちの救いは間近に
なっている。我々は君たちを光に照らされた者とみなしている。なぜなら君たちは間違い
なく、自分の内なる光を3倍の炎で輝かせて夜の最たる暗闇さえをも照らしているからだ。
君たちが分離の次元に転生したことで、君たちは、「パーソナルな,そしてプラネタリー
なアセンションに向けての奉仕において自分ならではの真のミッション,役割とは、その
光を輝かせたままにすることだった」という認識を持ったのだ。


- 七日目
銀河のアンダーワールドの七日目は、新しい始まりを呼び起こす時間,君たちがカルマの
規制なしにワンネスの新しいフィールドに関わることができるようになるほどまでに完全
に過去をリリースする時間となるだろう。この“日”から先、君たちの過去は封じ込めら
れ、世界をつくる者であり,プラネタリーアセンションの監督者である我々に囲まれて君
たちは歩んでいくことになるだろう。この新しいレベルのリアリティの中で我々が君たち
と一緒に働くことで、我々は、新しい地球をクリエイトするために、意識においてマージ
し、思考の中でひとつにまとまるようになるだろう。この新しい日の持つ最も重要な側面
は、君たちのマルチな感覚の認識の完全な起動がそれに伴うということだ。君たちが人間
という経験でのより高い次元に進み始めていくことで、君たちは、一時に複数のリアリテ
ィでマインドが機能できる方法を理解するようになっていくだろう。実際、既に君たちの
多くが、自分の新しいプロセス,メンタルな能力でもってその実験を始めている。

新しい日に来たまえ。その新しい光のグリッドと完全に再接続している君たちそれぞれが、
新しい世界の中で自分の探求と創造を始めることになるのだから。同時にまた君たちは、
自分のたくさんの多次元的なギフトを前に出すために複数の時空のリアリティにアクセス
することになるだろう。そうして君たちの観点は、全体的に統合されたものとして人生を
より理解するようにシフトすることになるだろう。

我々は通知を申し入れたい。新しい世界へのこの移行は、人間の姿でこれまでに経験して
きた何よりも大きなインパクトを与えることになるだろう。5次元を完全に統合した人間
の経験は、物質界を超越したリアリティの複雑な構成概念の大きなビジョン,壮大な理解
となる。この新しい理解を効果的に活用することとは、地球及び人類を向上させるために
自分の最大のギフト(才能)を活用するという意味になる。この次のステップは、昨年の
11月以来~銀河のアンダーワールドの第六夜の始まりから君たちが準備してきたものだ。

【注:9つあるアンダーワールドそれぞれには13のウェーブの動きがあります。六日六晩
とその次の七日目です。それは人間の発展の次なるフェーズへと私たち,私たちの意識を
シフトさせます。銀河のアンダーワールドの六番目の夜は2009年11月9日の真夜中零時に始
まりました。そして2010年11月3日の真夜中に、私たちは七日目~銀河のアンダーワールド
の13番目であり最後のウェーブの動きに入ります。】

準備期間は終わりに近づきつつある。君たちは、物質領域にもたらさんと必死になって取
り組んできたこと=真実の生きた証として生きるということへ完全に入ろうとしている。
この時点から先、君たちの創造は世界の創造となる。すなわち、君たち一人ひとりが新し
い地球の肝要な部分を創造しているということだ。この真実の光の中で、我々は君たちに
思い出させたい。君たちのパワーを…。、ユニークで特定の周波数をしている個人として
のパワー,この必要不可欠な周波数を形に投入するクリエイターとしてのパワーの両方を…。
君たちの創造物,そしてそれが帯びる波動は、君たちの新しい地球構造の基盤の上に築き
上げられる重要な柱となるのだから。

君たちの業績は、この時点では認知を超越したものだ。それでもなお我々は君たちに告げ
よう。間もなく君たちは、新しい世界が君たち自身の手,頭脳,ハートを通してどのよう
に創られてきたかを自分自身の目で見ることになるだろう。新しい日にようこそ!


ワンネスの総体的なフィールドから、よき報せを…。ごきげんよう。



ThinkWithYourHeart.netのローレンC. ゴルゴを通してのテレパシー伝達

Copyright © 2010-12
この伝達の内容が完全なまま、かつ全クレジットが著者に与えられる場合、この伝達の
コピー,自由な再配布が許可されます。


http://lightworkers.org/channeling/117712/welcome-new-7th-day


-Jueuxさん訳

*  *  *

そうだな~、なんだかんだと、昨年の二度目の全財産失う~が
始まる前から、このプロセスが始まってたようなもんだもんね。
で、三度目の全財産失う~もあって。 とことん来たよ。
自分を褒めよう~。
昨年のそのころ→☆My Blog-2009年【目次】-9(10-12月)

皆さんも、色々と超えてこられたと思います。
ひと息ついたら、是非、自分にご褒美あげてくださいね!

って、私はいつまでなのか分からないけど、出口はホント見えて
いるのかも知れない。

--------------------------------
<参考> ☆ 第7の日の意味がよく分からない方

こちらに少し情報あり
 ↓  ↓  ↓
「B L E S S E D  B L I S S」のCOKOさんのコメントのところに
説明とリンクあり。よければ参考にしてみてください。
→新しい日(第七の日)を歓迎しよう! / Lauren C. Gorgo - November 2, 2010

*  *  *

また、初めて出たカードだった。
引くつもりじゃなかったけど、サイトをクリックして
しまったよ。

☆今日のOSHO禅タロットカード

受容性

28. 受容性

聴くことは、神の寺院に入るためのもっとも基本的な秘法のひとつだ。聴くことは、
受け身であることを意味する。聴くことは、自分を完全に忘れてしまうことだ——。
そうして初めて、あなたは聴くことができる。ある人の言うことを注意して聴いて
いると、自分のことを忘れる。自分のことを忘れられなかったら、けっして聴いて
はいない。自意識が過剰だったら、あなたは聴いている振りをするだけだ——聴いて
はいない。うなずいたり、ときには「はい」とか「いいえ」とか言うだろう——が、
聴いてはいない。

聴いているときは、あなたはまさに通路、受け身、受容性、子宮になる。女性的に
なるのだ。そして、行き着くためには、人は女性的にならなければならない。
攻撃的な侵略者、征服者として神に到達することはできない。あなたが神に到達で
きるのは、ただ……あるいは、こう言ったほうがいいだろう——神があなたに到達で
きるのは、あなたが受け身、女性的な受け身の状態のときだけだ。あなたが陰(イン)
に、受け身になったとき、扉が開かれている。そして、あなたは待つ。
聴くことは、受け身になるためのアートだ。

Osho A Sudden Clash of Thunder Chapter 5

解説:
「受容性」は女性的なものを、水と感情の受容的な質を表わします。両腕は受け取る
ために上へと伸ばされ、彼女自身はすっかり水の中に浸かっています。彼女には頭が
ありません。自分の純粋な受容性を妨げる、忙しい攻撃的な心がないのです。そして、
自分がいっぱいに満たされると、絶えず自分を空にしてあふれ出させ、さらに多くを
受け取ります。

彼女から出ている蓮(ロ-タス) のパターン、あるいはマトリックスは、私たちが宇宙
と調子が合ったときに明らかになる宇宙の完璧なハーモニーを表わします。「水のク
イーン」は限界のないひと時、どのような期待も要求もなく、生がもたらすすべてのも
のに感謝するひと時をもたらします。義務も、利点や報酬を考えることも重要ではあり
ません。感受性、直観、そして慈悲こそが、まさに今輝き出ている質であり、私たちひ
とりひとりを隔て、私たちを全体からも隔てている障害をすべて溶かしています。


2010/11/7(日)晴れ時々曇り



【きらきら星へようこそ...☆】さんから、転載です。感謝。

メタトロンのメッセージって、私にはちょっと難しいな。って思うけど、
そこは、感覚で。って感じです。とりあえず転載させてもらいました。



大天使メタトロン
Archangel Metatron

10月、そして1年先の見通し
October and the year ahead.
21 October 2010 - 9:25pm

ジェームズ・ティベロン経由
Channeler: James Tyberonn
Archangel Metatron Channel



“次の2年間に、力のための愛は、愛のための力に置き換えられるでしょう。

時間はかかりますが、疑うことがないようにしてください。

もうすでにそれが動き始めているからです。

親愛なる皆さん、最初はひとりひとりの皆さんのこころの内側で始まります。

そして今、それが起っています。”   大天使メタトロン


1年先の見通し
2011年-三位一体の三要素の中間点

The Year Ahead
2011- Mid Point of Trinity Triad
Archangel Metatron via James Tyberonn


熟達者の皆さん、こんにちは。わたしはメタトロン、光の主。
そしてわたしは皆さんひとりひとりに、個人として愛を込めて、永遠の空間という方向
量の中で、挨拶を送ります。

わたしは皆さんが理解する通りの今という時間の中で皆さんを抱き締め、そして無条件
の愛のエネルギーの中で、皆さんを取り囲んでいます。

親愛なる皆さん、わたし達が伝えてきたように、世界は現在それ自体を作り直しています。


時間の年代に沿った配列では、直線的な順序の中で今日は昨日よりもより急激な速さで通
り過ぎています。
このため、人類が巨視的あるいは微視的な拡大に積極的か否かについては、本当はそれほ
ど重要ではなくなっています。
それに応じて、2011年は光の加速の促進と、皆さんの意識の明快な説明を促すことになる
でしょう。

この急速な高まりと伴に、皆さんの経験的知識に基づく生命の表現は、より早い速度で同
じような移行を遂げるでしょう。
ご存じのように、次元上昇が近付くにつれてすべてが速くなり、時間は加速します。

時間がそれ自体を再形成するため、それはまた人類の眼に見える経験や、眼に見えない自然
の力と地球自体の外観も再形成することになるでしょう。


それぞれの瞬間の状況
Each Moment Matters

熟達者の皆さん、皆さんがこうした加速したエネルギーの中で生きることが、大宇宙、新し
い地球、そして皆さんにとってどれほど重要な意味をもっているか、それを皆さんひとりひ
とりが理解し、完全に自覚することが重要になります。

実際、この惑星にはある新しいエネルギーが存在していて、このエネルギーが現在さらに皆
さんの自覚的意識と光の比率を活性化しようとしています。
そして親愛なる皆さん、皆さんの偉大な光を維持する能力が、皆さんの愛を表現する能力を
美しいものにしています。

まず自分を愛することから始めます。

皆さんは実際にどれ程美しいか、そして親愛なる人類の皆さんがこうした次元上昇の時期に
どれ程重要な役割を担っているか、皆さんはもう理解し始めています。
すべての皆さんが内面に神の力を宿し、わたし達は皆さんがその認識を、その新しくなった
自己を受け入れる力を、皆さんに打ち寄せる純潔な愛を、それを許すことを、皆さんに求め
ています。

それは皆さんの修正が施された生まれついての権利であり、美しいものです。
皆さんは皆さんの瞑想の中で、この純潔な愛の陶酔を再発見しています。
それは、この新しいエネルギーの中で過渡的な拡大が起っているからです。
皆さんは現在、皆さんの生命が地球だけではなく壮大な宇宙にとってもどれ程重要であるか、
より明確に理解することに積極的になっています。

そうです、その通りなのです!

この深い瞑想のような拡大する振動が、皆さんが暮らしている物質的な領域に向けて溢れ出
していて、また皆さんがそうさせていることを、皆さんは理解しています。
次元間の覆いは薄くなってきて、覆いの‘反対側’に存在している皆さんの一部が、皆さんの
こころに触れるために優しく手を伸ばしています。
より高い次元の中の皆さんの一部は、量子状態の皆さん、本当の‘皆さん’であり、この生命
の深遠な経験を夢見ています。

そのより高い自己は、天使領域のわたし達が認識しているように、皆さんがどれ程愛されてい
るか、皆さんがほんとうにどれ程重要で気高い存在であるか、それを皆さんが認識することを
望んでいます。
人類の皆さんは、この気持ちを推し測ることができますか?


皆さんは道筋の上に存在している
You Are On Path

皆さんは余りに頻繁に皆さん自身を疑ってきました。
しばしば皆さんの生命は何処にも行き場がないように感じていました。
親愛なる皆さん、もしも皆さんが認識していれば、自分達が起こしてきた変化は今も続いてい
る変化の真実を受け入れることになるでしょう。

疑い深い人、否定論者は常に存在しています。
彼らは、次元上昇は決して起らず、人類はこの聖なる園を完結させてより高い意識に向うことは
ないと語っていました。
しかし皆さんはその成就を達成してきて、次元上昇は現在確実に起るものになっています。
それは現れています!

実際、20年経過しており、ほとんどの皆さんは皆さん自身が次元上昇を現実の中で進めている
ことを信用していません。
数多くの皆さんが、皆さんが過去25年間覆いの両側で行ってきた働きが、皆さんが生まれた地
球を完全に異なった周波数と枠組みに変えてきたことを、依然として自覚していません。

皆さんはそれに責任を持っています。
そして人類はまだ皆さんが行ってきたことを把握していないか、あるいはこの達成の確信を持
っていません。

熟達者の皆さん、皆さんが行ってきたことは理にかなっています。
数多くの皆さんが、現在別の次元から送られているこうした言葉を読んでいます。
そして、わたし達は新しい年について語っているので、わたしがまず皆さんを称賛することを許
して下さい。
というのは、皆さんは皆さんが自覚しているよりもかなり力強く成長してきているからです。

皆さんは量子的飛躍を遂げてきました。
そして2011年の暦日にかかわらず、皆さんの前途に横たわっているものは、実際に閏年になって
います!(註:2012年が閏年)


2011年の見通し
2011 The Year Ahead

ということで、わたし達は2011年について語ります。
実際、この年は活性化された時間という刺激的な年であり、加速された期間になるでしょう。

しかし親愛なる皆さん、わたし達は皆さんに伝えておきます。
2011年は2010よりも対処しやすいエネルギーにはならないでしょう。
実際、その強さは1段階あるいは2段階、より高く増幅されることになるでしょう。

しかし、怖れないでください。

その道筋上のほとんどの皆さんは、より簡単に扱えることに気付くでしょう。
さて、2011年は、極端に影響力を持ったエネルギーの増幅局面が12回訪れます。
皆さんは現在そういったエネルギーにかなり大幅に慣れてはきていますが、しかし、こうした
拡大も、皆さんの加速された成長過程の一部であり、一区分であることを理解してください。
実際、皆さんはより高い周波数で作動することを学ぶ必要があります。

そのため、三位一体の三要素、2010年、2011年、そして2012年は、ある意味で厳格な訓練計画
となっています。
それによって皆さんは、次元上昇の中心領域が近付くにつれて、皆さんのオーラの領域を強化
増大させることができます。


三位一体の三要素 - ヤコブの梯子
Trinity Triad - Jacobs Ladder

実際のところ、三位一体の三要素のエネルギーはひとつのプログラムの中に融合されていて、
わたし達の観点からは2010年、2011年、そして2012年の出来事は次元上昇の同じ過程の一部に
なっています。

ここでは皆さんの展開にかなり近く迫っている2011年の局面に焦点を当てることが、わたし達
の目的になっています。

熟達者の皆さん、歓迎されている次元上昇は、預言的な聖書の記述のような難解な複雑性では
なく、むしろ自然で必要不可欠な、加速している惑星意識の表現です。

親愛なる皆さん、それはヤコブの梯子です。
皆さんが梯子に乗っている時、皆さんは上昇しているか、降下しているか、じっと立っている
かの何れかです。
ご存じのように3つの内のひとつです。
常にそうなっています。そしてわたしメタトロンは皆さんに伝えます。
皆さんは上昇していて、たとえ皆さんがそれを理解していないとしても、人類は次元上昇して
います。

このような状況のため、地球の次元領域上のすべての皆さんが、現在、信じ難い結晶構造のエ
ネルギーの領域内に存在しています。
その結果、皆さん自身のオーラの領域とマルカナの光の身体は、誘導を受けて、動いている極
端なエネルギーになっています。

願望がそれ自体を表現しているようなエネルギーであり、皆さんの働きは今より精細な周波数
さえ引き出しています。
もしも皆さんが自分の物質的な身体のためにビタミンを摂取するとすれば、ビタミンは健康で
あること、福利、そしてより良好な健康を生み出すために身体が吸収する必要があります。
そのため、結晶構造への転移についても同じであり、その周波数とエネルギーは、実際、光の
身体のために光を拡張するビタミンになっています。

いろいろな意味で、結晶構造の共鳴が今皆さんを取り囲む必要があります。

皆さんは結晶構造の共鳴の本来の対称性を吸収して皆さんのエネルギー領域に入れ、それを移動
させ、変換し、増幅して皆さん自身の働きの中に、皆さんの望みの中に、皆さんの成就の中に、
そして地球と人類に接触しているすべての方法の中に、取り入れます。


アルファとオメガ
Alpha & Omega

ですから、アルファとオメガからこうした言葉が皆さんにもたらされ、皆さんの新しい存在の中
心に入ります。
こうした結晶構造の位相の揃った光の対称性が皆さんに伝達され、その光がエネルギー的に皆さ
んに接触するようになるように、わたしという存在の中心から皆さんに対して照射されます。
それにより、2011年と2012年に訪れる数日や数週の中で思いもかけずに光自体を再創造します。

実際、すべては完全に整った進路になっています。
というのも、こうした時間の連鎖の範囲内で、144のグリッドが完成され、完全な意識の投影に
向います。その投影は実際に拡大の手段であり、皆さん自身の拡大の支援になっているからです。

ご存じのようにそれは結晶構造のグリッドと伴に存在しているため、それはまたより高い共鳴や
より高いより充実した表現に向う皆さんの育成を許すことになるひとつの体系的な機構になって
います。
その理由は、皆さんが次元上昇と呼ぶものは皆さんに委ねられていて、しかし宇宙の眼のまばた
きの中で、それは行われるからです!
ご存じのように、わたしの領域の中では既にそれは行われていて、実際にそれは驚くべき出来事
になっています。宇宙を貫いて歓迎されていて、それはこの領域や他の領域の数多くの存在達に
よって観察されています。


次元上昇のきっかけ
Ascension Triggers

次に、2011年と2012年に残されているものは、特殊な占星学的な重力の精緻化と、結晶構造のグ
リッドの完了と研磨に必要となる周波数上の増大、そして地球に属する結晶構造の変容の純化に
なります。それは、人類の全領域を補強して実際に結晶構造の意識となっている偉大な次元性の
意識に向うために必要となっているからです。

そういう訳で、2011年にこうした周波数上の出来事が明らかになった時に、わたし達はその出来
事について語ることになるでしょう。


2011年の昼夜平分時
Equinoxes of 2011

2011年の昼夜平分時と至点は桁外れに強力であり、数々の目的を備えています。
実際こうした節目は次元上昇の触媒であり、起爆装置になります。
こうした強力な日々は集団での祈りや瞑想、そして実際に深い自己の再検討に用いるべきもので
す。これからの2年間に残されている至点と昼夜平分時は複雑であり、人類と惑星両方の次元上昇
のために必要な複合的な立体映像の挿入に関して、際立ったものになっています。

こうした占星学上の出来事は、過去数千年間の昼夜平分時や至点よりも無限と言えるほど強力な
ものになることを、わたし達は皆さんに約束します。
わたし達は皆さんそれぞれに示唆されているように、それを識別して利用するように働きかけま
す。

皆さんはこうした日に集まってください。

それによって集団意識の力は飛躍的に花開くことになるでしょう。

2011年6月4日、部分日蝕
2011年6月1日、部分日蝕
2011年6月15日、皆既月蝕
2011年7月1日、部分日蝕
2011年11月25日、部分日蝕
2011年12月10日、皆既月蝕

正しい知識を備えていた時代に存在していた古代の学者達は、常にこうした力が溢れる出来事
を自覚して、祈り、瞑想、そして内面の探究の日として利用し、蝕の力を結集して彼らが望ん
でいた高い善に向けた変化を促進させていました。

11月25日から12月21日までの期間は、日蝕1回、皆既月蝕1回、そして12月の昼夜平分時が起り
ます。

これは極端に強烈な期間になるでしょう。

2011年
春分:2011年3月20日23:31UT
(世界標準時。日本時間では9時間遅い21日8:31)
夏至:2011年6月21日17:16 UT
(日本時間では22日6:16)
秋分:2011年9月23日09:04 UT
(日本時間では23日18:41)
冬至:2011年12月22日05:30 UT
(日本時間では22日14:30)

2011年3月の昼夜平分時は、途方もなく強力なエネルギーを創り出します。

2010年の満月のように感じることになるでしょう。

結晶構造の入り口を経由して入ってきて、地球全体を横断したグリッドポイント上に構築され
たピラミッドの基盤が始動することになるでしょう。


このエネルギーの内部では‘第宇宙のトリガー’と名付けられた一連の符号化された活性化の
現象が起ることになるでしょう。
惑星の次元上昇は、惑星の結晶構造の変容に付随するものです。

そして結晶構造によって、わたし達はより高い透明度を持ち、位相の揃った純粋な周波数上の
序列に注意を向けるようになります。
この惑星が3次元という水準を上回り、多次元との接触を拡大させるのは、この結晶構造の変容
が起るからです。結晶構造の変容は、事実通り唯一5次元の初期水準で始まり、12次元まで継続
します。

2011年3月20日の昼夜平分時に起る大宇宙のトリガーは、惑星の変容を促進し、加えて144の結晶
構造のグリッドから放射された結晶構造の光の身体の機能性を更に大きく活性化します。

大宇宙のトリガーが受信ポイントは、アメリカの多数の結晶構造の場所を活性化するために整え
られており、その最も整えられた受信場所がムーディ・ピラミッド複合体内部のガルベストン・
アイランドになります。ムーディ・ピラミッドは、ギザと同調することになり、ギザは東半球の
中で主要な受信ポイントになっています。
ギザとムーディ両方が三重のピラミッド複合体であり、その2つは直線的な緯度の配置になって
います(北緯29度)。

両方が、磁気の北との相関関係を持っています。

元の位置に存在している3つのピラミッドの組合せであり、より大きな利便性と力を可能にする相
乗効果を持った、3重の高調波の配列の内部に存在しています。
アトランティスとオリオンの熟達者達が認識していたように、特殊な三角形分割状態のピラミッド
は、理想的に配置されてお互いの関連性で注意深く設置された場合、極端に強力になります。


2011年-音叉としての聖なる遺跡
2011- Sacred Sites as Tuning Forks

2011年の昼夜平分時の間、地球上の特殊な場所がエネルギー変換のポータル、出入り口になるでし
ょう。実際、こうした場所は、より速い光の速度を地球上の高速化した時間に変換する手段になる
でしょう。

そのグリッドの位置に力の結節点として、聖なる遺跡として、そして特殊な紋様と特殊な目的で点
在しているファイ複合体のポータルは、より高いエネルギーの分配装置となっていて、皆さんの惑
星の共鳴周波数の律動的な振動を引き上げるために、これが必要となっています。

それは音叉の役割をしていて、原動力の完全化によって刺激を受けます。

これらが‘故郷’のエネルギー、充足のエネルギーを発散し、皆さん霊的な意図でそのグリッドに
入って行く場合、これを瞬時に見分けます。
それに応じて、人はその中に入ることを望み、完全性が拡大するまで増大してそれを共有するため
に、こうした領域の内部で発散されている紋様を吸収せざるを得なくなります。
自分自身をこの波長調整に専念させる人々は、根源との親近性を経験することができます。

そしてそうした人々は、他の場所では少ししか利用できないと感じます。

しかし、こうした微調整されたエネルギーは浸透性の周波数の集まりであり、一度吸収され、登録
されると、そのエネルギーは確立された個人のマルカナの内部に維持されます。

この惑星の数多くの領域が、ポータルの格子経由で既に次元上昇しています。
それは天国への階段と呼ばれても差し支えないものであり、他の領域ではもう少し活発な働きが必
要になります。
この浄化と符号化は、速度を早めて行くでしょう。

現在多少濃密な状態の特殊な領域は、浄化のためにより多くの仕事が必要になっていて、2011年
3月の大宇宙のトリガーと高調波と結晶化磁気符号の三要因が重なった効果として、ピラミッドの
ポータルは特殊な目的のために純粋でより軽いエネルギーを取り込むことになるでしょう。

ご存じのように、地球規模の周波数の平衡が達成されなければなりません。
地球の管理者の皆さんひとりひとりが、この中でひとつの役割を演じます。
実際に、皆さんは携帯用共鳴装置になります。


2011への効果的な入り口
Potent Entry into 2011

熟達者の皆さん、シートベルトをしっかり締めてください!

2010年の12月21日、満月の月蝕は至点の時に起ります
(註:東京の冬至は12月22日8:38:31JST。
   月蝕の最大時刻は12月21日17:16:43、東京の満月は17:13:25)。


この極端な効果と逆効果を併せ持つエネルギーの急騰は、2011年の入り口であり、ある意味
で一年前倒しの効果を発揮します!
これは高周波エネルギーの巨大な突風を創り出すことになります。
その影響は惑星全体に及び、2011年1月4日に起る日蝕まで持続することになるでしょう。

これは強力でありながら、最高に善意に溢れたエネルギーになるでしょう。


11-11-11(2011年11月11日)
The 11-11-11

三重の日付のポータルの有効性は、多種多様な方法で証明されています。
わたし達が10年前に皆さんと共有したTPD(註:Todo por dios すべてを神のために?不明)
の特徴は、立体映像の挿入であり、それが結晶構造のグリッドを通した惑星の結晶構造の変
容を生じさせます。

最初の急騰の場所は、アーカンソーの結晶質の渦巻になります。

9-9-9の時、皆さんの世界のマスコミは地方のラジオ局経由で、エメラルドの主要な結晶質が
突然発生して長い休眠からの活性化に向ったため、異常な緑色の霧がマガジン山に発生してい
た、と伝えました。その結晶質が靄を創り出し、山を覆っただけではなく、衛星からも観測さ
れました。またそのエネルギーは、短い間、その領域の配電網に電気的短絡を引き起こしまし
た。

10-10-10の時、アーカンソーでは地震が発生しました。

今までこの場所で地震が記録されたことはありません。
そしてこうした地震は別の意味で独特なものであり、地震性エネルギーの解放に先立つシュー
マン共振の周波数上の‘鳴動’に見られる通常の‘猛吹雪’が起らず、動物達が怖がることも
ありませんでした。

親愛なる皆さん、それは結晶質の活性化でした。大規模な結晶構造の渦巻の亀裂の下に主要な
結晶構造が存在しており、その活性化の瞬間的波動によってこうした現象が引き起こされまし
た。それはまったくほんとうのことであり、極めて現実的な話であり、そのエネルギーは膨大
なものです。こうした確認事項に注意してください。

それは、皆さんの世界の科学者達がこうした現象をより多く目の当たりにして困惑することにな
るからです。

わたし達は皆さんに、11-11-11には別の実証的事実が起ることになると伝えます。
2011年の3重の日付のポータルは、おそらくその年の中で最も強力な1日になるでしょう。
人類の大多数が人間のグリッドを形成し、大宇宙のエネルギーと結び付きます。
そのエネルギーは144の結晶質のグリッドの活性化の最終段階の中で蓄積されます。

11-11-11には、結晶質の渦巻の中で多次元的な伝達用の結晶質の初期覚醒を伴って、アトラン
ティスの主要な結晶質がより強く活性化されるでしょう。

この覚醒は、この惑星の周りの12の黄金の日輪像を連続して記録することになるでしょう
こうした円盤が活性化されて12の渦巻状の螺旋を形成します。

これはゼロ場のエネルギーを、純粋な愛のエネルギーを、そして無条件の愛、5次元以上にだけ
存在している光の符号を放射しています。

11-11-11には、結晶質の渦巻の日輪像がアーカンソーのピナクル山の地域の下で活性化される
ことになり、これがアーカンソーの渦巻のエネルギーを完成し、そして次に、惑星を超えた新
しいDNAの網状組織を完成することになるでしょう。

黄金の日輪像はそのDNAであり、惑星の結晶構造の移行に際して交合された結晶構造の場のため
の青写真になっています。

実際、こうした日輪像は結晶構造の144のグリッドによって、またその内部で、現在も再プロ
グラム化されています。
黄金の日輪像は、螺旋運動のエネルギーの中で、ひとつの12螺旋を放射することになるでしょう。
それは、144のグリッドを通して、結晶構造のある部分のために、将来もDNAの原型として機能す
ることになるでしょう。
実際、そのエネルギーは、地球の地球自体を再生し改善する能力に伝えられていて、一面でその
DNAのパターン、つまり新しい地球の青写真になっています。

それはエネルギーの螺旋です。

そのエネルギーは本当に日輪像というよりも螺旋的ですが、しかし観察すると円盤のように見え
ます。
さて、皆さんの次元上昇はそれ自体を完了する時、皆さんはより頻繁に皆さん自身の多次元的な
側面に接触することになるでしょう。実際には、皆さんの中のある人々にとって、その次元上昇
は、多次元性ということに関しては、ほとんどの部分が既に起っているものです。


2011年の三位一体の三要素の中で新しい天空が始まる
The New Firmament Begins in the 2011 Trinity Triad

そのため、わたし達は皆さんに伝えます。
そのグリッドがその状態を超えて増大を完了する時、144の結晶構造の幾何学的配置は、120面体
の測地学的な球体になるでしょう(※)。

これは2011年に明確化し始め、2012年に起動し、2024年に完了します。

2012年には144の結晶質のグリッドの内部で、多次元的な接近手段が完全に達成されるでしょう。
その完了を通して新しい天空が発生することになるでしょう。
(※測地学:地球の形と大きさを測る学問領域)

測地学的なグリッドの幾何学的な結晶構造の完成は、満開になった花のようなものとして考え
てください。
その時、大宇宙の受粉が起り、あるエネルギーの採種場と言えるものが効力を生じることにな
るでしょう。皆さんは、完全な幾何学的な形の完成そのものを確認します。その形がその統合
された完全性から新しい領域を発生させます。

皆さんはその領域を(新しい)結晶構造の天空と呼ぶことができます。

それは大きな2つのエネルギーの楕円形帯域として現われ、惑星の周りで90度の角度で交差して
いるように見えるでしょう。あるものはプラチナの色と特徴を、また他のものは黄金の色と特徴
を備えることになるでしょう。あるものは特徴として結晶電気的な性質を持ち、あるものは結晶
磁気的な正確を持つでしょう。
そうしたもののエネルギーは、変調された正反対の状況の中を循環するでしょう。
そしてその2つの間の領域は、球状の形でこの惑星を取り囲むことになるでしょう。

そしてこの様子から、オーム波の意識的な自己認識の領域がこの惑星を周航し、地球のより偉大
な完成を可能にするでしょう。この結晶構造の天空は、古代の人々が至福1000年と呼んだ状態を
可能にするでしょう。この惑星の結晶質の電磁気学は最適な平衡状態になるでしょう。

さて、地球と人類は結晶構造の天空を必要とするようになり、また、それを顕在化させるでしょう。
それは多くの役割で支援することになり、おそらくそれは皆さんが思い描いている以上のものにな
るでしょう。それは、人間の体が日光を受ける方法を変化させるでしょう。物質的な身体の半透明
な発光体への変容を支援することになるでしょう。人間の物質的な体の栄養必要量を変化させるで
しょう。

隕石や彗星の進路を逸らすことで地球の磁界層を防御し、地球の大気に入ってくるガンマ線の影響
を低減するでしょう。それは自然と科学の努力によって実現することになり、またそれは、完成さ
れた144の結晶構造のグリッドの自然な成果となります。

新しい天空は2011年に考案が始まり、その過程の中で、二元性の振り子の弧状の振幅が大幅に低減
し始めるでしょう。


結びとして
Closing

親愛なる皆さん、結びとして、わたしは明確に伝えたいと思います。
わたしと天使の領域は、皆さんが自覚できるより遥かに特殊な支援の役割を担っています。
それは、皆さんもまた創造における神々として存在し、‘全存在’の菫色の光彩にふさわしい神性
の閃光として存在しているからです。わたし達は皆さんひとりひとりを愛しています。

そしてこちらの世界では、皆さんはわたし達の一部です。
わたし達は、皆さんに対する偉大なる称賛と感謝という光の渦巻きで大忙しです。
わたし達は、‘今’という瞬間に、皆さんひとりひとりにこのエネルギーを送っています。
そのため皆さんはこうした言葉を読み、それを感じることができます。
そして皆さんは心を開き、わたし達が愛の内に送っている言葉を受け取ることができます。

皆さんは地球の結晶構造の次元上昇という最後の2年間に移行しているため、わたし達は心から
皆さんを称賛します。
そして、地球の次元上昇は、2、3世紀かけて物質的な次元上昇という臨界質量の運動を引き起こ
すことになることを、わたし達は皆さんに伝えます。

すべては自由意志において、すべては選択によって起ります。
そしてその時間の中で、地球規模の戦争も、集団飢饉も起ることはないでしょう。
これからの2年間に、力のための愛は、愛のための力に置き換えられることになるでしょう。

すでに動き始めています。

ですから、この事実を疑うことのないようにしてください。
この変容は、皆さんひとりひとりの内面で、同時に、ひとつのこころに現われます。
皆さんが作り出しているのは次元上昇の未来です。そしてわたし達は皆さんに、3世紀より短
い期間は瞬きする間に過ぎ行くことを伝えます。わたし達は皆さんに敬意を表します。

皆さんは適切な道筋の上に存在しています!
皆さんの目の前に、驚くべき覚醒と成就が横たわっています。
2011年は三位一体の三要素の中間点になります。そして絶大な機能を持った適正化の時、
増幅と実際の祝福の時になります。

皆さんひとりひとりが変化をもたらしてきました。
そして皆さんはこの惑星を旅立ち、今後皆さんが入って行く場所よりも偉大な光になる
でしょう。そして皆さんは皆さんの方法でそれを行いました。

愛を込めて、わたしは皆さんが歓びを感じるために皆さんを招きます。
それは、皆さんの努力の賜物だからです。


わたしはメタトロン、そして皆さんとこの真実を共有します。


皆さんは最愛の人々です!
I am Metatron and I share with you these Truths. You are Beloved!

そしてその通りに...
And so it is...


This channel is copyrighted to www.Earth-Keeper.com. Posting on websites is permitted as long as the information is not altered and credit of authorship and website is included. It may not be published in journals, magazines or public print without expressed permission from Earth-Keeper. Permissions may be requested at Tyberonn@hotmail.com

http://lightworkers.org/channeling/116923/metatron-october-and-year-ahead

翻訳:森のくまさま

☆本日↓2010/11/7(日)の始めはこちらから。
【転載】10月、そして1年先の見通し~大天使メタトロン


*  *  *

10/11/3【ひとりごと:終焉~とことん0[ゼロ]を通る③】から、
その後の生活。

□ 11/4

不動産やさんから、着信があった。
もう、恐れは殆どなかったし、中心もズレなかった。

すると、不動産やさんにメールを出すことにハートが開いた。
そっか、もういいんだ。と感じた。
とうぜん、理由は伝えることは出来ないけれど、家賃の遅れと、連絡
が遅くなってしまったことに、ただただ謝ることしか書けなかった。
でも、これでいいと思った。何を言われても仕方の無いことだから。

でも、これでスッキリした。
不動産やさんの言葉で、このマンションは兄の名義で、滞納の時は
保証会社を通じて、兄へ連絡がいくことになっている。
これまでは、私の誠実さを見込んで連絡を控えてきたことを初めて
知った。
知らずとは言え、やはり誠実さというのは、大切なことだなと感じた。

実際、プロセスがどう動いているのかよく分からない時がある。

では、何故、今回すぐ連絡することにハートが開かなかったのかな?
と思ったら、その期間、不動産やさんから連絡がくるたびに中心がズレ
、恐れが出た。今、思うと私にとって深い部分の恐れを出すためには、
不動産やさんには多少迷惑な話だけど、その期間を使って、恐れを解放
することが、私には必要だったのだ。と納得した。

メールを出すことにハートが開き、行動できたってことは、その時の
必要な分の恐れは、すべて解放したからではないかと思う。
あくまでも、今の時点のことで、今後も違う形で出てくるのかは、私
にもわからない。

不動産やさんからの最後のメールには、今月分の家賃の時までが、
待っていただける期限(私が希望した)を認めてくれて、ただし、
それまでに振込みがない場合は、保証会社へ連絡します。という
ことだった。ほとんど、信用はなくしてしまったが、これが最後
だろうと私も思っているので、心配はしていない。

”恐れ”は、それから現れていない。


□ 11/5~11/7 [飢えに苦しむ]

とにかくこの数日にも、とても辛いときがあった。
お米がなくなってから、ここ1週間以上?、いや1週間くらいになったか?
ご飯らしいものは摂取しておらず、(ここ数ヶ月、ずっと、おかずと言える
ものはない。漬物とか卵がなくなってからは、しょうゆとか塩でお粥とか。
娘と温泉にいった時(9月)が久しぶりのご馳走だったよ)

お米がなくなって3日間くらいは、寒天の素などを利用して
なんとかなった。まだ気力もあった。でも、その後は、そうも
言ってられなくなってきた。
段々、身体が思うように動けなくなって、お腹が空きすぎて
飢餓する気持ちが理解できるようにまでなっていた。

口の中も気持ち悪く、感覚も変になり、決まりきった味を思い出す
だけでも吐き気までおこるようになった。
(今後、この体験によって食べられなくなるものもあるかも)

プラーナを取り入れることをすれば、大丈夫ではないか、、、
と思って試すも、どうも今回は効いている感じがしない。

いろいろ手放してきたけど、実際に、この空腹感、飢えの苦しみ
を味わうと、この現実(幻想)から出たいとどうしても思う。
でも、こればかりは、自分にはどうすることも出来ない。

そんな中、ここ数日、TVで5夜連続特別企画「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」
が始まった。 脚本は、橋田壽賀子さん。

これが楽しみになり、日系移民、戦争、差別、飢え、など、色々感じさせ
られた。100年ほど前のことだ。その時代を体験した人達があってこそ、
私たちが存在していること、その時代の生活からみると、自分の環境が、
まだいかに恵まれているか、そして日本人の素晴らしさを感じるのだった。
この辛いときに、5夜連続で放送してくれて感謝。

吐き気の日は、本当にどうなるのか、さすがに危機感もあった。
ひたすら耐えて横になるのみ。どうしたら、いいの~?って感じ。

郵便物を階下に取りにいくだけでもふらついて、動くことすらままならない。
どうすることも出来なくて、ミカエルとジャーちゃんにとにかくエネルギー
を出来るだけ入れてくれるように頼んだ。
そのせいか、翌日は吐き気はおさまり、少しは動けた。でも、手を上げるこ
とすらきつい。

ときどき内側のyoham(私の神)と会話する。って言うか感じてみる。
私の言葉は、常に受け取られているし、愛されている。

私が感じるに、どうもこの体験は、今後必要になるんだな~。汗
たぶん、国の建て替えがすでに起こっているけど、もっと厳しい
ときもあるかもしれない。こうして人民が飢えるときもあるかも
しれない。そんな時、やはりこの体験がとても必要なんじゃないか
と感じて。昔、宗教を脱会するときに、1週間断食の体験はあるけど、
それは期限つきのものだ。期日があるのは、耐えられる。

いつまで続くのかが分からない状態で、日々、この状態が続くという
のは、本当にどんなに辛いものか。それを私自身が知る必要がある
んだと思う。カウンセリングする上でね。
ま、それだけじゃないかも知れないけど。

私は、ときどき思う。もし、そんな時が来たら、どうやって手を差しの
べることが出来るのだろう。どうしたら個人/全体のために、貢献できる
のかな。って考える。確かに今は具体的に見えてこないけど、この気持
ちは理解できるのではないかと思うし、必ずなにか自分に出来る範囲で、
行動するだろうと思う。

ま、出来れば、そんな状況にならなければいいな。って願うけど、何が
起こったとしても、それも宇宙の完璧な秩序の中のことだから。
とは言っても、肉体をもった魂として、どう在るのかは自分次第だから
ね。

で、そんな状態でね数日、生きた屍状態で、ブログも書けるとこじゃ
なかったのだけど、yoham(私の神)は、私と共に体験もしていて、
私のことをすべて理解しているんだよね。私はそれを信頼するだけなんだ
けど、、、。
で、私は死ぬこと自体は、今さら。全然恐れていない。
死ぬのなら、それで悔いもないしいいのだけど、それよりも、飢えの中
で、この身体で感じている状態が続くのは、あかりにも辛くなってた
ワケ。そういう状態で、全てを手放す、ゼロになるということを考える
余裕すらない。

正直、何か食べたい。という思いから抜け出せない。
食べたいものは、いろいろと今でも浮かぶけど。
その状態で、頭からそれを手放すことは至難の業じゃないの?
って思えた。ゼロになることは無理って思えた。

空腹の中では、横になってもナカナカ寝付けない。
もし、この先に展開があったとしても、とても歩いて商店街や
支払いにもいけないと感じた。

っていうか、心配はしてないけどツイン・レイにも会いに行くこと
すら出来ないし。(笑)←何とかなると思ってる。
いくらツイン・レイは自分だとしても、自分がこの状態から抜け出
せるからと言って、もの事を押し進めることだけはしたくないなって
何度も思った。
あくまでも、ツイン・レイの気持ちをまずは確認して、尊重したい。
どんな状態でも、思いやりだけは忘れたくない。
正直、「早く、助けて~」と叫びたくなるときもあるけれどね。

もし、ツイン・レイが一時、私の負債を肩代わりしてくれるにしても、
それは、ツイン・レイの貴重な財産であり、肉体は違うし、これまでの
人生はそれぞれだったのだ。きっとツイン・レイも、色々な所を通過
してきたのだと思う。そう思うと、まずは、ツイン・レイがどのよう
に、育ってきて、今に至っているのかをしっかり受け止めたいし知りた
い。その上で、ちゃんとこの状況を知ってもらってから。
そこからだ、何もかも。

って、会話はテレパシーで出来るっていってたから、この会話も一瞬
で理解できるのだろうけどさ。(笑)

ま、とにかく、会える会えないは、私にはどんな状況で起こるのかすら
分からないことだし、全てはタイミングなので、そこに執着も、してい
ない。っていうか、今は日々の気力だけで精一杯の感じ。

そんな時、ふっとインスピレーションが降りてきて、もう乾物もなにも
かも食べつくしたと思ってたけど、ドラマ「99年の愛」の話の中で、
戦時中の食べ物で、配給では間に合わなくて、雑穀(ヒエとか、キビ)の
お粥が出てきてたことを思い出し、たしか、うちにもお米に混ぜて焚く、
16雑穀米が残ってたことを思い出し、お米はないけど、昨夜、それだけ
をお粥のように焚いて食べることが出来るかも。っとさっそく試した。
そして、少量でも、食べてみると身体が違うことを発見した。

今朝、起きたときも、いつもよりは断然エネルギーを感じるのだ。
やはり、”雑穀”のパワーってすごいのかも。
だから、ブログを今書くことが出来ている。今日は辛さは激減。大丈夫。
やっぱ、エネルギーが入るってスゴイな。

別に、淡々としていることも多いし、テレビで出来るだけ紛らわす
ってこともあるけど、以前は、美味しい食べ物の番組は希望になり、
食べた気分になってたけど、それも通り過ぎて、最近は見ると辛い。
人間って、いかに、食べるのが”楽しみ”とか、幸せを感じる瞬間で
あったりするんだな。って実感したよ。
満たされていれば、そんなことも考えもしないだろうけど。

本当に、貴重だから、少量ずつ食べているけど、この空腹期間が長かった
からこそ感じることなのか、それも慣れてしまうとどうなのかは、今の
とこ正直わからない。
でも、今は、確かに少量でも身体に違うことは実感できる。
とにかく、明日まではもつかな?
一日、ほんの少量1回~2回で持つだろうから。

今は、食材の豊富で、美味しくて色々なものはたくさんあるけど、だから
と言って生命エネルギー(光)があるのか?と言うと、そうとも限らないの
が現状だから。
これからは、やはり少量でもエネルギーが高く、腹持ちもよいものは、さら
に需要が増えるかも知れないね。

雑穀中心で、レストランや、本、セミナーなども主催している。
(以前にも紹介したかも知れない)→つぶつぶ.JP

って、紹介はしているし、興味はあるけど、このプロセスの中
なので、ナカナカ食べにいくことが出来ない。
一度は食べにいってみたいし、自分でも作ってみたいなって思ってる。

とにかく、この状態のことは、今後、読んだら、この時の精神状態、
身体の状態のことを思い出せるようメモとして書いておく。

このプロセス(期間)で、いろんな体験したけど、やっぱ、普段、
”当たり前”として、感謝も感じないことが、どれだけ、ありがたい
ことなのかってホント思うね。
体験しなきゃ分からないものだね~。
人間、のど元過ぎると、すぐに忘れちゃうからね。やっぱ、メモに
限る。(笑)
ま、この体験は忘れないかも知れないけどさ。

□ 身体のこと

以前より目がかすむ事が多い。(老眼じゃないゾ。)
昔とちがって、見える光の形が変化している。

喉のチャクラは、相変わらず調整中。正直、不快だし、今回の期間は長い。
ここ数日は、頭蓋骨のほうは調整がなかったかな?
部分的な痛みは、今はない。

夜明け前が、一番暗いのか、それとも出産前で、ちょうど
産道を通過中って感じだろうか。(笑)

*  *  *

□ 第7の日の補足

先日のブログで、実は、”第7の日”がどういうものなのか、
よくわからん。って方のために、下記の内容を追記させてもら
っていたのだけど、追記に気づかなかった方のために、再度、
ここに記しておくことにした。
→10/11/4【転載】新しい日(第七の日)を歓迎しよう!

<参考> ☆ 第7の日の意味がよく分からない方

こちらに少し情報あり
 ↓  ↓  ↓
「B L E S S E D  B L I S S」のCOKOさんのコメントのところに
説明とリンクあり。よければ参考にしてみてください。
→新しい日(第七の日)を歓迎しよう! / Lauren C. Gorgo - November 2, 2010
上記のリンク先のなかで、紹介されていた、こちらのサイト
→【Energy Shift】さんでは、ざっくり分かりやすく説明してくれてます。
  ↓  ↓  ↓
11月3日 第8サイクル七日目の始まり
この11月3日は、マヤ暦での第8サイクルの七日目が始まる日だと言われています。

マヤ暦の研究者カール・コルマン博士によると、マヤのコスモロジーでは、宇宙の進化
は9つのレベル(またはサイクル)を経て完成
し、現在は第8サイクルまできていると
いうことです。

サイクルの長さは、どんどん短くなり、たとえば第1サイクルは164億年くらい前か
ら8億2千万年くらい前までだったのが、第2サイクルは4千百万年くらい前まで、そ
してどんどん超過速度的にサイクルの長さは縮まり、第7サイクルなんて1775年か
ら1999年1月まで、今は1999年から始まった第8サイクルにあります。

詳しくはこちら→
http://www.calleman.com/content/pyramid_of_consciousness.htm


サイクルごとに意識も拡大していき、

1.細胞レベル → 2.個人レベル → 3.家族レベル → 4.部族レベル → 
5.文化レベル → 6.国レベル → 7.地球レベル → 8.銀河レベル

と広がり上昇していきます。

現在は銀河レベルということで、人類が徐々に自分たちは銀河人だという意識に至る状態
にあります。

そして、第7サイクルは224年間でしたが、第8サイクルはさらにぐっと短くなり12
年間。そう、来年2011年3月には最後の第9サイクルが始まるということなのです。

この第9サイクルでは人類の意識はさらに拡大し宇宙全体レベルに達します。

また、ひとつのサイクルは13段階に分かれています。

一日目の昼・夜 二日目の昼・夜 三日目の昼・夜 四日目の昼・夜 五日目の昼・夜 
六日目の昼・夜 七日目の昼
というふうに。

七日目は昼しかありませんが、一日目から六日目の成果が結実する期間ということ。

詳しくはこちら→
http://www.calleman.com/content/13_heavens.htm


その第8サイクルの七日目が始まるのが、この11月3日

そして、来年の3月9日には最終サイクルの第9サイクルが始まり、このサイクルは
さらに短く、来年10月28日に完成するということです。
 

------------------------ 


と、言うことで、今日はそんな感じです。

いろいろあるけど、やっぱり感謝。

2010/11/9(火)晴れ



□ 11/7(日)

10/11/7【ひとりごと:終焉~とことん0[ゼロ]を通る④&第7の日の補足】 のつづき

急に昔のジャーちゃんのメッセージを思い出した。
※ジャーちゃん=アダマス・セント・ジャーメイン

07/11/24これまでのプロセス【お金編】-10
Q:体験した「恐れ」は?

A:肉体、物理的なものを手放す恐れ、失うことの恐れ、個になること
  への恐れ、一度、死ぬ必要があった。
  教師をすることは、自己犠牲ですることではない。
  多くの人の助けになる。自覚しなさい。
  そこには、重い責任がある。辛いことだけど、決めて生まれてき
  た。
  プロセスは、私のやり方でやっている。
  宇宙...(切)
  私の死 → 再生がある。
  次元...(切)教師の義務みたいなもの。
  祈りは届けられている。見離したりはしない。
  今、再生が行われている。


これは、確かに2007年のときのだから、私の意識も段階も、
今とは違うのだけど、妙に当てはまるかもな~と思って。
あえて、今の時に、思い出させてくれたのかも知れない。

そして、夜、1通のメールに気づいた。

このブログで知り合い、何度かメールのやり取りをさせてもらって
いる方からだった。

「私が何か食べ物でも送ります。」
このブログのおかげで、ここまで来れたので、、という内容
が書かれていた。

私は、Rさんの事情を少し知っていたので、無理してたら
どうしよう。出来ることなら、私のほうが何かしたいくらい
なのに、、、。

申し出てくれる方の中には、そのような方も多い。

でも、彼女は、ハートから今回は、自分の番だ。って感じて
くれたらしい。(泣)

今の自分の状況は、あまりにも過酷すぎた。
好意に甘えさせていただくことにした。
本当に感謝だった。

ちょうど、この夜に読んだ「ひふみ神示」の本の中の言葉が
目に留まった。
もう、皆さんは十分、知っていて行動してきていると思うけど、
このタイミングだったので、書いておこうと思う。

「人を助ければ、その人は神が助けるのであるぞ。この道理なぜに判らんのじゃ。
 人を助けずに我を助けてくれと申しても、それは無理というもの。神にも道は
 まげられんぞ。

 われが助かろと思ふたら助からぬのざぞ、その心われよしざぞ、身魂みがけた人
 から教ふてやるのざぞ、神うつるのざぞ。」
 

 ※「ひふみ神示」岡本天明 P165~166より

そう、私は、これを読んで単純に、あっ、そうか、Rさんは神(ソース)
が助けてくれるのだ。そうだ、そうだったよ。
もちろん、私も、自分も助けられるようになれば、ハートに従って、
出来る限りのサポートは、させていただく。
そして必要であれば、これまで色んな形で助けてくださった方に
対しても、そうさせて頂きたいと思っている。

でね、どうして人を助けるのに”ハート”からが大切かと言うと、
ハートから(無意識も含め)行うと、それはすぐに”喜び”になる。
※無意識は、マインドを通してないから。

だけど、ひとたびマインドを通したり、無理して行うと、
エネルギーが歪んでしまって、結局は双方のためにならないこと
が多いんだよね。
これは、体験していって知ることかも知れないけど。
マインドを通すと、相手の成長には繋がらなかったり、見返り
を求めてしまったり、いろんな形で歪が出てくるのだと思う。
人を助けることと言っても、様々な形もあるし、それぞれだ。

だから、助けるほうも受け取るほうも双方で確認が必要なのだと思う。
もちろん、私はご好意を頂くときは、その方の気持ちを信頼しているの
だけど(もしかしたら勇気が必要だったかも知れないし、もちろん
ご本人もちゃんと確認してのことだとは、私も感じていたとしても)、
今一度、確認してほしくて、聞いてみることがある。
よっぽど、昔から知り合いで、気心を判っている場合なら、ともかく。

って、それだけじゃなくって、私のことよりも自分の方は本当に
大丈夫?と私のほうが心配になってしまって確認するときもある
けどね。

そんなことを、ふっと思い出したよ。

*  *  *

□ 11/8(月)

昨日は、うちのインターホンが鳴った。

作業服を着たおじさんみたいだったので、安心して
出てみた。

「東京電力のものです。」って感じで、言いたいことは
すでに分かった。
おじさんは、感じよさげで、とても申し訳なさそうに言った。

「もし、今二か月分の代金を支払えるなら、頂いていきますが、、、」

「今日は、払えないです。」

「そうですか、明日が期限になってます。支払い用紙はありますか?」

「はい、あります。明日に支払いますから。」って取り合えず言っておいた。

もちろん、あてなどないけどね。(笑)

では、詳細をポストに入れておきますから。と言って帰っていった。

うん、電気が切られるのも、携帯もだけど、もう近いよな。って
思ってた。だけど、全然、”恐れ”は出てこなかった。

「よっしゃ、調子いいぞ。」ホント、日々変化しているのは間違い
ない。以前なら、たとえ恐れは出なくても、気持ちが重くなった
ものだ。でも、今ではそれすらない。
そう、ときどき自分が変化していることには気づいていたんだよ。
こう、、、何も感じなくなっているっていうか。
だから、そういうことでは順調に進んでいるんだな。って感じとれて
いた。大変だけど、嬉しいことだ。

*  *  *

今日、荷物を送りました。翌日の午前中に届くから。という
内容がRさんからメールが届いた。

本当にありがたい。

で、私は、もう限界の限界で、口の中の気持ち悪さを紛らわす
ために、チューブの「わさび」をチビチビなめて誤魔化していた。(笑)
そして、やっぱり飢えていた。

*  *  *

□ 11/9(今日) [生かされている]

朝、ayaちゃんからメールが届いた。

心ばかし送るから口座番号教えてって。
ayaちゃんだって、先月、仕事を退職したばかり、今は、
身体の内部、工事中で、ちょっとお休み期間。

その事情も私は知っているので、ちょっと心配だった。
確認のメールして、好意に甘えることにした。

その後、Rさんから荷物が届き、送られた内容を見て、しばらく
涙が止まらなかった。
心がとってもこもっていた。
私のこの状況、見えてるの?って感じだったから、、、。

このプロセス中には何度も、ありがたくて泣いてるけど。
やっぱ、何度でも、ありがたくって泣ける。

ayaちゃんが振り込みしたよ。というメールがきたので、
送ってくれたチョコを口に含み、すぐに銀行へ向かった。

久しぶりにパンツをはくと、ウエストの部分に、ゲンコツ
のグーが入るほどやせていた。
これにはビックリした。こんなにゆるくなってるとは思わなかった。
全体に痩せたけど、だったら、二の腕とか太ももとかもうちょっと、
ついでに痩せてもいいのになって、ちょっと思った。
そこは、やっぱ最後なんだねー。
そんなこと言ってる場合じゃないだろー!なんだけどさ。(笑)
その内、すぐに戻るさ。

行きは、坂を下るので、力まかせになんとか歩けた。

私は、電気料を支払えるとは思っていなかった。
でも、ayaちゃんのおかげで、無事に電気料が払えたのだった。
”マジ?ホントに~”だった。

前日、東京電力のおじさんが残していった紙には、今日中に
支払わなければ、あさってには、利用停止になることが書かれて
いた。

ayaちゃんが送ってくれなかったら、せっかくRちゃんが送って
くれたものも一部食べられなかったかも知れない。

本当に、天の動きって、いつもギリギリで現れる。
だからこそ、奇跡や神聖なタイミングがあることを知る。

さっそく、身体に、まずなにか入れないと、と思って、
「すき家」に向かって、牛丼(並)を注文した。
自分が、ご飯やお肉を食べてるのが信じられなかった。
カウンターで食べてる間に、泣けそうになってこらえた。

エネルギーが回るまでに少し時間が必要だと感じた。
お腹はひさしぶりに、パンパンになった。(嬉)
胃も小さくなってるし、お腹は驚いたかもしれない。

少し休みたくてマックで休憩した。
いろんなことが浮かんだ。
”生かされている”
昔に書いたかもしれないけど、以前ミカエルが言っていた
言葉を思い出した。

「今後、”生かされている”ってことを、もっと知っていきますよ。」

本当の意味で、真の意味で。ってことなんだけど。
そうだな。
人間、病気や事故で、臨死体験などして、”生かされた”を真の意味
で知った人たちはいるけど、私は、生活しながらプロセスを通して、
この体験をしているんだよな~と、これまでを振り返った。
それにも、何段階かあったな。
でも、今回のが、一番の山場だったかもな。

少し休んでから、商店街を見た。
色んなものが切れていて、何から買っていいかわからなかった
けれど、残りのお金で必要最小限のものを買わせてもらった。
何度も、手にとっては、また戻したりしてたから、余計に労力
を使ってしまった。

帰りの道は、いつもの倍くらいの時間がかかった。
戦時中などで、自分も極限なのに、家族や人をおぶって歩いて
助けてた人もいるんだよな。と思ったら、こんな状態で、どうして
そんな事ができたのか。
私にそんなことができるだろうか。って考えるほどだった。
でも、火事場の馬鹿力ってあるからな。その精神力ってすごい。
途中、足を止めながらも、一歩一歩あるいた。


やっと家について、ベッドに倒れこんだ。
そのまま、少し眠ってしまった。

その間に、ayaちゃんから返信がきていた。

話によると、昨夜、「私に電話しろ。」と、ayaちゃんの
中の何かが騒ぎだしていたらしい。
でも、ayaちゃんの肉体の疲れから寝てしまい。それで、今朝
メールを送ってくれたと書いてあった。

繋がっているんだね~。
ayaちゃんの魂が知らせてくれていたのかな。

まだ、いろんな壁も残っているけど、恐れはないし、私は、
このままプロセスを続行していくだけ。

本当に、皆さんに、助けられました。
このプロセスは、後から笑い話になるのか、思い出したくも
ない体験なのか、よくわからないけど、でも確実に、私を強く
成長させてくれているし、いろんな事を気付かせてくれている
のも確かだった。

この断食のような期間も、いろんな意味合いがあり、見えない
部分で、精神だけじゃなく、肉体の細胞とか変化もしているの
かもしれない。って感じた。改造されてたかも知れないし。
今は、表面的には、目もくぼんで、やつれて見えるかも知れない
けど、これから、若返っていきますからねー。ぷっ。(笑)

私がわからなくても、yoham(私の神)が知ってるので、
いいのだけどね。
自分は、知らなくてもいいことなんだ。とまで思えるように
なってきた。

本当に、ちゃんと聞き届けてくれているし、知っててくれる
のが、以前より判ってきているから。

今後、知る時期がきたら、その時その時で見えてくるんだろうね。

おかげさまで、少し栄養もとれると思うので、数日、元の体調
に戻るまで、ゆっくり身体を休めたいと思う。

今日は、ぐっすり眠れそう。

すべてに感謝!!

*  *  *


【転載】2010年11月のエネルギー ~大天使ジョフィエル へ

【ひとりごと:終焉~”生かされている”を知ること】


*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
チャネラー: Frixos Christodoulou  2010年11月1日
http://lightworkers.org/channeling/117842/energies-november-2010

「2010年11月のエネルギー(1)」~大天使ジョフィエル


親愛なる光の家族よ、天使の王国からご挨拶いたします。
11月は皆さんに多くの贈り物をもたらします。いままでに皆さんが達成した事は、次の
ステップへの基礎となるからです。今月皆さんは力強いエネルギーを経験しますが、新
しいエネルギーの周波数が今地球に届いています。

フォトンベルトが地球を包んでいるため、地球の変容が進みます。皆さんの多くが今起
こっていることに疲れてしまい、でも何をしたらいいのかわからなくなっているのを、
私たちは知っています。自分の魂を信じて、自分の現実を作って下さい。これはもう何
度も申し上げているし、皆さんも何百回も聞いたことでしょうが、地球で皆さんが経験
する現実は、皆さんが作るのです。

愛する者たちよ、今月は全人類の可能性を見届けるよう、おすすめします。皆さんが住
んでいる国の新しい可能性。あなたの住む社会の可能性。すべてのものが、魔法のよう
に変わる可能性です、そして、これは起こりうることです。皆さんが人生で経験したい
と願う、新しい現実を神はもたらすことができるのです。分離と支配がなく、抑圧と不
名誉もない。

愛する者たちよ、皆さんの中の神は既にソース(宇宙の源)と一つになっており、どち
らも地球上で奇跡を起こせます。皆さんは父・神/母・女神の一部であり、ワンネスとも
ひとつであり、ここに分離はありません、神の現実を人生への贈り物とすることを自分
に許し、今すぐ実現するよう表明してください。新しく来るものを抱きしめ、古いもの
を人生から手放してやりなさい。

天使の王国にいる私たちは、地球とその住人にとって最も完全な青写真を持っています。
皆さん一人ひとりのための神の計画を持っており、それを絶えず皆さんに放射するよう
に送っています。皆さんはなぜ、自分の意識の中に恐れと不幸の青写真を持ち続けるの
ですか?皆さんの意識内のものは何であっても、外に向けて放射され、現実を作り出す
のですから、それを経験することになります。これはあるべき姿ではないので、変える
ことができます。これは意識の中に存在する情報に過ぎず、それが活性化されて現実と
なるのです。皆さんを傷つける情報を保つ必要はもうないと気づき、消し去って下さい。

同じ言葉を繰り返しますが、皆さんは自分の現実とエネルギーのマスターにならなくて
はならないと、何度もお伝えしました。自分の意識のマスターになるということです。
他人に自分の意識と現実をプログラムされることを許しますか?現在、人間の意識をコ
ントロールしようと大きなゲームが行われています。目を覚まして!皆さんのシステム
を支配しようとする有毒な情報が侵入しないよう、警戒してください。皆さんを恐怖に
陥れようとする、いかなる情報も遮断しなさい。皆さんのI AM PRESENCE を呼び、皆さ
んの人生の中で行動を取るよう呼びかけなさい。直ちに要請しなさい!


未来の青写真を現在へ!

今月は皆さんに「ゲーム」をやってもらいます。新しい可能性をもたらすことができる
小さな実験です。国全体と住人が繁栄と豊かさのなかに暮らす現実を、あなたが呼びこ
むことができるとしたらどうでしょう。人々はどのように行動するでしょう。古い現実
に取って代わる新しい現実は、平和、理解、尊敬、共感、平等、一体感があり、援助が
得られる世界となります。

三次元での心は、今存在するデータではそのようなことは起こりえない、と言います。
三次元の心は、自分の思考と理解のレベルでの解決法を探します。合理的思考の範囲を
超えた現実を受け入れることができません。しかし、新しい地球、新しい世界が存在し、
皆さんが率先して新しい地平に今、宣言することが求められています。

五次元への移行は、地球全体とその住民に、五次元の現実に入るよう要請します。それ
こそ地球に必要なことです。新しい現実。私たちが見るところ、皆さんの多くは自分の
現実を生きています。それには修正が必要です。完全で優雅な、神の現実と一致しまし
ょう。


ライトワーカーたちと善意の人々:神の現実をつなぎとめる

世界のライトワーカーは何百万人もいます。力を合わせれば、完全に神と一致している
集団的現実を変えることができ、「ディヴァイン・グレイス」を通じてすべての人に喜
びと調和をもたらすことになります。そこで今日は簡単な言葉の情報をまず教えてあげ
ましょう。地球にいる多くの人たちをとりまく現実を変容させるために。

祈りや瞑想の中で私たちを呼び、行動を起こし、新しい枠組みをもたらすよう要請してく
ださい。光の橋となり、あたらしい型のグラウンディングが起こるのを許してください。
あなたのハートの中、聖なる静けさの空間へ進み、現実を高次の光の王国の私たちとつな
がるよう要請してください。王国の中で私たちは、すべての人にとって完全な聖なる青写
真を持っています。そこで次のように言うといいでしょう。

「親愛なる母・女神/父・神よ、光の天使と大天使よ、地球で人となった魂たちの守護天
使たちよ、地球とその人々を覆う古い現実をふるい落とし、愛・平和・理解・援助・希望
・尊敬・繁栄・真実・勝利を抱く新しい現実を、今もたらしてください」

「ディヴァイン・グレイスを通じ、私の心・魂・全力をもって、神にふさわしい神聖な現実
がいまや前進し、全地球とその人々のために役立つことを願います。そうなりますように!」

皆さんはこのように祈り、新しい現実にすべての人々、すべての社会や国々を含むようにす
ればいいのです。五次元が地球に近づくにつれて、現実として存在できる唯一のものは、愛
の完全性だけになります。神にふさわしくない現実は下方へ引きずられ、低い波動となりま
す。焦点をはっきりと定め、皆さんの人生に完全な変容がもたらされるよう、私たちに頼ん
でください。これは大規模な同調(アチューンメント)です。私たちに、優雅さと愛のエネ
ルギーをもたらすよう願って下さい。私たちは皆さんのためにここにいます。新しい世界に
光のエネルギーを放射して下さい。

皆さんの人生から恐れによる過去を手放し、新しいものを抱きしめて。魂で同調してあげな
さい。

10:10:10のエネルギー・ポータル(門)が人間にキリストの男性性・女性性の内なる融合を
もたらし、I Am Presence と黄金のキリストの御子のつながりが確立したので、一人ひとり
が喜びと遊び心をもって自分の現実を創造する能力をもつことになりました。奇跡が起こる
時、それは合理的ですか?意識の高い合理的な心は、この答えが分かりません。そのために
心が作られたわけではないからです。合理的な心は、ただ計算し、比較するだけです。
だから、「なぜ」とか、「どのように」などと尋ねずに、ただ奇跡を人生に起こらせなさい、
自由に奇跡が起きるままにしておきなさい。神の計画に同調するとともに、あなたの目の前で
、三次元の痛みと分離の現実は変容していくでしょう。

そこで、上に述べた祈りをささげることを、皆さんにおすすめします。そして、新しい現実
の表明を積極的にして下さい。新しい神の現実の可能性を開き、それが前進することを許し
てください。結果を期待したり、執着することなく、ただ願いなさい。ただ願い、そうすれ
ばゆっくりゆっくりと、すべてが魔法のように、すてきな方法で変わって行くでしょう。

☆このメッセージの(つづき)はこちら
→10/11/10【転載】2010年11月のエネルギー(2) ~大天使ジョフィエル



-すいれんさん訳

*  *  *

【転載】2010年11月ニュー・アースのエネルギー ~大天使ミカエル へ



☆本日↓2010/11/9(火)の始めはこちらから。
【ひとりごと:終焉~”生かされている”を知ること】
【転載】2010年11月のエネルギー ~大天使ジョフィエル


*  *  *

久々に、セリエさん経由のミカエルのメッセージ。感謝。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
The Flowers of Peace, Grace and Compassion and the Diamond Light Waves
The New Earth Rises: November 2010
Archangel Michael through Celia Fenn
http://lightworkers.org/channeling/118162/flowers-peace-grace-and
-compassion-and-diamond-light-waves


「平和、恩寵、思いやりの花とダイアモンド・ライトの波」
ニューアースの始まり:2010年11月

Celia Fenn 経由 大天使ミカエルのメッセージ



愛しき光の家族たちよ、あなた方の惑星にこの時期に流れ込んでいる新しいエネルギー
について、そしてこの時期に顕現されている新しいフォームについてお話し出来ること
は大きな喜びです。

10/10/10のポータルまたはスターゲートのオープニングによって、あなた方、光の家族
たちは、シェキナーまたはコズミック・マザーの新しいエネルギーをアンカーするスペ
ースを持ち、ひとつOneとしてプラネタリ―・ユニティの中で、海洋と大地をリンクする
新しい光のグリッドの形成を可能にしました。
現在あなた方は、これらの新しいエネルギーにフォームと物質的な形を与える次の段階
の中に在ります。

ではまず、10/10/10スターゲートによって地球に入って来た平和、恩寵、思いやりの新
しいエネルギーについてお話ししましょう。
私たちはそれを“平和、恩寵、思いやりの花”と呼びます。なぜならそれは、あなた方
の惑星にフォームを与え、また人類のソーシャルな構造と相互作用を顕現する“フラワ
ーオブライフ”グリッドに高次の意識を与える最も美しい神聖幾何学模様としてアンカ
ーされたからです。

これらの新しい花は、グレート・アース・マザーGreat Earth Mother のシェキナー・ラ
イトのギフトと表現である平和、恩寵、思いやりのエネルギーを含みます。
シェキナー・ライトは、地球のフィールドにアンカーされ、無条件の愛、恩寵、思いやり
の振動数で脈動しています。

思いやりのエネルギーは、惑星上の仲間たちとの深いつながりと、全ての者たちが高次の
意識の光の中に現れることをサポートする切望の深い感覚を創ります。
そしてまた、これは全ての者たちがサポートされ愛される社会、そして皆が物質生活の豊
かさの中でシェアする社会の形を与える切望を創ります。
思いやりは、母なる神または神聖なる女性性のギフトであり、それは彼女の地球の子供た
ち全てはいつでも愛されサポートされていることを知っていることを確証します。

愛しき者たちよ、恩寵のエネルギーは思いやりの後を追います。それは、神聖なる意志Div
ine Will、愛、思いやりがある場所にはミラクルが起こる、という価値観の完全なる信頼
と受諾です。
また恩寵は、ディヴァイン・マザーのギフトであり、それはコズミック・ハートから出る
コズミック・ラブのエネルギーと流れることを選択した者たちをサポートします。

愛しき者たちよ、過去数年間の間、私たちはよく“今の瞬間”に生きる必要性、そしてご自
分の人生の中に創造とシンクロニシティの流れを顕現する神聖なる意志を快く受け入れるこ
とについてお話ししてきました。

パワフルな新しいエネルギーが地球上を一掃し、あなた方の人生とソーシャルな構造に深く、
意味ある変化をもたらしていますので、現在はあなた方がこれらのスキルを必要とする時です。
愛しき者たちよ、恩寵、思いやり、ミラクルは、あなた方がご自分のハートをオープンにし、
これらの神聖なる愛のギフトを受け入れれば、あなた方のサポートのためにここに在ることを
知ってください。

愛しき者たちよ、現在のあなた方のプロセスをサポートするために、どうやってこれらのエネ
ルギーが、これからの数カ月間の間に流れるかについてご説明しましょう。

10/10/10に、あなた方はエネルギー的なスターゲートを通り抜け、それはあなた方が高次の意
識の中へと拡張することを許しました。あなた方はこれをエネルギーの橋と例えることが出来
るでしょう。光の家族として目覚めている者たちは、この光の橋を渡る準備が出来ていました。
あなた方のハイヤーセルフは、この意識の偉大なシフトのためのご自分の準備をしてきました。
ですから、多くの方は、たとえ次のステップがはっきりしておらず、どうやってご自分の人生
の中でこれらの新しいエネルギーに形を与え表現するかが分かっていないにもかかわらず、こ
れらの新しいエネルギーと整列していない状況を離れなければならないと感じたのです。

11月11日の11/11スターゲートにおいて、あなた方はこれらの新しいエネルギーをもっとフ
ルに統合し始め、愛と思いやりの中で、ご自分自身とご自分の光を表現するためにどう前進する
べきかをもっと理解します。
あなた方はもっとご自分自身についての理解を深め、ご自分の人生の次の段階の中で自分が何を
達成するべきなのかを、もっと理解し始めます。
愛しき者たちよ、あなた方は個人的な成長と、また地球の拡張と成長をサポートもする愛の中で
の拡張の新しい段階と整列し始めています。

12月12日の12/12スターゲートまでに、あなた方はご自分の人生の中でのこの新しい方向性に
形を与える準備が出来るでしょう。高次の意識のエネルギーは、仕事と人間関係の新しい方向性
を顕現するでしょう。

愛しき者たちよ、もしあなたがこれらのパワフルな新しいエネルギーの中で混乱し見失ったかの
ように感じたら、あなたはこの変容の大きなプロセスの中でサポートされており、今年の終わり
までに神聖なる意志Divine Willとともに形にし整列がもたらせることを知ってください。
ご自分自身のために思いやりと恩寵のギフトを使うことを忘れずにいて、神聖なる流れの中のシ
ンクロニシティとミラクルを期待してください。


☆ ダイアモンドライトの波と光の中でのインディゴ・クリスタル・アドヴェンチャーの次の段階

愛しき者たちよ、10/10/10とスターゲートポータルのオープニングで、地球にやってくるダイア
モンド・ライトの波がより強烈になりました。これらは高次の意識を活性化し、地球上に愛と平
和のフィールドを増す効果があります。

ですが、それらはダイアモンド・ローズ・クリスタル・チルドレンの到着によってサポートされ、
可能にされるのです。
これらはクリスタル・チルドレンの次の“波”で、このような者たちはフル・コズミック・コン
シャスネス(完全なる宇宙意識)で生まれ、完全に目覚め、彼らが内側に持つ神聖なる光のスパ
ークとつながっています。
彼らは地球上の光の集合的なフィールドに新しいエネルギーを植えるので、彼らのエネルギーフ
ィールドは、ダイアモンドのように輝いています。

同時に地球上のインディゴ-クリスタルの存在たちは活性化され、彼らは、光のコードを通して
表される神聖なるプランに従って彼らの仕事の次の段階へと導かれていきます。
これは、新しいエネルギーのチャンネルと表現となる仕事、自然との持続可能なパートナーシッ
プの創造をアシストすることで、それによって惑星は平和、愛、自然を破壊しない未来が可能に
なるのです。

1970年、1980年代に地球に到着したインディゴの第一、第二の波の多くの者たちは、こ
の新しい意識とこの新しい愛の仕事の中へとシフトします。
彼らはグループで働き、地球上での生活を持続可能で思いやりに満ちた在り方を表すサポートと
なるプロジェクトに呼ばれるように感じます。
これはまた、インディゴとクリスタルの変容の段階を通してシフトしてきて、惑星地球上に表現
されるコズミック・ウィスダム(宇宙の叡智)のダイアモンド・ローズ・コンシャスネスの準備
が出来ている全ての人々にも感じられるでしょう。

これは、ソールスター・チャクラとアーススター・チャクラを整列する深くグラウンディングさ
れた意識です。
ソウルスター・チャクラのレベルにおいて、ソウル・アカーシャは、あなたが何者であるか、そ
して、あなたの星たちとのコズミック・コネクションの記憶を目覚めさせていきます。
アーススター・チャクラのレベルにおいて、あなた方は地球上の集合的な過去世の深い記憶を目
覚めさせ、地球のアカーシャから、これらの人生の叡智にアクセスしていきます。

共にこれらの2つの叡智の流れは、あなたが最高のソースからの光のコードと情報を受け取って
いることを意味します。そしてあなたは認識と意識の中で拡張していくのです。
惑星に入ってくるピュアなダイアモンド・ライトの波は、新しい神聖な光の幾何学の形を通して
情報を“アップグレード”する効果があります。
これらは、新しい存在の形へと進化する新しい起動力を運びます。
愛しき者たちよ、これらの新しい情報の全てがあなた方のライトボディと、細胞的な記憶、そし
てDNAへと流れこんでいますので、あなた方が疲れを感じたり混乱していたとしても驚くこと
ではありません。
あなた方のマインドは、この情報を消化することが出来ないのです。
マインドレベルとメンタルボディは、あなたの現在の人生の体験を消化するために与えられ、こ
の情報を地球とソウル・アカーシャの中に届けます。メンタルの能力は限界があります。
高次の意識のみがチャネルし、あなた方が過去数年間にわたって発達させてきたライトボディの
中の経路が、あなた方のDNAと関連して、この情報を消化することが出来るのです。

愛しき者たちよ、マインドのワークは、残りのマルチ・ダイメンショナル・ボディ(多次元的な
体)が消化し導くことを受け入れて、ハートと体を通してやってくる“指示 Instruction”に気
をつけることです。
これらの指示と整列している時、あなたは安心して、恩寵と喜びとともに表現と愛の高次の形の
中へと流れます。

あなた方が今月、11月の間、平和、思いやり、恩寵の花の光と、喜び、祝福に包まれています
ように。



-sesame さん訳

2010/11/10(水)曇り



朝、起きたら、立ち上がるときも、立ちくらみやめまい
もなくなって、身体も楽になっていた。

あとは、もう少し体力が付いたら、お散歩も出来るかも。

*  *  *

昨日、転載させていただいたメッセージの(つづき)がアップ
されていました。感謝。

→10/11/9【転載】2010年11月のエネルギー(1) ~大天使ジョフィエル
の(つづき)です。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
チャネラー: Frixos Christodoulou  2010年11月1日
http://lightworkers.org/channeling/117842/energies-november-2010

「2010年11月のエネルギー(2)」~大天使ジョフィエル


でもエネルギーレベルでは何が起こっているのですか

親愛なる者たちよ、第二のエネルギーシフトが11月に起きており、2012年に地球を包み込む
新しい波動へのとても重要な道筋となります。現在複数のレベルのエネルギーが地球に流れ
込んでいます。

今月皆さんが経験するエネルギーは、人心操作の古い枠組みやモデルの崩壊と結びついて、
バイオレットフレイムの変容作用が地球をより強く包みこむ間、起こる現象です。皆さんは
第7の黄金時代に入ります。これが実現するためには、根本からの変化を経験しなければな
りません。

今、社会で起きていることは古い意識と新しい意識の戦いです。力強い変化です。この変化
を起こすためには、「空間」が必要です。古い状況を解決しようとしたり、修復しようとし
たりしないように。古いものは捨ててしまわなくては。修理したところで新しく見せかける
ことはできません。古いものですから、直すことはできません。

ですから今月は皆さんの生活に、新しい考え方を招き入れるようになります。皆さん、生ま
れ変わる準備はできていますか?


11月のどの日が重要ですか?

私たちは、みなさんが頻繁に新しい高次の現実と同調することをおすすめします。魂は必ず
「上」を目指します。すべてが神の方へ伸びて行き、引き寄せられます。11月に届いている
新しい周波数と共同で物事を行ないなさい。新しい周波数は11月23日に「手に入り」ます。
これは2011年8月8~9日に起きる地軸の傾きと同様になるためです。これは届いてくるエネル
ギーの入り口、反射、つながりのように見え、次の進化の歩みへの足がかりを作ってくれる
でしょう。

11月23日の光の入り口から入るエネルギーは、地球上のいくつかの場所につなぎとめられる
ことになります。皆さんの瞑想の中で私たちと一緒になり、皆さんのエネルギーフィールド
に「繁栄の抽象モデル」の新しい周波数がつなぎとめられるよう、私たちに依頼して下さい。
この特定の波動は「繁栄の抽象モデル」とつながっているからです。現在皆さんは「繁栄の
抽象モデル」に合理性を見いだせないでしょうが、人生に意識の変化をもたらしてくれます。

満月:11月21日

このメッセージを転載するときは変更しないで下さい

Angels House University:
www.angelicreiki.eu
© Intellectual Rights
以下の条件で印刷、PCに保存、友人とシェアすることは自由です。
著者、この文の創造者、www.angelicreiki.eu |  を必ず記載すること。


-すいれんさん訳

*  *  *



☆本日↓2010/11/10(水)の始めはこちらから。
【転載】2010年11月のエネルギー(2) ~大天使ジョフィエル

*  *  *

昨日のブログの中で、「ひふみ神示」の中の”人を助ける”こと
についての言葉を紹介させてもらい、コメントを書かせてもらった
けれど、
→10/11/9【ひとりごと:終焉~”生かされている”を知ること】

今日、女神ラクシュミのメッセージがアップされていて、
内容が、とても共通している部分があるな~と感じたので、
転載させて頂くことにした。感謝。

こちらは、”与える”という言葉で表現されてます。

☆ Happy Spiritual Message さんから
 
 【女神ラクシュミからのメッセージ】


今あなたが持っているものに目を向けて下さい。

あなたがないものに目を向けると、
ますますその状況を引き寄せてしまいます。

充足を感じる人のもとには充足がやってきます。
不足を感じる人のもとには不足がやってくるのです。

あなたが充足感を感じながらお金のことを考えると、
その思いは現実のものとなることでしょう。

あなたが不足感を感じながらお金のことを考えると、
その思いも現実のものとなることでしょう。

宇宙のサポートはすべての人々に平等にもたらされるのです。

宇宙からのサポートがいつももたらされ、
運が良いように見える人々もいることでしょう。

そういった人々の多くは徳を積むことを心がけています。

徳を積むとは、人間性を高め、
人々に与える努力をしている人のことです。

いつももらうことばかり考えている人には、
宇宙からのサポートはおとずれません。

また、見返りを期待して与えている人にも
宇宙からのサポートはおとずれないでしょう。

まずはあなたが見返りを期待せず、
無理なく与えることができるものを人々に差し出して下さい。

人々に与えるとき、自己顕示や自慢や打算があってはなりません。

与えることに純粋な喜びがある時、
そのエネルギーは人々に伝わり、徳となって
宇宙からのサポートがやってくることでしょう。

宇宙からのサポートがやってきた時、
感謝の気持ちとともに何かお返しをして下さい。

すると、さらなる宇宙のサポートを引き寄せることができることでしょう。



*  *  *

夜、アップされていました。転載させて頂きます。感謝。

[mixi]Arrived Energy On Earthより
Channelled through Natalie Glasson
2010/11/7


「ガイドに関する説明」~マスタークツミ


あなたのガイドの愛情はあなたの人生に存在することも、力強い支えとなることもありえます。
そのような認識が、あなたの意識的な認識にはないこともありますが、だからといって、あな
たがあなたのガイドからまったく愛されていないという意味になるわけではありません。ご自
分にガイドがいるかどうか…彼らと日々つながっているかどうか…あなたが信じようと、信じ
まいと、あなたのガイドは存在していますし、あなたの側にいます。彼らはあなたの元を決し
て去ることはありません。彼らは常にあなたの人生,経験,地球上での生活を注意深く見てい
ます。あなたを常に愛すること…そして、地球上でのあなたのスピリチュアルな旅の間ずっと、
彼らにできうる限り、あなたを導くこと…それが彼らの任務であり、彼らの献身なのです。

ガイドを信じていなかったり、自分のスピリチュアルな経路においての彼らの重要性を信じて
いないライトワーカーたちがたくさんいます。そのような彼らが持っている信念は、「つなが
っているエネルギーはたったひとつで、それは創造主の光である。他のエネルギーや内なる領
域の魂たちはすべて、ただ単に真実から注意を逸らすものでしかない。」といったものです。

この信念にも幾らかの真実はあります。地球上の1ライトワーカーとして、創造主の光とつな
がり、あなた方の物理的なリアリティの中て、創造主の振動を体現してその振動で働く~あな
たにはそうする必要がありますし、それがあなたの目的でもあります。実際のところ、これ以
上に重要なことはありません。ご自分の周囲,そしてご自分の内側に創造主の光を感じること
は、素晴らしい心地よさをもたらします。けれども練習すれば、それが、地球上でご自分の真
実として存在することをあなたに可能にさせます。

私たちがガイドについてお話をする場合、私たちは、気を逸らすようなことを話すわけではあ
りません。私たちは創造主の異なった側面,特性をご自分の周りに集めることについてお話を
しているのです。あなたのガイドは、今のあなたの意識よりもずっと純粋な意識を持っていま
す。彼らのエネルギーはずっと高く,より素早く,より素晴らしいものです。

あなたのガイドには、ご自分の人生にあり,あなたを困惑させているバリアや限界を見透かす
ことができ、地球上でのあなたの経験のより大きな概要を認めることができます。彼らは友達
です。彼らは、あなたがアシスタンスを必要とする時はいつでも、あなたを導き,サポートす
るために…あなたにエネルギーを供給し,あなたの能力と顕現を高めるために…そこにいるの
です。彼らは常にポジティブで、優しく、彼らのエネルギーと知恵を気前よく与えてくれる友
人です。あなたが何をしようとも,何を言おうとも、あなたのガイドはあなたに決して背を向
けることもなければ、あなたをひとりぼっちにして置き去りにすることもありません。

アセンション,創造主とのワンネス,そして、真実,愛,ご自分の魂の神聖な能力の顕現を求
めている地上のライトワーカーとしてのあなた方の経路は、時折、孤独で難しいものと感じら
れることもあるでしょう。何かを成し遂げようと努力する場合、あなたの身体的なマインドが、
それは不可能なことだと、何度となく感じることもあるでしょう。あなたのガイドは、あなた
の旅をより容易なものとするために…創造主とあなたとの整列を高めるようアシストするため
に…あなたを無条件に愛するために…そこにいます。

私たちが霊的に成長し、自分の内なるエネルギーを見い出し、自分の中にある闇を消失させて
いる時、無条件に愛されていること,自分の周りにある愛を感じることが最も重要なことにな
ります。それが、ご自分のゴールに集中したままでいることを可能にさせます。あなたがご自
分を取り巻く愛に気づけば、それは、ご自分のリアリティにおいても、霊的な進歩においても、
とても強力なものになります。そしてそれが、あなたを取り囲みながら、あなたがゴールを達
成するようにあなたを応援しているサポートのネットワーク/プラットフォームをあなたが感
じることを可能にさせます。

あなたのガイドは、あなたが心の中で,あるいは声に出して話すことのできるエネルギーです。
あなたにはご自分の最も奥深いフィーリングを彼らと共有することができます。そして最も重
要なことがあります。あなたには彼らに何でも頼むことができるということです。それが創造
主の意図に沿ったものであり、あなたの霊的な成長を助けるものである限り、彼らは最適な方
法であなたを援助することでしょう。私たちがガイドのことを思う時、彼らは創造主の顕われ
であり、彼らは創造主の光との連絡,架け橋であると認識せねばなりません。

保つべき最も重要な意識は、あなたは創造主とONEとしてつなげられているゆえ、ご自分のガイ
ドともそうである…ということです。あなたとあなたのガイドとの間には何の分離も何の違い
もありません。それはあなたと創造主の間でも同じことです。あなたは創造主であり、同じく、
あなたのガイドでもあるのです。あなたのガイドのエネルギーとつながり、それを体現するこ
とは、ご自分の現実においてのあなたを支え,あなたに計り知れぬほどの助言するだけでなく、
創造主の魂の新しい,より高い振動をあなたに受け容れさせることにもなります。

ご自分のガイドは創造主に対する集中からあなたの意識を逸らすという考え方を消失させ、ご
自分のガイドは創造主とあなたとをより深いレベルで結ぶものだと認めることが重要です。あ
なたがご自分のガイドと共にワークしようと,しまいと、あるいは、彼らがあなたのためにそ
こにいるかどうかに関わらず、ご自分のガイドとの絆を持ち、地球上での経験,あなたの現実
にこれがもたらす微妙なあらゆる変化に気付き始めることが適切なことでしょう。あなたがご
自分のガイドと一緒に機能していれば、あなたはご自分の経路にずっと素晴らしい強さで創造
主のエネルギーを持ち込んでいます。

私;マスタークツミは、地球上の多くの者たちのガイドの役割をしています。とてもたくさん
の魂たちが私の存在と創造主の魂を認めていることは、喜びであり、公然の特権であり、あら
ゆる点で愛です。私は、ご自分のリアリティの中でご自分のガイドの存在を利用することで、
ご自分の魂の成長を支えるために創造主の偉大なる光,意識,認識をあなたという存在に根付
かせるためのシンプルなテクニックをお教えしたいと思います。このテクニックは、自分のガ
イドと広範囲にわたってワークしたいか、とりあえず一緒にワークすることから始めたいかに
関わらず、誰にでも毎日行うことができます。

では、穏やかに座り、ご自分の呼吸にフォーカスするよう願います。ご自分自身,マインドが
深い瞑想のありさまに陥るままにさせ、あらゆる新しい瞬間の深い静けさ,静寂に耽ってくだ
さい。

まずは、ご自分のパーソナルガイドに頼んでください。彼らのエネルギーを愛の中で完全にあ
なたを保護するという意図と共にあなたという存在により近寄るように…そうして、彼らの純
粋で献身的な存在をあなたに気づかせるように…と。ご自分の身体,そして、浮かんでくるあ
らゆるフィーリング,感覚に注意していてください。

深呼吸を数回して、息を吐く際に、あなたがご自分のガイドとつながることに関して持ってい
るあらゆる恐れやブロックをリリースしてください。これを練習することが重要です。たとえ
あなたがご自分のガイドとつながっていることになれているとしても、それがあなた方のつな
がりを強めることになるかもしれないからです。

あなたのガイドに、クリスタルのクリアで白いエネルギーをあなたという存在全体に、あなた
の頭のてっぺんのクラウンチャクラから注ぐよう求めてください。エネルギーが流れ込んでい
るのを感じてください。とりわけ、あなたのマインドがあらゆる思考をクリアにしているのを
…。そうして、あなたのマインドがご自分の経験を観察するというシンプルな練習の際も穏や
かなままでいるようにさせてください。

ご自分の魂自体が完全に創造主の魂,光と整列するよう求めてください。あなたという存在の
あらゆる側面が確実に創造主の魂とつながっているようにすることで、この整列を高めるよう
…そうして、創造主の光がそのパワーと精度で容易にあなたという存在全体に流れこむよう…
ご自分のガイドに頼んでください。ご自分のマインドの中に、プロセス全体を観察する能力を
保っていてください。

あなたの準備ができたら、ご自分のガイドに、あなたにとって最適な振動と特性の彼らのエネ
ルギーをあなたとマージさせるよう求めてください。これは、あなたという存在に光あるいは
エネルギーが流れ込んでくるフィーリングになるかもしれません。あなたのエネルギーが彼ら
のエネルギーを統合することで、彼らのエネルギーはあなたのエネルギーとマージします。こ
れが、すべてが同等の光のビーコンとなって、創造主とのより素晴らしいワンネスを経験し、
そうなるために自分のエネルギーを分かち合うプロセスです。

あなたは色やビジョン,言葉,何らかの感じに気がつくかもしれませんが、そうしたものをも
ただ単に観察するだけにしてください。この統合のプロセスが完了するままにさせてください。
そのまま、しばらくの間そのエネルギーの中に座ったままで、その光があなたの内側に落ち着
き根付くままにさせてください。

この練習の目的は、あなたとあなたのガイドとのつながりを助けること,あらゆるバリアを消
失させ、あなたの光の指数を押し上げること,そして、ご自分のガイドとのコミュニケートを
学ぶことをご自分に許させ、ご自分の周りで彼らの存在を自由に放たせることです。あなたが
ガイドたちのコミュニティの完全なエネルギーを体現しているようになったら、あなたにはご
自分の現実,霊的成長において彼らの助けを求めることも、ハートから彼らに話し、彼らがす
るアシスト,サポート,援助に対する信頼を保つこともができるようになります。

あなたが彼らに助けやガイダンスを求める時、彼らは常に耳を貸しています。しかし、彼らの
エネルギーとの強くパワフルな統合があってこそ、あなたの要請は大きな力を持つようになる
のです。その場合、彼らがあなたをアシストする能力もまた、より大きなものになります。で
すから、ご自分の現実においての経験,あるいは如何なる変化に対してもただシンプルに気づ
いているようにしてください。また、あなたはご自分のガイド,創造主から完全に愛されてい
るということへの信頼を保っていてください。この練習が、ご自分の感情や欲求を表わすこと
をあなたに許すことになるだけでなく、ご自分自身,そして、つながりにも、もっと自信を持
つ助けになります。

覚えておいてください。受け取るためにはまずは求めなければなりません。求めるには、ご自
分の望みを理解していなければなりません。その欲求があなたの内側の真実から来ている場合、
あなたは常に創造主の豊かさを授けられることになるでしょう。その時あなたは受け取ること
にオープンにならねばなりません。

あなたのガイドは創造主のエネルギーはあなたの周り,あなたの内側にあるということ,あな
たはあらゆるものとひとつであることをあなたに教えるでしょう。分離は幻想です。統合は、
創造主としてのあなたの本当の存在を認めるプロセスです。この統合のプロセスを受け容れる
ことをご自分自身に許してください。このプロセスをあなたの内側から輝きだす創造主の光へ
と近づくための段階としてみなしてください。

聖なる至福と共に

私は、マスタークツミ

Natalie Glasson, Wisdom of the Light, www.wisdomofthelight.com

http://lightworkers.org/channeling/118157/discussion-concerning
-guides-master-kuthumi



-Jueuxさん訳


2010/11/11(木)晴れ[11:11ゲート]


Image065.jpg
花屋さんのお花



今日の始まりは、ちょっと面白かった。

自分の感じていることを、ひと言で表現するって、
ほんとうに難しいな~~~。

まっ、いつものように、うまく伝わるかはわからないけど、
書いてみよー。


今日は、熊野神社まで行ってきた。

*  *  *

□ 11-11 

昨夜、ゴミを捨てにいってポストをみると、昨年に退職
してから、そのままになっていた年金のことで、案内が
入っていた。

これまでも何度も案内は来ていたのだけど、どうもタイミングを
逃し、「免除」の手続きさえも滞っていた。

いつもなら、「またか、、、」で終わるし、もう、どうでも
いいことだと、どこかで思ってる。
(これは、賛否両論あるだろうけど、あくまでも私の場合)

だけど、昨日はちょっと気になり、一度行っておこうかな。って
なぜか思った。

たぶん、年金のことが、どうってことよりも、、、

少しでも残金が残っている内じゃないと、どこへも出かける気にも
ならないし、その事に乗っかって出かけるか?って感じに近かった
のかもね。
でも、いつもと違って僅かであっても、気にかかったのは事実。

いつも、ソース(源)から動かされるときは、何かキッカケがあって、
その動機から動かされるのを知っていたし、今回は、これで、
出かけることになるのかな?って感じで。

明日は、11月11日だしね~。何かあるのかな?

(これが、昨日のサインだった)

でも、いつもよりもハッキリとした感覚ではないので、
行くの?行かないの?
行くとしても、あっち?それともこっち?と感じてみていた。

ま、結局は、取り合えず保留にした。

で、最近、寝る時間が夜中3時以降が多く、朝方に寝付くという
パターンが多かったせいか、昼近くになって起きるということも
多かった。なので、早起きできるのかどうかも微妙だった。
最近は、陽の落ちるのも早くなったしね、起きるのが遅いと、
すぐに暗くなるし出かけるのも億くうになっちゃうもんね。

*  *  *

おかげさまで、私は、ずいぶん元気になった。
体調もいい感じ。エネルギーもある。

ただ、出かけるなら、交通機関にあまりお金もかけたくない。
このプロセスが、いつまで続くのかって分からないだけに。

必要以上に、先のことを心配しないけど、まだ必要なもの
あるし。先日までのプロセスが堪えていたのか、慎重ぎみ。
それも、今日、ちゃんと無くなれば、また現れると仕切り
なおして、先日までのことは手放したけどね。

久しぶりの遠出(人によっては遠出の内に入らないかも知れな
いけど)は、筋力も落ちてるだろうし、ちょっと自信なかった。


夜、娘との会話の流れから、ひとつの作業をすることになった。
久しぶりに、 Photoshop とIllustratorを使うことになったけど、
少しワクワクした。
案の定、久しぶりに触ったので、使い方を忘れているところが
出てきた。でもやり始めると止まらないんだよね~。


その最近の睡眠パターンのおかげで、
眠くならなかったので、その作業にハマっていた。

寝たのは、たぶん5時近かったかも知れない。
小腹が空いたので、小ぶりのバナナを1本食べて寝た。

「また、こんな時間になっちゃった。やっぱ、出かけるのは
無理かも、、、」と思った。

少し眠って、ふっと時間を見るのに、TVを点けたら「5:55」だった。

「お~~~っ。」※最近、555がダントツ多かった。

で、確認して、また眠った。

すると、、、、(前置きが、長いね~。苦笑)

朝7時すぎには、また目が覚めた。


で、なぜか、お腹がまた空いてるのさ~~。汗
うっそ~、私、寝る前にバナナ食べたし~。
(いつもなら、ありえんっ!こんなこと初めて。)

炊飯ジャーのスイッチを入れて、また布団に入ったけれど、
ご飯が炊き上がるくらいの8時ころには、もう、
ガマンできないってくらいに、お腹がグーグー。って感じ。

「どうして~?」

最近なら、起きても、すぐに食べるなんて無いのにな~。

「私、どうしちゃったんだろう~。もう、飢えてないぞ~。」


結局は、2時間半くらいの睡眠で、起きるしかなかった。

外を見ると、良いお天気。天気予報では、小春日和のような日
だと話していた。

「やっぱ、出かけよう。早起きしたし。」

朝から、しっかり、ご飯が食べれた。

いつも、神社へ行くとしたら、右方向か左方向かって感じだけど、
一方向には、全くハートが開かなかった。

最近、ダウジングしても動かないし、やってなかったけど、

今日は、確認してみた。

「新宿?」  YES!! 

あら、動くじゃん。 やっぱ、そうなんだ。

すぐに、支度を始めた。

さて、行きは、とにかく歩くとして、帰りはどうしても
キツイようなら地下鉄も考えよう。

でも、外に出ると、とても気持ちがよくて、ゆっくりと
歩き出した。
以前に歩いた道は通らず、初めて通るみちで、新鮮だった。
基本、こういうの好きなんだよね。どこに出るかわからん。って感じが。
運転してても、そうだったけど。

歩きながら、今朝のことが、どうしても不思議だった。

やっぱ、どう考えても、今日は出かけることになっていたんだ。

もしかして、yoham(私の神)は、絶対に私が、どんなに眠くても、
起きて出かけられるように、”お腹空かし作戦”を使ったに違いない!

あんなこと、これまでに、絶対に無かったことだ。

人を起こして、動かすためなら、なんでもするんだな~。
って、ある意味、感心と、ユニークさに笑いが出た。

あれじゃ、絶対に布団から出ないわけに行かないもんな~。

そんなことを考えながら、そして今日という日、11-11の
ことを考えていた。
歩いている途中で、11時11分も迎えた。
「1」がいっぱいだぁ~。

区役所の近くに着たけれど、全くハートは開かなかった。
やっぱ、年金のことは、ひとつのキッカケ(意識向け)に
過ぎなかったのだとすぐに理解した。


ただ、外は、気持ちよかった。それで十分だったな。

帰りの歩くエネルギーのために、あまりウロウロせずに、
参拝のあとは、休憩して、まっすぐ家のほうに向かって
歩いた。

公園の木々は、まだ紅葉と言えるほど、色づいてなかった。

いつものように今日の途中にも、殆どの数字のゾロ目を見た。
で、いつもとちょっと違う数字では、

「358」の車のナンバーを2台続けざまに見たことだ。

この数字は、聖なる数字とも言われ、「救世主」を表す数字とも
言われている。

「あれ~、めずらし~~。」と思わず、縁起がいいぞ~。ってね。(笑)

あまり歩き回らなかったのが良かったのか、十分明るい内に
家にも着いたし、消耗も激しくなかった。
自分でも驚く。

でも、こうして出かけられるってことも、助けてくれる皆さん
あってこそです。ありがたい。

ま、エネルギーチャージのためだったのか。
よく分からないけど、熊野神社に行くことになっていた日だった
のだ。


□ サイン

家に帰ってきてから、私にしか分からないサインを目にした。
これは、私とyoham(私の神)の間での喜びのサインなんだけど。

思わず、「これって、サイン?」ってダウジングで聞くと、

YES!!

「やった~!!」

もう、一気に喜びの中に入り、今日で、私のプロセスも、
一区切りついたっていう感じがした。
(ま、正確には、支払いも、借金も清算してないけど)

でも、その見せてくれたサインが、あまりにも、私だけの
キーワード的なものだったので、気持ちが一気に軽くなった。

「ここで、それを使うか~~~!!」って感じで。

でも、とにかく「これで、終わるっ」って感じが、うれしくて
たまらなかった。
(Xデーは、いつかは、相変わらず分からないけどさ。汗)

この詳細は、長くなるし、過去遡るので省略する。


□ テレパシー?

で、今日の出来事をayaちゃんに話たくなって、電話で話せる
かメールで聞いた。

すぐに返信がなかったので、ご飯支度かな?その内にくるだろう。
って思って、他のことをしていたら、1時間後くらいに、電話を
くれた。

やっぱ、ちょうど台所にいて、気づかなかったらしい。
でも、ayaちゃんが、「ちょっと不思議なことがあったんだ。」
と言った。

私からのメールに気づかず、ガス台のコンロを片方使って料理して
いたんだけど、終わって、使っていたほうを消したあとに、使って
いなかったほうコンロのほうが、「ボッ!」っと一瞬、火がついて
消えたというのだ。

使っていたほうのコンロならまだしも、使ってないほうが、
なるだろうか?私は、そんな体験一度もない。

その時に、”私に何か起こったのかな?”って浮かんだらしい。

で、ayaちゃんは、その時の時間は、午後5時ころだったと話した。

ハッキリは分からなかったけれど、私がテンション上がってメール
送ったのは、その頃だと思うよ。って言ったけど、正確な時間まで
は、わからなかった。

でも、電話を切ってメール送信時間を確認すると、16:59だった!!

やっぱ、私が、瀕死?餓死?状態で、参ってたときに、ayaちゃんは、
自分の中で、私に電話しろ~!って何かが騒ぎだした。と言ってたこ
とを、先日のブログでも書いた。
→10/11/9【ひとりごと:終焉~”生かされている”を知ること】

”緊急ヘルプ”に限らず?”ウキウキのシェア”であっても、
たとえ、それが無意識の中で起こってることだとしても、
何かが、起きているとしか思えないのだ。

こういうのって、何なんだろ~。テレパシーの一種?

無意識に私が、「送信」しているのか、ayaちゃんのキャッチの感度
が、より良くなったのか。

双方で、何かが変化して感度も鋭くなり、見えない導線で繋がっている
かのように、”現象”として、現れ始めているのだろうか。

ま、便利って言えば、確かに便利???(笑)
ayaちゃんは、ちゃんと何か受け取ってくれるしね。

私も、ビックリ。@@

少しずつかもしれないけど、いよいよ始まったかも。

ダウジングで「これって、テレパシー?」って聞くと、

YES !!

な~んて、何一つ
今後の様子を見ていかないとハッキリとは分からないけど、
でも、面白くなってきそう。

*  *  *

今夜は、早く眠れるかな?
一旦、眠気のピーク、過ぎてしまいました。(笑)


すべてに感謝。

2010/11/12(金)晴れ



昨夜は、早めに寝ました。
グッスリ眠れました。

ホントに、時間(日)が過ぎるのが早いな~。

昨日は、”ひとつの節目”であったかも知れないけど、
まだ、私たちは、完全にはまだ到着(卒業/再誕生)してない。
あとは、もう完全に古いものから離れ、残りのホコリも払いきって
新たなステージに入ろうとしているだけ。そんな感じかな?

下記のメッセージを読んでわかるけど、今月の惑星の逆行が終わる
日もあるけれど、今年もまだ12月が残っているからね。
(人によるだろうけど、12月も何気に濃そう~???)

惑星の動きは、参考や目安になることもあるし、そこに、希望をみる
ことだってある。

全体は全体の動きがあるけど。
個人的に起こることは、どっちみち予測できない。
思ってもみなかったことが起こったり、自覚なく過ぎたり。
なので、囚われすぎず、上手に活用しよう。

そんなことを感じていたら、今は、日々自然体の中で、
まだ僅かに残っているものも、キレイにしちゃって、
注意深くありながら、中心を保つことを意識において
おこうって、新たに感じた。 
ただ、自然に起こることに任せ、受け止めていこう。

シンプルに!

あっ、昨日の「テレパス」のことは、まだ、テスト段階だった
かも知れない。今朝、ちょっとサインがあったので。
ま、ゆっくりと、、、そこは通過点に過ぎず、メインではないんで。

*  *  *

「きらきら星から、ようこそ...☆」さんから転載させて頂き
ました。下記のメッセージは11月8日にアップされていたもの
です。感謝。

新月は過ぎましたけど、今後の惑星の動き、働きなど、参考に
してみてください。


アセンデッド・マスター
Ascended Master

「11月6日の新月、そのエネルギーを利用して潜在的な危険性を回避する」
The Nov.6th New Moon:Utilizing the Energy and Avoiding Pitfalls
5 November 2010 - 11:28pm

ジェームズ・ティベロン経由
Channeler: Tyberron (Earth Keeper)


11月6日の新月
The New Moon of November 6th

明日の新月は特別に強力な日になり、最近この惑星を覆っているその強度の影響から、
新鮮な空気の短期的な休止状態が起ります。

海王星が日曜日に順行に戻り、金星は下位世界を通過する旅を終えようとしています。

この特に独特で強力な日曜日の新月の日に、瞑想に時間を割いてください。

夢を現実化する格好の時になります。

思い巡らし、行動を起こす時です!


過去2週間はかなり興味深いエネルギーを経験していて、それには強力なものが含まれ
ながらもますます標準的なものになり始めていますが、それにもかかわらず、両側を
切り刻む両刃の剣の側面を備えています。

肯定的な確言を用いることによって、内省を通した新しく潤沢な深い洞察力に到達す
るために、このエネルギーを取り入れることができます。

それは、今現在から10日間程、覆いが極端に薄い状態になっているからです。


それでも、この固有のエネルギー形態はどちらにしても情緒を高揚させることになり、
人は圧倒されて不均衡に陥らないように注意する必要があることを肝に銘じておいて
ください。

この不均衡に陥った場合、簡単に厄介な否定性の苦しみや個人的な人間関係の葛藤につ
ながってしまいます。

軽やかな足取りで、肯定的な表現に意識を集中してください。

現在4つの惑星が逆行しています。

天王星、金星、木星、そして海王星です.... そして太陽のフレアがこの惑星中にかなり
の強度の影響を与えていて、惑星の潜在的な力を急上昇させてそれと融合しようとして
います。

支援が間もなく訪れます。

次の2週の間、逆行している4つの惑星の内3つが順行に変わります。

海王星は11月7日、そして金星と木星両方が11月18日に順行に戻ります。

占星学的な惑星の全体的な姿が今月2010年11月にわたし達を支援しています。

こうしたエネルギーの内部で、わたし達は夢を実現し、未来に対するわたし達の希望を描
く際により簡単に前進することができます。


わたし達は期待している2012年の次元上昇に近付いているからです。

感謝祭の祝日につながる3週間を楽しんでください
(註:11月第4木曜日。今年は11月25日)。

家族にとって、そして自分の恵まれている状況を理解し、わたし達が受け取ってきて感謝
を伝えているすべてのものを評価できる、すばらしい時になります。

これは、わたし達の生命の中の愛と美を本当に評価する深い表現を行う時になります。

家族や友人が集う時になります。


お互いを育む時になります。

皆さんは年末の祝日と伴に祝日の月に入っているため、皆さんのこころの中にこの愛を持
ち続けてください。

12月は水星が10日に逆行を始め、そのまま極端に多様な意味を備えた12月21日の昼夜平分
時を迎えるため、多少緊張を強いられます。

今回の昼夜平分時はまた水星の逆行を伴いながら皆既月食の満月の後に続き、そして2011年
1月の部分日蝕につながって行きます!!!


惑星の逆行の周期
Retrograde Planetary Cycles

水星 --逆行期間 24日間、留(停止状態)は約3日間
金星 --逆行期間 42日間、留は約11日
火星 --逆行期間 80日間、留は約20日間
木星 --逆行期間120日間、留は約10日間
土星 --逆行期間140日間、留は約10日間
天王星--逆行期間150日間、留は約16日間
海王星--逆行期間160日間、留は約16日間
冥王星--逆行期間160日間、留は約16日間


現在の逆行の動き
Current Retrograde Movements

金星は18ヶ月毎に逆行し、2010年は10月8日から11月18日まで逆行。
木星は2010年7月23日から11月18日まで逆行
天王星は2010年7月5日から12月6日まで逆行
海王星は2010年5月31日から11月7日まで逆行


すぐに逆行を迎える惑星
Soon to Go Retro

水星は通常年に3回程逆行に変化しますが、2010年は4回逆行が起ります!何と!!! 
水星は現在順行していますが、12月10日から21日間の逆行を迎えます。

これは強力なものになるでしょう!!!

水星が逆行している間、12月21日の昼夜平分時に満月の月蝕が起ります。

驚かないでください!

この1週間は物事が少々強力で増幅されたように感じられますか?

コンピューターが遮断され、電気が強化され、携帯電話が通常よりも多く鳴るのでしょうか?

... それは太陽フレアでしょうか?


2010年11月3日の宇宙の気象
Space Weather News for November 3, 2010

太陽フレアの裏側:太陽の東側の水平線を覆う活発な領域で太陽フレアが頻発していて、
恒星の表面の上空の高い位置まで物質を噴射している。

本日のフレアのひとつは、C4級の出来事であり、地球からは直接その爆発位置は確認で
きないものの、地球の大気圏上空にイオン化の波動を創り出している。

この活動の原因は、古い太陽黒点1112であり、これは過去12日間かけて太陽の裏側に移
動していったもので、現在は我々の惑星から見える位置に戻ってきている。
www.spaceweather.com

“太陽のフレアは地球が周波数を増大させる幾つかの加速機構のひとつであり、惑星の
次元上昇にとって必要不可欠なものになっています。

こうした現象は鋭角的な強度で流入が起る一方で、また瞑想や視覚化を拡大するために
用いることができ、実際に望んでいる変化を最も素晴らしく具体化する際に利用できます。” 

大天使メタトロン

2011年
春分 2011年3月20日23:31UT(世界標準時、日本標準時は+9時間)
夏至 2011年6月21日17:16UT
秋分 2011年9月23日09:04UT
冬至 2011年12月22日05:30UT

2011年1月4日:日蝕
2011年6月1日:日蝕
2011年6月15日:皆既月蝕
2011年7月1日:日蝕
2011年11月25日:日蝕
2011年12月10日:皆既月蝕

http://lightworkers.org/channeling/117948/nov6th-new-moonutilizing
-energy-and-avoiding-pitfalls


翻訳:森のくまさま


2010/11/13(土)うす曇り



[mixi]Arrived Energy On Earthより
Mother Earth : The Heartbeat of One
9 November 2010
Channeler: Marie Mohler

http://lightworkers.org/channeling/118215/mother-earth-heartbeat-one


「マザーアース:“ひとつ”のハートビート」


愛しき者たちよ、こんにちは。
私はアース・マザー、ガイアのエッセンス、あなた方がホームと呼ぶブルーホワイトの惑星です。
あなた方のホームはいつでも私の胸に・・・私自身のハートの傍に、ハートのハートにあります。
私たちはこのハートのエネルギーの脈動でつながっています・・・リズミックな時の中のビートで
・・・ソースのエッセンスの光そのものでつながっています。

ハート、コア・ハート(ハートの中心)、セイクリッド・ハート(神聖なるハート)の中で、私た
ちはひとつです。
私の水、野原、海洋、山々、生物たち、木々、そしてあなたのハートのエネルギーの中のいろいろ
な脈動、あなたのハートが脈打つように、私の水、野原、海洋、山々、生物たち、木々、その他の
ものたちは脈打っています。
私たちは説明することも、拒絶することもできず、永遠にひとつです。
私のエネルギーフィールドで起こることは、あなた方全てにも起こっています。
そしてあなた方それぞれに起こることは、私の内側でも起こっているのです。

再び“ひとつ”のハートビートを聴く時です。
それは、ユニティであり、ワンネスであり、光り輝く恩寵の波動です。
それはとてもピュアでクリヤーなので、あなた方にとってはイメージできないものでしょう。
ですがそれは“今”ここにあります。
それは今、あなた方を通してやってきています・・少しずつ少しずつ・・鼓動のたびに・・伝達の
たびに。
あなた方のここニューアースでの生活の集まり(ハート中心の集まり・進行)は、セイクリッド・
ハートビートを脈動させる、このセイクリッド・ハートセンターの回路に点火します。

愛しき者たちよ、ハートをオープンにしてください。
セイクリッド・ハートの中心の明瞭さの美点に、ハートをオープンにしてください。
その純粋さの希望に。その愛に満ちた光のエッセンスに。その創造的なインスピレーションに。そ
の全体的な幸福に。
あなたの切望と努力の全てがその光に満ちた完璧さを受け入れることを確かなものにしてください。
それによってあなたと私は再び根本的なワンネスの中で - その中心で - 統合して、歓喜と
言い表すことが出来るものを創ります。
あなたのハートの中に、歓喜の人生のブループリントがあります。
そしてこの歓喜で私はあなたを輝かせます・・・腕とハートを広げて伸ばして・・・変化の間・・
天国をここ地球へともたらす変化の間、あなたを保持します。

ソースであるあなた、そして私は、全ての者のための新しい平和、繁栄、歓喜の次元への神聖なる
ポータルを顕現しています。
あなたのハートセンターが、あなたをガイドするのを信じてください。
ソースの安定した脈動が流れ・・あなたで在る者の中で・・それは増していきます。
あなたのハートの脈動・・・・それは私の脈動であることを知ってください。
私たちは共創造的に、新しい目覚めた創造性、全体性、幸福の新しい体験を切望しています。
あなたのハートが、見るように、とあなたをガイドするものに視点を合わせてください。
愛しき者よ、そこであなたはそう在るでしょう。

これが私のあなた方への願いです。全てのセンターから、セイクリッド・セントラル・ハートへ、
あなた自身のセイクリッド・ハートへ、この新しいリフレッシュされた光と愛の日を。
私たちはひとつです。
私たちは、この永遠の結合と光の中で輝きます。
このワンネスを信じて、その導く光を受け入れてください。

ハートの存在たちに祝福を!全ての者に祝福を!!



-sesameさん訳

2010/11/19(金)晴れ


ここ数日は、とくに何も無かった。
可もなく、不可もなく、、って感じ。
また、食せるようになってからは、気持ち悪さからも解放されたし、
この数日、喉の調節の不快も軽くなったかも。
ただ、季節的に、アレルギーでくしゃみが多くなったかな?(笑)

16日には、携帯が、とうとう切れた。
受信は出来るようだけど、送信は出来なくなった。

インターネットはいつまで利用できるのかな?
もう、いつ切られても不思議じゃないのにな?
ありがたいことに、まだ、使えてる~。

で、食物が減っていくと同時に、頭に過ぎるのは、いつまで
もつのか、、、?ってことだった。

で、今、ある食材では今日まで。また、ホントにスッカラカン。
そんな時に、本日、前回に支援物資を送ってくれたRさんから、初めて
電話があったのだ。

「もうそろそろ、食べ物のほうは大丈夫ですか?」
何だか、ガイドさんからも促しがあったようだ。
そして、ハートから電話をくださった。感謝。

で、また気持ちで送ってくださることに、、、。
あ~、またこうして生かされてるな~とも感じるし、覚悟はいつだ
ってあるのだけど、このタイミングをみても、もう、餓死の疑似体
験はする必要はないのかな?って正直、少し安心できた。(笑)
ありがたや~。

「筋トレ」の【2010/11/15-11/21 全体の空模様】によると、

木星は19日のam1:55、金星は19日のam6:19、に
逆行が、順行へ戻るということで、動きが出てきそう
な感じでした。占星術から言えば、、、。

もう、流れに委ねているとはいえ、来週の22日には満月が待ってます。
そのあとは、私の全ての支払日のタイムリミットです。(爆)

こうやって書いてしまったら、ある意味、期待をあおってる感が
ぬぐいきれないけど(笑)
”今”にありながら、とにかく過ごそう~~~。
でも、以前より軽くなっているのは確かで、どこかワクワク感も
出てくるのも確か。よかった、よかった。

*  *  *

17日に「Lightweaver」というサイトでアップされていたので、
転載させて頂きました。感謝。


☆ [mixi]The Lightweaver(http://thelightweaver.org/club/)より

#35-1 10:10:10キーデーのアクティベーション~クツミ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=58014271&comm_id=2801811
#35-2 10:10:10キーデーのアクティベーション~クツミ

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=58014300&comm_id=2801811

(2010年10月10日のアクティベーションのために2010年10月1日、南アフリカ,
ヨハネスバーグでチャネリングされ、11月11日にテキスト版が公開されました。)


私はクツミ~アグリッパ。私は今この時、あなた方それぞれを迎え入れ、移行,内観,
そして秩序と規律という恩寵をもたらすために愛と知恵の光線に進み出ましょう。

ようこそ、親愛なる者たちよ。

今日ここにあなた方と集い、神聖な手そしてキリストのハートの中にしっかりとあな
た方を抱きしめることは、私たちのハートにものすごい喜びをもたらします。

あなた方の世界は進行中である現在のパワフルな変化を経続けています。これらの変化
のどのレベルも、測り知れない機会を提供しています。それは、セルフのより深い面を
認識するための機会です。そのセルフは、注意を払うよう…目覚めるよう…そして、人
生にあること,セルフの内側・外側にあることに素早く応答するよう…意識的なマイン
ドに呼びかけています。

アセンション波は、秩序と規律に結びついた変容をもたらすことになるリ・コネクション
のパワフルなエネルギーに各人が踏み込むための機会を提供しています。私たちの言う
規律とは、日常ベースで規則正しくルーチンをこなすことに制限されてはいません。それは、
あなた方がご自分ですることすべてにおいて、真実,愛,光,知恵の法則を実践する訓練で
もあるのです。訓練とは人に仕方を教えるものであるわけですが、これらの訓練は、あなた
方それぞれが経ているイニシエーションの一部分でもあるのです。

10:10:10-2010年10月10日のアセンション波によって、あなた方それぞれには、ご自分の
パーソナルパワーの新たなレベルに踏み出して、あなた方が最近になってようやくわかるよ
うになってきた『内なる権限』のレベルを強めることが求められているからです。

『内なる権限』に取り組むプロセスは簡単なものではありません。なぜならそれは、ご自分
自身に誠実であることを…そして、ご自分にとってチャレンジであったり,ご自分を壊すよ
うに働くご自分の部分~ご自分自身のあらゆる面に対してオープンになり、そうした面を受
け容れることを…あなた方に求めることになるからです。ご自分の意識のより深いレベルを
紐解くたびに、ご自分の発言や思考,行動を動機づけているものに気をつけるようにしてく
ださい。

ご自分自身のことがもっとわかるようになるはずだからです。こうすること自体が、紛いなき
本物たる者として存在するということを理解するにおいての極めて重要なツールになります。
紛いなき本物たる者とは、マスクをすべて取り、重たいコートをすべて脱ぎ去り、ありのまま
の真実の中に立っている者のことだからです。

多くの人たちは真実が何たるかを理解していません。彼らの人生は、自分の周りの世界で自分
が見たり,経験したことというシンプルな真実か、社会が施行している法律や規則,規定とい
ったものに基づいたものになっています。けれども、そのような法律や規則,規定の制定を動
機づけたものの多くが真実には基づいてはいないということを、彼らは知らないままでいます。
実際、社会にある信念システムの大多数は、偽性のアイデンティティ,偽性のコンセプトに基
づいたものです。こうした誤認が、人々が自分の生命の壮大な部分から遠ざかることにつなが
ってきました。

『内なる権限』は、『ご自分ならではの勇気とパワーの“より奥深いリソース” 』に触れる手
助けになります。そしてこの、『ご自分ならではの勇気とパワーの“より奥深いリソース” 』
が、過去には思いもよらなかったステップを踏むよう、あなた方を奮起させます。それは実際、
重大なリスクを負わせるようあなた方をインスパイアするでしょう。なぜなら、そうする際に
あなた方は、ご自分がセットした境界を押し分けて進むことになるからです。また、それによっ
て、より大きなご自分~グレーターセルフへの敬意も生じてくることになります。『快適なゾー
ン』にいることで安心しきっていたり、そこにスタックしたままでは、あまり多くは変化しない
でしょう。これまでとは違った結果を期待しながらも同じふるまいを続けていることは、誰であ
っても愚かなことです。
実際、そんなアイディアが現実になるという考えを楽しんだり、そのような考え方を楽しませた
りすることは…つまり、違った結果を期待しながら同じパターンを演じているなどということは
…実に馬鹿馬鹿しいことです。

ここ暫くにわたって私たちは、もっと深いレベルの勇気,もっと深いレベルのモチベーション,
もっと深いレベルの優美さ図太さをもってご自分の人生を受け容れることに前進するように、あ
なた方を促してきました。それによってあなた方は、古い世界と新しい世界の間にあるギャップ
に橋を架けることは、ご自分が当初に想像したものほど威圧するようなものではないということ
を理解するようになってきました。それには奮い立つような勇気が必要になります。

他の人たちが自分の快適なゾーンというバリア~いわば真実を制限してしまう自分の世界を超えた
ところにあるものを見ることができるようになるために、あなた方自身がそのようなグラウンドを
打ち壊してある程度平坦にするためには、この世のものではないような,エキセントリックで,む
ちゃくちゃで,ワイルドなものが必要になります。

あなた方の真実は、おそらく、他の人たちのものとは違っていることでしょう。けれども、自分の
人生がどのように変化しているのか…ということに関しての集合的な真実は同じような脈絡で流れ
ています。今の時間、人生という旅を「何も変わっていない」と否定することができる人は誰一人
としていません。変容こそ、なされてきたことすべてにおいて鍵となる要素だからです。人生の様
相それぞれ,あらゆる生命の領域は、この変化に触れられています。

そして今来ているアセンション波は、更にバリアを打ち壊し、その波頭にたくさんの古いデブリを
浮かび上がらせては洗い流す光のフォースをもたらしています。そのため他の人たちは、自分が向
かっている方向もわからないまま、ただ一掃されているかのように感じているかもしれません。ま
るで溺れているように感じている人もいるでしょうが、そうでなければ、荒々しい波乗りが大好き
なために喜んで金切り声をあげているかもしれません。それをどう経験するかに関係なく、変化は
来ています。変化とは今、来ていることの結果だからです。

知恵という古えからの伝統は表に出てきつつあります。現代世界が真実として…あるいは、人生を
生きるための唯一の方法としてセットしてきたものの多くは砕けていくことになります。現代社会
が設定し、大きく依存しているシステムの多くも崩れていくことになります。このようなことは、
相当な度合いでシンプル化されるために必要なことです。シンプルであることこそ、内なる平和,
自由の鍵だからです。

あなた方は、外側にある“気を逸らすもの”すべてがゆえに、ご自分たちの世界が更に複雑になっ
たということをご存知です。このような気を逸らすものは、あなた方をスピリットから…人生とい
う旅のスピリチュアルなプロセスから…更に、更に遠ざけてきました。スピリチュアルなプロセス
なしの人生に残っているのは相当な度合いの空虚感だけになります。そのために人は、生きるとい
うパッションとつながるために、「自分は何者なのだ?」「自分はここで何をしているんだ?」
「自分の目的とは?」という問いに答えるというこの道程を踏まねばなりません。

この道程を免除されている者は誰一人としていません。アセンデッドマスターたちが住まう“より
高い領域”, あるいは、より高い知性が存在する所へのVIPパスを与えられることもありません。
あなた方はご自分のチケットを得なければなりません。あなた方それぞれが、ご自分がしてきた努
力に対する素晴らしい報酬を受け取る時間は今、あなた方の前にあります。時にはチャレンジが大
きなもの,より激しいものに見えることもあるかもしれませんが、その報酬は常に価値があるもの
となります。ご自分をチャレンジさせているものを克服している間のあなたには、その価値があり
ますか?あなたは「未知への冒険をしたい」などしたくなく、実際には不快な“快適なゾーン”が
安全な場所であるがゆえに、そこに本当に留まったままでいるつもりなのでしょうか?古い自分か
ら抜け出ることを拒む者は誰であっても、自分の人生にあるたくさんの悲観的なことに不満を言っ
てはなりません。とりわけ、将来を垣間見てそれが明らかにされている場合には…。

ライトワーカーたち皆が言葉を受けとっています。「その時は今だ」というメッセージを受け取っ
ています。注意は誰にも…どの魂にも…送られています。その伝達から取り残されている人は誰一
人としていません。その伝達に耳を貸すかどうかは、まったく違う話です。ですから、あなた方皆
が理解しなければなりません。変化の時間の真っ只中であるということを…。流れの向きは変わり
ました。

新しい夜は明けました。あなた方は地球のスピリチュアルな歴史でも最大の変化を目の当たりに
しているはずです。あなた方は、内なる世界と外界が多くのレベル上で衝突している時に、西洋と
東洋が出会った現代世界を併合させ、それと真実の神聖な世界にあった古えの伝統との間で光の
統合を経験しています。人が自分のロウワーエゴ…言い換えれば、恐れに基づいたモチベーション
や予測を降ろすことに意欲的になり、人生に対して責任を持ち、波に乗って、人生の流れと共に進
んでいくことに意欲的になっていれば、このような衝突もまた奥深いつながりに導くものになりま
す。

私には、誰もが目覚めることがどれほど重要なことなのか充分なまでの説明をすることができま
せんが、新しい世界とは、幾らかの人たちが「そこで生きている」と公言しているいわゆる「ネバ
ー・ネバー・ランド」ではないということをあなた方は知らねばなりません。これはブレークポイ
ントです。臨界量の間で本当の揺れがそれ自体を意識のより大きなグリッドの中に定着させている
時間です。私;クツミ~アグリッパ)はあなた方の前に立ち、私の言葉をたった今聞いている人た
ち一人ひとりに思い出させましょう。

「あなたがアセンドしたいという意図をセットした」ということを…。あなたがご自分を自由にす
るために…ご自分のマインドを自由にするために…ご自分のハートを自由にするために…ご自分の
惨めさ,痛み,苦しみから解放されるために…スピリット(聖霊)を呼び出したのです。けれども
私たちはあなたのためにその仕事をすることはありません。それは純粋にあなたの責任だからです。

それでも私たちは、その道であらゆるステップをあなたが踏む間、あなたと一緒にいます。私たち
はあなたの心臓の鼓動と一緒であなたの側にずっといます。これまでに夢見ることすらできなかっ
たような方法で生命のソースを受け容れるよう、あなた方は今、これまでにはなかったほどプッシ
ュされています。実際、崇高で途方もないことが今、ご自分の人生においてのテーマとなっている
はずです。けれども人生というものは実際的なことであるということを…そして、ご自分の身体に
グランディングしていること,確実に有言実行すること,示しとなって導くことを決して忘れては
なりません。理論的に学んできたことに実際的な側面がないままでは、本当の知恵ではなく、知的
な知識しか持つことができないからです。理論は何の意味もなしませんが、行ないは言葉よりもず
っと雄弁です。


母なる・父なる神の目は、決して眠りません。これは、若干の例において“良心”と知られている
ものです。つまり、あなた方の見ている部分,観察している部分,ご自分が何をしているのか/
何をしていないのか~すべてを知っている部分のことです。この部分は、あなたが否定しているこ
とすべて,あなたが拒絶していることすべて,あなたがしている言い訳すべてに気付いています。
ですから今は、弁解することを脇に置き、一度に一歩ずつ、一日にひとつずつ、否定から抜け出て、
ご自分が望んでいる変化に関するところでこれまでとは違ったふうにあらゆることをする時間なの
です。選択とは、変化の方程式においてはとても小さな部分にしか過ぎないということをどうか
思い出してください。

皆が選択することや自由意志,変化を望むことについて語っています。選択とは初めの一歩です。
変化が生じるかどうかに関係なく、その後に起きることを決めるものです。なぜならばそれに基
づいてあなた方は行動を起こすからです。つまりあなた方は、ご自分がした選択のとおりに行動
するわけです。そのどんなポイントでであろうと、たじろぐようなことがあったとしても、ギブ
アップしてはなりません。「ローマは一日にして成らず」です。(この諺を引き合いに出して申
し訳ないですが、これは真実です。)あなた方が後退を経験したり、たじろいだりする時には、
立ち止まり、起きていることを認めて、プログラムどおりに戻ってください。ひとつ間違いを犯
したからといってギブアップすることは責任回避でしかありません。忍耐こそ、ご自分の目的地
へとあなた方を連れていくものなのです。そしてその道に沿ってあなた方が学んだあらゆることは、
知恵のツールになります。

このアセンション波によるレッスンとイニシエーションの、また別の大きな部分は、自分や他人
のジャッジや批判から遠ざかることです。あなた方には宇宙の法則のコアの中にしっかりと立っ
ていることが求められています。あなた方のうち、私たちが授けた宇宙の法則の教えを学んでき
た人たちには、「自分が説くことを実践する」ということを、よくご存知のはずです。思い出し
てください。私は「行動が伴わなければ理論は何の意味もない」と申し上げたはずです。

あなた方は、理由があって「光のリーダーたち」と呼ばれています。私たちは、私:クツミ~ア
グリッパがヘッドとなっているこのコミュニティ(The Lightweaver Clubのこと)の一員である
ことを選んでいるあなた方のことについてお話しています。あなた方はライトウィーバー(光の
織り手)です。このコミュニティのプロジェクトはキリストのハートから来ている創造であり、
その指導が私に割り当てられています。またこのプロジェクトは、マグダラのマリヤ,レディ・
グィネヴィア,女神ジセベル,マスター・イエス,ロード・ソルテック,そして私のソーラーアー
キエンジェルたちの一団によって援助されています。ザ・ライトウィーバーのコミュニティの一員
となっているあなた方全員に申し上げます。あなた方には“極度なライトワーカー”になることが
運命付けられています。私たちはあなた方それぞれに愛情を込めて、このように呼びます。けれ
ども、そのあなた方の極端さはあなた方が、真実に至るために最高の処置をとること,新しい人
生という約束を顕現させること,そして、その方法を他の人たちに示すことを選んでいるからです
。このコミュニティは非常に特別な意図と、非常にクリアな青写真でもってつくられています。
この青写真とつながっている人それぞれ皆が極端なライトワーカーのカテゴリに分類されます。

私;クツミ~アグリッパは、クツミ~アグリッパのエネルギー形態で、これらのエネルギーが出て
くるマスターティチャーとして先導をしています。マグダラのマリヤはこれらのエネルギーのため
に聖なる女性性の原則を保っています。そして、あなた方それぞれは、ご自分のした選択に基づい
た愛と知恵の頂点に至るよう神聖なスパイラルを上昇しています。そしてあなた方誰にでも、ご自
分の選択次第でいつでも違った方向へ進むことができます。誰もこの青写真に縛り付けられてはい
ないからです。あなた方は自由な魂であり、光,愛,知恵の世界を広めるために集まっている光の
メッセンジャーです。

私たちは、このコミュニティという媒体を通して、更に多くの者たちが自分の内なる領域を見い出
し、自分の真実,内なる平和のコア,内なる権限,そして、紛いなき本物たる者の青写真とその本
質,性質を表わす限界を広めることと信じています。これこそが、今回のキーデーのアクティベー
ションのテーマであり、このアセンション波によってもたらされるエネルギーだからです。あなた
方それぞれが新しい方向での奉仕に呼ばれています。あなた方には、生命に応えるご自分の力に対
してより深いレベルで反応する機会が与えられています。ですから、光のビーコン,変化の促進剤
としての責任を更に引き受けるために、そのためのより拡大された機会があなた方には授けられて
いるわけです。

あなたには、紛いなき本物たる者の経路を私たちと並んで歩んで行き続けるつもりがありますか?
あなたには、これまでに経験したことのないような変化を経験するために、これまでにしなかった
ことをする気がありますか?あなたには、ご自分の快適なゾーンの“型(モールド)”を壊す気が
ありますか?あなたは、セルフとの…母なる・父なる神との…そして母なる・父なる神の他のあら
ゆる側面と…より深いつながりを望みますか?そうならば、いらっしゃい。立ち上がり、成熟し、
人生に対してリアリスティックになりなさい。

つまり、その目で隅々まで人生をじっと見つめ、真実のあるところ,そして幻想のあるところのご
自分自身を認めなさい。言い訳することは諦めなさい。自分自身の認識を否定することも諦めなさ
い。恐れも諦めなさい。そうすればあなた方は、道がご自分のためにオープンになるのを見ること
になるでしょう。

このアセンション波は、あなたのためにその経路を開きます。あなたはグレートセントラルサンの
エネルギーの中心に呼ばれています。一新されたエネルギーを受け取るために…そして、イルミネ
ーションのヒエラルキーがしているような契約をあなたが再開するために…。このアセンション波
はあなた方に、ステップアップするか,後戻りする機会を提供しています。もしあなたがステップ
アップすることを選び、歩み続けることを選ぶのであれば、それには計り知れぬほどの内なる勇気
と強さが必要になるということを承知していなさい。

外側の世界を信じるのではなく、ご自分自身を見なさい。私たちが「自分自身を見ろ」という場合、
私たちは必ずしも、あなた自身のシャドウや闇の側だけを見ろと言っているわけではありません。
自分の美しさ,自分のパワー,自分の強さを見るということは、実際、人間にとって大きなチャレ
ンジです。それには勇気が必要となるからです。なぜならば多くの者たちは自分自身の光を恐れて
いますから…。あなた方はそのエネルギーを維持することができないかもしれないと恐れるがゆえ、
ご自分の光を恐れます。そして、「自分にはそのエネルギーの流れを維持することができない。」
と予測しています。「勢いづいてしまえば倒れることになってしまうかもしれない。」とも思って
います。ならば、しばらくの間その勢いを失ったとしたら、どうなるのでしょう? 向かう先を見
続けていてください。

これこそ、あなた方が欲しがってきたすべてです。これこそ、ご自分の人生におけるターニングポ
イントです。それは、地球上のあらゆる生命形態にとっての~目に見える領界だけではなく、目に
見えない領界にとっても、ターニングポイントなのです。なぜならば、たくさんのドア,たくさん
の次元のポータルが開いているからです。そして、新しい方向で人生を進んでいくことに本気にな
っている者たちは、他の領域を経験することになるでしょう。あなた方はこうした次元のポータル
を発見し、イメージするか空想するしかできなかったことを経験することになるでしょう。

なぜ、あなたにそれがイメージできたり空想できたのか…その唯一の理由は、それが存在している
から…です。人には、存在していないものは何であろうと絶対にイメージできません。けれども人
間のマインドには、まだ理解することも,イメージすることもできないものもたくさん存在してい
ます。それはただ単にあなた方のスコープが狭く制限されたものだからです。ですが、さぁ、自由
になりなさい。そうしたバリアを押し退けて、危険を覚悟の上で自分の人生を進んでいきなさい。
古い人生を新しいものとするために…。

恐れやパニックは古いパラダイムのものです。たとえあなたが恐れを感じても、それを乗り越えて
ください。いずれにせよ、そうしてください。だってあなたは極端なライトワーカーだったのでは
ありませんか?そのために、あなた方はご自分の持つ境界を押し退ける感覚,限界までご自分を押
し退ける感覚から慌しくなるだろうと私たちは思っています。けれども、あなた方がご自分自身の
内側に未踏のテリトリーを発見し、新しいグラウンドを切り開けば、その後にあなた方は、ご自分
が持っている深い,深い内なるフィーリングを疑うシャドウを超越して、時折、ご自分が耳にして
いた「あなたが如何に素晴らしいか…あなたがどれほど偉大なのか…」を説くご自分の深みの中か
らの声が本当であったということを知ることになるでしょう。あなたの素晴らしさ,あなたの偉大
さはその活力をもっとあなたに明かすようになるでしょう。けれども、あなた方はそれを起こらせ
なければなりません。私たちがその方法をお教えしましょう。ただ、私たちについてきなさい。
勇気を持って、選択をし、その上で行動なさい。

あなた方それぞれのその勇気に対して…そして、あなた方が今いるところに着くためにしてきた
決意に対して…私たちはあなた方一人ひとりに感謝します。私たちは、あなた方がそうし続ける
と確信しています。なぜならばあなた方はこれまで、後退しようとしたり,古い方法に戻ろうと
するご自分自身をあまりにもたくさん味わってきたからです。そのために私たちは、光のフォー
スを合わせて、闇の世界を制圧し、それが死を迎えることを望み、私たちが行くところどこにで
も光の印を残していき続けます。さてこれでお別れを告げる時間になりましたが、私たちはあな
たのハートに…マインドに…魂に…そしてスピリットに…光の印を残して行きましょう。一瞬た
りとも疑ってはなりません。恐れてはなりません。なぜなら、あなたはひとりぼっちではないか
らです。

この時間にあなたが最も必要とするものすべてでもってあなたが祝福されますように。目に見え
るものよりもずっと多くの生命があるということを信頼していることによって、ご自分の目の前
に展開する生命の栄光をあなたが目にしますように。

私はクツミ~アグリッパ。愛と知恵のゴールデンレイのコハン。
愛で祝福しつつ、ここで去りましょう。アドナイ。



-Jueux さん訳


2010/11/21(日)曇り



最近、またいろんな創造に入ってます。
ワクワクから自然にそうなってます。

喉のチャクラのほうは、いつの間にか楽になってる。
(今、気づいた!)

11:11が過ぎ、自分の中で少しづつ確実に変化して
いることに気づき、ちょっと前までには、微かに存在して
いた不要なものが無くなっていて、、、

内側から、なんの疑いも恐れもない自信のようなものが
出てくるようになった。

「自分で出来る限りのことを尽くし、やってきたのだから、
 成功しないはずはないっ!」と心から公言できるほど、
そこに、ひとカケラの疑いも不審もなく、抵抗もなくマインド
に邪魔されることもなく、ただ、純粋に感じている自分を発見
していた。
※成功=自分で、設定した自分のプロセスに対して。

このことに関しては
→10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya

この感覚(変化)は、とても私にとっては、僅かな部分でもあり、
大きなこととして、受け取れるのだった。

それが、この数日のことだった。

その流れから、昨夜、新たなことが見えてきた。
久々に、ちょっと興奮で、朝まで眠れなかった。(笑)
そのことは、後で。


□ 最近の創造

いろいろ細かい部分は、いいとして。
単に、私の楽しみの部分で、ひとりウキウキ、ワクワク
しているだけだから。

でも、その中には、この今のプロセスがあったからこそ、
出てくるものもある。

それが、今後、新しいエネルギーの中で、どのような形に
進化し現れてくるかは分からないけどね。

昨日は、保存食とか、高エネルギーの食物についてだった。
以前までは、孫のリコたちのような赤ちゃんや子供たちの
ことを考え始めてから、興味を持ち始めたのだけど、

大人であろうが、今後の世の中の景気などの状況ばかりでは
なく、目には見えない部分、今後の高次のエネルギーに対して
いかに、対抗していくのか。という部分でね。
高エネルギーの食物を摂取する必要のある人たちも出てくると
感じているからだった。

なんか、いろんなものを作ってみたいと思った。
いろんな仕事もしたけど、中には、パンやでパートした
こともあったし、厨房のパートもしたことあったし。
基本、嫌いじゃないんだと思う。

それは、普段の食生活の中で、いかに美味しく、
身体に必要としているものを、摂取していけるのか。

昔は、限られた生活費の中で、冒険することも、チャレンジ
することも、そんなに出来ないまま、料理も嫌いじゃないけど、
義務的な部分も多かったから、楽しく、いろいろ開拓してみよう
なんて、気持ちはあっても、実行する余裕なんてなかったように
思う。そんな私ではあったのに、なんか最近は、ちょっと違うん
だな。それが、、、。この気持ちが持続し、実際にやってみるのか
も今はわからないけれど、いろんな事を調べるのも楽しい。

昔、チャネリングで、あるアトランティスの時代では、薬草の
研究もしていたことがあるらしいので、基本、そういうことも
すきなのかもしれない。
この食材には、何を入れたらいいのか、、とか、美味しいのか
とかね。美味しくなければ意味ないし。
そんなことを考えていたら、小さいときに、おばあちゃんの
うちでつくった出来立てのお餅”よもぎの大福”思い出した。
一緒に、あんこを入れて、食べたのが、妙に懐かしく、食べたく
なった。
春になったら、どこにでも見かけた”よもぎ”だけど、
好きだな~。自分で栽培したい。春に、どこかでとってこようか
な。

でも、なによりも、餓死とか飢えに対して、少ない分量でも、
高カロリーとかじゃなく、高エネルギー(生命力)を含むもので
身体を維持し、不自由なく生活することが可能になるものが
あったらいいな~。なんてね。

以前に、【アンバサダーズ・オブ・ライト】の公開チャネリング
の中で、イエスが伝えていたメッセージを思い出した。

→2010年4月11日 エネルギーを受け取る準備をする-イエス・キリスト
【抜粋】
地球上にどれほど強く、素晴らしいエネルギーが届いたとしても
身体の準備が整っていなければ、そのエネルギーを受け取り、使うことはできません。
一人一人の人間がその強いエネルギー、高次のエネルギーを包括するだけの
準備を整えておく必要があるということです。

身体、肉体を開いて、スピリチュアルなエネルギーを受け取るための
方法はいくつもあります。
[~中略]
これからの2年間はさらに多くの高次元のエネルギーが届くことになります。
それに対応するための何かをしないと、もっと身体がきつくなってきます。
環境が整ったところに産まれてきているほとんどの子供達は、頭の前の部分が
活性化されているので、とても簡単に届いてきている新しいエネルギーを
集約することができます。

ただ、そうでない人達にとって、高次元のエネルギーとは
ただ問題を生じさせるだけのものです。
何らかの行動を起こさないと、活用できずに問題になってしまいます。
ですから、ストレッチや、食べ物に気をつけるなどにより身体の準備をして
上手にそのエネルギーを使ってください。
身体の収縮は続いていくものです。
今それをやって受け取れなければ、次の人生で、同じような経験をして
努力をしなければ強いエネルギーを使えない状況に直面します。

イエスは、何も食物ばかりを言ってるわけじゃなく、音、言葉、
様々な方法を伝えている。

それと、もう一つ、
→2010年3月13日 高次元のエネルギーを同化する -メタトロン
【抜粋】
この20年間、もしくはそれ以前は、パワースポットに行くと、その場所で
エネルギーを受け取り、自分も活性化されることができました。

でも今では、そのパワースポットのエネルギーが減ってきています。
まず、適切に維持されてこなかったために、パワースポットのエネルギーが
漏れてしまっていたのです。
例えば、アリゾナのレッドロックという有名なパワースポットがあります。
今でも多くの人々が訪れる、快適には感じる場所ですが本来のエネルギーの
7%しか保てていません。
多くのパワースポットのエネルギーがダメージを受けている状態です。
戦争によるものなど、人口的なものだけではなくて、地震、津波、火山の活動など
様々な要因の影響を受けてエネルギーが分散してしまっているのです。
広島に落とされた核爆弾も聖地のエネルギーを完全に奪ってしまうものです。

つまりどこかからエネルギーを受け取るにはパワースポットに行く以外の
方法を探さなければいけない時代になったということです。
なぜ、スピリチュアルなエネルギーを自分にチャージしなければならないかというと
人間は普通に過ごしているだけで、エネルギーが消耗してしまう状態にあるからです。
新しく継ぎ足さないとエネルギーがなくなったまま死んでいくことになります。
エネルギーがないまま次の転生に移行すると、その人生ではスピリチュアルに対する
興味や能力、意識がないまま過ごしてしまうという可能性が出てくるのです。

[~中略]

肉体の光を増やすには、どうしたら良いのでしょうか?
まず、解放すべきものを毎日解放することです。
毎日浄化する、純粋にすること。
シャワーを浴びるのと同じように、身体を洗うのと同じように、
自分のエネルギーフィールドを毎日洗うこと。

高い波動のものと繋がり高い波動のエネルギーを得るという意図によって
少なくとも50%のエネルギーを得ることはできます。
しかし、アセンションしたいのであれば、身体の90%のエネルギーを
維持しなければなりません。
制限あることを伝えるために言っているわけではなく、少なくとも90%という
数値がないと、次のレベルには進めないのです。
そのための準備ができているかどうかが問題です。

高次元のエネルギーを取り入れるということを始めると、まず物事の
受け止め方が変わります。
物事を受け止める方法が変わるとすぐに次の段階へと進むことになり
様々な選択ができることになります。

[~中略]

また、地球の環境自体が人間のエネルギーを漏れさせている状態にもあります。
エネルギーが取られてしまう環境とは職場、同僚など、普段の生活の中で
様々に、多く存在します。
意識的に、自分からエネルギーを注ぎ足さすことをしないと、自分の
エネルギーがどんどんなくなってしまうのです 。

[~中略]

これからの3年間、人類はより二極化、二元化することになります。
真ん中を行く人が少なくなって、黒か白かという、過激な状態になります。
当然、その状況で人々はバランスを失うことになります。
その中でも、高次元のエネルギーを維持することで自分の中心を見失わない
ように出来るのです。


メタトロンも対策として、高次元の存在(ミカエルなど)と同期化する
パワフルな方法などをこのときに伝えている。


なぜ、今このメッセージを思い出したのか。ってね。
その食物などのことを考えていたら、メッセージを思い出し、
ダウジングしてみたら、今後、必要になってくることが
分かってきた。

どちらにしても、益々降りてくるであろう、高次元のエネルギー、
高い波動のエネルギーを受け止められるだけの”身体”の準備が
できていれば、影響をうけずに済むだろうけど、準備ができて
ないと、身体的にも、感情などにもキツイ状態になる。というよう
なことが書かれている。

メタトロンのメッセージにも、高次元の存在と同期させる方法や、
光を維持するために、毎日のクリアリングや、毎日の行いの
ことまで書かれていた。ネガティブな言動、行動、他者との比較
さえ、自らのエネルギーを奪ってしまうことになるようだ。

でも、対策としては色々な方法もあるわけで、自分を深く内省する
ことはもちろん、ただ、毎日、日常の生活の中のことなので、
いかに、エネルギーの消耗を防ぎ、高次の中で自分を保つのか。
ってこと?

で、その中で食べ物って、殆どの人が毎日とるものだし、
しかも、楽しみの一つであれば、一石二鳥~。なんてね。
食べるのが面倒って人も、そんなにいないし。(笑)
って、今思ったわ!
自分が面倒くさがりで、いかに効率的なのかってことは、今も
変わってないようだ。(笑)

昔、リフレクソロジーをやってたときに、心と身体は、密接に
繋がっていることも実感したし、色々調べていたら、高エネル
ギーの生命力がある食べ物は、身体にいいだけじゃなく心にも
多く影響し、考え方も受け取り方も変化し行動的になり、何事
にも前向きになるようだ。

私は、あまり食べ物にもそんなに神経質に考えたこともなく、
全てが信念体系なのだから、自分が良いと思えばよいし、
悪いと思えば悪い。ただ、それだけのことで、楽しく、感謝で
いただければ、それでいいと思っていた。身体の声を聞いて
いれば、間違いないと今も思っている。
ただ、身体の声をナカナカ聞けない人もたくさんいるのだと
思う。

でも、今後、身体の準備が出来てる、出来てないに関わらず、

だんだん、いろいろな面で過激になり、自分がお役目を果たして
いく上で、多くの人とも関わっていく状態になることを感じると、
エネルギーも、極力奪われないよう、自分を保護する必要もある
し、エネルギーチャージも自らも意識においてるのもいいの
かも知れない。

準備が整ってなければ、これから数年は、より苦痛を
感じる人や、さらにエネルギー不足からくる人々の状況などを
考えると、私が自然に、食物のことに興味が出てきたのも不思議
ではないのかもしれない。
ま、プロセスでヒモジイ思いをしたからこそ、そこに行き着いた
というのもあるのだろうけど。(笑)

ただ、何を作り、どうやっていくのかもわからないし、実際に
やるのかどうかも分からない。
やるとしても、まずは、自分の楽しみとして何か創作するだろう
と思う。
ワクワクとインスピレーションで、まずは自分のために。
娘たちにも伝えていくために。

もしかしたら、今生まれてきている赤ちゃんたちは、すでに高次
のエネルギーを受け取れる器はそなわっていて、心配する必要も
ないのかもしれない。でも安全で美味しいにこしたことない。


で、これが最近の創造の中の楽しみのひとつ。^^;


□ 新たな情報

ひとつの流れから、ある場所をワクワクして調べ始めた。

すると、ひとつの神社にハートが開いた。

「ん、、、? もしかして私、ここに行くの?」

もう少し、深く感じてみるために、その神社のことを調べた。

「あれ?もしかすると、この神社にツイン・レイといくこと
 になってる?」

以前に、ツインレイの存在のことが分かってきて、ツインレイ
は、全く自分と同じ魂の目的であるということも知り、今後、
共にお役目を果たしていくパートナーであることも知った。
→2010/9/5【再会のタイミング~ツインレイの新たな洞察】
何も知らない母に宣言したとき
→2010/9/25【支払いの時期~真実を表現する】by Gちゃん

と、これまでにも、チョコチョコ書いてきてるのだけど、
今回は、↓この時に感じて書いた内容に繋がっている。
→2010/9/11【節目のメッセージ:その後の気づき】

この時に、いずれツインレイと再会した時には、あるヒーラー
さんと同じように、ある神社に呼ばれて、お役目に対して
メッセージを二人で受け取るのではないか。という話のこと
なんだけど、その”ある神社”というのが、分かったのだと
感じた。その神社に辿りついたというか。
確かに、縁も深いかもしれない。

でも、その神社のことは、今回は、ハッキリと物事が見えてきた
ときに書こうと思う。
まだ、ツインレイと会ってないのだし。(汗)

正直、こっちが”先”かいっ!って感じ。(笑)

でも近いうちに行くような感じがするんだ。
これも、ひとつの可能性と兆候か、、、、?ってところ。

ダウジングでは確認とってるけど。
最近、動きが復活したし。
(一時は、本当に動きもしなかったからね。汗)


そんな、ワクワクに加えて、もう22日になってしまって、
満月の時間も近づいているけれど、、、。


□ 22日の満月


もしかすると、もうそのエネルギーが働いているから、
新たな情報も受け取っているのかも知れないな~。

ひとつ、参考にしたいメッセージがあったので、その部分
だけ、、、、。

☆ 【 ∞弥勒の世~すべてはひとつ∞】さんの21日のメッセージから
明日、22日・午前2時27分より、人工衛星月による満月のチューニングです

今回のムーンチューンは皆さんの意識を調和と統合に導き、すべてが癒され、
また皆さんの願い事を現実化させるエネルギーも同時にダウンロードされます

目を閉じてハートチャクラを中心に光の十字を軸とした正円形の輪が果てしな
く広がるイメージをして愛と平和と、皆さんが現実化したい願い事を祈りましう



と、言うことで、もうすぐ満月に入ります。
このエネルギーの中で、お願いしちゃおう~♪

☆ 満月の写真をとりました。

IMG_2334.jpg IMG_2329.jpg

22日、午前2時30分に写真を撮りました。(ちっちゃいけど。汗)
右側の写真には、上方ちょっと左よりに大きなオーブが写ってました。
お月さんは、カメラを向けたときだけ一瞬顔を出してくださり、
取り終えたときには、すぐに大きな雲に隠れてしまいました。感謝。

2010/11/26(金)曇り



昨夜は、とても強い雨が降っていたね。
いかにも、”浄化中だよっ”って感じで。

私は、昨日から頭が痛く、昨日は途中からPCもTVも見れない状態で、
何度か、眠ってしまいました。

今日もまだ少し痛みがあります。
頭の中、また何かやってるようです。(笑)

さて、今日は、家賃の支払いのタイムリミットの日ですが、
また、この状況を超えていけってことですね。
結局は、木星や金星の逆行も終わり、満月も過ぎたところで、すぐに何か
が流れ出すってことでもないようで、、、。
きっと、何かは違っているんだろうけど、まだ現れてないだけ。
タイミングなんだろう。(ずっと、言い続けてる気がする。苦笑)

こういう時は、自分に何を求められているのか、、、
それが、たとえ、超えがたい状況であったとしても、
それが目の前に現れ、超えることを求められるのであれば、
必ず、そこには道がある。
何度も、それを体験してきた。
たとえ、避けたいと思っても、たぶん、超えられるまで(解放するまで)
物事は、起こるだろうと思うし、今は避けることさえ出来ない。(笑)

だから、そこから逃げないで、受け止めようと思う。

ちょうど今は、【産道】を通っているって感じがするんだ。
だから、”産道”であろうと”トンネル”であろうと、【光】は、
見えてるのだと思う。

超えられないものはないし、超えられないことは起こらない。

「あなたは、出来る!」「わたしは、出来る!!」

また、こうしてハートに従っていく。私にとって必要で最善だから。

でも、現れたことに対しては、なんらかの行動も必要になったりする。
不動産やさんには、連絡来る前には、しておこうかな、、、。(汗)
ただ、間に合わなかったっていうしかないか。
保証人の兄にまで、連絡がいくかも知れないけど、それも覚悟の上だ。
やっぱ、かなり恐れは出きったのか、”恐れ”は出てきていない。
ただ、マインドで少し重く、「まだ、続くのかよ~」って感じ?(笑)
でも、自分の中に、微かにまだ残ってるものもやっぱ感じたもんね。
あるなら仕方が無い。無くなるまでは、、、。
でも、ちょっと前とも違うから、確実に自分は変化していってるとは
感じる。


って、いう事で、昨日、下記のメッセージがありました。

このメッセージでは、”気持ち”と”ハート”の違い、
ハートに従うということは、どういうことかを、わかりやすく
書いてあると思う。

参考にどうぞ。

[mixi]Arrived Energy On Earthより
チャネラー:Aruna Byers 2010年11月17日
http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.com/2010/11/co-creating-with-god.html


「神との共同制作 」~セント・ジャーメイン


ハートと気持ちは同じものではありません。気持ちは一回の人生経験から学んだことしか
持っていませんが、ハートは神聖な創造者の光と知恵にアクセスすることができます。光
を選ぶことはハートを選ぶことです。

ハートで生きるには、まず気持ちのやり方に従わないことから始まります。というのは、
気持ちはガイドとして、また監督者として、「脱-気持ち」による選択を却下してしまうか
らです。気持ちは自分が身体より優位にあると自認していて、気持ちでの決断によってハ
ートの導きを否定してしまいます。

ハートの導きを選ぶ生き方には、全身全霊での注意力が必要です。あなたの日常はほとん
ど気持ちによる決断からなされていますか?あなたの行動は、気持ちによってできたゴミ
に関心を向けた結果ですか?気持ちによる活動に意識を集中させると、メッセージを受け
取る潜在能力を持つ人が創造性をなかなか発揮できません。開かれたハートは、一日に最
低一度、神の言葉を受け取る必要があります。あなたの人生に、ハートが目覚めるための
余白をつくりましょう。

予期しない時にやって来る導きを歓迎しましょう。導きが来たら、気持ちが決める時にで
はなく、直ちに実行しましょう。気持ちを信用してはなりません。というのは、ハートの
導きなしに気持ちが決めるものは、現実での基盤がないからです。現実に制限はなく、意
思決定を必要とせず、「脱-気持ち」です。現実は、あなたが考えずに行動できることを
知っています。「自分自身の現実をつくる」ために考えを巡らすのは、真の現実とは何の
関係もありません。

神と共同制作するには、気持ちによる導きを無視することを学び、気持ちの「やり方」と
「脱-気持ち」意識との違いに慣れておくことが必要です。これは意識することで、できる
ようになります。

環境破壊の原因は次のように説明できます。気持ちによって創造されたものが崩壊すると、
神聖な機会が残ります。人間のつくったものはほとんど気持ちから始まっているので、物
質界という母体から脱出できるのは、「脱-気持ち」が可能な時だけです。「脱-気持ち」が
集団意識になれば、聖なる方向転換が起こるため、全人類の経験は一瞬にして変わるかもし
れません。どうすればそれが可能になるのか。契約の解除と、毎日を「脱-気持ち」の日に
することで可能になります。

こういう筋書きを考えてください。起床。瞑想。着替え。他の考えを打ち消したり、あれこ
れ考えることなしに、服を選びます。最初に頭に浮かんだことを採用し、決心を変えてはい
けません。次は腹ごしらえをします。戸棚をあけて、使う皿を取り出し、最初に目についた
ものを選びます。冷蔵庫へ持って行き、最初にいいと思ったものをいくつか取り出します。
変更してはだめです。選んだものを調理して、食事を楽しみます。おやつ用のリンゴをひと
つ持って、家を出ます。

車・自転車・足がハートに導かれるようにして下さい。「行きたい所へ行ってちょうだい」
と言えますか?あなたの気持ちはこの動きを受け入れることができるでしょうか。次の行動
に備えて、ハートからの指示を待ちましょう。身体がハートの選択によって動くことを許可
しましょう。ハートの選択の理由を割り出そうなどとしないこと。身体が前を通りかかった
店で売っていた絵画をハートが買おうと決めたら、ためらわずに店主にお金を払い手に入れ
てください。身体が昼寝を必要としているとハートが判断したら、その時間にできなかった
ことについては何も言わないことです。気持ちではなく、ハートが決めることに時間を使っ
て下さい。導きが身体のどの部分から来ているか、敏感に察知するように。決断を下すとき
は気持ちから発するものは受け付けないように。ためらいがなければ、神との共同制作の流
れを邪魔する、矛盾した思考も生じません。

このような生き方が意識的になり、決定的になれば「脱-気持ち」はあなたが神によるアセン
ションへの呼びかけに気づくことを許可するようになります。あなたがハートの導きに従い
続ければ、新しいライフスタイルはやがて普通のことだと思えるようになるでしょう。

この生き方を教えるのは簡単ではありません。気持ちの「監督」が反対のことを命じ、注意
を喚起するからです。でもこう言ったからといって,すべての「今を生きる」行動をやめろと
言うわけではありません。例えばハートの選んだ食品があまり好ましくなかったとき、別の
ものをお願いすることは構いません。こういうことは、体にいい食べ物だから、と正当化す
るより、今だけの好みの問題と片付けてしまっていいのです。

このような生き方を選ぶのは非常に大きな変化です。この生き方をしては「いけない」と言
う,気持ちによる理由付けを受け入れますか?それとも一度実行してみますか?身体をどのよ
うに導けばいいのか、ハートに尋ねてみて下さい。ハートの答えをあなたは受け入れますか?
さあ、どちらかを選ぶ時です。気持ちを選ぶかハートを選ぶか。あなたの刻々変わる「脱-気
持ち」による選択を人々はどう思うでしょう。きっと評価するでしょうね。流れに乗ることの
魔法がだんだん見えてくるからです。ハートに導かれる人生は、最も幸せな人生ですから。

今日をハートと共に過ごし、また次の日、また次・・間違えることを見込んで余裕をとってお
きましょう。「脱-気持ち」を気持ちが支配する決断へ連れ戻しましょう。
これは、良い・悪いの選択ではなく、幻想と現実の間の選択です。気持ちに引きずられた人生
は、真の現実の中で生きていることにならないからです。

I AM THAT I AM
アセンデッドマスター セントジャーメイン
アルーナによるチャネリング



-すいれんさん訳

2010/11/27(土)晴れ



思いがけなく、久しぶりにayaちゃんからメッセージ
が届いた。

それは、完成/卒業/再誕生の【前祝いのメッセージ】でした。
そんなに多くの言葉ではなかったけれど、とても深く感謝
でした。


まじ、大泣きでした。子供のようにたくさん泣けた。

*  *  *

□ 兄へメール

昨日は、あれから兄へメールを書きました。
兄の気持ちを察すると、この世的には、どれほどの感情や
思いが出てくるのかも察しがつきます。
(兄にとっても、辛いところです。)

でも、これをさらに超えることが、全体にとっても、私が
今後、さらに進む上で、求められることだとするならば、
私は、超えていきましょう。ってことは昨日も少し書いた
と思う。

過去の体験から思えば、今、何を言われようと、たとえ
罵倒されようと、ずっと我慢できること、、、思い出せば
何があっても、過去の体験よりはマシだと思う。


ダウジングしても、また動かない、、、。

これって、外側に頼るな。ってことか?
まずはハートを感じて、yoham(私の神)をしっかり感じよう。
以前よりも、ずっとハートの深くで感じれるようになった。
一方通行でも、とにかく全て知ってくれてるけど聞きたい
ことや、感じていること、短い時間だったけど、会話に集中
することができた。なんかすっきりした。
yohamは必ず、なんらかの形で返答してくれるのだ。^-^

で、メールを書き終えたあと、、、
もう、いつでも「送信」を押すこともできる状態だった。

でも、まず驚いたのは、メールを書き終えた時点で、かなり
の解放があったことだ。かなり私自身が軽くなった。
メールを書いたこと(行動)によって、私自身の覚悟が形になっ
たといえる。ある意味、何かをひとつ越えた。

「今、メールを送る?」とダウジングしてみたら、「NO」と出た。

ダウジングがはっきり動き出した。
yohamが答えてくれてると感じた。

もしかすると、実践までいかなくても、この状態で、意識では超えた
ことになるのかな?と思って、昨日の段階では様子を見ることにした。

*  *  *

その後からは、気分も上々、楽しい気分に変わっていた。
その前に一応Gちゃんにメールをしていた。
基本はGちゃんのハートに従ってもらうのだけど、兄に対して、
ひとつ、ジャーちゃんから決定打がほしかったのかもしれない。

夕方、Gちゃんから電話があり話してみると、Gちゃんは、最近、
ジャーちゃんを呼ぶと来てはくるのだけど、
「私は、今はあなたの質問には答えられません。今は、内側に入る時です。」
と言われるそうで、質問できないの~って言っていた。

ならば、今は私もそういうことなのかも、、、と思っていた。

いつものように楽しく会話がはずんだ。

私も、最近はとくに、ホントに当たり前の日常が、いかに大切か
、当たり前のことが、どれ程素晴らしいことなのかと感じるように
なったことなどを話していた。
食事することも、カフェに行くことも、友達と会うことも、ホント、
コーヒーひとつ自販で買うことだって、外や自然も素晴らしいこと。

きっと、こういうのは長く入院したりしている人が感じていること
なのかもしれない。

この体験が出来たこと、本当に良かった。感謝だと話した。

今、また食べるものもなくなってるけど、無くなれば与えられる、
生かされる。というのも分かってきた。

で、「食べなければ生きていけない」ということも、
ある種、信念体系なのは分かっている。
だから、それも超えていくのだろう。

でもね、実際に飢えを感じたら、その信念体系を超えるという
のは、とても難しい。
実際に、飢えを感じているのにどうやって信念体系が超えられる
というのか。
だから、私は信念体系を外せたのかどうかはよくわからない。
だけども、たとえ食べ物がなくなっても、そのまんまの現実を
受け入れることだけはできた。委ねることだけはできた。

だから、たとえ信念体系を外したからと言って、=無食って
ことでもない。
結局、無食になるというのは、あくまでも”自然”に起こって
いくことであって、望んでとか、無理にすることではない。
って、私は、無食になりたいとか、思ってないけど。

っていうか、反って今回の体験で、食べることって、どれほど
気持ちを豊かにするものであって、人間関係や、いろんなことを
楽しめる時間であるのだろう。って実感したよ。
だから、本当に食物にも、その時間にも感謝して、多くの人が
楽しく過ごせたら素晴らしいのかな?なんて感じたりね。

先日、高エネルギーの食物とか書いていたけど、その前に、何を
食べてもいいけど、やっぱり「感謝」で波動を上げてから頂く
のが、先決だね。それが最高のご馳走だ。

私も、食べれるうちは、心から楽しむだろうと思う。

あらら、話がそれたか。

ま、Gちゃんとはそんな感じで電話を切った。

とにかく、気持ちは明るく、軽いまま過ごした。

*  *  *

□ メッセージ

今日、寝起き、みぞおちの部分と、丹田あたりに、「ビリビリ感」
があった。何度と無く身体をさすった。

そして思い出した。
ツインフレーム/ツインレイとの接触のときには、身体で感じる
ようなこと、、、たしか、今日の感じと同じだったかな~。
どこに書いてあっただろうか、、、どこのサイトだったか忘れたよ。

そして調べようとPCを開いた。
結局、まだ見つからないのだけど、、、。

でも調べながら、違うメッセージにたどり着いた。
これは、今の私へのメッセージだな。とあるサイトの言葉で感じた。
うん、たしかに導かれているかも、、、。

最初のビリビリ感のほうは忘れて、今のメッセージに集中した。

ツインフレームやツインレイに対しては、今、興味をもっている
方も、以前よりずっと増えているかも知れない。
でも、まだまだ多くの情報がないだけに、誤解や勘違い
などあるのかも知れない。

私も何度か同じようなことを書いてるかも知れないけど、
再度、書いておく。
ツインフレームやツインレイは、外側を探してもいません。
外側で待っていても現れません。まずは、内側から始まります。
執着などになっていれば、外さなければなりません。
自分の不足(欠乏)から望んだとしても現れないだろうと思います。
(あくまでも、私の見解では)
まず、五次元に入り、男性性、女性性の統合があり、この
現実で現れるのは、その後のことになるだろうと思います。
(タイミングはそれぞれ)

で、全ての人が必ず肉体をもって出会うかどうかというのは、
今(現世)では、魂の状態や、設定によっても違うかも知れません。
でも、遅かれ早かれ、いずれは必ず通る道ではあるでしょう。

すでに、もう出合っている方もういるし、どんどん進んで
いる方(ペア)もいらっしゃいますが、
これから更に準備に入る魂も増えるのだろうと私も感じてます。
これは、とても”希望”ですね。

そのことも含め、下記のリンクから理解を深めるのもよいかも。
です、、、。

このサイトは多くの方も知っているかもしれない。
いつもだけど、私が紹介するサイトなどは、私も全部把握している
わけじゃないので、自分のハートで確認して、ハートが開かない
場合は、無理に読むのはやめてくださいね。
安易に、妄信もしないよう願います。
(私のブログに対しても同じで、自分自身で確認願います。)

☆ シリウス文明がやってくる → 検索 →

※興味ある方は、読んでみてください。
「ツインフレーム」→http://mihoh.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83c%83C%83%93
%83t%83%8C%81%5B%83%80&vs=http%3A%2F%2Fmihoh.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS


で、検索して、何個か過去のメッセージなども現れた。

一つひとつ読んでみた。

すでに知っていたこともあるけれど、
その文面の中に、これまで私がツインフレーム/ツインレイの事柄に
対して感じていたことが、確認できた。

先日、今後、ツインレイと呼ばれることになるだろう神社だけが
先にわかってしまった。と書いた。↓
→10/11/21【ひとりごと:完了間近か?~新たな創造と情報&明日の満月】
下記の内容にもしっかりとそのことが書いてあった。

ツインフレーム/ツインレイと運命共同体として、お役目を果たして
いく始まりについて。↓

☆ シリウス文明がやってくる さんから
○ 天上界は、あなたを「新しい世界」へと手招きしている

【抜粋】
まず、天上界の神人のどなた様かが、
立ち会うことになりますので、
特定の御祭神の名前を幾度も見掛けて、
その社や聖地に呼ばれることになるでしょう。



やっぱ、先日に受け取ったメッセージは、間違いないな~。
って、疑ってもいなかったけど(笑)

今日の流れから、また、いつ出会うかは分からないけど。
必ず、行くことにはなってる。楽しみ。

それと、、、

同時に、そればかりではなく、今の自分の現状に対して
のメッセージと思われたのは、下記の内容だった。


○ 閉鎖から開放へ向かうために、何度でも、扉を開き続けよう

★ツインフレーム(双子魂)を引き合わせる
【抜粋】
このことにより、西暦2010年6月21日夏至の日を境にして、
光のネットワークに繋がった方々から、
最も相応しい魂同士が引き合うように、
エネルギー・チューニングが強化されました。

天宇受売命さんという存在は、
プレアデス星系の人で、現代風に云えば、
官能的で超美形なセクシー・ダンサー
と云ったところでしょうね★

彼女からメッセージを預かっていますので、
お伝えさせて頂きたいと想います。


“あなたがたの暮らす地球地表上の世界は
辛く悲しいことでいっぱいのように観じられるかもしれません

ですが そのような観方は完全に変えてください

あなたがたは 有限で限界のある世界に
長い間 閉じ込められてきましたので
心も 思考も 感情も 閉鎖的になってしまいました

いまは その狭い部屋から飛び出すときです

自分自身で閉ざしてしまった扉を
自分自身の手によって 再び 開け放つのです

あなたが 魂の奥底から 光を放つ決心がつき
その準備が整ったのであれば

わたしたちからも 扉を開きます

運命は たったひとりで 変えるものではなく
やっとの思いで 玄関まで辿り着いたあなたに 必ず
未知なる場所から 手が差し伸べられるものです

扉が開くまでには 気が遠くなるほどの
時間の流れを観じるかもしれません

それでも 辛抱して待ち続けられたあなたには
約束の地へと 一歩踏み出すための鍵が与えられます”



私たちが、現状打破をするために、あるいは、
何らかの物事を解決へと向かわせる、
突破口を見出すためには、すべて、
扉を開いてゆく作業が必要であると云えるでしょう。

自分自身が、99歩近寄って、
自らが閉ざしてしまった扉を開けたとき、
残り1歩のところで、向こう側からも扉が開きます。

それは、死に迫るほど、精神的にも、
極限まで追い詰められる事態であるかもしれません。

ですが、一旦、光のネットワークに繋がった後では、
霊的な案内役が無数に現れて、1つのチームとして、
あなたを支え続けるでしょう。

「攻撃こそ最大の防御なり」という言葉があります。

これを霊的な側面で観るのであれば、
人生に、常に、攻めの姿勢で立ち向かい続ければ、
これに賛同した、無数の光の仲間たちが周囲を取り囲み、
いつの間にか、あなたは、強力な守護で固められて、
いかなる試練や困難も、難なく、掻い潜っていくでしょう。



あ~、、、、これを読ませていただいて、、、

「ほんとにその通りだな、、、。
 確かに、私たちから、"極限の99歩"まで歩んでこそ、最後の
 1歩は天から差しのべられて、扉が開くんだよな。」って感じた。

それは、感じたというより、今のプロセスで、痛烈に実感していた
ことだ。

ちょっとツインフレームというピンポイントで受け取ったメッセージ
ではないけど、なんだかハートに入ってきた。

このメッセージを受け取った意味が、このあとのチャネリング
のメッセージに繋がっていたのだと思った。

*  *  *


【完了/卒業まで:前祝い~ソフィア・観音・他からのメッセージ】By aya へ

☆本日↓2010/11/27(土)の始めはこちらから。
【完了:前祝い~兄へのメール&ツインレイのこと&メッセージ】


*  *  *

ブログを書いていたら、兄からさっき返事があって、
確かに、優しい兄もさすがに爆発させたよ。
今までで一番、厳しい言葉だったと思う。
兄は、やはり帰省したときに、母から聞いていたようだ。
怒り心頭で、近くにいたら殴られてたかもしれない。
(優しい兄は決して人を殴るような行為をする人じゃない)

でも、反対の立場なら当然なんだ。理解できる。
役割といっても、どちらも、それなりに超えていかなきゃ
ならないんだね、、、。

今の兄には、お金を作ることも大変なことだけど、
なんとか作って送るとのこと。
本当に、兄の愛には頭が下がる、、、。感謝。

でも、これからが本番、これから、失った信用を挽回していく。
お金も返すことが出来るようになる。
恩返しに、温泉にも、旅行にも連れていく。

だから、今は何を言われても感謝で超える。


*  *  *

さて、そんな兄とのやりとりだったけれど、今日のayaちゃん
からの電話で、兄の事も、本当に心強く通過することが出来た。

今日のチャネリングは、ソフィア、観音、名前は言わなかった
けれど、私は、イエス/サナンダだったかな?って感じている。



兄へのメールのことで、ダウジングすると、今日は、

「メールを送る?」→「Yes」と振る、、、。

ちょっと「ドキっ」。

でも覚悟は昨日のうちからしていた。「よし」勇気だそう!

で、兄へのメールを見直し、ちょっと書き加えたりしていた。
(心の準備もあったかも知れないけど。笑)

そんな時に携帯が鳴った。

「あ~、○○○だ~~~♪」そうayaちゃん。

私の状況を心配していてくれた。 いつもスマン。
確かに、もう食べるものはない、、、、   笑。

で、聞くと昨夜から電話しようか迷ってたけど出来なかった
とのこと。「手を差しのべるタイミングかどうかが、微妙に
わからなかった。」とのこと。
反対の立場で考えると、その気持ちも良く分かる。(笑)
でも、そうやっても、考えてくれている愛に感謝だ。

でも、今日はなんか、いい感じだったらしい。

そして、ayaちゃんの背中のパイプの工事中(目に見えない)
で、チャネリングは出来なかったのだけど、今日は、久し
ぶりに、いきなり、ちょっとメッセージ来たから、メモを
用意して!とのこと。

わかった~!とすぐに準備万端。


【ソフィアからのメッセージ】
※ソフィア[Sophia]=新しい女性性のエネルギーである。
          聖母マリア、マグダラのマリア、イシス、クァンイン
          の集合体という感じ。
★ 参考→チャネリングSophia


「ソフィア」って言ってるよ。とayaちゃんが言った。

「あ、わかるわかる。 了解!」
エネルギーについてちょっと説明。

「なんか、お兄さん、梅の実、プラムの実を口から出そうと
 しているかも、、、。」

「悪いものじゃないから、大丈夫だよ。」


---ソフィア

「あなたのお兄さんは、わかっています。」

「始めからわかっている。」

「言いたくてもいえないことがあった。それを言葉にすることで、
 あなたに傷を与えたり、親に傷を与えるのではないかとためら
 っています。
 あなた(妹)への愛を、どのように伝えたらよいか分からないでいます。

 本当は、伝えてしまったほうが楽なのです。
 でも、あなたの本意ではありません。※???

 どうして、こうなったのか、、、。
 何をもって、どうしていいのか、、、。
 悩み、悔やみ、、、
 泉の深いところで光明がある。??かな? メモ切れ 」

「こう、自分の腹の中のものが出るって感じだわ。」

「そっか」


そうだな~、こうやってメッセージを振り返ると、愛だからこその
苦悩があるんだよな。でも、私には、兄の愛は伝わってるし、知って
いる。宗教脱会したときに、始めて深い愛を本当に知ったから。

でも、兄の心に溜まってたものが出るのであれば、それは良かったな。
少しでも解放できたら、それは私にとってもうれしいな。



----クァンイン

「あれ~~~、何て表現していいかわからないんだけど観音からだ。」

「とにかく、大丈夫!!っていうことを言ってるみたい。」

「あのね、これだけのサポートがあるから大丈夫だって、お兄さん
 のことも、うまく行くって。
 ちゃんと、サポートしてるから大丈夫だって~~。」

「そっか、分かった~。感謝だ~~~。」

「ちょっと、躊ちょが出たのは、マインドだって。」

「うん、そうだね。じゃ、兄にメールを送るね。
 もう、何言われても覚悟できてるし、、、大丈夫。」

「ね、、、メールの内容、これでいいかな?」

「あなたが、あなたを信じないでどうするんですか。」

「へへ、そうだね。」

「あ、、、あのね、以前にね、あなたの光は何色ですか?
 って前に、聞かれて答えられなかったでしょ?」
そのとき→10/911【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya

「私の光って何色なの?」

「白、、、白というか、シルバーというか」そんな感じだって!

「そっか、よかった。」

「ね、近くにハートのものがない?」

「ちょっと周りを見回したけど見当たらなかった。

「それが、あなたのハートですよ。」色とか、形の具合とか。って意味。

「見当たらないな~、ハート?何色だろう???」

「あんね、黄色、銀、ゴールドだってさ。」

(って、今、考えてみると、嬉しいね。これっ。自分のハートの色。
自分からは絶対見えないもん。心の目で見たら感じられるかも知れないけど)



「そっか~、うん、もし近くにハートのものがあっても、暗い色のもの
 ではないよ。笑」

「あのね、昨日ね、以前、預言カフェで受け取ったメッセージを思い出したんだ。」

「あたり前のことを、感動できるようにしていきますよ。」って言ってたこと。

→10/10/6【神聖なタイミング~母から2通目の手紙&娘と預言カフェへ】
    【抜粋】
    「なんか、当たり前のものなんだけれども、それがとても「感動」を覚えて
     しまう。「喜び」になってしまう。そのように私は益々あなたに、喜びと感
     動する心を与えていきますよ。と主が言われています。」

今日の最初のブログで、Gちゃんにも話していることなんだけど、
本当に当たり前の日常がいかに、大切で、感謝なことか、、、それを
ayaちゃんにも話、本当に、この体験に感謝なんだと、同じように話した。


その時、、、



----イエス?サナンダ?だと預言カフェの話の流れから感じる。

「あれ? 誰か、わからないな~」とayaちゃん

「あなたの、全てを許します。」


私は、一瞬でこの深い意味を理解した。

そして、大声で子供のように、泣き出した。

「ありがとう。感謝です。感謝します。」

「ayaちゃん、この【全てを許す】という深い意味がわかる?」

「わからないけど、なんか一緒に泣けてきた、、、。」

「これはね、、、人間のエゴ、、これはね、許されないと消えないの。
 自分でね、いくらあることが分かったとしても、最後には、自分では
 どうすることも出来ないものなんだよ。
 許してもらえるまでは、解放されないの!!」 わ~~~~ん (大泣)

私は、この長かったプロセスで、何度、感じてきたことだろう。
「いつになったら、許してくれるだろう。解放させてくれるだろう。」ってね。

でも、その時は、ゆっくりと、そして極限まで体験して始めてなのだ。
今日の導かれたメッセージのように、99歩、自分から歩みより、最後の
1歩を、このように手を差しのべてくれた。扉を開けてくれた。


その後も、ずっと泣き通しだった。

あまりにも、この”ひと言”が嬉しくて。深くで、重くて。 感謝で。

「皆さん、本当にありがとうございました。」

「あ~、、もう大丈夫だね!!前祝いだ、これは~~!!」とayaちゃんが言った。

「これは、前祝い、前祝い~~♪」


「早く、温泉に行きたい~~~!!」と私が言った。

「行こう~~~~!!」

「あれ?”お姉ちゃん”って聞えてくる、、、」

「あ~、上の娘夫婦も、温泉に行くみたい~」

「あ~、お姉ちゃんの夫婦ね。リコもね。行きたいって言ってるもん」

「きっと、行くことになってるわ!」

「あはは~、そうだね。
 とりあえず、兄のことがあって、完了は、ローレンのメッセージに
 あったように、12-12なのかも。完了の入り口ってあったし。」

実際には、12月12日か12月21日なのか、いつかは分からないけどね。

「うん、そうかもね~~。」

「でも、もう、ここまで来たら大丈夫だから良かったね。」

「うん、ありがとう。本当に感謝。」

「ところで、取り合えず、気持ち送るから!!」

「たぶん兄のことがあるから大丈夫だろうけど、それまでね。」



「感謝!!」ということで、おかげさまで空腹感とも、もう少しで
バイバイみたい~!!
ayaちゃんも、タバコを吸いたいなら吸いなさい。何か美味しい
ものを、まずは食べれ!!ってことで。^^

うふふ。 サンキューです!

感謝、感謝で、電話を切りました。

*  *  *

洗剤も切れて、洗濯物も溜まってきたし、本当に何もかもギリギリ。
兄のお金は入っても、水道料は即効に払わなきゃまずいけど、
ブロバイダーのほうと、携帯の支払い、ガス代どれがが優先だろう?と、
マジ悩みそう。支払いも、ダウジングで、決めよう。

とにかく、大きな光が差し込んだ日。
もう、先が見えてきた。
もう、少し、、、ここまで来たら超えられる。
すぐには、余裕は出てこないけど、もう気分で余裕でた。←単純。

って、サポートもガッチリされてるみたいだし。大丈夫。

これこそ、光明だな。

今でも、今日のメッセージを思い出すと泣ける。
それほど、深い意味がある。私は知ってる。
すでに、目が腫れてるしー。 

もっと、もっと軽く、楽しく浮かれそうかも、、、。^0^

思いがけない、【ギフト】でした。

今日も、絶妙な、完璧なタイミングだった。 感動。

*  *  *

掘北真希 の「ジャンヌ・ダルク」の舞台が11月30日~
始まる。 私のプロセスと、何気にリンクしているように感じた。
ただ、11月の末まで、プロセスは長くなるのは嫌だなって思ってた
けれどね。
でも、私の再誕生と何らかの関係はあると思う。
このことについては→10/5/14【二つのサイン】By aya
→「ジャンヌ・ダルク」オフィシャルサイト


とにかく、本当に、なにもかも感謝。
今日は、あくまでも「前祝い☆」なんだけど、もう気が抜けてきちゃった。(笑)

今、兄からメール来て、、WEBから振込みしてくれたようだ。
本当に、感謝。
不動産やさんにも、メール出しておいた。

セーフ。汗 サポートにも感謝!!

2010/11/28(日)晴れ




昨日のつづき
→【完了/卒業まで:前祝い~ソフィア・観音・他からのメッセージ】By aya

*  *  *


□ 愛の色って?

昨日、書き忘れたことがあった。

ayaちゃんのチャネリングで、クァンインとの話の時かな?

「【愛】は、何色だと思いますか?」って聞かれたんだ。

「ん~、、、白? それともピンクかな?」って言ったら。
※あくまでも、透視や心の目で見たわけじゃなく、イメージだけで
 答えちゃったんだけど。

「本当は、赤なんですよ。」って教えてくれたの。

「ふ~ん、赤なんだ~。」

「白、ピンク、、、ま、近いよ。正解みたいなもんだ。」ってayaちゃんが言った。


今朝、書き忘れたことを思い出したと同時に、以前のチャネリングの時も
「赤のエネルギー」ってどこかで言っていたっけ。と思って思い出していた。

この時だった→10/9/11【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya
「おまえの中に残っているものがある。」
「まだ、燃え出していないものがあり、その部分に着火剤?で火をつける」
※もしくは、火をつけることになるだろう。
「おまえの中に、くすぶっているものがある。
 それをどうするか、大きな炎にするのか、小さな炎にするかは、
 おまえ次第。」

「え?私の中に、くすぶってるものがあるの?なんだろう。」
「まだ、何か”気づき”が必要なの?」

ayaちゃんが、「気づき、、、」
なんかね、赤いエネルギーみたい。炎みたいだよ。と言った。

※一応、赤のエネルギーを調べると、資質/属性から、言えば、「強さ、
 力、豊かさ、勇気、意志、疑似体験」と書いてある。
○参考→「運命の脚本を書く」P97 著:ロナ・ハーマン

気づきか~、なんだろう。今は分からないな~。」

今、”赤”の属性を調べてみて、その意味に当てはまるかは、
分からないけど、その中のものに関係しているかもしれない。
”強さ”か、”意志”か、、、。

ここで、メモの言葉からして、違う存在になっているような感じ。

「今、、わたしたちが、あなたに申し上げていることは、
 すぐには、理解できるかわかりませんが、
 あなたに(が?)、、、闇の中の光のひとつとして、光をより輝かすことを
 望むか、それは分かりません。」

----------------------------

この時のことが、よく分からないままだったので、
覚えていたのだけど、

赤 = 愛の色

と言われて、何となく分かったような感じがした。

そうか、きっと、この時の「炎」というのも、「愛」の
ことを言っていたのではないかと感じた。

さて、この時に言っていたこと、「大きな炎」「小さな炎」

私は、どっちだったのかな?

果たして「大きな炎」で居られたのかな?(笑)

でも、それがたとえ「小さな炎」だったにせよ。
ほかにも選択の余地があったにせよ。

それが私の力量。これが精一杯だったんだって感じるから、
何も悔いないし。それでいい。

な~んて、最後に、もう”ひと山”あったりしてー。
だとしても、自分/全体の最善を尽くすのみ、、、。

*  *  *

□ ひとりごと:極限に終止符?

今朝、さっそくayaちゃんのサポートにより、食べ物にあり
つけた。

昨夜は、メッセージが嬉しくて? ayaちゃんのサポートで
何か食べれるから? とにかく眠れなかった。

ゆうちょの口座同士だったので、日曜日でも振り込みが可能
で、即、引き出すことが出来た。

とにかく、朝カフェと思い、メールが届いてから出かけた。

久しぶりに、ドトールでも行ってみようと思ってお店の前に
行ったら、なんとお休みだった。

でも、お向かいのカフェが朝から開いており、思いのほか安くて、
美味しいカフェオレとホットドックにありつけた。

何度も、この瞬間は、大げさではなく”感無量”なのだ。(泣)
外人さんもちらほらといて、外を見ながらマッタリ、、、。
至福のときだ。久しぶりにタバコも吸った。
ん~、、、、感謝、感謝。 新鮮。

そして、ふっと思った。
もう、以前の自分じゃないのだ。と感じた。

”再誕生”といっても、このように時間をかけて、自分の変化に
気づくこともあるのだと。
※本来の”再誕生”の意味とは違うのかも知れないけど、そんな
 気分になるほど。という意味で。

私の心配をよそに、想像以上に振り込んでくれたおかげで、
諦めかけてたガス代の支払いも出来た。

明日、開栓の手続きができたら、ようやくお風呂に入れる。
洗髪も水シャワーから卒業できそうだ。
さすがに、もう冷たいよ。(間にお湯には浸すけど)

身体は、タオルをお湯に浸しながらなら、軽く洗えたので
助かったけど、せっけん節約のため一日おき。
ま、今は夏じゃないから、贅沢いってられん。
芸人の、デビュー初期のような生活みたい。(笑)
ちゃんと、人間って工夫するんだよね。よく分かったよ。
何とか出来るもんだってことが。

私は、それでも屋根のあるとこに住んでて、電気もある
からいいけど、寒くなったらなったで浮浪者さんと呼ばれて
いる方たちは、よくやってるもんだな~。っとまで思った
こともある。

幸せ、幸せ。ありがとう。
何だか、思わず、カフェで、気が付いたら手を合わせている
自分がいた。 

「あっ、ここはカフェの中だった!」と少し慌てた。(笑)
あ~、はずかしい~。もうクセになっちゃって。

カフェで、いろんな事が浮かんだ。
夜中もだけど、兄は、怒りで眠れなかったかも知れない、、、。
母も心配しているだろう。
電話つかえないしな。公衆電話からしたら、尚心配しそうだし。
そんなことも、頭では過ぎるのだけど、何も心配することも
ないのも知っている。

母も兄も、結果的には、長い月日の中で、私と同じような
経験をしていることになる。
私のプロセスに巻き込まれ、少し溜まったと思えば、また、お金
はスッカラカンになり、、、。

私のプロセスと連動して、意味を知らないまま、解放している
と感じる。
そう考えると、ある程度、起こっていることを知ってる私のほうが
ある意味、気持ち的には楽なのかも知れない。
少なくとも、一人ではないということも知ってるのだから。

二人は、どんなにか、不安を感じていることだろう。
現在も、将来においても、、、。
そして、どうして私は、こんな子になったんだろうって
心配の局地だろう。確実に変人も通り越して気は確かか、、
って感じだろう。常識の中には確実にいないのだから。(笑)
今は、厳しい試練の中だ。

私は、光を送ることしか出来ない。

これはきっと、家族一緒にプロセスを行っているんだね。
魂の契約があるってことは、知らずとも、そういう事なんだな。

私は、母や兄には、このまま自然に理解するまで”沈黙”に
入る。
必要に応じて、聞かれたことには答えるけれど、あえて理解して
もらおうとは思っていないし、また、理解もできないだろうしね。

これは、ジャーちゃんが言っていたように、”時間”が必要
なんだと思う。きっと、少しずつ、私の変化を見ながら、理解
も付いてくるのかも知れない。
※ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

どんな形で起こるのかは知らなかったけれど、表舞台に出る
前には、試練/暗闇のような期間があるのだろうな。ってことも
薄々わかっていたことだったしね。
(ミカエルのメッセージからも察すると)
昨日、ayaちゃんにも言われたけど、これが、マスターゆえの道。
ってことも自覚が出来てきたと共に、自分でも責任と受け止め方
も深まっていったけれどね。

って、まだ、完全には終わってないし、これから始まりなんだけど。(汗)

マッタリして満足して、ちょっと買い物して。
今月限定もので食べたかったお弁当も買ってこれた。(喜)
おかげで、洗剤も買えたので、すぐに洗濯にとりかかった。
お天気だし、外に干せて、ちょうど良かった。

冷蔵庫の中も、見事になにもない。
あるのは、固形スープの素と、マヨネーズくらいか。
調味料や、油だって、味噌も、見事に、殆ど使い切って。
シャンプーも、ティッシュも、トイレットペーパーも
何もかもがギリギリ。
これは、あくまでも物質面のことだけど。

何からなにまで、のこの”極限のギリギリ感”って、やっぱ
ある意味、神業としか思えない。

なんだか、感動すらする。(笑) 完璧すぎて。(爆)
うん、何度か、同じような状態を通過してきたけれど、
この凄さに、笑いが出るほどなんだ。マジ。

「やるなっ!」ってか。 全てがスゴイ。

子供のように、宇宙って、天界ってどうなってるの?
って時々思うんだよね。わかりようがないけれど。

やっぱり、後から”笑い話”になりそうだ。

事あるごとに同じようなこと書いてるけど、

そんな感じ~。

*  *  *

さて、後は、明日だな。
兄の入金確認後には、すぐ動き出さないと。

昨夜のうちに、いつもの不動産やさんの担当者にメール
しておいたのも、グットタイミングで、明日は公休だった
らしく、今日の内に、大家さんにも連絡をしておいてくれる
ようだ。明日の家賃の入金確認も、ほかの担当者にちゃんと手配
も済ましてくれたようである。
大家さんが、知らずに、保障会社へ連絡してしまう。ってこともなく
なった。みごとな、流れで、これも完璧。

ギリギリ、セーフ。

天界の皆さんのサポートのおかげです。yoham(私の神)にも。

感謝。

*  *  *


【転載】13-33-333という数列-新たなる地球の符号 ~レディ・ナダ へ



☆本日↓2010/11/28(日)の始めはこちらから。
【完了/卒業まで:前祝い~補足&ひとりごと】から


*  *  *

下記のメッセージは、今年の4月にアップされていたメッセージなんですが、
以前、「シェキナ」について調べていたときに、このメッセージを知りました。

いつか【転載】させていただこうと思ってたけれど、
まだ、タイミングではないと感じて、暖めてました。(笑)
でも、昨日のソフィアからのメッセージを頂いて、「今だっ!」と感じ、
転載させて頂くことにした。

「シェキナ」というエネルギーについては、ミカエルのメッセージなどでも
出てくる。
→10/11/9【転載】2010年11月ニュー・アースの始まり ~大天使ミカエル
【抜粋】
10/10/10のポータルまたはスターゲートのオープニングによって、あなた方、光の家族
たちは、シェキナーまたはコズミック・マザーの新しいエネルギーをアンカーするスペ
ースを持ち、ひとつOneとしてプラネタリ―・ユニティの中で、海洋と大地をリンクする
新しい光のグリッドの形成を可能にしました。
現在あなた方は、これらの新しいエネルギーにフォームと物質的な形を与える次の段階
の中に在ります。


私は、この13-33-333という数字にも惹かれた。
「13」と言う数字は、元々、私の誕生日の数字で(9/13)、
馴染み深いのもある。(笑)
小さい頃は、正直イヤだったな。友人からも金曜日の誕生日だと、
「え~」と言われてた。^^;

でも、今は、とっても好きになったけど。
最近、よく1333は、目にしていた。(555や144も多いけど)
そして、昨夜、夜中には、「333」を見たんだよ。
それで、今日は、やっぱ「これ」です。
このタイミングです。←やっぱ、単純。

そして、私は、ずっとブルー・レイのグループと感じてきました。
とにかく、昔から”青ブルー”には縁があって。
誕生石もサファイアだしね。
小さい頃から、なぜかピンクよりもブルーに惹かれてた。
ポイントに使う「赤」は好き。
そして、小さい頃から、偶数より奇数に惹かれて、なぜか
奇数ばかり選ぶのさ。自分でも不思議だったの覚えてる。(笑)

(意味不明だけど)

「きらきら星へようこそ・・・☆」さんからの転載です。

メリー・マグダレン(マグダラのマリア)
MARY MAGDALENE


新たなる地球の符号 ~レディ・ナダ
New Earth Codes

マデラインの投稿
Posted by Madelaine on April 9, 2010 at 10:23am

13-33-333という数列−新たなる地球の符号
13 - 33 - 333 Number Sequences - New Earth Codes
a message from Mary Magdalene

シェキナ・ローズ/ブルー・レイ経由
channeled by Shekina Rose / Blue Ray
Friday, 9 April, 2010


わたし達はある秘伝的な伝送系、祈り、青い光線を通したシェキナという
聖なる女性的神性の活性化を共有し、
2012年とそれ以降の偉大なる移行の時期に皆さんを支援します。
皆さん達青い光線や多くの光の担い手達は聖なる女性的神性を通して
新しい地球の次元上昇の周波数を伝えます。

皆さんがこの情報を読んだ時、それは皆さん自身の知識の覚醒、
皆さんの聖なる遺産や血筋であることを認識してください。
皆さん達青い光線や真の神聖な資質を有する光の担い手達は、
これまで皆さんの全き表現、天稟、才能や能力を覆い隠してきましたが、
この情報は皆さんという存在そのものの秘密を明らかにしたものになっています。


高次元領域の一連の数的符号の活性化
Higher Realms Number Code Sequences Activation

高次元諸領域、高級指導霊達、光と皆さんの指導霊達は、
皆さんの世界と生命において多くの方法で意思疎通を行っています。
わたし達は皆さんと絶え間ない意思疎通と交流の状態に在ります。
聖なる数列を経由した急速に増大しているひとつの経路が存在しています。

それは単なる数以上のものです。

聖なる符号であり、次元と光のエネルギー周波数となっています。
こうした意思伝達の聖なる符号は聖なる幾何学と通路を形成し、
皆さんのより高次の資質の活性化を生み出しています。


聖なる数が皆さんをカ活性化する方法
How the sacred numbers activate you

それは皆さんが数を受け入れているかまたは眺めているだけではなく、
皆さんとより高次の領域、光と愛の高位の指導者を活性化し思い出させる配列が、
時空という現実性の神聖な配置として並んでいることを意味しています。
これが起る時は、聖なる瞬間を意味しています。
皆さんはこの霊的交流を受け入れているため、皆さんのエネルギー場と生命の中
により高次の光の強力な振動を構築しています。

ここしばらくの間、皆さんの多くが皆さんの生命の中でこれまで頻繁に
聖なる数列という現象が起っていることを理解しています。
それがこのように一般的な出来事になってきているため、簡単に過小評価して、

“ああ、そう、わたしは何時でもその数を確認しているし、それだけでしょう。”

という感触を持つかもしれません。


精霊からのデータ取得 44
Downloads from Spirit 44

もしも皆さんがこのように精霊とつながりをもったなら、
皆さんがこの聖なる瞬間のために立ち止まり、それを取り入れることを思い出
すようにわたし達は促したいと考えています。

わたし達は、皆さんが度々自分の人生に忙しく、知的処理を行う暇がなく、
皆さんがより高次の領域により活性化されるために必要となる時間が
取れないように感じているかもしれないことを認識しています。

皆さんは時空を超えた聖なる瞬間に存在していることを認識してください。
そこは神聖なる力の場であり、
そこでは一瞬が数時間、数日、または数年に匹敵する場所です。

皆さんがこの時空間に戻ってきた時、この世界の現実性の中では僅か一瞬、
または数分の出来事であることを理解するでしょう。
ああ、そうです、皆さんは時間を止めることも延ばすことでき、
これは皆さんの制限を受けない潜在的で多次元的な神聖なる力の始まりに過ぎません。

55  これが数時代前からの権力的精鋭達が

一般大衆にこの秘伝的な叡智を知らせなかった理由です。
そして、彼ら権力者達がいつもこの知識の探求を妨げて邪悪なものと見做して、
恐怖を創り出した理由です。

こうした古いエネルギーは移行と新しい地球の浮上と伴に離れて行きます。44。


数列を通したより高次の領域や光と愛の指導者達との聖なる交流
Sacred communion with the higher realms and Masters of Light and love through the number sequences

皆さんは次から次に皆さんのもとに訪れるある数列を確認し、耳にし、学ぶでしょう。
その数列は、皆さんが行くすべての場所で絶えず皆さんの前に現われてくるでしょう

:商店で支払をする時、車のナンバープレート、時計、テレビ、映画、マスコミ

− 精霊は皆さんの注意を引く上手な方法を発見するでしょう。
 それで皆さんは一瞬立ち止まることになります

;皆さんが精霊と交流しているある認識、ある認証です。

;皆さんは自分の体の中にそれを感じ、それが皆さんの確認になります。

皆さんの体という聖なる媒体を通したこの直接的な認識を信頼してください。
それが2つの世界、皆さんの聖なる瞬間との出会いを皆さんに伝えます。13。

皆さんは現在聖なる数列についてより多くの情報、エネルギーの伝達を与え
られています。

皆さんは 44情報の基質に乗るためにそれを使うことができ、何時でも皆
さんがエネルギー的に必要としているものをその通りに提供します。333。


聖なる数列を経由した新しい地球の符号
Codes of the New Earth through sacred number sequences

13-33-333は聖なるこころと救世の女性を通した新しい地球、
ガイアの黄金時代を表しています — 女神、シェキナとソフィア(智慧)、
聖なる神々しい女性原理の復帰を表しています。

皆さんが日常で13-33と333という数の組合せを一緒に確認した時、
それは神のように強力になります。
と同時に、それは皆さんが聖なる道を潤す者、新しい地球の周波数保有者であり、
皆さんの光の符号の細胞の再生が起こっていることを伝えています。


13という数の聖なる力
The Sacred Power of 13

13は“すべての物事の中に女神が復帰する”ことです。

統合と平衡、神聖な神々しい女性を通した、
そして聖なるこころを通した生命の自然な秩序。

13:13と10:10 神聖な13の力は物質の超越と次元上昇の具象化、
新しい地球の周波数の符号、統合と一体感、メリー・マグダレン、聖母マリア、
シェキナとソフィアという周波数共鳴を運び伝えます。

;自然の律動が平衡し、聖なる秩序が実現します
;聖なる神々しい女性を通して皆さんの力を取り戻します。

メリー・マグダレンはその13と新たな地球の符号を伝えることになる
2012年の移行を表しています。

彼女とその本質は、地球や人々が彼女の失われた知識を受け取る準備が
整った時に既に再び姿を現しました。

これによって、シェキナの具象化である聖なる精霊という救世の女性を
出現させるでしょう。

13は統一した振動であり、救世主と12使徒です。

太陽年には13回月のサイクルが存在し、それは神聖な神々しい女性を
讃えていて、かつて皆さんはここ地球でそれに従っていました。

13は古代エジプトの聖なる数であり、

聖なる光の体を活性化する聖なる創造の幾何学の一部でした。
マヤの人々、アメリカ先住民、レムリアの人々、アトランティスの人々、
そして古代の聖なる文化は、聖なる符号の13という周波数を使用していました。

亀は根源的な13という女神を表しています

;多くの亀がその甲羅に13の区分を持っています。

ファティマの聖母マリアは1917年5月13日に子供達の前に現われ、

以降6ヶ月間毎月13日に続けて現われています。

マリアの出現は来るべき移行の時代にシェキナを通して再び13日に起こるでしょう。
13は秘密の神聖な力であり、秘伝的な母性の本質の周波数であり、
すべてのものを変容させます。

過去において、13という数の振動は怖れを表すものでした。

その時代の権力者達が皆さん達をその根源的創造との真のつながりから遠
ざけたかったからです。

これが13にまつわる瞬時の恐怖を創り出して真実を歪めた理由です。

皆さんの先住者の文化や古代の文化は時間や宇宙との交流、生命と精霊に関
する異なった体系を使用していました。
それは創造とガイアの鼓動の自然なリズムとより調和したものとなっていました。
この聖なる平衡の方法は偉大なる時代の移行を通して復帰しているところです。

13の振動は聖なる配列と癒しの一部となっています。


聖なる符号の周波数を意味する33
Sacred code frequency meaning of 33

33は聖なるこころ、次元上昇、進化した光と愛の指導者、

シェキナの復帰、創造の母の聖なる精霊のこころの光彩です。


聖なる符号の周波数を意味する333
Sacred code frequency meaning of 333

333は皆さんの光の符号に属する細胞の活性化と、皆さんが協力して活動すること、
進化した光と愛の指導者の大群とより高次の存在と領域を意味しています。

わたし達は皆さんに青い光線を通して聖なる符号の秘伝的な秘匿情報につ
いての事実を伝え続け、皆さんの原初の設計図を活性化する支援をするこ
とになるでしょう。

これは現在解放の準備を整えている活性化、発動、秘伝的叡智と情報のための
聖なる周波数振動の数列になるでしょう。11:11

聖なる数の真の意味と再びつながることによって皆さんは活性化され、
怖れを変化させて皆さんの細胞や神の真の資質に神聖さを取り戻しています。
皆さんは神聖な存在です;わたし達は皆さんを祝福し、讃し、感謝しています。

神と創造のすべては皆さんに力を与える最も高貴な光と愛の中で皆さんに働き
かけています。

皆さんご存知のように、わたし達はひとつの存在です!13。

青い光線の存在は極端に繊細で共感に溢れた魂の集団です。

それは多くの異なる進化した惑星や光の領域から来たインディゴ達に似て、
人類の遺伝子情報を啓発し、ガイアの神の意識を引き上げます。

彼らは光の活動家の失われた光線です。

ヘブライ語で“光の言葉”を表す“シェキナ”は、青い光線の良き相談相手です。
シェキナは聖なる神々しい創造的女性の失われた側面です。
それは神の具象化であり、次元上昇の過程でもあります。


青い光線は、すべての青い光線達の最も高い側面を持った魂の集団意識です。
わたし達はこうした伝達を伴に皆さんに伝えています。

Copyright © Language of Light vocal sound transmissions by Shekina Rose of www.shekinaspeaks.com -
http://www.galacticroundtable.com/profiles/blogs/mary-magdalene-new-earth
(文中の数は、原文にそのように表記されているものです... )


by 翻訳・森のくまさま (2010-04-17 09:03)

2010/11/29(月)晴れ[下弦の月]



昨日、まる一日前日から寝てないのに、全く眠くなら
なかった。
それは、その前の日のメッセージを受け取って興奮して
いたからだと思っていたけど、どうも違うみたいだ。
メッセージの日
→10/11/27【完了/卒業まで:前祝い~ソフィア・観音・他からのメッセージ】By aya

昨夜はいつもよりは早めに横になったけれど、一旦は
眠くなりかけたのに、その後は結局、また目が冴えて、
3時すぎまで、、、

もしかして、エネルギーが入ってた?
もしかすると、ソフィアのエネルギーが入ったのかもしれ
ないし、あの時に、何かエネルギー注入があったのかも知
れない。
これまでの経験では、エネルギー入るとそんなこともあった
からね。

*  *  *

□ アクシデント=区切り

朝から、家賃の振込みや支払いのために動き出した。

詳細は、長くなるのではぶくけど、兄からの入金確認後に、
思わぬ事態になり、岩が頭に落ちたかのように、呆然となり
パニックになった。

「家賃の振込みが出来ない、、、どうしよう、、、」

「何をやっているんだ、、、いや、これは何かある、、、」

ふっと目の前に「9999」ナンバーの車。

「完了? なにが完了だよー@@;」と、言えるような
余裕もなかった。

混乱と放心状態で、ayaちゃんに相談と思って公衆電話
に向かった。もう半ベソ状態。

とにかく、何とか対策を練ってくれて、これは意味あるわ。
イニシェーションなんじゃない?
とにかく、サポートは万全だから大丈夫。

「うん、、、、。」

電話を切った後、少し安心したものの頭が回らず、
ヨロヨロと、、、。


その後、近所の商店街でこれだけ連続して見るかって
くらいに、短時間にゾロ目のナンバーが目に入ってきた。

「111」「666」「5555」もっと見たかも。

「なんだこりゃー、やっぱ今日は、最後の〆なのか。」

ayaちゃんのおかげで危機を脱し、少し落ち着いたと思って
いたけど、かなりの衝撃だったようで、危うく危機一髪の
ところで、振込金額を間違えるところだった。
あと一つのタッチ手前で気づいた。(気づかせてくれた)

「お~、、、危なかった、、、」

その後の動きは、導かれたようにスムーズにやる事を終えて、
必要な情報も流れてきて。優先順位を決めて、最小限の支払
いを済ませた。は~~~、脱力。

で、最後のナンバーは、「777」で〆られていた。

短い時間に、凝縮されたような出来事と流れ、結果的には、
ayaちゃんにも助けられて、スッキリと落ち着いた。
携帯も、取り合えず来月の中旬くらいまでは使えるように
なったし。やれやれ、、、汗

最後の〆に、なんで、あのような出来事が必要だったのか
は、よく分からないけど、忘れられないような日になった
かも。(苦笑)

手持ちは、一気に少なくなったけど、お米も買えたし、もう
しばらくは困らないだろう。

ホント、、、まったく驚かされるよ。

そうそ、お湯も使えるようになって、ちょ~幸せ。

*  *  *

昨夜、眠れなかったので以前のように、ダウジング
遊びをやってみた。

いつかはハッキリ分からないけど、次の新天地(引越先)
について。地図広げてやってみると、ワクワクするし、
妙にハマる。(笑)

以前に、○○区までは、わかってたけど、そこも、マジ?
って思うような驚きの○○区だけど、昨夜は、町?丁目?まで
ほぼ分かった。なんだか、楽しみになってきた。
☆○○区が分かったとき
→10/9/5【再会のタイミング~何かが動き出した(ツインフレーム)】

その時と、状況は変化しているけど、○○区は変わらすそこ。
って、ホントにか?
でも、約3年前に上京したときの情報は確かに大きな可能
性を含めた内容で、結構、ピンポイントでわかったしね。

たとえ引越先ではなくても、私のエネルギーが多くある所、
何度も行くことになる場所とか、それは確かだと思う。
ハートもそこだけ開くから。

この"新天地"のことは、長期間にわたってることだけど、
予兆は、昨年12月から始まってる。
まず、今年の4月頃の話で、具体的には、
【来た!アイデアとインスピレーション】シリーズくらいかな?→□ 2010/4
それから→10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya

って感じの流れ。かな?

*  *  *

昨日、NHK「龍馬伝」が最終回だった。
う~ん、、、かなり私的には、多くのものを感じた。
実際の坂本龍馬をどこまで忠実に表現しているのかは、
知らないし、どうでもいいのだけど、福山が演じる龍馬
というか、脚本だよね。福山さんの龍馬も好きだけど☆

これは、偶然じゃないな~。メッセージ性 大。
(そもそも偶然ないし)

大政奉還し、幕府が崩れ、世の中が大きく変わることに
なったあの時代と、アセンションに向けて、大きな変革
を前にして、坂本龍馬と岩崎弥太郎の会話のセリフに、
釘付けになった。
(基本、ドラマは、自動的に学びの時間。笑)

変革を起こした坂本龍馬に対して、妬み、嫉妬をもつ
岩崎弥太郎の感情をむき出しにした言葉。
それに対して、静かに、龍馬は言う。
「わしなど、相手にするな。」と言った後、
「自分は、自分の出来ることをしただけ」と言う。

弥太郎の妬みに対して、不動心で弥太郎に諭す。
「わしには、弥太郎のようなことは出来ない。
 おまんは、おまんにしか出来ないことをやれ。」

弥太郎が、龍馬に対して、
変革し希望が見えてきたというその時に、いざ扉が
開くと、、、

弥太郎が、龍馬に対して、
「おまんは、光が強すぎる。光が強いと周りを巻き込む」

あれれ、、、どっかで聞いたセリフだよ。
→10/4/20【顕現のスキル~ヤハウェイ現る】By aya
『ただ、おまえに、今ひとつ注意しておきたいことがある。』

『それは、忠告と受け取ってもらっていい。
 
 おまえの光が、強すぎるため、周りの人間を巻き込む。
 眩しすぎて、周りは目をつぶるから、見えなない。 ※理解できないってことかなー???

 その間、おまえは、何が起きているのか分からず、
 自分の光に気付かないまま、事を進めていく。
 それをすることによって、危機感を持つようなこと、摩擦のような事が起こる。』


あらら、同じ。

で、

そこには、恐れや妬み、嫉妬、保身をも持つもの、
変わりたくない者が出てくるという弥太郎の言葉。

※ ここに書いたドラマのセリフ、内容はあくまでも頭にかすかに
  残ったものであるからして、正確ではないのだけど、ニュアンス
  的に、とアバウトに受け取ってください。 笑

そういうもんなんだろうな。

何も、私のことに限ったことではなく、、、
今後も更に、ライトワーカーがどんどんと増えてきて、
光をより強く全体を照らすようになれば、二極化ももっと進み、
そんな者が多く出てくるだろう。

でも、結局は、”愛が勝つ~~”

闇をも包み、光を返して、龍馬のように、どんなことにも、
不動心で信念、意志を通す。
一人ひとりが、
「自分の出来ることをする」
「自分にしか、出来ないことをする」

で、ひふみ神示にも書いてあったけど、気の合うものばかりで
集ることが和ではないと。

龍馬が新しい政治体制?何て言うんだっけ、その時代。
忘れたけど、役人を考えていて、いろんな考えを持つもの、
いろんな性格、それぞれ違う者たち、長所なども考えて集め
ていて(ドラマの中で)。

正しく、その通りだよな~、そうやって、いろいろ意見の相違
があったとしても、そうやって調和を造っていくものだよな。

って、このドラマ、、、ホント、為になったところ沢山あったよ。

ありがとう。って感じでした。

33歳で亡くなった龍馬さん、この数字もね、意味深い。

*  *  *

今後ね、浄化も更に強まるだろう。

実際に、今も、その最中の魂も多くいるかもしれない。
でもね、これまでの自分のプロセスを振り返ってみて、

どんなに、恐れ、恐怖、抵抗にもがき苦しみを体験したとしても
、そうだな~、ジタバタしたり、たとえ、どんなことであろうと。

その時は、とても感謝に思えなかったとしても、、、。

結局は、気づかせてくれていることにもなるし、最後の最後、
起こっていること、起こったことを、丸ごと~。

最終的に、それを全て感謝(光/愛)出来れば、○。←変換することなんだ。^0^/


「いやだ、いやだ」と避けたり逃げたら、反って追ってくる。
世の中でさえ、そんなもんだろう。

んじゃ、どうしたらいいかって、そりゃ「受け止める」。

で、私は、追っかけてくるなら、自ら飛び込むほうが、
私的には、好き。(笑)

だからってワケじゃなく、性格だろうけど、だから
「来るなら来いっ!」だったのだろう。


”闇”は、結局、”愛”にはかなわない。 

最終的に自分が愛に変われば、闇をも光に変わる。
それ以上は、何も出来ない。

闇も光も同じものなんだけども、このプロセスは、
変換していく道でもあるから。
あとは、バランス。光も闇も、認め合う。

ひとつ解放しては、次のが出てくるかも知れないけれど、
それを繰り返すだけだね。

本当に、とってもシンプルなんだ。


今日も、感謝!!


2010/11/30(火)晴れ時々曇り



いよいよ。11月も最後の日になりました。
早いよね~~。 もう12月に入るんだもん。
何とか、ここまで来たって感じだね。(汗)

「きらきら星へようこそ...☆」さん からの転載です。
なんか、流れで、二つのメッセージをアップさせて頂くことにしたよ。

*  *  *



クートフーミ
Kuthumi

集団意識とは何か、そして皆さんにどのように影響を与えるか
What is the Mass Consciousness and how does it influence you?
19 October 2010 - 3:48pm


ペトラ・マルゴリス経由
Channeler: Petra Margolis



集団意識とは何であり、そして皆さんにどのような影響を与えるのでしょうか?

言葉にすると、集団に属している意識です。

皆さんはすべてそれにつながっていて、そのため、複合的な意識です。

それは集団意識の内部に存在しているので、その場所から数々の発想、感情、そして経験
が出現してくることになります。

知的心性は精神的な身体によって調整されているため、知的心性と同様に精神的な身体と
もつながっています。

長い時間をかけて起るすべての物事は、この集団意識の内部で対応することができます。

それは皆さんに幾つかの答えを提供できますが、しかしまた、皆さんを困惑させることも
できます。

わたし達は集団意識の内部の変化を確認することが好きなため、それをきれいな状態にす
るか、方向を変える必要があります。

自分自身の想念と集団意識を通して現われるものとの違いを認識している人々が、方向性
を変えることになります。ここは精神的な身体の掃除がとても重要になる場所ですが、知
的精神のような精神的な身体だけではなく、このような方法の中でさえ物資的な脳が関係
しています。

物質的な脳は想念をエネルギーとして受け取り、一定の方法でそれを解釈するために使用
されます。

皆さんは誕生以降それをどう解釈するかについて学習しているからです。

物質的な脳の各部分は、入ってくるエネルギーを解釈するために創り出されているため、
ある程度脳自身で機能します。そのエネルギーが生きているか死んでいるかを指し示す
ことができます。

爬虫類種の脳は、怖れがどこからこようとも怖れに向って進んでいるため、すべてを覆す
ことになるでしょう。

(覆す⇒過剰反応する心の中の怖れの想念はすべて、爬虫類種の脳を誘発し、爬虫類種の
脳を制御することができます。

集団意識の内部には、数多くの怖れが存在し、そのためこの怖れにつながっていると、皆
さんは集団意識の中で他の人々と怖れを共有しています。

世界の反対側にいる誰かが怖れの状態にいるかもしれず、皆さんの精神的な体が集団意識
につながっているため、これが皆さんに影響を与えます。

知的心性は精神的な体から情報を受け取るため、知的心性の内部の想念は集団意識に影響
を受けます。

もしもそれが正しい創造であれば皆さんはこころの内側で感じるため、創造はほとんど知
的心性を用いて行われます。
創造のエネルギーは次に精神的な体を通して集団意識に送られます。

ここで創造のエネルギーは多くの異なる創造に遭遇し、その多くは何を創造するかについて
皆さんの想念と異なっています。
もしもそれが小さなことであれば、単なるほんの小さなエネルギーに過ぎず、それほど影響
を及ぼすこともなく、皆さんがそうしたいと思った創造は起るでしょう。

より大規模な創造はより多くのエネルギーを必要とするため、他の人々が考えていることや
創造していることによってより多大な影響を受けることになるでしょう。

集団意識を変化させることが大変な仕事になる理由は、今現在起っていることではなく、過
去に起ってきたものの寄せ集めが集団意識を構成していたからです。

集団意識はいつも皆さんの創造を邪魔することになります。


つまり、現実の変化を起こすためには、皆さんは集団意識の外側から活動する必要があるで
しょう。

また皆さんの物質的な脳は集団意識が放つエネルギーを解釈する特定の方法を学習している
ため、それを変える場合には援助が必要になります。

すべてが怖れを意味していないことを、爬虫類種の脳に教えなければならないからです。

今は皆さんの爬虫類種の脳が残りの脳の部分を圧倒しているため、脳の内部の3つの部分をす
べて一緒に機能させる必要があります。

爬虫類種の脳は、例えば皆さんが野生動物による攻撃を受けて生き残りが必要になっている
場合にはその目的を果たしますが、ただそれだけです。

この場合、皆さんの爬虫類種の脳は、多くの物事をひとつの攻撃と考えるでしょう。

例えば、地球が消滅するだろうと言われた時に多くの人々が恐れに入ってゆく過程などは、す
べて皆さんの思考の範囲外に存在している可能性があります。

これに対して集団意識の内部には数多くの怖れが存在しているため、皆さんは地球が消え失せ
ると考えるようになり、皆さんの精神的な体は集団意識の中から怖れだけを拾い集めることに
なるでしょう。


こうした理由から皆さんは地球が消滅すると考えるかもしれませんが、しかし皆さんの爬虫類
種の脳は再びそのエネルギーの中の怖れを拾い集め、脳を圧倒して、皆さんは怖れに駆られる
ことになるでしょう。

これが、いまだに多くの怖れが地球上に存在している理由です。

集団意識の内部の否定的なエネルギーは依然として人類の数多くの思考を圧倒しているため、
唯一集団意識に愛を送ることだけが、それに見合った働きをすることができます
人々もまた幸せな想念、幸せな経験を持ち、彼らは集団意識の内部に存在しているということを
皆さんは考えても良いのではないでしょうか。


その通りなのです。

こうした方法で想念を考えてみると、皆さんが幸せな経験を持った時には他の想念は存在して
いないことが解ります。

しかし皆さんが否定的な経験をした時には、否定的な考え方を更に亢進させます。

集団意識の内部に否定的な経験がより多く顕在化していて、皆さんの考えや経験に多大な影響
を与えているのは、こうした理由のためです。

それは、皆さんは精神的な身体を通してつながっているからです。
精神的な体をきれいな状態に保つことは良いことです。

しかし、皆さん自身が集団意識との接触を断つまでは、精神的な体をきれいな状態に保つため
には日々の実践が必要になるでしょう。

集団意識との接触を断つことは変化と信頼が必要となります。

皆さんのより高い側面は既にすべての物事とつながっているのですから、皆さんは集団意識
を通したつながりを持つ必要はありません。

皆さんが集団意識との接触を断った後で脳が新しいエネルギーを理解する方法を学ぶために
は、知的心性、考え方、物質的な脳の内部の変化が必要になります。


集団意識はただ3次元の水準だけで機能し、その情報はより高い側面から現われることになる
ため、脳をより高いエネルギー合わせて調整することが必要になります。

またこれはグリッド経由の接触を断つ際にも当てはまります。

皆さんは皆さんのより高い側面をかなり自覚しているため、より高い側面を通したつながり
は他のつながりよりもかなり清らかなものになることを、皆さんは気付くことになるでしょ
う。

多くの人々は、ただ怖れを頭で考えるため、怖れを感じます。

接触を断つという想念は今までかなり影響を受けてきた部分であり、皆さんが接触を断つこと
を考える時は自動的に怖れを発信していました。

数多くのグリッドの内部に存在しているものは、こういったものです。
これが長い間使用されてきた支配構造の一部になっています。

皆さんをより低い水準に止め、肯定的なエネルギーの代わりに否定的なエネルギーによって皆
さんに影響力を行使しようとしているだけです。

皆さんはそれを一掃できますし、皆さんはそれを修復できます。

しかしそれはグリッドエネルギー回路の一部ではないため、皆さんはその背後に存在している
支配構造を取り除くことはできません。

浄化と修復によって皆さんができることといえば、支配構造を通して現れる否定的なエネルギ
ーの流れがより円滑に流れるようにすることです。

皆さんを支援するためにより新しいグリッドの幾つかが用いられています。

しかし皆さんが気付いていないとしても、皆さんは多大な影響を受けている集団意識につながっ
ているため、ただそれ相応のことしかできません。

グリッドは、ただ皆さんのより高い周波数への移行を支援するために、そして異なった方法で接
続するためにそこに存在しているだけで、必要のないものです。


しかし、一定の要所でそれ相応の対処ができるようにしようとして、皆さんは依然として集団意
識に依存しています。

皆さんはいまだに集団意識とつながっているので、たとえ皆さんが肯定的な想念を考えていると
しても、こうしたグリッドは集団意識のエネルギーを受け取り、他の人々が今までそうなってい
たようなものになってしまうでしょう。

集団的な意識とつながっていた精神的な身体は新しい清らかなグリッドにつながっています。

このため、もちろん皆さんが毎回グリッドとつながる前に精神的な身体を清浄にする時間を取る
までは、そのまま肯定的なエネルギーと伴に或る程度否定的なエネルギーを送ることになるでし
ょう。

しかし集団意識との接続が遮断されるまでつながりがそこに存在している訳で、精神的な身体が
完全に浄化されない限り、皆さんはただ一時的にきれいにすることができるだけです。

そしてまたこれと同じことが、霊的に交信されたメッセージにも影響を及ぼしています。


メッセージが霊的交信者に入る時、精神的な身体がその一翼を担い、交信者の知的心性も関与し
、その脳も巻き込まれているからです。

たとえ誰がそのメッセージを送っていようとも、あるいはたとえどの水準からメッセージが訪れ
ようとも、そのメッセージは霊的交信者の影響を受けています。

ある霊的交信者達は、メッセージの送り手とつながるために、自分達を集団意識やグリッドから
の接続を遮断して自分自身のより高い側面だけと連動しています。

このため、皆さんがそれぞれのメッセージの違いを理解するのは、この部分になります。

そういったメッセージを読んだ時、多くの人々は怖れに陥るでしょう。

あるいは、精神的な身体、知的心性、そして脳が集団意識に影響を受けているため、そのメッセ
ージを理解しないでしょう。

精神的な身体と知的心性から葛藤を引き起こすエネルギーを受け取り、爬虫類種の脳が作動して
過剰反応に向うため、彼らは怒り、戸惑い、そして時に怖れを感じるでしょう。

爬虫類種の脳は生き残りのために苦悩しているため、怒りやあるいは怖れを運んでくるものなの
です。長い間、知的心性と脳は、一定の方法で考え、解釈するために学習してきました。

皆さんが幸せな想念を考えることによって変えることができるようなものではありません。


それは役に立ちますが、しかし集団意識の影響は強力なままであり、幸せな想念を考えることは、
皆さんが即席に期待している変化をもたらすことはないでしょう。

皆さんが地球上のすべての人々のこころをつかんで、誰もが何時でもその幸せな想念を考えるま
では。

こころからの働き関する限り、これは知的心性、精神的な身体、そしてこころとの連携になりま
す。

こころから働くためには、皆さんは伴に単一の旋律を奏でている知的心性、精神的な身体、そし
て脳を伴に清らかなものにする必要があります。

ものを考えるのは知的心性であり、こころではないのですから。

クートフーミ
Kuthumi

October 18, 2010
Petra Margolis
www.ascendedmasters.org
http://lightworkers.org/channeling/116765/kuthumi-what-mass-
consciousness-and-how-does-it-influence-you


翻訳:森のくまさま

*  *  *

メッセージが、2日間に分けられていたようだ。
上記の続き...


【転載】死、異星人、その他を通した次元上昇 ~クートフーミ へ

☆本日↓2010/11/30(火)の始めはこちらから。
【転載】集団意識とは何か、そして皆さんにどのように影響を与えるか ~クートフーミ から

*  *  *


クートフーミ
Kuthumi

死、異星人、その他を通した次元上昇
Ascension through death, aliens and more
20 October 2010 - 8:59pm


ペトラ・マルゴリス経由
Channeler: Petra Margolis
Kuthumi Ascension through death, aliens and more.



ようこそ、
Welcome,


もう一度大宇宙の次元上昇と惑星の次元上昇との違いを説明させてください。

皆さんが内面的な存在になるという過程で今まで努力していながら、地上で光の身体になる
上でより高い過程を選択しない場合、惑星の次元上昇は、死を通して行われます。

別の言い方をすると、皆さんは皆さんの死の時を迎えるまで、大宇宙の次元上昇の過程を完
了することはできません。

皆さんは死を通して、惑星の次元上昇を行うことができます。

多くの皆さんがストーン博士を知っていますが、彼は惑星の次元上昇を完了し、大宇宙の次
元上昇に取り組んでいました。しかし彼は大宇宙の次元上昇を完了せず、物質的な死を通し
て肉体から離れました。


大宇宙の次元上昇は、皆さんが自身のありとあらゆる側面を統合しはじめるという点で区別
されています。

皆さんは物質的な身体を変化させることに取り組んでいます。

物質的な身体の内部の変化は、それぞれの側面を統合することによって支えられています。
物質的な身体は結晶構造のエネルギーからダイヤモンドのエネルギーやそれ以上のエネルギ
ーに変化するでしょう。

ひとつの時点で、多くの存在がそう呼ぶように、光という純粋なエネルギーに変化するでし
ょう。
物質的な身体が皆さんの一部になり、光になるため、物質的な死は存在しません。

そのため、もしも誰もが皆さんは物質的な死を通して次元上昇できると口にするのであれば、
それは、仮に皆さんが皆さんの惑星の次元上昇を完了したのであれば、皆さんが将来より高
い次元に上昇することを意味しています。

惑星の次元上昇は物質的な身体の内部に12のチャクラを持ち、より高次の自己とつながるこ
とによって完了します。

皆さんのより高次の自己の側面は、5次元の内部に存在しています。物質的な死を通したほと
んどの次元上昇は、皆さんを5次元に連れて行くことになるからです。
マルカバの活性化とそれを作動させることは、惑星の次元上昇の一部になっています。


それは物質的な死の後、皆さんを5次元に連れて行きます。
マルカバは、現在3次元の内部に存在している皆さんのエネルギーの一部を5次元に連れて行き、
より高次の自己と一緒にします。

そこから、皆さんは大宇宙の次元上昇に取り組み始めるという選択を行います。

地球はその大宇宙の次元上昇を完了しているところであり、皆さんはすぐに利用できる選択肢
を持っているため、今回の生涯で惑星の次元上昇を終了させて大宇宙の次元上昇を終了させる
ことが、ひとつの可能性として存在しています。

しかし、以前わたしが伝えたように、それは献身、専念、そしてほとんどの皆さんによって行
われているもの以上の多くの要因が必要になります。

多くの皆さんが、皆さん自身という存在によって大宇宙の次元上昇に向って誘導されています。


しかし、人間が数多くの選択をしなければならないため、皆さん自身という存在は、皆さんと
いう人間を案内できるだけです。
しかしほとんどの皆さんは、まだその情報を理解できる能力を備えていません。

そして、これまで惑星の次元上昇について教えられてきたものすべてによって、過剰に気を散ら
された状態になっています。

ここで、わたしは皆さんの宇宙を作り出した存在について説明したいと思います。

もしも皆さんが数学者に尋ねたいと考えているのであれば、わたし達が伝えているように宇宙は
依然として拡大し、新しい惑星や恒星が創り出されているため、彼は、宇宙は依然として創り出
されている、と答えるでしょう。

それは皆さんが宇宙の内部に存在し、皆さんの内部にさえも存在しているためであり、それがエ
ネルギーの特質、それぞれのエネルギーの粒子の特質になります。

そのすべてを創り出しているひとつの存在など何処にもいません。

それはそれぞれのエネルギーの核心であり、それ自体で拡大という資質を創り出しているそれぞ
れの粒子の内部に存在する、源となる核心です。

それ(外部の客体)が皆さんの宇宙を創り出している、と皆さんに伝えているすべての存在は、
光の存在ではなく、支配することを望んでいる存在です。

現在わたし達は常識から外れた話をしているため、わたしは異星人、地球外生命体達、あるいは
皆さんを支援するために地球に来ていると伝えている他の存在達について話してみたいと思いま
す。

そうです、彼らの一部は地球上に存在しています。

確かに彼らは皆さんの世界の政府と連絡を取っていますが、しかし彼らすべてが皆さんと同じ観
点を持っている訳ではありません。

彼らのほとんどはそこに長い間滞在しています。

しかし、彼らはこの時代で所定の位置に納まっている数多くの支配構造に責任を持っているため、
この事実を暴かれることを望んでいません。

闇の陰謀団を排除するためにやってきたという事実についてメッセージを送っているすべての存
在達は、低い水準の存在達であり、皆さんにそこに存在していない希望を与えるためにその場に
存在しています。

これは支配構造の一部です。

皆さんは彼らが皆さんに提示している希望とは関係ない場所に存在しているからです。

しかし皆さんは現在起っていることについて元気を回復することになり、皆さんは現在起ってい
ることに立ち向かうことになり、そして彼らはいろいろな方法を使って皆さんに希望を与えて皆
さんを慌しい状態にしておいて、それで現在の状態の悪化を防いでいます。

彼らは、最悪の事態が起らないように自分達がどれ程働いているかについて、皆さんに伝えてい
ます。


その通り。

彼らはどのように自分達が皆さんの意識を世界の政府から離れたところに引き付けているか、ど
のように人々を今以上に協力的にさせているか、ということを皆さんに伝えています。

皆さんに単なる希望を与えるという方法を使って、皆さんが遠くを見て、より深く尋ね、皆さん
に彼らの伝えていることは決して起ることはないと理解させないようにして、皆さんを支配して
います。

実際に彼らが皆さんに伝えているものは、事実ではありません。
数多くのメッセージが、惑星の次元上昇の成就について焦点を当てています。
数多くの皆さんが以前の生涯で惑星の次元上昇を行っています。

しかし必要とされているのは、そういった12のチャクラを持って来て、皆さんのより高い自己
とのつながることだけなのです。

ですから、それは簡単です。


皆さんのマルカバと戯れて、愛と光になってください。
彼らは数多くのメッセージで伴に働くグリッドや、埋め込む結晶質やその他を皆さんに提示し
ているので、実際よりも一見複雑困難なような感じを受けます。

それが皆さんを慌しくしていますが、しかし大宇宙の次元上昇の道筋の上で、それは皆さんに
とってより大きな支援にはなりません。

皆さんがそうした存在達に与えている名前、あるいは彼らが皆さんに名乗っている名前の多く
は、ただ皆さんが彼らを信じるようにさせるために使われている名前です。

ある人々は、かれらはプレアデスからきたと言い、他の人々は恒星系からと言い、彼らはそう
かもしれませんが、しかし彼らはまたそうでないかもしれません。

皆さんはどのような証明を持っていますか?

彼らは皆さんを支援しているように見え、皆さんが聞きたいことを伝えているという事実以
外は何もありません。

例としてエロヒムを取り上げてみましょう。
彼らは皆さんの宇宙を超えたところに住んでいて、彼らのエネルギーは5次元の水準を超えて
います。

もしも皆さんが5次元の水準に存在していれば、皆さんが交信できるのは、皆さんをそう考え
させているものがあるからです。

霊的交信をしている存在達の多くは皆さんの宇宙の内部に存在していて、惑星の次元上昇を完
了しています。

そして現在は皆さんに情報を、情報の一部を与えています。

それはより高い次元に達している訳でも、あるいは一体性の内部の物事に精通している訳でも
ないので、そこに含まれているすべての物事を認識していないからです。
彼らはとても協力的で、皆さんに皆さんの行っていること、そして信頼することや今という場
所に存在することがどれほど偉大なことかを伝えるでしょう。

彼らは大宇宙の次元上昇を多くは認識していないため、そこには大宇宙の次元上昇の道筋の上
では実際に皆さんをさらに高い状態に導くものはなにもありません。

彼らは地球に起っていることについて多くを認識していません。

彼らは5次元に存在しているため、5次元についてのことは認識しています。

ある人々はより高い水準からの霊的交信を行うことができますが、しかし入ってくる情報はよ
り低い水準に属するものです。
それは、霊的交信者が自分自身の内面のより高い水準に完全に到達してより高い側面を統合し
ていない状態で、ある一部分だけより高い側面つながっているからです。

また通常こうしたメッセージは、その霊的交信者が聞きたいことなので、それを支援するため
のものになるでしょう。
彼らは皆さんに、こころに基づいて生きること、光になること、今に存在することを伝えるで
しょう。

その霊的交信者は支援を必要としていて、こころに基づいて生き、今に存在することが進むべ
き道であることを教えられてきたため、霊的交信者はこうした方法でエネルギーのほとんどを
翻訳することになっているからです。

こころを通して感じ、考えることはそのようなものではなく、こころはその存在自身の内面に
存在している手段であり、ここが多くの人々が誤解しているところです。

こころは騙されることもあり、皆さんの感情もまた時々こころによって影響を受けることがあ
るため、それはこころを通した感情や思考について伝えている訳ではありません。

皆さんのこころが誰かを愛した時、そのこころは時に皆さんを傷付けるような何かをしますが、
しかし皆さんのこころは依然としてその人たちを愛するでしょう。

こころは皆さんの内面とのつながりです。

しかしそれは一体性という究極の目標ではありません。
皆さんのこころは、皆さんのより高い目的により同調できるような意思決定をする際に皆さんを
支援しています。

しかし皆さんは、こころと、知的心性と、そして皆さん自身の他のそれぞれの側面との組合せと
して存在しているため、知識はこころの内部にすべて存在している訳ではありません。

世の中には支援を望んでいる数多くの存在がいるように、世の中には支援をすることを望んで
いない数多くの存在がいます。

皆さんを騙している存在は、皆さんが最も高い光を要求するか、あるいは彼らをキリスト意識
に属しているかどうか自問させることによって逃げて行くようなことはありません。

こうした存在達の多くは、高い水準に属し、要求するだけでは離れて行きません。

彼らは用心深い存在達です。

彼らもまた皆さんは偉大なことをしていているという事実についてのメッセージを送っている
だけではなく、皆さんにより多くの情報を伝えています。
彼らは通常支援のメッセージから始め、皆さんは偉大であり、彼らが皆さんに多くの情報を与え
始めるので皆さんはそれを続けることになるでしょう。

しかしみなさんは、今回はその情報がより重要なものであるように判断します。
皆さんは何か注意を払う必要があると考えます。

何か重要なことをするように求められます。

彼らはとても協力的であり皆さんはエネルギーを感じることができるので、一度彼らを信用して
しまうと、彼らはより多くの情報を流し始めるでしょう。
部分的には真実であり、他はそうでは無い情報を。

皆さんは、自分は地球を救う、地球や他の存在達を支援する、という偉大な仕事を行っている
と考えます。
一方、皆さんができる最も重要な仕事は、皆さん自身の内面に存在しています。

多くの人々が認識しているように、皆さんが自分自身を癒さない限り、皆さんは他の人々を癒
すことはできません。

皆さんが自分自身で大宇宙の次元上昇に取り組むまで、皆さんは地球の大宇宙の次元上昇の役
に立つことはできません。

わたしが皆さん自身の内面でそういった存在になること、皆さん自身の案内を手にすること、
そして他の存在からの案内に依存しないことに多大な重要性を置いてきたのは、こうした理
由からです。

皆さんは皆さん自身のより高い側面を統合し、そういった側面とつながって霊的交信を始め
ています。

ですから、他の存在が実践している霊的交信を良く考えるようにしてください。

わたしが集団意識について論じているのは、こうした理由があるからです。

わたしは集団意識とのつながりを遮断するように伝えているので、皆さんはそうした対応に
よって内面からより明瞭な案内を受けられることになるでしょう。

それによって皆さんは、充分に良いものではない、何かが出来る訳ではないというすべての
考えから、怖れから、そして外部の支配から離れた場所に向うことになるでしょう。

ある状況に入っていること、そして一定の方法で対応していること、そしてそうした反応を
修正する必要があることを、皆さん自身で気付くようにしてください。

こうした状況は集団意識の影響の一部であり、また皆さんの爬虫類種の脳の一部です。

皆さんは訓練を積み、一定の方法で対応することに慣れ、皆さんは毎回それについて考えな
ければならないため、再訓練には長い期間が必要になります。

皆さんの爬虫類種の脳は皆さんが考えることができるようになる前に反応するため、皆さん
は考えることなく対応しています。

地球上でエネルギーが引き上げられ、皆さんはそれを感じていて、そのエネルギーに影響を
受けています。

そのため、皆さんは自分がより遠くまで進んでいると考えています。

しかしこの状態は充分ではなく、彼らは地球と皆さんのための大宇宙の次元上昇の過程を支
援するためにそこに存在しています。

物質的な身体は大宇宙の次元上昇の一部となっているため、ある人々が感じている心臓の動
悸は、より高いエネルギーに対する物質的な身体の順応の一部です。

物質的な身体の内部のエネルギーはより高速で振動を始めていて、その結果、すべての細胞
が高速で振動しています。

しかし一方で、行う必要がある内面の取り組みをしないのであれば、それを成就することは
ないでしょう。
入ってくるエネルギーは支援のエネルギーであり、そのエネルギーは皆さんのより高い側面
を統合する際に皆さんを支援することができます。

皆さんがこうした自分のより高い側面を受け入れて物質的な身体の統合をより簡単にするた
めに、そのエネルギーはすでに物質的な身体の周波数を引き上げ始めています。

しかしより高い側面を統合することは、物質的な身体の周波数を引き上げることによって行
われる訳ではありません。

実際、それはより高い側面にどのような影響も与えません。
皆さんは彼らにつながることを求めることはできます。
しかしこれは彼らを引き入れることにはなりません。

求めることはつながりを持つひとつの方法ですが、しかし皆さんは皆さん自身で彼らを引
き入れる必要があるでしょう。
それは、皆さんが彼らを引き入れる方法を認識する必要があることを意味しています。
しかも現在、皆さんのために彼らを引き入れて、あるいはこうしたより高い側面とつなが
る際に皆さんを支援して、そういった側面を完全に活性化できる教師達が存在しています。

こうした側面の多くが今までいわゆる職務怠慢な状態になっていました。
皆さんの人間的な部分がこうした側面を使っていないため、活性化されていませんでした。
これにはより高い光の身体やより高次のチャクラも含まれています。

わたしができるだけ多くの情報を皆さんに提供するために今ここに存在しているのは、こう
した理由があるからです。
多くの人々はそれを理解していませんが、現在活動している皆さんのより高い側面は、今後
それを理解することになるでしょう。

ある存在たちが伝えているかもしれませんが、わたしが現在より強硬な姿勢で臨んでいるの
は、こうした理由のためです。
わたし達は皆さんの地球の次元上昇に取り組んでいて、地球は本当に皆さんの支援を必要と
しており、しかし地球が必要としている支援は大宇宙の次元上昇を成就する準備を整えてい
る存在からのものとなっています。

ですから、現在わたし達はより強硬な姿勢で臨む必要性を感じています。
それは、地球はその大宇宙の次元上昇を成就しているところだからです。

クートフーミ
Kuthumi

October 20, 2010
Petra Margolis  

www.ascendedmasters.org

http://lightworkers.org/channeling/116853/kuthumi-ascension-through-death-aliens-and-more


翻訳:森のくまさま..



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。