FC2ブログ
2010/9/10(金)晴れ



もう、11日の朝になってしまったけど、
今日というのは、10日のことです。

---------------------------------------

今日は、娘と原宿へ行った。

昨夜、娘が帰ってきてすぐに、旅行会社から送られてきた
”温泉(箱根)”行きの資料、切符などを見せてくれた。

もちろん、”わぉ~”とばかりに、二人で、温泉の話で盛り
上がった。

しかし、、”おこずかい”は、どうしよう~と心の中で、
思った。
娘が、お風呂に入っているときに、またダウジングしてみると、
”資金(おこずかい)”の事を今話せ~!ってくらいに、
振った。(笑)昨日と違うじゃん。

今回は、さすがに私も、

「これで最後~?(お金を借りること)」と聞いた。
「Yes」と出た。

やっぱり、ちょっとホッとするよね。ホッとするっていうか、
「やれやれ」に近いんだけどね。(笑)

先日は、娘から借りるなら、少しでも早めにいわないと、、、
という気持ちもあり、伝えるならメールで、と思っていたけど、
昨夜、本人を前にして、伝えるようになっていたのだと、感じた。

軽く、「今、資金の余裕ってある?お母さん、いま節約生活して
るの。北海道から帰ってきてから、ちょっときついんだ~笑」
ま、前回同様、冷蔵庫を見た彼女には、何か感じていたかもしれ
ないけど。

「せっかく温泉行くのに、きちきちな旅行は、つまらないので、
よければ、ちょっとの期間借りてもいい?」と聞くと、

快く、「ぜんぜん大丈夫だよ!いいよー!!」って言ってくれた。

申し訳ないけど、きっと魂では分かってくれているんだろうな。
って思って、ありがたく借りることにした。

いろいろ話していたけど、その流れから、彼女は、今回の出張では、
原宿の店舗の手伝いをしている。

JRと地下鉄を使っているようだったので、地下鉄を乗り継いだ
ほうが、楽で、早いかも知れないよ。
という話から、娘は、仕事が始まる前に(シフトは、昼から)、
少し余裕があるので、地下鉄を使って職場にいく道のりの案内
がてら、一緒に、今日は原宿へ行くことになった。

すぐに、”おこずかい”も受け取れたので、とても助かった。

一緒に原宿へ行くと決まった瞬間に、すぐに”明治神宮”が浮か
んだので、即効、参拝とエネルギーチャージすることを決めた。

すごいな、流れだしたら、またすぐに展開が始まった。という
感じがした。

なんだか、これは節目なのか?という感じがあった。

また、数字のメッセージのゾロ目を沢山みた。
「111」「888」などは、複数だ。

明治神宮からの帰りのルートをいつもとちょっと変えてみた。
初めての道路だけど、しばらく歩いていると、どうも、辿り
つきたい目的の場所までには、かなり距離がありそうだな~。
と思い始めたら、目の前にバス停があり、何気に見てみると、
目的の場所のすぐ近くに停車すると分かった。

そんな感じで、大そう流れがよく気持ちいいくらいだった。

帰りには、少し食料も買えたし、贅沢は出来ないけど、
これで、娘との温泉旅行も楽しく過ごせることだろう。

この娘からの誕生日プレゼント自体が、娘からと、天界から
、そしてyoham神の自己が呼び寄せてくれた”お疲れさん”の
ギフトだと感じている。本当に感謝、感謝。

こうして、ギフトを頂き、そしてまた精進する。(笑)

今後は、またさらに、どんな展開が待っているのか、、、。という
所だよね!!

で、今日は、久しぶりにayaちゃんと電話で話すことになった。

*  *  *

いつものように、メッセージがあるかないかに関わらず、
ayaちゃんとの電話もハートでOKが出たし、今日は、ayaちゃんも
OKということだったので、委ねた。

でも、ここ最近の気付き(ツインレイ事など)は、自分の感じた
ことが”全てである”と分かっていても、私にとっては、大変、大きな
ことだったので、正直、確証を得たいと心にあるのも事実だった。

今回のチャネリングセッションで、最近数ヶ月の間に受け取ってきた
メッセージでも感じていたことだけど、心底、自分の意識は、自分で
感じている以上に、拡大し、もうどんな領域でも繋がっていることを
実感した。

以前に、ミカエルが、今後、自分の守護天使なども含め、もっと
わかるようになりますよ。と言ってた意味がなんとなく分かって
きた。

今回のチャネリングでは、最初だけ、ホワイトブラザーフットという
ことが分かったけれけど、途中から、いろんな存在が、入れ替わって
いるとayaちゃんが言ってたので、話の流れから、どこから、どこまでが、
ということすら、分からない状態だ。

ayaちゃんには、言葉、ニュアンスの違いなどで感じとれるようだった。

で、先日、ホワイトブラザーフットのメッセージを転載させてもらった
けれど、今日のメッセージは、それとダブる箇所もあると思うけど、
それだけ、今の日本に必要なメッセージと捉えていただきたいと思う。
→10/9/9【転載】ホワイトブラザーフッドからのメッセージ

現在の、様々の情報などに、翻弄、混乱など、されていたり、そこに
ある種の感情(憤り、怒り、判断など)を自分の中で感じるのであれば、
いっそのこと、ニュース、web、新聞、雑誌などは、一切目にしない、
聞かないほうが、良いのではないかと思う。


※ホワイトブラザーフットとは、白色同胞団とか白い光の奉仕団とか言われています。
 スピリチュアル・ハイアラーキーとも言われているのかな?

*  *  *

チャネリングの内容は、

【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya へ


スポンサーサイト



【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by ayaから



*  *  *


【本日のチャネリング】by aya

注:ときには、ayaちゃんも受け取ったメッセージをどう言葉で表現したら
  いいかと悩むこともある。
  でも、ayaちゃんも、一生懸命、私に分かりやすいように伝えようとして
  くれます。
  できるかぎり、私の感じたエネルギーに近ずけながら書いているけど、
  ボギャブラリーは、私もそんなにないので、そこは、ご理解願います。
  聞き取った内容のメモからエネルギーを感じ取り、”再現”しながら書
  いてます。
  相変わらず、そこは、天然チャネリングです。
  もちろん、サポートもしてもらっています。

まずは、ayaちゃんの近況報告があり、現在は”空白”の状態にある
ようだ。

私は、今日、流れで明治神宮へいくことになり、一つの節目を感じた
ということを話した。

ayaちゃんと話ている途中で、しばしayaちゃんが沈黙する。

メッセージが、来ているようだ。

「おまえのための用意は出来ている。新たな現実が現れる。」

ここで、「は~」って感じ。うれしいよ。まったく。

「あれ、ブラザーフットって言ってるよ。」とayaちゃん。

「そっか、先日、ブログで紹介したメッセージの、ホワイト
ブラザーフットのことだよ。」

「あ~。」

「おまえの中に残っているものがある。」
「まだ、燃え出していないものがあり、その部分に着火剤?で火をつける」
※もしくは、火をつけることになるだろう。
「おまえの中に、くすぶっているものがある。
 それをどうするか、大きな炎にするのか、小さな炎にするかは、
 おまえ次第。」

「え?私の中に、くすぶってるものがあるの?なんだろう。」
「まだ、何か”気づき”が必要なの?」

ayaちゃんが、「気づき、、、」
なんかね、赤いエネルギーみたい。炎みたいだよ。と言った。
※一応、赤のエネルギーを調べると、資質/属性から、言えば、「強さ、
 力、豊かさ、勇気、意志、疑似体験」と書いてある。
○参考→「運命の脚本を書く」P97 著:ロナ・ハーマン


「気づきか~、なんだろう。今は分からないな~。」

今、”赤”の属性を調べてみて、その意味に当てはまるかは、
分からないけど、その中のものに関係しているかもしれない。
”強さ”か、”意志”か、、、。

ここで、メモの言葉からして、違う存在になっているような感じ。


「今、、わたしたちが、あなたに申し上げていることは、
 すぐには、理解できるかわかりませんが、

 あなたに(が?)、、、闇の中の光のひとつとして、光をより輝かすことを
 望むか、それは分かりません。」

※今、メモを読み直すと、意味シンだな~。
 私が、この先、どうするか(選択)によっては、いかようにもなりえる
 ってことなのかな? 自分にとっても全体にとっても責任あるよな。
 そう考えると、、、、


「あなたが居る場所そのものをサポートしています。」

たとえ、私がどんな”選択”をしたとしても、その場所で
サポートはしますよ。ってことか、、、。


「この先、くすぶって、、、、」※メモ切れ~汗

今、書きながら感じたけど、この”くすぶる”だけど、私としては、たとえ
どんな事が現れても、”くすぶる”のだけは回避したいよな~。
できれは、”大きな炎”として在りたいじゃん。私らしく「えいっ」って!
なんだろう、そんなに、何か大きなことか??? 
どんどん、ある意味、シビアになってくかもな。


私が、気になって言葉かける。

「この先、”くすぶって”っていうのは、先日の感じていた
「ツインレイ」に関係していること?」

「それとは、また違う部分みたいだよ。」

「そっか~、この先の進むべき道のことについてなんだろうか~?」
「まだ、見えないし、、、。」


「ねー、聞いていい?私の最近感じていたこと(ツインレイのこと)、
気づきに、誤解などはないですか?」

「あなたが、感じたのなら、そのとおりですよ。」
「その通りであれば、間違いはない。」

「それを用意させたのは、あなたたちですよ。」

「うん、そうなんだろうけど、、、あまりにも、思いがけない
 ことだったから、、、、。」「夢じゃないか」とか、
「妄想だったりしてー」なんて、ちょっと思ったから。
 でも、数年の間、、、いや、ここ三ヶ月の間にも、ずいぶん
 変化したな~と自分でも感じているよ。」

※ 正直、聞いてスッキリした。良かった!!
ツインレイの話の始まりは、

→10/9/5【再会のタイミング~何かが動き出した(ツインフレーム)】
→10/9/5【再会のタイミング~ツインレイの新たな洞察】
→10/9/10【再会のタイミング~エッセンスをマージさせる】

この辺で、また存在が変わったかも、、、と、ayaちゃん。

「誰なのかな? 聞いた?」

「気づきつつある、、、。

 あなたの光の色は、何色ですか?」

「????」

「あなた自身にとっての光の色は何色?」

「・・・」

「私たちは、問いかけます、、、。」

※内心、え~、自分のことはよく分からないよ~汗

「メッセージを受け取るには、”核”たるものがブレてはいけません。」

「立ち向かう勇気が必要です。あなたは守られています。」

「いつも、心に”白いバラ”を持ちなさい。」

ふ~ん、今、書きながら、、、このメッセージを読み返して、
なんだろうな~。「自分の感じたことは、それが全て」と分かって
いながら、聞いたことだろうか、、、と一瞬おもったけれど、
もしかしたら、”気づきつつある”と言っていたので、これから
現れることに、対してブレる可能性もあるから、注意せよ。にも
感じ取れる。たぶん、その内、この意味がわかるだろう。
その”メッセージ”とは、何を指してのことだろう。 今この?
それとも違う何かか?

このチャネリングが終わってすぐに、娘から、今から帰るねコール
があった。

娘が帰ってきて一緒にテレビを見ていると、ちょうど映像の
中に”白いバラ”と言うキーワードが、現れた。

すぐに、これは、この意味を調べる必要があると感じた。
こうやって、すぐに受け取ったメッセージをより理解する
ためにサポートが入ることは、本当に感謝だ。スゴイ。

【白いバラの意味】
 心からの尊敬・無邪気・清純・純潔・私は処女・恋の吐息・
 私はあなたにふさわしい・相思相愛・尊敬・素朴

ここで、”白いバラの意味”については、この意味合いの
多くを含むことではあるし望むことでもあるけれど、ひとつだけ、
その中の言葉に反応したことがある。
上記のながれに、繋がっているとは限らないけど。
それは、後から書くことにする。

話は、メッセージに戻る。


*  *  *

【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by aya  へ


【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by ayaより



*  *  *


私は、”くすぶっているもの”というのが気になった。

「待つ、、、、」とayaちゃんは、言いかけたけど、ちょっと
翻訳して表現が出来ない様子だった。

※ 「待つ」には、敏感に反応した。
  もう実際に、待つのは、少々くたびれた。笑


「ね~、私は、どんなことが現れても、もう覚悟も出来てる
 と思うんだけど、、、、。現れたものを受け入れて行動するし。」

「あなたは、もう”勇気”も”覚悟”も必要ありません。
 すでに、リリースしています。」

「えっ??そうなんだ、、、、。」

※ って、まだ、現れていないのに、すでにリリースしている
 なんて、、、自分でも、そこまで進んでいたのか、、、と思う。
 確かに、何度も何度も、覚悟して、勇気ももってきたけど、これ
 さえも、リリースするものだったとは、、、笑


話は、戻り、、、「待つ」

「”待ち受けること”」に近いようだ。この先のことについて
 だろうと思う。

「あなたの背中についているフックにからまり(引っかかり)
違う場所に移行する。」

「本来の行く場所に、やっと引っかかった。サーク?が引っかかった。」

ayaちゃんが説明した。

「あのね、、、イメージでね、○○○の背中にさ、フックが付いて
 いてね、そこに、ロープのようなものが引っかかったてね。そして、
 そのロープが、本来のいく場所に連れて行ってくれる。って感じ。」

「うん、なんとなくイメージできる。」

今、読み直すと、ようやく動き出すのかって感じで、ちょっと嬉しい。

※この辺でも、存在が変わってるかも。

で、私は、名前を尋ねたけれど、
この存在は、名前などは、よい。
名前などはない。と申されておりました。ただ、守るもの。
サポートするものである。という感じでした。


「行動するばかりではなく、そこには、”選択”や”言葉”なども
ある。」

「もめ事の良し悪し、、、???
 先に進んでいるものは、遅れをとっている者を引き上げる必要がある。」
本当は、「秀でている者は、劣るものを引き上げる」ということだったけど、
勝手に、言葉をかえました。


「心の中の剣でもって、悪しきもの(闇のエネルギーに囚われたもの)
 を、裁きなさい。(裁くという言葉には少々抵抗あるけど、立ち向か
 って行けってことと理解する)」

「え~、裁くって、目に見えないもののこと?」

「裁かれるものは、ここに来てはいけない。
 この三次元(地球)には、来てはいけない。」

「肉体あるものも、見えないものも。」

私が、感じている以上に、状況はもっと複雑なのか?
いや、色々な存在もいるってことなんだろうな。
私の思っている以上にね。


「選ばれし者の一人。おまえの役割。”まがたま”を使え。」

「”まがたま”~?この言葉を使うってことは、日本神界じゃん。
 あとで、意味を調べておくわ~~~。」

☆勾玉 - Wikipediaより
勾玉(まがたま、曲玉とも表記)は、先史・古代の日本における装身具の一つ
である。祭祀にも用いられていたと言われるが、詳細は分からない。語の初出
は『記紀』で、『古事記』には「曲玉」、『日本書紀』には「勾玉」の表記が
見られる。語源は「曲っている玉」から来ているという説が有力である。

で、装身具とは、
☆装身具 - Wikipediaより
装身具の始まりは、装身目的ではなく呪術的なものであった。外敵から身を守る
目的で、魔力があるとされる物を常時身につけたのが始まり。

いろいろ説はあるようですが、、、、

こちらのサイトでは→勾玉の歴史
神話の時代
日本を創ったといわれるイザナギノミコトとイザナミノミコトという神様が、
「あなたは、天を治めなさい」と天照大御神(日の神様)に「ミクラタナノ神」
という珠をお授けになりまた。
この珠が勾玉であったという説があります。
神話の中で
「天照御大神」は全身にまがたまを身に付けていた・・・という話も書かれています。

ということも、書かれており、、、

「私、、、持ってたんかいっ。汗」って話なんだけどー。
でもどうやって使うのか? 錬金術のときのように、知らず知らず
使うんだろうな。
ま、こういう言葉が出てこないと、調べることにはならないから、
勉強になるわ。


「今の日本の状態、、、日本にいる皆さんへにメッセージは
ありますか?」

「深刻ではないが、、、深刻な状況に【見えるように】
 されている。」

「悪しき心の者達が、かなりの操作をしている。」

「申し渡しておく、、、、

 この一連の流れに(政治、経済含めて)

 おまえたち、目覚めたものが、惑わされてはいけない。」

「ならん! 惑わされている。
 幸いにして、気づいている、、、おまえたちは気づいている者だ。

 あまえには、伝えてはいるが、あまえたちが、”ここに在る”
 状態が、(他者に)”気づき”を与えている。」

「おなえには伝えているが、」というのは、昨日のブログにアップ
したことだろうか。
私が、何かを感じ、転載したメッセージ(選んだ)は、ある意味、
天然チャネリングによるものという事かも。自然に繋がってるから、
自覚できなかった。キャッチしているからなのかー。


「三次元に”刺激”を与える存在としている。」

「おまえたちは、動くときが来ているぞ。
 動かねばならん。

 先を見据えて、腹を据えて、感じ取ったものを伝えていかねば、
 ならん。

 この日本国が、おまえたち一人ひとりにとって、”どんな役割なのか”
 考えなければならない、動かなければならない。
 
 時間は、そうない。

 我々は、そのような者たちを助ける。神に仕える者に。

 名前などはない。ただ、おまえたちを守る存在である。

 名も無き者として、おまえたちの傍らにおる。」

「これは、先日のホワイトブラザーフットと同じことを意味
 しているね。」

「うん、そうだね、白龍も、ヤハウェイも同じようなことを伝えて
 いたよね。」


「ね、聞いていいかな?」

「144000人のうち、どのくらいまで目覚めたのかな?」
※ 私が、144000を出したのは、理由があってなんだけどね。

「そのような、144000人ということ自体が”幻想”である。」

「その数字以上のものが、目覚める約束をしている。」

「ま~、幻想っていわれれば、そうかも知れない。次元自体だって、
 ある意味、幻想なんだからねー。」

※このことは、以前に書いた。

ayaちゃんが、少し説明してくれた。

「日本国にも、何度も移行を目指しながらもね、
 何回やっても、”また次でいいや”って後回しにするものも
 いるんだって、そういう筋金入りもいるって話。」

「ま、たしかに、いるのだろうけどね、、、」

もし、居たとしても、”何のために今地球に来ているのか?”を、
もう一度、内側に尋ねてほしなって思うな。
”ただの見物人”になるためではないでしょう?
実際に、白龍は以前、見物人もいるって言ってたような記憶もあるけどね。


144000人についてはね、以前にmixiのあるサイトで読んだ
メッセージの中にね、海水を浄化するには、144000人が、
目覚め、光を同じ時間に、20分間送ると、一瞬で浄化される
とあって、それを、一般の人で行うには、300万人?だったかな?
相当数の人数が必要になるってあったからなんだ。
それで、聞いてみたかっただけなんだんだけど。

*  *  *

【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他④】by aya へ


【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by ayaより


*  *  *

 
「ね~、、、やっぱ、ここで聞いちゃおうかな~?」

「あのね、7月に北海道へ帰ったときに見た”夢”のことさ。
 答えられなければ、いいからね。ただの”夢”の話だから」
→10/7/5【顕現のスキル~物理学者、科学者】

「夢の中で、ジャーちゃんが、”あなたはキュリー夫人なんですよ”と
 言ってた意味のことなんだけど。まさか、私の過去世がそうだったっ
 って話じゃないでしょー?」
※ジャーちゃん=アダマス・セント・ジャーメイン

「あ~、それね。」

「その意味はね。」

「先駆者は、つねに疎まれる存在。出るクギは打たれる。
 おまえにとって、それ以上でも、それ以下でもない。」

「え~、そういう意味かいっ!!
 でも、なんでキュリー夫人さ。小学校の教科書以来、思い出した
 こともないのに! 笑」

「だって、キュリー夫人だって同じだったんじゃないの~?
 あの時代だしさー。」

「確かにね。 調べたときに、書いてあったけど、”女だから”
 というのがあったようだしね。そうかも知れないけど。」

「そういう意味か~~~。
 それは、以前から覚悟していたよ。」

それは、ジャンヌのこともあるし、ヤハウェイが教えてくれた
メッセージからも感じとっていたし。世の中(三次元)では、どの
ような世界であっても、まだそういうこと(バッシング)が実際ある
しね。


「でもさ、たとえそうであっても、分かる人にはわかるし、
 そんなときも、笑ってぶっ飛ばせばいいさ。」

「うん。」

「そんな者たちも、ある意味”役割”ともいえるしね。
 本人の自覚がなくても、古い地球のアンカー役ってね。
 そう思えば、感謝ともいえるかもしれないけど、そんな者たちにも、
 出来るだけ”光”を送っていこう~!!」

と、、、大きな声で言っちゃいましたから!(笑)
実際は、もっとヘビーで、きつい状態に陥るのかも知れないけど。
でも、打たれ強い、わたくしのことなので、それさえも、バネにしよう
かと思います。


「でね~~~、へへ、、、ここでねチョット聞きたいことあるんだ。
 聞いて驚くなよ~~~!笑」

「実は、ここ最近の感じていたツインレイのことなんだけど、、、
 あるサイトでね、同じようにツインレイと出合っている方の
 を読んでさ。そんなに多くは語っていないけど、どうも、その
 ”ツインレイ=分魂”と書いてあるのだけど、外国(英語圏)
 の方のようで、、、。(が、しかしハッキリは分からないよ)

 ダウジングではね、私の相手は、日本人ではなくアメリカ人?と聞くと
 「Yes」って出るんだ。そこのところ聞いてほしいの。」

「私、英語できないじゃん。私は、英語を話せるようになる?ってこと?
 例えば、過去世の才能とかを引き出して使ってとかさ。笑」

「テレパシーを使うんだって。」

「あ~、そうなんだ。」

「うん、テレパシーで会話は出来ちゃう。」

「それと、アメリカ人と、アメリカ国籍の人って意味が違うでしょ?
 アメリカ国籍の人は、人種も違ったりするよね?」

「そりゃ、そうだね~、そこまで思わなかった!」

「だから、アメリカ国籍で、日本人の場合もあるだろうし、
 いろいろな国の人がいるから、どこの国とまでは言えない
 けれど、そういうことみたいだよ。」

「そっか、分かった。」

なんだか、ホッとした。って、何がホッとしたのか分からないけど(笑)
私も、自分で気づいてからは、どこの国籍であろうが、どこの国の人で
あろうが、ようは”自分”なのだから、受け入れることを決めていた。
年齢も、なにもかもね。
ただね、最初のほうにメッセージがあった”白いバラの意味”で反応
した言葉のことだけど、それは実は「私は、あなたにふさわしい」の
ところ。笑。

わずかでも反応したってことは、そこに少々気にする部分も否定でき
ないってワケ? 汗。

もしかすると、経済力や地位などが、自分の想像以上にあったり、若かった
りしたら、その時にならなきゃ分からないけど、ブレないでいれるのか?
ってことね。
でも、会った瞬間に、”自分”って分かってしまったら、どんな状況であろ
うと、否定のしようもないぞ。って私は感じているけれどね。
さて、どんな状況が、待ち受けているのやら。(笑)


話は変わって、

「ね~~、ayaちゃん、私たち、伊勢神宮にいくような気がする~!!」

ま、以前からayaちゃんも言ってたことなんだけど、、、

「私も、そう思うよ。」

「私ね、こうやってチャネリングをしてもらってるお礼に、ayaちゃん
 と一緒に行きたいな~と考えていたんだ!」
(実は、もうすでに創造して手放していた事なんだけど。笑)

「あなたたちは、もう分かっているでしょう?」

「へへ~、そうだね~~。うん、そう感じているから。」

「ついでに温泉もいくような気がする。」

「じゃ、南紀白浜あたりでも~♪」

「いいね~~~♪」

「想像以上になりますよ。」

「わ~い、そのときは、神々も、天界もいっしょに楽しもう~!!」

「出雲にも行きたいんだよね~。10月に。祭事があるでしょ。※名前は「神在祭」だったか?
 その時なんかにー。」

「濃いね~。」

「じゃ、いつになるかは、分からないけど、手放して、ただ楽しみに
 してよう。」

その間に、ayaちゃんの携帯が電池切れそうだ~~!と言い出す。

「わかった、どうもありがとう。と言う。」

一旦、切れる。

電話を、かけてくれた。

「あ=良かった!
 私、言い忘れたことがあったの~!!」

「あさって、娘と温泉にいくでしょ?そのお礼がいいたくて。
 本当に感謝、感謝。 娘の魂にも、神々や天界、宇宙もだけど、
 そして、私の神にもね。
 ほんように、準備してくださってありがとうございます。
 楽しんできます!」

なんだか、ニコニコのエネルギーを感じる。

「次は、母を連れていくのですよ。」

「え~!!嬉しい。それは本当に嬉しいよ!
 だって、母より先に私が先に行くなんて、、、。」

「あのね、もう現実になってるよ。
 ”これ、ほんとうに美味しいね~!っていう感じの映像が見えて
 るから。笑。」

「もう現実になってるの?嬉しいな~。遅くなった親孝行だけど。」
(これも、すでに創造して、手放し済みのことである)

”創造”、”具現化”は、本当に早くなっているようである。
なんと楽しいのだろう。
 

今日も、最後まで感謝、感謝で終わりました。
全てに感謝。


*  *  *

で、話は、これで終了ではなく、この確信をもって、
娘にツインレイの話をした。

【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他⑤】by aya へ

☆本日↓2010/9/10(金)の始めはこちらから。
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他④】by ayaより

さらに、続きます。

*  *  *

このチャネリングで、確証を得たので、これは、娘にも話して
おかなければならないと思った。
ツインレイ=私は、"分光"と呼びたいけど。その話をね。

さすがに、”男”の”お”の字も、離婚してから口に出したことも
なければ、話したこともない。
まるっきり、母は一人でやっていくんだろう。くらいに思ってて。
自分さえも、それに近かった状態なので、どんな返答になるだろ
うか?

もう、”休憩の時間は終わり”と思っていいの?って聞いたら、
”そう思っていい”って感じだったので、いつ、どうなるか分からない
しね。
そりゃ、一緒に暮らすとか、そういうことなんて分からないけど、
一応、”男性”なのは確かだからね。心の準備が必要でしょ?
ましてや、日本人じゃないかも知れないし。

いたずらっ子のように、どんなリアクションするのか、、、、
ハートから、ワクワクした。

お風呂から上がった娘に切り出した。

「以前にしゃぶしゃぶを食べに行ったときの話を覚えてる?」

以前、闇(虚空)から光が生まれ、この三次元に下りてくる間に
私たちは、いくつもに分かれてきたという話を再度した。

そして、もう少し分かりやすいように、説明を加えながら、
こういうことで、最初に分かれた光(自分)と出会うことに、
なってると話をした。

人間の意識によって出会う人も変わってくという話から、
最初は、学びかもしれないけど、それも変化していくという
ことや、今の娘のパートナーの話も含め、神聖なタイミング
というのがあるという話まで、いろいろ。

「じゃー、それって男の人?ってこと?!」

「うん。それも自分だけどね。」

ちょっと最初は、複雑そうな顔があった。

「でね、一緒に暮らすとか、そういうことは、まだ分からないよ。
 まだ会ってないんだから。だけど、もしかしたら、、、日本人
じゃないかも知れない、、、」

「え~、そうなの?」

「でね、年下だと思う。」

「え~、汚い人はイヤだな~」

「何それ~!! それって差別?その人は、お母さんなんだよ!笑」

「だから、お母さんが二人って思って!爆
 でね、いつ何が起きても不思議じゃないから、今から、心の
 準備を、しておいてもらおうと思ってさ。」

ここからは、ちょっと漫才になっていった。

「じゃ、マイケルって呼ぼうっ!!
 あだ名をつけたほうがいいな。」

「なんで、マイケルなのさ。ミカエルと同じじゃん。
 きっと、笑っているよ~!」

「だって、一般的じゃん。」

「そしてね、お母さんなんだから、汚くないから。爆
 まず、自分で決めて来てるんだから。笑
 確かに、アメリカ国籍で、違う国の人で、陳さんって名前
 かも知れないし、分からないよ。もう、お母さんは、受け入れよう
 と決めているの。そう自分が設定したんだし。」

「言葉は、日本語とちゃんぽんかも知れないけどね!」

「ね~、じゃーいつ現れるか分からないんでしょ?」

「うん、そうだね。一週間かもしれないし、1ヵ月、年内、、、
 それは、お母さんにも分からないよ。」

「じゃ、明日かも知れないよね!」

「でも、明日は、出かけたとしても商店街しか行かないし。爆」

「ねー、外人の人みたら、目で探しちゃったりしない?」

「うん、今日ちょっと、神宮で探しちゃった。でも居なかったよ」

「じゃ、箱根で会ったりして~~。」

「それもあるかもね。笑」

きっと、会話の全部は書ききれない。
かなり、”爆笑の嵐”だった。
こんな会話をしてるくらいだから、大丈夫のようだ。
あとは、実際に、その時になってからの話だよ。

それからは、それはもう、お笑いの世界に入っていって、

「お金もちならいいよ。旅行つれていってほしいし。
 いろいろ案内してもらおう!!」

「そこが、基準かい。」

「だって、お母さんなんでしょ? 」

「でもね、たとえサポートはしてくれたとしても、成長を妨げる
ようなサポートはしないよ。お母さんだから。」

「経済的なことは分からないよ。でもね、多分引越のこともあるし、
 いろいろサポートはしてくれるだろうと思う。」

「そうだよね。奨学金の支払いの催促、○○のところにも、毎回
電話きているよ。”はい払いますから”って言ってるけど。 爆」

「そうだよね、笑。電話いってると思ってた。ゴメン。」

「ね、その人、お母さんのこと分かるの?」

「うん、全て分かってくれてるみたい。」
(これは、ダウジングで確認していたこと)

「その子の成長となることなら、いいけどね。」

「でもね、最初は確かに、いろいろと経済的なサポートが
あるかもしれないけど、お母さんも完全に経済的な自立して、収入が
はいったときには、そのお金も、その人のものでもあるんだよ。」

※娘には、詳しくは話してないけど、お金といっても、我々のものだけでは
ない。天から預かりしもの。
でも、何かに書いてあったけれど、まず自分が満足してから、流すように
なると。まず己が満たされることから、本当の意味での分かち合いってこと
かもね。でもね、良く考えてみると、これまでの過去って、自分もないくせ
に、流してきたし、自分が満たされていないのに、他者に何かしたいし。
自分はすべて後回しのような感じだったから、今度は、逆なんだと思った。
もちろん、他者、己と、同時進行も、部分的にはあるよ。
そんな感じだと思う。多分、自分はもう充分って感じたら、自然になるんだろ
うね。あるがままに。

でも、結局は、娘も何気に楽しみになってきた様子で、実際に、そうなる
ことも、分かって生まれてきたんだろうから、そんな抵抗はないだろうと
思っていた。(実際には、大人になって本心を多少なりとも隠してるって場合
も全くないとは言い切れないけどね。後から、また複雑な気分になるかも
知れないし、まだ、半信半疑かも知れないし。笑)
なんだか、話しているうちに、娘の側面で、「お金がないから出来ない」と言う
信念体系が、少しずつ崩れていった。
もしかしたら、、、、の可能性が希望に繋がったからだ。

「ね、普通の人は、そう信じているよね。お母さんもそうだったけど。
 でも、人間には、無限の可能性があるんだよ。
 でも、いろいろな植え付けや、思い込み、過去世からのクセなどから、
 そう信じてしまったんだよ。生きていくためには、働かなきゃならない
 とかもね。」

「でも、本当に、いろいろな可能性を心底、信じられるなら、それは
 現実に現れるよ。」

「だから、そう思ってたらいいんじゃないの?」

「ふ~~ん。」

「人間は、本来は、喜びや、自分の才能を分かち合いながら生きていくように
 なっているんだから。
 今後は、そういうところを目指すんだけどね。
 その為に、お母さんもお役目があるんだし。」

「うん。」

「ね、ねー、その人の実家がとても広くて、何部屋もあったらさ、
 うちら招待されても、ここでいいです。って一部屋にみんなでかた
 まっているよね。爆」

「それはありえるね。うちは、ずっとそんな感じだったから。爆
 落ち着かないんだよね! きっと、そんな感じだよ。」

そんなことを話し、こんなところにも行きたい、こんなこともしたいと、
まだ、現れていないのに、大きな話になっていった。

「お姉ちゃんには、いつ話すの?」

「あんたから言っておいて。」

「こんな話なんて○○に出来るわけないしょ。」

それもそうだなって思った。

「お姉ちゃんねー、ときどき恐れるからな~。」

お姉ちゃんの場合は、チャネリングとか信じてはいるだろうけど、
見えないもの、エネルギーなどに異常に恐怖を感じるらしく、
自分でも理由がわからないと言っていた。

「たぶん、お姉ちゃんの場合は、過去世から来ているかもな~。
 出来れば、会って話すのがベストなんだろうけど。
 ま、いずれにせよ話はしなきゃね。」

「うん。」

*  *  *


さて、なぜ、こんな会話まで、書くのかというと、、、、(笑)
シンプルに、楽しかったから書きたいもあるけれど、、、。

それは、みな平等に、”可能性”としてある。ということを伝えるためで
もある。

それが、私の役割の中のひとつでもあると感じているからに他ならない。
良い意味で、何かを感じいただけたら幸いです。

今日と言っても、もう朝になってしまったけど、楽しい日でした。


長くにわたり、お付き合いに感謝。


*  *  *

【節目のメッセージ:その後の気づき】 へ

2010/9/11(土)晴れ


☆これまでの流れ
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他④】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他⑤】by aya


結局、あれから寝るタイミングを外してしまった。

娘が起きる時間になり、午後からの友人の結婚式のために、
身支度を始めた。

その間にも、いろんな気づきというか、”確信”のようなものが
湧き上がってきていた。それは、これまでの経験から得た直感かも
知れない。

その内、洗濯したりして、娘が出かけてから、そのどうも気になること
に対して、ダウジングをした。

その”気になること”なんだけど、いろいろ繋がってきていた。

根拠として言葉にするのなら、、、

キーワードは、以前のシリウスのツインフレームから
のメッセージの言葉。

”出会う”、”会った瞬間に自分だとわかる”

最初は、メールからで、そして約束して会うのかな?とも思った。
でも、どうも違うようだと感じはじめていた。

”出会う”ってからには、やはり「バッタリ」の要素が高いのでは?

”出会う”からには、お金がないと出かけられない。
=反対に、お金がないと出かけることもしない。

確かに、娘から”おこずかい”は借りた。
でも、必要なものを少し買っただけで、あっと言う間に、
なくなってきた。
温泉行くときも、そんなに余裕あるってほどじゃない。

14日に娘が帰ったら、たちまち資金はなくなるだろう。
=外にでない生活。出会う確立は皆無か?

「お金を借りるのは、これが最後」と確証もとれた。

最近の第三の目が痛かったこと。

エッセンスのマージが3日間あったこと。
これは、他のマグダラのマリアのメッセージを読んで、
キーワードが”エッセンス”、”マージ”、”3日間”
と目に飛び込んできて、”サイン”を受け取っていたこと。
マージが終わったら、その後は?という感じだった。
それで、昨日の節目、チャネリングになったこと。

昨夜、ハートから、娘に話したいという思いがわきあがったこと。
娘にとっても心の準備が必要だから、昨夜。

いろんな要素が混じってだけど、

最初のダウジングは、もう、ここまで感じ取っているのだから、
本当のことを教えて。心の準備もしておくから。
と言って行った。

「ツインレイと出会うのは、”箱根”だと感じる。」

「Yes」


それは、電車の中かも知れないし、温泉についてからかも
知れない。

でも、これは、数日間薄々感じていたことだ。
なぜ、昨日聞かなかったかといえば、”いつ””どこで”
については、聞かないでください。と言われていたので、
聞いちゃダメなんだよな。と思っていたからだ。

でも、今、ブログを書いてると、昨夜の娘との会話などや、
夜中にブログを書いていなければ、このようには、繋がって
こなかったので、これで”完璧”な流れだと知った。

サインや気づくときって、その時々で、点のように気づく
けど、あとになって、どっと押し寄せるように、繋がって
くるから、面白い。


「・・・この機会(箱根温泉旅行)しかない!!」

ブログを書きながらも、その思いが浮かんできていたけど、
集中していたので、今の時間になった。

そして、もう一度、メッセージを読み返し、感じてみたかった。

すると、さらに夜中には、見えなかったものが、よりクリアに見えて
きた。

「そうか!! こういう事を言っていたんだ!!分かった!!」

今回の【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by ayaの中の
メッセージで。

最初の部分。
「それを用意させたのは、あなたたちですよ。」

”あなたたち?”を最初は、ayaちゃんと私?なんか変だな?と思ったんだ。
だけど、もうすでに、ツインレイと私を指して、”あなたたち”と伝えた
んだ。

次に、


「メッセージを受け取るには、”核”たるものがブレてはいけません。」

「立ち向かう勇気が必要です。あなたは守られています。」

「いつも、心に”白いバラ”を持ちなさい。」


この部分のことが、より伝わってきた。

”メッセージ”、、、これは、今後受け取るメッセージの
ことだ。
しかも、ツインレイと二人で”お役目”に対してうけとるのだ。

それは、昨夜もブログの中で出てきた、あるサイトの、
方が、すでにツインレイ(分魂)と、出会っていて、その時の
様子が浮かんできた。これも”サイン”だったのだ。

そのブログには、「分魂と、ある神社に呼ばれています。そこで、
今後の”お役目”についてのメッセージを受け取る予定です。」
みたいなことが、書かれていた。

それを思い出したのだ。

すぐに、ダウジングをしてみた。

「ツインレイと出会ったあと、二人で”お役目”に対して、
メッセージが降りるということね?

そして、そのメッセージを受け取る時に、ブレないこと。と
いうことだ!!」


このように、紙に書いて、その上でダウジングした。

「Yes」

「やっぱり、、、。そういうことだったのか。」

「分かったぞ!!」

謙虚に、受け取ります、、、。とつぶやいた。

思ったより、”気づき”は、早く起こった。よかった。

ノー天気に、「温泉、楽しんできます~!」どころじゃないじゃん。笑

でも、感じれば、感じるほど、昨日からの受け取るメッセージ
は、なんだかな~。神妙~。

でも、ミカエルは、言ってたよな。

もう、考えてみたら一年以上も前のメッセージだよ。汗
ようやくその時のメッセージの内容が目前になってきたって
感じ~。
→09/8/15これからの展開【シフト②】-12【確認Ⅰ】
M:「荷が重いとか、無理しそうと思うときは、この意識を切り替えましょう。
   起こることに圧倒されてしまうけど、それを【祝福】と感じてください。
   これは、実際に【祝福】なんですよ。」


これこれ~。この時のメッセージが近いな~。
この流れからいうと、10:10:10の日くらいまでに
もっと見えてきそうな感じだな~。

そうそ、何事も、【祝福】さ~。


感謝だ。感謝~。

また、何か気づいたら書こうと思う。
明日は、いよいよ箱根に出発だしね。

初めて乗るロマンスカーだよ。楽しみ。
しかも、最初に予約した帰りのロマンスカーの時間が、
勘違いで、乗れないことが分かり時間変更したら、
”良い席(展望席っていうのか?)”が空いていて、お取りして
おきますね。と旅行会社の方が親切にとってくれたんだ。
天界の計らいか、、、みんな感謝なんだ。

さて、それよりも、ちょっとは寝ておかないと。
興奮して寝れなかったりして。

*  *  *

参考までに、先日たまたま過去の転載メッセージから見つけた。

10/1/6【転載】2010年の予測と1月のエネルギー ~大天使ウリエル
【抜粋】
9月のポータルは、2011年の新しいエネルギーの中へのシフトです。2010年はまだ
完了していませんが、多くの人は高い次元への移行の準備が出来ています。そしてこのポー
タルは、彼らにその移行を許し、(いくらかの方は惑星を去る選択をすることもあるでしょ
うが)惑星を去ることなく、3次元的なエネルギーの外へとシフトします。

新しいパートナーシップ
~中略
3次元が完了して高次のエネルギーと共鳴するパートナーシップを持つために必要な浄化ワ
ークにより、さらにたくさんの人が2010年にパートナーを見つけるでしょう。
これが起こるかどうかは2つの決心によります:高次のエネルギーの中での関係を持つこと
にオープンである、そしてパートナーを受け取りたいと心から願っている。


*  *  *

この後の結果は、、、
→10/9/14【再会のタイミング~期待(エゴ)の解放?&箱根温泉】


WHAT'S NEW?