FC2ブログ
2010/9/4(土)晴れ




久しぶりに、書くことも出てきたんで、PCを立ち上げて
たんだけど、いざとなると何処から書いたらいいかわからなく
なってね、そう思ってると、眠くなって変な時間に寝てしまい、
あっちこっちサイト見たりしてたら、こんな時間さ。笑(1:30)

もう5日だけど、気分は、4日なので、昨日(昨夜)というのは
3日のことと思ってくださいな。

*  *  *

本題は、後から書くことにするね。

これまでの”休息”の時間は、シャウドのほうは、中断し、
動画で”篤姫”を再度観ていた。内側から「今、観たい」
となんとなくフツフツしてたんで、従うことにした。

以前に観た観点とは、また違い、より拡大した見方をして
いることに気づいた。
前回には、気づかなかった部分、が見えてきた。

やはり、あの脚本は、本当に導かれ、チャネリングされている
な~と心から感じる。
作成中に脚本家が通り抜けた私生活も含めた話は、実際に壮絶で、
しかもすごい導きだったと本人もTVで話されていたので、私が言う
までもないのだけど、、、。

どの時代にも”変革”の時は、一見悪いことが起こっているように
見えるものである。
でも、それは、個人であっても、国、世界であっても同じことで、
より大きな観点からすれば、目には見えない壮大な大きな力(計画)
の働きがあり、それぞれの役割によって成されていることがわかる。

”より全体にとっての最善”を最後まで諦めず求めれば、八方塞がり
に見えるような現実さえも、かならず”道”があることを教えてくれ
る。感じること、心の目でみること、閃き、そして行動することに
よって、門は開かれ、大いなる力が動き出す。

”篤姫”を観ていると、ハートの奥から、情熱の炎が顔を出す。
共鳴し、意識がより高いところで保てるのでよほど自分に合って
いるのだろうと思う。

今回は、「おさらい」とでもいうか「復習」という意味合い
もあったかもしれない。お手本としても、事の流れ方、タイミン
グ、意識的なことに関しても。良い意味でシュミレーションに
なる。

で、ちょうど一通り観終ったのが、9月3日だった。

*  *  *

ひと息つき、さて、これからの時間は、何をしようかと思って
いたのだけど、夜になって、また久しぶりにパズルのピース
がはまったような点と線が繋がったような気づきがやってきた。

そのことにより、自分が行動することになった。


そのキッカケが、 「筋トレ」という石井ゆかりさんの来週の
星占いがアップされて読んだことから、インスピレーション
というか、そんな流れになっていったのだけどね。

毎週、金曜日に更新されている「週報への道」。(月~日曜日)


2010/9/6-2010/9/12 おとめ座の空模様 には、

「再開」あるいは「再会」のタイミングです。
このところずっとそんな雰囲気だったのですが
今週はある程度インパクトのある、
目立った出来事が起こるのではないかと思います。
始まりそうで始まらなかったこと、
着手したのに棚上げになっていたこと、
会えそうで会えなかっただれか、
そんな諸諸に、新しい風が吹き始めます。


あたたかな優しいメッセージが届く
という気配もあります。
これは、今週に限ったことではなく
ここからしばらく、ずっと続いていくコミュニケーションの
「端緒」ではないかと思います。
霧が晴れるような出来事がいくつかある中で
嬉しい対話が発生する、
そんな雰囲気に満ちた週です。



これは、あくまでも参考で、当たってるって感じるときも
あれば、なんか違ったなってときもある。
でも、ここ最近、なんとなく読んでても感じることがあり、
確かに、、、と思える節もあったりする。

で、今回のメッセージはやはり私自身も感じていただけに、
やっぱり、そうなんだろうか!?と希望を感じた。
実際には、来週に入ってみなければ分からないけれど。

で、この「再開」と「再会」、、、で、”何か”を感じた
のである。深いところで、、、、。直感というか。
こういう感覚は、たいていの場合”サイン”だ。

しばらく、その深い部分を感じつづけたら、一つのことが
浮かんできて、それが、パズルのように合わさってきた。

私は、今回のプロセスでは、見知らぬ人か、それは今も分からない
のだけど、最終的には、”誰か”の援助から、ものごとが動き始める、
始動するのではないかと感じていた。

この部分に関しては、今回の気づきが繋がっているのかは、
定かではない。

でも、「再会」、、、
「再会」といえば、、、

「ツインフレーム」のことだろうか?

いや、以前から今後、出会う予定があるといわれていた「懐かしく感じ
る人、分かち合える人」なのか、、、?

この時点では、出会う予定のツインフレームと分かち合える人
というのは、自分の中では、別の人という認識だった。

「懐かしい人、分かち合える人」のことを書いたのは、
→08/7/6出会い【分かち合う人編】-1~3

実際に、以前短い期間だったけれど、すでに2005年頃に
出合っていた人で、ブログには、詳細までは書いてないかも
知れないな。

2005年に出会い、その後、チャネリングを受けるように
なって、この人との関係を聞いたら、過去世でも何度も、一緒
で、親子であったこともあったし、身近にいた存在で助け合っ
ってきた魂だった。

導かれるように最初の出会いがあり、初めて会ったときに、
「初めて会った気がしない」と感じたと同時に、「結婚する」と
いう声が聞え、なんとも衝撃的な出会いだったと言っても
いいかも知れない。

でもその相手は、宗教に所属していて幹部だった。
(一度、その宗教を離れたが、亡くなった祖母が現れ、まだ
辞めないないよう頼まれて、再度戻った経緯がある)
でも、再度戻ったおかげで、私との出会いがあったのも事実だ。

でも、私はもう宗教はこりごりだった。
当時、、、
顕在意識での選択では、実際に相手には、私の身に起こってい
ることが分からないのであれば、勝手に事を進めることも出来
ないという認識だったけれど、たぶん、この時に深いところで、
一緒に進むよりも離れて、まずは自分のプロセスを先に進め
よう、自分の確立が先だという選択したのだと、今では思う。

出会ったときのことは上記のリンク先に書いてあるのだけど、
(読み返してみたら、分かりにくい部分もあるかもー。と思った。)

短い期間で、その相手とは切り離すことになり、それは、とくに
深い付き合いでもなかったのに、引き裂かれるような痛みが伴った。

この時→07/12/8【追記】ちょっとだけ
この時は、ア○イ体験後にチャネリングを受けて、アダマスから
もらったメッセージ。↓

これから、新たな出会いがある。
私の意識にもよる。分かちあえる人。
肉体を持たないほうが、「本命」である。


この時に、ア○イ体験のほうが、神の自己(本命)で、
「懐かしい人、分かち合える人」との出会いも待っている
ということを予告していた。

どこかに書いたかも知れないけれど、この肉体をもった
人のほうは、年下であることも聞いている。

色々な条件が重なり、→08/7/6出会い【分かち合う人編】-1~3に書いた
けど、「懐かしい人、分かち合える人」=以前に「切り離した相手」
だったということに、この時気づいた。

この時に感じていた内容は、アダマスも「その通りで、そのまま受け取って
いていい」と確認済みである。
→08/7/23「理解」の道【ぶっ飛び編】-3【確認】

で、話が戻るけれど、、、、

パズルのピースがはまったかのように感じたのは、

結局、

「懐かしい人、分かち合える人」=以前に「切り離した相手」

さらに、、、=「ツインフレーム」ってことなのか???

どうして、これまで切り離した相手がツインフレームだと思わなかった
かと言えば、最初に出会ったときには、「自分だ」「あなたは私」と
までは思わなかったからだった。
(たぶん、知る時期ではなかったのだろう。ツインフレーム自体知らなかったし)

でも、過去の出来事や、メッセージなど色々と思い出してみると
「=ツインフレーム」だと腑に落ちるんだよ。

やはり、そうなのか?とダウジングしてみると「Yes」と出る。

で、出会ったキッカケの流れから、携帯などでやり取りしていたので、
まだ、番号もアドレスも記録に残っている。
ただ、私のほうは携帯番号もアドレスも変わっていて、
携帯を変えたときには、変更のお知らせはしていない。
また、出会うことになっているとしたら、どんな方法でも
出会うのだろうと思ってあえてしなかったのだ。

なんだ、この流れは、、、、、この感覚は、過去にも何度か
体験しているけど、、、間違いない。
何かが動き出しているかも知れない、、、、。

妙な、、、静かだけど、興奮もある、この気づき、発見。

過去の出来事を知っているGちゃんに電話した。

流れを話した。

もう5年以上の経ち、今、その切り離した相手が、どのように
なっているのかも分からない。
宗教だって離れている可能性もあるし、、、。

私は、何かあれば相手から連絡あるのか、バッタリ出会う
ことしか頭になかった。
なので、Gちゃんに、周りから何か連絡が入ったら、教えて。
と言った。

するとGちゃんが言った。

「○○ちゃんから、連絡するべきだよ。東京にいるってこともね。」
そう感じるよ。

自分の頭には、なかった。ことなので一瞬、「?」と思った
けれど、、、すぐに

「それは、そうかも知れない。今がタイミングなのかも。」
そう感じると、すぐに”案”が浮かんできた。

「そうだ、携帯も替えて2年たったけど、変更のお知らせって
ことで、まずは、連絡先と、東京にいることも書いてみる。」

すでに時はずいぶん過ぎているけど、相手のアドレスは変更されて
いるとは感じなかった。
必ず、時であるなら、届くだろうと疑いはなかった。

4日の午前中に、「昔にお世話になったときの事とお礼、そして
新しい連絡先」を送信した。

すると、間もなく返信があった。

私のことも、あの頃のことも、よく覚えていると書かれて
いた。
今でも宗教に所属していることは分かった。(別に判断はない)
その場所の住所も記載があり、連絡先、是非、立ち寄ってください
と書かれていた。
(無理になんでも押し付ける人ではないのは分かっているので、
その辺は安心)

で、びっくりしたのが、その住所だった。
割と近いところなんだけど、それよりも、その場所の”区”が、、、。

1ヵ月ほど前だったかな~?
今後、私が行くこと(引っ越す)場所を、上京したときと同じ
ように、地図の上でダウジングした。
すると、あのときと同じように、”ある区”にだけ反応した。

その○○区と同じ場所に、その宗教の道場も存在した。

「ふ~ん、やはり何かありそ~~~~。」

たしか、以前に、この相手が東京に移動になったと聞いた
ときは、違う場所だったように思っていたけど、なんと、
ペンジュラムが振った場所だったとは、、、、。

引っ越す場所になるかどうかは、別にして、今後、この場所
には、縁がありそうだ。

でも、心境は、もちろんワクワクもあるんだけど、ちょっと複雑
だった。
なんだか、切り離したときの痛みまで思い出すし、切なくまで
なった。

以前に話した時のことが思い出される。

どうしても、宗教の上でのコントロールがあるがゆえに、
信念体系があり、話しても通じ合えないことは、自分の経験
からも知っていて、今現在もそうであるならば、たとえ話した
ところでどうなのだろう?と思えた。

と同時に、いや、ツインフレームなら、私と共に意識も変化
しているだろう。たとえ宗教の枠はまだあったとしても。

でも、その後にいろいろ感じたことは、今日は地方にいると
いうことだったので、東京に戻る日までは分からないけど、
とにかく、近い内には、会えるような気がした。

あったら、今回、なぜメールを出したのかも正直に話し、
たとえ、受け入れられなかったにしても、過去に起こった
ことを「ありのまま」に話そうと思えた。
あの頃に感じていたことや、「結婚する」と声が聞えた
ことも。過去世の話もね。
まず、こちらから、腹を割って、オープンになろう。

※たぶん、現在は違う人と結婚されていると思うので、
 今だから話せる過去の話ということで伝えようかと思って。
 家庭に水を差すつもりも、壊すつもりもないということも
 しっかり伝えるよ。

信じてもらえなくてもいい。
ただ、今伝えないと、、、という思いが出てくる。

何が、どうなってくるかは分からないけど、感じるままに
行動してみる。そうすると、きっと何か見えてくるかも知れない。
焦るつもりもない、じっくりと流れに委ねてみようと思う。

行動するったて、資金も尽きてるので、動きようもあまり
ないのだけど(笑)
ま、なんとか歩いていけない場所でもないので、どうにか
なるでしょう。
今がタイミングなら、必ず道があるはず、、、、。
とにかく、正直に、ありのままを見せようってハートから、
湧き出る想いがある。

今は、出先で忙しいと思うので月曜くらいに、いつ東京へ戻る
のか、ゆっくりと話せる日などを確認してみたいと思う。

以前に、守護天使が言っていた、”休憩”の期間について
10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya
「この休み自体が濃いものになります。それも一瞬でしょう。その中の
エッセンスは、自分のものにして下さい。全ては自分で計画したことな
ので、失敗はないでしょう。」


この事は、”篤姫”で感じたことなのか、”ツインフレーム”のことか、
また違うものなのか、今の段階では分からないなー。
「その中のエッセンスを自分のものにする」ってどういうことか、、、。

そんな訳で、、、
今、進んでるプロセスと、今回の気づきがどのように
合わさるのか、それともまた別の流れか、まだ見えて
こないところもあるけれど、一つひとつ現れたことに対して
最善をつくそうと思う

「ただ、そうしたい」から、「そうする」だけ。
純粋に、シンプルに、ただそれだけである。

「再会」のタイミングなのか。

*  *  *

ツインフレームの話と言えば、以前に下記の内容を書いたっけ。

10/6/4【再統合~ツインフレーム/ツインレイのおさらい】
10/6/8【シリウスのツインフレームとの出会い】by aya

シリウスのツインフレームからは、
今後、肉体をもって現在来ている一人と、出会う約束がある
ということを教えてくれて、会ったときには、「自分だとわかる」
と言ってたので、

この過去に「切り離した相手」と「再会」したときに、ハッキリ
するんじゃないかと思う。

どうなんだろうねー。自分はわかっても相手はどうなんだろう。
何も感じなかったら、それは、それだし。
そこは、あまり考えないで、素直に行動したいことをやれば
いいんじゃないかと感じる。

この時に10/6/4【再統合~ツインフレーム/ツインレイのおさらい】
ツインレイのことは、本から少し抜粋して書いたのだけど、
今回は、ツインフレームのことを書いておこうかと思う。

☆「運命の脚本を書く」ロナ・ハーマン著:大内博(訳)
  サナンダのチャネラーであるリサ・スミスを介して。
  P279~ 項目:■ ツインレイの再会  から

☆ツインフレームについて
「ツインフレーム」は、銀河系の時代から三次元の生命形態の時代に至るまで、
極めて緊密な関係の中で、あなたと一緒に仕事をしてきた存在です。
これはずっとずっと昔に設定され、悠久のときにわたってあなたは同じツイン
フレームを保ってきました。あなたは7つのツインフレームとつながっています。
ツインレイを除けば、あなたがいちばん緊密な絆を持っている存在です。

~中略
ツインフレームの間には特別な絆があり、ハートでつながっているのです。という
のは、ツインフレームが分かち合う特別な愛を忘れることは決してないからです。

ツインフレームの愛は、人間のセクシャリティーを超越し、これらの周期を通して
共に献身的に働くという純粋なものです。たくさんのことを体験し、ツインレイが
分裂したあとで、最初にもつ関係の相手はツインフレームです。分裂したレベルで
は、羨望を学ぶ時間はまだありません。源の愛の波動の中で創造し体験しただけな
のです。再会によって愛する存在と永遠に結ばれるときが来ることを私たちは知っ
ていました。
私も正直に言いますが、二つのハートが分かれたときの悲しい思い出というものが
あるのです。しかし、そのような悲しみはツインレイの神聖な抱擁の中へと入って
行く前に、すべて解消されるのです。


本の中から参考までに、もう少し書いておく。


男性/女性の関係の7つのステップからなる地球のピラミッドは以下の通りです。

1、ツインレイ(ツインの光線)
2、ツインフレーム(ツインの炎)
3、ツインソウル(ツインの魂)
4、ツインメイト(ツインの友)
5、神聖な表現
6、ソウルメイト(魂の友)
7、神聖な補足者


これを読み返すと、ツインフレームを分魂という表現を
使っていいのかどうか?って感じもするね。
ツインフレームは、ツインの炎って書いてあるし。
微妙なところだな~。

ちなみに、ツインソウルについてちょっとだけ。

☆ツインソウルについて
「ツインソウル」は、あなたと同じ波動周波数を持っています。人はそれぞれ12
人のツインソウルがいます。彼らは、ツインメイトのグループの一部ですが、この
12人の魂はあなたの地上での仕事と極めて緊密につながっています。


私も、こういうことは、特に詳しいわけでもないから、今、現時点で
感じる認識であることを伝えておくね。

何にせよ、外側に求めるよりも、内側で、男性性、女性性のバランス
をとることが何より必要とされるだろう。

まだ、よく分からないこともたくさんあるけど、必要なことは、
必要な時期にちゃんと分かるようになっているのだと思う。

今は、ただ、”感じる”ことと、”感覚”が全て知るカギになって
いるって感じかもね。
”あ、、これは、、、”って、より分かるようになるし、つかめる
ようにもなる。

*  *  *

まっ、、、今回は、こんな感じです。
来週の9日(木)には、下の娘が出張&友人の結婚式&二人で温泉の
ためにやってきます。

それまでに、どうなることやら、、、。


今日も、結局、長くなったよ。
分かりにくいところもあるかも知れないけど、、、(汗)スマン。

でも、なんとか書けた!(笑) 感謝。

*  *  *

状況は、翌日に変わることになる。

→10/9/5【再会のタイミング~ツインレイの新たな洞察】

スポンサーサイト



2010/9/5(日)晴れ




昨夜の続き
→【再会のタイミング~何かが動き出した(ツインフレーム)】


深く、自分の核へ、記憶されていることに向かう。

昨夜、朝方まで書いていたけど、さらに、感じていると、
これから再会するであろうツインフレームは、確かに、
2005年の時点では、「もう一つの道」、、、
結婚するという選択もあったのだろう。
それは、当時チャネラーさんも、二人で歩んだとしても、
それなりに成し遂げていただろう。と言っていたことだ。

しかし、当初は、三次元的に見れば、恋愛や、結婚など
していいる余裕もなく、子供たちを養うことだけで、
精一杯といえば、その通りだった。
ましてや、パートナーを持つことに、もういささか、うんざり
というか、面倒なのも、自分の中のひとつの側面だった。

自分の自立を目指すことがなにより先決という時だった
ので、当時の”出会い”があったけれど、自分にブレーキ
を掛ける選択しかないように感じていた。


今、時を経て、再統合の時間を経ている。
yoham神の自己と共に、数年が経つ、少しずつ共に進んで
きた。
本にも書かれていることだけど、ツインレイからのコンタクト
があってからは、数年間の時を掛けていくのが普通のようだ。
それぞれのやり方が存在するようだけれど。

ミカエルのチャネラーであるロナ・ハーマンもその一人
だと記憶にある。それが、ツインフレームだったか、ツインレイ
だったのかは、覚えていない。
でも、ロナさんも結婚しているし、伴侶も当然いるし、お孫さん
もたくさんいたと思う。
なので、あくまでも内側の統合ということになる。

今、そのような中、ツインレイと再統合を完了するには、
その前に、ツインフレームとの統合が完了する必要がある
らしい。
たぶん、もう私の場合、自分の内側に住んでいると思われる
ので、殆どは統合されているとは思うのだけど、肉体をもって
今地球にいるツインフレームについては、実際にどうなんだろ
う?って思う。その辺りは、よく分からない。

ダウジングでは、すでに統合されていると出る。

昨夜書いたように、再会するツインフレームとは、チャネリン
グの時に言っていたのは、とても助けてくれる相手というのも
聞いていたので、今後の、”お役目”にあたって、良きアドバ
イザーになってくれるとか、それこそ分かち合える相手として、
近くに居てくれるのかも知れない。
それは、この世でいう、恋愛の対象とか、結婚するという意味
では、もうないのだと感じる。
実際、今は、相手は結婚されているしね。
(過去の時点では可能性はあったにせよ)

そこで、また一つ気になってきたことがあった。

あの、ロナさんの本に書いてあることが、サナンダの部分ね。
ツインレイの話だけど、これまで、何度も読んでいるのに、
本当に理解できなくてね。(笑)

ところが、ツインフレームの話題が出始めてから、なんとなく
腑に落ちるようになってきていた。
そして、今日になると、さらに、「もしかして、そういう
先の可能性もありってことか、、、」と、また可能性が見えて
きたではないか、、、、。

たぶん、知る時期に入ってきたんだろうと思う。

それは、、、、

「ツインレイは、配偶者として姿を現す。」と書かれている点だった。

この本の言葉をそのまま単純に理解するなら、内側で統合を進めた
暁には、肉体をもって姿も現すってことか!?

その部分を何度も読み返してみた。

やはり、どうも”感じる”のだ。

それは、来年かも知れないし、2012年頃なのかも知れない。
時期は、分からないけれど、お互いに完全に内側で統合された
者同士、、、完全にお互い自立した者で、出会うようになってい
るのだと、実感した。
現在、配偶者がすでにいる人には、内側で統合を進め、共に歩み
ながら、ツインレイは、準備ができるまで待ち続けると書かれて
いる。家庭を壊してまで進めようとはしないそうである。

ようやく見えてきた。

いつも”サイン”のときは、頭になにか(言葉、文字)浮かぶか、
もしくは、表現は難しいけれど、感じ取る”文面”及び
”文字”が浮かんで(強調され)て感じるのだ。

なんだか、映画の「ダ・ヴィンチ・コード」の暗号を
読むようなのと同じ感じさ。  思い出す。(笑)
これを、第三の目というか、心の目と言うのか、、、。

「あ~、、、これが、守護天使が言っていた”エッセンス”
なのかも知れないな~、、、、」

ダウジングすると「Yes」。

では、もう少し深くまで、突っ込んでみよう。

ブログを書くまでの時間、再度、ロナさんの本を読み返し
たり、過去にあったことを振り返ってみた。

でも、ここ重要なんだけど、、、

「私は、このまま一人で生きていくのだろうか???」

これまでの、私だったら、

「そう。」「いいよ、それはそれでいいんじゃない?」

って当然のように答えていたかも知れない。

でも、最近、、、とくにこのツインフレームなどのことを
考えていたら、どうも、その答えがしっくりこない。

その変化は、過去に遡る。

ア○イ体験後のチャネリングの時だったと思う。
ブログには、書いてない部分をさらに思い出したのだけど、

その”分かち合う人”が今後、現れると聞いた流れで、

私は、チャネリング中、チャネラーさんに言ってるつもり
で、軽く自分の本音を話した。

その頃は、「男なんて~」という気持ちが残っていた。
結婚もこりごりだけど、恋愛だって、もう今さら!だし、
一緒に住むとかなんて、さらに面倒で、気を遣うこと自体
が考えられないというような事を話したのだと思う。

すると、それをしっかり聞いていたアダマスが、すぐさま

「ほら、それ、それっ!!」と言い出した。

そこに、まだ、信念体系、概念などがあるということを
指摘した。
ま~、その通りだったのだけども、、、(笑)

でも、その後に、「それも統合されていけば、自然に消えて
いきますよ。」と教えてくれたのだ。

なので、自分にあるものは認めたけど、それなら、いいやと
自然にまかせることにした。

その後も、ミカエルから、女性性の否定についても心配しなくて
いいと言われていた。

それは、本当に、昨年のハートが完全に開く時期まで、多少
なりとも残っているのは自分でもわかっていた。
ハートも、再統合もその前から徐々に進んではいたけど、この
完全にハートが開いたときからは、また全然違ってきていた。
内側から満たされることを知ったし、yoham神の自己も近くに
感じるようになっていった。
→09/104【再統合】ハートが開く

たしかに、その時期からかもしれない。今になって気づくけど、

私にとっては、あくまでも分かち合う人が現れるまで、自分が
どんなリアクションをするのか想像できなかった。

ただ、今日思い出したのだけど、

昔、”白龍”が意味シンなことを言ってたことを思い出した。

→08/11/9 11月「始まり」-4【白龍編】
【白龍】そのバラは、「自由」だった頃の象徴。
本当に自由だったときに与えられた。何もしなくても愛の象徴。※男性→女性
おまえは抱えきれないほどバラをもらっていた。
バラ→愛の象徴。
おまえは、本来の自由の意味を知っている者。。


この時の、白龍の言葉で、

「自由か愛か悩むかも知れぬが、ただ愛は自由を含む」

深い言葉だ、、、。

白龍がこんな話をするってことは、私が自由か愛かで悩む日
が来る可能性があるってことか?と思った。

確かに、、、もし、そのような状況なら、悩むかもな~。と
思った。しかし、何事も、その時にならなければ、分からない
ものである。と、深く考えることはしなかった。

でも、今、、このことを感じると、以前とは、ずいぶん変化して
いる。

今は、三次元的なこと、結婚とか、籍を入れるなどは、全く関係
ないし、考えてもいない。
でも、これから、共に喜び、共に感動し、助け合い、お互いを尊敬
、尊重しあえるパートナーがいるのは、”いいな”って思えるように
なっていた。
旅行へ行っても楽しいだろうしね。

でも、それには、お互いに自分自身で”完全”でなければ、成立
しない。それは、お互いがすでに内側で統合されていて、満たされ
、自立していること。自由であること。束縛もなく、コントロールの
ない関係だ。

それ以外の関係なら、自ら求めることはないと断言できる。

そうか、私は、準備が出来ている。
もし、そのようなパートナーが現れたら、私は、自分に許可する
だろう。自ら新しい関係にチャレンジすることを許す。
何も行動しないで終わることなどない。
いろいろな新しい発見を楽しむだろう。新しい自分の発見も含めて。

それが、ときには、全くの一人と違うから、多少の不自由さを感じる
ときがあったり、ケンカをしたりするときがあったとしても、、、。
純粋に楽しむだろうと思う。
白龍が言ってたとおり、”愛”は”自由”を含むのかも知れない。


□ 理解に至る

そうだね、、、、今だから、、、今でなければ、
こんな気持ちになどなれなかったし、気づかなかっただろうな。
もう、準備が出来ているかもしれない。
いや、この”休憩”に入った頃から、漠然と

「準備は出来ている」と何度か感じていたことだ。

それは、明渡すことに対してと理解していた。
まったくの抵抗なく、ってことね。


ここで、、、今、、、書きながら、、、分かったぞー!


「・・・・・・・」


「驚き@@~~~~!!!」


なに?なに??

「今のプロセスの経済的サポートも含め、新たに現れる人って、
  ツインレイってことなの??!!@@  」 
 

すぐさま、ダウジング、、、「Yes!!」

「・・・・あんぐり」

そう言うことか~~~~!!!


さすが、私の”創造”だよ~~~!!完璧~~~~!!

出会う前に、知る必要があったのか~!!

だから、守護天使は、

「エッセンスを感じ、自分のものとして下さい。
自分で決めたことなので、必ず成功するでしょう」

と言ったのだ!

私のツインレイならば、何の心配もないではないか!
しかも、お互いにとっても自分の【創造】なのだから!!

こんな、喜びとオチが待ってるなんて思いもしなかった。
また、マインドを吹き飛ばされた!!

なんだかyoham神の自己が実体として現れること自体、嬉しい。
自分なんだけど、本当にありがたい。

本当に、これから生まれ変わる、新しい人生が始まる。
そんな”実感”が、全身を包んで嬉しい。

心から、yoham神の自己に感謝した。

もしかすると、ここで必要だったのは、もちろん理解も
だけど、本当にツインレイが現れて、自分が受容できるか?
ってことだったのかも知れない。
【選択】する必要があったってことかも。
でも、さっき書いたように、ちゃんと自分で、今の気持ち
を理解し、受け入れる意識に至っていることにも気づいた
から、大丈夫だ。


実は、朝方だったけれど、昨日のブログを公開した時間が、
ちょうど「5:55」だった。

「シートベルトを締めて~!」か、、、。(笑)

その前に、「0:00」も見ていた。

数日まえは、「1:11」「12:12」よく目にしたので、
何か始まる予感があった。
いつも、数字のサインを見ているけど、これまでより、
よりリアルに感じていた。


参考までに、

→10/6/4【再統合~ツインフレーム/ツインレイのおさらい】

この時に書いてない部分で、また本から抜粋しておく。
たぶん、以前と意識がさらに変化しているから、違う文面に
目がいき、気づくのだと思う。

詳しくは、「運命の脚本を書く」ロナ・ハーマン著:大内博(訳)の中に書かれている。
サナンダのチャネラーであるリサ・スミスを介して。
P279~ 項目:■ ツインレイの再会

「ツインレイ」は究極的な存在です。これを共に体験すれば、根源を求めて
さらに探求する必要はありません。

私たちは長い間にわたってこのために準備してきました。この出来事がもた
らす喜びは、この再会を待っている数多くの次元上昇したマスターにとって
も圧倒的なものです。

ツインフレームは、母にして父なる神の愛情に満ちた抱擁から生まれた同じ
神の火花なのです。私たちの半分の存在と調和のとれた関係にはいるという
のは、素晴らしい贈り物です。この出来事に対する相当な不信がありますが、
それは持つ価値が十分にあることだと言っておきましょう。受け入れること
を拒否する人は自分の進歩を停滞させるだけです。というのは、多くのアセ
ンションは、ツインレイとの再統合と密接に繋がっているからです。再びつ
ながるためのワークをし、毎日毎晩、必要なエネルギーワークを完遂するた
めに努力するならば、

あなたのツインレイは配偶者として姿を表すことになるでしょう。
あなたの使命は全く同じなのです。その責任は両者によって平等に分担され
ます。


この時点において、あなた方はツインレイというタイトルにふさわしい存在
であることを証明しました。あなた方は二人ともに低次元を克服し、一つの
愛、一つの生命、一つの存在として帰還するところまで来たのですから。


それぞれの人にはユニークな状況があります。したがって、ツインレイの統合
は皆、異なった形で起こります。というのは、両者が学んだ数多くの体験から
して必要な終わり方があるからです。アセンションに加えてツインレイの統合
には日々意識しながら努力することが必要です。あなたがたの多くはこのこと
を深いところで知っていると感じますが、表現することは出来ません。
それは、地球意識が神聖な関係を長い間にわたってゆるしてこれなかったから
です。ツインレイが地球を一緒に旅したという実例は少しはあります。

地球でのパートナーのツインレイの中には、銀河系の星にいるものもいます。
あるいは、あなたのツインレイは宇宙的な存在かも知れません。今、最後に述
べた事例は最も稀れなものです。また、あなた方の中には、地球にすでに存在
している完璧なメイトと電磁波的につながる人もいます。これはツインメイト、
ツインフレーム、ツインソウルなどの場合です。高次元世界にいるツインレイ
の中には、再びつながる準備がまだ出来ていない存在もいます。再統合はハイ
アーセルフの同意があって初めて実現します。実に様々な状況がありますが、
それぞれがお互いにとって完璧なのです。

どのようなレベルでツインレイと再統合するように意図したとしても、あなた
の人生には変化が起こるでしょう。


スピリットはあなたに処理できないことを与えるようなことはしません。

たとえば、地上で幸せな結婚生活を送っている人は、高次元で仕事をしながら
エネルギーレベルでツインレイにコミットすることが可能です。今の時点ではこ
れが完璧なのです。調和のとれた環境を中断させようとするツインレイはいません。
ツインレイは最高にして最善のことを望んでおり、神聖なタイミングがやってく
るまで待つ気持ちがあるのです。




と、言うことで、人それぞれの統合の仕方があるっっていうのは分か
っていたので、肉体をもってくるものもいれば、肉体をもたずに内側
だけでもアリと思っていた私がいたんだね。

まさか、私が肉体のもったツインレイと出会うように設定したとは
思いもよらなかったよ。@@

夢では、ないよね。(笑)

さっき、ちょっと外にでたら「33」の数字のナンバーみたよ。

きっと、光の存在や、マスターたちが、理解を助けてくれて
いるに違いない。 感謝。

*  *  *

あれ???

ここで、新たな疑問が出てきた~(汗)

なんだかね、昨日のツインフレームとの再会コンタクト自体、
必要がないような気持ちになってきたよ。

確かに、昨日の理解、、、行動がなければ、ここまでの
気づきに至らなかったと思う。

すぐにダウジングした。

「○○さんとのコンタクトは、今必要か?」

「NO」

「あらら、、、じゃ~」

「いずれは出会う(再会)するの?」

「Yes」

確かに、ツインレイと出会うなら、そして共に使命を責任もって
するなら、そんな【最強】なことってないよねー!!

なんだ、そういうことだったのか、、、、。

じゃー、以前シリウスのツインフレームが言っていた、

「出会った瞬間に、自分だとわかる」って言ってたのは、
ツインレイのほうの話ってこと?と聞くと、

「Yes」と、、、。

なるほどね、、、。

でもツインフレームの○○さんと、ツインレイと三人で、
今後、会うときが、もしあるなら、自分が三人かいっ。
超~~複雑っていうか、変な気分だろうな。(笑)

でも、たしかにツインフレームのほうの人柄なども知ってる
し、今後、お役目を果たしていくときには、サポートして
くれるような気はするんだよね。
きっとよき、理解者にはなってくれるだろうと思う。

しかし、、、「分かち合う人」自体も、アダマスが言ってた
のは、ツインレイもツインフレームのほうもどっちもってことに
なっちゃうのかもね。

私も、自分の選択で、どこまで進むかってことは、途中の段階
、、ましてや五次元に定着するまでは分からないことだったしね。

その時点、その時の意識の情報だから、今、現在に当てはめる
ことは、もはや出来ないことなのかも知れない。

5年前は5年前の可能性。
3年前は、そのときの可能性だよな。


なんだか、ワクワクしてきたよ!

ホント、自分自身に、サポートに感謝だよ!


あとは、ほんと、タイミングだけかな~~~???

ところで、ツインレイのほうは、どこまで分かってるの???

「謎・・・・・」

無意識であろうが、私の準備が整うのをじっと、待ってるの
だろうか?? 

そうだったら、すまないね~。  なんて。^^;

*  *  *

そうそう、昨日、最近のayaちゃんのチャネリングからの
メッセージを読み返していた。

Oneからのメッセージもあったし、大天使アリエルからも
あったよな~と思った。
そこで、大天使アリエルを再度、調べていたら、ひとつのサイト
に辿りついたんだ。

光の女神が、地上に肉体を具現化してきているサイトで、
チャネラーでもあり、ヒーラー、音楽家でもあるステキな人の。
↓  ↓  ↓
【TONKA&ANGELS Web Site】から
☆10、魂と一致してゆく、あなたの旅路へ

全部のメッセージを読んだわけじゃないけれど、上記のページを読んで、
「そうだな。役割はそれぞれだけど、同じなのだな。」
って素直に感じた。


WHAT'S NEW?