スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/9/2(木)晴れ



私は、ここんとこ、川の流れに気持ちよく身をまかせて
いるって感じですね。

身体のほうでは、これで三回目くらいになりますけど、
ここ一週間くらいは、”喉のチャクラ”を、なにかしている?
感があります。三回目になると、ひどく不快なほどで
もないので、調整にまかせているという感じです。

喉のチャクラについてなど→09/10/2【転載】ブルー・レイのマスターたちへのメッセージ


とうとう9月に入りましたね。新着メッセージです。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Akashic Records for September 2010
Channeler: Jen Eramith MA
Wednesday, 1 September, 2010

http://lightworkers.org/channeling/113823/akashic-records-september-2010

「9月のアカシックレコード」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=56031474&comm_id=1730147


2010年9月にはどのようなエネルギーと体験が予想されますか?

今月は巨大なアーチウェイまたはドアウェイのように現れます。ドアウェイのアーキ
タイプは、なんというかとてもパワフルといえるものです。それは変化への機会を表
しており、今月はユニークな変換期を与えます。人類は今月、2012年のエネルギ
ーに向かって大きな躍進をするでしょう。

これは責任・責務についてのとても重要な時期です。
自分が何者であるか、そして、自身の強さと弱さについて、ご自分自身に正直である
べき、とても大切な時期です。
これは、ご自分の間違いや後悔に向き合う最後のチャンスで、それによってそれらの
ものは償われるでしょう。
そしてまた、あなたのギフトや能力を、本当に認める重要な時でもあります。恥ずか
しいと思ったり人に自慢することなく、そうではなく在るがままの自分をシンプルに
受け入れて、自分の全ての部分を快く認めるための、これは本当に重要な時期です。

ご自分自身が何者であるかに正直で在ってください。ご自身を改善することにコミット
して、しかしあなたがポジティブと捉える点についてもネガティブと捉える点について
も、その両方を含めてご自身が何者であるか、世界に何をもたらすかに、しっかりと責
任を持ってください。
もしそれを行うのであれば、あなたはご自分の道が目の前に、はっきりとクリヤーに現
れるのを発見するでしょう。あなたは、アーチウェイが努力なし広がるのを発見し、ご
自分の人生の中でどう前進していくかのクリヤーなセンスを持つでしょう。
あなたは、詳細の全てについてを知らないかもしれませんが、ご自分が自分の道の上に
在ることをクリヤーに感じて、それは、今月信じられないほどの祝福となるでしょう。

もし今月、不明瞭、見失った、重圧などをご自分が感じていることを発見したら、自分
の道を見つけようと試みる代わりに、あなたの注意を“自分が何者であるか”に戻るよ
うにしてください。
今までにあなたが何を行ってきたかを振り返って、これらのことから、自分とは何者で
あるかを見てください。
あなたの欠点や強さを認めて、さらに深い内なる正直さと、そこから来る内なる統合の
感覚を探してください。
今月は“あなたが語ることを歩む”努力をしてください。もしそれを行えば、あなたの
道はあなたの前に明らかになるでしょう。物事はクリヤーになり始めるでしょう。
もしあなたがご自分の外側を見続けて、すでに広がっている道を探そうとするのであれ
ば、あなたはご自分がじたばたして苦労しているのを発見するでしょう。
あなたが今月苦労を感じたら、あなたは何者であるか、あなたがこれまで何者で在り、
これまであなたが世界にもたらしてきたものの所有権は誰が持ってきたのか、あなたは
未来に何をもたらしたいか、という質問に立ちもどってください。

今月について分かりやすい例え話は、旧約聖書のヨナ(ユーヌス)とクジラの物語です。
世界中にこれに似たお話しがあります。ヨナとクジラのお話しは、今月何が起こるかの
隠喩を与えます。ヨナはクジラに飲み込まれ、しばらくしてから解放されました。
今月は、ご自分自身がクジラに飲み込まれることを受け入れてください。あなたが在る
べきさらに広い道を信じて、そこにご自分を明け渡すことが重要です。
大きなエネルギー的なドアウェイは、あなたがこれまでに夢見たことより何かもっと偉
大なものの中へとあなたを受け入れます。
今月ご自分のチャレンジを通り過ぎていく間、それはあなたが在るべき場所へとあなた
を導いていることを信じてください。

今月をアーチ状に覆っているのは“明け渡すこと Surrender”で、これまでよりも大き
な図を信じることは、あなたの行動や向き合うこと全てに関して、今までよりもさらに
先へとあなたをもたらします。
あなたはご自分のプロセスの中で行動を呼びかけられます。今月は、行動を呼びかけら
れる時がありますので、その時には完全に受動的にならず、信頼して明け渡す機会を探
したり、高次のパワー、ご自分のハイヤーセルフ、宇宙、愛のパワーを信じてください。
何が起こったとしてもそれはあなたが明け渡す方法を探し、ご自分の高次の部分へと変
わっていくために起こるのです。



キーパーたちが今月について私たちに伝えたいと願う情報はまだ他にもありますか?

この全ての変化の中で、この本当に壮大なエネルギーの中で、全ては笑いとともにうま
くいくことを忘れないでください。全ては喜びとともにうまくいき、私たちがここで話
しているエネルギーの深い所には、とても深い喜びのセンスがあります。
他人と心を通わせる機会を探し、共に笑う機会を探してください。あなたが完全に心配
しなくてもよいと感じることはないかもしれませんが、もし他人とともにつながり、愛
を見せ、物事が動いていくためにユーモアを使う方法を探し続けていれば、あなたは本
当に深く、永遠の喜びの感覚にアクセスすることが出来るでしょう。

9月12日―17日は特に大きな変換期であることに気をつけていてください。
あなたは何かがやってくる、または何かの予感を強く感じるかもしれません。これらの
日には、ご自分の直感を捕えるための何かを行うとよいでしょう。これらの日にあなた
にやってくる直感的な考えを捕えてください。
あなたはご自分の日記に書くかもしれませんし、ご自分の夢を描くかもしれません、また
は何らかの直感的なエクササイズを行うかもしれないし、情報をチャネルしたり情報を霊
視するメソッドを行うかもしれません。瞑想を行ったり、その他あなたが行いたいと感じ
るどんなエクササイズも良いでしょう。
ですが、あなたのマインドに何がやって来るかに注意をしてください;あなたのガットの
衝動(ガッツを感じる部分の衝動)が、これらの日に何をあなたに告げるかに注意を向け
てください。

強いエネルギーがシフトしていくため、たくさんの情報が準備されており、この週はあな
たが注意を向けていれば、たくさんのことを学ぶことが出来ます。
多くの方々、特に繊細な方々はこの週には心地悪さを感じるでしょう。あなたは何か悪い
ことの予感を感じるかもしれませんが、恐れに陥らないようにベストを尽くしてください。
宇宙を信じ、大きな図を信じるためのベストを尽くしてください。
あなた方みなは、人類は苦しみ続けていくことを知っており、それは惑星地球と人類が悟
るために必要とされる変化であり、これらの変化によってあなた方皆が苦しむという結果
を避けられないことを知っています。
苦しむという事実に対して抵抗したり拒否したりしないでください。
そうではなく愛を探し、あなたがご自分の周りの人々に愛、光、慰め、安堵をオファーす
る方法を探してください。


Copyright © Akashic Transformations 2005 - 2008 All rights reserved.
http://www.akashictransformations.com


-sesameさん訳


スポンサーサイト
2010/9/4(土)晴れ




久しぶりに、書くことも出てきたんで、PCを立ち上げて
たんだけど、いざとなると何処から書いたらいいかわからなく
なってね、そう思ってると、眠くなって変な時間に寝てしまい、
あっちこっちサイト見たりしてたら、こんな時間さ。笑(1:30)

もう5日だけど、気分は、4日なので、昨日(昨夜)というのは
3日のことと思ってくださいな。

*  *  *

本題は、後から書くことにするね。

これまでの”休息”の時間は、シャウドのほうは、中断し、
動画で”篤姫”を再度観ていた。内側から「今、観たい」
となんとなくフツフツしてたんで、従うことにした。

以前に観た観点とは、また違い、より拡大した見方をして
いることに気づいた。
前回には、気づかなかった部分、が見えてきた。

やはり、あの脚本は、本当に導かれ、チャネリングされている
な~と心から感じる。
作成中に脚本家が通り抜けた私生活も含めた話は、実際に壮絶で、
しかもすごい導きだったと本人もTVで話されていたので、私が言う
までもないのだけど、、、。

どの時代にも”変革”の時は、一見悪いことが起こっているように
見えるものである。
でも、それは、個人であっても、国、世界であっても同じことで、
より大きな観点からすれば、目には見えない壮大な大きな力(計画)
の働きがあり、それぞれの役割によって成されていることがわかる。

”より全体にとっての最善”を最後まで諦めず求めれば、八方塞がり
に見えるような現実さえも、かならず”道”があることを教えてくれ
る。感じること、心の目でみること、閃き、そして行動することに
よって、門は開かれ、大いなる力が動き出す。

”篤姫”を観ていると、ハートの奥から、情熱の炎が顔を出す。
共鳴し、意識がより高いところで保てるのでよほど自分に合って
いるのだろうと思う。

今回は、「おさらい」とでもいうか「復習」という意味合い
もあったかもしれない。お手本としても、事の流れ方、タイミン
グ、意識的なことに関しても。良い意味でシュミレーションに
なる。

で、ちょうど一通り観終ったのが、9月3日だった。

*  *  *

ひと息つき、さて、これからの時間は、何をしようかと思って
いたのだけど、夜になって、また久しぶりにパズルのピース
がはまったような点と線が繋がったような気づきがやってきた。

そのことにより、自分が行動することになった。


そのキッカケが、 「筋トレ」という石井ゆかりさんの来週の
星占いがアップされて読んだことから、インスピレーション
というか、そんな流れになっていったのだけどね。

毎週、金曜日に更新されている「週報への道」。(月~日曜日)


2010/9/6-2010/9/12 おとめ座の空模様 には、

「再開」あるいは「再会」のタイミングです。
このところずっとそんな雰囲気だったのですが
今週はある程度インパクトのある、
目立った出来事が起こるのではないかと思います。
始まりそうで始まらなかったこと、
着手したのに棚上げになっていたこと、
会えそうで会えなかっただれか、
そんな諸諸に、新しい風が吹き始めます。


あたたかな優しいメッセージが届く
という気配もあります。
これは、今週に限ったことではなく
ここからしばらく、ずっと続いていくコミュニケーションの
「端緒」ではないかと思います。
霧が晴れるような出来事がいくつかある中で
嬉しい対話が発生する、
そんな雰囲気に満ちた週です。



これは、あくまでも参考で、当たってるって感じるときも
あれば、なんか違ったなってときもある。
でも、ここ最近、なんとなく読んでても感じることがあり、
確かに、、、と思える節もあったりする。

で、今回のメッセージはやはり私自身も感じていただけに、
やっぱり、そうなんだろうか!?と希望を感じた。
実際には、来週に入ってみなければ分からないけれど。

で、この「再開」と「再会」、、、で、”何か”を感じた
のである。深いところで、、、、。直感というか。
こういう感覚は、たいていの場合”サイン”だ。

しばらく、その深い部分を感じつづけたら、一つのことが
浮かんできて、それが、パズルのように合わさってきた。

私は、今回のプロセスでは、見知らぬ人か、それは今も分からない
のだけど、最終的には、”誰か”の援助から、ものごとが動き始める、
始動するのではないかと感じていた。

この部分に関しては、今回の気づきが繋がっているのかは、
定かではない。

でも、「再会」、、、
「再会」といえば、、、

「ツインフレーム」のことだろうか?

いや、以前から今後、出会う予定があるといわれていた「懐かしく感じ
る人、分かち合える人」なのか、、、?

この時点では、出会う予定のツインフレームと分かち合える人
というのは、自分の中では、別の人という認識だった。

「懐かしい人、分かち合える人」のことを書いたのは、
→08/7/6出会い【分かち合う人編】-1~3

実際に、以前短い期間だったけれど、すでに2005年頃に
出合っていた人で、ブログには、詳細までは書いてないかも
知れないな。

2005年に出会い、その後、チャネリングを受けるように
なって、この人との関係を聞いたら、過去世でも何度も、一緒
で、親子であったこともあったし、身近にいた存在で助け合っ
ってきた魂だった。

導かれるように最初の出会いがあり、初めて会ったときに、
「初めて会った気がしない」と感じたと同時に、「結婚する」と
いう声が聞え、なんとも衝撃的な出会いだったと言っても
いいかも知れない。

でもその相手は、宗教に所属していて幹部だった。
(一度、その宗教を離れたが、亡くなった祖母が現れ、まだ
辞めないないよう頼まれて、再度戻った経緯がある)
でも、再度戻ったおかげで、私との出会いがあったのも事実だ。

でも、私はもう宗教はこりごりだった。
当時、、、
顕在意識での選択では、実際に相手には、私の身に起こってい
ることが分からないのであれば、勝手に事を進めることも出来
ないという認識だったけれど、たぶん、この時に深いところで、
一緒に進むよりも離れて、まずは自分のプロセスを先に進め
よう、自分の確立が先だという選択したのだと、今では思う。

出会ったときのことは上記のリンク先に書いてあるのだけど、
(読み返してみたら、分かりにくい部分もあるかもー。と思った。)

短い期間で、その相手とは切り離すことになり、それは、とくに
深い付き合いでもなかったのに、引き裂かれるような痛みが伴った。

この時→07/12/8【追記】ちょっとだけ
この時は、ア○イ体験後にチャネリングを受けて、アダマスから
もらったメッセージ。↓

これから、新たな出会いがある。
私の意識にもよる。分かちあえる人。
肉体を持たないほうが、「本命」である。


この時に、ア○イ体験のほうが、神の自己(本命)で、
「懐かしい人、分かち合える人」との出会いも待っている
ということを予告していた。

どこかに書いたかも知れないけれど、この肉体をもった
人のほうは、年下であることも聞いている。

色々な条件が重なり、→08/7/6出会い【分かち合う人編】-1~3に書いた
けど、「懐かしい人、分かち合える人」=以前に「切り離した相手」
だったということに、この時気づいた。

この時に感じていた内容は、アダマスも「その通りで、そのまま受け取って
いていい」と確認済みである。
→08/7/23「理解」の道【ぶっ飛び編】-3【確認】

で、話が戻るけれど、、、、

パズルのピースがはまったかのように感じたのは、

結局、

「懐かしい人、分かち合える人」=以前に「切り離した相手」

さらに、、、=「ツインフレーム」ってことなのか???

どうして、これまで切り離した相手がツインフレームだと思わなかった
かと言えば、最初に出会ったときには、「自分だ」「あなたは私」と
までは思わなかったからだった。
(たぶん、知る時期ではなかったのだろう。ツインフレーム自体知らなかったし)

でも、過去の出来事や、メッセージなど色々と思い出してみると
「=ツインフレーム」だと腑に落ちるんだよ。

やはり、そうなのか?とダウジングしてみると「Yes」と出る。

で、出会ったキッカケの流れから、携帯などでやり取りしていたので、
まだ、番号もアドレスも記録に残っている。
ただ、私のほうは携帯番号もアドレスも変わっていて、
携帯を変えたときには、変更のお知らせはしていない。
また、出会うことになっているとしたら、どんな方法でも
出会うのだろうと思ってあえてしなかったのだ。

なんだ、この流れは、、、、、この感覚は、過去にも何度か
体験しているけど、、、間違いない。
何かが動き出しているかも知れない、、、、。

妙な、、、静かだけど、興奮もある、この気づき、発見。

過去の出来事を知っているGちゃんに電話した。

流れを話した。

もう5年以上の経ち、今、その切り離した相手が、どのように
なっているのかも分からない。
宗教だって離れている可能性もあるし、、、。

私は、何かあれば相手から連絡あるのか、バッタリ出会う
ことしか頭になかった。
なので、Gちゃんに、周りから何か連絡が入ったら、教えて。
と言った。

するとGちゃんが言った。

「○○ちゃんから、連絡するべきだよ。東京にいるってこともね。」
そう感じるよ。

自分の頭には、なかった。ことなので一瞬、「?」と思った
けれど、、、すぐに

「それは、そうかも知れない。今がタイミングなのかも。」
そう感じると、すぐに”案”が浮かんできた。

「そうだ、携帯も替えて2年たったけど、変更のお知らせって
ことで、まずは、連絡先と、東京にいることも書いてみる。」

すでに時はずいぶん過ぎているけど、相手のアドレスは変更されて
いるとは感じなかった。
必ず、時であるなら、届くだろうと疑いはなかった。

4日の午前中に、「昔にお世話になったときの事とお礼、そして
新しい連絡先」を送信した。

すると、間もなく返信があった。

私のことも、あの頃のことも、よく覚えていると書かれて
いた。
今でも宗教に所属していることは分かった。(別に判断はない)
その場所の住所も記載があり、連絡先、是非、立ち寄ってください
と書かれていた。
(無理になんでも押し付ける人ではないのは分かっているので、
その辺は安心)

で、びっくりしたのが、その住所だった。
割と近いところなんだけど、それよりも、その場所の”区”が、、、。

1ヵ月ほど前だったかな~?
今後、私が行くこと(引っ越す)場所を、上京したときと同じ
ように、地図の上でダウジングした。
すると、あのときと同じように、”ある区”にだけ反応した。

その○○区と同じ場所に、その宗教の道場も存在した。

「ふ~ん、やはり何かありそ~~~~。」

たしか、以前に、この相手が東京に移動になったと聞いた
ときは、違う場所だったように思っていたけど、なんと、
ペンジュラムが振った場所だったとは、、、、。

引っ越す場所になるかどうかは、別にして、今後、この場所
には、縁がありそうだ。

でも、心境は、もちろんワクワクもあるんだけど、ちょっと複雑
だった。
なんだか、切り離したときの痛みまで思い出すし、切なくまで
なった。

以前に話した時のことが思い出される。

どうしても、宗教の上でのコントロールがあるがゆえに、
信念体系があり、話しても通じ合えないことは、自分の経験
からも知っていて、今現在もそうであるならば、たとえ話した
ところでどうなのだろう?と思えた。

と同時に、いや、ツインフレームなら、私と共に意識も変化
しているだろう。たとえ宗教の枠はまだあったとしても。

でも、その後にいろいろ感じたことは、今日は地方にいると
いうことだったので、東京に戻る日までは分からないけど、
とにかく、近い内には、会えるような気がした。

あったら、今回、なぜメールを出したのかも正直に話し、
たとえ、受け入れられなかったにしても、過去に起こった
ことを「ありのまま」に話そうと思えた。
あの頃に感じていたことや、「結婚する」と声が聞えた
ことも。過去世の話もね。
まず、こちらから、腹を割って、オープンになろう。

※たぶん、現在は違う人と結婚されていると思うので、
 今だから話せる過去の話ということで伝えようかと思って。
 家庭に水を差すつもりも、壊すつもりもないということも
 しっかり伝えるよ。

信じてもらえなくてもいい。
ただ、今伝えないと、、、という思いが出てくる。

何が、どうなってくるかは分からないけど、感じるままに
行動してみる。そうすると、きっと何か見えてくるかも知れない。
焦るつもりもない、じっくりと流れに委ねてみようと思う。

行動するったて、資金も尽きてるので、動きようもあまり
ないのだけど(笑)
ま、なんとか歩いていけない場所でもないので、どうにか
なるでしょう。
今がタイミングなら、必ず道があるはず、、、、。
とにかく、正直に、ありのままを見せようってハートから、
湧き出る想いがある。

今は、出先で忙しいと思うので月曜くらいに、いつ東京へ戻る
のか、ゆっくりと話せる日などを確認してみたいと思う。

以前に、守護天使が言っていた、”休憩”の期間について
10/7/27【全財産失う~顕現へのメッセージ】by aya
「この休み自体が濃いものになります。それも一瞬でしょう。その中の
エッセンスは、自分のものにして下さい。全ては自分で計画したことな
ので、失敗はないでしょう。」


この事は、”篤姫”で感じたことなのか、”ツインフレーム”のことか、
また違うものなのか、今の段階では分からないなー。
「その中のエッセンスを自分のものにする」ってどういうことか、、、。

そんな訳で、、、
今、進んでるプロセスと、今回の気づきがどのように
合わさるのか、それともまた別の流れか、まだ見えて
こないところもあるけれど、一つひとつ現れたことに対して
最善をつくそうと思う

「ただ、そうしたい」から、「そうする」だけ。
純粋に、シンプルに、ただそれだけである。

「再会」のタイミングなのか。

*  *  *

ツインフレームの話と言えば、以前に下記の内容を書いたっけ。

10/6/4【再統合~ツインフレーム/ツインレイのおさらい】
10/6/8【シリウスのツインフレームとの出会い】by aya

シリウスのツインフレームからは、
今後、肉体をもって現在来ている一人と、出会う約束がある
ということを教えてくれて、会ったときには、「自分だとわかる」
と言ってたので、

この過去に「切り離した相手」と「再会」したときに、ハッキリ
するんじゃないかと思う。

どうなんだろうねー。自分はわかっても相手はどうなんだろう。
何も感じなかったら、それは、それだし。
そこは、あまり考えないで、素直に行動したいことをやれば
いいんじゃないかと感じる。

この時に10/6/4【再統合~ツインフレーム/ツインレイのおさらい】
ツインレイのことは、本から少し抜粋して書いたのだけど、
今回は、ツインフレームのことを書いておこうかと思う。

☆「運命の脚本を書く」ロナ・ハーマン著:大内博(訳)
  サナンダのチャネラーであるリサ・スミスを介して。
  P279~ 項目:■ ツインレイの再会  から

☆ツインフレームについて
「ツインフレーム」は、銀河系の時代から三次元の生命形態の時代に至るまで、
極めて緊密な関係の中で、あなたと一緒に仕事をしてきた存在です。
これはずっとずっと昔に設定され、悠久のときにわたってあなたは同じツイン
フレームを保ってきました。あなたは7つのツインフレームとつながっています。
ツインレイを除けば、あなたがいちばん緊密な絆を持っている存在です。

~中略
ツインフレームの間には特別な絆があり、ハートでつながっているのです。という
のは、ツインフレームが分かち合う特別な愛を忘れることは決してないからです。

ツインフレームの愛は、人間のセクシャリティーを超越し、これらの周期を通して
共に献身的に働くという純粋なものです。たくさんのことを体験し、ツインレイが
分裂したあとで、最初にもつ関係の相手はツインフレームです。分裂したレベルで
は、羨望を学ぶ時間はまだありません。源の愛の波動の中で創造し体験しただけな
のです。再会によって愛する存在と永遠に結ばれるときが来ることを私たちは知っ
ていました。
私も正直に言いますが、二つのハートが分かれたときの悲しい思い出というものが
あるのです。しかし、そのような悲しみはツインレイの神聖な抱擁の中へと入って
行く前に、すべて解消されるのです。


本の中から参考までに、もう少し書いておく。


男性/女性の関係の7つのステップからなる地球のピラミッドは以下の通りです。

1、ツインレイ(ツインの光線)
2、ツインフレーム(ツインの炎)
3、ツインソウル(ツインの魂)
4、ツインメイト(ツインの友)
5、神聖な表現
6、ソウルメイト(魂の友)
7、神聖な補足者


これを読み返すと、ツインフレームを分魂という表現を
使っていいのかどうか?って感じもするね。
ツインフレームは、ツインの炎って書いてあるし。
微妙なところだな~。

ちなみに、ツインソウルについてちょっとだけ。

☆ツインソウルについて
「ツインソウル」は、あなたと同じ波動周波数を持っています。人はそれぞれ12
人のツインソウルがいます。彼らは、ツインメイトのグループの一部ですが、この
12人の魂はあなたの地上での仕事と極めて緊密につながっています。


私も、こういうことは、特に詳しいわけでもないから、今、現時点で
感じる認識であることを伝えておくね。

何にせよ、外側に求めるよりも、内側で、男性性、女性性のバランス
をとることが何より必要とされるだろう。

まだ、よく分からないこともたくさんあるけど、必要なことは、
必要な時期にちゃんと分かるようになっているのだと思う。

今は、ただ、”感じる”ことと、”感覚”が全て知るカギになって
いるって感じかもね。
”あ、、これは、、、”って、より分かるようになるし、つかめる
ようにもなる。

*  *  *

まっ、、、今回は、こんな感じです。
来週の9日(木)には、下の娘が出張&友人の結婚式&二人で温泉の
ためにやってきます。

それまでに、どうなることやら、、、。


今日も、結局、長くなったよ。
分かりにくいところもあるかも知れないけど、、、(汗)スマン。

でも、なんとか書けた!(笑) 感謝。

*  *  *

状況は、翌日に変わることになる。

→10/9/5【再会のタイミング~ツインレイの新たな洞察】

2010/9/5(日)晴れ




昨夜の続き
→【再会のタイミング~何かが動き出した(ツインフレーム)】


深く、自分の核へ、記憶されていることに向かう。

昨夜、朝方まで書いていたけど、さらに、感じていると、
これから再会するであろうツインフレームは、確かに、
2005年の時点では、「もう一つの道」、、、
結婚するという選択もあったのだろう。
それは、当時チャネラーさんも、二人で歩んだとしても、
それなりに成し遂げていただろう。と言っていたことだ。

しかし、当初は、三次元的に見れば、恋愛や、結婚など
していいる余裕もなく、子供たちを養うことだけで、
精一杯といえば、その通りだった。
ましてや、パートナーを持つことに、もういささか、うんざり
というか、面倒なのも、自分の中のひとつの側面だった。

自分の自立を目指すことがなにより先決という時だった
ので、当時の”出会い”があったけれど、自分にブレーキ
を掛ける選択しかないように感じていた。


今、時を経て、再統合の時間を経ている。
yoham神の自己と共に、数年が経つ、少しずつ共に進んで
きた。
本にも書かれていることだけど、ツインレイからのコンタクト
があってからは、数年間の時を掛けていくのが普通のようだ。
それぞれのやり方が存在するようだけれど。

ミカエルのチャネラーであるロナ・ハーマンもその一人
だと記憶にある。それが、ツインフレームだったか、ツインレイ
だったのかは、覚えていない。
でも、ロナさんも結婚しているし、伴侶も当然いるし、お孫さん
もたくさんいたと思う。
なので、あくまでも内側の統合ということになる。

今、そのような中、ツインレイと再統合を完了するには、
その前に、ツインフレームとの統合が完了する必要がある
らしい。
たぶん、もう私の場合、自分の内側に住んでいると思われる
ので、殆どは統合されているとは思うのだけど、肉体をもって
今地球にいるツインフレームについては、実際にどうなんだろ
う?って思う。その辺りは、よく分からない。

ダウジングでは、すでに統合されていると出る。

昨夜書いたように、再会するツインフレームとは、チャネリン
グの時に言っていたのは、とても助けてくれる相手というのも
聞いていたので、今後の、”お役目”にあたって、良きアドバ
イザーになってくれるとか、それこそ分かち合える相手として、
近くに居てくれるのかも知れない。
それは、この世でいう、恋愛の対象とか、結婚するという意味
では、もうないのだと感じる。
実際、今は、相手は結婚されているしね。
(過去の時点では可能性はあったにせよ)

そこで、また一つ気になってきたことがあった。

あの、ロナさんの本に書いてあることが、サナンダの部分ね。
ツインレイの話だけど、これまで、何度も読んでいるのに、
本当に理解できなくてね。(笑)

ところが、ツインフレームの話題が出始めてから、なんとなく
腑に落ちるようになってきていた。
そして、今日になると、さらに、「もしかして、そういう
先の可能性もありってことか、、、」と、また可能性が見えて
きたではないか、、、、。

たぶん、知る時期に入ってきたんだろうと思う。

それは、、、、

「ツインレイは、配偶者として姿を現す。」と書かれている点だった。

この本の言葉をそのまま単純に理解するなら、内側で統合を進めた
暁には、肉体をもって姿も現すってことか!?

その部分を何度も読み返してみた。

やはり、どうも”感じる”のだ。

それは、来年かも知れないし、2012年頃なのかも知れない。
時期は、分からないけれど、お互いに完全に内側で統合された
者同士、、、完全にお互い自立した者で、出会うようになってい
るのだと、実感した。
現在、配偶者がすでにいる人には、内側で統合を進め、共に歩み
ながら、ツインレイは、準備ができるまで待ち続けると書かれて
いる。家庭を壊してまで進めようとはしないそうである。

ようやく見えてきた。

いつも”サイン”のときは、頭になにか(言葉、文字)浮かぶか、
もしくは、表現は難しいけれど、感じ取る”文面”及び
”文字”が浮かんで(強調され)て感じるのだ。

なんだか、映画の「ダ・ヴィンチ・コード」の暗号を
読むようなのと同じ感じさ。  思い出す。(笑)
これを、第三の目というか、心の目と言うのか、、、。

「あ~、、、これが、守護天使が言っていた”エッセンス”
なのかも知れないな~、、、、」

ダウジングすると「Yes」。

では、もう少し深くまで、突っ込んでみよう。

ブログを書くまでの時間、再度、ロナさんの本を読み返し
たり、過去にあったことを振り返ってみた。

でも、ここ重要なんだけど、、、

「私は、このまま一人で生きていくのだろうか???」

これまでの、私だったら、

「そう。」「いいよ、それはそれでいいんじゃない?」

って当然のように答えていたかも知れない。

でも、最近、、、とくにこのツインフレームなどのことを
考えていたら、どうも、その答えがしっくりこない。

その変化は、過去に遡る。

ア○イ体験後のチャネリングの時だったと思う。
ブログには、書いてない部分をさらに思い出したのだけど、

その”分かち合う人”が今後、現れると聞いた流れで、

私は、チャネリング中、チャネラーさんに言ってるつもり
で、軽く自分の本音を話した。

その頃は、「男なんて~」という気持ちが残っていた。
結婚もこりごりだけど、恋愛だって、もう今さら!だし、
一緒に住むとかなんて、さらに面倒で、気を遣うこと自体
が考えられないというような事を話したのだと思う。

すると、それをしっかり聞いていたアダマスが、すぐさま

「ほら、それ、それっ!!」と言い出した。

そこに、まだ、信念体系、概念などがあるということを
指摘した。
ま~、その通りだったのだけども、、、(笑)

でも、その後に、「それも統合されていけば、自然に消えて
いきますよ。」と教えてくれたのだ。

なので、自分にあるものは認めたけど、それなら、いいやと
自然にまかせることにした。

その後も、ミカエルから、女性性の否定についても心配しなくて
いいと言われていた。

それは、本当に、昨年のハートが完全に開く時期まで、多少
なりとも残っているのは自分でもわかっていた。
ハートも、再統合もその前から徐々に進んではいたけど、この
完全にハートが開いたときからは、また全然違ってきていた。
内側から満たされることを知ったし、yoham神の自己も近くに
感じるようになっていった。
→09/104【再統合】ハートが開く

たしかに、その時期からかもしれない。今になって気づくけど、

私にとっては、あくまでも分かち合う人が現れるまで、自分が
どんなリアクションをするのか想像できなかった。

ただ、今日思い出したのだけど、

昔、”白龍”が意味シンなことを言ってたことを思い出した。

→08/11/9 11月「始まり」-4【白龍編】
【白龍】そのバラは、「自由」だった頃の象徴。
本当に自由だったときに与えられた。何もしなくても愛の象徴。※男性→女性
おまえは抱えきれないほどバラをもらっていた。
バラ→愛の象徴。
おまえは、本来の自由の意味を知っている者。。


この時の、白龍の言葉で、

「自由か愛か悩むかも知れぬが、ただ愛は自由を含む」

深い言葉だ、、、。

白龍がこんな話をするってことは、私が自由か愛かで悩む日
が来る可能性があるってことか?と思った。

確かに、、、もし、そのような状況なら、悩むかもな~。と
思った。しかし、何事も、その時にならなければ、分からない
ものである。と、深く考えることはしなかった。

でも、今、、このことを感じると、以前とは、ずいぶん変化して
いる。

今は、三次元的なこと、結婚とか、籍を入れるなどは、全く関係
ないし、考えてもいない。
でも、これから、共に喜び、共に感動し、助け合い、お互いを尊敬
、尊重しあえるパートナーがいるのは、”いいな”って思えるように
なっていた。
旅行へ行っても楽しいだろうしね。

でも、それには、お互いに自分自身で”完全”でなければ、成立
しない。それは、お互いがすでに内側で統合されていて、満たされ
、自立していること。自由であること。束縛もなく、コントロールの
ない関係だ。

それ以外の関係なら、自ら求めることはないと断言できる。

そうか、私は、準備が出来ている。
もし、そのようなパートナーが現れたら、私は、自分に許可する
だろう。自ら新しい関係にチャレンジすることを許す。
何も行動しないで終わることなどない。
いろいろな新しい発見を楽しむだろう。新しい自分の発見も含めて。

それが、ときには、全くの一人と違うから、多少の不自由さを感じる
ときがあったり、ケンカをしたりするときがあったとしても、、、。
純粋に楽しむだろうと思う。
白龍が言ってたとおり、”愛”は”自由”を含むのかも知れない。


□ 理解に至る

そうだね、、、、今だから、、、今でなければ、
こんな気持ちになどなれなかったし、気づかなかっただろうな。
もう、準備が出来ているかもしれない。
いや、この”休憩”に入った頃から、漠然と

「準備は出来ている」と何度か感じていたことだ。

それは、明渡すことに対してと理解していた。
まったくの抵抗なく、ってことね。


ここで、、、今、、、書きながら、、、分かったぞー!


「・・・・・・・」


「驚き@@~~~~!!!」


なに?なに??

「今のプロセスの経済的サポートも含め、新たに現れる人って、
  ツインレイってことなの??!!@@  」 
 

すぐさま、ダウジング、、、「Yes!!」

「・・・・あんぐり」

そう言うことか~~~~!!!


さすが、私の”創造”だよ~~~!!完璧~~~~!!

出会う前に、知る必要があったのか~!!

だから、守護天使は、

「エッセンスを感じ、自分のものとして下さい。
自分で決めたことなので、必ず成功するでしょう」

と言ったのだ!

私のツインレイならば、何の心配もないではないか!
しかも、お互いにとっても自分の【創造】なのだから!!

こんな、喜びとオチが待ってるなんて思いもしなかった。
また、マインドを吹き飛ばされた!!

なんだかyoham神の自己が実体として現れること自体、嬉しい。
自分なんだけど、本当にありがたい。

本当に、これから生まれ変わる、新しい人生が始まる。
そんな”実感”が、全身を包んで嬉しい。

心から、yoham神の自己に感謝した。

もしかすると、ここで必要だったのは、もちろん理解も
だけど、本当にツインレイが現れて、自分が受容できるか?
ってことだったのかも知れない。
【選択】する必要があったってことかも。
でも、さっき書いたように、ちゃんと自分で、今の気持ち
を理解し、受け入れる意識に至っていることにも気づいた
から、大丈夫だ。


実は、朝方だったけれど、昨日のブログを公開した時間が、
ちょうど「5:55」だった。

「シートベルトを締めて~!」か、、、。(笑)

その前に、「0:00」も見ていた。

数日まえは、「1:11」「12:12」よく目にしたので、
何か始まる予感があった。
いつも、数字のサインを見ているけど、これまでより、
よりリアルに感じていた。


参考までに、

→10/6/4【再統合~ツインフレーム/ツインレイのおさらい】

この時に書いてない部分で、また本から抜粋しておく。
たぶん、以前と意識がさらに変化しているから、違う文面に
目がいき、気づくのだと思う。

詳しくは、「運命の脚本を書く」ロナ・ハーマン著:大内博(訳)の中に書かれている。
サナンダのチャネラーであるリサ・スミスを介して。
P279~ 項目:■ ツインレイの再会

「ツインレイ」は究極的な存在です。これを共に体験すれば、根源を求めて
さらに探求する必要はありません。

私たちは長い間にわたってこのために準備してきました。この出来事がもた
らす喜びは、この再会を待っている数多くの次元上昇したマスターにとって
も圧倒的なものです。

ツインフレームは、母にして父なる神の愛情に満ちた抱擁から生まれた同じ
神の火花なのです。私たちの半分の存在と調和のとれた関係にはいるという
のは、素晴らしい贈り物です。この出来事に対する相当な不信がありますが、
それは持つ価値が十分にあることだと言っておきましょう。受け入れること
を拒否する人は自分の進歩を停滞させるだけです。というのは、多くのアセ
ンションは、ツインレイとの再統合と密接に繋がっているからです。再びつ
ながるためのワークをし、毎日毎晩、必要なエネルギーワークを完遂するた
めに努力するならば、

あなたのツインレイは配偶者として姿を表すことになるでしょう。
あなたの使命は全く同じなのです。その責任は両者によって平等に分担され
ます。


この時点において、あなた方はツインレイというタイトルにふさわしい存在
であることを証明しました。あなた方は二人ともに低次元を克服し、一つの
愛、一つの生命、一つの存在として帰還するところまで来たのですから。


それぞれの人にはユニークな状況があります。したがって、ツインレイの統合
は皆、異なった形で起こります。というのは、両者が学んだ数多くの体験から
して必要な終わり方があるからです。アセンションに加えてツインレイの統合
には日々意識しながら努力することが必要です。あなたがたの多くはこのこと
を深いところで知っていると感じますが、表現することは出来ません。
それは、地球意識が神聖な関係を長い間にわたってゆるしてこれなかったから
です。ツインレイが地球を一緒に旅したという実例は少しはあります。

地球でのパートナーのツインレイの中には、銀河系の星にいるものもいます。
あるいは、あなたのツインレイは宇宙的な存在かも知れません。今、最後に述
べた事例は最も稀れなものです。また、あなた方の中には、地球にすでに存在
している完璧なメイトと電磁波的につながる人もいます。これはツインメイト、
ツインフレーム、ツインソウルなどの場合です。高次元世界にいるツインレイ
の中には、再びつながる準備がまだ出来ていない存在もいます。再統合はハイ
アーセルフの同意があって初めて実現します。実に様々な状況がありますが、
それぞれがお互いにとって完璧なのです。

どのようなレベルでツインレイと再統合するように意図したとしても、あなた
の人生には変化が起こるでしょう。


スピリットはあなたに処理できないことを与えるようなことはしません。

たとえば、地上で幸せな結婚生活を送っている人は、高次元で仕事をしながら
エネルギーレベルでツインレイにコミットすることが可能です。今の時点ではこ
れが完璧なのです。調和のとれた環境を中断させようとするツインレイはいません。
ツインレイは最高にして最善のことを望んでおり、神聖なタイミングがやってく
るまで待つ気持ちがあるのです。




と、言うことで、人それぞれの統合の仕方があるっっていうのは分か
っていたので、肉体をもってくるものもいれば、肉体をもたずに内側
だけでもアリと思っていた私がいたんだね。

まさか、私が肉体のもったツインレイと出会うように設定したとは
思いもよらなかったよ。@@

夢では、ないよね。(笑)

さっき、ちょっと外にでたら「33」の数字のナンバーみたよ。

きっと、光の存在や、マスターたちが、理解を助けてくれて
いるに違いない。 感謝。

*  *  *

あれ???

ここで、新たな疑問が出てきた~(汗)

なんだかね、昨日のツインフレームとの再会コンタクト自体、
必要がないような気持ちになってきたよ。

確かに、昨日の理解、、、行動がなければ、ここまでの
気づきに至らなかったと思う。

すぐにダウジングした。

「○○さんとのコンタクトは、今必要か?」

「NO」

「あらら、、、じゃ~」

「いずれは出会う(再会)するの?」

「Yes」

確かに、ツインレイと出会うなら、そして共に使命を責任もって
するなら、そんな【最強】なことってないよねー!!

なんだ、そういうことだったのか、、、、。

じゃー、以前シリウスのツインフレームが言っていた、

「出会った瞬間に、自分だとわかる」って言ってたのは、
ツインレイのほうの話ってこと?と聞くと、

「Yes」と、、、。

なるほどね、、、。

でもツインフレームの○○さんと、ツインレイと三人で、
今後、会うときが、もしあるなら、自分が三人かいっ。
超~~複雑っていうか、変な気分だろうな。(笑)

でも、たしかにツインフレームのほうの人柄なども知ってる
し、今後、お役目を果たしていくときには、サポートして
くれるような気はするんだよね。
きっとよき、理解者にはなってくれるだろうと思う。

しかし、、、「分かち合う人」自体も、アダマスが言ってた
のは、ツインレイもツインフレームのほうもどっちもってことに
なっちゃうのかもね。

私も、自分の選択で、どこまで進むかってことは、途中の段階
、、ましてや五次元に定着するまでは分からないことだったしね。

その時点、その時の意識の情報だから、今、現在に当てはめる
ことは、もはや出来ないことなのかも知れない。

5年前は5年前の可能性。
3年前は、そのときの可能性だよな。


なんだか、ワクワクしてきたよ!

ホント、自分自身に、サポートに感謝だよ!


あとは、ほんと、タイミングだけかな~~~???

ところで、ツインレイのほうは、どこまで分かってるの???

「謎・・・・・」

無意識であろうが、私の準備が整うのをじっと、待ってるの
だろうか?? 

そうだったら、すまないね~。  なんて。^^;

*  *  *

そうそう、昨日、最近のayaちゃんのチャネリングからの
メッセージを読み返していた。

Oneからのメッセージもあったし、大天使アリエルからも
あったよな~と思った。
そこで、大天使アリエルを再度、調べていたら、ひとつのサイト
に辿りついたんだ。

光の女神が、地上に肉体を具現化してきているサイトで、
チャネラーでもあり、ヒーラー、音楽家でもあるステキな人の。
↓  ↓  ↓
【TONKA&ANGELS Web Site】から
☆10、魂と一致してゆく、あなたの旅路へ

全部のメッセージを読んだわけじゃないけれど、上記のページを読んで、
「そうだな。役割はそれぞれだけど、同じなのだな。」
って素直に感じた。


2010/9/6(月)晴れ



昨日の、気づきはホント驚きだったな~。
私にとっては、突然の”ギフト”のように感じたよ。

今日は、昨日のように”理解”までに感じていた感覚から、
より、もっと”エッセンス”を感じていたと思う。
(どう、っていう表現はもう出来ない。)
確かに、いまは”濃い”時間なのかもしれない。

ハートがより拡大し、ハートの中で、その”エッセンス”
をマージしているって感じなのかな。言葉では表現が難しいけ
れど。

守護天使が言ってたように、自分のものにしてたんだと思う。

そんな感じ。

もしかすると、ツインレイのほうも同じように感じている
のかもしれない。繋がっているはずだから。

こうして”無条件の愛”へと入っていくのかもしれないね。
それは、”One”ということにもなるけど。
みんな、繋がっていて、”あなたは、私””私は、あなた”。
そう考えると、”あるがまま”をお互いに認め合えるって
ことなんだろうね。

そして、”自分を愛す”ってことは、”相手を愛す”って
ことになる。ってことは、全てを”愛する”ってことに
なるんじゃないかな。 一つなるものの世界ってね。

今の段階では、”理解・気づき”というところなんで、
実際には、”その時”にならなければ自分にも見えないこと
だから、”今”にいながらも楽しみにしていようと思う。

どうなっていくのだろうね。
どこに住んでいるのかも分からないからね。
いつ会えるのかも分からないよ。

*  *  *


ここ1、2ヶ月のプロセスの間に、幾度となく「ポセイドン」
という”サイン”を目にしてきた。

そして、先日、この「ポセイドン」の事を書いたブログを読み返
したいと思っていた。

→10/6/4【ひとりごと:アイリスの”あなたは、海”の意味】

2007年3月14日のメッセージから。
  ↓  ↓  ↓
[mixi]Arrived Energy On Earth
: The Return of the Water Gods to Human Consciousness
 (聖なる男性の再誕~人類意識に水の神が復活)
Archangel Michael through Celia Fenn
新しい男性のエネルギー~ クリアで・支えとなる・愛に満ちた・力強い・信頼できるエネルギー~に
するのです。 新しい男性のエネルギーは、あなたがたが新しい地球へ移り住むのをサポートするエネ
ルギーとなるでしょう。それは、あなたのハートのエネルギーと共に働き、あなたの顕現化のプロセ
スをサポートして行くことでしょう。


聖なる男性エネルギーが再誕する…このギフトが今から、あなたたちに贈られていきます。水の神は、
『聖なる創造性の知性』の流れを調整するパワーと共に、あなたがたの元型的意識に戻ってきました。
豊かさと平和をクリエイトして行くために。

それは、あなたの新しい意識であなたを支えます。それは、あなたの下のほうのチャクラを通して肉体
をもってして表現する聖なるエネルギーの流れを調整するべく、いかにハートを使うかを教えてくれる
ことでしょう。
それは、あなたが豊かさや喜びをクリエイトすることをサポートするでしょう。

~中略
調和とバランシングにおいてパワフルな時です。聖なる女性と聖なる男性が内側で結合し、バランスを
取ります。女性はパワフルな愛と慈悲のエネルギーを送信し、男性はそのエネルギーを物質界に愛と豊
かさを現すよう変容させるサポートをします。



以前は、あくまでも「ポセイドン」についての気づき
だったので、今とは、ちょっと違うのだけど、
昨日の気づきから、今、読み返してみると、統合してからの
”神聖な男性性”の働きについてというのが、意識に入ってきた。

上記のブログをアップしたときには、あまり意識してなかったかも。

新しい男性性は、”新しい地球”へ移り住むサポートをしてくれて、
ハートのエネルギーと共に働き、具現化のプロセスも早めてくれて
いたんだなっていうことも、「男性性エネルギーの再誕」によって、
物質界に”愛と豊かさ”を表すようサポートしてくれているのだな
って、 改めて「なるほど、その通りだな。」って感じた。

今だから、やはり腑に落ちるんだね。

聖なる女性性の働きと、聖なる男性性の働きが、共にあってこそ、

    ↓   ↓   ↓

この下記のシャウドでいう「共時的な人生」が始まっていたんだな。
って改めて感じたよ。

体現シリーズ シャウド11
「輝きを放つ存在-トバイアス&アダマスセント・ジャーメイン特集」
クリムゾン・サークル 2005年6月4日
あなたが意識的に創造しようとして、これらの障害物や問題に突き当たることが数多くあるのを、私たちは知っています。けれども、この統合と融合により、このすべてが、あなたにとって意味をなして来るのです。あなたはコントロールを外します。あなたはエネルギーの輝きを放ちます。あなたは自分の創造物に祝福を与えます。すると、それらは生命を帯びます。エネルギーは戻って来て、あなたに奉仕するのです。エネルギーは戻って来て、壮大で新しいやり方であなたに奉仕するのです。それは、「共時的な人生」(the synchronistic life)と呼ばれるものです。


今日は、そんな感じで、途中、急にすごい睡魔に襲われ
眠ってしまったり(そういえば最近多い)。
エネルギーが入ってきているのかもしれないな。

今日も感謝でした。

※ 言葉で、表現することも難しいのだけど、よく分からない
  ところは、スルーしてね。^^;


2010/9/7(火)晴れ時々くもり



昨日アップされていたメッセージです。

[mixi]Arrived Energy On Earthより

「アセションに関する回答 」
チャネラー:Aruna Byers
http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.com/2010/09/answers-about-ascension.html


アセンションに関する回答
グループ・アセンションとは・・多くのひとが、同時に、あるいはほぼ同時に上昇(アセンシ
ョン)すること。グループ・アセンションは、上昇しない人々に対して大きな影響を与えます。
大人数が脱出することに対して好奇心を持つことで、アセンションへの関心が活性化し、次の
グループ・アセンションが起きるでしょう。

マスターや天使、アセンションを選択したすべての人は、自らの神性の一面として、他の次元で
も自分の使命を果たし続けることができます。五次元へ上昇する者たちは、最も意識的な仕事、
すなわち地球に残された者たちを支援すること、を継続できます。彼らの家族は、彼らに導かれ
ることが可能です。ほかのグループのメンバーで上昇していない者は、同じように、彼らに導か
れることができます。

地球のあらゆる状況の変化は、一ヶ月あるいはそれ以上にわたって起こりますが、人間の居住地
を滅亡させることになります。映画で見るのとは少し異なりますが、地震、洪水、火山の噴火な
どという形で起こるでしょう。ただ、これはお金というものがなくなったあとに起こりますから、
援助の必要な人に金銭は支払われません。多くの人が亡くなるでしょう。多くの人が死にたいと
思うでしょう。アセンションは別の選択肢を与えることができますか?はい、でも上昇する準備
のできている人だけに。それ以外の人は、生き残るために最大限の努力をしなければならないで
ょう。

私のメッセージは、どれも「地球滅亡の日」の警告ではありません。心配すべき大災害は、一日
だけ起きるのではありませんから。多くの災害は、一か月あるいはそれ以上にわたり、「滅亡の
日」への予告ではなく、多くの人が経験することになる、全く悲惨な状況の組み合わせです。あ
なたは助けを必要とする他人に、与えることができますか?他人に与えたり、分け合うことで、
自分の快適さが減っても耐えられますか?買い物をしなくても大丈夫なように、医療品や日用品
の用意はしてありますか?隣人たちと自分の持ち物を一緒くたにすることができますか?もしあ
なたが何も持っていないのに、隣人が何も与えてくれなかったら、どう感じますか?多くの人に、
何も持たない隣人や動物たちに食物を与える機会がやってくるでしょう。あなたには、それがで
きますか?できませんか?では、他人とエネルギーを合わせて、そのような事態における計画を
練ってください。

いつ?これがいつ何時でも起こりうること、そして、何年も続くのではないことを受け入れられ
ますか?私たちが日時を予言する能力は限られているので、計画にははっきりしない要素が含ま
れてしまいます。しかし、こういうことが起きることを知るだけで、トイレットペーパーを6ヶ
月分買うなど、最小限の準備をするための充分な時間はあるでしょう。
アセンションをする人について言えば、他人を援助するのに継続性を持たせようとすることは、
あなたの投資を無駄にはしないでしょう。

アセンションする人の子ども達は、上昇する準備ができています。2000年以降に生まれた子供た
ちは上昇する準備ができています。それより年長の子供たちは、他人に面倒をみてもらえること
もありますし、あるいは棄てられるという学びを必要とする子もいます。
2000年以前に生まれた子供たちの中でも上昇する子はいます。上昇する親に多くの子どもが取り
残されるのでしょうか?いいえ、上昇する子たちは、上昇する親を選んで来たのです。人類の継
続性は、今演じられようとしている全ての契約の中に盛り込まれています。どんな男・女・子供
も、この来るべき発展が「家族計画」に含まれていることを知って、人として生まれてきたので
す。

地域社会で、共に生きていく人を選ぶことも必要です。家族を探しましょう。様々な種類の能力
が組み合わされることになり、ある技能を持った人が、それ以外の人たちを助けることになりま
す。あることに秀で、別のことには劣るということは、あなたが不得意とすることを、他の人が
やればいいのです。金融システムがダウンすると、共同体が人間活動に極めて重要となります。
銀行が破綻し始めたら、すぐにお金を引き出しなさい。援助を必要とする人たちに配るため、日
用品を買いなさい。お金を大量に貯めこんでも、何の役にも立ちません。食物が必要なとき、金
銀にも価値がありません。乾燥食品や缶詰を買う方が、金属を買い戻す目的でお金に頼るより、
ずっと価値のあることです。

人間が上昇しなければ、今よりずっと不便な暮らしをするようになると納得できましたか?どち
らも魅力的とは言えないかもしれませんが、どちらも本当は起きないかのように振舞うのは、つ
まり別の現実が現れることを願うのは、愚かです。神は上昇できる人には上昇するように、と言
います。そして神は決してわずかな人数ではなく、多くの人に上昇して欲しいと思っています。

確かに前回のアセンションは顧みられませんでしたが、次の呼びかけには、上昇を選んだ全ての
人たちが、上昇を心にとめなければいけません。アセンション未満で我慢し、色々なものが必要
となった時、利他主義を行なう菩薩になりなさい。それでいいのです。

I AM THAT I AM
アセンデッドマスター サンジェルマン



-すいれんさん訳


このメッセージを”恐れ”で受け取られないよう祈ります。

今後、何が起こったとしても、物質面も精神面、共に、助け合い、
分かち合うことが、出来るように準備できたらなって思います。


2010/9/8(水)曇り時々雨[新月]



久しぶりのミカエルのニューアース・エネルギーメッセージです。
これから、ゆっくり読みます。感謝。



[mixi]Arrived Energy On Earthより
Inner Shifts, Earth Changes and Embracing the Shekinah Light;
the New Earth Energies for August and September 2010
6 September 2010
Channeler: Celia Fenn
http://lightworkers.org/channeling/114135/inner-shifts-earth-changes-
and-embracing-shekinah-light-new-earth-energies-august-


  
2010年8月と9月のニューアース・エネルギー ~大天使ミカエル

「インナーシフト、地球の変化、シェキナーを抱擁する」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=56196352&comm_id=1730147


愛しき光の家族たちよ、あなた方は7月のニューイヤーのエネルギー、そして8月のライ
オン・ゲートを通って、ご自分のライトボディの加速化を体験し、2010、2011、
2012年の大きなスターゲートを通過するために新しい進化、変化、成長のサイクルの
準備をしました。
これはインナーシフトと変化に、強烈なプレッシャーを創りました。そしてそれは、外側
の現実、地球の変化、また個人的な人生の変化として、突然の急なシフトや変化として反
映されました。

多くの方々はリレーションシップの終了を体験したり、違う場所に移動する必要性を感じ
たり、新しい仕事の形態へと変化する必要性を感じました。
これらのシフトは高いプレッシャーで、とても早くすでに起こったかもしれませんし、スタ
ーゲートである10/10/10に向かっているこれからの2カ月間の間に、ご自分の内側でそのよ
うな変化をする必要性を感じているかもしれません。

愛しき者たちよ、これらの深い変化は、あなた方が5次元に暮らすことに慣れてきて、ご自
身が物質界または肉体の中で多次元的な光の存在であると体験することに順応するにつれて、
あなた方の現実の基礎的な部分でのシフトとして反映されるのです。
新しい選択は、高次の光の次元のあなた方の高次の意識によってなされ、これらの選択は奉
仕、体験、進化のための成長の新しい道をオープンにします。
そしてそれによってあなた方は、これらの新しいタスクを行うためにベストな内側と外側の
スペース、場所へと動かされていきます。

これらの変化は、これからやってくる時間とスペースの中でのあなたの体験の性質を決定す
るので、あなたがこれらにどう返答するかはとても重要です。
もしあなたが高次の声からの衝動に従わなかったり、変化の必要性に対して抵抗したとした
ら、人生は混乱してとても難しくなるでしょう。
愛しき者たちよ、これは罰ではありません。これは高次の意識と低次の意識が整列から外れ
た時に起こる緊張にすぎません。
これは、あなたが顕現したいものと整列しないために混乱や事件を顕現する、エネルギー的
な“ゆがみ”の波紋を創るのです。
このようなエネルギーを処理するベストな方法は、ご自分のハートの内側に静かなスペース
を探し、何が必要とされ、その時にどんなアクションが求められる、またはどんなアクショ
ンが求められないか、を受け取るまでご自分のインナーヴォイスを聴くことです。

あなたはいつでもご自分の高次の意識によって整列へ戻るようにガイドされます。
あなた方は多次元的な光のマスターであり、私たちは、あなたの質問の全てに対する答えは
ご自分の内側に、あなたのハートの内側の永遠の叡智の静かな場所の中、あなたのソウルと
スピリットの宝物があるあなたのハートの内側にいつでも横たわっている、ということを思
い出していただきたいと思います。

愛しき光の家族たちよ、あなた方がこれらの強烈なインナーシフトを処理していく時、それ
と同時に、地球が多次元的な存在へと彼女自身のシフトを表すにつれて、彼女の偉大な変化
も見ることになります。
地球自身が偉大なシフトの一部であり、彼女は自身を物質的な形を持ちながらアセンション
した存在たちのホーム、プラネタリ―“スター”としての新しい彼女の役割に再整列してい
ます。
これを行うために、彼女は、生命のウェブの内側の偉大な共存の中で必要とされる存在とし
ての彼女自身を人類に知らせる必要があります。
彼女は今、集合的なクリスタルハート・グリッドを通して、人類のハートとリコネクトする
プロセスに在ります。
彼女は、惑星とその進化のために、人類がハイヤーウィル(高次の意思)と目的と整列に戻
るためには、どんなガイドが必要とされるかをデモンストレートすることによって、彼女の
必要とするものをシェアしています。

天候のドラマチックなチャレンジと自然災害は、人類は惑星が必要とするものと自分たち自
身を整列しなければならない、ということを知らせるために惑星がコミュ二ケーションを取
る方法なのです。
パキスタンの大きな洪水は、貧弱な農業のメソッドと発達によって間違って地球が使われた
結果です。
土地はモンスーンの雨を吸い込んで水を引かせることがもうできず、結果として洪水が起こ
り、たくさんの人類が苦しむ原因となりました。
ロシアでは、破壊的な火事の強烈な熱と煙で何億もの人の呼吸に問題を与えました。これら
の火事もまた、ひどい土地の管理の結果として、多くの湿地は農業と発展のために水が枯れ、
乾燥していたために、さらに燃えやすい状況になっていたためです。
自然のバランスは失われ、人類があちこちで混乱の中に在ります。

愛しき者たちよ、これらの“地球の変化”は、人類がとても深いレベルで、5次元と定義さ
れる生命の神聖なる原理 - セイクリッド・ウェブの中での生命の全ての形のつながり -
とリコネクトすることを彼女がとても必要とすることを表す地球の表現です。
もし地球が苦しめば、人類も苦しみます。
もし人類が地球ともっと優しく、愛に満ちて、コネクトした関係を持つ方向へと進化すれば、
人類は地球と自然からのコネクションとサポートを体験します。
愛しき光の家族たちよ、次の時間のサイクルの中においては、それがあなた方の目的で、あ
なた方のワークです。
あなた方が体験したスピリチュアルな発達は、ご自身が人類でありながらも、集合的な創造
として惑星自身の一部としても体験することが出来る、この高次の意識へとあなた方を持ち
上げました。

そしてまた、この進化のサイクルの中でのあなた方のチャレンジは、これらの地球の変化に
おいて“恐れ”との関係から脱出して、惑星と新しいコネクションとリレーションシップの
中で再整列し成長するために与えられた、愛と感謝の新しい関係へと入っていく機会である
ということを知ってください。
愛しき者たちよ、災害を恐れないでください。地球は怒っていたり、あなた方を罰しようと
しているわけではありません。彼女はただ、コネクションと理解を求めているのです。
彼女は鋭い感覚をもった愛に満ちた存在で、愛を持ってリコネクトすることによって、あな
た方は彼女の深い愛を感じ、優しいサポートを感じるでしょう。

愛しき者たちよ、その美しいエネルギ―を私たちは“シェキナー”、神聖なる女性性のエッ
センスまたはグレートマザーと呼んでいますが、それは地球の内側に在るだけでなく、コズ
ミックセンターと神聖なるコズミックマザーのハートから伝達されます。
シェキナー・エネルギーは、その美しく愛に満ちた波動に対してオープンにつながりを持つ
者たちを抱擁しサポートするために地球から湧きあがります。彼女の愛があなたを抱擁する
ことを受け入れる時、グレートマザーは、あなたを腕に抱き、育みます。

最愛なる光の家族たちよ、このコネクションにオープンになるベストな方法は、シェキナー
の光にコネクトする、というフォーカスとともに1人で静かな時間を過ごすことです。
この光のカラーはプラチナ色、ニューアース・ライトボディのための進化的な光のコードを
運ぶシルバーがかったホワイト・ゴールドのカラ―です。
あなた方はまた、アースマザーとシェキナーの光とつながるためにデザインされた、地球の
セレモニー、儀式、瞑想に参加することもできます。
もちろんこの光は、あなた方それぞれの内側に在ります。
それは柔らかく、優しく、愛に満ちてサポート的です。そして内側でそれが活性化されると、
それはあなたが外側の現実でも優しさとサポートの感覚を体験するのを許します。
あなた方の中のシェキナーの光は、地球の内側のシェキナーの光とコネクトし、愛、やわら
かさ、尊重、育みに基づく新しいコネクションを創ります。

愛しき光の家族たちよ、シェキナーの光は、あなた方が意識し目覚めていることのみを必要
とします。ご自分が多次元的な存在であることに気づくことは、人類の集合意識をこの方向
性に導き、必要なインナーシフトを創るのです。
内なる柔らかさと愛に移行し、シェキナーの光を内側に見つけるとき、あなた方は、ご自分
が豊かさ、喜び、そして地球との恩寵にあふれる調和とつながりへと、苦労することなく流
れていくことを受け入れ、地球との新しいリレーションシップの中へと入っていきます。



☆ 高く、そして深く:新しい恩寵の状態

愛しき者たちよ、私たちは以前に、高次の次元の意識の中にアセンドするに従って、もっと
“グラウンディング”している必要があると言いました。
もっと“高く”へ移行するとき、あなたはもっと自分自身を5次元的な物質的現実の中へと
アンカーしグラウンディングする必要があります。
それは、あなたのソウルとスピリットのための光の寺院としての肉体をもっと尊重すること
を意味します。
そしてまた、それはあなたの神聖なエッセンスの表現のためのセイクリッドスペース(神聖
なる空間)として、あなたの環境やあなたの家を尊重することを意味します。
ご自分がどこにいると発見しても構いません、それがセイクリッドスペース(神聖なる空間)
です。
そしてさらに深くシェキナーの光とコネクトする時、あなたはもっと美しい、もっと物質的
に育まれる環境にご自分が移行していることも発見することになるのを知ってください。
あなた方はそれらを愛と柔らかさと育みのシェキナー・エネルギーの表現として、ご自分の
内側から創るのです。

愛しき者たちよ、ですがこれらの新しいサイクルのエネルギーは、あなたのリレーションシッ
プの内側でも表現されることもまた知ってください。
あなたはもっと深い、もっと親密な、ソウルフルなレベルでのリレーションシップの体験をす
る必要があると感じるでしょう。そしてこれが、あなたの切望が自分のソウルの成長そして他
人のソウルの成長のサポートとなる、柔らかさと育みの場所へあなたが入っていくシェキナー
の光の証拠なのです。
これはとても深いソウルのレベルで、とてもグラウンディングしており、物質的なケアやコネ
クション、深い愛と感謝の表現を通して表現される親密なレベルでのつながりの必要性ととも
に進んでいきます。

一度リレーションシップがこのレベルの表現を含みはじめると、あなたはご自分のリレーショ
ンシップの内側に美しいサポートと優しさの新しいレベルを真に体験します。
本当の無条件の愛が、柔らかさと愛に満ちたサポートのこの新しいエネルギーの中で花開くで
しょう。 あなた方は、人類の意識の中、そして人間の体の中で表現されるであろう神聖なる無
条件の愛の深みと高みを探求し始めます。



☆ シェキナーの光を受け入れバランスをとるメディテ―ション

まず心地よい姿勢で座ったり寝ころんで、深いリラクゼーションの状態に入ります。
深い呼吸をして、あなたの注意をハートチャクラに向け、ハートの中の光、神聖なる愛の炎とコ
ネクトします。
ハートの中に垂直方向の8の字のセンターをヴィジュアライズし、エネルギーのサークルが地球
の中に入りあなたの足の下側のアーススター・チャクラへと降りていき、そして地球のクリスタ
ルライン・ハートとコネクトします。
深い愛とサポートを感じて、そしてアーススター・チャクラを通してエネルギーをあなたのハー
トに戻します。
深い呼吸をしましょう。
そしてエネルギーを、ソウルスター・チャクラを通して上の方へと上げていき、宇宙のハートと
全てのグレートマザーのハートへと上げていき、愛とサポートを感じます。
そしてエネルギーをあなたのハートに戻して、8の字の2つのサークルを繋ぎます。
今、あなたは、天と地をご自分のハートの中で、そしてあなたという存在の内側でコネクトして
います。

では、8の字をあなたのハートから平行方向にヴィジュアライズします。
左側のサークルの光は、美しいマジェンタ・カラ―で女性性のキリストの光で振動しています。
その光をあなたのハートに持ってきます。
右側の光のサークルには男性性のキリストの光を表す深いターコイズが輝いています。
その光をあなたのハートの中に持ってきます。
2つのサークルが出会うところは8の字の中心です。
そこでターコイズとマジェンタを混ぜ合わせて、ヴァイオレット・フレームにして、それを深く
呼吸しましょう!

そしてヴァイオレット・フレームが、あなたの体中に広がり、細胞それぞれに入っていき、高い
意識と愛の紫色の炎によって変容させながら、ライトボディの中に入っていきます。

今、ヴァイオレット・フレームは、ピュア・ゴールドになります。あなたの体の中の細胞それぞれ
にキリスト意識が浸透し、あなたのライトボディを通して輝くのを受け入れましょう。
では、ソウルスター・チャクラから、クラウンそしてハートへのチャネルをオープンにし、シェキ
ナーのプラチナの光がハートの中に入ってくるのを受け入れます。
優しく、でも愛に満ちた高い波動がシェキナーを内側で活性化していくのを感じます。
ではハートからアーススター、そして地球のクリスタルハートへのチャネルをオープンにします。
そして地球から柔らかなシェキナーの光を受け取ります。
光がシェキナーのエネルギーを内側に灯し、活性化するのに任せましょう!

今、プラチナ色の炎があなたのハートの中に点火され、シェキナーの炎のエネルギーがその美しい
ホワイト・ゴールドで輝きます。
それはあなたのライトボディと肉体を、最高の神聖なる愛と柔らかさの表現とともに満たします。
あなたは神の神聖なる光、そしてディヴァイン・マザー(聖母)の愛に満ちた抱擁の中に保たれます。

あなたは人類の形をした神聖なる光です!

あなたが保っていたいと感じるだけずっとエネルギーを保ち、そしてあなたのフォーカスをハートへ
と戻します。
3回深い呼吸をして、あなたの肉体のエネルギーにフォーカスします。
肉体の中で完全に“今”にいて、グラウンディングしていると感じたら、目を開けましょう。



☆ 9月の太陽系のエネルギー

今月の新月は9月8日、乙女座の中です。秋分(春分)のエネルギーはいつでも地球に新しい季節を
もたらし、新しいエレメンタル・アースエネルギーをもたらす時期です。北半球においては秋分で、
南半球は春へと向かいます。これはやってくる季節のエネルギーを尊重するセレモニーを行い、地球
の季節のパターンの変化とチューニングを合わせるのに良い時です。
愛しき者たちよ、あなた方みなさんが、続いていく惑星地球での人生の中で喜びと愛の中に在ること
を心から願っています!




-sesameさん訳

*  *  *

昨夜に、引いたOSHO禅タロット


手放し

【手放し】
存在にあっては、優れている人はひとりもいないし、劣っている人もひとりもいない。一枚の草の葉も大きな星もまったく平等だ……。
だが、人間はほかのものよりも高い位を占めたがる。自然を征服したがる。だからこそ、人間はたえず戦わなければならないのだ。この戦いからあらゆる複雑さが生まれる。無垢な人とは、戦うことを放棄した人のことだ。より高い位を占めることにはもはや興味のない人、自分は特別なのだということを行動で示し、証明することにはもはや興味がない人のことだ。一輪の薔薇(ばら) の花のように、あるいは蓮の葉の上のしずくのようになった人のこと、この永遠の一部になった人のこと、溶け、溶け去り、大海とひとつになり、まさにひとつの波になった人のこと、「私」という考えがない人のことだ。「私」の消失こそが無垢だ。

Osho The White Lotus Chapter 6

解説:
早朝のこの蓮の葉のイメージを見ると、一滴のしずくが落ちたばかりだということが水の波紋からわかります。それはかけがえのない瞬間であり、強く私たちに訴えかけてくるものがあります。重力に任せて葉から滑り落ちることで、そのしずくはそれまでの自己確認(アイデンティティ) を失い、下の水の広がりに加わります。落ちる前にしずくは震えたに違いないということは、想像できます。すでに知っているものと、知ることのできないものとの瀬戸際で——。このカードを選ぶということは、なにかが終わっている、なにかが完結していることが確認されたということです。なんであれ——仕事、関係、あなたが愛してきた家庭、とにかく、これまで自分とは誰なのかをはっきりさせるための助けとなってきたに違いないもの——それを手放し、去って行かせる時です。しがみつこうとせずに、どんな悲しみも受け容れて——。より大きななにかがあなたを待っています。発見されるべき新しい次元がそこにあるのです。あなたはもはや戻ることのできない地点を越えてしまい、重力が働いています。それと共に行きましょう——それは解放を意味しています。



2010/9/9(木)曇りのち晴れ



今日は、9:9の日だね。
だからって、どうってことでもないんだけどさ(笑)

昨日の新月って言えば、、、特別、何があったわけじゃ
ないけれど、変化と言えば、”第三の目”が痛かった。(汗)

今までに、瞑想して使いすぎて痛く感じたことも昔にはあった
けれど、最近は、殆ど意識してないので、自然に起こったのは
初めてかも。

昨日は、朝から、何やら視界がぼやけていた。
(なにかを読もうとして目を擦ってみる感じ。)
で、突然、周期的に”第三の目”とその周り、前頭葉あたりも
響いていた感じなんだけど、ちょっと痛いじゃないか。
かといって我慢できないような痛みじゃない。
「イッテッテ、、、」くらい。(笑)

喉のチャクラ同様、何か第三の目も調節していたのだと思う。
でも、これは、ちょっと楽しみだな。

喉のチャクラは、ここ二日間ほど、めずらしく風邪の前触れなのか?
と思わせるような、ヒリヒリ感があったけれど、一応蜂蜜をなめたり
していたら、今日は、治まっているようだ。
そのヒリヒリ感も、たぶん風邪じゃなく、調節じゃないかと今は思う。
喉のチャクラも、もうちょっとって感じ~。

変化や、感じていることというのは、そんな身体の変化と、
そのまま”エッセンス”を感じていたと言うことかな~。

*  *  *

今日は、下の娘が上京してきている。→職場、直行。
マンションに着くのは遅い時間だけど。

財布は、空っぽのままなので、また、母か、娘に借りるのか
ダウジングで聞いてみたけど、何度行っても、「No」と
出る。自分でも、どうしていいのか分からない。

まぁ、質素だけど、食べるものは明日の朝くらいまでは何とかな
るだろう。娘は、明日も仕事だし。

なんて、思ってたら、今晩は飲み会になったって連絡きた!
ふふ、、、今日はなんとかなったしー(笑)
朝は、おにぎりでいいや。何とかなるのかな~?

これまで同様、(資金が)無くなったら、与えられる。をいつまで
やるのか。は、私も知りたいとこだけど、知る術ないしね。(汗)

一応、このまま様子を見ることにした。

せっかく娘が誕生日(13日)のお祝いに温泉へ連れて行ってくれる
(12日に一泊)ので、思う存分楽しみたいと願っているのだけど、
財布が空っぽなのは、どうかとも思う、、、。
普通なら、心もとないよね。途中の交通費だってどうすればいいの?
娘にバレバレでしょ??(笑)バレても別にいいけどさ。驚くよね。

でも、これさえも、今は委ねてみようと思う。
天界では、私の状況は、全て分かっていることなんだしね。

相変わらず穏やかな、ノー天気な精神状態だけど、

天界は、誕生日の時期には、楽しいサプライズを準備してくれるしな~。
(誕生日その日とは限らないけど)

そりゃ、今回も起こるかどうかも知らないし、起こってもどんなことかも
分からないけれど、予測なしで楽しませてくれるので、天界は私の期待を
裏切らないでしょー!!って、どこか勝手に思ったりしてるのさ。(笑)

だから、より気楽にしていられるのかも知れない。

今は、”何も動くな”的なサインがあっても、そんなに不安にもならないし、
ちょっと楽しみな部分もあるので、ただ、様子をみてるって感じかな?
ましてや。yoham神の自己が、プロセスを設定しているのだし、、。
何も知らない者(娘)を、巻き添えにするとは、考えにくい、、、、。
母意外に、、、。って、娘だってそんなにないしょ。

ギリギリまで待って、必要に応じて行動するよ。(汗)

で、今日もお遊び的に、マナ・カード(無料)を引いてみた。
そしたら、こんなんが、出ましたよ!
→マナ・カード公式サイト

うん、このカード、、、ちょっとばかし派手な感じだね。
なんだか、みょーにワクワクする~。

ペレ

現在のあなたの運勢を表すカードは【ペレ】です。

 エッセンスは「隆起」。劇的な運勢にあることを意味しています。大きな大変動
がすぐ足下に潜んでいるかもしれません。
これまで普通に生活してきた中の一部が
壊れて、改革を迫られるかもしれません。

 しかし、この破壊は、新たな創造のための破壊です。変化が起こった場合、優先
順位を考え、それに向かって情熱を持って進んでみてください。そうすれば、この
変化によって、あなたは、より大きくて重要ななにかを手に入れることになるでし
ょう。

ペレは、ポリネシアで最も愛され、恐れられている有名な大地と火の女神です。
情熱的で短気なことで知られ、時々爆発する彼女の嫉妬深い怒りは、破壊的である
と同時に創造的です。ほとんどのハワイ人は、崇敬と尊敬の気持ちを抱いて火口に
近づき、沈黙と祈りとアヴァ(聖なる植物)を捧げます。このカードは、隆起、創
造と破壊、変化、進路の変更、情熱を尊重する などの意味を表しています。


*  *  *

【転載】ホワイトブラザーフッドからのメッセージ  へ

☆本日↓2010/9/9(木)の始めはこちらから。
【三度目の全財産失う[延長戦]~ 9:9下の娘が来る日】



【Happy Spiritual Message】さんのサイトより転載させて頂きました。
チャネラー/ヒーラー:NANAKOさん


8/27【ホワイトブラザーフッドからのメッセージ】


宇宙から新しい光が射しこもうとしています。
この光を祝福し、どうぞあなたの
新しいエネルギーとして受け入れて下さい。

今までのパターンを手放す時がやってきました。
地球は急速な進化をとげつつあり、
またあなたも急速な進化をとげつつあるのです。

どうぞあなた自身が進化することを恐れないで下さい。
人は古いものを手放す時ほど恐れを感じるものです。
それは人間の自然な反応なのです。

政治・経済に憤りを感じている者もいることでしょう。
この地球の先に不安を感じている者もいることでしょう。

一部の人は闇の存在の勢力を危惧し、
この先は闇の勢力の支配下になってしまうのではないか
と思っている人もいるかもしれません。

どうぞ安心してください。
この地球は闇の者の支配下におかれてしまうことはありません。

闇の勢力たちは、自分の居場所が狭くなりつつあるのを感じ焦っているのです。
そして、人々が目覚める中、今までのような
支配というものが困難になっていることに気付きつつあるのです。

地球が愛のエネルギーへとシフトしているのだということを思い出してください。

愛の中に闇が存在することはできません。

愛は闇の者に対しても、その者たちに
新しい気付きを与えるというエネルギーを持つのです。

どうぞ闇との戦いをやめ、自分の内なる叡智をつながって下さい。

二元性を超越するのです。

---------------------------------
9/8【ホワイトブラザーフッドからのメッセージ】


闇の勢力は日本を操作しようとしています。
それは日本がキーワード国となることを知っているからです。

現在のあなたがたの状況は、
意図的に操作されているのだとしたらどうでしょうか。

不安や恐れをあおるために
仕組まれたものだとしたらどうでしょうか。

このような時だからこそ、そのような感情を克服すべきなのです。

自分の生活を国のせいにするものも多いでしょう。
自分の生活は自分で守ると独立しようとする者も多いでしょう。

ですが、将来に不安を感じることも、節約をする必要もありません。

不安や恐れに基づいたそれらの行為は、
人々の中にますますネガティブな感情を助長するでしょう。

そしてそれらの想念は集合意識として大きくなり、
ますますそれらを引き寄せてしまうのです。

日本は、「日本という国は何をすべきなのか」
ということを考えなければなりません。

一人一人の人間に使命やカルマがあるように、
日本という国にも使命やカルマが存在しています。

つまり、それに沿っていないことを日本が行おうとすると、
この先苦しい状況へと追い込まれてしまうのです。

周囲の期待に沿って生きていこうとする人が幸せになれないように、
日本という国にも同じことが言えるのです。

日本という国のエネルギー体が幸せになるにはどうすればよいのか。

日本の良いところを見直す時がやってきています。

そして、大企業の経営者は、それに基づき力を合わせる必要があるのです。


ワンネスとは、二元性を超越した時に感じる愛のことなのです。



ホントに、そうなんだよねー。ネガティブな感情などから、
チュルチュルと吸い取るわけですよ。(笑)

個人の意識から、メディアなどを使いながらとかね。

”不安”や、”心配”、”怒り”などから、エサを与えているのは、
自分なんだよね。
向こうにすると、「やった!」って言う状態で、まんまと思うツボでさ。

できれば、「そうはさせるもんか!」って、自分の中でバランスを保って
みることをお勧めする。

でも、しらず知らず、乗っ取られた状態でも、このウィルスの話を
思い出すと、結構、客観的に対処できるし、自分のことも深くみえたり
するんで、悪いばかりじゃないんだよね。最初から良い悪いないけれど。

今いちど、この辺りも意識してもらえるように、このメッセージを転載
させてもらったよ。 今、これからの日本のためにもね。

でも、本当に日本は、ポイントになる国なので、メッセージのようなこ
とも”アリ”だと思う。

個人であれ国であれ、個人の意識も、集合意識も、結局は、
各個人で、惑わされないように心がけていくしかないよね。


2010/9/10(金)晴れ



もう、11日の朝になってしまったけど、
今日というのは、10日のことです。

---------------------------------------

今日は、娘と原宿へ行った。

昨夜、娘が帰ってきてすぐに、旅行会社から送られてきた
”温泉(箱根)”行きの資料、切符などを見せてくれた。

もちろん、”わぉ~”とばかりに、二人で、温泉の話で盛り
上がった。

しかし、、”おこずかい”は、どうしよう~と心の中で、
思った。
娘が、お風呂に入っているときに、またダウジングしてみると、
”資金(おこずかい)”の事を今話せ~!ってくらいに、
振った。(笑)昨日と違うじゃん。

今回は、さすがに私も、

「これで最後~?(お金を借りること)」と聞いた。
「Yes」と出た。

やっぱり、ちょっとホッとするよね。ホッとするっていうか、
「やれやれ」に近いんだけどね。(笑)

先日は、娘から借りるなら、少しでも早めにいわないと、、、
という気持ちもあり、伝えるならメールで、と思っていたけど、
昨夜、本人を前にして、伝えるようになっていたのだと、感じた。

軽く、「今、資金の余裕ってある?お母さん、いま節約生活して
るの。北海道から帰ってきてから、ちょっときついんだ~笑」
ま、前回同様、冷蔵庫を見た彼女には、何か感じていたかもしれ
ないけど。

「せっかく温泉行くのに、きちきちな旅行は、つまらないので、
よければ、ちょっとの期間借りてもいい?」と聞くと、

快く、「ぜんぜん大丈夫だよ!いいよー!!」って言ってくれた。

申し訳ないけど、きっと魂では分かってくれているんだろうな。
って思って、ありがたく借りることにした。

いろいろ話していたけど、その流れから、彼女は、今回の出張では、
原宿の店舗の手伝いをしている。

JRと地下鉄を使っているようだったので、地下鉄を乗り継いだ
ほうが、楽で、早いかも知れないよ。
という話から、娘は、仕事が始まる前に(シフトは、昼から)、
少し余裕があるので、地下鉄を使って職場にいく道のりの案内
がてら、一緒に、今日は原宿へ行くことになった。

すぐに、”おこずかい”も受け取れたので、とても助かった。

一緒に原宿へ行くと決まった瞬間に、すぐに”明治神宮”が浮か
んだので、即効、参拝とエネルギーチャージすることを決めた。

すごいな、流れだしたら、またすぐに展開が始まった。という
感じがした。

なんだか、これは節目なのか?という感じがあった。

また、数字のメッセージのゾロ目を沢山みた。
「111」「888」などは、複数だ。

明治神宮からの帰りのルートをいつもとちょっと変えてみた。
初めての道路だけど、しばらく歩いていると、どうも、辿り
つきたい目的の場所までには、かなり距離がありそうだな~。
と思い始めたら、目の前にバス停があり、何気に見てみると、
目的の場所のすぐ近くに停車すると分かった。

そんな感じで、大そう流れがよく気持ちいいくらいだった。

帰りには、少し食料も買えたし、贅沢は出来ないけど、
これで、娘との温泉旅行も楽しく過ごせることだろう。

この娘からの誕生日プレゼント自体が、娘からと、天界から
、そしてyoham神の自己が呼び寄せてくれた”お疲れさん”の
ギフトだと感じている。本当に感謝、感謝。

こうして、ギフトを頂き、そしてまた精進する。(笑)

今後は、またさらに、どんな展開が待っているのか、、、。という
所だよね!!

で、今日は、久しぶりにayaちゃんと電話で話すことになった。

*  *  *

いつものように、メッセージがあるかないかに関わらず、
ayaちゃんとの電話もハートでOKが出たし、今日は、ayaちゃんも
OKということだったので、委ねた。

でも、ここ最近の気付き(ツインレイ事など)は、自分の感じた
ことが”全てである”と分かっていても、私にとっては、大変、大きな
ことだったので、正直、確証を得たいと心にあるのも事実だった。

今回のチャネリングセッションで、最近数ヶ月の間に受け取ってきた
メッセージでも感じていたことだけど、心底、自分の意識は、自分で
感じている以上に、拡大し、もうどんな領域でも繋がっていることを
実感した。

以前に、ミカエルが、今後、自分の守護天使なども含め、もっと
わかるようになりますよ。と言ってた意味がなんとなく分かって
きた。

今回のチャネリングでは、最初だけ、ホワイトブラザーフットという
ことが分かったけれけど、途中から、いろんな存在が、入れ替わって
いるとayaちゃんが言ってたので、話の流れから、どこから、どこまでが、
ということすら、分からない状態だ。

ayaちゃんには、言葉、ニュアンスの違いなどで感じとれるようだった。

で、先日、ホワイトブラザーフットのメッセージを転載させてもらった
けれど、今日のメッセージは、それとダブる箇所もあると思うけど、
それだけ、今の日本に必要なメッセージと捉えていただきたいと思う。
→10/9/9【転載】ホワイトブラザーフッドからのメッセージ

現在の、様々の情報などに、翻弄、混乱など、されていたり、そこに
ある種の感情(憤り、怒り、判断など)を自分の中で感じるのであれば、
いっそのこと、ニュース、web、新聞、雑誌などは、一切目にしない、
聞かないほうが、良いのではないかと思う。


※ホワイトブラザーフットとは、白色同胞団とか白い光の奉仕団とか言われています。
 スピリチュアル・ハイアラーキーとも言われているのかな?

*  *  *

チャネリングの内容は、

【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya へ


【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by ayaから



*  *  *


【本日のチャネリング】by aya

注:ときには、ayaちゃんも受け取ったメッセージをどう言葉で表現したら
  いいかと悩むこともある。
  でも、ayaちゃんも、一生懸命、私に分かりやすいように伝えようとして
  くれます。
  できるかぎり、私の感じたエネルギーに近ずけながら書いているけど、
  ボギャブラリーは、私もそんなにないので、そこは、ご理解願います。
  聞き取った内容のメモからエネルギーを感じ取り、”再現”しながら書
  いてます。
  相変わらず、そこは、天然チャネリングです。
  もちろん、サポートもしてもらっています。

まずは、ayaちゃんの近況報告があり、現在は”空白”の状態にある
ようだ。

私は、今日、流れで明治神宮へいくことになり、一つの節目を感じた
ということを話した。

ayaちゃんと話ている途中で、しばしayaちゃんが沈黙する。

メッセージが、来ているようだ。

「おまえのための用意は出来ている。新たな現実が現れる。」

ここで、「は~」って感じ。うれしいよ。まったく。

「あれ、ブラザーフットって言ってるよ。」とayaちゃん。

「そっか、先日、ブログで紹介したメッセージの、ホワイト
ブラザーフットのことだよ。」

「あ~。」

「おまえの中に残っているものがある。」
「まだ、燃え出していないものがあり、その部分に着火剤?で火をつける」
※もしくは、火をつけることになるだろう。
「おまえの中に、くすぶっているものがある。
 それをどうするか、大きな炎にするのか、小さな炎にするかは、
 おまえ次第。」

「え?私の中に、くすぶってるものがあるの?なんだろう。」
「まだ、何か”気づき”が必要なの?」

ayaちゃんが、「気づき、、、」
なんかね、赤いエネルギーみたい。炎みたいだよ。と言った。
※一応、赤のエネルギーを調べると、資質/属性から、言えば、「強さ、
 力、豊かさ、勇気、意志、疑似体験」と書いてある。
○参考→「運命の脚本を書く」P97 著:ロナ・ハーマン


「気づきか~、なんだろう。今は分からないな~。」

今、”赤”の属性を調べてみて、その意味に当てはまるかは、
分からないけど、その中のものに関係しているかもしれない。
”強さ”か、”意志”か、、、。

ここで、メモの言葉からして、違う存在になっているような感じ。


「今、、わたしたちが、あなたに申し上げていることは、
 すぐには、理解できるかわかりませんが、

 あなたに(が?)、、、闇の中の光のひとつとして、光をより輝かすことを
 望むか、それは分かりません。」

※今、メモを読み直すと、意味シンだな~。
 私が、この先、どうするか(選択)によっては、いかようにもなりえる
 ってことなのかな? 自分にとっても全体にとっても責任あるよな。
 そう考えると、、、、


「あなたが居る場所そのものをサポートしています。」

たとえ、私がどんな”選択”をしたとしても、その場所で
サポートはしますよ。ってことか、、、。


「この先、くすぶって、、、、」※メモ切れ~汗

今、書きながら感じたけど、この”くすぶる”だけど、私としては、たとえ
どんな事が現れても、”くすぶる”のだけは回避したいよな~。
できれは、”大きな炎”として在りたいじゃん。私らしく「えいっ」って!
なんだろう、そんなに、何か大きなことか??? 
どんどん、ある意味、シビアになってくかもな。


私が、気になって言葉かける。

「この先、”くすぶって”っていうのは、先日の感じていた
「ツインレイ」に関係していること?」

「それとは、また違う部分みたいだよ。」

「そっか~、この先の進むべき道のことについてなんだろうか~?」
「まだ、見えないし、、、。」


「ねー、聞いていい?私の最近感じていたこと(ツインレイのこと)、
気づきに、誤解などはないですか?」

「あなたが、感じたのなら、そのとおりですよ。」
「その通りであれば、間違いはない。」

「それを用意させたのは、あなたたちですよ。」

「うん、そうなんだろうけど、、、あまりにも、思いがけない
 ことだったから、、、、。」「夢じゃないか」とか、
「妄想だったりしてー」なんて、ちょっと思ったから。
 でも、数年の間、、、いや、ここ三ヶ月の間にも、ずいぶん
 変化したな~と自分でも感じているよ。」

※ 正直、聞いてスッキリした。良かった!!
ツインレイの話の始まりは、

→10/9/5【再会のタイミング~何かが動き出した(ツインフレーム)】
→10/9/5【再会のタイミング~ツインレイの新たな洞察】
→10/9/10【再会のタイミング~エッセンスをマージさせる】

この辺で、また存在が変わったかも、、、と、ayaちゃん。

「誰なのかな? 聞いた?」

「気づきつつある、、、。

 あなたの光の色は、何色ですか?」

「????」

「あなた自身にとっての光の色は何色?」

「・・・」

「私たちは、問いかけます、、、。」

※内心、え~、自分のことはよく分からないよ~汗

「メッセージを受け取るには、”核”たるものがブレてはいけません。」

「立ち向かう勇気が必要です。あなたは守られています。」

「いつも、心に”白いバラ”を持ちなさい。」

ふ~ん、今、書きながら、、、このメッセージを読み返して、
なんだろうな~。「自分の感じたことは、それが全て」と分かって
いながら、聞いたことだろうか、、、と一瞬おもったけれど、
もしかしたら、”気づきつつある”と言っていたので、これから
現れることに、対してブレる可能性もあるから、注意せよ。にも
感じ取れる。たぶん、その内、この意味がわかるだろう。
その”メッセージ”とは、何を指してのことだろう。 今この?
それとも違う何かか?

このチャネリングが終わってすぐに、娘から、今から帰るねコール
があった。

娘が帰ってきて一緒にテレビを見ていると、ちょうど映像の
中に”白いバラ”と言うキーワードが、現れた。

すぐに、これは、この意味を調べる必要があると感じた。
こうやって、すぐに受け取ったメッセージをより理解する
ためにサポートが入ることは、本当に感謝だ。スゴイ。

【白いバラの意味】
 心からの尊敬・無邪気・清純・純潔・私は処女・恋の吐息・
 私はあなたにふさわしい・相思相愛・尊敬・素朴

ここで、”白いバラの意味”については、この意味合いの
多くを含むことではあるし望むことでもあるけれど、ひとつだけ、
その中の言葉に反応したことがある。
上記のながれに、繋がっているとは限らないけど。
それは、後から書くことにする。

話は、メッセージに戻る。


*  *  *

【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by aya  へ


【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by ayaより



*  *  *


私は、”くすぶっているもの”というのが気になった。

「待つ、、、、」とayaちゃんは、言いかけたけど、ちょっと
翻訳して表現が出来ない様子だった。

※ 「待つ」には、敏感に反応した。
  もう実際に、待つのは、少々くたびれた。笑


「ね~、私は、どんなことが現れても、もう覚悟も出来てる
 と思うんだけど、、、、。現れたものを受け入れて行動するし。」

「あなたは、もう”勇気”も”覚悟”も必要ありません。
 すでに、リリースしています。」

「えっ??そうなんだ、、、、。」

※ って、まだ、現れていないのに、すでにリリースしている
 なんて、、、自分でも、そこまで進んでいたのか、、、と思う。
 確かに、何度も何度も、覚悟して、勇気ももってきたけど、これ
 さえも、リリースするものだったとは、、、笑


話は、戻り、、、「待つ」

「”待ち受けること”」に近いようだ。この先のことについて
 だろうと思う。

「あなたの背中についているフックにからまり(引っかかり)
違う場所に移行する。」

「本来の行く場所に、やっと引っかかった。サーク?が引っかかった。」

ayaちゃんが説明した。

「あのね、、、イメージでね、○○○の背中にさ、フックが付いて
 いてね、そこに、ロープのようなものが引っかかったてね。そして、
 そのロープが、本来のいく場所に連れて行ってくれる。って感じ。」

「うん、なんとなくイメージできる。」

今、読み直すと、ようやく動き出すのかって感じで、ちょっと嬉しい。

※この辺でも、存在が変わってるかも。

で、私は、名前を尋ねたけれど、
この存在は、名前などは、よい。
名前などはない。と申されておりました。ただ、守るもの。
サポートするものである。という感じでした。


「行動するばかりではなく、そこには、”選択”や”言葉”なども
ある。」

「もめ事の良し悪し、、、???
 先に進んでいるものは、遅れをとっている者を引き上げる必要がある。」
本当は、「秀でている者は、劣るものを引き上げる」ということだったけど、
勝手に、言葉をかえました。


「心の中の剣でもって、悪しきもの(闇のエネルギーに囚われたもの)
 を、裁きなさい。(裁くという言葉には少々抵抗あるけど、立ち向か
 って行けってことと理解する)」

「え~、裁くって、目に見えないもののこと?」

「裁かれるものは、ここに来てはいけない。
 この三次元(地球)には、来てはいけない。」

「肉体あるものも、見えないものも。」

私が、感じている以上に、状況はもっと複雑なのか?
いや、色々な存在もいるってことなんだろうな。
私の思っている以上にね。


「選ばれし者の一人。おまえの役割。”まがたま”を使え。」

「”まがたま”~?この言葉を使うってことは、日本神界じゃん。
 あとで、意味を調べておくわ~~~。」

☆勾玉 - Wikipediaより
勾玉(まがたま、曲玉とも表記)は、先史・古代の日本における装身具の一つ
である。祭祀にも用いられていたと言われるが、詳細は分からない。語の初出
は『記紀』で、『古事記』には「曲玉」、『日本書紀』には「勾玉」の表記が
見られる。語源は「曲っている玉」から来ているという説が有力である。

で、装身具とは、
☆装身具 - Wikipediaより
装身具の始まりは、装身目的ではなく呪術的なものであった。外敵から身を守る
目的で、魔力があるとされる物を常時身につけたのが始まり。

いろいろ説はあるようですが、、、、

こちらのサイトでは→勾玉の歴史
神話の時代
日本を創ったといわれるイザナギノミコトとイザナミノミコトという神様が、
「あなたは、天を治めなさい」と天照大御神(日の神様)に「ミクラタナノ神」
という珠をお授けになりまた。
この珠が勾玉であったという説があります。
神話の中で
「天照御大神」は全身にまがたまを身に付けていた・・・という話も書かれています。

ということも、書かれており、、、

「私、、、持ってたんかいっ。汗」って話なんだけどー。
でもどうやって使うのか? 錬金術のときのように、知らず知らず
使うんだろうな。
ま、こういう言葉が出てこないと、調べることにはならないから、
勉強になるわ。


「今の日本の状態、、、日本にいる皆さんへにメッセージは
ありますか?」

「深刻ではないが、、、深刻な状況に【見えるように】
 されている。」

「悪しき心の者達が、かなりの操作をしている。」

「申し渡しておく、、、、

 この一連の流れに(政治、経済含めて)

 おまえたち、目覚めたものが、惑わされてはいけない。」

「ならん! 惑わされている。
 幸いにして、気づいている、、、おまえたちは気づいている者だ。

 あまえには、伝えてはいるが、あまえたちが、”ここに在る”
 状態が、(他者に)”気づき”を与えている。」

「おなえには伝えているが、」というのは、昨日のブログにアップ
したことだろうか。
私が、何かを感じ、転載したメッセージ(選んだ)は、ある意味、
天然チャネリングによるものという事かも。自然に繋がってるから、
自覚できなかった。キャッチしているからなのかー。


「三次元に”刺激”を与える存在としている。」

「おまえたちは、動くときが来ているぞ。
 動かねばならん。

 先を見据えて、腹を据えて、感じ取ったものを伝えていかねば、
 ならん。

 この日本国が、おまえたち一人ひとりにとって、”どんな役割なのか”
 考えなければならない、動かなければならない。
 
 時間は、そうない。

 我々は、そのような者たちを助ける。神に仕える者に。

 名前などはない。ただ、おまえたちを守る存在である。

 名も無き者として、おまえたちの傍らにおる。」

「これは、先日のホワイトブラザーフットと同じことを意味
 しているね。」

「うん、そうだね、白龍も、ヤハウェイも同じようなことを伝えて
 いたよね。」


「ね、聞いていいかな?」

「144000人のうち、どのくらいまで目覚めたのかな?」
※ 私が、144000を出したのは、理由があってなんだけどね。

「そのような、144000人ということ自体が”幻想”である。」

「その数字以上のものが、目覚める約束をしている。」

「ま~、幻想っていわれれば、そうかも知れない。次元自体だって、
 ある意味、幻想なんだからねー。」

※このことは、以前に書いた。

ayaちゃんが、少し説明してくれた。

「日本国にも、何度も移行を目指しながらもね、
 何回やっても、”また次でいいや”って後回しにするものも
 いるんだって、そういう筋金入りもいるって話。」

「ま、たしかに、いるのだろうけどね、、、」

もし、居たとしても、”何のために今地球に来ているのか?”を、
もう一度、内側に尋ねてほしなって思うな。
”ただの見物人”になるためではないでしょう?
実際に、白龍は以前、見物人もいるって言ってたような記憶もあるけどね。


144000人についてはね、以前にmixiのあるサイトで読んだ
メッセージの中にね、海水を浄化するには、144000人が、
目覚め、光を同じ時間に、20分間送ると、一瞬で浄化される
とあって、それを、一般の人で行うには、300万人?だったかな?
相当数の人数が必要になるってあったからなんだ。
それで、聞いてみたかっただけなんだんだけど。

*  *  *

【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他④】by aya へ


【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by ayaより


*  *  *

 
「ね~、、、やっぱ、ここで聞いちゃおうかな~?」

「あのね、7月に北海道へ帰ったときに見た”夢”のことさ。
 答えられなければ、いいからね。ただの”夢”の話だから」
→10/7/5【顕現のスキル~物理学者、科学者】

「夢の中で、ジャーちゃんが、”あなたはキュリー夫人なんですよ”と
 言ってた意味のことなんだけど。まさか、私の過去世がそうだったっ
 って話じゃないでしょー?」
※ジャーちゃん=アダマス・セント・ジャーメイン

「あ~、それね。」

「その意味はね。」

「先駆者は、つねに疎まれる存在。出るクギは打たれる。
 おまえにとって、それ以上でも、それ以下でもない。」

「え~、そういう意味かいっ!!
 でも、なんでキュリー夫人さ。小学校の教科書以来、思い出した
 こともないのに! 笑」

「だって、キュリー夫人だって同じだったんじゃないの~?
 あの時代だしさー。」

「確かにね。 調べたときに、書いてあったけど、”女だから”
 というのがあったようだしね。そうかも知れないけど。」

「そういう意味か~~~。
 それは、以前から覚悟していたよ。」

それは、ジャンヌのこともあるし、ヤハウェイが教えてくれた
メッセージからも感じとっていたし。世の中(三次元)では、どの
ような世界であっても、まだそういうこと(バッシング)が実際ある
しね。


「でもさ、たとえそうであっても、分かる人にはわかるし、
 そんなときも、笑ってぶっ飛ばせばいいさ。」

「うん。」

「そんな者たちも、ある意味”役割”ともいえるしね。
 本人の自覚がなくても、古い地球のアンカー役ってね。
 そう思えば、感謝ともいえるかもしれないけど、そんな者たちにも、
 出来るだけ”光”を送っていこう~!!」

と、、、大きな声で言っちゃいましたから!(笑)
実際は、もっとヘビーで、きつい状態に陥るのかも知れないけど。
でも、打たれ強い、わたくしのことなので、それさえも、バネにしよう
かと思います。


「でね~~~、へへ、、、ここでねチョット聞きたいことあるんだ。
 聞いて驚くなよ~~~!笑」

「実は、ここ最近の感じていたツインレイのことなんだけど、、、
 あるサイトでね、同じようにツインレイと出合っている方の
 を読んでさ。そんなに多くは語っていないけど、どうも、その
 ”ツインレイ=分魂”と書いてあるのだけど、外国(英語圏)
 の方のようで、、、。(が、しかしハッキリは分からないよ)

 ダウジングではね、私の相手は、日本人ではなくアメリカ人?と聞くと
 「Yes」って出るんだ。そこのところ聞いてほしいの。」

「私、英語できないじゃん。私は、英語を話せるようになる?ってこと?
 例えば、過去世の才能とかを引き出して使ってとかさ。笑」

「テレパシーを使うんだって。」

「あ~、そうなんだ。」

「うん、テレパシーで会話は出来ちゃう。」

「それと、アメリカ人と、アメリカ国籍の人って意味が違うでしょ?
 アメリカ国籍の人は、人種も違ったりするよね?」

「そりゃ、そうだね~、そこまで思わなかった!」

「だから、アメリカ国籍で、日本人の場合もあるだろうし、
 いろいろな国の人がいるから、どこの国とまでは言えない
 けれど、そういうことみたいだよ。」

「そっか、分かった。」

なんだか、ホッとした。って、何がホッとしたのか分からないけど(笑)
私も、自分で気づいてからは、どこの国籍であろうが、どこの国の人で
あろうが、ようは”自分”なのだから、受け入れることを決めていた。
年齢も、なにもかもね。
ただね、最初のほうにメッセージがあった”白いバラの意味”で反応
した言葉のことだけど、それは実は「私は、あなたにふさわしい」の
ところ。笑。

わずかでも反応したってことは、そこに少々気にする部分も否定でき
ないってワケ? 汗。

もしかすると、経済力や地位などが、自分の想像以上にあったり、若かった
りしたら、その時にならなきゃ分からないけど、ブレないでいれるのか?
ってことね。
でも、会った瞬間に、”自分”って分かってしまったら、どんな状況であろ
うと、否定のしようもないぞ。って私は感じているけれどね。
さて、どんな状況が、待ち受けているのやら。(笑)


話は変わって、

「ね~~、ayaちゃん、私たち、伊勢神宮にいくような気がする~!!」

ま、以前からayaちゃんも言ってたことなんだけど、、、

「私も、そう思うよ。」

「私ね、こうやってチャネリングをしてもらってるお礼に、ayaちゃん
 と一緒に行きたいな~と考えていたんだ!」
(実は、もうすでに創造して手放していた事なんだけど。笑)

「あなたたちは、もう分かっているでしょう?」

「へへ~、そうだね~~。うん、そう感じているから。」

「ついでに温泉もいくような気がする。」

「じゃ、南紀白浜あたりでも~♪」

「いいね~~~♪」

「想像以上になりますよ。」

「わ~い、そのときは、神々も、天界もいっしょに楽しもう~!!」

「出雲にも行きたいんだよね~。10月に。祭事があるでしょ。※名前は「神在祭」だったか?
 その時なんかにー。」

「濃いね~。」

「じゃ、いつになるかは、分からないけど、手放して、ただ楽しみに
 してよう。」

その間に、ayaちゃんの携帯が電池切れそうだ~~!と言い出す。

「わかった、どうもありがとう。と言う。」

一旦、切れる。

電話を、かけてくれた。

「あ=良かった!
 私、言い忘れたことがあったの~!!」

「あさって、娘と温泉にいくでしょ?そのお礼がいいたくて。
 本当に感謝、感謝。 娘の魂にも、神々や天界、宇宙もだけど、
 そして、私の神にもね。
 ほんように、準備してくださってありがとうございます。
 楽しんできます!」

なんだか、ニコニコのエネルギーを感じる。

「次は、母を連れていくのですよ。」

「え~!!嬉しい。それは本当に嬉しいよ!
 だって、母より先に私が先に行くなんて、、、。」

「あのね、もう現実になってるよ。
 ”これ、ほんとうに美味しいね~!っていう感じの映像が見えて
 るから。笑。」

「もう現実になってるの?嬉しいな~。遅くなった親孝行だけど。」
(これも、すでに創造して、手放し済みのことである)

”創造”、”具現化”は、本当に早くなっているようである。
なんと楽しいのだろう。
 

今日も、最後まで感謝、感謝で終わりました。
全てに感謝。


*  *  *

で、話は、これで終了ではなく、この確信をもって、
娘にツインレイの話をした。

【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他⑤】by aya へ

☆本日↓2010/9/10(金)の始めはこちらから。
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他④】by ayaより

さらに、続きます。

*  *  *

このチャネリングで、確証を得たので、これは、娘にも話して
おかなければならないと思った。
ツインレイ=私は、"分光"と呼びたいけど。その話をね。

さすがに、”男”の”お”の字も、離婚してから口に出したことも
なければ、話したこともない。
まるっきり、母は一人でやっていくんだろう。くらいに思ってて。
自分さえも、それに近かった状態なので、どんな返答になるだろ
うか?

もう、”休憩の時間は終わり”と思っていいの?って聞いたら、
”そう思っていい”って感じだったので、いつ、どうなるか分からない
しね。
そりゃ、一緒に暮らすとか、そういうことなんて分からないけど、
一応、”男性”なのは確かだからね。心の準備が必要でしょ?
ましてや、日本人じゃないかも知れないし。

いたずらっ子のように、どんなリアクションするのか、、、、
ハートから、ワクワクした。

お風呂から上がった娘に切り出した。

「以前にしゃぶしゃぶを食べに行ったときの話を覚えてる?」

以前、闇(虚空)から光が生まれ、この三次元に下りてくる間に
私たちは、いくつもに分かれてきたという話を再度した。

そして、もう少し分かりやすいように、説明を加えながら、
こういうことで、最初に分かれた光(自分)と出会うことに、
なってると話をした。

人間の意識によって出会う人も変わってくという話から、
最初は、学びかもしれないけど、それも変化していくという
ことや、今の娘のパートナーの話も含め、神聖なタイミング
というのがあるという話まで、いろいろ。

「じゃー、それって男の人?ってこと?!」

「うん。それも自分だけどね。」

ちょっと最初は、複雑そうな顔があった。

「でね、一緒に暮らすとか、そういうことは、まだ分からないよ。
 まだ会ってないんだから。だけど、もしかしたら、、、日本人
じゃないかも知れない、、、」

「え~、そうなの?」

「でね、年下だと思う。」

「え~、汚い人はイヤだな~」

「何それ~!! それって差別?その人は、お母さんなんだよ!笑」

「だから、お母さんが二人って思って!爆
 でね、いつ何が起きても不思議じゃないから、今から、心の
 準備を、しておいてもらおうと思ってさ。」

ここからは、ちょっと漫才になっていった。

「じゃ、マイケルって呼ぼうっ!!
 あだ名をつけたほうがいいな。」

「なんで、マイケルなのさ。ミカエルと同じじゃん。
 きっと、笑っているよ~!」

「だって、一般的じゃん。」

「そしてね、お母さんなんだから、汚くないから。爆
 まず、自分で決めて来てるんだから。笑
 確かに、アメリカ国籍で、違う国の人で、陳さんって名前
 かも知れないし、分からないよ。もう、お母さんは、受け入れよう
 と決めているの。そう自分が設定したんだし。」

「言葉は、日本語とちゃんぽんかも知れないけどね!」

「ね~、じゃーいつ現れるか分からないんでしょ?」

「うん、そうだね。一週間かもしれないし、1ヵ月、年内、、、
 それは、お母さんにも分からないよ。」

「じゃ、明日かも知れないよね!」

「でも、明日は、出かけたとしても商店街しか行かないし。爆」

「ねー、外人の人みたら、目で探しちゃったりしない?」

「うん、今日ちょっと、神宮で探しちゃった。でも居なかったよ」

「じゃ、箱根で会ったりして~~。」

「それもあるかもね。笑」

きっと、会話の全部は書ききれない。
かなり、”爆笑の嵐”だった。
こんな会話をしてるくらいだから、大丈夫のようだ。
あとは、実際に、その時になってからの話だよ。

それからは、それはもう、お笑いの世界に入っていって、

「お金もちならいいよ。旅行つれていってほしいし。
 いろいろ案内してもらおう!!」

「そこが、基準かい。」

「だって、お母さんなんでしょ? 」

「でもね、たとえサポートはしてくれたとしても、成長を妨げる
ようなサポートはしないよ。お母さんだから。」

「経済的なことは分からないよ。でもね、多分引越のこともあるし、
 いろいろサポートはしてくれるだろうと思う。」

「そうだよね。奨学金の支払いの催促、○○のところにも、毎回
電話きているよ。”はい払いますから”って言ってるけど。 爆」

「そうだよね、笑。電話いってると思ってた。ゴメン。」

「ね、その人、お母さんのこと分かるの?」

「うん、全て分かってくれてるみたい。」
(これは、ダウジングで確認していたこと)

「その子の成長となることなら、いいけどね。」

「でもね、最初は確かに、いろいろと経済的なサポートが
あるかもしれないけど、お母さんも完全に経済的な自立して、収入が
はいったときには、そのお金も、その人のものでもあるんだよ。」

※娘には、詳しくは話してないけど、お金といっても、我々のものだけでは
ない。天から預かりしもの。
でも、何かに書いてあったけれど、まず自分が満足してから、流すように
なると。まず己が満たされることから、本当の意味での分かち合いってこと
かもね。でもね、良く考えてみると、これまでの過去って、自分もないくせ
に、流してきたし、自分が満たされていないのに、他者に何かしたいし。
自分はすべて後回しのような感じだったから、今度は、逆なんだと思った。
もちろん、他者、己と、同時進行も、部分的にはあるよ。
そんな感じだと思う。多分、自分はもう充分って感じたら、自然になるんだろ
うね。あるがままに。

でも、結局は、娘も何気に楽しみになってきた様子で、実際に、そうなる
ことも、分かって生まれてきたんだろうから、そんな抵抗はないだろうと
思っていた。(実際には、大人になって本心を多少なりとも隠してるって場合
も全くないとは言い切れないけどね。後から、また複雑な気分になるかも
知れないし、まだ、半信半疑かも知れないし。笑)
なんだか、話しているうちに、娘の側面で、「お金がないから出来ない」と言う
信念体系が、少しずつ崩れていった。
もしかしたら、、、、の可能性が希望に繋がったからだ。

「ね、普通の人は、そう信じているよね。お母さんもそうだったけど。
 でも、人間には、無限の可能性があるんだよ。
 でも、いろいろな植え付けや、思い込み、過去世からのクセなどから、
 そう信じてしまったんだよ。生きていくためには、働かなきゃならない
 とかもね。」

「でも、本当に、いろいろな可能性を心底、信じられるなら、それは
 現実に現れるよ。」

「だから、そう思ってたらいいんじゃないの?」

「ふ~~ん。」

「人間は、本来は、喜びや、自分の才能を分かち合いながら生きていくように
 なっているんだから。
 今後は、そういうところを目指すんだけどね。
 その為に、お母さんもお役目があるんだし。」

「うん。」

「ね、ねー、その人の実家がとても広くて、何部屋もあったらさ、
 うちら招待されても、ここでいいです。って一部屋にみんなでかた
 まっているよね。爆」

「それはありえるね。うちは、ずっとそんな感じだったから。爆
 落ち着かないんだよね! きっと、そんな感じだよ。」

そんなことを話し、こんなところにも行きたい、こんなこともしたいと、
まだ、現れていないのに、大きな話になっていった。

「お姉ちゃんには、いつ話すの?」

「あんたから言っておいて。」

「こんな話なんて○○に出来るわけないしょ。」

それもそうだなって思った。

「お姉ちゃんねー、ときどき恐れるからな~。」

お姉ちゃんの場合は、チャネリングとか信じてはいるだろうけど、
見えないもの、エネルギーなどに異常に恐怖を感じるらしく、
自分でも理由がわからないと言っていた。

「たぶん、お姉ちゃんの場合は、過去世から来ているかもな~。
 出来れば、会って話すのがベストなんだろうけど。
 ま、いずれにせよ話はしなきゃね。」

「うん。」

*  *  *


さて、なぜ、こんな会話まで、書くのかというと、、、、(笑)
シンプルに、楽しかったから書きたいもあるけれど、、、。

それは、みな平等に、”可能性”としてある。ということを伝えるためで
もある。

それが、私の役割の中のひとつでもあると感じているからに他ならない。
良い意味で、何かを感じいただけたら幸いです。

今日と言っても、もう朝になってしまったけど、楽しい日でした。


長くにわたり、お付き合いに感謝。


*  *  *

【節目のメッセージ:その後の気づき】 へ

2010/9/11(土)晴れ


☆これまでの流れ
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他①】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他③】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他④】by aya
【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他⑤】by aya


結局、あれから寝るタイミングを外してしまった。

娘が起きる時間になり、午後からの友人の結婚式のために、
身支度を始めた。

その間にも、いろんな気づきというか、”確信”のようなものが
湧き上がってきていた。それは、これまでの経験から得た直感かも
知れない。

その内、洗濯したりして、娘が出かけてから、そのどうも気になること
に対して、ダウジングをした。

その”気になること”なんだけど、いろいろ繋がってきていた。

根拠として言葉にするのなら、、、

キーワードは、以前のシリウスのツインフレームから
のメッセージの言葉。

”出会う”、”会った瞬間に自分だとわかる”

最初は、メールからで、そして約束して会うのかな?とも思った。
でも、どうも違うようだと感じはじめていた。

”出会う”ってからには、やはり「バッタリ」の要素が高いのでは?

”出会う”からには、お金がないと出かけられない。
=反対に、お金がないと出かけることもしない。

確かに、娘から”おこずかい”は借りた。
でも、必要なものを少し買っただけで、あっと言う間に、
なくなってきた。
温泉行くときも、そんなに余裕あるってほどじゃない。

14日に娘が帰ったら、たちまち資金はなくなるだろう。
=外にでない生活。出会う確立は皆無か?

「お金を借りるのは、これが最後」と確証もとれた。

最近の第三の目が痛かったこと。

エッセンスのマージが3日間あったこと。
これは、他のマグダラのマリアのメッセージを読んで、
キーワードが”エッセンス”、”マージ”、”3日間”
と目に飛び込んできて、”サイン”を受け取っていたこと。
マージが終わったら、その後は?という感じだった。
それで、昨日の節目、チャネリングになったこと。

昨夜、ハートから、娘に話したいという思いがわきあがったこと。
娘にとっても心の準備が必要だから、昨夜。

いろんな要素が混じってだけど、

最初のダウジングは、もう、ここまで感じ取っているのだから、
本当のことを教えて。心の準備もしておくから。
と言って行った。

「ツインレイと出会うのは、”箱根”だと感じる。」

「Yes」


それは、電車の中かも知れないし、温泉についてからかも
知れない。

でも、これは、数日間薄々感じていたことだ。
なぜ、昨日聞かなかったかといえば、”いつ””どこで”
については、聞かないでください。と言われていたので、
聞いちゃダメなんだよな。と思っていたからだ。

でも、今、ブログを書いてると、昨夜の娘との会話などや、
夜中にブログを書いていなければ、このようには、繋がって
こなかったので、これで”完璧”な流れだと知った。

サインや気づくときって、その時々で、点のように気づく
けど、あとになって、どっと押し寄せるように、繋がって
くるから、面白い。


「・・・この機会(箱根温泉旅行)しかない!!」

ブログを書きながらも、その思いが浮かんできていたけど、
集中していたので、今の時間になった。

そして、もう一度、メッセージを読み返し、感じてみたかった。

すると、さらに夜中には、見えなかったものが、よりクリアに見えて
きた。

「そうか!! こういう事を言っていたんだ!!分かった!!」

今回の【節目のメッセージ:ホワイトブラザーフット他②】by ayaの中の
メッセージで。

最初の部分。
「それを用意させたのは、あなたたちですよ。」

”あなたたち?”を最初は、ayaちゃんと私?なんか変だな?と思ったんだ。
だけど、もうすでに、ツインレイと私を指して、”あなたたち”と伝えた
んだ。

次に、


「メッセージを受け取るには、”核”たるものがブレてはいけません。」

「立ち向かう勇気が必要です。あなたは守られています。」

「いつも、心に”白いバラ”を持ちなさい。」


この部分のことが、より伝わってきた。

”メッセージ”、、、これは、今後受け取るメッセージの
ことだ。
しかも、ツインレイと二人で”お役目”に対してうけとるのだ。

それは、昨夜もブログの中で出てきた、あるサイトの、
方が、すでにツインレイ(分魂)と、出会っていて、その時の
様子が浮かんできた。これも”サイン”だったのだ。

そのブログには、「分魂と、ある神社に呼ばれています。そこで、
今後の”お役目”についてのメッセージを受け取る予定です。」
みたいなことが、書かれていた。

それを思い出したのだ。

すぐに、ダウジングをしてみた。

「ツインレイと出会ったあと、二人で”お役目”に対して、
メッセージが降りるということね?

そして、そのメッセージを受け取る時に、ブレないこと。と
いうことだ!!」


このように、紙に書いて、その上でダウジングした。

「Yes」

「やっぱり、、、。そういうことだったのか。」

「分かったぞ!!」

謙虚に、受け取ります、、、。とつぶやいた。

思ったより、”気づき”は、早く起こった。よかった。

ノー天気に、「温泉、楽しんできます~!」どころじゃないじゃん。笑

でも、感じれば、感じるほど、昨日からの受け取るメッセージ
は、なんだかな~。神妙~。

でも、ミカエルは、言ってたよな。

もう、考えてみたら一年以上も前のメッセージだよ。汗
ようやくその時のメッセージの内容が目前になってきたって
感じ~。
→09/8/15これからの展開【シフト②】-12【確認Ⅰ】
M:「荷が重いとか、無理しそうと思うときは、この意識を切り替えましょう。
   起こることに圧倒されてしまうけど、それを【祝福】と感じてください。
   これは、実際に【祝福】なんですよ。」


これこれ~。この時のメッセージが近いな~。
この流れからいうと、10:10:10の日くらいまでに
もっと見えてきそうな感じだな~。

そうそ、何事も、【祝福】さ~。


感謝だ。感謝~。

また、何か気づいたら書こうと思う。
明日は、いよいよ箱根に出発だしね。

初めて乗るロマンスカーだよ。楽しみ。
しかも、最初に予約した帰りのロマンスカーの時間が、
勘違いで、乗れないことが分かり時間変更したら、
”良い席(展望席っていうのか?)”が空いていて、お取りして
おきますね。と旅行会社の方が親切にとってくれたんだ。
天界の計らいか、、、みんな感謝なんだ。

さて、それよりも、ちょっとは寝ておかないと。
興奮して寝れなかったりして。

*  *  *

参考までに、先日たまたま過去の転載メッセージから見つけた。

10/1/6【転載】2010年の予測と1月のエネルギー ~大天使ウリエル
【抜粋】
9月のポータルは、2011年の新しいエネルギーの中へのシフトです。2010年はまだ
完了していませんが、多くの人は高い次元への移行の準備が出来ています。そしてこのポー
タルは、彼らにその移行を許し、(いくらかの方は惑星を去る選択をすることもあるでしょ
うが)惑星を去ることなく、3次元的なエネルギーの外へとシフトします。

新しいパートナーシップ
~中略
3次元が完了して高次のエネルギーと共鳴するパートナーシップを持つために必要な浄化ワ
ークにより、さらにたくさんの人が2010年にパートナーを見つけるでしょう。
これが起こるかどうかは2つの決心によります:高次のエネルギーの中での関係を持つこと
にオープンである、そしてパートナーを受け取りたいと心から願っている。


*  *  *

この後の結果は、、、
→10/9/14【再会のタイミング~期待(エゴ)の解放?&箱根温泉】


2010/9/14(火)曇り一時雨


ブーケ5
久々のブーケ:娘が式場からもってきてくれたよ。



今日、下の娘が札幌へ帰った。

9日から来てたけど、あっと言う間の滞在だった。

洗濯、掃除をしていつもの時に戻った。


□ 出会うタイミング

「あれ~?(語尾↑) おかしいなぁ~~!!(強めに)」

が、ひと言め。

先日、10/9/11【節目のメッセージ:その後の気づき】に、

この時、娘との旅行中か、滞在中にツインレイと出会う感覚を
受け取り、気づき、大胆にもブログに書いてしまったが、、、。(スマン)

今回は、違ったようである。
その他に感じていたことは、それはそれなんだけど。

一応さ~、長い長い別離の後の再会なんだからさー。
最初くらいと思って、いつもより化粧も丁寧にしてたのに。ぷっ。(笑)

結果的に、思わせぶりに書いてしまったけど、私自身だって、
肩透かしの気分だよ。

今のこの状況を、理解してもらえて(自分だし)、この状況から
正直、抜け出せる手立ては、「ツインレイ、あなたですから~!!」
の雄たけびを上げたい気分だったんだから~~~。(爆)

何事も、”神聖なタイミング”があるのも確かですから、また、
おとなしく、そのタイミングを待つしかないようです。

でも、ホント、自分でも疑問だよ。じゃ、何故、あの感覚?
yoham神の自己は、どうしてそうしたのか?
単に、期待からくるエゴなのか?
それとも、エネルギーを呼び寄せる?(何と言葉を使えばよいか
分からないけど)為に、意識を向けている必要があったからなのか?

こればかりは、知りようもないので仕方がないけどね。

まっ、どちらにしてもいずれは、出会うことになっているの
だから、、、、。
どんな状況下であっても、、、、自分のマインドでは考えられな
いような方法で出会うのかも知れないし。

温泉旅行中は、そんなにお金を使わずにすんだので、今日、
ギリギリ所持金をはたいて、空港まで見送ることも出来た。
(荷物もあるし、せめての気持ちで)

でも、また前と同じ生活に戻りました。

期待にもなんとなく気づき、手放そうとしたけど、自分でやる
のは、難しい。 やはり期待もあったと思う。
正直な気持ちを話せば、もう生活も”激変”する段階に入って
きたのだと思ってただけに、”もう、うんざり”も通りすぎ。

私にしたら、少しガッカリだったかも。それってエゴがあったっ
てことだよなー。
また、これで、期待(エゴ)を落としたのかな~?

※【期待】は、”エゴ”である。
 真のワクワクは、【ハートから】くるのである。
 で、【期待】からくる”偽のワクワク”っていうのもある。
 【自我】を落とす過程には、それぞれのやり方があるかも
 しれないけど、何段階もある。
 今回のワクワクも偽のほうだとすれば、完全に騙された。
 よりハードルも高くなっていたかもしれないな。
 (正直、どっちだか分からない)

って、落とし方の方法が、毎回、”期待もたす”ような事が先に
あるんだよねー。(汗)
それで、これまでのパターンからみると、いつもこうやって
自我(エゴ)を落とすやり方するからな~。真の自己は。(汗)

もし、期待(エゴ)のほうだとしたら、
これを落とさないと進まないってことなのかもね。
奥にあるものを表面化させてくれてるんだけど。
ツインレイのことも、また溜まってる支払いや、借金返済のこと
なども?

ま~、いいや。結局は、自分のためなんだからー。(泣)
期待なく、手放せよ~~。ってことだ。

こんな事のあとは、「もういいや~。」って気持ちに
なるし、それでいいのかも。

でも、自分の気持ちにも色々気づけたよ。
そう、どんなに「必要としている」か、とかね。


それとは別に、温泉で、いい思いもしてきたし(笑)


まっ、そんなのもスッカリ抜けたらタイミングも現れる
でしょう。

もうお金を借りなくてもいいのは、ホンマかいな~?(汗)
何だか、この生活に戻って、それさえも、どうなんだかって
思えてきたよ。

”あの節目”は、何の節目なのか???

何だか、いまストレスが出てきちゃった。(汗)
10月10日が過ぎるまでは、あなどれんな~。
この先、今月はどうなるの?と一瞬でも思っちゃう。

いけない、いけない。ちゅるちゅるエネルギー吸ってる存在を
忘れちゃいけない。思うツボには、要注意!

「今ここ、今ここ。」忘れないように、、、、。
いつだって、明日のことなんて分からないのだ~。


よ~し、笑い飛ばそうー!



□ 箱根温泉旅行

温泉旅行なんて、いつから行ってないのだろう?
もう何十年?覚えてないや。(笑)

娘に感謝。

*  *  *

お弁当を買って、初めてのロマンスカーに乗った。
その後は、登山鉄道に乗って山を登っていきました。
山の景色を見て、田舎の感じが、とてものどかで、ホッと
落ち着けた。

Image091.jpg
登山鉄道


お天気は、薄曇りに近かったかな?でも、暑すぎず、丁度よか
ったかも知れない。

温泉は、本当に、”いいお湯”だったな~。
「極楽、極楽~♪。」と娘と言いながら入ってましたよ。

お湯だけではなくて、娘が選んでくれた「強羅」にある、
「雪月花」という旅館は、とても良かったです。

旅館エントランス門(小)
旅館のエントランスの門


お部屋もきれいで各部屋に専用露天風呂もあり、和風モダンの
部屋もステキだったし、食事も良かった。

客室 ベッド  Image068.jpg  Image069.jpg
ベッド             テラス            専用露天風呂


あんなに、一度に久しく食事の量を食べたことが無かったので、
もうお腹がパンパンではち切れそうだった。

Image067.jpg  Image073.jpg  浴衣
テラスからの景色                浴衣も選べる。作務衣もチョイス。

Image076_20100914223807.jpg  Image079.jpg
夕食:前菜からデザートまでのフルコースで、和牛しゃぶしゃぶ。


朝食は、バイキングではなく、ちゃんとした一人前で出てきて、
充分な量で、美味しく頂きました。

Image085.jpg


結局、お部屋の専用露天風呂は源泉ではなく沸かし湯だったので、
大浴場、露天風呂のほうを主に利用した。

専用露天も話ネタに入ってみたかったけど、なんとなく機会を失って
しまいました。

大浴場のほうは、結局、行った日に二回入り、翌朝、一度入った。
貸切露天風呂も、朝に一つ空室になっていたので、ざぶんとだけ。

Image088.jpg
貸切露天風呂


大きな湯船で、温泉のお湯に浸かれるのは、ホント至福~。
日本人でよかった。おもてなしの心は最高~。

帰りのロマンスカーは、展望席の前から二番目。
娘とウキウキした。運転手になった気分だよね。

Image096.jpg  Image099.jpg


疲れを癒し、ほんと、のんびりと過ごせたよ。

とにかく、ここで”休息の時間”を取ったのは、ありがたい。
13日は、無事に誕生日を迎えられました。
温泉でなんて最高だね。

また、精進してまいります!!

あっ、上の娘には、今日、ツインレイの話を電話でした。

あんまり驚かなかったよー?!
ま、下の娘と同じようなもんだった。
もっと冷静。普通~~~。(笑)

後から、下の娘からのメールで、

「お母さんの行動には、もうビックリしないよね(笑)」
って、お姉ちゃんと話してた。って。

さすが、私の娘たちも鍛えられてきてる。(笑)

無事に娘が来ている期間を過ごせたことにも感謝。


すべてに感謝。


2010/9/15(水)曇り時々晴れ



昨夜は、まだ、自分の中にあるストレスの元になっているものに
気づいていた。
本来であれば、それに”気づいている””受け入れている”状態で
あとは手放せば、それでいいのだけど、昨日は、紙に書き出して
ジャーちゃんに紫の炎で燃やしてもらい、ミカエルに光でコーティ
ングをしてもらった。

朝起きたときには、もう忘れてしまっていたくらい、平穏な状態
に戻っていた。

また、一瞬一瞬だね。

昨夜、アップされていたメッセージ。丁度「フラストレーション」の
ことも書いてあった。(笑)


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Archangel Gabriel – The Blessings of Creative Chaos
12 September 2010
Channeler: Shanta Gabriel

http://lightworkers.org/channeling/114416/archangel-gabriel-blessings-creative-chaos

「クリエイティブ・ケオスの祝福」-大天使ガブリエルのメッセージ


☆ 聖なる流れに進む

この時期のパワーは、祝福と、そしていくらかの人々が“のろい”と呼ぶものの両方を与えます。
地球が受け取る神聖なる光のダウンロードの率が急上昇するにつれて、エネルギーの中の(異なる
次元への)大飛躍が、人類全体に影響を与えています。
このエネルギーはとてもパワフルで、それが肉体のエモ―ショナル・センターをヒットする時には、
人の一番エンパワーされたフォーカス、またはバランスが取れていない一番弱い部分を刺激するこ
とがあります。この極度のチャレンジは、先例のない機会を与えます。
あなた方は、この時期に惑星上に働いているエネルギーに対してたくさんの敬意を示し、愛は、あ
なた方を通して流れる光の内側に存在することを思い出さなければなりません。
もしあなた方がこの真実を焦点のポイントや意図として使えば、あなた方の人生やあなた方が暮ら
している世界を変容させるために、神聖なる愛が用意されています。

感情がご自分の健全さを脱線させるときには、全てのものの内に在る不変の神聖なる存在を思い出
すことが、とても助けとなるでしょう。
堅固としたもの、固定的なもの、または安定したものなど無いことを知ることは、あなた方がご自
分の中心に居るスペースを許し、ご自分が切望するもっとも慈悲深い結果のために、愛にフォーカ
スすることを思い出すことを助けます。
ご自分のケオス(混乱)の感覚をもっと楽観的に考えることが出来るとき、それはあなた方が向き
合っている状況の重い責任の荷を降ろすことを助けます。そして、それによってあなた方はもっと
機知に富んだ方法で、このエネルギーの流れとワークすることが出来るのです。
結局のところ、あなた方がどんなプレッシャーを体験していても関係ありません。それは“単に”
エネルギーなのです。


☆ これからの4年間

地球上でこれからの4年間に成長していく意識が、最高に重要となります。用意されているシナリ
オは、伝説のような要素で、全てはとても極端です。それは、惑星とそこに暮らす全ての存在たち
のために高められたエネルギーの流れを指揮するために、この意識をシェアする者たちの結合した
フォーカスを必要とします。
地球の神聖さはバランスが取れており、あなた方はご自身の存在のコア(中心)で、この惑星を神
聖に保持しなければなりません。
自然との調和を発見する時、あなた方はこれらのエネルギー・フォースを、個人的そして惑星的な
成長のアシストのために使用することが出来ます。この自然のムーブメントとの整列は、古代の叡
智です。
それはこのような変化の時を通してガイダンスと洞察の両方を与えるのは、しばしばあなた方の深
くにある、地球との不変のリレーションシップです。

あなた方の未来への恐れを乗り越えてください。
あなた方は忘れ去られても、見捨てられてもしないことを知ってください。
ステータスに執着するどんな必要性も手放してください。あなた方は、ご自分の真実の中に暮らす
ことを許す光のパワーの中へとご自身を手放すようにと言われています。これは恐れることではあ
りません。それは祝うべきものです。
健康と生き生きとした幸福を呼吸するニューアースの可能性は無限で、地球とともに調和の中で暮
らす全てのものたちは栄えるでしょう。


☆ もっと神聖なるギアへシフトする

あなた方がこの意識の目覚めのパワーの中で成長するに従って、神聖なるクオリティが、あなた方
を通して世界へと流れ出します。このようにしてあなた方は祝福され、祝福することができるので
す。
多くの方は自由、安全、愛、平和、豊かな生活のようなクオリティを探しています。
あなたが暮らしたいと願う意識のクオリティと共鳴しないもの全てを手放してください。これはあ
なたの中が、光のエネルギーともっと喜びの感覚で満たされるスペースを創ります。
神のエッセンスと溶け合いたいというような言葉は、あなたのソウルの一番深い願いから語られま
す。
光は、細胞の中に新しい生命とともに突然現れ構築されるので、まるで妊婦のようです。神聖なる
愛のパワーとともに統合の体験をするというあなたの意図をセットしてください。
この大多数が光へと目覚めることを通して、全ての存在が調和のスピリットの中に暮らし、あなた
方が暮らす惑星を尊重することを許す新しい方法が明らかになるでしょう。

多くの方々は古い方法でワークをしようと試みる時に、フラストレーションが増すことを発見して
います。実際、人々が体験している内なる混乱のほとんどは、このフラストレーションに原因があ
ります。
それはこのフラストレーションのエネルギーの増加のためなのですが、また、深いアクションも準
備されています。それは言ってみれば、まるでエスカレーターに乗るようなもので、“しなければ
ならない”必要からエゴを自由にするので、あなた方は聖なる流れと宇宙のタイミングに入ること
が出来ます。
フラストレーションが最初の感覚だとあなたが気づいたら、それは神聖なるギヤへもっとシフトを
する時で、“あなたの方法”で物事をおこなう必要性を手放す時です。
あなた方は明け渡す必要があります。そして何が書かれているかを思い出す必要があります。あな
た方はご自分で何もできませんが、あなた方がソースとコネクトし続ける時、全てが可能です。
天使たちに、あなたの小さなエゴを愛の羽で包んでくれるようにお願いしてください。なぜならエ
ゴの新しい仕事は神の僕となることなのです。これは、スピリットの秩序に従い、エネルギー・コ
ネクションのネットワークを創ることで、それによって神聖なるエネルギーがあなたの人生の全て
のエリアに浸透します。
コントロールを手放し、それはあなた方のもっと偉大な目的の感覚の中においては、決してもうあ
なた方のものではないことを知ってください。

ずっと昔にあなた方はご自分の人生を神へと与え、この転生に入りました。もちろんあなた方は物
質界の恵みをここで楽しみますが、インナー・アチューンメントは神聖なるものとともに在るべき
であり、それによって、このエネルギーはあなた方の世界と地球上でのあなた方の全ての行動を神
聖化します。


☆ 避雷針であってください

惑星たちが古代の預言どおりに集合し整列する時、あなた方の仕事は光をグラウンディングするこ
とで、それによってそれは地球の善のために使われます。
基本的に全てのライトワーカーたちは、偉大な次元の存在たちのドアウェイである光のフォースを
グラウンディングする避雷針です。この拡張によって、あなた方は脳がかき混ぜられ、神経がもっ
と繊細になるように感じられるかもしれません。
神聖なるマインドの偉大な光へのアクセスのオープニングが起こっています。
エネルギーが強くなっていく時、ご自分が混乱や恐れに陥ることを許さないでください。
ご自分の小さなマインドからご自身を脱出させる物事を行うことで、あなたは偉大なるマインドと
整列し、このエンパワーされたエネルギーを転換することが出来ます。
自然の中を歩いて、肉体を動かすことで、あなたの内側に光のエネルギーをグラウンディングさせ
るのを助けてください。
あなた方はこのエネルギーの流入の内側で、新しいガイダンスを発見するでしょう。
あなた方は、強い感情を感じた時に、それがご自分をコントロールすることを許すことなく、認め
ることが出来ます。
ご自分のガイダンスを信じてください。あなた方はこのパワフルで拡張的な時を通して導かれます。
あなた方は新しい方法でエネルギーを保持することを求められており、ニューアースのエンパワー
されたヴィジョンが、あなた方が目的を達することを助けるでしょう。

光の振動数を物質的な意識と混ぜ合わせることは、デリケートなことで、今までに集団によってそ
れがうまく使われたことはありません。
変化、いくらかの混乱、いくらかの生命のスリル、ぞくぞくするようなアドヴェンチャーがありま
すが、主にシステムをシンプルにすることが起こっています。
あなたのエッセンスが不朽なるものとコネクトされている、ご自分のハートに戻る時です。
この場所から、あなたが祈る平和の全てがやってきます。ここハートの中で、あなたは、現在地球
に流れてくる光とご自分を整列することが出来ます。

あなた方が生きるこの時期は、光の天使たちとの調和の中にあなた方が立つ、すばらしい目覚めの
機会を与えます。
あなたが、ご自身をこのエネルギーに対してオープンにする時、あなたの存在の隅々まで愛が満た
されるでしょう。
あなたがどう生きるかは、今、あなたの決定することです。
神聖なる愛の光の中に生きることを求めれば、それは与えられます。
ソウルが光へと向かう時、生命の全ては喜び、そして、この場所から喜び、叡智、ガイダンスがあ
なたの存在を満たします。

そしてそう在ります。


大天使ガブリエルに
Shanta Gabriel


Copyright © Shanta Gabriel
www.thegabrielmessages .com


-sesameさん訳


2010/9/22(水)晴れ


サイズ変更ウィザード-4


しばらく、ご無沙汰してました。

あれから、いい感じに、ずっと”空”のような状態で
何事にも、囚われず、余計な期待もなく、特別テンションが高い
わけでもなかったけど、ハートにしっかりと定まってました。

最近の夢で、よく赤ちゃんがいる夢を立て続けに見てる。
”再誕生”とか”生まれ変わる””新しい始まり”って感じかな?
ちょっとワクワクです。

そんな中でもGちゃんと電話で話したり、netサーフィンしたり、
旅行体験ブログなどを読んだりと、楽しむところは楽しんでました。

で、そこで、「これはっ!いいかも!」と感じるようなメッセージ
などにも遭遇したりしていて転載させてもらいたいな~とは思うの
だけど、どうもブログを開いたり、書いたりする気分には全くなれ
なかったので、自然に任せることにして、無理に書こうとはしなか
った。

今日は、その一部になるかもしれないけど、ちょうどタイミングが
”来た!”と感じたので、まとめてみようかと思った。

*  *  *

すでに完了している人はいいのだけど、

今は、まさに、男性(性)、女性(性)の資質、役割について
見直すとき(ウェーブ)が来てるような感じがする。

今、きっと手放す準備が出来ている人には、いろんな事が浮き
彫りになっているかも知れない。

その中で、パートナーとのことも少なくないのかも知れない。
家族の関係で、夫婦、親子などから、恋人のことなどまで。

でも、今は、その”関係”を見直すときに来ているのだろうと思う。
別れる別れないは、また別の話として。(汗)

そこには、本来の男性の役割、女性の役割について、しっかり
と立て直す時期に来ているからとも言える。

それは、内面的に言えば、自らの女性性、男性性の部分をしっか
りと見直し、統合させていく時期にも入っているということを
示しているのかも知れない。

下記のサイトを知ったのは、数ヶ月前。

この☆たまむすび ~悦月さんサイトは、全部読ませて頂いたわけ
ではないけど、とても、感性豊かで、分かりやすい表現で書
いてくれている。
毎月のメッセージも的を得ている感じがする。
悦月さんの独自の視点で、書かれているので、こういう見方、捉え方
もあるな~と新鮮に感じたりする。共感もでき、なかなか面白い。

その中から、最近、ハートで、”これはいいかも~!”と感じた
ものを参考になればと思い、紹介させて頂くことにした。

 □ 女性の役割、男性の役割について 

☆たまむすび ~悦月さんサイトから
【女性たちよ、今こそ目覚めよ。】

女性たちよ、今こそ目覚めよ。
そなたらの体内奥深くに沈む太古の霊(たま)を目覚めさせよ。

そなたらが自らの肉体と心を解放し、宇宙に身を捧げるのなら、
宇宙はそれに答えようぞ。

そなたら、身体は地球である。
地球はもはや眠っていない。
自らの心を開き始めておるぞ。
その心は宇宙に広がっていくぞ。

地球という女性原理が、宇宙という男性原理と融合していくぞ。
本来の姿に戻っていくぞ。

女たちよ、すでに目覚めた女たちよ。
導けよ、他の女たちを。
分かち合えよ、そなたらの男たちと。

そなたらが男より優れているなどと決して思うでないぞ。
そうなればまたもとの今までの世界ぞ。

そなたらは呼びかけなければならぬ。
傷つき、憂えた魂らに。

楽園は開かれた。
入りたい者は誰でも入れるが、留まるか否かはおのれ次第。

女性の本質は慈愛だぞ。
忘れるでない。
競争するでない。
男にも女にも、欲望につけ込んで増大させるエネルギーが忍び込む機会を狙っている。

気をつけよ、惑わされるでないぞ。

女は花となれ、土となれ、太陽となれ、木となれ、夜となれ。
女が天とつながる時、地上に花開く。

歓喜を呼び込むのは女だ。
至福をもたらすのも女だ。

しかし男がおらねばそれはできぬ。
慈しめよ、男たちを。
過去のことは水に流してやり直せ。

新しい時代が来るぞよ。準備せよ。
無垢の心でもって取りかかれ。

心が開いていれば、天地はつながる。
お前たちの肉体にその情報は埋め込まれている。
それを解放せよ。時は来た。

「赤玉」を解放せよ。



「和音~Ha」2009.9.1


【男性たちよ。】

男たちよ。

女を敬えよ。
女を敬えない男は、これからの時代についていけなくなるぞ。
そなたらのプライドを一度捨てよ。
そうしたら楽になるものを。

劣等感を隠すために、このような世界を作り上げたのは誰だ?
もう機能しないことはわかっておろう。
人間の道、自然の道をはずれつつあるぞ。

なぜかわかるか?
そなたらの行動が「愛」でなく、「恐れ」に基づいていたからだ。

女たちが、自分たちにない何かを持っているということ、
とてつもなく大きい力を有しているということ、
それを崇拝するかわりに、そなたらは自分のコンプレックスを投影させた。

「女は劣っている」と。
「性の営み」を卑しいものとし、女は男を惑わす邪悪なものであると。

そなたらは恐れたのだ。
女たちの本来の力が働きだすのを。

なぜならそれは自分(男)らにはコントロール不可能であり、
自分らが持っていないものだからだ。

だが、この世には、男と女がある。

女も、男なくしてはその力が出せんのだ。
両方が愛し合い、協力することで、
初めてその力は発揮できるようにできているのだ。

なぜならこの世は、愛を学ぶためにできているからだ。
偽りの愛を演じていては、偽りの喜びしか得られぬぞ。

そなたらが女に潜む力を認め、サポートすることで、それは初めて花開く。
そなたらが直接的にそれを得ることができなくとも、
そなたらの力により、それが可能になるのだ。

「対の法則」を学ばねばならん。

これからは、この法則が働きだす。
今までのやり方は通用しなくなる。
それを通そうとすると、物事はうまくいかなくなるだろう。

女たちはどんどんと本来のパワーを取り戻していくぞ。
それに反するのでなく、それと共にある男が本当に欲しいものを手に入れるぞ。

捨てよ、プライドを、恐れを、劣等感を。
代わりに、愛を持て、感謝を持て、自信を持て。



「和音~Ha」 2010.9.1

------------------------------------

そして、今日アップされていたメッセージ。


☆ Happy Spiritual Message より
9/22【女神ディアナからのメッセージ】

あなたの内にある欠けた部分をどうぞ認めてあげて下さい。

あなたの心の欠けは外側に投影され、
他者への嫌悪や怒りとなってあらわれることでしょう。

あなたはどのような人に嫌悪感を感じますか。

まさしくそれこそがあなたの内にある欠けた部分なのです。

人々が抑圧している感情の多くが女性性に関係しているものです。

女性性は長い歴史の中で悪しきものとされ、
男性性優位の社会を生み出しました。

男尊女卑の社会はその典型的な例です。

人々は教育の中で論理の重要性を教えられてきました。

これは男性性の側面で優れているとされてきました。

女性性の側面である直感などは、人類の歴史の中で抑圧されてしまったのです。

直感は論理よりも劣るもので、
あいまいで根拠のないものと判断されてきたのです。

人々はデータや計画性にもとづき仕事をし、
生活することの重要性を教えこまれてきました。

ですが、計画を立てず「すべてを神に委ねる」
という行為は女性性のエネルギーなのです。

今新しい時代を迎えようとする中で、
抑圧された女性性が解放されつつあります。

しばしば喫煙には女性性の抑圧が表れています。

サラリーマンたちは男性的な能力を求められる中で、
自らの女性性を表現する場を失ってしまったのです。

そしてそれは喫煙だけでなく飲酒にもあらわれています。

どうぞ「男性はこうあるべきだ」という概念を手放し、
男性の中にもある女性性を肯定して下さい。

女性はしばしば、弱いと感じる男性を裁くことがありますが、
それこそが女性の投影のあらわれなのです。

その女性の中にある女性性が認められないとき、
男性の中に見える女性性を認めることができないのです。

長い歴史の中で、男性性の強いと思われる女性が増えたのは、
女性の中にある女性性の抑圧なのです。

男性、女性ともに、それぞれの中にある
男性性、女性性を統合させる時期にきています。

どうぞパートナーシップを大切にして下さい。
あなたの中にある男性性、女性性を統合させ、
パートナーを大切にすれば、お互いのエネルギー循環が生まれ
ものごとがうまくいきやすくなることでしょう。

パートナーがいない人は、自らの欠けた部分を
異性に投影していないかを観察してみて下さい。

まずは自分の中にある男性性、女性性を統合させることが大切なのです。


以前には、こんなメッセージもあったね。
→10/6/10【転載】マグダラのマリアからのメッセージ
(女性にのみ向けられたメッセージ)


*  *  *

これからの男女の関係性、意識というのは、変化するのは間違い
ない。いや、変化していかなければ、男女がそれぞれの役割を自
覚し、互いに協力し、尊重し敬えなければ、”調和”に繋がらない
ってことか、、、。

じゃ、どうするの?

まずは、”汝自身を知れ”ってことだよね。←いつもと同じ(笑)

そして、自ら変化していくしかない。
そんな、口で言えるほど、これまでの習慣や、信念体系などを
手放すということは容易なことではないのは分かっている。
でも、まずは判断なしで自分の感情や概念などを受け入れて、
手放すことを選択して、ひとつ一つを行動で示していくしかない。
そして、それぞれに、内側で男性性、女性性の統合、バランスを
よりとることを全体の流れは、示してくるだろうと思う。

やるか、やらないか、、、。
今のエネルギーだよ。
そんなこと言ってる間に、やらされてるか。(笑)

現在、夫婦だったり、パートナーがいる場合には、どちらか
だけでは、成立しない、、、?
いや、一概には言えないか、影響しあうものだから。
でも、時間はかかることかも知れない。
片方だけが、努力したとしても、本来の男女の役割に戻す
には、双方の自覚と努力する姿勢が必要だよね。
それには、まずはお互いに逃げないで、向き合い、自らにも
逃げずに向き合うことから始まるかもしれない。

悦月さんもブログで書かれていたけど、今はお互いに吐き出す
ときかも、、、、と。
すっきり吐き出したら、仲直りか、さよならか。次の段階に入る
って。(笑)

どうせやるなら、実りのあるほうで、、、どうぞ。心置きなく。(笑)

女性性と男性性のバランスをとるやり方も、さまざまな
ようだけど、へ~、こんなやり方もあるんだねってところで、
参考にしてみるのもいいかもしれない。

☆たまむすび ~悦月さんサイトから
→男性性と女性性のバランスをとる(前半)
→男性性と女性性のバランスをとる(後半)

ついでに”自我”の話も分かりやすく面白かった。
→自我の本当の存在理由
→自我と創造性の関係

*  *  *
 
【パートナーシップのこと】&【転載】罪悪感と面目のなさ  へ

【参考メッセージ~男性(性)、女性(性)の役割について】


*  *  *

最近、Gちゃんとあることから、人は、無意識にも操られたり、
コントロールされているときがあるよね。という話をした。

多くのことは自分の体験からこの仕組みがよく見えるだけに、
話し始めたのがキッカケだったのだけど。
大抵は、「何かがおかしい、、、」「何かが違う」というところ
から、パターンが見えてくる。

もしかすると、最近、下記のような体験をした人も多いかも
しれない。

実際、どこにでもあるような事だから。自覚あるなしに関わらず。
職場や、友人、親子でもどこでも起こりえることで、、もしかすると
あまりにも頻繁すぎて、マヒしているかも知れないってくらい、世の
中にあふれているのかも、、、。

例えば”スピリチュアル”を自分の都合のいいように利用して
いる場合だってないともいえないよね。

一緒に住んでいて、執着、依存を解放するといいつつ、家族を
大切にするということを後回しにしている人もいるかも知れない。
それであれば、本末転倒である。

だって、実際に、家庭でしっかり学んだ後に、アセンションする
と決めている魂も中にはいるのだから、、、。
そうなると、せっかくの場やチャンスから、さらに遠くなって
いる場合もある。

それは、ただの”責任放棄”にすぎない。
しっかりと、自分が親であれば、親としての愛情を示し、責任
を果たしたうえで、執着や、依存を手放してアセンションしている
人だっているしね。

自分はどうなのだろうーと悩むのであれば、自分は一番何に
目を背けやすいのか?と見てみると、魂の課題、超えていくと
ころがより見えてくると思う。

人それぞれに違うからね。

ときには、エゴで、スピリチュアルなことを、自分の都合の良い
ように解釈してしまうことだってあるかも知れない。

自分の中に罪悪感などがあると、無意識の中でも、相手を操作し、
コントロールしてしまう場合もある。
自分では分かっているから、無意識に自己防衛で、相手に、「あなたの
せいで、自分はこうなっている」と訴える。
自分を被害者にしたてる。無意識でも。

パートナーと話していて、「何かが、違う、、、」と感じること
はないだろうか、、、。言ってることは、なんとなく理屈に合ってる
ような感じがするけど、「何かが違う、、、」

これは、私的にハッキリ言えば、、「何がが違う」=「愛を感じない」
ということなのかも知れない。自分の体験からだけど。(笑)
本能で感じているのか?(笑)

この自分の中で感じていることを、どうも見過ごす傾向がある。って
思う?

もしあるとすれば、それは真実を知るのが”怖い”のかも知れないね。
だから、見ようとしない、気づかなかったことにしよう。として、
結果的には、同じことを何度も繰り返すことになる。

もし、パートナーと話していて、「自分が悪いのだろうか、、、」
と感じたときは、安易にそれを、そのまま鵜呑みにしないで、
どうぞ、本当に、自分が悪いことをしているのか徹底的に確認して
みてください。納得のいくまで。どうぞ!
違うものが見えてくるかもよ。

「本当に、そうだろうか?」を考える冷静さを持ってください。
どんな状況であれ、双方で選択しているポイントというのがあります。
同意しているポイントというのがあるかも知れない。
なので、それは本当に、あなただけの責任なのか?ということです。

これは、ひどくなるとDVにも発展する場合もあるよ。
時に、無意識に、あなたの優しさ、良心などに、漬け込んでくる
場合もあります。本人は無意識かもしれません。
責める必要もありません。伝えても本人には理解できないかも
知れないので。

何が”それ”を言わせているのか。
罪悪感からか、自己防衛か、、、、?
どこからか、話のすり替えがあるかも知れません。

それを、客観的にみて、はたして、その言い分を許すことが、
本当に相手の為になるのだろうか、、、。ここをよく感じて
みてください。

よくあるパターンには、何かあったあと、必ず反省したり、
とても優しく接してきたりする場合があります。
とても、巧妙に行動する場合があります。無意識でも。
でも、実際に反省するというのは、繰り返さない時点に来たときの
ことをいいます。
でも繰り返すのであれば、それは許しているほうにも責任があります。
なぜ、許してしまうのか?”罪悪感”から?
どこで、その罪悪感が生まれたのかな?いつの時代(笑)から?

これは、エネルギーの奪い合いになります。

その時に、自分の感じていることを、葬らないことです。
「まっ、いいか」で終わらせないことです。
優しさと、甘やかすことは違うと強く感じていることです。

いつまで、相手にエネルギーを奪わせますか?
いつまで、それを許していくのですか?
それを、お互いに繰り返してますか?

この道は、【愛】を知る道だったよね。

愛の深さ、幅、広さ、多くを学んでいるんだよね。

かなり話がズレていってたかも知れないけど、なんか、
このような話を、今、書いてみたくなったんだよね。

そんなことも含め、先日Gちゃんと電話で話してました。

すると、こんなメッセージがアップされたの。

多くの人が、いろんなことに気付き始めているということかも
しれない。ってことなのかな?
だから、私も、話の流れからだったけど、熱くこんなことなんかを
Gちゃんにも語ってたかも知れない!(笑)

男性性、女性性のバランスや統合も然りだけど、、、、
今、このようなアンバランスなものも解放されてきているのかも~!!

(前振り、長っ!!)

[mixi]Arrived Energy On Earthより
「罪悪感と面目のなさ」
チャネラー:Jennifer Hoffman
http://www.urielheals.com/Messages.html

エネルギーシフトが、私たちのハートを神へと開いてくれればくれるほど、私たちが持つ、
より暗く重いエネルギーに気がつくことになります。そのエネルギーが私たちの持つ制限、
不幸、挫折とつながっていることがわかります。
これらのものに結びつく経験を断ち切ることができるので、私たちはこれらを手放すことは
簡単です。他人の行動を自分への個人的なものとして受け取らないことで、裏切りや失望を
手放すことが簡単になります。
他人が限られた所有物の中から、私たちを愛したり、私たちに与えてくれたりすることを理
解すれば、私たちが捨てられたという思いを手放すことさえできます。
しかしこのような感情には、罪悪感と面目なさのかけらが残っていて、処理するのが難しく、
これらが個人にどうかかわるのかを解決するまで、心にシミのように残ります。
罪悪感と面目のなさは、克服の難しい感情のなかの二つです。それは、理解するのが難しい
ことと、私たちの身体、感情、精神の歴史と複雑にからみ合っているからです。

私たちが罪悪感を持つのは、実際にしたこと、しなかったこと、言ったこと、言わなかったこ
と、起こさなかった行動、とらえ損ねた機会に対してです。私たちの人生がコントロールでき
る範囲を越えると、恐れが強まりますが、事態をここまでにしてしまったことに対する罪悪感
によって、余計深刻に思えてきます。 私たちは罪悪感から自分を罰します。

それは、事態にもっと上手く対処でき、こういう事が起きるのを防げた筈だと信じるからです。
それに加えて、自分と他人の気分を滅入らせたということから落ち込んでしまい、従って変化
を起こせなくなるのも当然かもしれません。

カトリックの教えに苦しんだ人たちは、神と直接対話するだけの価値を自分が持たないので、
永遠に天罰を受ける、という罪悪感を植え付けられて育ちました。
また、両親は罪悪感を用いて私たちが残さずに食べるよう仕向け(アフリカに飢え死にしそう
な子供たちがいるよ)、私たちが行儀よく振舞うように仕向け(家族を困らせたら、お母さん
を傷つける)、両親が最適と思った職業につくよう仕向けました(医者や弁護士になったらど
んなに鼻が高いでしょう)。
そういうわけで、自分が本当に望むものに向かって進んだのではなく、自分が他人の不幸や失
望の元になりたくなかったため、罪悪感が行動の元になったのです。

人の感情を傷つけて罪悪感を感じたくないばかりに、私たちは一体何度「ノー」と言いたい時
に「イエス」と言うのでしょう。


わがままを言ったり、自分のためになることをしたりすると罪悪感を持ってしまうので、それ
を避けるために仕事を引き受けてしまうことを、何度繰り返しているでしょう。
そこでまた、「イエス」と言ってしまったことで、二重の罪悪感を持ちます。
自分に尋ねた人への罪悪感もあるし、求めたものを得られない怒りから来る、自分への罪悪感
もあります。
私たちが人生における選択と行動という力を持つことを忘れなければ、罪悪感は面倒で厄介な
感情ですが、克服することも可能です。

面目のなさは、自分の中から発する感情です。自分をどうとらえるかを決定する、無価値感か
ら発するので、罪悪感よりさらに破壊的な感情です。
感情の中でもこれは中核をなし、私たちの生活のすみずみにまで広がり、私たちのエネルギー
の振動を大変低くしてしまうので、あらゆる状況下で私たちは自分を価値のない人間だと思っ
てしまいます。

私たちを侮辱する人は、自らの面目のなさからそうするので、罪悪感がしばしば人を操るのに
対し、不面目さは人間破壊に通じます。


侮辱されると、自分が不十分、能力が足りない、正しくない、価値がない、と思ってしまいます。
また、何かに失敗した時、私たちは自分を侮辱しますが、不面目なのは失敗そのものであり、自
分ではないことを理解していないからです。

現在、益々大量のエネルギーが処理されていますが、樽の底から漏れていたものは、検討しなお
すために私たちの目の前に持って来られました。
既に簡単なエネルギーは処理が終わっており、次のものに取り掛かる準備ができています。それ
は、自分を叩きのめしたり、自分のすることを妨害したりするような行動の源のことです。
私たちの中にどれほど罪悪感や面目のなさがあるかではなく、そういったものは全て破壊的で挑
戦的なのです。

私たちがつけ込まれたり、酷使されたり、虐待されたり、操られたりしたと感じる時は

いつでも罪悪感と面目のなさが何らかの形で存在しています。
成功すること、あるいは失敗することへの恐れがあなたを悩ませるなら、あなたが本当の力を発
揮することを妨げているどんな罪悪感や面目のなさがありますか?
どのようにそれを解決し、手放せばいいのでしょう。
それが私たち自由への鍵です。
私たちが足を取られている所にこそ罪悪感と不面目さを見つけなければなりません。
そしてここで私たちが人生の祝福への道を見失うことがあるのは、自分自身と完全につながるこ
とを妨害されるからです。
本来私たちは夢を追い、生きて愛して、喜び、成功や達成感を得るのに値する存在のはずです。

あなたの人生に罪悪感と面目のなさが立ち現れたら、それがどこから生じたのか、誰が関係して
いるか、どういうメッセージを伝えようとしているのかよく見極め、その後あなたは創造主の聖
なる火花として、あなたの心が望むものに値すると自分に言い聞かせて、罪悪感と面目のなさを、
人生から追い出してしまいなさい。
そして、空いたその場所を、あなたの神聖で生まれながらの権利である自分自身への愛、あなた
の夢への愛、奇跡や喜び、豊かさでいっぱいにしてください。



-すいれんさん訳

*  *  *

で、以前にアップするタイミングを失っていたメッセージ。

【転載】“アンチ・光”を暴く①、②  へ

☆本日↓2010/9/22(水)の始めはこちらから。
【参考メッセージ~男性(性)、女性(性)の役割について】
【パートナーシップのこと】&【転載】罪悪感と面目のなさ


*  *  *

なんか、このメッセージも、私的に、”今”が【転載】させて頂く時期
なのかも知れないな~。
(2010年8月5日にアップされてた)

なんだか、心してないと、色々なタイプの方との出会いも
あるかも知れない。
そんなときは、自分でしっかり見極めが出来る心の目を持つことなどが
必要になるだろう。
自分がブレずに、振り回されないためには、自分が”空”になっていない
と、自分が外からのものに反応してしまうだろうな。
でも、おかげさまで、ずいぶん”空”に近いよ。

ま、警戒や、注意しておくことなどは必要かもしれないので、このような
メッセージも参考にさせてもらおうと思って。
(て、内容は忘れたから、これから、このメッセージを読み直すけど、、、)

今や、これから通り過ぎることが、どんなことであれ、自分を確立し
愛をもって取り組んでいこう。
それが、時には愛からの厳しさに見えたとしても。

今日アップした内容(3つ)は、どこか共通しているものがあるのかも、、、。

こんな流れで。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Aluna Joy Yaxk'in
2008年4月


「“アンチ・光”を暴く①」
「“アンチ・光”を暴く②」


私はこれをエーゲ海の真ん中で書いています。私は今、アトランティスの崩落の時代を思い出すまさにその場にいます。ここへ来る前、私はハトホルと創造の女神のホームであるエジプトの聖地,そしてギリシャのデルフォイの古代遺跡~伝説的なデルフォイの神託のホームのひとつに行きました。これらの地を訪れたことで私は20年もの間取り組んできたパズルがはっきりとしてきました。今日お伝えすることは、そのうちのほんの小さなピースですが、発表される必要のあることです。この後に多くのことをお伝えすることになります。これは私の記憶であり彼ら(デルフォイの巫女とハトホル~デンダラの人類の母)の記憶ですが、この記憶はあなたのものでもあります。


“アンチ・光”を暴く

光のキーパー,預言者たちはサイクルを終えて戻ってきました。それは、すべてが失われたところ~まさにそこへ戻ってくるという長い旅でした。私たちは今、記憶を…あるいは、アトランティスの崩壊の周波数のシャドウ/エコーとして感じられるかもしれないものを経験しています。

私たちの輝かしい未来への経路を得るために…その勝利を得るために…私たちが自分の過去の歴史から高まってきたことで、自分の周りにたくさんの古いパワー,コントロールされたドラマ,混沌としたエネルギーが再浮上しているのを私たちは見ることができます。私たちは地球と人類がこれまでに経験した中で最も厳しい浄化のプロセスに入っています。けれども私たちは、自分が思っているよりも天国は近いということも知っています。

アトランティスの時代が崩壊するまさにその直前の時代、預言者に授けられたはずの透視能力やヒーリング能力は、アトランティスの闇の者たちによって濫用されていました。彼らは、エンライトメント,マスタリー,真の自由といったそもそもの目的のためにパワーを使う代わりに、エゴに基づいてパワーを使い、他の者たちをコントロールし、徹底的に争いました。このような闇の者たちは、アトランティスの闇の支配者,堕落した魔術師(ウィザード),スピリチュアルヴァンパイア,自分を満たすだけの錬金術師,パラサイトの専門家,霊的な虐待者として分類することができます。私たちはこれらの者たちを単に若い弟・妹としてみなします。なぜなら彼らはまだ、今でさえなお、自分という者が本当は何者であるのか・何者でないのかを知らないだけだからです。

アトランティスの時代、こうした闇の心を持つ若者たちはエジプト,ギリシャ,クレタ島として知られている地域、そして中東全域に住んでいました。この時代、闇の心を持つ若者たちにとっては、危機的で、落ち着かない、気も狂わんばかりの時代でした。なぜなら彼らのエゴは勇敢な預言者たちによって化けの皮を剥がされていたため、誰もがみな彼らの秘密のアジェンダ~その真意を知ることができたからです。「裸の王様」の寓話や「羊の皮を被った狼」という言い回しはこの時代から来ているのです。しばらくの間は、人類すべてが、これら闇の心を持つ若者たちが本当はどういう者なのかを知っていました。彼らは化けの皮を剥がされ、倒されんばかりでした。けれどもこれは、この次元での完全な目覚めに至るための人類にとっての長旅の最終ステップだったのです。

多くの預言者たちには、私たちがハトホルと知っている創造の女神,そしてユニヴァースの創造的なフォース/光に対する敬意から、こうした闇の心を持つ者たちの化けの皮を剥がすことが促されていました。その行為をすることは力を持つことであり、神に等しいことでした。知り・癒すという才能が彼らに授けられていたわけですから。この力が申し分なく使われていれば、この力には、素晴らしい平和をもたらす素晴らしく調和したエネルギーがあったことでしょう。けれども、預言者たちが闇の心を持つ者たち化けの皮を剥がしてやがてまもなく、預言者たちはその命を護るために逃げることを余儀なくされました。化けの皮を剥がされたことに憤慨した闇の心を持つ若者たちは反撃を始めるようになったのです。預言者たち,光のイニシエートたちは、今のギリシャ~エーゲ海の島々へと逃げました。そこで短い間にせよ、彼らはその能力を再び敬われることになりました。

こうした若者たちの化けの皮を剥がすこと~それは、パワフルなアトランティスの時代の崩壊を避けるには、あまりに遅すぎました。崩壊は、もっと心を痛める時間に訪れることはできませんでした。光明を得たONEとして生命あるものすべてはアセンドし、様々な大勢の者たちも光明を得たONEとして生きることについに至ろうとしていました。けれどもパワーの濫用から始まった崩壊の間に、今の中東のあたりで地球のエネルギーフィールドにひびが入ることになりました。たくさんの魂にもひびが入りました。これは、地球にとっても人類にとっても大きな妨げとなりました。これこそ、私たちが今だに自分の身体の中に抱え込んでいる痛みです。この痛みは、アトランティスの時代に闇の心を持った若い弟・妹たちも、そして母なる地球も感じていた痛みです。火山噴火や嵐,津波などによって地球が今なお彼女自身をクリアにするために働いているのは、この痛みのせいです。崩壊の間に、たくさんの預言者たちや光のイニシエートたちは救い出され、エジプトに残っていたアトランティスの寺院に行くことになりましたが、闇の心を持つ多くの者たちはそのワークを続けるために地下に行きました。そして若者たちの多くも後を追い、地下へいきました。

時は経ち、そうした闇の心を持つ若者たちの生き残りも年老いて死にました。私たちは、集合的な意識野や地球から彼らの入り組んだ影響力や恐ろしいほどのパワーの濫用がクリアにされることを望みました。彼らの身体の多くは、二度と彼ら自身や他の人たちを傷つけることができないよう、更なる保険をかけるかのように封印され、ナイル川西岸に埋葬されました。私たちは、そうした闇の心を持つ若者たちも地球上で生きる者すべてと同じように再誕生するために9つの再生のゲートを経る旅を通らねばならないということを知っていました。この9つのゲートはユニヴァースの創造的なフォース/光で動くものでした。これらのゲートは、純粋なハートの魂が転生することを許される前にそれぞれのゲートを通り抜けるよう、ユニヴァースに保護された備え付けのものでした。私たちが再び人間という旅を始めるためのクリアな場所に再誕生するためには、自己本位なエゴに基づいたアジェンダは私たちが再誕生する時にクリアにされなければなりませんでした。

闇の心を持つ若者たちは闇,重たいハートを抱えていたため、おそらくとても長い間この次元には戻らないだろうと私たちは確信していました。このゲートを彼らが抜けることができるようになるにはとても長い時間が必要だと思ってもいました。けれども闇の支配者~闇の心を持つ若者たちは、ある錬金術を開発しました。それは一種の“アンチ・光”の錬金術です。この“アンチ・光”はアトランティスの崩壊を引き起こしたエネルギーとも関連していました。それはユニヴァースの純粋な創造的な光から歪められ改変されたものでした。この闇の錬金術は、彼らが特定のゲートを迂回するための助けになりました。そうして彼らは重たい浄化されていないハートを抱えたままエゴに基づいたアジェンダを続けるために転生することができるようになってしまいました。そうして彼らは、彼らが通り抜けるに値しない再生のゲートを迂回して転生してきているのです。それが今、起きていることです。

私たちは今一度アクエリアスと呼ぶ時代に戻ってきました。私たちは愛と光の濫用を正し、真の自由とパーソナルなマスタリーをもたらすために、この膨大な瞬間~この時代のサイクルに転生してきました。私たちがこの時間のパワーとその厳しさを感じているように、こうした混乱した闇の者たち~闇の心を持つ若い弟・妹たちもそれを感じています。私たちがここで完全に目覚めていることができるようになるために、最後のアセンションコードを然るべきところに確実に定着させようと、私たちは急いでいます。

エンライトされていない闇の心を持つ若者たちは、また再び化けの皮が剥がされないようにと、必死になっています。彼らは、自分のマスタリーを得ること,身体領域に13のコード(まもなくそれは13以上になりますが)すべてを顕現させている完全に目覚めた人間となることを再びまた私たちが失敗するのを見たがっています。彼らは、私たちが彼らに出会わないようにとスモークや鏡をセットしています。彼らは相変わらず、マインドゲームや幻想に長けています。悲しいことに、彼らは自分が何者であるか,自分のため,あるいは自分の利益を害するものに対して自分が何をしているか、わかっていません。彼らはまた、私たちが何者であるかということも忘れてしまっています。

このような闇の心を持つ若者たちには、驚くような役割があり、今、予期されぬ場所に現れてきています。彼らは気付かれぬように溶け込もうとしています。彼らはあなた方の次に正しいです。彼らの多くは政府で働いています。また、スピリチュアルヒーラー,ティーチャーとして働いていたりもします。けれどもあなた方は、彼らの古い策略やマインドゲームが彼らのために機能するにはもはや遅すぎるということを知っています。私たちは既に目を見開いているからです。私たちは過去からの難しいレッスンを学んできました。私たちは本当の平和,真のスピリチュアルな自由の甘美さを覚えていました。光の軍団は再び集められ、何であろうとこれ以上光と真実を隠すことはもはやできません。私たちは光のマス・コンシャスの中での重要な地点に着いています。私たちには今、パラダイスの返還を求める準備ができています。

パラダイスに戻るために、私たちの歴史において更にいくつかのステップを取っていかなければならない時間になっています。私たちには、もう少しだけすることがあります。「彼ら;闇の者たちも内側に光を見いだすだろう」という希望でもって闇がサポートされている時代から私たちは抜け出そうとしています。今、私たちが快く彼らに与えてきたこの光とエネルギーを、私たちの内側にそもそもあったものへと戻す時間となっているのです。それはつまり、私たちの贈り物をこの光を濫用して損なわせている者たちと分かち合うというアイディアを断念する時が来たということです。私たちの光とエネルギーに対して抑えきれないほど中毒になっているエネルギーヴァンパイアの悪どい搾取を終わらせる時になっているのです。私たちは、彼ら;闇の心を持つ若者たちがしばらくの間だけ使えるようにこの光を貸していただけだったということを知っています。私たちは、彼らが自由の甘美さを味わうことで、自分自身の本当の内なるパワーと光に気付くことを望んでいたからです。けれどもご存知のとおり、彼らは私たちの贈り物を理解しませんでした。

私たちはこのような若者たちに私たちのエネルギーを使わせました。なぜなら私たちは、最終的には彼らが「自分自身の外側から来た創造のエネルギーをコントロールすることはできなかった」ということを理解するということを知っていたからです。最終的には彼らの見当違いの努力は何度も失敗を繰り返すこととなるからです。彼らはそれをし続けるでしょう。けれども、盗まれたエネルギーから来るものは何ひとつ長続きしません。創造のエネルギーは、集合的な努力の下まとまってONEとして使われシェアされることができるだけだからです。知識はパワーではありません。しかし知恵はパワーです。自分の外側からエネルギーを得るのは知識を得るのと似ています。知恵は、本当のあなたという者をあなたが思い出した本当に経験している時に来るものです。子供には知恵があることもありますが、一部の大人たちはその優美さを決して感じることはないでしょう。

私たちは、このような方法で使われるべきであった完全な知識をもってここに来ました。私たちは地球,人類,そして闇の心を持つアトランティス時代の若者たちの意識を高めるという大きな貢献のために、そうしました。けれども時と共に私たちは、アトランティス時代の若者たちのようなエンライトされていないふるまいにも慣れてしまいました。そうして私たちも、この光,創造のエネルギーのその最も純粋な形がどれほどパワフルで堕落していないかということを忘れてしまいました。私たちは今に至るまでの私たちがどれほど犠牲にしてきたかを理解していませんでした。先ほど申し上げたように、それはとても長い旅の間の出来事です。

今、私たちは私たちのものである光とパワーを取り戻さなければなりません。私たちは、私たちから取られたのと同じ方法でそれを取り戻したりはしません。なぜってそれは闇の魔術師のやり方だからです。私たちは、自分いう者を思い出し、それを取り戻すことで、私たちのものである光とパワーを取り戻すことになります。そして私たちは、これ以上私たちのエネルギーを与えないことで、闇の者たちを飢えさせるのです。再三再四、私たちが与えた光を濫用しているアトランティス時代の若者たちを私たちのエネルギーフィールドから追い出す時です。私たちはこれ以上彼らを救出することはないでしょう。私たちは敬意を表しない彼らに私たちのパールを贈るのをやめます。時はスピリチュアルでタフな愛の時間となるのです。彼らを私たちと一緒に連れて行こうとすることなしに前進する時になるのです。私たちは、彼らが私たちという手本の後に続いてくることを望みます。彼らがそうしなければ、それは私たちの心を悲しませることになるでしょう。

けれども、どんな生命においても、子供たちが飛ぶことができるように子供たちを突き放すという母親にとって最も厳しい仕事があります。私たちはずっと長い間、アトランティス時代の若者たちを気にかけ、養い、無条件に愛してきました。けれども彼らは私たちの助けから何も学んできませんでしたし、私たちからの贈り物や、彼らが自分のプロセスの中でみつけたものを尊重することもしてきませんでした。むしろ実際には、私たちの無条件の愛と受容は彼らの成長を妨げてきたのでしょう。私たちが彼らを突き落とさなかったため、彼らは飛ぶのを学ぶことができなかったのですから。私たちは彼らをおんぶしてきました。そのため今、彼らは自分の足で歩くことができません。これからは、彼らが自分で自分の本当の内なるパワーをみつけ、知恵,平和,そして自分自身の内側にあるエンライトメントの甘美さを思い出すべきです。そもそも私たちは、彼らの光のソースではなく、自分という光の見本であるべきでした。けれども彼らも私たちもそのことを忘れてしまっていました。これを私たち皆が思い出すべき時です。

私たちがこういう甘やかされた者たちを養い続けていれば、私たちは彼らの重たいカルマの一部になってしまいます。こういう人たちを養い続けていれば、私たちは彼らが光に奉仕する者たちのエンパワーを損ない続けるのを手伝うことになってしまいます。このようなことを続けていれば、私たちはプラネタリーアセンションのプロセスをスローダウンさせてしまうことにもなってしまいます。身体的あるいは感情的なサポート,そして単に共生的なサポートででさえ、私たちが巻き込まれることが善きにつけ悪しきにつけカルマをつくります。このシフトの時間には、過失がなく完全性を保っていることがきわめて重要になります。私たちは自分の光とパワーを当てたところに、それを供給することになるからです。

デルフォイの神託は過去、闇の心を持つ若者たちの化けの皮を剥ぎ取りました。そして今再び、私たちは彼らの仮面を剥ぎ取っていくでしょう。ひとたび彼らの化けの皮が剥がれれば、彼らには自分自身を支えるための外側のエネルギーを持てなくなります。私たちがしてきたような自分の内側を見つめることが彼らに強いられることになるでしょう。今度は私たちが成功します。そして地球と人類は、個人的そして集合的なマスタリーと平和の本当に素晴らしい時間に入ることになるでしょう。ついに私たちは大衆として光明を得たONEに至ることになるでしょう。

では、どのようにすればこのような闇の心を持つアトランティス時代の若者たち~化けの皮を剥がされたくない彼ら;アトランティス時代のパワーの支配者たちを認知することができるのでしょう?彼らがとても賢くて、彼らの痕跡を隠したり誤魔化したりしている時にどのようにすれば彼らを見分けることができるのでしょう?私たちは彼らのへヴィーな存在や彼らのやり方にとても慣れてしまっています。私たちそれぞれ,私たち人類,地球や銀河に及ぶ彼らの魔術師的な影響がどれほど深い潜行性のものであるかということも、私たちは忘れてしまっています。たとえそうすることが、集合的な幸福・健康のためにならないとしても、私たちがあらゆる生命すべてにとって無条件にサポーティブであるように私たちは学んできました。けれどもジャッジと洞察の間には大きな違いがあります。私たちは、集合的なONEへのアセンションを速める助けとなるように神聖な洞察を用いるよう、あなた方にお願いをしています。

私たちの光を盗んで自分を養い続けるために彼らが使う仮面のいくつかをここに挙げておきます。誰が闇の心を持つアトランティス時代の若者たちなのかがわからないのであれば、これを参考にしてください。これは完全なリストではありませんが、化けの皮を剥ぎ取り始めるには十分なものでしょう。ここに挙げられているものは、彼らの策略のうちのいくつかです。今は、私たちが彼らの化けの皮を剥ぐ順番になっています。彼らが彼ら自身の内なる光をみつけるべき時になっています。


◇ エネルギーの搾取
まず、私たちのエネルギーを集めることが、闇の心を持つアトランティス時代の若者たちにとってのメインアジェンダです。彼らは自分自身の内側に自分自身のエネルギーソースをみつけてきていないので、このようなことをするわけです。私たちは私たちのエネルギーを彼らに使わせてきました。私たちは憐れみ深く、自分の真実を見失っている人々に貢献するためにここに来ているからです。彼らはまるで駄々っ子のようで、私たちが彼らに与えるものをありがたく思う気持ちを失っています。エネルギーの搾取の露骨な例は、今なおエジプトに生きている人たちの中でよく見られます。エジプトや中東エリアに住んでいる人たちの多くは、未だにアトランティスの崩壊で生じた歪められたエネルギーの影響を受けている集合的なアジェンダのために大きく不利な立場にいます。堕ちた者の多くがこのエネルギーに祈願しています。これが現れる方法のひとつをご紹介しましょう。彼らはとてもフレンドリーで親切に振舞いますが、彼らの根底にあるものは「お金やチップなどの施しをゲットすること」です。そのような小さなものに限らず、彼らは、どんな状況で誰からエネルギーを得られるかについて、すべてあらゆる角度で考えた上の行動をします。それは恥知らずな強欲です。彼らは人的なリソースを集めていることにもなりますが、間違った貢献の仕方をしています。彼らは表面的にはよい印象を与えますが、深くを見てみれば、彼らは私たちの幸福・健康を気にかけていないことがわかります。彼らの親切なオファーはハートから来ているものではありません。地球がクリアになるためにアクティブに働いていることで起きているギリシャの島々での火山噴火さえ、今だに人を惹きつける闇のエネルギーを発散させています。しかしその影響から、たくさんの善き魂たちが高まってきました。これは称賛せざるを得ない驚くべき地球の妙技です。このたくさんの善き魂たちが他の者たちの光の橋となるでしょう。


◇ ハートが閉じている
彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちは、スピリチュアルな真実をとてもよく知っています。けれども彼らはハートではなくマインドでそれを知っています。彼らは愛から語るのではなく、強制的なパワーのある言葉を使います。その言葉は、私たちにとっても正しいものとして聞こえるものかもしれません。けれども私たちのハートには、それが違っているということがわかります。彼らが愛について話したとしても、私たちはそれが彼らから来ているものだとは感じないでしょう。彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちの知識には、ハートも真の光もありません。そのため私たちは彼らが言うことを「何か空っぽだ」とか、「何かを見失っている」とか「何か正しいとは感じない」と感じることになるのです。ですからこれは見分けるのが一番簡単な策略です。彼らの言うことが私たちのハートに触れるものでなければ、その当人にハートから質問してみてください。その時私たちは「本当の知恵とは感じられる経験であって、教えられる知識ではない」ということを思い出しているはずです。


◇ 神聖なティーチャーという策略
彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちは、スピリチュアルな成長という仰々しい約束をし、そうしてスピリチュアルな真実をねじって、それを利己的なアジェンダにくくりつけます。彼らは自分で築いた高い台座に居座るために一生懸命に働きます。それは彼らにとってハードワークになります。彼らには内側から来るパワーがないからです。そのため彼らは、まずパワーを盗まねばなりません。そうして彼らは自分のいる高い台座を維持することが簡単になるよう、支持者をつくろうとします。時には新興宗教さえつくることもあります。支持者が増えれば、その人たちのエネルギーで彼らは支えられることになるからです。実際にはジェラシーや競争意識,貪欲さから動かされている彼らは、ワンネス,奉仕,無条件の愛を説きます。そして彼らは自分が答えを持っていると主張して、あなたを常に生徒という位置付けのままにしようとします。私たちに教えを授けることで、彼らは私たちを心理的に縛ろうとするのです。中には永遠に私たちを縛ろうとする者さえいます。そのために私たちは、自分が感じたシグナルをいくつも重ね合わせることで、自分自身を疑い始めてしまうこともあるでしょう。私たちはこの彼らの策略にひっかかってしまうこともあります。私たちは急先鋒でありナチュラルなサポーターであるため、そして彼らが教えてることがいくつかの真実のポイントと同じことを言っているからです。そうして私たちは、彼らが真のパワーから話しているのだと信じ込みたくなってしまいます。私たちは、誰もがエンライトメントに達するのを見たいからです。けれども私たちは、私たち皆がファミリーであるということを知っているはずです。


◇ 批判回避という策略
彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちは、私たちが彼らの教えや行動を疑うことができないように、そのポジションに早く私たちを就かせようとします。もし私たちが彼らに質問すれば、彼らがいたまさにその場所に私たちがいるかのように他の人たちの目には見えることになってしまうからです。彼らは私たちが彼らの化けの皮を剥ぐのを恐れているため、対話する余地を私たちに与えようとしません。ものごとが彼らのプランどおりにいかない場合には、彼らはシフトのせいにして「問題なのは自分ではなく、あなた(私たちのこと)だ」とか、「あなた(私たちのこと)にはこのレベルに対する準備ができていない」と言います。彼らは自分の間違いを、聖地や自分の国,政府のせいにしてそれらを非難するかもしれません。彼らにはエネルギーの濫用に対する説明責任がありません。彼らは、私たちが感じている闇のエネルギーこそが光だと偽るからです。彼らにはたくさんの信頼があるため、お人よしな人ほどこの策略にひっかかってしまいます。もしも私たちが、彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちが自分自身の闇と向き合うための手助けをしようとしたら、彼らは驚き仰天することでしょう。彼らはその根底にあるものに正しさを織り交ぜて悪意のないフリをする達人です。彼らの化けの皮を剥がそうとすれば私たちのほうが自分自身を疑うことになるかもしれません。私たちは彼らのような人に惹きつけられます。誰もが闇であり利己的でありうるということを私たちは忘れがちだからです。私たちの多くが、他の人たちが言ったことを真実だと思ってしまいます。私たちは皆が何故、集合的なONEを傷つけるような嘘を言うのかを理解していません。けれども嘘は、嘘をついているその人自身も含めて皆を傷つけるものです。


◇ スピリチュアルな犠牲という策略
彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちは私たちに、理論的に“素晴らしい善きこと”のために犠牲になるよう求めます。私たちの安全や幸福・健康を危うくしたり、より悪くすることになったり、私たちのハートの真実に反することであったとしても、彼らは“より大きなスピリチュアルな大儀”のために私たちに自分を犠牲にするよう提案します。彼らは私たちの感情的,身体的な幸福・健康に対して無関心です。彼らは私たちの「自分も何かの一部となることで重要性を感じることになる」というエゴを煽ろうとします。また、彼らの計画に従わないことで私たちに罪の意識を感じさせようともするでしょう。ですから彼らのような人たちには注意してください。彼らは私たちに同意を求めたりしません。彼らは議論の余地を残さずに命じたりコントロールしようとします。彼らは、私たちが彼らのために何でもすると決め込んでいて、私たちのリソースをすべて使うつもりでいます。私たちには、自分が彼らの所有物であるとか、奴隷のように扱われているとか、ヤギのように集められていると感じることすらあるかもしれません。彼らから敬われていると感じることはないでしょう。私たちは一時的に自分という者,そして自分の内なる光を忘れてしまっているため、彼らのために自分を犠牲にしてきましたが、私たちはこの過ちを二度と犯してはなりません。私たち皆が目覚める時間です。


◇ おとり商法(誘っておいて急にスイッチする)という策略
彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちは、最もフォーカスしている光のイニシエートがグランディングできないよう、手を変え品を変え素早く策略をスイッチさせます。彼らは、何が起きているか私たちが気付かないままにさせようとしたり、私たちを霧の中に押し留めておこうとします。彼らにはたくさんの入り組んだ混じりあったシグナルを送ることができます。また彼らは、私たちをグランディングさせずにバランスを失ったままにするための努力として実際にそうしたシグナルを私たちに送ってきます。彼らは私たちを混乱させるために多岐に渡って私たちの気を散らそうとします。そこには慌しく取り乱したエネルギーがあるため、彼らが方向性を変えたのだと思う時間すら私たちにはないでしょう。私たちが散漫で混乱したアンバランスな状態になれば、彼らには彼らが持つ何らかのアジェンダ(思惑)のために私たちを利用することができます。私たちを飼いならして私たちのエネルギーを収穫することができるよう、彼らは私たちの気を散らすのです。私たちはユニヴァースの創造的なフォースから機能していますが、そのフォースは私たちがそれと整列している時にだけコンスタントにあるものです。そのため私たちがそれと整列していなければ、私たちはこの策略に簡単にひっかかってしまえます。けれども、スピリットはコンスタント(一定不変)であるはずです。この策略は、ユニヴァースの創造的なフォースを逆に使っているわけです。


◇ ヒーラーという策略
彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちは、私たちを癒やすふりをして私たちのネルギーを奪います。彼らは許可を得ないままヒーリングワークをすることもあります。彼らは宇宙の、あるいは個人の自由意志というものを尊重していないからです。あなたが彼らから何かを受けとるのを望もうと望まなかろうと、彼らは自分のヒーリングや教え,知識をあなたに押し付けてきます。あなたが疲れていたり、混乱していたり、ヒーリングの後で混乱していたり、彼らが開いているティーチングクラスに参加している時、この策略にひっかかってしまうことがあります。


◇ アジェンダ(思惑)を隠すという策略
彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちには、あなたに知られたくない秘密がたくさんあります。彼らと多くの時間を一緒に過ごしたとしても、「私は彼らの個人的なことについて多くを知らない」ということに気付くでしょう。彼らは、彼らが本当は何者なのか、わからないままにしようとします。あなたは隠れた思惑を彼らから感じることがあるかもしれません。それを証明するものがなくても、あなたはそれを感じるでしょう。人は、真実や適切なことは隠したりしません。彼らは光とパワーの濫用を隠しているのです。


◇ 間の盾という策略
これは、彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちがあなたや他の人たちを手懐けて、彼らの計画の駒として使うようになる前の一時代前の策略です。彼らは彼らのためにあなたに汚い仕事をさせようとします。その場合、ごく僅かあるいはまったくない報酬のために彼らのために働いている自分に気付くでしょう。彼らは私たちの人のよさや、お題目,銀行システムや法律のシステム,私たちのアイデンティティ,そして何よりも私たちの完全性と光の影に隠れます。この策略には次の策略が織り交ぜられています。彼らが「(私たちが)何に深入りをしているかを知るために(私たちが彼らの)化けの皮を剥ごうとしている」と思えば、彼らは私たちにスパイを送りこみます。しかしそのスパイである人も、スパイとして使われていることに気付いてもいないかもしれません。


◇ カモフラージュという策略
彼らは、私たちのハートが語ることこそ真実であるということを証明する物的証拠を私たちに残しません。彼らはそのエキスパートたちです。私たちには彼らがしていることを証明することができません。そのため彼らは私たちのことを、恐れに満ちていて、疑いでいっぱいで、嫉妬深く、恨み深く、信頼が欠如していると言います。私たちは彼らに関しての真実を知っている唯一の者かもしれません。その位置にいることは難しいことです。けれどもこの策略は、そうした状況に入り込んでしまわないで自分のハートに耳を貸すということを私たちに教えてくれます。思い出してください。正真正銘の信頼は得られるものであって、信頼するよう命じるものではありません。自分が何に対処しているのかわかるまでは、どんな状況であろうとよく考えずに飛びついてしまうことを私たちは決してしてはなりません。私たちが自分のエネルギーのまま非の打ち所のない状態でいれば、それが、彼ら自身というものを立証する助けにもなりますし、完全性や誠実さ,そして彼らには彼らの行動に対しての説明責任があるということを彼らに示す助けにもなります。自分のエネルギーのまま非の打ち所のない状態でいるということは、自分自身とも非の打ち所のない状態でいるという意味になります。完全性とは、完璧なスピリチュアルな存在であるということを意味するのではありません。完全性とは、パーソナルな,そしてプラネタリーな目覚めのために自分にできるベストなことをするというコミットメントと、そのコミットメントからの本当のモチベーションに関して、自分が完全な状態でいるということを意味するのです。


◇ スピリチュアルなヒプノシス(催眠状態)という策略
闇の心を持つアトランティス時代の若者たちは、魅力的なコスチュームを纏ったり、メロディアスな話し方をしたり、人を魅了するような動きや決定をしたり、魅惑的なアファメーションや呪文を唱える達人です。彼らは壮大な言い回しをします。彼らは私たちの意識が眠っている間に私たちのエネルギーを盗むことができるよう、私たちをうっとりさせて心を奪おうとします。彼らにはONEのエネルギーを模倣して間違った形でONEのエネルギーのものと同じようなことを言うことができるため、私たちにはこの策略に惑わされてしまうことができます。けれどもこの場合、目覚めた者たちの総体的なエネルギーからすれば不自然な、ぼんやりとして眠たく疲れているような感覚が残るはずです。


◇ 犠牲者という策略
もし他の戦術が働かなくなれば、彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちはやけっぱちになり、“犠牲者モード”か “「私は無実なの」というゲーム”にスイッチします。私たちはもう一度役に立ちたいと思い、すぐに同情してしまうため、この策略を見分けることは難しいかもしれません。彼らは私たちが同情的で純真なことを知っているので、この策略を出せば、彼らは再び私たちからの思いやりや信頼を得ることができるようになります。この策略の鍵は、彼らを助けることを私たちに同意させるというところにあります。けれどもそれは、私たちのエネルギーを搾取するためにセットされた策略です。もし私たちが彼らの手助けをし続ければ、何も残らなくなるまで彼らは私たちを調教するでしょう。そして次のエネルギー源がみつかったら私たちを投げ捨てるでしょう。


◇ クモの巣という策略
アトランティス時代の年老いたパワーの支配者たちは、すべての生命がその一部となっている集合的なウェブと働く達人です。彼らはすべてのものがつながっていることを理解しています。そして彼らは、私たちそして私たちのつながりすべてを集めてそこからエネルギーを吸い取るためにその知識を効果的に使います。私たちが彼らとつながるまま自分のフィールドに彼らを入れてしまえば、私たちにエネルギーを流出させることが彼らにはできてしまいます。集合意識ではすべてがひとつになっているため、闇の心を持つアトランティス時代の若者たちもまた、私たちが無意識のうちに、あるいは私たちが気付いていないうちに私たちの光を盗むことを学んできました。私たちはこれを奇妙な闇のエネルギーとして感じたり、その人の個人的なシフトとして感じたりします。けれどもそのエネルギーが感じられるほどまでに現れてくるには、何日も何ヶ月もかかります。あなたがそのシフトに気づかないように彼らはゆっくりと慎重にこうしたことをしているということを覚えて置いてください。これは盗みのリモートエネルギーです。この策略は心理的に縛るタイプのものです。エネルギーを消耗させる汚い闇のクモの巣に。


◇ その他の策略
彼らは自分のグラウンドで戦うことを好みます。それが彼らに地の利を与えるからです。また彼らは、私たちをアンバランスにし続けておくためにサプライズという要素を使うことや、分断させて征服することを好みます。私たちを和やかにするような素敵な誉め言葉を言うことも彼らは好みます。そうして私たちの心を和らげた後、こっそりとエネルギーを盗みに来たり、予期せぬジャブを入れてきたりするのです。


彼らは「自分は人類の目覚めを向上させているために働いている」という幻想を塗りたくっています。けれども私たちのハートは、「彼らのフォーカスはナルシスト的なものでしかないし、彼らは富と名声を懸念しているだけだ」と私たちに語るでしょう。このハートの告げていることを私たちには証明することができないかもしれません。けれども私たちはハートの言葉が真実であるということを知っています。

私たちには、このような策略を知る必要はありません。たとえ私たちが彼らの影響下にいる時であっても、自分のハートに耳を貸していればハートが私たちに語るからです。こうした策略は、ライトワーカーたちそして真のヒーラーたちの大半にとっては不自然なものであり無縁なものでしょう。目覚めた有様の集合には、戦うとか闇や操作といったフィーリングはないからです。そのため、彼らのような人たちと接触した時、私たちは一時の不意打ちを食らわされることになります。ですから私たちは今、ハートに耳を貸すことを学ばなければなりません。

全体的に見れば、彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たちは私たちにとって最高のティーチャーになり得ます。彼らは、私たちが自分のエネルギーをどれほど尊重していないかということについて、私たちの目を開かせてくれるからです。今、私たちは何をすべきかを知っています。彼ら闇の心を持つアトランティス時代の若者たち~私たちが彼らに貸した光を再三再四、濫用してきた者たちを私たちのエネルギーフィールドから引き離す時間です。私たちはもうこれ以上、彼らを救出しません。これはスピリチュアルでタフな愛からのことです。私たち皆がしてきたような自分の内なる闇やデーモンと向きあうことを彼らがしなければ、自分自身を知るということ,そして真の自由の甘い味わいを知ることも決して彼らにはないでしょう。彼らが彼らの本当の内なるパワーと光を知らないという事実は、私たち皆に、そして惑星全体に悪影響を及ぼします。自分の本当の内なるパワーと光を知らないことが、パラダイス~私たちの希望の土地(プロミスド・ランド)から私たち皆を遠ざけたままにすることにつながるからです。


私たちがお願いしていることは、簡単なことではないかもしれません。けれどもどうか思い出してください。このシフトの時間には、過失がなく完全性を保っていることがきわめて重要になります。光がシェアされるエリアを増やすためのサポートを増進させるべき時間なのです。私たちが自分のエネルギーを貸すのは肥沃な土壌だけにするべきです。私たちは自分の光とパワーを当てたところに、それを供給することになるからです。私たちのパワーと光を必要としているところへ賢くそれを供給するようにしてください。

すべての生命そして様々に多様なONEの目覚めへの愛をこめて。


アルーナ・ジョイを通してのデルフォイの巫女とハトホル(Dendaraの人類の母)
そして、アルーナ・ジョイより

(http://www.kachina.net/~alunajoy/2008april.html)



-Jueux さん訳


2010/9/23(木)ときどき雨(強)&雷[秋分の日]


ブーケ1



今日の紹介させて頂くメッセージを初めて読んだときに、
なんか、とても深いものを感じました。染みこむ様な、、
って表現したらいいのかな~。 

このメッセージをアップしてくれたCOKOさんに感謝した
いと思います。

COKOさん曰く、、、レンデュース、、、
ヴァイワマス(VYWAMUS)のエネルギーを管理している大元
=サナト・クラマのモナドということのようです。
メッセージ自体は、1998年のもののようだけど、今読んでも
全くそんな感じがしないです。

よければ、ゆっくりと日本の皆さんに向けられたメッセージ
を味わい、感じ、自分のものにしてみてください。


私自身も、謙虚に受け止め、精進していきたいと思います。


「B L E S S E D  B L I S S」の9/11のメッセージから転載
させて頂きます。



自分が変わることによって周りが変わる:
   レンデュース(LENDUCE)からのメッセージ


私はこれまで、
日本の人々には、現れたことがなかったエネルギーです。
今日、初めてご挨拶をします。

これまでは、
ヴァイワマス(VYWAMUS)のエネルギーが、紹介されておりました。

私は、そのエネルギーを管理している大元であり、
これからの日本の流れや宇宙における地球人の働き、
そして、これが、神々によってどのように創られてきたのかを、
すべて管理している存在です。

大いなる光の仲間たちは、私の現れであり、
また、大いなる存在たち、ミカエルの仲間たちは、私たちのとても良い仲間です。

今、少しずつ、皆さん方に、神における計画を現す時期に入ってきました。

レンデュース(LENDUCE)という名前で、私は知られており、
そしてまた、大いなる光の存在としても知られておりました。

しかしその真実は、この大いなる宇宙の現れの中の一つを担っており、
これからの地球の流れを、すべて管理している存在でもあります。

少しずつ皆さん方にこれから接することになるかもしれません。
ただ、今は、まだそんなに強い繋がりがつくられていないので、
必ずしも深いメッセージを与えることはできません。

これも、皆さん方が強い繋がりをつくっていただければ、
少しずつ、より深いメッセージが与えられるようになってくるでしょう。


☆ 地球には、神が隠した多くの神秘がある 

さて、少し、私たちの方からお話をいたします。

宇宙の計画について、少しずつ皆さん方に、秘密が明かされてきて、
中には、かなり理解している人もいるようです。
今、ここで、新ためて私たちの方から、整理をしておきたいと思います。

これまでに何度か伝えられたように、今、地球はとても大切な時期にきており、
これは、宇宙においても、今、非常に注目をあびている段階にあります。

地球がこれからどうなるのか。
地球がうまく変化するのか、それとも失敗に終わるか。
この重要な境目にあり、
宇宙のすべての存在たちが、この地球を注意深く見守っております。

地球が、うまく新しい波動に切り替わることができると、
その影響は、とても大きなものになり、次々とほかの領域に影響を与え、
ほかの惑星やほかの星々たちが、
新しい波動に、次々と切り替わることができる状態となっていきます。

そしてそれは、宇宙全体に拡大していき、
宇宙全体が、新しい波動に変わっていきます。

そしてそれは、この宇宙自身の新たなる創造であり、
また、これまでの進化とは、まったく進化方向へ向かう、
とても大切な流れでもあります。

今、この大切な時期に地球に生まれてきている、皆さん方一人ひとりは、
とても重要な役割を持ってやってきました。

そして、一人ひとりは、
魂とともにこの地球で生命を得て活動し、魂の波動を地球に流そうとしております。

この地球は、素晴らしい人間たちの力によって、新しい地球に変わり、
そして、いろんな生命たちが喜びを分かち合い、
まるで、神の楽園のような星に変わっていきます。

こういう素晴らしい惑星になるということは、今までかなり秘密にされておりました。
いろんな妨害があり、常に自分のものにしようとする存在たちの手によって、
計画が進まない状況が、何度も起こってしまいました。

そのために、肝腎なことは常に分からないようにし、
ただ単に、何気なく地球に集まってくるように、神はインスピレーションを与え、
そのインスピレーションを受けた者たちが、地球に集まってきました。

でも、それによって、どういう地球になるのか。
地球がどういう惑星なのかは、誰も知らないまま地球に集まってきました。

そして今、あらためて、真実が皆さん方に与えられようとしている。
この地球は、神々たちの手によって計画され、
そして神々たち自身をも成長させるための、とても大切な星となっています。

ただの星ではなく、神々たちの思いが、至る所に入っており、
そしてそれは、神々たちにしか分からない秘密によって覆いつくされています。

ほかの惑星から来た存在たちには、
地球のことが、必ずしもすべて理解できないようになっております。

地球のことを理解するためには、自らが地球人となり、
地球人として生まれ、地球人として体験し、地球人として喜びを分かち合った者、
こういうものが、地球について理解でき、地球の神秘を探ることができ、
地球の秘密を、手にすることができるようになっております。

しかし、それに気づいた者たちは、ホンのわずかであり、
ほとんどは、地球にそれだけの神秘があるということは、考えてもいませんでした。

今、皆さん方は、
地球人として生まれ、地球人として体験を重ね、地球の神秘を手にしつつあります。

地球人として体験を重ね、生活をしたものは、
地球における不思議なエネルギーを自由に使うことができるようになります。

これは、ほかの惑星の人間には、絶対にできないことであり、
地球人として生まれた者しか、手にすることはできません。

しかし、こういう地球にも、いろんな問題をまだ含んでおり、
このまま順調に地球が変わっていくのか、
それともうまくいかずに、人類が自ら封印してしまうのか、
それはまだ明らかにはなっておりません。(1998年10月時点)

この地球の計画がうまく進むためには、
地球人が本当に愛に目覚め、
お互いを許し合い、認め合い、分かち合うという思いが、どうしても必要なのです。

相手を否定したり、無視したり、差別するエネルギーを持っていると、
地球人として活動することが、できなくなってしまいます。

地球の神秘を手にし、神として目覚め、神が地球を歩くようになるためには、
一人ひとりが、本当に愛し合い、分かち合い、
地球に生まれてきた喜びを、感じる必要があるのです。

これからの時代の流れで、地球人類はどういう選択をするのか。

地球上では、争いがまだまだ続き、
人種差別もまだまだ続き、宗教による支配もまだ続くでしょう。

ただ、それに束縛されている人間、支配されている人間は、
少しずつ少しずつ、減っていく可能性があります。

それに関与する人間が、少しずつ減っていき、
皆さん方のように、もうどこにも束縛されることなく、
自分たちで、自分のペースで生きていく、という、
どの影響も受けない人々は確実に増えてくるでしょう。

そしてそういう人々が、徐々に増えていき、
いずれは、大きな社会を造るぐらいの勢力になってくると、
この地球は、急速に変わっていくのかもしれません。

ただ、そこにくるまでに、強い支配のエネルギー、束縛するエネルギーがあり、
そこから抜け出るために、とても強い意思や行動力が必要となり、
それに打ち克った者だけが、そこから出てくることになります。
心弱き者、行動力なき者は、支配されたままで終わっていくのかもしれません。

私たちは、この地球を、本当に完成させたいと願い、
少しでも神の願いが決定するように、いろんな仕組みを創っておきました。

今のところ、そのほとんどは、
まだ皆さん方にも見つかっておらず、分からないままになっております。

したがって、私たちからすれば、
そういう私たちが隠しておいた秘密を、
皆さん方がどれだけ見つけ出し、それを証し、そして、自分のものにしていくか。
それが、とても大きな鍵を握っております。

そして、その秘密を使うことによって、
今まで出来なかったと思われたことが、急速に出来るようになる。
不可能と思われたことが、瞬間的に可能になる。
今まで諦めていたことが、実現可能になる。
そういったことが、次々と証されてくるでしょう。

この地球の至るところに、そういう秘密が隠されており、
そして、そういう秘密を一人ひとりが見つけ出し、解き明かしていくと、
人類同士の争いや食料不安や、戦争による奪い合いや殺し合い、
そういったものの無意味さが、少しずつ証されてきます。

そして、この何千年もの間、ごまかされていた一般の地球人、
こういう人々が、真実を手にすることにより、
今まで、自分たちをだましていた本当の敵は、何であったのか。
自分たちを、めくらにさせていたものは何であったのかが、
より確実に分かってくるでしょう。

皆さん方を不幸にさせようとしたり、貧しくさせようとしたのは、誰であったのか。
その真理が、少しずつ証されてきます。

そのためにも、神々たちが秘密の内に隠しておいた、いろんな秘密を、
皆さん方が、自分の手で解き明かし、
そして、それを使って急速に、地球を豊かで、素晴らしい社会に変えていく。
そういう働きを、是非とも担っていっていただきたいと思います。


☆ 地球人類が、地球を愛することによって、地球が変わる 

この地球が、いずれは、宇宙における神の楽園となり、
地球に来ることが、どれだけ素晴らしい体験であり、
夢にまで見た願いであるということが、より強く分かってくるものと思われます。

宇宙の多くの存在たちは、それゆえに地球に注目し、何としてでも、
地球が新たなる波動に変われるように、いろんな努力を続けております。

ただ、それを直接、演じるのは、
地球人類一人ひとりであり、皆さん方にすべてがかかっております。

一人ひとりが、地球を愛する気持ち、隣人を愛する気持ち、これが一番大事であり、
そうすることによって、地球は、新しい波動に変わっていきます。

大いなる仲間たちも、周りで仕組みをつくることはできても、
直接、地球を変えることはできません。

直接、地球を変えることができるのは、地球人類だけであり、
地球人類の一人ひとりが行なうことでしか、地球を変えることはできないのです。

皆さん方が一人ひとり、いろんな不安を抱え、
何も分からない、どうしたらよいのか分からない、
魂についてでさえも分からない、と感じているでしょう。

そういう考え方自体が、今までごまかされてきた考え方であり、
そういう考えを持つこと自体が、まったく意味のないことです。
分かる必要はありません。

ただ人を愛したいから愛する。
ただ地球が好きだから地球を愛する。
これが原点であり、これがすべてです。
それ以外に、理由や意味は何一つありません。

ただ地球を大切に思う。
地球に生かされているゆえ、地球を愛する。
隣の人と同じ人間として経験をしているゆえ、お互いに愛し合う。
これがすべてであり、これ以上の理由は、何一つありません。

この根本的なこと、一番基本的なところから、まだまだ人間は始めなければならず、
そして、この学びが何千年も続いております。

でも、もう地球は、新しい波動に変わる寸前にきており、
これ以上待つことはできなくなってきております。

それゆえ、一人ひとりの目覚めが、大急ぎで必要とされており、
これ以上、待ってはいられない状態にあります。

皆さん方も、もうあえて、疑問や理由にこだわらず、
ただ地球を愛し、ただ人間を愛する。
その原点、本質的なところに戻って、
豊かで喜びに溢れた社会を造っていただけるように、望んでおります。


☆ 先走りしないように 

さて、今までいろんな話があり、
中には驚いたり、混乱している人がいるかもしれません。
私たちも、そろそろ時期に合わせて、いろんなことを伝える状況に入ってきました。

日本人は、あまり緊迫感がなく、自分勝手に活動している人と、
非常に先走って、おかしな方向に進んでいる者とはっきりと別れてしまい、
とても危ない状況に入っております。

先走りして間違っている者に、行き先が違う、と伝えたところで、
もう何も聞こうとしない状況にあります。

また動こうとしない者に、動けといっても、
面倒臭い、分からない、自分はこれがこれが良い、この能力しか持っていない、
という屁理屈ばかりを述べ、まったく動こうとしません。

日本は、こういう状況になっており、
正しい方向へ正しく行動できる人は、極めて少ない状態になっております。

したがって、ほんのわずかでも、
神の御心に沿った方向に動ける人間がいるということは、ほんのわずかな希望であり、
そして、こういう人々が着実に増えていくために、これからどうしたらよいのか、
それを、お互いに考えていきたいと願っております。

一人ひとり、いろんな思いや考え方があるでしょう。
私たちもそれを否定はしません。

ただそれが、地球のこれからの流れに沿ったものであるのかどうか。
本当にそういう観点で、いろいろ考えていただき、
一人ひとりの進むべき方向性を、考えていっていただきたいと思います。


☆ 政治家の意識レベルは国民のレベルに合っている 

私たちは、今の皆さん方の話をいろいろと調べておりました。
日本の地において、一人ひとりが、周りを気にしながら行動するようになり、
自分の本心を表現することができなくなっている。
本当の自分を見せることができなくなっている。

本当の自分を見せると心配、否定されたらどうしよう、
ほかの人と違っていたらどうしよう。そういう思いによって、
自分をなるべく見せないようにし、他人と同じところだけを見せる。
社会で通用するところだけを、見せる。
自分独自のものは、隠しておく。
そういう生き方が、いつの間にか、定着してしまいました。

こうなってしまったのは、誰の責任か。
親でもない、先生でもない、宗教でもない。にもかかわらず、
多くの日本人が、そういう生き方をするように身に着けてしまった。
これには、日本独自の、とても特別な事情があります。

皆さん方が、まだ生まれる前の時代であり、日本に関与してきた存在たちが、
日本人の役割を理解し、その日本人の本当の働きを変更させ、
自分たちの都合の良いように変えようとした存在がいました。

その存在は、巧妙に日本を操り、分からないようにして、
自分の都合の良いように変えていきました。

明治に入ったころから、その働きが強くなり、
一人ひとりの生き方に、関与し始めてきました。

一見、西洋の文明を取り入れ、それまでの日本とは違う価値観で、
世界に向けて意識を広めていこうとする思いを持たせつつも、
実際には、日本人の心を強く握りしめ、
何かに縋っているように、何かにしがみついているように、操っていきました。

天皇が日本の中心であり、天皇を尊敬し、神は天皇を創り、
天皇は、日本人の一番の大切なものであるという教えを、説いていきました。

日本人は、海外に意識を向けながらも、天皇を尊重することにより、
自分たちは、日本人として大切に生きる、という気持ちを身に着けてきました。

そして神道が少しずつ広がり、
天皇を中心とした考え方を、定着させるように変わっていきました。

そして軍が登場し、軍は天皇を利用することにより、日本人を操り始めました。
天皇ために、自分の命を犠牲にしても良い。天皇のために自分を捧げても良い。
そういう教えを一生懸命説き、
一人ひとりの価値が、ほとんどないように教え込んできました。

このころから、日本人の自主性が少しずつ薄れていき、
いろんな戦争を経験するごとに、そのエネルギーがさらに強くなり、
日本人は、天皇のために働くただの奴隷とされてしまい、
戦争を経験するたびに、日本人は、ただ言うなりになる国民にされてしまったのです。

もう気がついたときには、日本人は、
ほとんど全員が、ただ言われるままに働き、
言われるままに動くことしかできないエネルギーに変わってしまいました。

太平洋戦争を終え、連合軍の管理によって日本が生まれ変わろうとするとき、
天上界においても、いろんな仕組みがつくられました。

この日本を、どのようにして本来の光に戻していくか。
一人ひとりの目覚め、本来の光、自主性、こういったことを考えながら、
天皇という立場を、どのように位置付けていくか。

当時、連合軍のいろんな管理にあっても、
日本人は、天皇を捨てることはできませんでした。
天皇のために戦った。天皇のためにさらに戦い続ける。天皇がすべてを守ってくれた。
これは完全に定着しており、すべての国民は、天皇を神と崇め、
天皇とともに、日本を大事に生きてきました。

そして、連合軍の指揮のもとで、
政治が変わり、経済が変わり、社会にも影響を与えていきました。
少しずつ、天皇への忠誠心が薄れつつも、
その時代を生きてきた人にとっては、忘れることができず、
天皇を神と崇め、天皇のために自らを捧げるという気持ちを失うことはありませんでした。

今、若い人たちが勝手に行動し、
人の迷惑も顧みず、自由に動いているのは、
ある意味では、そういう経験をまったくしていない影響でもあります。
誰かのために生きる。そういう教えが、まったく彼らには与えられておりません。

少し前の人間は、天皇のために、日本のために生きるという洗脳がされていたために、
自らの命を捧げる、という思いを持って生きてきました。

今の若い人たちは、誰かのために生きるという意識はありません。
自分の為に生きるか、そういう意識もありません。
自分とは、何であるのか、何が自分なのかが教えられていないために、
自分の為に生きる、ということすらも、彼らには分かりません。
ただ、楽しいことをする。ただ面白いことをする。
これが今の若い人の生き方になっております。

さて、今、そういう若い人々が次々と成長し、大人になり、
これが日本の大半を占めるようになったとき、
日本は、どのような状況になっていくのか。
日本のために頑張ろうとする者、
おそらく、そういう人間は、ほとんどいなくなってくるでしょう。
日本という国を守ろう。日本の文化を守ろう。
そういう者すらも、あまりいないかもしれません。

いざとなれば、日本からすべて逃げて、海外で暮らす。
日本の税金が高くなれば、海外に引っ越す。
日本で職がなければ、アメリカに行く。そんな人が現れてくるかもしれません。
もう日本という国は、彼らには魅力のない国になっているのかもしれません。

では、日本という国、日本人が造り上げた大切なもの、
和、いたわり、思いやる気持ち、一緒に分かち合う喜び、これはどこへ行くのか。
詰まるところ、それを理解している皆さん方一人ひとりが、
永遠に心に残し、行動に移し、その良さを具現化することでしか、
現すことはできないのかもしれません。

そして、日本という国や日本人に限らずに、その素晴らしさを、
ほかの国々でも、ほかの民族や人種の前でも、具現化していく。
どのような民族であろうとも、和を保つ。どのような国に行っても、和を保つ。
常に真面目で、誠実な行動をとっていく。それが、日本人の証となるのかもしれません。

日本という国が、今、大きな変化を迎えようとしています。
今までの価値観で、一生懸命働き、日本を導いてきた者、
彼らが、主導権を、次の者へ渡そうとしております。

これからバトンを渡された次の者たちは、どのようにして日本を引っ張っていくのか。
目標をなくし、具体的な考えが出来ない日本人を、どのように引っ張っていくのか。

政治を担当する者は、国民の鏡でもあります。
国民の意識に応じて、政治家の意識も変わっていきます。

今、政治家だけが悪いように、いろいろと問題視されておりますが、
実際には国民も同じレベルです。

こういう(精神世界の)学びをしている者でも、
本音を言えば、すぐに超能力を手に入れたい、
すぐに神に召されたい、早くアセンションしたい、早く宇宙人と出会いたい、
そういう意識の人が、とても多くいます。

結局、政治家が、
たくさんお金をほしい、早く有名になりたい、立派な家を手にしたい、
と思っているのと、同じ波動なのです。

もし政治家に、正しさを求めるのであれば、
自分たち自身が、心を正しくすることであり、
すぐに天使になろう、とか、
すぐにアセンションしたい、という思いを、無くすことから始まります。
政治家だけが、そのような波動を持っているのではないのです。

会社にしても、官庁にしても、同じであり、
問題視された人間だけの状況ではありません。

結局は、国民に応じた波動の持ち主であり、同じ波動で問題が起こっております。

彼らを変えたければ、自分たちから変わっていくことです。
また、日本は、それによってしか変わることはできません。

政治家を変えようとするのではなく、自分たちから変わろうとする気持ち。
自分たちが変わることによって、日本が変わるという気持ち。
これを、はっきり理解するようにしていただきたいと思います。


今日は、かなり特殊で難しい話だったかもしれません。
でも今日は、皆さん方の波動に一番合ったテーマであり、
おそらくいずれかは、
自分たちには、とてもよい内容であったと感じる時期が来るでしょう。

一人ひとり、自分が変わることによって日本が変わる、という意識を、
もっと強く持つようにしておいてください。
私たちはここまでにいたします。ありがとうございました。

(1998/10/19)


Quoted from:
セントラル・サン



このメッセージで初めて日本人が、どのようにコントロール
されてきたのか、と言うことも少し分かりました。
本来の日本人の国民性を取り戻すには、やはり一人ひとりが
変わっていくこと、それを具現化していくこと、それを世界
へと繋げていくってことで、、、、

「誰かがやってくれるだろう。」は、もうナシね!(笑)
みな、一人ひとりが、とても大切で、必要だから、、、、。

それぞれが、もっともっとシンプルになって、

「日本という国、日本人が造り上げた大切なもの、
和、いたわり、思いやる気持ち、一緒に分かち合う喜び、」

を他の国々とも調和(和)をもちながら、たくさん喜びを
分かち合いたいですね^0^

それに向けて、一歩一歩進んで行こう~!


2010/9/24(金)



久しぶりにロナさんのほうのミカエルのメッセージが、翻訳
されていました。感謝。


☆ Hiroshi's World -大内博の世界より

2010年9月「あなたの光を輝かせヴィジョンを分かち合う」
     ~アーキエンジェル・マイケル


チャネラー:ロナ・ハーマン 翻訳:大内 博



愛するマスターたちよ。今という加速的な変容の時代、そして、混沌とした変革の時代
において、世界中の様々な人種・宗教・文化の中において二つの明確に異なったグルー
プが形成されています。これらの二つのグループは、高次元世界にいる私たちの観点から
見ると非常に明確に区別することができます。一つのグループに属する人々は、未来を信
じている人々であり、自分自身および他の人々のためにより良い世界を作ろうとあらゆる
努力を払っている人々です。

彼らのオーリックフィールドは光で輝いており、この光は波紋のように広がり、周囲の人
々のあらゆるもの、あらゆる人々に影響を及ぼしています。あなた方の多くは、地上にお
ける固定点を探している神聖な光を導入するための力の変圧器となり、歩哨となっていま
す。これまで何度も言ってきたことですが、強烈なフルスペクトルの光は神聖な炎のエネ
ルギーであり、人類と地球が低次元の密度が高い二元性のスペクトルの世界から、高い局
面の4次元/5次元の光の世界・自由が拡大された世界へとうまく移行するために必要とされ
ているものです。

輝ける新しい未来に目を向け、心の焦点を絞っている忠実な魂たちは、ヴィジョンや夢が
想像もしていなかったような速さで実現するという体験をしています。直感的な能力はま
すます強くなり、かつ、正確になりつつあります。高次元世界のガイドや教師とのマイン
ドのレベルでのコミュニケーション能力が急速に上達しています。あなた方の顕現の能力
も改善されつつあります。というのは、あなた方は宇宙の供給の法則に忠実に従わなけれ
ばならないことを知っているからです。

最初に、何を顕現したいのかに関して厳密で明確な種の思いを抱かなければなりません
(これは、父なる神の神聖な意志・第一光線の属性を使って達成することができます);

第二ステップとして、あなたのハイアーセルフや天使のヘルパーたちの協力を得る必要
があります。その時、次のように宣言します。

"私は私にとって最善で全ての存在にとって最大の恩恵をもたらすためにこのことを依頼し
ます。あるいは、これ以上のことを依頼します。"

さらに、あなたの種の思いに感情的なハートで感じた燃料を付加しなければなりません
(この活動は第二光線の属性、即ち、私たちの母なる神の愛と叡智の力を借りることになり
ます。

第三に、あなたの夢を実現するために必要な行動をとらなければなりません(これは第三
光線のダイナミックな属性を活用します)。こうすることによって、第三光線から第七光線
までの神の意識の全ての資質・属性・美徳を活用することができます。

一般大衆の意識の価値体系の内部にあるネガティブな渦巻につかまっている人々に見られる
支配的な意識は怖れです。未来に対する怖れ、欠乏に対する怖れ、政府に対する怖れ、企業
に対する怖れ、その他に、自分が信じる宗教とは異なる宗教や異なった文化/人種に対する
怖れ、そして、神の怒りに対する怖れすらあります。自分とは見かけが異なった人、異なった
考えをもち異なった行動をとる人に対する怖れ、そして何にもまして、変化に対する怖れがあ
ります。

このような人々は恐れているがために、批判し、価値判断を下し、怒りと欲求不満に駆られて
人を攻撃し、その結果、自分自身の周囲をさらに強烈な否定のエネルギーと怖れの思考体系で
固めることになります。このようにして、哀れにも幻滅を体験しているこれらの魂は自分の周
囲や愛する人たちの周囲にネガティブなエネルギーの渦巻きを創出し、その渦巻はどんどん強
さを増し拡大していきます。その結果、彼らは自分が最も恐れていることを自分自身に引き寄
せています。彼らは自分で預言したことを実現していくという罠に落ち、これが彼らの信念を
強化することになって、苦しみ・欠乏・混沌という彼らの幻想の世界の奴隷になっています。

いつの日か、彼らもまた目をあげて天国に心を向け、彼らの魂の我の慰めと導きを求めて心の
面を見つめ、スピリットのささやきに応えることでしょう。しかしながら、あなた方が自覚し
ているように、壮大な宇宙の周期が今終わろうとしています。
そして、地球はらせん状に上昇しながら太陽系の中において新しい位置を占めようとしています。
誰が地球と一緒に次元上昇する準備ができているかとは関係なく、この地球の次元上昇は起こり
ます。私の愛する光の担い手であるあなた方に告げますが、このような状況においてあなた方の
果たすべき役割があります。今というときは、あなたの光を輝かせ、ヴィジョンを共有するまた
とない機会です。

あなた方の抗議の声が私たちには聞こえます。そして、その気持ちも分かります。あなたは人
に教えるのに十分な叡智を自分は持っていないと思っています。人に教えるニいう考えはあまり
にも恐ろしいものであるために、あなた方の中にはそうするくらいなら引きこもって、意識の
拡大をする努力を止めて、自分自身のマスターとなる道を歩むことも止めようとする人もいる
かもしれません。

愛する人たちよ、このメッセージは、あなたは周囲の人たちに対する教師に既になっているとい
うことを保証するためのものです。あなたは模範例となって教えています。あなたは言葉や行動
を通して教えています。あなたが語る一つ一つの言葉、エーテル界に送りだす一つ一つの思いに
よって教えているのです。あなたのオーリックフィールドは周囲の人たちにポジティブな形で影
響を与えもすれば、ネガティブな形で影響を与えることもできます。あなたは愛と信頼と希望と
自由のエネルギーを放射していますか。たぶん、あなたは怖れとネガティブなあり方に自分のエ
ネルギーを付加してはいないでしょう。しかしながら、保証しますが、あなたは現状維持の状態
で止まることはできません。

別な言い方をすれば、何の活動もすることなく惰性で生きることはできません。普遍の法則は、
創造主の光と愛のたえることのない流入を維持するためには、まずそのエネルギーを自分自身の
中に流入させ、自分に必要な分だけを取り、残りを周囲に放射することを要求します。これは不
の法則であり、絶対に失敗することのない法則です。

アヴァター、次元上昇したマスター、天使界、光の偉大な存在たちが、今、急速にその数を増し
つつある地上のイニシエート(光の道を学び始めている人)と共に、光の宇宙協議会の導きの下
に力を合わせて、今という前例のない変容とアセンションの時代のために高次の叡智の教えをも
たらしているということを、私たちはこれまでのメッセージの中で説明してきました。しっかり
とご理解いただきたいのですが、光の道を歩んでいるあなた方のすべてが教師なのです。公式な
形であれ、ただ模範例となることによってであれ、教師なのです。そして、今一番必要とされて
いるのはあなた方の輝きです。

思い出してください。あなたはエネルギーを自分自身に引き寄せ、あなたのソーラー・パワー・
センター(前後)からエネルギーを放射しています。あなたのエネルギーのしるしがより精妙な
ものとなり、高次元の光の周波数と波長が合うようになったとしても、3/4次元の環境にいる限り
は、あなたはハーフスペクトルの原初の生命力物質の一部を引き出し続けるでしょう。しかしな
がら、それは高次元の周波数である光のアダマンタイン粒子と混じり合い、融合して、あなたの
愛情に満ちた意図によって自動的に変容して高次の周波数エネルギーへと変換されるでしょう。
これは、あなたの自由意志を私たちの父にして母なる神の意志と一致させていく中で起こるでし
ょう。

あなた方は最高創造主の神聖な光の受容器となり、変圧器にならなければなりません。最高創造
主の神聖な光は私たちの父にして母なる神のフィルターを通してあなた方のところに降りてきま
す。私たちの愛する宇宙の両親が最高創造主の光をろ過して削減しそれが銀河系の複数の太陽へ
と放射され、それがさらにあなた方の太陽系の複数の太陽を通して変換されます。

まさにこれと同じように、最高創造主の光をろ過するためにあなた方は必要とされています。あな
た方はその神聖な光を無条件の愛によって活性化し、それから、その光を周囲の世界に向けて放射
しなければなりません。この神聖な光の純粋な受容器になるための唯一の方法は、自分自身のマス
ターになることです。自分自身のマスターになるための唯一の方法は、あなた方にこれまで提供さ
れている叡智の教えを通じて光に満たされることです。このためには宇宙の様々な原則を統合して
日常生活に生かすことが必要です。そうすることによって、あなた方は生きた模範例となり、道を
照らす光となることができます。

生命の川の生命ある支流となるためには、生命のエッセンスがあなたの中に流れ込み、あなたを通
って流れていくことを許さなければなりません。生命の川の流れからあなたが必要なものを取り、
残りはあなたから外へと流れ出て、不可思議なる新しい創造のために活用されるようにしなければ
なりません。こうすることによって、あなたは神聖な光の担い手となり、神聖な光を与える人にな
ることができます。この教えこそ、私たちがここ数年にわたってあなた方に提供してきたあらゆる
教えの要諦です。これが自分自身のマスターとなることの目標です。これこそがアセンションの道
です。

来月再び一緒になるまで、皆さんに熟考していただきたいことを以下に列記してみましょう。

*光に満ちた存在になる(悟り)のプロセスは、あなたのエゴに基づいたあり方、そして、外的な
ことに焦点を絞った左脳の意識をシフトして、右脳の内面へと向かう直感的な意識に注意を向けて
あなたの魂の我の声に耳を傾けるようになる時に開始されます。

*あなたの神聖なマインドの高次元レベルの中に貯蔵されている叡智とあなたのこれまでの歩み、
そして、光のパケットの鍵を開けるとき、脳の内部に新しい道が拓かれます。3/4次元の過去の古
い道、そして、苦痛に満ちた記憶は薄れ始め、あなたの様々な過去世の失敗や苦しみは思い出すこ
とはだんだん難しくなります。未来に向かってらせん状に上昇していく時、あなたは過去を癒して
いるのだと私たちは以前に言いました。あなた方は自分が誰であるかを思い出し、これまでの魂の
歴史を思い出すようになります。しかし、ポジティブで調和のとれた出来事だけを思い出すことで
しょう。

*覚醒の瞬間とは、クンダリニの火がルートチャクラで点火して、チャクラシステムを通って脊髄
を上昇し高次元意識の七つの封印を開く瞬間のことです。延髄、あるいは、アセンションチャクラ
は、時として神の口と呼ばれるものですが、クンダリニの火が点火されると延髄が活性化され、松
果体が脈を打ち始めて、本来の機能を果たすようになります。これによって頭の天辺にあるクラウ
ンチャクラ(悟りの蓮)を開き、それによって神聖な輝ける光の柱とつながり、究極的にあなたの
神の我ないしはありてある我の元へとあなたを導きます。一度このつながりが達成されるとあなた
は永遠の変貌を遂げることになります。あなたが神聖な遺産である神の贈り物と一緒に自らがマス
ターであることを再び宣言するようになるにつれて、スピリットの力があなたを通じて流れるよう
になります。

*あなた方は存在の自然な状態へと戻りつつあります。そして、未来の新たなる黄金の銀河系の新
しい母型、即ちアダムとイヴになるための準備をする中で、あなた方自身の宇宙意識を再び自らの
ものであると宣言しているのです。

*あなた方は自らのハイアーセルフの数多くの局面と一体になるべく探求しなければなりません。
あなたは、スピリットのワンネスの奥深くへと入っていくとき、自分だけの安寧にだけ心の焦点を
合わせている一個人ではなくなります。あなたが無害な状態へと移行するにつれて、恩寵の状態へ
と移行することになり、そして、魔法のときが始まります。脳の神経細胞の再構築が行われ、あな
たはやがて元に戻すことはできない宇宙意識の状態を達成することになります。

*一般大衆の光への目覚めがこの人生において可能であることを確信してください。そして、あな
た方の一人ひとりにこの壮大なドラマにおいて果たすべき不可欠の役割があります。

*第七光線と薄紫色の炎の時代は重要な時点であり、この時代において神の意識の三重の炎が地球
と人類に対する直接的な影響を劇的に加速させることになります。神の意識は加速するにつれて第
七光線を介してらせん状に下降し、地球の内部の偉大にして永遠に存在する薄紫色の火から上昇し
、世界中の光に目覚めた光の担い手たちのハートセンターの周波数を通して外に向かって広がって
いきます。

「宇宙の火」のこの神聖な妙薬は父なる神の意志の青い炎と母なる神の神聖な愛のピンクの炎が融
合して一体になることによって創造されます。これは神聖な叡智の輝ける黄金の炎と共に達成され
ます。この螺旋j行動はピンクとブルーの炎と黄金の火の核心との融合をもたらし、こうして、神
聖な薄紫色の炎が創造されます。これによって神聖なアルケミーが創出され、このアルケミーによ
って全ての調和を欠いた不協和なエネルギーがポジティブな生命力物質へと変容される可能性があ
ります。この生命力物質には私たちの父にして母なる神の贈り物と祝福の全てが含まれており、父
なる神と母なる神の神聖な結合によって誕生したあなた方、太陽の息子たち、太陽の娘たち、即ち、
光の太陽たちもそれを利用することができるようになります。

愛する人たちよ、未来においてはマスター、光の傑出した存在、まれには大天使のオーリックフィ
ールドの中で生活することが普通のことになるでしょう。光の道を情熱的に歩むあなた方は、物質
世界とスピリットの世界との間に橋を築いているのです。知性の光、そして、理性の光は叡智と理
解をもたらします。というのは、両者は光の燃料に精神的な性質をもたらし、それによってあなた
方は形の世界を理解しマスターすることが可能となるからです。

あなた方はこの人生に転生する前に、あなた方の後ろに従う人々のために道を光で照らし、道案内
をする人となることに同意しまオた。あなた方は真実の探求に勤勉でなければなりません。同時に、
マスターの仲間入りをするためには奉仕したいという強烈な願望と意欲をもたなければなりません。
あなた方はいま電磁波の光の流れの高い周波数に適応するプロセスの中にいます。魂の我はあなた
が普遍的な法則をより明確に自覚して、神によって与えられた創造的な能力をフルに活用するよう
にとあなた方にエールを送っています。

勇敢なものたちよ、私たちはあなた方を私たちの保護のオーリックフィールドの中に包み込んでい
ます。私たちは光の宇宙協議会の永遠なる愛と感謝のエネルギーをあなた方に向けて放射していま
す。私たちはいつもあなたと一緒にいます。

私はアーキエンジェル・マイケルです。


2010/9/25(土)

サイズ変更ウィザード-3


ようやく秋分の日が過ぎた。
もう?と言ったほうがよいのか、、、。

この秋分の過ぎるのを待っていた。
次は、10:10:10 だけど。

この時期っていえば~?

そう、また支払いの時期。
殆ど、何もないような状態(空)だったため、支払いに対して
も、何も浮かんでいなかった。

対策も含め、目の前に現れたら行動しようかって感じだった。


今朝(24日朝)になり、

「でも? 結局、まだこの状態が続くのであれば、やはり
今日中(24日)には、何かしら行動を取らないとならないよな~」
と思ってた。

神聖なタイミングと言っても、こちらの都合(支払い)に
あわせてくれるわけじゃないのは、もう分かった。(笑)

昨夜までは、誰一人として助けてもらえそうな人の顔などは
浮かんでこなかったけど(さすがに)
今朝は、やはり母しかいないと確信。

ダウジングもしてみた。

母→OK
金額○○万→OK

もう母が浮かんだ段階で、それしかないってことだよな~
と、もう抵抗なども感じずに、示されたらそうなんだろう。
と言う感じで、じゃ、メールでもするか、、、と行動した。

先月よりもさらに、抵抗もなにもない。
変化はしてきていると感じた。

先月借りたときに、今月中に返済するといってたけど、
結局、約束は果たせそうにない。(まだわからないけど)

さすがに、来月は大丈夫?ってことで、ダウジングを何度
もした。
それはまだ、母に対して、来月も同じようになったら、、、
どうしたらいいのか?というマインドが働いたからだろうと思う。

でもやってるうちに、やりすぎて反応がわからなく
なってきた。マインドにはまってるのを感じ、一旦やめた。

Gちゃんに頼んでアダマスに聞いてアドバイスもらおうか、、、。
と悩んだけど。
私のポリシー?で、まず聞く前に、自分の判断、責任で行動する
ということで、先に母にメールをすることにした。

*  *  *

メールを送った後に、Gちゃんに聞いた。


【セント・ジャーメインより①】By Gちゃん

先にダウジングについても、途中からマインドに
入って、さらにそれが混乱を起こしてしまったというような
ことを言っていたと思う。
それは、本当にその通りだった。


今、すでにあなたの【待っている時期】は、終わりに近づい
ています。

それは、お金に関してだけを言っているのではありません。

もう、すでに【待つ】ことは体験しました。

(【忍耐】【葛藤】も体験しました。)→この部分は、感覚で感じたらしい。


もう【待つ】のではなく、【能動的】に感じたことを行動に
移すときが来ています。


まだ「○○がないから動けない」という意識が残っていませんか?

よく、自分の深い部分を見つめてください。


○○したいと感じたら行動してください。結果はどうでもよいこと
です。
一瞬一瞬を受け入れ、行動し手放していってください。
動いている間に、自ずと結果は現れてきます。


-------------------------

このメッセージの伝えてる意味がよく分かった。

と、その前に【待っている時期】は、終わりに近づいている。
ってことに、すっごく嬉しさを感じた。

「ようやく終われるよ~!」って。

で、最近、ダウジングするときに感じていたことだけど、
もうやっぱり確認する”クセ”は、そろそろ必要ないのか?
とも時々感じていたからだ。
以前よりは、少なくはなっていたけれどね。

どうしても、ここは。という時はいいのだけど、調子に
のってると、ついついマインドからくることにも聞こう
としてしまう自分を分かっていたからだ。

もうここまで来ると、本当に進んでいきながらしか、実際
のところ何一つ分からないもんだ。

これまでは、それで良い部分があったのだろうけど、今日の
メッセージで、そこにも踏ん切りをつけ、

”感じたら、結果など考えず、まず行動する。”=いちいち確認必要ナシ。

という段階に入ってきたんだな~と解釈した。

っていうか、結局、何を聞いたところで、自分の感じたように
しか動かないっていうのも自分にあるのだから、聞こうが
聞かなかろうが、本当はどっちでもいいんだよね。
ちょっとばかりの安心を得てたってことだけだと思う。

「○○がないから動けない」という意識の部分は、
え~、まだそんなのあったっけ?と思ってたけど、

確かに”お金”のことに関してだけ言えば、
”お金がないから動けない”ってあったかな~?

その前にお金がないとしても、特別外に出たいのを
我慢してたわけではないんだけど、、、
無意識に深いところには、そんなのもあったのかな~と
思って、、、。そこんとこどうなの?自分、、、???

~ないから、食べれない。飲めない。
~ないから、タバコすえない。

は、あったかも知れないけどさ(笑)

たぶんそれは”お金”のことばかりではなく、制限、枠的な
ものを含めて、「○○がないから出来ない」という部分を指し
てるんだろうなって思う。
もっと、深く見る必要があるかもな~? 汗

ま、それはそれとして、今後は、そんな意識も超えて
メッセージの通りに、動いていこうと思う。

きっと、もうそういう時期なんだよ。

で、Gちゃんと、母に再度、お金を借りることも含め
今の状況などを話した。

電話を切ったあと、母からメールが来ていた。

やはり、先月は、今月に返すからということで、大切
なお金ではあるけれど、理由も聞かずに貸せた。しかし今回は、
やはり何かにだまされているのではないか、、
など、全てを信頼しては、貸せないから月曜日まで待って
というような内容で返信がきた。

そんなに驚きもしなかった。
それは、ごもっともな話だったから。

なので、実際には、迷惑をかけているのも事実だし、どう言われても
仕方が無い。ということも含め謝るしかなかった。
でも、人にだまされているわけじゃないし、人に恥じることは
していないということだけは伝えた。

私の中で、この無職でいることも、お金の使い道も
どのように説明したらよいのか表現したらよいのか、
全く分からなかった。
母の立場にたって、どこまで伝えることが最善なのかも、
全くわからなかった。

母は、今日は疲れていて天気も悪いから、月曜にお金を
振り込むことを一旦は了承してくれたけど、夜に一度話そう
ということで、一旦終わった。

夜に話したけれど、母は、お金のいる理由を知りたがった。
いくら親子であって助けるといっても、迷惑かけている
ことには違いないのに、それに対して理由を言えないと
いうことが、不安と疑惑をさらに強くしていく。

それは、わたしたちの過去をどうしても、思い出させる
ものだった。
私も母も、お互いの立場で、”トラウマ”が存在している
のかも知れない。

母と話したあと、少々きつかった。
どうしても平行線のままになってしまう。
別に理解してもらおうと思っているわけじゃないけれど、
納得できずにいる母に、納得のいくような説明などできない
自分がいるからだ。
どうしても、”あるがまま”で話すには、大きな壁を感じた。

*  *  *

再度、このことについて、Gちゃんにチャネリングしてもらった。

【セント・ジャーメインより②】by Gちゃん

あなたは今まで公に対して大胆に表現することに意識
を向けてきました。

そこには、どう思われるかどうかなど微塵もなかった事を、
私、セント・ジャーメインは知っています。

しかし家族に対して、あなたはどう思うかということにフォ
ーカスしてしまいがちだと言う事を気付いてください。

家族であろうと公であろうと同じスタンスでいる必要がある
のです。

家族に心配をかけたくないから、真実が言えないのでしょうか?

いいえ。それは違います。

あなたの中の”家族は解り得ない”という意識がそうさせている
のです。

相手が知っているかいないかの問題ではありません。
”ありのまま”の自己を相手の段階に合わせて気長に表現して
いく勇気を持ってください。

私はあなたをサポートするのに何時も待機していることを忘
れないで下さい。


-------------------------

号泣した。 

ジャーちゃんの優しさも、愛も含めて、伝えていることが
分かった。
充分に、私のこれまでの事も、トラウマも知った上で伝えて
きていることも感じるだけに泣けた。

Gちゃんと、その後で、このことについて話しているうちに
たくさんのことが整理されていった。
(まだ、残っていたものにも気づいたしね)

もう、家族に対しても、表現していく時期に入っていて、
このようなことが、浮き彫りになり、またひとつ超える
段階にきている。

ジャーちゃんの言うとおりだな。

私は、家族に対して「心配かけたくない、、、」と思って
言えないで来たと思っていた。

でも、ジャーちゃんの言うとおり「分かり得ない」という
意識があるからなんだと思う。
信念体系の違いも含めて。

深い部分には、まだ自分でもわからない部分が残ってるって
ことだね~。汗

でも、なぜそうなったのかというのは、過去の色々な出来事
から、そう信じてしまったことだった。
長い年月と共に、「言っても理解してもらえない」「拒絶さ
れる」ということが、まだベースに残っていたんだろう。

でも、私が表現していくことで、母だってクリスチャンであり
ながらも、長年の中の信念体系がどうなるかなんて、それさえも
可能性なんて、誰にもわからないことなんだよね。
(結果も関係なく、どんな結果であっても、なにかは現れるの
だろうし。)

私のことを知ろうが知るまいが、それも関係なく、表現する
ことが求められ、それが私にとっても最善であることが、
これから先に、もっと自分でも知ることになるんだろうと思う。
腑に落ちていくと思う。

人によっては、こんな部分を超えることは簡単かも知れない。
でも、私にとっては、重い部分かもしれない。
また、その逆もあるしね。 ホント、人それぞれだな。

でも、私はやるんだ。すぐにトライするよ!自分のためだしね。(笑)

明日、もう一度、母に電話してみようと思う。
あくまでも、母の立場と、理解にあわせながらだけど、

今日は、聞くからちょっとは話した。
なぜ今生まれてきたかが分かってる(具体的にではないけど)
とか、そのために仕事も辞めることになるかもしれないという
話もね。(ただし、それだけでも不安をあおってしまったが)
それを話すにも、何も形を見せられないままで、話したところで、
結局は、何も得られないでしょってことで、平行線。

私の意識=家族は解り得ない→”ありのまま”で話すことを妨げる。

勇気をもって、今、仕事を辞めたことも話して、お金は生活費だと
いうことも話す。(仕事を辞めたのは、7月の北海道時期にする)

ツインレイのことも、時期は分からないとしても現れる予定
であることも話せたらいいなと思う。(サポートも得られること含め)
いずれは分かることだから。

娘たちにも、仕事を辞めたこと、話す時期かな~?
こっちは、どうしましょ。
いつ辞めるか、どうなるかも分からないからってことは
話してあるんだけどね~。


たぶん、”今”なんだろう。

”今だから”、この機会が与えられているんだろう。

ほんと、更に深く、、、深く、、なってきたねー。(苦笑)


感謝なんだと思う。

そして、今日はGちゃんにも沢山、感謝!!

*  *  *

あ、、、、今、わかった。
最初のジャーちゃんのメッセージの

「○○がないから動けない」というのは、、、、

二回目のメッセージのことも指しているんだ。

「私のプロセスを知らないから、話せない」とか、、、

もう、そういうことでもないんだね、、、、(汗)
※相手の位置に合わせて話すことは必要であってもね。

*  *  *

【支払いの時期~真実を表現する】by Gちゃん  へ

☆本日↓2010/9/25(土)の始めはこちらから。
【支払いの時期~セント・ジャーメインからのメッセージ】By Gちゃん


*  *  *

ん~~、取り合えず、やった。
出来るかぎり、私の真実を母に話した。

母の反応?  そりゃー大変ですよ。 ぷっ。
変人超えて、悪魔か、宗教がバックになくても洗脳が
残っているようなくらいに言われたよ。(汗)

どう思われてもいいんです。
今回のことは、昨日、ジャーちゃんが言ってたように、
家族であっても、真実を表現する。っていうのが課題
だったから。

でも、その壁をひとつ越えられたので、私はとても今ハ
ッピーな気分です。

*  *  *

目が覚めてから、昨日に決心したことを思い出して
いた。

そう、母にもう一度電話を掛けること。

部屋の中を行ったり来たり、何往復もした。
ジャーちゃんや、ミカエルに語りながら、祈りながら。

これを、どう超えるのか、、、

何度考えたって、母の言いそうなことは予測がつく。
だから、そのことも含め、腹をわって話そう。

考えてみると、まず自分の気持ちを正直に話すことや、
腹をわって話すということは、自分が言ってきたことだ。
友人や、仲間にも、このブログでも言ってきたことだ。

でも、こと家族となると、とても厚い壁がある。

そんなときに、ジャンヌ・ダルクの裁判のときの場面が
思い出された。
自分の記憶を思い出したってことではなく、映画の場面、
本から感じたことを。

あの時、ジャンヌは、本当にどう思われようと、正直に
体験を話したよな。ミカエルや、神の声のことなど。

あの時の、裁判に当たってたのは、司祭などだ。
そして、それは悪魔の声として受け取られた。

その司祭たちが、母のようなもんだ。
宗教の観点からすると、とても受け入れがたいこと
だろう。

でも、ジャンヌは、そのまま、真実を話した。

これなんだよな。
あの時の、ジャンヌを私も演じればよいのだ。
そうだ、それなんだ。

「真実を語ろう!!」

*  *  *

そして、またこのような時に、兄も帰国するんだよな~。
しかも、今月末には、帰国し来月そうそうには、今回は、
実家に寄るんだよ。(汗)

これは、母も黙ってるはずがないんだよ。
もう迷惑をかけるなと言ってた兄が、この話を聞けば、
どうなるのかさえ、予測もつくってもんんだ。

でも、たとえそうだからって、何だって言うの?っていう
自分もいたり、ホント複雑。
自分の中では、今、何が起こっていて、自分がどうあるべ
きなのかも分かっていることだった。
もっと、堂々と、毅然としていたかった。

だから、ほんのちょっと、勇気を出して行動するだけだった。


もう、考えたところでしょうがないなと思って携帯を手に取った。

すると、あいにく母は留守だった。

その後に、「スーっ」と何かが溶けるように、心の緊張や、重さ
が消えていった。

まず、一回目の行動だけでも、何か不要なものが解放されたようだ。

その時に、PCでたまたま間違ってお気に入りの禅タロットの画面を
開けたらしい。
なので、ついでに一枚引いてみると、下記のメッセージだった。

ヒーリング

【ヒーリング】
いや、あなたは自分の傷を持ち歩いている。エゴと共にあれば、あなたの実存全体が傷だ。そして、あなたはそれを持ってまわる。誰もあなたを傷つけることになど興味はない。誰もあなたを傷つけようと積極的に待ち構えているわけではない。誰もが自分自身の傷を守ることに忙しいのだ。いったい誰がそんなエネルギーを持っているかね?
だが、それでも、それは起こる。傷つけてほしいといわんばかりに、まさにその準備を整えて、あなたがぎりぎりのところでなんでもかまわず待っているからだ。
タオの人に触れることはできない。なぜ? 触れられる人がいないからだ。傷がない。その人は健康で、癒され、全一なのだ。この「全一(ホール)」という言葉は素晴らしい。
「癒す(ヒール)」という言葉は、この「ホール」から来ている。そして、「神聖な(ホーリー)」という言葉も「ホール」から来ている。その人は全一(ホール)で、癒され(ヒールド)、神聖(ホーリー) なのだ。
自分の傷に気づいているがいい。それが成長するのを助けてはいけない。癒されるのを許すがいい。そして、それが癒されるのは、あなたがその根のところに動いて行ったときだけだ。頭がなければないほど、傷は癒される。頭がなければ、傷はない。頭のない生を生きるがいい。全体的な実存として動き、ものごとを受け容れるがいい。ちょっと24時間、試してごらん??完全に受け容れること、なにが起ころうとも。誰かがあなたを侮辱する、それを受け容れる。反応せずに、なにが起こるか見てごらん。突然、以前には感じたことのなかったエネルギーが自分のなかを流れているのをあなたは感じるだろう。

Osho The Empty Boat Chapter 10

解説:
深く埋もれた過去の傷が表面に現われてきている時です。癒される用意を整えて、その場にいましょう。このカードの人物は裸で傷つきやすく、<存在>の愛にあふれたタッチに開いています。からだのまわりのオーラは光に満ち、まわりを包むくつろぎ、心づかい、そして愛の質が、彼の闘いと苦しみを溶かしさっています。肉体と、微細なエネルギー体??私たちひとりひとりを取り巻いていると癒し手(ヒーラー) たちが言う、その微細なエネルギー体のまわりには、光の蓮(ロータス) が現われています。この微細な層のそれぞれにヒーリング・クリスタルやヒーリング・パターンが現われています。「水のキング」のヒーリングを受けていると、私たちはもはや自分からも他人からも逃げ隠れしません。開き、そして受け容れているというこの態度があれば、私たちは癒されますし、ほかの人たちも健康で全一であるように助けることができます。



と、、、このカードの意味を読んでると、

「なるほどな~。今、起こってることそのまんまだよー。」
って感じだった。

私は、ずいぶん軽くなっていった。

そして、Gちゃんに電話すると、お出かけ中だった
ようで、最初の電話には、出れなかったようだ。

その内に、かかってくるかな?と思って、Gちゃんの
ことを、、て言うよりも、Gちゃんのチャネリングのこと
をなんとなく考えていた。
あれだけ明確にメッセージ受け取れるのに今ひとつ自信が
持てないのだな~。(それは毎回感じていたけど)

最初は、みんなそうなのかも知れないけどね。
降りてくるメッセージに対して、Gちゃんのマインド
では分からないから、ちょっとだけ疑いを持ってしまう
んだね。
でも、伝えてみると、私には、ビンゴってくらい、その
メッセージの内容の言わんとするところが分かるので、
Gちゃんは、その度に、

「私には分からないけど、○○ちゃんには分かるんだー。
それなら、良かった~。」って感じなんだ。

今は、一旦電話を切って、メッセージを受け取りながら
メモして、それを伝えてくれている。練習って感じで。

なんとなく、そんなことを考えていると、もうそろそろ
Gちゃんも、私と話しながらチャネリングできるのにな~。
まっ、私だってそのほうが、楽しいし。なんちゃって。(笑)
しかも、今後、クライアントさんに、チャネリングをする
ようになるのであれば、練習だよ。ってことでさー。なんて
浮かんできててね。

でも、Gちゃんにも伝えたことだけど、本当にチャネリングが
出来て、メッセージを伝えるというのは、望んでる相手にどれ
だけ、希望や指針、気づきの早さ、道に迷わずにすむことなど
提供できる。
それは、私が一番実感していることだ。
本当に、素晴らしいことだし、是非、自信をもってその才能
を活かしてほしいというのは、私の正直な気持ちでもある。
私は、お世話になったチャネラーさんや、ayaちゃんにも、G
ちゃんにも本当に感謝している。


それが、今日のお互いの”気づく”ところであったとは、
そんなことは、この時には、二人共、知らなかった。

しばらくして、Gちゃんと電話が繋がった。

起きてから色々と感じたことや、チャネリングのことも
軽く話した。
どうするかは、Gちゃんの選択なので、あくまでも伝えた
だけに留まった。

話は、神との会話のことや、宗教観など、いろいろな事を
話した。
Gちゃんも、昔は、教会?に行って、聖書の内容も知っている
ので、話やすかった。
私と同じように、母の立場でも理解できるし、Gちゃんの親戚に
もクリスチャンがいるので、クリスチャンが、ニューエイジ系を
どう見ているのかなども知っている。

そんな話をしていたら、今、自分に起こっていることは、私だけ
の問題ではないように感じた。

これまで世界中に、散らばるライトワーカー、ニューエイジと
呼ばれている者たちが、どのような目で見られ、どのような扱い
を受けてきただろうか、、、。

確かに、事実、バランスの崩れた人もいるし、警察のお世話
になってる人もいるけどさ。
世間じゃ紙一重なのかも知れないけど。
その点、日本では、まだいいほうなのかな?

私なんて、問題にならないほど、傷つき、辛い思いをしてきた
者もいただろうな。ましてや、宗教を重んじる国においては、
今だって、魔女狩りがある国があるくらいだから、、、。

きっと、これからは、逆転するときに入るだろう。
そんなときに、我々は、堂々としていたい。
逆転するときには、大きな抵抗も受けるかも知れない。
そうなると、私たち一人ひとりが、自分に真摯になり、
自分に信念をもち、その場から逃げることなく、自分を
裏切ることなく、毅然と立っていたいと思わないだろうか?

私は、堂々と立っていたい。人はどうかなんて関係ない。
私は、自分を裏切ることなど出来ない。


話は、ちょっとズレたけど、

Gちゃんと、ひとしきり話した後、そろそろ”実行”する
時間がきたので、一旦電話をきった。

*  *  *

(一応、書いたけど、まとまりなく理解できないところも
  あるかも知れないけど、ご了承ください。スマン。)

さて、いよいよ、母と向き合おう。

ジャーちゃん、ミカエルにサポートを頼んで掛けたら
すぐに、母が出た。

案の定、昨夜は、殆ど眠れなかったらしい。

まず、何で電話したのかを話した。

昨日の段階では、話しても理解できないことを、
話す意味があるだろうか、それを話したところで、母の不安
が消えるのか?と色々これまでも悩んできたことを話した。

母が、

「たとえどんな事であろうと、あなたに理解できて、
お母さんに理解できないってなぜわかるの?」と言った。

これまで、私は過去に何度か話そうとしたし、話したけれど、
受け付けなかったのは、母だったと正直に伝えた。
だから、長年の間に、この目に見えない体験の話だけは、
正直に話すことが、出来なくなっていったことも話した。

これまで、私が宗教を脱会したときのような奇跡的な展開は、
お互いに認めるところであったけれど、母もまた、私の感じる
ものと違う”神”として、何かズレ(違う神)を感じていたとい
うことを話した。(この時の会話は、うまく表現できない)

私は、「だけども、神と自分との関係は、宗教をもってる持ってな
いなんて関係ないでしょ?宗教も、国境も人種も、みんな平等に愛
されているでしょ?違いや、壁を造っているのは、人間じゃないの?」
と淡々と話した。

「それは、そうだけど、、、」と母は詰まった。
(だけど、自分の信じる神だけが、神なのだ)
そのように信じさせられているので、仕方が無い。
過去には、このような話もしたこともあるが、今、自分は
議論したいわけじゃない。

これから話すことは、やはり理解してもらえないといしても、
せめて”お金”のことに対する疑惑だけは、少し晴れるかと思って、
今日は電話することを決めた。と伝えた。

母は、どんなことであれ、取り合えず聴くことを選択した。

まず知りたいのは、お金が何に使われるか。という心配だと
思ったので、正直に、”生活費”だと話した。
先月も、家賃、生活費だと話した。

当然、なぜ生活費を借りたのかってことになるので、
7月の北海道へいったのは、仕事を辞め、残りの有休消化
したことを話した。
そして、キャッシュカードを失くしたことは、事実だと伝えた。
キャッシュカードは再発行してもらい、口座の資金は、生活費に
使ったと話した。

そこは、母も少し安心してくれたようだ。
あくまでも、お金の使い道には、何か怪しい影がないことを理解
してくれた。事実そうだし。

だけど、その後だよ。(笑)

もう、ここからは、【宣言】に近かったよ。

じゃ、なぜ仕事を辞めることになったのか、、、。

母の信じている【神】との違い、私は、内側に住む【神】だ。
もう、そこからすでに母にとっては、個人的に直接、働きかける神
がいること自体が、傲慢で、おこがましいことであり、ありえない
のだ。(私には、このことのほうが信じられない。母も事故のとき
奇跡的なことを体験してるし)

一応、分かりやすいように宇宙でもいいのだけど【神】と
いう言葉を使うことを伝え、
宗教を脱会し、これまで自分を立て直す過程の間に、神との対話
という本を読み(母に貸したが読んでない)
私は、あるときから、メッセージを受け取っていたと話した。
母は、そんなことはありえないと言い張るが、なるべく感情的に
ならないように注意を払った。

その後、天使、大天使たちとの交流もあり、長年の間に、信頼と
絆を強めてきた。
そして、これまで、ご指南、ご指導を頂きながら、過ごしてきて、
いろんな事を見せられながら、愛と確信、信頼を深めてきた。

私も、宗教に入っているときには、外側のことは、サタンだと
思っていたし、反対の立場に立てば、お母さんの気持ちや言い
たいことも分かっていると、だけど、これは私にしか分からな
い体験で、証明することは、今の段階では出来ない。
だから、伝えることを悩んできたと話した。

母は、そんなことがあるはずもないと言ったが、人間の歴史には、
そのように受け取ってきた聖人などもいたでしょ?
と言えば、

「じゃ、あなたは、聖人だとでも言いたいの!?」

「聖人ではないけど、私は、宗教をやめてから、視野が広がる
と、世界にも沢山、宗教を持ってることなど関係なく、体験
している人はたくさんいることも知ったよ。」と話した。

で、ここまで話し、仕事を辞めることは、この内なる神から、
示されたと伝えた。
わたしは、これまで示されてきたことは、体験で信頼していた
ので、従った。と言った。

じゃ、なぜ、この神は、生活が困ることを分かってそんな事を
言うわけ?

って、そりゃーそう思うよね。って感じだけど、

私には、お役目があって生まれてきました。
今後、私は、多くの方に希望を与えたり、助けることもあるでしょう。
そのための準備のためです。(仕事を辞めたのは)

ここで、激怒に近いけど、
「冗談じゃない。あなたは、何様だと思ってるの!!
 人を助けるなんて傲慢もいいところじゃない。」
などなど、、、、、ま、想像におまかせします。

それに対し、それは、私が意図したことではなく、メッセージを受け取
ってきた過程で私も知ったことだし、私は、誰か以上でも、以下でもあ
りません。
別に、どこかの宗教みたいにグルとか、リーダーなどになるつもりも
全くありません。
たけど、何かを求められたら、私は、それに応えて行こうと思っている
し、お役目を果たしたいと思っています。

もう、母にしたら、「あんぐり」状態なんだけど。
呆れたも、通り越してる。(笑)

で、話が戻るけど、

じゃ、なぜ生活の困るようなことを神が示し、それを母に借金すること
になったかと言えば、、、という話になり、

「それは、お母さんの魂との契約があり、内なる神が、
今は、母から助けてもらいなさいと示されたからです。」と伝えた。

呆れて通りこしてはいたけど、じゃ、さらに、そのお金を返済できる
となぜ、言い切れたわけ?

(そうだよね、、、。ほぼ、ジャンヌの気分。笑)

それは、今後出会う人がいるということを知ったからです。
私は、先月、お金を借りたときに、出会う人、経済的に助けて
くれる人が現れるのを知っていたけど、時期は、ハッキリとは知り
ませんでした。
それが、私の予想とは、少しずれていました。
今月に返済と言ったけど、まだ今月は少し残っているので、明日かも
知れないし、来月かも知れないけど、でもその人は近い内に現れます。
その方は、私の今後のパートナーになると思います。
お役目においても、色々助けになってくれるはずです。
その後は、引っ越すでしょう。それは東京都内になると思うけど。
私は、今後において、お金には、一切困ることはないでしょう。

と、ちょー大胆に言い切りました。(宣言じゃ、こりゃ。)

もう、母の反応は、
「そんな馬の骨がどこだかも、、、」くらいの勢いだった
けれど、どうして、そんな事が信じられるのか!ってところで、

「あなたは、宗教を脱会したけれど、まだ、同じじゃないか。
 あなたは、結局、”使命感”などをもって、統一協会で、十何年
 もやってきて、それを、今でも持ってるってことじゃない。
 宗教ではないかもしれないけど、あなたには、洗脳が残っている。
 何も立ち直ってなど、いないじゃない!!」

「私はね、本当は、使命感のようなもの、その頃は、何かわからな
 かったけど、宗教に入る前から私の中にあったの!
 それは、言葉に出したことはなかったけれど、、、だから、
 統一協会のときに、何かしらヒットしてしまって、方向は違った
 けれど入ってしまった。
 だけど、これは、もっとずっと前からのもので、自分の中にある
 ものは、実際にあるのだからそれを否定することなんて出来ない。」

「それは、そうかも知れないけど、、、」

「子供たちは、この事を知ってるの?!!」

「仕事を辞めたことまでは知らないけど、お役目のことや、
 今後いつ仕事を辞めることになるかわからないこと、
 パートナーが現れることは話してあるよ。
 そこまでは受け入れてる。」

「・・・」

って感じでしょうかねー。かなり危機感あったかも。

しかし、もう伝えたいことは、話し、母も、これ以上は、
受け入れ拒否に近い状態だったので、
とにかく、信じてもらえなくていいので、今回のお金のことは、
月曜まで、母の判断にまかすことにした。

今、実際に迷惑をかけていること、これまで、親孝行も出来ず、
母からしたら、離婚などして、とんでもない娘だったよね。と
いうことも謝った。

私は、もう一度聞いた。話を聞かないほうが良かった?
それとも、お金の使い道を知れただけでも良かった?

母は、お金の使い道は、聞けたことだけは良かったけど、、、。
とつぶやくように言った。

もう、母は、話はこれまでにしようと、疲れた声で言い。

30分あまりの電話をきった。


切ったばかりのときは、あ~、また悩ませたし、あんなに
大胆に言っちゃって、本当に母に対しよかったのか?
複雑~~~~。って部分と
でも、自分のハートは正直だ。爽快感があるんだよね。

また、すぐにGちゃんに電話して、この内容を話すと、
良かったんじゃない?と言ってくれた。
お母さんも、解放する必要があったんだと思う。
きっと、腹をわって話すことで、何か解放ができたよ。
お母さんは、今は理解できないかも知れないけど、
実際に、本当のことだし、いずれは、変わってくるかもよ!

「ねーねー、ジャーちゃんに、ちょっとだけ、
ぴょんと来てもらって、何と言ってるか、知りたいな!」

※ぴょんと来てもらってというのは、チャネリングのときって、
マインドを一旦、ずらして、頭の中のスペースを空けて、意識
だけは保ったままで、そのスペースに存在のエネルギーが入る
ことを許可するっていうか、人によって、やり方が異なるかも
知れないけど、私とGちゃんの間では、そんな感じなんで、

「電話を切らないで、今ね、私は黙るから、その時に、ジャーちゃん
に来てもらってね!」
その時、私が感じていることを言った。
「ジャーちゃんね、今、待機してくれてるの。だから、来てといったら、
 ピョンって来てくれるはず!!試してみて!!」

と言い、黙ったら、

「その通りです!それでいいですよ!」

ってジャーちゃんが言ってるぅ!!

とGちゃんが言った。ちょっと、いつもより遠く感じたけど、
受け取れた~~!!

「もっと、近くに来てくれるよ。大丈夫だよ。」

と私のテンションも上がり、ジャーちゃんの言葉が嬉しかった
し、自分が表現できたことが、とても嬉しかった。

私が、母に伝えたことも、

「実際、その通りじゃないですか!この先で、今回の結果が現れてきます」

というような感じのメッセージだったので、

ホント、あ~良かった~~~!って感じ。

で、Gちゃんは、自分がチャネリングに対して、まだ疑いが
あって、今回の私とのチャネリングなどで、また自分に気づき
があったことなどを話してくれた。

私は、実は、今日、Gちゃんのチャネリングについて、
感じていたし、受け取っていた。
だから、最初の電話のときに、話したんだよ。と言った。

で、もっと自信をもってもいいと感じていたし。
実はね、、、それを知っていたから、チャネリングを頼む
のも、少々悪いな~と思っていたんだ。
必ず頼むと、ワンテンポ、沈黙があるのを知っていた。

「頼まれると、嫌ってことではなく、ドキっとするんだよね。
 でも、ドキっってするってことは、自分の中に何かがあるから
 なんだよねー。それは気づいていたんだ。
 だから、私も、自信をもって表現しなさいってことを示されて
 いたんだと思うー。」と言った。

「そうだねー。結局、それは、自分で封印したことで、恐れとか、
今世ではなく、魔女だったときのトラウマかも知れないしね。
だから、ブロックがあるんだよねー。自分の封印を解くのが恐ろし
いんだよね。それは、私も同じかも。
ジャンヌのときのもあるかも知れないし。」

「うん、そうだねー。でも、もう火刑は、ないからね!!(笑)」

「そうだよ、もう拷問だってないし、死ぬことなんて怖くないよね。
ま、今後、何かあっても、卵か、石が飛んでくるくらいかなー。」

「それじゃ、死なないしね。」

「うん、でも、私は、もしかしたら、それに近いこともあるのかも知れない。
 でも、もう過去のようなことはないからね。」

そっかー。結局は、二人共、今課題を越えたんだねー。
そうか、双方にとって、学びだったのかー。という話をしてたら、

Gちゃんが、
「あれ?ミカエルも傍にいるみたい。」

「うん、いると思うよ。」

実は、Gちゃんは、ミカエルの言葉は翻訳できない。
いつも、ミカエルの言葉は、音色のような音で聞える
らしい。

「あれ?何かピーピー言ってる。でも何言ってるか
分からないや!」

「じゃ、ジャーちゃんに翻訳してもらって!!」

「あんね、ミカエルが、二人の気づきにとても喜んで
いるんだって!」だって。

「うわ~、うれしいな~!!」

私は、ミカエルとの交流も久しぶりで、一緒に喜んで
くれてることが、とにかく嬉しい。

「あれ~?○○ちゃんが、電話で話すと、○○ちゃんの声
と同時に、ミカエルの音色が聞える。
○○ちゃんが、話をやめると、ミカエルの音が同時に消える。
どういうこと?
あれ?○○ちゃんの言葉がミカエルの言葉という感じだー!!」

「え~~!!そうなの? どうなの?ジャーちゃんに聞いて?」

「あんね、ミカエルとは、特別に絆が深いんだって。だから、
○○ちゃんの言葉が、ミカエルとダブるんだー。」
じゃ、今度から、ミカエルのメッセージが聞き取れないときは、
○○ちゃんと話せばいいんだー。笑
時々、聞えてくるけど、分からないから、”まっいいや”って
パスしてたー。」

「いやー、ちゃんと聞いてよねー。ジャーちゃんに翻訳頼めば
 いいじゃん!!
 せっかく、ミカエルがメッセージ伝えてるのにさー!!」

などなど、私自身には、分からないけど、ある意味、ミカエルと私って
一心同体になってるのか???ってくらいで、私のほうが、ビック
リした。でも、そうだなー。やっぱり、ミカエルは親友か、幼馴染
以上の何か繋がりが深いのも確かだなー。」

しばらく、ミカエルのメッセージも受け取ってなかったので、
寂しく感じてたけど、実は近すぎて分からなかったってか???

後から思ったけれど、ジャンヌの事を思い出させてくれた
のは、ミカエルだったのかも、、、。


で、気づいたのが、

ここんとこずっと喉のチャクラの調節で、違和感を我慢してきていて、
そろそろ勘弁してほしいと感じたし、ごく最近には、風邪になるか?
って感じで、喉の調子が変だった。

「あれ?喉のチャクラの部分が楽になってるー!!」と言うと、
(まだ、完全ではないかもしれないけど)

Gちゃんも同じような状態だったらしく、

「あれ?そういえば私も楽になってるー!!」
(昨夜?は、風邪?喘息になるか?って感じもあったらしい。)

結局、喉のチャクラは、”表現しなさい””表現に自信を持ちなさい”
”真実を話しなさい”ってことだから、

お互いに、今回のことで、気づき、ひとつ超えたことで、めでたく
終わった。
もっと、色々話もしたけど、今日は、こんな感じです。

本当に、感謝だし、たくさん笑いあった。


明日(26日)は、のんびり過ごそう~♪

あ、もしかしたら、迫害に近いことが起こるのは、まずは、
自分の家族からかもな~。
それも、充分ありえるな。 ま、いいや。
昔もそうだったし。


2010/9/26(日)曇り時々晴れ



[mixi]Arrived Energy On Earthより
The Ascension, symptoms, activations and clearings
24 September 2010
By Petra Margolis

http://lightworkers.org/channeling/115203/ascension-symptoms-activations-and-clearings

「アセンション、症状、活性化、クリヤリング」


☆ プラネタリ―アセンションとコズミックアセンションの違いはなんでしょうか?

プラネタリ―アセンションは、体の内側の全てのチャクラが浄化され振動数を上げることで、
現在はチャクラ8から12をもたらす時です。


多くの方は過去の転生においてプラネタリ―アセンションのワークをしてきていますので、こ
れによってプラネタリ―アセンションの完了となるでしょう。
もちろんこれはベーシックであり、ジョシュア・デイビッド・ストーン博士やその他の教えの
本に書かれている必要とされることです。

ほとんどの人々は、過去の転生において必要とされることを完了しており、私たち皆が今行う
ことは、それらを思い出して、プラネタリ―アセンションを完了することです。

ほとんどの人々は、この時期に両方のワークをしますが、プラネタリ―アセンションを完了し
ていないために、コズミックアセンションに向かうためのある一定のレベルにしか達すること
ができません。

プラネタリ―アセンションは、あなたが今いる次元、3次元のここ地球から他の次元にあなた
を誘うわけではありません。


コズミックアセンションは、肉体からライトボディへの完全な変容です。

私たちは皆イエスのストーリーと、彼がどうやってライトボディになったかを知っています。

彼はたくさんのアシスタントを持っており、彼らによって十字架から降ろされた後、肉体から
ライトボディへと変化するのをサポートされました。

現在、イエスが通り抜けた死の壮絶さに値するものを私たちが通り抜ける必要はありません。

コズミックアセンションは時代を通していくらかの人に成されましたが、現在は多くの人にそ
の用意がされています。

以下は、自分自身に起こったために私(Petra)が知っている、私が通ってきた全ての変化を
思い出してお話ししていることです。

12チャクラが体の中に入った後、変化が起こり、さらなるチャクラが12チャクラの上にオ
ープンになります。肉体の中で、チャクラはエレクトロンと呼ばれるものへと変化していきま
す。

これは、それぞれのチャクラの内側に欠けているクリスタルを招き入れることによって行われ
ます。

これについて私が持っている偉大なストーリーは、ある人がチャクラをエレクトロンに変化さ
せ、そしてそれについて忘れていた時のお話しです。2,3カ月あと、彼女は友人の一人に会
い、友人は彼女に言いました。“あなたが死んでいないのはわかるけれど、でもあなたのチャ
クラをもう見ることが出来ない”。

エレクトロンへの変化は、それらの全てのエレクトロン(以前はチャクラ)が同じ振動数で振
動を始める、中間の段階です。これは、最初はとても細く、そしてあなたがもっともっとご自
分の高次の部分とコネクトする時に太くなり始めるクリスタルライン・チューブとなります。

またアクシアト―ナル・システムもあります。これは肉体とエネルギー体を通して流れるエネ
ルギーライン・システムです。一度全てのラインがリコネクトされると、それは肉体とエネル
ギー体にもっと高い振動数が流れるのを受け入れられるようになります。

一度クリスタルライン・チューブが設置されると、私たちはハイヤーセルフ、ソウル、アイア
ムプレゼンスなど他の自分の部分との強力なコネクションを受け取るようになります。
そしてまた、それらの部分がもっと近づいてきて、肉体とそれらのエネルギーが統合を始めま
す。

一度アイアムプレゼンスがフルに肉体に入ると、私たちは意識の中の変化に気づき始めます。
アイアムプレゼンスからの意識がもっと拡張するのです。

肉体の内側では、間にはさまれてたくさんの活動が起こります。肉体にとって高次の振動数へ
のアジャストはとても大変で、時にあなたはインフルエンザになったかのように体中あちこち
に数日間痛みを感じます。とても疲れるのもまた、アジャストメントの影響です。

それらとともにやってくる頭痛は、時にどうしようもないほどである、とだけ書き表すことが
出来ます。

物質的・肉体的な脳は、現在私たちによってほんの少しの部分しか完全に使われていません。
ですから意識の拡張は現在肉体の脳によって変換出来ないのです。ですがそれらはすでに私た
ちのところにアジャストされるために存在していて、ただ活性化される必要があるのです。

私たちはこれに必要とされる3つの部分を持っていますが、それらの全ては時にお互いに反発
した働きをしているようです。ですから私たちはそれらが同じページに在り、新しい情報を理
解するために私たちの脳のキャパシティがもっと活性化される必要があります。
これは多くの方法によって行われますが、私は時々自分が脳みそを持っていないかのように感
じることがあるのを知っています。それはまるで、修理のために脳がとりだされて、コットン
ボ―ルが代りに詰められているかのように感じられます。それは頭が軽く感じるのとともに、
頭の内側が重い感覚もあります。考えることはほとんど不可能で、食べる、眠る、など体が必
要とする基本的な事だけを行うことが出来ます。

そしてこれは、私たちは意識を拡大するたびに脳のアジャストをしなければならないので、た
だ一度のことではないのです。
人によって、どれほど拡張のワークを一生懸命に行うかによるのですが、アップグレードには
1日から時には1週間かかることがあります。

そしてクリアリングがあります。あなたがご自分の他の部分を統合するたびに、体はアジャス
トする必要があり、それらの部分はクリヤーにされ、体の振動数は変化します。

あなたの多くの部分は、過去の転生においてあなたが他の場所に置いたエネルギーとして、ど
こかを漂っています。体の振動数に従って、これらの部分は取り戻され、統合されます。
通常これらの部分は過去の転生においてあなたが学んだことのたくさんの情報をもたらしますが
、それらはその転生において体験した全てを持っており、その全てを今の私たちが必要なわけで
はなくただ情報のみが必要なわけなので、それは浄化される必要があります。そして、もちろん
これらの高次の振動数の部分は、私たちが自分の肉体とエネルギー体の振動数を新しいレベルに
上げることを私たちに許します。

通常これは特にあなたがプロセスをスタートした時の肉体の症状と同じタイプのものです。イン
フルエンザタイプの症状、頭痛、疲労などです。

肉体とエネルギー体の内側で起こるプロセスは、たくさんの転生を超えて行われるものだったの
ですが、現在私たちはこのサイクルの終わりに向かっているので、一回の人生のみでも行うこと
が出来ます。

ですがそれはあなたのために何か(誰か)によってなされるものではありません;それはプロセ
スへの専念とコミットメントが必要とされます。

過去にはコズミックアセンションの勉強をする者たちは、ミステリースクールに参加し、多くの
転生を通して1日24時間を通してずっとこのプロセスのワークをしてきました。

とても多くの人々が現在起こると考えるように、それは他の存在たちによって手助けされるもので
はありませんでした。

イエスの肉体をライトボディに変化するのには3日間かかり、これは肉体からライトボディへの変
化に必要とされる全ての活性化と浄化のサポートとアシスタンスをするエッセネ派の何百人ものア
シスタントたちとともに行われました。
これはイエスがすでに自身のソース・ビーイング(源の存在)とワンネスのレベルにあったのにも
関わらず、です。

これは、彼は私たちの宇宙とそれ以上の全てとコネクトしていただけでなく、自分自身の内側とも
完全にコネクトしている、自身のソース・ビーイングの全ての部分との完全なるコネクションも意
味します。

コズミックアセンションのプロセスは時代を通してずっとありました;違いは私たちにはたくさん
の転生を通してではなく一回の人生の間にそれを行う機会がある、と言うことです。

これはまた、私たちがコズミックアセンションの完了に向かっているので、プロセスが変化された
ことを意味します。

過去に必要とされた多くのことが、地球が彼女の振動数を変化させ、私たちはこの振動数にサポー
トされている現在は必要とされなくなっています。
クリヤーにするのに何週間も何カ月もかかっていた多くのことが現在では、1セッションでクリヤ
ーにされます。多くの活性化が1セッションで行われます。

過去に使われた活性化はアジャストされたり、必要とされなくなり、新しい活性化が出来る限り早
く私たちが進むために加えられています。

これは今までに行われたことはなく、全ての古い教えは、私たちがこれまでにないテリトリーに入
って行くに従って捨て去られ、私たちは自分自身のコズミックアセンションのためのマニュアルを
書き始めます。

私がここで書いたことは、何が必要とされるかのアウトラインです。さらに進むにつれて、肉体か
らクリスタルラインへ、そしてクリスタルラインからダイアモンドへ、そしてそれ以上へと変化の
必要があり、そこには終わりが無いように私には見えます。

プロセスに含まれるのは、単にアクシオト―ナル・ライン、内側にクリスタルライン・チューブを
活性化させ、脳をアジャストするだけにとどまりません。プロセスは絶え間なくアジャストされる
ので、この時期に何が必要とされるかをはっきりと言うことは難しいことです。

私にわかっていることは、これは驚くべく素晴らしいジャーニーであり、人生の中でただ一度やっ
てくる機会であると言うことです。


Petra Margolis
September 24, 2010
www.ascendedmasters.org


-sesameさん訳

*  *  *


【転載】母なる地球とそのアセンションの道 へ


☆本日↓2010/9/26(日)の始めはこちらから。
【転載】アセンション、症状、活性化、クリヤリング



[mixi]Arrived Energy On Earthより
Mother Earth and her ascension path
24 September 2010
Channeler: Petra Margolis

http://lightworkers.org/channeling/115205/mother-earth-and-her-ascension-path


「母なる地球とそのアセンションの道」



私たちが皆知っているように地球は変化しており、彼女は、私たちの中のいくらかの人々
が現在そうであるように、コズミックアセンションの道に在ります。

これは、私たちがコズミックアセンションに向かって進んでいるように、彼女もたくさん
の活性化と浄化を通り過ぎていることを意味します。

彼女は、彼女自身のたくさんの部分の浄化と活性化を行い、彼女自身のスピリチュアルな
部分をもたらしています。

私は、彼女が現在何を必要としているかを尋ねました。これが彼女のメッセージです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は地球です。私たちはいつでもひとつoneです。

私が多くの変化を通り過ぎる中で、私の内側では活性化が必要とされ、あなた方のアシスタ
ンスが必要です。

私はここであなた方をサポートし、あなた方とともにワークしてきていますが、私のサポー
トはいつもと同じようにそこに在ります。

サポートはいつでもクリスタルライン・グリッドの多くを通してなされてきており、それら
は現在も私を通して流れています。
私がさらに移行するにつれて、あなた方をサポートするための方法に変化が必要とされます。

これらのクリスタルライン・グリッドは私のエネルギーではなく、私がさらに移行するに従
ってこれらのグリッドは変容し消えるでしょう。
新しいグリッドは、私のアセンションのプロセス完了の後に置かれます。
ですがこの時期、私は自分の内側にこれらのエネルギーを保持することができません。

私のサポートは、アース・クリスタルまたはコア・クリスタルの内側を通してのあなた方と
のコネクションとなります。なぜなら、この場所はすでに変容し、私自身の他の存在の全て
の部分と溶け合っているからです。

多くの方はこれを変だと思うかもしれませんが、あなたがご自分の道をさらに進む時に、あ
なた自身のエネルギーではないものを全て浄化する、ご自身のプロセスを思い出していただ
きたいと思います。

一度時期が来たら、私のアセンションのために必要とされるポータルはフルにオープンにな
り、あなた方はその時に私のこのジャーニーに加わるように招待されます。

これらのポータルは、この特別の目的のために構築されたエネルギー的なポータルで、私の
内側ではなく私の上に置かれてきました。

私の内側に置かれているたくさんのクリスタルが私の外側へ、そして私たちの宇宙の中へと
移動し、あなた方はそれらにご自分の振動数を上げることでアクセス出来ます。

コズミックアセンションはパーソナルな道で、それぞれ、そして全ての人々は、この道をご自
分自身で追っていかなければなりません。

あなた方が必要だと考える限り私のサポートを使うことが出来ますが、あなた方がご自分自身
の2本の足で立つべき時がやってきます。
あなた方がワンネスの内側で私を含む他のサポートなしでご自分の2本の足で立つことが出来
るようになる時がやってきます。

私のアセンションの後、コズミックアセンションを完了していない人々ためのサポートが私の
内側に在ります。

この時期あなた方へのサポートは私の外側にも在ります。
それらはクリスタルライン・エネルギーで創られたグリッドで、それらはあなたがご自身の道
を進む時にコネクト出来るようになっています。

これらのグリッドは最高の振動数で、必要があればあなたのためにアジャストされます。

私たちは皆ひとつであり、私はあなた方皆さんを愛しています。


母なる地球


Petra Margolis
September 24, 2010
www.ascendedmasters.org


このメッセ-ジを受け取っていた時、私は母なる地球を感じ、それはまるで、多くの人々がま
るで彼女が私たちを見捨てたかのように感じるであろうことを、彼女は感じ、知っているかの
ようでした。
彼女は悲しみを持ちながらも、この時期に彼女自身の選択をしなければならない、という感覚
を持っていました。そして、これらの選択を彼女が行なう時に、それは彼女の上に暮らす人々
とその人々の道にとってどんな意味があるのかを考えなければいけない、と彼女は感じていま
す。
彼女は何兆年も私たちをサポートしてきており、彼女が選択をすることは正しいことだと私は
感じます。現在は私たちが愛とケアとともに批判なしに彼女のサポートをする時です。彼女が
言うように、私たちは自身の足で立つことを学ばなければならないのですから。

Petra



-sesameさん訳


2010/9/27(月)雨


うわ~、今日は、寒いねー。
東京は、最高気温18℃。札幌より寒い~。汗
明日からは、26℃くらいに戻りそうだけど。


時々、母のことは、気になったけど、これは仕方ない。
先日の続き→09/9/25【支払いの時期~真実を表現する】by Gちゃん

で、いよいよ今日だ。
母にとっては、悩み抜いた、、、いや、疲れ果てて
いることだろうと思う。
いつもであれば、午前中の内に、そういう用事は済ます
人なのに、メールが来たのは午後1時半過ぎ、、、
それだけ、悩んだ末だったのが伺える、、、。

今回は、”生活費”ということだったので、限界だった
けれど、振込みます。
だけど、けっして、あなたの話を受け入れたわけじゃない
から。と言うことだった。

もう、痛いくらい伝わってくる。
でも、感謝して、返信した。

私も、昨日までは、絶対大丈夫だろうと信じきっていた
けど、さすがに午後過ぎたときには、家賃も今日までだっ
たので、めまいが起こりそうな感じだった。

*  *  *

でも、そんな中、Gちゃんと、話しをしていて、ジャーち
ゃんにも来てもらって、いろいろな話をした。
※ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

Gちゃんに、もしチャネリングするのに、一旦、電話切った
ほうが、いいのなら切るよ!って言ったら、
元気に、練習だから、このままやるっ!って言ってくれた。

先日のことがあるので、今日は、よりすんなり三者通話の
ような感じで、話すことが出来た。
やっぱ、このほうが、楽しいじゃん。

私が、あーでもないこーでもない。と話していたら、
ジャーちゃんが、「分かってるじゃないですか!」
とか、「ほら、まだある!」とか、確かに、先日に、
もらったメッセージの意味が、より理解できていて、
「こういうことだったんだよね!」って言えば、
「そうですよ!」と軽快に応えてくれる。
今回は、あまりメモしてないので詳細は省くけど、
これから、多くの人と接するときに、どうなの?って
いう話など、二人に対してアドバイスをくれた。

なんかGちゃんと話して笑っていたら、
「そんな事を言ったら、ゲンコツしますよ!」だって。

二人で爆笑~だったけど、Gちゃんが、憎まれ口を利いて
「そんなの、痛くも痒くもないも~ん」とくるし。

やっぱ、「スピリチュアル幼稚園」のようだ。(笑)

先日、
「○○がないから、出来ない/動けない」
というのも手放せって言ってたことが、今日、ある
出来事で、自分の中がよりわかったしね。

例えば、私は、Human-AngelのHPがあり、今は、セラピールー
ムや、サロンなどはない。
この辺りの話は、、、
→09/9/9【9/9/9】祝HPプレオープン!
→2009/9

これまでは、自分のプロセスに集中していた時期だった
けれど、いよいよ始まってくるようだ。

昔、リフレクソロジーを独立したときは、とくに、
環境などにこだわってた自分がいた。

でも、今は、どんな状況であろうと、自分の枠を外せば、
どんなところでも、立派なサロンやルームになる。
そして、場所も、天界や、真の自己も協力して、探してくれて
インスピレーションを送ってくれる。
それは、何度も体験しているので、程よく、都合の良い
所をセレクトしてくれる自信もできた。

本当に、「こうだから、出来ない、、、、」なんて、言い訳
にしかならなくなるんだよね。

例えば、私も、今後は、セッションなども多くなって
準備された人たちがいるようなのだけど、

「今が大切な時期、今まで表面に出なかったものなども、
 不必要なものは手放す時期です。」

「そのままの、あなたでいい。セッションは成立します。」

「エネルギーは、双方で回すものですよ。」

などなど、、、ありがたい言葉をもらったよ。

そうそう、【愛】についても聞いたんだった。
「より最善の愛って、考えると分からなくなるときがあるよ。」

って言ったら、

「本来の愛というものは、頭で考えるものではない。
 頭で考えた時点で、エゴになってしまう。」

「本来の愛が理解できるのは、これからですよ。
 これから、本当の”愛”を知っていったときに、これまでの
 愛は、違ったんだということに気づく。」


という事でした。

そうですね、これから知るワンネスの中での【無条件の愛】
【無償の愛】というのが、本来のハートからそのまま来る
【真の愛】なんでしょうね。


結局、こうして話ている間に、母から振り込みしたという
メールが届いたので、終わったあとさっそく、銀行にいった。

ふ~~、無事に、家賃は払えた~汗

これから、少しずつ動きも出てきそうです。
感謝。

2010/9/28(火)雨時々曇り



さて、私ですが、昨日から今朝まで浄化が来ていました。
下痢ぴ~。(汗)

と、言うのも、実は、まだハッキリしていなかったので、
昨日のブログには書かなかったのだけど、ジャーちゃん
が、言っていたように、もう”待つ時期”から”行動”
する時期が来たんだ。

昨日の内容→【支払いの時期~ 母からの入金】 by Gちゃん

昨日、母の連絡を待っている間に、ひとつのメールが、
届いた。


それは、 【Human-Angel】 の申込みフォームからだったので、
驚いたと共に、何か、とうとう動き出したのか?と言う感じだった。


それは、セッションの問合せだった。

なぜ驚いたかと言うと、このブログを読んでるみなさんは、
ご存知だけど、昨年の、9月に退職する前、、、8月くらい
だね。
→2009/8
そのころに、双子の姉妹のようなハイアーセルフからのサイン
があって、何をするのかも分からず、HP作りを始めて。
結局、天然チャネリングによって、今の内容のHPが出来上が
ったわけで。
→09/9/9【9/9/9】祝HPプレオープン!
→2009/9

カッコつけても仕方ないから、書くけど、この時以来
始めての問合せだったんだ。(笑)

今から、思えば、あれも"創造"なんだけど。

あれから、自分のプロセスに集中していたせいか、特に執着
もなく、本当に、”創造”→”手放し”という感じで、新しい
エネルギーにお任せしていた。という状態だった。
全く、期待というものもなかった。
実際に、どんな流れがやってくるのかも、想像できなかったし。

それが、約1年が経ち、自分も外側も、準備が整い、いよいよ
”神聖なタイミング”によって、”現れた”ということかも
知れない。そして、今後は、少しずつ可能性が、”拡大”し
ていくことになるんだろうと思う。

ここ数ヶ月、Gちゃんの流れを見ていて、クライアントさん
との信頼をどのように築き、どのように自分に自信をとりも
どす作業していったのかを見てきた。

本当に、人事ではなく、一緒に学んできたと思う。

人は、新しいことを始めることへ、大なり小なり【恐れ】が
伴うと思う。
でも、これを超えられるこは、本当に、”自分をどれだけ信頼
できるか。自分を疑わないか。”ということだと思う。

私は、とても、恐れが強いほうだったし、自分に、自信がもて
なかった。

今生だけでも、多くのトラウマがあったし、というか、正確に
は、そのトラウマでさえ、過去世から来ているものだろうと
思うけど、【創造】している段階は、楽しいのだけど、何度、
形となって、いざ始まると、自分で壊していったのかを知っている。
いいところまではいくのに、その先になると自ら投げ出す。

それは、HPを作ったときに理解したものだけど、そこには、
【根の深い、恐れ】があった。

自分を開化させることへの恐れ、成功(受け取る)ことの恐れ、
完成(無になる)ことへの恐れ。
潜在意識の中に、どれだけの恐れがあったのだろう。

そして、「どうせ、だめだ、、、。」「自分には出来ない。」
と、ストップして、壊してしまう。
何度も、やってきたことだ。

でも、いつかは、プロセスの中で、これを超えなくてはならない
時がくるだろうことを知っていた。

-------------------------------------------
<参考>
ティーチャー・シリーズ シャウド12: 質疑応答
「J'encore 再び、私に出会う」 
クリムゾン・サークル 2007年7月7日

質問5:(インターネットから、リンダ読む): この1年以上、私は人生に重要なブレイクスルーを生み出す寸前までいきました。ついに自分がずっとほしかったものを人生に実現化するのだ、と信じられるような扉をノックする機会、可能性が数回、ありました。でも、このようなものが実現化しようとするまさにその時になって、いつも、土壇場ですべてがダメになります。蜃気楼のように、私の目の前からすべて、消え去ります。私は明るい面を見るようにして、結局は、そのようなものは、自分が本当にほしかったものではないのだ、と自分に納得させます。でも、正直なところ、深いところでは、とてもフラストレーションを感じて、混乱しています。何が起こっているのか、説明してもらえますか?

トバイアス: そうですね。達成恐怖症です。(トバイアスはくすくす、笑う。聴衆、笑) それは本物の怖れです。達成恐怖症 - 達成することへの怖れ。あなたは、ほとんど味わう寸前まで来ている、感じる寸前まで来ている、と言いますが、でもそれはなくなります。何が起こっているのでしょう? あなたは怖れているのです。そのブレイクスルーをなし遂げると、どうなるのか? どんな責任が課されるのだろう? 人生はどのように変わるのか? これまで養われてきたような形をやめなければならなくなるのか? 人生にあるそのようなパターンや依存症をどう、変えなければならなくなるのか?

ですから、あなたは達成恐怖症です。自分がなぜ、このようなブレイクスルーへの怖れを持っているのか、見る必要があります。それはあなたの人生にどんな意味があるのか? あなたというすべてになるために、何をあきらめなければならないのか? ありがとう。まったく新しい科学が出て来ました。もしかすると、アーンドラがこれに取り組むかもしれません。(笑)

------------------------------------------

帰還シリーズ  シャウド11
「卒業:トバイアスの最後のシャウド」
クリムソンサークル 2009年6月6日


何故妨害のエネルギーが入ってくるでしょうか? この地球での生涯において、サークルを完成した時に、何故ですか? これが重要な生涯であり、分離の点であり、クリエーターで、実現する者である時です。
暗くて、寒くて、死んだような偽りの愛のない、憎しみのエネルギーは何故入ってくるのですか?

今のような瞬間に、あなた方の何人かは不安や緊張を感じるのは何故ですか?

このような時に、あなた方の何人かは逃げたくなるのは何故ですか?

何故、自分自身に応えることが絶対に出来ないほど大きな期待を載せるのですか?
 
実現というのは、瞬間的に体を癒し、変容させることが出来るはずなのに、あなたはそれが出来ないではないかと、疑問を抱きます。まだまだ人間的すぎると思うのですか?

本当の愛、本当の豊かさ、本当の健康など、あなたのハートがクリエートしたい全てのものにあまりに近づいたのに、何故それが起こらないのですか? 人間は何故、自分自身を妨害するのですか?


このテーマについて、本一冊を書くことが出来ます。一つの答えはありませんが、私が感じるところのいくつかを、今日の卒業スピーチの中で言及したいと思います。人間と天使の、どちらもが恐れることの一つは、完成だと思います。 完成です。


何故恐れるかというと、何かを完成させると、とりわけその「何か」が、あなたが地球で過ごす生涯のすべてという大きなものであれば、何が残るのでしょう? 完成すると、情熱がなくなります。ドラマと言うものがなくなります。あなたの前にアメがなくなります。ですから、何が起こると思いますか? 人生を大きな円に例えるなら、完成が近付いてくると、あなたは円を壊してしまいます。円を完成しなくて良いように、あなたが創造してきたものを、実際壊してしまうのです。

~中略

私もアダマスも、それは本当でないと言います。一方、クツミを入れると、もう一つ、私たちが発見した真実を語る事が出来ます。以前存在していた形では、存在しなくなるのです。ですから実際、その恐怖や心配は、部分的に真実に基づいています。本当です。あなたは二度と、前に存在した形では存在しません。存在は、別なものとなります。瞬間になり、アイアムになるのです。目的なしで、何も直そうとせずの存在です。世界を直そうとしない、存在のあり方です。ここ、私のコテージの中のシャーンブラの部屋に座っている天使の皆さんの何人かにとって、それは大変困難な事です。

~中略

あなたは自分自身を妨害します。今日この部屋にいる多くの皆さん――この物質的な部屋のことを話しているのではなく、シャーンブラの部屋のことを話しているのですが――あなたは誰なのか、私は知っています。あなたが出来る事を、私が見てきました。あなたが何回もの生涯の前に、ここを去り、自らの第三サークルに行く事が出来た事を見て来ました。アセンションについて話すのではなく、実際アセンションを体験出来たのです。あなたは、宝や名声を手に入れる事が出来ました。そのどれもが、悪い事ではありません。

あなたは何でも好きなものを手に入れる事が出来ました。しかし、あなたは何億年前に始められたサークルが閉じられるのを恐れていました。アセンションを恐れました。そこには、何もない事を恐れたからです。アセンションすると、誰もいなくなり、する事がなくなり、自分自身、あるいは自分の価値での理解はないと恐れたのです。

あなたは何故、自分自身を妨害するのですか? あなたは悪い人間だからではありません。直さなければならないものがあるから、または、自分に価値がないからではありません。面白い事に、どの人間でも、どの時点においても、「もういい」と言えます。最も思い刑として起訴され、監獄に入っていようが、極貧なホームレスでいようが、世界一の罪人でいようが、「もう十分だ」と言えるのです。親愛なるシャーンブラ、人間の天使が「もういいのだ」と言った瞬間、全てが変わり始めます。全てが浄化し始め、アセンションでの気づきが入って来るのです。


私たちは、共に過ごした10年の経験を、今日卒業する皆さんを見ています。あなたの人生のまったく新しい部分に入ろうとしています。

あなたの創造物を本当に実現するために、アダマスとワークをし、新しいエネルギーとワークを始めようとしています。新しい意識の本当の科学者になるワークです。私はその言葉を軽く言っていません。あなたが物理学者と科学者と開拓者になるのです。定義出来ないものをあなたが定義する手助けをする事になります。新しいエネルギーの教師たちになります。新しいエネルギーのビジネスやヒーリング手法を作る人たちになるのです。


あなた方が、他の人間たちのためにいて、導いてあげる人たちとなります。しかし、今日、今直ぐ見なければならないものがあります。

妨害です。完成の恐れです。あなた方の何人かは、頭の中で、私に言っているのを知っています。 「違うよ、トバイアス。私は本当に完成を望んでいるのだ」  ハートと魂に聞いて下さい。あなたの内側の最も深いところに入って下さい。

完成というのは、もう2度と目的を持つ必要がないという事を意味します。二度と何もする必要がなくなります。
二度と人を治したり、自分を治したりする必要がないのです。

完成というのは、人間の肉体とマインドを超越する事が出来るという事です。

完成というのは、物質に対するニーズや欲望がないのに、欲しいもの全てを持っているという事を意味します。

完成というのは、完全に自分自身を愛するという事です。もはや、本を読む必要はありません。鏡を見ながら、自分がいやだと思いながら決まった文句を言う必要はありません。 (少々、笑い)  

親愛なる皆さん、完成というのは、自分自身に正直で、誠実でいる事です。そして、もしかすると、今まで知っていた形で存在しなくなるかもしれないのです。

あなたは何故妨害をしてきたのですか? お城を建てた後に、何故破壊するのですか? 意識的な飛躍をし、私たちが他の人間では見た事がないくらい進み、そして闇のふちに落ちるのですか? 何故なのですか?

私はあなたに、答えを教える事は出来ません。私が見ている事を指摘する事しか出来ません。あなたのサークルの中で、自らを完成するという事が、どういう事かについて約束や保障は出来ません。但し、進化の次のサークルが始まるという事は言えるのです。

サークルが完成されると、スパイラルのようになります。拡張し始めます。成長し始めます。続けます。あなたが今まで経験したと同じ形ではなく、変化するのです。

親愛なるシャーンブラ、あなたの夏休みの間に、あなたは何故自分自身を妨害するかについて、しっかり見てほしいと思います。あなたにそうさせている人は他にいません。あなたの成功の前夜に訪れて来る、暗く、寒く、エネルギーを奪うようなエネルギーは、あなたのものです。あなたが大昔にそれを招き入れました。あなたが招きいれたので、追い出す事も出来ます。あなたが作ったので、壊す事も出来ます。美しいスピリチャルな物理学です。一旦創造したものを、壊す事も出来るのです。

*  *  *


【神聖なタイミング~青の恐れ②】 へ

☆本日↓2010/9/28(火)の始めはこちらから。
【神聖なタイミング~青の恐れ①】

*  *  *

でも、それが、突然に現れた。(セッション問合せ)

えっ? 今なんだ。しかも、ここから(セッション)始まるんだ。
全く予想していなかったので、驚いた。
いや、でも近づいているのは”知っていた”とも感じる。

すると、母のこともあったけど、急に、”緊張と恐れ”が出てきた。

それは、さっき書いた【恐れ】とまた少し違うかも知れない
けど、私は、似たようなもんだと思ってる。


それは、以前に”Oneのファミリー”から、教えられた。
【青の恐れ】というものだ。

→10/6/15【歓喜の祝福~Oneのファミリーなど】by aya
今はただ、”喜び”の中で、あなたのフィールドで”愛”を感じてください。
 ”愛”に不足はありません。
 とめどなく溢れるものが、”愛”です。
 あなたの中に、泉があります。
 あなたは、泉からあふれる水を、多くの者に与えると宣言しました。
 この水を飲んだものは、喜びに包まれるでしょう。

 そこに”悲しみ”があれば、雨で流されるでしょう。
 今は、”愛のキャンディー”があります。
 多くの者に、配ってください。」

「わかった!! 配る~~~!!」

~中略

「そうだ~、昨日ね、恐れではないけど、これから起こることに緊張したよ。」

「青が見える」とayaちゃん。

「青の恐れみたい、、、」

「でも、それはね、”実行”して”行動”して、解消されるものみたいだよ!」

「そうだよね、これはどうしようもないなって思ったもん。
 実行するまでだよね。
 でも、私は、実行したら開き直るから大丈夫だと思う。笑。
 昔っから、そうなんだ。」

「クセなんだって。」

「そうだよね~。よく分かる。」

「クセだから、それは直すことが出来ます。」だって。
「信念体系のなごりみたいだよ。」



久しぶりに、強烈な【恐れ】を体験した。
まだ、どこにこんなに隠れていたのか、と思うほど。

ジャーちゃんにも、

「まだ、こんなにあるじゃ~ん!!なんでだよ~!!」
って訴えたんだけど。

まっ、これも通過儀礼のようなものかな。

ジャーちゃんにも言ったけど、私は、過去の自分を知っている。
今、ここで逃げ出すことは出来ない。
いや、逃げ出したところで、超えるまでやってくるだけ(笑)

って、私は、この部分を超えるために、ここまで来たって
言っても過言じゃない。ここを超えなきゃ、”愛のキャンディー”
配れないの知ってたからー。そんな弱くはないぞ~!!

なので、ジャーちゃんにも、宣言してたよ。

でも、反対に言えば、ようやくこの事を克服できる機会がやって
きたんだ。ということだ。
(そう思うと嬉しいのだけど)

そして、これから”お役目”を果たすには、この恐れの部分は、
本当に必要ないことなんだよね。

”Oneのファミリー”が伝えていたように、喜びの中で、
やっていくことだから。

昨日は、Gちゃんと電話をきったあとに、すぐに問合せてくれ
た方へ返答し、考えていただくように案内をさせてもらった。

ブログのほうも、読んでくださっていたので、少し安心感があ
った。
(って言うか、ここまでさらけ出しているからね。笑)

今日、この内容を書こうと思ったのは、この体験もやはり
私だけのことじゃないんだよね。
多くの人もまた、ここを通るのではないかと思った。
Gちゃんだって、そうだったしね。
無意識にも、恐れがでてくるんだよ。

で、今朝、これもまたチョット意味が違うかも知れないけど、
なんとなく関連性を感じて、タイムリーな、いいメッセージだと
思ったので、合わせて【転載】させてもらうことにした。


【Happy Spiritual Message】チャネラー:NANAKOさんからの転載です。

【大天使ジェレミエルからのメッセージ】

どうぞ失敗することを恐れないで下さい。
あなたにとって大切なことは何が正しいかではなく、
あなたがどうしたいのかということなのです。

あなたは正しいことをしようとする時、
今までの経験の範囲の中で最も安全な道を歩もうとします。

そしてその正しいことを続けていくと、
いつもと同じ平凡な毎日の繰り返しになっていくのです。

そしてあなたはこう思うでしょう。

「ああ、自分は成功なんてしていない」と。

あなたは、成功とは他者が決めるものだと思っているかもしれません。

ですが、あなたの魂が本当に幸せだと思えた時、
あなたは成功者であり、人生の勝利者になったのです。

ですが、多くの人々が「正しき道」を歩もうとするがゆえに、
失望感にかられます。

そしていつまでたっても自分は変われないという
ジレンマに陥り、無力感にさいなまれてしまいます。

そしてこう思うのです。

「自分はこんなに頑張っているのに!」

あなたは目に見えない何かにいきどおりを感じるかもしれません。

運命は非情だと、神などこの世にはいないのだと
思いたくなることもあるかもしれません。

ですが、どうぞ頑張ることをやめて、
「自分の道」を歩むという選択をしてみてほしいのです。

「正しき道」ではなく「自分の道」、そう、あなたの魂の道です。

あなたにはそれがわからないと思うかもしれません。

ですが、あなたのハートはよく知っています。

「あんな風な生き方ができたらどんなに素敵だろう。」

そう思うことがあなたの魂の道なのです。

ですが、次の瞬間、「自分になんて無理だ」と自分を制限してしまうのです。

そして、またあなたを「正しき道」へと戻そうとしてしまいます。

どうぞ、冒険をすること、リスクをおかすことを恐れないで下さい。
あなたにとってこのことは、とても恐怖を感じることかもしれません。

人はいつもと同じ場所にいる方がはるかに安全だと感じるのです。
例え安全だと思っているその場所が、崖っぷちであったとしてもです。

どうぞあなた自身が変われないまま、悲しみを抱いたまま、
この大切な時が失われていくことに恐れをもって下さい。

あなたには、この瞬間にも、キラキラとした
生命エネルギーが流れ込んでおり、神によって生かされているのです。

その一瞬一瞬をどのようにすごすのかというのはあなたの選択です。

あなたには宇宙から送られている恩恵を享受する権利があります。

あなたがそれを受け取りたいと願うなら、
「正しき道」ではなく「自分の道」を進むことです。



いや~、これも、本当にそうなんだよね。

スピリットと共に”魂の道”へ進んでいけば、本当になりたい
自分になれるだろうし、多くの喜びと、分かち合う喜びも、必ず
体験出来る。

私も、より多くの人が、なりたい自分になって輝いてほしいと
心から願っている。

*  *  *

で、ちょっと話がズレてしまったけど、

その【恐れ】を受け入れ、もう本当に必要はないので、
ジャーちゃんやミカエルや、他の存在たちみんなに頼んで
手放すのを手伝ってもらった。

すると、数時間かな? 溶けてきた。
急に楽になってきて、”真の自分”が現れてきた。

まだ、ハッキリしたセッションの申込みも来ていないのに、
それはそれは、とても楽しみになってきて、すごくワクワク
して、ご機嫌で、お風呂に入った。

やー、何度も体験しているけど、今回のは、魂のクセとは言え、
ナカナカあなどれなかった。やっぱ【幻想】なんだよね。

もしかすると、これも、何層にもなっているかも知れない。
そういう意味では、Oneのメッセージのように、回数を
重ねていくうちに、もっと深い部分も手放すのかな?って思う。
(正直、これで終わってほしいけど)

すっかりワクワクしていたら、いきなりお腹が痛くなって、
身体ごと”浄化”が始まった。
すっごい、分かりやすい!「出るだけ、出ろ~!」って感じ。(笑)

*  *  *

で、今日になり、正式な申込みの運びとなり、さっそく、
明日にセッションということになった。感謝。

セッションについては、昨日も、ジャーちゃんからお墨付き
も頂いたので、yoham内なる神に委ねていこうと思います。
もちろん、天界のサポートもあるしね。

起こっていることが、全てタイムリーで。

動き出すときって、本当にこうなんだなって改めて実感。

実はね、母から入金があったけど、27日の月曜とあって、
娘たちの奨学金の支払いが数か月分たまっていたんだけど、
引き落ちるなら、午前中だろうから、今回も、目をつむって
家賃と他の公共料金の支払いのほうを先に済ませればいいや。
って思ってたんだ。

だけど、実際に、ATMに行ったときには、ガッツリと引き落ちた
あとで、残り家賃の支払いしたら、手元に3000円しか残らなか
った。(ガーン)

かなり、ギリギリの生活に入っていたし、何にもなかった
ので、ショックも大きかったけど、、、

ひとつ、「あ~、だからこのタイミングでセッションの問合せ
があったのか、、、」と感じた。

もちろん、双方にとってのタイミングだよ。

真の自己なのか、天界の根回しか知らぬが、万が一、私が恐れ
で、逃げ出すようなことがあっても、この現実であれば、セッシ
ョンは、救いの神だもん。逃げ出せないだろーって?(笑)

下手に、お金にも余裕があったら、、、と予防線まで張ってたん
かいっ!って思ったね。

そんなもんじゃ、逃げ出さんって!!

でもね、天の計らいって、隅々まで、完璧なんだよね。


一見、悪いことが起きてるように見えても、違う角度から
みたら、全くの恩恵なんだよね。

実際に、今回、セッションを受けてくださる方は、
私にとっても救いの神にもなったよ。

ありがたや~。

*  *  *

で、そんなこともあり、今日は、ワクワクしながら過ごして
ました。

すると、また同時に、Gちゃんのほうも動き出していて、
いきなり、予約が立て続けに入って、嬉しい悲鳴~♪

準備できた人は、これからどんどん忙しくなっていくん
だろうね! でも楽しみだよね。

わたしは、てっきりツインレイのほうが、先に現れるのか
と思ってたけど、みごとに予想が外れました。

では、明日は、初のセッションをしてきます。


もちろん、セッションのこと、クライアントさんの情報など
は、ブログに公開することはありません。
安心してくださいね。


今日も感謝。

2010/9/29(水)晴れ


サイズ変更ウィザード-2


□ また鑑定士に呼び止められる

今日は、セッションのため余裕をもって起きた。
程よい緊張感とワクワクで、準備を進めた。

ちょっと今日は、早めに行こうと決めていた。
準備の途中で、なんとなく、つい余裕でのんびりしていたら、
ミカエルを感じた。

「ちゃんと、時計を見てなさい。」

「あ、そうだね(笑)はい、はい。」

で、予定通り、家を出た。

待ち合わせの場所の近くまで来たときに、
鑑定士に呼び止められた。

それが、以前と同じように、こっちを見ていたけど、
宗教かもしれないし、、、と無視して何歩か歩いていたら、
また、追っかけてきて、「あの~」と声をかけられた。

「すみません、、、あなた、今、いいことが起こってますよね?」

「まぁ(笑)」

そんなところから、過去にも2回ほど、「光ってる」とか、
「こんな人、見たこと無いので、声かけた」とかあったわけ
だけど、、、
※1回目のときはこちら→08/05/20謎の鑑定士

そこから、かなり、その方は、話続けた。
「今月、誕生日の方は家族などにいませんか?」

「私ですが、、、笑」

「何か、今、人に奉仕などしてませんか? 仕事は何ですか?」

あの時のように、こういったことは良くある話かもしれないが、
何故、このタイミングなの?って感じ。

過去の2回のときも、ミカエルは、自分のことはわからないでしょ?
だから、このような霊視、霊感が少しある人には、自分は、どのように
見えて、どう感じられているのかを客観的に教えてくれたと言っていた。

今回も、その鑑定士さんが、勝手にいろいろ教えてくれた。(笑)

結構、その鑑定士との話が案外長引き、クライアントさんに
連絡するには、ちょうど良い時間になった。

「あ~、だからミカエルは、早めに出かけられるよう促していたのか。」

と納得した。

そっか、「もっと自信をもって行け!」ってことだったんだ。(笑)


□ セッション

少し早めにお店に入ったのだけど、思ったよりも
お店が狭かった。 
(お店は、二箇所、先に選んでいた。)

「あれ~?おかしいな。」

クライアントさんに申し訳ないことしたかな?と、ちょっと
思った。

でも、一つのコーナーだけ、片隅にあり、落ち着けそうだった。
でもお客さんが座っていたけど、空いたら移動したいと、先に、
お店の人に頼んでいたら、カウンセリングが始まる時間になる
ころ、その人が急に席を立ち、会計した。

お店の人は、準備して、すぐにそのコーナーのところへ案内
してくれた。

「ナイス~♪」天界に感謝!

本当に、初めて会った感じがしなかった。
感じの良い方だった。

とても楽しくセッションを進められた。
知らないうちに、シンクロしていることも数点あった。

「魂からする仕事は、飽きることはないですよ。」と昔
ジャーちゃんが言ってたけれど、本当にそうかもしれない。

私にとっては、過去に様々な仕事をしてきたけれど、どれとも
違う。自分に、本当に合っているのかも~と実感した。
って言うか、ハートがすでに教えてくれている。

心から、今日のクライアントさんと出会いに感謝する。


☆セッションって?→【Human-Angel】セッション


□ 家に戻る

マンションに着き、ポストを見ると、母から手紙が来ていた。
気持ちのよい後だっただけに、少しテンションが下がった。
なんとなく予測がついた。

夜、眠れない日々が続いているようだけど、眠れなくて手紙を
書いたようだ。

先日と、ほぼ同じような内容だった。
→10/9/25【支払いの時期~真実を表現する】by Gちゃん

私の話したことは、受け入れられない。
インターネットからでも、誰かと繋がってだまされているような
ことも書かれていた。
仕事を辞めたことに対しても、たっぷりと書かれていた。
偽善であり、傲慢な行為と、神は、そのようなことは、しない?
でも、すぐにでも悔い改めれば、許してくださる神である、などなど。

すぐに、メールで返信した。

まずは、母のことを受け入れ、私のことを受け入れなくても、
信じなくても良いと再度書いたあと、
インターネットは、ただの情報であり、別に誰とも繋がって
いないこと、自分で、怪しいものは見抜けることも一応書いた。

仕事のことは、今日、ちょうど良かったので、仕事を辞めて
から、自分でHPを作り、カウンセリングとヒーリングの
仕事を始めていることも話した。
とても喜びでもあるし、充実感があることも書いた。
世の中には、自分と同じような人もいるし、ストレスから
身体も病んでいる人も多いということも書いた。

お金のことも、再度、なるべく早く返すことと、失業手当
も出るから、今後は心配ないと書いておいた。

それからは、返事は来ていない。
今は、何を伝えたとしても受け付けないだろう。

あとは、自分が本当の意味で、すべてにおいて豊かさを得て、
喜びの中にいることを見せていくしかないのだと思う。

母もそれまでは、忍耐の時期だ。

このようなことがあると、複雑な心境にはなるけれど、
自分の感じていることも、受け止めて手放していくしかない。


昨夜、今日のカウンセリングのことを考えていたら、
ひとつインスピレーションがあった。

「いいかも~」と感じた。

カウンセリング後に、セッション中の内容から感じたこと、
目的、ブロックしていること、対策などなど、、、

私が、チャネリングを受けて、こうしてブログに残しているよう
な感覚で、何かを残すのもいいなと感じた。
あとから、レポートとして送らせて頂くことにした。
時には後になって何か感じることもあるかも知れないし、そんな時にもね。

使う、使わないは別にして、日々忘れてしまったときに振り返っ
たり、数ヶ月後、数年後、自分の変化に気付けるといいなと思った。

多忙になったりして、いつまで続けられるか分からないけど、
やってみようと思う。

すぐに、レポートにして、送らせて頂きました。


今日は、こんな感じで、過ごせたことに、心から感謝!


2010/9/30(木)雨


28日にアップされていたメッセージです。感謝。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Channeling of Higher Self by David Shepherd-Love

「待つ術 (The Art of Waiting )」


愛しき者よ。私たちの多くが自分のまわりすべてのエネルギーの変化を感じています。私たち
は世界が変わっていることを知っているし、宇宙的な変化についてさえ気づくようになってい
ます。この膨大なまでのエネルギー流入を感じているのは、あなただけではないということを
知っていてください。私たち皆がこれを感じています。それはまるで、ひとつの巨大なボール
に気がついたかのようです。私たちは、それが起きつつあることを…そしてそれが素晴らしい
ものとなることを…知っています。それでもまだ、その瞬間の壮大さが、ここにあるようには
“見えて”いません。だから私たちは、待つことを求められているのだと信じこんでいます。

愛しき者よ。この甘い地球,そして彼女の尊い人々が変化に対して準備している間に、私たち
にフォーカスを当てることができるものは、たくさんあります。私たちにはその瞬間にいるこ
とが求められています。なぜなら、呼吸するごとに未来がやがて来ることになるパラダイス・
ガーデンを生じさせることに対して私たちが準備することになるのは、その瞬間においてのこ
とになるからです。

私たちは変化のための促進剤になります。尊き者よ。それは、今,ここ,そして愛の中におい
てのことです。私たちがパラダイスを創るのは、願望ではなく愛の中でのことになるからです。
本当の愛やホームへの帰還を“切望する”感覚で生きていれば、それが、私たちをその瞬間の
外へと追い出すことになります。そうなってしまえば、私たちがその外側にいるはずの幻想に
囚われるようになってしまいます。本当のことを言いましょう。私たちはひとつ~Oneです。
私たちにはそのすべてがあります。この瞬間をパーフェクトな神への奉献とみなして、それと
ひとつになってください。私たちは壮大なボールの創造者なのです。

私たちの多くがツインフレームを…自分の生命,愛,一千年輝ける才能をを復活させるものを
…捜しています。あなたがそのツインフレームであることを知っていてください。あなたは自
分のクンダリニーの炎のスパイラルを描くエネルギーです。あなたには、男性性と女性性~両
方のエネルギーグリッドを有しています。私たちの多くはまだ、これらのエネルギーが解かれ
て自由になること~解放されることを待ちながらも、これらのエネルギーを背骨のベース部分
にきつく巻きつけたままでいます。その壮大なボールを待ちながらも、光,愛,そして調和の
エネルギーを自分自身にも、他の人たちにも送ることが私たちにはできます。自分自身,そし
て他の人たちを愛し,癒す訓練をしようとしてください。そうすることで、あなたのツインフ
レームも到着するでしょう。あなたが捜している壮大さは、喜ばしい帰還,自分自身への回帰,
無垢な純粋さへの回帰となるでしょう。

愛しき者よ。ご自分の周りを純粋で、神聖で、美しいものでめぐらせてください。この世界の
ネガティブな幻想や欠如しているという思い込みは、光の連鎖ではないものだということを知
った上で、自分のリアリティを創り出してください。そうしたものもエネルギーであり、自分
で作り出したものだということを、ひとたびあなたに理解できれば、それらは風に乗って消え
ていく煙のように離れていくことでしょう。あなたは自分の内側に、自分のツインフレームの
パワフルなエネルギーの放出を保っています。欲しがったり、待ったりしていてはなりません。

ただシンプルに「今こそが、あなたが輝く瞬間だ」ということを知っていてください。あなた
自身を自由にしてください!!

愛しき者よ。あなたこそ、あなたがずっと待っていた者なのです。壮大なボールは到来してい
ます。世界はまさにあなたの目の前で正しく変容しています。その瞬間をつかんでください。
あなたのハート,そしてあなたの両手の中で、神の聖なる運命は正しい状態にあるということ
を知ってください。私たちは待ってはいません。私たちは到着しています。私たちのアセンシ
ョンに対するすべての境界は、これから取り除かれます。私たちは自分の最愛なるものとマー
ジしています。なぜなら彼/彼女は私たちであるからです。私たちは自由です。この瞬間を受け
入れ、踊ってください。愛しき者よ。すべてがひとつになった壮大なボールの中にいるかのよ
うに、ダンスしてください。それこそが、あなた~私たちの瞬間です。それは永遠であり美で
す。待つことは終わっています。



http://lightworkers.org/channeling/115323/art-waiting


-Jueux さん訳

*  *  *


【転載】大天使ミカエルからのメッセージ(2010年10月) へ

【転載】待つ術 (The Art of Waiting )から



ここより、29日にアップされていたメッセージです。

[mixi]Arrived Energy On Earthより
2010年9月26日
Michelle Coutant


「あなたは、神のコズミックハートビートです」


愛しき者たちよ。さぁ、今この瞬間にご自分の意識を広げさせ始めてください。新しい時代
の夜明けはここにあります。1800年代からあなた方の惑星に光が高まってきたように、それ
はずっと、まさにいつの日かのためにここにありました。今は、ご自分自身を高めるため,
人類,そして生きとし生けるものすべてをあなた方と共に高めるための努力を増大させるこ
とがあなた方に求められている時間です。

今は、最愛の地球にバランスと調和をもたらすために…あなた自身にバランスと調和をもた
らすために…そして、あなた方の兄弟姉妹たちがバランスと調和に戻るのをアシストするた
めに…あなた方にとっての最後の努力,最後のプッシュをする時間です。2011年以降、あな
た方の惑星に降り注ぐ光は強さを増します。占星術的なイベントはこのプロセスに対して支
援的です。さぁ、私たちからあなた方一人ひとりにお願いしましょう。あなたの努力を高め
てください。

今は、生気のないハートのための時間ではありません。もう一度お願いしましょう。どうか
思い出してください。あなたが望むものすべてを創りだすための能力があなたにあるのは、
今この瞬間においてだということを…。あなたの夢,あなたの望みすべてが実現にもたらさ
れているのは、今この瞬間においてなのです。ですからあなた方は今この瞬間にフォーカス
したままでいなければなりません。今この瞬間こそ、“すべてあるがままの神”のパワー~
“すべての創造主”のパワーなのです。

愛しき者たちよ。“すべての創造のパワーはあなた方~ご自分自身の内側にあります。あな
た方は肉体という器に制限されてはいません。あなた方はご自分が認識している”自分“に
も制限されません。親愛なる者たちよ。それは幻想です。もはやあなたの為にはならない幻
想です。

私たちからお願いしましょう。どうか意識を拡大させてください。そうして、私たちがあな
たを見ているようにご自分自身を見てください。あなた方のフィールドは実際のところ、肉
体,家,都市,国,惑星をも超えて広がっています。あなた方のフィールドはあなた方の太
陽系,あなた方の銀河系,あなた方の宇宙(ユニヴァース)そして、全宇宙へと広がってい
ます。あなた方のフィールドは“すべての創造主”へと広がっています。あなた方は神の光
です。あなた方は神です。そして神は、創造のすべてを含んでいます。

ご自分のフィールドの認識を拡大させることで、神の光が流れるのを…あなたじゅうを流れ
るのを…感じなさい。意識を拡大させ、ご自分が制限されていないという、この“知”をご
自分に取り入れなさい。あなたは無限です。あなたは“すべての創造主”です。あなたじゅ
うを流れる“すべての創造主”のパワーを感じなさい。

あなたの内側のコズミック・ハートビートを感じなさい。あなたの鼓動は神の鼓動です。神の
鼓動はあなたを通して脈打ちます。あらゆる今この瞬間にあなたを蘇らせる神の鼓動があなた
じゅうで脈打っていないのなら、あなたは人間の姿をしていないでしょう。神の鼓動は“すべ
ての創造主”の鼓動です。それがコズミック・ハートビートです。このコズミック・ハートビー
トは“すべての創造主”を通して脈打ち、あなた方の惑星上のあらゆるすべての魂じゅうで脈
打ちます。愛しき者たちよ。この認識へと広がってください。

あなた方には、ご自分の創造のために利用することのできるコズミック・キッチンがあるという
知へと拡大してください。あなた方はご自分の望むものすべてを選ぶかもしれません。それは
あなた方が求めさえすればあなた方に利用することのできる、無制限の、喜びのバイキング
(料理)です。しかしあなた方は、ご自分にとって最善のもの、生きとし生けるものすべてに
とって最善のものを創造しなければなりません。あなた方は「御意志がなされます。」と声明
しなければなりません。そうしてあなた方はご自分の内側で“すべての創造主”のパワーを起
動させます。“すべての創造主”そしてご自分のゴッドセルフとの調和しているものだけを創
造するために、あなた方はご自分の愛,そしてご自分の真剣な願望を通してアダマンティンパ
ーティクルを活性化させねばなりません。

あなた方は“すべての創造主”であるという知へとご自分の意識を拡大させてください。あな
たが神の光であるとき、あなたはどのように制限されることができるというのでしょう。神は
無限です。永遠に拡大し、すべてを含みます。そしてあなたは、この神の光です。そうである
ということを知ってください。

愛しき者たちよ。この知を高めなさい。なぜなら来年は大いなる成長,拡大の一年となるから
です。ご自分のセイクリッドハートの愛の中で、“生命の川”の流れに乗って流れることをご
自分自身に許してください。あらゆる今この瞬間どの瞬間においてもリラックスし拡大するこ
とを自分自身に許してください。そうして、コズミックハートビートと“すべての創造主”の
光があなたじゅうを流れていることを知ってください。

愛しき者たちよ。それはそれ以外にはありません。制限を許しているのはあなたに他なりませ
ん。痛みや苦しみに留まったままでいることを今この瞬間に選択するのは、あなた以外の何者
でもありません。愛しき者たちよ。さぁ、「自分は十分に持っている」と結論を下してくださ
い。愛しき者たちよ。さぁ、ご自分の聖なる生得権を主張する決意をしてください。あなた方
の聖なる生得権は神の極致です。それは“すべての創造主”の極致です。

あなた方は壮大で輝かしい時間を持ち、三次元の二元性を実験し、重たい密度の中で創造する
ことを実験してきました。私たちがあなた方に告げましょう。「その時間は終わっている。」
と…。私たちがあなた方に告げましょう。

「より高い領域にあるご自分の場所へと戻る時間だ。」と…。

そこにあるのは、愛,喜び,バランス,調和,平和,善意,そしてあなた方が望む豊かさだけ
です。“すべてあるがままの神”だけが豊かさを知っています。どうか思い出してください。
豊かさには、健康,満足な人間関係,そしてあなた方それぞれにとって喜ばしい経験を揃える
ものすべても含まれるのだということを…。愛しき者たちよ。愛と喜びであるものを捜し、愛
と喜びであってください。ご自分のセイクリッドハートの愛の中にセンタリングしていてくだ
さい。

あなた方の多くがスピリチュアルな山登りをしてきました。そして今この瞬間こそ、ご自分が
してきたハードワーク,献身を実現に至らせる時間です。あなた方は神の鼓動~コスモスの鼓
動です。愛しき者たちよ。そうであることをご自分自身に許してください。ご自分の光を輝か
せることを…高次の領域にいるご自分の輝かしいゴッドセルフであることを…ご自分自身に許
してください。

「今この瞬間にフォーカスしたままでいる。」ことへの…コズミック・ハートビートをご自分の
内側で脈打たせるための…あなた方の神聖な努力に対してあなた方をアシストするために私た
ちはここにいます。

私は大天使ミカエル。この真実をあなた方にもたらします。

--------------------------

あなたには愛,天の恩寵でこのメッセージをコピーしてシェアすることができます。メッセー
ジを転載する場合は、Rev. Michelle Coutantを通しての大天使ミカエルのおかげなのですから
、全文をコピーするようにしてください。その際、www.transformingradiance.comへのリンクを
貼ってください。



http://lightworkers.org/channeling/115341/message-archangel-michael-october-
2010you-are-cosmic-heartbeat-god


-Jueux さん訳

*  *  *


【転載】時が来たるために汝自身を備えさせよ - ウリエル へ

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。