FC2ブログ
2010/7/5(月)曇り[北海道]



□ 7/4(日)


ブログを読んでくれていた仲間のおかげで、今、こうして
娘のところで生活させてもらえてる。

そうそう、RIKOのこととは別に、自分のプロセスがある。
もちろん、RIKOや、娘たちとの生活なども含んではいるのだけど。

で、そうそう、”家賃”の支払いのほうは、こちらに来てから
一度、管理会社のほうへ連絡した。
担当者がいなかったのだけど、大家さんに、今回の支払いは、
次のときにまとめて支払う旨を一応伝えてもらって、返事待ち
になっていた。
(毎度だけど、次に支払えるという根拠も充てもないよ。)

翌日は、不動産やさんから何度か着信があったけど、娘がいたり
手が離せなかったりでタイミングが合わず、話せなかった。

7/2の買い出しの時に、気は多少重かったけれど、不動産やさん
へ連絡を入れた。

いつも何かとお世話になってる担当のMさんが言った。
(昨年末12月の時も滞納してるもんね)
「○○さん、大丈夫ですか? 何かあったんですか?」

「すみません、今回も無理をお願いして。
 大家さんのほうは、どうでしたか?」

「大家さんは、○○さんの事は、いつでも了承ですよ。笑。
それよりも、何かあったかと心配しているんです。」

「いえ、今北海道に来ているんです。
娘の子供が生まれて、何かと物入りで、それで今回は、今月の分とまとめて
支払うほうが、助かるなって思ったので、、、、。」

「そうですかー。それはおめでとうございます。
分かりました。 大家さんのほうは大丈夫なので、伝えておきますね。」

「わがまま言ってすみません。宜しくお願いいたします。」

-切

「ふ~~~、とりあえず、終わったー!」と少しほっとした。
でも、相変わらず、大家さんは、私によくしてくれる。

家賃滞納してて「おめでとうございます。」って言われるのって
私くらいなのかもー(笑)
でも、このように自分のプロセスに整列しているときって、こう
なんだよね。ハラハラしたり、ドキドキするけど、直観とか、自分
の感じることに忠実に行動すると、意図せずに、いい意味で予想を
反して、”なぜかうまくいく”っていうことが起きてくるんだよね。

離婚したあとも、「ぜったい無理だろう」と思いながら行動すると、
「え~??」と思うように良い展開を見せてくれることも複数あったな。

たぶん、その頃の体験などが積み重なって、ある程度の”自信”も
少しずつつけてきたんじゃないかって思う。

だって、ぜったいに、こう言ったら、こう言われるだろうな。って
それが母だったら、言うことなんて予測がついちゃうもんなんだけど、
そんなときは、何も反対もされず、スムーズに受け入れてくれたりと、
何度も、びっくりしたこともあったしね。

本当に、そういうもんなんだと思う。
だから、直観や感じたことがあったなら、たとえ無理だろうと思ったと
しても、行動してみる大切さを知って行ったと思うよ。

あれ、”家賃”の話から逸れちゃった。



□ 7/5(月)

今日は、曇り。気温も26℃くらいで、ちょうどいい。ほっ。

朝方の夢が気になるので書いておこう。

何かに参加している?

アダマスがいる。(セント・ジャーメイン)
周りには複数の人がいるようだけど、少人数に分かれて
いるのだろうか?
ちょっと、雰囲気はヨーロッパ?

アダマスと何か、個人的に話している。いや、一緒に踊っていた
かも知れない。(笑)

「あなたは、キュリー夫人なんですよ。」

「えっ?」って感じ。

で、その場所(夢)で知ってる顔というのは、お世話になったお馴染の
チャネラーさんがいたのだけ覚えている。

その後に、何かワークのような事を行っていたように思うけど、
それ以上は思い出せない。

そして、夢は覚めた。

「・・・・」

「ジャーちゃん? 」

「で、なんで、キュリー夫人?」

「キュリー夫人って、何してた人だったっけ?」

私の脳みそに、キュリー夫人など、とうに忘れ去ってる存在だよ。
全く、何十年ぶりに聞いた名前だ?

・マリ・キュリー - Wikipedia
日本では、キュリー夫人(1867-1934)として有名である。
ポーランド生まれフランスの女性物理学者・化学者。


全くないとは言えないけど、過去生ではないだろうー。(笑)

ただ、物理学者、科学者であったという意味では、何かこれからあの事に
関連しているように思えた。


先月の転載させてもらったメッセージの中でも、物理学について
書かれているのがあったことを思い出した。

10/6/20【転載】オームの至 (夏至)-2 ~メタトロン の抜粋から
●アトランティスのOne(1)の神殿
さて、1(One)の神殿の近くには、上級の学習センターとでも呼ぶべきもの、(厳選された人々のため
の大学)があって、新入の科学者であり祭司である選ばれた者たちがそこで学んでいました。それはア
トラ・ルーンと呼ばれていました。
ルーンは、アトランティスの黄金族の”聖なる振動する意味”(=言語)に属する言葉で、「神秘の新
入者の学校」という意味です。

この言葉の響きをなつかしく感じるポセイダンの方々も多いのではないでしょうか。特にアトラ・ラー
だった方々は。

この知恵の学校では、上級の数学、物理学、神聖幾何学、超次元幾何学、結晶化学、錬金術、エネルギ
ー力学、アストラル・トラベルや多次元についても教えられていました。 』



先日、ayaちゃんとお茶した時に聞いたことなんだけど、以前にプレアデスから
頂いたクリスタルはオームのクリスタルのことだったと教えてくれた。

10/6/15【歓喜の祝福~Oneのファミリーなど】by aya
☆ プレアデスからのギフト&メッセージ

「あなたたちに、それぞれのドロップが、注入されました。」

「あれ~、あんね、透明な”水の雫”みたい。
 ドロップ、、、”雫の形”のした”クリスタル”みたいだよ~~~!!」

  ↓  ↓  ↓
10/6/17【転載】オームの至 (夏至)-1 ~メタトロン
◇オームのクリスタル
マスターたちよ。私たちはあなた方に告げましょう。シャスタ山の巨大なポータルがある拡大された
断層の下には驚くべきクリスタルがあります。それはアルクトゥールスに起源を持つアトランティス
のクリスタルです。それは銀色に輝き、クリスタライン・プラチナとエーテリック・ゴールドの周波数
を発します。それはかつて、ポセイダのアトランティス島にあった巨大な神殿のひとつにあったもの
で、正式にオームのクリスタルと呼ばれていたものです。アトランティスの科学者-聖職者たち;アト
ラ・ラーはそれを多次元性クリスタルと呼んでいました。ほんとうにこの意識のあるクリスタルはそ
の波動において全能であり、その構造はプラチナ、金、ハイパークォーツの合成です。そしてこのク
リスタルには、あなた方が意識を集中させて拡大する光、時間、空間を何倍にもする力があります。


ちょっと、早めに頂いたようだ。

話は予断だけど、上のほうのメッセージに書かれている”ポセイダンの方々”と
いうのは、海の神=ポセイドンと関係あるのか?
そのことは→10/6/4【ひとりごと:アイリスの”あなたは、海”の意味】


アトランティスの(One)神殿

物理学者・科学者

ポセイダン

オームのクリスタル


で、物理学に関係しているかは分からないけど、下記の呼びかけ
につながってるのだろうか?

10/6/1【転載】6月のアカシックレコード
◇クラリオン・コール
 最後に、環境テクノロジーのエリアで奉仕する目的で完全にアクティベートしている人たちへ短い
ご挨拶を…。 
 
 あなたにはこれからたくさんの要求・要請がありそうです。新しい時代へのシフトが、新しいパラダ
イムのリーダーたちを前面に連れ出しているわけですが、そのシフトは、振動的にアップグレードする
必要が火急にある産業に大規模なカタストロフィーを促しているのと同じエネルギーです。量子テク
ノロジーの理解,開発力を持つ人たちはとても求められることになるため、間もなくあなたの洞察は
尊ばれることになるでしょう。
 このソウルグループの人たちへの呼びかけを私は大声で耳にしています。

 『あなたの内なる呼びかけに注意なさい』 


という感じで、今朝の”夢”から、なんとなく、自分と関わって
きそうな予感でもあり、また、楽しみでもある。


昨夜は、寝ている間に、何かに参加していたのかも知れないな。
意識をもったままで参加できるようになったら、面白いだろうな。

スポンサーサイト



WHAT'S NEW?