FC2ブログ
2010/4/26(月)晴れ

IMG_2099.jpg


なんだかんだと、もうこんな時間です。
本当に最近はとくに早く感じます。今日って、もう日が変わったね。(汗)

なんか、書きたいことはあるのに、テーマもバラバラで、
今日もどうなるのかな~、どこから書いたらいいのかも分かり
ません。(汗)
でも、何となく、この時期の他愛のないこと、小さな気付きでも
書いておきたいような気持ちです。

ここ数日、楽しく過ごしてました。
調べものしたり、本を読んだり、電話で話してたり、いろいろです。
でも、本当に個人的なことで、どこまで書く??っていうのもちょっ
と分からないけど、流れでいってみます。(笑)
三部作か、はたまた四部作か????

そうそう、今日久々に大量印刷しようとして、プリンターを使っていたら、
あともう少しの所でエラーになり、何をしても復帰できません。

で、、、もしかしたら、、、、と過ぎったことがありました。
先日、蛍光灯がきれて電気屋さんにいっったとき、久しぶりだった
んで、何やら見て回ったんだよね。
久しぶりだと、浦島太郎状態で、今はこんなのがあるのか~。こんな機能
もあってー。なんて関心しながら見てたのだけど、で、プリンターもかな
り使っているので、見たのが、、、もしかして、、、この結果???
とちょっと思ったりして。

「もう、そろそろ新しいの欲しいな~~」って思ったような、、。

うっかりでした!!以前、チャネラーさんが言ってたんだよ。
具現化が早くなると気をつけてね!って。
チャネラーさんも洗濯機、DVDプレーヤー、自転車など、壊れたり
盗まれたり、、、「これが壊れたら、次は、、、」「買い換えたいな~」
とか思っちゃうと、こんな現象が、、、。

はぁ~、それを思い出して「キャンセル~~~!!」って言ったけど
遅いかな~~(汗)

すっかり忘れてたよ。自分も、そういう時期にきてること。

今、買い換えられないっつうにー! って自分なんだけどさ~。ガクッ。

さて、いろいろやってみたけど、今は諦めて、明日また挑戦
してみよう。なんとか、動いてくれ~~~。(泣)

他にも、余計なこと思わなかっただろうか? (汗)
家電みるの楽しかったけど、本当に気をつけなきゃ。

*  *  *

昨日のクツミのメッセージで、最後のほうに書いてあった呼吸法
があったでしょ?
10/4/25【転載】クツミ: あなたのシャドウ・セルフを明らかにする

あれは、私も以前はかなりお世話になったんだよね。
あの方法(クツミの呼吸法)を聞いたのは、数年前にCCの元代表のY氏
から聞いていた。たぶんジェフから聞いたんだと思う。

けっこう、あれで抜けるんだ。
鼻から、息を吸い込むときに、鼻の吸い込む音が出るほど
思いっきり吸い込み、思いっきり吐き出すのもいいけど、そのときに
聞いたのは、「ガムをペッって遠くへ飛ばすくらい」勢い良く吐く。
って感じ。だから、「ペッ、ペッー」ってお腹がグッと引っ込むくらい
以前は、やっってた。 

それと同時に、私がしていたのは、仕事や外に出てもどり、身体が重く
感じたり、自我の声がうるさいときなどやっていたのだけど、
シャワーを浴びるとき、首の後ろ側から、しばらくの間ちょっと長め
に浴びる。

これはある時、偶然に知って、その効果に驚いたんだよね。
身体から、抜けていくのが、本当にわかった。「抜ける~、流れる~」
その後に、クツミの呼吸で〆って感じで、よくセットにしてたかな?

あるときは、私の人型でシャドウセルフがそのまま横にスライドして
「ボーン」と抜けていったのが分かったから。

その時はね。私がある人の言葉で、自分のことを疑ったときだったんだ。
その疑いの声との葛藤だったときに、この呼吸をしてその影がまるごと
抜けたの。 そのあとは、本当に「自分」に戻った。
それはみごとなくらいに、、、、。

だから、本当に知らずに、自分もろとも乗っ取られているようなもんなんだ。
その時の体験は、本当に見せてくれたのかも知れない。
そう、あれはリアルなんだ。
殆どの人は分からないでいるけど、実際にそんな状態なんだと思うよ。

一見、辛い体験だったけど、いかに人の言葉などで、自分を疑ったり、
自我(エゴ)の声がうるさいときは、どういう状態になっているのかって
いうことを。それをウィルスと言ってもいいし、アスペクトでもクツミの
メッセージのように、オーラについているもと解釈しても、いいのだと思う
けど、体験で理解したときだった。

お風呂に天然塩は今でも入れている。外出した日は特にね。
昔は、シャワーなら塩をとくに”みぞおち”辺りとか、”首の後ろ”。
で軽く全体も。本当は背中もしたいけど、手の届く範囲で。(笑)
自分でも、ある程度はできると思う。天使たちに頼むのもいいと思うし。

ま、いろいろ試して、自分にあったものを探してみてね。

*  *  *

ちゃっと話が変わるけどね。

私、よく数字のサインの話を書いているけど、ちょっとシャウドの中で
探したい部分があって、その見つけたメッセージの中に数字のサインの
ことが書かれていたトバイアスのメッセージもあったので、ついでに載せて
みようと思って。(笑)
これって、今まで載せたことなかったよね???

ティーチャー・シリーズ シャウド12:
「J'encore 再び、私に出会う」 
クリムゾン・サークル 2007年7月7日

数の一致(Number alignments)

今、そこにたどり着いたので、あなたは自分に与えた贈り物を手にすることができるわけです。

9-9や、4-4、33、11のように数が並ぶ時は - このような一致はすべて、あなたのスピリットからあなたへのある種、ウィンク、うなずきのようなものです。あなたが人生において、一致を、シンクロニシティを認めているということを知らせているのです。このような数秘学的な一致を見たら、ただ、自分に微笑みかけて、あなたが本当に自分自身と一致しているのだ、と知れば良いのです。あなたは、あなた自身の情熱をこの地球で成就しています。あなたが選んだ最も高い可能性の道をあなたは進んでいます。他の人間たちは、このような数の一致のようなものは認めることさえありませんし、彼らにとっては、その根底にあるエネルギー的な意味を持たない、まったくの偶然にしか見えないかもしれません。でも、ここには独特の意味があるのが、あなたには分かっています。ですから、この絶え間ない一致を見ていて下さい。

一致は、ちなみに、今日、ここで聖書に書かれたこの数について触れておきたいと思います。6-6-6です。それを悪魔の数だと見なす人もいますが、6-6-6は、完結というものの完璧な一致です。それぞれの6が、あなたの重要な側面を表しています - 身体、マインド、スピリットです。これらが完全に一致すると、完結を意味します。古いサイクルの終わりを、そして新しいものの始まりを。まったく悪魔の数などではありません。もちろん、あなたが人々をコントロールしようとしない限りは。自分自身を怖れたり、自分自身の進化を怖れたり、自分自身の意識を怖れたりしない限りは。そうであれば、ええ、この「獣の刻印」と呼ばれるものを見ると、怖れに入ってしまうでしょう。あなたの内側にいる獣を怖れているからです。

でも、このような3つの数の一致を見て、あなたが自らのバランスの場所にいれば、自分自身に本物で、真実であれば、これを次のレベルに移るための完璧な一致として見るでしょう。3重の7や、このような実に興味深い様々な数秘学的な一致を見るのと同じように。

--------------------

と、言うことです。けっこう数字のサインのことは、書いてたけど、
昔、このシャウドを読んで、さらに意識するようになったのだと思う。
けっこう、私は、このサインで、自分を確認できたし、してきたから。

「666」の数字は、昨年の夏~秋くらいだったか。ずっと何度も見る
ときがありましたよ。 

*  *  *

ちょっと、この続きがまた長くなりそうなんで、やっぱ、ここで一旦
きります。(汗) どこまで書けるか、、、。


【過去の懐かしい多次元体験】Ⅰへ

スポンサーサイト



☆本日↓2010/4/26(月)の始めはこちらから。
【具現化?&解放体験談&数字のサインのこと】から

*  *  *

続けて、どう書けるのか、、、。 

取り合えず、、、、「いってみよー!!」 


で、ティーチャー・シリーズ シャウド12の中からなんだけど、
このときに ↓「意識のクウォンタム・チェンジ」が起きているんだよね。

ちょうど、2007年の7月に。

このブログでは、この時のエピソードは、あまりにも長くなると思って、
そして訳もあり、書かなかったのだけど、ちょっと、この数日にもしかしたら???
というサインがあったので、一部書いてみようかと思います。(笑)


意識のクォンタム・チェンジ(Quantum consciousness change)

変化は、素晴らしい形で入って来ることがあります。数日前、7-2、2-7の日に、その週の2番目の日に、驚くべき出来事が起こりました。ここにいる方の多くが、そこに参加していました。コロラドのブレッケンリッジの高い山の上で行われた「アセンション・スクール」に。

スクールのとても集中した3日間を終えてから、セント・ジャーメインは少し、間をおいて、直接的に語りかけました - とても、とても直接的に - あなた方1人ひとりに向けて。私は部屋の中にとどまりながら、そこに起こっていることを正確に感じていました。あなた方の多くが思いました。「あの部屋で、わずかなあの、かけがえのない瞬間に何が起こったのだろう?」 あなた方のほとんどが、何が起こったかを定義することができないでいました。でも、何かが起こったことは知っています。ええ、あなたは意識のクォンタム・チェンジを味わったのです。ですから、あなたのマインドが、そこで起こったことを正確に解明しようとすると、できないのです。マインドは現在、意識のクォンタム・チェンジを本当には理解していないからです。それ自身の範囲を、ノウイングネスを超えているからです。

セント・ジャーメインが話をした、このかけがえのない瞬間の間、実際、ただ、言葉で反映された以上のものが起こりました。その時点で、あなた方のすべてが、この変化が起こるのを受け入れたのです。あなた方はその部屋にいて、とても安全に感じていました。自分自身に実に愛情に満ちた焦点を絞り、さらにはこのアセンションというプロセス自体への新しい理解を持ちました。ですから、セント・ジャーメインがあなた方1人ひとりに直接、語りかけた時、彼はまた、あなたがした選択へと直接、語りかけていたのです - あなたが選んだ可能性へと。グループとして、あなた方は言いました。「私たち自身の意識において、クォンタム・リープをなし遂げよう、たった今。」 そしてそれは、あなた方の多くが滅多に体験することのない形で部屋中を流れました。あなたの身体に、マインドにそのまま流れこみました。あなたのマインドが少しの間、感覚を失ったように思えたのは、それが理由です。あなたの身体は反応することができませんでした。その特定の瞬間に、自分がどこにいるのか、その部屋で何が起こっているのか、理解するのは困難でした。

あなたは、意識の変化がそのままあなたを通して流れるのを受け入れました。そして、どうでしょう、そこには痛みはありませんでした。苦痛はありませんでした。人生でたくさんの奮闘を体験する必要もありませんでした。あなた方の多くが自ら、クリアーするプロセスで経てきたような困難をくぐり抜ける必要はありませんでした。最高だったのは、このかけがえのない瞬間の間、あなた方のほとんどが精神の限界から離れていたことです。あなた方のほとんどが、ただ、それが流れてきて、通り抜けるのを受け入れました。そして、意識のクォンタム・チェンジをなし遂げたのです。

あなたがそれをなし遂げた瞬間、あるいは実際、自らの人生にそれを認めた瞬間、その部屋のエネルギーは、拡がりました - ただ直線的にだけでなく、多次元的に - それはすぐに世界中のシャーンブラへと拡がっていきました。眠っている人もいれば、仕事中の人もいました。その時間に散歩をしていた人もいます。でも、ブレッケンリッジの7月2日午後3時を少し過ぎた頃、(訳注:日本時間で7月3日午前6時) 何かが起こり、それは私たちが持つ意識のつながりゆえに、世界中のシャーンブラに影響を与えました。それがすべての人のための可能性を創り出しました。実際にその時間にそこにいて聞いていようと、まったく違うことをしていようと。その瞬間にそれを体験して、こう言った人もいました。「たった今、何かが起こった。何かは分からないが、でも、起こった。」 1日、2日して体験した人もいれば、私たちが今、話している間に体験している人もいます。

でも、それは意識の、気づきの変化でした。
それは自らをシャーンブラと呼ぶ人たちへと出て行きました。この意識の変化は今、残りの人類へと、天界の領域にいるすべての存在へと流れ出しています。彼らに押し付けられているわけではありません。彼らがそれを受け入れなくてはならない、ということではありません。無視することもできます。そのエネルギーを自分なりに歪めることだって、できるわけです。いわゆるとても利己的な、とても低いエネルギーの目的のために。でも、それは手に入れることができます。それは今、人類全体へ可能性として出て行きます。

意識のクォンタム・チェンジのこの体験は、あなたの人生にたくさんの作用を、影響をもたらすでしょう。第一に、それは、クリアーすること、変化をくぐり抜けることは、変化につきものの、たくさんの苦痛や精神的な混乱、これだけの緊張や不安を経なければならないわけではないことを味わわせ、気づかせてくれます。一瞬で起こることも可能なのです。そのエネルギーはあなたの人生で、新しい一式のツールになり、展開し始めます。微妙な形で現れ始め、そしてビッグな形で現れるようになります。あなたの日々の生活に統合され始めるので、夢やあなたのゴールや、望みがあなたの現実に一致し始め、入ってき始めるようになります。

あなたを長い間、苦しめ、悩ませてきた、疑問に答えるというようなものをし始めます。不意に、答がただ、そこに出て来ます。この共時的な「なるほど!」を受け取るたびに、この完結の、ノウイングネスの感覚を受け取るたびに、それがあなたから来ていることを覚えておいて下さい。私たちの誰かから来ているわけではありません。あなたは意識のクォンタム・チェンジを体験するのを、自分自身に受け入れました。あなたは、古い、困難なやり方を飛び越えて、直接、変化へと行くことを、自分自身に受け入れました。あなた自身の進化へ直接、行くことを。 



この、日本時間2007年7月3日に起こったことですが、私たちに起こったのは
7月5日になってからでした。

□成り行き

この頃は、まだ札幌で暮らしているときです。
札幌の仲間で、よく会っていました。何かあったら集合。何もなくても
集合です。(笑)とくにシャウドの内容、出来事をシェアしていました。

この日、5日は、いつもの号令で、車、途中の人は迎えにいっていつもの
ように、マック(マック、ガスト、ケンタが殆ど 笑)で会ってました。

この仲間は、殆ど職場で出会った仲間です。出会う職場は違う場合もあった
けど、数年かけて知り合っていきました。
(生まれる前に、出会うよう設定していたらしいですが)

で、その中に、最後に出会ったHさんだけは、出会った場面だけはブログ
に書いたかも知れないけど、本屋さんで偶然、Kさんと一緒のところ声を
かけられました。ちょうど「オラクルカード」の棚の前で。(笑)

「助けてほしい」と。(驚)

そりゃー、びっくりしましたよ。突然知らない人からこのように声を
掛けられて。

Kさんと目で相談し、違う階にあるカフェへ取り合えず行くことにしました。
「何かあるんでしょー。たぶん」という感じですね。

で、話を伺うと、彼女はライトワーカーで、もうすでに”多次元”を知って
いました。日常でいろいろな体験をしていました。

ミカエルも見えていたし、自分が光を発していることも、ある時、相手にエネルギー
で入り、相手を通して自分を見て、自分の光をみてびっくりした話も、後にしてくれた
時がありました。例えば、ドリーンバーチューやマイケルジャクソンもエネルギー体?
で、思えばすぐに自分のところに来る、繋がるという状態でした。
(マイケルジャクソンもスターチルドレンだし)
多分、多次元体験始まると、同時にどこでも行けるってこのことだよね。

控えめにさり気なく、周りに光を降ろし奉仕をしていました。

□多次元体験

ミカエルには、背中に乗って宇宙へ行き、惑星とチャクラの繋がりとか、
、他にもいろいろ教わっていたようです。
私は、「いいな~」と言ってました。
当時は、私とミカエルがこんなに繋がりを持つことは知らなかったしね。

私は、よっぽどの事じゃ驚かない。
よって、驚かないけど、面白い体験を彼女のおかげで一緒にさせてもらいました。
もちろん、私には見えないので、とても残念なことだったけれどね。 

でも私は、Hさんの素振り、目線、表情など、全く疑いのないものに見えました。
そして、信じていました。 そして今も。
彼女には、とてもリアルに”見えて”いました。
彼女は、マイケルジャクソンの曲をその頃、よく聴いていました。

余談だけど、マイケルジャクソンは、私たちと地下鉄も乗ったし、大通公園、
地下街のウィンドウショッピング、時には直ぐ近くで一緒に歩き、時には、何か
興味のあるものの前で立ち止まり、ときには、どこかに行っては、また一緒に
歩きました。キョロキョロと物珍しそうに見ていたようです。

何だか、今、書きながら不思議なんだけど、感覚であの時よりもリアル
に感じます。映像のように。 不思議だね。

で、カフェにも入り、そのときは私の隣にきてハグをしてくれました。
ホント、見えなくて残念!!

さすがに、地下鉄の中で現れたときは、

「え~、、、ここまでついてきた~~~」と私にこっそり耳打ちしました。
「あそこに居る~~」と目で合図しながら。

そう、そこにマイケルジャクソンがいても誰一人気付きません。
まるで、ジャーちゃんのようだね。

いつかは、3人で石狩のまだ上のほうまでドライブに仲間が連れて
いってくれました。その時にマイケルの曲をかけると、現れて、、、。
後ろの座席は、そうね、男性一人は座れる余裕あったよね。(笑)
私が助手席で、後ろにHさんがいて通訳してくれてたから。
たしか彼女の隣に座ってた。

「隣に座ってる~~。」って。(笑)

「この曲のときは、こんな気持ちだったんだ、、、、」と言うような
ことも言っていました。
でも、私は、この時は、こんなにも、マイケルが苦しい思いをしていた
なんて思っていませんでした。

いつかは、私の家にHさんが来たときは、マイケルも一緒にベランダに出て、
手すりのところに、3人?で並んで、空を眺めてました。

私がタバコを吸ってると、100円ライターの裏にライトがついていて、
レインボーの光が出るのを、とても興味深く、面白そうに聞いてきました。

もちろん通訳は、Hさんです。想念でも受け取っていたかも知れないけど、
時々カタコトの英語で話してました。

「そのライター、きれいだね。」

「キレイだよね、持っていく??笑」

「持っていけないでしょ?」

「ね、マイケル、今の子供たちの環境も何とかしたいよね、、、」

「本当に、、、、。」

「・・・」は~っと私はため息つきました。

と、マイケルのうな垂れる様子が分かるような感じでした。
そうです、この時はまだ、マイケルは肉体をもって顕在でした。
なので、本人は、その時は記憶にはないかも知れないけど、今は覚えている
かもしれません。(笑)いや、テレポートなら覚えていられるか。

でも、ほんと、うちのマンションにも来てたんだった!
今、考えると改めて、すごい~と思う。
でも、見えないって、そんな時、悲しいよね。ガクッ。


彼女のインナーチャイルドも、本当に子供の姿で存在していました。
それは、そうですね彼女のまだ癒されきれていないアスペクトです。
それは、本人も自覚していました。

独身のHさんでしたが、子育てをしているのと一緒でした。
私は、子育ての経験があるのでわかります。
一緒に出かけるときは、子連れの親子のように歩きました。
彼女の素振りは、ほんとうにお母さんのようです。

マックに入って、ハンバーガーを食べたいといい。彼女の肉体を通じて
食べて満足していました。彼女自身は食べたくなくても。
場所を問わず、どこでも眠くなれば昼寝もしてました。
まっ、肉体がないので、汚れることはありませんからね。(笑)

本当に、寝るとほっとして、2人でゆっくり話しました。

で、また目を覚ますと「もう起きちゃった~。汗」ですよ。

でも”多次元”に存在するので、遊びはマインドが吹っ飛ぶような発想で
遊びます。 何でもありです。 とてもユニークで、通訳の彼女は大変
だったかもしれないけど、私はたくさん話ました。
きっと、周りで見ている人は、かなり引いていたかも知れません。
私たち3人?のことを、、、。

天界の話も、どこの次元なのか、ちゃんとインナーチャイルドを育てる?
というか、面倒を見ている天使たちもいます。
彼女が、もう疲れると、天使たちに預けていました。

以前に、チャネラーさんも言ってました。
チャネラーさんの家の前に古い家なんだけど、空き家があります。
あるとき、そこには、住人がいるようだと。
チャネラーさんは、その空き家に住んでいる”多次元”の存在にエネルギー
のレッスンかなにかを受けたと言ってました。

チャネラーさんは、白昼夢的に見たようで、その時だけかも知れないけど
とてもリアルだったといってます。

これは、欲求して得られる体験ではなく、自然になっていくものです。

私は、この楽しい世界を早く知りたいとその時に思ってました。

きっと、この体験も、私には知っておく必要があったのだと思います。
そして、彼女との学びももちろんありました。


かなり話がズレてしまったけど、Hさんと初めて会った日、そのカフェで、
私たちに、「みんなも、そのような体験はしている?」と聞きました。

私たちは、まだそこまでの体験をしていなかったので、「そこまでは、、、」
という感じで話したように思います。

今、その体験が消えようとしていることで、彼女はパニックになっていること
が分かりました。

ただ、彼女は、あまり知識がない状態で、体験が先に入っているため、体験と精神
にアンバランスを起こしてました。
まだ、恐怖がかなり残っていました。
(チャネラーさん曰く、体験型のほうだったようです。人はそれぞれ違います)

Hさんの家と私の家は、同じ地下鉄で駅がひとつしか違わなかったので、よく
2人でも会いました。

その後、彼女もいろいろ試し、努力もして、また徐々に能力が戻ってきました。

*  *  *

【過去の懐かしい多次元体験&☆MJ情報】Ⅱへ

☆本日↓2010/4/26(月)の始めはこちらから。
【具現化?&解放体験談&数字のサインのこと】
【過去の懐かしい多次元体験】Ⅰ


IMG_2095.jpg

*  *  *

でーーー。かなり話が反れているように見えますが、この前の話が
ないと、先に進めないんですーーー。苦笑。

いよいよ、クウォンタクチェンジ=意識の変化のときに入ります!


□2007年7月5日

このクウォンタムチェンジのとき。
そう、マックでみんなと集まっていた。その日は4人だったかも。
いつものように、他愛のない会話で楽しくやってました。

Hさんがいるので、もちろん”多次元”な視覚、会話も通訳もあり
でした。

Hさんが突然、少し驚いたように言いました。

「みんなの肩に、猫がきた!」

そうです。一人一匹ずつです。(笑)

それぞれに、猫も個性があり、色も違い、名前も違いました。
大きさもね。(笑)

なぜ、今日この話になったかというと、この猫のことなんだけどね。
かなり前置き長いけど。(汗)

で、この時に、本当に肩に乗ってる多次元ネコを感じていると、
本当に、ほっぺたに触れているのが分かりました。
暖かさも感じました。

私に来た猫は、シャムネコのような感じで、名前は「ミーシャ」と
教えてくれました。

私は、どちらかと言うと犬派だけど、ネコなら、シャムとか、アメリカン
ショートヘアのようなネコが好みなので、とても嬉しかった。

で、帰りHさんを車で送っていく途中も、彼女には、鳴き声も聞えるので、

「鳴いてるよ。」とか、「今、ヒザの上に座ってるよ」とか教えて
くれてました。

夜寝るときは、布団に入っていると、背中にくっついている感触まで
ありました。

「寝返りできんぞ~、、、いや、大丈夫なのか?」(笑)って感じで。

その時期は、ときどき思い出しては話かけたりしたけど、目に見えない
ので、日常では、殆ど忘れてしまいます。

Hさんと会ってるときだけ、外を一緒に歩いているのを教えてくれました。

私は、いつかミーシャが見えるようになり、会話を楽しみたいと心から
思っていました。
あの「魔女の宅急便」のキキとジジのように、、、。

このネコが、過去世の繋がりだとすると、エジプトの頃なのか、それとも
魔女の頃なのか?と調べました。

そしてシャウドを読んだときに、その日付とネコのことは、何かありそうだ
と感じたのです。 あまりにも不思議な出来事だったから。

で、次回のチャネリングの時に聞いてみたのです。

そのときは、アダマスでした。そして教えてくれました。


【2007/7/27 チャネリングから】アダマス・セント・ジャーメイン

私:「7月のシャウドで、セント・ジャーメインのDWアセンション後に
   起こったクウォンタム・チェンジ=意識の変化が多次元的に起こったと
   言っていたのだけど、今回、私たちが仲間と集まったときに、ネコが訪れた
   ことは、何か関係があったのですか?」

ア:「関係がある。
   ネコは、エジプトではなく、魔女のときの繋がりできている。」


と言うことでした。

その時は、「え~、そうだったんだ~!!」
という感じで受け止め、深くは聞きませんでした。

聞いても、理解できなかったかも知れないけど、聞いてみても
良かったかもね。教えてくれたかは分からないけど。
まっ、いずれ分かると思って、そのまま。

そういう事で、たぶん、今でも私の近くには、ミーシャはいるのだと
思います。 普段はどうしても忘れがちですけど。

でも、東京へ来てからも、たま~に、声をかけてましたよ。

「いるの~?」って。ミカエルに聞いてるのと一緒だよね。(爆)

それで、話がずいぶんと長くなってますが、先日、上の娘があるサイト
で、ロシアンブルーのネコの写真が写ってるブログを見て、本当にかわいい
から見てみて~~!と言ってきました。
犬みたいな性格のネコなんだって~!よくない?
犬より手がかからないし。てな具合で。

それは、Rinnka(モデル・芸能人)のブログなんだけど。

先月あたりからかな~、娘が「弾丸ツアー」という番組が好きで、色々
国へ行くし、ショッピングの様子などもあって、面白いというので、
私も時々みていたんだよね。それにRinkaが出ているのだけど。
おしゃれだしね。

Rinkaのブログ→「Rinka Happy Life」

で、ブログを見てみる気になって見てみると、Rinkaがめちゃ可愛がっていて、
写真がよく登場する。
で、見ている私も、可愛くて可愛くて目がデレーってしてしまうくらいなの。

で、本当に今日になって、ロシアンブルーをいろいろ調べていたの。

ロシアンブルー -Wikipedia

それを読むと、一行に

「以前の別名にアルハンゲルキャット(英語でアークエンジェルキャット)」
と書いてありました。

「アークエンジェル????」「大天使??ネコーーーー!?」

まさか、、、あんた!ミーシャ、肉体もってくるのか???
と思ったんだね!!

まして、こんなに惹かれるなんて。

また、「何かある???」  かも???

とても欲しい。確かに引越したら飼えるかもしれない、、、。
でも、私、ネコの毛アレルギーなんだよ。(汗)
目が痒くなって赤く腫れて、くしゃみとまらなくて、、、。
いや、そんなの大丈夫かも。ミーシャなら。

一人で盛り上がりました。(笑)

でダウジングしてみると、肉体でくるかと聞いたら、

ん?「ノー???」 そうなの?

「じゃー、見えるようになるの?」

「イエス」

そういうことかいっ!!!

「もうすぐ、会えるよ!!」って言っているような気がした。

なんとも、遠回りのような分かりやすいような、、、(笑)

それだけの話に、ここまで書くか???って感じだけどね。ぷっ。

ふふー。最近、またよく光も見えてます。

けど、あまり期待はせずに、でもワクワクしながら、会えるのを
待っていよう。
こうやって、知らせてくれたのなら。 (幸)

娘にもロシアンブルー=大天使と呼ばれてたと話したら、尚欲しくなったー。
と言っていた。

私が、Hさんから聞いていた詳細と、ホント似てるの。


Hさんとは、ある期間だけのお付き合いになってしまいました。
出会いの最初から、「依存」についてはお互いに話合っていました。
なので、お互いに極力気をつけていました。
後で、彼女が見えたビジョンでは、過去世で、私たちは子供のいない夫婦
だったことを教えてくれました。私は奥さんでした。今世は女同士だったけどね。
日本で、呉服屋を営んでいました。ちょっと複雑な気分だったけど。ぷっ。
私が着物の古典柄が好きなのは、このときの記憶かも知れません。

しかし、彼女はある事への執着から、なかなか抜け出せず、私も出来る限りの
アドバイスはしたけれど、依存もあることがわかり、双方のためにはならない
と決心し、手放しました。
いつか、理解できる日が来るのを祈りながら。

で、本来の彼女ではないけれど、割とネガティブ思考が強かったために
メッセージを受け取っても、純粋に意味を受け取るのが難しかったん
ですね。どうしてもエゴが入って捉えてします。
それが、さらに複雑にしちゃってました。
でも、純粋で優しい方でした。

魂の成長具合と、キョーレツな体験がバランスがとれないときは、
もしかすると、とても頑なにしてしまう場合があるのかも知れない。
自分の体験が強いだけに、どうしても聴く耳をもつことも難しいこと
かも知れない。だけど、たぶん、自分で設定してきているのだろうし、
超えられないことはないと思うので、私は、見守り彼女を信じるだけです。

そうだね、また違った意味で試練を伴うよね。
彼女は、まだその時は、精神世界の内容も深くは知りません。
体験型なので、あまり読んで知るとか根本的に出来ないんですね。
みんなが、ではないだろうけどね。
まだ「ほんとうの自分」ではなかっただろうし。
色々体験はあったけど、役割とか本来の自己を思い出すところには
きていませんでした。
さすがに、その時は、私も、人になんでも教えてもらおうとしないで、
知りたいなら自分で調べるくらいしてほしいと思ったことも正直何度か
ありましたね。私もまだ学び中だったし。

でも、その出会いによって、私も多くを学び、体験させてもらい心から感謝
します。そして、多くのことを守られてきたのだということを知りました。
サイキックになることは、本当に時には危険も伴い、自分の成長を妨げる
場合もあります。
なので、トバイアスがシャウドで言っていたこともよく理解しました。
サイキックを超えていくことについての意味をね。囚われないように。

そんな経緯もあり、ブログで最初は書くことをためらいました。
って、いうか、この2007年の事をブログに書いてるときは、
チャネリングの手帳を見ながら、背中を押されるように家事の合間
に書いていたものね。とにかく過去のを書き留めなきゃー。って感じで。
今回、久しぶりに手帳を出しました。

でも、やっぱ長くなったでしょ? (笑)

*  *  *

で、ここでマイケルの情報を取り上げました。
なんか、思い出しちゃったよ。たくさんね。
多次元体験が始まったら、必ず来てねっ! いや、私が行く。
思い出してよねー!! まじ、どうなんだろ。忘れてそうー。笑。

でも、今この時に書いてること自体が、やっぱ何かありそう。

☆マイケル・ジャクソン、プチ情報☆

この情報は、先日Sさんが教えてくれました。
六本木ヒルズで5月にプリンセス天功プロデュースのMJ遺品展が開催される。
マイケル・ジャクソン遺品展公式HP

こちらは、今日見つけました。
「オリエンタルランドは26日、東京ディズニーランドで1987年から1996年まで公開していた
故マイケル・ジャクソンさん主演のアトラクション『キャプテンEO』を、14年ぶりに再導入
すると発表した。」-Yahooニュース
東京ディズニーランド、14年ぶりに『キャプテンEO』期間限定復活~7月から1年間

*  *  *

ここで、こんなに長くなると思わなかった。へへっ。
本当は、まだ違うテーマで二つあったのだけど。

眠くはないけど、明日にするか、、、ちょっと考えるわ。
一度、ENDします。もう朝だし。

この後、、、少し休んで↓を書きました。
【幻想を知るステップ】Ⅱへ

2010/4/27(火)曇りのち雨

☆夜中に書いた↓2010/4/26(月)の始めはこちらから。
【具現化?&解放体験談&数字のサインのこと】他

IMG_2093.jpg


いや~。寝れるかと思ったけど、1時間半くらいゴロゴロしても
眠れないのでおきました。エネルギー入ってたかもしれません。

だって、本当にどうなるかと思ったけど、思い出しながら、結構楽しく
すんなり書けていったので。(笑)

朝方まで書いてて、一旦やめても、後から思い出したり、浮かんでくることがあるので
何度か追記もしました。夜中、朝に読んだ方は、少々変わっているかも知れません。スマン。

しかし、”過去の多次元体験”ね。実際、私自身が体験してないないの
だけど、ある意味体験(見せられてる)というか、、。

信じなくていいですからね!!(笑)これは、私の”真実”です。

*  *  *

幻想についてね。

以前に書いたのは→10/4/21【幻想を知るステップ】Ⅰ
その続きって感じ。

先日に、ayaちゃんから、メールがあって、なんと、私が夢に
出てきたと。
で、その日は、突然休みになったということだった。

あれは、25日だったっけなー?

どしたのー?いったい。夢にまで出たってー。笑
まぁ、そんなことも、あるよね。

これは、幻想とはちょっと違うけど、

「どんな夢見たの~?」って聞いたら。

「今は好きな事をしなさい。ワクワクすることを。」

と言うようなことを私が夢で言ったらしい。(笑)

で、ふっとayaちゃんに感じたことを伝えた。

「今さ、何かアイデアとか浮かんできてない?」

「実は、ちょっと浮かんでいることがあるんだ。」

とそのことについて話してくれた。

「それを、もっと膨らましていくといいかも。
 もっと、浮かんでくるかもよー。」と伝えた。

今、私が感じているのは、その段階に応じて、アイデアとかが
浮かんでいる人も多くなっているかも知れないなー。と感じていたから。

今、ayaちゃんも数字のサインを見ているし、何か見えてくるかも
知れない。

で、その後に、今の状況のことや、その【幻想】について話した
のだった。

私が先日、ブログで書いていた10/4/21【幻想を知るステップ】Ⅰで、

ウィングメーカーの資料(論文)の詳細をもっと詳しく伝えた。

「、、、こんな感じさ~。」

「なるほど~」

「でも、頭で判ってもナカナカ、これは分からないかも知れんけど、、、。」

「いや、今の話を知ってるかどうかだけでも、違うよ!」

「今日、電話だからこんな話も出来るんだよねー。」とayaちゃんが言った。

で、その先日のブログに、この言葉も論文で書いてあったことだけど、
【解き放す】という言葉が【手放す】とか【解放】よりも、本当にいいって
ayaちゃんが言った。

そうだねー。私も本当にこの言葉が好き。
「なんかさ~、解き放つって、拡大するような、縛りからの解放のような
 自由で、光が解き放たれる感じが私も好き~~」

「ね~~~、ほんといい~~♪」

と言いながら、二人のこの言葉の感覚を味わっていた。

すると、その時に、、、。

「誰か来たわ、、、ん~ヤハウェイかどうかちょっと分からない」と言った。

「わかった。」紙とペンを用意した。

【10/4/25チャネリング】by aya

おまえたちが、【解き放す】を感じるのは、その程度だろう。
本来は知っていなければならないこと。

肉体をもっているから、それしか分からない。
肉体が、本来の道をまやかし、惑わせてしまう。

知っているのに、分からなくさせてしまう。
おまえたち、本来あるべき? トラップである。

わたしは、おまえたちに、そうはさせたくない。

惑わされること自体が罠。
カベを超えられないと思わせるような罠である。

それは、ひとつ勘違いがあるだろう。  →【解き放す】について。だったと思う。

ワンネスには、元々無いのだから。

ありもしないもの、幻想であり、
見えるすべては幻想である。



たぶん、伝えたら、行っちゃったと思う。

で、私は、最初は「ん???」と思ったけど、

すぐ「あ~~~、なるほどね~~。」と思ったんだ。

ワンネス側から見れば、【解き放す】自体も幻想になるんだ。
ないんだもん。だって。

なので、私たちが【解き放す】っていいよね~って感じてる自体がすでに幻想さ。

ほんと、その通りだと思って、このメモ書きを読み返し笑った。

だから、それをひと言、言いたくて出てきてくれたみたい。

なんかパラドックスなんだけど、肉体を持っている側から見ると
【解き放す】って自由な感じを受けるけど。

ワンネスからは、【ただ在る】だけだから、そんなものすりゃないの。

だから、目に見えるもの全て【幻想】なんだよ。って。
そんな罠に引っかかるなよ。って言いにきたんだ。

でね、電話を切ったあとに、なんか以前、誰かが同じようなこと
言ってたよな~と思って、思い出そうとしていたんだ。

ミカエルではないのは知ってたから、ヤハウェイ?大いなる存在だった~?
と探したよ。

したら、あったあった。ヤハウェイさ~。

私が、プロセスの最後の最後のほうで、
「来るなら来い!」って言って、そのあと、目には見えない剣で
刺されて。(笑)尻を蹴られているんだけどさー。

痛い思いして、「私は、ただ在るだけ」に気付いて、腑に落としたときのね。

08/10/5「私は在る」-2【確認ヤハウェイ】
ヤ:「もう、おまえは手放すことが出来ているのに、そうじゃないと
   思っているから。」
  「おまえ自身がよくわかっているのに、感じているのに、出来ていないと
   思い込んでいる。」
  「勘違いしている。思い込みしている。」
  「繋がっているのに、繋がっていないと思っている。」

  「おまえは出来る。それを超えたらギフトが待っているだろう。」


08/11/23試練【観念の破滅】-3【ヤハウェイ&白龍】
私:次元なんて分からない。分かる訳無いじゃん!
  ※後からは意味はわかるけど、自分で選択していたことについては。
    でも認識できる意識の違いに苛立ちのようなものも感じていた。
    ナカナカ実際には、自分の選択や、ドラマを創りだしている事に対しての
    認識は出来ないと思う。余裕があれば別かも知れないけど。

ヤ:おまえは波動も、次元も知り尽くしている。
  おまえは今さら、閉じ込められている。それ以外何ものでもない。 
  自分の足りない部分。自由だったものの埋め合わせ。「+」「-」
  ※過去生の埋め合わせに、「自由」じゃないものを選択しやすい。
   というような事だと思う。



今、読み返しても、ほんと有り難いよ。
その時は、分からないんだよね。マジに何も知らないってくらいに
感じているんだもん。だから、自分を認められない。

でも、今なら分かるよ。この意味が本当に。

そう言うことでー。

こんな出来事があったので、是非、皆さんは、この辺りも、
軽く、通過してください。

「勘違い、思い込みをさせているのは、本当は【誰】なんですか?」

*  *  *

ちょっと、プリンターを試してから、次の書こうっと。

なんかねー。日本神界、、、、なんか言ってる。

いや、最近感じてたけど、換気扇からも、シャワーのときも、
「君が代」ちっくなんだ。 明日は、満月だしなー。 
なんか、また動きあるのかなー?

*  *  *


【RIKOです。よろしく】へ

☆夜中に書いた↓2010/4/26(月)の始めはこちらから。
【具現化?&解放体験談&数字のサインのこと】他
☆本日↓2010/4/27(火)の始めはこちらから。
【幻想を知るステップ】Ⅱ

IMG_2106_20100426224814.jpg


今年、長女のところへマスターがやってきます。

現在、もう少しで9ヶ月に入るところです。
今の体重 約1500g 女の子 予定日は6月22日です。
名前は、長女のインスピレーションで、RIKO(漢字は決まってない)と名づけました。

RIKO4D.jpg

この写真は、検診のときのエコーで4Dで写ってます。(8ヶ月前半ころ)
右を向いた横顔が写っていて、ほっぺた、鼻がハッキリと見えます。

ここまでだったら、ただの「ばーちゃんバカ」だよね。ハッキリ言って。
でも、この私は、”ただの”では終わらせたくないなー(笑)

カテゴリーを分けて、クリスタルとは?という事も含め、
この記録も、自分のために残してみようと思った。
きっと、何か役に立つような気がする。

一般的にmixiとかにもクリスタルのコミュがあり、情報も多少あるけど、私は私の立場で、
オリジナルでありのまま、感じたままを書いてみたいと思いたった。

*  *  *

この長女に宿った赤ちゃんをチャネリングの時に確認すると、
ミカエルは、これから生まれる子は、すべてマスターと思ってください。と言っていた。

下記のように、アダマスとトバイアスは、今年の中ごろまでにアセンデット・マスター
1500人ほどが転生するといってたね。

長女に生まれる子がアセンデット・マスターかどうかは分かりません。
でも、きっと素晴らしいメッセージを携えてくるんじゃないかと思います。

でも、すでに、、、いや本当はその前からだったのだろうけど、
その兆候が見えてきています。
それで、先日、とても楽しいことがありました。
いや、やっぱ”バカ”になるのかな~? ど~でもいいや。ぷっ。


□ これから生まれる子供たちの役割

青い銀河の嵐よりAdamus Masters Series Shoud1 "Every Step of the Way" September 5, 2009
私はここでとても確かな宣言をしようと思います。カウルダーは水を飲むことに逃げ込んでいますが・・(カウルダーが水をすすったので笑い)。私は確約します。あなたが人間に言葉で呼ぶ、あなたの幸福、あなたの成就(達成)を。私はそれができるのを知っています。私はこう言うことができます。もしも、あなたが自分を信じることを許せば、あなたがシャーンブラと共に歩めば、あなたが自分自身の中で統合し、ミステリースクールに参加すれば、あなたが永い間つかまえることができないように見えた、これを手に入れるでしょう・・・幸福、達成、平和、あなたがそれを何と呼ぼうと・・・成就、地球のミステリー、アセンドした状態・・・あなたがアセンドした人間として歩いていくところです。その経験において。その現実化において。その他の1500人と少しの地球にやって来るアセンドした存在達とともに。

青い銀河の嵐より 2009/8/31ミッドサマー3日目トバイアス 最後のシャウド
来年の中ごろまでには、1516人のアセンデッドマスターが転生します。
あなたのために。彼らはあなたのために、あなたを助けに行きます。あなたが地球の意識を助けたからです。彼らは昨日語られたあなたがたの怖れに寄り添います。それは、輝く光のようなもので、意識の焦点です。その焦点はあなたに繋がっています。いわば、あなたに続くのです。(聴衆から笑い)彼らはあなたと一緒に仕事をします。彼らは想像できない方法で意識を運んできます。彼らはガイドが必要です。彼が何者か想いだすために、あなたの書いた本が必要です。あなたが道を切り拓かなくてはなりません。


10/2/14 【転載】2月のエネルギーから
2010年から2011年へと進んでいく中で、個人的なホログラフィック・フィールドの中にプラチナ光線のエネルギーを持つ、新しいダイアモンドライト・チルドレンの波もやってきます。
これらの子供たちもまた、パワフルに変容のエネルギーを与え、意識の加速化をさらに進ませることが出来るようにし、それによって人類の内側の神聖なる光が、集合意識の中にもっと急速に現れることとなり、光の5次元へと上昇することが加速化されるでしょう。


*  *  *

以前、アイディア・インスピレーションなど受け取ってからは、
10/4/7【来た!アイデアとインスピレーション】Ⅰ-Ⅲ
しばらくは、何も考えない期間もあった。

でも、その内に、これからの子供たち、未来、新しい地球というところへ
自然と意識が向き、気付くと想像してました。

食べ物などは、私自身は、すでに自分がいいと思えばいい、悪いと思えば悪い
で信念体系を外してきたからいいけれど。
そして、もう身体が教えてくれるし、食べたいものを食べたい時間に食べたい分だけ
、そして不要なものは自分でちゃんと処理している。というようにね。

でも、まだ食事に気を気をつけたほうがよい人たちも多くいるのも現状なのかも。

で、これから生まれてくる子は、食べられないものも多いのかもしれないし。
過剰になることもないけれど、やはり知っておいたほうが良さそうだと分かった。

不要な信念体系を強化せず、良い悪いではなく、シンプルに身体が喜ぶものと考えたら
いいのかな~と思った。

まだ、何か情報はないだろうか? 誰かすでにクリスタルチルドレンに
詳しく、もう動き出している人はいないだろうかと探していたら、

ひとつのブログへ辿りつき、これだと思い、電子書籍の本を購入する流れになった。

最初は、娘のための予備知識と考えていたのだけど、まずは自分も
読まなきゃわからないと思って。

それは、4人のクリスタルチルドレンのお母さんが書いた本で、
比較しては申し訳ないけれど、一般の本屋さんにあるクリスタルの
本よりも、ずっと実体験、子供たちの愛、慈悲、無償の愛、無条件の愛が
そのまま詰まっていて、中身の濃い本でした。

この本を読むと、この子供たちの愛で、”ぎゅっと抱きしめられているような”
大きな愛に包まれた感じになりました。
いや、実際に本から、”光”が届いているんだよ。
イッキに読み終えて、 シンプルなメッセージだけど、深い本質そのまま。
心が本当に温かくなりました。

そのお母さんは、子供(赤ちゃん)と会話しながらの4人の出産の様子。そして自分は親から
虐待され、夫は、リストラ、破綻、借金の山のなかで子供達が授かっていくようす、夫を許せ
ず不和、その中の妊娠期間、夫を責め、自分を責め、すべて子供たちは知っていて、見守り悟
りを促し、智慧をさずけ、すべて包む愛を両親に与えます。
その中で自らも成長して、どんどん能力も開花していき、すでに活動も始めている。
このような方を準備してくれていて、本当に心から感謝しました。

きっと、老若男女どんな人が読んでも、深い気付きを与えられるのじゃないか
と思えた。
私も、ハッっとさせられるほど、メッセージだ。
もしよければ、読んでみてください。

☆[対話&胎話士・未来見基さんのHP]※光のこどもたちの4人のママ カウンセラー
 http://sky.geocities.jp/mikimikitaiwasi/lifestory.html
☆[mixi] MIKIMIKI☆愛のほしさんの日記
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=12932490&owner_id=438822
☆本「地球を助けにきたクリスタルチルドレン」※電子書籍でのみ販売
 http://www.papy.co.jp/act/books/1-106473/

*  *  *

全部よくって迷ったのだけど、ひとつだけメッセージを紹介したい。

「地球を助けにきたクリスタルチルドレン」P87~より

[北斗通信]

大切な人たちへ

思い出すだけでいい 気がつくだけでいい
みとめるだけでいい 感じるだけでいい

難しいことはいらない 説明しなくていい
言葉にしなくていい

ただそれだけで軽くなる ただそれだけで溶けてくる
ただそれだけで 込み上げてくるものがある

それだけで充分と思うときがある

ほんとうはわかっている みんな賢い生き物だ

ほんとうは知っている 幸せになる生き方を
ほんとうは使いたがっている 愛を実らせる方法を

笑顔がすてきな魔法だっていうことも

だって みんなぼくらと同じ
子供の世界からやってきた
かつては自由に遊び暮らしていた
泣くも 笑うも 怒るも ケンカも忙しい
それでもそれが喜びになる
叱られても 叩かれても それでもまた仲良くなる
笑ってともに過ごしている
過ぎたことも 未来も 思いわずらわず
いつだって 今を謳歌している

「いま泣いたカラスがもう笑った」

その言葉のままを生きていた
すぐに水に流すことができる天才
つねに変化をして驚かす存在

自分らしく生きられなくて 物事がうまくいかなくて
理解してくれる人がいなくて 時間がとれなくて
自由がなくて 思うようにならなくて
こんなはずではなかったと
頭をかかえ 心をわずらわせ
もがき苦しむときがあるとき

まいたとおりに 実となり花が咲く
そんなときだからこそ 手放してみる 水に流してみる
心のそうじをはじめる 心のせんたくをはじめる
思いを 形を 物を 人を こだわりを

するとこんどは どんどん湧いてくる
自分がほんとうに 求めていたことが
わかってくるし 見えてくる
がんばり過ぎたこと 言い過ぎたこと やり過ぎたこと
疲れ過ぎたこと 一生懸命過ぎたこと

しんどかったんだ 大変だったんだ
疲れたんだ 傷ついたんだ
さびしかったんだ 気付いてほしかったんだ
愛してほしかったんだ
そんな声が僕にも届く お疲れさま ごくろうさま
だけど僕は信じている  乗り越えることを

どんな道を進もうとも どれを選ぼうとも
どんなことが起きようとも 
それはいつだって僕らにとって 僕らの成長には
なくてはならない 大切なエッセンス
体験と 気づきと 愛を知るチャンス
そしてベストなことなんだ
いつだって必要で最善な時に 必要で最善な速度で
必要で、必要な分だけ経験している

でも、もうがんばらなくていいんだ

いっしょに少し休憩しよう
ただ ともに過ごそう
いたいと思うだけ いてくれるだけ僕も幸せだ
だから ありがとうと伝えたい

話したければ 話すことはかまわない
答えることは できないけれど
聴くことだけはできるから

手紙だってかまわない
僕がかわりに届けましょうか?

読んでくれてありがとう

             北斗より 2003年11月12日※このころ1歳 


--------------------------------------

この北斗くんって、自宅出産で生まれた子なんだけども、
お腹にいるときから、お母さんと話してて、生まれる間際まで自分は
他の子と成長が違うことも伝えている。なんでも、早い~~~。

*  *  *

で、この本を24日に購入して、読み始めた。

そして、ここ数日間で、本の内容をを通じていろいろ発見があり、
娘と電話でいろいろ話した。

赤ちゃんは、お腹にいるときは、全てを知っているというのは、みな知っている
かも知れないけど、多くのメッセージを伝えようとしているし、導いてもいる。

□ イエス/ノーの合図を決める(会話の一歩)

最初の長男達哉くんのときは、まだお腹の子と会話は出来なかったけれど、
お腹を蹴ることで、「イエス」2回「ノー」なら1回と決めて会話していた。
(この達哉くんもお腹にいたときの事は全てが覚えている)

食べものの大切さや、毎日の使うものまで教えてくれたという。
お母さんの疑問、不安、迷いなども、この方法を使って答えてくれる。



まだ本の始まりだったけれど、娘からの電話で、そのことを話した。
合図を決めて! きっと会話が出来るよ!

「わかった。やってみる」との返事だった。


□ 自分の名前ってどんな方法でつけたとしても、すでに生まれる
  前から自分で望んでプログラムされている、
  自分の名前をゆっくり繰り返すと、大きな癒しになる。
  自分のルーツを知る、天命を思い出すツール。何をしに生まれてきたか
  を秘めている大切なコード。

  名前には「天命」が組み込まれている。

  自分の名前が嫌いな人は、トラウマが大きい。(北斗くん1歳5ヶ月より)



  え~~~!!私じゃん~~~。 と思った。ずっとあまり好きじゃなかったから。
  
  確かに、そうかもなー。と妙に関心して、
  そして名前にコード、天命と知って、ハッとしたんだ。

  私の名前の最後には、漢字で「江」と言う字を使う。
  なので、人に漢字を聞かれたときは、必ず「江戸の【江】です。」
  と、この生涯ずっと、答えてきた。

  「江戸」=1868年に江戸から「東京」へと改名されている。Wikipediaより
  私が、この東京へ来ることになるというコードだったのだろうか、、、?

  そうだったのか、、、、。???

  娘たちは、とくに名前に対して嫌いというのはないからいい。

  そういえば、ミカエルも名前の最初の音には、意味?があるようなことも言ってた。

  でも、面白くなってきた!

□ 三番目の子からは、お腹にいるときから、すでに会話が出来る
  ようになっていた。
  「わたしはソフィアよ。お母さんわかる?」とお腹の中から
  自ら名前を伝えた。 ギリシャ神話の女神も関係しているらしい。



  面白いのは、出産のときに、会話が出来るので、赤ちゃんののほうから、
  誘導することだ。お母さんを励まし、安心させながらー。
  思わず笑ってしまったよ。


  それぞれ4人ともが、いろいろなメッセージを与えている。  

  本当に、4人の子供が生まれるまでの出来事を「ありのまま」に綴っているので、
  泣けた場面もあるし、やはり愛の大きさに打たれるのかもしれない。
  で、そのお母さんは、ソフィアちゃんのときから、ピンク色と感じていたらしい。 


  で、、、そこでさっそく、わたしも、娘に聞いてみた。

  「ね~、RIKOって何色に感じる?」

  「何~? なんで、いきなり色で聞くわけ~~?」

  「うん、前にも話したけど、感じるってさ、対称は人でも、色があったり
   音色だったり、味だったり、感触だったりさ~。
   その本に、色で感じたとあって、聞いてみようと思って~。」

   と、自分が言った瞬間に、私は、きいろの色が見えた。
   でも、自分の想像では、全く浮かぶような色じゃなかったので、口をつむった。

   すると、娘が「黄色~~!」って言った。(笑)

   「やっぱり~~~!!!お母さんもさ~~!きいろだけど、多分ゴールドだよ!」

   「へ~、そうなんだね。○○も、自分では想像つかない色だった。
    でも、それが瞬間に感じた色なの~!」

   「これはね、チャネリングでもあるのだけど、RIKOが送って
    きてるんだと思うよ。 本を読んでわかったの。」

   「へ~~」

   「でね、お母さんも以前にミカエルからチャネリング教わったときは、
    こうやってやったんだよ。
    光線の色とか、どんな感じかとか、そばにいる存在たちは?とか。
    ミカエルが送ってくれてね。一番最初の考える前に出てくるのが当たり。
    そうすると、だいたいは分かるものだよ。
    だから、RIKOがこう言ってるのかな~とか、感じたら、きっとその通り
    だからね。 あとは、足で蹴ってもらって確認してみて。」

    実は、これをやってるときに、娘のお腹はものすごく喜んでるかのように
    動いていた。

    で、この電話のあとに、ayaちゃんから電話があって、ayaちゃんに色当て
    したことを言うと、すぐに、、、

   「ゴールド!!」と言った。(爆)

   「やっぱりそうだよね~~。面白い!」

    で、一昨日は、娘たち二人で買い物に出かけたらしいのだけど、
    上の子が下の娘にも色を聞くと、「きいろ!」と答えたそうだ。

    みんな、わかるんじゃん!!

    ちなみに、私は【色】で浮かんだけど、娘の場合は【漢字】でイメージが
    きたようだ。

    でも、私もミカエルとレッスンのときは、一つの質問には、漢字
    ばかりで出てきたのもあったから、それを伝えた。
    ね、誰でも気づかないけど、けっこうチャネリングしてんだよ。
   (あの、自分のレッスンの時の話は、深く言わないで。ぷ。)

    で、妊娠から、これまでの経過を振り返ってみると、ちょっと困難
    な選択が待っていても、自然に周りから援助があったりで、超えて
    きていたのだった。

   「これは、やっぱりRIKOが導いているわ~~~。
    もちろん、ミカエルたちのサポートもあるだろうけどね。」

   「うん、ほんとだよね~、本当にそう感じる~~~。」

    で、電話を切ったあとに、フツフツと喜びが湧き出てくるんだ。
    で、RIKOに良かったね~と話しかけていたんだけど、数時間
    経ってから、この喜びは、私自身ももちろんだけど、RIKOを
    感じとっていると分かってきた。
    そうか~。会話が出来ることや、受け取ってくれたこと、理解してくれた
    ことを、すっごい喜んでいるんだー。
  
    なんか「やったー!!」って感じなんだよね。
    そうだよねー。一方的には話しかけられているけど、双方向になるもんね!

    こっちも、嬉しいよ。


    で、後から娘に、あの後、お腹どうだった?って聞いたら、
   「しばらく、大暴れしていたよ~~~」って言うのだった。

   「すごく嬉しかったみたいだよ。喜んでたわ。」と言ったら、納得していた。

    その後も、ベビー用品専門のお店で、新品18000円のバウンサーが
    ちょうど、タイムセールで3000円でタイミングよく買えたと大喜びだったし。

    ちゃんと状況を理解して導いてるな~っていうことが分かってきた。
    

    きっと、この時の出来事も記憶して出てくるかも知れないな。

    楽しみ。

*  *  *

と言うことで、今回は、ここまでにしておこうー。
区切るの面倒だから、初回だけは、この長いまんまにしよう。

しかし、この本を印刷していて、プリンターが動かないってことは、
もう、伝えたからいいのかな~。

後は、RIKOが自分で伝えるってか~~???

そうなの、やっぱりプリンターが動かない、、、、。ガクッ~。


そうだ、わたし、、、徹夜なのに、やっぱり元気~~。
超、エネルギー入ってるみたいだー。

あ~、たくさん書いて、あとは、次に現れるものを、また書いていこう。

「スッキリしたぁー」


WHAT'S NEW?