FC2ブログ
2010/4/19(月)晴れ

Image056.jpg


いや~、一週間ぶりとなりました。
あっと、言う間ですね。

なんだろなー。
最初のうちは、特に書くこともなかったのだけど、
何もしてなかったってわけでもなく、仲間と電話で話したり、メールを
やりとりしたり、そんな時もあれば、読もうと思って、そのままにしていた
ものを読んで、これまでの事を【腑に落とした】【理解】という体験もしてたね。

さすがに、少し感じていたことを書いてみてもいいかな?という気分に
なって。(笑)
チリも積もれば、なんとやら。後になって大量で、「ぎゃ~」となる前に。フフ。

*  *  *

今、準備が整って、ちょっと激しいプロセスに入っている人も多いのかも
知れないね。そんなときは、精神的にも肉体的にも、辛いかも知れません。
でも、必ず終わる(超える)ときが来るし、それを超えたときには、
もしかすると「な~んだ!」と言ってる自分を発見するかも知れません。

取り合えず、目の前に現れたことを、ひとつずつ。

それが、家族や、恋人などや、物質的なものや、あるいは、自分は何者?探しのよ
うなものでさえ。スピリチュアルなことも全部含めて言ってます。

自分が「これがなきゃ、生きていけない~」とか、意外にも「楽しい~」と思わせて
いるものが、実は、ヒッカケでそのように見せかけることもあります。
時にパラドックスに見えます。エゴは、本質から目を逸らさせようとしますから。
どこかに、それは必要と思い込んでいてしがみ付いているもの。

忘れては、いけません。

アセンションのプロセスは、一番自分にとって【痛い】ところを突いてくる
のです。 残念ながら。(笑)

そりゃー、それが”神なる自分”から遠ざけているものであり、”幻想”や
”ゲーム”を中毒のように繰り返すものにさせてしまうからです。

でも、それにも判断はないからね。私もそうだったし、それまでの過程も必要
な場合もあるし、でも、、、たぶん、、先に進む選択をしてて、時期がきたら、
準備が出来たときには、同じことを繰り返しやってきてないかな?と疑問を
感じたり、何かしら促しを感じるでしょう。でも、無視するのも、自分次第なんだ
けどね。でも、そんな時は、立ち止まって、

「まてよ?」

と静かな時間を自分にもってみてもいいのじゃないだろうか。
でも、ここで注意が必要なのは、場合にもよるけど、自分の都合(欲など)に
とっていいほうに解釈しようとしてしまい、その促しを見逃す可能性もある。

どちらにしても、手放すまで、何度も促しは来るのだろうけどね。(笑)
とことん追い込まれるまで、手放せないというのもあるしさ。

ここで、「恐れ」を感じたら、何に「恐れて」いるか見てみてね。
チャンスですから。(笑) 「恐れ」とホント向き合うと、実感できますよ。

「根拠なし」ってことに、、、。

最初は、「これか」と見えてきますけど、さらに見るのです。
「どうして、そう思うの?」「誰がいった?」(毎度の手法ですが。笑)
「見てやろうじゃないかー!」と意気込むと、消えてしまった場合もあったけど。

で判断なくです。受け入れてください。

そもそも判断(ジャッジ)なんて、出来っこないんだよ。どんな形でさえ本来は。
でね、誰も裁かないし、神も天界の存在たちも、何故、人間は、そのように制限
のある世界に住むことになったかは、誰でも知ってます!!

そう、何が原因で、みなの自我(エゴ)がしつこく何かを言ってくるのか
という事も知ってるのだから、囁く声に、恥じる必要もなければ、価値がない
と思う必要もないわけです。罪悪感もいらないし、落ち込む必要なんてないんです。
それは、本来のその人じゃないって知ってるのだから。
それを、自分だけが、自分に判断を下しているだけです。

自分をさらけだしても、神や天界では、誰ひとり「変」と思う存在
はいません。 どうぞ、リラックスして、気楽にしていてください。

だってさー。

知ってるだろうけど、目に見える現実(リアリティ)ばかりに
押し潰されそうになってると、奴隷、労働者っていう、意識の牢獄(インプラント)
のことを、過去に、アトランティスで起こったことを忘れてしまうんだよね。
そこを、なんと呼んでもいいけど。
(実際に覚えてるわけじゃないけど、知識でねー)

そのようにプログラムされてきてしまってたんだからー(汗)

注:読んだ資料(論文)では、※下記に少し書いている。
  陰謀とか、そう言ったことを、ただ単に伝えているわけじゃない。
  そういうことなら、私は読まなかっただろう。
  ただ、起きたことの事実を知った上で、どのように私たちに作用している
  のか、ということだ。そればかりじゃないけどね。
  それもあって、そういう話も出している。

意識してないと、そのプログラムの通りに動いてしまうんだよー。
だから、まんねりから出ろ、とか、意識的にいようとか、自分が何に
養われているのか、とか、執着は?依存は?エゴは何を言ってるのか?
鎧は着てる? 自分を守ろうってしてる?

そんなわけで、いろいろなことに気付いている必要があるわけでしょ?

そこを超えていくために、、、。「ほんとうの自分」を思い出すために!

痛くないに越したことはないけど、多少、「痛い」思いしてもね。(笑)

で、ある程度手放して、五次元(多次元)へ入ってくると、魂の選択による
かも知れないけど、思考解除やプログラム解除なども始まるし。
リリースと同時に進むに従って、自我(エゴ)の声も段々小さくなるの
だから、安心して進めってこと。

疲れたら、自分に優しく、身体も休めて、泣きたいときは泣いて。
また、元気を取り戻してくださいね。

あと、以前にちょっと書いたけど→10/3/19【本が届いた~ 感想&関係性においてのシェア】
もし、誰かと離れるということがあったとしても、自分にとって、その後
必要(助け合うなど)となる魂、絆などがある場合には、必ず、よりバランス
の取れた状態で、また出会うだろうと思います。

そしてね、人それぞれに起こっているプロセスは、見えている以上
のことが起こっています。たとえ、回り道のように見えたとしても。
ただ、目に見えていることがらだけで、他者を判断はしないようにしたいもんです。

でも、とにかく、十分やってますよ。やっぱ、自分を褒めることも
忘れないでほしいな。

*  *  *

またしても、自分でも、こんな話に流れていくとは知らないで書いてます。(笑)

そうそう、”分離””恐れ”という【幻想】、そして【ワンネス】。

3日くらい前に、ストンと腑に落ちたことがあった。
上記で書いたことは、その流れからもきてるかも知れないけど。

以前、ミカエルが言ってたことがあった。

今後「なんだー、そう言うことだったのかー。」

と分かる日が来ると言ってたのね。このことなのかなー?と思って。
それとも、これは、あくまで知識で理解できたことで、体験として
さらに、これから知っていくのかな?って感じた。

それは、ウェイングメーカーのサイトを覗いていて、以前にダウンロード
はしていたものの、もう必要ないと思って読んでないものでした。

資料(論文)は、何個かあったのあけど、その一つを読み進めていくと
ずっと、プロセスを共にしていて、チャネリングの時に、アダマスやミカエル
、そしてチャネラーさんの言葉などが浮かび、そこに書かれていることは、
本当だと感じた。

そのときの時点では、言葉で聞いても、本当の意味で理解出来なかったこともあった。
私のほうに、なるべく合わせて分かりやすく伝えてくれていたのだなーとつくづく
思った。シャウドもそうだし、他の情報、トバイアスやクツミもね。

で、理解できないものは仕方がないので、そのままだった。

それを読んで、「な~んだ、そう言うことか~。」「アホらしっ!」って
ストンって落ちたんだよね。

でも、きっと、今だから解ることなんだろうなー。と思う。
ほんとうに、いろいろな面で【確認】することが出来た。

私は、昔読んだ資料、本などで、詳しくではないけれど、アヌンナキの存在の
ことを知った。プレアデスの本にも書いてあったっけ?
確かに、初めて知ったときは「なに~~~!?」って少々ショックもあった。
そこでの実験、どのように人間を従わせ、奴隷化をするか。

その資料を読んで、私が想像していたよりも、さらに複雑で、大きなこと
だったのだと理解した。※大きいが適切な表現なのか???範囲がというか。
って、その資料もかなり簡略化されているものだけど。言葉は限度ある。

でも、その大きなプログラム、システムは、本当の意味で、【幻想】と分かる
のは、自らを純化し、その辿りついた末、、【ワンネス】【一なるもの】にならなきゃ
分かりっこない。たとえ、頭では理解したとしても。

で、それが【真実】って言葉をつかうと、複雑と言いながら、パラドックスのよう
だけど、【在る】ものは、なんとも、シンプルだったがゆえに、「アホくさー!!」と
思ったのだった。あまりにも、複雑化していたのは、自分たちだと。
※ この表現だと、よう分からないかも知れない。汗

トバイアスが、「重要ではありません」と言ってた意味も、含めね。

確かに、途中の解放する場面で、いろいろ【幻想】を実感したこともあるけど、
たぶん、それは”さわり”に過ぎないのだろうと思う。

この資料を読んで、馴染まない言葉もあって、意味を理解するのに、行ったり来たり
したし、「え~、どういうこと???」って思ったところもあったけど、
何度か読んでるうちに、

「そうか、これがミカエルや、チャネラーさんの言ってたことなんだ!!」

だから、あるところでは、囚われないように、戻らないように注意を促され、
レッスンもして、その時は、何故?そこまで?と思うこともあったけど、
意味しらず、自分のことも知らず、素直に信じて着いて行ったことが、どれ程
私にとって必要だったことなのかと、今さらながら、本当に感謝だった。

罠にかかり、見失うことは本当に簡単だけど、その意識の監獄から出るのは、
イッキに出来ることではないし、とても時間もかかることだ。
だから、ずっと、存在たちは、言い続けてきてくれたのだと思った。

ある時期においては、
「もう、ミカエルってねー、本当はみな一緒なの。ワンネスなんだから」って言って
た意味が、、、頭で分かっても、私の中で、個の存在を感じていたいというのが
あって、みなが一つ、ワンネスという所に焦点を合わせられなかったけど、
きっと、私に合わせてくれていたんだろうなー。

今になって、あのとき、そう言ってたっけ、
ああ言ってたっけーと、次から次と出てきた。

もうボード(地球のゲーム)からは、離れていると言ってたけど、
どこから、どこまでというのが分からないがために、体験と経験の中で、
客観視することを続けてきた。

ミカエルという存在も、過去世も、誰であったかなんかも、何者かも、本当に【幻想】
だったんだと気が付いた。

その瞬間、「バサっ!」と、残りの残像のような部分まで落ちた感じだった。
それは、曇っていたものが、見渡せた気分だから、とてもスッキリした。

ただ、これが死と再生のプロセスだったのか?という感じでもない。
なので、それはそれで体験、経験もあるのかも知れない。

でも、それが【ワンネス】、、、【一なるもの】、、、。

※ 参考は、最後にリンクを貼っておくね。

*  *  *

思ったよりも長くなってます(汗)

ブログ途中で、久しぶりにayaちゃんと電話で話ました。
すると、意図せず、ヤハウェイが来てくれて、伝えてくれたことが
あったのです。チャネリングは久々で、ミカエルの自立からは初めて。
多分、私の神の自分との間で、承諾されていたのでしょう。

これから、それについて書き足します。

*  *  *


【顕現のスキル~ヤハウェイ現る】By ayaへ

スポンサーサイト



☆本日↓2010/4/19(月)の始めはこちらから。
【幻想とワンネス、一なるもの】

Image058.jpg


で、、、ちょっと休憩ー。

え~っと、、、そうそう、いつものように軽い気持ちでayaちゃんと近況報告。

ayaちゃんも、最近、「何かが変わった」らしい。
その「何かが変わった」という感覚は、言葉にできないもので、
自分にしかわからない感覚なんだよね。

で、この数日間、祝福のサインとも言えるようなものを受け取っていた。
ワクワク、、、。

で、私も今日のブログに書いたようなことを話していた。
自我(エゴ)の囁き、そして、マインドの混乱など、、
そのような時は、電話してと私は言った。

「インプラント!」って言ってあげるから!(爆)

いや、

「○○○、いつまでも牢獄にいたいなら、そうしてなさい。」って言うぞ!と言った。

ayaちゃんは、咳き込んで笑った。(爆)

で、そうこうしているときに、ayaちゃんとは、これまでも、
いろいろ引越騒ぎのときや、ヤハウェイからの助言などで、助けられて
いたので、今回の【ハートのサイン】の出来事、「土地」を話した。

その時のことは、こちら。
↓  ↓  ↓
10/4/7【来た!アイデアとインスピレーション】Ⅰ-Ⅲ
10/4/8【顕現のスキル~祝福のサインと行動】Ⅰ-Ⅱ

ミカエルの自立→09/12/21【12:21-師からの卒業式】 以降、
何度かayaちゃんとも話しているけど、私も聞かないし、期待もなかったし。
そして、誰も現れることはなかった。

そして、ハートがバクバクし@@となった「土地」の名前と、そのときの
ことを、話した。

すぐにayaちゃんが言った。

「ヤハウェイが来たみたい」

慌てて、紙とペンを用意した。

「ヤハウェイ~~~!!!」

「あのさ、その土地、、、ハートが爆発~」

『100%確実だろ、疑いはない。』

 『今、おまえの中にある、その血が騒いでいる。
           なぜなら、その血筋が導いている。

 その血筋は、「東」を司る。
 おまえは、(魂が?)それを望み、引き寄せた。

 ただ、おまえに、今ひとつ注意しておきたいことがある。』


「ドキっ!」※なんか私したんかい?って意味で。(笑)

『それは、忠告と受け取ってもらっていい。
 
 おまえの光が、強すぎるため、周りの人間を巻き込む。
 眩しすぎて、周りは目をつぶるから、見えなない。 ※理解できないってことかなー???

 その間、おまえは、何が起きているのか分からず、
 自分の光に気付かないまま、事を進めていく。
 それをすることによって、危機感を持つようなこと、摩擦のような事が起こる。』

私が、言った。でもさー、私は、自分じゃ自分の光なんてわからんよ。
だけど、困難なことあったって、私はやるでしょー!?道は必ずあるよねー。
ハートは、ハッキリ示してくれるし! 


『100%、疑う余地ないだろう?』

「うん!何があっても進むー!」

『おまえは、北斗星?サザンクロス、、、?南十字星?・・・』

※ayaちゃん翻訳につまる。(笑)とにかく、星ねー!!

『おまえの中で、騒いでいるのは、本来の自分。

 今後、なにかザワザワするのであれば、それはマインド。
 核がブレていなければ、いい。』


「わかったー!!」 

今、思ったけど、「摩擦」を回避する方法なんてないのかい?って。
自分のこと分からないから、進めちゃうのかもなー。(汗)

で、ayaちゃんが、「東」の意味を「東宮?」と言ってたけど、
この意味は、以前にミカエルが教えてくれていたから分かっている。

そのことを、ayaちゃんに説明した。

09/12/3【出現】豊かさの顕現-【確認】から
 ↓  ↓  ↓
ミカエル:「ようやく整いつつある。
     龍の形(日本)にそって、光の国、、、(なんと言っていいかわからないけど)
     それぞれ、東西南北をつなぐことが、そろそろ整ってきた。いよいよこれから
     日本が中心になる。目覚めた魂、、、(私たちね。)リーダー。」


私が知っているのは、チャネラーさんが「北」、チャネラーさんの師と呼ぶ人が
「南」、そして、私が東京にきて、「東」ということになる。
「西」だけはわからない。
もしかすると、他にも、間にいるのかも知れないけどね。

本当に、いろんな役割ってあるんだね。
実際に、わたしは実感できないけど、チャネラーさん曰く、東西南北、
繋がっていて、影響しあうから、意識のブレることは、許されないっていうか、
それくらい責任もあるってことみたいだけどね。

出来る限り、努力はします。(汗)

で、ヤハウェイは、言いたいこと言ったら、とっとと去っていった。

「もう、いっちゃったよー!」とayaちゃんが言った。(笑)

まー、いつもそうか。余韻というものがない。(笑)

でも、でも、、、、あれから、落ち着いちゃっていたけど、ここに来て。
ハートの反応は、まじ確信はあるけど、

まじに、マインドぶっ飛ぶことだったんで、ヤハウェイの言うとおり、
ただごとじゃないかも知れん。そうだよね、ぶったまげたし。

でも、言われると、、、

「やっぱ、そうなんだー!!」って。 再度???確信。(笑)

最初は、周りの人間巻き込むって、どういうこと?どうなるの?
と思ったけど、結局、どんな状況でも、私は突き進むことになるんだな。

でも、知っておいて良かった。ザワザワしても、それはマインドって言ってたし、
分かっていれば、楽だしね。

ん~~~、しかし、どんな展開が待ってるのか、そして落ち着くのは、
いったい、何時じゃい!!

と言うことでした。

*  *  *

そういえば、「マインドがぶっ飛んだ」って、「来た!・・・」の時に書いたけど。

先日にね、再度、アダマスのシャウドを見てみたの。
青い銀河の嵐さんで、この時に紹介したやつ→09/11/26【マインドを超えていくこと】

で、この時は、アップされたシャウドの翻訳がまだ途中だったんだね。
最後のほうが追加されていた。

で、もう一度読み直すと、自分のプロセスが、アダマスの言ってることと結構
かぶってて、もちろん私独自のルートもあるかも知れないけど、アダマスにも、
まだまだお世話になっているようだ。と感じた。(笑)

『私が経験からひとつだけあなたに言えることは、そしてあながたの何人かとの激しい方法でのワークに
おいて言えることは、新しいエネルギーは、とてもとても強力だということです。とてもとても純粋です。
それは、私は言いたいのですが、マインドを吹き飛ばします。
それはマインドと共同で働けないのです。私達はそれを発見しました。マインドは古いエネルギーのツールです。』


「実感しました。」

『新しいエネルギーはマインドと一緒に働くことは全くできません。挑戦のひとつは、あなたが自分の
マインドから出るのに十分なほど自分を信じるということです。これは神聖な原則に立ち戻ることです。
それは私達が何千年もミステリースクールと私達が一緒にしたワークで話してきたことです。私達は人間
のマインドを越えていきます。私達は素晴らしい神聖なマインドに行きます。』 

『私達は神を経験しにいきます。あなたは人生においてスピリットを経験します。言葉では、スピリットの
経験を定義することはできません・・・人生の経験を定義はできません。』


『私はここでとても確かな宣言をしようと思います。カウルダーは水を飲むことに逃げ込んでいますが・・
(カウルダーが水をすすったので笑い)。私は確約します。あなたが人間に言葉で呼ぶ、あなたの幸福、
あなたの成就(達成)を。私はそれができるのを知っています。私はこう言うことができます。もしも、
あなたが自分を信じることを許せば、あなたがシャーンブラと共に歩めば、あなたが自分自身の中で統合し、
ミステリースクールに参加すれば、あなたが永い間つかまえることができないように見えた、これを手に入
れるでしょう・・・幸福、達成、平和、あなたがそれを何と呼ぼうと・・・成就、地球のミステリー、
アセンドした状態・・・あなたがアセンドした人間として歩いていくところです。その経験において。その
現実化において。その他の1500人と少しの地球にやって来るアセンドした存在達とともに。』


昨年の後半~、たしかに、今起こっていることを考えると、そうなんだよ。
確かに、新しいエネルギーの中で、自分の神、神聖なマインドと通じて、これからも
自分を信じて、展開していく。


『私達が一緒にあるとき、あなたが、何にも起こらなかったじゃないかという日が来るでしょう。
しかし後にすばらしい事が起こったことを見出すのです。それが新しいエネルギーの働き方です。あなた
が自分は何も進歩していないと考えるときがあるでしょう。しかし進歩というのは幻想だと気付きます。
あなたがたはとてもよくやっていると気付きます。』


そう、「何も起こらなかったじゃないか」は昨年12月にありましたね。(笑)

で、その後に、素晴らしいことが起こりそうだと、今、見出してます。

そして、実は、「よくやっているようだ」と気付きました!

しかし、「新しいエネルギー」すごすぎる!!

あと、2月に紹介したときのシャウド6も、あの時点から、後半のほうが翻訳
されていて、全部読むことが出来た。
↓  ↓  ↓
「Adamus Masters Series Shoud6 6.Feb.2010」
※ログイン必要

-------------------------------------

《参考》 ※紹介するものは、自分の内側で、どう感じるかを確かめてからにしてね。

ウィングメーカーHP(日本)から。

翻訳された資料(論文)/一部有料あり
↓  ↓  ↓
http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/wingmakers/foundation-index/foundation-index.htm

その中の、さっきブログで書いた内容のは、
↓  ↓  ↓
「プロジェクト・キャメロット・インタビュー:サヴァリンインテグラル」

ダウンロード可能。この論文の文章中にも書いてあるけど、途中で、恐れが出てきたり、
疑問などがある場合には、無理して読まないようにとあります。

なにとぞ、無理しないようお願いします。

で、他にもいろいろありますよ。
アセンションを進める中で、ツールも数え切れないほど、世の中では出回ってるけど、

実践する中で、このように、明確に、シンプルに、提供されているのは、
他の角度からも見れるし、時には、いいかも知れません。
他の読んだけれど、私自身も、実践したことであり、通ってきたことです。

で、ハートが開かれるようになるまでには、やはり純化していく毎という
ことになるけれど、その中で、これもいいですよ。
↓  ↓  ↓
「ハートの美徳の実践」※FreeDownLoadのボタンからどうぞ。

---------------------------------

そういえば、資料(論文)の中で、「解放」とか「手放す」という言葉を使うのではなく、

「解き放す」という表現だったなー。

この「解き放す」の言霊というか、なんともキレイで、自由で、一寸の縛りも
感じさせない、この言葉がとてもいいなーと感じました。
瞬時に、肉体から、光が放っているかのような、イメージを感じます。

そうです!

「思いっきり、解き放してください!!」

2010/4/20(火)曇り

☆↓2010/4/19(月)の始めはこちらから。※書いたのが20日の夜中だったから。
【幻想とワンネス、一なるもの】

IMG_2091.jpg

しかし、本当に全てが【幻想】だということが、腑に落ちて、ワンネスから
の視点で見れるようになったあとに、この下のメッセージかい。
そうそう、昨夜書いた、ウィングメーカーの資料(論文)を読んでる間、すごく背中
が暖かくなっていて、何か近くにいる感じがしていた。

今日は首の後ろが熱い。エネルギー調整かも知れない。

下記のメッセージのように抜け切ったのかな?  
確かに、、、そんな感じはするかも。
昨日の夜にアップされていたようだよ。

再調整、再接続の時期も終わり、本当に今月の祝福のサインがあって。
昨夜のことで、
「は~、、、着いたんだ~。」という気持ちを味わう前に、もうすでに、
どんな展開が始まるのか?という感じで、一休みって感じしないね。(笑)
どちらにしても、現れるまではどうにもならない。

あくまでも”流動的”。

また、”今ここ””一瞬、一瞬”の中で、今日はどんな日になるのでしょう。

*  *  *


[mixi]Arrived Energy On Earthより
You Have Arrived – Channeled Message By Archanagel Gabriel
18 April 2010
Channeler: Shelley Young

http://lightworkers.org/channeling/104039/you-have-arrived-channeled-message-archangel-gabriel


「あなた方は到着しています」-大天使ガブリエルのメッセージ


多くの悟りを得た(enlightening)人々は、自分自身が本当に素晴らしいソウルである、と見ることに嫌気
がさしています。彼らは自分自身をそのように見ることは、エゴに陥ることを意味する、と恐れています。
これは、壮大さの錯覚によって慢心するということではありません。これは、ご自分自身を高次の見方から、
自分が本当は何者であるかを本当に見て、認識し、尊重するということです。

私たちはこのことについてもう少し述べたいと思います - ご自分に、自身の偉大さをみる許可を与え
てください。これはまさに、私たちが今在るエネルギーにおいて不可欠な部分です。
スピリチュアルな道を歩んでいるあなた方の多くは決勝戦に到達するために、たゆみなく、衝動にかられ
てワークをしています。私たちは、あなた方の勤勉さ、多くの方々がこの忙しさを抱擁し、それが習慣に
なっていることを私たちは尊重します。
このプロセスの始まりのエネルギーの中に、多くの方々は、ご自分の周りの世界全体がそうであったのと
同じように、悟り(enlighten)のためにとても急ぐ必要を感じていたのを見ることが出来ます。そして
あなた方はまるで“今”それが行われるべきであるかのように感じました。あなた方が皆お感じになって
いた緊急性は、集団が臨界に達し、地球上のアセンション・プロセスが保証されることを確実にするため
に必要なプロセスの一部でした。
多くの方々がこの緊急性の感覚をもって、ご自身のスピリチュアルな道を進め、生きてきたために、あな
た方は、これはスピリチュアルな道においていつでも感じることだと受け入れてきました。
ですが実際には、緊急性の感覚を持っている必要はもうありません。プロセスは活動中です。

あなた方はそれを行おうとし、そして集合的な全体として達成したので、今はもう緊急性の感覚は必要で
ないのに、多くの方々はまだそれを保持しています。
これは悟りを得た(enlightening)人類が、ただ在るエネルギーの中へと移行することを受け入れること
を本当に難しくします。
彼らは何かが在るはずだと感じます - 何かが間違っている、何もせずに得ることはないと感じるので
す。
彼らは、向かう場所がどこにもない時にさえ、まだ衝動にかられているように感じます。そして彼らは、
ブロックされたに違いにない、何かを見落としているに違いない、何のヒーリングをしているべきなのだ
ろうか?何をしているべきなのだろうか?など、目的を持って前進し続けなければならないと考えるのです。
これは誤った考えです。地球のアセンション・プロセスは保証されています。勢いがついているので、今、
それを止めるものは何もありません。
恐れに陥ったり、何かすることを探すよりも、むしろご自分の背中をポンとたたいて誉めてください。
これは多くの方にとって、全く必要のない心地悪さの感覚を与えます。

もしあなたが、私たちがあなたを見るようにご自分を見ることだけが出来たとしたら・・・。
そして、もしそれが出来て、勇気と統合と信頼の中へと移行して、この素晴らしいイベントが起こること
を受け入れたとしたら、あなたは美しく輝くソウルたちを見るでしょう。
ご自分に出来る最高の奉仕を実践し、それを素早しく成し遂げたソウルたちを、あなたは見るでしょう。
彼らは行おうとしたことを達成し、今、その働きの成果を楽しんでいるに違いありません。

このように考えてみてください。それはまるで、あなたはとても遠くの目的地に到着する必要があること
を知っていて車で進んでいくようなものです。
あなたは、目的地までの長距離を、乗り物の心地悪さを感じながら旅しています。時々あなたはお腹がす
いたり、喉が渇いたり、トイレに行く必要があります。時々あなたの体は車の中に閉じ込められているた
めに痛み、外に出てストレッチをしたいと願います。あなたのジャーニーのいくらかの部分はとても長く
退屈で、終りが無いように感じられます。そしてあなたのジャーニーの他の部分では、あなたは新しい
景色を興味深く見て、驚きや興奮に満たされています。
しかしついにあなたは目的地に到着しました。あなたは地図と道順を捨てることが出来ます。
あなたはたどり着くために一生懸命になっていた場所に到着したのです!
今はあなたの目的地を楽しむ時です。
驚嘆の感覚とともに前進し、一番あなたに喜びと満足をもたらすものに従って、あなたの日々をプラン
しましょう。
今は、同じようなジャーニーを完了した他の人々と出会って楽しみ、あなたの驚くような巡礼の物語を
シェアする時です。
親愛なる者たちよ、旅は終わります。約束の地を抱擁し楽しむときです。

これが、私たちが今日、あなた方にお話ししたいことの全てです。



-sesameさん訳

*  *  *

また、何かあれば書きます♪


WHAT'S NEW?