FC2ブログ
2010/4/7(水)曇り時々雨

IMG_2018.jpg



娘も、今日が出張最終日、朝、慌しく、そしてお互いに惜しむように娘は出かけた。
仕事が終わったら、そのまま帰札。

昨日は、娘に頼まれたものを買いに出かけた。
お天気も気温も20℃くらいまで上がってとても気持ちよかった。

ここ二、三日、見ている数字は、「11:11」「12:12」「22:22」「7777」「144」
だった。

ちなみに「2222」は、
『わたしたちが22の数字を見るとき、それはマスターへと成長している、と言うサインだ、
 ということなんです。
 ビルダー、育むもの。 宇宙からの「あなたはマスターへの、素適ないい道を歩んでいますよ!」
 と言うメッセージなんですよ。』
mixi-数字は天使からのメッセージより

と言う意味もあるらしい、、、。

と言うことで、何か始まる予感を感じた。


で、途中に疲れたので「ドトール」に入り休憩した。

いつもより、深く意識が集中した。
自分の中に入っていった。
最近、シャウドのクリエーターシリーズをちんたらと読んでいたのだけど、
数日前から”魂の自由”と数回にわたり浮かんでくるので、それを持ってきていた。
何度か、アダマスに語りかけ、数行読んでると、何となく、内側から熱い思いが出てきた。
祈りのように、「全てに最善なことへ、どうか自分を使って欲しい」と
いうような内容だったと思う。
昔、2005年頃にも、このようにとても深く自分の内から切実な思いが
出てきたことがあったと思い出した。ブログでも書いたと思うけど、
その時から、物事は、急速に変化していった。


で、、、昨日、私的には【とんでもない展開】になっていった。

*  *  *

■予兆、、、

そして帰宅後、上の娘の電話で、昨夜遅くまで下の娘と話した楽しい内容など
を話していた。

ちょっと話がズレるけど、

ブログ内で、10/3/16【忘れるな!行動の上にサポートあり】 のときに
『「インスピレーション」「アイデア」のことを書いた。』

この時は→10/3/21【3:3:3 春分の日】”赤ちゃん”の夢を見た。
意味は、『チャンスや転機の意味、新たな可能性、成功の兆候などです。』

そして、10/3/3【沈黙のとき&小さなこと】の先月、三度目の「333」の日には、
『同日、私にも希望のサインがあったのも確かなんだけど、ハッキリしたことではない
ので、ハッキリと見えてきた時に、必要ならば書くことになると思う。
そう、今後2ヶ月の間に見えてくるかも知れない。』


10/4/3【調和、心をひとつにする感動】では、準備が整ってきたことを感じていた。
『先月末ころからか、準備が整ってきたなって感じはしているのだけど。
 肉体的にも精神的にも。』

そして、、、恒例の、、、

「来るなら、来い~!!」みたいなコトを言った。(笑)

 ※ずっと、「来るなら、来い」と言ってきて、言えば、すぐに「何かが起こった」、、で、
  そう言ってるときは、自分に準備が整っているからだと、ヤハウェイが伝えてくれたことで、
  「ほんとに、そうだったのか」と自分でも知った。

で、10/4/5【ローズクォーツの山(斜面)の夢】のときに、
ローズクォーツの象徴でもある『【愛】の山、坂道を登る夢を見た』ことを書いた。
そして、何かを創ることに対して「でも、私はやるぞ!」と言っていたばかりだ。

こうして改めて、最近の流れをみて「ふ~ん、なるほどー!!」みたいに感じてきた。(笑)

で、この上記に書いた「333」の日のサインというか、兆候については、
まだハッキリとは分からないという話の前提で、今回の上京の際、下の娘に流れで話た。

通常であれば、子供たちには、まだ分からないことなのに、期待を持たすような
ことはしない。 でも、そのときは楽しく、なんか「いいだろう」という感覚があって
話したのだった。

で、話は上の娘の電話のときの話しに戻るけど

やはり上の娘にも話しておこうと思って話し始めた。
そこから、いろいろ話が膨らみ、【アイデア】なども自然に浮かび、互いに
、といっても殆ど、私の【アイデア】だったけど(笑)。楽しんだ。
娘たちも、全ては、最善なタイミングであるとした上で、上京できる可能性
に「希望」をもっていよう。と。

本当に、自然に出てきたことだった。リラックスしている時だしね。

*  *  *

■アイデアとインスピレーション

上の娘と電話を切ったあと、、、、

自然にとは言え、自分でも、そうだよ昨年の12月の引越騒ぎ&創造のときの
シリーズで→09/12/7【望む現実を創造する(錬金術)】Ⅰ の話があった。

アイデアの根底には自分の中に、もともと【理想】としてあったことなんだけど、
その時は、そのマンションを実際に見に行って説明を受けると【理想】の具現化は
難しいと感じた。(この説明じゃ足りないのは承知だけど、スマン)
※それは、部屋がどうとかじゃなく、マンションの共有部分を利用し活動することにおいて。

で、そのシリーズの時の【確認】で、ミカエルはメッセージを残してくれた。
09/12/19望む現実を創造する(まとめ①)】Ⅷ-【確認】より
M:「あなたに起こっていることは、これからの○○○※私の名前
   にとって、今後の繋がりにとって必要なことでした。

   今回のことで、パワフルに【回帰する】ことが出来ているんですよ。」

私:「ほんとーー!?回帰ー??出来たのー!?」

M:「ここで落ち込む必要がなく、これがプロセスでした。
   
   あなたには、ショックだったかも知れませんが、神である自分を体験
   するという、揺るぎない体験でした。

   あなたの意識ではショックを受けていますが、
   あなたは光に包まれ、輝いています。」


私は、この時に、チャネラーさんからも、今の事ではなく、今後、先に現れてくる
可能性としてあるような事も言っていたし、先日も書いたけど、【奇跡】が
起こるのを知りつつ、全てを手放すと言うことを言っていた。

その意味は、いずれ分かるだろう。

そして、その後は、全て一旦手放した。

よく考えてみると、昨日の感じたことは、この延長線のようだ。
娘と話したことで、それにさらに加わるものがあった。

まるで、その時の【創造】が、より【進化】し、【完全性】を備えていて、
全くもって、【完璧な、わたしの理想形】として目に止まることになった。

上の娘と話しをしていて、「こんな事やりたいなー」みたいなことが自然に出てきた。
そうすると、自然に、関わるもの全てにとって都合がいいというのが見えて話ながら、
ワクワクした。娘も話に乗ってきていた。

こうやって自分が戸口を開ることが出来たら、今後、ドアの前に現れる人たちにとっ
ても、自分が生活する上でも、今後、必要と感じたし、イメージもなんとなく見えてきた。
でも、娘に話ているときは、よくあるように、「出来たらいいねっ!」位の軽いノリだった。


しかし、、、驚いたのが、その後の流れのほうだった!!

*  *  *

【来た!アイデアとインスピレーション】Ⅱへ

スポンサーサイト



【来た!アイデアとインスピレーション】Ⅰから


*  *  *


電話を切って、娘は、虫が嫌いだし、私と同じで、クモ、ゴキブリ系は
叫ぶか、固まるか、とにかく「無理っ!」って感じだから、どちらかと言えば
マンションのほうがいいな。って考えだ。
でも、あれ?、、、今、思うとなぜ「空き家」を見てみる気になったのかな?
娘のために、ひとつ情報を、、、と思ったのだけど、ちょっと、今はもう思い出せない、、、。

とにかく、娘の上京に備えて、久しぶりに賃貸のサイトを見てみた。
で、検索が「空き家」だったので、マンションの探しているときと、
ちょっと違ったサイトを覗いてみる流れになった。

ひとつの物件をクリックした。
最初は、「関係ない」と閉じたのだけど、もう一度なぜか気になって
見てみた。 そして、よくよく【感じて】みた。

そこで、【釘付け】になった。
【地名】、、、何か感じる。
いつもの【何かある、、、】感覚。
もう、目が離せなくなった。

「う~~~、なんじゃこりゃーー!!」

その【物件】に、、、感じたことは、、、

「私の【マインド】、【枠】以上に、私を知ってなきゃ、この【理想】はありえない!!」

っていうくらい、その物件は、私の理想を全てを満たすのだった。
部屋も、広さも、もちろんカウンセリングをやるにしても、そして運営さえも。

最初は、それでもまだ、疑心暗鬼だった。またも、、、「ありえん!」
今の現実には、ありえないか、宝くじにでもあったたら、、位の確立の話だから。

その物件を見ているうちに、【自由人】となるための、【理想】、
【アイデア】がどんどんとさらに広がっていった。
そして、【インスピレーション】とともに、サイトを見て行った。
見たサイトも、パシッとツボをつくようなぴったりの情報がそこにあった。

すると、【より具体的にイメージ】が出来上がっていった。

そして全て関わるものが、都合よく独立しながらも、共存、エネルギーが循環する、
喜びがあり、世の中にも大いに貢献できるスタイルが見えてきた。
今に、必要とされるであろうもの、、、。

感じていることは、とてつもなく「とんでもないこと」なんだけど、、、

確かに、、、【ハートは、反応している】、、、この感覚は、以前の
マンションのときに、本当に近いけど、それ以上だ。

「まさか、、、」とおもっって、ダウジングをしてみた。
確かに反応する。何度やっても同じ。いろいろ問いかけた。ミカエルに頼んで。 

ダウジングでは、場所のエネルギーもいい。
(実際に行ってみて、見るまでは分からないけど)

「やっぱり?」「マジ?」

すると尚更、興奮しハートはバクバクするは、ワクワクを通り越して
グルグル、ブハブハー(笑)

「また、デカクきたもんだー。」

でも、そのイメージこそ「これだーーー!!完璧だーーー!」と思える。
でも「どうやって?」となると、想像もつかない。ノウハウもないし、
自分のキャパは、とうぜん越えてしまう。

でも、【無限の可能性】、、、【奇跡】、、、と考えれば。

もし、今回の【気付き】と【見せられた】ものが、まだ【レッスン】の
段階なのか、【神の自分の確認】か、それとも、選択によっては【可能性あり】
として見たものなのか、これは、もう少し様子をみなきゃわからない。
近い将来なのか、ちょっと先の話なのか、、、。(またか?って感じだけど)

そうかと言って、【具現化の速さ】は、日増しに早くなる。

でも、昨日の切実とも言える【祈り】、そして【魂の自由】の促し、全てが
繋がっていると感じている。

これが、【ソース(源)】が示してくれていることであり、仮に、
「受け取りなさい」と、私と全体のためにも、言ってくれているのであれば、
私は、迷わず「受け取る」ことを選択する。

だって、見せてくれた完璧なイメージは、私にとってこれほど最高なもの
はないのだから、、、断る理由なんて見つからない。

これが、たとえ勇気を必要とし、多くの時間や、手間を必要とするもの
であっても、今の私であれば、受け取り、行動できる。
私の感じたものは、【興奮】に近かった。その時に【驚き】はあったけど、
【恐れ】はなかった。

で、、、、本当に、内側に住む、繋がっている【ソース(源)】は、
私以上に、私を知っていて。表現がおかしいけど、いつも感動する。

【直感】で、ここの土地(地域)は、「いける!!」とすごく感じるのだ。
※いい土地、地域だという意味で。

今回の、【アイデア】や【インスピレーション】も、今の自分では、
まだ、どうしても現実的に【ありえる可能性】の範囲内で考える。
マインドで考えるものとは、そもそも、そういうものだと思う。

でも、【アイデア】とか【インスピレーション】というのは、思考を軽々と超えた
のもが現れる。
言葉にするのは難しいけど、見事に、そこには全く【妥協】と言う文字はなく、
【完璧】だった。
なんと言うか、私の好み、嗜好、得意、理想も、ひとつも取りこぼすことなく
可能性としてあることを見せてくれたと思う。


さて、新たに【進化した創造】は、また一度【手放す】ことなのかな?

また、この【創造】を手放して自由に泳がせてみようか。
それが、どのような形で戻ってくるのだろう。

ミカエルが、言っていた、昨年の12月の【創造】について

『これからの○○○※私の名前
   にとって、今後の繋がりにとって必要なことでした。』


この意味が、わかるときが、必ず来るだろう。

*  *  *


■よりソース(源)と繋がることで、
        それはすでに【在る】とわかる。
            
それは、ソース(源)、、、ゴットセルフとの融合を通じて、これまでも、
多くのことを見せてくれていた。

細かなことなので書いてなかったのだけど、今日は書いてみる。

あれは、、、昨年のクリスマスの時期だった。
私は、母と娘たちに、心ばかりのプレゼントを探しに出かけていた。
自分のものを買う余裕もないし、全く自分のことなど頭になかった。

しかし、母や娘たちのものへたどり着く前に、エスカレーターを降りて
いくと靴のフロアーがあった。
丁度、セールをしていた。通路は、そのフロアーの中を通った。
そこに、目に止まったものがあった。

ハッと息をのんだ。

「なんで、ここにあるの~~???」

もっと以前に遡るけど、ある時「あ~、そろそろ靴も欲しいな~」と思った。
私の靴は、履きつぶしていて、かなりヨレかけていた。

私の場合、サイズも小さいし、自分に合う靴はよく探さないと見つけられないの
が通常だった。

でも、その時に思い描いた【イメージ】があった。

「こんな色で、こんな形、ヒールの高さはこのくらい。履き心地がいいもの」

実際にあるのかなんて分からないし、あくまでも自分の【イメージ】だから。(笑)

なので、その時は、理想のものに出会うことも無かったし、余裕もないし、
まだガマンできるし(汗)買うまでに至らなかった。

そうして、そんなこともすっかり忘れていた。プロセスも続いていたし、、。

で、話は、このクリスマス時期に戻るけど、

それは、ちょうど一つのプロセスを完了した後だった。
そして、引越のプロセスの途中に入ったころだった。

そのデパートのフロアで、見た靴というのが、自分が【イメージ】したものと
【そっくり】!!色、デザイン、ヒールの高さも、、、(驚)

で、しかも、これは誰に話したわけでもなければ、自分しかわからないことだった。

「え~~~(汗)マジ?」と自分に言った。

自分のものを買いにきたわけじゃないのに、そこでも「釘付け」に
なり、おそるおそる履いてみた。
「いい感じ」だった。(笑)

しかも、ほぼ、自分がイメージしたものと同じなんだけど、それより
もっとステキ。←ここがミソさ。自分が描いたものの上を行く(笑)

しかも、セールで安くなっていた。

「これは、プロセスがひとつ完了したし、自分(ゴットセルフ)から
のプレゼントだー。」とその時に思った。

最初は、買おうかためらったけれど、これは確信になっていたので、
きっと、受け取らないと後悔する。と思い、思い切った。
こんな、色から、形から、フィット感から、こんなものには、そう巡り
会えない。

自分の財布から、お金は出ているけれど、プレゼントだー。ご褒美だー。
とテンションは高くなった。

もちろん、その後の買い物もスムーズだった。

今、こうして書きながら考えてみると、これも【具現化】ということ
かもしれない。 受け取り方や、気持ちはさておき。

ソース(源)と繋がっていくと、細やかな部分でも、どんな部分でも
より簡単にもなっていく。
家族や、他者へのプレゼントなどは特に感じる。
天使たちにもサポートを依頼するけど、外したことがない。

一応、自分の中でも、「何にしようか?これにしようか?」は、本人を
思い描きながら想像はしてみる。
でも、決定打は、【直感】、【ハートの反応】で、決まる。
品物、予算、出会うタイミングなどは、思い描いたもの以上の
ものに出会う。しかも予算も、余裕!みたいな。

なので、本当に時間もかからないで済む。
昔なら、色々なところを見て回って悩んで、疲れて、しまいに何がいいのか
分からなくなって、妥協したりね。そんなことが多かった。

でも、今では「出会うものが、必ず待ってる!」と思うほどだ。
納得できるものだから、妥協していない。

あるときは、母へのプレゼントで、届いたあとに、「丁度、これと同じものを、
前日TVで見てほしいな~と思っていたから、嬉しかった。」という具合に、、、。

すべてが【完璧】だとわかる。

それは、すでに【在る】ということだ。

そして、言い換えれば、シャウドでも言ってるけど、
  【物事、出来事のほうから自然にやってくる】とも言えるかも。

*  *  *

【来た!アイデアとインスピレーション】Ⅲへ

☆本日↓2010/4/7(水)の始めはこちらから。
【来た!アイデアとインスピレーション】Ⅰ
【来た!アイデアとインスピレーション】Ⅱより


IMG_2008.jpg


*  *  *

■肉体「食事」について

時々書いてきたけど、少し書こうと思う。

肉体の声に忠実に聞いていくと、自らちゃんと食べたい
ものを示し、必要とするものは、私自身にはわからなくても、その声に
安心して任せている自分がいる。

その声は、時には、全く以前には食べないものだったものが急に食べたく
なる場合もある。それが、数ヶ月食べ続ける場合もあれば、違うもの
に変わる場合もある。
その食材をネットで調べてみて、「たしかに、、なるほど」と納得するので
ある。

「私の体って、なんてスゴイのー!」って思ったのは一度や二度ではない。
最近は、しょっちゅう感じてるし、身体に「ありがとう」も言う。

そういえば、あれからさらに【食欲】もなくなってきたかも、一食でいい日
もあるし、日によってまだバラつきがある。
でもねー。食欲は、たしかに、食べなきゃ手間もかからないし、お金も、
ゴミも減るからいいけど、ちょっと、寂しい感じがするよねー。
けど、お腹が空かないし、食べたくないのだから仕方がないよ。(汗)

体も変化してる。まだ変化も続くかも知れない。
「食べること」って本当に、【楽しみ】のひとつなのにね。

まだ、【不食】にはなりたくないよ、、、。(笑)

*  *  *

■「喜び」を表現することを許す

これは、今年に入ってからかなー。あるときに書こうと思って
いたもののひとつ。

私は、「喜びを表現することを自分に許した。」

なんと言うか、これまでも、「喜び」も「恐れ」も十分に表現してきて
はいるのだけどね、、、。(笑)単純にだけど。

以前のチャネリングのときに、このような話があった。
09/7/6【何も変える必要はない】-5【確認】より
C:順次入ってますよ。確かに、、、集合意識みたいなものもあるのかも知れないけど、、、。
  あっ、ミカエルがね。○○○さんは、どこかに自分が先に行くことに対して悪いな~。
  みたいな気持ちがあるみたい。それは、集合意識から来る意識がそう思わせて
  いるかも知れないけど。


このときは、全く自分では【自覚】なかった。

でも、自分でも確かにあったかも知れないな。と後から気付いた。
もしかすると、チャネラーさんの言うように集合意識からかも知れないけど。


で、今年に2月ころかな、まだ少々混乱のあった時期かもしれないな。
そのときに、まだ、このような意識が残っているかも、、、と思った。

まだ多くの人が、手放す困難な時期を通過しているかもしれない。
そう思うと、なんだか、自分は「喜び」を表現していいのだろうか?と
感じたことがある。
「申し分けない」「悪い」みたいな、、、じゃないけどね。
これは集合意識かもしれないし、わからないけど。

もちろん、このブログを読んでるかたで、私のプロセスを自分のことの
ように喜んでくれる方もいる。
※【恐れ】も一緒に体感してくれた方もいた。(笑)
私も、同じように、人の喜びは自分の喜びとする。

昔は、正直、そう思えず、焦ったり、うらやましかったりもしたときもある。
でも、あったって別にいい。自然に手放すプロセスが進むと、無くなっていくから。

判断なく、プロセスには、さまざまな段階があり、いろいろな受け取り方も存在する中、
「喜びを、ただ表現するのは、どうなのだろう?」と考えたことがある。
「いいのだろうか?」と、、、。
ゴメンね。細かくて。(笑)そんなことイチイチ考えない人もいるよねきっと。
「その時は、、、」の話だから、けど書いちゃってるけどさ。

そして、そもそも、「申し訳ない」「悪いかな?」とかって、、「どうよ!」

で、あるときに、ある番組、、ドラマを見た。特番かな?

日本人ばかりでもないと思うけど、時々、人は「自分の喜び」の表現を抑えるとき
がある。それは、他者へ思いやる気持ちなので美徳とされてきたことも時にあったと思う。

そのドラマでね、

戦争で、自分だけケガをして帰国し、他の仲間が全て戦死してしまい、自分だけが生き残っ
たことに対して、生への感謝ではなく、「自分だけが生き残ってしまった」と言って、罪悪感
から人生を送る人も描いていた。

人が善を差しのべても「私だけ幸せになることは出来ない」とか、「受け取る資格はない」
とかね。

そして焼け野原になった都市をみて、自分の家だけが、焼き残これば、驚くことに
「自分の家だけ焼け残ってしまって申し訳ない」と自ら家を焼いた人もいたんだよ。
という話の中でのセリフもあって。
たしか、日本人の特性だというような、美しいという意味でドラマの中で語って
いたと思う。

「う~ん、、、確かに、どんな人にも多少なりとも、そんな思いってあるのかなー?」
と思った。


で、その時に、なんてもったいない生き方なのだろう。気持ちは分かるけれど、
「どこから、この思いって来てるのかな?」と思った。

ふっと、アトランティスから?

アトランティスの崩壊の時の記憶なのだろうか、、、。
そればかりでもないだろうけど、多分、古くからのものだろう。

もう、そんな思いも必要ない。
これまで、色々な概念なども手放してこれたけど、

ま、この話とは、ちょっと違うけれど、何か後ろめたさとか、罪悪感のような
もの、それが、微量であれ、何であれ、もう必要ないのだと、、、。

確かに、その場の「空気を読む」ってことで言えば、思いやりとして必要なときは
あるし、ケースbyケースだけどね。

結論は、、、、(なに?)

自分が喜びの時に、【素直に喜びを表現することを自分に許したら】
他の人も同じように、【自分の喜びを表現することを許す】ことが出来るようになる。
と感じた。

そのほうが、きっとステキなことだ、このほうがいい。って思えた自分がいた。
例えば、周りに遠慮して、誰かの喜びを、その人がそっと自分の中にしまいこむ
よりも、共に喜びあえる世界のほうがよりいいなー。と感じた。
 
取り合えず、このブログの中では、喜びも大いに表現していこうと思ったのだった。

「私にできることは、あなたにも出来る」

という【希望】をもってほしい気持ちも含め、表現しようと改めて、
そう決めたときが今年の2月ころにあった。

そう、多くの仲間と遠慮なく、大胆に、(といっても、あくまでも自然体の中でね)

「お互いに、よく、やりました!!」と手をつなぎ喜ぶ日のために!!

と、言うことでした。

*  *  *

また、溜まってた分まで、書いたのかー^^;
なんか、流れで書きまくりました。変なところあるかも知れないー(汗)

最初のアイデア・イマジネーションから、話は遠くなったけど、
それは、今度、どう現れるのだろうね。
ダウジングはしたけど、卒業から昨日ほどミカエルに聞きたいー。
と思ったことがなかった。

とりあえず、今動けることといえば、物件、土地(地域)を感じてくる
ことかなー。

久しぶりに三部作。
長くなってしまった。 スマン。

*  *  *

○ これまでの流れ ↓
☆携帯用【カテゴリー】 ※ これまでの流れ【目次】含む

WHAT'S NEW?