FC2ブログ
2010/3/30(火)晴れ-Blue Moon

IMG_1991.jpg



春分の日が過ぎてから、急に静かに存在したくなった。
【沈黙】という言葉が浮かんでいた。

これまでにない程、PCを消してい時間が多かったかもしれない。
ブログも、特に何もないというだけじゃなく、書くような気分でもなかった。
自然に、静かさが心地よいとも感じていた。

たぶん、ミカエルの3月のメッセージでもあったように、
そういう時期に入ったんだろう。

3月のエネルギーより
『静けさにいる能力と、静けさの中で愛のエネルギーを感じる
能力は、あなた方が3月の春分の後で入っていくこの新しいエネルギーの中で、
とても重要なものとなります。』


統一協会の元信者のための本は、全て読み終わり、思っていた以上に多くことを感じた。
ひとつずつ書いていたらキリもないので書かないけれど、予想以上に、多くのことを
学べたかもしれない。
恐れは、今年の1月のプロセスで出し切って、本当になくなったことを伝えて
きた。以前にも書いたけれど、本を読んで、全く今は、心に引っかかるものが
ないから、教義が書かれていても、自分の昔の状況と同じようなことが書かれて
いても、【恐れ】が出なかったということだろう。
心が癒されていない状況であれば、昔のようにフラッシュ・バックで発作が起きた
と思う。

その後に、もう1冊”今”の時点で読み返したい本があたので、それを読んでいた。
その本というのは、「ジャンヌ・ダルク 失われた真実」という本だ。

確認は、”何者か”ではなく、”恐れ”が残っているかの確認のためだった。

で、その本というのは昨年3月に自分が”意志を次ぐ者”と知って買った”本”だった。
あの時は、DVDで映画を観ても、本を読んでも【恐れ】が支配した。

これからどうなるのか、何が起こるのか、自分は全うできるのか、
どこかで【驚き】と【情熱】を感じながらも、【恐れ】が強かった。
これは深いものがあったのだと思う。
とにかく身体が震え、緊張でこわばり心の底から怖かった。

しかし、もう一度確かめるつもりで読み返してみると、ほんとうに【恐れ】
が消えていて、正直、ほっとした。
全く、あの頃と意識が変化していることを感じた。
あの時に気付かなかった内容が、ところどころにあって、新らたな発見を
楽しむことまで出来た。
そして、またミカエルと、そして天界の存在たちと共同で働けることが楽しみ
にもなった。一見、【困難】と思えるようなことが起ころうとも、一人ではないし、
【神の智慧】を頂きながら進んでいけば、何も恐れることなどないということを
もう一度確認することが出来た。

ときどき自分でも、「どうなの?」って思うときがある。

一方では、「過去に何者であるかは関係ない」と言う。
一方ミカエルは、何度も自覚を促すように、その名前を口にした。

実際に、自分で思い出したわけじゃないから、実感などまったくない。
でも、ミカエルのおかげで、少しは今後の覚悟と心づもりのほうは、
できたと思う。あとは、その時々の選択だ。自分の責任においての。
そして、自覚もねー。少しは、、、。

ミカエルに、「まだ、まだ」とは、もう言われたくないのだけど。(笑)

【恐れ】については、もう今後は、ジャンプ台として勢いづけの為に
利用できるものとしての認識でよいと思っている。出たとこ勝負っ!、、ぷ。



意識が”未来”のほうに向くと”不安”は、全くないのか?と聞かれたら、
全く無いとは言い切れない。でも、言葉の表現は難しいけど、以前のような【不安】
ではない事も確かだ。体験を積んだだけ自信も以前とは違うから。


”今後、、、”
今後についての今ある不安と言えば、、、

いや、不安じゃないんだ。
不安ではなく、ハッキリしないから気が少々重くなるときがある。
というだけの話だ。

それが出るときは、決まって娘と電話で話したあとなどに過ぎる。
会話は、とても楽しいものだけど、そして、この先どうなるかは分からない
とは伝えてあるものの、2ヶ月後についてどうなっているのか見えない
からに過ぎない。

もう娘も8ヶ月に入った。お腹も目立ってきた。
そして、その間、一度引越も経験し、ホントにサポートもあり無事にここまで
過ごしてくれた。

私にとっても、楽しみでもあると同時に、正直、自分を信じることだけ
で、具体的に今の時点で”何か”が見えてるわけじゃないので、

「今の生活は5月いっぱいで資金切れー。」

「あ~、6月には孫が生まれる(予定)ー。」※世話をするために札幌に帰る予定。

「7月には、父の7周忌で実家へ帰る予定。」

飛行機代は? 仕事(収入)は? 孫のお祝いに何が出来る?
結婚のお祝いも何も買ってあげられてないのに、、、。などなど、、、
頭ではわかっていても、母親としての想いもやはりある。
娘も、経済的に余裕などないのを知ってるだけに、、、だ。

たとえ、就職という形になったとしても、行事がまってる。
あと、2ヶ月で、何が出来る?
とても、普通、、、の精神状態なら考えられないだろう。
とうていマインドの及ぶところではないのは確かなんだ。

そんなことが一瞬でも浮かぶと、気が少しだけ重くなるのだった。

「は~~、早く、ちょっとでも見えてくれよー。」汗


しかーし。

本当に!! ”なんて、小さいことだろうー!!”あははー(笑)

(事の)見る視点が違うだろー!! 


アホか、私は【生かされている】
よって、【神】と呼ぶとしたら、【神】が、「お役目、ご苦労さん」と
言うまでは(もしくは、本来の自分がなんだけど)

必ず、どんな状況であっても超えていけるのだ。(生きる)
何のために、ここまで来たと思ってるんだ!
さらに、これからが醍醐味~~!!と思い出せば”小さなこと”は吹っ飛ぶ。

ミカエルは、これからが【本番】と言ったじゃないかー!!
って、これまでで十分すぎる感を残しつつ、、、汗

だいたいにして、そんなこと、これまでの道のりで十分知っているのだ。
しかし、こんな些細なことに気を重くする自分がひょいっと顔を出すことも
あることも事実だった。

でも、それはどうしたって【現れてくる】までは、どうにもならないこと。

じゃ、【今、何をしているの?】と問われたならば、

【ハートに従っている】ということと、今、求められていると感じるのは、

ただ【安定】していることだけなんだ。

以前にも書いたとおり、意識的な生活の中で、【感謝】【平和】【喜び】など、
そこに、【意識(光)を安定】させていること。

それ以外は、何をやってても、何をしててもいいんだ。

だから、そんな【小さなこと】は、すぐに流して、自分を信じることを
知ってさえいれば、ちゃーんと【見えてくる】はずなのである。

確かに、この調整期間(再接続・再調整)は、思ったよりも長ーい!!
ミカエルがそばに居たら(見えたら)つい、文句でも言いたくなりそうな
ときもある。

「どうなってんのー!?」

でも、言ったところで、たぶん

「必要なことしか起こっていない」と言われて終わるだろうー。(笑)

結局、なにがあってもなくても「受け入れる」しかないのだった。


でも、先日ちょっとだけ転載メッセージの前に書いたけど、
母に、思いがけず、とても良いことがあり、兄と久しぶりに電話で話し
をして、改めて支援いただいたこと(離婚後、そして上京できたのも兄のおかげ)、
今後、お返しが出来る兆しがあったことを話すと、
兄も一旦、全て手放しているにも関わらず、

「もう、忘れていたよ」

と言う言葉が反ってきて、その愛の大きさと今は落ち着いてよい方向へ向か
っていることを知って、ありがたく嬉しくて泣けた。
※もしかして「言わされているのか?」とも思ったくらい。(笑)

家族は、私を支えるために全てを手放したと言っても過言じゃない。
苦労と心配のかけ通しで、何も私からできることがなかっただけにね。
もちろん、本人たちは、何も知らないことだ。
私がらみの苦労だとしても結果的にみれば、それぞれの成長のためでも
あり、外側から見えていることだけではないのは分かってもいるけど。

魂の同意があって家族になり、支えてくれていたことに対し、
わたしも、ただ感謝と祝福で、それで受け取っててもいいことは分かって
はいる。
そして「申し訳ない」という想いが、いかにまだ深いところにたくさん残って
いたのかを知った。この期間も、本当に長かった。

でも、ちゃんと天界も知っていて、家族も守り、サポートしてくれている。
私のその想いも、また解放してくれるのである。感謝しかない。
娘たちのことは、私と”リンク”しながら進んでいるとミカエルは伝えて
くれていたけれど、本人の選択はあるだろうけど、母も、兄もそうなん
だと思う。

同日、私にも希望のサインがあったのも確かなんだけど、ハッキリした
ことではないので、ハッキリと見えてきた時に、必要ならば書くことになる
と思う。そう、今後2ヶ月の間に見えてくるかも知れない。

全ては【完璧なタイミング】で起こる。 さらに【飛翔】する。


また、【沈黙】に入るのか?よく分からないけど、今日は書けた♪


『3月30日の満月は、リレーションシップとパートナーシップのハウス、
天秤座にあります。
今は、あなた自身の再構築のプロセスを始めるために瞑想の聖なるスペースを創り、
あなたのパートナーシップとリレーションシップをニューアース・エネルギーのバランス、
調和、愛と整列させる時です。』  3月のエネルギーより 



満月だし、”瞑想”でもしようかな?
キレイな満月が見えてるわー。 

*  *  *

○ これまでの流れ ↓
☆携帯用【カテゴリー】 ※ これまでの流れ【目次】含む

スポンサーサイト



WHAT'S NEW?