FC2ブログ
2010/1/3(日)曇り時々晴れ

IMG_1902.jpg


今日になって気付いた。

年末まで、まだ少し価値観の名残を感じていた。
プログラム解除の間は、何も考えられなくなる。

でも、落ち着くと、また違うところから、何か違う感覚が浮き出る。

「まだ、残ってる・・・」
「もう、本当にいらない。」と大晦日で全てリリース出来ることを望んだ。

年が明け、マインドでは「初詣」などのことが浮かぶ。
でも、どこかマインドでは「いかなくていいの?」という。無視したけど(笑)
昨日も書いたけれど、ハートでは、何処にも行きたくなければ、何もしたくない
のだった。 
必要ならば、必ずサインがあるし、教えてくれるはず。
そう思ってハートに従っていた。

その「いかなくていいの?」はいったい何処からきてるの?ってこと
なんだけど。(汗)
反対になぜ?そんなこと(マインドが)言うの?ってことさ。

ハートから行きたいときは、すでにワクワクしてるはず。

そこに、もう必要のないものが混ざってるってことなんだね。名残として。
確かに、必要な時期もあると感じてきた。まず神々への挨拶、、、確かに
目に見えないところで、どれだけ神々は働いてくれているのだろう。
そう考えるから、私自身、感謝も含め「新年の挨拶は行ったほうがいいんじゃないか」
って思うんだねー。そこでハートと一致していたら特に何もなく、参拝してきたのだけ
ど、ハートと違うから、ちょっと戸惑ったのかもね。
※ 別に誰も、裁かないし、自分に正直に行動したほうが反って喜ぶと思うけど。(笑)

また、「それさえも超えて行こうーーー!!」ってことだったのだと思う。
たぶん、私の中の習性や価値観も含んでいたのかも知れない。
今回のようなものも、これまで手放してきたんだよー。
でも、これも何層にもなってるの。(汗)

ハートに従ったから、また更に【何もなくなった】と感じたのかもしれない。


家族があったころは近くの神社へ行ったけれど、、、、。
ここ、二年間に近くに神社もあるし、日本神界との繋がりがあり、心からの「ご挨拶」
という時もあったけど、殆どは「動かされて」のほうが多かったかも知れない。

「動かされる」というのは、もちろん意図しているわけじゃないので、
その場所に、用事が出来たり、探すものがあったり、、その流れで参拝
するという形になっている。 

ちょっと頭で考えると、不謹慎のように感じるかもしれないけど、実際には
そうじゃない。
私が、自己犠牲でもなく、無理や義務、期待(エゴ)にならないように、ちゃんと
なっているのだ。

私にとっても、目に見えない部分においても、双方で都合が良い。
だから、私もワクワクしたり、一石二鳥だったり、助かったり、喜びや楽しさにも
なっていった。

ちょっと、余談になってしまうけど、、、

たとえば、参拝ひとつ取っても人それぞれの意識によって違う。
ほんとうに、心から「ご挨拶」「祈願」という人も居れば、形式で、とか付き合い
でということもあるかも知れない。それ自体にも良い悪いはない。

日ごろから、常に目に見えないものに対して気配を感じ取りながら、常に
そこから何かを得て生活していれば、自然に感謝も起こると思う。
って言うか、日々が感謝なしでは過ごせなくなるだろうと思う。

そういう状態であれば「動かされる」以外には、常に上との繋がりがあるの
で、日々それだけで十分なように思える。
行きたければ行く。それはそれで、もちろんいいのだけど。

でも、日ごろ目に見えないものから、意識が外れていれば、その機会や出会いを
気付かずに過ごす可能性(感謝の機会を逃す)が大きいのではないだろうか。
もし、そうだとしたら、それはとても残念なことなのかも知れない。なんて思ったり
して。
いまは、”感謝”を通して、多くをもたらされることをやはり実感している。

最初は、目にみえないものに対して、つい忘れてしまいがちになってしまい、
それには、意識・気配を感じ取るという練習が必要な人も中にはいるのかも
知れない。

そう言う意味では、参拝するのも意識付けの為もしくは人間が霊的存在である
という事も含め思い出させてくれる、再認識の良い機会になるのではないかと思う。

だからと言って捉われるということとも違うけど、ポイントではあると思う。
昔、書いたと思うけど、、、
人は、どうしても感謝よりも不満(不足)に意識が向きやすいという性質を知って
いるから。やはり意識していないと、ただ見えてる現実に放浪されてしまいやすい
と経験者として感じる。(笑)


で、話は、戻るけれど、、、。

もう「ご挨拶」さえも超えて行くときなのかもなー。と思った。
これも良い悪いではなく。
もう、”ひとつ”ということは、全てでもあり、その中の個でもあり。

私的に、その部分もどこか【価値観】の意識の一部のように感じた。

そこに、マインドのなんらかの挑戦がある。いや、もしかしたら
自分の深いところの【抵抗】なのかも知れなかった。
その部分を完全に手放すことへの恐れだったかも知れない。
【価値観】を無くすことに対しての。
たしかに深い古い、無くなったと思ったら、ひょっこり顔を出す。

頭では分かっている。

でも、それさえも全て【神に委ねる】ということだ。
ここまでくると、もう自分じゃない。自分じゃないことが分かってくる。
自然に溶けていくのを、委ねるだけだった。

年が明け、ハートに従い、特別どこかに出かけるでもなく、人に会うわけ
でもなく。
そして、今日になって、またさらに【何もなくなっている】ことに気付いた。

ちょっと、地球で起こっていることを、ちょっぴり離れたところで観察して
いる感じ、言葉で表現するとそんな感じに近いかもしれない。
お正月といっても、参加しているのでもなく、ただ見てる。そこで特に
喜びや、新たなとか、ブログで【新年のごあいさつ】は書いたのだけど(笑)
個人的には、どこか淡々としてて、期待とか、恐れ、不安も何もない。

そんな自分に「何だろう?」とさえ思ったほどだ。

でも、今日になり、リリースするものはしたんだな。という感じがした。

「これでいいんだー。」

ようやっと、本当にようやく、この域に入ってきた。という感じがした。
とにかく、今回の神社の件ばかりじゃない。全て超えていく。

 ↓ 09/7/22【大いなる存在からのメッセージ】
『何者かでいようとする事もなければ、何かであろうとする必要もない。』
『何かしようとするものでもなく、、、
 何者かでもなく、、、、
 何もする必要がなくなったとき、、、役割が見えてくるだろう、、、、。』


これは、想像以上に深かった。
今日の段階で、完全に、なのかは自分でも分からない。
また、”何か”が戻ってくるのかどうかも。※価値観、信念体系など

ほんとうに、分かるか分からない程度に進んでいるようだ。
気付くと、先日あったものが消えているという感じ。

*  *  *

今日から、NHKで【龍馬伝】が始まる。
私は、知ってのとおり歴史にはてんで弱かった。いや、今もよう覚えられない。
でも、昨年の秋口から歴史物の動画などから、少しずつ名を残した人物が、
ちょっとだけ分かってきた。※「篤姫」とか「仁」とか。
映像を通してだけど、龍馬が人から愛されるのが分かるな。と、どの龍馬を
演ずる人を通しても思う。

私よりも、殆どの人が詳しいに違いない人物なので、あえて語ること
も恐縮ではあるが、、、(笑)

昨夜、【龍馬伝】の始まりにあたり、龍馬という人物が、なぜ、あの
短い生涯の中で、実際に活躍した期間というのは5年ほどだったらしいが、
人から愛され、偉業を成し遂げられたのかということを脳科学のほうから
も、検証していた。
残された資料の中からの分析になるし、百人いれば百人の龍馬がいると言わ
れる人物だけど、昨日の番組で、興味を引いたのは、確かに、まず自分から
壁を造らない人、ハートがオープンな人、自分の弱さもちゃんと見せて、且つ
ユーモアをもち、自由な人というのに加えて、分析力もあっただろうし、
先見の目もあったのだろう。

でも私が「あー。」と納得したことは、

常に、自分を【客観視】できていた人。ということだった。

龍馬が常に見ていた【世界地図】というものが残っていて、世界からみた
自分、世界全体を見ながら、自分は何をするべきなのか、何をしたいのか
という事を考えて行動していたらしい。

【意識を拡大】して、多くの【ドラマ】からも1歩引いてみてたからこそ
偉業もなすことも出来、通常では会えるはずもない人物に会い、大物さえ
も動かすことが出来たのだろうと感じた。もちろん人柄もあるけれど。

なるほどなー。きっと、高次元から来たんだろー。なんて思ったりして。(笑)

あくまでもTVで見ているかぎりだけど、分からないことは「分からん!」
と言い、正直な気持ちをまっすぐに(おちゃめ)に伝える所が、共感も
もてるし、私も好きなところだ。

今日から、福山雅治の【龍馬さん】は、どう演じられるのか、もだけど、
その中から何を【感じる】ことが出来るのかが、楽しみだ。

*  *  *


【転載】1月のアカシックレコード へ

スポンサーサイト



☆本日↓2010/1/3(日)の始めはこちらから。
【自立~地球の上から】


今、覗くと、新しいメッセージがあった。
そして読んでみてびっくりした。

今日のブログで「地球のちょっと上から見ている感じ。」と書いたけど、
下のメッセージに「上から全て見えてることができて、、、」と書いてあるじゃないですか!

もう少ししたら、それがよりハッキリとしてくるのかも知れないけど、
思わずタイトルを変えてしまいました。(笑)



[mixi]Arrived Energy On Earthより
(http://mixi.jp/view_community.pl?id=1730147)

Akashic Records for January 2010
A message from Akashic Records
channeled by Jen Eramith MA

http://www.akashictransformations.net/mc/page.do?sitePageId=53332

「1月のアカシックレコード」

2010年1月にはどのようなエネルギーと体験を期待できるでしょうか?

拡張です。今月は新しいエネルギーの拡張をもたらします。エネルギーが新しい間、それはあなた方がすでに始めているものの拡張として現れます。あなた方はサイクルの中にいます - 人類としてあなた方はいつもサイクルの中にいます。あなた方は解放が起こったのを感じ、それによってついに全てが大きくなっていくように感じるかもしれません。
今月は、まるで上から全てを見ることができて、あなた方自身の人生の新しい情報を得ることができるように感じるかもしれません。
あなた方は今までは不明瞭だったものが表面に現れて、たくさんの真実を発見します。これらの物事は本当だと直感的に感じ、何かが起こっていると感じてきましたが、ついにあなた方は、そうではないかと疑っていたことの証拠を見つけ、ピクチャーが1つになることを発見するでしょう。
いくらかの方々は今月、安堵の感覚を見つけますが、多くの、本当の多くの方々は、圧倒されるでしょう ―― 新しい情報からの圧倒、情報の重さからの圧倒、または情報によってあなた方の中に上がってくる感情による圧倒。
あなた自身に優しく忍耐強く在ってください。今はあなたが何を感じ、人生に中に何が起こるかを観察する時です。
よく見て、学んでください。

今月の主要なエネルギーは、拡張の感覚です。このエネルギーは木星のアーキタイプ、または母なる女神に投影されます。十分に大きい何かがあなた方を包むような感覚がありますが、それはまた、あなたにチャレンジするのに十分なだけ大きくもあります。
今月は、今までに無くたくさんのスピリットガイド、天使たち、悟りを開いたティーチャ―やマスターたちを世界へもたらします。

エネルギーに繊細な方々は、世界が本当に人であふれかえっているかのように感じることを発見するでしょう。もちろんスピリットの存在たちはどんなスペースも取りませんが、あなた方はまるで今までになくたくさんの愛と光と、あなた方を助けるためにここにきている神聖なる存在たちに取り囲まれているかのように感じるかもしれません。

今月は、チューニングを合わせるために直感を増し、天使たちやそのほかの神聖なる存在たちがいることを感じ始めることに興味を持っている人々にとって、素晴らしい月となります。
生活の中に彼らの証拠を探してください。彼らは本当にあなた方の周りにいます。あなた方一人一人は愛によって取り囲まれています。今月彼らの存在は明白となります。あなたがクリヤヴォヤンス(透視)能力に興味が無かったとしても、今までになくあなたのハートは、あなたがイメージすることができる限りの愛に満ち、優しくケアをする存在たちにサポートされていることを知るでしょう。

今月は、とても強烈な12月と1月の拡張の結果として、ヒーリングの終了を告げるかもしれません。
ですが多くの方々には、癒しが必要なものが持ち上がって来ることもあるでしょう。それらは肉体的、感情的、心理的なものです。そしてまた、いくらかの方々はエネルギー的なヒーリングが必要となるかもしれません。
今は、あなたの体に対しての良いケアと免疫システムのサポートのための時間を取ることがとても重要です。これらは、メンタル的、感情的に、あなたの人生の中に現在あるものが健康的であるか、何が異質で招かざるべきものか、を識別する方法を含みます。それはまた、あなたが撃退したり拒否したりする方法、そしてあなた自身の周りにあるこれらの在ってほしくないものの存在からのプロテクションを創る方法も含みます。

現在は、誰と時間を過ごすかについて考えることを、今までになく心に留めて忘れないようにすることがとても重要な時です。あなたのソウルに栄養を与える人々やそれらの体験とともに在るための時間を費やすこと、あなたがスピリチュアルまたはエネルギー的に免疫システムを支える時間を取ること、識別したり、危険に気付きその状況から去ったり、エネルギー的に自分自身を守るための時間を出来る限り取ること、を確実に行ってください。


どうやって今月のエネルギーと一番うまくワークすることができるのでしょうか?

上記のことに加えて、神聖なる女性性の女神のエネルギーの中へチューニングを合わせることが助けとなります。愛に満ちた母親によって守られている感覚を受け入れてください。神聖なる女性性と愛によって取り囲まれている感覚の中にチューニングをするためのどんなイメージ、どんな神話学、どんなプラクティスに取り組もうとあなたが思っていたとしても、ここではOKです。
今月特に、あなた自身への愛をプラクティスすること、特にあなたが助けを必要とし、助けを求める時に気づく愛のプラクティスをすることは有益となります。

少なくとも、これはスピリチュアルな助けとともになされるべきです。どんな形でもよいので祈り、瞑想、その他のプラクティスなど、承認(Acknowledgement)のプラクティスの中にあなたを置き、あなたを助けるスピリットガイドや神聖なる存在に助けを求めてください。
あなたの天使たちを呼ぶことは、今月行うのにパーフェクトなことです。あなたが毎晩眠る時に愛に満ちた母親に抱かれている赤ちゃんだとイメージすることはとても助けとなるでしょう。これは夜の間ずっとあなたを愛に対してオープンにし、あなたのサイキの中にそれを日中もずっと持ち続けるようなスペースを発達させます。

それは、あなた自身を愛することに向けてのワークの助けとなり、自動的にあなたは助けを受け取る価値があると確認し、それによって完全に気楽に助けを求めることができるように感じます。
その人その人が通過している問題や混乱によって、その人(あなたが助けを求めた人)は、あなたが求める方法での助けを与えることが出来るかもしれないし、出来ないかもしれないことを知ってください。
ですが、助けをお願いするプロセスは、次第にあなたが必要とするものへとあなたを導くのに十分であるので、あなたは今月助けをお願いし、人々はあなたが望んだ方法でそれに応えてくれないことを発見するかもしれませんが、それでもリクエストは世界へと送られており、リクエストをすることによって、あなたはあなた自身が助けを受け取ることに対してオープンなり、ひとつの方法または他の方法であなたが必要とする助けがどうやって来るかを探しはじめます。
それはいつでもやってきます。いくらかの人々は、祈りのそれぞれに答えがやって来る、と言いますが、それは本当です。現在は助けをお願いして、信頼して、あなた自身を助けがやって来る形へとオープンにするのに良い時です。助けは、あなたが予期したフォームでないとしても、一番悟りを得た、一番使いやすい効果的な方法でやって来ることを信じてください。



2010年1月に私たちが注意すべきパワー・デーはありますか?

1月7日はスパークのようです。この日はとても速く過ぎていき、プランしたように行かないことを、あなた方は発見するかもしれません。ですが、それはそれでよいのです。1月7日にはたくさんのエネルギーがやってきて、いくらかの方々はこのエネルギーによってあまりにも圧倒され、それは眠っている間に通過するかもしれません。これはあなたの体の良いケアのための時間を取るのが重要な時です。
まるであなた方皆は1月7日に稲妻のロッド(棒)のように行動するかもしれません。もしあなたが、あなた自身を定着させず、肉体のケアをしなかったとしたら、エネルギー的に“ひっくりかえされる”ように感じるかもしれません。
あなた方の多くは、この日に頭痛や何らかの病気になったり、眠ることが必要となったり、眠れなくなったりすることを発見するかもしれません。どちらになったとしても、これは重要な日ではあるが、その意味はわからないだろうと知ってください。ただ稲妻のように、それはやってきて去っていきますが、痕跡は残され、あなた方は後でそれの意味がわかるでしょう。

1月12日もまた重要な日です。あなた方が人生の中のたくさんのピースを動かし、どうそれらがつながっていくかを見ることができる時です。この日にはジャーナルを書いたり、会話をしたり、何か情報のフラッシュがやってきて、ピースを合わせることができるようなことを行い、それによってあなたは新しいピクチャーが現れるのを見ることができるでしょう。

1月17-19日はとても生産的な日となります。ハイスピードの時です。協調の時期であり、あなたが活性化されたと感じることを発見できる時です――まるであなたが待っていた物事や、長いこと不明瞭だったことが突然見えてくる時です。多くの方々が他の人へ手を伸ばすことにインスパイアされ、他人とともに働くでしょう。これは、協力したプロジェクトや創造的な探求のシェアのために、人々とミーティングのプランをする素晴らしい時です。

1月25日は回転ドアのように現れます。それは飛び回るものではなく、グラウンディングしたエネルギーですが、ターニングポイントです。これはあなたの人生を大きな視点から見るのに良い日で、あなたが行う必要があると感じるどんな方向のチェンジをするにも良い日です。今月進んできたコースから、あなたにとっての真実がなんであるか、に従ってあなた自身を順応させてください。



私たちを助けるために、1月について、そのほかにキーパー達が伝えたいことはありますか?

今月の銀河や星、そして広大な宇宙には、ものすごい量の愛がある感覚が感じられます。地球外生命の情報に惹かれる人々、あなた方は今月、通常あなた方が出会うよりももっとたくさんの出会いがあることを知っておいてください。全ての方々が地球外生命の情報に惹かれたり、それを感じることが出来ないかも知れませんが、もしあなたがそうでなかったとしても(またはそうだったとしても)何の問題はありません。

地球外生命のエネルギーの体験がある方々、今月は通常よりもたくさんのコンタクトがあるかもしれないことを知ってください。恐れることはありません――今月は信じられないほどの愛があります。今月オープンになっている愛は、母親のようにあなたを抱擁するでしょう。あなたは圧倒を感じるかも知れませんが、圧倒されるように感じるエネルギーの多くは、最終的には愛に満ちて、役に立つものであるとそれ自身が証明するでしょう。

2月にあなた方は1月にダウンロードされた愛を発見するでしょう。ダウンロードが起こっている1月の間、あなた方はシンプルに新しい情報の全てによって圧倒されます。
2月にあなた方は愛を手に取る機会を持ち、それをあなたの内側から取り出し使い始めます。2月にあなた方は他人、動物、自然界、あなたの周りの全てと、大きく深いハートセンターを通してつながるたくさんの機会を持ちます。
今、1月は、愛に満ちたエネルギーをただ信じて、それを求め続け、その中に自身を手放す方法を見つけてください。肉体の中にあなた自身をグラウンディングし、体、マインド、スピリットのための良いケアをしてください。



-sesameさん訳



WHAT'S NEW?