FC2ブログ
2009/11/17(火)雨

IMG_1781_20091117180443.jpg
今日のブーケ


今日の午前中はチャネリングの日だった。

朝、目が覚めたときに、朝方の夢を思い出していた。
それは、夢だったから、少々変なんだけど、マンガのような
世界でありながら、大天使の姿を覚えていた。
大きな羽、、、黄金色に感じられた。大きな感じだった。カラー。
しかも、、、笑えるのが、エンジェルカードの絵のような感じだった。

起きたときに、あの天使はなぜか「メタトロン」のような気がした。

この夢のことは、あまり気にしていなかった。
チャネリングで確認したわけではないけど、その後に理解した。

今日は、時間を30分にしていたので、少々オーバーしたものの
大まかな事だけを確認した。
詳細は、折を見て確認してみようと思う。

しかし、、、、今の状態のチェックと娘の孫についてを最低聞ければ
良いと思っていたけど、、、、思ってもいない展開だった。

*  *  *

【本日のチャネリング】-ミカエル

私:「どうですかー?その後は、、、ブログでは淡々とと書いてあったけどー。」

C:「うん、平和は平和なんだけどねー、淡々としてるの。何も書くことも
   ないって感じでー。笑 」

私;「そう、私もなんかねー、静かだよ、平和だけど、ヒマっていうか、○○ちゃん
   の言ってたことがわかる、って感じー。」
   でもさ、ワンネスになっても、淡々としてるっていうのがさー。笑」

C:「なんだか、、、どうなって行くんだろーネー。」

そんな軽い話から始まった。

まず、先月からの流れを簡単に話した。
そして、最近は、至福でもなく平和だけど静か、、、、。


私:「ちょっと、今の状況見てくれる?」

C:「あら、、、ほんと何もないわ!ずいぶん落としましたねー。」

私:「ピンポーン!!ほんと、なんか何も無くなっちゃったの。」

C:「今、、、静けさの中を感じているところ。抜け落ちて何も無くなっていく。」
  「あー、、、このまま、、、抜けるみたい。」

私:「えっ??抜けるって!?
   もしかして、ワンネスへ?ってこと???」

   「確かに、、ノスタルジーは、数日残っていたけど、自然に消えていったし、
   至福の時もあったけど、最近じゃ、平和はそうなんだけど、、、
   何もないっていうか、頭の中も何もないっていうか。」

C:「ちょっと、見てみますね。 うん、、、そうみたいよ。」

私:「ちょっと待って、、以前には年末までクライマックスって言ってたでしょ?
   早くない???」
 
 
C:「ノスタルジーってね、不安とか恐れとかも含むんだけど。もういらないのね。」

 「あんね、、、恐れとかにあまり捉われずに、ここまで来たからね。
  何かに捉われていたら、その分期間は延びていただろうけど。」

私:「そっかー。 早かったネー。 ねー、統合ってどうなってんの?」

C:「もう、統合してます。だから、もう【神】です。」

私:「ふーーー、、、そうなんだ。」

私:「あのね、先月のチャネリングの二日後に上の娘がちょっとあって
   その時に「ミカエルに聞いて!」って言って、私、メッセージ受け取った
   と思うのだけど、聞いてみてくれる?」

その時のことは→ 【再統合】補足と【普通のチャネリング】

C:「受け取ってますよ。だって。」

  「でもね、もうミカエルってことじゃなくても、○○○さんが【感じた】ことを
  そのまま伝えていれば、それで【神】が答えてるからいいの。
  まあ、ミカエルって受け取るなら、それはそれでもいいんだよ。」

私:「へーーー、、、なんか、、こんな感じで入っていく(ワンネス)なんてー。」

  「真の自己って? もう真我になってるってこと?」

C:「そう。真の自己って、、なんと言うか、まだ自我の名残じゃないけど
   まだ、あるって感じだけど、もう○○○さんが話すことは、全て、【神】
   ってことになるの。」

私:「ふ~ん。もうそのままってことかー。」
  「ねぇ、多くのインスピレーションもこの期間受け取っていたと思うの
   だけど、受け取ってるよね。」

M:「受け取っている。あなたそのもの。」

私:「ようやく、、ここまで来たのかーーー!」

C:「ここからが、また始まりなんだけどね!」
  「この先からは、ほんとそれぞれ個人によってまた違う。
   ○○○さんは、どうするのかな~?」

私:「そうだ、この段階になると何次元?次元でいうなら。」

C:「肉体は三次元だけど、五次元、時には六次元とか七次元とか
  意識によりますねー、感情だったら、四次元とか。次元ってハッキリ
   してるわけじゃないけどね。」

私:「うん、、、。そういえば、この先に自分で決めることになるね。どうして
   いくのか、肉体も脱ぐのか、肉体を持ったままかとか。」

C:「そうそう、、もう後は本人が決めるだけ、創造するってことだから。
   ここで、結構、みんな悩むんだよね。
   真の自己、、、I amね。それをを超えた段階に入ると、あとは、【点】
   まで行くかは、それぞれ。」

私:「点??」

C:「なんと言っていいのか、、点というか原子核?言葉が見つからない
   けど、エネルギーで宇宙そのもの。」

   「もう、自我も消滅して、私すら無い、確かに、ここに居ても
   名残のようなものはあったりはするんだよ。まだね。
   キリスト意識、、、愛そのもの、、ワンネス、、もうそれ以降は選択があり
   ある意識をもって、あえて留まるのも自由。」

私:「やっぱり、訳わからんね。ここまで来るとー。」

  「あ、そうそう、ミカエル、、瞑想って必要?」

C:「時に応じてしたほうがいいみたい。」

私:「わかったー。」

  「そうそう、先に聞いておく。娘の赤ちゃんのこと!」
  「クリスタルとか、ダイアモンド・マスター・チルドレンか?
   トバイアスは、アセンデット・マスターも随時生まれてくるような
   ことを言ってたし。」

C:「わたしが、受け取ってる感覚は、
  あんね、、もう今から生まれてくる魂たちは、”マスター”の意識を
  もった子供たちと思って下さい。って感じ。」

私:「楽しみー、じゃ、やはり娘には予備知識は必要かもね。
   本を買ったから、送ってあげようかな。」

C:「うん、そうですね。少し知っていたほうがいいかも。」

私:「じゃ、時間ないからメッセージあったら欲しいな。」

C:「はい、じゃ行きますよ。」

M:「あなたは、もうここの次元へ入ってくる、、、。おめでとう!!
 
   教師、マスターとして自覚してください。
   徐々に、自我ではなく(?)、パワフルに宇宙のエネルギーで
   活躍して行きますが、あなた自身、流れに驚くことがあるかも知れません。
   そして、パワフルに喜びがあるでしょう。

   ただ、気をつけることは、エネルギーを欲しがる(無意識でも)人、持っている
   四次元のエネルギーで引っ張られることがあるので、気をつけてください。」

私:「うれしー! でも、また自覚しろってー。笑」

   「ありがとう、ございます!!!」
   「もう、この先は、委ねて、見えてくることだけ。覚悟も出来てるから。
    そして現れたことは、わたしらしく超えていくよー!!」

C:「うん。でも○○○さんは、どうなっていくのかな?楽しみだね。」
  「きっと、この後は、色々思い出していくし面白いこともあると思うよ。」

私:「ほんとね、この先ねー。」

C:「あー、でもこの先もねー、、、お試しはあるかも知れないわ!笑」

私:「えーーーー!いや、そりゃあるかも知れないけど。」

C:「ほら、だってマスターたちだって進化を続けてるわけだし、、、ねー」

私:「まあね、どうなって行くんだろうね、ほんと。」


そんな感じで、チャネリングは終了。


*  *  *

【メタトロンの夢とアセンション完了②】へ

スポンサーサイト



☆本日↓2009/11/17(火)の始めはこちらから。
【メタトロンの夢とアセンション完了】-【確認】

IMG_1779.jpg



私:「なんか腰下ろしたいって感じーーー!はぁーって。笑」

C:「まだまだー、この先は長いからねー。笑」

私:「ほんとね、腰下ろしてられないねー。」


この後は、チャネラーさんと、富士山の夢の話や、「ベルばら」の話とか
マイケル・ジャクソンの話とか、いろいろ積もった話をしていた。
何も、見れるものもなくなってきたから、何か面白いものないか、とか。

そうそう、アセンションのことで、「プラネタリー・アセンション」と「コズミック・
アセンション」って何処が境界線になるのかとか、いろいろおしゃべりを
した。

確かに分かれているのだけど、アセンションに関して言えば、、、
私が「我あり」の気付きの時のチャネリングで、ここまで来るのも
多くは来れないことを言ってたけど、どうなんだろう。と、、、。

※【我あり】のこの内容のところ→ 「私は在る」【確認】-3

その段階はアセンションの定着の前だったよね。と話したら、アセンションの【悟り】
の段階も七段階があるから、【我あり】のところで、ここは、純粋な自己に
入る段階で、解脱、輪廻転生がもう必要のないところになるわけだけど、
ここまでと決めている魂もあるだろうし。

その後は、思考解除とか、プログラム解除に入っていく段階になって
いくよね、、、そして【定着】のところまで、というのも、多分、魂の設定によって
決めてきているんだろうねー。と。
また、本に書かれていることも、その本などによって、どの部分をさして
いるかも、みな違うかも知れないしね。という話だった。


※アセンションの【悟り】の各段階で、肉体を脱ぐものもいるだろうし。

ん~、、、やはり魂の設定によってみな違いそうだ。これは本人にも
分からないことかも知れない。
でも、そうだったとしても、全てがその魂にとっても、神聖な秩序の中
のことだからね。

私だって、この先は全くわからない。
ただ、肉体を脱ぐもなにも、クリムゾンで言われているとおり、教師と
して、メッセンジャーとして、しばらくは残るでしょう。新しい地球で。

そういえば、この領域までくると、占星術からも外れるような事も言っていた。

*  *  *

アセンションは、正確にいえば、ほぼ完了ってことなんだろう。

でも、正直、、、拍子抜けしたというか、、。
どちらかと言えば、一山あってなのかと思っていた。
こんなに静かなまま、、、、確かに最近の私は、【無】だった。
頭、、マインドもなんか、すっごく静かで。
以前のような、エゴの声のマインドのようなものは、殆ど忘れて
いた。

それもこれも、この【動物的生活】のおかげのような気もする。
時間にも、全くとらわれることなく、、、平穏で【あるがまま】だった。

ここ続いて11:11の後は、「12:12」をよく目にした。

ロナ・ハーマン著「黄金の翼」下巻より
【12:12】-「宇宙的な結合」、未来にかかる橋、イニシエーションのプロセスに
      おいての一つの完了ないしは新しいレベルへの移行を意味する。


で、、、電話を切ってから、買出しに出たときに、読みかけの
シャウド「神なる人間シリーズ」のシャウド10を持っていった。

カフェで一息ついて、シャウドに目をやると、、、ゲストが「メタトロン」
だった!!

そして、この言葉が目に留まった。

『本当にメタトロンはスピリットの中のあなた方の声だからです。メタトロンはあなた方の
神なる自己の象徴なのです。』


「あ、、、夢、、、そう言うことか。 
 そして、神なる人間、、、、人間の天使ね。そうか、夢は今日の
 チャネリングの内容、アセンション完了と繋がっていたのか、、、。」

何から、何まで、、ちゃんと準備されて、教えてくれていた。

この「神なる人間シリーズ」も、今読むととても新鮮で、この時期、、
シャーンブラが、初めてシャウドとして声を、表現をし始めたころだった。
今だから感じれる何かがあった。

このシリーズで登場する。本にも出ていない、アセンションの天使「ホサッフ」
が出てくる。シャーンブラにとっては、軍曹のような存在。眠っているときに
お世話になってる。とても親しみを感じ、この目で会えるなら会って大笑いしたい。
ホサッフは、アセンションするためのエネルギー調整を行ってくれている。

きっと、お世話になってるに違いない。

神なる人間シリーズ シャウド9
「あなたの神聖な計画」
クリムゾン・サークル 2003年4月5日

【抜粋】
今日、私達にはスペシャルゲストがあります。私達のゲストは男性でも女性でもありませんが、私達は議論を楽にするため、この天使を男性としてお話します。私達のゲストは、かつて人間の形態だったことはありません。彼の名前はあなた方の本の中に書かれています。しかし、それはあなた方すべてがよく知っている名前とエネルギーです。

彼は、私達が“アセンションの天使”と呼ぶ者です。彼は、定期的にあなた方のすべてとワークする、ヴェールのこちら側の素晴らしい、思いやり深い天使です。彼は、あなた方が通り抜けてきた、このチャレンジングなアセンションの全プロセスの間ずっと、あなた方とワークしてきました。これは変化の天使であり、あなた方が単に人間でいることから神聖な人間に移行するのを助けるため、あなた方をガイドして助け、あなた方がそのエネルギーを発生させている時に励まして助ける天使です。この名前は、あなた方の本の中ではあまり知られていません。

私達はあなた方に、“アセンションの天使”のエネルギーを呼吸して吸い込むようお願いします。

彼はあなた方の多くにとって、教練係の軍曹にいくらか似ています。しかし、常にあなた方とワークしている、思いやり深い教練係の軍曹です。今、彼は新しいタイプの役割を引き受けています。

“アセンションの天使”の名前はホサッフです。あなた方人間の言葉では、H-o-s-s-a-fと綴られることでしょう。あなた方は、眠りの状態の間にヴェールの私達の側に来る時、彼をよく知っています。ホサッフは友達や教師、サポーターのようであり、そして頑固なコーチのようでもあります。

ホサッフはかなり長い間、このような集会に来ることを待ち望んでいました。しかし、エネルギーがあまり準備できていませんでした。彼のエネルギーがここに来るのは適切ではありませんでした。あなた方にとって、あなた方が反対側に来た時、あなた方が夜、次元間の旅をした時に彼のエネルギーとつながる方がより適切だったのです。

今、ホサッフがやって来ます。あなた方が人間の形態の中でどんな風なのかを見て喜びに満たされています。彼は、あなた方が選んだものに、いくらか面白がっています!(聴衆 笑) 彼はあなた方をエネルギー的に知っています。彼はあなた方を、あなた方が私達の次元のレベルにいる時のあなた方の色によって知っています。

ホサッフが今やって来ます…何と言うか…彼は本当に笑いころげています。彼は…それはエネルギーを顔につけようとするのに似ていると見出しています。(聴衆 笑) 彼は両方を見ることができます。彼は、あなた方のエネルギーパターン、あなた方が呼ぶところの色を見ることができます。しかし、彼は、今はまた、あなた方の輝かしい顔、輝かしい体も見えています。

ホサッフはびっくりしています! これが、私達がもっと早く彼に来るよう頼まなかった理由です。(さらに笑) 彼は、あなた方が自分をどうやってこの中に ― 何と言うか ― 固い物質の中に入れることができたのかと、びっくりしています。なぜなら、彼は、この存在状態にいたことがかつてないからです。彼は部屋を走り回っている子供のようです。彼はこれができたということにとてもびっくりしています。

彼はあなた方の物語を聞いてきました。しかし今、彼はとても近くにやって来ることができます。ある意味で、これはホサッフに、あなた方の旅についての新しいタイプの思いやりや理解を与えます。たぶん、私達は彼にもっと早く来させるべきでした!(聴衆 笑)

彼は偉大な教師です。スピリチュアルな物理学や次元を理解していて、そしてどうエネルギーが動かされるかやどうエネルギーが今もなお創り出され得るかを理解しています。ホサッフは、あなた方のこの不自然な環境の中に、この人間の形態の中にいる、あなた方を体験することを望んでいました。

彼はまた、今度は異なったやり方であなた方とともに働いていくでしょう。ある意味で、彼は少し、仕事を変更しました。あなた方が自分の“拡大した今”に生き、多次元的現実を体験し始めるにしたがって、彼はエネルギーのバランスに関してあなた方を助けることになるでしょう。

彼は、私達が分離地点や新しい意識の地点について話す今日、あなた方が物質と非物質の領域の間のバランスをとるのを助けられるようにやって来ました。彼は、あなた方が自分のエネルギーを“今”の瞬間の中で拡大し、多次元の各レベルを統合するにつれて、あなた方とワークしていく者となるでしょう。


*  *  *

しかし、、、そんなにアセンションに捉われてきたわけじゃないのに、
なんだか、その後は【脱力感】に近い。 (笑)

そりゃー、そうだよなー。いろんな事があったよ。

この流れでいくと、圧倒されそうなこともありそうなので、それまでは
ゆっくり【動物的生活】を楽しもう。

そう、、、本当に、寝るときも明日のことが分からない。朝起きても
何するのか、何があるのか分からない。
それが、一瞬一瞬の生活でもあるのかも。 今、現在だけ。その時その時。

きっと、この先も同じなんだろうけど。
新しいエネルギーは計画など立てられない。予測もつかない。

でも、チャレンジはあっても、楽しそう。

↓は、上京したばかりの時のメッセージ
転居のプロセス【全て失う編】-9【確認②】

「私たちと共にある、宇宙と共にあることに感謝してください。
 この流れで自由だと気づく、最終的に自分の全て気づくときがやってきます。」

「この流れで本来の自分、真実の自分、何者であったかを全て知っていくでしょう。」



もうすぐ、全てを知るときがやってくるのかなー。
そう思うと、なんだか長かった気もするなー。

やっぱ、気が抜けたかも、、、(爆)

WHAT'S NEW?