FC2ブログ
2009/10/10(木)晴れ

IMG_1651.jpg
現在のブーケ


テーマは戻りまして、【再統合】の経過報告?

あの日→2009/10/4【再統合】ハートが開くから、、、。

そう、その日にブログを書いたあとだったと思う。

部屋で、短パン、Tシャツで過ごしていたのだけど、(笑)
ちょっと、暑くて冷房を少しの間入れていた。

その時に、ベッドヘッドへ寄りかかってシャウドか何かを読んでいた。

すると、あの【大いなる存在】の声が聞えた。(耳で聞える訳じゃない)

「冷えるから、何か掛けなさい。」 ←前よりも柔らかい感じ?(笑)

あっ、大いなる存在だ。

「わかった~~~♪」とハーフケットを身体に掛けた。

「超~~~やさしいっ」(喜)

ちゃんと世話をしてくれてる~~~。のろけか!

【再統合】の体験のあとだと、ぐっと近い、、って私なんだけど。
自分の中(内側)で忍耐強く、待っていてくれたと思うとね。
【深い愛】を知るとね、なにか違うのだね。

この時に、あ~やっぱ、あの「大いなる存在」なんだよね。
高次の私(神の部分)ということが実感として感じたんだ。

この至福というか、エクスタシーとでも言うか、、、。(笑)
【ソース(源)創造主】のエネルギーってことなんだね。今さら、ってまた言われちゃう
けど。 多分、自分が感じている以上のこと、、、なんというか神聖なことで
あり、、、ってことなんだろうね。←途中でやめるな。

ごめんなさい~。って感じもあるけど(汗)

そして、そのブログで書いたように、飛び起きて「発見した!!」って
感覚は、あの預言カフェで言われたとおりだったな。と思って苦笑した。

 『探究心って言うのでしょうか、そのような者を持った娘として私は
 あなたを見ています。と主は言われています。
 そう言う中で、あなたが多くのものを発見してあなたが本当に喜んでいる、ほんとに小さな
 子供のように目を輝かせて、「これを発見した!」という目を輝かせている姿を、私は見て
 います。
 そして、私は、これからその姿をもっと、もっと見ていく事になるでしょう。と主が言われて
 います。(少々笑)』

 何も変える必要はない】-3【謎のカフェ③】 から↑

たしか、この時に、深く掘る、、掘り下げるようなイメージと探究心などと言ってたっけ。

確かに、、、、今回のことだけを言えば、とにかく、ここに辿り着くには、深く掘り下げ

外側では無く、、、掘り下げたのは、自分の【内側】ってことだった!

その辺の【預言カフェ】の話や、【大いなる存在】の内容は、下記の
  2009/7月の【何も変える必要はない】シリーズなど。
     ↓   ↓   ↓
☆My Blog-2009年【目次】-8(7-9月)


何度も書いてきているけど、、、、まずは自分を愛すこと。
受け入れること。 そこからなんだけど。

では、そうするには???
      ↓
気付かなきゃ、進まない。
      ↓
気付くには?内観作業が必要。
      ↓
見つけたら、そのまま受け入れて、許して、愛す。
その時に、ただ愛すと言ってもつかめない場合は、

あくまでも例えば、、、なんだけど。
失敗や、批判、自己価値、恥、、、、などなどに対して、深くそのものを
感じつくして。

「それでも、一生懸命生きてきたじゃないか。」など、とにかく
「もう、いいじゃないか」とか、受け入れ方にも色々あって。(笑)

頭で考えてやってる余裕なんかは、なかったけど、
こん時ほど、スッキリと受け入れられた時はないかも。
    ↓   ↓   ↓
転居のプロセス【全て失う編】-6
※前後のプロセス分からないと理解できないかも知れんけど。

出てくる内容にもよるかも知れないけど、、、とにかく玉ねぎの皮
のように受け入れて愛したとしても、また出てくる。また忍耐強く繰り返す。
※でも、ここで、すぐに自分には価値がある。受け取る価値がある。と自分を
  愛することが、深く、深い部分で認められたら、クリアできるのだろうね。

それには、【勇気】や【強さ】が必要になる。
自分から逃げないってことだから。

で、気付いて、愛し、受け入れ、今度は、行動の中で表現する。

本来は、自分を愛せた分だけ、人を愛すことが出来、許せる。

って、基本的なことを、再度書いてしまったけど、、、。

でも、結局、皆いづれは通るところ。来世になろうが、いつになろうが。
やるも、やらないも本人次第。 って、本人にしか出来ない。

簡単にいうと、神の属性ではない部分は、本来の自分のものではない。
したがって、【本来の自分のものでは無いもの】探しをする。

「こういうこと(思い)は、神の属性だろうか?】

そして、【自分には価値がある】という所まで。
【完璧】だ。と思えるところまで、、、。

そうなった時に、【統合】の体験が自然に待っているってことなんだね。

*  *  *

そして、なんか出てくるから書いちゃうけど(爆)

【感じる】ことについて。


【感じる】って、マインドでどうこうできるものではないし、【感じよう】とするもの
でもない。そもそも【感じよう】としている段階で【マインド】だから。

【感じている】というのは、もうすでにそこにあり、認識する以前に
【感じている】ことのほうが多いのではないかと、、、。

ただ、リーディングとなると、それは他者のエネルギーの場合であれば、
色、形、味、硬さ、音、、、、などで感じて読み取るということはあるのだけど。

で、反対に【感じない】って思っているのは、マインドが感じないと思って
いるだけであって、実際は【感じている】ほうが多いと体験から感じる。
私も、【感じない】と思っていたほうだったから、よく分かるけど。

知らないうちに、【集合意識】や【ガイア】のエネルギー感じていたりね。
無意識でも、しっかり【感じてる】。

認識は、意識を向けたときに分かるかな。

じゃ~~~、【感じにくい】って人は? ってことなんだけど。

自分をチェックすることだね。他者などに壁を造ってないか。
これは、シャウドでも言ってたことだと思うけど。

それは、たとえば、、、自己防衛的なもの、プライドとか?
そうだな~、体裁ってのもそうかも知れないし、とにかく、
恐れなしに【他者を受け入れる】自分があるか、ないか?
オープンな自分がいるか、いないか?

結局、これも【神の属性ではないもの】になるわけだけど、本来は
【個】でありながら【One】でもあるわけだし。

割と、【人間好き~~~!】という人は【感じてる】のかもね。

体験からすると、そんなところか?

【感じる】って言っても、それにも段階があるのかも知れないけれどね。

*  *  *

で、なんだっけな?
あ~、話戻るけど、、、その「発見した!」の前後にmixiのメッセージが続いて
アップしてたけど、、、何気に、、このタイミングには今さらながら驚き。

【思いやり】についての質問 →2009/9/26【頭蓋骨】の変化
↓ <回答>
ミカエルの10月のエネルギー
『ところで、まず思いやりですが、思いやりは、受動的なエネルギーではなく、ディヴァイン・パッション(神聖なる情熱)のアクティブな表現で、愛と創造の神聖なる情熱です。思いやりを表現する者たちは、神聖なる恩寵と平和の表現となることを愛によって動機づけられている者たちです。』

なんとなく、、、受動的ではないことは確かのようだ。

【ハートが開く】について。
  ↓ <回答>
【転載】新しいダウンロード-エマヌエル
『ハートチャクラを開くことは、いつもほのかな光の星で飾られています。ハートが開いていく様子は目に見えないほど少しずつ、花が開くようで、とても優しく開いていく必要があります。

あなた方は、助け、変化を創るために、この領域の存在としてやってきており、今がそれを行うときです。
どれほどスピリチュアルな次元に目覚めているかにかかわらず、一度あなたがそれを体験したら、驚くほどのパワーがあなたのシステムに流れ、7つのレベルの意識に届き、あなたの存在の全ての側面を高めます。

このパワーは、創造主のエネルギーの本来の側面で、愛のピンク光線に対応します。一度あなたがハートチャクラを高次の波動の愛と共鳴させると、煙のない炎があなたの胸の中に輝きます。この炎はハイパー・ダイメンショナル・クライスト・コンシャスネス(超次元的キリスト意識)と対応し、宇宙の中でも最もミステリアスなものです;全ての生はそれにかかっています。

あなたがハートチャクラをオープンにし、キリスト意識を流すとき、この炎はあなたに信じられないほどのインパクトを与えます。それは文字通りあなたを変容させます。』


【再統合】までのシャウドを読むことになった流れについて。
   ↓ <回答>
【転載】October 2009-聖母 マリア
『この良いフィーリングは、片足を人間の姿に残したまま、もう一方の足をホームにつけることを許します。素晴らしく愛溢れるホームのフィーリングにアクセスし、そのフィーリングを現在と統合することを学ぶことで、あなたは“それ自体が神であるとわかっている自分自身の面”を統合することも学んでいくことになります。このエクササイズは、あなたがご自分の魂と融合するために…神の部分である認識を日々の日常生活にもたらすために…あなたに用いることができる唯一のツールです。』

『今は、あなたが、あなたのその身体的な姿の中でこの神とのつながりをつくる時間です。』

『この統合のプロセスは、過去にはアクセスできなかった情報にアクセスすることを可能とさせるからです。アイディアや情報が急に頭に浮かんでくることにもなるため、初めのうちはそれを奇妙に感じることがあるかもしれません。けれどもそうしたことにも慣れることでしょう。ただプロセスが展開するままにさせてください。』


そのまんま、、、でした。


それも、だったけど、娘たちがいる間も「77」「777」「7777」
今日も「77」、、、、。

そして今日、ふと手にした資料を読むと、、、。

「7」→キリストとマグダリーン(マグダラのマリア)の波動は常に「7」という数字に
    関連しています。

「777」→スピリチュアル・ウォリアー(霊的戦士)の波動です。
      自分自身の、そして魂の狭い道を歩く者、そうした者の為に、「777」は、
      その光によって、光と共に、光の為に働きます。
      光を飲み食いし、光を語るものたち、
      そのはかない思考ですら、光の境界の外で道に迷うことは許されません。
      「777」は、奇跡が自然の出来事である場所~ホームにあなたを連れて
      行きます。魔法と奇跡が必然の出来事としてみなされるところへ。


神秘的(抽象的)な結婚:キリストとマグダリーン
by Gillian MacBeth-Louthan より


mixiのサイト【Jueuxさんの日記】から
(リンクは個人の日記なので基本的に貼れないようです。)

↑これは(最後の部分)、自分の記録のために残しました。マル!

サポートに感謝です。
      
スポンサーサイト



WHAT'S NEW?