FC2ブログ
2009/6/20(土)

IMG_1476.jpg
今回のブーケ

また、一週間が過ぎようとしている。
ここんとこ過ごしやすい日々が続いているけど、、、、。

共時性は、、、具現化は、、、自分は【神】なのだということを更に見せてくれる。

考えてみると、仕事上でもかなり人間関係も含めシフトした環境で過ごせて
はいたが、以前であれば多少波があったのだけど、ここ二ヶ月間ほどは、確実
に自分にとって都合よく仕事が回ってくる。て、、、たまの冷や汗をかくことも無くなり
ただただ、困難なものは、他のスタッフの信念体系に応じて請け負ってくれて
いるように感じる。その事に確信を持てば持つほど楽になり、そういう意味では
気持ちも負担も楽になっているのだと思う。

具現化するのが、本当に早くなっている事を身近なところで感じている。

<夢のこと>

ここ数日というか先週のイルカ、クジラの夢に続き、この数日間の夢が変化
していて、ちょっと違う感じ。

先日は、赤ちゃん(娘?)の背中から、どういう訳が「黄金の蜜」が流れだしている。(笑)
受け皿で受け取ろうとするがあふれ出る。
同日、なぜか漢字の「大」「豊」が現れた。しかし笑えるのが、少々汚い字
だった。【豊かさ】の象徴は数字でも、これでもか!ってくらい見る。

でも、その対照的に、気持ち悪い、どろどろ、、怖い系の夢を見た。
これは、残り部分の解放なのだろうか、、、。めったに見なかったのに急に続けて。

どちらにせよ。夢のことなんで、あまり捉われる必要もないんだけどね。
たぶん自分は成すべきことを処理しているのだろうと思う。

*  *  *

そして、下記のメッセージ!!!

ほんと、自分に当てはまることが多い。ってそうなんだからそうなんだろうけど(笑)

5月から、割りに平和で静かな日々を過ごしてきたけど、、、
5月に身体の痛みを書いたときがあった。
その時は、背中の真ん中が対象に痛くて、「羽」でもはえるのか???
と思ったくらいだった。

今日も背中の真ん中くらいが多少痛みがあり、首は枕が合わないのか、
エネルギーの滞りなのかなんて思ってストレッチなどしてたし、胃腸のほうも
もしかすると、下記のメッセージを読むとなるほどでした。

そして、「待っている」ような状態のような気持ちになったりしてたっけな。

そして、何よりも「卒業式のセレモニー」と書いてあるじゃないですかっ!!

*  *  *

すでに五次元定着してた【確認】2009/1/29から↓

今後ね、初夏までの間にね。
  
  光の体験があります。 ※三次元【生】と五次元【生】の違いをハッキリ知る。
       ↓
  また、思考解除のプロセスに入って。
       ↓
   ハートが開きます。
       ↓
  その後に24時間ずっと、【至福の連続】に入っていきます。
       ↓
  そして、執着なくって所で。
  ※私はここで、執着がちょっとあったから長引いたけど(笑)とチャネラーさん。
    チャネラーさんの友人は、この至福には執着がなかったので、直ぐにスルー
    して次へ進んだらしい。
       ↓
  私のように、【宇宙】、【無】【空】の状態になっていきます。


これ、一月末に聞いて、、、今から思えば早かったような遅かったような。

って、これを聞いたときは正直、もっと早くくるのだと思っていたよ。

まっ、でも【この流れ】なんだね。このご一行様みたいな。第一派として。

随分、よけいな期待なども薄れ、いい感じに捉えられるようになっていたし、
その中で余計なものを落としてきたからこそ、このタイミングなんだろうな。

やっぱ必要な期間だったか。。。一瞬たりとも同じではないのだろうね。

最近なら、かすかな楽しみとしては残しつつ、、、でも、いつの間にか
自分ってものも「誰か」なんてものも忘れて日々の生活に焦点を合わせて
いたのかな。頭から抜けていくんだよ。
そういえば、忘れているよな。位になって。

こう言う自分を見るときに、変だけど自分が一番ほっとする。(笑)
時々、、たとえ過(よ)ぎる形でエゴが持ち上がったとしても、、、。
「人間とは、そういう者、、、、。」で受け入れて手放す。
 ※↑この言葉、何気に使えるんだ。(笑) 

それは【自覚】とは、また違う。反対に【自覚】は以前よりもずっと意識にしっかり保って
いるかも知れない。

自然に、徐々になんだけど、数ヶ月前の自分とはまたすごい変化している
ことに気付いた。 

<夏至の日>

はて、自分は個人的にセレモニーを先に行って頂いて、、、。
もう充分すぎるくらい受け取らせてもらったのだけど。

この夏至の参加は、『旅団の第一陣』として参加OKなのか?
どうやって参加希望し←これは思えばいい話なんだろうけど。
体験するかは知らないし、記憶に残るのかも知らないのだけど。(爆)

あまり期待はしないどこう~。一足先に受け取っていたんだから。

テレパシーも自由に使えるようになっていくのかな。 

今後の楽しみは、【無限】だ~~~!!!

↓  ↓  ↓  

Arrived Energy On Earthより
ファイナル・エネルギー(最新版) - 銀河の祝祭への招待
Lauren C. Gorgo
Tuesday, June 16, 2009


最新版の「ファイナル・エネルギー」を始める前に、まずは、私の仮説:『次元の出発』にあちこちに残っている恐れを和らげたいと思います。前回の「ファイナル・エネルギー」(当コミュではご紹介していません)を新しく読んだ人たちの中には、ショックを受けたとか、混乱したとか、「ファイナル・エネルギーに例として挙げられていた“おかしなギャル”に自分が当てはまるから、私はエーテルの中に消滅してしまうことになるの?」と不安に思っているといったことが書かれたメールを送ってきました。そのような衝撃を与えたことを謝罪します。そして、何が露見してくるのか、もう少し詳細に説明したいと思います。

端的に言えば、新しい・真の世界へと最終的なアセンドをしている人たちに向けて、このタイムラインで報告するようなことは、あまり残っていません。(私を含めた)こういう人たちは、低い次元フィールドでのあらゆる可能性を文字通り使い果たしました。私たちは、最も暗い闇夜の中を戦いながら、恐れをすべて変容させ、あらゆる両極性をマージしてきました。そうして今、私たちは、6月の夏至という次の主要なポータルを通っての移行に向けて自分の紛いなき本物たるセルフに充分に基づくことができるようになっています。とはいえ、どこかへ身体的に行くことになるというわけではありません。南国リゾートへバカンスに行くのを除いては。(^^ 

私は、「目的とする振動に問題なく達している人たちの旅団~その第一陣のために、領域間の仲立ちとなる」いう“最初のレベルの契約”によって、「ファイナル・エネルギー」を発表してきました。そしてそのミッションは達成されました。

それで、今はどうなのかということになるわけですが…。完璧な自信があるというわけではないのですが、私はひそかに他の輪留めが落ちるのを待ち続けています。そうなれば、ベールの向こう側にあるものが私たちの目に見えるようになると確信しているからです。そうして私たちは、とても本能的なレベルで、この旅が私たちをどこに・何故動かしてきたのか…それがわかるようになるとも確信しています。

私は高次の存在たちから「まもなく、すべてはまったく違って見えるようになるだろう。ほとんど同じのものであっても、良い方向に見えるようになるだろう。」と聞かされています。私たちが現在、振動的にいるところに虹や蝶をイメージすることは難しいかもしれませんが、こうした意識におけるジャンプは、常に、クォンタムリープといわれる大躍進となります。

明らかに私たちは、私の“ホーム”の友が話していた『次元の分裂』に到着しています。新しい磁気モノレールに乗る準備ができている人たちには、6月21日に乗車券が与えられ、ハイヤーセルフの意識へと直接転送されることになるでしょう。

では、他の人たちはどうかというと…。地球全体が振動数を高めています。1987年のハーモニック・コンバージェンスのグランドトライン以来、地球は徐々にフォトンベルトに入っているので、地球の振動の高まりはずっと激しいものになっています。そして、惑星意識が高いレベルにアセンドするたびに、個人の磁力も世界の磁力も強まるため、より急速に個人のリアリティ・集合的なリアリティをひきつけるようになります。思考と顕現の間にタイムラグがほとんどなくなるので、その結果、今や多くの人たちが、自分の考え方・ありさまと自分の創造との関係が直接的にわかるようになってきました。(つまり、多くの人たちが目覚めてきたということになります。)

外側の(外側に知覚できる)リアリティは、すなわち、自分の内側を常にいつも直接反射します。ですから、振動的にどんな次元にいようとも、その振動にマッチするホログラフィックなリアリティシステムを引き寄せ・生み出します。これによって私たちは、その次元での創造のレベルそれぞれを調べ・学ぶことができます。そうして、もっと高く…もっと上へと進むために私たちに必要なことすべてを完了・統合させた時、そこを卒業して次へと進むことができます。けれどもアセンションということの中で最も興味深くかつ皮肉なことは、私たち(の意識)が高くなればなるほど、よりグランディングすることになる…ということです。意欲的に離陸に備えてきた人たちのほうが、実際のところ、地球に深く根ざしています。5月の第1週以来、私たちは絶え間なく、この経験をしてきました。

ウェイシャワーが旅の次の振動区間を経験しているまさにその時、他の人たちは皆、自分に適切なもの=調和的な可能性のフィールドに現在の個人レベルの意識が至るようにサポートする~次のレベルの振動的・ホログラフィックリアリティシステムを引き寄せています。そのため、制限・限界をクリアにすることに意識的・意欲的に取り組んできた人たちにとっては、人生の様々な面において、ものごとがずっと容易になります。けれども、自分の聖なるパワーに目覚め始めたばかりの人たちにとっては、それは、もっとずっとチャレンジングな時間になります。ここに次元の分裂があるわけです。そこに、『いい/悪い』も、『優れている/劣っている』もなく、ただ物理的に分裂があるわけです。

実際のところ、私はこのアセンション冒険の旅を進化のパレードだと思いたいです。私たちはパレードのどこにでも加わることができますが、私たちを導くために誰かが常に私たちの先にいるし、私たちの後に続いてくる人たちも常にいます。それでは、私たちは今、どこにいるのでしょうか。

6月13~15日に私たちは、夏至に最高潮に達するエネルギーに向けての、とても大きな準備的なシフトを切り抜けました。私たちは今、そのエネルギーを身体的に統合しているところです。そのため、突然のめまい、不安定、鼻の不快感、頭痛、背中の中部・下部の痛み・うずき、首のこり・痛み、疲労感、急激な解毒症状などの身体的症状や、イライラ感、怒り、フラストレーション、無気力感といった感情を感じたり、グランディングしていることやフォーカスを定めていることが困難になったり、自分がバンジージャンプのためにロープにつながれていて飛び降りるのを待っているかのように感じた…という人も多いことでしょう。えぇ、私たちは崖の先端へと進むよう、またしてもプッシュされています。

こういった楽しいことに加えて、まだ顕現の動きがほとんどありません。そのため私たちは5月初旬以来、とても臨機応変でいなければなりませんでした。このようにエネルギー的に動きが欠如している時間であっても、私たちのニーズは常に満たされます。けれどもニーズ以上にあらゆることが、引き寄せのための~まさに闘いになりえます。すべてが落ち着いたら、この状態は過ぎ去り、すべてが然るべきところにきちんと当てはまることになるでしょう。けれども今のところ~まだ私たちがヴォイドにいる間は、私たちの望む顕現はブロックされたままになります。それは、私たちが低い振動エネルギーを引き寄せたり、然るべき時になる前に無理に顕現させようとすることで、ぶち壊しにしてしまわないようにするためです。

高次の存在によると、私たちは今、私たちが具体化するよう育んできた高次の振動の望み~そのすべてがこれまでよりもずっと安全に保護されなければならない“急激な顕現の時間”に突入しており、最近のエネルギー的な萎縮は、私たちの振動が“時間のエーテル・ホール”に達するのを待っているから…のだそうです。

5月初頭以来、私たちが経験してきたような、絶え間なく私たちを洗い流し・拭う~身体的なクリアリングの激しい波を生じさせているエネルギーの流れは、自然発生的に私たちを変化させています。そして、このエネルギーの流れは、クリエイティブな高みへと私たちを押し上げる役割を果たします。これから先、私たちは日ごと、週ごと、月ごと、年ごとに急上昇していくことになるでしょう。

占星術からお話しすると…。6月の夏至の日に、多くの人たちがグランディングのプロセスを完了(卒業)し、新たな創造の上昇スパイラルを冒険していくことになります。けれども夏至の後には、今起きている変化を更に強めるパワフルな日が控えています。7/7には蟹座で満月になります。7月20,21には蟹座で新月になります。8月5,6日には獅子座で満月になります。これらの占星術的オープニングが、カルマの超越,無条件の愛と拡大という新たな次元へと、多くの人たちを投げ込む助けをすることになります。それが、人類が世界的なユニティに大きく関心を持つようになる変化の始まりになります。それで、次はどうしたらいいのでしょう? 選択するだけです。

スピリチュアル・ハイアラーキーからは、思いやりをエーテル的に広めるよう、望まれています。そして彼らは、今度の日曜日:6月21日の夏至の卒業フェスティバルに参加するように促されていると感じている人たちをこのフェスティバルに招待するつもりです。それには大勢の参加が見込まれています。意識において参加することになる人たちすべては、新しいクリスタライン・インターフェースあるいは5次元的に相互につながったワールドワイド・ウェブで、お互いにテレパシー的につながりあうことになります。これは、メンタル的に参加できる夏至のイベントと似ていますが、何故かと言えば、彼らは、新しい地球の振動を本当に増幅するために私たちが自分たちで集会・祝賀・儀式を主催するよう、そうしたアイディアを私たちに植え付けているからです。では、ここで彼らからのメッセージをご紹介します。

「集って出会う喜びが多ければ多いほど、喜びはもっと多くなる!」
我々は、戦士・道を拓く者・ウェイシャワーたちで構成された旅団の第一陣のメンバーとして世界的なアセンションのイベントに参加する者たちすべてのために、卒業式のセレモニーを執り行うことにした。該当する者は参加することを奨励されている。いや、参加すべきだ。君は、新しい地球のサンクチュアリの庭園で6月21日に開催される夏至・卒業祝賀会のセレモニーで私たちと合流しているだろう。セレモニーでは、称賛の歌が歌われ、すべての創造の麗しの見事さを明らかにするベールの除幕式も執り行われることとなる。このイベントは君たち皆を讃えて開催されるものだ。我々と集う者たちは、革命的なセレモニーの一部となるだろう。たくさんの銀河から来た並外れた光の存在たちも、この祝賀において君たちと集うことになる。我々は君たちに思い出させるためにこの情報を共有している。シフトの時代のために篩にかける時間がいよいよ本格的に到来したということを…。そして新しい地球で意識的にリーダーシップを執る者たちには、その報酬が測り知れないものになるということを…。
背筋を伸ばし誇り高くありなさい。報酬の日は近い。  ~ スピリチュアル・ハイアラーキー


それで、私のサイト『ThinkWithYourHeart.net』がこの先どうなっていくか?ということですが…。皆さんの中にも同じような経験をしてきた人が大勢いると思いますが、私は向こう側を少しだけ垣間見せられてきました。それは小さな星に見えるけれども、私は自分の未来のシーンをいくつか見てもきました。それはとてもエキサイティングなことでしたが、それだけ神経にも堪える経験でした。なぜなら、古いものに基づいたままでは、新しいタイムラインの可能性につながることも、イメージすることも難しいことだからです。けれども、「ほとんどわからない」なりにも語らせてください。将来の私は、私が決して夢にも思わなかったことをするという選択肢をたくさん持っています。そして、こうした新しいチャンスは突然人生に飛び込んできて、その選択をするよう強く私を促すことになります。これは私に限ったことではなく、皆さんにも同じことが言えます。

これからは、私が将来のどの可能性に関わるかを選択して、それをシェアするようになるでしょう。しかし、圧倒的に望ましいテーマがある場合、ある意味宇宙ジャーナリストである私を、別の側からリポートするようにさせることもあるようです。それもまた意味のあることです。そしてそのように私は理解しました。これから先、ThinkWithYourHeart.netは、次元の分裂で揺らいでいる人たちのためには、アーカイブされた情報を提供し続けますが、基本的に高次の創造の領域に移行するためのセントラルハブであり続けます。ワンネスへの旅においての成長~その様々な次元レベルをサポートするために、内容を特殊化することもあるでしょう。

ThinkWithYourHeart.netはまた、新しい地球の教えへの中心的なポータルとしても用いられることになるでしょう。私は、人間の新しい能力(意図的な創造を含む)を管理/サポート/維持していく方法や、新しいエネルギーシステムの育て方、高レベルなサイキックな観点からの取り組み方といったことについてのエネルギー/情報を経験に基づいて文字にしていくことになるでしょう。他にもたくさんあると思いますが今のところまだハッキリとしていません。言えることは、私のフォーカスが間もなく新しい地球に生きるということになるだろうから、私の旅・経路に基づいて他の人たちに何かを提供するようになっていくだろう…ということです。(次の波に対するサポートを提供する~領域間の仲立ちとして私が担ってきた役割をする人は他にもいる…ということを理解してください)

具体的にどうなるかといえば、提供する情報が少し違ったものになるだけしょう。私はまだ頻繁にメッセージを書いていますし、以前よりも多くなっているかもしれませんが、これからは、リアルタイムで高次のレベルの生活をリポートするといった感じになると思います。これまでは身体的・具体的に統合する前に将来のタイムラインにアクセスして直観していましたが、これからはその正反対で、私を通して起きていることを通してエネルギーを伝えることになると思います。

今はまだ新しい人生を身体的には本当にわかってないと感じているけれども、エーテル的にはものごとは飛躍的にスピードアップしています。そのため、私はぐっすり眠ることがほとんどできません。私は毎日、いえ1時間ごとに大きな洞察を身体的に統合しています。また、パーティに参加するためにここにいると思われる故人の魂とも、今まで以上に対話しています。私のアセンションガイドは消えてしまったかのようです。

6月1日現在、私は私の周囲にいる(目に見えない)新たな“友人たち”を得ています。彼らには特に仕事はないようですが、自分たちのことを私の“移行のためのガイド”と言っています。こんなことは知っている限り初めてのことです。けれども皆さんにも彼らのような存在がいることは明らかです。彼らはホームへの旅の最終的なツアーガイドで、私たちが私たちの目的地(またの名を天国)の振動になるまで私たちをエスコートするためにここにいます。

では、サンクチュアリの庭園でお会いしましょう!

Lauren  



(http://lightworkers.org/channeling/79633/final-energy-update-invitation-galactic-celebration) 

*  *  *

このメッセージのエネルギーの事。
なるほろ~~~。
ミカエルがエネルギーのレッスンって言ってたのも、こう言う意味もあったのかもね。

これだけ色々なエネルギーの中にいるんだから。いちいち身体がブレていたら大変
だ~~。   ↓  ↓  ↓


Arrived Energy On Earthより
いま届いているエネルギー
Wednesday, June 3, 2009

これは、Mark’s Corner for 2009への42番目の投稿です。天界の存在であるエイドリエルが私たちからの質問に答えてくれました。



またあなた方を訪ねることができて光栄です。いま、複数のエネルギーがあなた方の惑星とあなた方に影響を与えています。これらの光は、人々から、大船団から、地球自身から、わたしの属する天界、銀河、そして神から放たれています。さらに、この星とその人々に向け、闇とその手下達から放たれる闇のエネルギーがあります。


これらのエネルギーについてお話します。第一のエネルギーは、あなた方の個々の肉体細胞のDNAを修復するものです。それは、あなたを新しいタイプの人間へと引き上げ、この惑星で何年も体験されていないような高みをもたらします。DNAへの修復は既にある程度継続されてきましたが、それがいま加速されています。この修復によって、変化とカオスを乗り越えるための光の受容能力が増大され、愛を受け入れ、愛を与える能力が高まります。


第二のエネルギーは、あなたのマインドを拡大し、より大きな視点、見解を与え、神の息子、娘としてのあなたの本当の姿を表現させるものです。これら二つのエネルギーはキリスト・エネルギーと連携し、評価や競争なしの人間関係を楽しめる能力を増加します。


第三のエネルギーは、キリスト・エネルギーに付随し、これによって神の光を受け入れられるようハートを開かせ、宇宙のすべての兄弟姉妹たちを一つとして受け入れられるようになります。キリスト・エネルギーによって、これまでの男尊女卑の価値観に変化が起き、男性は女性を平等な存在として捉えことができるようになります。これらのエネルギーによって、あらゆる人種、民族性は神の一体性が表現されたものであるとの認識が生まれます。これらの美しいエネルギーが魂の座であるあなたのハートに集められることで、やがては、ハートを通して互いに他の人と会話することができるテレパシー能力を持つに至ります。


地球からのエネルギーもまた、個人に影響を与えます。地球は、小さきものであれ大きなものであれ、あなたが生きものや動物に心を向けること、植物を植える土がどういう成分で成り立っているのかを考えてみることを求めています。地球のエネルギーは、あなたを常に歓迎する愛です。地球は荘厳さに満ち、高い山も海の底も、あなたが楽しむべく招いています。地球のエネルギーは、あなたが地球に触れること、その匂いを感じること、その静けさに耳を澄ますことを望み、動物や魚たち、鳥たちのマジックを楽しむよう招いています。


これらに相対するものが、恐れのエネルギーです。光の欠乏は、人であれそれ以外の存在であれ恐れをもたらします。恐れは伝染するものです。ある人が恐れを感じると、それは言葉や行動、無意識な一つの思考によってさも他に伝播します。親は子供に伝え、老いたる者は経験のない若者に伝えます。光が欠乏すると恐れが力を得ます。恐れは、怒り、貪欲、過度の欲望、その他を生み出します。


あなた方に向け、人工のエネルギーも放射されています。脳機能に影響を与えるよう開発されたHAAPRは、恐れを生み出します。闇のエネルギーとその手下達が発する周波数も存在します。それらがこの3次元に到達することで、あるものはウイルスへと具現化しますが、その元はエネルギーから来ているのです。もしあなたが様々な恐れから心許なさを感じているならば、その幾分かはHAARPによる影響かもしれないのです。知らぬ間に、人造ウイルスにより病に倒れていることもあり得るのです。闇のエネルギーが地に満ちるまで、地球とその住人達には病気というものが存在しなかったことを思い出しましょう。


さらに、想念エネルギーの断片や思考形態も、眠っている人から起きて活動している人へと伝播されます。現実や幻想の記憶、ぞっとするような主観の投影などが個々人の意識に押し入ってきます。それらの価値をよく判断し、あなたに不利な影響を与えるものは払いのけましょう。一方で、これらは、あなたにとって何が最善であり、すべてにとっての最善であるかを見分ける機会を与えることになります。


銀河からのエネルギーも、地球とその住人たちに影響しています。これらはすべてに対し、変化を加速する影響を与えます。地球自身が、永きに渡る闇のエネルギーから解放されようとしています。これは、天候、海面水位に変化をもたらし、噴火や地震を生み出しつつあります。


あなたが他の人に、動物たちに、植物たちに与えそして受け取るエネルギーは、あなたの人生に大きな影響を与えています。花の香り、食べ物の匂いはある種の感情を誘発します。ペットの犬を抱きしめることで愛が沸くのを感じます。あなたは、他の人のエネルギーを感じ取ることで、それに相応しい行動をとります。コミュニケーションの多くは、言葉以外で行われています。あなたは、いつでもエネルギーを放ち、受け取っています。


これだけたくさんのエネルギーを肉体に受けているため、あなたが混乱したり、圧倒されたり、時には喜びと落ち込みのサイクルに陥ることも肯けます。ときに、自分を見失うことも不思議ではありません。これらのエネルギーがあることを知り、あなたに相応しいものとそうでないものを選り分けてください。あなたには、それらがあなたに与える影響をコントロールする力があるのです。あらゆる瞬間にどう対応するかを決めるのです。この点においてあなたの意図に及ぶものはありません。


このメッセージは、あなた方に無数のエネルギーとそれらの与える影響について理解していただくためのものです。混乱や心地悪さ、重さ、軽さを訳もなく覚えるときは、エネルギーが肉体に入ったことによるのです。


わたしは、エイドリアル。 またあなた方にお会いするのを楽しみにしています。



文責:maka
『コズミック・パラダイム』
http://www.cosmicparadigm.com/Marks_Corner/


*  *  *

娘から電話が来て、ちょっぴし楽しい長電話。

18日はお休みで結婚式が終わったし、伸ばしていた髪もさっぱり切って
スッキリした。

この数日間に少し面白いこともあったけど、、、、。

今日はこれまでにしとこ~。

メッセージ挟むと長いってね。
欲張りなんだよ。(汗)

スポンサーサイト



-2007年

☆My Blog-2007年【目次】-1(10-12月)

*  *  *

-2008年

☆My Blog-2008年【目次】-2(1-3月)

☆My Blog-2008年【目次】-3(4-6月)

☆My Blog-2008年【目次】-4(7-9月)

☆My Blog-2008年【目次】-5(10-12月)

*  *  *

-2009年

☆My Blog-2009年【目次】-6(1-3月)

☆My Blog-2009年【目次】-7(4-6月)

☆My Blog-2009年【目次】-8(7-9月)

☆My Blog-2009年【目次】-9(10-12月)

*  *  *

-2010年

☆My Blog-2010年【目次】-10(1-3月)

☆My Blog-2010年【目次】-11(4-6月)

☆My Blog-2010年【目次】-12(7-9月)

☆My Blog-2010年【目次】-13(10-12月)

*  *  *

-2011年

☆My Blog-2011年【目次】-14(1-3月)

☆My Blog-2011年【目次】-15(4-6月)

☆My Blog-2011年【目次】-16(7-9月)

☆My Blog-2011年【目次】-17(10-12月)

*  *  *

-2012年

☆My Blog-2012年【目次】-18(1-3月)

☆My Blog-2012年【目次】-19(4-6月)

☆My Blog-2012年【目次】-20(7-9月)

☆My Blog-2012年【目次】-21(10-12月)

*  *  *

-2013年

☆My Blog-2013年【目次】-22(1-12月)

*  *  *

-2014年

☆My Blog-2014年【目次】-23(1-12月)

*  *  *

-2015年

☆My Blog-2015年【目次】-30(1-12月)


*  *  *

*  *  *

2006年後半には【新しいエネルギー】の中に知らないうちに入っていました。
予測のつかないような展開が開始していきました。

カルマがなくなり、ひとつのサイクルを終え、骨の部分が準備が出来た段階で、
「よくやりました!」と上からの言葉で涙した。

12月にセクシャル・エナジー・スクールへ参加。

2007年始めには、職場で【3次元を手放す】練習から始まっていきました。
それからは、ある段階で仕事を終え(突然に行けなくなった)、
最終確認である重要な期間を過ごしていく。

5月にドリーム・ウォーカー・デスのスクール参加。

タオスへたった一人で旅立ち、深いところで【選択】があったようでした。

※ところどころに、2007年の以前のチャネリング内容も記載あります。


 2007/10

【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅰ】
【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅱ】
【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅲ】
【クウォンタム・リープ祝祭の報告 Ⅳ】
ア○イの体験(お試し)の始まり(1)
【始めに】blog&yohamの意味
プロフィール 詳細
脱走の共犯者
身体が冷える
魔法の言葉
手放すということ
「エゴ」について
「身体、マインド、スピリット」のバランス
シャットダウン
「ON」入りました。
【必読】チャネリングセッションの内容について
「感謝」の増幅。「受け取る」こと。
「恐怖」「緊張」「抵抗」「タイミング」

 2007/11

具現化
「越える」ということ
Live Webcast
捉われないこと
続 捉われないこと
「創造」について
新天地=東京
役割と夢解きとカルマなし
新たな旅立ちの一歩
11月11日
罪悪感 -タバコと向き合う
食事の変化
続 食事の変化
良い悪いを越えること
これまでのプロセス【お金編】-1
これまでのプロセス【お金編】-2
これまでのプロセス【お金編】-3
これまでのプロセス【お金編】-4
これまでのプロセス【お金編】-5
「抵抗」「恐怖」の開放(1)
「抵抗」「恐怖」の開放(2)
ちょっと、休憩&訂正
これまでのプロセス【お金編】-6
これまでのプロセス【お金編】-7
これまでのプロセス【チャネリングでの学び編】2006/3~
これまでのプロセス【お金編】-8
これまでのプロセス【お金編】-9
これまでのプロセス【お金編】-10
東京滞在、4日目
これまでのプロセス【お金編】-11(前)
これまでのプロセス【お金編】-11(後)
やっぱ予測不可能
続 やっぱ予測不可能
ダウジング
「変化」を乗り切ろう

 2007/12

それぞれのプロセス
ぶっ飛び【まえおき-忘年会】
ぶっ飛び【号外】(1)
ぶっ飛び【号外】(2)
ぶっ飛び【号外】(3)
ぶっ飛び【号外】(4)
ぶっ飛び【号外】(5)
ぶっ飛び【号外】(6)
ぶっ飛び【号外】(7)【確認①】
ぶっ飛び【号外】(8)【確認②】
ぶっ飛び【補足】(9)
ぶっ飛び【号外】(10)
これまでのプロセス【お金編】-12
これまでのプロセス【お金編】-13
これまでのプロセス【お金編】-14
【追記】ちょっとだけ
チーム
娘は内定先蹴るか?
ばんざ~い
「1212」
「ディセンション」(前)【確認①】
「ディセンション」(後)【確認②】
「ディセンション/コミット」
細やかな思念の開放
子供心
再コミットと降参
錬金術
雑誌の記事
転居のプロセス(1)
転居のプロセス(2)  
転居のプロセス(3)逆コミット/魂の自由
転居のプロセス(4)祝賀【確認】
転居のプロセス(5)
転居のプロセス(6)
転居のプロセス(7)
転居のプロセス(8)
転居のプロセス(9)

 My Blog-2008年【目次】-2(1-3月)へ
My Blog-2007年【目次】-1(10-12月)から

*  *  *

大きく手放すことになった時期(自分に新しいスペースをあけた)。

ブログ内に、シャウドの抜粋などや、自分の受けたチャネリング内容が所どころに
混ざっています。


 2008/1

2008年1月1日(1:1:1)新しい始まり
転居のプロセス(10)
転居のプロセス(11)
転居のプロセス(12)
転居のプロセス(13)
転居のプロセス(14)
転居のプロセス(15)【確認】
来日DW・アセンション・スクール(1)
来日DW・アセンション・スクール(2)
来日DW・アセンション・スクール(3)
転居のプロセス(16)
転居のプロセス(17)
転居のプロセス(18)
転居のプロセス(19)
転居のプロセス(20)
転居のプロセス(21)
転居のプロセス【全て失う編】-1
転居のプロセス【全て失う編】-2

 2008/2

転居のプロセス【全て失う編】-3
転居のプロセス【全て失う編】-4
転居のプロセス【全て失う編】-5
転居のプロセス【全て失う編】-6
転居のプロセス【全て失う編】-7
転居のプロセス【全て失う編】-8【確認①】
転居のプロセス【全て失う編】-9【確認②】
転居のプロセス【全て失う編】-10
新しい生活
就職活動-1
就職活動-2-(1)
就職活動-2-(2)
就職活動-2-(3)
就職活動-3
就職活動-4
就職活動-5
OFF
友人の上京
変な日
買い物
待つ
なにもない
拍子ぬけ【確認】
就職活動-6
就職活動-7
そういうこと
休息
就職活動-8
採用
新たな始まり-1

 2008/3

休日
徹夜
平穏
歓迎!意図しないこと
新しい友人?
のんびり
特になし
ナーユー?
生きてる
展開
宅急便
いよいよ
春分の日
日々淡々
体調の変化
仕事デビュー
ちょっと一息

*  *  *

My Blog-2008年【目次】-3(4-6月)へ

My Blog-2008年【目次】-3(1-3月)

*  *  *

この頃から核の意志がはっきりしてきて、そして行動と勇気を試されました。

そして五次元(多次元)の領域に入っていくことでエキサイティングな体験が
始まりです。【感じる】の意味を本当の意味で理解が始まった頃かも知れません。
そして、この期間にテレパシーによって一瞬で理解がやってくることも。

「謎の鑑定士」の話があります。

駅でいきなり引き止められました。
自分の発している「光」は自分では自覚できないものです。

それは、一度だけではなく、また数ヶ月後に同じことがおこりました。
ブログには書いてなかったけれどミカエルはこのように話しました。

『そのほうが、分かりやすい(自分が光を放している事)でしょ。(笑)』

と教えてくれていたのでした。 粋な計らいでした。

そして、エキサイティングなことは、まだこの後も続いていきます。


 2008/4

楽しい~
順調
やっぱ地球(ここ)での教師?
ここに来て「7つの封印」
違い
今の状態【確認】
三連休2日め
時間
波紋
冷蔵庫
勇気
表明
反応


 2008/5

卒業
五次元に入った-1
五次元に入った-2【確認】
余談
埃の部分のリリース
個々で感じる
感覚
四連休に入った
本来の自分
【我神なり】
その後
ギフト【確認】
謎の鑑定士
笑顔
崩壊から新しい兆し
感情
ギャザリング


 2008/6

感情【確認】
おめでとう
選択
終わり良ければ全て良し
練習
聖なるストレス
144
ハートダンス
夏至&スターシードからのメッセージ【確認】
深遠な神聖なる思い
「理解」の道
スターシード?
「自己管理」と「責任」


*  *  *

My Blog-2008年【目次】-3(7-9月)へ

My Blog-2008年【目次】-3(4-6月)

*  *  *

この時期に、一瞬で感じとったものの一つに【多くの魂の焦り】集合意識がありました。
その瞬間、どうしたら良いのかと悲しくなってしまいました。
自分のできることをやるしかないと、、それしかないのだと思いました。

とにかくハートの赴くままに行動(出かけました)をしました。

そのように行動する中で、イニシエーション(通過儀礼)なども授かりました。

次から次と点が線で結ばれていき、数年間の流れに腑に落ちていくものも
ありました。

自分に起きている事柄と、マインドの理解には大きな差を感じました。

人ひとりの受け取り方には、マインドの誘惑も含め、とても制限された中での
理解であることを多くの事で知っていきました。

でも、この期間にはミカエルと親友のような、ほんとうに深い繋がりというものを
更に感じていったときでした。

いろいろ学びながら、そして多くの喜びも感じていたと思います。


 2008/7

あるがまま(1)【確認】
あるがまま(2)【確認】
あるがまま(3)【確認】
出会い【分かち合う人編】-1
出会い【分かち合う人編】-2
出会い【分かち合う人編】-3
モニター
「理解」の道-2
出会い【東京編】
「理解」の道【ぶっ飛び編】-1
「理解」の道【ぶっ飛び編】-2
「理解」の道【ぶっ飛び編】-3【確認】
「創造」の理解

 2008/8

ア○イの始まり?
新しい扉の準備
「8・8・8」
「赤城山」とその後-1
「赤城山」とその後-2
「赤城山」とその後-3
7月下旬~赤城山のその後【確認】
「情熱」
「アニバーサリー」
「呼びかけ」
シャウド【目覚めゆく人々への手紙】
振り返ってみると


 2008/9

「アニバーサリー」【確認】
宇宙のサポート【DL編】
ジンギスカン
公開チャネリング
ミカエルのレッスン-1
ミカエルのレッスン-2
ミカエルのレッスン-3【確認】
ミカエルのレッスン-4
こんどはUFO?
痛い思いの体験【確認】
アセンデットマスターたち?
仲間の石垣旅行

*  *  *

 My Blog-2008年【目次】-5(10-12月)
 My Blog-2008年【目次】-4(7-9月)

*  *  *

この時期に入ると「観念/信念体系などのそぎ落とし」のプロセスに入った。

エキサイティングな体験と浄化、そのプロセスは壮絶なものだった。
でも、その中でも少しずつ自分を自身を愛すということが分かり、
これまでにない程に自分との距離感が縮じまっていった。

それらの体験を超えていったときに、ギフトが待っていた。

コレスポンデント(通信員)からの自立など、いろいろな感情を味わった
期間でもある。
これまでも受け取ってきたけど、上の存在たちの深い愛、無償の愛を更に感じた。

そして、五次元(多次元)の定着へと進んでいった。


 2008/10

「私は在る」-1【確認ヤハウェイ】
「私は在る」-2【確認ヤハウェイ】
「私は在る」【確認】-3
「自分自身と恋をする」-1
「自分自身と恋をする」-2
「自分自身と恋をする」-3
「自分自身と恋をする」-4
「帰還シリーズ」シャウド3-(1)
「帰還シリーズ」シャウド3-(2)
「帰還シリーズ」シャウド3-(3)
「帰還シリーズ」シャウド3-(4)
「帰還シリーズ」シャウド3-(5)
「帰還シリーズ」シャウド3-(6)
「帰還シリーズ」シャウド3-(7)
「帰還シリーズ」シャウド3-(8)
「帰還シリーズ」シャウド3-(9)
「帰還シリーズ」シャウド3-(10)
「帰還シリーズ」シャウド3【全文】
「マインドよ、さようなら」【確認】-1
「マインドよ、さようなら」-2【謎の鑑定士②】

 2008/11

☆予告☆
11月「始まり」-1【確認】
11月「始まり」-2
11月「始まり」-3【白龍編】
11月「始まり」-4【白龍編】
11月「始まり」-5【まとめ】
11:11【選択】
11月のメッセージ
満月
試練【観念の破滅】-1
試練【観念の破滅】-2
試練【観念の破滅】-3【ヤハウェイ&白龍】
試練【観念の破滅】-4【確認】
試練【観念の破滅】-5
自分の立て直し【ヤハウェイ】
続:自分の立て直し
「このままで充分」-1
「このままで充分」-2
「このままで充分」-3【確認】

 2008/12

【ほんとうの自分】Ⅰ
私の【通信員】に敬意-1
私の【通信員】に敬意-2
私の【通信員】に敬意-3【確認】
12:12【始まり】
クリスタル
理解【腑に落ちる体験】
微かな期待
12:21【冬至】
明日の【帰省】
大雪のため欠航
大雪のため欠航【確認】
大晦日

*  *  *

My Blog-2009年【目次】-6(1-3月)へ

My Blog-2008年【目次】-5(9-12月)

*  *  *

2009年が始まり、身体の歪が現れることから始まりました。

自分のプロセスにとって【自覚】とは、ただ信念体系などの解放ばかり
ではなく、身体のメンテの重要性を知っていく。

じょじょに【思考解除のプロセス】が進んでいきました
その間にも【私は誰?】の問いの断片を知る機会をもつことに。

その中で【意識】や【愛】というものはどういうものなのかに気付いていく。
時に手放すときの痛みや恐れを感じながらも、プロセスは少しずつ進んでいきました。


 2009/1

2009年幕開け
ミカエルのメッセージ2009
身体のメンテ【確認】
続:身体のメンテ
【転載】あなたには選択があります。そして今こそ、その選択をする時です
【転載】意識的な創造~本質を実質に変えるへ
オバマ大統領就任式
すでに五次元定着してた【確認】
オバマは、セント・ジャーメイン?

 2009/2

エネルギーの経絡
エネルギーの影響
仲間とのお泊り会
二月のシャウド【確認】
【主権をもつ】ということ-(1)
【主権をもつ】ということ-(2)
【主権をもつ】ということ-(3)
【主権をもつ】ということ-(4)

 2009/3

より深い洞察の中で
2009年3月のエネルギー
壮大な自分に愛をもって-1
壮大な自分に愛をもって-2
壮大な自分に愛をもって【確認】-3
壮大な自分に愛をもって【まとめ】-4
【誰か】よりも【神性】【実践】が重要
3月のシャウドで感じたこと
【愛(光)】しかない。
見習い期間
3月のお泊り会-1
3月のお泊り会-2
3月のお泊り会-3【メッセージ】
思わぬ事態-1
思わぬ事態-2【確認】
思わぬ事態-3【まとめ】
思わぬ事態-4【補足】

*  *  *

My Blog-2009年【目次】-7(4-6月)へ

WHAT'S NEW?