FC2ブログ
2009/6/10(水)曇り

画像 101
Celebration

昨日、帰ってきました。

娘の結婚式の翌日、仲間たちに会ったとき。

「痩せたんじゃない?やつれた?」

「こっち(札幌)に来てから~~。」


と言うのも着いた日から、久しぶりにハードな日々だった。

*  *  *

2009/6/4-6/9

千歳空港へ到着後~数日間、、、どれだけ数字のぞろ目を見たことか、、、。
普段もみるが、私が一昨年上京した日と同じくらい、とにかく最後まで
たくさん目に飛び込んできた。

天気はあいにく、梅雨のような天気が続き恵まれなかったけれど、
結婚式の前日、、長女と【虹】を見た。
※あいにく運転中で写真をとれなかった。

「虹だよ~!!【祝福】なんだよ!よかったね!!」
「うん!!」


結婚式は、6月6日(土)。

本当に、早めに行って良かった。
って、まだ準備が完全に出来ていなかったのである。
結婚式2日前だというのに、、、。(汗)

と言うのも、発起人などは特にたてていた訳じゃないので、式の構成は
ある程度のオプションの組み合わせと、あとは本人たちのオリジナルって
ことで、以前の職業柄もあるのだろうけど、オリジナルにこだわっていた娘
が色々参考にしながら、手作りふんだんの式を考えていたため、日夜、ずっと
作業ぜめだった。

そこで、私が到着したときに、残っていた作業というのが、
式を退場し出席してくださった方へ一人ひとり手渡す手作りの生キャラメル
作りと、この時になって用意されていなかったという驚きの買い物など、、、。
「いったい、どうなるの???」って思わず天使たちにお願いするしかない状況は、
一つ、二つの事ではなかった。(驚)

とにかく、着いてから、アッシー、、、パシリ、、、。なんでもいいが、、、。
走りだしたらとまんない状態から始まった。

久しぶりの車の運転も考える暇なく走りだしていた。(爆)

そして、その時にかぎってメリーちゃんのご飯係りも任され、いや、これは癒しだ。
めんこい。めんこい。癒しのひととき。(笑)

画像 096
メリーちゃん抱っこ。

一日目、材料買出しやらなんやら、で娘の家についたのは午後9時すぎ
そこから、更に何度か先に試作して要領をつかんでいた娘の指示にしたがい
生キャラメル造りも始まった。その間にも、朝ごはん、おかず作りを同時進行
させながら、、、。

画像 003  画像 006
生キャラメル造り

☆花畑牧場 生キャラメルレシピ↓
yahooレシピ【花畑牧場 生キャラメルレシピ】

今年の4月、娘が上京したときに、「花畑牧場」の生キャラメルを買ってきてくれた。
偶然、買うことが出来たと、、、。

このレシピ、、、おんなじ味だったよ。そのまま。
おかげで、私もいつでも生キャラメル作れるようになっちゃいましたっ!!!

確かに、プレゼントには喜ばれます。すぐ溶けてくるから、硬さ加減が難しいけど。
※ちなみに、結婚式場ではギリギリまで冷凍庫で保存してもらっていた。

キャラメルが出来たら、紙に包んでラッピング。これは旦那さんと三人で流れ
作業。  まるで内職のおばちゃん。(笑)

でも、こういうときの母は強しでね。火事場の馬鹿力じゃないけど、働く働く。
ていうか、普段は離れているから、この短期間くらい、出来ることは何でも
してあげたいのだよね。

「こんな生活を昔は何年も続けていたんだ~。」と昔を思い出したり、、、。

今は、東京へ戻れば、好きなだけ自分の時間がある訳だし。

*  *  *

画像 027

結婚式当日、、、。
午前中まで生キャラメルのラッピング作業は続き、、、。
着いたときには、一息つく暇もなく、ものごとは続いていた。

とくにかく、久しぶりに元夫とも兄弟や、家族ぐるみの友人やらと再会した。
控え室では、ちょっと距離感を保ちつつ、、、。
かつ、長女のウェディング姿と一緒に写真なども写し、終始なごやかに
過ごした。私も普段、以前と変わらぬ態度で自然に過ごせた。

なんと言っても、娘に気を使わすのは一番かわいそうな事だった。
でも、とくに意識した訳じゃないし、多く語ったわけじゃないけど、この
場所では、同じ親にはちがいないのだから。

画像 007  画像 011
ウェディングブーケ。

挙式、、、、。
チャペル(もどき)のバージンロード、、、。お父さんと会場へ入ってきた。

私としては、全然泣く予定ではなかった。
義理の弟のほうに、泣くんじゃないの?なんて言ってたくらいだったのに、、、。

会場で、一番初めに泣いたのが「この私」だった。(爆)
なぜか、涙が止まらず、賛美歌も歌えなかった。鼻すすってた。

披露宴、、、。
娘の手作りの席のネームには、一人ひとりに手書きのメッセージが書いてある。
私の母や叔母などは、とても喜び、大事そうにしまっていた。

無駄な挨拶は一切省き、カンパイの音頭は、小学生の従兄弟の男の子。
あらゆるところに、サプライズを織り込み、そのたびに、会場を賑わした。

エンドロール、、、、。
写真とともに、皆にメッセージが流れた。

最後に、両親へのメッセージ、、、、。

号泣さ。途中で読めなくなった。

『離婚して、心を痛めたこと、残した(別居)になったお父さんや犬の心配。
そして、現実を受け入れられなくて近くにいたお母さんに辛く当たって傷つけていた
こと、ごめんね。と、、、
今は、自分たちのことを一番に考えてくれていたことも理解できる、、、。』

などなど続いていた。

もう、この先は読めません!!!
何も言わなくても、ここまで成長し理解できるようになったことを心から
感謝でした。 色々なシーンが思い出されました。

画像 071
花束贈呈。大好きなローズ。

そんな中で、おかげさまで無事に終えることが出来た。

義理の弟たちには、会わない間に離婚していたため、この機会に話が
出来たこと、わだかまりを消す機会だったし、娘たちを近くでサポートしてくれて
いたことのお礼もこの場で言えたし、心から良かったと思っている。

「俺、、、まだ、、これからも姉ちゃんだと思っているから、、、。」

在り難い言葉だと思う。

周りから、本当にいい結婚式だった。という言葉をたくさん頂き、それは娘たちの
努力と苦労の報われる言葉だった。

そして、この結婚式には、多くの人のサポート、サービスなども含め関わって
くれた方々に感謝したいと思う。

*  *  *

翌日は、多少ヨレ気味だったけど、まだいける!って感じで、娘が持って帰って
きたブーケなどをお裾分けに夕方から仲間たちと集まった。

相変わらず、、、会っていない気がしないけど、、、。話を聞くと皆半年前とは
また違う。それぞれのやり方で進めているようだった。
いい感じで抜けていってるというか、、、。

*  *  *

Image016.jpg  Image018.jpg
定山渓温泉「足湯」スポット。

9日は、娘たちと三人で水入らずのドライブ。
定山渓まで車を走らせ、温泉街で、「足湯」してきた。

帰りの道、、南区国道230号線の川沿に、「やきいも工藤」と言うお店がある。(笑)
知る人ぞ知るらしいのだけど、、、。焼き芋の芋の種類もあって、スイートポテトも
販売している。
娘に乗せられ、、、芋~~~~!とGoGo!!!
中まで、しっかり、しっとりホクホクで、自然の甘さだけど、すっごく甘くて美味しい~~~!!!
スイートポテトも大きくて、中には紫芋のスイートポテトと二重の味わい。
おススメです!

「やきいも工藤」の情報

*  *  *

-6/9

かなりヘロヘロになっていたが、仲間が空港まで車で送ってくれた。
途中で、中華のお店へよって、ラーメンセットを注文すると、
しっかり札幌のラーメンの味で、感動もんだった。
食べれて良かった~~~。お正月のときに食べれなかったし、
なつかしい味に満足。

ほんとに、ヨレヨレだったので、仲間にも本当に感謝。

そして、今回の旅の期間に、多くのサポートがあった事に、
上の天界、天視界の存在さんたちに 本当に感謝です。 

ありがとう!!

*  *  *

そして、帰ってきてから、ホッとしてやっぱ、このこじんまりとした
我が家の空間が、こんなに安らぐなんて。
そんな風にいつの間にかなったのね、、、、。と思った。

トバイアスのシャウドをふっと思い出し、無料翻訳サイトで翻訳したもの
を読んでみた。  


「卒業」か、、、、。

あの前回、私がクリムゾンの意識体から祝福受けたのも、この前にトバイアスを思い出し
泣けたのもこの意識からだったのか、、、、。そうに違いない、、、。

-6/10

そう思い、チャネリングの予約を入れたら、本日に予約が取れた。

今日はゆっくり寝たが、なにかホッした感じとともに静けさにもどった感覚
だった。

さっそく、母に写真やらを送った。


*  *  *

チャネリングが終了したので、少し休憩後に続きをアップします。
何時アップかはわからないけど、、、。とりあえず、ここまでねん。

【祝福】の期間-2【確認-クリムゾン集合体からメッセージ】へ続く

スポンサーサイト



☆↓本日(6/10)の始めはこちらから
【祝福】の期間-1

画像 081

【本日のチャネリングから】

始めに先月のチャネリング以降の出来事について、簡単に話した。

C:「あれ?○○○さん、何だか、、ポッカリ、、、からん、、、って言うか、、、。
   何もないって感じになってますね~~。」

私「笑、、、そうだろうね。昨日帰ってきて、、まさしくそんな感じだもん。ほ~って感じ。」

 「そうだな~。まずはやっぱりこの結婚式のこと、この期間のことについて、私が感じて
 いた意外に何があったのかな~?って思って。聞いてくれる?」

C:「○○○さんは、どう感じてましたか?」

私:「私は忙しさで超三次元って感じだったけど、結婚式でいい区切りというか、
   元家族に対しても、わだかまり(私ではなく、元家族のほうの)みたいのを
   落せた感じかな?」

C:「そうですか~。聞いてみるね。」
  「○○ちゃん(娘)、本人たちはもちろんだけど、、、○○○さんも含め、祝福の意味
  だったみたい。本人たち、、、○○○さん自身、離婚を経て、成長し学び、形を作って
  きた事に対しての祝い。 セレモニーであり、頑張ったね。という労い。
  そして、関わってきた人たち全員にたいしてに対し、、、祝福。」

  「この時ね~、お花のような、、、いや煌きのようなエネルギーが降ってきてたというか、、
   満たされてたみたい~。」

私:「そうだったのか~~~。泣けたしね~~。
   私自身に対しても、、、、関わってきた人たちみんなにか~。」
  ※なんか言葉にならない感じ。心からありがたい。
   私を支えてくれた親や兄弟たち、娘たちはもちろん。元家族も。
   上の子が辛かった時期に支えてくれた多くの友人たちや、、、周りの人たち
   皆に感謝だと思った。


私:「話ね、戻るけど、、、エネルギーのレッスンがあったでしょ?
   身体でブレない(揺らがない)ようになるまで、、、って。
   あの後ね、エロおやじ事件 ↓があったのさ。(笑)」
        5月の流れ-5【Eレッスン2】

とその時の様子、カードの話などをした。

C:「へ~~~面白~い!!そんな事があったの~~?聞いてみるね。」

私:「ミカエル?」

C:「そうみたい。そうだわ!
  「あのね、、レッスンはねっ、「まさかっ!」とか不意打ちがいいんだって。(笑)
   警戒していないから、、、、。」

私:「私、まじ腹立ったんだけど、カード引いたらおかしくなっちゃって。まじ笑った!!」
  「楽しいからいいけど、エロおやじは、想像つかんしょ。普通。」(笑)
  「そんで、身体はブレはなくなったのかな~?クリアしたんだろうか。」

C:「今ね、結婚式で一区切りして、ぽっかりって感じだからエネルギー見えない
   わ。この結婚式もある意味、プロセスの一部だったみたいで、ほっとした感じ
   で、肩の荷が下りたんじゃない?」

私:「そうだね~。  プロセスの一部だったんだ。」

C:「残りの部分は、そぎ落ちていくから、、、剥がれるものの種類によっては、何も
   感じない場合もあるし、少し「イタっ」「ジクっ」ってするものもあるかも知れない
   けど、自動的に行われていくよ。」
  「ここまで来たら、ほんとうに大丈夫。自然に進むよ。」
  
  「これまで、自信がなかったのもね。」

私:「そう、この数週間で、その自信のなかった自分が変化しているんだ~。
   ほんとうに、少しずつ消えていってるの。」

私:「そうそう、定山渓へいって「足湯」してきたんだけど、そこに観音像があって
   その奥に観音像が30体くらい洞窟に並んでいる場所があってね。
   おじさんが、有料だけど誰もいないから見て行っていいよ。って言って
   くれたけど、入っていって奥のほうが、薄く暗くちょっとヤバイかと思って
   やめたの。  特に身体はなんともなかったけど、、、。エネルギー悪かった?」

C:「わるくないよ。そう悪くないわ。ちょっとじめじめした感じがあるけど、人があまり
  行かないのかな?」

私:「温泉街だけどね。そうだね~、人はどうかな~?」
  「でも、悪くなかったんなら良かった!」

C:「悪かったら、すぐ分かるよ!(笑)」

私:「そうだね。足が進まなくなるもんね。」
  「でも、そこにすごく古そうな観音様いたよ。石を削ったような、古代の?
   って感じだったくらい。」

C:「そうなんだ~~。」

私:「それと、会社の子でスピリチュアルな仲間が出来たの。」

※この時↓の出会いのときを話した。 
 5月の流れ-4【出会い】

C:「へ~~~、それは面白いね。聞いてみるね。」
  「あのね、その子たちが必要としているんだって。
  意識的にね、、。自分本来の道から反れないように、、、。」
  「○○○さんは、導き手としているみたい。」
  「この繋がりは、過去世でもあっている。友達というのではなく仲間みたい」

私:「そうなんだ~。これまでのように接していればいいのかな?
   聞かれたら答えたりして。」

C:「そう、そのままでいいですよ。」

私:「最近みたサイトで「パイオニアインディゴ」ってあったけど、それも
   私?って思った。」

C:「呼び方は、さまざまで色々あるけど、ライトワーカーってことみたいよ。
  パイオニアインディゴと思えばそうですよ。」

私:「そうか、そうだよね。」

私:「そしてね、、、。ミカエルは分かっているんだけど、、、。
   私ね、昨日のクリムゾンのシャウドを読んで、、、
   トバイアスやクツミなどにもお礼をいいたいの。」

※トバイアスが肉体に戻ることなど、「卒業」の話を簡単に説明した。
  「それで、出来れば言葉でお礼がいいたいの。思い出させてくれたこと
   に対して。ミカエルに可能かどうか聞いてくれる?」

C:「私のほうが、、、出来るかな~~~笑。」
  「ちょっと待ってね!」

C:「あのね、個別体としては無理だけど、トバイアスとか、クツミとかね、、
  だけど、クリムゾンの意識体としてならいいですよ。だって。」

☆ミカエルと交代、クリムゾンの意識体へ

私:「なんか緊張してきちゃった(笑)。なんて言おう、、、。」

C:「はい、、、じゃ、、メッセージ伝えますね。」
  「私、、クリムゾンの言葉がよく分からないから、私の訳になるからね。」
  ※↓同胞たち と言っていたけど。→ シャーンブラに変えた。

  『シャーンブラたちよ。
   ご苦労だった、、、。
   苦労してきただろう、、、、。   ※ここで泣き。

   関わってきた事柄に対し、お礼を言いたい。
   これまで報われなかった、、、、しかし時には祝福も受け取ってきた。
   
   よくここまで、意識を成長させてきた。
   一人ひとりに感謝している。
   長い年月を経て、地球も変化してきている。

   目覚めて行く魂たちに、あなたたちも力を貸してほしい、、、。

   特に、、日本の場、、、。

   シャーンブラたちのエネルギーが、リーダーとして活躍してほしい、、、。
   光を降ろしてほしい。

   クリムゾンの集合体の形が変わっていくかも知れない、、あり方が変わるが、
   でも、、、いつでも居る(在る)、、、。いつでもそばに居る。

   これから先、新しいエネルギーが入ってきているし、新しい子供たち
   (クリスタルやレインボーチルドレンなど)が入ってきて、古い人間たちの
   間と、新しいタイプの魂の中で、難しいこともあるかも知れない、、、。

   シャーンブラたちが、サポートをする、、、。』

私:「ほんとうに、ありがとう、、、。思い出させてくれて、、、」
   ※ってやっぱ、、言葉にならない。
   って言うか、私がお礼を言いたかったのに、先に言われるなんて、、、。
   このメッセージは、私だけにじゃなく、他のシャーンブラに対してもね。


C:「ほんとうに長い長い道のりだったんですね、、、。
  そして、すごい苦労をしてきてたみたい、、、。今生に限らず、過去世でも、、、。」
 ※多分、、、チャネラーさんのほうは一瞬で情報が入ってくるから、伝えている
  よりも、多くを受け取ってると思う、、、。  「いいな~、、、。」



  「今ね、日本の目覚めが滞っていた部分があったみたいで、
   一人ひとりの自覚、、、  ※メモ切。
  でもね、そうはいってもどんどん目覚め始めてきていて、、、。
  それは、シャーンブラと思っている人もだけど、シャーンブラだけど、まだ自覚
  なく、これから目覚めていく魂たちに対してもね。」

私:「そうみたいね~」
  「って、実際は、これからなんだよね。とにかく光を降ろすにも、自分の肉体と
  感情、スピリットのメンテが必要で、自覚していかないとね。」

C:「そうそう、、、バランスだよね。」

私:「今後は、そのまま現れてくることに愛の選択をして進んでいくって事でいいのだよね?」

  「何かアドバイスはありますか?」

C:「今の状態、肉体も、そのままでいい。
  自覚をして、、、これから自然に舞い込んでくる。
  それは、それで、あたわった事をこなして行く。って。」

私:「うん、わかった。このまま進んでいけばいいね。」

C:「そう、この先に関してはもう現れてくるから。」

私:「ワンネスの意識って集合意識みたいに今待っている状態なの?」

C:「いや、違うよ。私もそうだけど順次、準備が整えばワンネスに入っていってるよ。」
  「ワンネスに入るかは、個々の魂の選択になってくるのだけど、この先に進むか
   どうかもね。でもどんどん増えてきているよ。」

私:「暇だ~。は無くなってきたけどね。意外に平和だわ。」

C:「平和は、それはそれで、、、退屈になるかもしれない(笑)」

私:「なにさ~、それ!」

C:「平和は平和なんだけど、時にはね。ははは。
   だけど、面白いのさ~~~。」

私:「なんなんだか分からんね。」


後は、娘たちにメッセージをもらって終了。。。
長くなりました。

そうそう、下の娘のメリーちゃん。使者って感じで、「遊び心」や「無邪気さ」
を思い出させるためにやってきたみたい。癒すこともだけど、お手本として。
見習えよ。ってことだった。


*  *  *

もう、何だかこの先は、ほんとうにスピリットの誘導にまかせ、
とにかく、現れたことに対処するって感じだね。

とにかく、自分でも全くどうなっていくのかわからないや。
100%以上の自己信頼。

それっきゃない。

ミカエル~~~。今日もありがとう~~!!!

さて、明日は久しぶりの仕事じゃ~~。頭からすっかり抜けてもうた、、、。
二日間の辛抱→また休みだ。

*  *  *

【祝福】の期間-余韻&6月のエネルギー へ


WHAT'S NEW?