FC2ブログ
2009/4/25(土)雨

IMG_1302.jpg

なんか早くから目が覚めて、なんだかチャネリングまでの時間が
妙に長く感じた。22時からだったのだけど、娘の事を聞くために
予約していたのに、結局、自分のほうも色々確認が必要になって。

ほんとうに予約しておいてよかった。

*  *  *


【本日チャネリングから】

最近の【恐れ】について【ウォークイン】と【娘との数日】について
説明してから始まった。


【恐れ】について
M:「何層にもなっている。
   ある程度はとれた。
   もう一歩深いところに目を向ける。もう一歩深くみることに恐れていた。」

私:「委ねきれた?」

M:「ある程度外れた。」

私:「まだ、あるのか~。」
  「ウォークインについてなんだけど、
   あれは、「自覚して、心の準備しなさいよ。」ってことなの?」

C:「ウォークインって入れ物の中身が変わるからウォークインじゃないのだけど、
   思考なども、全く別人のようになるじゃない?
   それとは違うのだけど、三次元的見方から、五次元的見方に変化
   するから、ある意味、変わるといえば変わる。」

   「今までと違う、新しい○○○○○に変わる。生まれ変わる。
    多次元を自覚する。」ってことみたい。
   
   「形にこだわらない事」※ウォークインにしても、何であれ。人の体験と
   自分は全く違うかもしれないしって事。
   「こうなるのかな?」「こうだろうか。」ってこともね。

   「【待つ】【期待】も必要ない。求めない。だからと言って無理はしなくて
   いい。予測ではなく委ねきる。」

   「楽しみだな~」はいいのだけどね。

私:「頭では分かっているのにね~。すごく難しいよ。マインドが頭振っても、
   何かしてて忘れていてもフッとまた、戻ってきたりして。待ってる自分が
   いたり、期待したり。委ねきることも、本当に難しい。」

C:「しばらくスピリチュアルなことから離れてみるとか?」
  「自分をみている事は必要だけど」←っていうような事。

私:「ただでさえ、何もないのに、ほんとうに何もなくなる。何もする事もなくなる。」

C:「シャウドとかも、読んでもいいんだけどね。私も本とか読んだし。
   わかるんだけど、「暇」とか「退屈」も思考だしね。そういう信念体系だったり。」

私:「そう言われればそうなんだけど。本当に何もかも無くなっていくんだね。」

C:「そうなんだよね~。私の時もそうだったから分かるけど、、、。
  もう、いいや!みたいに手放したときなんだよね。光の体験って。」

私:「ふ~~~。どうすりゃいいんだ。ねっミカエル。」

M:「人々は、、、自分の描いた【創造主】、自分が描く。
   それぞれ、描いている自分が違うと輝き方も違ってくる。
   自分=創造主に委ねる。」
   「自分(創造主)のオリジナルの体験。自分(創造主)を信じること。」

   【自覚】が足りないっていうのは、自分は【神】だという部分。

  C:「あ~~。○○○さん、まだ自信ないのかな??」

M:「○○○は、どういう自分になりたいですか?」

私:「え~~~。どういう自分って???う~ん。」
  「神と一致というか一体になりたい。」

M:「あなたは、【神】ですよ。」

C:「もう繋がっているじゃないですか~。」

私:「行動においては、いつも【完璧】って思えるんだ。
   もう自動で繋がっているって思えるし。そういうときは【神】って思える。
   何をしていてもね。  だけど、、、、。
   そうね、、、恐れのときもそうだけど、失敗したらどうしようとか、
   裏切ってしまったらどうしようとか、、、変わってしまう自分が怖いし、
   信じられないところあるよ。昨年のときみたいに、「こうだ~!」と思って
   も変わってしまったり。」

M:「人は変化するものですよ、、、。」

私:「そっか、、、そうだね。人は変化するものだね。
   少し気が楽になった。変なところで自信はあるんだけど、また変なとこで
   自信がなかったりね。」

C:「人は、多面性は誰でもあるし、いろいろな面を持っているでしょ?
  昨日、今日、明日その日によっても違うよね。」

私:「うん、そうだね。」

※「難しいな~。どうしたら出来るんだろ」と思っていてテンションが低
 くなっていたのだけど。
 途中、ミカエルが気にしてくれてて、チャネラーさんと色々話しているときに
 少し元気が出てきたら、ミカエルが、
 「少し元気が出てきて良かった~。」って言ってるよ~。と教えてくれた。
 気にしてくれていたんだ~。と思って。ありがと。

そう、チャネラーさんと話していたのは【委ねきる】という話などなんだけど、
いい意味で開き直る方法もひとつだし、マインドが何を言ってきても
全て丸ごと受け入れて、それでも【完璧】って思っていればいいんだよね~。
と話したり。
チャネラーさん曰く、マインドが言ってるときは、「そうなんだ~。」「あっそ。」
くらいでもいいしね。チャネラーさんも確かに委ねきるって、ナカナカ難しい
もんだよね。と話していた。

そうこうしている内にあっと言う間に時間がきて、娘の事を聞いた。
今は、娘に話せない内容なので、時期がきたら話そうと思う。
「へ~。そうなんだ!」って思える内容で、時期的なものはハッキリ
してないけど、どうなるのかが楽しみでもある。

その後も、元気をとり戻した私は、チャネラーさんと話をして、ミカエルに
振ったら、ミカエルは笑っていた。

そう、私が、自分は【神】かもしれないけど、神の分身とか一部とか、
そう考えるんだよね。なんというか【大いなる存在】はまた別というか
分けて考えてしまうんだよ。って言ったら。

チャネラーさんは、自分は【創造主】じゃないですか。
あっ、でもそれは、ある時期が来たら、区別とかもなくなるよ。
分かるときがくるから。そして、それも分析というか、思考だよね。
そして【一貫性】もなくなるしね。だから、自分の立場や場面で切り替えも必要
なくなるし。その場面場面で自動的に変わるし、言ってることも変わるから
それこそ自分の言ってることが信じられないわ。っと笑った。
多重人格みたいだよ。

あっ、それはシャウドにも書いてあったよ。病気じゃない多重人格(笑)。

私:「それとさ。私は「来るなら来いっ!」っていつもそうやって来たのにね!」

C:「そうそう、それはある意味【委ねている】って事だよね!
   それは、ジャンヌから来てるかもね!」

私:「そうかもね。でも私らしくて、そう言うところは自分が好きなの!
   「来るなら来い」って言うとすぐ来るし、来たらきたでビビッたり、泣いたり
   するけど、スッキリするんだよね。」
   「そっか、委ねていることにもなるか。これいいよ。あはは~。」

私:「ミカエル最後にひと言ちょうだい。」

C:「あ~。核が少し離れていたみたいだわ。」「なにか感じた?」

私:「感じたっていうより、最近マインドがうるさかった。離れないし。」

C:「核がずれるって言っても以前とは違うんですよ。
  前と今は違っていてねマインドがうるさい時はズレていると思って。」

私:「そうか~。マインドがうるさいのってズレていたんだ。
   以前ならみぞおちの所がズレているのを教えてくれたけど、みぞおちは
   静かだから分からなかった。」

C:「うん、違うんだ。マインドは今思考解除中だからね。なるべく「平和(安らぎ)」とか
  意識して。そのまんまでいいのだけど、そのマインドにはまらない事。捉われないで
  気付くこと。通常は静かだったでしょ?」

私:「うん、何も考えられないし、何もしなくていいって感じになる。わかった。」
   ミカエルありがと。」


で終了。

*  *  *

ほうとうに、、、なんだろ話している内容も分からない人には分からないと
思う。
なんて表現していいか分からないけど、またここでの難しさって言うのかな?
「どこまでやるんだい」って感じ。どこまで、、、って全部なくなるまでなんだけど。

【光の体験】はまだ通過点だけど、【完了】までいくには全て落すまで。
なんだよね。

でも、なんだか終わってからマインドがまた「シーン、、、」としているから。
ズレは戻ったかも。ブログ書いていて整理ついたんかな。

では、遅くなったんで、寝ます。

スポンサーサイト



2009/4/26(日)晴れ

IMG_1301.jpg

昨夜は、マインドは少々静かになったものの。
気持ち的に何かスッキリとまでは行かず、、、。
なんとなく悲しさみたいな気分が残っていた。

その悲しさは、そうだな~yoham(本来の自己)を信じてあげられない自分に対して
だと思う。

朝から外はいいお天気だった。
お天気と裏腹に気持ちはまだ晴れているまでいかなかった。

何故か、というと。
昨夜のチャネリングの内容で、ここ10日間ほど色々と感じ、模索しながらも
出した気付きが、まだ甘かったという事もあるし、いつになったら自信がもてるのか
ってこともあっただろうし。
で、これも皆が皆、全てが気付けて見通せたら、そりゃ学び自体がないわけで、
それは、そうなんだけど、どこか、受け入れ切れてない自分がまだ残っていたん
だよね。

一気に落ち込んだ原因といえば、チャネラーさんが、「あのサイト」を開こう
と何度試しても固まって見れなかったって話を聞いたことからだった。
この時にチャネラーさんは、良い悪いではなく、人それぞれと言っていたのだけど、
なぜか、「え~。そうなの?」と、私の気持ちが落ち込んだ。

少し外に出ようと近所へ買出しに出たとき、カフェに入った。
そういう時間が必要で、私の場合は時に集中して内観が出来るときがある。

「あのサイト」の事を見始めた。
あのサイトで色々感じたことは、決して無駄じゃなく、本当に必要だったと思える。
って言うか、自分(神)が用意したものでもあるのだから当たり前かも知れない。
自分(神)のやり方でね。

これは、今日、受け取り方の問題だったな。って気付いたので、いいのだけど、
何か自分が信じたことが間違いだったように一瞬受け取ってしまったからだった。
昨年ヤハウェイが言っていたように、魂の中にまだ残っている問題※あるいは、
クセみたいなもの。 なのかも知れない。

そして、チャネラーさんには、ただ単に必要じゃなかった。って事だと気付き、
そしてよく考えてみると、反対にチャネラーさんから勧められたもので、
私のハートが開かないものもあったなって。そしてその時に、マインドでは楽しみたい
と思っても、ハートが開かないので、自分(神)には必要ないのだと思ったことを思い
出した。

本当にミカエルの言葉通り、

『人それぞれに、あなたの住む世界、周りも同じではなく、自分たちの見つめて
   いる場面は違っていて、皆一緒ではない。』


この言葉の深さを知った。

でね、、、。
その内観しているときに、「もう、本当に疲れた!降りる!」って気持ちになった。
降りるってね。ハムスターが回している車輪が浮かんで、もう降りるって降りたの。
すっごい疲れた感があって、「もうイヤダ。」って思ったんだよね。

よくよく考えてみると、また同じこと繰り返していることに気付いて。
確かに、【恐れ】も何層にもなっているって昨夜ミカエルが言ってたけど、
信念体系もきっと同じなんだよね。
同じように見えるけど、ちょっとは違うかも知れない。現れる内容も微妙に違うし。

昨年、一つの信念体系外したときに、それはそれは以前よりもずっと【自由】
になった。ほんとうに違う。でもその前の段階でも何度も気付いては、知らず知らず、
また戻っている状態を何度か繰り返していたことを思い出した。

「また、やってるのかな~。自分を信頼することに対しても、、、」

あれ?なんか同じような事が書いてあった、メッセージを最近読んでたよなぁ~。
と思った。

それは、先日Mixiにアップされた、ジャーちゃんのメッセージだったことを思い出した。
一通り、内観終了って感じで、早速帰って再度読んでみることにした。


Arrived Energy On Earth より 
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1730147

「スピリチュアルな達成という幻想」-聖ジャーメイン

2009年3月31日
By Alexandra Mahlimay and Dan Bennack


さぁ、真実の新しい場というものについてお話ししましょう。

あなたは、「自分の魂が生きるように自分が生きるということがこの今生の自分の切望である」ということをついにわかるようになってきました。あなたは、「それこそ自分が地球上で生きるということの究極の目的だ」ということを理解しています。他の欲求は、この究極の切望から自分の注意を逸らすものか、新たな人生に対するあなたの切望を補うものか、そのどちらかでしょう。あなたは“ほんとうの自分”をさらにみつけたいと望んでいます。

あなたはまた、自分の人生でそれを新たにみつけることにとても興奮していて、それに対する熱意に溢れています。そう、あなたは新たな目的をみつけました。あなたはそれを深く感じ、その欲求を高めていることでしょう。

しかし、そのあと何が起きますか?1日か2日…あるいは1週間…日が経てば、あなたは再び崩れ落ちている自分~古いやり方に戻ってしまっている自分に気づきます。なぜかといえば、こうしたケースで何が起きているのか、あなた方はいつもハッキリとわかっていないからです。そのためあなた方のエゴが入り込み、あなたに答えようとします。エゴはあなたにこう言うことでしょう。「さぁ、もう一度やってみよう。もう一度あの山を登ろう…。」そうしてあなたは再びそれを始めます。今回は更にものすごい熱意を持って自分を上昇させようとします。今度こそ自由・喜び・確実性と真実がある~捉えどころのない場をみつけようとして、その希望と霊的に整列する旅をあなたは再開させます。

そして、どうなりますか?あなたは昇ります。そして再び落ちます。1度…2度…何度も何度もしょっちゅうこれを繰り返します。「上昇する」その後に「落ちて戻る」…「いいところまで上がった」けれど「また落ちた」…という経験をあなた方が繰り返すうちに、あなたの信頼は薄らぎ始め、旅に対する熱意も冷めていきます。そうしてあなたは疲れてしまいます。

「なんでこんなことになるの?」と問いかけもしたことでしょう。おそらくそれは、あなたが何度も何度も山を登りたくないからです。あなたはその頂上に居続けたいと思ったのでしょう。そこに居続け、その至福の場で休みたい…と。

では、どのようにしてあなたはその山から落ちてしまったのですか?これを自分自身に問うてください。

疑いや恐れがあったからですか?まさに山の頂上に着こうとしていたとき、それが真実であるということを自分が信じられなかったということはありませんでしたか?自分の旅がほぼ完了されることを自分が信じなかったのではありませんか?ついにこれまでの旅を達成して、ほんとうの自分の切望を認識することになったのに、それを信じなかったのではありませんか?あなたは自分自身を疑い始め、それまでに自分がしてきた旅すべてさえ疑い出したのではありませんか?思い当たることはありませんか?

いいでしょう。一息ついて、この状況について考えてみましょう。

スピリチュアルな達成という山を登ることに代わるものがあります。それはおそらく、あなたは以前には考えもしなかったものでしょう。それには、“努力すること”も“奮闘すること”も必要ないからです。これを聞いて、これからあなたは、すべてをうまくできるようになるはずです。さて、これを聞いてあなたはどう思いますか?「あなたが至福を感じるために山登りなどする必要などない」と私が言ったら、あなたはどのように感じるのでしょう?「あなたという者についての真実を知るために、より高い位置からの視点に到達する必要などあなたにはない」と私が言ったら、どうでしょう?

えぇ、友よ。私たちは今、これをあなたに感じて欲しいのです。深くこれを感じてください。あなたは“自分の山登り”を手放すことができますか?あなたには、「もっと良くなろう」とか「高いところへ行かなくちゃ」という思いを今すぐ捨てることができますか?「やってみよう」という思いを手放すことができますか?「努力する」ということは、“既にあなたであるあなた”になるためにマインドが「なにかしなければならない」と誤った思い込みをあなたに増強させているだけだということがわかりませんか?答えが「わからない」ならば、少しここで立ち止まってみましょう。どうか試みることを止めてください。「もっとしなくっちゃ。もっとしよう。」と望むのを止めてください。“山登り”をお止めなさい。バックパックを…そしてあなたが自分のアセンドを進めるために運んできた“お約束”すべてを降ろしてください。そのようなものなど必要ではないのです。ブーツを脱いで、その足に値するだけの休息を与えてください。立ち止まりなさい。そして大きく深呼吸なさい。そう、深呼吸なさい。そしてマインドが寛ぎの場に来ることを許しなさい。

自分の魂を今、自分の人生のガイドとなさい。さぁ、立ち止まりなさい。そして完全に降伏なさい。ゆっくりと穏やかに自分の魂の腕の中に降りて行きなさい。そうして魂が持つあなたのための愛を受け入れなさい。あなたの魂が自分の人生を今、導くもの~光のガイドとなるままになさい。魂はあなたをプッシュしません。魂はあなたを拡大へと連れて行きます。そうすればあなたは、いつも手の届かない何かに到達しようとすることを止めることになるでしょう。そうしてその代わりに、自分の魂との…神との…ワンネスの確実性を受け入れてください。平和を・心地よさを…そしてこの魂という素晴らしい存在となるために「何かをする」必要などないということがわかって初めてわかる容易さを…感じてください。それが“ほんとうのあなた”です。

あなた自身とひとつになりなさい。あなたの魂とひとつになりなさい。神とひとつになりなさい。そして今、自分の人生にこの素晴らしい“新しいあなた”を誕生させてください。魂があなたを愛し・支えるように、あなたもまたそれを愛し・支えてください。

友よ。この喜ばしいあなたの目覚めの瞬間、あなたを私のエネルギーで包んでいることは、私にとってもほんとうに喜ばしいことです。

私は、聖ジャーメイン。


(http://joyandclarity.blogspot.com/2009/03/illusion-of-spiritual-attainment.html

-翻訳 Jueux さん

*  *  *

実は、いつも、「シンクロ?」と思えるようにタイミングよくアップされていたけど、
今回は、なんか違うな~。「え~、もうこんな感じ(3次元な事の場合)は、数年前に終わっ
たよ。」くらいに、傲慢にも思っていて、4/23にアップされていたけど、自分にはあまり関係
ないかと思い、ブログにもアップしなかった。

が、、しかし、、、見る方向や、意識などの層によって、受け取り方も本当に違ってくるのを
再確認した(汗) 

ミカエルの伝えていることと、ようは同じなんだよな~。これを気づけってことか。

昔は上がり下がりは、確かにあってジェットコースターのようではあったけど、
最近は、どちらかと言うと上がり下がりっていうよりは、メリーゴーランド?(笑)

多少の細かな部分は、さて置き、「やっぱ、ジャーちゃんの言うとおりだな。」
「そうそう、もう本当に疲れた。もう止めにします。」と言って、
家に帰ってから、何もしたくなくなって、横になった。

そして、ジャーちゃんの言葉通りに、降伏して、下記の言葉を感じた。

『ゆっくりと穏やかに自分の魂の腕の中に降りて行きなさい。そうして魂が持つあなたの
ための愛を受け入れなさい。あなたの魂が自分の人生を今、導くもの~光のガイドとなる
ままになさい。魂はあなたをプッシュしません。魂はあなたを拡大へと連れて行きます。』


本当に、安らぎの中へ行った。「何もすることはない」を感じた。

「ジャーちゃん、まじ、ありがと。リンクしてました。自分(神)を信頼します。ハイ。」

そして元気が戻ってきてフッと浮かんだのが、
【ハムスターの車輪】だった。それは信念体系&枠の車輪?(笑)

大中小の車輪が重なっていて、

最初は、【小の車輪】を走っているわけ。車輪とは知らずに。(笑)
あるとき、魂が準備できたときに、車輪に抜け出す穴が出来るの。で抜け出す
のだけど、最初は、そこに【中の車輪】があることを気付かずに走っているわけ。
で、同じく魂の準備が出来たときに、穴があいて出れるんだ。

で、また【大の車輪】があることも知らないで、同じことを繰り返しているの。
で、最後に空いた穴を抜け出したときに本当の【自由】そして【拡大】【あるがまま】
で枠がないことに気付くって感じ?(笑) すべて【幻想】なのにね。

でも、必要なんですよ。本来の自己に戻るにはどうしても。やれやれ。(笑)

ほんとうに、もうお任せするぞっ!!!※魂に。

これで、ようやくいつもの感じに戻ったようです。

WHAT'S NEW?