FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/4/3(金)晴れ

IMG_1273.jpg

今日は、早退で15時あがり。
天気も良く、明るい時間に帰宅はめったにないご馳走の気分だ。

で、何故早退かと言うと、おとといの雷がゴロゴロと鳴っていた夜、
お風呂に入ろうと準備をしていたら、水のままだった(ガーン。)
天使に頼んでもちょっと無理?って感じで、、、

ボイラーのリモコンにエラーの数字。
説明書など確認してもどうにもならず。翌日管理会社へ連絡し、今日新しいボイラー
と交換してもらって無事解決した。※交換時だったようだけど。

お湯が出ることのありがたさを今ひとつ感じたのでした。

それで、昨日、何年ぶり?ってくらいに「銭湯」に行ってきたんだよね。
ここに住み始めてすぐに、家の近くにあるのは知っていたけど、その時は古そう
に感じたし、行くのはちょっと勇気が必要だった。

でも、そんな事言ってられないので昨夜は、帰ってきてから支度して、
いそいそ、ドキドキしながら出かけた。

建物の近くまでいくと、そんなに古い感じでもないし、サウナ(別料金だった)
だって付いてるくらいなら大丈夫かも。

今どきの銭湯は番台のおじさんは脱衣所にはいないから安心だよね。

で、ちょっと「昭和」の感じも残っていて懐かしい。子供の頃を思い出した。
脱衣所に入ったら、すぐにおばあちゃんに声をかけられ、
「今日は、めずらしく空いてるよ。」
「へ~、良かった!」って言うと「寂しくないかい?」と聞かれ、どう答えて
いいかわからなかった(笑)。

なんだか、このおばあちゃんとの会話自体、「いいわ~♪」と気分がよくなった。

おばあちゃんは支度を終え、忘れ物ないかロッカーを何度も覗き込む。
「健忘症だから。」と笑顔を見せた。
「私もそうですよ。」っと笑った。

いよいよ、お風呂のほうへ行くと、あ~~~懐かしい。
黄色い「ケロリン」の桶。←頭に浮かんできましたか?
注:私の幼いときは、ヒノキの桶だったような。。。(笑)

一昔前のシャワーの蛇口だったけれど、浴槽にはジェットが付いてるし、足裏、背中、腰
と程よい刺激でナカナカ良かった。

しっかり温まり、脱衣所に戻ると体重計も針ので懐かしい。
一年以上体重も量ってなかったので、乗ってみると最後に記憶していた体重よりも
3~4Kgは減っていた。

そうそう、最近さらに食べたいものも無くなり、すぐにお腹いっぱいになるし。
プラーナ半分って感じなんだろうな。

あれ、あれもあった。ドライヤーだけど、昔のパーマ屋さんで使うような。お釜型。
普通のほうを使用したけど「昭和」の懐かしい思い出が頭をめぐり、リラックス
出来た。

私の住んでたところは真冬だと氷点下10℃以上になる事もある地域
だった。銭湯帰りに濡れた長い髪は、ツララのようにパランポロンと
まるで、ジャマイカ人のようになるのさ。(笑)身体から湯気がボウボウ見えて。
でも、芯から温まると家までの道のりはちっとも寒くないんだ。
そんなことまで思い出していた。

お湯が出なくて困ったけれど、こんな発見が出来て、楽しめてよかったかも~。

今度からは、たまには行ってみよう。
スーパー銭湯とは、また違った素朴な良さがあった。

*  *  *

あれから、何だろ特に覚えているわけじゃないけど、夢がちょっと違う感じ。

ネットで昔の「聖人・殉教者」と呼ばれる人物の内容を読んでいた。
一応、見習い修行のつもり。(笑)
「時の終わり」に絶大な祈りの取次ぎをされる偉大な聖人・殉教者達[セイント]

で、ここでジャンヌ以前にもキリストが殉教し、その後の信仰(偶像崇拝を拒否した)を
試された人(人じゃないかもしれないけど)も半端じゃなく、そして強い。
こんなのありか?って言うくらい残酷だったけれど、多くの奇跡を体験している。

この土台があってこそ。と思う。
今は、こんな思いをしなくても、その時代から見れば、考えられないくらい恩恵
を受けていることを感じた。

これを読んでいた3/30の帰りにはハートがバク?ついて口から、、クラウンチャクラ
からか、、、何か飛び出しそうなくらいで、深呼吸しながら帰った。(ちょっと汗)

で、その頃からストレッチなどは行っていても、首、肩とか背中やらが痛かったり
筋肉痛のような感じが続いていて、そして急に身体が冷え切って手足も冷たく
なったり、かと思えば背中全体がボウボウに熱くなったり。

最近の「光の息吹」に書いてあった症状のようなので、その場その場でしのぐ
って感じが続いている。

光の息吹「再び始める 3/25」

今週末は、どのように過ごすのか今のところ全く予定は白紙のまんま。
何するんだろ。
土曜の「ファン・ジニ」を観る楽しみなくなったしな~。

身体が冷たくなってきた。う~鳥肌。エアコン付けてもこういう時は無理。
我が家のお風呂であったまるか。

スポンサーサイト
2009/4/9(木)晴れ

IMG_1286.jpg
今日の満月

先週の土曜日からは、身体の調整だったようでした。

4/4(土)-4/7(火)
土曜日は身体は変わらず寒く、両膝下はシクシクと病み。何も出来ないので、
布団に入っって本を読んだりしては寝てしまい。(汗)

何も観たいTVもないから、YouTubeで「バレエ鑑賞」三昧。
今は、YouTubeでバレエも見れる時代だったんだ。と改めて感動した。

ちょっと、気付くの遅すぎ。

発端は、バレエを見たいと思っていたところなんだけど、
毎年、ローザンヌ国際バレエコンクールが行われ今年の2月には、日本人が
二人入賞している。
このコンクールをTVで観るのが好きで娘と毎年のように一緒に観ていた。
その放送日を検索していて、4/26(日)にNHK教育で放送予定になっている
というところまで辿りついた。

そこから、あるサイトにたどり着き→YouTubeへ。とても懐かしい音楽、踊りを
満喫できた。

あるサイト→「バレエ音楽・バレエ作品(動画見れる)」

そう【懐かしい】と書いたのは、私が5歳頃から中学卒業する頃まで習って
いたからだった。
だからと言って、うちは特別裕福と言うことではなかったのだけど、小さい頃は
身体が弱く、かかり付けのお医者さんに勧められて習うことになったらしい。
母は、洋裁免許があり発表会の衣装を担当し、出費の足しにしていたようだ。
狭い家に発表会の時期がくると、チュチュなどが山積みになっていた。

習い始め、小学校時代には普通の子より健康的だったかも。

日曜日には、両膝下の痛みも殆どなくなって、動けるようになったので、
散歩&買い物を近所で済まし、またバレエ鑑賞した。

バレエを見ていると【天界】とか【精霊界】を連想させてくれる。
非常に美しく優雅な感じで。うっとり&ウキウキする。

で、なにげに振り付けが身体に残っているのですが、、、、想像の通り
実際に、踊れる身体は当然過去のものなので、意識で踊ります。(泣)

4/6には、一旦、身体の調節は完了したと感じた。

4/7とか、時々【緊張】がよぎる時があった。久しぶりかもしれない。
そんな時はちょっと身体はきついけど、【集合意識】によるもののように感じる。
短時間だけなので、以前よりは楽だと思う。

4/8(水)
お休みだった。
懐かしい友人と会っておしゃべり。
久しぶりにあったけど、出会った頃は、全くスピリチュアル的な関わりで
出会ったわけじゃなかったけど、チャネラーさんの繋がりもあり、彼女も
かなり厳しい体験をして、努力し乗り越え、更に成長とげ、色々な魂の出会いを
通して多くの学びや自分の魂の事など知る機会があったようだ。
そして今年の2月には結婚した。
旦那さまは、かなり「あるがまま」の方らしく。(笑)
「学び」なの!っと言いながらも、幸せそうだった。

全体的には、お互いに魂の成長過程を話した感じだけど、彼女も手放すことが
恐怖で、更に極度の心配性で自分でも「わかってはいるのだけど。。。」と
話ていた。

その中で【意識】っていつでも「過去」へいったり「未来」へいったり、すぐに何処に
でもいっちゃうよね。と私が言った。

彼女も「そうなんだよね、そして余計な心配ばかりしちゃって。」

「わかる。わかる。私だってそうだったし、今はすぐに戻れるから楽になったけど」
と言いながら、私の頭の中に浮かんだのは、「凧」だった。

じゃ、意識に糸つけて、あっ、行ったな、って思ったら「シュルシュル~~」
って糸を巻いて。※その時だけ、凧→釣竿になり。手元はリールに変わってたけど(笑)
胸の前でお互いに糸を巻いてるジェスチャー付きで。
【今ここ】に戻せばいいじゃん。って笑った。
で、糸は出来るだけ短めのほうがいいかもね!!!と付け加えた。

たくさん笑って、そう言いながらもしっかり自分を見つめて色々な事に
気付いている様子。

*  *  *

昨夜と今日は【胸腺】の部分が痛みがあった。
本当に、見えないところで色々調整を行っているようだ。

この一週間はとくに肉体の最終調整って感じがした。


2009/4/18(土)曇り

IMG_1283.jpg

以前書いたの何日だっけ?  あっ、9日の満月だった。
かなりご無沙汰。

体の調整は続いていた。4/15(水)に確認のつもりで予約を入れ、
その間、幸せ感の日があったり、と過ぎしていたのだが、、、。

体の調節は時に、「忍耐、忍耐」の時期でもあるわけだけど、
これも全ては「自分の為」と言うことで、関わってくれている存在さん達に
感謝して過ごした。

いよいよ明日チャネリングと言う前日に、あるサイトに導かれた。

久々にハートは響いた(表現は難しい。)
食い入るように読み始めた。

ある女性の【ウォークイン】体験、その後の内容だった。
スピリチュアルカウンセリング<ライト・ワーカー >-濱田真実の告白から

ここで、、、「さて、これは何かある。何かあるけど、、、先月のから、どう繋がって
いるのか???」
「また、クイズ式? 真実を見る目を養えって事か、いや、この女性の精神面のことか」

また、どうなっているのか、今度は考えすぎ、ひねりすぎで分からなくなりそう
だった。とにかく【感じて】みよう。自分が感じるままに。
最初は、お試しだと思い、これまでの経験から「疑問」を持ち、
あくまでも「疑心暗鬼」で進んだ。

家に戻り、更に読んでみた。

う~ん。何だか泣けてきたり。
これは、【真実】の内容だとやはり感じた。

ただ、どこまで???この世界は分からない事が多すぎる。
とうてい私の頭では理解を超えていくからな~~。

だから、今回のチャネリングの予約は15日になったのか。と納得したし、
15日でよかったと心から感じた。

*  *  *

これから上の娘が三泊四日(18-21日)で遊びにくる。
もう少ししたら空港まで迎えにいく。

ショッピング&ディズニーランドと付き合わされることになるけど、
親子でデートは久しぶりなので、ここは楽しもうと思う。

本当であれば、もっと書きたい所だけど、
チャネリングの内容も、どこまで書いていいかという事も多くなってきた。
で、ちょっとだけ書いておくと、【ウォークイン】は確かであった。

近いうちに起こる【光の体験】(※全てを思い出す) に備え、扉を開くために
このサイトを【見せられた】らしい。
そして、濱田真実さんの【生き方】というものを感じてほしかったようだ。

何にせよ、今後の為の全て準備で見習い期間で、自覚を促してくれて
いるとの事のようだ。
ありがたい事だと思う。

クリムゾンに関係する存在さん、マスター達から【祝福】も送ってくれていた。

詳細は、その内に書けたら書こうと思う。

今回のサイトでの出来事で、また更にいろいろ気付いたところでもある。
娘が来ている間は、内側に入る時間はとれないかも知れないけどね。

2009/4/21(火)曇りのち雨

IMG_1299.jpg
今回のブーケ

今回のミッション終了~~~!って感じ。(笑)

私が「ミッション」なんて言葉を使わないのに、今日の空港までの道で
娘が口に出した言葉でもある。

確かに、、、、何かあったかもね。ただ楽しむだけでなく、、、、。

毎回感じることだど、やっぱ【完璧】と言うか、、、、。
娘の口からも、「なんかタイミングいい」と何度出たことか。

私は、何度も経験するうちに、わかってきている事だけど、娘の口から
出てくる言葉をきくと、「やっぱ、感じるんだ」(笑)って思っちゃう。

娘の上京中はお天気にも恵まれた。

かなりハードなスケジュールで、ヘトヘトになり、足は幾度となく限界に達したけど、
お互いに満足出来て心からよかったと思う。

2月、3月、そして4月と月に一度の楽しい「お泊り会」が、、、
それぞれに、浄化だったりチューニングだったりと導かれる
ことに「理由」が存在している訳だけど。

はたして娘は?と思っていた。まっ、ただの観光でいいと思っていたんだけどね。
まだ、二人の娘たちは「目覚めて」はいない。※まだ時期は来ていない。
これは、以前に娘二人にメッセージをもらった時にミカエルも言っていたこと。

このBlogで最初の頃に書いたと思うけど、娘たちが天使たちの事を受け入れたのは、
私がチャネリングを受けて、私と娘たちの関係を聞いたときに、「過去世で何度も、
性格はそれぞれに違うのだけどとても仲の良い友達だった」と言っていたのがきっかけだった。

3人が「その通りだ~!」と見事に納得できたのも今から考えると不思議で、、、
変だけど当たり前の感じ。

ミカエルの情報にも書かれているのだけど、現在20~30歳の若者は、
スピリチュアルということに入っていくよりも仕事とか現実社会の中で
表現していく(体現していく)ような事も書かれていたので、天使たちのサポート
がある事は話をすることもあるけど、あとは特に何も話していないし、私のプロセス
は全くと言えるほど何も知らないし、精神世界のことも知らない。今起こっていることも。

今回、上京した娘は、私が上京するきっかけで、自立を余儀なくなったときに「封印」
は開いたと聞いていたので、それがどの様に開花していくのだろう。と見守っている。
※娘には話していない。

娘の上京する数日前から、「明治神宮」へ挨拶に行ったほうが良いように感じて
いたのだけど、はたして娘が行くというかは疑問だった。
コントロールは一切したくないし、娘が楽しむことが優先だしね。

-4/18(土)

空港で久しぶりに会って、「さて、どこに行く?」と聞いて。
「原宿へ行って、もし良かったら明治神宮で旅の始まりの挨拶をしてこない?
天使たちにもサポートしてもらっているしヨロシクって。」

娘の返事は全く期待してなかったのだけど、どういう訳か、、、娘は

「うんっ!!」と笑顔で答えた。

私のほうが、ビックリして拍子抜け。

何かありそう。移動中も娘の話を聞いていると本人は不思議がって
、こんなことがあったよ。なんて話をするけど、飛行機の中でエネルギーでも
入っていたかも知れないな~。って思った。自分も経験あるから。

この流れは、やっぱ娘も一つの段階に入ったってことかな?とちょっと
嬉しくなった。※確認するまで分からないけど。

明治神宮の参拝後、「888」「8888」の車のナンバーを見た。

そして、私にしか分からないサインを感じてはクスッっと笑った。

流れに任せながらも、娘もとっても気に入った洋服を見つけられた
し、滑り出しの良い初日だった。

*  *  *

-4/19(日)

お天気も良く、とっても満喫してきました。

東京ミッドタウン→お台場海浜公園→フジテレビ→ビーナスフォート。

IMG_1290.jpg  IMG_1292.jpg  IMG_1293.jpg
お台場海浜公園と周辺施設から

こうやって娘がいなきゃナカナカ行かない場所なので、思いっきり楽しんだ。
この日も、流れにまかせているのだけど、入るお店も食事も特別に合わせてセレクト
された感じ。

最近、犬とかとふれあいたいなぁ。でも犬を飼える訳じゃないし、ペットショップ
で見るくらいしかないよな。なんて思っていたら、、、

お台場の海浜公園の近くでたまたま入ったお店がペットOKのお店で、
最初は人も少なく、入るまで気付かなかったのに、いつの間にか、人も
犬たちもお店の中、オープンスペースに増え始め、色々な犬(大小)達と共に
食事が出来てしまいました。
食事も温野菜もついていて、丁度よく。プチデザートも甘すぎず。

食事もだけど、お天気も風も人の数も、ちょうど良い感じで、心地の良い時間を娘との
会話で笑って楽しく過ごした。

帰りの「ゆりかもめ」は人も少なかったせいか、一番前の席で美しい夜景
を見ながら帰ってこれて、二日目も全てに感謝でした。

IMG_1295.jpg  IMG_1297.jpg
フジテレビ      サザエさんショップのおやき(サザエ&波平)
 
*  *  *

-4/20(月)

朝、6時起床。
9時の開園に合わせ、眠い目をこすって出発。

ここが、笑えるけど、娘が一番「タイミングがいい」と多く言った日だ。

入園し、多くの人が目的の場所まで散っていった。
一応、最初のお目当てだけ決めて、それに向かったのだけど、
娘の数ある中のお目当てのアトラクションが途中にあり1番目と思っていたもの
より初っ端から、予定を変更した。

そこから、その時々の流れに乗って楽しんでいたら、結果的に多く待っても
「30分」位で、予定以上のアトラクションの数をクリアし、中には二度乗れるものまで。
※平日といっても、午後からは特にかなりの人混みだったと思うけど。
  ファーストパスのタイミングも良かったようだ。殆どは5~15分位で乗れた。

帰宅は午後10時を回っていた。
二日目で軽い筋肉痛になり始め。この日はMAXでヤバかった。パレードの度に、
いや、アトラクションは足を休めるために乗っていたかも知れない(笑)。

昨夜は、お互いにバタンキューで爆睡。


IMG_1308.jpg  IMG_1309.jpg  IMG_1318.jpg
楽しんで、休んで、また食べて。

*  *  *

-4/21(火)

本日は、飛行機の時間までに少しあったので、新宿でショッピング。
予定していたものを、全て心残しなく買って、娘が搭乗するまで、余す事無く。
効率よく、全て見事でした。

そして娘の成長も感じられ、そして感じることが一緒だったり、やっぱ離れていても
リンクしている事を実感したかな。

どんな旅行よりも、ハードな4日間でした。

空港で見送って、帰宅してしばらくすると雨が待っていたかのように
ザーザーと降ってきた。

*  *  *


今後の準備-2【4/15の確認】へ


★2009/4/21(火)の始まりは、こちらから↓
今後の準備-2【娘との時間】

IMG_1316.jpg

*  *  *

前回のBlog「今後の準備-1」で時間が無く、書くこと出来なかったことを書こうと思う。

チャネリングを受けた前日(4/14)に浮かんだのが【明晰性】という言葉。
メッセージかも。
それで、シャウドの中で確か「明確さの贈り物」ってあったよな。と思って読んだ。

体現シリーズ シャウド12
「明確さという贈り物」

【抜粋】P7
あなたはこの「明確さ」を寄せつけませんでした。時が来るまで、遠ざけて来たのです。そして
今、この3重の7の日に、あなたはまさにその時だ、と感じたのです。まさにその時が来たのを、
あなたは知っています。あなたはこの贈り物を選びました。さて、それは「明確さ」です。
「明確さ」とは、能力です・・・ ちなみに、そうなのです、覚醒というだけではありません。覚醒は、
「明確さ」の最初のステップだったかもしれません。けれども、これは違う種類の「明確さ」です。
つまり、あなたの人生における、「新しいエネルギー」の「明確さ」なのです。

【抜粋】
自らに「明確さ」という贈り物を授けました。それは様々な形をとって、あなたのもとへやって来る
でしょう。どのようにしてやって来るかという期待を持たないことです。文字通り、明確な視力や
聴力を得る人もいるでしょう。ほとんどの人にとってそれは、単純に、「知っている状態」における
「明確さ」であり、目に見えるものを超えて、この現実と次元を超えて見るようになることです。

【抜粋】P9
これはサイキックな訓練ではありません。立ち入って、侵害するということではありません。物事
が持つエネルギーの最も真実の、最もシンプルな姿を見て、従来のものの見方を打破し、3次元
の箱から抜け出すことなのです。
あなたがこの日、自分自身に与えた、この「明確さ」という贈り物は・・・ ああ、それは祝福なの
です。長いこと待ち望んできた祝福なのです。やがて来る次の時代に、あなたに役立つことでし
ょう。実際のところ、あなたがここから向かう場所では、「明確さ」が要求されます。あなたが外見
に惑わされることは、もはや、なくなるでしょう。現実であると思っていたもの、現実ではないと思
っていたものに、もはや惑わされることは、なくなるでしょう。エネルギーを構築する最もシンプル
な土台に入るために、「明確さ」を持つ能力が、何に対しても、重要となります。非常に重要とな
ります。


これを読んで、ミカエルが言っていた【光の体験】&三次元から五次元で見るようになる。
と言っていたのは、この事なのかも、、、と思った。 

*  *  *

それで前回のBlog中の【ウォークイン】のことなんだけど、ひとつ【訂正】ね。
っていうか紛らわしい書き方しちゃったもんで。

【ウォークイン】は確かであった。

と書いちゃったけど、それはあくまでも私の感じたことってことで。

ミカエルは、【ウォークイン】は確かにある。 こんな言い方で伝えた。

ようするに、ある時からはチャネリングのメッセージ全てがそうなんだけど、
あなたがそう感じたものは、それはそう。あなたが信じたものは、それが現実
ってことだから、あくまでも、私が感じたことで、それぞれの感じたものが、その人
の真実ってことで、ミカエルは【正解】を言わないし、【正確】ってものもない。

ということに訂正させていただきます。スマン。

*  *  *

前回の内容とダブってしまうけど、、、今後の記録ってことで、少しまとめて
書いておく。

【4/15チャネリングから】

ざっと、先月のチャネリングの後からの【気付き】と【感じた】ことの確認をした。
そして、大まかな前日までの流れをチャネラーさんに説明した。


私:「ねぇ、先月の確認もしたいけど、先に「あるサイト」に関して気になるから
   先に聞く~~。」

※サイトについて説明。 M:ミカエル C:チャネラーさん

M:「ウォークインはある。
   この人(濱田真実さん)の生き方を見せられている。あなたに必要だった。
   扉を開く必要があった。
   人それぞれに、あなたの住む世界、周りも同じではなく、自分たちの見つめて
   いる場面は違っていて、皆一緒ではない。

   何かを受け取り、感じて、どう生きるかの再確認になっている。」

私:「またクイズ?お試し?とか思っちゃった。
   それとね、以前に【死】と【再生】について映画を見せられたでしょ?
   知識として必要だった。って。それも思い出したよ。
   なんだったのかな?って思ったよ。」

M:「意識→映画が必要。
   自覚→足りない。

   状態は、ベストなんだけど、あとは目覚めるだけ。きっかけが必要だった。」

そして、ミカエルは、あのサイトの話のときに「ウォークインはある」と言ったと思う。
あくまでも私があのサイトに感じたことを自分で確信したとしかいえない。
あのサイトでの反応も様々あったらしい。セッションを受けた人も、読んだ人
も反応も人さまざまなんだよね。判断はなしで。


C:「あっ、そうか。弾みが必要なんだわ。爆発みたいのが。」

M:「ふ~ん。そうか。
   って、まだ自覚足りないって?そりゃそうだろうけど。」

C:「自分次第だから。自覚→自分が創造主。
   枠などがあって見えないことも→本当なんだな。って確認する。
   次元って、自分が思うこと、感じることが真実になるから。
   自覚も自由意思。 意識も自分次第だよ。

   光の体験(全てを思い出す)
   この体験は、先に進化を続けているチャネラーさんの友人のように、体験しない
   人もいる。体験せずに進化していく人もいれば、人それぞれ。

【光の体験】について。
たぶん、自分の魂の選択や、おおまか決めてきている内容によっても違うのか?
と思われる。なので本当にそれぞれに違うようだ。


C:「私と○○○さん、同じように進化しているわけだけどね。
   最終的に行き着く所は一緒でも役割によっても違うよね、レッスンとかプロセスは。」

そして、チャネラーさんが、光の体験の前にあった事を話してくれた。
また、ここで「あ~でもない、こ~でもない」と色々と話して。
「実際に自分で思い出すまでは、自覚すれったって難しいよ。」
と二人だけで意気投合した。(笑)


M:「恐れはないですか?」

私:「恐れ???全てを思い出すことに対して?
   え~~。ないよ。だって楽しみにしてきたんだよ~!」
※これは、この日の翌日に分かってきた。

M:「意識の外、、、見つめているところの外。見えない部分での恐れ。」

私:「え~。わかんないな~。」

C:「あれ??色々な意識体が○○○さんにアプローチしています。
  あ~、クリムゾンに関係の存在たちが多いみたい。
  【祝福】だわ。祝福を送ってきてますよ!」

私:「ほんと~。嬉しい」
※こんなとき、本当に自分で実感&自覚できないのは悲しい~。

私:「そうだ、ところでね、先月のチャネリングの後、あのときは少々混乱していて
   分からないこともあったけど、あれから色々と気付いたでしょ?
   朝起きてすぐに、「わかった~~!」って言ってミカエルに沢山話したでしょ?
   あれって、ミカエルが寝ている間も教えてくれてたの?」

M:「いつも、いつも言ってます。」

私:「あっ、そうだったのね。(笑)ありがと。」
※自分の考えと思っても、ミカエルだったりしてんだよね。たぶん。

M:「自分の殻を破っていく」

私:「ねっ、あの時さ、結局はさ~。
  「そこに居・な・さ・い・よっ!」
  「立・ち・止・ま・る・な・よっ!」って事でしょ?」(笑)

M:「わかったなら、いいですよ。」

私;苦笑。



で、今回もこんな感じで、間や、最後にはチャネラーさんとも色々話したように思うけど。
チャネラーさんも今は枠、制限のない所で【自分が創造主】と自覚できている状態で
生活している。意識付けに「自分は神だ」も時に必要もあるけど、自覚があるって本当に話を
していて、もう言葉に出来ない世界だけど、やはり話を聞くのと自分で体験するのとの
違いは大きいよな。いや、全く別の話って正直思う。  

そして、今回のチャネリング中に不思議なことがあった。

チャネリングの始まる前に、会社で用意していた「質問内容のメモ」を
しっかりケースにはチャックして持って帰ってきたのに、いざチャネリング前になっ
て開けてみると、どう見ても、何度見ても入っていない。
「あれ~?」でも絶対に入れたのは確実に覚えている。
結局入ってないのでケースを閉じて、またバックへ閉まった。

実際にチャネリングが始まり、途中で「うわっ!何?何でこれが、このテーブルの上に
あるわけ?」と目の前のテーブルの上にあるメモに超びっくりした。

チャネラーさんに話すと、「フツーにあるから。」(笑)「ある、ある。普通。」

以前に話には聞いていたけど、「ありえない事」が今後は更に起こるように
なるんだ。と実感した。

チャネラーさんも最近もあったようで、子供が「ママやった。」と言うらしく、、、
「学校では言わないように。」と言ってあるそうだ。(笑)

*  *  *

で、このチャネリングの翌日から二日間(4/16-17)、久しぶりに【恐れ】を体験した。
ミカエルが見せてくれてるのか?自覚ないから?とも思えた。

内側から、骨の中からみたいな、もう無いと思っていたけど、
こんな【恐れ】がどこに隠れていたのだろう?って思えた。
久々にきつかった。(汗)

なんだろうね。「全て思い出す」事に対する恐れというより、どちらかと言えば、
「役割」に対する恐れに近い感じがする。
過去のトラウマか?と思えた。
でも、もう自分ひとりで頑張らなくてもいいし、きっと今後、越えることがあっても
喜びの中で進んでいくさ。って思ってもね。

また、出てくるのかも知れないし、もう出てこないのかも。
良く分からないけど、表面に出てきたのは、実に良いことだった。

【恐れ】を抱きしめたし、受け入れたし。しっかり見てみようとしたし。
やれることはやった。

*  *  *

娘から無事に到着した連絡が来ていたのだけど。

再度、電話に出ると。
「お母さん!代謝率がアップしたさ!!」

体重計についている測定の話。(笑)
あれだけ歩いて、風呂に入って、また歩いたらねぇ。確かにね。っつう事で。

さて、次の休みまで三日間。頑張りましょう。


2009/4/22(水)晴れ

IMG_1306.jpg

うわ~ん。また、あれから深い気付きがやってきた。

昨日blogに書いて、更に今日になり読み深めると「まさか!」が現実になりそうで、、、
この私の「まさか、、、」は今までだいたい当たってることが多いからな~。

超こわい。あ~恐怖。
また、震えたよ。 ちくしょう。
何度か読み返すと前回のチャネリングの時には気付かなかった事が、、、。

こんな恐怖かかえている位なら、早くしてよって感じだ。まったく。

*  *  *

と、これは今日の昼休みの心境を携帯からブログへ送信した内容。

「こわいよ~。こわいよ~ミカエル~。」って素直に認めて訴えた。

でも、ここで終わらないのが私さ。(爆)

*  *  *

今日は、お天気も良く気持ちもいいし、昨日までの疲れは殆ど残ってない状態で
出勤した。

4日も休むと多少休みボケなんだけど、何かのプロセス時は必ず仕事も楽なもの
が回ってくるので、安心して過ごし案の定、今日はのんびりペースで最適だった。

で、ここで娘が来る前日までの【恐怖】を感じていた事、そして「あのサイト」の
最初にハートで感じた事を再確認したほうがいいな。って思えた。

あのサイトをもう一度読んだ。私は始めて読んだときに「どこに」「何を」感じたっけ?

そして思い出した。最初は疑心暗鬼から始まったけど、ウォークインの内容と以前見た「映画」
の内容とダブって、そこで「何これ?一緒じゃん。何かある、、、」

☆映画の内容について↓
Blog 3/1「より深い洞察の中で」

そこで一発目の【恐怖】が出てきたんだ。それは【ウォークイン】についてなんだけど。
※チャネリングのときは、それは私にはないと思ったのでスルーしていた。

あのサイトでは、「何かある」と感じたときからは、自分はこのメッセージで何を
受け取る必要があるのか、、、と言う観点から読んでいる。

その【何かを受け取る】にしても模索する訳だけど。
【ウォークイン】については、「まさか、、、まさかね。これはありえんでしょ。」
「創造主が降臨か、、、これは濱田真実さんの特例じゃん。」

「ない、ない。」で、「創造主は無いにしても他の存在は?」

ありえないって思いながらも一応は、シュミレーション。(爆)

もし、私だったら???
「それが全てにとって最も最善で、崇高な選択なら、、、受け入れるよね。私なら。」
「きっと、私ならするよ。ミカエル」

「だけど、私の意識はどうなるのぉ~?」とか、「なんならミカエル体験にいかが?」とか。(笑)
「ジャンヌは、どこ行くの?」とか(笑)。全く考えてもつじつまなんか合うわけもなく。

そんなバカな事も考えていたんだけど。
最後には、「そう選択したとしたら意識なんかはどうでもいいや。それはそれで本望だ。」

と一人芝居さ。

でも、これも時間が経つと、
「やっぱり、そうじゃないよね。どう考えても、ここに来てウォークインは考えられないな。」と
一旦終了し、このサイトに関してどう捉えるかのお試しなのかも知れないなっと切り替えた。

それが、前回のチャネリングまでの心境で。

そして、今日になって、あのサイトを再度読み、落ち着けてチャネリング内容のミカエルの
言葉をじっくり読んだ。

そこで心臓がバクバクしてきて、一気に【恐れ】に一直線だった。
「え~~~。やっぱミカエルの言葉の意味ってそうなんかな~~。」
「自覚して、心の準備をしなさいよ。」って事???

4日間は娘と過ごしていて、じっくり感じてみる暇なかったけど。

頭ではわかっていて、何でこんなに【恐怖】なのか、、、自分でも理解できない。
変化に対する恐れなのか、どうなのか?

で、思わず心境を携帯で送ったってわけで。
何度も過去にこんな思いしているけど、委ねるところに行くまでがシンドイ。
良い意味で開き直ると、笑えることも知っている。

で、昼休みも終了し、
「なんだよ。まったく。こんちくしょう。いいよ。もう降参!参りました。お任せします。
もう好きにしてください!」

と言ったら、うそのように【恐怖】が消えた。鼻歌まで出そうになった。(笑)

まじ、本当に普通の人からは、とても正常には見えないよね。へへっ。

「そっか、クリアしたんだ。ふ~。よかった。これでいいって事か。」
何だか今度は楽しみにまでなってくるから、自分のほうがびっくり。

後半は、とても気分よく過ごし、家に着いてから札幌の仲間から久しぶりに電話がきた。

「○○ちゃん、ウォークインするの~~???」(笑)

今日の今日に「そう来たか。。。」
あら?みんなも、そう感じているんかなぁ?、、と心で思い。本人のほうが遅れてる?(爆)

私は「知らんよ。私のほうが知りたいくらいだ。もうまな板の鯉さ。」
「もう、どんな事でも受け入れるの。」
と、今日の【恐怖】のことや、その後の気分の変化などについても話た。

「とにかく、全て思い出すまでは、自分でもわからん。何が起こるかもね。」

仲間は、「そうだよね~~。」と言いつつ、「○○ちゃんの意識は消えるのかな?」
「それは、それでいいさね~。←人ごと。(笑)
存在さんが入ったら私たちのことも分からなくなのかな?」
「いや、分かるよね~」とふざけて言った。

【ウォークイン】のことは、今回の気付きが妄想であろうと、何であろうと、
最初の気持ちには、変わらない。
私は、大いなる存在の意思に基づいて、一致させていればそれでいいし。
最も最善の選択が出来れば、それでいい。

「みんな、私のこと忘れないでねぇ~~~~!(^^;)/~ 」

そうじゃなくて、、、。

「このブログは、誰が書くのぉ~?」

しるか、、、。


2009/4/25(土)雨

IMG_1302.jpg

なんか早くから目が覚めて、なんだかチャネリングまでの時間が
妙に長く感じた。22時からだったのだけど、娘の事を聞くために
予約していたのに、結局、自分のほうも色々確認が必要になって。

ほんとうに予約しておいてよかった。

*  *  *


【本日チャネリングから】

最近の【恐れ】について【ウォークイン】と【娘との数日】について
説明してから始まった。


【恐れ】について
M:「何層にもなっている。
   ある程度はとれた。
   もう一歩深いところに目を向ける。もう一歩深くみることに恐れていた。」

私:「委ねきれた?」

M:「ある程度外れた。」

私:「まだ、あるのか~。」
  「ウォークインについてなんだけど、
   あれは、「自覚して、心の準備しなさいよ。」ってことなの?」

C:「ウォークインって入れ物の中身が変わるからウォークインじゃないのだけど、
   思考なども、全く別人のようになるじゃない?
   それとは違うのだけど、三次元的見方から、五次元的見方に変化
   するから、ある意味、変わるといえば変わる。」

   「今までと違う、新しい○○○○○に変わる。生まれ変わる。
    多次元を自覚する。」ってことみたい。
   
   「形にこだわらない事」※ウォークインにしても、何であれ。人の体験と
   自分は全く違うかもしれないしって事。
   「こうなるのかな?」「こうだろうか。」ってこともね。

   「【待つ】【期待】も必要ない。求めない。だからと言って無理はしなくて
   いい。予測ではなく委ねきる。」

   「楽しみだな~」はいいのだけどね。

私:「頭では分かっているのにね~。すごく難しいよ。マインドが頭振っても、
   何かしてて忘れていてもフッとまた、戻ってきたりして。待ってる自分が
   いたり、期待したり。委ねきることも、本当に難しい。」

C:「しばらくスピリチュアルなことから離れてみるとか?」
  「自分をみている事は必要だけど」←っていうような事。

私:「ただでさえ、何もないのに、ほんとうに何もなくなる。何もする事もなくなる。」

C:「シャウドとかも、読んでもいいんだけどね。私も本とか読んだし。
   わかるんだけど、「暇」とか「退屈」も思考だしね。そういう信念体系だったり。」

私:「そう言われればそうなんだけど。本当に何もかも無くなっていくんだね。」

C:「そうなんだよね~。私の時もそうだったから分かるけど、、、。
  もう、いいや!みたいに手放したときなんだよね。光の体験って。」

私:「ふ~~~。どうすりゃいいんだ。ねっミカエル。」

M:「人々は、、、自分の描いた【創造主】、自分が描く。
   それぞれ、描いている自分が違うと輝き方も違ってくる。
   自分=創造主に委ねる。」
   「自分(創造主)のオリジナルの体験。自分(創造主)を信じること。」

   【自覚】が足りないっていうのは、自分は【神】だという部分。

  C:「あ~~。○○○さん、まだ自信ないのかな??」

M:「○○○は、どういう自分になりたいですか?」

私:「え~~~。どういう自分って???う~ん。」
  「神と一致というか一体になりたい。」

M:「あなたは、【神】ですよ。」

C:「もう繋がっているじゃないですか~。」

私:「行動においては、いつも【完璧】って思えるんだ。
   もう自動で繋がっているって思えるし。そういうときは【神】って思える。
   何をしていてもね。  だけど、、、、。
   そうね、、、恐れのときもそうだけど、失敗したらどうしようとか、
   裏切ってしまったらどうしようとか、、、変わってしまう自分が怖いし、
   信じられないところあるよ。昨年のときみたいに、「こうだ~!」と思って
   も変わってしまったり。」

M:「人は変化するものですよ、、、。」

私:「そっか、、、そうだね。人は変化するものだね。
   少し気が楽になった。変なところで自信はあるんだけど、また変なとこで
   自信がなかったりね。」

C:「人は、多面性は誰でもあるし、いろいろな面を持っているでしょ?
  昨日、今日、明日その日によっても違うよね。」

私:「うん、そうだね。」

※「難しいな~。どうしたら出来るんだろ」と思っていてテンションが低
 くなっていたのだけど。
 途中、ミカエルが気にしてくれてて、チャネラーさんと色々話しているときに
 少し元気が出てきたら、ミカエルが、
 「少し元気が出てきて良かった~。」って言ってるよ~。と教えてくれた。
 気にしてくれていたんだ~。と思って。ありがと。

そう、チャネラーさんと話していたのは【委ねきる】という話などなんだけど、
いい意味で開き直る方法もひとつだし、マインドが何を言ってきても
全て丸ごと受け入れて、それでも【完璧】って思っていればいいんだよね~。
と話したり。
チャネラーさん曰く、マインドが言ってるときは、「そうなんだ~。」「あっそ。」
くらいでもいいしね。チャネラーさんも確かに委ねきるって、ナカナカ難しい
もんだよね。と話していた。

そうこうしている内にあっと言う間に時間がきて、娘の事を聞いた。
今は、娘に話せない内容なので、時期がきたら話そうと思う。
「へ~。そうなんだ!」って思える内容で、時期的なものはハッキリ
してないけど、どうなるのかが楽しみでもある。

その後も、元気をとり戻した私は、チャネラーさんと話をして、ミカエルに
振ったら、ミカエルは笑っていた。

そう、私が、自分は【神】かもしれないけど、神の分身とか一部とか、
そう考えるんだよね。なんというか【大いなる存在】はまた別というか
分けて考えてしまうんだよ。って言ったら。

チャネラーさんは、自分は【創造主】じゃないですか。
あっ、でもそれは、ある時期が来たら、区別とかもなくなるよ。
分かるときがくるから。そして、それも分析というか、思考だよね。
そして【一貫性】もなくなるしね。だから、自分の立場や場面で切り替えも必要
なくなるし。その場面場面で自動的に変わるし、言ってることも変わるから
それこそ自分の言ってることが信じられないわ。っと笑った。
多重人格みたいだよ。

あっ、それはシャウドにも書いてあったよ。病気じゃない多重人格(笑)。

私:「それとさ。私は「来るなら来いっ!」っていつもそうやって来たのにね!」

C:「そうそう、それはある意味【委ねている】って事だよね!
   それは、ジャンヌから来てるかもね!」

私:「そうかもね。でも私らしくて、そう言うところは自分が好きなの!
   「来るなら来い」って言うとすぐ来るし、来たらきたでビビッたり、泣いたり
   するけど、スッキリするんだよね。」
   「そっか、委ねていることにもなるか。これいいよ。あはは~。」

私:「ミカエル最後にひと言ちょうだい。」

C:「あ~。核が少し離れていたみたいだわ。」「なにか感じた?」

私:「感じたっていうより、最近マインドがうるさかった。離れないし。」

C:「核がずれるって言っても以前とは違うんですよ。
  前と今は違っていてねマインドがうるさい時はズレていると思って。」

私:「そうか~。マインドがうるさいのってズレていたんだ。
   以前ならみぞおちの所がズレているのを教えてくれたけど、みぞおちは
   静かだから分からなかった。」

C:「うん、違うんだ。マインドは今思考解除中だからね。なるべく「平和(安らぎ)」とか
  意識して。そのまんまでいいのだけど、そのマインドにはまらない事。捉われないで
  気付くこと。通常は静かだったでしょ?」

私:「うん、何も考えられないし、何もしなくていいって感じになる。わかった。」
   ミカエルありがと。」


で終了。

*  *  *

ほうとうに、、、なんだろ話している内容も分からない人には分からないと
思う。
なんて表現していいか分からないけど、またここでの難しさって言うのかな?
「どこまでやるんだい」って感じ。どこまで、、、って全部なくなるまでなんだけど。

【光の体験】はまだ通過点だけど、【完了】までいくには全て落すまで。
なんだよね。

でも、なんだか終わってからマインドがまた「シーン、、、」としているから。
ズレは戻ったかも。ブログ書いていて整理ついたんかな。

では、遅くなったんで、寝ます。

2009/4/26(日)晴れ

IMG_1301.jpg

昨夜は、マインドは少々静かになったものの。
気持ち的に何かスッキリとまでは行かず、、、。
なんとなく悲しさみたいな気分が残っていた。

その悲しさは、そうだな~yoham(本来の自己)を信じてあげられない自分に対して
だと思う。

朝から外はいいお天気だった。
お天気と裏腹に気持ちはまだ晴れているまでいかなかった。

何故か、というと。
昨夜のチャネリングの内容で、ここ10日間ほど色々と感じ、模索しながらも
出した気付きが、まだ甘かったという事もあるし、いつになったら自信がもてるのか
ってこともあっただろうし。
で、これも皆が皆、全てが気付けて見通せたら、そりゃ学び自体がないわけで、
それは、そうなんだけど、どこか、受け入れ切れてない自分がまだ残っていたん
だよね。

一気に落ち込んだ原因といえば、チャネラーさんが、「あのサイト」を開こう
と何度試しても固まって見れなかったって話を聞いたことからだった。
この時にチャネラーさんは、良い悪いではなく、人それぞれと言っていたのだけど、
なぜか、「え~。そうなの?」と、私の気持ちが落ち込んだ。

少し外に出ようと近所へ買出しに出たとき、カフェに入った。
そういう時間が必要で、私の場合は時に集中して内観が出来るときがある。

「あのサイト」の事を見始めた。
あのサイトで色々感じたことは、決して無駄じゃなく、本当に必要だったと思える。
って言うか、自分(神)が用意したものでもあるのだから当たり前かも知れない。
自分(神)のやり方でね。

これは、今日、受け取り方の問題だったな。って気付いたので、いいのだけど、
何か自分が信じたことが間違いだったように一瞬受け取ってしまったからだった。
昨年ヤハウェイが言っていたように、魂の中にまだ残っている問題※あるいは、
クセみたいなもの。 なのかも知れない。

そして、チャネラーさんには、ただ単に必要じゃなかった。って事だと気付き、
そしてよく考えてみると、反対にチャネラーさんから勧められたもので、
私のハートが開かないものもあったなって。そしてその時に、マインドでは楽しみたい
と思っても、ハートが開かないので、自分(神)には必要ないのだと思ったことを思い
出した。

本当にミカエルの言葉通り、

『人それぞれに、あなたの住む世界、周りも同じではなく、自分たちの見つめて
   いる場面は違っていて、皆一緒ではない。』


この言葉の深さを知った。

でね、、、。
その内観しているときに、「もう、本当に疲れた!降りる!」って気持ちになった。
降りるってね。ハムスターが回している車輪が浮かんで、もう降りるって降りたの。
すっごい疲れた感があって、「もうイヤダ。」って思ったんだよね。

よくよく考えてみると、また同じこと繰り返していることに気付いて。
確かに、【恐れ】も何層にもなっているって昨夜ミカエルが言ってたけど、
信念体系もきっと同じなんだよね。
同じように見えるけど、ちょっとは違うかも知れない。現れる内容も微妙に違うし。

昨年、一つの信念体系外したときに、それはそれは以前よりもずっと【自由】
になった。ほんとうに違う。でもその前の段階でも何度も気付いては、知らず知らず、
また戻っている状態を何度か繰り返していたことを思い出した。

「また、やってるのかな~。自分を信頼することに対しても、、、」

あれ?なんか同じような事が書いてあった、メッセージを最近読んでたよなぁ~。
と思った。

それは、先日Mixiにアップされた、ジャーちゃんのメッセージだったことを思い出した。
一通り、内観終了って感じで、早速帰って再度読んでみることにした。


Arrived Energy On Earth より 
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1730147

「スピリチュアルな達成という幻想」-聖ジャーメイン

2009年3月31日
By Alexandra Mahlimay and Dan Bennack


さぁ、真実の新しい場というものについてお話ししましょう。

あなたは、「自分の魂が生きるように自分が生きるということがこの今生の自分の切望である」ということをついにわかるようになってきました。あなたは、「それこそ自分が地球上で生きるということの究極の目的だ」ということを理解しています。他の欲求は、この究極の切望から自分の注意を逸らすものか、新たな人生に対するあなたの切望を補うものか、そのどちらかでしょう。あなたは“ほんとうの自分”をさらにみつけたいと望んでいます。

あなたはまた、自分の人生でそれを新たにみつけることにとても興奮していて、それに対する熱意に溢れています。そう、あなたは新たな目的をみつけました。あなたはそれを深く感じ、その欲求を高めていることでしょう。

しかし、そのあと何が起きますか?1日か2日…あるいは1週間…日が経てば、あなたは再び崩れ落ちている自分~古いやり方に戻ってしまっている自分に気づきます。なぜかといえば、こうしたケースで何が起きているのか、あなた方はいつもハッキリとわかっていないからです。そのためあなた方のエゴが入り込み、あなたに答えようとします。エゴはあなたにこう言うことでしょう。「さぁ、もう一度やってみよう。もう一度あの山を登ろう…。」そうしてあなたは再びそれを始めます。今回は更にものすごい熱意を持って自分を上昇させようとします。今度こそ自由・喜び・確実性と真実がある~捉えどころのない場をみつけようとして、その希望と霊的に整列する旅をあなたは再開させます。

そして、どうなりますか?あなたは昇ります。そして再び落ちます。1度…2度…何度も何度もしょっちゅうこれを繰り返します。「上昇する」その後に「落ちて戻る」…「いいところまで上がった」けれど「また落ちた」…という経験をあなた方が繰り返すうちに、あなたの信頼は薄らぎ始め、旅に対する熱意も冷めていきます。そうしてあなたは疲れてしまいます。

「なんでこんなことになるの?」と問いかけもしたことでしょう。おそらくそれは、あなたが何度も何度も山を登りたくないからです。あなたはその頂上に居続けたいと思ったのでしょう。そこに居続け、その至福の場で休みたい…と。

では、どのようにしてあなたはその山から落ちてしまったのですか?これを自分自身に問うてください。

疑いや恐れがあったからですか?まさに山の頂上に着こうとしていたとき、それが真実であるということを自分が信じられなかったということはありませんでしたか?自分の旅がほぼ完了されることを自分が信じなかったのではありませんか?ついにこれまでの旅を達成して、ほんとうの自分の切望を認識することになったのに、それを信じなかったのではありませんか?あなたは自分自身を疑い始め、それまでに自分がしてきた旅すべてさえ疑い出したのではありませんか?思い当たることはありませんか?

いいでしょう。一息ついて、この状況について考えてみましょう。

スピリチュアルな達成という山を登ることに代わるものがあります。それはおそらく、あなたは以前には考えもしなかったものでしょう。それには、“努力すること”も“奮闘すること”も必要ないからです。これを聞いて、これからあなたは、すべてをうまくできるようになるはずです。さて、これを聞いてあなたはどう思いますか?「あなたが至福を感じるために山登りなどする必要などない」と私が言ったら、あなたはどのように感じるのでしょう?「あなたという者についての真実を知るために、より高い位置からの視点に到達する必要などあなたにはない」と私が言ったら、どうでしょう?

えぇ、友よ。私たちは今、これをあなたに感じて欲しいのです。深くこれを感じてください。あなたは“自分の山登り”を手放すことができますか?あなたには、「もっと良くなろう」とか「高いところへ行かなくちゃ」という思いを今すぐ捨てることができますか?「やってみよう」という思いを手放すことができますか?「努力する」ということは、“既にあなたであるあなた”になるためにマインドが「なにかしなければならない」と誤った思い込みをあなたに増強させているだけだということがわかりませんか?答えが「わからない」ならば、少しここで立ち止まってみましょう。どうか試みることを止めてください。「もっとしなくっちゃ。もっとしよう。」と望むのを止めてください。“山登り”をお止めなさい。バックパックを…そしてあなたが自分のアセンドを進めるために運んできた“お約束”すべてを降ろしてください。そのようなものなど必要ではないのです。ブーツを脱いで、その足に値するだけの休息を与えてください。立ち止まりなさい。そして大きく深呼吸なさい。そう、深呼吸なさい。そしてマインドが寛ぎの場に来ることを許しなさい。

自分の魂を今、自分の人生のガイドとなさい。さぁ、立ち止まりなさい。そして完全に降伏なさい。ゆっくりと穏やかに自分の魂の腕の中に降りて行きなさい。そうして魂が持つあなたのための愛を受け入れなさい。あなたの魂が自分の人生を今、導くもの~光のガイドとなるままになさい。魂はあなたをプッシュしません。魂はあなたを拡大へと連れて行きます。そうすればあなたは、いつも手の届かない何かに到達しようとすることを止めることになるでしょう。そうしてその代わりに、自分の魂との…神との…ワンネスの確実性を受け入れてください。平和を・心地よさを…そしてこの魂という素晴らしい存在となるために「何かをする」必要などないということがわかって初めてわかる容易さを…感じてください。それが“ほんとうのあなた”です。

あなた自身とひとつになりなさい。あなたの魂とひとつになりなさい。神とひとつになりなさい。そして今、自分の人生にこの素晴らしい“新しいあなた”を誕生させてください。魂があなたを愛し・支えるように、あなたもまたそれを愛し・支えてください。

友よ。この喜ばしいあなたの目覚めの瞬間、あなたを私のエネルギーで包んでいることは、私にとってもほんとうに喜ばしいことです。

私は、聖ジャーメイン。


(http://joyandclarity.blogspot.com/2009/03/illusion-of-spiritual-attainment.html

-翻訳 Jueux さん

*  *  *

実は、いつも、「シンクロ?」と思えるようにタイミングよくアップされていたけど、
今回は、なんか違うな~。「え~、もうこんな感じ(3次元な事の場合)は、数年前に終わっ
たよ。」くらいに、傲慢にも思っていて、4/23にアップされていたけど、自分にはあまり関係
ないかと思い、ブログにもアップしなかった。

が、、しかし、、、見る方向や、意識などの層によって、受け取り方も本当に違ってくるのを
再確認した(汗) 

ミカエルの伝えていることと、ようは同じなんだよな~。これを気づけってことか。

昔は上がり下がりは、確かにあってジェットコースターのようではあったけど、
最近は、どちらかと言うと上がり下がりっていうよりは、メリーゴーランド?(笑)

多少の細かな部分は、さて置き、「やっぱ、ジャーちゃんの言うとおりだな。」
「そうそう、もう本当に疲れた。もう止めにします。」と言って、
家に帰ってから、何もしたくなくなって、横になった。

そして、ジャーちゃんの言葉通りに、降伏して、下記の言葉を感じた。

『ゆっくりと穏やかに自分の魂の腕の中に降りて行きなさい。そうして魂が持つあなたの
ための愛を受け入れなさい。あなたの魂が自分の人生を今、導くもの~光のガイドとなる
ままになさい。魂はあなたをプッシュしません。魂はあなたを拡大へと連れて行きます。』


本当に、安らぎの中へ行った。「何もすることはない」を感じた。

「ジャーちゃん、まじ、ありがと。リンクしてました。自分(神)を信頼します。ハイ。」

そして元気が戻ってきてフッと浮かんだのが、
【ハムスターの車輪】だった。それは信念体系&枠の車輪?(笑)

大中小の車輪が重なっていて、

最初は、【小の車輪】を走っているわけ。車輪とは知らずに。(笑)
あるとき、魂が準備できたときに、車輪に抜け出す穴が出来るの。で抜け出す
のだけど、最初は、そこに【中の車輪】があることを気付かずに走っているわけ。
で、同じく魂の準備が出来たときに、穴があいて出れるんだ。

で、また【大の車輪】があることも知らないで、同じことを繰り返しているの。
で、最後に空いた穴を抜け出したときに本当の【自由】そして【拡大】【あるがまま】
で枠がないことに気付くって感じ?(笑) すべて【幻想】なのにね。

でも、必要なんですよ。本来の自己に戻るにはどうしても。やれやれ。(笑)

ほんとうに、もうお任せするぞっ!!!※魂に。

これで、ようやくいつもの感じに戻ったようです。

2009/4/29(水)晴れ-祝日

IMG_1332.jpg
今日のブーケ。

今日は、祝日で17時までの仕事。
仕事はのんびりムードだったけど、私の頭の中では忙しい。
マインドが忙しい訳じゃなく、さらに深く内観するために。

前回までである程度までは、進んだけど、中途半端に終わらせてくれないのは、
本来の自己ほうだ。

ハートが腑に落ちるまで、手放すまで納得してくれない。

この時点で、他の人は分からないけど、逃げることもできるのかも
知れないし、見てみぬフリも出来るのかも知れない。

私は、腑に落ちないと気持ち悪いので、そのままに出来ない。
ある意味、それも自己愛において。
だっていずれは、気付かなきゃならんし、手放さなきゃならないものだから
引き伸ばしたところで、気持ち悪さを抱えておくだけだと思っている。

前回のチャネリングで、私が「難しいな~」と残していた問題。
難しいと思うから難しいのだけど、気付いたらアホくさいほど
単純でシンプルなのは、何度も通ってきている。

でも、頭で判っていることが、腑に落ちるまでに至るまでの期間は、
やるかやらないかは本人次第で、その間は、何ともいえない
歯がゆさがある。忍耐のしどころとでも言うか、、、。少々自分にイラっと
くる。

自然に疑問符が浮かんできたら80%、、、いや95%は完了なのかも知れない。
それは、【幻想】に気付く一歩手前だから。

月曜は、いや日曜日からシャウドの「定義なく」のタイトルが浮かんでいた。
なので、月曜日には、必要なメッセージだと思い読んでいた。

ティーチャー・シリーズ シャウド9:
「定義なく」 
クリムゾン・サークル 2007年4月7日


まさしく、読んでも定義できないような(笑)内容だけど、頭で考えても
わからんぞ。形にこだわるな。って事なんだと自分なりに受け取った。

それは、ミカエルが言っていたことと同じだよね。
シャウドを読んで、「そうなんだよね。トバイアス頭じゃわかるのだけどね。」って感じ。

で、昨日の「テーマ」(笑)、「残りの宿題?」は、※一つひとつ見ていくわけだけど。

この前、チャネラーさんから【気付いたら行動】に移してね。と言われてた。
自然とそうなるのだけど。

「暇だ」「退屈だ」と言う信念体系について自分に投げかけた。

調子のよいときは、「暇だ」より内観に忙しいときもあるので、以前ほどじゃ
ないけど、根本的なことを手放していなかったことに気付いた。

今年に入ってから、私の場合は、ハートが開くものが極端に減っていった。
※チャネラーさんは違うみたいで、音楽もTVドラマも映画も結構見れるみたいだ。

TV付けても、見るものがない。音楽も感動しない。手放している段階では、
本などによる情報も反って不必要なもの、、、というか荷物をシンプルにする必要がある
ことが分かったことなどから、唯一の楽しみだった、スピリチュアルな探求自体95%程
(情報としての)は手放していた。

残りは必要なものとしてサインや共時性などによってもたらされているものだった。

今チェックしている他のサイトは、片手の指にも満たない数になっている。
※内観やインスピレーションで調べることはある。本来の自己が許したものだけ。

さて、

「これ以上何もなくなったら、私何も楽しめるものないじゃん。」

ここに、ヒントがあった。

それは、ある意味【何も無くなる】ことへの【恐れ】から来ていたことを知った。

まぁ、ミカエルもチャネラーさんからもヒントはもらっているけど、その時は「どうしたら
いいんだろう?」だけで、その時はわかっていない。

この「私、何も楽しめることないじゃん。」は、「誰が決めたの?」ってことに
なるんだよね。
【決めているのは、自分】ってことに気付く。いわゆる【思い込み】なんだけど。
それは、何にでも置き換えられる。

「○○を(物質的なものであれ家族だろうとなんだろうと)手放したら、○○になる。」
「○○になるのだろうか。」

これは、殆どが自分で思い込んでいるのが殆どじゃないか。ってね。
実際により細かく深く見ていくようになると、当たり前が当たり前じゃない。

で、「何も無くなったって、楽しいかも知れないじゃん。」←と仮定する。

今まで手放してきて、悪いほうへ行った事などないのを知っている。
持っていた時以上に、自由になり、良い方向へ向かっていくことも知っている。

なら、やってみるか?

それで、無意識に「今日、喜びの中にいる為には何が必要なんだろう。」
と言う必要性もいらない事に気付き、【何かを探すこと】を止めた。
あまり自覚がなかった。これに気付くまで。

そして、仕事中も一切PCで模索するのを止めた。
すると、何とも意外に「平和」なのにびっくりした。

チャネラーさんは、これまでにも言っていた。
「何か読みたいものがあれば読んでもいいんですよ」

単にハートから「読みたい」欲求なのか、信念体系からきている
何かを満たす為の【必要性】なのか。では、大きく違うことに気付いた。

「そっか~~!そう言うことだったのか!!」「なるほど!」

そして、更に、、、まてよ。
私たちは、この地球へ来るときに、肉体に入るときには、次元を落して
入ったのだよね。
肉体に入る前は、【娯楽】など無くても楽しく、満たされていたはずだし、
何も【必要性】というもの自体が無かったはずだった。
ただ【本来の姿】に戻るだけの話なんだから。と思った。

反対に3次元に落として何も感じなくなったから【娯楽】ってものがあるん
だよね、きっと。

今は、その逆を進んでいるのだから、あえて【手放す】ことを行っているわけだ。

「ふ~ん。そういうことだよな。」
「なんだ、単純な話。」気付くときは、あまりにシンプルで、反対に何故気付かない
のか?ってことに少々悔しさを覚える。
でも、これを腑に落すには、かなり深く入るまで、、、【降伏】するまで、この時間が
必要なんだと思う。

そしてシャウドの「定義なく」で書いてあったと思うのだけど、マインドを超えましょう。
ってこと。こりゃまた超えるのを「どうすりゃいいの?」くらいなもんで。

あと「光の体験」に対しての【待つ】【期待】の問題が残っていた。

この「光の体験」があるということを聞いたことに対し後悔もしていないし、これが
【希望】となって数ヶ月過ごせてきたのだと思う。

ある時は、自分に励みになるツールも必要な場合がある。
だけど、いつかは手放すことが必要になることもあるってことなんだよね。

通常は、「忘れた頃、、、手放した頃にやってくる。」それは本当にそうなんだけど~。
「じゃ、どうしましょ。」と思った。

頭で、口でいくら「手放します」「もうどうでもいい」と言ったところで、自分のことは
自分がよく分かる。(汗)
口で言うことは、誰にだって出来ることで。。。

人間ね、「だめだめコントロール」が入ると、
※なんか今日出てきた言葉→「だめだめコントロール」(爆)

それは、「こう考えちゃだめ。」とかね。(笑)
トバイアスも言ってるのだけど、「スピリチュアルな人間はこう考えたらダメ」とか
それも手放してください。コントロールしないで下さい。ってね。そういう意味。

それで、頭で判っているだけに「だめだめコントロール」もうるさくなる時があって。

それでパラドックスなんだけど、反対に思いっきり【執着】【期待】したらどうなの?(笑)
と思った。 あまのじゃくだからかも知れないけど。 

「どうぞ、どうぞ。思いっきりどうぞ。」って言われたら、反対に気が失せるつうか。。(笑)

でも「いざ、やってみよう~!」と思っても人間いきなり【執着】できるもんじゃないことが
分かった。

執着とか依存とか、期待もそうだしなんでもエゴだよね。そういうものって自覚してなる
人はいないか。。。(爆)
 
でも、かと言って、ほっとけば、いつまでもマインドは、チラつかせてくるし。

でも、これは、やってみるまで分からないじゃん。

「よし、思いっきり光の体験を【待って】【期待】しちゃおう!」を行動するには、
自己責任において、【どうなってもいい】を覚悟しなきゃ出来ない事だった。

【どうなってもいい】
【プロセスも遅れるかも知れない】
【光の体験もこないかも知れない】

これを覚悟で、行動した瞬間に、結果的に【手放す】【受け入れる】事になるってことに
気付いた。あはは。。。


※だからと言って真似をしないで下さい。(笑) 行うときは覚悟の上、自己責任でどうぞ。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。