FC2ブログ
2009/3/23(月)晴れのち曇り

Image014_20090323224143.jpg
23日中央公園の桜

あっと、言う間の三日間が過ぎた。
またもや期待を裏切らない展開で、楽しく過ごした。

そもそも今回、Aちゃんの上京の目的と言えば、
彼女のサポートである古代のマスター【ヤハウェイ】の話では、
「チューニングの為」ということだった。
何のチューニングかと言うと、それぞれに違うやり方だけど、「教師」と
しての役割の始まりに必要みたいだった。

が、、、まだ、頭の中がまとまっていません。
思い出すままに。

日本神界の神々やマスターや天使たちのサポート含め、大変お世話になり(笑)
【完璧】な中で過ごせたのは分かっている。

週初めでは、お天気予報では曇り雨マークがあったが大丈夫だった。

*  *  *

2009/3/21(土)

Aちゃんお昼ころ到着。お天気はピカピカ。桜の開花はこの日はイマイチだった。

羽田で、食事しながらこの後の時間をどうするか話した。
明治神宮へ行くのはすぐに決まった。

私は、定番になりつつあるパターンだけど、流れから言って京急の「大門」で
降り、芝大神宮→増上寺→境内の熊野神社、それから明治神宮かな?っと。

で、今日は挨拶から先にしていこう。って事で予定通りに足を運んだ。

芝大神宮へ行き、挨拶を終えた直後、花嫁さんが通った。
明治神宮では、何度も見ているけど、ここで見た花嫁さんが、白無垢じゃなく
昔の日本の花嫁って感じで、黒地に柄の入った着物で、その前を笙?を
吹きながら「生演奏?」の音楽に合わせ歩いて入っていった。

北海道じゃ、なかなか見ない光景だったから、二人でもの珍しそうに見入って
いた。
「なんか、いい感じの始まりじゃん!」

増上寺の寺院の中で、お経を聞きながら過ごしたあと、安国殿の裏手にある
徳川家康家墓所に通じる西向観音のほうへ歩いてみた。(ここは見たことなかった)
どうも西向観音の近くへ行っただけで気が違う。ちょっとヤバイ感じ。
ひょいと安国殿の横を覗き込むと、次元が違う、いかにもあの世の世界(爆)。

Aちゃんも足が動かないし、私もこれはヤバイと思って逃げた。
同じ境内でも次元が違うことに驚いた。

で、すぐ近くの境内の「熊野神社」へ。
ここは、何度か仲間と来ている。小さいけど、手水舎には八咫烏の絵が書かれて
いる。以前に仲間と来たときに、この手水舎のところにカラスがとまっていたので、

「八咫烏だ~!」と笑ったのを覚えていた。
※あとから記すが、八咫烏-Wikipediaのほうも覚えていたらしい。この時のカラスは化身だった。

で、そこでAちゃんが参拝を始め、私はその中の木が気になって触れようと
した瞬間に、私の前方斜め向かいから急に強い風が吹き込んできた。

「うわ~っ!」
Aちゃんが参拝を終えた瞬間に止んだ。私も木のエネルギーを感じていたけど、
明らかに、この風は「神風」と思った。
その瞬間だけスローモーションのような感じで、鮮明にやきついた。

「すごかったね~!」「ぴったり止んだね。」

Aちゃんも同じように感じていた。

増上寺HP

原宿の駅はすっごい人だかりだった。

そして、明治神宮。
天気もいいし、気持ちよかった。
ここでも花嫁さんを見た。

参拝したときに、彼女がメッセージを受けた。
「審議が問われる。。」って言ってる。

これは、どちらに対してとか、二人に対してなのか?
ただ、私にしてみれば、ここまできて更に審議が問われるって訳?
ちょっとムッとした。
もう、覚悟も出来ているし、やる事やって悔いなく移行する選択している
のに。とちょっと思った。

その後には、メッセージは無かったけど、Aちゃんが奥の木立の上の
ほうに何かいるよ。と言った。

IMG_1270.jpg
この木のとこ↑※別に何も写ってないけど(笑)

「白龍かね~」なんて言って、まっ何か「始まったかな?今回は始まりなんだから。」

その日の後は、家で宴会を決め込み、夜はまた翌日への期待
とともに、話に花が咲き休んだ。

そう「あの神風はなんだったのだろう。。。」
その日、、、Aちゃんには、メッセージが降りなかった。

*  *  *

3月のお泊り会-2へ

スポンサーサイト



3月のお泊り会-1より

2009/3/22(日)曇り時々雨-東京マラソンの日

天気は、曇っていて雨も降るようだった。
晴れていれば、浅草へ寄って、その後に船に乗ってグルッと回ろうと
言うことにしていたのだけど、この天気も何かありそう?
じゃ、変更しようか。どこにする?

それで朝からガイドブックを見て相談していた。
Aちゃんが何故か築地市場へ行きたいって言った。
「築地ね、私も行ったことないし、誰かいなきゃ行かないよね。いってみるか。」

それだけじゃ時間もあまる。ガイドブックを見ると「月島」で降りると「住吉神社」
などが紹介されていて、ルートの途中には、「佃波除稲荷神社」が記載されていた。

私は、以前から「吉住神社」には縁があるような気はしていた。
でもAちゃんには、口に出さなかった。
Aちゃんの旅行だし、彼女の行きたいところ、インスピレーションに任せた
かった。

A」ちゃんは、「吉住神社に行こう!」と言った。
「あれ?通じたちゃった?」
それと、「佃波除稲荷神社」も。途中だし。

Aちゃんがネットで調べていた。

<住吉神社>
伊邪那岐大神の御子、底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命の三柱の神
と、神功皇后、徳川家康の御神霊を奉っている。

<波除稲荷神社>
倉稲魂命 うがのみたまのみこと
市杵島姫命 いちきしまひめのみこと→弁財天?
天照大神 あまてらすおおみかみ
大国主命 おおくにぬしのみこと
少彦名命 すくなひこなのみこと
天日鷲命 あめのひわしのみこと

何気に、すごいし~~~。と一気に盛り上がって即効、このルートで決めた。

私は、このブログを書いて知ったけど、「波除稲荷神社」については、
行ったのは、「佃波除稲荷神社」のほうだったって【今】気付いた。
どうりで、小さかったもんな。
よく見ずに、調べてすぐ出かけちゃったもん。でも、きっと同じことだよね。

で、地下鉄の出口を出ると、方向が分からなくなり、ご近所一周したの
だけど、その時間も含め、完璧だったと気付く。

この時は、雨は降っていなかったけど、マラソンで人が出ていた。
道順から言うと、先に佃波除稲荷神社へ向かった。

Image013.jpg
佃波除稲荷神社

このご神木に手のひらを近づけるとビリビリした。
ご神木で二人共感じたのは初めて。

その後に住吉神社へ向かった。
傘が必要までもいかないけど、ポツポツと雨が降ってきた。

境内へ足を踏み入れると懐かしい感じがした。
後から聞くとAちゃんもだったらしいが。

初めて来たって感じじゃない。

境内の真ん中にテントが張ってあって、一瞬お祭り?そんなわけ
ないよね。こんな時期に。。。

とにかくまずはご挨拶だ。

Image021.jpg  Image020.jpg  Image022.jpg
住吉神社

Image023.jpg
境内の「龍神社」

すると、午後12時から、そのテントで準備していた人から声がかかった。
「甘酒」と「おしるこ」※無料で振舞われた。を飲んでいきなさい。

Aちゃんと「休んでいきなさいって言ってるんだわ。」
などと、「おしるこ」を頂いてテントへ入った瞬間に「ザーッ!」とすごい雨が
降ってきた。

「すごいタイミングだよね~!浄化かな?休めってことか。(笑)」

飲み終わった時には、雨も小降りになった。

最後に「龍神社」にも挨拶し、隅田川の堤防の公園のほうへ歩いて
いった。気持ちよかった。

水が見える場所でのんびりするのも久しぶりだった。
こんな場所に住むのもいいな~と思えるほどだった。
そこで、一服し、ちょっと前までの体験は、やっぱり何かありそうだ。
と話をしていた。

気付くと、少し頭が痛かった。なんだろう。

その後は、築地へ足を運び寿司を食べた!
築地で寿司は高いのだと思い込んでいたけど、色々だね。
休日で店が休んでいるところが多かった。空いているところは、結構並んで
いたのに、私たちはタイミングよく、すんなり座れた。

Image024.jpg
大トロ炙りなど、手前はテリー伊藤のお兄さんの店のだし卵寿司。

午前10時過ぎに家を出発し、この日の最初は、ご近所の「出世稲荷神社」だった。

以前に青龍の化身と出会ったところだ。
Aちゃんが数日肩に痛みがあったようだけど、境内に入るとす~っと痛みが
消えたらしい。
小さいけど、ここの気はアナドレナイと言っていた。

午後3時すぎには家に着いた。
短い時間だった割には、非常に「濃い」感じがした。
時計を見てびっくりだった。

結局は、傘もささずに澄み、家に帰ってきてからマラソンのTV中継見ると雨
が降っていたらしく、その後も風が強くなっていった。

ゆっくり風呂に入り、早めの宴会だった。
まったりしていると、いきなりAちゃんがチャネリングを始めた。
「メッセージ来たわ。」

*  *  *

3月のお泊り会-3へ

☆↓本日3/23(月)の始めはこちらから。
3月のお泊り会-1
3月のお泊り会-2より

IMG_1260.jpg

そっか。ほぼ行程は終了したもんな。 

☆このブログ内の色々なメッセージやチャネリングもそうだけど、それぞれに感じて、
  受け取れる部分で受け取ってくださいね。
 

*  *  *


私:明治神宮での「審議が問われる」ってどういう事?
  これまでやってきたし、覚悟だって出来てるし、やる事を
  やって移行したいと思っているのに。

ヤハウェイ:「個人レベルでは、選択している。
        集合意識において、纏まって、集って進まなければ
        ならない場面が出てくる。
        集合意識に働きかける。
        予期せぬことに対しての準備。先の事ではない。」
私:「そっか」

A「個人では、覚悟が出来ていても集合意識になると、また個人差もあるんじゃ
  ないかな?」

ヤ:「すでに始まっている。集合意識に対しての準備。」

私:「明治神宮に何かいたようだけど?」

ヤ:「ワンネスの一部。」

私:「マスターたち?私たちが呼んだ?」

A:「私たちに対する希望。光。
   期は熟していないが、種がまかれたのは、、、
   ミッション。チューニング以上のことが起こっていた。
   上と私達の共鳴が広がった。予定より広がったんだって。」

私:「そうだったの?」ちょっと胸が高鳴った。

※ここから、ヤハウェイ、白龍、ヤタガラス登場。

私:「昨日の神風は?」

A:「あれね、怪しい場所があったでしょ?あれがちょっとまずかったらしく、
  浄化してくれたんだって、、、八咫烏が、、、、」

私:「え~っ!!!八咫烏だったの?!(驚)」

A:「ヤタガラスでござんす?ござる?(爆)こんな感じで話してる!!!」
  ヤタガラスでござる。ご挨拶に参上しました、、、。」
  使いでござんす?」

  「あのね、以前に○○○が来てくれてたでしょ?あの場所に。
   それで、今回も友達を連れてきてくれたから嬉しかったみたい。」
   だからね、ヤタガラスが風で浄化してくれたみたいよ!」

私:「知っていたの?
   そしたら、前回に行ったときに、手水舎のところにカラス居て、
  私、「ヤタガラスだ~!」って言ったよね?あれは?」

A:「あのときにね、とても楽しそうにしてたから、化身だったんだって。」

私:「そうだったんだ~!」

A:「今後も何かあったら呼んでくださいって。助けるからって。」
  「カラスが目についたら、そうかも?って思っていいみたいだよ。」

※何だか、嬉しいし「信じられな~い!」って感じで。(笑)初めてだし。
  やっぱ、何でもありの世界だとつくづく感じた。


私:「今日の出来事は?住吉神社、、懐かしい感じがしたよ。」

A:白龍がきたわ。
  巫女だったのか、なんか氏子?とにかく密接に繋がっていたかも。
  あと、「海」だって。

A:白龍ね。住吉神社の近くの隅田川見える公園で私たちいたでしょ?
  ずっと、見てたんだって!
  でね。上から見てると面白いって言ってるわ。

  なんかね、礼儀正しい者、、、思った以上、、、嬉しかったからご褒美。
  神々のはからい、、、導きって感じみたいだよ。

  雨も白龍が降らせたんだって!

私:「おしるこ飲んで、休みなさいって?(笑)」

A:浄化だったんだって。

私:あの公園のときに頭痛いっていってたでしょ?なんで?

白龍:「防御、、、思わぬエネルギーが入ってきたから。」

A:びっくりしたって感じ。

私:そうだったんだ。エネルギーが入ってきたんだ。

※白龍とヤハウェイが交互だったかな?全部書くの大変かも(汗)
  ちょっと大まかに書くわ。


色々と聞いたんだけど、ヤハウェイに「いつも口が悪くてごめんね。」って
いったんだ(笑)だけど、これが私だし、私らしいの。って言ったら、

「マスターは、どのような個性にも対応できる。対応できなければマスターでは
ない」って言ってくれたし、安心した。

一度、言っておきたかったからね(笑)

私が、こんな時、、、みたいにちょっと不安があることを話したら、

ヤ:テーマが「ゆるぎない確信」

  出来てないと思っているのは自分がそう思っているから。
  何度も聞いているようにハートで感じること。

  アセンションの道は長く、山の頂上に行けば行くほど
  厳しくなる。山頂に近づくほど、山頂が見えずわからない。
  ただ、頂上に着いたときの達成感、そのとき初めて下界がみえる。
  おのずと見えてくる、、、、。

  一度、登り始めたら途中下降はゆるされない。
  容易ではないのは、百も承知だろう。弱音はありえない。って事を言ってたな。

白龍は、以前にも言ってたけど、

  目覚めた人がまだ、足りない。って言ってたな。

私が、少しは増えてきたんじゃないの?って言ったら、種はまかれているが、
まだだ。 事が思っているよりも早く起きそうだ。

光り輝く未来の前は、夜明け前が暗い。
お祭り、来るべきものじゃないものも着ている。
101匹目の猿。
予定に達しておらん。種はまかれている。

必ず光のほうへ行く。最悪のほうにはいかせん。

他のところから来たものが多く、目覚めたものが達しないと
妙な暴動も多くなる。

都の結界が破れる。
政治がくずれる。

基礎のない家に住んでて、おまんらは幸せか?

眠っている龍を日ノ国を一周すれば、崩壊(浄化)させることも出来る。
思ったより深刻。

でも、それは最後の手段だ。それはなるべくやりたくは無い。

おまんらは、迷うことなく示されている。

種まき、天候もきにする。
害虫、注意が必要。
※「種まき」には、全体も感じ、人に接するときはハートで感じて注意も必要という
  ことだと思う。

収穫は秋。9月23日~

5月、7月。
世の中の急激な動き。想像できないような出来事。
経済を中心としている国は危機。

戦力の増強。資本主義の崩壊を喜ぶ→共産主義。
くいとめられる。

本物の政治家は数人。本物が問われる時代。
心してかかれ。

意識だけじゃなく、お金のエネルギーの使い方を示すこと。
貧しい魂たちにエネルギーを正しく使うように促す。

花のように清く慎ましく、魂にしたがって。
アセンションを選択した魂は、どんな事があっても、何度でも起きるまで
目覚めさせなければならない。約束がある。
マスターとは、忍耐、時に叱る(怒るではなく)ことも必要な場合がある。

白龍だたか、ヤハウェイだったか、、、最後には分からなくなった。

一応、こんな感じだったかな?


*  *  *

私の普段の意識とは少々ギャップを感じるが、現実、事が大きく
見えて(見えてきてるけど)、現実に自分が教師として動き出すまでは
実感が難しいのかな?

とにかく、今ここで、これまで通り一日出来ることをやる事かな?
この先のことは委ねて。あとは神のコマとなり動いていくことだと思っている。

*  *  *

そして、今日、、、もう日付が変わったけど。

お天気だった。

空港で見送る前に少し時間があったので、都庁の展望室へ行き、
意識の拡大をすることにした。

「天使の頂」から見てる気分。
高いところから見るのが一番実感できる。
と言う43階にいる私たちも、また上から見られているのだから変な気分だ。

残念ながら、霞があって富士山までは見えなかった。  

一通り見て、少し時間があったので中央公園内にある熊野神社へせっかくだから
行こうかと誘った。

丁度、開花した桜も見れよかった。

熊野神社の境内に入ってからAちゃんが、「よく遠くからきてくれた」
というメッセージを受け取った。

よかったね~。なんて言って空港へ向かうとスゴイ眠気に襲われた。
私がしっかりしなきゃならないのに、道案内人として。

電車で何度も眠りこけ、また大きなエネルギーが入ったのだとすぐに
気付いた。

Aちゃんも眠くなってきたといいはじめ、、、
元気に仲間を見送った後も、家に帰って来てからも眠くて眠くて、
とうとう、夕方にも寝てしまった。
だから、こんな時間にもブログ書いてられるのかも。明日は仕事なのにね。

これだけエネルギーが入ったら、今週は元気に過ごせるでしょう。

この三日間の体験に、さらなる感謝!!!ありがとうございます。

読み直してないけど、変な文章、文字があっても気にしないでね。
おやすみなさい。
後から、直すかも知れません。(汗)

WHAT'S NEW?