スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/5(火)曇り

☆予告☆ ←「試補の道」さんのまね。

本日は、オバマ氏の勝利の日であり。
なんだか。すごい事になってきた。

私にも、あまりにも、色々あり。

今朝、【天皇家からのメッセージ】らしき夢を見て。

チャネリングできるようになった友人からチャネリングを受け。
あまりにも、内容のすごさに驚き。

内容は、日本、日本の民、現状、これから、そして今の皇居内で
起こっている事のメッセージです。

そのチャネリングでは、数日前の自分とのリンクや、昨日その仲間も同じよう
に夢を見ていることから、すぐに、お互いに納得できるものでした。
同じように日本に、メッセージを受けている人もいるそうです。
ただ、気付く人と気付かない人も、もちろんいるようです。

なにやらで、まずは、11月に入ってからのまとめと、
いつものチャネラーさんからのチャネリング内容、仲間のチャネリングの内容。
そして、再度、明日の夜に今回の件で再度確認したい事がらが出てきたために、
いつものチャネラーさんにチャネリングを受けますが、、、

しばらく、その内容を整理し、公開できるものは公開していきたいと
思っています。

出来れば、土曜日までには整理してUPしたいと思っています。

では、とりあえず。。。


☆ここから↓本番。
11月の始まり-1へ

スポンサーサイト
2008/11/8(土)曇り

IMG_1063.jpg

もう、土曜日じゃん~(汗)。一日が、そして、この一週間の速さと言えば。

10月末では、頭もすっからかんで、やっぱ暇だったのに、いきなりだった。

ようやく、一連の流れの全体像が見えてきた。
いつもだが、最初は分からず進み、「え~っ」と思ったときには、もう完全に
そのプロセスの真っ只中。そして最後に完璧性を見る。

11月始めは生まれて初めて救急車を呼ぶか、呼ばぬかの瀬戸際を経験し、
その後はチャネリングなどで時を忙しく過ごしていた。少々混乱ぎみ?

まず、始めに伝えておこう。
天皇家の夢、メッセージは、このblogでの公開は控えたほうがよさそうだ。
そして後で、受け取ったメッセージなどを公開出来るところはと思っているけど、
あくまでも、それぞれのハートで感じたままで、受け止めてくれて良いと思う。

今なら、流れの全体像を感じながら、まとめる事が出来るかも
知れない。一時は「もう、無理だぁ」と思っていた。

まずは、日にちを辿りながら一つずつ。。。
そして、最初から、一連の流れなのだと後で知った。

*  *  *

□今回のプロセスの兆し

☆ 11/1(土)晴れ

IMG_1056.jpg  IMG_1057.jpg  IMG_1059.jpg
ご近所、出世稲荷神社。この日の気は特に良い感じった。

この日は、数日前から東京大神宮と池袋まで行くと決めていた。
家を出るときに、いつも駅に向かう途中にある神社だけど階段で登るために、
しばらく、ご無沙汰だった。

晴れてとっても気持ちがいい。神社も日が当たり、以前よりとっても
気が澄み気持ち良く。

挨拶をして、手前にある児童公園があるので、しめしめ一人?
と思い念願のブランコへ。

IMG_1086.jpg  IMG_1083.jpg  IMG_1073.jpg
↑龍?と思いながら写した。木漏れ日の光が十字に写った。11/2

東京へ引越してきてから、実はブランコに乗りたかった。
ブランコを乗りながら、空を見上げるのは最高なんだよ。
なんか好きなんだよね。でも大人だし。(笑)ナカナカ機会がなくって。

すると一人の男の子が居た。ばれたか。と思った。
名前は「アサヒ」君と言った。字は「朝日」と書くのかな?いい名前だと思った。
アサヒ君と一緒にブランコに乗りながら、楽しくおしゃべりを楽しんだ。
すぐにハートを開いて、家族、勉強、兄弟のことなど話してくれた。

その後、東京大神宮へ行くとこちらは、参拝に行列が。。。
その場のエネルギーを感じ受け取ってきた。
あとは、いつも通りに池袋へ。。。

この日、首と背中が寝違えのように痛かった。

☆ 11/2(日)晴れ

日中は、よかったのだが。。。
夜になって、胃のあたりが痛くなっていた。
何か食べ物が悪かったのだろうか。
眠れずにいると吐き気に襲われ、胃と腸に激痛が走っていった。
しかも下痢まで。。。激痛とで、唸る。
段々、熱が上がっていくのが分かった。
あまりの痛さに、「ミカエル~助けて~。ラファエル~」と言っていた。

異常事態に救急車を真剣に考え、何度も携帯を持った。
ただ、どこに連れられていくのか。。冷静に状況を想像するだけで
怖くて救急車を呼べなかった。
殆ど、眠れずに朝が来た。

☆ 11/3(月)祭日 

仕事があったけど、さすがに休むことにした。
とにかく、吐き気はなんとか治まったが下痢と熱と胃の痛みはまだあった。
一日中、汗を出しては着替え。
薬のおかげもあって、少しは治まってきた。

この日は、先週にチャネリングを予約していた日だった。

今から思うと、このチャネリングは、迷って予約したのだった。
前回、色々と手放したことについての確認だった。
古い信念体系、「役割」「使命」「責任」など。

でも、その内容の確認だけだったので予約メールを手にしながら、
本当に予約を入れるかを迷っていた。
その前のチャネリングから、そう日にちも経っていなかったから。

だけど、ふっと指が「送信」を押した。
何が理由かも定かではないのだが、、、「送らなきゃ」と一瞬だった。

それが、この日のチャネリングだったのだから。すごく納得したのだった。

「これで、今起こっている事が確認できる。。。」

【11/3(月)チャネリング】※大天使ミカエル

□ 昨夜から起きていることについて

肉体的な事はもちろん、ガイアも個人もエネルギーの浄化。
エネルギーを入れ替えている。

ガイアで起こっている事も、エネルギーに敏感な人は感じる。

今、体にくる人。心にくる人。

シフト(地球)も膿を落せないでいる。
心がシフトしていても、肉体が追いつかない。※肉体は三次元にあるから。

三次元的、ガイアも一緒。変換させるべくエネルギー。
メンタル、肉体の部分は、しばらく続く。

チャネラーさんが、
意識は、どんどんシフトするけど、肉体が追いつかないのだよね。

私:「まだ続くのか~~」

休む事。水分を多く摂ること。
周りにゆらがなくなる。影響を受ける。※巨大な集中意識などからの影響など
中心をしっかりとらえること。

シフトして、それに対して肉体が追いつかない。
そうは言っても、肉体も変化している。

私:11月は全体的にも、個人的にもどんな感じ?

色々な意味で明るみに出てくるでしょう。
より、光の部分はより輝いてくる。

一人ひとりが正念場、忍耐の時期。
どう動くか(誠実に)ハートに対し。

それぞれのネガティブが重くなる、中には病気になる場合もある。

□ メッセージ

古い信念体系が剥がれてきて、あなたは信念体系が
必要ないことに気付く、準備をした。

※私はここを逃さなかった→「準備をした」
 え~っ、手放したと思ってたけど(前回の)まだ、準備だったんかい。


これから、古い信念落すべく大事なのが、落したのが引っ張られない
ように、寂しさなどで。

ゆっくりゆっくり完全に落す中で「ありのままに生きる」ということが分かる。

自信を光を振りまいているのと一緒。だから揺らがないように肉体に
光にも影響する。←だったかな?メモが追いつかなかった。

私:今ね、特に食べたいものや、でも時には、これどうなんだろ。
  なんて思うときもあるの。何かアドバイスあるかな?

自分の価値観の中で「悪い」と思うものは、食事や嗜好品、なにであっても
取らないように。
「良い」と思うものだけ取るように。

私:ねぇ、この状態(肉体)今回ので、もう大変~。どうなの?

「大丈夫。大丈夫。」って言ってるわ(笑)とチャネラーさん。

そんだけですかっ!(笑)救急車呼ぶとこだったのに。


*  *  *

とにかく、ミカエルの「大丈夫、大丈夫。」には笑ったけど、安心した。

胃やお腹の痛みはまだ続いていた。
でも、明日は仕事に行こうと思っていた。

11月「始まり」-2へ続く

11月「始まり」-1の続き

☆ 11/4(火)

朝、熱が下がっていた。何度か起きたがなんとか仕事には行けそう。

その日は、米国の大統領選の結果が出る日だった。
仕事中に結果を見ていて、勝利演説で、リンカーンの言葉で語ったとか。。

だって、オバマは、リンカーンの生まれ変わりってトバイアス言って
たから、鳥肌たっちゃった。
なんだか、歴史的瞬間にちょっと感動だった。

↓ここに書いてある。
「試補の道」☆指導者(リーダーシップ)の変化

何とか、胃に手を当てながらでも時間は過ぎていった。

そして、家に戻ってから、早く寝よう。休もうと思いながらも
無意識にPCの電源を入れている。

そこで、見たのが、同じく「試補の道」でUPされていた写真だった。

「試補の道」☆金龍と白龍の現象化 雲

この時は、まだ何が起こるか知らなかったので、
「ふ~ん。龍ってこんな感じで撮れるのかぁ。なるほど。」って感じだった。
って、金龍、白龍についても、全くと言っていいほどよく分からなかった。

そして、テレビでは「日本のミステリー」で私がずっと、昔から気になっていた
フェルメール画伯の絵の事をやっていた。

私は、3、4年前、まだチャネリングを受ける前に
あるファミレスに飾ってあった一枚の絵に逃げて帰ってきた。
もちろん額に入っていたが、それはポスターだろう。

何かを感じ、その時はあまり良い感じには感じなかったので、
体験としては「怖い」のほうに近かった。でも体験としては強烈
で印象に残っていた。

たぶん、その時の絵はフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」と言う
絵だったのではないかと思う。逃げたから一瞬の記憶だけだった。

それから幾度となく、この絵に出合うことになる。
何故か、目に入ってくるし、どこへ出かけても出会ってしまうというか。

前置きが長くなったけど、テレビでは、この画伯の違う絵のほうに焦点を
当てていて、絵画の女性のショールの部分に下にも絵があり、
ミステリーな事柄を語っていた。
モナリザの絵のようなものだった。

寝る前に胃薬を探していて旅行ケースの中を探していると、
引越しのままになっていた、数個のパワーストーンが出てきて、
すっかり忘れていたことに気付いた。

このパワーストーンと、龍の写真、フェルメール画伯の絵と、
これが、次の日にリンクするとは全く思わなかった。

☆ 11/5(水)

朝4時ころまで、お腹が痛く殆ど眠れなかった。薬を飲んで、
ようやく眠りについたときに「夢」を見た。

何か、イザナギ、イザナミのメッセージの時のように、忘れちゃいかん。
と起きたときに、すぐにメモった。

その夢は、あくまでも夢なので前後繋がりは良く分からないけど、

朝、起きてから、早急に知る必要があるように感じた。
仲間の顔が浮かんだ。その当たりの知識は私より知っている
はず。。。最近、チャネリングできるようになった仲間。
メールを打ったけど返事がなかった。朝だしなぁ。

先日、チャネリング受けたばかりだけど、、、とチャネラーさんにメールを打って
いる途中に返信が入り。

とにかくメールがもどかしく電話をかけた。

夢の話をした。
すると、驚くことに彼女も、前日、鮮やかな夢を見ていた。
自分の夢も繋がっている存在にまだ確認してないから。と言う
ことで、夜に電話をしてお互いの夢の確認をしよう。って事になった。

その日の仕事は、楽しみで寝不足も気にならなかった。

帰ってきてから、早速電話した。

この二人の夢の偶然にお互いに笑った。

そして、いつもの存在お世話になった「ヤハウェイ」が語ってくれると思っていた。
気軽にかまえてた。
チャネリングのときは、手帳は必ず手にもつのでいつでもOKだった。

何か、エネルギーが違うな~。
何か言ってるから、伝えるね。

そこから、長い長いメッセージが降りてきた。
しかも、それは【白龍】からだった。(驚)

先に夢の部分だけは、まとめて書いておく。

■彼女の夢→太陽と「指南」と言う文字を鮮明に見ていた。
意味:太陽=目覚めた者の肉体(ライトボディ)光は重要。
    指南=人を導く。
    光→ガイアが光を求めている。浄化が必要。どんなことが起こるかわからない。

■私の夢→茶色っぽい用紙に墨で書かれた文字。秋篠宮さま。そして深い愛。
意味:詳しくは書けないが、今の皇室に関しての現状況。


11月「始まり」-3へ続く
11月「始まり」-2

【白龍からのメッセージ】チャネリング by Aya 2008/11/5

おまえたちは導かれている。
その道すがら、何かを拾うであろう。それは、おまえたちの今後の礎(いしずえ)に
なるかかも知れん。
気付きである。白に黒、表裏一体、統合確認する。
月の裏表。月とガイア。全てが明らかになるであろう。
おまえたちの求める答えは、その中に見出せるのかも知れん。
これから導きだされることは、おまえたちには想像できない。
おまえたちの頭で想像できない、人間の想像できないものが押し寄せてくるであろう。
心して準備するべし。

おまえたちは、進めていく方向へ行く。外れられない。今日の夢も、その道の脇の道に咲く
花かもしれない。ただ、その道には印が書かれているだろう。※印=道しるべ
それは、おまえたちは道にハッキリ示されるので行かなければならない。行動である。
多くのものが動揺する時期がくる。おまえがブレてはならない。本来の道からズレる事は出来ない。

おまえたちは先駆者である。道しるべは沢山出てくる。判断しかねるものが、その中にはあるだろう。
その道しるべにも、おまえたちの名前が記されるであろう。ただ、由々しき(※)ことは、
日本本来の天皇家の日出る国に基づいていた。ガイア意識との係わり合いを
放棄してしまった事が問題である。
※由々しきこと=「神聖であるから、触れてはならない。恐れ多くて、はばかられる」といった意味。
重要、重大とか。

その事に気付いているもの。。。右翼であるかも知れん。極端な話かも知れないが、
日出る国として気付かなければならない事があるかも知れない。
日出る国の民として目覚めなければならない。重要である。

惑わされないよう気をつけなければならない。
おまえたちの魂が重要である。日本の民、神殿を守る意識ができ、覚醒する必要がある。
おまえたちは選ばれしもの、すべてサポートしている。

最後の足掻きを恐れることはない。
闇の想念に打ち勝つために東宮(※神殿)に意識を向けること。
解決するよう成されている。
一番心を痛めているのは**********である。
おまえたちが同じに同じ夢。他にも気付いたものもいるが気付かぬものもいた。
状況が分かれるであろう。
日本、それぞれの国を保つために眷属(※けんぞく)衛で父母となる存在。
※眷属=神使(しんし)は神道において神の使者(使い)と考えられる特定の動物のこと。
その為にも*********************************************************。
神界から届けられている。役割が決められている。
**は板ばさみである。本来、****
闇のエネルギーで平民がコントロールされている。
******************************************************************。
神が選んでしたもの。神は**************必要。

※「*******」はやむなく消させて頂きました。ごめんなさい。

---------------------------------------------------------

わしは、この日本を守る【白龍】である。
元々、求めている答えは日本。火を噴き、木が揺れ、それぞれがちりじりとなって。
治めているのが私である。

我は日本を見ている。その中に天皇家も含まれる。治むる時に治むるものが治まっていず。
我は危ぐしている。

私はただの【白龍】ではない。※映像-龍の両手に水晶を持っている。
「日本は我の形に似せて、私が創られた」
今一度、この時、おまんらがいる意味を考えろ。※ここから「おまんら」を使うようになった。
あまり時間は残されていない。※映像=「3」=「3年」
東宮に光を送る事。
まずは、やれるところからやれ。深刻である。

目覚めている者、まだまだ足りない。おまんらが目覚めるべきもの達を導く。
その為に日本に来ている。おまんらは求められている。※肉体とスピリットを同じレベルに上げる事。
おまんらにとっては、壁が厚いと感じる事があるだろう。本来は壁ではない。
おまんらが、自分本来を信じれば始めからそこに無かった事がわかるはずだ。
何も無いところに幻想を抱いたものもあるであろう。

本来、この時期に生まれることを選択した意味を考えろ。
どうして、そうなったか湧いて来るであろう。
この時期に生まれてきたのは、決めてきた事が我との【約束】である。
【刻印】が魂に刻まれているはず。
肉体のバランスを急いでいる。
そうしなければならない。そうする事によって肉体が変化するであろう。
単に光を、、、光によって入れ替えが必要である。

-------------------------------------------------------------

【国民へのメッセージ】

日本。
望むのは、今この時期のこの状態を放置している事を危ぐ(※心配)している。

我は、この日本列島を守る一存在として、おまんだの意識が上昇すること
変化することを危ぐしておる。

今、目覚めた者は非常に早く進化するであろう。
この三年のうち、目覚める者は地獄と感じる者もおるであろう。

手放すは【我欲】である。
益々混沌とする政治、経済、おまんだは肌に感じるであろう。
まず第一歩は【感じる】ことである。
おまんらは、日出る国の民である。
本来の役割を思い出せ。
なぜ、日本に生まれたか。なぜ日本を選んだか。

一日本を守る我は【白龍】です。

-------------------------------------------------------------

Q:まだ、世の中には気付けない者もいるし、スピリチュアリティを求めていても、興味だけを
 追い続ける者たちもいますがアドバイスを頂けますか?

A:空気を吸うように我はおまんだを見ている。
 おまんらのてんでんバラバラの考えが右往左往している。
 本来、日本の民は心ひとつになっていたはずだ。
 だが、鎖国が解かれ本来の日本国が崩れ始めた。
 由々しきことである。
 おまんらは日本国に生まれたルーツをもっと知らねばならん。
 他の国と比較するよりも、まず日本を知ること。
 日本人とは何たるか。おまんらはそのルーツを知ることが再確認の手始めであろう。
 五色人の中でも、この日本国に生まれた者はお天等さまの力を一番知る民である。
 五穀豊穣、生きとし生けるものへの感謝する事を忘れてはいまいか。
 全てのものに感謝する事を忘れてはいないか。そこが【原点】である。


*  *  *

ひとまず。ここまで。
本当にこれまでのチャネリングでの走り書きの要領が随分と役に立って!(笑)
彼女は、いつもより半トランスっぽい感じだったらしい。
とにかく言葉を流していった。

私?私は言葉がわかろうと、わからまいと、かまわず「ひらがな」を使いながら
でも字を書く続けた。非常に殴り書き状態。

でも、現在の仕事も「聴く、聴く、聴く」事。そして理解とメモの仕事
なので、本当に役にたっているかも知れない。

白龍は、電話するたびに、メッセージも降りてくるので。
ただただ、書いた。

後は、個人的な事も含め、更に続く。



11月「始まり」-4へ続く



11月「始まり」-3から

*  *  *

Q:何か光を送るとか出来ることはありますか?

【白龍】が答えてくれた。
そして、ある約束をした。

私は、近くに皇居の傍で祈ることになる。

そして、その時には、白龍が

我は、白い雲となるであろう。
  必要であるならば、いつもいるであろう。


と言ってくれた。現われてくれるのだろう。その時は写真を撮るね。

11/5、メッセージの合間などに、仲間と話すと、白龍が私にもメッセージ
をくれた。

【白龍】おまえの手元にあるクリスタルを浄化しなさい。
※塩水で2晩浄化。その後太陽でも良い。
それを浄化する。これまでの想念。
希望、未来、息吹として吹き込まれる。その中に希望として蓄えられるであろう。
よく眠ること。※夢でメッセージ。
メッセージに従うこと。
これが夢の中で起きることが重要なポイント。
これからの神道。ポイントとなる事が与えられるであろう。

迷った時はクリスタルに聞くこと。クリスタルは知っている。
おまえ以上におまえだ。それでも分からない場合は、ハイヤーセルフか
おまえをサポートしている存在に聞け。


私は、驚いた!
だって、そのクリスタルって、前の晩に胃薬探していて、出てきたクリスタル
なんだもん。「見てたのねぇ~~~~!」

全部、知ってらっしゃる。

そして、

バラが見えてきたよ。って仲間が言った。
※映像=濃いピンクのバラ

そう、昔からローズの香りが好きで。なんでなんだろう。

【白龍】そのバラは、「自由」だった頃の象徴。
本当に自由だったときに与えられた。何もしなくても愛の象徴。※男性→女性
おまえは抱えきれないほどバラをもらっていた。
バラ→愛の象徴。
おまえは、本来の自由の意味を知っている者。
自由か愛か悩むかも知れぬが、ただ愛は自由を含む。


そんな過去世があったのか。そんなに自由な時が。。。
こんな経緯があったなんてね。びっくり。

私が何か個人的な事になっちゃったけど、ついでに聞いていい?
ずっと、何年も気になっていたのに、聞いてこなかった事。

そしてフェルメール画伯=真珠の耳飾りの少女の絵の事を聞いてみた。
好きと言うより気になる。

【白龍】あの絵にも裏がある。本来の内にはもう一枚の絵があったはずだ。
求めているもの。


私は、「えっ??」って思った。昨晩の「日本のミステリー」←今思ったけど、番組名違ったかも!
フェルメールの絵の事。

やっぱり。モナリザの絵のようなもんなんだ。スゴイ。
この事は、まだ知られていないのかも。。。なんて思っちゃった。

私は、今、美術館で展示されている。行きたいと思っている。と言った。

【白龍】求めている。
二局面(二極性)の統合。おまえの知っているそれぞれを知ることによって
新たなる道筋を見る。まだ知らない二つの。そこから、おまえは何らかのエネルギー、
叡智を得るであろう。そこから次の段階。


そうか、やっぱ行くことになっていた。
やっぱ「気になる」と言うのは必ず「サイン」なんだよね。
そして内容の意味もなんとなく分かるような気がした。
何故、「今」なのかも。

そんな感じで、たっぷり二時間は過ぎただろうか。
とにかく、仲間とも、予想外の出来事にびっくりする事になった。

あまりにも大量の情報に、どうしようか。ブログへ出すにしても、
時間もなければ、確認も取りたいこともある。

チャネラーさんに、先へ予約を入れると「明日23時ならいいですよ。」
「明日なんだ」でも良かった。

*  *  *

☆11/6(木)

仕事もなにやら、余裕な感じで色々調べたりも出来た。

帰ってきてから、チャネリング受ける前に、仲間に前日受け取ったメッセージ
について、確認する事を伝えた。

すると、白龍がまたメッセージを流し始めた。

-------------------------------------------------

【白龍からのメッセージ】チャネリング by Aya 2008/11/6

おまんらは我の体にドロをつけている。断りもなく物を建てている。
おまんらが都会と言っているものは夢、幻、幻想、、崩れる運命。
それを肝に銘じる、覚悟しておく事。

滅びるは、新しきの始まり。
新天地(新世界)本物の神代の国。
それは、日出る国が手本となる。おまんらは選ばれし者である。
身も心も準備せねばならん。その準備できる者だけが住人となる。
すぐ、ふさわしい者となる。
目覚めぬ者は、次の礎(肥やし?たい肥?)となるであろう。

おまんらの目が覚めれば覚める程危ぐするものは、ただ目覚めに関しては
気付かぬ者がいるから、おまんらが危ぐしなければならない。

我が一族は、日本の隅々何処にでもいる。体の中にさえある。気付くものには分かる。

※背骨が龍

----------------------------------------------------

そして、その後いつものようにチャネリングを受けた。

今回の仲間のメッセージは、ちゃんと受け取っているし「白龍」から
である確証もとれた。

今回のチャネリングでは、他にブログでは公開していない部分について
の内容もあるので、今後の流れによってかな?

ミカエルが来ていてくれた。

だけど、殆どは説明と雑談に入ってしまった。

最近、ミカエル忙しくって傍にいないでしょ?
なんだか、エネルギーが「がらん、がらん。誰もいない?」のときがあって。
皆さん、忙しいのだね。と思ってさ。
自動モードの人は、自分でやってって感じだよね。とチャネラーさんも。

「いつも見てますよ」って言ってるよ。(笑)

そうか、でも私のくだらない会話につき合わすの悪いよね。
今、サポートする人がわんさといるのに。

■ミカエルのメッセージ
「真実の目を持ってみてください」


11月「始まり」-5へ続く

☆↓11/8の始めはこちらから。
11月「始まり」-1
11月「始まり」-4から

IMG_1065.jpg

*  *  *

☆ 11/7(金)

とにかく、毎日チャネリング三昧となってしまって、文章を整理する暇も
なく。

この夜に、ようやく清書を始めた。

文字自体は、あまり抜けていなかったせいか、Werdに書くと、意外にも
ちゃんと言葉になっていてホッとした。

言葉は「ひらがな」で書き込んでいるので何だろと思い「変換」
すると、知らない言葉や意味があって興味深かった。

最初にメッセージを受け取った日は、さすがに興奮気味で病み上がり+寝不足
が続いている。※体の声を聞くヒマさえない。(笑)いかんな。
でも、エネルギーがかなり入っていると思う。
多分、サポートしてくれている。だから思ったほど、くたびれてもいない。

でも、このままには出来ない。想像のつかない流れに翻弄され気味。
でも、面白い。
今まで疑問だったことも、白龍のおかげで知ることが出来た。

☆ 11/8(土)

掃除、洗濯をすませ、清書した内容を点検し、仲間が仕事から帰って
くるのを待っていた。仲間はPCを利用していないので、FAXで文章のチェック
をしていたら、またまた白龍が声をかけてくれた。

仲間が言った。
なんか、ほめてるみたいだよ~。
「おまえは、賢いのうぅ~~」(爆)

ほめられちゃったぁ。うれぴ~!と白龍に言った。

昨夜、PCでの打ち込みを全部知っているのだろう。

そして、今もきっと知っている。(笑)

そんで、何だっけ?頭がおかしくなってきたけど。
また、白龍がメッセージを伝えた。

もう、今回には清書の時間がないから、また今度。
電話が繋がるたんびに、この分だとメッセージがきそうだよ。(汗)

でも、とにかく日本神界も、必死なんだろう。

今日のメッセージでも、「目覚めている人が足らん。」って言うから、
「どのくらい?何パーセント?」って聞いたら。

この東京(都会)で3分の2は、本来、目覚めるはずの役割を持って
いる人が足りていない。との事。

ホントにね~。どうしましょう。だけどさ。

とにかく浄化の事も言ってた。

水分摂取、重要だね。

なんで、今こんなに頑張って書いているかと言うと、
今日は、仲間の家での集いの日だし。

そして、来週も何あるかわからんし。一度は整理しなきゃ。(笑)

*  *  *

今回は、11/1~今から考えると、「龍」から始まって、「龍」で終わった感じ。
まだ、続きもあるけど。一旦終了。

その中でも、みごとに「シンクロ」していた。

とにかく、事は自動的に進み、押し出されるように流れ。

やっぱり「完璧」だった。何もかも。サインも含め。

*  *  *

そして、自分のワークもね。

このようなプロセス自体も、客観的に見ることは常に必要で。

だって今、私は「古い信念体系」最後の最後、とにかく手放している
プロセスの真っ最中なわけで。

そこは、忘れないようにしなきゃ。

本来の魂の目的は、私の場合は「自由」。

だから、来週は、今週のことも含め、ゆっくり自分の内側をみようと思う。
ゆっくり見れたらの話だけど。

久々にエキサイティングだったけど、、、ハッキリ言って。「極端」だよね。(笑)

長いのに、読んでくれてありがとう。

少し落ち着いたら、自分でもどうなんでしょう。
今回のブログは、ちゃんと文章になっているのかな?

それさえも疑問。。。ごめん。


2008/11/11(火)曇り

IMG_1060.jpg

あれから、翌日の11/9ちょっと予定より寝坊をして、
仲間の待っている集いに参加した。

ワクワクの予想通りに楽しい一日だった。

でも、まだ私の頭の中では何が起きているのか、少々混乱気味だった。※一連の流れに対し。

自分に現れてくるものが、自分のキャパを超えていた。

その集いでも、チャネリングが行われた。
そして、更に事実が現れてくる中で、後で考えれば考えるほどに、
混乱が混乱を呼んだ。

でも、先ほど、ようやく大きな【選択】をした。
まだ多くは語れないけど、久しぶりに震えた。
でも、yohamは、OKを出しているように感じる。
それが「私だ」と。

誰も理解できなくていい。自分だけが知って自分の真実を知り、
ただ進むだけだった。自分を信じるだけしかなかった。

先日の集いで、
近くの児童公園のブランコに乗っているときに出会った「アサヒ君」は、
lemuさんが、コメントくれていたけど、本当に旭岳の龍神の化身だった
と知った。※白龍と青龍が混ざっていると言っていた。(意識なんだろうけど)

とても無邪気な龍らしく、あいさつに来てくれたようだった。
どうりで、あの時の神社と公園一帯は、次元が違うと感じたほどの
いい気だった。

今でも信じられないけど、lemuさんが言うには、そう言う事はあるらしい。
そして、私には龍たちとの深い関わりもあるらしい事を知った。

私自身、一気に龍神たちの縁と言うものを見せられているようで。
そう言うことに知識があまり無いもんで、ちょっとヤバイ?なんて思ったりして。
でも、必要な知識も必要なときに与えられるだろう。

この前も、白龍に、そして先日も集いに来てくれた存在たち
にも、必要な事は教わった。

昨日、今日は対応だけは、何とかこなしたが、あとは頭の中は
混乱と何も考えられないところまで達していた。
家に帰ってきて、時間が経つにつれ、何か示すように、
開き直ったというか、一点が見えてきた。本当に、ジャーちゃんの伝えて
くれていた言葉やミカエルたちの伝えてくれていたことの真意と言う
ものが、今になって蘇ってきた。

さて、今日は、先日白龍が少しメッセージをくれていたので、その分を
アップする事にする。

-----------------------------------------------------

【白龍からのメッセージ】チャネリング by Aya 2008/11/8

おまんらの汚れた心を洗い流せ。
日本人が日本人としての心を忘れた。売った。
おまんらは今一度、日本人としての原点に戻れ。

それは、水のお清めによる。

おまんらは、目に見えるもの、聞くもの、されるものから、魂を奪われておるぞ。
そんな族(やから=連中)が沢山集まっておるぞ。
もちろん、そうでない者もたくさんおる。だが、そうでない者のほうが多数だ。
気をつけろ。

見極める目はもう出来ているはずだ。自分で自分の身を守る。
都(東京)が都会となった今、おまんらには、それが必要だ。

都は今、都でなくなっている。数が足らん。足らんのじゃ。
忘れているものが、多数おる。

都(東京)は、右往左往している。
本来の都の形ではなくなっている。
修羅(しゅら)※〔仏教語〕戦いを好む悪神。がはびこっておるぞ。

おまんらは、支配されておる。心を抜き取られておる者。
本来、魂みがきをする為に、この日出る国に生まれてきただろう。
されど、心ここに在らず。

おまんらのように目覚めたものが、まだ足らんのじゃ。足らんのじゃ。
このままでは都は滅びる。
神殿を守らねばならない。
おまんだには義務がある。
今やらねばならん。

このままでは3年間に建て替えが起きる。

Q:都(都会)で、どのくらい本来目覚めて役割をする人が足りないの?

白:三分の二足りない。違うものに心奪われている。


-------------------------------------------------------

まっ、相変わらず少々厳しい感じもするけど、メッセージは
ハートで感じるままに、受け取ってみてください。

で、浄化のことも聞いたけど、

白龍もやっぱり、水を飲むことを言っていて。

□ たくさんの水を飲むこと。
□ 水道水は、色々な想念が入っているので、
  出来れば、湧き水や思いのこもった波動の高い水。(感謝)とか。
  「祝福」しても良いと思うけど。
□ 白湯なら、沸騰してから5分は沸かす事。想念が飛ぶ。

そんな感じだったかな。
何にせよ。自分の感じるままに。

でも、私も良いと思えば良いし、悪いと思えば悪いし。って
思っていたけど、いつものチャネリングで、以前は、白湯を飲みなさい。
って言われたのは記憶がある。

なんだろな。ちょっとクリムゾンサークルのシャウドを読んでいた
人には白龍のメッセージに抵抗がある人もいるかも知れないな。

その辺は、本当に自分の中のyoham(核)に聞いてみてね。


2008/11/12(水)曇り

今日は、休みだった。これまでの混乱から選択後、落ち着きを
久しぶりに取り戻した。
でも、龍の事ばかりだったせいかも知れないが、夢で龍の話がたくさん
出ていたような気がするよ。

でも、疲れが残っていて少々気だるい感じかな?
ミカエルのメッセージと光の息吹(最後)が出ていたのでUPしておく。

*  *  *  

〔mixi〕Arrived Energy On Earthより
調和の歌~2008年11月の間のエネルギー~大天使ミカエル
Archangel Michael through Celia Fenn

□調和の歌
 
愛しきライトワーカーたちよ。変化のエネルギーは地球じゅうを動いています。
あなた方が11:11のゲートウェイを抜けることで、地球は新たな意識へのシフトを
加速させる助けをする“新たな光ときらめき”へと高まっています。人類はこの時、
より高いレベルの認識への進化~その新たな段階に入ることを集合的に選択しています。
そしてあなた方は、新たな地球の顕現~その次なる段階である今、そのためにライトワーカー
として働く準備が整っています。私たちはこの新たなエネルギーを惑星・地球が入り
つある「調和の歌」になぞらえたいと思います。それは平和と調和の音楽が…光と音が…
つまり神の創造的な知性が黄金の川のように流れることを言います。その旋律は、
光の新たな時代そして世界的な平和と調和へと共鳴するようセットするものです。

愛しきものたちよ。あなた方はその選択をしています。そしてあなた方は来たりつつある
エネルギーに自分自身を整列させています。変化と移行の過去10年、あなた方は
目覚めるために…恐れと制限の古いパターンから自分自身を解放するために…
そして新たな内なるバランスと調和を築き上げるために取り組んできました。
今、あなた方は愛の…憐れみの…感謝の光の中で地球上で人生を経験することができます。
そしてあなた方は、この新たな生き方へと他の者たちを導くこともできます。

これから年末までの2ヶ月間には、11:11、12:12のゲートウェイと12月の(冬)至という
特筆されるポイントがあります。あなた方は地球の進化の次なる段階のために、
自分の新たな目的と仕事とに整列することになるでしょう。あなた方が蒔いた
“平和と豊かさの種”が奇跡的な方法で顕現し始めるのは、このフェーズになります。

そしてそれは、人類すべてにとって平和に満ちた将来を確実なものとするために人類が
共に取り組み始めることで明らかになっていくでしょう。あなた方は「調和の歌」における
ーダーです。あなた方は愛と憐れみの目で見る方法を…自分たちは本当に地球上で
ひとつの家族だということを知る方法を…他の者たちに教えていくことになります。
精霊たちがソウルグループにあなた方を引き入れることで、あなた方は光の家族と
いう仕組みを理解するようにもなるでしょう。今、あなた方は大きな家族の一員として
地球上のすべてを見ようとし始めています。あなた方は「愛と調和の歌」の中では
すべてを受け入れることができる…というその方法をわかり始めることにもなるでしょう。

愛しきライトワーカーたちよ。あなた方は長い道のりを経てきました。
あなた方は懸命に取り組んできました。今こそ、転生を繰り返して取り組んできたこと
への報酬を楽しむ時です。今こそ、あなた方の人生に豊かさ・平和・愛・喜びを許す時です。

今こそ、神の祝福の流れを感謝と優雅さでもって受け入れる時です。
永い闘いの時は終わりました。あなた方は今、豊かさの黄金の光の中で、容易に・喜びを
もってして、明らかにさせ始めていきます。神の意志の表現としてあなた方が一緒になって
創造することで、地球上の生命という大いなる祝福を…生命の冒険を…理解する時です。
今こそ、自分を低く見たり、恐れたり、罪の意識を持ったり、怒ったり、他の者をジャッジする
といった過去のパターンすべてを完全にリリースする時です。今こそ、その魂の光で
成長・進化するために“すべてはここにある”ということを認める時です。

愛しきものたちよ。あなた方が自分の人生における概念としての二元性とジャッジメント
をリリースし、地球上のすべてが“ひとつの家族”であると認めることで、
あなた方は「調和の歌」の音楽と共に動いていくことになります。あなた方は
惑星上で豊かな・多様な文化を築いてきましたが、あなた方皆は、物質的(具体的な)形で
の神の光の最も愛おしい表現力なのです。

あなた方がこの原則を完全に理解すればこれが、恐れや憎悪を超え、
すべてのものごとの背後にある神の目的を受け入れるように…そのように
動いていけるように…あなたに権限を授けます。古いエネルギーの中では、
あなた方はまるで子供のようでした。その厳しさによって…時には歪められた
感情や恐れによって…あなた方は動機付けられていました。
しかし今、あなた方は光の成熟した存在として光の中に目覚めているはずです。
あなた方は自分の内なる神聖の反射である純粋な愛と憐れみによって
動機付けられるはずです。あなた方は他の者にその神聖を見ることを学んでいるはずです。
その光に従って選択することを学んでいるはずです。
あなた方がそのようにすることで、地球はその聖なる光へと高まり、光の中で彼女の
未来への進化が展開していくための実際的な鍵として地球上に確立されるよう、
彼女は「調和の歌」を響かせます。

□ 2008年11月のエネルギー

11月、太陽は蠍座にありますが、11月22日には射手座に移動します。
太陽・水星・苛性・冥王星は、11月に射手座を通過します。
そして霊的な知恵を意味する第9室で激しいエネルギーを生じさせます。
2009年の新たなエネルギーへ入る準備をするために、この時間を深い洞察・新たな認識
のための時間としてください。

11月13日、牡牛座、金星が支配する第2室で満月になります。
これはアース・ムーンを意味します。やがて来る新たな地球のエネルギーのサイクルで
豊かさと美を顕現させることに焦点をあわせるのに良い機会をもたらします。

11月27日、射手座で新月になります。新年そして新たな顕現のサイクルへの
加速されたエネルギーの中を動く準備として、覚醒したより高い意識で瞑想するのに
良い時間になります。11月27日、この日に冥王星は射手座をついに去り、山羊座へ
と移動します。これは、内なる霊的変化というワークが達成されるという兆候を意味します。
また、地球上で地球自身が新たな進化にフォーカスを当てるようになり、
新たな生き方・新たな構造としてこのような内なる変化が明らかになるという
意味にもなります。それは地球上で本当に祝福された時間になります。

新たな創造の光・喜びへとあなた方が向かっていくことに対し、私たちは、あなた方の旅が
冒険と優雅さに満ちたものとなるよう祈っています!


*  *  *

光の息吹より
最後のエナジーアラート
【抜粋】
10月は一部の人にとって新しいコネクションを運んできました。
物事は少し持ち直してはいますが、天候はまだ適さないようです。多くの愛しい仲間たち
が整列し時が熟すのを望んでいましたが、多くのことが個人の選択を含んでいるので、
物事の進行はそれぞれ置かれた場所に左右されます。

現在多くの地域で突然寒くなるということが起きています。自然は今がその時だと考え
後退しているのです。そしてまた突然暖かくなります。まるで自然が返り咲きたがって
いるようです!とても混乱を覚えますが、これは現在のエネルギーによるものなのです。
今までの通常のパターンはどれも通用しなくなったようで、次に何が起こるのかを知るの
は難しくなるかもしれません。

このように、多くの物事が私たちのサービスと援助を受け入れる準備ができるまで、
私たちは本流から距離を置き、高いレベルの領域で腰をすえてもう少し待っているように
求められています。大部分の自然な傾向として、物事を「修理」してある程度安定させたい
という流れがあります。そして時々親しい仲間のところに戻り、できるだけ回復させたいと
思っています。しかしこれは不可能です。

ですので十分な数の人が手放し、新しい世界を受け入れる準備ができるまで、
そして彼らが周りにいる兄弟姉妹たちに気がつき、チームとしてお互い助け合うことが
できるまでは、かなり大きな揺さぶりが起こることでしょう。

期が熟す前の今、本流に加わることはかなり喜ばしくないシナリオを創り出します。
ほとんどの時間、私たちは目に見えず、何も聞こえず、消えたように衰え見下された
ように感じます。まるで存在さえしていないようです。天使が非物質的な飛行機の中
に存在しているのと似ていて、低く振動するエネルギーには高く振動するエネルギー
は「見えない」のです。古いエネルギー領域に飛び込もうとするからこういうことが
起こるのです。それは逃げたい感情を生み出し、二度と戻りたくないと思うだけでしょう。

私たちが「待機」している間に私たちのニーズがマッチすることがわかるでしょう。
自分自身の時間を楽しみ、何かおもしろいことしていつものようにただ笑って遊ぶことが
できる良い時間かもしれません。

このリコネクションのプロセスには長い時間を要しました。多くの人たちが奇妙で変わ
った夢を見ています。奇妙な音が聞こえたり、何かの存在を感じたり、または違う次元
が私たちのいる場所と融合している兆候が現れます。

咳の発作、腸の痛み、心臓の動悸、そして不眠症もまた、私たちが内部にかかえる古く
て密度の濃いエネルギーの多くを解放して、新しい世界への調整をすすめているサインです。
アセンションのおもしろい兆候のひとつとして、字を正しく書けなかったり適切な文章
を書けなかったりすることがあります。文字を重ねてしまうこともよくあることです。
完璧な綴りと文法を知っていた者としては、これは興味深い体験でした。
そしてそれはさらにひどくなっています。そこで、このメッセージは本当に大切なことは何か
ということと、完璧なことを本当に手放したということを示していると信じることにしました。
ですので、エディターの仕事も苦ではありません。そんなにたいしたことじゃないし、
ただもう私には行けない場所だというだけです。

これは、会話しようとすると昔のよく知っている記憶を思い出せないことにもつながります。
私たちはエネルギーがすべての世界へ移行中です。この世界では細かいことはあまり
重要ではありません。あとはすべて感情とエネルギーだけです。

この世界であなたの脳が機能しなくなったら、どのように生き延びますか?ただ生き
延びるのみです。それを通してしっかりと前に進むために高く振動する部分が私たち、
私たちのソウルの中にあるのです。ただ古い3次元での機能を失うだけのことです。

このプロセスが神聖に導かれていることを信じ、そして古い現実を手放し新しい世界へ進む
ことによって、私たちがいるべき場所へいつでも導かれます。

外側で起きていることが自分とは関わりのないことだと気付けたら、できるだけその崩壊
のプロセスから離れていてください。そして自分自身のサンクチュアリで過ごしていてください。
そうすれば新しい世界とつながり、ソース(根源)と調和することができ安心して過ごせます。
そして、本来の自分自身も守られるでしょう。


2008/11/13(木)晴れ*満月

超、眠たい~~~~!

一日中、立っていても、歩いていても、座っていても。
眠くて目をあけているのが大変~。
仕事中はヤバイヤバイ。

頭が朝から、ボ~っとして、少々痛い感じもするけど、
目が霞んで。。。

先週の救急車呼びそう事件のあとで、色々あったもんで、
上司と同僚に痩せたと心配され、今日は眠いだけなんだけど、
具合でも悪いのかとも思われ。
確かに、痩せたけど。病気じゃないしぃ~(笑)

エネルギーが強いのかなぁ~。

なので、今日は、職場から一目散で帰ってきちゃった。
そしたら、キレイなまん丸お月さんが輝いていた。

書きたいことも、あった気もないでもないが、、、

今日は、まずは早く寝ることにする。もたない。

みんなは、どうだったのかな?


2008/11/22(土)晴れ

IMG_1093.jpg
今日のブーケ。

いきなりだけど。。。

「言葉がない。」

これは、ミカエルに確認した時に最初に出た言葉。。。

ここに来て、こんな「試練」が待っているとは思わなかった。
私のこれまで手放すプロセスのどれよりも、全財産失ったときよりも
辛く長かったかも知れない。
それは、知っていたはずの事が何も見えなくなってしまった事にあるかも
知れない。

いや、これまでの大きな出来事は少なくとも、数日、数時間で
【何が起こっているのか】を知れたから。その違いかも知れない。

「自分を見失う」というものがどう言うことなのかを思い知った。

少し落ち着いたときに、「ロード・オブ・ザ・リング」か。と思ったほどだ。
内容の意味合いはもちろん違うのだけど。
思い出した時点で、正直に感じたことだった。

それか、「オズの魔法使い」のドロシーが台風に巻き込まれた、あの感じ
だろうか。。。

何も信じられない。自分も信じられない。何が起こっているのかも
分からない。

「自分が誰なのか。。。」自分を知らないまま、進むプロセスは時に
酷なものだと思った。

今週は、エネルギーが体験した事がない程にスッカラカンで、
コーヒーカップさえも重く感じる状態で、月曜から過ごしていた。
会社へ行くのがやっとだった。

その前までは泣き暮らした。と言っても良いほどだった。

とにかく「休息」を要していて心身共に、元に戻ったと感じたのは
昨日だった。

何が起きていたのか。。。
頭では理解している。

「これまでの価値観の破壊」「古い信念体系を手放す」こと。

その「名残」。言葉では、これまでの事を思えば、そんなに難しくは
ないだろう。と甘くみていた。

それは何層にもなっているもの。「深く、さらに深くにあるもの」

でも、これもあくまでも私のプロセスで、いつも言うけど、
人それぞれ。

何をどう書いたらいいのか。。。とブログと向き合うのに時間がかかった。

*  *  *

このプロセス中何度も過去のチャネリング内容を確認した。
今起こっている事、自分を取り戻すために。

10/14【私は在る】ミカエルの確認から
今後。。。
「あなたの中にある観念みたいなものを破壊していきます。
今までから考えれば難しいことではありません。」

※観念=対象の心の中でのとらえかた・考え。

観念は、古い信念体系や価値観から来ているものと言うことなのだろう。

10/22【「マインドよ、さようなら」】ミカエルの確認から
「これは、価値観のなごりを手放す。ゆらがなくなるまで。
まだ、かかります。」

「肉体を持ち、培ってきたもの。
本来、スピリットは持たないものです。
スピリットは、揺らいだり、捉われる必要のないものです。」


でも、これまでに身についていた「客観的」に見ることも、気付いたときには
もはや出来ないでいた。

*  *  *

始まりは、確かに【白龍】との出会いだろう。
でも、【白龍からのメッセージ】と自分のプロセス自体は違うもの
である。時は繋がっているけど、また別なのだった。

ただ、【白龍】と【ヤハウェイ】といつもの集いに来ていた【存在さんたち】
は、このプロセスの【仕組まれた】もの。
私のプロセスに【協力参加】してくれていたと今ではわかっている。

今から思うと、【白龍】のメッセージを受けて、私が
【何か出来ることはありますか?】と聞いたところから私のプロセス
が始まったと思っている。

そこから、白龍との約束が交わされ、そして様々な個人的な質問
などから得た答えなど。

そう、ある意味自分で墓穴を掘ったとも言えるのだけど。
「何か違う」とどこかに感じながらも、※白龍の答えがではなく。
自分の行動自体が。
もう、すでに手放していたと思っていた自分への興味や、役割などに関して。
「もう何でもいい」「何もない」は嘘だったのだろうか。

自分が逆行していると感じつつも、あまり知らなかった世界(龍の世界)に
引き込まれるように、好奇心も沸いていった。

初めての体験だった。今までは、クリムゾンのシャウド、本、いつもの
チャネリングの情報のみの世界から、自分は日本の事も今だに
よく知らないし、読んでも「竹内文書」「ひふみ神示」を昔に読み。
自分には難しいし、厳しい内容は自分向きではないと感じてきていた
ので、日本神界などは、神様の名前も覚えられないし、深く追求しよう
とも思わなかった。

だから、今年の春から夏ごろなど、日本神界との繋がりも増えたことに、
自分でも不思議だったくらいだ。
まぁ、天界では繋がっているのだし、意識も繋がっているのだから
あたりまえなのかも知れない。と思っていた。

話が反れてしまったかも知れない。

プロセスの始まり。
白龍との約束。それは「11/16」に実行する予定だった。
皇居に行く予定で、白龍も現れてくれることを約束していてくれた。

「絶対に行くね!」

*  *  *

この先をどう書くのか、、、知らないけど続けます。(笑)
そして、どこまで内容も公表していいのやら。悩みます。

試練【観念の破滅】-2


試練【観念の破滅】-1より

IMG_1092.jpg

*  *  *

「絶対に行くね!」

この時は、たくさんのメッセージと楽しさも混じっていた。
エキサイティングな出来事が続いていたことは、このブログ【11月「始まり」】
で書いていたし、自分も客観的な目を失わないでおこうと努めていたのは
わかる。しかし、かなり深みにはまりそうな予感もあったのは事実でもある。

11月「始まり」-4
11/6(木)ミカエルの言葉があった。
「真実の目を持ってみてください」

この時に、少々忠告らしいこともあった。
でも、「真実の目」自体が、どれが真実とも判断しがたく、どれも真実に思えた。
ブログでも書いたけど、存在さんたちは、自分のことをよく知っているし、
全てバレバレだった。

その真実を知ろうとするばかりに、「混乱」に陥ったともいえるかも
知れない。

*  *  *

さて、問題の11/16の約束の日までの間。
何をしていたかと思えば、11/9(日)の仲間の集いでのチャネリング。
この時に、携帯のボイスレコーダーで、録音をしていた。半分くらいは
録音できただろう。

それは、白龍からのメッセージに繋がるものだった。
そこでも、上の存在さん達には、私の事はバレバレなのだ。と感じた。
私に限ってではなく、みな意識を読まれているのだけど。

でも、その情報の中に、ひとつの可能性としてある役割が浮上していた。
それは、龍とも関係ある。場所的には皇居のあるところとでも言おうか。
それは、とてもとても自分では、想像すらしたこともなかった。

この役割は、よほどのものではない限り出来ない。でも候補として
私に可能性はある。との事。

白龍と約束してから、この流れは何なのだろう?
録音を聞きながら、何度も考えた。

「真実の目」手放したはずの「役割・責任・使命」
いや正確には手放す準備をした。だっけ。

11/3【11月「始まり-1】ミカエルの確認から
「周りにゆらがなくなる。影響を受ける。」
※巨大な集中意識などからの影響など中心をしっかりとらえること。
  ↑ここには、あまり気付かなかったかも。(汗)この事だったか。
   時はすでに遅し。気付いても無理だっただろう。

「一人ひとりが正念場、忍耐の時期。
どう動くか(誠実に)ハートに対し。」

「古い信念体系が剥がれてきて、あなたは信念体系が
必要ないことに気付く、準備をした。」


これだけ忠告あっても、「混乱」した自分がイヤ。←現在は受け入れ自分を許した。

この当たりから、「恐れ」と「孤独」そして変な好奇心。←過去生や龍神などについて。

「11/11【選択】」で書いたように、その大役←これが「誘惑」と捉えればそうも取れる。
昔から白龍、青龍たちは、この役割を行える人を探していたらしい。

11/9では、オーデションのようなものだ。と言っていたけど、
「選ばれる」ではなく自分で「選択」「選ぶ」ものだろう。と大胆にも思った。

で、ブログで書いたように「選択」したわけ。
少々、震えたとこみると無理もあったようにも感じ。
古いやり方か???などと気になりつつも、その時は「覚悟」にたいな感じ
で「選択」した。留まれなかった。

今から思うと過去では、現世でも、過去生でも何度もこういう事があったのだろう。
今思うとやっぱ、古いやり方だ。
新しいエネルギーは全く違う。気楽さがあり、優雅で自由だ。

翌日は、覚悟が決まって、妙に少し落ち着いていたかも知れない。

*  *  *

※11/10~の週が更に色々とあって、今確認の為に仲間へ電話した。
すると、昨日は来なかったけど、今日は【ヤハウェイ】が現れた。
そして、メッセージを受け取ったが、それは整理してから考えよう。

確認だけと思っていてブログを中断したけど、【ヤハウェイ】は
私の今回のプロセスについてと、続けて「感じる」ことについて話ていた。

ヤハウェイの言葉は多少難しく、理解しにくい部分もあるし、
今の私であれば、もう中心にいられるので、中立にいて、
感じることを今、受け取れる部分だけ。それだけで良いと感じる。
後から理解できるものも多いしね。

いったんここで、区切ろう。あら、また夜中になりそう?
まとまるかね~???



試練【観念の破滅】-3へ続く

試練【観念の破滅】-2から

IMG_1096.jpg

*  *  *

さっき電話で確認すると、
11/10(月)にも、電話で話しているようだ。【白龍】と話したようで、

白龍には、仲間の集いのときの【役割】について確認した。
確かに、内容的にはあるらしい。
あと、それに関連する事を聞いたと思う。

何にせよ、なんであんなに混乱していたのかと言えば、
「役割」。。。

たとえば、【白龍】のメッセージを意図せず受け取って、メモって
自分が、ブログに出すことになる。
これは、自然な流れによる「役割」というものかも知れない。
魂の同意があったのだろう。

でも、その後の問題は、個人的な内容も含め、自分に感じるものと
マインドなのかの判断が出来なくなったことにある。

深く考え、時に疑い、でも存在たちの深い愛を感じるときには、何を信じて
良いのか、これまでは自然と現れたことに対して、完璧性を見ていた
私にとっては、この現れ方に対して、どう受け取ってよいかの判断が
出来なくなりコントロールを失った。

先ほど、「意図せず」と言う言葉を使ったけど、このブログを書いて
初めて、発見した。
魂、スピリットから来るものは、「意図せず」が多いかも知れない。
今回の情報に関しては、意図せずの所もあるし、自ら聞いて得た
ものもある。

ただ、違うのは「役割」と言う部分での、この意識だ。
スピリットが最善で選択するものは、もしかすると「意図せず」
が多いのかも知れない。

だからと言って、意図してを否定するわけではない。
自分で結局は選択しているのだろうし、どの道いずれは
本来の道を歩むと思うから。

と、また少々反れた。

11/12(水)は休みだった。
選択したとは言え、かなり憔悴(しょうすい)仕切っていたように思う。

泣きながら「自分が誰なのかもわからないのに、分かる訳ないじゃん!!!」
と訴えていた。

11/13(木)
何かあって(忘れたけど)仲間に連絡した。
選択したあとだから、メッセージはいらない。と心で思っていたのだけど。
予想を反して【ヤハウェイ】&【白龍】と「W」だった。(汗)

しかも、一気に崩してくれた。

【ヤハウェイ】
私が、結構このプロセスは辛んどいと言うような事を言ったのだと思う。

ヤ:おまえが選択している。おまえが困難を選択しているからだ。

私:なんでさ、こんな辛い事を何故選択しなきゃならないの~。
  ※また「困難」を選択してるって言うの?と悲しいやら、認めたくないやら。

ヤ:楽しんでもいたじゃないか。

私:それもあったけど、一所懸命やってるもん。

ヤ:おまえは、やっている。少し休みなさい。
  
私:私は出来る。(この状況を乗り越えるという意味)

ヤ:そうだ、おまえは出来る。出来るから言っているのではないか。
  
この辺で、その「選択」した【役割】について話したのだと思う。

※私が選択した役割について言及している。

ヤ:おまえの役割。
  一般的には、意味がちょっと違う。
  眠っているものを目覚めさせる、配る役目を引き受けてきた。
  本来の役割とは、似ていても違う。
  違うのは、次元が違う。

私:次元なんて分からない。分かる訳無いじゃん!
  ※後からは意味はわかるけど、自分で選択していたことについては。
    でも認識できる意識の違いに苛立ちのようなものも感じていた。
    ナカナカ実際には、自分の選択や、ドラマを創りだしている事に対しての
    認識は出来ないと思う。余裕があれば別かも知れないけど。

ヤ:おまえは波動も、次元も知り尽くしている。
  おまえは今さら、閉じ込められている。それ以外何ものでもない。
  自分の足りない部分。自由だったものの埋め合わせ。「+」「-」
  ※過去生の埋め合わせに、「自由」じゃないものを選択しやすい。
   というような事だと思う。
   
   そのための過程には「良い悪い」はない。
   「あるがまま」本来のおまえ自身、それでいい。

   おまえの表現したいことは準備されている。
   それに続くものも、準備されている。

   おまえの中で、何かフツフツと沸くような事が今後おきるのであれば、
   その道をおまえが選ぶのであれば、進んだらいい。

   起きる出来事に良い悪いはない。
   見せられるのは、選ぶ喜び。
   どれを選んだとしても後悔はないが、心残りはあるかも知れない。

   ※ここがミソなんだけど。
     あんな、決心しておいて、もはやグラっときました。
     ここで、もう「自分が信じられない」と思った。
     揺れにゆれて、また混乱して、何がなんだか分からなくなって。

    おまえが巻き込もうとしているエネルギーは、、?メモ切れ
    本来、必要としているエネルギーとは、始めから喜びであり、
    おまえがおまえらしくあるために、今、喜びの中で準備されていて、
    与えられるもののみ祝福。

    おまえの進む道には、マーガレットがあり、摘まれるためにおまえの
    前にある。

    収穫の実を刈るのはおまえだろう。たくさんの人々のために蒔かなければ
    ならない。

    今宵の夢、己の進むべき道、心捉われないこと。


など、など。。。

ここで、かなりヤバくなって、選択は自由なんだよ。良い悪いもなく、
自分が良いと思うなら進みなさい。。。

この時点で、もう自信が無くなり、「自由選択」自体が喜びではなく
「恐れ」だった。
スピリットに合せれなかったら???

揺れ動いた「選択」に対してどうしよう。。。

と思っていたら。

【白龍】が現れた。

白:おまえの混乱を見ていると、今の日本の民のようじゃ。

白:おまえは「選択」した。

私:確かに選択した。でもごめん。分からなくなっちゃった。※すごい申し訳ない感じ。

仲間が、「いいんだって意識は変化するものだから。いいって。」

白:おまんらの感じるままでいい。


うっ、ちょ~優しい。(泣)
個性は違うが、二人?の存在の意識は、やっぱり愛を感じるために
尚、何をどう受け取り、選択すればよいのか、
龍神さんの世界(意識)ってどうなっているの?次元はどうなっているの?
天界もどうなっているわけ?

やっぱり考えたところで、キャパ超えてるのだから分かるわけもない。
私は、ただただ人間的意識で感じるから、情にも揺さぶられていた。

って、どこがどのように「お試し」として進行しているのか。。。

そして、【白龍】との約束も迫っていた。

*  *  *


試練【観念の破滅】-4へ

試練【観念の破滅】-3から

IMG_1091.jpg

*  *  *

書くの忘れたけど、11/11に、いつものチャネリングの予約を入れていた。
この状況では、確認するもしないも無いのだけど、その時は「選択」したとき
だったので、入れたのかも知れない。
でも、いつもは予想外に早く予約が入れるのに17日だったので、これも
何かありそうだ。と思った。

11/14(土)
まんじりともせず、何度か建て直しを試みて。
もう一度、見直しをかけなきゃ、どうにも始まらなかった。

過去のチャネリング内容も、幾度となく見てきたし、されど答えみつからず。
それで、ノーマさんの呼吸を10分ほどしっかり行ってから、
瞑想した。久しぶりだった。

「神さまのところへ連れていって。」と頼んで始めた。

すると、本来の自分が見えた。
「ここだ、私の場所」「ここが一番フィットする場所」
これまでの「安らぎ」がそこにあった。

良い悪いは全くないが、龍神さんの意識の世界でもなく、
ただ、自分の居場所が見つかった感じだった。
※これが次元なのか、どうなのかは分からないけど。
  また、別の感じがした。

ただ、「安らぎ」で自分がホッとする場所。

11/15(土)
体力は、かなり消耗気味だったので、どこにも行かず、昼にゆっくりお風呂に
入ることにした。

その時に多少でもリラックスしたのが良かったのか。
自分の感じる感覚が蘇った。

「違うかも。明日、本当に行きたいのだろうか?」
「フェルメール展(絵画)についても、自分の感覚では、行かなくてもいい」
行かなかったにしても、エネルギーを受け取ったから、受け取らなかったから
で、自分の本来の道が変わるだろうか。

白龍からのメッセージは、それはそれでいい。
でも、スピリットを信頼し、自分を信頼するだけで、良いのではないだろうか。
フェルメールの絵については、ワクワクしない。ずっと気になって来ただけ。

そもそも、龍神の世界自体、よくわからない。
たぶん、とても強いつながりはあるにはあるかも知れない。
だから、ここまで引き込まれたのではないだろうか?
でも、それは過去において。と言うことなのか。

これが、自分の本心ではないだろうか。

エネルギー消耗もある意味良かったのかも知れない。
翌日、出かける体力があるようには感じられないほどだった。

お風呂から出て、明日、仲間とも一緒に行く約束をしていたので、
連絡をいれなければならなかった。

仲間には、エネルギーの消耗で、明日は身体の声を聴くことに
した。と伝えた。

つぎは、仲間に【白龍】につたえなければ。。。

夜に電話を入れた。
まず、仲間に伝えた。
すぐに、【白龍】が来てくれた。

私:ごめん。絶対いくって約束したのに行けない。

仲間「いいって。それじゃ、白龍も行かないって言ってるよ。」
※雲として姿を現してくれる予定だった。

【白龍】
おまんらは、「神」そのままの形の器だが、魂は神そのものである。
人型は神である。
湧き出てくる感情。お役目を感じて動く。
今一度、原点にもどれ。
おまんらの中に五色人としての刻印、印が出ている。

おまんらは導かれている。おまんらだから理解できる。

光明、光。大きな光。
おまんらが望めば希望。←だったかな?

こころに従うのは、義務である。  

多少、メモが間に合ってないけど、このような事だったと思う。

そして、ちょっと個人的な質問から、

血筋よりも
「血は水よりも濃い」ではなく、
「地」は水よりも濃い。

スピリットは土地(日本)を選んできている人が多い。

ただその中には、この時期に「やじうま」として来ているものもおる。
そのようなものが、事件や事故を起こしている。
アセンションの本来の意味を分かっている魂はしない。

今、19、20歳くらいの母親が、インディゴを育てている。
インディゴ達は、母親に気付かそうとしているが、お祭りに捉われ
気付かない。本来、育たなければならない。
※ちょっと、メモが追いついてない。

最後に白龍は、
「日本について、知りたいことがあれば、いつでも呼びなさい」
と言って去っていった。


何だか悲しくて仕方が無かった。
寂しく感じた。理屈じゃなかった。

11月「始まり」の確認のミカエルのメッセージには、
「これから、古い信念落すべく大事なのが、落したのが引っ張られない
ように、寂しさなどで。」


すべて、ミカエルの予測範囲なのだろうか。

11/16(日)は雨だった。
やっとの思いで買い物にだけ出て、あとは横になっていた。

「これでいいんだ。」
疲れすぎてわからない。

11/17(月)
コーヒーカップも重く感じるほどで、歩くのがやっとだったけど、
いつ回復するかわからないことで、1日だけ仕事休んだからって、
どうにもなることでもないことは分かっていた。

この日は、いつものチャネリング。
ミカエルに逢う(?)のは、やはり安心感があった。
この時間がくるまでに、何から話そう???

【11/17チャネリングから】※大天使ミカエル
チャネラーさんが、どうしてましたか?

なんだか、もう訳わからない。
もうねぇ。。。「言葉もないっ。言葉もありません。」とちょっとふざけて言った。

「メッセージ先にもらう。聞いてくれる?」

「今のあなたに必要な事は、たっぷりとした休息と自分への愛です。
あなたは、この数日間で、自分が信じられないという事、自分を愛すことを失うこと、
自信を失うことを体験しました。

あなたに、今一度必要なことは、大いなる休息。

あなたの愛に今いちど必要なワークであった。

この経験を通し、自分を「我」として大きく認める。

十分な休息を取って、自分を立て直すこと。」

弱った声で、起きていたことを説明した。

チャネラーさんが、
「現実はあって、物事はあるけど、あって無いようなもの。
 肉体を休めて、中心を取り戻すことだよね~。」

続けて言った。
「自分の信じるものだけが、真実であり、どれも真実ではないのだよね。
自分が真実を決める。もしズレたとしても、戻れるし。」
私はチャネラーしているけど、ある意味存在の言葉信じていない。(笑)
自分が決める。自分が主体という事。」

私:「私はこんな体験初めてだったんだよ~。○○ちゃんだって、
チャネリングが始まって最初の頃は、怖い思いもしたって言ってたじゃん。
だから、見極めも出来るだろうけど~。(笑)」

C:「ははは~」

私がミカエルに「まだあるの?」と聞いた。

「まだ、ありますよ。」
ある意味、トラウマになりかけてた。だから「う~ん、そうだよね。。。」

「どう進みたいのかは、回復したらみえてくる。」

すると、ミカエルが言った。

「核が不在ですよっ」※なんか笑ってる感じもしないわけでもない。

「!!!」
「え~っ、yoham(核=真の自己)居なくなっちゃったのぉ????」
「どうしよ~。どうしたらいいの?○○ちゃん!」

ちょっと待ってね。じゃ、必ず身体の中に居るから探そう。目をつぶって。

それから誘導してくれて、
私も自分の身体の中へ入り、探した。

「いた?見つけた?」

「いたいた。だけど、ちっちゃい石ころのように黒くなっていて、隅っこにいた。」
「かわいそう~~~!」※自分のせいなんだけど。
「ごめんね~~~。」

「元の位置にそっと戻して固定して。後は光でコーティングもしてね!」
「大丈夫?」

「うん、納まったみたい。いつもは、あんなに態度がデカイのに、
かわいそうな事をしてしまった。」

ミカエルが
「あなたは、情報に流れすぎてますよ。」

そこを言われると、小さくなるしかない。「はい、分かってます。」

「もう、天界はわからん!」って言ったあとに、
じゃ、最後メッセージもらう。

C:「ミカエル笑ってるわ!」

もう、いいや。と私も可笑しくなった。

あれ、声の張りがもどったかも~。
yohamが戻ったからだ~。ねぇ。

ほんと、ほんと。今日なら音量を上げたよ。聞き取れないくらいの
声だったもん。

ミカエルに「次は体力戻ってからにしてねっ!」と言って終わった。


*  *  *

その前に体力なんとかしなきゃ。って感じだよって感じで、
その後は、ひたすら早めに布団へ入るように心がけた。


試練【観念の破滅】-5へ

☆↓今日11/22の始めはこちらから。
試練【観念の破滅】-1
試練【観念の破滅】-4から

IMG_1098.jpg

*  *  *

私は、あれから、ミカエルの笑いに癒された。姿は見えなくても
感覚で捉える。笑顔って本来、そうなんだよね。癒す力を実感した。

だた、「自分を愛す」ってどうすればいいっけ?と少々ボケ気味だった。

数日して、11/20(木)エネルギーはようやく戻りつつあった。
この期間、仕事のほうではサポートを強く感じた。割りに楽にこなせるように。

そして、混乱最中、「自由」の意味を再確認する必要を感じていて
シャウドの「魂の自由」シリーズをバックに入れていた。

でも、この日仕事中にシャウドを読み進めると。
全く私の状況と同じじゃないの。
「魂の自由?」でセント・ジャーメインとトバイアス特集だった。

ジャーちゃんがクリスタルに閉じ込められた話もだけど、
トバイアスが穴を掘って出られなくなった話だった。

それを見ていたジャーちゃんたちは笑っていたのだけど。

体現シリーズ
「魂の自由Ⅳ セント・ジャーメインとトバイアス特集」P6~
【抜粋】
ある時点で、疲れ果て、あまりに消耗し、喉が乾いた彼は、一瞬、立ち止まり、
自らを地面の中に埋めてしまったことに気づいたのです。穴から地面まで登る方法など、
ありませんでした。方法はまったく、なかったのです。
私たちは、もちろん、反対側に座り、笑っていました(さらに笑) 彼にとってはおかしいこと
でも何でもなかったのですが。けれども、私たちはいかにして、トバイアスが、信心深い人が、
死体を埋めるという自分の仕事を完全に忘れ、どうして自分がそこにいるのかも完全に忘れて、
自分が掘った穴に自らを埋めてしまった、というこの美しい比喩を笑っていました。

【抜粋】
時にあなたは、自分自身に掘った穴からどうすれば抜け出せるのかが、ただ、分かりません。
時にあなたは、別のやり方があるということを忘れます。時にあなたは、自らの信念体系に
あまりにもとらわれてしまい、トバイアスのように、上に行くか、下に行くしかないと考えてし
まいます。
【抜粋】
完全な信頼… さて、それは問題を提起します。自分を裏切ってきた、とあなたが感じているもの、
あるいはあなたが理解しないものを、どうすれば信頼できるのでしょうか?

自分が誰なのかも分からない時に、どうすれば自分自身を信頼できるのでしょうか?

ええ、それは皮肉なことです。それがこのこと全体の、美しさなのです。
あなたは今、自分自身を信頼しなければならないという立場に置かれているのです ‐
制限された物語の中のあなた自身ではなく ‐ 自分もまた神であるというあなた自身を。
あなたは自分自身を愛さなければなりません。


まだ、まだ話は続いているのだけど信念体系の事がいっぱい。などなど。

そう思ったら、きっと私も笑われてたかも。

「あ~ぁ、やっちゃてるよ。」って感じで。
なんか、このシャウドを読んだときに、私のこの体験って、
上では笑えるくらいのものだったのかもな。と思って。

自分だけが、空回りのように苦しんだだけで。
でも、そう思ったら、気がすごく楽になった。
深刻になるもんでも全く無かったかも。

今でも、分からない事は、そのまま残っているし。
自分が信じたものだけが、真実なら。それでいいし。
分からないものも、そのまま保留でいいんだ。と思った。

でも、自分を愛すか。。。。自信ね~。
自分を立て直すのも少しずつ出来てきたけど、どうなのか。と
思っていたら。
11/21(金)の昼休みにmixiで新着メッセージがあった。

自分を愛すことについて。


〔mixi〕Arrived Energy On Earth より

『充分じゃない』って言うのは誰?

最後まで読んで初めてジャーちゃんだと知った。
このタイミング!!!!

Alexandra Mahlimay and Dan Bennack
Monday, 17 November, 2008


何度、あなたは自分に問いかけたことでしょう。「いつになったら私は自分に値する
よいこと・素晴らしいものを受け取ることになるの?他の人たちのために私がしてきた
善いことの報いをいつになったら受けられるの?」-覚えているだけでも限りなく、
あなた方のほとんどはこれを口にしたことでしょう。それは基本的に間違っていないはずです。

あなたは、このようにずっと言われてきましたね。-「自分の好きな(愛する)
ことをなさい。お金は後からついてきます。」-あなたがそうした時、あなたが
みつけたことは、これだったのではありませんか?「私が奉仕することを選んだ
人からは、私は評価されなかったみたい…。」

何度も何度も、あなたはそれを撤回しようとしたかもしれません。それでも、どれだけ
一生懸命試みたところで、「自分は充分じゃない(充分によい存在ではない)」と感じ
てしまうのは、いったい何を意味するのでしょう?よいことが自分に起こらないように
すると思えるようなこうした感情が、なぜ生じてくるのでしょう?

「自分は充分じゃない」という感覚…あるいは「自分がしてることは得意じゃない」
という感覚…そうした感覚が湧き上がってくるのは、どこか深いところで、あなたが
「自分は愛に値しない」と感じているからです。そして、それに関して何とかしなけ
ればならないと思い込んでもいるからです。

自分が愛から切り離されていると感じたその最初の時に、あなたはこの誤った認識
をもちました。たいていの場合、それは幼少期のことだったでしょう。おそらく、あなたは
自分がしたこと、あるいは言ったことを理由に非難されたのでしょう。
「あんたってば、悪い子ね!」とか「悪い子になっちゃダメよ」といった言葉を聞かされ
ていたのでしょう。事態は、あなたの中に引き起こした感情ほど重要なものではなか
ったはずです。しかし今なお、その感情は、あなたの中にあります。

自分の愛する人から「悪い」と言われた時…とりわけ、それが理由で叱咤されていた
としたら、あなたは自分自身について、どうしたら気分よく感じることを望めるのでしょう。
その代わりにあなたは、苦痛を自分のものとしました。そしてさらに、そのような辛い
経験が積み重なり、あなたは「自分が悪い」…それが真実だと信じるようになりました。
まもなく、あなたは「自分には何か間違ったところがある」と受け入れ、「周りからの承認
を得るためには一生懸命にならなければならない」と受け取るようになりました。
そうして、苦しみへの旅が始まったのです。


□ 自分の価値に関しての内なる衝突

「自分は充分じゃない」と感じる時、あなたにはいつも、「愛されるためには、もっと
一生懸命にならなくちゃいけない」と確信する自分の特定の部分があります。
あなたの自己認識の~この孤立した部分は、自分の価値と良さを覚えている自分の
中心的な部分と直接衝突するために存在しているかのようです。そしてこの内なる衝突は、
子供時代には一般的なことでありますが、愛と理解で癒されない限り、
それは大人になっても続きます。このような内なる衝突は、愛を感じる能力を麻痺
させることができます。そしてまた、仕事であれ、遊びであれ、あなたが最も評価する
ことを楽しむことからも、あなたを妨げます。

ライトワーカーは特にこのジレンマに影響されやすいものです。あなたは同情(憐れみ)
と理解をもってして奉仕することにモチベーションを感じているのに、自分がすることを、
自分あるいは他者にとって充分なものと思うことは決してありません。あなたには、
感謝されるという…そして自分であることに報いられるという…気高い希望があります。
そしてその希望が、さらに自分自身を捧げるよう、あなたを励まします。
なのに、結局は取るに足らない結果になります。あなたのマインドは「ちゃんとすべて
間違いなくやった」とあなたに告げます。けれどもハートの中の空っぽな感覚は
「充分じゃなかった」とあなたに告げます。

本当のところ、あなたは踏み車の上にいるのです。あなたは、「ものごとを正しくするため
には一生懸命に~さらに一生懸命に試み続けるべきだ」と条件付けられています。
内側の深いところであなたは、いいことが自分に起きるには「自分は充分じゃない」
と思い込んでいるからです。この思い込みは、子供の時に経験した拒絶・否定にまで
遡ることができます。その時、単にあなたは、他の人たちとの自分の関係にとても深い
溝を感じたのでしょう。


□ 『充分じゃない』って言うのは誰?

『充分じゃない』とは、「よいことが起きるだけの価値が自分にはない」あるいは「まさに
自分のままでは自分には愛される価値がない」と感じるあなたの部分です。それは
あなたの生きたエネルギー=あなたであるスピリットの一部です。それは、神から…
自分の周囲のものたちから…切り離されてしまったと幼少期に確信した時からあなた
の部分になりました。今なおまだ、それは脅かされていると感じています。
あなたの認識のこの部分は、それこそが自分だと思っています。けれどもそうではありません。
それはあなたのエゴの断片あるいはサブ・パーソナリティにすぎません。それは、
あたかもそれ自体が生命をもっているかのようです。けれども、あなたがそれに自分の
注意を向けた時…つまり、「自分は充分じゃない」という思いを自分が認めた時にだけ、
活発になるだけです。実際それは、“自分が思う自分”の誤った認識にすぎないのです。

『充分じゃない』と思う面も、あなたの重要なサブ・パーソナリティのひとつです。それは、
「自分には価値がない」と強く確信しています。そのような経験以外に自分が存在する
とは想像もできないのです。それほどまでに強く思い込んでいるからです。そして、
その面は、遅かれ早かれ、自分は愛されない・欠陥のある人間だということが誰かに
バレて傷つけられるということを知っており、その条件が満たされるのを待っています。
『充分じゃない』と思う面は、破壊活動家でもあるのです。それは、自分という者に関して
「まだまだ充分じゃない、まだ全然ダメ」という思いからあなたが逃れることを許しません。
自分が愛する好きなこと・自分が得意なこと・自分がいい気分になれることを何か
敢えてしようものなら、その行為によって『充分じゃない』と思う面は脅かされ、
あなたがそれをすることを許さなくします。そしてそれはあなたに「自分は本当に充分じゃない。
だって、自分がホントにそうなんだもの。」と告げるでしょう。そうしてあなたはおそらく
何に関しても気分よくなることができなくなるでしょう。本当にあなたが「自分は充分じゃない、
まだ全然ダメ」と信じ込むまで、何度もあなたに思い出させるからです。

『充分じゃない』と思う面は、あなたにとって気分がいいこと・楽しめることを自分から
切り離すように、不信・疑念・セルフジャッジメントであなたを徐々に蝕みます。
そうして、気分がよくなること・楽しめるはずだったことをしても機能しなくなったら、
他の不満をあなたに引き降ろします。そうしてあなたは、“価値がない”という自分自身
のフィーリングに対処するのではなく、その失望から自分を責めるようになるわけです。


□ ライトワーカーの幻想

この響きは耳慣れていますか?あなた方の多くがこれに奮闘しています。
どれだけ一生懸命に顕現させようとしても、ちっとも現実にならない些細な夢に対して、
嫌気や失望を感じてはいないでしょうか。あなた方は、こうした失敗・敗北も自分の
アセンションのプロセスだと考えることを好みます。しかし、必ずしもそうではありません。
それは、ライトワーカーの幻想である場合もあるからです。

この種の幻想は、光の意識をもたらすことのないまま、自分には価値がないという
フィーリングで自分自身を破壊させ続けます。また、「アセンションとは意識において
成長するために自分の好きなことをすることを犠牲にすることである」という偽った
主張もします。しかし、そのような場合のあなたが本当にしていることは、自分の
意識を犠牲にしていることです。それでは、成長などしません。

あなた方の多くが奉仕することを望んでいます。奉仕するという考え方を好みます。
「自分が奉仕している間に世界が自分に感謝してくれるなんて…」と想像して
心地よくなりもします。しかし、ちょっと待ってください。誰がそのように言っているのですか?
言っているのは、あなたですか?『充分じゃない』と思う面があなたのために語っているのでは?

『充分じゃない』と思う面はライトワーカーの理想をあなたに影響させて、その類の
活動に関係させて満足します。けれども、あなたの幸せと喜びがふくらむことで
『充分じゃない』と思う面が脅かされると感じるポイントになるまで、あなたを楽しま
せるだけです。『充分じゃない』と思う面が脅かされると感じるポイントになれば、
それはあなたに「充分じゃない、まだまだダメ。それは私が充分な存在じゃないから」と
思い出させます。そのため、自分というもの・自分であることに関して、あなたは満足する
ことができません。また、『充分じゃない』と思う面は「誰もどのように私を評価するかがわ
からないんだ」とか「私がしていることを誰もわかってくれない」と、あなたに告げます。

「雇い主は私の仕事を評価しない」とか「私にだって愛される価値はあるのに親も
配偶者も私を愛してない」などとも告げます。おそらく「私は敏感で・気づきを得ていて
・愛ある存在なのに、世界のほうがまだ準備ができていないんだ」とも語るでしょう。
そしてあなたにこのようなことを話し終わった時に『充分じゃない』と思う面は、
あなたが気分よく感じることすべてをもう止めてしまうよう求め、そのように結論付
けさせることでしょう。

これがあなたがしていることです。今まであなたはこのように確信していたはずです。
けれどももう一度申し上げておきましょう。『充分じゃない』と思う面は、
実のところあなたなのです。あなたは「幸せになるための…よいことが自分に
起きるための…それだけの価値が私にはない」と信じ込んでいる自分をみつける
ことになるでしょう。あなたがこれに終止符を打たなければ、これを続けるための
ネジを巻き続けることになるだけです。ならば、どうしますか?片隅に座り込んで
バラバラになるのを待ちますか?いいえ、そうではありませんね。あなたが自分
自身としているゲームを見る時間です。


□ その代わりに、あなたにできること

自分の神性と十分につながった愛の人生を生きるに…自分は充分に足りている
と知ってください。あなたは、充分以上に足りています。あなたはあなたの神(神性)です。
神はあなたの中で最奥の内なるセルフとして生きています。神とはそうするものだからです。
あなたは自分の好む時にいつでも~「自分そのままの自分が本当に充分という
わけではない」と言う疑いの声を聞いた時であっても、この見方をすることができます。

自分という者に対してこの高次の認識を意識的に選択した時、あなたは中立不偏の
オブザーバーの位置に立ちます。そこでのあなたには、混乱しているものとして自分
の部分を見ることも、それに愛をもたらすこともできます。あなたはその苦しみに同情する
こともできます。けれども、それが自分の人生を損ない続けることを許さないはずです。

あなたは混乱した自分の部分に、自分が本当は何者なのかを~神の子であり、
また神でもあることを~穏やかに思い出させます。あなたというユニークな人間は
神の持つ聖なる特質を体現する者です。あなたはその部分をホームへと歓迎し、
神の持つ聖なる特質を統合した自分のファミリーとしてその部分を迎え入れます。
あなたが『充分じゃない』と思う面に与えることができる思いやりと再統合という
最高の贈り物は、それを改めて決意することなのです。あなたはその部分に
「私がまさに私であるように、私は完全で、全面的に愛されている」と言うこともできます。
それこそまさに自分と完全性の場=ホームへの帰還を歓迎することになるのです。

自分が愛を預かっていることを…必要とする愛すべてを自分が授けるのだということを…
思い出してください。それから、自分の善きことのために違った方向で自分が注意深く
なっていられるよう願ってください。自分について良い感じを得られたり、自分が楽しめ
ることをする機会、そして自分が誰かにすることを心地よく思ってもらえる機会すべてに
対して自分が注意深くなっていられるよう求めてください。そうして『充分じゃない』と思う
面に、自分の長所を壊すのではなく、保護するようにさせてください。その面をあなたと
神との関係の真実に戻してください。

このようにすることであなたはサポートされるということを知っていてください。あなたが
こうすれば、あなたの人生は様々な方法で祝福されるということを知っていてください。

私は、聖ジャーメイン。


*  *  *

この日、ようやく帰りまでエネルギーがもった。帰りに珍しくお腹も空いた感じ。
栄養つけに外食した。

これだけエネルギーあったら、また一駅くらい歩いて人の多いとこへ、
と以前なら思っただろう。

ところが、出てきた言葉は「めんどくさい」。
自分に驚いたけど、これが本音だったのか。

それで、近い駅から帰ってきた。

誰も裁くものもいない。自分のただやりたい事をやるだけ。

「自分のやりたい事のほかは、しなければならない事は何一つ無い」
それが【在る】という事。

メモに書いてある言葉なのだけど、マインドというか、
信念体系で、どれだけごまかされているかな?っと思えた。

でも、今回の体験を通して、何かクリアになったのかも知れないと感じた。

枠の外から今回の出来事を見れるようになると、全然違うことに驚く。
やっぱり、見失ってたんだな~。yohamごめん。

残りの部分の開放は、もう少し休んでからにしてもらうぞ~。

今回も、文章の確認は一度起きてからにする。
訳がわからないところもあるかも知れないけど。ゆるしてね。


2008/11/24(月)雨 ※祝日

IMG_1094.jpg

今日は、仕事だった。いつもより二時間短いのだけど、
暇だったので、割りに長く感じた。

頭は、以前のように暇にはなったが、時々この前までのプロセスが
よぎる。無意識にため息ついているのに気付くときがある。

まだ正直立ち直ったとも言えないかもな。
頭では分かっているのに自分を時々責めているときがある。

自信回復にも、少し時間が必要なのかも知れない。

「我神なり」の体験が遠い昔のようで。(笑)

でも、不思議なんだけど、二ヶ月ほど、換気扇から
「君が代」が聞こえてこなかったのに、ここ2、3日また聞こえて
くる。
現在は知らないけど、九州地方ではお祝いの唄とされていたようだ。

落ち込んでいたから、「励まし」か?(笑)

この前のブログ書いている途中で、仲間と電話で話すことになり、
少々チャネリングに対しトラウマじゃないけど、情報は暫く遠慮したい
と思ったので、ヤハウェイに来なくていいよ。まっどっちでもいいか。
なんて、思って電話を受け取った。

そしたら、
「チョット待ってきたよ。」

2008/11/22(土)【ヤハウェイ】

私:ヤハウェイありがとうね。
Y:感謝してくれてありがとう。
私:助けてくれて。
Y:私は、助けたわけではない。おまえが選択していること。

良いか悪いか本質はわかっている。
その本質とは、本来の意味をきちんと分かっているか、いないかと言う意味。
起こること全てのその中から、必要なものを選別するのはおまえだ。

おまえの目は、養われている。
あやしいものは、ひと目で分かる。
ただ、惑わされるのは、解決されていない問題がある証。
疑問をもつことを自分自身に、ワインのオリのように。
魂の問題になっているものが落ちている。
※ワインの「オリ」とは、古いワインによくあるようで沈殿物らしい。
 私は、あんまりお酒飲まないから分からなかった。

※そうそう。これまで本やら情報やら、感覚で排除してきたし避けてきた。
  分けられてたはずなんだよ。
  「惑わされる」事については、弱いところなのは知ってる。
  この前、チャネラーさんも、最後は一番弱いところで試されるからねぇ。
  と言っていた。


それを捨てるか、一気に飲み込むのか。
ただ、味わうなら全てのものを飲み込んでしまったほうが、おまえ自身の為。
全てを享受するのはおまえの為。選択。。。
※「らくらく」か「困難」の選択を言っているように解釈する。

飲み込むにも、その中にトゲが入っているかも知れない。
その中に何も害のないものもあるだろう。
それは、自分の身をもって知る。
※「痛い目にあって」知るってことだと思う。

「感じる」とは、おまえたちの世界では、
「心で感じる。」「肌で感じる」

本来「感じる」とは、魂が震えるほどのものである。
本来、魂が「感じる」とは鳥肌がたつようなものである。

その「感じる」を理解していないものが多い。
おまえたちのハートを開き、全てを受け入れ。
すべてを見渡せる位置に立つこと。
人の上の立つことではない。
高台から見下ろす。
確認、自分の状況をいま一度、混乱をきたす世の中で。
本来感じることをしてみたら、どうか。

それを感じてみてほしい。
本来、私はこういう事を言わない。
出来るものだけに言う。
本来の感じること。その感覚を目覚めつつあるもの為にツールとして
「感じる」ことを伝える義務がある。先導をきっている義務がある。
出来ないことは言わん。
ハートで選択すること。
おまえたちは、愛をもって進むことを知っている。

大いなる存在の選ばれし存在の人だから。
私も選ばれ、導く存在である。


*  *  *

確かにヤハウェイの言葉で理解は少しできた。
「惑わされる」ものには、「魂の問題」か。
このプロセスを通じて感じたことでもある。
この時ではないけど、「信念体系のそぎ落とし」とヤハウェイも言ってたな。

「自分は、どうしてそうなのか?」

ヤハウェイは言いたいことを言ったら、
「あら?すぐ行っちゃったわ!」って仲間が言った。

とっとと去ってしまった。

で、電話を切ってからヤハウェイに伝えた。

「【義務】って言葉つかうと、【制限のエネルギー】感じるよ~~~!」
※翻訳段階で、あてはまる言葉って難しいか。
 本当はニュアンス違うのかも知れん。

感謝しておきながら、言いたいことは私も言うし。

【選ばれし存在】に対しても、【選ばれし】って違うんじゃないの?って言っても
まだ使うのは向こうも頑固なのか。時代か。よくわからんね。(笑)

もう、この時には、自分で感じるもので選択しようと思っていたので、
ヤハウェイの言葉にも、捉われないでおこうと決めていた。

あとから文章を読んで、なるほどね。と思うところは、受け入れている。

この電話のあと、一服しながら「感じる」ことねぇ。

とつぶやくと、ポンっていきなり浮かんできたのは「意識の拡大」だった。

そうだ、「意識の拡大」ね。

どう伝えていくかなんて、今は分からない。
必要なときには、スピリットがちゃんと導くでしょ。

先の事より今は自分の立て直しだっつうの。
私も終わったことより、「今ここ」でしょ。って分かってはいるんだ。

そして、一旦ここらで、一掃してもっと感じて必要なもの、必要じゃないもの
を整理していこうと思う。

2008/11/26(水)晴れ

IMG_1099.jpg

とっても元気になった。

それは、一昨日の夜から、昨日の午後までの、引きずっていたものが、
シャウドを通してある行動によって、一瞬と言うほどの早さで、
【ドラマ】から抜け出し、しかも【自分を許す】と言うことがその状態だとすぐに出来て
しまうのを発見した。狐にでもつつまれたような感じを受けた。
しかも【許す】行為自体は、これまでの方法ではない。

「許そう」とする行為自体が、これまでの方法は制限的なエネルギーを反って
与えてしまって、何度も繰り返す現象を起こしていたように思えた。

なんとなく頭ではわかっているから、次は「受け入れる」をやってみたりもするの
だけど。それも時と場合によるのかな?
でもなんと言っても深呼吸は万能薬のようなものなんだけど。

今回もそうだったけど、事の起こっている最中の深呼吸はつい浅く、疎かに
なっちゃって。


で、急に元気を取り戻した私がいる。そしてyoham(核=真の自己)は、
今まで以上に存在感を持ち、態度は更にデカクなった。(笑)

【ドラマ】から抜け出すのは、こんなに簡単なものだったのだろうか。
やっていた事は、シャウドに書かれていた内容(トバイアスとジャーちゃんの伝えている)
エネルギーを感じつくして感じた事を行動と、もうひとつは、意識自体を飛ばした
のか、拡大したのか言葉では、難しいのだけど、三次元的なやり方を超えて意識の
上で感覚を頼りにやってみた。何かが起きたように思えてならない。

ある一つの行動したことに対しては、とても結果としては、制限から自由なエネルギーに
解放したことが、思わない結果を運んでくれた。嬉しくまた美しく。
この結果自体は、元気を取り戻した数時間後に見えたことだった。

今日は、抽象的な表現でしか表せないけどね。

勤務中に、途中から急に全く何事もなかったような自分を取り戻し、
怖いものが無くなって帰りの電車の中では、

「来るなら来いっ」←残りの信念体系を落す分のこと。

と言っている自分に笑いが出そうになった。

で、今日早速来るのかと思っていたら、ちょっぴり忙しくも平穏な日を過ごした。

ほんとうは、明日になって情緒不安定さが戻ってきたりして。なんて
ちょっぴり過ぎったけど、全く心配が無かった。

それくらい、あまりに簡単すぎて、もう一度やってみて出来るものなのかも
よくわからない。だけどドラマ、、、ジャーちゃん的にはクリスタルに閉じ込め
られた状態から、抜け出すってこういうことなのか?
いや、そんな訳ないか、、、では、あれはどう言うこと?

時間が経つにつれ、尚あの時に起きていたのはなんだろう?ただの「選択」に
よって変化したのか?意識的な「選択」をしたのだろうか?

たしかに、「どうやってジャーちゃんは、この状態から抜け出したのだろう?」
って深~く、感覚に意識を向けていたとは思う。
時間にするとどれくらいだったのか思い出せないけど。
エネルギー、意識になにが起こったのかな?

過程は、どうであれとにかく抜け出した。

こんど、この事をもう少し詳しく書けたらいいなって思う。確認含め。

*  *  *

今日、仲間からメールが届き、ヤハウェイのチャネリングの時に
【選ばれし者】と言う言葉を使ったことに対し、
「私が違うんじゃないの?」って言っていたから、仲間が聞いてみたんだって。

その真意→「選ばれるとは誰かから選ばれるのではなく、自分から手をあげた、
自ら志願した者達の事を言うみたい。」

と言う内容のメールが届きました。

そう考え、流れで「義務」と言う言葉を感じると、私が感じた「義務」と
ニュアンスは違ってくるんだよね。
義務自体も「自分で選択」したもの。になると思うから。

そしてこの時に考えたんだ。
この私が言うのもなんだけど。。。(笑)
確かに、美味しいことや、うまい事を言って、「優越感」などを持たして
近寄ってくる存在なども多いのだろうけど、そこに警戒する事自体も
もしかしたら、すごい二元性を含んでいるのだろうか?
とちょっと感じて。

どこか「そんな言葉に引っかからないように。。。」「傲慢になる」とか警戒する
のかも知れない。
そう思う、私も「制限」を含んだエネルギーだよな。なんて思ったり。
意識を持つと、必ず裏にあるエネルギーがある。
だからトバイアスは、たとえ悪いと思えるような考えであっても、人がどう思おうと
言ったり伝えてみてください。自由に流れさせて見てください。コントロール
しないで下さい。そして、そのエネルギーが何を運んでくるのか観察してみてください。
って言っていたんだよね。きっと。

って、今回の体験を通して感じたことだった。

健全なる警戒心は必要なんだろうけど、中心から全くズレず、しっかり核を捉えた
状態で、私のようにならない人には、「言葉自体」は、何にも影響するのもでも
ないのかも知れない。完全に「スルー」して「あっそう。」くらいのものかもね。
だから、何にも捉われないのだよね。本来であれば。。。

そんな感じかな?

2008/11/29(土)晴れ

IMG_1097.jpg

「ようやくここまで来た。」正直な感想だ。何度も思ったことだけど。

昨日、けっこう集中して忙しい時間を過ごした。少々人の話を聞き続け対応
に疲れた。色々な人がいる。こんな事は時々あって普段は「やれやれ」くらいなのだけど、
昨日は、休憩時間に外に出たときに、ふっと出てきた言葉が、

「このままで充分。私は、このままで充分すぎる程充分。」だった。

この言葉が、腑に落ちた。

これまで、自分の中で「自分を愛する」ことに対して、どんなに愛せるように
なったとしても、受け取れるようになったとしても、まだ、いろいろな意味で「不足」が
時々顔を出していた。

今回のは、ただ歓びの部分から「自分を愛する」を感じたのではなく。
心の底から、腹の底から「腑に落ちた」。この感じは明らかに違う。

「生きているだけで充分」とも置き換えられるくらいの深い意味。

「どうして見えなかったのか。。。」理屈ではないし、マインドとは違うし、
でも、それを感じてから急に身体の力が抜けるように「ヘナヘナ」っとした。

*  *  *

☆ 11/26にブログで書いた【起こった】こととは?

11/25に日付が回ってまもなく、まだ精神状態がうつうつとしていた。
その時にメールが届き、なにげに読んだ。

友人からのメールで、その時の私には受け入れがたく、更に気持ちが沈んだ。
苦しくなった。でも、友人のほうは、全く悪気があったわけでもなく、その真逆と
言っても良いだろう。それは、分かっていた。

翌朝から午前中は、その気持ちが占めていた。
私は、「何もこんな時に。。。弱り目に祟り目だぁ」と気分はなえていた。
その出来事について、色々な角度から見ていた。
全く意図されたものではなくても、自分の感じたものは正直に認めようと思った。
相手に伝えるのが、ベストか。私が、このまま心にしまう事がベストなのか。。。
そのまま相手が知らないというのも、友人にとってはどうなのか。

私は、これまで、たとえ歯についた海苔であっても、自分だったらどうして欲しいかの
基準で出来る限り伝える努力をしてきた。見て見ぬ振りをするのは簡単だけど、
時に伝えることは、勇気が必要な事もあった。それで信頼関係も作れたようにも
思うけど、その逆で恨まれることもあったと思う。
でも、今回は特に迷った。友人を傷つけてしまったらどうしよう。。。。

その日の仕事は余裕が少しあった。
シャウドを持ち歩いていてもナカナカゆっくり読める時間はなかった。
接客合間にちょこちょこWebから読んでいた。
体現シリーズ「魂の自由」の続きで「コントロールを手放してください。」が目を引いた。

体現シリーズ シャウド10
「コントロールを手放して下さい」- トバイアス特集

【抜粋】
あなたは自分自身を出してあげることを、あまりにも怖れて
いるため、自らをコントロールします。他の人を傷つけるのではないかと、あまりにも怖れて
います。それはあり得ません。私を信じて下さい。他の人を傷つけることなど、あり得ません。
あなたが今ある、この意識の中では。それは「古いエネルギー」の性質です。
ええ、いまだに互いに傷つけ、傷つけ合ってしまう人間はいます。しかし、あなたは
それを超えて行ったのです。それは、低い壁の向こう側に立つ、ということです。
あなたが制約なしに、制限することなく口を開くと何が起きるかを、見て下さい。
【抜粋】
正直であること… オープンであること… 無制限にエネルギーを流してあげること…。


グッとこの言葉に引きつけられ、ただ、この言葉の真意とエネルギーを感じた。

「これでいいの?トバイアス。」
私には、伝えるか伝えないか。どちらかだ。

あとから思うと、これまでの考え方というより、トバイアスの言葉の通りに
「行動」に関しては自分を信頼して、更に超えていくことだったと思う。

お昼休みにしばらく携帯を手にとりながら、メールか、電話か何もしないか
ギリギリまで迷っていた。

「トバイアス!やってみるよ。」

携帯から元気な声が聞こえた。
友人の気持ちは充分分かっていたので、まず受け取っている気持ちは
ちゃんと伝えた上で、正直な気持ち、感じたことを伝えた。
少しエネルギーは重くなってしまった感じだった。

「○○ちゃんが、そう感じたのならゴメン。」と友人は言った。

もう、その時点で後悔してきていた。
「気をわるくしないでね。気持ちは本当に理解しているから。」

それから、デスクに戻って早速トバイアスに言った。
「トバイアス、やっぱ信じてやったけど、もう、すでに後悔。駄目じゃん。駄目だよ。
傷つけてしまったよ。どうしよう。」

*  *  *


「このままで充分」-2へ

「このままで充分」-1より

IMG_1026.jpg

*  *  *

最近では困難なことは殆どスルーする生活に慣れてきていた私に、
弱った私に追い討ちかけるような出来事が起こった。

めったに無いのだけど、接客中に上司の指示と手際の悪さと処置の
悪さで、お客さまに大変な迷惑と時間をかけてしまった。

この時は私のヒアリングで何度もお客さまが何を望み、必要としている
かを上司は、自分の経験で、それを無視して自分の判断を進めようとした。
上司の意見は一応選択としてお客さまに伝えても、希望は私の聞いたものだった。
何度も、お客さまの意向を諦めず上司に伝え続けた。

お客さまは混乱し、時間がもう無いと去った。
上司は、自分を正当化しようとしていた。

笑いも出なかった。「何なの?お客さまがかわいそうだ。」と久しぶりに
腹がたった。

何で続くかな~~?今度の信念体系を外すのは、元気になってからに
して。って言ったじゃん。
弱ってるときに、続けなくたって。。。私が変なのか?私がおかしいのかな?
きっと、私の精神状態が弱っているせいだ。。。

「いや。何かある。こんな事が続くのは、これまでに無かったことだ。
何だろう?」

自分に起こっていることを確かめたかった。
また、これも「ドラマ」のはず。。。。自分で創りだしているもの。

「ジャーちゃん、クリスタルからどうやって出たっけ?」

「魂の自由?」「コントロールを手放してください」の文字を
目で追いながら止まるところを感じ続けた。

【抜粋】
アダマスは、彼がいかにしてクリスタルにとらわれ、あらゆる手段を講じて脱け出そうと
したかについて話しました。彼は力を使って脱け出そうとしました。泣き叫んで脱け出そう
としました。懇願して脱け出そうとしました。心理分析をして脱け出そうとしました。
あらゆることを試みました。そしてついに彼は、自分が自分の現実にある道具しか使って
いないことを学んだのです。

彼は超えて行かなければなりませんでした。超えて生きなければなりませんでした。
彼の現実の基盤を文字通り、拡大しなければなりませんでした。
なぜなら、彼が自らを制限された存在状態に置いたからです。


「超える」か。。。。「拡大」。。。。感じていた。とにかく読み続けながら
この時は、仕事中だという事をちょっと忘れて集中していた。

そして、一瞬にして抜け出した。
自分の【ドラマ】自体が愛おしさまで感じた。
心が痛む、腹が立つ。どれも、外側から感じ微笑むことさえ出来た。
「いいの。いいの。」

そして、試練やトラブルなども全く無かった状態の自分に立ち返った。
急に本来の自分が戻り、エネルギーが戻った。

「あれ?何が起こったの?」「簡単すぎる」

*  *  *

その後、仕事のトラブルは。。。

時間をおいてから、再度お客さまから連絡あり。
別の職員が対応しお客さまの要望どおりに対応済みとなっていた。

その報告を対応した上司に聞いたときに、まだ少し正当化を残していたので、
私は「すみません」と一応謝った。
すると、その上司も「対応が未熟ですみません。申し訳ありませんでした」
と私に誤ってくれた。

スッキリした。
何が起きているかは分からないけど、友人の事だけ気になりながらも
この抜け出せたことは、ある意味、友人のがきっかけとも言える。
そんな事を考えていた。

そして、その夜にyoham(核=真の自己)に聞いてみた。

「昼に電話をかけた友人に電話してみようかな?どう?」

yohamは「しよう!しよう!!」と乗り乗りだった。

留守だったので、メールで「おかげで、この事をきっかけで、元気を取り戻しました。
だから、気にしていたら、気にしないでね!」と元気になる経過を簡単に書き送った。

その後メールが届き、「私も反省していたんだ。」と気付いた事の内容を
書いてくれた。

嬉しくなって電話で話したときには、全くお互いのこだわりも何も無かった。
友人は言った。
「これは、何か悪いことが起こっているのではないな。」って感じた。
そして、昼の電話のあとに目の前の車のナンバーが「777」「888」
と続いていたんだよ。

「すご~いっ!!」とお互いに笑った。
テンション高めの会話が続いた。(笑)

今度は、私がトバイアスに誤った。疑ってごめん。
こんな歓びが還ってきた。こんな結果は予測もしてなかったよ。
「ありがとう!」

何だかわからないけど、感謝した。

【抜粋】
あなたは今、手放す場所へと、本当のあなたになる地点に達しつつあります。
通り抜けるのは困難であり、困難なプロセスです。それはあまりにも簡単に見えるでしょうが、
あなたが本来のあなたになるために、物語を手放すのは困難なことです。
【抜粋】
ここでまた繰り返しますが、これもまた私たちが信頼について話したことと同様です。
少しだけする、というのは駄目です。自分自身に対するコントロール、自らに課した制限という、
すべてのコントロールを、もはや、手放す時なのです。


*  *  *


「このままで充分」-3【確認】へ

☆ 2008/11/29(土)の始まりは、こちらから↓
「このままで充分」-1
「このままで充分」-2より

IMG_1095.jpg

*  *  *

【11/28(金)チャネリング】※アダマス・セント・ジャーメイン

チャネラーさんに、簡単に今回の流れを説明した。

私:先に「核」の部分を見てくれる?

C:「平常だよ。大丈夫。何から聴く?」

私:まずは、友人に対し制限をはずして、自由にエネルギーを流して伝えた結果が、
  思わない方向へ良い結果として現れたことについて。

A:あなたの今まで抱えてきた信念体系、今までの価値の中に、
 それは、○○○(私の名)と言う生を受けた時から守り通してきた、情愛
 だったり、抑えて(留めて)来たことだったり、あなたの思考によって、あなたは必要
 じゃない思考の産物、信念体系をコントロールして、それが言葉となり感情になり
 自分を苦しめたり、喜ばせたり時にはありました。
 あなたにとって当たり前であり人としてインプットしていました。

 しかし、ここで本当の自由に目覚めました。気がつきました。

 私たちは、【ギフト】としてメッセージを贈りました。※シャウド体現シリーズ「魂の自由」
 そのメッセージをキャッチ出来るところに至った。

 キャッチし、実現(一個)しました。自由を獲得しました。
 あなたは、【自由】は何かを【体現】しました。

C:相手の友だちもその時体験したんじゃないかな?

私:私がジャーちゃんのクリスタルに閉じ込められた時の事を感じ、
 一瞬で抜け出したことについて。それと「このままの私で充分」って思えたこと。

A:信念体系とは、あなたが創造によって創りだしている。
 そして、全てがあなたから始まっている。私たちは、この信念体系によって
 自由を奪われ、そして、しかしながら信念体系によって学ぶことをしてきました。

 あくまでも、信念体系(&価値観)は、私たちの創り出している創造物。
 信念体系で創り出しているものに苦しむことを選択している。

 しかし、あなたがそこが自由ではなく、本当の自由を選択したときに、
 【選択】自体が、必要なくなる。(泡と化して無くなる)
 苦しむ選択もまた、学びを行うために必要である。
 本当の【自由】には必要ないことである。

 それを【体験】した。

私:そうすると、この体験には何が起こったの?

A:大いなる存在のエネルギーによって。

私:と言うことは、これまで徐々に信念体系を外し、少しずつ価値観を
 手放してきたから、ここまでこれたって事?

C:そりゃそう。ここまでこなきゃ、この体験は出来ないよ。
  これが、「愛によってとける」を感じた事。

私:「嬉しい~。 まっ痛い目にあいながらね~(笑)」

A:体験をした。大いなる存在により導きの体験。

C:私は私なんだけど、【コントロールの無い私】。

私:「ねぇ、そうなんだよ。「選択する」ってあるじゃん。この前気付いたことだけど、
   【○○を選択します。】【○○を手放します。】とか。私が思うに、
  これだって、何か違うもんね。【制限】【コントロール】が入ると違うんだよ。
   自分では、手放そうと思っても、反って増幅させたり、繰り返したりする事があるし」

C:「そうそう。信念体系の中では必要だったりするけど、信念体系がなくなると全く
   何も必要ないの。」


私:「ねぇ?今日答えてるのミカエル?」←疑いの目。
  「ちょっと聞いてみてよ。ジャーちゃんじゃない?
   ここんとこ、ジャーちゃんのメッセージ読みまくっているし。」
  「ちょっとだけ。(笑)」

C:「え~~~ぇ、横文字いっぱい。ヨーロッパって感じ。」
  「なんたら、かんたら、伯爵って言ってる~~~。」
  「私、横文字弱いんだよ~~~。」

A:「それは、ジャーちゃんに近い。怪しい。エネルギーは?(笑)」
  「サンジェルマン伯爵?」

C:「セント・ジャーメインっぽい。ミカエルも傍にいると思うけど。」
  「なんかね~。貴族のような服を着てるわ。」※これまではローブが多かった。

私:「ジャーちゃん、シャウドでも色々な名前言ってたし。」←「魂の自由」で。

C:なんか、おちゃらけてきた。(笑)※バレたと思って笑っているようだ。
  「私は、何者にでもなれる。」って言ってるよ!

A:「ある時は、、、、---------」←名前を複数言ってるようだ。

私:「やっぱ、ジャーちゃんじゃん。」(笑)「うける~!!」

  「私は、これから楽しむぞぉ~~~!」※ジャーちゃんに言ってる。
  「本当に長かったわ。ちくしょう。辛かったもんね~。」

  「でもさ、今日は、本当に夕方になってポンって【このままで充分】って言葉
   が出てきたことにも驚いたんだよ。私は、このまんまで充分すぎるほど
  充分だって腑に落ちた。」
  「それが、腑に落ちるまでの長いことったらね。」

C:「ここまで、来たね~。ほんとね。これからより一層、色々なものが見える
   (分かってしまう)し、これまでの自分とも違ってくるし、ただただシンプル
  になっていくよ。色々なものが変わってくるよ。」

私;「えっと~。なんか他の質問はどうでも良くなったわ。」
  「こんなメッセージもらったし、今日は祝いだ。祝い!!!」

私:「って、まだ、この間みたいな事はあるのかねぇ~~~???」←今回のようなお試し。
  「ちょっと、ジャーちゃんに振ってみて。(笑)」

A:「期待します!」

チャネラーさんと笑った。

A:「あ~ぁ、まだあるさね~」

C:「っていうより、信念体系に後ろ髪引かれるって感じでね。
  揺らがなくなるまでだからね。揺らがない=自由。

私:「そうだよね。。。あ~あ。」


私:「で、本当に思うわけ。何でこんな簡単なことが分からなかったのだろう。」って。

C:「近すぎて見えないんだよ。」←確かにシャウドの通り。
  「そして、ここまでこなきゃ分からないものなんだよ。」

私「ふ~む。。。疲れたよね。(笑)」
 「じゃ、来月の12月のメッセージもらおうかな?」

A:全体のメッセージ、来年からのを伝えてくれた。
 「来年、幕開け。※立春ころまでは12月、1月はこのまま清算の流れ

 新しいエネルギー、新しい地球が誕生が始まりつつある。
 より、我々宇宙意識、全てのものでの共同作業が求められる。
 調和が生まれ、そしてその逆(苦しみ)もまた生まれる。」

私:「げっ、1月まで続くのかい。ようやく11月が終わるので、ホッと
   したのに~」

C:「まっ、全体の流れだから。(笑)」

私:「ジャーちゃん、忙しいのにありがとう!」


*  *  *

終わってから、
「あ~っ、メッセージをキャッチ出来て良かったぁ!!」
「本当に気付いた私にエライ!エライ!だ~。」「ギフトだったのかぁ。」

チャネラーさんも
「ほんとにね!良かった良かった。」

て、言いつつまだまだ、信念体系っていうのは、一人に対して
かなりあるはず。。。そう思うと気が遠くなる気分だけど。(笑)

この会話の途中にチャネラーさんに、この時はどうだった?
ってきくと、忘れちゃったけど。。。※どんどん忘れっぽくなるようだ。

「あ~、まだあった!と思ったら、愛に溶かされるって感じになっていくよ。」

そして、
ある程度までいくと、至福(恍惚感)→至福と共に静寂へ宇宙の彼方へと言う
感じで流れていくようだ。

前回のチャネリングのときに、「○○○さんは、これから至福(恍惚感)へ
入っていくのだから、いいじゃないですか。
ある時点で、自分の事も一瞬で知るときが来ますよ。」と言っていた。

それは楽しみなんだけど、もう少しだ。と自分を励ましつつ。。。

しばらくは、慎重に自分の信念体系に意識して。気付いていこう。

サポートのみなさん全てに感謝、感謝。


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。