FC2ブログ
2008/9/20(土)曇り

IMG_0962.jpg

空はすっかり秋の空。。。って

いやいや、全くどこから書いていいやら。
何もないって言えばないし、あったと言えばようやく一昨日に
意味を理解し、そして昨日、ある意識のリリース。

それは、9/1のチャネリングの確認が終わる頃に始まった。
そのときは、大天使ミカエルだった。

ブログには載せなかったけど。どんな展開がまっているか知らなかったし。。。

私は、自分のチャネリング能力に不満、いや壁があると思っていた。
それは、自分の意図して繋がりたい存在を繋がるということや、
無意識で、聞こえてくるメッセージや言葉だけじゃなく、以前から双方向
の会話やどの存在かなど認識できるようになりたかった。

私は、あるときから、上では蓋があって普段は声をかけても返答ないもんだから、

「蓋閉めてるんでしょ~!」なんて言ってた事もあった。(笑)

時には、時期が来るまでは、仕方が無いことだ。まだ今じゃないんだ。
時々、ギフトのようにやってくるメッセージは、向こうで調整してやっている
事なんだから、それで最善なんだ。と思っていた。

しかし、東京でチャネリングスクールを見つけた私は動揺した。
これで、出来るようになるのかな?
でも今さら、必要ない気もするし。

格安ではあるけど、伊勢に行くか、
スクールか、はたまた北海道にも年末には帰りたいし、
私のわずかな貯金では、どれかひとつの選択しか出来ない。

でも、やっぱりそこを確認したかった。

「ミカエル、私このスクール必要かな?」
自分の感じるままに話をした。

「ミカエル、そちらで蓋かなにかあるわけ?」
「どうして、私は意図して出来ないの?」

チャネラーさんも、以前からもう出来ると思うよ。と言ってくれていた。

「あなたには、スクールは必要のないものですが、行きたいと思ったら行きなさい。
私たちの存在と次元的な壁をなくすこと。壁がなくなったときには、必要ないです。」

「自分への自信がないときに、壁はつくられている。しかし、壁があって
出来ないのであれば、受けてもいいのかも知れない。」

私は、やっぱ自分の問題だったのかと思った。
また、心で揺れた。

「あなたは、チャネリングをすご~く大きなもの、壮大なものと捉えていませんか?」

「???」「う~ん。。。そうなのかなぁ~。」

「キャッチ→壁がない。 もっと身近なものなんですよ。」

「同じメッセージでも、チャネラーによって、言語、受け取り方によって
みな同じではない。」

「あなたは、メッセージやエネルギーを感じています。」

すると、ミカエルがいきなり何か始めようとしてくれていた。
チャネラーさんが、「教えてくれるわ。いいみたい。ちょっと伝えるね!」

「ハートチャクラ(センター)に意識を移動して、頭を空にして感じてください。。。」

チャネラーさんが「メッセージ送るって!」
そして、付け加えた。
「頭は空にするけど、メッセージは受け取るから意識はあるからね。
コツがあるんだよ。最初からは誰でもうまく出来ないよ。深呼吸も大事だからね。」

私は、いきなり始まったので心の準備もなく緊張した。
せっかく、ミカエルが私にメッセージを伝えようとしているのに、
受け取れなかったらどうしよう。申し訳ないという思いになっていた。

「。。。。。」
「だめだぁ~!受け取れないよぉ~」

段々時間も押し迫っていた。
「ミカエルこれからも教えてくれるみたいだから、今後、少し続けよう」

「じゃ、日々受け取る練習し、受け取ったメッセージの確認をしてくれる?」

それで、ミカエル、チャネラーさん、私で了承!


本当にいいのかしら?とても嬉しい反面、ミカエル忙しいのじゃないかな?
相変わらず二元的、三次元的な発想しか出てこない。(笑)
後から気付いたけど、ミカエルは無償の愛を示していた。
わたしは、受け取れないと言う昔のクセが顔を出していた。

とにかく、この流れに感謝して、まず意識を移動して、頭を空にする練習から
だな。と思った。

最初の頃は、【何もない】状態が続いていただけに、久しぶりにウキウキ
した。どんなになるのかな?

それからと言うもの、出来るときは、1~2時間くらい、ひたすらメッセージ
を受け取る。。。というより頭を空にする、意識を移動することを
色々試した。

ところが、ハートに意識しすぎてハートが痛くなったり、待っても受け取れず、
いつも間にか違うことを考えていたり、寝てしまったり。結果は散々で、
一度だけ、メッセージらしきものを受け取って最初の週は終わってしまった。
自信は、さらになくなっていった。

「ミカエル~!自信をもたせてくれ~~~!」と叫んでいた。

*  *  *

次の予約は、9/10にしていた。
この日は、休みだった。
予約時間の一時間前くらいから、エネルギーを感じ、体がだるくクラクラしてきた。
さすがに私でも、何度かこんな体験をするうちに大きなエネルギーが入って
きていることは、理解できるようになった。

私は、これ以上は耐えられなくなると思い。
「どなたさんですか~~~?ミカエルなの?もうスト~ップ!!!」
もう無理と少しベッドに横になった。

体がほのかに温かい状態で始まった。
「宜しくお願いします!
 ところで、さっきのエネルギーはミカエルだったの?」

「そうみたいよ(笑)」

私は、これまであまりにも馴染みすぎて分からなかったのかも知れない。
でも、大胆に示してくれたおかげで、やっぱり大きなエネルギーなんだと実感させられた。

その日までの出来事を話、メッセージの確認をすると、
その通りだよと言うことだった。

多分、もっとメッセージは長かったに違いない。
たぶん、ほんの一部分だと思う。

チャネラーさんが最初に進行しようとしていた。
どうしようか、今日は、誰か他の人を感じてみる?ミカエルに聞いてみるね。

「今日は、ワード(単語)でやるって。」

それは、私に自信を持たせるためのものだとすぐに分かった。
「うん!!」

なので、この日は、ゲーム感覚で「単語」「色」「他の存在のエネルギー」
「チャネラーさんについて」をキーワードで進めてくれた。

途中、ギブアップ~!というものもあった。

30%~70%くらいの確立かな。受け取れないもの含め。
笑いながら、楽しく過ごした。
確認は、チャネラーさんと答え合わせをしていた。

単語などは、ミカエルらしいキーワードだった。「2012年について」とかね(笑)

じゃ、次のときまでにミカエルが単語を流し続けるからと言ってるよ!
じゃ、また次のときに答え合わせしようね!


以前は、通信員と思っていた存在=ミカエル。と考えると涙も笑いも
共にした仲なのだけど、やはりちょっと恐れ多い気もなくもなかった。
ほんのちっとね!といってもタメ語で話かけている私がいるのだけど。(笑)

でも、グンとこの距離がさらに近く感じていった。

そして、また自習時間の日々。
【何もない】少々、日々面白さなども薄れてる時に、自習は追い討ちのように
さらにテンションを下げた。

*  *  *

ミカエルのレッスン-2に続く

スポンサーサイト



ミカエルのレッスン-1より

*  *  *

その間、
9/13(土) 公開チャネリングを受けたことは、前回のブログでアップした。

9/14(日)
天照大神を奉っている「芝大神宮」に行く予定としていた。
その数日前に、しばらく会っていなかった東京の仲間から久しぶりにメールが
届いた。貸していた本を返したいとの事だった。

それで、一緒に「芝大神宮」に行く?と誘ったところ。
興味あるとのことで、待ち合わせが決まった。

「だらだら祭り」と言う長いお祭りの最中で、神輿やらお囃子で賑わいが
あり、楽しかった。

IMG_0986.jpg  IMG_0975.jpg  IMG_0976.jpg
「芝大神宮」奉納1005年と書いてあった。
IMG_0981.jpg  IMG_0987.jpg  IMG_0980.jpg

その後、近くの大きなお寺に入り、イスが並んでいて自由だったので、
中の仏像のところで、涼み、半分瞑想し、安らいだ。
いかにも「寺院」って感じ。

IMG_0990_edited.jpg  IMG_0992.jpg
増上寺 敷地内に徳川家の墓所がある。

カフェでお茶をしているときに、公開チャネリングの話、最近の話などの
会話になり、ブログを読んでくれていた仲間が言った。

「○○ちゃん、ミカエルと友達感覚でいいよね」と笑った。
私は、壁をつくっているのは、私たち側なんだよ。
ミカエルも他の存在たちも誰にでも平等なんだよ。
私は、決して特別なんかじゃない。

そして後から更に気付いたが、「受け取る」「受け取り方」が分からない
かも知れない。昔の自分のように。
私は、チャネリングを通してそれを学んでいったのだと思った。

そして、東京であるチャネリングスクールの話をした。
何か仲間には、感じたようだった。ハートが動いたようだった。
私もミカエルとの話をした。
もし、お互いに出来るようになったら、確認しあおうか!など無邪気に
話をしていた。

そして、最近ではCC(クリムゾンのシャウド)でも目標とか、目的を見つけなさい。
みたいな事を話してるよ。以前は、何もいらないって感じだったのにね~。
と仲間が言った。

私は、最近のは知らないので、「そうなんだ。なんでなのだろうね。確認しなきゃ
わからないね」と言った。

時間が過ぎ、私はトイレに立ったときに、私は今日、何故仲間に会うことに
なったのだろう?とふっと浮かんだ。
そしたら、無意識のときにある感覚が反ってきた。
「あ~。来月の東京であるチャネリングスクールを伝えるためなんだ」

トイレから戻って仲間に伝えた。そんなメッセージだったよ。ってたぶんね。

それから、仲間と別れ、私は品川で行きたいショップに向かっていた。
結果、その店はなくなっており、私はだた品川にくる必要があっただけだった
のだと知った。

そこで、食事をしていると「目標、目的について」が頭の中に浮かんだ。
いつの間にか、「そうだよね。」と返事をしている自分がいた。
一瞬、理解するけど確信がもてないだけだった。

無意識には、受け取っているけど、自分では自分の考えや声に感じるから
メッセージと思うときと自分の考えの区別がつかないことが多い。
でも、気付くと「そうだよね。」「そうなんだ。」と言っている事は、時々あることに
気付いた。

ミカエルがチャネリングスクールを始めた日、
「最初は、自分の声に感じるかも知れない。」と言っていたのを思い出した。

そして、新しい週に入っていった。
今度のスクール予定は、20日だった。

【何もない】けど、具現化は日々感じることが多くなっていた。都合の悪いことは
避けてる?そして希望は受け入れられ。
土日と二日間で歩いていて、勤務は、いつも19時までと拘束時間は10時間。
その調整もあって、時に平日や三連休があったりするのだけど、今週は、19日から三連休
のはずだった。だけど、ん~。中に一度休みがあったらいいな~。と思っていたら、
上司から、金曜日が人足りないから、金曜の休みと水曜の休み交換できないだろうか?
と言ってきた。即、OKを出し、17日が休みとなった。

ゆっくり過ごそうとも考えていたけど、銀行に支払いがあったので、
わりと近いところにある「東京大神宮」と言う、そこも天照大神を奉っているところ
なので、行ってみることにした。

「芝大神宮」は、「関東のお伊勢さん」と呼ばれ。
「東京大神宮」は「東京のお伊勢さん」と呼ばれているようだった。

IMG_0996.jpg  IMG_0997.jpg  IMG_1003.jpg
「東京大神宮」 若い女の子が多い。

東京大神宮には、若い人がけっこう来ていた。皇室で神前結婚式を始めたところ
でもあるせいか。縁むすびが人気なのか?おみくじなどにも、その色が濃かった。
有名だったのかな?腰掛ける場所(ベンチ)があり、そこには、上のほうから、
ミストが回転し、涼しさ、マイナスイオンを感じられるようになっていたのは驚きだった。

私は、どうも気を感じているのか、いないのか。よくわからないと思うときが多い。
神社とか行くと何か感じなきゃと思うから、尚感じないように思うのかも知れない。
でも、あえて伝えるなら、ここは良い爽やかな気のように感じた。

さて、17日はそのように、用事と浄化、チャージを済まし、その土地の感じを味わい
それなりに楽しんだと思う。

*  *  *

ミカエルのレッスン-3へ続く

ミカエルのレッスン-2から

*  *  *

最近、ぐったりする事はなくなっていたけど、なんせテンションが低い。
感動が少ないのか、日々のサイクル自体は特別なにがあるわけでは
ないので、しかも昔はシャウドなどを読んでいるとハートが開いて愛を感じたり、
感動などは、文章から受け取り自分のテンションを維持していたようにも思う。

あまり最近では自分にフィットする感じの書物などが、本屋でもなんでもなかった
せいか。愛の要素の不足だろうか。。。感動不足が原因か。
会社では、楽しく話すこともあるけど、その場限りで維持できない。
そんななかでも「全ての秩序に対する完璧性」については深く理解をしていった。

このままでは、ちょっとヤバイかも~。これじゃ毎日が軽くならないな。
そう思っているとチャネラーさんから、20日は急用が入り、18日に変更
できる?と聞いてきた。
私は、この状態でなんだか自信もなく、自分のチャネリングの後にスクールを頼んで
18日の変更を了承した。日程が早くなってくれてよかった。と心から思った。

17日の夜、エネルギーが入ってか一度は、眠くなったけど、
時間を過ぎてしまい、また寝付けなくなっていた。

ふっと、読みかけの昔のミカエルの本を読み出した。
久しぶりに手にしたページには、今でなければ理解できない言葉が沢山あった。

丁度めくったページには、今の私の状態や事がらが書かれていた。

「黄金の約束」ロナ・ハーマン-大天使ミカエル P41~

あなたがたの多くはヒーラーだったことがあります。
あるいはそうであることを夢で見たり、そうではないかと思い始めています。
愛する光の戦士たちよ、信じてください。それは本当の事です。
人を癒すには様々な方法があります。癒しのエネルギーを広め伝えるために
学位や資格や証明書はいりません。創造主の純粋でクリスタルのような光の物質が
あなたの体内を流れ、ハートセンターから他の人へと流れ出ていくことを許してあげる、
それだけのことなのです。
この光の物質はあなたのオーリックフィールドを拡大し、押し広げ高めてくれます。
その結果、あなたが人びとの間を移動すれば、その人たちはこの物質によって
祝福されるのです。
【省略】
また、あなたが影響を及ぼすことのできる世界を拡大する道が開かれる、という
体験をすることになるでしょう。あなたが体験を重ね自信を得るにつれて、ますます
多くの機会が訪れるでしょう。
様々な障害を克服し、差し出された贈り物を完璧なものにしていく中で、道が明確な
ものとなり、あなたは疑いもなく援助され、導かれ、サポートされていることを知るでしょう。

これからの数年間に、あなた方がチャネリングと称しているものは、日常生活の一部に
なるでしょう。もはや一風変わった奇妙な現象や少数の人だけに与えられた才能ではな
くなるでしょう。というのは、四次元の周波数を達成した人は誰でも、自分のハイヤーセルフ
やガイド、天使界の存在たち、さらに次元上昇したマスターたちのエネルギーにアクセスして
コミュニケーションができるようになるからです。
【省略】
つまり、多次元的に見る能力を持つようになると、私たちはさらにリアルな存在になるでしょう。
【省略】
人より多く見える人もいれば、よく聞こえる人もいます。
これはあなた方が地球にやってきた時にもってきた創造主からの贈り物です。
そうした能力は退化したり忘れられてしまいました。いま再び、そうした能力を我がもの
とする時が来たのです。
あなた自身の能力を信じること、私たちが言っていることが真実であるという可能性を
信じることがその第一歩です。あなたがた自身でこれを証明してみてください。

このような贈り物を自分のものであると宣言するべきであると言っても、霊的なかっこよさに
心を奪われてはいけません。霊的な能力は必ずしも高い霊性のしるしであるとは限りません。

とくにそうした能力が他人をコントロールしたり、影響を及ぼす目的で使われる場合にはなおさら
のことです。当初は、このような能力はあなた方の体質のごく自然な一部であったのです。
これから再びそうなるでしょう。
しかし、今のような変化のときにあっては、あなた方の身体の構造や使命によってどのような
能力を発達させるべきか、そして、いつそれを使えるようにするかが決定されるでしょう。

このような能力はこれまではなはだしく濫用されてきましたが、それは二度と再び許される
ことはありません。
過去においては、新参者が基本的な霊的能力を発達させるのに何年もかかったものです。
時には、何度も生まれ変わってこなければなりませんでした。愛する人たちよ、そういうわけ
ですから、どうぞ辛抱してください。
あなた方はかつてないほどの援助と機会を与えられているのです。


案の定、その後のページをめくっては、なんだか愛に泣け。
身体の血管の中を本からの愛の言葉が駆け巡って、ハートが軽く、
満たされていくのを感じた。

これだ~。愛ってすごい。やっぱ時には必要なんだ。
次の日は、満たされた感じが続いていてミカエルのエネルギーも
感じていた。


その夜に「チャネリングスクール2回目」の日がまっていた。
なるべく、急いでかえり時間15分前に着いた。

私は、先日14日に仲間と会ったときに受け取ったメッセージも含め
確認したいことがあった。
時は、9/18で昨年のクウォンタムリープからまる1年だった。
ずっと、昔のことに思えていた。

【9/18木)チャネリングから】

「この期間はどうでしたか?練習のほうは?」

「あまり出来なかったけど、やっぱり難しい。
待っても待ってもこないよぉ。待ちくたびれてこれまでと同じく、寝てしまったり、
違うこと考えたり。」

■今の状態
いいですね。ゆるぎない状態です。
ただ、まだ三次元的に何かを探そうというのがまだあります。
だから気をつけて。

プログラム解除してて、価値観の燃焼の時期。
定着するまでの間。

「まぁ、今は三次元でも、五次元でも意識は動けてしまうからね。」

「って、暇だ~!退屈で飽きたぁ~!この状態。」

「わかるけどね!この時期何もないからね(笑)」
「聞いてみるわ。
ミカエルが、毎日、一瞬一瞬が新しいじゃないですかっ!って言ってるょ。」

「なんでさ、私には毎日、朝起きて、仕事行って帰ってと同じことの
繰り返しに感じて、飽きてきたの。」

「あのね、時間って今は連続に感じてるでしょ、流れというか。
だから、そう感じるんだよ。
だけど、その時間は、これから進むと連続性が抜けてくるの。
その一瞬一瞬で感じれるようになるから、毎日が楽しくなるよ!
私なんか、空を見てるだけでも、ず~っとこのままでもいいと思える
くらいに楽しくて幸せになるの。」

※スクールを初めてから、3人がより近く感じるせいか、今回は、
電話で友達と三者通話している感覚だった。

「その状況を味わう。
過去の習性がまだある。探しています。」

「ふ~ん。まだ探しちゃってるか。
そうかもね~。そういえばなんかかんか引っ張り出していたのかも。
確かに、多くの心配や恐怖なんかはなくなったとしてもね。」

チャネラーさんが言った。
「その内に、時間の意識もはずさなきゃならなくなるんだよ。
枠で動いているような意識。」

「そんな事してたら、生活成り立つのかね?」

「意識だからね。でもさすがに時間は難しいと感じるけどね。」

「考えてもわからないょ。
チャネリングなんだけど、やっぱり自然のときのほうが受け取ってるみたい。」

「あなたは、すでにチャネリングしています。
お腹から聞こえたり、様々ところから聞こえたり、昨日のように本だったり、
テレビからや、あらゆる所から。
私にも会っています。夢の中でだったり、エネルギーも感じているはずですよ。
全てチャネリングなんですよ。受け取っています。」

「夢は覚えてないじゃん。←まるで子供。
受け取ってるのは分かるけど~。」
※どうしてそれが不服なのかと思ったら、それは以前CCとか、それより
前から、共時性的な要素で捉えていたもので、チャネリングと言う
意識ではなかったからだと思う。

「って、昨夜の本ねぇ~。久々に愛を感じて泣かせてもらったよ。(笑)」

「本読んだの~?何の?」

「ミカエルのチャネリングの本(笑)。愛だったのさ~。って、
ミカエルやっぱり昨日読んでたの知ってるよね。そりゃそうだよね。」

「あなたは、全てをもっています。」
「チャネリングに対してこだわりがある。こうじゃなければ、チャネリングではないとか、
スピリチュアルに対してもこだわりがあります。人と比較したり。」

「確かに。。。わかった!それは認めます!その通りだぁ~。(笑)」

本当にそうかも。でもそれが邪魔しているんだね。。。
そして、今の自分をまるごと認めてあげないとね。
何か不足している。と感じていることにもなるのか。。。と内側で感じていた。


「○○○さんは、まだ、まだって思ってるみたいよ。もう少し自信もっていいんじゃないの?」

「ねぇ、聞いてみてくれる?
チャネリングって体質とかでも、やっぱ違うの?って」

「様々な得意分野があるように、チャネリングも、感覚、視覚、香り、味覚、
五感で受け取る人がいます。」

チャネラーさんが言った。
「やっぱ、イメージを捨てるという事だよね。
ほら、悟りとか、昔はすごい事のように思えたでしょ?だけど、今進んできて、
なんだ、こんなにシンプルなことだったんだ~。って思ってるでしょ?」

「うん。それはね。」
「それとか、光をたまに見るけど白い発光。意識してみようとすると、
すぐに見えなくなるしね。」

「それは、私も同じだよ、意図すると難しいよね。」

「あなたは、どこかでまだ思っている。エネルギーの形にこだわったり、
形にしようとしている。」

「人それぞれ役割があります。
あなたは、こだわりのないところで自由にメッセージを受け取る事を望みますか?
それとも、チャネラーとして脚光、注目をあびたいですか?」

私がそれも極端な聞き方だなぁ~。と一瞬考えていると、

久々にyoham(核=真の自己)が登場して先に答えた。

「こだわりのないところで自由のほう!!!」(爆)

私のマインドのほうが「えっ?」って感じ。
どうも「自由」って言葉には反応早い。

あとから、これはミカエルの戦略だったに違いないと思った。
私は、別にもう役割あるし、ただ楽しんでいろんな存在を感じ、双方向で
会話を楽しみたかっただけじゃん。

それからのミカエルの言葉ったら。。。
「今後、あなたの(仲間)周りでも、あなたの言うチャネリングが出来る人が出てくる
かも知れません。役割としてメッセージを伝えるために」

「え~!私、平静でいられる自信ないよぉ~~!羨ましくなちゃうでしょ。」
すぐに動揺。ゆらぐ。←さらに追い討ちでお試し。
ハッキリしたメッセージが受け取りたくて未練たらたらだった。


考えてみると、いつかは上の存在たちに出会い、会話し楽しむことを
ただ待ってきたのだから。


「結局、なんなのぉ?チャネリングスクール必要ないじゃん。
これまでと同じなんだったら。
だって自然なままのほうがメッセージ受け取ってるし。

「こだわり」が結局不必要な意識としてあったって話ってことなのか~。」

チャネラーさんが、笑って言った。
「うん。こだわりみたいなものも必要ないから、それを外す為には、
このチャネリングスクールは良かったんだって。」

「レッスンだったんだって!
定着するまでには、ゆるがない事も必要だし。
でもね。不要なものはずれたら、よりクリアに受け取るかもよ!」

「やられた~~~!チャネリングに対しては身近すぎて、不要な意識として
認識できなかった。ただ、コツがつかめないとかが先にきてて。」

「じゃ、次回から自然に受け取ったメッセージの確認を時々やろうか。」

「うん、そうだね。形にとらわれず自然にしているわ。」

「あっ、そうだ。先日仲間に久しぶりに会ったときのメッセージの確認をしたいの」
「仲間に会ったのは、東京で行われるチャネリングスクールを伝えるためだった?」

「大いにそれはあった。」

「それと、目標や目的、創造を持つことに関しては?」

「それは人の状態によって違う。
場合によっては、必要な人がいたり必要ない人がいたり、
その人の段階、魂の状態にもよる。」

「人によっては、自己実現が必要な人もいるんだよね。
そのほうが、進めやすい人とか、混乱を回避できる場合がある。
流れが生まれる。
魂にゆだねられる人は、目標なく行くことができるという事も言えるかも。
目標が出来ることによって、レールが出来るからね。」

私は、ある段階までは「スピリットに合わせで進みたい」と言う思い(目的)があったよね。

それもある意味「目標」になるのかも知れない。 


結局、このチャネリングスクールは、五次元定着までのもので、ただひたすら
まだ残っている三次元意識を手放す過程だった。

*  *  *

ミカエルのレッスン-4に続く
☆↓本日9/19(土)はこちらから
ミカエルのレッスン-1
ミカエルのレッスン-3より

*  *  *

9/19(金)
前日の楽しい会話(チャネリング)で、感謝で終始ウキウキ気分が続いていたのだけど、
どうも、マインド、意識では納得いってないようで、休憩時間、昼休みは、
駄々っ子のようになっていた。

頭では理解できても、どうもこのままのチャネリングに対し不満が引かない。
「ちぇっ、ちくしょう~。」
「何で、出来ないの?【普通】のチャネリング」←私のこだわり

このこだわりが、みるみる大きくなって更に膨らんでいった。
まいったな、こんなんじゃ、どうやって意識はずせるんだろう。

まさに、足掻き(アガキ)でしかなかった。

夜、家について先日あった仲間と電話で話した。
仲間は、先日会った日から二日後にチャネリングスクールの申し込みをしていた。

今日までの経緯を話し、大笑いして自分のチャネリングスクールは、レッスン
だったと話した。
ミカエルで確認した、私はやはり「スクール」を伝えるために会ったことを伝え、
ともに、楽しみだと語り合った。

その後に、もう一人の札幌の仲間と不要な意識を手放すことについて
話していたときだった。
あれも、これも進んでいくためには、とにかく必要ないものだらけだね。
スピリチュアルな意識でさえなんだから。

それだったら、何も知らず無邪気に過ごしていた10代の学生の時を
思い出したほうがいいかも知れないって思う時があるよ。っと私が言ったときに、

「あれ?上でパチパチって手をはたいてるかも?」と感じて言った。

スーッと何かが抜けていった。
「あっ、抜けたっ!今抜けたわ!すっきりした。
ない。チャネリングのことも、こだわりも抜けた~~!無くなったぁ~。」
「軽くなった!」

これまでも「エゴ」を手放すにも何度か段階があったけど、意識の場合は
無くなる前は、これでもかと出てきて自分でも嫌になるほどなんだけど、
無くなるときは、潮が引くようになくなる。

そして次の隠れていたものが、時期がくると見え始めたりするのだけど。

電話を切ったあと、何もなくなってしまった。

思いっきり自分の気持ちを表現し笑いで飛ばしたのが良かったのだろうか?

もう、この件では大丈夫みたい。不思議。
今のままの自分でいいと素直に認められる。 
なにかしっかりとした揺るがない感覚が急に浮上したって感じで。
自分のほうがびっくりする。

全く理解できない人には「ただの変人」にしか映らないだろうな。
そして、体験するまでは理解できないのだとも思う。

私がチャネラーさんに聞く話は、自分が体験するまではやっぱり腑に落ちない
もんね。

でも、今回の事で多くの気付きを得た。
まだ見えなかったことが、あれも?これも?こんなところにまで?と
どんどん、今も不必要なものに気付いていっている。
それと同時に、自分がどんどん子供のようになっているようにも
感じる。
上の存在さんたちには、全て知っていると言う安心感からなのか。
今生では、あまりわがまま自分ではなかったように思うけど、
なぜか好きなこと言えて、甘えているかも知れない。
て言うか、どうせごまかし一切きかないでしょう~!

でも、いづれは独り立ちだろうけどね。

-END

[mixi]Arrived Energy On Earthより※最新情報
マザー・マリアからのメッセージ By パメラ・クリッビー

いい感じだったので、全文アップすることにした。
「喜びをあなたのガイドラインにしてください」
マザー・マリアからのメッセージ By パメラ・クリッビー
2008年9月12日(金)

私はマリア、そして私はキリスト存在の女性の面の代表です。私はあなた方の全ての今日に、そして喜びの中でご挨拶します。あなたが利用できる平和、それはあなたが誰かというまさに本質に属するべきものをあなたと分かち合いたいと思います。あなたは苦しむために、苦労して単に生き延びるためここにいるのではありません。あなたは楽しむために生きていて、そしてその奇跡を経験するために地球にいるのです。あなたは既にそうであり美しいのです。変わることも改善されることもないのです。全ては完全なのです。それをあなたに届けてあげてください。

創造の本質は喜びです。神は、深刻で重たい目的であなたを創造したのではありません。彼女は、喜びと熱意からあなたを創造したのです。彼女は、あなたを通して生命について知りたかったのです。あなたは、神の愛と喜びの創造の表現なのです。またそういう理由であなたは、一日のあらゆる瞬間にそんな経験をしてもいいのです。私は、エネルギーのこの最初の流れに再接続するようあなたを誘導します。創造という神の喜び、それはみなさんそれぞれにずっと流れているのです。

あなたは、人生を重く堅苦しくする傾向があります。あなたは、目的を達成するためにここにいるのではないと想像してください。でも、疑わしい、もしくは騙されたと感じるあなたの闇の部分も含めて、シンプルにあなた自身でいてください。そうです、それらの部分は歓迎されるものです。それらはこの経験(その状況全ての二元性の完全な経験)の一部分です。それが、新しい世界へ次第に導く美しい何か、不思議な何かだと信頼してください。あなたは常に、自分自身を動かしていて変えているのです。そこには、決められた意図や最終的な目的地はありません。あなたはいつも路上にいるのです。今すぐ、路上にあって楽しみ、変わり行く人生の流れを楽しんでください。そうすれば、とても重い荷物はあなたから取り除かれます。

私はあなたに、あなたが地球上のこの体に生まれる前の瞬間・その時へ、私と一緒に戻るかお尋ねします。ちょっとあなたの想像力のおもむくままにして、それが出来るのかどうか疑わないでください。どうすることもできないと考えるなら、それは重要ではありません。あなた自身を信頼して、その昔、肉体から開放されている時はどうだったのか感じることをあなた自身に許してください。あなたは、肉体的な形状からは独立していて、無制限で何でも可能だと感じました。生命は魔法のようでした。あなたは、非常に自由なこの次元で、地球から引っぱられていると感じました。あなたの注意は、とても壮大な可能性~光と闇(愛と恐れ)両方の可能性~を持つこの小さな惑星、その全ての場所に引き寄せられました。あなたは引っぱられていると感じました。あなたは、そこの現実の本質について驚き、それがあなたに関係があると感じました。あなたは、そこにあなたが経験したかった何かがあると感じました。

あなたがかつて持った驚きと惹かれる感覚、まだその好奇心の最初の感覚があり地球上でとても沢山の経験をしたこと、それがどんな風だったか今でも感じます。あなたが今ここにいるということ、あなたの意識がこの世の肉体に入り適合するためにそれ自身で狭め、目、耳や感触のような肉体的な感覚を通して現実を知覚するということが、どんなに特別なことか感じてください。現実を知覚するこの特定の方法は普通のことではありません。あなた独自の前途は、はるかに広く制限がありません。それでもあなたはこの制限を選びました。なぜなら、信じられないような貴重な何かを発見することになっていたからです。

あなたは 霊的な原稿に自由と魔法を描くために地球上へやって来て、ここにいるのです。あなたは形と内容にそれ(自由と魔法)をもたらし、あなた自身のことと他のこと、その両方の経験に使えるようにするためにここにいるのです。そうです、あなたは光の運搬人です。そしてそこに自由、気楽さと喜びのために優雅に立つのです。そしてあなたが以前地球にいた時と同じ希望と情熱で、ここの創造の光に火をつけて、喜びと洞察を広げるのです。あなた自身がそれを再び感じることを許してください。あなたが誰であるかを知ってください。あなたは、特別に何かすることもそうである必要もありません。あなたは、あなたが何者か思い出すことと、あなたを再び喜びに満たすこと以外には何も達成する必要はありません。あなたの役目はつまり、それ(喜び)とはまったく違う方向のように見えるエネルギーの真ん中で、驚きと喜びのあなたの最初の状態に戻ることとです。 

あなたは圧力をかけられたことがあります。地球の現実~人々が考えるやり方~社会の信条は、あなたにとってひどい重荷となって、しばらく忘れっぽさに浸らせます。思い出してください、あなたは肉体を持って生きる神であり、光はたった今あなたの中を流れていて、あなたの手を通して、あなたの目を通して、それを感じてください。それはあなたから一度も去ったことはありません。しかし、あなた方全員が人生のいくつかのポイントで、この光がオープンに自由に流れることは出来ないと言ったことがありました。あなたはそれを ”違うこと”だと恐れて、隠さなければならない、内側で守らなければならないと信じています。普通、制約とは、あなたの考えを他の人間が力で閉じ込めさせたものですが、それは多分、この世で一番最悪な監獄でしょう。そのようにあなたを制限するものは体の中に存在していません。本当の制限は、多くの重たい社会の恐ろしい信条や、それらがあなたの神聖な輝きを弱らせることを許すことから来るのです。

私の願いはそこからの出口を示すこと、そして鍵は、あなたの人生で喜びを再びを思い切って受け取ることです。それがあなたの生得権だということを感じてください!それは、あなたが誰であるかということを簡単にします。あなたは神の喜びであるということは証明されました。そしてそうあるために、一般的な言葉の意味において、あなたは何かを達成する必要はありませんでした。あなたは、あなたでいる必要があるだけです。あなたは、現時点であなたとして気持ちよく感じている必要があります。そこでは、達しないものも、欠けているものもありません。 あなたが現在誰であるのか、あなたの恐れ、感情的なブロック、そして更に(同時に)あなたという存在の最も底にある活力と驚きの深い意図を全体性で包含してください。生命自身は、あなたの中を流れ、沢山の奇跡的な贈り物をあなたに与えたいと願っています。あなたは、この物質的な次元で、この社会で、この体で人間として旅をすることを引き受けました。それで充分です。それによって、あなたは既に偉大な勇気と信頼を示しました。今すぐに、あなたの人生で必要とする全てを受け取ることを許すことができると信頼してください。この瞬間にある純粋な喜びを感じてください。あなた自身をリラックスさせてください。

今後、あなたの人生で”するべきこと”は何もないと想像してください。あなたが本当にあなた自身に自由を許可したなら、あなたの人生は一貫してスムーズに簡単に流れたでしょう。これは、今まであなたが、あなたの両親、先生、雇い主などから言われてきたことに反するものだと思います。社会は、現実に対処するために必要な技術と能力を高めるために、一生懸命に頑張らなければならないとあなたに伝えます。社会が言うだけではなく、霊的な教えにさえ、啓発を成し遂げるために、むしろ厳しく懲戒で見張ることがあります。

あなたがゴールと達成についての考えを実際に手放すと想像してください。自分自身に言っていると想像してください。「私は私であるから、私として完全にOKな私なのだ。」なんという開放でしょう!あなたが、あなた自身にこんなにリラックスすることを許せば、物事はあなたの人生で流れ始め、社会があなたに期待して伝えたことと、全く正反対のことが起るのをあなたは見るでしょう。物事は、そのために一生懸命に頑張らなくても起り始めます。あなたが、あなた自身と一つになり、それらである物事を受け入れるなら、それは、あなたの人生に奇跡をもたらす平和の流れを招きます。あなた自身をあなたとして受け入れることによって、人生へ「イエス」と言って、地球上のここに存在してください。そして、あなたが望むものを単純に何でも受け取ることをあなた自身に許してください。なぜならあなたは誰かといえば、大事にされ無条件に愛されている神の消すことの出来ない部分だからです。

こんなことはもう、大人にはできないことだとあなたが信じていることを私は知っています。それはとても悲劇的なことです。そのような悲しみは、あなたの最も自然で気楽な部分を放棄しなければならなかったと感じたという事にあります。あなたの手を内側の子どもへ伸ばしてください。それはあなたのために保存されたあなたの自然さです。深みの中で、それはまだそこにあります。その子は、遊ぶことと楽しむことを自分に求めていて、そして、生命の探検全てに満足することになっていると信頼しています。この子は、地球が自分を表現する安全な場所であると知っています。それを感じて、もう一度あなたに話してあげてください。多分、それはたった今あなたにメッセージを伝えたいと望んでいます。あなたがまだ感じなくても、それも素晴らしいことです。重要なのは、あなたの魂のインスピレーションのために、内側で、自然さの最初の流れにイエスと言って、あなたがその子に手を伸ばす意欲があるということです。あなたは、あなたの人生で内側よりむしろ外側にガイダンス見つけようとするでしょう。これは、出来ないか望ましいかという考えでいっぱいに満たすことです。しかし、それはそうではありません。人生は、他の信条によって生きることが出来るのです。

真の創造力・・・あなたの人生で積極的な創造物を本当に明らかにすることは、いつも単純さと気楽な状態から起ります。それは物事について、何でも自分を強制したりそうあることをしない、まさにすっかりくつろいでいる時や最高に無頓着な時、あなたの人生に最も積極的な変化を引き寄せます。あなたが単純にあなたの夢や希望を大切にして、それから手放し、そして物事にそれら自身のコースを走らせるなら、あなたの信頼はそれらをあなたに引き寄せます。あなたは現在、忙しく働くことに夢中で、それらが起ることさえ待ちません。生命は最高に単純なものです。

私たちはあなたと共にいて、あなたが何を行っているかよくわかっています。わたしたちは、このメッセージを信頼し、全ての生きている存在に流れている喜びと、生命の親切さに対して信頼を持ちますかとあなたにお尋ねします。自然を見てください。動物、木々や花の全ては、本質的に美しさと調和の表現の方へ向かって調整されています。彼等は自分たちを疑いません。彼等は、自然で平和なやり方で自分たちを完全に尊重しています。自然エネルギーにつがなっていることを確認して、その同じ生命の網に中で守られていることを知ってください。あなたは安全です。神は本当にあなたとここにいて、あなたの側を決して離れません。思い切って自分を生命の魔法に委ねてください。それは、あなた自身の魂の聖なる流れです。楽しんでください!


*  *  *

ミカエルのレッスン1-4の話のちょこっと続き→08/9/27痛い思いの体験【確認】

WHAT'S NEW?