FC2ブログ
2008/2/1の最初はこちら↓
転居のプロセス【全て手放す編】-4

転居のプロセス【全て手放す編】-7

【2008/1/30(水)】
この日は、以前引っ越す前にネットで注文したベッドマットレスが届く日だった。
布団は、厚いものは単身パックの限られたスペースでは無理と判断したため、
ずっと、薄い布団と、仲間が使っていない羽毛の布団を圧縮し宅急便で送って
くれたものと電気毛布の暖でなんとか過ごしていたのだった。
ようやく、体の痛みから解放される日と思うとうれしかった。

ただ、代引きで注文していて失くした財布に当然、お金が入っていたので、
支払いに、少し勇気がいった。残りが。。。は~。みたいな。(笑)

そして、インターネットの工事日でもあった。30分くらいで設置も完了した。

ネットの工事は午前中とは知っていたけど、マットの配達は、絶対に
チャネリングの時間とかぶらないと確信していた。
実際に、チャネリングの前に配達がきてくれた。

ここで、どうしても確認したいことがあった。
最終確認は、もちろんのことだったけど、
これまでの私のチャネリングを通してのプロセスについて、
最初のマンションが決まらなかったことについて、
ダウジングについて
「困難」を選択したことについて
などなど。

この日は、朝から首の後ろが熱く感じていた。
以前にも同じようなことがあった。

*  *  *


【チャネリングから】
■今の状態
 新しい新天地のところへ入る。
 新しい流れ、ひとつの古いものが終わって、新しいものが始まる。
 あなたは、古いものを捨てた時に痛みを伴った。
 そのためにスペースができ、新しいものが入ることが出来る。

 その流れで東京へ行く...

 全てを空っぽにすること、あなたはずっと何かを失う恐れを抱いてきました。
 そのために、自分を守ってきた...メモが間に合わない。

■最終確認
 この数ヶ月間、恐れを体験し葛藤してきました。価値観を手放してきました。
 あなたは、どれほどのものを手放してきたと思いますか?

私:急に聞かれても...。自分ではどれくらいなのかわからない。
   う~ん。。。
  確かに、恐怖や恐れを感じては、スピリットに語りかけたり、深呼吸を
  してみたりはしたけれど...。

 自分を信頼する→選んできました→我々と宇宙がサポートする→
 その時に「奇跡」が起こる→この何かを味わっていくと「真実」を知る。

 自分を信頼し、我々と宇宙がサポートしていることを信頼して下さい。

私:私は、後悔はしていないけど、「困難」なプロセスを選択したのですか?
  全て失うことについて。

  お正月前後に何かありませんでしたか?

私:???思い出せない。
 
チャネラーさん:あのね。○○○さんは、自分でやろうとして委ねられなかった
         んだね。自分でやろうとして、コントロールをしていたみたいね。
         これまでも受け取るの苦手だったからね。

         それで、最後は財布。全財産を失ったってわけ。
         これはもう、自分ではどうしょようもないでしょう?(笑)
         あとは「受け取る」しかないもの~!

私:確かに...。そう、もう受け取るしかないわ。

C:今回、お試しだったみたいよ。

私:お試しって!それも聞こうと思っていたんだけど。
  確かに、人それぞれのプロセスがあるのは、分かるよ!
  だけどさ。私さ、「お試し」人より多くねェ~~~!?
  と少々エキサイト気味に訴えた。

C:上で笑ってるわ!

私:だって、そうでしょう?これまでだって。なんかひどくない~?

C:受け取るのが苦手で、習性的なもの。

  それで、お試しでなんども試されてたって感じ。
  次は委ねきって、信じて受け取れよ~。ってことで。

私:アセンションのスクールで過去世の統合のことがあって、
  私は、大勢が戻ってきたのを感じたのだけど。
  本当のところは、どうなんだろう?

C:全て統合されたみたいよ。
  (人によって、ペースは違うかも知れない)

私:私のプロセスとクツミのの「全て失う」のシャウドは関係があったの?

C:あった。

私:私は、これまでこのようにチャネリングで確認してきました。
  何度も聞くようだけど、「依存」ではない?

C:「依存」というのは、自分で選択をしないで聞くこと。あいてに任せようとすること。
  
  プロセスの流れの「確認」は必要。
  自分を信じること。
  コミット。
  背中を押してきた。

私:そう、もう分かっていても背中を押してもらいたかったよね。
  あと一歩踏み出すときに。
  (今、思えば、ずいぶん助けられてきたな。それでここまでこれたような
   ものだった。)

私:「全て失う」ことについて。皆が私のようなプロセスを通るとは限らないでしょ?

C:物、状況、価値観、人それぞれに違う。
  不必要なものを手放す。
  ただ、どちらにしても「0」の段階は、皆通ることになる。


*  *  *
まだ、続く。長くなったんで一旦ここで区切ることにした。

転居のプロセス【全て手放す編】-9【確認②】へ続く

スポンサーサイト



2008/2/2(土)くもり

転居のプロセス【全て失う編】-8【確認①】

これまでのお試しの流れから仕事を探すのにどこまで委ねていいのかが少々
不安になった。


【チャネリング内容の続き】

私:仕事は自分で探していいのですか?
  
C:うん、やはりアンテナを張ることはしたほうがいい。
  ただ、気分が乗らないときは、探さなくていいし。
  探したいときは、探す。ハートにしたがって。

  これも、すべて流れによります。
  意図しないところで流れてくることは私に必要なこと。
  それ以外から来る流れは、本来のものではないものもある。

私:こういうのちょっと、ドキッとするのだよね。

C:委ねきる。

私:ダウジングについて聞きたいの。

C:う~ん、ダウジングもカードと同じようなものだと思う。
 自分の状況、状態によっては全部信じきるのはどうかな。
 これは、チャネラーさんの答えだけど。

私は今回、ちょっと自分の状態も余裕無かったので良い状態ではない
時には、分からなくなった時もあった。

最初のマンションのときは、明確にあらわしていた。
だけど、私のほうの流れが変わってきたんで、ダウジングのほうも
最初のと変化もしていった。
そう考えると結構、私の流れに合わせ、変化していったのは
今思えば、ある意味、正解に近いかも。


私:そうそう、あの最初のマンションには、私は住むことになっていたの?

C:うん、そうみたいね。住むことに本当はなっていたんだって。(笑)

私:そうか、もう仕方ないよね。今の所もそう悪くはなかったし。
  交通のアクセスは、やっぱあっちのほうが良かったけど。

C:あの前後に色々あったみたいで、でもあのままスルスルと物事が
  うまく進んでいったら、流れに気づかなかったんだって。

私:うん、そうだね。最終確認しないで終わったかも...。

■最後にアドバイス
 あなたは、全て手放して新天地に入る。
 残りの古いアカをほろって、新しいところへ手を広げて受け入れて下さい。
 これから先は、自分だけの力では無いことを知っていく。

 瞑想をすること。
 深呼吸をすること。
 水をたくさん取ってください。

 祈りをささげて下さい。
 私たちと共にある、宇宙と共にあることに感謝してください。
 この流れで自由だと気づく、最終的に自分の全て気づくときがやってきます。

 この「祈り」について聞いてみた。

 私は、昔から「祈り」と言うものが苦手。
 祈りとは?


 感謝、サポートを依頼する、選択することも含むとの事。

 最初のメッセージに書くの忘れてしまった。
 「この流れで本来の自分、真実の自分、何者であったかを全て知っていくでしょう。」
 との事だった。


*  *  *

転居のプロセス【全て失う編】-10へ続く

2008/2/2の始めは↓
転居のプロセス【全て失う編】-9の続き
*  *  *

私は、チャネリング後にすぐ料金を振り込むことを伝えた。
そしたら、チャネラーさんが、今回はお餞別です。
お金は、いいです。受け取ってくださいね。(笑)

いつもの私なら、遠慮したかも知れない。
でも、本当に感謝でまたまた受け取らせていただいた。

今回のチャネリングでまたスッキリ出来た。
最初のマンションのことについては、正直ちょっと悔しい~!
でも、私はきっとあのマンション以上の物件に住んでやる~。と心に誓った!(爆)

チャネリングを受けることについては、人それぞれの価値観、意見もある
と思う。
でも、やっぱり私は、全て「愛」だと「サポート」だと感じる。
その「愛のサポート」を受け取ってきたのだと思う。
これだけは、受け取れてきたのにね。

人がどう思おうと、何を言おうと「私は私」なのだ。

「Iam That I am」

とにかく安心した。ひと山は終了か。
あとは、無事ハートに従い仕事につくことだ。

我々と宇宙がサポートしているか...。
何度も言ってたよな~。
よっぽど信じきれてないって言うか、信じてるのだけど、
委ね切ることが、どうやっていいのか分からなかったようにも思う。

今まで分かっていたのに、なんか焦っていたのだろうかね。
私的に焦っていたのは、「荷物の片付け」が間に合うかどうかを
焦っていただけで。
これも必要なかったんかね?
やっぱ、ちょっと正直、難しいもんだって。思ってしまう。

私は、みんなに声を大にして言いたい。
私のように「困難」なやり方は選択するな!って。
ヤバイと思ったら、私のことを思い出してほしい。

あ~。あのようには選択したくないよなって。 (爆)
自分は、シンプルに通っていきましょう。ってね。

そして、プロセスの最初のころからの教訓、学び、全て、
なんで、この最後に来て生かされなかったかと思うと、
こんちくしょう。ばかやろう。の世界。

とっても、悔しかった。ハードルは思ったよりも高かった。
高くしたのも自分の選択なのかも知れない。
自分にくやしい。

*  *  *

で、最後になったけど、
私が上京したときにチャネリングを受けた仲間の
チャネリング内容で、アセンションスクールについての内容があった。
許可をもらってブログでほんの一部分公開する。

アセンションスクールの時、あの場自体が次元が変わっていた。

第3サークルには、参加者全て、クリムゾンの中でも種族など2~4人くらい
のグループ(その中には案内人も付いて)ごとに、乗り物に乗って
行っていた。
待っていたのは、セント・ジャーメインともう一人くらいで。多くはいなかった。
などなど面白い話が聞けた。


*  *  *

ようやくチャネリング内容を書くことが出来た。
忘れてしまいそうで、早くここまで書きたかった。
「クリアした!」と思ったら、また色々な不確かさを感じ。
このチャネリングを受けるまでにも、気持ちの中では、ぐるぐると色々な思い
がめぐっていた。

財布の中身を見たら、そりゃ不安がないっていったらウソになるし。
ポストを見たら請求書がはいってる。

でも、サポートがいつだってある事を知っている。いや、知ったか?
きっと、この経験、体験も第3サークルでは美しい思い出になるに違いない
と思う。

WHAT'S NEW?