FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/1/31(木)の始まりは、こちらから↓
転居のプロセス【全て失う編】-1
転居のプロセス【全て失う編】-2

*  *  *

寝坊しないように、目覚ましで早めに起きた。

前日の雪とは違い、とても快晴だった。
この分だと、飛行機は、無事に飛びそうだ。
後から、仲間に聞いた話だけど、前日は6フライトが欠航に
なっていたらしい。

お店の開店の数分前に電話を入れた。
可能性のあるお店は、財布の届けはないと言うことだった。

少しの期待も失ってしまった。
期待もあったけど、覚悟も出来ていた。

紛失した場所は、仲間のうちの近くで、もう一度明るくなった
ところで、確認に行った。

人通りもけっこうあった。
積もった雪の部分も足でさぐってみた。
私の赤い財布なら真っ白な雪の中だと目につきやすいはずだと思った。

お店の駐車場も息を切らしながら見て回った。
もう、空港に向かう時間も余裕がなくなってきていた。

もう、やれることはやった。もういい。このまま出発しよう。

*  *  *

神なる友人は、空港の近くに住んでいるので、見送りに息子
といっしょに来るとのメールが入った。
前日の別れたあとからのプロセスを簡単に説明し返信した。

仲間も、これだけお世話になって、カンパをしてくれた。

*  *  *

仲間が、まだ間に合うから、空港まで送ると言ってくれた。
高速からの景色は、天気がよくキレイで、まるで「祝福」のように
感じた。そして車の時計の時刻は、「11:11」だった。

とんだ、「新しい始まり」だと思った。
でも、気分はすっきりとしていた。

そのときの気分を表すなら、
2007/10/24のブログに書いてある、夢の話の内容のとき
の気分と、よく似ていた。↓

手放すということ

この時のブログには、ちょうどクツミのシャウドがあった月で、
「あなたは全て失います」の内容だ。

後の続きで、このシャウドと私のプロセスの繋がりを書こうと思う。
私は、またこの時のブログを読み返して偶然ではない事を知った。

*  *  *

天気だったせいか、空港には余裕で着いた。

ここでも、また変なことが起こった。
調子の良かった携帯が突然切れてしまった。
バッテリー?またもや、唐突な出来事だった。
何かあるけど、もうここまできたら何が起こっているのかは
理解を超えていた。

バーコードが見れないので搭乗できる?神なる友人とも連絡取れないじゃん。(汗)

案内カウンターに行って、携帯の充電器の売っているところを探し、
なんとか、電源が入ったところへ、神なる友人からのメールで
着いたとのこと。

まったく、食事も出来ないまま走りまわって、さすがに仲間も
私もグッタリしてきていた。

神なる友人と一緒に来ていた息子と交え、皆で少し話しをした。
神なる友人が、私に袋を手渡してくれた。
その中には、銀行から下ろしたばかりのような袋が入っていた。

息子の手前もあって、目で合図をして、「いつでも、いいから」と言って
手渡してくれた。
「なるべく早く返すから」と言って受け取った。
ほんとうに有難いことだった。

*  *  *

飛行機に乗り込むと、この土地を離れるという気持ちで、
子供たちの顔も浮かんだ。
子供たちも、どんなに不安だろうか。と思うと少しだけ感傷的に
なった。

疲れすぎてか、後半に少しだけしか眠れなかった。

*  *  *

とうとう、やってきた。
何度も、上京をしてきたせいか。
最初のころよりも、随分心細さは、なくなっていた。

まずは、不動産やに向かっていた。


転居のプロセス【全て失う編】-4へ続く
スポンサーサイト
2008/2/1(金)晴れ

転居のプロセス【全て失う編】の最初はこちらから↓
転居のプロセス【全て失う編】-1
転居のプロセス【全て失う編】-3

*  *  *

一晩寝ると話の流れが忘れちゃって。
今日は、こちらに来て初めて何も予定が入っていない日。

とは言っても、なにかと動いていた。

*  *  *

私は、羽田空港に降り立った。

実は、そのころ札幌の仲間の一人がチャネリングを受けていた。
見送ってくれた仲間が機転をきかし、そのチャネリングで、
今回の私の騒動についてのメッセージを一緒にお願いしてくれて
いた。

後で聞いた話だけど、チャネリング受けた仲間は、
25日ではなく、24日に変更をしようと思っていたらしい。
ところが、変更希望メールを出そうとした瞬間にチャネラーさんから
25日でいいですね。という確認のメールが入り、25日になったと
話してくれた。変更しなくてよかったと話してくれ、そのときの
メッセージがこのプロセスの要となっていった。

予定では、私が東京に到着するころにチャネリングは、終わっている
予定で、空港で休憩でもして、連絡を待ってという指示だった。

私は、軽くサンドイッチを食べて、その連絡を待った。
延長になっていたらしく、時間は、多少ずれたが、
メッセージを聞くことが、出来た。


【上からのメッセージ】

細やかな所で、自分でどこか自分の意思をごまかしたり妥協している部分、
何か自分の調和を乱している所がないか点検して下さい。
それをすごく深く見て下さい。最終確認です。

チャネラーさんより
無理してないと思わせている自分がいないですか?


と言う内容だった。

あっ、そうだ最終確認に入るのは以前からのチャネリングで言われていた。

下記のブログにその時の重要なメッセージが書いてある。
これまでのプロセス【お金編】-6

そう思い出したところで、チャネリング内容を書き留めた手帳は、荷物の中で、
ブログも見ることは出来ない。

とにかく、深く自分の中に入っていくしかないな~。
「細やかなところで」と言うのも、どこまでを指しているのか。
徹底してやってくる。
頭の中でもマインドが忙しく、このところの忙しさを振り返っていた。

ちょっと待てよ。最終確認と言うのだから、最近のことだけじゃないかも。
どこまで遡るわけ?

いつものことだけど、しまいにどこを見ていいのかわからなくなってくる。

自分の意思をごまかす?
これは、今回の引越しに関しては、ごまかしも何もない。
母のこと兄、娘たちのことにしても、意思をごまかしてはいない。
知っている状態をただ実行していたに過ぎない。

他になんかあったかな~~。

このメッセージをメールにしても送ってくれたので、不動産やに着くまで
の間、ずっと何度もメッセージを確認して振り返ってみた。

で、妥協?う~ん。妥協といえば住む場所か?いや、そう言うことじゃ
ないような気も。。。
いやいや、妥協と言うのは、全て自分の本意ではないものは、妥協に
なるじゃないか。それも含むかも。。。
結構、難しい。

この振り返る時間にあたっては、有効に出来る限り内側に入っていった。
でも、その後、自分が取り乱す状態になるとは、この時は予測できなかった。

*  *  *

転居のプロセス【全て失う編】-5へ続く

最初はこちら↓
転居のプロセス【全て失う編】-1
昨日の続きは↓
転居のプロセス【全て失う編】-4

*  *  *

とにかく不動産やに着いた。
ちょうどタイミング良く、思ったより早くに兄からの書類も届いた
ところだった。
これも、不動産や、郵便局の国際宅急便の説明よりかなり早く到着
したのは、私も担当者も驚きだった。
きっと、上のサポートのおかげだと思っている。

鍵を受け取り、周辺の説明と近所の地図のコピーもらって
荷物と最初に必要なものを買いながら、重い荷物を引きずって
自分の部屋までたどりついた。

何もない部屋。

でも、後から宅急便で荷物数個が届く予定だったので、
届くまでの間、母、娘、仲間や友人たちに無事に着いたこととお礼の
メールを入れた。

チャネリングを受けた仲間からも「応援」メールが届いて支えとなった。

そして、後から仲間からチャネリング内容の補足を電話で聞いた。
その内容は。。。

*  *  *


チャネラーさんは、絶対的な委ねが必要だと話していて、
クリアな状態であればスムーズに事が運んでいたはずだと言っていた。
最終確認が、まだやり残していたみたいな話しだった。
もちろん、これは上の存在から受け取った内容から。


*  *  *

見送ってくれた仲間が、先にチャネリングの細かい内容も把握して
いたので、私が新居に着いてから電話で上記の内容を教えてくれた。

札幌の仲間は、私の引越しの状況、家庭の状況は身近で感じていた。
私が、必死なときは、見守り、このブログで知っていてくれた。
これまで時々、励ましの言葉を送ってくれていた。

*  *  *

私は、何だかとても悲しく思えた。自分が間違ってしまったように感じた。
ここまできて、確認もしてきたのに何故?と思えた。
今までのやってきた事が自分の空回りのように感じて
「私、バカみたいじゃん!」と電話口で大泣きしてしまった。

この引越しのプロセスの中で、自分は何をやってきたのか、
何を見落としたのか。もう、あまりにも余裕のない状況で、
その他に何が出来たのだろう。と思った。

家族を手放す痛み、引越しでの三次元にいる私の出来ること。
これを精一杯にやってきた。

「完全に委ねる」こと。私は、これまでにも「委ねて」プロセスを
進めたことは、他にもある。
ブログにも書いてきた。結果を委ねてきただけだと。

「委ねる」と言っても、何もしないで待っていることではないと言うことも
知っていた。たとえば仕事をただ、口を開けて話しが飛び込んで
くるのを待つ行為だとか?それは、それでエゴにもなると。
だけど、事と場合にもよるのかも知れない。

自然に現れてくる事も確かにある。
タオスの申し込みするときがそうだった。
のんびりとしていたら、背中を押された。
そう考えると、私は、物件も現れてくるまで待っていれば良かった
のだろうか、娘たちも自然に自立するようになるまで
待っていればよかったというのだろうか?
あんなに、痛みを負うこともなかったのだろうか?

この時にクツミの言う「疑い」、「自分には欠けているものがある」
のゲームに入ってしまった。

でも、中には無理をしていないと思わせる何かがあったのかも知れない。
中には、自分でやろうとしていた事もあったと思う。
でも、これは、私の認識の違いだったと思う。
あの状況で、物件探しなどは、やることやって、あとは自分で
エネルギーを感じて。など、単にお任せ(委ねきる)するにも、自分も
参加しなきゃならないように感じていた。
引越しの日にちもダウジングを使ってみたり、その中で決めて自分を信じようと
してきた。

言い訳なんてたくさん出てくる。
ディセンションの時期がずっと続いていて、引越しの最中は三次元に
どっぷり浸かってるしかないよ。などなど。

あと、振り返ってみると私の性分。
昔から、頼れるのは自分しかいないという。実際そんな時期も
長かった。甘えたくても自分でやってくるしかなかった。
自分でなんとかして生きてきた。そう古いエネルギーのやり方で!

今から思うと古いエネルギーのやり方に戻ってしまっていたのだろう。
過去のブログを読めばわかるけど、「古いエネルギーのやり方」には
戻りたくない。と言いながら「ぷ~たろう」をしていた私が居たのが
わかると思う。

なのに、今回は、気づけなかった。

*  *  *

大泣きしている私に仲間も戸惑ってしまったと思う。
心配をかけてしまった。
だけど、これは、自分でしか超えていくことしか出来ないプロセス
だから。

もう少し、内観してみると言って電話を切った。

心細さも増していた。
しばらくして落ち着いてから、もう一人のシャーンブラに電話をした。
客観的に私を見ていてどうだったかを聞いてみた。
たぶん、引越し最中は、誰もが無理していたように見えていただろうと
思う。
その中で、「自分を信じる」と言うことを思い出させてくれた。

その時に、クツミのシャウドがアップされたよ。と教えてくれ、
そこには、「あなたは全てを失います」と言う内容だったことを。
そのシャーンブラは、言った。
私のプロセスと「何か偶然じゃないと思うな。」

*  *  *

ゆっくりと、落ち着き始めた。
だけど、あまりにも色々ありすぎたよな~。
まさか、東京へついてからも続くなんて。。。

*  *  *

次の日は、上京後初めてのギャザリングの日だった。
(スタッフの打上げ、反省会含めの集まり)
私は、この時を軽く捉えてはいなかった。
私は、26日にギャザリングがあるということを知らずに、
25日と上京を決めた。
私の「新しい始まり」とこのギャザリングは、ただの偶然ではないと
感じていたからだった。

でも、この状況では「新しい始まり」に出発できないと感じていた。


転居のプロセス【全て失う編】-6へ続く~
転居のプロセス【全て失う編】-5

*  *  *

【2008/1/26(土)】
午前中にガスやさんが来る予定だったので早めに起きた。

昨夜、電話で話したシャーンブラが携帯のほうへメールを入れて
くれていた。

ちょうど、その時に最終確認を終えたばかりだった。
タイミングはこのように、とても合っていると感じることが
多い。

「光の息吹」の最新情報では、(この時は、まだ日本語ではアップ
されていなかったのだけど概要を教えてくれた)

この二つの情報(クツミのシャウドも含)は、ともに「失う」と言うことについてだった。

光の息吹「失うものへの哀しみと不安 」

昨夜の電話のときにある一言でスイッチが切り替わったと思う。
煮詰まってしまったときに、すっと誰かの一言で物事の見方を切り替えて
くれるときがある。仲間は、本当にありがたいと感じる。

何度か助けられてきたと思う。

*  *  *

最終確認(この時点での)

この時間、走馬灯のように思い返していた。
そして、全て完璧であったことを知った。
私は、自分の選択も、委ねてきたことも自分を信じるという
ことに確信し妥協はなかったと確信した。

矛盾しているようだけど。
確かに、自分でがんばろうとしたところや、
委ねきってなかったと言われればそう感じるところもある。

だけど、全部、この時に受け入れて自分を認め、愛した。
としか言いようがない。

変なの承知だけど、泣きながら、本当に真剣にやってきたじゃないか。
やれることは全力でやってきたじゃないか。って全てを良い悪い抜きで
認めたときに、ぱ~っと明るくなって「クリアした!」って感じた。
すごく晴れやかになった。
これで、ギャザリングに堂々と参加できるって思った。

そして、自分が感じ信じたことが真実になるって思えた。

*  *  *

この引越しのプロセスの中にどれほどの「お試し」があったのだろう。

自分をどこまで信じる?
どこまで委ねきれる?

私は、お財布を落として本当に良かったのだと思う。
「最終確認」の猶予は1日だったと感じる。

↑は、私が「知ってる状態」と感じているもの。
あくまでも私の中の真実。

そして仲間のチャネリングが、あの日になかったら私は、ここまで
自分を深くみることが出来ないままで終わっていたと思う。

ここまでしても、気づかせてくれる上のサポートの「愛」を感じる。

*  *  *

今、ちょっとブログの手を休めて、過去のチャネリング内容を確認
してみた。引越し中は、手帳で確認する余裕もなかったけど、
ちゃんと書いてあることに気づいた。

下の子の就職を蹴った件で多少プロセスの流れが変わってしまった
のは、仕方がないし、どのような形で変わっているのかも知らない
まま走っていた。

12月に入ってからのチャネリングには
価値観を捨てること。
ディセンション→集大成、トラウマなどが出てくるなど。
抵抗を手放したときに、スピリットに生かされている、サポートがあることを
知るだろう。と。

ん~。抵抗を手放しきれていなかったのかも知れないね。
だから最後にああなった。

まっ、過ぎたことだけど。(笑)

*  *  *


転居のプロセス【全て失う編】-7へ続く

転居のプロセス【全て失う編】-6

クツミのシャウドを読みたいなって思っていた。
そして、最新のシャウド5もアップされたと言う話を聞いていた。

*26日ギャザリング

シャーンブラのお宅で門のある大きな家だった。
は~。って感じで広い玄関に入った。

何度かこれまでに会っている仲間もいるので
安心して場に入っていった。

話題中心は、クツミのシャウドと最新のシャウド5の話だった。

一人のシャーンブラが、クツミのシャウドを読み終わって
もっていた。それをくれると言うので感激した。
やった~!って感じで。
そして、最新シャウド5も、プリントして頂くことが出来た。
思わぬプレゼントだった。

皆、食事を終え、自己紹介が始まった。

私の番のときに言うことは、ひとつ。
「北海道から昨日、上京し、上京する前日、財布を落とし
全財産を失いました~~~(笑)」
「ここまで来ると笑いしか出ません~!」

皆が、「えっ?」って顔で一瞬私を見た。
そのあと「お~~っ!」と「拍手」だった。(爆)

そう、皆クツミのシャウドを読んだばかりで。
このことが、すぐに理解してもらえた。
さすがにシャーンブラ。ここで笑うのはクリムゾン。納得。

でも中には、さすがに目の前に実体としていると
「ある意味、怖い」と。

だけど、このプロセスは人それぞれだよ。と話した。

そして各自の体験などを聞いて本当に自分だけではないと
感じたし、みな様々なプロセスを通ってきていることを実感した。

帰りには、残っていたお菓子、パンなどを持たせてくれ、更に、
「何かあったら言ってね。」と声をかけてくれた。

先の見えない私にとって、どれほど心強いかわからない。

二次会は、シャーンブラ数人で私の歓迎会をしてくれた。
一人のシャーンブラが私の分を支払ってくれた。
今の私は心から感謝で受け取ることだけだった。

楽しい時間をすごし家に戻った。

*  *  *

【2008/1/27(日)晴れ】

ぐっすり眠れた。ここは住宅街で静か。
鳥のさえずりで目が覚めるなんて何年ぶりだろう。
天気は、良かった。
札幌のほうでは、私が上京した日の前後は大雪。
ほんとうに、導かれていると感じる。

この日は、シャウドを読んで過ごし、近所の神社へ挨拶に行った。
クツミのシャウドは、笑わせてくれた。
自分のことが書いてあるなって思えた。

もう少し、早くにこのシャウドを読んでいたら、私は、「困難」な選択をしなかった
のではないかなんて思っていた。

で、前日に「クリアした!」と思えた事がシャウドを読むにつれ、
なんだか不確かさにも変わっていった。
やっぱり、最終確認足りないのかな。まだ必要だったらどうしよう。

シャウドを読んでる最中から、もう「疑い」のゲームにはなるし。(汗)
また、これまでのチャネリングの内容と自分のプロセスとの関係など、
やっぱり、これは、一度ハッキリしなきゃならないし確認しなきゃ先に
進まないことを感じた。

ここは、出費も覚悟してチャネリング受けようと思った。

予約を入れると、チャネラーさんもお財布の件で心配していた。
30日の午後に思ったより早く取れた。

これまでも、そうだったけどチャネリングの取れる日は、ズレる事があっても
とにかく最善の日に受けられていることに、あるときから確信があった。
これは、人がどう思おうと、私にしか分からない事だと思う。

チャネリングを受けることは、誰にも伝えなかった。
ある意味、プロセスの経過をハッキリ知ることに落ち込んだら
どうしよう。などと余計なことも考えていたからだと思う。

*  *  *

【2008/1/28(月)】
荷物搬入の日。

何もない部屋が一気に荷物であふれた。
何もないほうが良かったかも。と思えたけど、なきゃないで不便なことを
知っていた。
炊飯ジャーも届き、ようやく温かいご飯が食べれると早速準備した。

この日の夜23時ころまで片付けが続いた。

*  *  * 
【2008/1/29(火)】
この日は、兄の住民票を取りに、横浜まで向かった。
不動産やの担当者に東横線でいったら良いと聞いていたので、
コレスポンデントにサポートを頼みながら無事に用事を済ませた。

これで、全ての書類がそろったことになる。
長かった。

この日は、小雨も降っていた。海を見ようと思ったけど、
まだまだ買出しもあったので新宿で用事を足し、戻った。
さすがに、歩き疲れ家が遠くに感じた。

次の日は、いよいよチャネリングの日だった。


転居のプロセス【全て失う編】-8へ続く。明日になるか?夜中になるか。。。

2008/2/1の最初はこちら↓
転居のプロセス【全て手放す編】-4

転居のプロセス【全て手放す編】-7

【2008/1/30(水)】
この日は、以前引っ越す前にネットで注文したベッドマットレスが届く日だった。
布団は、厚いものは単身パックの限られたスペースでは無理と判断したため、
ずっと、薄い布団と、仲間が使っていない羽毛の布団を圧縮し宅急便で送って
くれたものと電気毛布の暖でなんとか過ごしていたのだった。
ようやく、体の痛みから解放される日と思うとうれしかった。

ただ、代引きで注文していて失くした財布に当然、お金が入っていたので、
支払いに、少し勇気がいった。残りが。。。は~。みたいな。(笑)

そして、インターネットの工事日でもあった。30分くらいで設置も完了した。

ネットの工事は午前中とは知っていたけど、マットの配達は、絶対に
チャネリングの時間とかぶらないと確信していた。
実際に、チャネリングの前に配達がきてくれた。

ここで、どうしても確認したいことがあった。
最終確認は、もちろんのことだったけど、
これまでの私のチャネリングを通してのプロセスについて、
最初のマンションが決まらなかったことについて、
ダウジングについて
「困難」を選択したことについて
などなど。

この日は、朝から首の後ろが熱く感じていた。
以前にも同じようなことがあった。

*  *  *


【チャネリングから】
■今の状態
 新しい新天地のところへ入る。
 新しい流れ、ひとつの古いものが終わって、新しいものが始まる。
 あなたは、古いものを捨てた時に痛みを伴った。
 そのためにスペースができ、新しいものが入ることが出来る。

 その流れで東京へ行く...

 全てを空っぽにすること、あなたはずっと何かを失う恐れを抱いてきました。
 そのために、自分を守ってきた...メモが間に合わない。

■最終確認
 この数ヶ月間、恐れを体験し葛藤してきました。価値観を手放してきました。
 あなたは、どれほどのものを手放してきたと思いますか?

私:急に聞かれても...。自分ではどれくらいなのかわからない。
   う~ん。。。
  確かに、恐怖や恐れを感じては、スピリットに語りかけたり、深呼吸を
  してみたりはしたけれど...。

 自分を信頼する→選んできました→我々と宇宙がサポートする→
 その時に「奇跡」が起こる→この何かを味わっていくと「真実」を知る。

 自分を信頼し、我々と宇宙がサポートしていることを信頼して下さい。

私:私は、後悔はしていないけど、「困難」なプロセスを選択したのですか?
  全て失うことについて。

  お正月前後に何かありませんでしたか?

私:???思い出せない。
 
チャネラーさん:あのね。○○○さんは、自分でやろうとして委ねられなかった
         んだね。自分でやろうとして、コントロールをしていたみたいね。
         これまでも受け取るの苦手だったからね。

         それで、最後は財布。全財産を失ったってわけ。
         これはもう、自分ではどうしょようもないでしょう?(笑)
         あとは「受け取る」しかないもの~!

私:確かに...。そう、もう受け取るしかないわ。

C:今回、お試しだったみたいよ。

私:お試しって!それも聞こうと思っていたんだけど。
  確かに、人それぞれのプロセスがあるのは、分かるよ!
  だけどさ。私さ、「お試し」人より多くねェ~~~!?
  と少々エキサイト気味に訴えた。

C:上で笑ってるわ!

私:だって、そうでしょう?これまでだって。なんかひどくない~?

C:受け取るのが苦手で、習性的なもの。

  それで、お試しでなんども試されてたって感じ。
  次は委ねきって、信じて受け取れよ~。ってことで。

私:アセンションのスクールで過去世の統合のことがあって、
  私は、大勢が戻ってきたのを感じたのだけど。
  本当のところは、どうなんだろう?

C:全て統合されたみたいよ。
  (人によって、ペースは違うかも知れない)

私:私のプロセスとクツミのの「全て失う」のシャウドは関係があったの?

C:あった。

私:私は、これまでこのようにチャネリングで確認してきました。
  何度も聞くようだけど、「依存」ではない?

C:「依存」というのは、自分で選択をしないで聞くこと。あいてに任せようとすること。
  
  プロセスの流れの「確認」は必要。
  自分を信じること。
  コミット。
  背中を押してきた。

私:そう、もう分かっていても背中を押してもらいたかったよね。
  あと一歩踏み出すときに。
  (今、思えば、ずいぶん助けられてきたな。それでここまでこれたような
   ものだった。)

私:「全て失う」ことについて。皆が私のようなプロセスを通るとは限らないでしょ?

C:物、状況、価値観、人それぞれに違う。
  不必要なものを手放す。
  ただ、どちらにしても「0」の段階は、皆通ることになる。


*  *  *
まだ、続く。長くなったんで一旦ここで区切ることにした。

転居のプロセス【全て手放す編】-9【確認②】へ続く

2008/2/2(土)くもり

転居のプロセス【全て失う編】-8【確認①】

これまでのお試しの流れから仕事を探すのにどこまで委ねていいのかが少々
不安になった。


【チャネリング内容の続き】

私:仕事は自分で探していいのですか?
  
C:うん、やはりアンテナを張ることはしたほうがいい。
  ただ、気分が乗らないときは、探さなくていいし。
  探したいときは、探す。ハートにしたがって。

  これも、すべて流れによります。
  意図しないところで流れてくることは私に必要なこと。
  それ以外から来る流れは、本来のものではないものもある。

私:こういうのちょっと、ドキッとするのだよね。

C:委ねきる。

私:ダウジングについて聞きたいの。

C:う~ん、ダウジングもカードと同じようなものだと思う。
 自分の状況、状態によっては全部信じきるのはどうかな。
 これは、チャネラーさんの答えだけど。

私は今回、ちょっと自分の状態も余裕無かったので良い状態ではない
時には、分からなくなった時もあった。

最初のマンションのときは、明確にあらわしていた。
だけど、私のほうの流れが変わってきたんで、ダウジングのほうも
最初のと変化もしていった。
そう考えると結構、私の流れに合わせ、変化していったのは
今思えば、ある意味、正解に近いかも。


私:そうそう、あの最初のマンションには、私は住むことになっていたの?

C:うん、そうみたいね。住むことに本当はなっていたんだって。(笑)

私:そうか、もう仕方ないよね。今の所もそう悪くはなかったし。
  交通のアクセスは、やっぱあっちのほうが良かったけど。

C:あの前後に色々あったみたいで、でもあのままスルスルと物事が
  うまく進んでいったら、流れに気づかなかったんだって。

私:うん、そうだね。最終確認しないで終わったかも...。

■最後にアドバイス
 あなたは、全て手放して新天地に入る。
 残りの古いアカをほろって、新しいところへ手を広げて受け入れて下さい。
 これから先は、自分だけの力では無いことを知っていく。

 瞑想をすること。
 深呼吸をすること。
 水をたくさん取ってください。

 祈りをささげて下さい。
 私たちと共にある、宇宙と共にあることに感謝してください。
 この流れで自由だと気づく、最終的に自分の全て気づくときがやってきます。

 この「祈り」について聞いてみた。

 私は、昔から「祈り」と言うものが苦手。
 祈りとは?


 感謝、サポートを依頼する、選択することも含むとの事。

 最初のメッセージに書くの忘れてしまった。
 「この流れで本来の自分、真実の自分、何者であったかを全て知っていくでしょう。」
 との事だった。


*  *  *

転居のプロセス【全て失う編】-10へ続く

2008/2/2の始めは↓
転居のプロセス【全て失う編】-9の続き
*  *  *

私は、チャネリング後にすぐ料金を振り込むことを伝えた。
そしたら、チャネラーさんが、今回はお餞別です。
お金は、いいです。受け取ってくださいね。(笑)

いつもの私なら、遠慮したかも知れない。
でも、本当に感謝でまたまた受け取らせていただいた。

今回のチャネリングでまたスッキリ出来た。
最初のマンションのことについては、正直ちょっと悔しい~!
でも、私はきっとあのマンション以上の物件に住んでやる~。と心に誓った!(爆)

チャネリングを受けることについては、人それぞれの価値観、意見もある
と思う。
でも、やっぱり私は、全て「愛」だと「サポート」だと感じる。
その「愛のサポート」を受け取ってきたのだと思う。
これだけは、受け取れてきたのにね。

人がどう思おうと、何を言おうと「私は私」なのだ。

「Iam That I am」

とにかく安心した。ひと山は終了か。
あとは、無事ハートに従い仕事につくことだ。

我々と宇宙がサポートしているか...。
何度も言ってたよな~。
よっぽど信じきれてないって言うか、信じてるのだけど、
委ね切ることが、どうやっていいのか分からなかったようにも思う。

今まで分かっていたのに、なんか焦っていたのだろうかね。
私的に焦っていたのは、「荷物の片付け」が間に合うかどうかを
焦っていただけで。
これも必要なかったんかね?
やっぱ、ちょっと正直、難しいもんだって。思ってしまう。

私は、みんなに声を大にして言いたい。
私のように「困難」なやり方は選択するな!って。
ヤバイと思ったら、私のことを思い出してほしい。

あ~。あのようには選択したくないよなって。 (爆)
自分は、シンプルに通っていきましょう。ってね。

そして、プロセスの最初のころからの教訓、学び、全て、
なんで、この最後に来て生かされなかったかと思うと、
こんちくしょう。ばかやろう。の世界。

とっても、悔しかった。ハードルは思ったよりも高かった。
高くしたのも自分の選択なのかも知れない。
自分にくやしい。

*  *  *

で、最後になったけど、
私が上京したときにチャネリングを受けた仲間の
チャネリング内容で、アセンションスクールについての内容があった。
許可をもらってブログでほんの一部分公開する。

アセンションスクールの時、あの場自体が次元が変わっていた。

第3サークルには、参加者全て、クリムゾンの中でも種族など2~4人くらい
のグループ(その中には案内人も付いて)ごとに、乗り物に乗って
行っていた。
待っていたのは、セント・ジャーメインともう一人くらいで。多くはいなかった。
などなど面白い話が聞けた。


*  *  *

ようやくチャネリング内容を書くことが出来た。
忘れてしまいそうで、早くここまで書きたかった。
「クリアした!」と思ったら、また色々な不確かさを感じ。
このチャネリングを受けるまでにも、気持ちの中では、ぐるぐると色々な思い
がめぐっていた。

財布の中身を見たら、そりゃ不安がないっていったらウソになるし。
ポストを見たら請求書がはいってる。

でも、サポートがいつだってある事を知っている。いや、知ったか?
きっと、この経験、体験も第3サークルでは美しい思い出になるに違いない
と思う。

新しい生活

 03, 2008 23:03
2008/2/3(日)雪

まだ、生きてますよ。(爆)

昨日は、久しぶりにゆっくりと過ごしました。
一人を結構楽しんでいる。

目に映るものが新鮮と発見がなんだかいい感じ。

今日は雪が降っていたので、大人しく部屋から出なかったけど。
外では、この雪ではしゃいでいる子供の声が聞こえていた。

早朝、マンスリーシャウドだったので、早めに起きていた。
RealPlayerがエラーで、何度、インストールしようが、ヘルプを読んでも
結局は、見れずじまいだった。

一旦は、あきらめて二度寝してから、色々ウィルスソフトが影響して
いるかと調べても見たけど、ちょっと違うみたいだ。
もう、お手上げ。
リカバリしたばっかりだけど、なんか調子も悪いし、なんせ遅い。(汗)
サクサクいかない。

つい、何かあるのか?と思ってしまう。

気分転換に、無料動画のドラマをみたりしていた。(笑)

*  *  *

昨日、シャーンブラから電話が来て、職安も行ってみたら?
と言う話だったので、情報誌ばかりじゃなくハローワークの
方も行ってみようと思う。

場所をネットで確認していたら、ハローワークサイトでも
求人検索できたので、しばらく見ていた。

二箇所ほどピックアップしてみた。
明日でも、気分が乗ったら行ってみようと思う。

*  *  *

昨日、DW・アセンションスクールの写真をアップした。
◆DW・アセンションスクール(スライドショー)
https://box.yahoo.co.jp/guest/slideshow?sid=box-l-xbis7ydfop7kq6wtsn3hzivbii-1001&uniqid=3739e201-a8d0-4b45-b02d-29b8039babec
※ログイン画面の場合は、ID「miracles358」パスワードは「20070918」

それと今日は、「光の息吹」も最新のがアップされていた。
「光の息吹」ハートのハート
【抜粋】この時期、私たちに求められているのは、自分のハートのハートと
向き合うということです。ハートのハート、つまり、自分の一番深い部分。
本当の自分。自分が本当に求めているもの。自分の古いセルフの多くを
捨ててきました(このプロセスは今後も繰り返し、繰り返し続きます)。
なので今の自分にマッチするものは、今まで自分が知っていたものとは
全然違うものかもしれません。 


まだ、続きそうですね。

[mixi]Arrived Energy On Earth
2008の概要
【抜粋】仕事もまた劇的なシフトをします。職業の方向性を変えようとしている自分や、
まったく予想外の新しいことを始めている自分に気づくことになるかもしれません。
私たちの創造力と新しい職業との間には緊密な関係~それが重要となります。
創造力と職業は完全にマージされた形で明らかにされねばなりません。
私たちそれぞれが、ONEに奉仕するための自分独自の方法を自分が
する仕事の中にみつけなければなりません。なぜなら、奉仕という要素が
なければ奉仕者たる私たちは完全ではなくなるからです。
これは、豊かさへのドア…そして私たちの”最も切望して来た夢“の達成へ
のドアを勢いよく開くでしょう。私たちがハートの中のハートの最も深い励まし
に従って、ハートが“したいこと”をしていけば、すべてはうまくいきます。
しかし、どんな形であれ自分自身を妥協させていたら、私たちは脇に
追いやられ、この素晴らしい一生に一度の絶好の機会を逃してしまいます。


どちらも「ハートのハート」。
自分の深い内側に従って。ってことなんだよね。

今日、私仕事探していて、感じようとするのだけど、
こんな仕事ハードル高そうなの無理。とか、結構
いろいろな事をつい考え、まだ申し込んでもいないのに
緊張したりね。

「これだ!」って明確に分かればよいのだけどね~。
きっと、そんな感じで現れるような気もする。
今日の中に「これかも?」はあったけど。不確かさ。(汗)
あせらず、探してみよう。ワクワク感で。

就職活動

 04, 2008 22:40
2008/2/4(月)晴れ

今日の一日は、どちらかと言えば「恐れ」から始まった。
まったく、ひと休みしたかと思えばまた繰り返す?っと自分でも
嫌気がさしていた。

そうそう、深呼吸して、などとやってはみても。

この原因は、就職活動にある。
そう、でも頭ではわかっている。
そして、もうそんな「ドラマ」は必要ないと。
「困難」もね。
変なトラウマが出来たか。

ちょっと前に札幌の仲間が、足が痛くて、自分は選択しないとか
いろいろやってみた時に、口にだして「痛い、痛い、痛い!」
って言ってみたら、すっと抜けていくのが分かったって言ってたから、
私も真似して「怖い、怖い、怖い!」って言ったら軽減された気も。。。(笑)
自分で認める、受け入れるに繋がるのかとちょっと思った。

変な期待があり、そこに自分の選択、仕事へ対しての自信の無さ。

でも、今日はお天気も良く、とにかく一度はハローワークへ行って
登録でもしてこようと思っていた。

でも、行ってみて良かった。
深く自分の内側に入ることが出来たから。。。

*  *  *

ハローワークは、どこでも人がいっぱいだね。
とにかく検索してみた。

自分で「やりたい仕事」なんて分からない。
反対に「やりたくない仕事」なら分かる。

だから、検索しても95%くらいは、パスしただろう。(爆)
残り、5%は、ちょっと考える。か目を通してみるか。くらいなもの。

*  *  *

これまで、仕事といえば、
販売/製造/看護助手/建築(営業兼CAD/住宅などプラン)
営業/インバンド(電話受け取り)リフレクソロジーなどなど。

その中の建築などは、過去生の影響もあったと思うけど、
なんせ何も資格らしいものなど無い。

思わず、自分のアスペクトに
「どなたか資格を持っていませんでしたか?」(笑)
「う~ん。時代が時代だったしね~。」←自作自演か。(爆)

そんな馬鹿っぽい事を心で会話をしていたら、
不安は、無くなっていた。

つまり私には、上のサポートや宇宙のサポートがあり、
制限、資格なんて「でも、そんなの関係ねぇ~」とつぶやき。。。

そして、私はピンポンみたい。って感じがした。

先月のシャウド5
クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド5:
「輝かしい発見」
 

でも、シャウドの内容は、確か外側の事を言っていて、低い壁の後に
いればいいって話だったと思うのに。

自分がなってどうする~!!!

*  *  *

で、ハローワークの登録のとき、番号を呼ばれて
担当のおじさんに聞かれました。
希望の職種は?
私は、「う~ん。。。」
「何か作る仕事。。。」
おじさんも「はっ?。。。。」
「まあ、これはあくまでも登録だけのものだから、軽く考えて書きましょう。」
とりあえず。で記入した。

おじさんは、その登録カードを見て私に言った。
「○○さん、お言葉なんですがね、○○さんの年齢で、経験も無く。。。と言う
のは、大変難しいと思いますよ。」と済まなそう。って言うか
あきれて言った。
私は、「言いたいことは分かってます。最初は言わせてくださいよ。笑」

*  *  *

さ、せっかく駅周辺まで出たのだからお店探索でもして帰ろうっと。
お店をチェックした後に、ちょっと広そうなマックがあったので入って
休憩した。

「私は、いったい何がしたいのだろう」
何がしたいかと言えば、物づくり。。。

クリエーター?どんな?
クリエーターと言ったって様々な形と業種がある。
何も経験がなくて良く言うよ。って話だけど。
たとえば、若いときから、下積みして。とかね。

希望から言えば、何かひとつのものをスタッフで作りあげるようなものが
自分には合っているかも知れない。
一人で黙々と。って言うよりも。分担して。
それだって仕事によっては、担当ってことで黙々ともある。
でも、こういうのはOKなんだよね。

なんて、一人で考えていた。

なんだか、我が家に帰りたくなって、落ち着きたくなった。

そして、昔フジテレビで放送していたドラマを思い出した。
「恋ノチカラ」深津絵里と堤真一のドラマだった。

題名に「恋」があるから恋愛の話もあるのだけど、
私は、惹かれて何度もドラマ録画して見たのは、
安定を捨てて、夢に向かって「妥協」しない。と言うところにハマッて
いたのだった。

検索したら↓が見つかった。
「恋ノチカラ」無料動画
※ まだ良く説明を読んでないので、見る方は、無料を再度確認してね。
全話見れるといいけど。うれし~。


☆ PANDORA.TV で検索すると最終話まで見れました。※わたしは会員になってます。

*  *  *

帰ってきて、PCの電源を入れ、再度、いろいろ検索した。
まず、好きなもの、惹かれるもの。

キレイと感じるものや、本物とか。。。

建築の「土壁(しっくい)」日本、輸入関係なく」

その後、やはり会社/代表の考え方とか?
だから「妥協しない」でも検索してみた。

そう時間はあっと言う間に過ぎちゃった。

求人に繋がるものには、まだ出会えない。

もう、目も画面見すぎで霞んできたから、今日は、おしまい。

「派遣」ではこの年齢だとかなりのスキル、経験を必要と
するんだね。

どこまでやれるか、どこかで待っている私の仕事に出会えるか。
だね。

やはり、ここまできたら「妥協」しちゃうと、本来の道筋からズレちゃうのだね。

すっかり、「恐れ」は飛んじゃったけど。
またまた、どうなるのでしょう?

2008/2/5()晴れ時々曇

今日は、いろいろな自分を観察できた。

最初に、昨日ハローワークで登録した番号で検索しようと
思っていた。

二社気になっていた会社がある。
ただ、一社は、すでに諦めて手放そうとしていた。
一昨日のブログでちらっと書いたけど。
「ハードル高くて無理。」と思って申し込み前から「恐怖」に
なった会社だった。←バカみたいだけど。

そりゃ、きっと入れたら可能性というのが見れるところだろうな。
そこは、「創造」するところ。連携プレーで造りあげるところ。
しかし、年齢不問はいいとして、学歴も合わなければ、キャリアもない。
ただ自分の使ったことのあるソフトを使用する仕事のようだ。

まず、学歴とブランクとキャリアで、だめだ。と思った。
だけど、今までのプロセスから、違う観点で感じていた。
それは、今後仕事をするなら、私の使う沿線に職場が
位置するだろう。と言う私の「知ってる状態」での感じと、
その会社の住所がまた○○区○○1丁目11番地の22。(爆)
何?「111」「22」?
これには、少々ふざけも入ってるか。と思いつつ気になって
ダウジングをしてみた。
他の会社もやってみたけど、この会社だけは、OKが出る。
今回のダウジングは、上の存在たちに向かって、
合図を送って!と言ってしたのだった。

それから「恐れ」「恐怖」「抵抗」「疑い」が出てきたのだった。

それは、考えるだけでも「あつかましく」通常であれば、
すぐ「パス」していただろう会社だった。

もう一社は、自分の好み、より嗜好にあった本を取り扱っている
会社だった。仕事内容は、営業込みの内容。

もちろん、通常であれば、より自分の可能性に近いほうを
選択するだろう。

この二社を自分の内面から色々感じてみた。

すると、以前の上からのメッセージなどが浮かび上がった。

【昨年、秋くらいからのメッセージ】
これから先
我あり、多次元の私、より自分、より新しい自分。
お試し→丁寧に、慎重に流れていってください。

2008年 創造性の発揮。

「選択」には惑わされるものもあるかも」
仕事の話、エゴ(?)はうま~く入ってくる。
スピリットに繋がって心の目で見る。

少しずつ、やるべき事が見えてくる。形になってくる。

意図しないところで流れてくることは、私に必要なこと。
(これも全て流れによります)
それ以外から来る流れは本来のものでないものもあるかも。  


そう、今までの事を考えると慎重にならざる得ない。
でも、あまりにも慎重になるがゆえ「疑い」のゲームも入ってくる。

*  *  *


就職活動-2-(2)へ続く

就職活動-2-(1)より

*  *  *

で、一旦、最初の会社を手放し、「お気楽」モードに入った。
そうそう、もっと自分でこれなら出来ると思う会社にね。
無理なんてすることないさ。

かと言って、「妥協する」とか「古いやり方」に戻るとは
言っていない。

そこで現れたのは、
最初のマンションのときの確認のときの上からのメッセージだった。
初期費用は安く済むものの家賃は高かったし、マンション自体のグレード
は高かった。
私の選択、気づきの状況によっては、
このマンションに住む予定だった事は、
以前のチャネリング内容で書いた。

そのマンションの内見をしたときの観想は、スピリットは「ここだ!」
と言った。でも自分が、これは、あまりにも「身分不相応に思える」
と感じた。「自分には価値がない」

【その時のメッセージ】
このマンションに住むことについて
今は、「身分不相応」に感じるかも知れない。
今後、全てが整って、身分相応になる。
自分が、その物件に合わさっていく。


どうも、この言葉の意味を理解すると、今後の仕事において
過去の自分とは、異なった展開を感じさせていた。

今の自分の立場(全財産を失った)であれば、とりあえず
何でもいいから仕事に就こうと考えるだろう。

【この前のメッセージ】
  自分を信頼する
     ↓
 選んできました「選択」
     ↓
 我々と宇宙がサポートする
     ↓
 その時に「奇跡」が起こる
     ↓
この何かを味わっていくと「真実」を知る。


「選択」=その選択によっては「奇跡」もありえる。

私は、他の会社に関して言えば、もし仮に入社したと
しても、これまでの経験で予測がつく。
そこには、「安定」はあるかも知れないけど、
過去とそう変わらない自分。

でも、一社目は何かこれまでとは違う可能性を見た。
もちろん、仮に奇跡が起こって入社が出来たとして
スキルも付いてからの話になるだろうけど、
そこは、二ヶ月に一度、海外での仕事があるのだった。
しかも、色々な国。

それは、昔、私が夢見ていたことだった。
語学は、出来る人に任せて。(爆)

慎重すぎて、これは「お試し」なのか「サイン」なのかを
ずっと考えていた。
こんなところは、「意図」はしていない。
だけど、目に留まったものは仕方がないだろう。

*  *  *

悩んだあげく、札幌の仲間に電話して話した。
「○○ちゃん、それだ!ハートが響いた。それだと思う。」
まだ、たいして、その会社の詳細など話してもいない。
昔にも、彼女が背中を押して、電話したその日の会社説明会に
参加したことがあった。それは、上が準備していた会社だった。

「またかい!やめてよ~。」考えただけでも恐ろしくなるのに。
その「恐れ」自体も、なんでここまで「恐れ」が来るのか
分からなかった。
私は、いや、まてよ。もしかしたら、本当にそうなのかも
知れない。
彼女は、ついこの間も他の仲間と○○ちゃんは、こんな仕事が
向いているよね。と話していたばかりだというのだった。
だから、私が話したときに「来たっ!」と思ったというのだ。
この「意図」しない会社。
そして、昨日の自分でも不思議な行動。

それは、この会社を手放した、諦めた。のはずなのに。
目に留まるものは、この会社の履歴書送付の際に必要な
「ジャンル問わず」の「作品」。
もし、作品を同封するなら、まだ土地になれていない私は、
ここで、プリントするお店があるのか、ここでパスポート
の写真が撮れるとか(紛失中のため)。
無意識にチェックしていた。

それが今日になって役に立つとは知らなかったけど。

*  *  *

で、私は、やはりどう思われようと、給料も安く雑用からでいいから
とにかく、申し込みをすることに、ハートはしっかり「確信」「知っている状態」
に入っていった。
別に落ちたところで、驚きはしない。
受かったほうが「奇跡」いや、「面接」までいったほうが「奇跡」だと
思った。
何でも、やらないで後悔するより、まずは「行動」が私だったじゃないか。

*  *  *

ここまで来る間に、とても感動することがあった。
上の話で、以前背中を押されて入社した会社で知り合った
精神世界を語れる友人だ。
時々、ブログを時々読んでくれている。

その友人が以前に渡していた資料を返すために、郵便で送って
くれた。
その中に手紙が入っていた。
これまでも、励ましのメッセージは何人から頂いてきた。
本当に、同じように考え、同じようにドキドキ、時には笑いを共有
してくれていた。
本当に感謝で、励みになってきた。

本当に、自分のために続けてきたブログだし。
そこには、私らしく偽りなく本音を書いてきた。
本当に、このように心から楽しみ、受け取ってもらえるとは
想像していなかった。

そして、彼女から「新しい始まり」の「お祝い」が入っていた。
本当に彼女の手紙、心遣いと、上のサポートに泣けてきた。

「生かされている」事を、初めて実感した。

*  *  *

就職活動-2-(3)へ続く

2008/2/5(火)の始まりはこちら↓
就職活動-2-(1)
就職活動-2-(2)より

*  *  *

決心が付いた後、まず作品の準備を始めた。
手元に残っているもの。
ソフトを使った、図面作成したものは、残っていない。
ジャンル問わずが救いだったので、
「写真」、これまで作った「ロゴ」、あるビデオのジャケットを作成
していたものが、揃った。

その会社は「専門家の集団」と書いてある。
私のは、お遊び程度にしか見えないかも知れない。
しかも、実際楽しく作ってたものだし。
写真も選別し、CDに移してプリントした。

あとは、履歴書と、職歴を作成する。

ここまで来て、ふっと先月のシャウド「輝かしい発見」を再度
読み返した。
すると、自分の状況とピタリと合わさっていることに気づいた。
トバイアスに感謝した。

また、リンクする。
昨日は、ピンポンの話だったけど、
今回は、全体的に自分とかぶった。
あなたの時代/疑い/ショートストーリーなど。


クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド5:
「輝かしい発見」

これまでに味わったことがないほど大胆で、勇敢な行動をすることになるでしょう。
ああ、あなたは、自分が感じてきたと思っていますが、そうではありませんでした。
ジョン、あなたはエネルギーを費やし、感覚から逃れ、感覚を分析し、
感覚に怒ってきたのでした。
ボブ、そしてあなたがたシャーンブラのみなさん。
私たちは特定の誰かを指しているのではありません。
それは、大きく開かれた感覚の年です。輝かしい発見の年です。
ああ、私はあなたがたにこのフレーズを使おうと思います。
「あなたは途方もない量のエネルギーを動かすことになるでしょう」。
しかし怖がらないでください。それは以前と同じである必要はありません。
私たちはしばらくそれに入り、なぜそれが以前と同じである必要がないのか、
あなたがたが理解するのを助けることにしましょう。
【省略】
まさに、あなたについての輝かしい発見です・・・あなたについてです。
あなたは物事を知っていましたが、知っているということを知りません。
ずっと前に忘れてしまいました。それはあなたが逃げてきたこと、隠れてきたことです。
あなたは、あなたが驚くべきものであることを発見するでしょう。驚くべきものです。
これらのすべては、とても容易にやってきます。あなたの準備ができているからです。
私たちはここに座り、この部屋で、人間としてのあなたの自己だけを見たり聞いたり
しているのではありません。私たちは、準備のできているあなたのすべてを見ています。
実際、あなたの神性の部分に、ヨハムの部分に、あなたに、切望があります。この心躍る、
表現豊かな、ダイナミックな人生にあなたを参加させることに対しての切望が。
あなたはこれ以上、それを遅らせることはできません。遅らせようとすることもできますが、
うまくいかないでしょう。エネルギーは、あなたがあなたのすべてを体験したがっているようなものです。
あなたは感覚を体験したがっています。人生を体験したがっています。
あなたを阻止してきたもの、あなたを制限してきたものを乗り越えたいと思っています。
【省略】
あなたの中の何かの、この輝かしい発見の年に・・・。
これはただ、はっきりしない空っぽの約束ではありません、シャーンブラ。
あなたのエネルギーがたった今存在する場所に、それはあります。
私たちがあなたに、そこにいてほしいと告げるのではありません。
あなたがそこにいるということを、ヨハムと私たちに、あなたが告げているのです。
【省略】
今年覚えておくべき、もう一つの重要なことです。
今年は神性の概念が、ヨハムの概念が、概念を超えて、生きること、
すなわち真の体験に変化する年です。あなたのエネルギーは、
内側に入ることを選択していて、ここに存在することを望んでいます。
あなたがそれに、ここにいるように求めたので、今、それが来ます。
時にそれがぎこちなく感じたり、手に負えなく感じたりします。
時にはとても壮大で圧倒的で、それにあなたが値するかどうか、
この現実の中でそれを実際に維持していけるのか分からなかったりします。
しかし、それはここにあります。それはただの言葉ではなく、決して哲学でもありません。
それは私たちがあなたの現実として見るものです。
しかし、それが入ってくるときに、それは、あなたが持っている人間の特性を持た
ないということを理解してください。
【省略】
あなたの輝かしい発見の年の、このエネルギーもまた、感覚に関するものです。
以前に私たちは感覚について話し、感情と感覚の違いについて話しました。
感情は、反応です。あなたは何かについての反応を、感情として表しています。
感覚は、深みであり・・・知覚であり・・・人生です。感覚は、完全です。
感情はむしろ一時的で、表面的です。感覚は、とてもリアルです。
それは、挑戦を表しています。これはあなたが生きる、とても興味深い現実(reality)です。
「real(リアル)」とその中にあるように、あなたがたはそれを現実(reality)と呼びます。
しかしそれは実際、全くの幻想です。そのことは、とても興味深いです、感覚はとてもリアルですから。
感覚はとても広がりがあり、あなたは今年を、とてつもない方法で感じるでしょう。
【省略】
今日、現在、あなた方は新しい意識の開拓者です。
あなたは旅に出る人で、海や大洋の上ではなく、次元の上を旅に出ています。
その次元は、新しいエネルギーの新しい海です。あなたはいつもそこに出ています。
夜、そこにいます。昼はあなたの思考の中で、白昼夢の中でそこにいます。
未発見で未知の領域の海がかつて存在したように、存在する未知の新しい意識へ
、あなたは常に繰り出しているのです。あなたは、何か新しいものの発見のために出航する人です。
それが何で、どこなのかをあなたは知りません。
あなたにはそれができるから、それを選択しています。
それは表現です。それはリアルです。
しかし、あなたは、とても頻繁に疑いをあなたの旅路に忍び寄らせ、
本当の感覚を、本当の生きる能力を、取り去っている人でもあります。
疑いはあなたを枯渇させるでしょう。あなたを衰えさせるでしょう。
価値がないと感じさせるでしょう。
穴の中にもぐり込み、二度と旅に出たくはないと思わせるでしょう。
あなたは意識の船の船長で、どの天使もこれまでに行ったことのない所にさえ、
出て行き、拡張し、探検します。
あなたは、天界の存在がすべての次元を絵や図に記したと思っていますか?まだです。
彼らにはできません。彼らが記せるいくつかの次元がありますが、
人間と、人間の意識だけが、本当に新しい意識の領域を、危険を冒して進んでいくことができるのです。
そしてそれが、自分自身とすべての人間性のために、あなたが行っていることです。
しかし疑いが忍び寄るとき、それは旅全体を奪ってしまいます。


*  *  *

昨日の想像つかなかった今日。
また、明日は、どんな一日なんだろう。
朝たしか、「安らぎ」「歓び」を選択した割には、
「価値がない自分」「恐れ」などなども、続いた。
でも、私はシャウドを読んで、
ショートストーリーの中のクリスのように疑いから「進路」を
変更することも望まないし。
「疑い」を捨てて、「輝かしい発見」を見つけたいと心から思った。

また、明日はその会社に電話を入れてみるので
どうなるのか結果を委ねてみることにしよう。

就職活動-3

 06, 2008 20:47
2008/2/6(水)雪のち雨

昨夜、寝るときに深呼吸をして、「恐れ」に対して
とことん向き合おう、感じてみようと思った。

これまで、何度か「恐れ」に対して向き合うこともあったけど、
頭では幻想だとか、自分は創造していないとか。。。
実際のとこ、深く入ると何もないこともあった。
ただ、リアルすぎるだけで。。。

昨日のブログで紹介した、シャウド5にもあるように、
まだ行ったことのない↓の領域に対する「恐れ」なのかも知れない。

『人間と、人間の意識だけが、本当に新しい意識の領域を、危険を
冒して進んでいくことができるのです。』

さあ、向き合うぞ~~!
よし、準備は出来た!

すると、空室でも空洞でもなく。。。
「逃げた~~」と思った。そう感じた。(爆)

「逃げる?」なんで~。せっかく向き合うって言ってるじゃん。
しっかり感じて受け止めるってさ~。

どうしてか。。。「逃げた」って感触なんだよな~?
分け分からないよね。

逃げられたから、内側には、「恐れ」はないよね。
もう、仕方が無いから寝るしかないよね。(笑)

*  *  *

今朝、「恐れ」は昨日ほどではないにしろ、電話(たかが)するだけで
緊張が少しあった。

でも、行動あるのみ。
担当者は、離席中だったため、電話に出た若く感じの良い女性が
受け付けてくれた。
使用しているCAD、ソフトの事を聞かれたので、
正直にブランクは、あります。と答えた。
最近では、必要なときにちょっと使う程度であることも付け加えた。

「はい、わかりました。では、履歴書を送って下さい。」
私は、近いうちに送付する旨伝え電話を切った。

*  *  *

「ふ~。何とか履歴書拒否にはならなかったな。」
深くつっこみもなく、担当者でなかったのも良かったのかも知れない。

なんだか、気分は楽になって、さて履歴書作成か?
と思ったが、なんだか精神的にしんどい日が続いたのもあって、
すぐ作成する気分にならなかった。

そうだ、探検に行こう!

*  *  *

知らない土地は、本当に楽しい。
たけど、どうも全て合理的に効率よくと考える癖もあるので、
この会社まで、何分かかるのか、その会社を見てこよう、
場所を知ろうと思った。

あいにく天気は小ぶりだけど雪が降ってきていた。
まっ、こんなの大したもんじゃないよ。

大体、家から45分ほどかかる。
そんなもんだよね。こちらの方たちにしてみれば近いほうか。

途中、雪が雨に変わってきた。
もう一度地図を広げると、ちょうど会社のすぐ近くだった。
特に、お店がいろいろある地域には思えなかった。
ただ、東京タワーが近くに見えた。距離はあるのかも知れないけど。

会社は、どちらかと言えば、戸建てのような造りの4階建て?
4階部分は、小屋裏っぽい感じで、そこが設計室だろうか。

雨もひどくなり始めたので、すぐに駅まで戻った。
地下鉄で行った私には、地図でどの辺なのか、
どこまで来たのか、よく分からなかった。

*  *  *

帰ってきて地図をみてちょっと驚いた。
会社の近く、歩けない距離ではないと思うけど、
大きな公園もあり、その中に「熊野神社」があった。
あら~。またもや?
最初のマンションの位置から近いところにもあって、
それが、良いエネルギーで守っていると聞いていたので。
前のところも割りに大きな神社で、今回の場所の神社も大きいみたい。

ますます、この会社でビンゴなわけ?
と思ってしまった。

と言ったって、私はよくわからないし「熊野神社」に捉われて
いるわけではないけどね。

東京には、96社あるようなので、確率的にはどうだろ。
熊野三山
全国熊野神社参詣記

ただ、偶然ではないのかな~。と思っただけ。
何事も楽しんでいるだけ。

さあ、これから履歴書書いて、昔の会社の勤めた時期を思い出して
作っていかなきゃ。

明日、送付する。さて面接まで行くのだろうか。
創造もするけどね。この会社が私にとって必要な会社であれば。

そして、気づいたけど。
私は、仕事に対してかなりのトラウマもあって、抑圧が原因なのか
発作も何度か起こしていた過去もある。
とにかくトラウマがあった事を思い出した。
その克服、自信をつける意味でも、次の会社は重要なのかも。
もう、そんな事は起こらないことは知っているけど。
その「恐れ」もあったのかもね。

自分では、よく分からない。

※ そうだ一昨日に無料動画「恋ノチカラ」を紹介したけど、見れるのは
  「最終回」だけだった。 残念。←見なかった。

就職活動-4

 08, 2008 01:42
2008/2/7(木)晴れ

昨日、夜になってようやく履歴書作成をした。
なんとなく、エクセルで書式から作りたくなって、作りだした。
なんせ、手書きだと訂正するのも大変だし。

職務経歴書まで、作り始めた。
いやはや、思ったより時間もかかって。

夜中に準備できた~。といったん封も閉じてしまってから、
ハローワークの応募票を入れるのを忘れたことに気づいた。

実は、職務経歴は、あまりに転職と期間も短いのがあり、
ちょっとばかし、省いたり、期間のばしたりした。(爆)
うそも方便よ。
この世の中渡るには、まだ気づいていない人の基準に合わせる
ことも必要さ。と言い訳した。
ちなみに年はごまかしていない。

で、最初に封を閉じた時、封筒の上からダウジングをしてみた。
上の存在にサイン送ってといって。
すると、微妙な動きだったので、
「ありのまま」では無く、多少ごまかしたから?などと聞いていた。(笑)

少々困ったのだけど、まあいいや。って終う瞬間に重要なものを入れて
ない事に気づいて。うわ~。危なかった。良かった=!
と上に感謝し、再度、封筒を開け準備を完了した。

片付けて、もう寝る準備に取り掛かったときに、見た時計の数字
が「4:44」だった。
珍しい~。
最近では、ほとんどが、「1111」「111」「000」「1212」だったので、
ロナ・ハーマンの大天使ミカエルの本で数字の意味を確認した。

「444」:これは、実際の復活の番号である。あなたが重要な局面を完了
     したことを意味する。

うっそ~。そうなの?やっぱこれでいいのか~?
何だか気分がとても良く、うれしく思えた。
トバイアスが言うように自分で置いたメッセージなのだろうけど。

その結果を知るのは、もう少し先にはなるけどね。
これで違ったら、笑うしかない。笑ってください。

*  *  *

朝、いや昼に目を覚まし、早速郵便局へ向かった。
その前に気になっていたことがある。
転出届けの依頼を札幌の区役所に送り、転出カードを送ってくる
予定になっていた。もうとっくに届いていてもおかしくなかった。
これが、無ければ転入届けはもちろん、保険、免許証の住所変更など、
なにも出来ないし。

でも、ここでふっと思った。事は全て完璧に起こっている。
遅れていようが、予定通り進んでいないように思えても、
結果的には、完璧だったことを後で知る。
私の引越しのときの教訓は、ここ。
自分で先を予測し、委ねきれずに自らが動こうとしていた。
じたばた、解決しようとするところだった。
先への不安のために。
なぜ、転出届けを急ぎたかった理由は、就職してしまったら、
平日に動けなくなる心配だった。

ちっぽけな「心配」。

まだ、就職だって、面接にも漕ぎ着いてないのにさ。(笑)
また、自分でやろうとする性分がでちゃったよ。
区役所に電話したほうがいいかな?なんて思っていたのだから。

それに気づいた私は、「届出」に対する心配を手放すことを選択します。
先々の不安のために、自ら解決しようとするのではなく、完全に委ねる
事を選択します。などなどと呟いた。

そして、ポストを確認することを必要以上にしないようにして、
手放した。

なんか安心の中にすっぽり入った状態になっていた。

郵便局から戻り、リラックス状態も続いていた。
今日は、夜にシャーンブラと待ち合わせしていたので、
その準備にとりかかっていた。

今日、なんとなく以前から読みたいと思っていた[mixi]の情報
(クツミのチャネリング内容だけど、この時は聖ジャーメインも登場する)

[mixi]Chanel Crystal Spirit「信頼~5層の炎のイニシエーション 」
↑※リンクを貼ってもいいのかがわからないので、リンクはやめる。

をようやく読む時間ができたので、
読んでみると、前半のほうに私のこの一連の流れが理解できる内容が
書かれていた。やっぱ、なるほど。私は、ここを通り抜けたんだ。と言う
確信を得た。
まだ、全部は読んでないけど。

多くの情報も目にするけど、感覚で読みたくないものは、パスするし、
読んでる途中に必要ないと思えば、途中でも読むのをやめる。
自分の中で真実と思える部分を受け入れ、反応しないものは特に
取り込まないスタンスだ。

*  *  *

久しぶりにシャーンブラと楽しい時間をすごした、お互いに通過してきた過程を
尊重しあいながら、分かち合えるのは、ありがたいし、楽しい。
新しい生活のお祝いをしてくれた。

時間は、あっと言うまに過ぎていった。

*  *  *

帰ってくると、郵便ポストに区役所から届いていた。
そうすると、午後6時半過ぎに届いたことになる。
出かけるときには、中が見えるポストだし玄関のすぐ横なので、何も
入ってはいなかったのは知っている。

こんな時間にも配達があるのか、この地域ではあるのかも知れないけど
やっぱ、手放すと来るのだよね~。
これだよ、これ。っとつぶやいていた。

まだ、学習能力は少しは残っていたので安心した。(笑)

明日は、区役所などに行って来る!

就職活動-5

 08, 2008 21:02
2008/2/8(金)晴れ

都庁
都庁(携帯から) 

就職活動と言っても、今は特にハートでは、何も動きたくない。
と言うのが正直な感じ。

気分で言えば、温泉にでも浸かりたい気分。(笑)

*  *  *

今日は、特にないけど、早速区役所に行き無事に転入届けを
だした。これで、東京住民。

出かける前に、PCチェックすると「光の息吹」が最新UPされていた。

光の息吹

免許証の住所変更は、都庁に行くと免許センターがあるので
向かった。

地下には、パスポートの申請も出来る場所があったので、
一応、紛失手続きの書面や説明を聞いてきた。
紛失の場合は、手続きと言っても、取り直すという
ことになり、金額も手数料は、同等かかる。
財布と一緒に出てくる可能性も0%ではないけど、
今は、作れないので様子をみる。

都庁は、でかい。
近くへ行き、中に入っても。。。

ついでに、45階にある展望台に行ってみた。
さすが45階だけあって眺めもいい。

最近感じることは、どこに行っても対応してくれる人は、笑顔で親切。
ちょっと、ホッとするよね。

歩きながら、地下鉄、バスに乗りながら、いろいろな事を内側で感じている。
ときには、ボーとしているかも知れないけどね。(笑)

今は、安定していて「今ここ」と言う感じ。

先ほど、シャウド3「アイ・アム・サム」もUPされた。
これからの時間の楽しみ。

面接あるかないかは、来週になりそう。
土、日休みの会社だから。

*  *  *

さて、温泉ごっこでもしようとすっか。今日は、ラベンダーの香りにしよう!

OFF

 09, 2008 22:44
2008/2/9(土)曇り

今日は、なんとなく眠くて、外は、なんとなく寒そうだし。
特に外に出る用事も無いため久しぶりにTVなどもつけながら、
時間をすごした。

夜中、一度地震があったように記憶している。大したことは無かったけど。
以前のマンションは11階だったため、震度1でも結構ゆれてた。
それに比べれば、ほんのちょっとと言う感じ。

*  *  *

これまでのプロセスでは、必ず「動き」があった後は、「OFF」が来る。
少し休養する時期があって、また動き出す。
私も、そうじゃなきゃ困るけど。身が持たない。(笑)
だから、「OFF」の時には、体の声を聞いて休むことが最善に思う。
必ずまた忙しくなるのだから。

つくづく、下の娘の奨学金があってよかったと思う。
来月までは、振り込まれる。
半年後から、支払いが発生するけど。
これで家賃分はカバーできることは、身にしみて感謝!

そうやってのんびりと過ごしていると、神なる友人から電話が来た。
なにか企んでいるような笑い。
「私、東京へ行こうかな!」
「おいで、おいで~」
で、お互い今就職活動中の身で、(こんなのも一緒で笑えるけど)
彼女は、来週の水曜に面接。
私も火曜日か水曜日には、どちらにしても連絡は来てもおかしくない。

って言うことで、私は「来るなら明日だ~!」
泊まるのは、寝床だけは提供できるよ。狭いけど。
他には何もしてやる事は出来ないけど、それで良かったら!
といったら、早速旅行代理店でチケットを購入してきた。(笑)

この行動力。
そんなんで、明日から二泊、彼女が来ることになったので、
久しぶりに賑やかに過ごせそうだ。
色々、見て回りたいから覚悟してて。とのこと。

ちょうど、この2日間は、会社から連絡は来ないという安心感も
あるし、私の事情もわかっているので気が楽だ。

どんな、二泊三日になるのだろう?

そうそう、時々からだの痛みなども、まだあって。
この前のシャウドで、意識の拡大に(意識はもちろん、自覚、感情、および敏感さ)
体は追いつこうとするのだけど追いつくチャンスが必要で、
だからトバイアスは、シャーンブラサービスセンターに連れていったようだ。
それだけじゃないかも知れないけど。
無料翻訳サイトで読んでみると、そのようなことも書かれていたような。
水の大切さ、水を飲むこともだけど、水を浴びることも言っていると
思う。
ちゃんとした翻訳じゃないとわからないけど。

シャワーだけじゃなく、お風呂にお湯を張ってゆっくり入ると体の痛みが
軽減するし、労わるのは必要かも知れない。
リラックスすることも心がけて今の時期は過ごすと良いのかもね。

友人の上京

 13, 2008 16:30
2008/2/13(水)晴れ

2/10(日)、神なる友人がやってきた。
彼女が、いったん我が家に着いたときには、昔の会社の時の友人に連絡
をとっていた。

部屋に着くなり、わ~い。部屋気に入った~~!いいわ~。
居候する~!とはしゃいでいた。(笑)

彼女の友人は横浜在住なので、結局「みなとみらい21」のクイーンズスクエア
で夕方私も加わり3人で待ち合わせすることになった。

初めての場所だったけど、駅の改札から上がり吹き抜けの高さ、
大観覧車、遊園地などイルミネーションがとてもキレイだった。

IMG_0743小
☆クイーンズスクエア

と言っても、見るよりお腹っつうもんで、館内の居酒屋さんへ
彼女と入ったどのお店も美味しかったのだけど。
こういう感は、すごい。(爆)

十分に満足し帰ってきた。
彼女も日々のハードな生活で、よく観光で動けるな~。と関心さえしてしまう。

*  *  *

私は、ここ最近は、大人しく過ごしていて、この三日間をどう過ごそうか
などと思っていた。彼女が来てくれたおかげで、
なんか吹っ切れて返って大胆に遊ぶことが出来たのかも知れない。

彼女が言うには、東京へ行くと決める前日に私の夢を見たから、電話した
と言うことらしい。私に電話をくれてから、その日に東京行きのチケットを準備して
次の日には、一緒に遊んでいるのだから。。。驚きだよね。(笑)

確かに「おいで~」と言ったけど、夢にも現れたとは。。。
彼女曰く、普段は夢を覚えていることがないのに覚えていたので
気になったらしい。夢の中の会話は普通の他愛のない会話だったようだけど。

*  *  *

おかげで笑って、遊んで、食べた。
確かに、今回は彼女も私の事情を知っているので、
ご馳走してくれたり、お土産買ってきてくれたりといろいろ気をつかって
もらってしまった。
いくら、私も「受け取る」しかない。とは言え、全てを払わすわけには行かない。
財布の中の全財産は、下手をすると使い切ってしまうかも。と思っていた。

でも、なんだかこれはプレゼントか、楽しい具現化なのだろうと開き直って
最近になく、楽しく使った。
そしたら、思い出したのだった。
あれ?前のマンションの敷金が戻ってきてないんだった。
補修、清掃料などは引かれて戻る予定だったけど、何も連絡ない。
きっと、次の収入はここからだ!きっと、最善のタイミングでやってくる。
とにかく、貴重な友人との時間は、お互いに楽しむことを決めた!
12日(平日)に一度管理会社へ連絡しよう。

*  *  *

次の日は、美術館めぐりに決めていた。
2/11(月)祭日。午後から出かけた。二人とも、美術館めぐりに
ワクワクして、ネットで調べていた。
まず最初に、国立新美術館に向かった。
六本木にあって駅に降り立つと、そこは東京ミッドタウンと直結していた。
新名所らしいけど、私は彼女が来なければ何かなければ六本木には
向かうことはなかったと思う。どうも夜の六本木というイメージが強かった
せいでもある。古いか。(爆)

人の流れで、つい二人ともふらふらと美術館よりも先にこちらに誘われて
行って見てびっくりだった。
広いし、きれいだし。喫煙室も素敵だし。ショップもいろいろあって、
外も快晴で公園でコーヒーなどを飲みながら、春のような日差しで
時間をゆっくり過ごした。

札幌の仲間や、子供たちの姿が浮かんだ。
みんなに見せたいな~。子供たちも喜ぶだろうな~。と。

IMG_0750.jpg  IMG_0754.jpg
東京ミッドタウン    公園のカフェ

思わず最初の目的を忘れそうになったけど、すぐ近くなので
国立新美術館へ行ってみて,
この建物が故 黒川紀章氏の建築と知ったのは、
中に入ってからだった。一度、TVで見たような気もするが。。。
なんせ、すごい。これを見るだけでも価値ありそう。
IMG_0758.jpg  IMG_0759小  IMG_0763.jpg
             美術館前               館内のカフェ

東京観光が、住んでから始まるというのも変な気分だけど。。。(笑)
この日に展覧会があったのは日本画家の横山大観の作品。

墨絵もあるけど、中には色鮮やかな作品や、富士山と龍が書かれていたり、
仏陀、イエスなどマスターが一緒に書かれている作品もあった。

この日は、混雑していて長蛇の列だった。その時に友人の隣に並んでいた
品のいい年配の婦人がいた。友人とその方が話し始めて、札幌から結婚式の
ためにひとりで上京し、この展示会を見にきたのが分かった。
一通り見た後に一緒に館内でお茶を共にすることになった。

楽しく展示会や札幌の話などをしていて、友人とその婦人は次の日に
札幌へ帰るのが一緒だと言うことがわかった。二時間ほど飛行機の時間はずれていたけど。

偶然に驚きながら、明日の予定を話ていて鎌倉に行こうかと言うことになった。
私以外は、二人とも10数年前には何度か行っていた。
鎌倉は、とても遠いところだと思っていたのだけど、話を聞いて
近くだということを初めて知った。遅っ。

そして、友人とその婦人の名前が一緒だということが分かった。
字は違うけれど、友人は偶然の中にも何か感じているようだった。

三日目は、その婦人と3人で「鎌倉」へ行くことに。
なんと、なんだか良く分からないけど、流れがそうなっていた。(笑)

そして、他の美術館は時間は過ぎ、見ることが出来なかった。
て、この方に会うためだったのかね???

*  *  *

2/12(火)雨。
残念ながら、最後の日は雨になってしまった。
だけど、二日間快晴で過ごしたので、この雨さえも楽しもうと思った。
ちっと寒かったけどね。

行きがけに管理会社へ確認とると、ちょっと手続きが遅れてしまったとの事
だったけど、今オーナーさん確認中で、ちかじか振り込んでくれそうな感じだった。

時間も十分にはないので、駅前から小町通りを見て歩いた。
時間があれば八幡宮や神社仏閣なども見て歩きたいところだったけど、
それをこなすには、体力もいりそう。車がなきゃ難しいのかも。

IMG_0767.jpg

なんせ着いたときには、お昼の時間。
まず先に和食のお膳を食べた。とても美味しく、デザートのゆずシャーベット
が、また口に広がりたまらなく最後を決めた。(笑)

なので、他にもお団子や抹茶なども「鎌倉」のイメージを味わいたかった
けど、お腹には余裕がなかった。
お天気も悪かったので、外で食べるのも無理があるのだけど。

帰る途中で婦人と別れ、友人と二人で荷物を預けている渋谷まで
戻った。
さすがに二人とも疲れが出ていた。
お茶をしているときに彼女が、ちょっと買い物してくるから、ここで待ってて
と言って、1時間くらいで戻ってきた。

彼女は、ある運勢鑑定士に声をかけられたと言うのだった。

あなた、私を知ってるはずですよ!
私は、あなたを知っています。ちょうど転換期に来ていますね。(宗教みたいだけど。笑)
あなたの人生は、これまで。。。。。
これからも。。。。。。。で、でも、もっと知っていれば楽に渡って行けますよ。
などなど、10分くらい立ったままで、話をしたとの事。

友人が戻ってくるなり、今日の出会いはあの人だったのかい?(笑)
とにかく、よく当たっているけど、飛行機の時間があるのだから
話を聞けないよね。今回は名刺をもらっただけになったようだった。

でも、二人でカフェに出たときにその鑑定士とすれ違った。
確かに縁があるのかもね。

この三日間、彼女のおかげで楽しく過ごせて、感謝の中、
そして、今度のときは、私がお礼するからね。と言って
分かれたけど、ちょっぴり寂しいやら。。。複雑な気分。(笑)

*  *  *

すっかり普段のペースに戻った。(笑)
さて、写真を現像でもして送ろうかな?


変な日

 14, 2008 21:53
2008/2/14(木)晴れ

昨日、書ききれなかったけど。
先日、シャウド5のQ&Aがアップされた。

クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド5:
質疑応答「輝かしい発見」


友人の上京で、質疑応答に入る前の前文だけ読んでいて、
後半は昨夜読み終えた。

前文を読んで、この就職活動の最初の葛藤を全て表していると感じた。
なんだか腑に落ちた。自分は、上の存在たちと合意によって、ちょっとしたゲームを
したのだと思った。自分の体験のそのまんまだと感じた。

そしてQ&Aでは、鍵とクレジットカードを失くした女性がいて、クツミの
「全てを失います」の一部ですか?と聞いているシャーンブラがいたよね。
トバイアスは、「実際には失っていません。あなたが準備が出来たら、
呼び戻すことが出来る。しかも、新しいバランスの取れた形で。
別の次元へ消えたと。。。。

思わず、「そうだったのっ?」って言いたくもなるよね。
もう、ほとんど諦めていたから。
でも、あまり期待するのは注意しようと思うけど。
あのとき一緒にいた友人や仲間は、落ちたの見ていないし、
かなり、目立つ財布で、なんか消えた感じって言っていたのを思い出した。

書いてある通り、私が必要なときに呼び戻すのかも知れない。

最近、高次元の自分の片割れのエネルギーが近くにいるような
感じもする。なんか、感じるかも。

*  *  *

今日、まずびっくりしたのは、奨学金の入金が倍になっていて、
しばらく固まって狐につつまれた感じだった。

まっ、あとで調べて来月が最終月だから、何かの関係で今月に
まとまったのだと思う。

携帯の支払いが遅れてて、今日使えなくなってしまったので、
丁度良かった。支払いと住所変更、プラン変更もしてきた。

スーツもなく、面接行くのもどうかと思っていたけど、もしかしたら
間に合うかも知れない。どちらにせよ、古いスーツも捨ててきてしまった
のだから一枚くらいは必要になるだろう。

もしかして、私の準備が整うまで待ってくれていたのなら、笑えるけど。
ある意味、私が創造してたりして。なんて。。。(爆)

どんな結果も先に進まなきゃ、なんとも言えないよね。
今のところ会社からは、連絡はないけど、連絡くるまでせっかくだから
のんびり楽しく過ごさせてもらおう。と手放しました~。

「知っている状態」=「直感」とも言える。
その感覚を自分のものだと、信じたときに、「知っている状態」では
ないかと下記の内容も含め感じた。

昨日、札幌の仲間が教えてくれたサイト。
OSHOのサイトで「禅タロット」を久しぶりに引いてみた。

昨日の最初のカードは、「0:愚者」

えっ~?と思ったけど、読んでみてほっとした。

0:愚者
愚者とは、信頼しつづける者のことだ。愚者とは、自分のすべての体験を顧みず、
信頼しつづける者のことだ。あなたがだましても、その人はあなたを信頼する。
もう一度だましても、あなたを信頼する。さらにだましても、あなたを信頼する。
そうなるとあなたは、この人は愚かだ、学ばない、と言うだろう。その人の信頼は
途方もない。
その信頼はあまりにも純粋だから、それを堕落させることなど誰にもできない。

タオイストの意味で、禅の意味で、愚者であるがいい。自分のまわりに知識の
壁を築こうとしてはいけない。どんな体験がやって来ようとも、それを起こらせ、
そして、それを落としつづけることだ。たえず自分の心(マインド) をきれいにしつづける
がいい。過去に死につづけるがいい。そうすれば、あなたは生まれたばかりのまさに
赤ん坊のように、現在に、今ここにとどまる。最初のうちは、それはひじょうにむずか
しいだろう。世間があなたを利用しようとしはじめる……そうさせておけばいい。
彼らは哀れな人たちだ。たとえあなたが詐欺にあい、だまされ、奪い取られたと
しても、起こるに任せるがいい。というのも、ほんとうの意味であなたのものをあなた
から奪い取ることなどできないからだ。ほんとうの意味であなたのものを、あなたから
盗むことなど誰にもできないからだ。そして、機会あるごとに、あなたが自分を堕落
させる状況を許さなくなると、その機会が内側での統合をつくりだす。
あなたの魂(ソウル) はさらに結晶化するようになる。

Osho Dang Dang Doko Dang Chapter2

解説:
瞬間から瞬間へ、しかも一歩ごとに、「愚者」は過去を後にします。
彼は手にした白い薔薇(ばら) で象徴される自分の純粋さ、無垢、そして信頼以外の
ものはなにひとつ携えていません。身につけているベストの模様はタロットの4つの
要素の色をすべて含み、彼が自分のまわりにあるすべてと調和を保っていることを示して
います。「愚者」の直観の働きはそのピークに達しています。
未知へのこのジャンプをするにあたって、「愚者」はこの瞬間に宇宙の支えを得ています。
生という川のなかで冒険が彼を待ち受けています。

このカードは、まさにいま、自分の直観、ものごとの「正しさ」という自分のフィーリングを
信頼することができたら、あなたは間違うことなどありえないことを示しています。
あなたの行動は他人の目には「愚か」に映るかもしれません。あるいは、もしあなたが
自分の行動を合理的な頭(マインド) で分析しようとしたら、あなた自身から見ても「愚か」
に見えるかもしれません。
しかし、「愚者」が占めている「ゼロ」の場所は、数のない数(ナンバーレス・ナンバー) で、
懐疑と過去の体験がガイドなのではなく、信頼と無垢がガイドである場所なのです。


他にも、5枚のカードを引けるので試すと、今の自分にハマッタ感じ~?
瞑想の仕方から、いろいろ詳しく今の状況を確認できたように感じた。

こんな感じで解説も深く、内容もあるので、試してみたい方は、↓から。

「禅タロット」リーディング

*  *  *

そうそう、今日帰ってきたらインターネットが繋がらなくて、ブロバイダー
などに連絡して、ちょっと大変だった。
無線LANを使うと今もだめ。
でも有線ならOKなので、ブロバイダーのほうが原因ではないようだ。

ついでに、webcastが見れなかった事を説明したら、それはブロバイダーの
設定だったようだ。変更するとテストでは大丈夫だった。
来月は、マンスリーシャウドを見れると良いけど。

なんだか今日は、結果的には「○だった」ってことで締めておこう~。

買い物

 15, 2008 23:00
2008/2/15(金)晴れ

今日は、買い物Dayになった。
そう、スーツを買いにね。(笑)

デパートだと高くてね~。
探せば、あるのかも知れないけど店がありすぎて、どうも無理。

郊外、新興住宅街なのだと思う。
駅から直結で大型スーパーなどが繋がっていて、私にはとても
馴染みやすいというか。。。(笑)

行きの移動中、以前のチャネリングの内容を読み返してみた。
いろいろあったな~。と振り返る。

その手帳の最初のページに、バレンタインの後のチャネリングで
その年のバレンタインは、上の存在たちにイメージなんだけど、
でかいチョコレートケーキを感謝を込めて贈っていたのだった。
それについて、「届いた?」って聞いたら、「ケーキは食べられないけど、
気持ちは受け取っていますよ。」と言われたんだっけ。
そりゃ、そうだけどさ。(笑)

で、今年はすっかり忘れてて、そのページを見て、上の存在たちへ
あわてて、感謝を届けたのでした。
一日遅れちゃったけど。そして、女も男もないけど。(爆)

チャネリング内容の中で目に留まったのが、

「完璧と思ったときが創造」と言う言葉があった。

まあ、創造の始まりというか、それも含め「創造」ってことなのだけど、
「完璧」と感じることは、これまでも時々あったと思う。

でも、今年はきっともっと感じるのだと思う。
今現在のことにしても。

あっ、それからチャネリングで東京へ行くことが分かった後に、
そのノートに、東京で住むマンションの希望を何項目かメモしてあった。

希望は、かなり高め設定なんだけど、←住宅事情もよく分からないし。
でも、最初に住む予定だったマンションは近い線いってたの
だよね。読み返すとびっくり。

そう考えるとサポートしてくれている上の存在たちが、ちゃんと希望も
聞いていてくれていたのだな~。と関心し、かつ感動した。
これ書いていたのすっかり忘れていたし。
そう希望だけ言って(書いて)期待なく手放していたから。
なんだか、愛だな~~って。

*  *  *

現地について、想像以上にその土地は良かった。
札幌を思い出した。
スーパー、ショップなんでもあるある。そろってる。ステキ~~!

やっぱり、ホッとするんだよね。
やっぱ、私って庶民的なんだわ。
なんだか、とっても嬉しくなって超リラックスできたもんね。
お天気も良かったし。

さ~っと最初は一回りして。だいたい目処つけて。
で、「あのお店はどこにあったかな?」とウロウロもする羽目に
多少なったりしたけど。

それで、お目当てのスーツもなんと半額で、三点セットをGETした。
今の時期、冬物も安くなっているし、
なじみの安いショップなのもあったから、安心して見てまわれた。

リクルート用の靴も無かったので購入したのだけど、
いつの間にか、服も靴もワンサイズダウンしていた。
服なら分かるけど、靴も。これ以上足小さくなってどうすんの。って感じ。
自分では分からなかったけど、多分こちらに来てから歩いているから
だと思う。ほんとうに歩くもんね。

これで、いつでも面接OKか。
と言っても、今日は金曜なので、また来週って感じだけど。
でも、安心安心。
なんだか、久しぶりの買い物気分を味わって、すっごい満足感。

やっぱ、楽しいよね。
この場所は、癖になりそう。

待つ

 16, 2008 21:30
2008/2/16(土)晴れ

今日の朝一番。光の息吹の最新情報がUpされた。
光の息吹

う~ん。思わず、「なるほど。」と。
この「待つ時期」、もう、すでに準備が出来ている人達にとっては、
この「待つ」と言うことが、耐え難く思えている方々もいるようで。

これは、ほかの人達、より多くの人達と足並みそろえるための調整の
ためのようですね。
だからと言って待つことは無駄になっている訳ではないのだけど。
その時間も楽しむという位の気持ちでのんびりとしていたほうが、良い
のかも知れない。すでにのんびりしてるけど。

確かに、物事の進み方はゆっくりだよね。
私の就職に関しても。履歴書送って、何も言ってこないのもどうよ。
って言う人だっていてもおかしくは無いと思う。

これまで「待つ」時期と言うのは何度かあったせいか。
何事も、ぱっぱと、すぐ結果を出す。もしくは、動く。(注:マインドで。笑)
昔はジッとしていられない私が、自分でも信じられないわ。マジで。

「待つ」のも忍耐だけど、動き出すときは必ず来るの知ってるから、
信じてその時期くるまで、どうせなら楽しもうと。。。(笑)
それは、この世の時間ではけっこう長いし、「いつまで」期限を知らないから、
尚更長くも感じたりしたり。。。

光の息吹では、3月の春分が。と言うのが濃いかもと言うことが書いて
あった。先のことは分からないけど。

いくらなんでも、私がその時期まで「ぷ~たろう」な訳はないと思うけど。。。
固定概念を打破されるのだろうか?(爆)
もう、なったらなったで。

*  *  *

今日は、一日家におとなしく居たのだけど。
我が家の段ボールのテーブルが、ちょっと弱ってきて気になっていた。

ここはとばかりに、クラフト遊びに取り組んでました。
段ボールの補強をして、他の段ボールと組み合わせ、引き出し付
テーブルに!クロスをかけて。
まだ、これなら暫くは行けそうだな。

なかなか、楽しめたよ。図工の時間みたいで。(笑)

なにもない

 17, 2008 21:07
2008/2/17(日)曇り

「何もない」。。。
ニーズも何もない状態。
今は、「恐れ」や「不安」何もない、特に要求などもない状態。
ドラマになれていると、何とも奇妙ともいえるのだけど、ある意味
幸せと言える。

何もないってこんな感じなんだな~。と最近改めて思う。
家族、家事、仕事、やることに追われていると全く味わえなかった
ことかも。

一度、チャネリングで「何もない私を楽しんでください」と言う言葉が
あったのを思い出した。
それは、仕事を手放した時だっただろうか。

何もない私を楽しむと考えるとけっこう戸惑ったりして。(笑)
無理に楽しむことを見つけようとするのでもないように感じる。
きっと、そんな自分を味わうというと少し近いのかも知れない。

*  *  *

最近、睡眠は取れているのだけど、今朝はなかなか起きれなかった。

今年は年賀状も出さず、引越の挨拶もしていない人数人にハガキ
を送った。

お茶をしに近所へ出かけ、ハガキを書いたあと、「輝かしい発見」を再度読み、
手帳などを読み返し、今年の押さえておくところを再度確認していた。
まったりと時間を過ごし、リラックスして時間を過ごすことは、楽しくもあり
満足できる時間となる。

禅タロットの言葉の中で、個を寂しいと感じるか、個を自由と感じるかは、
あなたの選択である。と書いてあった。
意識していなければ、個を寂しく感じるときもあれば、自由を感じて楽しむ
ことへ自然と流れていくのだけど、意識して選択してみると、
寂しさを感じずに、自由である歓びを感じている自分に気づく。

つい細かなところまで「選択」という意識にならないのだけど、
本当に選択する現実になるのだと最近は実感している。
まだ、もっと細かい選択も可能なのだと思うけど、気づいている部分で
選択したことの結果を感じることが多いように感じる。

明日は、チャネリングの予約を入れている、最近の流れの確認。
仕事のほうも何か動きが出てきていると思ったけど、「待ち」の状態のままで
「確認」することになりそうだ。
でも、どんな回答になるか。
短い時間なのでどこまで聞けるかな?

ちょっと楽しみ。

拍子ぬけ【確認】

 18, 2008 23:55
2008/2/18(月)晴れ

今日は、チャネリングをうけた。
聞く予定の事の半分も聞けないまま終わってしまい、
ほとんど、チャネラーさんとの会話で時間が過ぎてしまった。

*  *  *

【チャネリング内容&会話から】
■今のエネルギー状態
   
  大きく変わるまでに至るまでの調整中。悪くはない。

■2/3~5までの期間の味わった「恐怖」「不安」「恐れ」「自分は創造出来ない」
 と言う「幻想」を感じたことについて。
 そして、それは「幻想」だったということには気づいたけれど、
 その「幻想」を今後において体験を通して自ら自信をつけて行くという事なんですか?

A:そう、「幻想」ということに気づいた。
 それだけでいい。
 気づかなければ、落とすことは出来ない。
 気づけば、自然に落ちていく。
 気づいたのなら、あとは仕事は何でもいい。

私:「え~?仕事は何でもいいの?」
   「今回、応募した仕事は、それに気づくだけのものだったわけ!?」

チャネラーさん(C)
 気づくことが大事でね。○○さん、この会社にワクワクした?

私:「ワクワク」って言うよりも、体験を通してトラウマや自信の無さを
  今後、とり戻すのかと思ったから、この会社の仕事は適している
  と感じたし、みんなで創りあげる仕事だからそれは、いいかと思った。
  あとは、感とかいろいろ気になったから。

C:それは、その通り今後体験を通して自信を取り戻すし、ひとつ
  ひとつ実感していくのだけど、別に会社はどこでもいいの。
  でも、気になったのなら、それはそれでいい。

  で、自分も変化するだろうし、どこかに就職して、また違う所が気になったら
  また変えたっていい。

私:そっか。最初の段階では得にワクワクするような所も他にはなかった
   し、今だったら他に仕事も出ているかも知れないから、探してみる。

   じゃ、以前の「意図しないことは、私に必要なこと」
  「意図するものは必要ではないこともある」の意味は?

C:これは難しいとこなんだけど、意図しないとこ。そう、それは「意図する」
  「意図しない」を考えてしまうこと、「判断自体」もある意味「エゴ」になる。
  「意図しない」と思っている自分も。

  本来、「意図しない」と言うのは、○○さんが先日、口座に奨学金が前倒し
  で二ヶ月分入っていたでしょ。そう言うことが「意図しない」事。

それは、理解できる。
では、「妥協しない」については?

C:「妥協しない」と行き過ぎた思いも違ってくる。
  柔軟性が必要なんだけど、そっか(笑)○○さんは、どちらかと言えば
  白黒はっきりするほうだったもんね。
  
  「妥協しない」と言うのは、「仕事」に関して言えば、
  自分で優先順位をつける。その優先したものに妥協していなければ自分に
  妥協したことにはならない。

  たとえば、「優先順位」が「お金」だとすると、
  そこに「妥協」がなければいいって事。

  ※前提に「ワクワク感」や「やりたいか、やりたくない」かは、あるとして。

そう言うことか。。。

C:時に「一生懸命さ」と言うのも邪魔になってしまうんだよ。

  ん~。○○さんは、「一生懸命」って感じるかな。

私:そうなんだ。自分では全く分からないな。

C:そう自分のことは皆わからない事多いよね。

私:特に引越しのときに気づけなかったことが、やっぱり慎重さになって
  いるのだと思う。

C:あ~。なるほどね。

私:だけどね、気づいては落とし。って、カサブタのように一気に剥がれないかね?

C:ほんとね~。徐々に徐々になんだよね。
  

*  *  *

と、こんな調子で時間は過ぎて、最後アドバイスも受けるのを忘れてしまった。

でも、今この時に私にとって重要なことも気づかせてもらったように思う。

正直、仕事についてはショックもあった。
では、私の感じていたことは?になる。

後で、冷静に感じてみると、自分では気づかなかったにしても、
必要以上になんでも気にかけ過ぎていたのかも知れない。

見る人によっては気づいていた人もいたと思う。

でも、事はとても「シンプル」で、自分が「複雑化」していたと言う
ことに気づいた。

チャネラーさん曰く、

気づけたなら、それでいいんですよ。
気づかなきゃ落とせませんから。
そうすると、もっと「自由」を感じるようになるでしょう?

ハっ。としたよ。もっと楽に考えて「シンプル」にすると
確かに、もっと「自由」が戻ってきた。

なんだかんだと、時間も勿体なかったように感じたし。
自分は何をやってるのだろう。とまた気落ちもした。
なんで、こんなことに気づけないのだろう。。。と。

でも、そんなこと考えたって仕方が無いのはわかってるし。
それが自分ってことも知ってるし。(笑)

なぜ、私は人から一生懸命に写るのか?(爆)

私は、チャネラーさんに言った。
「プロセスを急いでいるわけじゃない。だた、遠回りするのはもうコリゴリなだけ。」

でも、そんな思いも必要ないのだろうと思う。
ただ、流されていればちゃんと行き着くのだろうから。
もっと、緩めて。ゆるゆるに。
ゆるゆる体操ってあったっけ?

そう思ったのに、自ら「自由」さを遠ざけていたのかも知れないな。

何だか、落ち着くと今回の会社が行きたいところなのかも分からなくなって
きて。(汗)これが、本来の私なのだと思うけど。

って言うか、仕事内容より、通勤ラッシュが嫌なだけ。
優先順位は、「生活に必要なお金」ともっと近いとこ?(笑)
気持ち入れ替えて、充電は終わったし動き出すことにした。

就職活動-6

 19, 2008 21:33
2008/2/19(火)晴れ

今朝、さっそく昨日チョイスした次の就職先へ電話を入れた。
今度は、正社員ではなくバイトだけど、就くとすると家から5分
ほどのところだ。(笑)

面接はあさってになった。

時給はそこそこ良い。余裕があるとまでは行かなくても生活は
出来るだろう。前職の経験(昔)も少しは役に立つかもしれない。

どうなるかわからないけど、何だか気は楽になった。
時給は割りに良い分、労働は少々きついのかも知れないけど、
やってみるまで分からない。
先の心配も、なによりもハートでいつでも自由に選択できるという
事を心に留めておこうと思う。

そのバイト先周辺まで散歩して、お茶して戻ってきた。
ゆっくりとバッグの中で眠らせていたシャウド「魂の自由Ⅱ」「魂の自由Ⅲ」
を読み返していた。
なんとなく、今の自分に語りかけられているようにも感じられた。
続きは、後の楽しみに取っている。

気分は、明日にでも面接って感じだったけど、焦ったところで
何にもないので、この時間を楽しんでいた。

今度の仕事は、創造と言うより、黙々とって感じになりそうだけど、
それはそれで好きだし。緊張もない。

昨日のことも振り返ってみたりしてしまうけど。
やはり、これでよかった。とにかく気づけた事が。。。

多分、最初の会社から連絡きたとしても断ると思う。
いろいろ気づいたことがあるから。
少し無理していたようにも思う。
「気づいた」ことに対して「克服」するのも決して無理をしてする
ものじゃないという事。

過去に何度か、無理をして「うつ状態」から克服したり、
無理をして心に傷に対し自ら荒療治をしていたことがある。

その時はそれで良かったのだけど。

もう今は、そんなに努力も、なにもする必要性などないじゃないかって思えた。
(その時は自分では、努力とか無理していると思っていないのだけど)
今回は、そこまでのものじゃないけれど、背伸びも努力もなく、
なにもかも自然にまかせてみようと思えたら数日前よりも
更に、楽になっていると感じる自分が今日いたもんね。

きっと、それが正直な私なんだと思う。

って、自分も毎日が変化しているので、明日は、何を言い出すやら。。。(爆)
なんなのでしょうね。いったい。

就職活動-7

 22, 2008 22:10
2008/2/22(金)晴れ

何から始めよう(笑)
アセンションスクールを受講した中には、今現在様々な変化を体験して
いる人が多くいるかも知れない。

何が起きているのか私にもよく理解できないでいる。
アスペクトか、自分ではないものなのか、もしくは自分からなのか。

一昨日から、どう表現していいのか分からないけど、
夕方から夜にかけて頭が痛いとも違うけどキンキンするというか、
表現できないけど、なんせ深呼吸も瞑想も出来ない状態が続いた。
首、肩、どちらかといえば左側のほうに多く感じていた。

今日は、日中に起こっていて、夕方から楽になった。
ブログも書ける状態でなかったけど、今は大丈夫。

*  *  *

一昨日(20日)は何してたっけ?もう思い出せないし。(爆)まじ。
かなりの健忘症だ。ますます目も霞むことが多いし。

1日中、家の中だったのかな?お掃除で床磨きもしてたような、
かすかな記憶。。。。(笑)

昨日(21日)は、朝から面接に上野まで向かった。
駅にでたら方向が分から無くなって苦労した。

面接の感触はとっても良かった。
仕事内容もある程度経験があるから安心感もあった。
でも合否が分かるのは27日くらいまでかかる。
面接で感触よくても、決まるかは、ちょっと分からないね。

でも、それより給料の〆日と支給日にちょっと問題があった。
完全に丸一か月分支給になるのは5月に入ってからだった。
「う~ん。。。」最初は、半端な支給になるのは覚悟している
し、来月半端な分が少しでも支給されるなら、それはそれでいいのだけど。
来月は全く支給がなくて、5月まで置かれてしまうのは、ちょっと他にも
バイトしなきゃ穴埋めできないよな~。と思い。

もう、仕方が無いので最初のうちは、二つ掛け持ちでバイトするか。
と覚悟を決めた。安定するまでの間さ。と。

そこまで覚悟するのも、ちょっとの時間は必要だった。
なんせ、マインドにすぐつかまっちゃうからね。

せっかく上野まで来たので、「浅草」い寄ってみた。
初めて行ったので、あの雰囲気は新鮮だった。
日本なんだな~。みたいな。(笑)
TVなどで、煙をかけている人を見た事あったけど、
外国人、観光客に混ざり自分も真似してやってみた。
甘酒と串団子を食べて。娘たちにも味あわせたくなった。
いくらでも、今後機会はあるだろうけど。
これは、どこに行っても思う。

で、今日は、その仕事が決まっても決まらなくても近間のコンビニで
夜間の募集がないかを確認したら、短時間は無理で日中の8時間
なら空いているとの事。
なかなかうまく行かないもんだね。
他にもいろいろ見て回ったけど、あるようで無い。

私ってさ、複雑、困難にしているプロセスはないんじゃないの~?(爆)
そんな選択してないのだけどな~。
「ちくしょう」とも言いたくなるが。。。

それで、調子も戻った今日の夕方は、ネットから派遣のバイトを二箇所
申し込みした。面接を受けたところの合否が分かる前に説明会にでも
参加してみようと思う。

一社は早速連絡きたけど、応募したい業種は人気ですぐには空かない
との事。
「そうなんだ。」もうこうなったら、選んじゃいられね~状態?
何でもいいなら、何でもいいさ。(笑)
開き直りに近い状態になって。

ここまで心境を変化させるのにも、この二日間にいろいろあった。
柔軟性も忘れずにね。

やはりシャウドの読んだ内容で色々なことを感じたし振り返った。
そして、自分の中で何が起きてるのかさえ分からない状態に少々
困惑と混乱した。「交通渋滞」か「混線」か。
頭の痛み(?)と共に、頭の中で何かしてるの?とも思えたくらい。(笑)

前ブログでも書いたけど体現シリーズ「魂の自由」~シャウド12
までの間を再度読みきって。このシリーズは、「アセンションスクール」
の内容も多く織り込まれているのを感じた。

アスペクトのこと、信念体系のこと、自分へのコントロール(制限)のこと。
「あ゛~~~っ。」まさに、そうだ。と、だけどその「シンプル」な事が
かえって難しいのだよ。と何度感じたことか。

まだまだ、自分へのコントロール(制限)がいっぱいあるのを感じたし。

そうそう「気づくのが大事なんだよ」と自分を慰め。(笑)

昨日まで混乱状態を味わったけど、今日にはなんだか腑におちた感じ
でスッキリしている。

この状態も、自分では説明できない。

就職活動と共に、また色々な変化も通過しているのだろうかと
思える。

クツミのように精神病院にいかなきゃいいけど。変人止まりだけで。(爆)

またブログが書けない日も今後もあるかもね。
その時は、何か変化しているか、病院か。。。(笑)

そういうこと

 24, 2008 00:46
2008/2/24(土)晴れ


昨夜、腑に落ちたところから、いや開き直って降伏
したところから、夜中に何かが落ちた。←物資的なものではなく。
表現するのは難しいのだけど、その直後に至福に入った。
こみ上げる歓び、楽しさ、とにかくそんな状態に入り、すっかり寝ることが出来なくなった。
声を出して笑いたくなるくらいだった。
まさしく救急車がきてもおかしくないよね(爆)

なんで、こんな簡単なことに気がつかないのだろう。と思えた。
今から思うと、これがyohamの姿なのではないかと思う。
日々感じることへマインドを忙しく働かせ、仕事に対しても古いものを持ち込んでは
疑問に戻り。
そんな場所から抜け出すと、真の姿を垣間見たのかも知れない。
何者にも、動じていない核となる自分。

*  *  *

そして朝一番に今月のシャウドがアップされた。

クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド6:
「新しいエネルギーを利用する」


今日はギャザリングがあった。
朝方まで寝ていなかったので少々寝坊した。
行くまでの間できるかぎり読んでいた。

そこには、私のプロセス、感じていたもの混乱、パニックに対する内容の
回答が得られた。
そうだったのか。。。自分に感じていたものを、本当に自分の過去から来ている
ように感じた事にたいしても、それは自分のものでは無かったというのが
分かった。
本当に感謝だった。すっきりと雲が晴れたかのようだった。

このシャウドを読んで仲間のことも浮かんだ。
皆、それぞれの形で同じことを通過している。

家に戻り、シャウドの音声と音楽を聴きながら、再度目を通し、深呼吸を
繰り返した。

そう、天使のスパに行き、マッサージも受けた。
たぶん頻繁に利用するでしょう。(笑)

何から何まで、自分の古い考え方、捉え方を伝えていた。
まったくだった。
新しいエネルギーと古いエネルギーに対するフラストレーション。

「受け取る」ことに対して、両手を広げて受け取ろうと思う。
その時にちょっと自信のない私が顔を出した。

シャーンブラからメールをもらい、そのことに付いて「宇宙はフリー(無償)」だよ。と。

「そうだよね」

私に出来ることは、深呼吸と感じることだけだ。
自分でないものをしっかり認識して。

あとは、スピリットを信頼して。
もう、それに尽きる。

と、それにしても今日は気温は暖かなのに風が冷たく寒かった。

休息

 24, 2008 21:11
2008/2/25(日)晴れ

相変わらす、風は強かった。
今は、少し落ち着いてきたようだけど。

今日は、体がだるく近所のコンビニ以外は出なかった。

*  *  *

昨日は、こちらに来て二回目のギャザリング。
割と新しいシャーンブラも多いのかも知れないけど、
しっかり体験は積んできているのだな~という印象がある。
当たり前のことなのだけど。
基本的にシャーンブラは、どこに居たって、いつCCと繋がったとしても
その期間までには、シャウドの内容を知らずに体験、ワークしている
のだから、私も同じく。

今回、二度目に会ったシャーンブラが、子供の年も人数も一緒だし、
似たような体験を通してCCに辿り着いているのが話しを通して
わかった。宗教経験も長く、家族の反対の中で活動していたみたい
だった。
もう、それだけでも共感を覚えた。
つい、楽しい会話に夢中で時間もあっと言う間に過ぎちゃった。

そうそう、「その後はどうしてた?」って聞かれるよね。(笑)
「ちゃんと、まだ生きてますよ~♪「今ここ」に居るしかないんで。」と笑って答えた。

*  *  *

昨日の最新のシャウドを読んで、
まだまだマインドと抵抗やらを引き起こしているのかも
知れないし、マインドが納得しないと先に進まない私の性分や
癖などもいろいろ見えてきていた。

でも誰だって最初からスムーズに出来るわけじゃないし、すぐ統合できる人
もいない。どんな自分も、まず受け入れていくことが先決だ。
一昨年の来日でノーマさんの呼吸のスクールの時にギャレットが言って
たっけ、初めて自転車に乗るときと同じ。
そんな感じなんだよね。

これまでだって、なんだかんだってここまでこれたのだから。
きっと大丈夫。その内にマインドも新しいエネルギーを喜んで
迎えるときもやってくる。
何も心配することもないのだ。って思ってゆったり気分になってたら
、シャウド読みながら寝ちゃった。

短時間だけど夢の中にプールが出てきたから、
シャーンブラサービスゼンターの天使のスパでも行ってきたのかな?

久しぶりにアトランティスカードを引いてみたら、
「リラックス・休息」が出た。やっぱりね~。少し休もう。

アトランティスカード[英語]

翻訳はこちらで↓
OCN|翻訳サービス

あと、最近見つけたの。全然やってないけど。
やりたくなったら、やってみる。(笑)
無料 英会話「iKnow!」

就職活動-8

 25, 2008 22:15
2008/2/25(月)晴れ

もうすぐ2月も終わりに近づいてきたね。
早いのか、遅いのか。

夜中、何度も目が覚めて。
夢が就職活動(?)何度、寝なおしても。。。(汗)
朝から気分は微妙。。。

今日は、派遣登録と説明会。
久しぶりにタイピングや一般常識のテスト。
でも簡単で安心した。
一般常識は、あまり知識ないんで。(爆)

会社の雰囲気やエネルギーは、正直言ってよく分からなかった。
ただ、担当者の方は優しく接してくれて感じも○。

土日祭日は、勤務なのだけど、どこも一長一短。
条件は良いほうだと思う。

それで、一旦出て会社の近くでお茶をしていたら、書類に印鑑を押し忘れた
ことに気づき、会社に戻ると担当者の方が、○○さん、採用で話を
進めますから、後日正式に連絡します。との事だった。
有難いことだ。

職場自体のエネルギーは入ってみなければ分からないものの、
とにかく安心した。
先日面接を受けたところよりは、条件は良い。
来月さえ、なんとか乗り越えれば生活はやっていけそう。
早ければ研修は、27日から始まるかも知れない。

って言うか。きっと流れにまかせれば全ては○なんだろう。
マインドで、先の予定や細かな心配なども不要なんだよね?(笑)

あとは、明日もうひとつの派遣会社の説明を聞いて判断しようと思う。
ようやく、ここまで来て、少しホッとしたのが正直な気持ち!

仕事に対してワクワクするか?に関して言えばよく分からない。
でも、そこは20代から私と同じくらいの世代まで多数いることを
考えると、新しい友人などが出来るかも知れないし、そう言う意味
では、ワクワクする。

そう、お茶をしたときに「アセンションシリーズ・レッスン1」2001年8月
を少し読んでみた。

アセンション・シリーズ レッスン1:
「それはもうあなた方のことではないのです」


あなたが誰であるかの可能性が、あなたのところにやって来ます。
それらは、「あなたは決して間違った決断をしたのではありません。」
と言うために、この重要なときに来るのです。

事実はこうです。あなた方は決定を行い、選択を行い、今私達が座って
いるまさにここへ、故郷からあなた方を導く道を創ってきたのです。
もし、あなた方が自分の旅を疑い、自分の行動の適切性を疑うことが
あるなら、それが、あなた方を「自己」と共に、「スピリット」と共に、
「全てであるもの」と共にここに連れて来たことを知ってください。
時々、あなた方は自分の人生を曲がった道だと見がちです。


あ~。そうだったな。
このシャウドは久しぶりに手にしたけど、色々なことを
思い出させてくれた。自分の道について。

そして、どんなに難しい旅と感じたとしても、「スピリット」は
シャーンブラの元へ「クリムゾン」へと連れてきてくれたんだ。

そこに戻ると、スピリットに対して「信頼」は確固たるものとして
存在するよ。と改めて感動した。

そして新鮮だった~~。

採用

 26, 2008 22:51
2008/2/26(火)晴れのち曇り

朝、さっそく採用の電話がありました!

そして驚いたことに、土日祭日勤務だったのが、
丁度、枠が空いたので、○○さんは、土日休みにしました。
とおっしゃるじゃないの。。。(喜)

昨夜、ギャザリングや、WebCastは、無理だな~。なんて
考えていたら。ありがたい。

「サポート、ありがとう!」って感じだった。

で、明日から、めでたく研修が始まります。

長かった「就職活動シリーズ」も終了だ。

不安も全くないわけじゃないけど、新しい始まり感とで
半々の気持ち。
これからの自分は、以前の自分と変化していくのかな?(笑)

*  *  *

昨夜、ウトウトとしていたら、一瞬写真のような映像が
現れた。ヒプノセラピーで見える過去生もそうだけど、
映像には、ちゃんとスクリーンのように枠があるのだよね。
人それぞれ違うかも知れないけど。

その映像は強く光っていた。中央は、黄金のように見えた。
一瞬のことで驚いて、目を開けた。
もっと見たかったけど、マインドに入ると見えない。

そして、もう一度ウトウトすると、また写真のような映像が浮かんだ。
こんどは、十字の白い光の中に文字が流れていた。
マトリックスの映画のように。

どちらも一瞬でね。でも覚えている。
何か、マントラのようなものなのかな~。

な~んにも無かった日々だったけど、久しぶりに見えたな。
何か、私の節目なのかも知れないね。
仕事のことがあるし、いよいよ「始動」って感じで。

でも、まだもう少しの間は、この地球規模では「調整中」みたいだね。
少しずつ進んでいるのだと思う。

今朝、「光の息吹:怒涛を超えて」にも書いてあった。

最新「光の息吹」

*  *  *

そう、今日の行ってきた派遣会社。
展望の良い43F。

そして派遣会社と言うより英会話教室?みたいなポップな
感じ。
椅子などもオシャレで若者ウケする感じで、
TVモニターにはスマップのコンサートの映像が流れていた。

今回は、複数での説明会だったので、時間もかかった。
バックには音楽も流れていて良い感じ。
私的には、これくらい軽い感じのほうが気分も楽なのだけど。

でも、総合すると、今の私に必要なものは、採用になったほうに
全てあるのだよね。

今日のところで希望していたのは、もう枠がない状態。

登録だけして、楽しい見学会と言うところだった。

*  *  *

早めに行ったので、近くの大きな公園の中の神社へ、今後仕事
で近くに来ることになるので挨拶と、プラプラと散歩していたら
公園の一角が浮浪者さん達のテント村になっているのを見つけた。

テレビでは見たことがあるけど、なかなか工夫もされてるのかな?
大きめ、小さめ色々だった。
だけど、自分で「選択」して「自由」とは、「働かないこと」など色々
体験しているんだな~。と感じながら歩いていた。

さて、明日のもって行く物などをチェックして、寝坊しないよう
早めに寝るとする。

あら、雨が降ってきた。しかも大降り?


新たな始まり-1

 27, 2008 23:07
2008/2/27(水)晴れ

風がけっこう冷たいね。
ビル風がさらに強かった。

昨夜、12時過ぎには布団の中に入ったけど、眠れなくて寝たのが3時
を過ぎてしまった。緊張感は、そのころは無かったのに。(笑)
目覚ましを二重にセットした。

朝、コレスポンデントに楽しく過ごすことと、研修中眠くならない
ようにお願いと、自ら選択した。

*  *  *

研修受けたのは二人。

研修の講師も、もう一人の女性も感じが良い。
彼女は、二日ほど前に研修が始まっていたらしい。
食事のときは、休憩室、喫煙室などを教えてくれた。

同じ喫煙者どうしで、すぐに気が合った。
年齢は私より若いけど、ひどく離れていないし、独身だった。

昨年の私が仕事に行けなくなった5月。
彼女も5月に長く勤めたところを退職していて、それから
スキルが無いために、今の今まで仕事が見つからなかったらしい。
今回の仕事が決まった後に、これまで登録していた所から、
一気に紹介が出たとのことだった。
「なんで決まってから紹介でるのかな~」とちょっと悔しそうに彼女が言った。

でも出会えたから良かった。とお互いにそこで納得していた。
仕事にでは、無く。(笑)

どうやら「ぷ~たろう」暦も一緒だし。(爆)

私は、ぷ~たろう期間の話はしなかったけど。
心の中で、期間が一緒なんだ~。と思っていた。

そして、昨年タオスに行った話しをしたら、彼女は、オーストラリアに
一年行っていたことがあって英語の専門学校も出ているけど、英語が全く駄目らしい。
共通点もあってか楽しくなってきた。

残念なことに部署もビル(近いけど)も勤務時間も違う。
今後はこの付き合い、どのようになっていくのだろうね。

研修は、以前に受けたことのあるような内容だったため、
やさしく、基本的なことが殆どだった。
今後は実務に近づくにつれ、難易度も変わってくるだろうけど。
最後の1時間はタイピング練習をさせてくれた。

ブラインドタッチの練習ソフトを使ってやってみたけど、
普段、自己流で指は、3本くらいしか使っていないから、
いざ、単語を打つ段階になると、ひどく指と文字が分離状態で
打てなくなってしまった。

でも自分のためにもなるし、今日一日が、楽しく、一度も眠くならずに
過ごせたことがなによりだった。

帰りに彼女が教えてくれた、某ビルの喫煙室。
女性と男性の部屋が別れていて、キレイなカフェのようで
さっそく案内してもらって行ってみた。

そこで1時間半はチョコレートを食べながらおしゃべりを楽しんだ。
心を少しずつ開いて話てくれたようだった。

また、明日ね~。と笑顔で別れた。

*  *  *

帰ってくると、先日の面接受けたところから留守電が入っていた。

「不採用」だった。 (爆)

ほんと、良かった~。

最初の会社の履歴書はどこに消えたんだろうね。
どうでも良いけど。。。(笑)

明日も楽しんでくる。

新たな始まり-2

 28, 2008 22:09
2008/2/28(木)晴れ

今日は、さわやかな朝だった。
目覚ましを止めてまた寝てしまって、ちょっと慌てた。

最近、仕事のことなどをブログに書いていたけど、
ハートでは、「子供心」と言うものが何度も浮かんでいた。
浮かぶときって、別に根拠などなくただ浮かぶ。

以前のブログでも書いているのだけど、いつの間にか忘れてしまう
ようだ。
子供心

今朝、家を出る前にOSHOのカードを一枚引くと、「無垢」と言う
カードが出た。

幼いときは、「無垢」である。しかし物事を体験するにつれ、
「恐れ」「疑い」を知っていく。
しかし、体験し叡智を持った今、「恐れ」「疑い」を持たずに、
「無垢」になることが出来る。 
自分のアイデンティテー、他人から来た自分への価値などを払って
無垢になって楽しみなさい。

と、言うような内容だったと思う。

そうだ、そうなれる時は、そのように楽しんでいればいいんだ。
余計なこと考えずにね。

まっ、余裕あるときは、そう思えるんだよね。(笑)

OSHOカードなにげに最近、自分とリンクするんだよね~。
面白い。

*  *  *

神なる人間シリーズ シャウド4
「ガブリエルのラッパ」

自分自身が創造したアイデンティティーを感じてみてくだ
さい。親愛なる友よ、多くの思いは頭から来ているのです
よ。疑うことを学んだと語るのは、頭が話しているのです。
本当の自分を信じなくなった原因はあれだと語るとき、頭
が言っているのです。感情、完璧さ、ハートの中に入って
行って下さい。脳には詳細を担当させておいて下さい。毎
日の現実生活での必要な物事は脳が処理してくれるでしょ
う。でも同時に感じることを自らに許して下さい。呼吸し、感
じるのです、親愛なる友よ。


*  *  *

で、今日も、研修生が二人増えて、また楽しんだ。(爆)

帰りに昨日の某ビルの喫煙室で昨日の彼女とおしゃべり
した。
彼女は、自分はこれまでに上司にでも理不尽と思うことは
告げてきた。

でも、彼女は周囲の人の言葉に、自分が間違っていたのだろうか、
私が無知だったのだろうか、我慢が足りなかったのだろうか。

周りの人は、ずるく賢く立ち回りなさい。と忠告してきた。

今になって彼女は、犠牲、妥協した生き方をしなきゃ、世の中
では、生きていけないのだろうか。と思い始めていた。

確かに、相手が間違ってるとか、自分が正しいとか。
ここには、色々な見方が含まれるから、絶対自分が正しいと
主張するのが良いとかの話ではない事を前提に、
自分を周囲の人の言葉によって、自分らしさを失うのはどうか。
と言う話をしていた。

彼女は純粋だと思う。
これまで、自分のやってきた仕事に誇りを持ち、
その中でも、色々な体験を積み。
そして、昨年、その仕事は、長く続けられる仕事ではなかったのだ。
と言う時期が来て、初めてオフィス系の仕事に足を踏み入れた。

でも、ここで自分の過去や体験が疑いに変わろうとしていた。
昨日から、その話が続いているのだけど。(笑)

お~い。待て。疑いは持たなくていいよ~。
自分を誇ったままでいてくれ~~~。(爆)

ま、何も知らず私も彼女と同じ立場なら、同じことを言っていただろうね!
明日は、どんな話に流れていくのかな?



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。