FC2ブログ
2007/1/8(火)曇りのち雪

昨日は、上京する前になれた所へと思い美容室へ行って来た。
いつもの担当者がお休みで、迷ったけれど今日しか行く日がないし、
担当者や店長さんのにも娘共々お世話になっていたので転居の挨拶もしたかった。
すると、出迎えてくれたのは、いつもの担当者だった。
自分が呆けだんじゃないかと思ったくらい驚いていたら、担当者が、
たまたま、ネイルをしに店に寄ったときに指名予約が入ったとのことで、
公休なのにわざわざ笑顔で担当を引き受けてくれた。

そして、感謝で気分よく帰ってきたのだが。
いきなり展開が始まった。
で、ブログもかけない状態になってしまった。

*  *  * 

午後7時すぎ、不動産やの担当者から連絡がきた。
今回の物件は、審査が通りませんでした。
そして、当初、兄が申込人の場合、国籍、住民票が日本であれば
問題ないとの事だったけど、以前、兄は日本の会社の出向という形で
海外での仕事だったけど、昨年から、転職し海外の会社に勤めていたため、
出向であれば、大丈夫だけど現地にの会社だと現地の会社を調べることが
出来ないためにNGとのこと。
あくまでも、今回の物件の管理会社のことだけなのか、それとも
どこも一緒なのか。今後これによって大きく左右されることになる。

で、今回の物件で進むひとつの案は、申込人を変えること。
そして、他の物件で、オーナーさん、もしくは管理会社で兄の申込人
で、了承してくれるところを探すかのどちらかになった。

*  *  *

私は、最後の砦にもコミットすることになった。
そうそう、このプロセスは半端じゃないんだよな。
っと思い勇気をだして、前の夫に電話をかけた。
もちろん天使たちにも頼んで。

最初は電話繋がらず、しばらくしてから電話が鳴った。
この間も何も手に付かなかった。
思ったより感触がよかった。言葉も柔らかかった。
会社からかけているのもあるかも知れなかった。
しかし、会社からだったため、後から電話するとの事。
夜遅くなってから電話が鳴った。今日は飲み会だったらしい。 
明日、また電話するとのこと。

結局、何も引越しのことは手に付かず、いろいろな事を考えていた。
このプロセスは、何?
最後のコミット?

また、少しネットで部屋探しをして夜中に寝た。

*  *  *

昼休みに電話をかけてくれた。
昨日の言葉の柔らかさは無くなっていた。
もう一度説明してみろとの事だったので、うまく説明できたかは分からないけど
言葉を選びながら話をした。

言っていることは、ごもっともの内容だった。
「仕事もなく、目的も知らされず、誰がそれで申込人になれると思っているんだ?」
言わんとすることは、手に取るように分かる。
「本気で行こうと思えば、住み込みでもなんでも仕事探してからじゃないか?」
「まだ、全てやり尽くしていないで、頼むのはおかしくはないのか?」
それ以上は私も言えず、「わかった」とだけ言って電話を切った。

その後、どうしたもんかな~。何故、東京に行くのがこんなに難しいことに
なったのだろう。でも、もうこのマンションを出る日も、上京する航空チケットも
とってある。あとは、最後まで諦めず、兄の申込人で了承してくれるオーナー、
管理会社の物件を探しなおすしか方法はないと思えた。

これって、どういう事なのかが分からなくなってきた。
思いっきり楽しむのも良し。
けど、さすがに部屋だけではなく、引越し自体のことでも頭がいっぱいで
思わずフリーズしそうになる。

常識で考えれば分かるけど、常識超えたところでどうよ。ってね。
このプロセスで、まだ私が落とす必要なものがあるのか、
それとも、気付くことがあるのか。

前回のチャネリングでは、このまま進むように思えていた。
そしてスピリットの反応に自信もついてきていた。
しかし、今回ダメだった物件。執着はないけど、新たな始まりにおいて、
その物件で生活できることは楽しみになっていた。

最初、不動産やから電話がきて状況がわかった時に、すこし動揺しチャネリング
が浮かんだけど、まずやれるところまで、とりあえずやろうと思って思い留まった。
でも、今日の状況で、やはり一度聞くか?と思い明日の夜遅くに電話でのチャネ
を予約した。気が変わったらキャンセルするかも知れないけど。
頼りすぎ?今回のプロセスの確認?
事は、納まるときは納まる。とも思っている。
どうしようかね。

ずっと、PCに掛かりきりで、また物件探しが始まった。
今回は、敷金、礼金ゼロのプランはもう使えないことが分かったので、
ランクを下げ、敷金、礼金の出費を出来るだけ抑える形で探している。

そんな事をしていたら、すっかり時間がすぎ。
リサイクルショップに大きなものを買い取り手配もし、正月の間にたまった
大量のゴミを出し。
とにかく、今出来ることをただやろう。それしかないよ。と自分に言う。

ふう~。もう、とにかく行けりゃ~それでいいわ。
早く一息つきたい。

あさっては、もう東京へ発つ。今回の流れで、スクール開催日の前日まで、
びっちり部屋探しと内見で歩き回ることになりそうだ。

スポンサーサイト



WHAT'S NEW?