FC2ブログ

細やかな思念の開放

 15, 2007 23:50
2007/12/15(土)雪

今日は、朝からずっと雪が降ってる。そろそろ根雪になるだろうか。
道路も溶けずに白くなっているのは久しぶりかもね。

なんとなく、今日は街に出たくなった。
ショップをたまに覗いてみたくなったのは久しぶりかも。
しばらく人ごみの中には行っていない。

ちょうど、昼ころに二人のシャーンブラが街で待ち合わせていると
聞いて、一人に本も借りていて返したいと思っていたので、
合流することになった。

クリスマス時期が近いことを忘れていた。
すごい人ごみで、くらくらしそうだった。コレスポンデントにシールドを張る
ことをうっかり忘れていたので、すぐにお願いした。

街は近いし、以前は、何かと出てショップを見たりしていたけど、
最近じゃ、用事で出てもショップを見る気力もなかったかもね。

みんなが揃っておしゃべりが始まり、それぞれの最近のことをシェアした。
新たなメーセージを受取っていたり、感じている事、体調のこと、
頭割れ(種族)の話(笑)など。

私も今回のディセンションの話などの話をしていた。
そう、兄のトラウマを作っているのは私だ~。と笑った。
いずれ、兄の解放をしてやらんと可愛そうだ。なんてね。(爆)

それは、冗談とも本気とも微妙なところだけど、開放は、もう少し先になるだろう。(笑)

私も、大方すっきりしたもののもう一つ、不安材料をもっていた。

それは、娘と一緒に住むところと考えていたのは、敷金、礼金なしで考えて
いたけれど、1Kでは、そのような物件はあまりないのが現状で、
当然、最初にかかる費用の計算が違ってくることに、新たな不安を生み出して
いた。
今日、出かけ途中で通帳記帳し、引越し費用を引き出した。
本当に、引越したら、先がないのでは?と思うような残金を見て、
はぁ~~。とため息が漏れた。

ダウジングで出た物件を無視すれば、そりゃ~、条件さえ付けなければ
三畳一間であろうが、なんであろうが、覚悟はしているのだけど。

そんなことを、ぼやいた私をみて、仲間がひと事言った。
「○○ちゃん、もう、此処まで来たんだし、いちかばちか、その物件で行っちゃえ。
これまでだって、そうやってきたじゃん。大丈夫だって!」

その一言だけで、目がきら~ん。☆ 目が覚めた。
「そうだね!」と言ってる自分がいた。
「しっかし、単純だよね~。」と言いながら笑った。
自分のスイッチが切り替わったというか、ポイントが変わったというか。(爆)

そして、もう一人が「いも、かぼちゃ、野菜送ってやるから!」
支援物資か!(爆)
「そうそう、そうなったら、なった時、何が起こるかわからんし」などなど。
でも、ほんとうにそんな言葉が、また嬉しくなる。

その後に、別れその時の会話のことを考えていた。
あれ?何で私そんなところで不安になってたんだろう。
これまで、どれほど同じような場面を越えてきたか分からないのに、
そうだった。私らしく妥協せず、潜在意識(ダウジング)を信じて進むことを
なぜ恐れてたのだろう。なんて思った。仮に家賃を滞納したからって、
どうよ。別に、この道の重要さにくらべれば屁みたいなもんだ。(笑)

死ぬことなんて、宗教を脱会した時点
で怖くは無くなっていた。いつ死んでもいいと思えてたはずなのにな~。
などと考えながらあるいていた。

なぜ、それまでに単純なのか。単純だから単純なだけだ。(爆)
でも、その単純さが、これまでのプロセスに役に立ってきたと思う。

きっと、場所、家にも私への配慮がある。っていうか結局、自分にとって
最善と言うことだ。

今の住んでるマンションだって、直感だったのだから。最初は、娘たちも
不平があった。だけど、今では、この場所で本当に良かったと言っている。
そう、本当に便利なところだ。

何が、スイッチを変えるか分からないもんだよね。
今日の私には、一番のドリンク剤となった。

たぶん、私は家賃の値段ではなく、迷い無く、直感、エネルギーの感じで
物件を決めることにするだろう。

※ チャネラーさんが、「制限なく」と言っても、現実的に絶対無理と思う価格で
  あれば、信念が「無理」なので、具現化は難しい。だから、この線ならなんとか
  行けると言う範囲で最初は決めていくといいよ。と言っていたので、そのギリギリ
  範囲内と言うことになるけどね。

そして、今日もまた、スッキリと手放せたかも。っと思えたのでした!

スポンサーサイト



WHAT'S NEW?